ノームコア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝2 芦毛 2015年2月25日生
調教師萩原清(美浦)
馬主池谷 誠一
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 2戦[2-0-0-0]
総賞金1,718万円
収得賞金900万円
英字表記Normcore
血統 ハービンジャー
血統 ][ 産駒 ]
Dansili
Penang Pearl
クロノロジスト
血統 ][ 産駒 ]
クロフネ
インディスユニゾン
兄弟 ハピネスダンサーナオミノユメ
前走 2017/09/09 アスター賞
次走予定

ノームコアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/09/09 中山 9 アスター賞 500万下 芝1600 8772.111** 牝2 54.0 北村宏司萩原清446(+10)1.35.1 -0.133.7ソイルトゥザソウル
17/07/16 福島 5 2歳新馬 芝1800 15345.931** 牝2 54.0 石川裕紀萩原清436(--)1.49.1 -0.637.0マイティテソーロ

ノームコアの関連ニュース

 【中山】9Rアスター賞(500万下、芝・外1600メートル)=ノームコア(美・萩原、牝、父ハービンジャー)

 ◆北村宏騎手 「(開幕週の)馬場に合わせてせかして競馬をしたぶん、もたついたが、もっと距離を延ばしたらいいストライドで走れそう。まだまだ可能性がありそうです」 

 5R新馬(芝・内2000メートル)=バレリオ(美・相沢、牡、父ステイゴールド

 ◆津村騎手 「周りの馬を気にして出負けし、道中も突っ張った走り。トモにも甘い面があるので先々の馬と思っていたけど、それでこのパフォーマンス。今後が楽しみ」

 *全姉はオークス3着のアイスフォーリス

 2R未勝利(芝・外1600メートル)=ハクサンフエロ(美・牧、牡、父シルポート

 ◆石橋騎手 「開幕週の芝は合うと思っていた。スタートも速く、集中力を保つことだけ心掛けて乗った」

 *新種牡馬シルポートの産駒はJRA初勝利。

 【阪神】5R新馬(芝・外1600メートル)=ジャンダルム(栗・池江、牡、父キトゥンズジョイ)

 ◆武豊騎手 「ちょっと4コーナーで外に逃避したけど、それ以外は完璧。気性も素直で距離も全然大丈夫だし、かなり楽しみ」

 *母はスプリンターズS高松宮記念とGI2勝のビリーヴ(父サンデーサイレンス)で、半姉にセントウルSに出走するフィドゥーシア(父メダーリアドーロ)

【アスター賞】人気のノームコアが番手抜け出しV 2017年9月9日() 14:50

 9月9日の中山9R・アスター賞(2歳500万下、芝・外1600メートル)は、北村宏司騎手騎乗の1番人気ノームコア(牝、美浦・萩原清厩舎)が2番手追走から直線は力強く伸びてV。タイムは1分35秒1(良)。逃げたクレバーバードを直線半ばでかわし、後続の追撃を振り切って7月の福島の新馬勝ちからの連勝でオープン入りを決めた。

 3/4馬身差の2着には3番手から伸びたソイルトゥザソウル(6番人気)、さらにハナ差遅れた3着に外めを差してきたルッジェーロ(2番人気)。

 アスター賞を勝ったノームコアは、父ハービンジャー、母クロノロジスト、母の父クロフネという血統。通算成績は2戦2勝。

 ◆北村宏司騎手(1着 ノームコア)「気持ちも前向きで一生懸命走りますね。今日は開幕週の馬場を意識して、せかしながら前に行ったぶんラストは少しもたつきましたね。ただ、距離が延びればもっといいストライドで走れそうな馬だし、今後が楽しみです」



★9日中山9R「アスター賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【若駒ピカイチ】ノームコア2017年7月18日(火) 05:00

 《戦評》出脚良く、逃げた馬の外で追走。後続の追い上げを受け止めつつ、4コーナー手前では馬なりで先頭に立つ。直線もゴーサインに鋭く反応し、力強く3馬身半突き抜けた。終始、余裕のある走りで、センスが光る内容。

 《血統》近親に桜花賞2着のフサイチエアデール朝日杯FS勝ちのフサイチリシャールがおり、底力豊富な母系。父ハービンジャーからスタミナがあり、桜花賞よりオークスに向く。

 《将来性》中距離で牡馬を完封した内容は高く評価できる。石川騎手は「少し(ハミを)かんだ。折り合いを覚えさせていきたいけど、初戦からこのパフォーマンスですからね」と課題を挙げつつも能力を絶賛。まだ奥行きがありそうだ。

[もっと見る]

【2歳戦結果】ノームコア新馬戦V!石川騎手「能力高い」2017年7月17日(月) 05:02

 【福島】5R新馬(芝1800メートル)は、逃げた馬の外で併走した3番人気ノームコア(美・萩原、牝、父ハービンジャー)が4コーナーで先頭に立って圧勝した。タイム1分49秒1(良)。石川騎手は「今週の動きが良かったので強気に乗っても、と思いましたが、出していって少しかんでいました。次から折り合いを覚えさせていきたいですが、初戦からこのパフォーマンスですから能力は高いです」と絶賛した。

 1R未勝利(芝1200メートル)=ジスモンダ(美・谷原、牝、父スズカマンボ

 ◆岩部騎手 「まだ遊びながら走っているので、千四でも大丈夫でしょう」

 【中京】6R新馬(芝1200メートル)は、6番人気テイエムスグレモン(栗・山内、牡、父ディープブリランテ)が3番手のインからしぶとく伸びて初陣を飾った。タイム1分10秒3(良)。「ゲートが速くていいスピードがあります。肩ムチだけで反応してくれましたし、なかなかスグレモンです」と新人の川又騎手は馬名を引き合いに出して高く評価していた。

 1R未勝利(芝1400メートル)=レッドシャーロット(栗・庄野、牝、父ロードカナロア

 ◆M・デムーロ騎手 「きょうはスタートが速く、道中もしっかり折り合いました。すごくセンスのいい馬です」

 【函館】5R新馬(芝1800メートル)は、3番手を進んだ1番人気ディロス(美・木村、牡、父ステイゴールド)が直線入り口で先頭に立って楽に押し切った。タイム1分52秒8(良)。「ペースが遅すぎたので3番手を取りました。それからはリラックスしていたし、4コーナーからもいい脚を使いました。余裕がありましたね」とルメール騎手。GI6勝馬ゴールドシップの全弟ゴールドフラッグは4着だった。

 1R未勝利(芝1200メートル)=ヤマノグラップル(美・田中清、牡、父ワークフォース)

 ◆横山武騎手 「パドックからいい感じで気合が入っていた。状態がいいので前に出していった」

[もっと見る]

【2歳新馬】福島5R ノームコアが早め先頭から押し切る  2017年7月16日() 12:49

 7月16日の福島5R・2歳新馬(芝1800メートル)は、石川裕紀人騎手騎乗の3番人気ノームコア(牝、美浦・萩原清厩舎)が完勝した。タイムは1分49秒1(良)。

 ノームコアは、逃げたヘッドストリームを積極的に追いかけ、4コーナーで早くも先頭に立つと、力強く押し切った。後方から伸びてきたマイティテソーロ(5番人気)が3馬身1/2差の2着に入り、道中は中団につけていたムーランナヴァン(1番人気)がさらに1馬身1/4遅れた3着だった。

 ノームコアは、父ハービンジャー、母クロノロジスト、母の父クロフネという血統。

 ◆石川裕紀人騎手「出して行って少しハミをかむところがあったので、次からは折り合いを覚えさせていきたいですが、センスがあるし、初戦でこのパフォーマンス。能力は高いです」

★16日福島5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

ノームコアの関連コラム

閲覧 1,020ビュー コメント 0 ナイス 5

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2017年9月9日()の凄馬!>
極凄馬
中山1R 2歳未勝利
クワトロダッシュ(+11.0)

極凄馬
阪神1R 2歳未勝利
ビッグスモーキー(+7.0)

極凄馬
中山8R 3歳以上500万以下
コパノマイケル(+4.7)

超凄馬
中山3R 3歳未勝利
フィールザサンダー(+3.5)

超凄馬
中山11R 紫苑ステークス G3
ディアドラ(+3.4)

超凄馬
阪神3R 2歳未勝利
サイタターフキング(+2.6)

超凄馬
中山7R 3歳以上500万以下
フェニックスマーク(+2.5)

超凄馬
中山6R 3歳未勝利
ヴェリタブル(+2.2)

超凄馬
中山4R 障害3歳以上未勝利
マイネルヴァッサー(+2.1)

超凄馬
中山9R アスター賞
ノームコア(+2.1)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日〜2017年9月10日、集計数:29,654レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください


登録済みの方はこちらからログイン

2017年8月1日(火) 20:23 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2017) 〜第5回 U指数的既出走馬分析〜
閲覧 1,307ビュー コメント 0 ナイス 12

今年の6月3日から7月30日までに施行されたJRA、かつ2歳限定のレースは98鞍。既に763頭が“デビュー”を果たし、そのうち96頭が勝ち上がりました。7月22日の中京2歳ステークス(2歳オープン・中京芝1600m)ではアマルフィコーストが、7月23日の函館2歳ステークス(2歳G掘θヾ杣1200m)ではカシアスが2勝目をマークしています。既に重賞ウイナーの仮想オーナーとなったプレイヤーがいる一方、私のようにまだ“デビュー”した馬すらいないというプレイヤーもいるわけで、ある意味コントラストがはっきりしている時期ですね。

 もっとも、本当に明暗が分かれるのはまだまだ先。既に仮想オーナー枠を使い切っている私も「脚をためる作戦なので全馬未出走なのは予定通り!」「ダービーデイまでにゴボウ抜きしてやるぜ!」などと強がっていられますし(笑)、G1、G2、G3、オープンの各ワールドはこれからも仮想オーナー募集枠が解放されていきますので、評判馬や良血馬、そして既に結果を残している馬などを追加指名することができます。ウマニティPOGの特性を考えると、スペシャル以外のワールドは、むしろ今月以降の時期が指名馬選びの本番とすら言えるでしょう。

 今回は、これからラインナップを充実させていこうと考えている皆さんの参考としていただくべく、ウマニティ独自のスピード指数「U指数(結果U指数)」をベースに、既出走馬のパフォーマンスをランキング化してみました。

 まずは単純な「U指数」のトップ10をご覧ください(7月23日終了時点。以下同)。

●07月23日 函館11R 函館2歳S 芝1200m カシアス 87.7
●07月23日 函館11R 函館2歳S 芝1200m ウインジェルベーラ 87.7
●07月22日 中京09R 中京2歳S 芝1600m アマルフィコースト 86.9
●07月22日 中京09R 中京2歳S 芝1600m アドマイヤアルバ 86.9
●07月23日 函館11R 函館2歳S 芝1200m アリア 86.7
●07月23日 函館11R 函館2歳S 芝1200m デルマキセキ 85.7
●07月22日 中京01R ダ1200m ドンフォルティス 85.4
●07月23日 函館11R 函館2歳S 芝1200m パッセ 84.7
●07月23日 中京01R 芝1600m スカーレットカラー 84.4
●07月01日 函館01R 芝1200m カシアス 84.4

 大前提として、「U指数」は格の高いレースほど高い数値が出やすい指標。上記のベスト10が中京2歳ステークスや函館2歳ステークスの上位馬ばかりなのは当然です。また、新馬よりも未勝利の方が、早い時期のレースよりも遅い時期のレースの方が、それぞれ高い数値になりがちな印象。こうした傾向を踏まえたうえで分析するのがセオリーと言えます。

 各馬の特性を加味するべく、カテゴリー別に作成したランキングもご覧いただきましょう。新馬、かつ芝のレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通りでした。

●06月04日 東京05R 芝1600m ステルヴィオ 81.2
●06月25日 阪神05R 芝1800m ダノンプレミアム 81.0
●06月04日 阪神05R 芝1400m ヴァイザー 80.3
●06月10日 阪神05R 芝1400m アマルフィコースト 79.9
●07月16日 福島05R 芝1800m ノームコア 79.8
●06月04日 阪神05R 芝1400m タガノスカイハイ 79.4
●06月04日 阪神05R 芝1400m タニノミステリー 79.4
●07月15日 福島05R 芝1200m オジョーノキセキ 79.3
●06月18日 阪神05R 芝1600m コスモインザハート 79.3
●07月02日 福島06R 芝1200m パッセ 79.2

 昨年もこの時期に同様のランキングを作成しましたが、新馬、かつ芝のレースに限定した「U指数」で2位に食い込んでいたのがアエロリット(アステリックスの2014)。その後の活躍ぶりは皆さんもご存じの通りです。当時のコラムで私がアエロリットを「血統的にも将来性が高そう」と評していたように、「U指数」以外の面でも強調材料がある馬は要注目だと思います。今年はステルヴィオ(ラルケットの2015)、ノームコア(クロノロジストの2015)あたりが面白そう。ぜひ注目してみてください。

 未勝利、かつ芝のレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通り。

●07月23日 中京01R 芝1600m スカーレットカラー 84.4
●07月01日 函館01R 芝1200m カシアス 84.4
●07月09日 中京01R 芝1600m シュバルツボンバー 84.3
●07月02日 中京01R 芝1400m コーディエライト 84.1
●07月09日 福島02R 芝1200m ビリーバー 83.9
●07月09日 福島02R 芝1200m リープフラウミルヒ 82.9
●07月08日 中京01R 芝1200m ナムラバンザイ 81.9
●07月23日 函館01R 芝1200m キョウエイルフィー 81.6
●07月23日 中京01R 芝1600m シャルルマーニュ 81.4
●07月23日 中京01R 芝1600m タニノミステリー 81.4

 スカーレットカラー(ヴェントスの2015)が勝ち上がった7月23日の中京01R(2歳未勝利・芝1600m)では、2着のシャルルマーニュ(エイブルアローの2015)や3着のタニノミステリー(ブライダルベールの2015)も高い「U指数」をマーク。レベルが高い一戦だったのかもしれませんね。

 新馬、かつダートのレースに限定した「U指数」のトップ10はこちら。

●07月08日 中京06R ダ1400m マイネルオスカル 81.5
●06月17日 阪神05R ダ1200m ゴールドクイーン 81.3
●07月08日 中京06R ダ1400m レディバード 80.9
●06月17日 阪神05R ダ1200m ヴィグラスファイア 78.0
●06月17日 阪神05R ダ1200m マッスルマサムネ 78.0
●07月08日 中京06R ダ1400m ドンフォルティス 77.6
●07月08日 中京06R ダ1400m アサクサゲンキ 77.6
●06月17日 東京05R ダ1400m マイネルユキツバキ 77.3
●07月15日 福島06R ダ1150m ココロノイコロ 76.8
●07月15日 福島06R ダ1150m ハルキストン 75.5

 未勝利、かつダートのレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通りとなっています。

●07月22日 中京01R ダ1200m ドンフォルティス 85.4
●07月22日 中京01R ダ1200m マッスルマサムネ 82.1
●07月09日 福島01R ダ1150m コスモジョーカー 81.9
●07月15日 函館01R ダ1000m シンデレラマキ 80.0
●07月22日 中京01R ダ1200m バイラ 79.5
●07月09日 福島01R ダ1150m ヴォルフスブルク 79.1
●07月09日 福島01R ダ1150m ドリュウ 78.4
●07月22日 中京01R ダ1200m メイショウオーパス 74.2
●07月09日 福島01R ダ1150m コントラスト 72.9
●07月09日 福島01R ダ1150m パリモンマルトル 72.9

 それぞれ芝を主戦場としてきた馬よりは落札しやすいと思いますし、芝のビッグレースで活躍するだけのポテンシャルがある馬も混ざっていそう。こちらもしっかりとチェックしておきましょう。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2016秋〜2017』(ガイドワークス)など。2016年12月02日には監修を務める人気シリーズの最新刊『ウルトラ回収率 2017-2018』(ガイドワークス)を、2017年04月12日には最新刊『コース別 本当に儲かる血統大全 2017-2018』(ガイドワークス)をリリース。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

2017年7月3日(月) 12:00 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2017) 〜第4回 未出走の有力馬をピックアップ〜
閲覧 2,561ビュー コメント 0 ナイス 8

 本題へ入る前に、前シーズン「ウマニティPOG 2016」で生まれたウマニティPOG史上初の快挙を紹介したいと思います。達成したのは現在スペシャルワールドに所属しているえ〜ちゃん。さん。5月28日の日本ダービー(3歳G機ε豕芝2400m)を仮想オーナー馬のレイデオロが制したことにより、「全G祇覇」のレイを獲得した最初のユーザーとなりました。え〜ちゃん。さんの仮想オーナー馬はこれまでに阪神ジュベナイルフィリーズ朝日杯フューチュリティステークスホープフルステークス桜花賞NHKマイルカップオークス日本ダービーで各1勝、皐月賞で2勝をマーク。サービス開始からわずか4シーズンのスピード達成です。

 各プレイヤーがこれまでに勝ったJRAの重賞は「POGスタンプ」の欄で確認できますから、この機会にぜひ皆さんもチェックしてみてください。ちなみに、私が獲得した達成スタンプは現在のところG掘5、G供1、G機2の計8個。「ウマニティPOG 2014」のスペシャルワールドで優勝、G気盞4勝(NHKマイルカップオークスを各2勝)と我ながら決して悪くない成績だと思うのですが、この「POGスタンプ」に関してはほとんど埋められていません。そもそも、この「POGスタンプ」を知った時点では「ずいぶんとまた気の長い表彰システムだなぁ」「10年目くらいまでには達成者が現れるんだろうか」みたいなことを思っていましたからね(笑)。空前にしておそらく絶後の記録達成、本当におめでとうございます。

 5シーズン目となる「ウマニティPOG 2017」は開幕から一か月が経過。既にJRAだけでも389頭の2歳馬がデビューを果たし、各ワールドのランキングにも少しずつ動きが出てきました。7月23日には函館2歳ステークス(2歳G掘θヾ杣1200m)が行われ、世代最初のJRA重賞ウイナーが誕生する予定です。

 既に仮想オーナー枠を使い切り、あとは見守るだけという方もいるはずですが、参加しているプレイヤーの大半は今後の入札がポイントと考えているはず。実際、仮想オーナー募集枠の開放スケジュールに合わせて有力馬を指名することができれば、将来的に優勝争いへ食い込むことも十分可能だと思います。そこで今回は、デビュー間近と思われる馬、すなわち現時点で未出走、かつ東西のトレーニングセンターに入厩している馬の中から、有力と思しき馬をまとめてみました。

 本稿を制作するにあたり、私はまずJRA-VANのデータから「7月3日の時点で入厩している未出走の2歳馬」「東西のトレーニングセンターで坂路調教を行った未出走の2歳馬(競走馬として未登録の馬を含む。ただし7月3日時点で抹消済み、もしくは不在厩とされている馬を除く)」を抽出。今回はその中から注目すべきファクターごとに該当馬をご紹介しましょう。それぞれの一覧には重複もありますがご了承ください。

 まずは「注目POG馬ランキング(2017/07/03 00:00更新)」で100位以内に入っていた該当馬から。末尾に付記したのは「注目POG馬ランキング(2017/07/03 00:00更新)」の順位、並び順は父名順→母名順です。

イッツパーフェクト(牡/父Frankel×母パーフェクトトリビュート) ※75位
シグナライズ(牝/父Frankel×母ワイルドココ) ※72位
プリュス(牝/父ヴィクトワールピサ×母サラフィナ) ※47位
ローザフェリーチェ(牝/父エンパイアメーカー×母ローズバド) ※82位
レイエンダ(牡/父キングカメハメハ×母ラドラーダ) ※5位
ジェネラーレウーノ(牡/父スクリーンヒーロー×母シャンハイロック) ※36位
スヴァルナ(牡/父ステイゴールド×母ブルーミングアレー) ※79位
ゴールドフラッグ(牡/父ステイゴールド×母ポイントフラッグ) ※55位
グランデウィーク(牡/父スペシャルウィーク×母プロフェシーライツ) ※85位
ダノンポピー(牝/父ダイワメジャー×母マネーキャントバイミーラヴ) ※44位
ガールズバンド(牝/父ディープインパクト×母エレクトラレーン) ※76位
フォックスクリーク(牡/父ディープインパクト×母クロウキャニオン) ※69位
ヘンリーバローズ(牡/父ディープインパクト×母シルヴァースカヤ) ※11位
スターリーステージ(牝/父ディープインパクト×母スターアイル) ※1位
グレートウォリアー(牡/父ディープインパクト×母プラウドスペル) ※4位
ワグネリアン(牡/父ディープインパクト×母ミスアンコール) ※62位
アドマイヤデジタル(牡/父ノヴェリスト×母フサイチエアデール) ※63位
パスティス(牡/父ハーツクライ×母ハヤランダ) ※49位
グラマラスライフ(牝/父ハーツクライ×母プリティカリーナ) ※40位
フラットレー(牡/父ハーツクライ×母リッチダンサー) ※3位
カレンシリエージョ(牝/父ハービンジャー×母ベルアリュール2) ※86位
ヴァルディノート(牡/父ヨハネスブルグ×母シシリアンブリーズ) ※80位
イダエンペラー(牡/父ルーラーシップ×母アドマイヤセラヴィ) ※74位
トゥザフロンティア(牡/父ロードカナロア×母トゥザヴィクトリー) ※9位

 余談ながら、昨シーズンはほぼ同様のルールで作成したこの一覧にソウルスターリングダンビュライトがいました。夏の2歳ステークスを目指すような馬だけでなく、来春のクラシック戦線から逆算してこの時期を選んだ馬もたくさんいるのでしょう。
 今シーズンは「注目POG馬ランキング」1位のスターリーステージ(スターアイルの2015)が該当。まだ具体的な出走予定は発表されていないようですが、早ければ夏季競馬のうちにデビューを果たすかもしれませんね。グレートウォリアー(プラウドスペルの2015)、レイエンダ(ラドラーダの2015)といった“超”のつく良血馬も入厩済みです。

 ここから先は、当コラムの今シーズン第1回「POG的データ分析」を参考に、有力と思われる馬を紹介していきます。
 種牡馬別成績でダントツの存在だったディープインパクトの産駒は下記の通りでした。

イルーシヴグレイス(牝/父ディープインパクト×母イルーシヴウェーヴ)
マイスターシャーレ(牡/父ディープインパクト×母ウィステリアアーチ)
ガールズバンド(牝/父ディープインパクト×母エレクトラレーン) ※76位
ウォルビスベイ(牡/父ディープインパクト×母オヴァンボクイーン)
プラーナ(牝/父ディープインパクト×母オウケンサクラ
ロードマドリード(牡/父ディープインパクト×母キャサリンオブアラゴン)
フォックスクリーク(牡/父ディープインパクト×母クロウキャニオン) ※69位
ダークナイトムーン(牡/父ディープインパクト×母サマーナイトシティ)
アンチェイン(牡/父ディープインパクト×母サムワントゥラブ)
グラウベン(牡/父ディープインパクト×母サンドリオン)
ヘンリーバローズ(牡/父ディープインパクト×母シルヴァースカヤ) ※11位
スターリーステージ(牝/父ディープインパクト×母スターアイル) ※1位
カーボナード(牡/父ディープインパクト×母ディアマンティナ)
ノーブルカリナン(牝/父ディープインパクト×母ノーブルジュエリー
グレートウォリアー(牡/父ディープインパクト×母プラウドスペル) ※4位
ミッキーマインド(牡/父ディープインパクト×母マイグッドネス)
ワグネリアン(牡/父ディープインパクト×母ミスアンコール) ※62位
エストスペリオル(牡/父ディープインパクト×母メイキアシー)
グローリーヴェイズ(牡/父ディープインパクト×母メジロツボネ)
レッドランディーニ(牝/父ディープインパクト×母レッドメデューサ)
オールフォーラヴ(牝/父ディープインパクト×母レディアルバローザ

 前出のスターリーステージグレートウォリアーに加え、ヘンリーバローズ(シルヴァースカヤの2015)も人気を集めていた一頭。現在開催中の3回中京でデビュー予定との報道もあり、今後はますます注目度がアップするでしょう。しかしその一方、いわゆる“POG本”などでそれほど大きく取り上げられていないディープインパクト産駒も多数いるので、このあたりから後の活躍馬がポンと出てくるかもしれません。

 生産者別成績で突出ぶりが目立ったノーザンファームの生産馬は67頭います。こちらも人気の盲点になっている馬がいそうですから、主要な種牡馬の産駒を中心にチェックしてみてください。

プリズマティコ(牝/父Medaglia d'Oro×母テルアケリー)
ディアブライド(牝/父ヴィクトワールピサ×母アルウェン)
アーデルワイゼ(牝/父エイシンフラッシュ×母アーデルハイト)
ムーランナヴァン(牝/父エイシンフラッシュ×母シュペトレーゼ)
サミットプッシュ(牡/父エイシンフラッシュ×母ブロードピーク)
カラレイア(牝/父エンパイアメーカー×母ベッラレイア
ローザフェリーチェ(牝/父エンパイアメーカー×母ローズバド) ※82位
アドマイヤツルギ(牡/父オルフェーヴル×母リュシオル)
ネイビーアッシュ(牝/父キングカメハメハ×母ダイヤモンドディーバ)
レイエンダ(牡/父キングカメハメハ×母ラドラーダ) ※5位
タムロリバティ(牝/父キンシャサノキセキ×母タイキポーラ
スズカクイーン(牝/父クロフネ×母エカルラート)
ベストヴォヤージュ(牝/父クロフネ×母シーズンズベスト)
イダペガサス(牡/父ゴールドアリュール×母カロンセギュール)
グーテンターク(牡/父ゴールドアリュール×母ジンジャーミスト)
メリッサーニ(牝/父ゴールドアリュール×母ダイワオンディーヌ)
サンドクイーン(牝/父ゴールドアリュール×母フィエラメンテ)
タイセイビスタ(牡/父シンボリクリスエス×母マハービスタ)
ディロス(牡/父ステイゴールド×母ラトーナ)
エバージャスティス(牡/父スマートファルコン×母カリズマティックゴールド)
レディバード(牝/父スマートファルコン×母シーズインポッシブル)
ヘッドストリーム(牡/父ダイワメジャー×母アシュレイリバー)
ガゼボ(牡/父ダイワメジャー×母アマルフィターナ)
メジャーレート(牡/父ダイワメジャー×母スルーレート)
ダノンポピー(牝/父ダイワメジャー×母マネーキャントバイミーラヴ) ※44位
パストゥレイユ(牝/父ダノンシャンティ×母カドリーユ)
イルーシヴグレイス(牝/父ディープインパクト×母イルーシヴウェーヴ)
フォックスクリーク(牡/父ディープインパクト×母クロウキャニオン) ※69位
ヘンリーバローズ(牡/父ディープインパクト×母シルヴァースカヤ) ※11位
スターリーステージ(牝/父ディープインパクト×母スターアイル) ※1位
グレートウォリアー(牡/父ディープインパクト×母プラウドスペル) ※4位
ワグネリアン(牡/父ディープインパクト×母ミスアンコール) ※62位
レッドランディーニ(牝/父ディープインパクト×母レッドメデューサ)
ハイヒール(牝/父トーセンホマレボシ×母ドリームスケイプ)
アイスフェアリー(牝/父ノヴェリスト×母アイスドール
アドマイヤデジタル(牡/父ノヴェリスト×母フサイチエアデール) ※63位
ギルトエッジ(牡/父ノヴェリスト×母ランズエッジ)
ミッキーアトアニ(牡/父ハーツクライ×母アトアニ)
パスティス(牡/父ハーツクライ×母ハヤランダ) ※49位
ハーツイグニション(牝/父ハーツクライ×母ビリーヴミー)
グラマラスライフ(牝/父ハーツクライ×母プリティカリーナ) ※40位
ローブレガリア(牝/父ハーツクライ×母ベルベットローブ)
フラットレー(牡/父ハーツクライ×母リッチダンサー) ※3位
アドマイヤテンプウ(牝/父ハービンジャー×母アステリオン)
ヴェロニカグレース(牝/父ハービンジャー×母エンジェルフォール)
オークヒルロッジ(牡/父ハービンジャー×母オークヒルパーク)
ノームコア(牝/父ハービンジャー×母クロノロジスト)
トーセンアルタイル(牡/父ハービンジャー×母ケアレスウィスパー)
アングレーム(牝/父ハービンジャー×母シャラントレディ)
ノストラダムス(牡/父ハービンジャー×母ソムニア)
カレンシリエージョ(牝/父ハービンジャー×母ベルアリュール2) ※86位
スールマカロン(牝/父ハービンジャー×母マカロンドナンシー)
レンブランサ(牝/父ヘニーヒューズ×母パシオンルージュ)
ドロップゴール(牡/父ヨハネスブルグ×母グローリアスデイズ)
ヴァルディノート(牡/父ヨハネスブルグ×母シシリアンブリーズ) ※80位
イダエンペラー(牡/父ルーラーシップ×母アドマイヤセラヴィ) ※74位
パイオニアバイオ(牝/父ルーラーシップ×母アニメイトバイオ
ミッキーパパイア(牝/父ルーラーシップ×母スターシンフォニー)
ハッピーオーキッド(牝/父ルーラーシップ×母ハッピーラン)
テトラドラクマ(牝/父ルーラーシップ×母リビングプルーフ)
ジャンティエス(牝/父ローエングリン×母アウトオブザウィム)
アンフィトリテ(牝/父ロードカナロア×母アドマイヤフッキー)
ヴェルスパー(牝/父ロードカナロア×母ヴェルザンディ)
トゥザフロンティア(牡/父ロードカナロア×母トゥザヴィクトリー) ※9位
ミッキーワイルド(牡/父ロードカナロア×母ワイルドラズベリー)
ワークジュニア(牡/父ワークフォース×母グランプリソフィ)
エンペラーズベスト(牡/父ワークフォース×母チャイナドール)

 調教師別成績の上位組では下記の馬たちが既に入厩していました。

藤沢和雄調教師>
タワーオブロンドン(牡/父Raven's Pass×母スノーパイン)
レイエンダ(牡/父キングカメハメハ×母ラドラーダ) ※5位
フラットレー(牡/父ハーツクライ×母リッチダンサー) ※3位
レッドオールデン(牡/父ルーラーシップ×母リーチフォーザムーン)

池江泰寿調教師>
スヴァルナ(牡/父ステイゴールド×母ブルーミングアレー) ※79位
トゥザフロンティア(牡/父ロードカナロア×母トゥザヴィクトリー) ※9位

堀宣行調教師>
エストスペリオル(牡/父ディープインパクト×母メイキアシー)

友道康夫調教師>
ワグネリアン(牡/父ディープインパクト×母ミスアンコール) ※62位
アドマイヤデジタル(牡/父ノヴェリスト×母フサイチエアデール) ※63位
アップファーレン(牝/父ハードスパン×母アブソリューション)
クアトレフォイル(牡/父ルーラーシップ×母シャムローグ)

角居勝彦調教師>
ロードマドリード(牡/父ディープインパクト×母キャサリンオブアラゴン)
ヘンリーバローズ(牡/父ディープインパクト×母シルヴァースカヤ) ※11位

矢作芳人調教師>
該当馬なし

 個人的にもっとも面白いと考えているのはこのカテゴリーに属する馬たち。アップファーレン(アブソリューションの2015)など注目度の低い馬もいますが、トップ厩舎の貴重な馬房を確保しているわけですから、一定以上の素質を秘めている可能性が高いと考えていいはずです。

[もっと見る]

ノームコアの口コミ


口コミ一覧

【2歳戦評価 】2回福島まとめ

 テラーダ 2017年9月16日() 18:28

閲覧 20ビュー コメント 0 ナイス 0

【2歳戦評価 】2回福島まとめ
7/1〜7/23

ナスノシンフォニー 112 500万2着クラス
パッセ 113 500万2着クラス
ビリーバー 113 500万2着クラス
ノームコア 113 500万2着クラス

ジェッシージェニー 115 未勝利クラス
レーツェル 115 未勝利クラス
ニシノベースマン 115 未勝利クラス
オジョーノキセキ 115 未勝利クラス
ジスモンダ 115 未勝利クラス
ラインギャラント 117 未勝利クラス
スターリバー 118 未勝利クラス
グランデウィーク 118 未勝利クラス
トッカータ 119 未勝利クラス
コスモイグナーツ 119 未勝利クラス
フィルハーモニー 120 未勝利クラス
ソイルトゥザソウル 121 未勝利クラス
ナムラストロベリー 123 未勝利クラス

去年の同開催の指数
ダイイチターミナル 113
キングズラッシュ 113

過去の日記の指数を大幅な改良があり変更しております。
9月上旬から中旬で見直しをしました。
ここからは大幅には変わらない予定です。


 

 銀色のサムライ 2017年9月12日(火) 19:48
馬券メモ(2017/9/9・10)
閲覧 83ビュー コメント 2 ナイス 6

明日の大井競馬のメインは、JBCクラシックの指定競走・東京記念。

南関勢が強力なのはもちろん、
愛知からカツゲキキトキト、金沢のグルームアイランドが参戦!

他地区から強い馬が出てくると盛り上がりが違いますし、
手に汗握る好レースを見せてくれる事でしょう。

僕の本命はディアドムス。
中央からの転厩初戦となります。

距離不安はありますけど、
2歳時には全日本2歳優駿を勝った実績馬ですからね。
道中の乗り方次第では距離も克服可能、と考えています。

他では、3年連続で東京記念連対をしている古豪・ユーロビート、
距離延長で巻き返しが期待できるカツゲキキトキト、
帝王賞でウマノジョーに先着しているタマモネイヴィー、あたりに注目しています。


それでは今日の本題へ。
週明け恒例の先週の本命馬回顧をしていきます。


【4回阪神1日】

■5R スターリーステージ 1人気3着

上がり3ハロン・33.7秒は上位2頭と同じだったので、
結果的には道中の位置取りの差がそのまま着順の差になってしまった、という事になります。
兄・ミッキーアイルと同じく、道中で脚を溜める形よりもスピードを活かして先行する形の方が合うのでしょうか。
追い切りの時計は申し分なかっただけに、残念な気持ちになる3着でした。

■7R カフジナイサー 3人気13着

1000万下でも連対している馬なんですけどね…。
これで3走続けての惨敗ですから、メンタル面に何かしらの問題があるとしか思えません。

■9R ペガサスシャーイン 2人気1着

大型馬でしぶとさを活かす競馬を得意としていますので、
2000mへの距離延長もバッチリでした。

■10R ギモーヴ 2人気1着

道中の位置取りが後ろすぎましたけど、
差し馬向きのペースになったので、結果的にはベストな位置取りになっていまいました。
阪神外回りコースなら1600万下でも勝負になると思います。

■11R ウインムート 1人気1着

馬体重がプラス10kgという状況でしたが、
マイペースで逃げられましたから、順当勝ちという評価で良いと思います。
重賞でも戦える馬だと思うので、今後も頑張ってほしいです。

■12R ピスカデーラ 5人気3着

上位2頭に離される形の3着でしたけど、
中央場所の500万下でも好走して、クラスにメドが立ったのは大きな事だと思います。


【4回中山1日】

■5R ロイヤルアフェア 2人気5着

ゴールドティアラの子供なので、ダート馬の可能性が高い事は承知していたんですけど、
動画で追い切りの動きが良く、芝でも何とかなるだろう、と考えていました。
でも、道中の行きっぷりが全然ダメでしたから、やはりダート馬なんだと思います。

■7R フェニックスマーク 1人気1着

マイネルキッツに押し切られそうなところを一気に差し切りました。
1800mだと忙しい感じがするので、東京2100mが合いそうな気がしています。

■9R ノームコア 1人気1着

新馬戦で速いペースを追走してそのまま押し切る、という強いレースを見せていましたから、
マイルへの距離短縮も対応可能、と考えていました。
馬体重が増えた中でしっかり勝ち切りましたし、アルテミスSに出るようなら面白い存在になりそう。

■10R カルムパシオン 1人気3着

ウェイトアンドシーにあっさりとハナを奪われ、自分の競馬ができませんでした。
控える形になっても3着を確保したのは立派ですけど、逃げる形に持ち込めないと現級を勝つのは難しそうです。

■11R(紫苑S)ポールヴァンドル 4人気3着

事前に想定した以上に後ろからの競馬になったんですけど、
三浦騎手が馬群を上手くさばいて、僅差の3着に食い込みました。
ディアドラと馬体を併せて追い込んだ時は夢を見ましたが、もう一歩でした。

■12R ニシノヒナマツリ 5人気3着

好位の内で待機する、という最内枠を最大限に活かしたレースをしてくれました。
2着に入ってくれれば馬券が当たっていたんですけど、精一杯のレースだったので、仕方ないですね。


【4回阪神2日】

■7R グラップユアコート 1人気2着

中団前めの位置から追い込んできましたけど、
他馬に絡まれなかったヤサシサの逃げに屈しました。
流れさえ向けば、楽に現級を勝てる馬なんですが…。

■8R ストライクイーグル 1人気3着

直線半ばでは、楽に差し切りそうな雰囲気でしたが、
急坂を上ってから脚が鈍ってしまいました。
京都で2勝、阪神で未勝利というタイプなので、京都コース替わりで今一度狙いたいです。

■9R ストリクス 4人気2着

中団の位置から鋭い末脚を繰り出して2着を確保。
1000万下にいきなりメドを立てる走りを見せたものの、
なぜかディーズプラネットを相手に入れる事を忘れたため、馬券・予想ともに外しました。

■10R ミエノサクシード 1人気2着

上がり3ハロン・32.5秒の脚を使って負けたんですから、仕方ないですね。
勝ったジョルジュサンクが予想以上の粘りを見せていました。

■11R(セントウルS)フィドゥーシア 2人気9着

大外枠からスムーズに先手を奪ったように見えたんですけどね…。
4コーナーを回る時のファインニードルとの手応えの違いが歴然としていましたし、
直線でも全然粘れなかったので、前走の反動があったという事なのでしょう。

■12R エンヴァール 1人気1着

最近は時計勝負にも対応できるようになっていますから、
1000万下条件でも、広いコースであれば好勝負できると思います。


【4回中山2日】

■5R ネイビーアッシュ 1人気2着

直線に向いた時は楽に勝ち切りそうな雰囲気でしたけど、
追い出してからのノビがイマイチで、2着となってしまいました。
未勝利なら確勝級の馬かもしれませんが、
使える脚が短い感じがしますので、東京での末脚比べだと見劣るかもしれません。

■8R レッドアルカナ 2人気5着

スタートで出遅れて、道中で馬群の外を捲る、という形に。
じっくりと脚を溜める形だったら、結果が変わっていたかもしれません。

■9R パルティトゥーラ 1人気1着

スタートに失敗して冷や冷やしましたけど、直線での脚は見事でした。
イレ込みが課題の馬なんですが、道中は落ち着いたレースを見せていましたし、
1600万下でも即通用する可能性も十分あると思います。

■10R ウインオスカー 1人気1着

菱田騎手は完全にこの馬を手の内に入れていますね。
1200mの交流重賞なら勝つチャンスがありそうです。

■11R(京成杯AH)アスカビレン 7人気6着

この馬にとっては決着時計が速すぎました。
人気以上に走っていますので、馬は頑張っていたと思いますが、
器用さが求められる中山コースが不向きである可能性を踏まえた予想をすべきでした。

■12R チュラカーギー 1人気1着

1600万下で勝ち負けしている馬ですからね。
降級で得意の中山1200mなら負けられない立場でした。


本命馬はしっかりと走ってくれているのですが、
相手を拾えず、予想コロシアムの成績は大幅なマイナスに…(>

[もっと見る]

 Mr.A− 2017年9月9日() 11:01
A
閲覧 19ビュー コメント 0 ナイス 1

SS馬ではないがいい感じ・・・かも
阪神 3R ◎ ◎ △ ▲ 8 シースプラッシュ
阪神 5R ◎ ○ ○ ◎ 7 スターリーステージ
中山 7R ◎ ◎ ○ ◎ 12 フェニックスマーク
阪神 8R ◎ ○ ◎ ◎ 5 ハニージェイド
阪神 9R ◎ ◎ ○ ○ 3 ペルランヴェール
中山 9R ◎ ○ ◎ ◎ 7 ノームコア
阪神 12R ◎ ◎ ▲ ◎ 11 エアウィンザー

[もっと見る]

⇒もっと見る

ノームコアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ノームコアの写真

投稿写真はありません。

ノームコアの厩舎情報 VIP

2017年9月9日アスター賞1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ノームコアの取材メモ VIP

2017年9月9日 アスター賞 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。