注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

フロンテアクイーン(競走馬)

注目ホース
フロンテアクイーン
フロンテアクイーン
写真一覧
現役 牝4 鹿毛 2013年4月23日生
調教師国枝栄(美浦)
馬主長妻 和男
生産者林 孝輝
生産地浦河町
戦績13戦[2-3-1-7]
総賞金6,041万円
収得賞金2,000万円
英字表記Frontier Queen
血統 メイショウサムソン
血統 ][ 産駒 ]
オペラハウス
マイヴィヴィアン
ブルーボックスボウ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ブルーバタフライ
兄弟 ザトゥルーエアーサエッターレ
前走 2017/03/12 中山牝馬ステークス G3
次走予定

フロンテアクイーンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/03/12 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 167149.248** 牝4 53.0 北村宏司国枝栄462(0)1.49.7 0.334.3⑧⑧⑧⑥トーセンビクトリー
17/02/04 東京 11 初音S 1600万下 芝1800 1181018.481** 牝4 54.0 北村宏司国枝栄462(+2)1.46.7 -0.233.2⑦⑧⑧ワンブレスアウェイ
16/11/19 東京 10 ユートピアS 1600万下 芝1600 18485.849** 牝3 54.0 蛯名正義国枝栄460(+8)1.35.3 0.634.8⑦④エテルナミノル
16/10/16 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 1861142.81214** 牝3 55.0 蛯名正義国枝栄452(-4)1.59.8 1.234.3⑬⑪⑪⑭ヴィブロス
16/09/10 中山 11 紫苑S G3 芝2000 181211.353** 牝3 54.0 蛯名正義国枝栄456(+8)2.00.7 1.036.2⑤⑥⑨⑧ビッシュ
16/05/22 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 1861241.8126** 牝3 55.0 蛯名正義国枝栄448(-2)2.25.4 0.434.1⑮⑯⑮⑪シンハライト
16/04/24 東京 11 フローラS G2 芝2000 18596.544** 牝3 54.0 蛯名正義国枝栄450(+6)2.00.3 0.636.0⑤⑤④チェッキーノ
16/02/13 東京 11 クイーンC G3 芝1600 161233.772** 牝3 54.0 蛯名正義国枝栄444(-2)1.33.3 0.834.7⑨⑨メジャーエンブレム
16/01/16 中山 9 菜の花賞 500万下 芝1600 1561116.972** 牝3 54.0 蛯名正義国枝栄446(-6)1.34.6 0.134.6⑩⑦⑦エクラミレネール
15/12/06 中山 4 2歳未勝利 芝1800 166127.641** 牝2 54.0 蛯名正義国枝栄452(-2)1.49.1 -0.235.7⑤⑥⑥⑤グリントオブライト
15/11/14 東京 3 2歳未勝利 芝1800 132213.762** 牝2 54.0 蛯名正義国枝栄454(+8)1.51.9 0.133.8⑥⑨⑨ダイワドレッサー
15/09/21 中山 2 2歳未勝利 芝1600 161133.197** 牝2 54.0 吉田隼人国枝栄446(+2)1.36.5 0.634.6⑮⑯⑯ワンダフルラッシュ
15/08/23 新潟 5 2歳新馬 芝1600 181261.797** 牝2 54.0 吉田隼人国枝栄444(--)1.37.0 1.033.6⑫⑫サプルマインド

フロンテアクイーンの関連ニュース

 ★中山牝馬S3着のクインズミラーグロ(美・和田道、牝5)、8着フロンテアクイーン(美・国枝、牝4)は福島牝馬S(4月22日、福島、GIII、芝1800メートル)に向かう。東風S9着のウインファビラス(美・畠山、牝4)も同レースへ。

 ★中山牝馬Sで10着に敗れたビッシュ(美・鹿戸、牝4)は放牧を挟んでヴィクトリアマイル(5月14日、東京、GI、芝1600メートル)を目指す。

 ★東風S2着のダイワリベラル(美・菊沢、牡6)、3着のロジチャリス(美・国枝、牡5)はダービー卿CT(4月1日、中山、GIII、芝1600メートル)に進む。東京新聞杯9着ロイカバード(栗・松永幹、牡4)も同レースへ。

 

【中山牝馬S】レースを終えて…関係者談話2017年03月13日(月) 05:05

 ◆川田騎手(パールコード4着) 「休み明けで力みがあって、動けませんでした。これで変わってくると思います」

 ◆シュタルケ騎手(デニムアンドルビー5着) 「ゲートが速くないので後ろから。ペースが遅かったので、あそこ(5着)までだったが、最後までファイトしてくれた」

 ◆田辺騎手(ウキヨノカゼ6着) 「ペースが流れていれば、もう少し違っていたかも。最後はいい脚を使っているし、距離も大丈夫そう」

 ◆津村騎手(サンソヴール7着) 「行き脚は付かなかったが、その後はリズムよく走れた。切れ味のある馬にやられましたが、よく頑張っています」

 ◆北村宏騎手(フロンテアクイーン8着) 「前回よりもテンションが高くて、道中も力むところがあった」

 ◆松永幹師(シャルール9着) 「我が強くて乗り難しい馬。着順は悪かったが、レース内容はよかった」

 ◆戸崎騎手(ビッシュ10着) 「いい感じで包まれないで走れた。最後は外に出せたけど、伸びませんでした」

 ◆岩田騎手(ヒルノマテーラ11着) 「(最後も)来ているんだけど、もう少しペースが流れてくれればよかった」

 ◆石川騎手(プリメラアスール12着) 「マイペースで行けて、自分の競馬はできた」

 ◆内田騎手(ハピネスダンサー13着) 「勝ち馬と同じ位置にいたが、(直線で)離された」

 ◆柴田善騎手(メイショウマンボ14着) 「道中はリズムよくリラックスして走れていたが、ゴーサインを出しても反応してくれなかった」

 ◆松岡騎手(ウインリバティ16着) 「積極的に競馬をして、力は出している」

★12日中山11R「中山牝馬S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【中山牝馬S】厩舎の話2017年03月10日(金) 05:06

 ◆ウインリバティ・飯田雄師 「今回も控える競馬で」

 ◆ウキヨノカゼ・菊沢師 「暖かくなり体の使い方が良くなっている」

 ◆クインズミラーグロ・和田道師 「状態は高いレベルで安定」

 ◆シャルール・松永幹師 「調教はしっかり。変わってほしい」

 ◆デニムアンドルビー・前川助手 「デキはいいし、牝馬限定戦なら」

 ◆トーセンビクトリー・前川助手 「調子は上昇。体も減っていない」

 ◆ハピネスダンサー・高野師 「使って良化」

 ◆パールコード・中内田師 「追い切りは最後までしっかりと走れていた」

 ◆ビッシュ・戸崎騎手 「相変わらずフットワークは軽い」

 ◆ヒルノマテーラ・藤野助手 「調子が上がっている感じ」

 ◆プリメラアスール・鈴木孝師 「右回りで、自分の競馬ができれば」

 ◆フロンテアクイーン・国枝師 「順調。それほど差はない」

 ◆マジックタイム・中川師 「中山で重賞を勝っており、56キロのハンデも妥当」

 ◆メイショウマンボ・飯田祐師 「追い切りは予定通り。いい状態」

 ◆リーサルウェポン・武市師 「急仕上げだけど、あまり作りすぎるよりはよさそう」

中山牝馬ステークスの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【フィリーズR&中山牝馬S】東西調教ウオッチャー2017年03月10日(金) 05:03

 今週の東西調教ウオッチャーは、フィリーズレビュー中山牝馬Sが対象レース。栗東トレセンから大阪サンスポの正木、山口記者、美浦トレセンから東京サンスポの柴田記者が、好調教馬をピックアップした。

 正木 フィリーズレビューは抽選組の1勝馬より、出走が確定している馬の方が、調教でもきっちり仕上がっている感じを受けたな。

 山口 実績、実力で上回るレーヌミノルは、ここも勝負の感。CWコースで少し掛かり気味だった1週前とは異なり、馬の後ろできっちりと折り合って、ラスト1ハロン11秒6とスパッと切れました。

 正木 俺はゴールドケープを薦めよか。時計の出るPコースやけど、毎週のように余力を残してラスト1ハロン11秒台。行きたがる面があるだけに、阪神JF6着のマイルより、休み明けなら1400メートルが合いそう。

 山口 “隠し球”は初芝のタガノカトレア。坂路の併せ馬で馬なりの併入でしたが、動きに軽さがあって芝にも十分対応できそう。一発ならコレ。

 正木 中山牝馬Sも好メンバーやな。

 柴田 美浦で目立ったのはフロンテアクイーン。坂路で4ハロン52秒4の時計以上にフットワークが素軽く、いかにもデキがいいときの牝馬という雰囲気です。

 正木 栗東ではパールコード。3週連続、CWで併せ馬を行い、いずれも躍動感にあふれた動きで先着。久々でも万全とみていい。

 柴田 転厩初戦のリーサルウェポンは、坂路で4ハロン50秒8。水曜で2番目に速い時計でした。49キロの軽ハンデなら、大駆けも。

フィリーズレビューの出馬表はこちら 調教タイムも掲載★中山牝馬ステークスの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【中山牝馬S】フロンテアクイーンに国枝師「順調」2017年03月09日(木) 05:05

 初音Sを快勝して挑むフロンテアクイーンは、北村宏騎手が騎乗して坂路4ハロン52秒4−12秒7をマーク。国枝調教師は「動きはよかったし、変わりなく順調だよ」と笑顔をみせた。昇級となるが昨年のクイーンC2着、紫苑S3着の実力馬。「そんなに差はない」と重賞取りに意欲をみせていた。

中山牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【中山牝馬S】フロンテアクイーン4F52秒42017年03月08日(水) 11:50

 フロンテアクイーンは美浦坂路で終始余裕を残した手応えを見せ、4F52秒4。「けいこでは良く見せるタイプで、けさも悪くなかった」と跨がった北村宏騎手。

 ■国枝調教師「前走と同じくらいのデキ。OPでもビッシュあたりりとは差がない競馬ができていたし、ここでも」(夕刊フジ)

中山牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

フロンテアクイーンの関連コラム

閲覧 469ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は16(日)に京都競馬場でG1秋華賞が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1秋華賞ビッシュが2.5倍で1番人気、続いてジュエラーが3.9倍、ヴィブロスが6.3倍とここまで10倍を切る形で人気を形成しました。
 
注目のスタートは各馬大きな出遅れもなく、大方の予想通りクロコスミアが先頭で第1コーナーへ入ります。2番手にネオヴェルザンディ、続いてウインファビラスダイワドレッサーエンジェルフェイスカイザーバルパールコードキンショーユキヒメと先行集団を形成。そこから2馬身ほど間が空いて中団からはヴィブロスフロンテアクイーンジュエラーレッドアヴァンセミエノサクシードと追走。後方からはゲッカコウビッシュデンコウアンジュワンダーピルエットと続いて最後方にパーシーズベストの態勢。
 
クロコスミアが刻んだペースは前半1000mを59秒9(参考)の緩みない流れ、ここで1番人気ビッシュがややまくり気味に進出を開始するとその他各馬もペースアップし、直線コースへ。
 
先頭はクロコスミアでリードは1馬身、2番手にダイワドレッサー、その直後の内にウインファビラス、外からはカイザーバルが前を追って後続はやや離れた形。残り200mを通過、逃げ込みを図るクロコスミアカイザーバルパールコードが迫り、大外からはヴィブロスが良い脚で差を詰めてきます。残り100m、ここでカイザーバルクロコスミアを捉えて先頭に変わると最内からジュエラーが猛追!さらに外からはパールコードヴィブロスも追い込んで大混戦!ゴール前、スパッと切れた大外・ヴィブロスパールコードに半馬身差をつけて優勝しました!勝ちタイムは1分58秒6(良)。2着にパールコード、そこから半馬身差の3着にカイザーバルが入っています。
 
公認プロ予想家ではサウスプロ他7名が的中しています。
 
 
☆☆☆注目プロ →エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ
15(土)新潟8Rで◎○△の印で単勝34倍を2000円、ワイド29.2倍を2000円、3連単1668.1倍を200円的中させ、50万3020円を払い戻しました!同日の東京6Rでは▲フジゴウカイ単勝147.4倍、ワイド55.9倍を本線で仕留め、40万6600円を払い戻しました!週末トータル回収率265%、収支プラス87万710円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
16(日)京都11R秋華賞G1で『軽さのある馬体、走法で高速馬場向き。今の京都はピッタリ。』と狙った◎ヴィブロスの単勝を5000円仕留め、3万1500円の払い戻し!15(土)東京1Rで勝負レースに指定した◎ヴォーガの単勝1万円を的中!週末トータル回収率156%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾育成プロ
15(土)東京7Rで『前走は手応えよく直線も追ってから逃げ馬に離されてしまった。未勝利勝ちが好内容で2000mベスト』と本命に推した◎エフティスパークルライトファンタジアの馬連112.7倍、複勝5.6倍を仕留め、10万4160円を払い戻しました!16(日)京都7Rでは◎▲の本線決着で4万9500円を払い戻しました!週末トータル回収率144%、収支プラス9万3330円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →栗山求プロ
16(日)京都11R秋華賞G1で『母方にヌレイエフ、ブラッシンググルーム、ミスタープロスペクターを併せ持つディープインパクト産駒なので、昨年のこのレースの勝ち馬でオークス(G1)も制したミッキークイーンとも配合構成がよく似ている。ディープインパクト産駒の配合としてきわめて完成度が高い。』と見解を示した◎ヴィブロスパールコードの馬単61.7倍を仕留めました!週末トータル回収率246%をマークしています。

この他にもシムーンプロ(119%)、いっくんプロ(109%)、マカロニスタンダーズプロ(106%)、スガダイプロ(106%)らが回収率100%超の活躍を収めています。
 
※全レースの結果速報はこちら

今週もウマニティ競馬プロ予想MAXにご期待ください!


登録済みの方はこちらからログイン

2016年10月16日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第216回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜秋華賞 G1
閲覧 805ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は京都11R「秋華賞 G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、ビッシュ1頭。
第2グループ(黄)は 、デンコウアンジュから1.0ポイント差(約1馬身差)内のカイザーバルまでの3頭。
第3グループ(薄黄)は、クロコスミアから同差内のフロンテアクイーンまでの8頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと上位間では総合ポイント1位のビッシュデンコウアンジュ間に3.3の大きな溝、総合ポイント4位カイザーバルクロコスミア間に2.0の溝が存在しています。溝がきれいに生まれている分布と言えますので上手く活用したいところです。

私の本命は◎ヴィブロスにしたいと思います。紫苑ステークスのコラムでも本命に推したように2走前のパフォーマンスは強烈な内容。前走も致命的ロスがありながら差を詰めてきているように秋になり、馬が一変しています。血統的にも高速京都はドンピシャですし、ここも期待したいと思います。対抗は○ビッシュ。前走は厳しい流れをねじ伏せる強い競馬。ラップ的にも最後までバテていませんし、ここも好勝負必至です。以下京都代わりで巻き返してきそうな▲レッドアヴァンセ、△デンコウアンジュミエノサクシードパールコードエンジェルフェイスクロコスミアと印を打ちます。

【馬連】
7

1,3,5,8,9,10,14

【3連複流し】
7

5,10

1,3,5,8,9,14

計18点

[もっと見る]

2016年10月16日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/秋華賞 G1(スガダイプロ)
閲覧 580ビュー コメント 0 ナイス 1

先週の3日間開催に行われた3重賞、サウジアラビアRC毎日王冠京都大賞典のすべてを的中させた男がいます。ウマニティ公認プロ予想家チームのエースで4番、スガダイさんです。本日はその勢いに乗り、秋華賞をズバッと予想してもらいます。
 スガダイさんが本命を打ったのは「前2走がケタ違いの強さだったミエノサクシード。「どちらも上がりの速いレース展開のなか、直線半ばで抜け出すのだからスゴい。あの爆発的な加速力は内回りコースでさらに破壊力を増すはずで、相手強化も苦にしないだろう」と、相当に気合いが入っていました。
 対抗はヴィブロス。単穴はビッシュ。以下、ジュエラーパールコードレッドアヴァンセクロコスミアフロンテアクイーンまで印を回します。馬券は単勝、馬連流し→↓キЛ、3連複2頭軸流しЛ→↓キで勝負です。本レース以外のスガダイプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。 予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想
3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻


「競馬プロ予想MAX」には総勢25名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2016年10月14日(金) 16:06 みんなの競馬コラム
【秋華賞】血統考察 byうまカレ
閲覧 1,977ビュー コメント 0 ナイス 6


先週の毎日王冠では、11番人気3着のヒストリカルを大穴として取り上げることができました。外差し馬場がハマッたようで、やはり今の日本競馬は、その日その日の馬場状態が結果に与える影響は非常に大きいなと感じた先週末でした。

今週は秋華賞を考察します。

秋華賞は、淀みのない流れになり易いため、地力のある馬が好走しやすく、持続的な差しが決まりやすいレースです。とはいえ、やはり内回りコースということで、能力で劣る馬が好走するには、枠順の利や「立ち回りの巧さ」が必要となってきます。この部分の兼ね合いがポイントとなるでしょう。簡潔に言い表せば、「人気馬の地力」に「人気薄の立ち回りの巧さ」がどこまで通用するか、それが荒れるか荒れないかの分かれ道と思います。

ビッシュ
ワールドエースエックスマークらを輩出し、これまでJRAでデビューした9頭中6頭が勝ちあがっている、好相性のディープインパンクト×Acatenangoという組み合わせ。現3歳世代では、本馬とサトノキングダム(新馬→特別連勝)だけというのだから、その相性の良さは際立っている。自ら動いて好走したオークスと紫苑Sの内容は、Lyphard4×5らしい持続力を感じさせたし、地力ではジュエラーと双璧かそれ以上のものがあるだろう。紫苑Sを一捲りで快勝したが内回り向きの器用さは感じないから、ここは自力でねじ伏せられるかどうかだ。欲をいえばもう少し外目の枠が欲しかったところだろう。

ジュエラー
通常のファン心理であれば、人気先行ならば嫌いたいと思うところだろう。父ヴィクトワールピサの母母Much Too Riskyの仏血を増幅させた配合で、サンデー系とも異にする仏的な独特の斬れ方をする。昨年のミッキークイーン→クィーンズリングも仏血を持っていたし、馬群を嫌う気性を出させない、桜花賞のような大外に持ち出す競馬をしたいところ。ただ、これはビッシュにも言えることだが、先週の京都がかなりインコース有利だったという点は気掛かりだ。先述したような気性だから、内枠は明らかにマイナスだろう。腹をくくった競馬をしても、さすがに内回りだと届かないだろうから、どこかで大外に持ち出せるかどうか。

ヴィブロス
ヴィルシーナの全妹で、Halo≒Sir Ivor≒Red God3・5×4・5・5に加え、「父中長距離馬×母父マイラー」という配合系だから内回り向きの器用さがある。不利を受けながら3着以下を離した前走は誰がみても強いといえる内容だし、内回り向きの器用さであればビッシュよりこちらの方が上だから、先週の京都の馬場状態を考慮しても、内枠ならば逆転のチャンスがある。真ん中の枠もOK。

カイザーバル
ダンシングキイ牝系×エンパイアメーカーは、フェデラリストと本馬を輩出しているから好相性といえる。気性面の難しさがあるので2走前のような取りこぼしもあるが、「能力だけならG1でもヒケを取らない」といった趣旨のコメントを陣営は出し続けていたし、それは前走だけではなく、ものすごい脚で突っ込んできたチューリップ賞(6着)、キンショーユキヒメ以下をちぎった君子蘭賞の内容からも納得できる。父譲りの少し力馬感を感じさせる走りだから軽い京都の良馬場替わりというのは気にならないでもないが、ヴィブロスとともにアヴェンチュラ的に内から抜け出すイメージが付く馬である……と、書いたものの、さすがにこの枠だと厳しそうだ。

パールコード
叔母に阪神JF2着のシークレットコードがいる血統で、母母Beautiful Petの持つNasrullah4×3とCount Fleet5×5によって、父ヴィクトワールピサの内包するGold Digger(Mr.Prospectorの母)を増幅した、父産駒の定番配合。体質は柔らかめの大飛びで、他の有力馬に比べるとスッと反応できない弱みがあるから、京都内回りという舞台で狙いた馬ではない。

レッドアヴァンセ
お馴染名繁殖エリモピクシーの仔で、ディープインパクトとの配合だとAlzao≒ダンシングブレーヴ3×2という大胆なニアリークロスができる。このニアリークロスは、レドアヴァンセ=サトノルパンのほかにもスマートレイアーアヴニールマルシェが出ているし、ディープインパクトとダンシングブレーヴというのはLyphardらしくない瞬発力を武器にした2頭だから、超大物が出る可能性があるとみている(ちなみに、ビッシュの欄を読んでいただいた方は、オッと思われたかもしれませんがサトノキングダムディープインパクト×AcatenangoでAlzao≒ダンシングブレーヴ3×3)。本馬はSir Ivor(父Sir Gaylord)5×4という形でナスキロ血脈の中でも屈指の柔らかさを誇るSir Gaylordをクロスしているから、非力で春は坂のあるコースでは苦戦していた。ローズSでは、特別パワーが付いた印象は受けなかったが、少なくとも春先より成長しているだろう。内回り向きではないが、「平坦替わり」という点では面白い。

ダイワドレッサー
母母エアリバティーがトニービン×NureyevというHyperionの塊のような馬で、オークスでもジリジリ追い込んで来ているように東京向きの持続力がある。ただ、ネオユニヴァース×エンドスウィープという「父中距離馬×母父スプリンター」という配合系のため、立ち回りの巧さがあり福島のラジオNIKKEI賞でも好走した。「秋華賞らしいG1らしい淀みのない流れ」+「立ち回りの巧さを活かせる内回り」というのは合っているし、立ち回り次第で好走が可能なだけに8枠は残念でならない。

クロコスミア
母デヴェロッペはオープン特別時代の菜の花賞を制し、桜花賞にも出走。その母ショウエイミズキは名繁殖Cape Crossなどを輩出したPark AppealにSadler’s Wells→Nashwanという欧州本格派を配された。Sadler’s WellsやNashwanは父ステイゴールドの内包するノーザンテーストを増幅しているからステイゴールドとしては及第点といえる配合。ステイゴールド×ボストンハーバーという「父中長距離馬×母父スプリンター」という配合系だから、札幌2歳Sで好走しているように立ち回りの巧さも兼備している。今度は逃げることはないだろうが、内枠を引いて馬場バイアスも向けば、再度好走しても驚けない。


デンコウアンジュ
メイショウサムソンは、父オペラハウスの伝える硬派な筋肉を、母マイヴィヴィアンのRoyal
Cherger≒Nasrullah6×4・5(特にSir GaylordやPrincely
Gift)で柔らかくした名馬。デンコウアンジュも、母デンコウラッキーはCaerleon×Darshaanというナスキロ血脈のマリエンバード×サンデーサイレンスという組み合わせで、残りの1/4にあたる3代母トウホーダイヤはAvena=プリメロ4×4という美しい全きょうだいクロスを持つから、明らかな中距離馬。だからマイルであればスローになった方が差し込みやすく、且つ非力だからタフな芝や急坂は苦手で、良馬場スローだったアルテミスは全ての要因が向いた。タフな芝の阪神ではもうワンパンチ足りないが、オークスでは「不利が無ければ3着争い」というところまで追い込んできた。レッドアヴァンセ同様に、内回り向きではないが「平坦替わり」という点では面白いし、ローズSの内容はかなり良かったので注目の1頭。

ミエノサクシード
母系のデインヒルやAureoleやAlibhai(デインヒルとは別でもう1本)で父ステイゴールドの内包するノーザンテーストを増幅しており、重賞を獲れるだけの底力がある好配合。夏を超えてのこの成長は「らしい」ものといえる。ただ、A.P.Indyの影響が強い脚長体型のストライド走法だから内回りでのパフォーマンスアップは見込めそうにない。

エンジェルフェイス
全姉レディアルバローザはLa Troiennneの影響が強い肩が立ったピッチ走法(レディアルバローザエンジェルフェイスはLa Troiennne3本)だったが、エンジェルフェイスは少し完歩が大きくMill ReefとSir Gaylordというナスキロ的なものも感じる。オークスも着順以上に粘っているし、素質は相当なのだろうが、藤原英師も「素質だけで走っている」というコメントを残しているし、まだGIで通用するレベルではないのだろうと思う。

フロンテアクイーン
ソシアルバターフライ牝系のメイショウサムソン×サンデーサイレンスだから、フローラS4着→オークス6着→紫苑S3着というレース内容からも、やはり持続戦になれば突っ込んで来るという、昨年でいうアースライズ(オークス・秋華賞4着)的キャラにうつる。だから淀みない流れになりやすい秋華賞でも確実に脚は使うだろうが、上位陣に比べると瞬時の加速力に欠けるから、遅れて差し込んで来て掲示板争いまでというイメージだ。

パーシーズベスト
Northern Dancer5×5・5・6というサンデーサイレンスを1/4非Northern Dancerとする3/4Northern Dancerという配合系で、母パーシステントリーはMr.Prospector3×4も持つから比較的近親配合でパーシーズベストは仕上がりの早いタイプといえよう。父中長距離馬×母父スプリンターという配合系でLa Troiennneの影響もある肩が立った走法。競馬の形が限られていますが、この枠から完璧に捌いてくることができれば3着争いをしてもおかしくない1頭。

キンショーユキヒメ
母アップルティーは、父サンデーサイレンス×母アドマイスという血統で、これは昨年の3着馬マキシマムドパリの母マドモアゼルドパリの全妹にあたる。アドマイスは母父KashmirのHyperion4×4、Lady Juror4×4という、歴史的大種牡馬と歴史的名繁殖牝馬のクロスによる粘着力(ダイワスカーレットハーツクライキタサンブラックの粘着力≒粘り腰と、同じ血統原理)も伝えるから、マキシマムドパリは厳しい流れだった昨年の秋華賞を3角4番手から粘り込むことができた。上がり勝負ばかり経験してきたが、今回はG1らしい淀みない流れが予測されるので、穴を空けても驚けない。たとえ大外でも人気次第では狙ってみたいほど魅力的。

【まとめ】
有力→ビッシュヴィブロス
穴→パーシーズベストデンコウアンジュクロコスミアキンショーユキヒメ


ブログに方には、秋華賞の有力馬と穴馬について、ハーツクライキタサンブラックといった名馬の配合と関連付けて書いてみましたので、よろしければご覧ください。
《秋華賞》ハイインロー(HyperionとSon-in-Law)的な名馬と、ビッシュ/キンショーユキヒメ/レッドアヴァンセ/ダイワドレッサーの話
http://derby6-1.hatenablog.com/entry/2016/10/14/011701


-----


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/

執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2016年10月13日(木) 17:00 夢月
【各馬の前走と妙味】〜2016秋華賞〜
閲覧 1,107ビュー コメント 0 ナイス 4



京都芝2000m右回りで行われる秋華賞。
簡単にレースの特徴を説明したうえで、出走馬の前走内容を踏まえた妙味について書いていきたいと思います。

■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807

■レースの特徴■

内回りかつ1コーナーまでの距離も長くないので、コース形態上は断然前有利。しかしそれゆえにどの馬も前に行きたがり、ふだん先行している馬はいつも以上に速い流れに巻き込まれやすくなります。ましてやレベルの高いGIともなると、さらに先行争いが激しくなるため、一概に前有利とは言えません。以上のことから、逃げ先行有利ながらも脚質はそこまで重要ではなく、注視すべきは出走メンバーが作り出すペースということがわかります。予想はここから入るのがベターでしょう。
また、それなりにタフさを求められる内回りということもあり、・・・

[もっと見る]

2016年10月13日(木) 12:35 くりーく
【くりーくの前回→今回調教チェック!】〜2016秋華賞〜
閲覧 610ビュー コメント 0 ナイス 2



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われるG1を中心に出走予定馬の前走と今回のレースの調教を比較分析し、その結果をお伝えしていきます。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を、ぜひ皆さんの予想にお役立てください。
なお、シューナカコラムで取り上げている競走馬については同コラム内でコメントしていますので、そちらをご確認ください。

■『シューナカ☆』〜プロ予想家陣がアノ注目馬の見解を語る!Vol.9・秋華賞編〜はこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7864
■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807

前回のスプリンターズ編では調教評価Aのレッドファルクスソルヴェイグが1着、3着と好走。その他注目馬3頭も3着以内に好走と、1回目にしては上々の結果で幸先の良いスタートが切れました。2回目の今回は、つかみどころの難しい3歳牝馬たちによる戦い、秋華賞編をお届けします。

各馬に対する評価の見方は、上段が前走時評価(レースでの着順/調教評価は最終追い切りまで含めた調整過程総評/パドック評価とコメント/前走時短評)、下段が今回評価(1週前までの中間調整過程評価/今回短評)となっております。

◇優先出走馬◇

ヴィブロス
<前回>2着 調教A パドックB(トモに筋肉がついていないのは気になるがリズムの良い歩様)
輸送もあるので1週前に強めに追って好時計をマーク。今週は馬なりと内容の良い仕上がり。

[もっと見る]

⇒もっと見る

フロンテアクイーンの口コミ


口コミ一覧

次走報

 たま 2017年03月24日(金) 11:44

閲覧 18ビュー コメント 0 ナイス 1

★名古屋大賞典 (3月30日)
モルトベーネ(栗・松永昌)
クリソライト(栗・音無)
ケイティブレイブ福永(栗・目野)
オールブラッシュ(栗・村山)
ドリームキラリ(栗・矢作)


★アザレア賞 (4月1日)
アドマイヤロブソン
スティッフェリオ
アドミラブル ミルコ 音無


★山吹賞 (4月1日)
ニシノオラクル
グローブシアター 内田 角居


★コーラルS (4月1日)
サウススターマン
スマートアヴァロン


★ダービー卿CT(4月1日・中山・芝1600メートル)
グレーターロンドン(美・大竹)東風S優勝
グランシルク(美・戸田)ニューイヤーS2着
テイエムタイホー
サンライズメジャー
クラレント
クラリティシチー
ダンツプリウス
ロイカバード
ダイワリベラル

★マーガレットS (4月2日、阪神、芝1400メートル)
ファンタジステラ 音無秀孝(栗東)
ラプソディーア 武豊 友道康夫(栗東)


★伏竜S (4月2日)
パレスハングリー

★大阪杯(4月2日、阪神、GI、芝2000メートル)
キタサンブラック 武豊(栗・清水久)有馬記念2着
サトノクラウン(栗・友道)京都記念優勝
マカヒキ ルメール(栗・友道)京都記念3着
ミッキーロケット(栗・音無) 京都記念4着
サクラアンプルール(美・金成)中山記念2着
アンビシャス(栗・音無) 中山記念4着
ヤマカツエース
スズカデヴィアス
モンドインテロ
ステファノス

★阪神牝馬S (4月8日、阪神、GI、芝2000メートル)
ジュエラー
ミッキークイーン
デニムアンドルビー
タッチングスピーチ
アドマイヤリード

★ニュージーランドT (4月8日)
ランガディア
スズカメジャー



★大阪―ハンブルクC (4月9日)
ムーンクレスト
ファインニードル


★桜花賞(4月9日・阪神、芝1600m)
ソウルスターリング ルメール 藤沢和雄(美浦)
アドマイヤミヤビ ミルコ(栗・友道)クイーンC優勝
ミスエルテ 川田 (栗・池江)
リスグラシュー 武豊 矢作芳人(栗東)
カラクレナイ 松下武士(栗東) G フィリーズレビュー優勝
アエロリット(美・菊沢)クイーンC2着
ショーウェイ
ミスパンテール 昆貢(栗東)
ライジングリーズン 奥村武(美浦)
ディアドラ 橋田満(栗東)
レーヌミノル 本田優(栗東)
ゴールドケープ 荒川義之(栗東)
リエノテソーロ 武井亮(美浦)
ヴゼットジョリー 中内田充正(栗東)
アロンザモナ 西浦勝一(栗東)



★マリーンC (4月12日・船橋、ダート1600m)
ワンミリオンス
タイニーダンサー
パールコード  
ホワイトフーガ 蛯名



★山藤賞(4月15日、中山、500万下、芝1800メートル)
バルデス 木村哲也(美浦)




★アンタレスS(4月15日、阪神、GIII、ダ1800メートル)
グレンツェント(美・加藤)東海S優勝
カゼノコ
ナムラアラシ



★皐月賞(4月16日・中山・芝2000メートル)
レイデオロ 藤沢和雄(美浦) ホープフルS優勝
アメリカズカップ 音無秀孝(栗東) きさらぎ賞優勝
スワーヴリチャード 庄野靖志(栗東) 共同通信杯優勝
サトノアーサー 池江泰寿(栗東) きさらぎ賞2着
ペルシアンナイト
カデナ 福永 中竹和也(栗東)
ダンビュライト 武豊 音無秀孝(栗東)
クリンチャー 宮本博(栗東)
コマノインパルス 菊川正達(美浦)
マイスタイル 昆貢(栗東)



★福島民報杯 (4月16日)
マイネルフロスト
マイネルミラノ



★橘S (4月22日)
アズールムーン


★福島牝馬S (4月22日)
ワンブレスアウェイ
シャルール
ウキヨノカゼ
フロンテアクイーン




★マイラーズC(4月23日・京都、芝1600メートル)
イスラボニータ(美浦・栗田博)阪神C2着
ブラックスピネル(栗・音無)東京新聞杯優勝
エアスピネル(栗・笹田)東京新聞杯3着
ヤングマンパワー
ダッシングブレイズ
プロディガルサン


★サンスポ賞フローラS(4月23日、東京、GII、芝2000メートル)
ホウオウパフューム 奥村武(美浦)寒竹賞優勝
フローレスマジック 木村哲也(美浦)



★青葉賞(4月30日)
マイネルスフェーン 手塚貴久(美浦)
ポポカテペトル 友道康夫(栗東)
イブキ 奥村武(美浦)


★端午S (4月30日)
グッドヒューマー
タガノカトレア(栗・岡田)



★天皇賞・春(4月30日、京都、GI、芝3200メートル)
アルバート(美・堀)ダイヤモンドS優勝
ラブラドライト
タンタアレグリア(美・国枝)AJCC優勝


★かきつばた記念 (5月3日)
グレイスフルリープ


★かしわ記念(5月5日・船橋、ダート1600m)
ベストウォーリア
サウンドトゥルー


★プリンシパルステークス(5月6日)
スイーズドリームス 横山典 須貝尚介(栗東)


★ブリリアントS (5月7日)
モズライジン


★新潟大賞典(5月7日)
ムスカテール
メートルダール

★NHKマイルカップ(5月7日、東京競馬場、GI、芝1600メートル)
レッドアンシェル 庄野靖志(栗東)
キョウヘイ 宮本博(栗東)
モンドキャンノ 安田隆行(栗東)
コウソクストレート 中舘英二(美浦)
ランガディア 木村哲也(美浦)



★都大路S (5月13日)
ダノンメジャー


★ヴィクトリアマイル (5月14日)
スマートレイアー


★メイS S (5月20日)
タイセイサミット




★マーメイドS (6月11日)
マキシマムドパリ


★函館スプリントS (6月18日)
レヴァンテライオン

★宝塚記念(6月25日、阪神、GI、芝2200メートル)

★帝王賞(6月28日・大井、ダート2000m)
サウンドトゥルー

 ちびざる 2017年03月12日() 14:30
中山牝馬Sの予想
閲覧 13ビュー コメント 0 ナイス 0

◎:マジックタイム
〇:哀僉璽襯魁璽
▲:ぅ函璽札鵐咼トリー
△:ビッシュ
△:フロンテアクイーン
×:ゥ轡礇襦璽
×:.インズミラーグロ

【買い目】
単勝


個人的には哀僉璽襯魁璽匹鉢ビッシュに期待したいですね。
明け4歳の初戦でどんな競馬をするのか。
おもに斤量55kgがカギになると思います。
枠も内と外に分かれましたし、どちらが持ち味を発揮するのか。
ここで好走するようなら今後の牝馬戦線の主役に躍り出る可能性はあります。
楽しみにレースを見たいですね。

[もっと見る]

 美馬優騎 2017年03月12日() 10:14
今日の重賞予想 中山牝馬ステークス 【勝負】
閲覧 8ビュー コメント 0 ナイス 1

二日酔いで。。気持ちが悪い。。今日はTOEICの試験だと言うのに飲みすぎた。。競馬予想もさっさとしないと。。で、早速。。。

東西重賞とも牝馬のレース。こっちは古馬牝馬。。得意なのか、苦手なのか。。最近はよくわからない。。
狙いはビッシュで。近走、2桁負けが続いているが、、このあたりで、爆走しないか。。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
競馬場名 レース番号 枠番 馬番 馬名 騎手名略称
中山 11 7 13 マジックタイム            ルメール
中山 11 2 3 ビッシュ               戸崎圭太
中山 11 2 4 トーセンビクトリー          武豊  
中山 11 6 11 サンソヴール             津村明秀
中山 11 6 12 ヒルノマテーラ            岩田康誠
中山 11 3 5 シャルール              横山典弘
中山 11 5 9 デニムアンドルビー          シュタル
中山 11 7 14 フロンテアクイーン          北村宏司
中山 11 1 2 ハピネスダンサー           内田博幸
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[もっと見る]

フロンテアクイーンの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

フロンテアクイーンの写真

フロンテアクイーン
フロンテアクイーン

フロンテアクイーンの厩舎情報 VIP

2017年3月12日中山牝馬ステークス G38着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

フロンテアクイーンの取材メモ VIP

2017年3月12日 中山牝馬ステークス G3 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。