モアナ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝3 青鹿毛 2014年1月29日生
調教師高橋文雅(美浦)
馬主吉田 和美
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 6戦[2-0-3-1]
総賞金1,914万円
収得賞金900万円
英字表記Moana
血統 キンシャサノキセキ
血統 ][ 産駒 ]
Fuji Kiseki
Keltshaan
プロミネント
血統 ][ 産駒 ]
タイキシャトル
プロモーション
兄弟 プロミネントロールアドマイヤディーバ
前走 2017/06/04 由比ヶ浜特別
次走予定

モアナの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/06/04 東京 10 由比ヶ浜特別 1000万下 芝1400 147114.123** 牝3 51.0 内田博幸高橋文雅486(-2)1.21.7 0.433.6ロワアブソリュー
17/05/07 東京 6 3歳500万下 芝1400 11336.241** 牝3 54.0 内田博幸高橋文雅488(-6)1.21.1 -0.133.6⑤⑤パルティトゥーラ
17/02/04 東京 5 3歳未勝利 芝1400 16472.011** 牝3 54.0 内田博幸高橋文雅494(-2)1.22.1 -0.434.5④④アイアムビューティ
17/01/15 中山 5 3歳未勝利 芝1600 166125.933** 牝3 54.0 内田博幸高橋文雅496(+8)1.36.2 0.236.2ニシノストーリー
16/09/24 中山 2 2歳未勝利 芝1200 167146.136** 牝2 54.0 内田博幸高橋文雅488(-2)1.09.6 0.334.5⑭⑭トワイライトライフ
16/08/28 新潟 5 2歳新馬 芝1200 186118.143** 牝2 54.0 藤岡佑介高橋文雅490(--)1.11.7 0.335.3⑧⑩ダノンハイパワー

モアナの関連ニュース

関連ニュースはありません。

モアナの関連コラム

関連コラムはありません。

モアナの口コミ


口コミ一覧
閲覧 144ビュー コメント 0 ナイス 12

春の6週連続G気離侫ナーレ・安田記念はサトノアラジンが優勝!

ロゴタイプがハイペースの逃げを打った中、
サトノアラジンは後方で末脚を溜めて、大外から凄い追い込みを決めてみせました。

展開が向かなかったり、道悪になったり、道中で不利を受けたり、
と勝負どころでツキに見放される状況が続いていましたけど、
いつG気鮠,辰討發かしくないような馬でしたからね。

これまでの不運を一気に吹き飛ばす、素晴らしい差し切り勝ちでした。

2着に入ったのはハイペースで逃げたロゴタイプ。
父・ローエングリンも型にハマると強い馬でしたので、
ロゴタイプもお父さんの良い部分を受け継いでいるんでしょうね。

追い切りの動きは抜群でしたし、
休み明けでも問題なかったですね。

抜群の安定感を買われたイスラボニータはスムーズなレースができず凡退。
3週連続G祇覇のルメール騎手をもってしても、今回の展開では厳しかったですね。

それでは、今週の本命馬の回顧をしていきましょう。


【3回阪神1日】

■7R ナムラマル 1人気1着

スムーズに先手さえ取れれば大丈夫だろう、と考えていたので、
楽にハナを奪った時点で勝負ありでしたね。

■8R ペルランヴェール 1人気3着

もう1列前の位置が欲しかったところですが、
直線で上位2頭と同じ脚色になってしまいましたから、今回は実力負けだと思います。

■9R ダイアナヘイロー 1人気1着

急坂コースが苦手な馬ですけど、500万下に降級するとさすがに強かったです。
1000万下でも勝ち負けしていた馬ですので、次走以降も要注意。

■10R エーティーサンダー 3人気4着

近走の充実っぷりを買いましたが、57kgのハンデの分、伸びきれなかったですね。
ベストはローカルの中距離なのかも。

■11R(鳴尾記念)スマートレイアー 1人気2着

勝負どころでズブい面を見せましたけど、エンジンが掛かってからの伸びはさすがでした。
2000mでも短い感じがするので、距離延長で今一度狙いたいです。

■12R コパノリスボン 1人気1着

1000万下でも好勝負していた馬ですから、降級初戦でも負けられない立場でした。


【3回東京1日】

■7R ジュンザワールド 1人気6着

降級すれば東京1300mでも大丈夫、と考えていましたが、甘くなかったです。
ベストは中山1200mのようですから、ベスト条件なら巻き返してくるでしょう。

■8R ベバスカーン 1人気1着

好位の内から脚を溜める競馬でしっかりと勝ち切りました。
1000万下だとまだまだ実力不足だと思いますが、クラスに慣れれば上位争いできそうです。

■9R ラーナアズーラ 4人気7着

中団からレースを進められれば良かったんですが、
直線入り口で後方3番手という位置ではさすがに厳しかったです。

■10R ケンホファヴァルト 2人気2着

注文通りにハナを奪って、最後まで粘り切りましたが、2着まで。
いつも相手なりに走ってくれるんですけど、勝ち切るためにはもう一工夫必要ですね。

■11R ベストマッチョ 1人気1着

もまれる競馬になるのを嫌って、果敢にハナを奪いに行ったのが大正解でした。
次走はプロキオンSを予定。重賞でも楽しみな存在です。

■12R ロジブリランテ 2人気9着

1400mだと追走するだけで手一杯ですね。
距離延長なら古馬相手でも互角以上に戦えると思います。


【3回阪神2日】

■7R エンパイアブルー 1人気1着

課題のスタートも無事に出ましたし、終始強気の競馬で勝ち切りました。
最後は2着馬に差されそうでしたけど、500万下にいるような馬ではないので、順当勝ちだと思います。

■8R テーオーフォルテ 1人気5着

キレる脚がないので、もっと積極的な競馬をしてほしかったです。
今後も人気すると思いますけど、ジリっぽい馬ですから、
取りこぼす危険性も頭の中に入れた上で予想しなきゃいけませんね。

■9R キアロスクーロ 1人気1着

オープンに上がってもおかしくないような馬ですから、
少頭数の500万下なら負けられない立場でした。

■10R メイショウノボサン 3人気6着

勝って同条件という身だったんですけど、まさかの末脚不発。
パサパサの馬場よりも脚抜きの良い馬場の方が合うのかも。

■11R ウインスペクトル 4人気3着

注文通りの単騎逃げを打って3着ですから、仕方ないですね。

■12R メイショウヤクシマ 7人気5着

もう1列前の位置だったら3着はあったかもしれません。
クラス慣れしてくれば、現級でも勝ち負けまで来る存在だと思います。


【3回東京2日】

■7R イルフォーコン 2人気5着

入線後に下馬したようなので、
何かしらのアクシデントが発生した模様。

■8R ラピッドライズ 6人気5着

先手を奪うまでは良かったんですけど、勝ち馬に早めにこられてからがキツかったです。
展開や馬場のアシストがあれば、現級でも上位争いしてくれそうです。

■9R フィールドシャルム 5人気3着

思惑通りの逃げでしたが、さすがに相手が悪かったですね。

■10R モアナ 2人気3着

51kgならロワアブソリューにも勝てるのでは?と考えましたが、甘くなかったですね。
まだまだこれからの馬だと思いますし、懲りずに次走以降も狙いたいです。

■11R(安田記念)ブラックスピネル 10人気18着

ハイペースを先行したので、大きな着順になってしまうのも致し方ないですね。
スローペース濃厚と考えた上での本命抜擢でしたから、展開を読めなかった自分のミスです。

■12R シュナウザー 1人気1着

勝って同条件でしたし、相手もそこまで強くなかったですから、
楽に勝ち切るのは想定内でしたけど、2着馬を拾えませんでした。


今週から降級馬がたくさん出てきましたから、
上位人気ばかりに◎を打っていますね。

土曜はプラス収支でしたけど、
本命馬がしっかりと連対している時に的中しておけば、日曜のマイナス分も相殺できたはずなので、
土曜の取りこぼしがとても痛かったです。

再来週から函館を含んだ3場開催になりますので、
2場開催のうちに馬券の調子を上げていって、夏競馬を満喫できる態勢を整えておきたいです。

 藤沢雄二 2017年6月4日() 14:12
6月4日のWIN5予想
閲覧 107ビュー コメント 0 ナイス 9

2場開催で締切が早いのも良し悪しですな。

【東京9R ホンコンジョッキークラブトロフィー】チェスナットコート ▲丱襯妊
【阪神10R 洲本特別】Д瓮ぅ轡腑Ε離椒汽 哀錺鵐澄璽蝓璽妊
【東京10R 由比ヶ浜特別】モアナ ロワアブソリュー
【阪神11R グリーンS】ウインスペクトル レイズアスピリット
【東京11R 安田記念】ブラックスピネル ┘┘▲好團優
2×2×2×2×2=32

ホントは安田記念を手広くいきたかったのだけど、収拾がつかなくなってスピネル馬券でw

東京9Rはバルデスで堅そうだけど、権利放棄で東上してきたチェスナットコートは買っておきたい。

洲本特別は降級組の争いだと思うが、その中からメイショウノボサンとワンダーリーデルを。

由比ヶ浜特別は51kgが魅力のモアナと降級のロワアブソリューで。

グリーンSは1000万を2回勝った馬を重視してウインスペクトルとレイズアスピリットで。

とても当たる気がしないw(ダメじゃん)

運良く当たればいいけどね。

[もっと見る]

 藤沢雄二 2017年5月11日(木) 07:00
アエロリットがNHKマイルCを制してスペシャルワールドの首位...
閲覧 171ビュー コメント 10 ナイス 38

先週のPOG戦線では△アエロリットがNHKマイルCを制覇。
ウマニティPOGのスペシャルワールドで首位に立つことができました♪

【出走結果】
・5月6日 新潟10R わらび賞
☆トワードポラリス 15着 1.59.3・重(1着馬とのタイム差+5.3)
単勝オッズ 24.6倍(11番人気)
【採点:4.0】

タイムオーバーの大敗でした。
結果だけを見ればボロ負けどころの騒ぎではないのですけど、内の馬が速くて自分の競馬ができなかったことが敗因。
先行争いに加わりにいったものの跳ね返されたところで1コーナーを迎えたので、エライ外を回らされる羽目に。なのでもうどうしようもなかったですね。
次からは『3歳以上500万下』という扱いになるので、中距離のダート戦は選び放題ですから、相手関係をしっかり把握して無理なく先行できる組み合わせのところを使ってください。
その中で鍛えてもらいながら出世していってほしいものです。


・5月7日 東京1R
★ラボーナ 1着 1.39.2・良(2着馬とのタイム差-0.6)
単勝オッズ 2.1倍(1番人気)
【採点:7.0】

主戦場のPOGで指名している★ラボーナが待望の初勝利♪
芝スタートの東京ダートのマイル戦で1番枠を引いてどうするんだ?と思って見ていたわけですが、ゲートは普通に出て内ラチ沿いを進みながら徐々に位置取りを下げていたのですけど、3コーナーで外に出してからは搭載エンジンの違いを遺憾なく発揮。
「こんなに強かったっけ?」と思うような勝ちっぷりでした。
漸くの勝ち名乗りにホッと一安心。
この先も期待しています。

・5月7日 東京6R
△モアナ 1着 1.21.1・良(2着馬とのタイム差-0.1)
単勝オッズ 6.2倍(4番人気)
【採点:7.5】

このレースが2月の未勝利勝ち以来だった△モアナでしたが、休み明けの昇級戦を難なく突破しました♪
11頭立てということもあってかそんなに前半のペースが速くなく、好位で脚を溜めて流れに乗ると直線では3着馬との叩き合いに。並ばれそうで並ばせない渋とさを発揮すると直線勝負に賭けた2着馬の追撃も振り切っての勝利。
前半のペースが流れなかった分、勝ち時計は強調できるものではなかったけれど、オープン特別で2着のある馬を振り切っての勝利だけに、古馬相手の1000万下でも十分にやれると踏んでいます。
東京1400で連勝したわけですが、別にコースは問わないと思っています。


・5月7日 京都9R 矢車賞
△ドロウアカード 2着 1.48.1・良(1着馬とのタイム差+0.3)
単勝オッズ 3.7倍(2番人気)
【採点:6.0】

ここ2走とは違って、ハナを主張した外枠勢を行かせて3番手のインで控える競馬。
直線を向いて満を持して抜け出そうとしたところで、過去3回一緒に走って3回とも先着を許している“天敵”のディアドラに早めに来られて2着確保が精一杯。これは勝ち馬を誉めるしかなく、ドロウアカードとしては控える競馬に対応できたのは収穫。ただ、相手が悪かった…。


・5月7日 東京11R NHKマイルC
△アエロリット 1着 1.32.3・良(2着馬とのタイム差-0.2)
単勝オッズ 5.8倍(2番人気)
【採点:8.5】

完勝。とにかく強かった。
レースを振り返るのに言葉は要らないですねw

戦前の混戦ムードはどこへやら。府中の直線はアエロリットの強さを引き立たせるグリーンカーペットだった。
デビュー前に横山典弘騎手が「スリープレスナイトみたい」とコメントしていて、言うても合コンで女の子にアイドルや女子アナの誰に似ているね的なリップサービスだろ、ぐらいにしか思っていなかったのだけど、こうやって戴冠してみるとその言葉が慧眼だったとしか言い様がないわけで、その人のコメントだから秋以降のレースにもスゴく期待が持てそうです。


この結果を受けて、ウマニティPOGのスペシャルワールドで再び首位に立ちました\(^^)/

机上の計算ではアエロリットがNHKマイルCを勝てば首位に返り咲くことは分かっていたし、単勝2番人気だから勝ちを意識していないと言えばウソになるわけですけど、さすがに勝った後のことまでは考えていなかったので、月曜日に更新された順位表を見てビックリしたところもあって…。

残り3節で賞金の大きいところはオークスと東京優駿しかありません。
オークスの1着賞金が1億円、東京優駿の1着賞金が2億円。
で、現在の順位で3位の方と1億6,000万円の差があるということは、どう考えても3人以上に抜かされることがないので、アエロリットが勝った時点でスペシャルワールドの3位以内が確定しました。
あとはもうメダルの色が何色か?という問題だけです。
最終的な優勝のための条件というのは、5月25日の出馬投票確定後にハッキリするわけですが、「こうなってしまったらダメ」という条件を抜き出せるぐらいなので、想像以上に優勝の可能性が高まってきました。

3位以内を確定させているので、ある程度は今シーズンのまとめを書いてもいいでしょう。
ここまでの成績というのが【20-21-20-41/102】。勝ち切れない半面、複勝率がほぼ6割というのは目標としている『負けないPOG』を表現できたのかな、と思う次第です。
実際、ここまでに勝った重賞はペルシアンナイトのアーリントンCとアエロリットのNHKマイルCの2つだけですから、複勝率あるいは入着率の高さでカバーしてきたと言っていいでしょう。

主戦場のPOGは15頭持ちのドラフト制というルールなのですけど、過去の成績を振り返ってみると、複勝率5割の年に優勝争いに絡んでいて優勝するかどうかは勝率に左右される、大体そんな感じでした。
なので指名馬選びの時に『複勝率5割』をイメージした指名にはなります。
ウマニティPOGはその延長でやっているので、今シーズンが複勝率6割ペースで推移していれば、残り3節で首位にいるというのはデータの裏付け通りって感じですね。
改めて数字を確かめてみましたけど、複勝率6割ペースというのは自分でも出来すぎだとは思います。
ボチボチ来シーズンの指名馬選びに入っているわけですが、今シーズンが良かったからといってハードルを上げすぎないように気をつけないといけませんね。あくまでも複勝率5割キープを目標にしておかないと息が詰まることになるでしょうから。

もちろんこれはスペシャルワールドのルール(1頭について1人しか指名できない)に則った場合の立ち回りであって、ウマニティPOGの場合はワールドが違えば戦略も変わってくるとは思います。
1頭について複数の指名者がいるワールドにおいてもし優勝を狙うのであれば、このやり方では対応できません。それは現在の自分の総合ランキングが25位ということが端的に示していると思います。

あくまでもPOGは『育成のゲーム』だと思っています。なのでプロスポーツのように優勝することだけが全てではないです。目標を最初から優勝に置いておくと、本当に息苦しいですから。基本的には楽しめればいいんです。
ただ、幸か不幸か浦和レッズのサポーターでいるおかげで、順位表の下3分の1をウロウロしていると『残留争いに巻き込まれる』という感覚になってそれは精神衛生に非常に宜しくないんですw
強いて言うならその感覚が、POGでコンスタントに上位争いをしている原動力だと思っております(^^;

[もっと見る]

⇒もっと見る

モアナの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

モアナの写真

投稿写真はありません。

モアナの厩舎情報 VIP

2017年6月4日由比ヶ浜特別3着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

モアナの取材メモ VIP

2017年6月4日 由比ヶ浜特別 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。