ラベンダーヴァレイ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ラベンダーヴァレイ
ラベンダーヴァレイ
ラベンダーヴァレイ
写真一覧
現役 牝5 鹿毛 2013年1月31日生
調教師藤原英昭(栗東)
馬主金子真人ホールディングス 株式会社
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績18戦[3-1-3-11]
総賞金5,100万円
収得賞金750万円
英字表記Lavender Valley
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
クロウキャニオン
血統 ][ 産駒 ]
フレンチデピュティ
クロカミ
兄弟 キラウエアマウントシャスタ
前走 2018/02/17 4歳以上1000万下
次走予定

ラベンダーヴァレイの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/02/17 東京 12 4歳以上1000万下 芝1400 168155.9311** 牝5 55.0 戸崎圭太藤原英昭434(-6)1.23.8 0.833.7⑤⑧リライアブルエース
18/01/07 京都 12 4歳以上1000万下 芝1600 10445.633** 牝5 55.0 川田将雅藤原英昭440(-12)1.34.4 0.336.6ブランドベルグ
17/12/17 阪神 9 猪名川特別 1000万下 芝1400 157125.726** 牝4 55.0 C.ルメー藤原英昭452(0)1.21.5 0.335.3⑦⑥レインボーフラッグ
17/12/03 中京 10 鳥羽特別 1000万下 芝1400 18117.2312** 牝4 55.0 福永祐一藤原英昭452(+24)1.21.9 0.434.8サプルマインド
17/07/29 新潟 10 古町特別 1000万下 芝1600 12554.216** 牝4 55.0 北村宏司藤原英昭428(-2)1.33.8 0.132.8⑦⑥ストーミーシー
17/07/01 中京 10 知多特別 1000万下 芝1400 148133.725** 牝4 55.0 福永祐一藤原英昭430(-2)1.21.0 0.433.8⑪⑩クライムメジャー
17/05/27 京都 11 朱雀S 1600万下 芝1400 164713.353** 牝4 55.0 四位洋文藤原英昭432(+8)1.21.6 0.134.0ロードセレリティ
17/04/30 東京 10 晩春S 1600万下 芝1400 11665.239** 牝4 55.0 柴山雄一藤原英昭424(-14)1.20.6 0.534.4⑤⑥ビップライブリー
17/03/11 阪神 10 うずしおS 1600万下 芝1600 115510.052** 牝4 55.0 四位洋文藤原英昭438(+8)1.34.1 0.332.8⑩⑨ジュールポレール
17/02/18 東京 12 4歳以上1000万下 芝1400 16594.231** 牝4 55.0 戸崎圭太藤原英昭430(-18)1.22.1 -0.134.0⑤⑥インストアイベント
17/01/21 京都 9 祇園特別 1000万下 芝1400 16366.036** 牝4 54.0 福永祐一藤原英昭448(+28)1.23.9 0.934.6④④ビップライブリー
16/09/18 阪神 11 ローズS G2 芝1800 1581538.6914** 牝3 54.0 浜中俊藤原英昭420(+4)1.49.2 2.536.8⑤④シンハライト
16/07/31 小倉 8 3歳以上500万下 芝1200 188175.221** 牝3 52.0 D.バルジ藤原英昭416(-16)1.08.3 -0.034.4ビットレート
16/07/10 中京 7 3歳以上500万下 芝1600 13571.719** 牝3 52.0 福永祐一藤原英昭432(+4)1.36.2 1.035.6④⑥④シンダーズ
16/04/10 阪神 11 桜花賞 G1 芝1600 1871530.256** 牝3 55.0 戸崎圭太藤原英昭428(-2)1.34.1 0.734.7⑤④ジュエラー
16/03/05 阪神 11 チューリップ G3 芝1600 164741.1103** 牝3 54.0 戸崎圭太藤原英昭430(+20)1.33.0 0.233.7⑤④シンハライト
15/11/21 東京 9 赤松賞 500万下 芝1600 15353.525** 牝2 54.0 戸崎圭太藤原英昭410(-16)1.36.4 0.333.9⑥⑦クロコスミア
15/10/12 東京 5 2歳新馬 芝1600 15461.511** 牝2 54.0 戸崎圭太藤原英昭426(--)1.36.6 -0.033.9④④シーブリーズラブ

ラベンダーヴァレイの関連ニュース

京都11R・朱雀ステークス(3回京都11日目 京都競馬場 芝・右外1400m サラ系4歳以上1600万下)は、1番手8番ロードセレリティ(単勝27.2倍/9番人気)、2番手16番コウエイタケル(単勝72.4倍/14番人気)、3番手7番ラベンダーヴァレイ(単勝13.3倍/5番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連8-16(716.3倍) 馬単8-16(1072.9倍) 3連複7-8-16(3983.9倍) 3連単8-16-7(18554.7倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2017052708031111
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

【ローズS】レースを終えて…関係者談話2016年9月19日(月) 05:06

 ◆内田騎手(デンコウアンジュ4着) 「ある程度、中団の位置でついていけた。道悪もこなしてくれたし、次につながる競馬はできた」

 ◆福永騎手(アットザシーサイド5着) 「春からの成長は感じたが、伸び切れなかった。短距離向きなのかも」

 ◆和田騎手(フロムマイハート6着) 「先行できたが、馬場の一番悪いところを走ってしまった」

 ◆ルメール騎手(アドマイヤリード7着) 「後ろすぎたし、ペースも遅かった」

 ◆武豊騎手(レッドアヴァンセ8着) 「手応えがよかったのにラストで止まった。阪神は合わない感じ」

 ◆古川騎手(フォールインラブ9着) 「ついて行けなかった」

 ◆幸騎手(クリノサンスーシ10着) 「好スタートでバテてはいないが…」

 ◆松若騎手(バレエダンサー12着) 「もうひと踏ん張りできそうで、できなかった」

 ◆藤岡康騎手(クィーンズベスト13着) 「ハナに行こうと思っていたが、ゲートを出てくれなかった」

 ◆浜中騎手(ラベンダーヴァレイ14着) 「短い距離でこその馬ですね」

 ◆藤原幹騎手(ヘイハチハピネス15着) 「ペースが上がってから力の違いを感じた」

★18日阪神11R「ローズステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【ローズS】花盛り!ラベンダー、楽々2馬身半先着 2016年9月16日(金) 05:06

 秋華賞トライアル・ローズSの追い切りが15日、栗東トレセンで行われた。春のチューリップ賞で3着と好走したラベンダーヴァレイは、CWコースでの併せ馬でシャープに伸びて先着。JRAタイ記録となる11週連続勝利に挑む藤原英昭調教師(51)=栗東=が送り込む2勝馬は、侮れない存在となりそうだ。

 牝馬ラスト1冠への切符をつかみ取る。ラベンダーヴァレイが、朝一番のCWコースで軽快な動きを披露。初コンビの浜中騎手は、レースへのイメージを膨らませた。

 「動きは悪くないけれど、行ってしまうから、どれだけ道中で抑えられるか。馬の後ろで折り合いに専念して、内めで壁を作って運びたい」

 馬場状態などを考慮しての木曜追いは、ゴールデンローズ(3歳未勝利)を追いかけてスタート。道中で行きたがる面を見せながらも我慢をきかせる。徐々に差を詰めて射程圏にとらえると、4コーナーは内へ。馬なりのまま鋭く伸びて直線半ばで抜け出し、6ハロン83秒6、3ハロン38秒5-12秒3。余力十分に2馬身半先着した。

 前走は初めて芝1200メートルに距離を短縮し2勝目をマーク。藤原英調教師は今回に向け「折り合って1800メートルにうまく対応できるかどうか」と課題を挙げるが、通用する下地はある。桜花賞トライアルチューリップ賞では、のちのオークスシンハライト桜花賞ジュエラーに次ぐ3着となり桜舞台の切符をゲット。本番は6着に敗れたが、一級品の能力と勝負強さを秘めている。

 厩舎にとっても験のいいレースだ。2009年にはブロードストリートが、桜花賞オークス2着のレッドディザイアを破り金星をマーク。13年には500万下を勝ったばかりのウリウリが3着に入り、秋華賞切符をつかんだ。また同厩舎は現在、10週連続勝利中。JRA最長タイ記録となる11週連続勝利へ、厩舎が一丸となっている。

 藤原英師は「スタッフが勝たせようと考えて、頑張ってくれていることが結果につながっている。それが続けばいいと思う」と力を込めた。西の名門が送り込むディープインパクト産駒のラベンダーヴァレイが、記録にも記憶にも残る走りを演じる。 (川端亮平)

★JRAタイ記録へ

 1984年以降、調教師では11週連続が最長記録で2007年に中村均調教師、15年に堀宣行調教師が達成。今週末、藤原英昭調教師が勝てば3人目となる。藤原英師は昨年も5月から10週連続で勝利したが、タイ記録はならず。今年こそ決めるか。

[もっと見る]

【ローズS】ラベンダーヴァレイ2馬身半先着 2016年9月15日(木) 14:52

 ラベンダーヴァレイは春のチューリップ賞で2強に次ぐ3着に入り桜花賞で6着。夏の小倉で2勝目をあげ、きっちり調子を上げてきた。

 初コンビの浜中騎手を背に栗東CWコース。先行したゴールデンローズ(3歳未勝利)との差を徐々に詰め、直線に入っても馬なりのままだったが、脚力の差は歴然だ。あっさり抜き去り2馬身半先着と、軽快な脚さばきが目についた。

 「動きはまずまず。前走の輸送で減った馬体は数字的には戻っている。ただ、1200メートルが合うタイプ。マイルまでは対応できると思うが、初の1800メートルへの対応がカギ」と藤原英調教師。確かに不安はあるが、ディープインパクトの良血なら克服できる可能性は十分だろう。(夕刊フジ)

ローズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ローズS】レース展望 2016年9月12日(月) 18:37

 今週の阪神日曜メインは、3歳牝馬によるローズS(18日、GII、芝1800メートル)。10日の紫苑Sに続く秋華賞(10月16日、京都、GI、芝2000メートル)のトライアルで、3着までに優先出走権が与えられる。過去10年で1番人気は5勝2着2回と上々の成績を残しているが、6番人気以下の伏兵も8連対。配当的な妙味も十分に期待できるレースだ。

 今年はオークスシンハライト(栗東・石坂正厩舎)VS桜花賞ジュエラー(栗東・藤岡健一厩舎)という“2強”対決の図式。シンハライトは5戦4勝2着1回と、デビュー以来パーフェクト連対を誇る。唯一の黒星となった桜花賞も、先に抜け出したところをジュエラーに目標にされ、ハナ差で惜敗したもの。常に強い競馬を続けてきた。

 父ディープインパクト譲りの抜群の切れ味のみならず、馬群にひるまず、並んでも強い牝馬らしからぬ勝負根性がこの馬のセースルポイントだ。中間は坂路で鋭意調整。先々週、先週と併せ馬で先着しており、最終追い切りで態勢は整うはずだ。

 対するジュエラーは左前脚の骨折によりオークスへの出走はかなわなかったが、幸い程度は軽く、ひと足早く秋に照準を定めて調整することができた。中間の時計は6本と丹念な乗り込み。ここまでの調整は順調だ。こちらも4戦2勝2着2回と連対率は100%。前記シンハライト同様、接戦に強く、鋭い末脚を武器にしている点も共通する。5カ月のブランクは気になるが、力勝負になる阪神の外回りなら舞台に不足はない。

 この2強に割って入るとすれば、筆頭候補はアットザシーサイド(栗東・浅見秀一厩舎)だろう。桜花賞では、2強に次ぐ3着と好走している。続くオークスは11着と崩れたが、距離が長すぎたことが敗因。1800メートルは未経験だが、距離短縮は好材料であることは間違いない。GI阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神JF)5着と桜花賞の内容から、阪神での巻き返しが期待できる。

 能力的にはデンコウアンジュ(栗東・荒川義之厩舎)も侮れない。昨秋のGIIIアルテミスSでは、後に阪神JFNHKマイルCを勝ったメジャーエンブレムを撃破している。末脚一辺倒の脚質でアテにできない面はあるが、流れが向けばアッといわせるシーンもありそうだ。

 穴っぽいところではカイザーバル(栗東・角居勝彦厩舎)が面白い。阪神で全2勝をマークするコース巧者で、2走前、今アイと同じ舞台で行われた君子蘭賞を快勝している。休み明けの前走、道新スポーツ杯(0秒3差6着)は折り合いを欠いたが、ひと叩きされて上昇気配。落ち着きも出ており、今回はスムーズに折り合いもつくはずだ。桜花賞ダンスインザムードを母に持つ良血馬だけに、ここで大仕事をやってのけても全く不思議はない。

 ほかでは、クリストフ・ルメール騎手と新コンビを組む桜花賞5着馬アドマイヤリード(栗東・須貝尚介厩舎)、芝1800メートル【2・3・0・0】のフロムマイハート(栗東・宮本博厩舎)、重賞勝ち馬4頭を兄に持つ血統馬レッドアヴァンセ(栗東・音無秀孝厩舎)、同じく兄に多くのオープン馬を持つラベンダーヴァレイ(栗東・藤原英昭厩舎)なども上位を狙える存在だ。

ローズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【関西テレビ放送賞ローズステークス】特別登録馬2016年9月11日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

ラベンダーヴァレイの関連コラム

閲覧 973ビュー コメント 0 ナイス 8

先週は、10(日)に阪神競馬場でG1桜花賞が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1桜花賞の1番人気はメジャーエンブレムで1.5倍、2番人気がシンハライトで4.9倍、続いて3番人気ジュエラー5.0倍とここまでが10倍を切る形で上位人気を形成しました。

注目のスタートはアッラサルーテが好スタートを切りますが、これを制して外からカトルラポールが先頭に立ちます。2番手にメイショウバーズ、3番手に内で控えたアッラサルーテ、続いてジープルメリアメジャーエンブレムソルヴェイグラベンダーヴァレイビービーバーレルウインファビラスと先行集団を形成。中団からはシンハライトアットザシーサイドブランボヌールブランボヌールキャンディバローズメイショウスイヅキと追走。後方からはレッドアヴァンセデンコウアンジュジュエラーと追走して、そこからさらに3馬身ほどあいた最後方にアドマイヤリードの態勢。
 
逃げるカトルラポールの刻んだラップタイムは前半600m通過34秒8(参考)の平均ペース、4コーナーで馬群がグンと凝縮して直線コースへ差し掛かります。

先頭はカトルラポールでリードは1馬身、2番手以降は横にずらっと並ぶ形でメイショウバーズウインファビラスラベンダーヴァレイ、さらには人気の一角シンハライトもこの集団に取り付いて前を追います。断然人気のメジャーエンブレムは前が空かず、苦しい位置取り。

残り200mを通過、ここでシンハライトが先頭に変わると内からメジャーエンブレム、外からはアットザシーサイド、やや離れた外めからはジュエラーも豪快に追い込んできます。残り100m、ここでシンハライトメジャーエンブレムアットザシーサイドを突き放すと追い込んできたジュエラーシンハライトの2頭が抜け出しての追い比べ!チューリップ賞のリプレイを見ているかのような2頭の激しい叩き合いはゴール前まで続きましたが、僅かに外ジュエラーシンハライトをハナ差抑え込んで優勝しました!勝ちタイムは1分33秒4(良)。2着にシンハライト、そこから1馬身3/4差の3着にアットザシーサイドが入っています。

公認プロ予想家では伊吹雅也プロほか7名が的中しています。


☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
10(日)中山4Rで『ようやく真面目に走るようになってきてここは勝てる。』と本命に推した◎ラペルトワからの3連単401倍を的中させ、56万2700円の払い戻し!この他にも9(土)福島5R福島6Rと高額払い戻しを達成した先週は週末トータル回収率210%、収支プラス79万3820円を記録しています。

☆☆☆注目プロ →馬券生活プロ
10(日)中山8Rで『上位との差があまりないので十分勝負になる』と狙った◎ゴールドエッグの複勝、馬連264倍を本線的中!16万7700円を払い戻しました!前日にも阪神9Rで12万7960円、福島12Rで13万9950円を払い戻すなど絶好調!週末トータル回収率169%、収支プラス27万8040円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
9(土)阪神9Rで『ダート1400なら末脚安定しており、上位もある。』と狙った◎オールスマイルが2着に食い込み、▲◎△の印で馬連36倍、3連複460.6倍を的中!週末トータル回収率154%の好成績を収めています。

☆☆☆注目プロ →ジョアプロ
10(日)中山8RでA評価とした◎エストゥペンドからの3連単マルチで勝負!1着に伏兵▲ウサギノカケアシが入り、3連単4937.9倍を▲△◎の印で的中!この他にも的中を重ね、週末トータル回収率136%、収支プラス25万1050円をマークしています。

この他にも夢月プロ(133%)、霧プロ(131%)、蒼馬久一郎プロ(123%)、サラマッポプロ(111%)が回収率100%超の活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら

競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2016年4月10日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第176回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~桜花賞 G1
閲覧 844ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「桜花賞 G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、メジャーエンブレム1頭。
第2グループ(黄)は 、ジュエラーシンハライトの2頭。
第3グループ(薄黄)は、アットザシーサイドから1.0ポイント差(約1馬身差)内のソルヴェイグキャンディバローズラベンダーヴァレイとなっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を頂くと総合ポイント1位のメジャーエンブレムジュエラー間の4.5の大きな溝、総合ポイント3位のシンハライトアットザシーサイド間の2.2の大きな溝が生まれています。世間的にも注目を集める3頭ですが、凄馬出馬表でも高い評価となっています。

私の本命は◎メジャーエンブレムとしたいと思います。阪神JF以降パフォーマンスを上げ続けていますし、指数差が示すように正直1頭抜けていると見ています。本命馬がダントツの人気ですし、相手は絞って○シンハライト、▲ジュエラー、☆レッドアヴァンセとします。

チューリップ賞当日は差しにくい馬場でしたが、この○▲の2頭はスローペースの流れを後ろから抜け出す非常に強い内容。2頭とも例年なら1番人気になるほどの高いパフォーマンスを示しています。本日の阪神は差しが決まりやすい馬場状態ですし、中間の調整過程からも状態は万全。かなり強力な2番手グループという見立てです。
レッドアヴァンセは前走、大外枠で出遅れ、使い詰めと敗因は明確ですし、前走のチューリップ賞は参考外と見ています。

【馬単】
5→11
5→12
5→13

計3点

[もっと見る]

2016年4月8日(金) 18:08 みんなの競馬コラム
【桜花賞】血統考察 byうまカレ
閲覧 1,835ビュー コメント 0 ナイス 5

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。ブログを見ていただければ分かると思いますが、先週の大阪杯の印は◎アンビシャス、〇ショウナンパンドラ。こういう時に限ってコラムをお休みしてしまいました(^^;)

さて、いよいよ今週からクラシックが開幕!血統好きな私にとって、クラシックは最も楽しみな舞台ですので力が入ります。

稀代の名牝ダイワスカーレットは、父アグネスタキオン×母スカーレットブーケという血統でした。あの圧倒的なスピードと、持続力はどこからきていたのか。それは、父アグネスタキオンの母母アグネスレディーのLady Juror5×5とHyperion5×5、そして母スカーレットブーケの父ノーザンテーストのHyperion4×3、このLady JurorとHyperionによるものだと考えられます(どちらも遺伝力が強く、Lady Jurorは「前向きな気性≒スピード」と粘り腰、Hyperionは強靭な持続力を伝える)。このLady Jurorのスピードと、Hyperionの持続力の塊がダイワスカーレットでした。
大本命のメジャーエンブレムは、父がダイスカーレットの3/4兄ダイワメジャーですから、スカーレットブーケを持ち、母父オペラハウスはSadler’s Wells×High Topという配合。Sadler’s Wellsの母母SpecialはNureyevらを産んだ、言わずと知れた名繁殖牝馬で、その父ForliはLady Juror4×4、前向きな気性とスピードを強く伝える種牡馬です。High TopもFair Trial(母Lady Juror)産駒のCourt Martialを持ちますから、オペラハウスはLady Jurorが豊富です。 スカーレットブーケの父ノーザンテーストのHyperionと母キャッチータイトルのLady Juror、やっていることはダイワスカーレットと同じようなことです。
ダイワスカーレットメジャーエンブレムの違いを探すのであれば、メジャーエンブレムの方が、より日本の芝向きということでしょう。私が思うに、ダイワスカーレットヴァーミリアンなども輩出するスカーレットインク牝系で、Alibhaiの影響か非常にパワーも発現していたような気がしています。しかしメジャーエンブレムは3代母Her Ladyshipがボールドラッド(USA)、Mill Reelを通じてNasrullahとPrincequilloのクロスを持ちますし、自身もHalo≒Red God≒Past Example3×5・5とHalo的なスピードを増幅させています。ダイワスカーレットはパワーでドスンドスンと進んでいく走りでしたが、メジャーエンブレムには望田先生も述べられていますが、しなやかさをも感じさせる走りをします 。まさに「手のすけられないスピード」といったところで、いくら外差し馬場になろうとも、ダイワスカーレットを彷彿とさせる配合に、さらに日本向きの要素が加わっているというのであれば、もうあらさがしをするのではなく素直に◎を打ちたい。そんなことを思わせる駿馬です。

桜花賞は2007年に阪神外回りコースで施行されるようになってから、より一層オークスとの結びつきが強くなり、「末脚」がポイントとなりました。その恩恵を受けたのがディープインパクト産駒であり、桜花賞におけるディープインパクト産駒の強さは周知の通りです。 しかし、ひとえに「末脚」といっても、2つの種類に分別できると思うのです。「瞬発型」と「持続型」です。

「瞬発型」の代表例は、ジェンティルドンナ。陸上の100mの選手とマラソン選手を見ても分かるように、硬派なパワーを源にする馬の方がトップスピードに乗るのが速い(=瞬発力)です。ジェンティルドンナの母ドナブリーニは、Coutly DeeとMy Bupersという名牝を併せ持つパワー型で、 パワーによる加速力が持ち味でした。まさにスローペースが多い現代競馬の申し子といってよい存在でした 。しかし持続力が求められる流れとなった2014年のジャパンカップでは4着に敗退しました。もちろん、ドナブリーニに、ディープインパクトという日本向きの軟質なスピードを伝える種牡馬を配され、芝向きの体質を手に入れたこと、手脚の長さなど、体系的に恵まれていたことなども名馬に上り詰めた理由ではあります。ダートの短距離馬に出てもおかしくないほどパワーに寄った繁殖牝馬との間の仔をも、芝のマイラーにしてくるのがディープインパクトという種牡馬です。

「持続型」で取り上げたいのはマルセリーナでしょうか。NasrullahとPrincequilloの2頭は、「Nasrullahの軟質なスピードと、Princequilloのスタミナ、長手の体型」でニックスの関係にあり、Mill Reelなどを送り出しました。 このニックスは、柔らかな体質と長手の体型による持続力が魅力です。マルセリーナは母母父Distant Relative→母父Marju→父ディープインパクトと、NasrullahとPrincequilloを継続して配されており、自身はSir Gaylord6×6というクロスも持っています。まさに外回りでこそ活きる末脚といえるでしょう。

もちろん、ジェンティルドンナであれば母のパワーと父の柔らかさのバランスが、マルセリーナであれば、Nasrullah、Princequilloとともにパワー血脈もしっかりとあり、そのバランスが絶妙だったからこそ頂点を極められたわけではあります。また、面白いのはジェンティルドンナに代表される「瞬発型」の方が完成が早いけれども、外回りは不向きであるという点です。今考えるとジェンティルドンナは「モノの違い」で完勝でしたが、本質的に桜花賞で狙いたいのは、ここでいう「瞬発型」よりも「持続型」です。

今回の有力馬の中で、「瞬発型」に該当する末脚の質なのは、シンハライトアットザシーサイドでしょう。シンハライト の母シンハリーズはForli6×4、ForliはFair Trial≒Riot3×3という硬派なスピードを伝える血で、まさに父ディープインパクトの軟質なスピードとのバランスが良いジェンティルドンナに近い馬といえます。池添騎手ですから、そんなことは無いと思うのですが、勝ちを急いでメジャーエンブレムの流れを追いかける形となったら危険でしょう。3強の力は抜けていると思いますが、崩れるとすればこの馬だと思います。アットザシーサイド はラブリーデイのように肩が立ったピッチ走法だから、やはりベストは距離を考えても、前走フィリーズレビューの内回り1400m。しかし能力上位は間違いなく、同世代が相手ならば、無欲の騎乗が出来たならば3着の可能性はあるかと思います。

逆に「持続型」に該当する馬はデンコウアンジュラベンダーヴァレイブランボヌール。 デンコウアンジュ の父メイショウサムソンは自信もそうだったように、広いコース向きの産駒を多く輩出していますし、母父マリエンバードはCaerleon×Darshaanという2つのNasrullahとPrincequillo血脈による配合馬。まだ非力なところがあるので、重い阪神の馬場だとアルテミスSほどバッキューンと弾けませんが、外回りのマイルコースが合っていることは確かです。 ラベンダーヴァレイ はお馴染ボレアスカミノタサハラらの全妹。ボレアスを輩出しているようにパワーも兼備している名牝系なのですが、母母父がCaerleon、母父フレンチデピュティも母MitterandがRoyal Cherger(≒Nasrullah)とPrincequilloを持ちますから、舞台は合っています。ただ、こちらもデンコウアンジュ同様ややパワー不足な感は否めませんね。 ブランボヌール は、ディープインパクト×サクラバクシンオーという配合で、母母アジアンミーティアは種牡馬Unbridled’s Songの全妹で叔父にダコールがいるという良血馬。サクラバクシンオーは名短距離馬でしたが、母系に入るとキタサンブラックアデイインザライフのように、Nasrullah3×4の父サクラユタカオーの柔らかさ≒怠慢さを伝えることもあり、効率の良い走法で距離適性は直仔よりも長めになることが多いです 。前走チューリップ賞は詰まって追えずの参考外、阪神JFの内容からやはりこの舞台は合っています。

「瞬発型」と「持続型」の中間点に位置するのがジュエラーだと思っています。母バルドウィナは異系血脈が多く、Fair Trial7・7×6のクロスを持つのでこのスピードを伝えているのかもしれません。異系の血が影響しているかは定かではありませんが、非常に体質が柔らかいのが印象的です。しかし、前脚の可動域がさほど大きくないようにうつります。これはブエナビスタによく似ています。今年の牝馬路線、メジャーエンブレムの相手はこの馬だと持っています。

他では出走馬の中では非力さを感じさせないウインファビラスレッドアヴァンセはAlzao≒ダンシングブレーヴともいえる興味深いクロスを持った素質馬ですが、非力さが目立ち、タフな阪神コースではまだ厳しいという見立てです。

【まとめ】
血統、配合、走法を見てメジャーエンブレムを逆らう気にはなれなし、むしろダイワスカーレット以来ともいえる「手の付けられないスピード」を見せてもらいたい。相手筆頭はジュエラー。3強決着が濃厚とみるが、崩れるとしたらシンハライトか。3着候補は「持続型」の末脚を持つ デンコウアンジュラベンダーヴァレイブランボヌール と、ウインファビラス 、アットザシーサイド までか。中でも枠順を考慮するとブランボヌールデンコウアンジュが良さそう。配当面を考えれば、ジュエラーから「3着候補」へのワイドなどが面白いか。

----------

【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/

[もっと見る]

2016年3月9日(水) 16:51 【ウマニティ】
先週の回顧~(3/5~3/6)いっくんプロが大花火!週末トータルプラス299万超!!
閲覧 756ビュー コメント 0 ナイス 11

先週は、5(土)に中山競馬場でG3オーシャンステークスが、阪神競馬場でG3チューリップ賞、6(日)に中山競馬場でG2弥生賞が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3オーシャンステークスハクサンムーンが先頭で直線コースへ。ハクサンムーンのリードは1馬身、これを直後につけたネロスカイキューティーサカジロロイヤルが追う形、馬群が団子状態の中で後方各馬も追い出しにかかります。残り200mを通過、依然先頭を譲らないハクサンムーン、このまま逃げ切りかと思われましたが、坂を上がると外から一気の脚でエイシンブルズアイが猛追!ゴール前で見事ハクサンムーンを捉えて優勝しました!1馬身半差の2着にハクサンムーン、そこから1馬身1/4差の3着にスノードラゴンが入っています。
 
公認プロ予想家では蒼馬久一郎プロほか4名が的中しています。
 
 
G3チューリップ賞はヴィブロスが先頭で直線コースへ。前を行くヴィブロスクィーンズベストの間を割ったラベンダーヴァレイが先頭に変わって200mを通過、外からは人気のジュエラーシンハライトが併せ馬の形で追い込んできます。残り100mを通過、ここでラベンダーヴァレイの脚色が鈍ると外のジュエラーシンハライトの2頭が突き抜けての激しい叩き合い!長い写真判定の結果、軍配は僅かにシンハライトに挙がりました。ハナ差の2着にジュエラー、そこから1馬身半差の3着にラベンダーヴァレイが入っています。
 
公認プロ予想家ではdream1002プロほか5名が的中しています。
 
 
G2弥生賞ケンホファヴァルトが飛ばしてレースを引っ張りますが、これを1番人気リオンディーズが4コーナーで並びかける形で直線コースへ差し掛かります。先頭はリオンディーズでリードは2馬身、その後ろにモーゼスエアスピネル、外からはマカヒキも徐々に追い出しの構え。残り200mを通過、ここでエアスピネルは脚色劣勢となると粘るリオンディーズマカヒキの2頭が完全に抜け出して熾烈な叩き合い!ゴール前、さらに加速を見せたマカヒキリオンディーズをクビ差捉えて優勝しました!2着にリオンディーズ、そこから2馬身差の3着にエアスピネルが入っています。
 
公認プロ予想家では栗山求プロほか10名が的中しています。
  
----------------------------------
   
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
6(日)阪神11Rで単勝22.1倍の◎テイエムイナズマを本命に抜擢し、3連単1着固定で勝負!3着に単勝48.8倍の大穴△トラストワンが入り、261万2200円を払い戻し!!同日の小倉1Rでも◎×○の印で3連単330倍を1000円的中させ、33万の払い戻し!この他にもスマッシュヒットを重ね、週末トータル回収率272%、収支プラス299万3200円というダントツの成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
6(日)中山3Rで単勝67.4倍の伏兵◎プラチナダリアの単勝勝負!これを見事的中させ、67万4000円を払い戻し!5(土)小倉1Rでは◎△○の印で3連単593.2倍を1000円的中させ、59万3200円を払い戻しました!週末トータル回収率253%、収支プラス90万8200円の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →dream1002プロ
6(日)阪神11Rで◎ハギノハイブリッドからの3連単を的中させ、52万2440円を払い戻しました!前日の阪神11Rチューリップ賞G3でも3着に食い込み波乱を演出した◎ラベンダーヴァレイからの3連単を○▲◎の印で的中!4万4410円を払い戻しました!週末トータル回収率212%、収支プラス46万710円の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
5(土)小倉6Rで『テンのスピードあり好走確実。』と狙った◎シゲルゴボウサイからの3連単758.7倍を500円的中させ、37万9350円の払い戻し!同日の小倉9Rでも『バクシンオーの距離もつタイプは人気にならずおいしい。』とコメントした◎フェイトカラーから11万4680円を払い戻しました!週末トータル回収率133%、収支プラス23万9020円をマークしています。

※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

ラベンダーヴァレイの口コミ


口コミ一覧

土曜予想

 TTU-C 2018年2月16日(金) 23:38

閲覧 79ビュー コメント 0 ナイス 9

〇羽生結弦選手、宇野昌磨選手フィギュアSPまずは幸先よいスタート。
 メダル1,2位取れますように。

まず、東京から
東京10R
◎8番 ハルクンノテソーロ
〇14番 イーストオブザサン

東京11R
◎5番 ホウオウドリーム
〇6番 ソールインパクト

東京12R
◎15番 ラベンダーヴァレイ
〇5番 ジョイフル

京都10R
◎12番 コバノリスボン
〇4番 ジーブルメリア

京都11R 
◎8番 ミスバンテール
〇5番 ヴィゼットジョリー 

京都12R
◎8番 テンモース
〇4番 アードラー

いつもの通り予想コロシアムに投稿。

 馬券のAエース 2018年2月16日(金) 19:44
【土曜の格上馬】+京都牝馬S・ダイヤモンドS 
閲覧 332ビュー コメント 0 ナイス 6

////////////

【メモリアル】あと1勝で○○○勝♪
川島 信二≪騎手≫〔通算299勝〕
尾形 充弘≪調教師≫〔通算799勝〕土曜は7頭全て東京!メモリアル準備?
高木 登≪調教師≫〔通算199勝〕
大竹 正博≪調教師≫〔通算199勝〕
粕谷 昌央≪調教師≫〔通算99勝〕

※京都7Rのサンウィノナが勝てば川島騎手&粕谷調教師のW達成
///////////////

【土曜の格上馬】
京都1R…タッチアコード
京都3R…アカツキジョー
東京5R…バールドバイ
東京12R…ペルソナリテ

【厩舎&騎手】高確率メソッド
東京3R:◆ジュンモユル ルメ&尾関〔複勝率〕50.0%
東京5R:◆バールドバイ ルメ&木村〔複勝率〕65.6%
東京7R:◆フィビュラ ルメ&萩原〔複勝率〕58.0%
東京8R:◆ミセスワタナベ ルメ&木村〔複勝率〕 65.6%
東京9R:◆ギベオン ルメ&藤原〔複勝率〕62.9%
東京9R:◆ブレステイキング ムーア&堀〔複勝率〕52.6%
東京12R:◆アルミレーナ ルメ&国枝〔複勝率〕66.7%
東京12R:◆ラベンダーヴァレイ 戸崎&藤原〔複勝率〕47.4%
京都2R:◆タニオブスカイ デム&鮫島〔複勝率〕54.5%
京都5R:◆クナルゲニアール 川田&藤原〔複勝率〕56.5%
京都5R:◆ロクセラーナ デム&角居〔複勝率〕57.6%
京都6R:◆プリュス 武&松永〔複勝率〕40.0%
京都9R:◆リシュブール 川田&藤原〔複勝率〕56.5%
京都11R:◆エスティタート 武&松永〔複勝率〕40.0%
京都11R:◆ソルヴェイグ デム&鮫島〔複勝率〕54.5%
京都11R:◆ミスエルテ 川田&池江〔複勝率〕48.0%
京都12R:◆アードラー 浜中&音無〔複勝率〕40.7%
小倉5R:◆ロードダヴィンチ 北村&藤原〔複勝率〕58.6%
小倉6R:◆トーホウレジーナ 北村&藤原〔複勝率〕58.6%
小倉7R:◆ダブルバインド 北村&藤原〔複勝率〕58.6%
小倉9R:◆エリンソード 藤岡佑&高橋〔複勝率〕42.9%

明日、藤原英昭は8頭出走でうち7頭が複勝率40%以上の高確率騎手を配置!勝負日?
北村友とのコンビもこんな成績良いんですねぇヽ( ̄д ̄;)ノ小倉でも大暴れか!?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【ダイヤモンドS】東京3400m

≪馬指数≫
1位:〔84〕⑥ソールインパクト
2位:〔80〕⑭フェイムゲーム
3位:〔78〕③プレストウィック

≪タイム指数≫
1位:〔71.8〕⑫グランアルマダ
2位:〔73.1〕⑧レジェンドセラー ⑭フェイムゲーム
4位:〔73.3〕⑤ホウオウドリーム

≪LAP一致度≫
⑧レジェンドセラー ⑭フェイムゲーム

※≪攻略ポイント≫2/14に更新済み
⑭フェイムゲームが3項目該当。8歳馬の人気馬をどこまで受け入れるか!
近12年は①②番人気のどちらかは連対、勝ち馬の単勝はほとんど【7.0倍】まで。
オッズに注目!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【京都牝馬S】京都1400m

≪馬指数≫
1位:〔84〕②ワンスインナムーン
2位:〔80〕①オーヴィレール ⑫エスティタート
4位:〔78〕⑧ミスパンテール

≪タイム指数≫
1位:〔68.3〕⑩デアレガーロ
2位:〔68.4〕③ソルヴェイグ
3位:〔68.7〕⑪エンジェルフェイス

≪LAP一致度≫
⑩デアレガーロ ⑧ミスパンテール

※1600mから1400mに短縮してまだ2年≪攻略ポイント≫ありません
ココは人気の一角になりそうな馬を斬っての勝負。

[もっと見る]

 馬券のAエース 2018年1月6日() 21:03
【日曜の格上馬】+フェアリーS♪ 
閲覧 475ビュー コメント 0 ナイス 7

////////////

【メモリアル】あと1勝で○○○勝♪
国枝 栄≪調教師≫〔現在799勝〕

今日は人気馬でコケちゃいましたね^^;
明日はレッドローゼス辺りが人気?

///////////////

【日曜の格上馬】
中山3R…コハクノユメ
中山8R…カブキモノ
京都8R…アンセム
中山12R…レッドローゼス
京都12R…ブランドベルグ

【厩舎&騎手】高確率メソッド

中山2R:◆パチュリー 戸崎&金成〔複勝率〕49.4%
中山8R:◆アイヅヒリュウ 戸崎&小笠〔複勝率〕47.4%
中山10R:◆アドマイヤロケット 福永&友道〔複勝率〕53.3%
中山11R:◆トロワゼトワル 福永&安田〔複勝率〕48.6%
中山12R:◆イタリアンホワイト 戸崎&相沢〔複勝率〕42.4%
京都2R:◆インヴィジブルワン 川田&藤原〔複勝率〕52.8%
京都9R:◆フォンターナリーリ 川田&中内田〔複勝率〕46.8%
京都12R:◆ラベンダーヴァレイ 川田&藤原〔複勝率〕52.8%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【フェアリーS】中山1600m

≪上げ幅≫
1位:〔5〕②デュッセルドルフ ⑦トロワゼトワル ⑭プリモシーン
2位:〔4〕⑤ライレローズ ⑧グランドピルエット ⑬レッドベルローズ
3位:〔3〕①サヤカチャン ⑥ジョブックコメン ⑨レネット ⑯テトラドラクマ

≪タイム指数≫
1位:〔69.5〕⑯テトラドラクマ
2位:〔69.6〕⑤ライレローズ 
3位:〔70.1〕⑩スカーレットカラー

≪LAP一致度≫
⑯テトラドラクマ ①サヤカチャン ⑤ライレローズ 

※≪攻略ポイント≫は更新ナシ。
過去8回で3連単1000倍以上が6回、そのうち5000倍以上が2回、とにかく荒れる(*^o^*)
今年も田中勝騎手が出ないのは残念です(カッチ―伝説)
昨年は⑮ライジングリーズンが勝ちましたが、それまでは全て1ケタ馬番が勝ち馬!
3着以内に来る馬は①②番人気で1600m以上を勝ったことのある馬が
大半というレースですが、 今年はどんな荒れ方するかな?

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

[もっと見る]

⇒もっと見る

ラベンダーヴァレイの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  ヨッシー   フォロワー:3人 2015年11月28日() 20:33:08
要注意!

ラベンダーヴァレイの写真

ラベンダーヴァレイ
ラベンダーヴァレイ
ラベンダーヴァレイ

ラベンダーヴァレイの厩舎情報 VIP

2018年2月17日4歳以上1000万下11着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ラベンダーヴァレイの取材メモ VIP

2018年2月17日 4歳以上1000万下 11着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。