会員登録はこちら
サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス2017

2017年4月8日(

サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス G2

阪神競馬場/芝/1600m

最新出走予定馬情報 〜サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス2017〜

  • ニュース
  • 直前追い切り情報
  • 口コミ情報
【阪神牝馬S】女王・ミッキークイーン、復活V!
 第60回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(8日、阪神11R、GII、4歳上牝馬オープン国際(指)、別定、芝・外1600メートル、1着本賞金5500万円、1着馬にヴィクトリアマイルの優先出走権 =出走16頭)浜中俊騎乗で1番人気に推されたミッキークイーンが、力強い決め手で差し切り勝ち。一昨年の秋華賞以来となる3度目の重賞Vを飾った。タイム1分34秒3(重)。1馬身3/4差の2着は3番人気のアドマイヤリード。14着に敗れたGI3勝馬メイショウマンボは、これがラストランとなった。 GI2勝のミッキークイーンが、2015年の秋華賞以来の美酒に酔いしれた。 「最後は一瞬の脚を使ってくれましたね。去年は未勝利で終わって、納得がいかなかったけど、いいスタートを切れてよかったです」。13戦中12戦で手綱を取る浜中騎手が、声を弾ませた。 中団の位置から直線で徐々に外へ出すと、ラスト200メートルからグイグイと伸びて前を抜き去った。上がり3ハロンはメンバー最速タイの34秒0。重馬場も苦にせず、完全復活を印象づけた。 浜中騎手の重賞制覇は、ゴール前の斜行で騎乗停止処分を受けた昨年11月のマイルCS以来。「ポテンシャルは間違いなくトップクラスですし、もう一度、この馬と大きいレースを取りたいです」と言葉に力がこもる。 池江調教師も「よく復活してくれました。調教も今までで、一番よかったですから」と目を細めた。次走のヴィクトリアマイルで、3つ目のGIタイトルを奪取する準備が整った。 (山口大輝)★8日阪神11R「サンスポ杯阪神牝馬S」の着順&払戻金はこちら
2017年4月9日() 05:03

 1,629

【阪神牝馬S】レースを終えて…関係者談話
 ◆ルメール騎手(アドマイヤリード2着) 「よく頑張ってくれました。(4角で)内に大きなスペースがあってラッキーだった。道悪も大丈夫」 ◆幸騎手(ジュールポレール3着) 「4角を回るまで抜群の手応え。ただ、追い出したら道悪に脚を取られてノメった」 ◆松若騎手(クロコスミア4着) 「マイペースで道中の雰囲気は良かった。馬場も気にしなかったし、力を感じた」 ◆池添騎手(エテルナミノル5着) 「ゲートの中でゴソゴソして少し出遅れたが、前に行けた。最後までよく踏ん張ってくれた」 ◆武豊騎手(トーセンビクトリー6着) 「道中はいい感じで走っていた。伸びなかったのは、道悪か距離なのか…」 ◆蛯名騎手(デンコウアンジュ7着) 「時計がかかる馬場はいいが、軟らかい馬場は良くない」 ◆福永騎手(アットザシーサイド8着) 「馬場のいいところを通ったが、それでも馬場が緩くて伸びず、バテずだった」 ◆藤岡康騎手(デニムアンドルビー12着) 「この距離は忙しく、なし崩しに脚を使った」 ◆和田騎手(タッチングスピーチ13着) 「ペースが上がったら置かれた」 ◆M・デムーロ騎手(クイーンズリング15着) 「ここまで雨が降って馬場が悪くなると合わない。落鉄もしていたし、今度は良馬場で巻き返したい」
2017年4月9日() 05:02

 1,584

【阪神牝馬S】GI3勝・マンボ、ラストラン14着
 第60回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(8日、阪神11R、GII、4歳上牝馬オープン国際(指)、別定、芝・外1600メートル、1着本賞金5500万円、1着馬にヴィクトリアマイルの優先出走権 =出走16頭)2013年にオークス、秋華賞、エリザベス女王杯とGIを3勝したメイショウマンボ(栗・飯田祐、牝7、父スズカマンボ)は今回が最後のレースだったが、14着に終わった。 レース後に状態を確かめた飯田祐調教師は「けがもなく無事に上がってくれてよかった。ありがとう、お疲れさんと声をかけた」と13年の最優秀3歳牝馬に輝いた名牝をねぎらった。 通算31戦6勝で、重賞は他に13年のGIIフィリーズレビューを制覇。今後は生まれ故郷の北海道浦河・高昭牧場に近日中に移動し、繁殖生活に入る。★8日阪神11R「サンスポ杯阪神牝馬S」の着順&払戻金はこちら
2017年4月9日() 05:02

 1,237

【阪神牝馬S】昨年2着のミッキークイーンが雪辱
 4月8日の阪神11Rで行われた第60回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(4歳以上オープン、牝馬、GIII、芝・外1600メートル、別定、16頭立て、1着賞金=5500万円)は、浜中俊騎手騎乗の1番人気ミッキークイーン(5歳、栗東・池江泰寿厩舎)が昨年2着のリベンジを果たすとともに、ヴィクトリアマイル(5月14日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは1分34秒3(重)。 レースは雨中で行われ、クロコスミア、エテルナミノル、クイーンズリング、ダンツキャンサー、クリノラホールなどが先行集団を形成。中団を進んでいたミッキークイーンは直線で一気に末脚を伸ばし、後方から追撃してきたアドマイヤリード(3番人気)に1馬身3/4差をつけて完勝した。さらにクビナ差の3着にジュールポレール(4番人気)。2番人気クイーンズリングは15着だった。 ミッキークイーンは、父ディープインパクト、母ミュージカルウェイ、母の父ゴールドアウェイという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は野田みづき氏。通算成績は13戦5勝。重賞は2015年オークス・GI、秋華賞・GIに次いで3勝目。サンスポ杯阪神牝馬Sは、池江泰寿調教師、浜中俊騎手ともに初勝利。 ◆浜中俊騎手「スタートを上手に出て、スムーズに流れに乗れました。強かったですね。ミッキークイーンは去年、(4戦して)1つも勝てなかったので、今年初戦を勝ててよかったです。ポテンシャルが高いので、(オークス、秋華賞に続いて)もう1度、この馬と大きなレースを取りたいですね」★8日阪神11R「サンスポ杯阪神牝馬S」の着順&払戻金はこちら
2017年4月8日() 15:42

 1,576

【阪神牝馬S】レース展望
 阪神には土曜も重賞が組まれ、メインで行われるのが第60回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(8日、GII、芝・外1600メートル)。1着馬にはヴィクトリアマイル(5月14日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権が与えられる。2008年には昇級初戦として臨んだエイジアンウインズが優勝を飾り、勢いそのままに春の古馬女王の座も手中に収めた。以前の1400メートルから200メートル延長された昨年は9着ストレイトガール、2着ミッキークイーンがヴィクトリアマイルで1、2着。より前哨戦としての意味合いが強まった感がある。 今年は実績のある5歳馬が多い。中でも、ミッキークイーン(栗東・池江泰寿厩舎、5歳)は昨年と同じくここを始動戦に定めてきた。3歳時に牝馬2冠を飾り、牝馬戦線の中心を担うはずだった昨年だったが、4戦して未勝利。それでも、昨年の当レース、ヴィクトリアマイルと2着に好走し、調整の遅れからぶっつけとなったエリザベス女王杯で3着、強豪牡馬相手の有馬記念も5着と力のあるところを見せた。5歳を迎えて体質がしっかりしてきたことで、中間は調教の質がアップ。ここ2週続けてCWコースでラスト1ハロン11秒台をマークしており、状態の良さがうかがえる。マイル重賞は3戦全て2着と、詰めの甘さが残るが、牝馬の中に入れば地力上位は間違いないところ。昨年のマイル2戦を糧に流れに乗れれば、久々の差し切りが望める。 クイーンズリング(栗東・吉村圭司厩舎、5歳)は昨秋に府中牝馬S−エリザベス女王杯を連勝し、本格化を迎えた。前走の香港カップは9着に敗れたが、初の海外遠征、一流馬がそろっていたことを思えば悲観する必要はない。さらにいえば、距離もベストとはいえなかった。エリザベス女王杯を制しているが、スローの流れに恵まれた印象もあり、本来の切れ味が生きるのは1400〜1800メートル。今回の外回りマイルは絶好の舞台といえる。海外遠征後の初戦で調整具合が気になるが、1週前にCWコースで一杯に追われて僚馬に1馬身先着(6ハロン82秒1−12秒2)と、しっかり動いており、休み明けでも力を出せそう。重賞4勝はメンバー最多タイ。牝馬同士なら上位争いは間違いなさそうだ。 トーセンビクトリー(栗東・角居勝彦厩舎、5歳)は前走の中山牝馬Sで重賞初制覇。エリザベス女王杯勝ちのトゥザヴィクトリーを母に持つ良血が、いよいよ開花してきた。以前は気性の激しさゆえに結果を残すことができなかったが、昨秋以降は心身ともに成長し、先行しても折り合いの付いたレースぶりが光る。休み明け(昨年以降は3戦3勝)の方がテンションが高ぶらずに臨めており、今回は叩き2走目でいかに落ち着いてレースに迎えるかがポイントになりそうだが、気性的にマイルへの距離短縮は間違いなくプラスに働くだろう。 4歳勢では、ジュールポレール(栗東・西園正都厩舎)の勢いが侮れない。昨年6月に初勝利を挙げた後、2戦は2000メートルで勝ち切れずにいたが、1600〜1800メートルに距離を短縮して一気に3連勝。いずれも好位から早めの追い出しで長くいい脚を使い、他馬を封じ込んだ。こちらもマイルチャンピオンシップ覇者サダムパテックの妹で、血統的な魅力に満ちている。今回と同じ阪神マイルは2戦2勝。初タイトルを狙うには打って付けの舞台だ。 アドマイヤリード(栗東・須貝尚介厩舎、4歳)も、同じく連勝中の4歳馬。4走前、3走前は、今回ライバルとなるエテルナミノル、ジュールポレールの2着に敗れたが、その後2戦を持ち前の切れ味で差し切った。阪神コースは4戦して5着が最高だが、いずれも重賞の舞台。力をつけてきた今なら克服しても不思議はない。 アットザシーサイド(栗東・浅見秀一厩舎、4歳)は2歳時の秋明菊賞を最後に勝利から遠ざかっているが、フィリーズレビュー2着、桜花賞3着など重賞でも好走例があり、地力は上位。プラス14キロだった前走の京都牝馬S(8着)からどれだけ絞れているかが鍵だが、4戦して掲示板を外していない阪神コースなら巻き返しがあっていい。 デニムアンドルビー(栗東・角居勝彦厩舎、7歳)はサンスポ賞フローラS勝ち、ジャパンC2着の実績馬で、阪神コースではローズS勝ち、宝塚記念2着を含め【2・3・0・1】で掲示板を外していない。昨年12月に戦線復帰後、重賞4戦のうちGIの2戦を除けば0秒5差(金鯱賞)、0秒2差(中山牝馬S)。叩きつつ状態は確実に上向いており、久々の好走も期待できそうだ。 タッチングスピーチ(栗東・石坂正厩舎、5歳)は15年のローズSでミッキークイーン(2着)、トーセンビクトリー(3着)、クイーンズリング(5着)を破って重賞初V。近2走は牡馬相手の重賞で僅差の勝負をしており、地力は見劣らない。クリノラホール(栗東・谷潔厩舎、4歳)は昇級初戦の愛知杯で0秒4差(7着)に好走。相手なりに走れるのが強みで、混戦になれば堅実な末脚が生きそうだ。他にも末脚確かなデンコウアンジュ(栗東・荒川義之厩舎、4歳)、ラストランとなるGI・3勝馬メイショウマンボ(栗東・飯田祐史厩舎、7歳)などの走りに注目したい。★サンケイスポーツ杯阪神牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年4月3日(月) 18:13

 3,892

【阪神牝馬S】厩舎の話
 ◆アットザシーサイド・川上助手 「阪神はいいが、相手が強い」 ◆アドマイヤリード・須貝師 「決め脚がどこまで通用するか楽しみ」 ◆クイーンズリング・吉村師 「きっちりと本数をこなしてきた。トモに幅が出てきた」 ◆クリノラホール・谷師 「動きは素軽く、休み明けの感じはない」 ◆クロコスミア・西浦師 「しっかりと動いていた。スムーズに先行できれば」 ◆ジュールポレール・西園師 「さらにデキは良化している感じ」 ◆タッチングスピーチ・石坂師 「久々のマイルで対応がうまくできれば」 ◆デニムアンドルビー・辻野助手 「マイルの流れに対応ができるかでしょう」 ◆トーセンビクトリー・辻野助手 「今は追い切っても馬体が減らない。雰囲気はいい」 ◆ミッキークイーン・池江師 「今週は微調整。去年より状態はいい」 ◆メイショウマンボ・飯田祐師 「しまい重点で調整。体つきはいい」
2017年4月7日(金) 05:03

 2,562

【サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス】特別登録馬
2017年4月8日(土)に阪神競馬場で行われるサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)の登録馬は以下の通り。アットザシーサイド 牝4アドマイヤリード 牝4ウエスタンレベッカ 牝7エテルナミノル 牝4クイーンズリング 牝5クリノラホール 牝4クロコスミア 牝4ジュールポレール 牝4タッチングスピーチ 牝5ダンツキャンサー 牝6デニムアンドルビー 牝7デンコウアンジュ 牝4トーセンビクトリー 牝5ヒルノマテーラ 牝6ミッキークイーン 牝5メイショウマンボ 牝7◆サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)の重賞攻略はこちら。
2017年4月2日() 17:30

 2,533

【阪神牝馬S】追って一言
 ◆アットザシーサイド・川上助手 「日曜日に速い時計を出して、水曜日はサラッと。阪神はいいが、相手が強い」 ◆アドマイヤリード・須貝師 「仕上がりがいいので速い時計を出さなかった。決め脚がどこまで通用するか楽しみ」 ◆ウエスタンレベッカ・義騎手 「調教はいい動き。あとは当日の馬の気分次第ですね」 ◆エテルナミノル・本田師 「1週前にビシッとやって、当週は軽め。調教の質量は豊富だよ」 ◆クイーンズリング・吉村師 「きっちりと本数をこなしてきたので、これで十分」 ◆クリノラホール・谷師 「休み明けの感じはしない。ある程度、前々でレースをしたい」 ◆クロコスミア・西浦師 「単走にしてはしっかりと動いていた。スムーズに先行できれば」 ◆タッチングスピーチ・石坂師 「順調。あとは久々のマイルで対応がうまくできるかだね」 ◆ダンツキャンサー・谷師 「軽い調教で十分。うまくレースで立ち回ってほしい」 ◆デニムアンドルビー・辻野助手 「引き続き順調。あとはマイルの流れに対応ができるか」 ◆デンコウアンジュ・荒川師 「入念に乗り込んでいる。マイルだと折り合いはつきそう」 ◆トーセンビクトリー・辻野助手 「さらに調子は上がっている。雰囲気はいい」 ◆ヒルノマテーラ・昆師 「体調面は持ち直してきた。末脚を生かせる流れになってほしい」 ◆ミッキークイーン・池江師 「態勢は整っているので微調整。本質的には叩き良化型と思うけど、これだけ動けば」 ◆メイショウマンボ・飯田祐師 「これが引退レース。やりすぎないように上がり重点で調整」★サンケイスポーツ杯阪神牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年4月6日(木) 05:02

 2,532

阪神牝馬Sのニュースをもっと見る >

阪神牝馬Sの直前追い切り情報をもっと見る >

阪神牝馬Sの口コミ情報をもっと見る >

●サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス2017〜

第60回 サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス G2

2017年4月8日()阪神11R 芝1600m 16頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 3 6 99.1 ミッキークイーン 牝5 55.0 浜中俊 池江泰寿 栗東 438(+4) 2.2 1 1.34.3
2 8 16 94.6 アドマイヤリード 牝4 54.0 C.ルメー 須貝尚介 栗東 426(-4) 6.0 3 1.34.6 1 3/4
3 4 8 94.6 ジュールポレール 牝4 54.0 幸英明 西園正都 栗東 454(-6) 7.4 4 1.34.6 クビ
4 2 4 89.6 クロコスミア 牝4 54.0 松若風馬 西浦勝一 栗東 420(+8) 25.5 7 1.35.1
5 7 13 93.4 エテルナミノル 牝4 54.0 池添謙一 本田優 栗東 444(+4) 229.0 13 1.35.3 1 1/2
6 3 5 94.5 トーセンビクトリー 牝5 54.0 武豊 角居勝彦 栗東 476(0) 14.7 5 1.35.4 クビ
7 6 12 91.1 デンコウアンジュ 牝4 54.0 蛯名正義 荒川義之 栗東 460(+14) 65.5 10 1.35.4 クビ
8 6 11 94.9 アットザシーサイド 牝4 54.0 福永祐一 浅見秀一 栗東 444(-6) 35.5 8 1.35.6 1 1/4
9 5 10 92.4 ヒルノマテーラ 牝6 54.0 四位洋文 昆貢 栗東 462(+6) 306.3 14 1.35.6 クビ
10 7 14 93.1 ダンツキャンサー 牝6 54.0 藤岡佑介 谷潔 栗東 482(-2) 417.8 16 1.35.6 ハナ
11 1 2 91.5 クリノラホール 牝4 54.0 北村友一 谷潔 栗東 442(-10) 82.8 12 1.35.8
12 8 15 97.1 デニムアンドルビー 牝7 54.0 藤岡康太 角居勝彦 栗東 452(-2) 15.7 6 1.35.8 クビ
13 5 9 96.5 タッチングスピーチ 牝5 54.0 和田竜二 石坂正 栗東 468(-6) 46.4 9 1.36.0 3/4
14 4 7 92.4 メイショウマンボ 牝7 55.0 小牧太 飯田祐史 栗東 498(+2) 72.4 11 1.36.1 1/2
15 2 3 97.8 クイーンズリング 牝5 56.0 M.デムー 吉村圭司 栗東 466(+14) 4.3 2 1.36.5 2 1/2
16 1 1 91.1 ウエスタンレベッカ 牝7 54.0 高倉稜 崎山博樹 栗東 454(-6) 316.2 15 1.37.0
ラップタイム 12.5-11.5-11.6-11.9-11.8-11.2-11.8-12.0
前半 12.5-24.0-35.6-47.5-59.3
後半 58.7-46.8-35.0-23.8-12.0

■払戻金

単勝 6 220円 1番人気
複勝 6 110円 1番人気
16 190円 3番人気
8 200円 4番人気
枠連 3-8 460円 2番人気
馬連 6-16 820円 2番人気
ワイド 6-16 350円 2番人気
6-8 350円 3番人気
8-16 840円 9番人気
馬単 6-16 1,340円 4番人気
3連複 6-8-16 1,760円 4番人気
3連単 6-16-8 6,370円 12番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

展望コラム〜サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス2017〜

阪神牝馬Sのコラムをもっと見る >

過去10年の結果 〜サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス2017〜

2016年 サンスポ杯阪神牝馬S 2016年4月9日() 阪神11R 芝1600m 良 13頭

サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス2016

1着 7 スマートレイアー 2.8倍(2人気) M.デムーロ 1:33.1 100.0
2着 6 ミッキークイーン 2.4倍(1人気) C.ルメール クビ 100.0
3着 9 ウインプリメーラ 14.3倍(5人気) 川田将雅 3/4 99.3
単勝 7 280円(2人気) 3連複 6−7−9 980円(3人気)
馬連 6−7 350円(1人気) 3連単 7→6→9 3,320円(6人気)

2015年 サンスポ杯阪神牝馬S 2015年4月11日() 阪神11R 芝1400m 稍重 17頭

サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス2015

1着 4 カフェブリリアント 9.8倍(4人気) 福永祐一 1:21.1 104.2
2着 7 ベルルミエール 11.7倍(7人気) 川島信二 クビ 104.2
3着 12 ウリウリ 5.7倍(3人気) 浜中俊 1/2 103.3
単勝 4 980円(4人気) 3連複 4−7−12 9,560円(31人気)
馬連 4−7 5,280円(23人気) 3連単 4→7→12 68,950円(239人気)

2014年 サンスポ杯阪神牝馬S 2014年4月12日() 阪神11R 芝1400m 良 13頭

サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス2014

1着 4 スマートレイアー 2.2倍(1人気) 武豊 1:20.3 100.6
2着 6 ウリウリ 6.4倍(3人気) 福永祐一 ハナ 100.6
3着 10 ローブティサージュ 24.6倍(9人気) A.シュタルケ クビ 100.6
単勝 4 220円(1人気) 3連複 4−6−10 4,850円(14人気)
馬連 4−6 630円(1人気) 3連単 4→6→10 12,150円(24人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2013/04/06
サンスポ杯阪神牝馬S
阪神 16 サウンドオブハート 4.5倍 2 池添謙一 1:21.4 100.0
2012/04/07
サンスポ杯阪神牝馬S
阪神 17 クィーンズバーン 55.1倍 11 藤岡佑介 1:21.9 103.1
2011/04/09
サンスポ杯阪神牝馬S
阪神 18 カレンチャン 4.2倍 1 池添謙一 1:20.4 105.6
2010/04/10
サンスポ杯阪神牝馬S
阪神 18 アイアムカミノマゴ 23.7倍 9 秋山真一郎 1:20.2 101.7
2009/04/11
サンスポ杯阪神牝馬S
阪神 18 ジョリーダンス 19.9倍 7 四位洋文 1:21.4 103.0
2008/04/12
サンスポ杯阪神牝馬S
阪神 15 エイジアンウインズ 8.8倍 5 鮫島良太 1:21.4 102.1
2007/04/07
サンスポ杯阪神牝馬S
阪神 10 ジョリーダンス 13.4倍 5 藤田伸二 1:20.7 103.9
会員登録はこちら

●サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス2017〜

阪神牝馬ステークスは、1958年に4歳(現3歳)以上の牝馬限定ハンデキャップ重賞競走、阪神牝馬特別として創設、第1回は阪神競馬場の芝1800mで施行された。

1984年からはグレード制施行によりGIIIに格付け、1994年からはGIIに昇格、負担重量を別定に変更された。2001年からは競走馬の年齢表示の国際基準に変更に伴い、現在の阪神牝馬ステークスに名称を変更。2006年からはヴィクトリアマイル新設に伴う、牝馬重賞路線の再整備に伴い、開催月を12月中旬から4月上旬に変更し、出走資格を4歳(旧5歳)以上牝馬に変更、更に施行距離を芝1400mに変更した。

阪神牝馬ステークスは、エリザベス女王杯が古馬に開放される前年の1995年まで古馬の牝馬にとっては牡馬との混合競走以外での牝馬限定戦の中で最も格の高い競走で、実質的な古馬牝馬の最強馬決定戦であると同時に、4歳(現3歳)も出走可能であったため、牝馬の重賞戦線の1年を締め括る競走として施行されていた。4月に移設してからは、福島牝馬ステークスと並び、ヴィクトリアマイルの前哨戦として位置付けされている。

グレード制施行後の優勝馬には、ノースフライトトゥザヴィクトリーエアトゥーレダイヤモンドビコーファインモーションヘヴンリーロマンスアドマイヤグルーヴラインクラフトジョリーダンスエイジアンウインズカレンチャンなどが名を連ねる。

☆阪神牝馬ステークスの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

今週の重賞レース

2017年9月24日(
産経賞オールカマー G2
神戸新聞杯 G2

競馬番組表

2017年9月23日(
4回中山6日目
4回阪神6日目
2017年9月24日(
4回中山7日目
4回阪神7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
48,776万円
7 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
8 ラストインパクト 牡7
44,359万円
9 サトノクラウン 牡5
42,494万円
10 サトノアラジン 牡6
42,366万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
32,277万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 アルアイン 牡3
22,505万円
4 レーヌミノル 牝3
21,509万円
5 アエロリット 牝3
18,391万円
6 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
7 リスグラシュー 牝3
14,045万円
8 アドミラブル 牡3
12,407万円
9 サトノアレス 牡3
12,363万円
10 ペルシアンナイト 牡3
11,950万円
» もっと見る