イタリアンホワイト(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝3 芦毛 2014年1月2日生
調教師相沢郁(美浦)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績11戦[2-1-0-8]
総賞金1,660万円
収得賞金900万円
英字表記Italian White
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
リリウム
血統 ][ 産駒 ]
クロフネ
ベゴニア
兄弟 アイスフォーリスリリカルホワイト
前走 2017/12/16 3歳以上1000万下
次走予定

イタリアンホワイトの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/12/16 中山 12 3歳以上1000万下 芝2000 18483.1114** 牝3 54.0 戸崎圭太相沢郁504(0)2.01.0 0.936.0⑦⑦⑦⑥メイズオブオナー
17/11/12 福島 7 3歳以上500万下 芝2000 16482.911** 牝3 53.0 戸崎圭太相沢郁504(+2)1.59.8 -0.735.2⑤⑧リリックドラマ
17/09/17 中山 9 汐留特別 500万下 芝2000 17244.9310** 牝3 52.0 津村明秀相沢郁502(0)2.03.9 0.336.5④④⑥⑨ミッキークロス
17/08/27 新潟 6 3歳以上500万下 芝1800 184820.584** 牝3 52.0 津村明秀相沢郁502(+16)1.46.5 0.334.7レッドマジュール
17/06/03 東京 6 3歳未勝利 芝1800 18129.031** 牝3 54.0 石川裕紀相沢郁486(-4)1.48.4 -0.234.1⑤⑧⑥サルダーナ
17/05/20 新潟 2 3歳未勝利 芝2000 1661113.162** 牝3 54.0 石川裕紀相沢郁490(+8)2.03.7 0.335.8メイショウグロッケ
17/04/23 福島 5 3歳未勝利 芝2600 165104.625** 牝3 54.0 津村明秀相沢郁482(+2)2.44.0 1.940.1マーヴェルズ
17/02/11 東京 4 3歳未勝利 芝2400 165976.4125** 牝3 54.0 津村明秀相沢郁480(-8)2.28.2 0.637.3サーレンブラント
16/11/19 福島 4 2歳未勝利 芝1800 162454.4139** 牝2 54.0 杉原誠人相沢郁488(+22)1.52.4 1.336.7⑫⑫⑬⑪ブラヴォバンビーノ
16/08/20 新潟 1 2歳未勝利 芝1600 183516.7612** 牝2 53☆ 石川裕紀相沢郁466(-26)1.36.7 2.036.7⑤⑤ハートオブスワロー
16/07/03 福島 5 2歳新馬 芝1800 156104.537** 牝2 53☆ 石川裕紀相沢郁492(--)1.53.0 1.836.6④⑤④アピールバイオ

イタリアンホワイトの関連ニュース

 全姉は同じ相沢厩舎の所属でオークス3着、サンケイスポーツ賞フローラS2着など牝馬重賞で活躍したアイスフォーリス。1週前にWコースで5ハロン66秒9の好時計をマークし、今週もWでラスト1ハロン12秒5と切れ味をみせていた。「調教はまずまず動いていますし、水準以上の能力はあります。距離も1800メートルぐらいがいいと思います」と石川騎手。姉はデビューから2、2着で3戦目に勝ち上がったが、ステイゴールド産駒特有の気難しさはなく、こちらは初戦から期待できそうだ。

【めざせクラシック】ステフィン、橋口師「芝でもよさそう」2016年6月15日(水) 04:04

 デスク 今週から函館競馬が開幕。北海道入りした藤沢の話から聞こうか。

 藤沢 今朝(14日)は雨が降って、涼しいというより肌寒いくらいですが、2歳馬は元気いっぱいで、ダイワメジャー産駒のスマートアムールがよさそうですね。栗東でゲート試験をパスした後、函館に移動。「背中が柔らかいし、素材がいい」と北村助手の評価は高く、25日の芝1200メートルを岩田騎手で予定しています。

 デスク 栗東はどうかな。

 鈴木 ダートで5勝しているアンズチャン(父フレンチデピュティ)の半弟ステフィンが、7月の中京デビューを目指しています。橋口調教師は「乗り手に従順で追って味がある感じ。芝でもよさそう」と期待を寄せています。

 デスク 祖母サイレントハピネスは芝で重賞2勝。芝でやれていいな。他には。

 鈴木 ラモントルドールは、今年のダービー卿CT勝ち馬マジックタイム(父ハーツクライ)の半妹。「なかなかドンと構えた馬ですよ」とトレーナー。中京1、2週目でデビュー予定です。

 デスク 美浦は。

 千葉 キュイキュイは、昨年のアーリントンCを制したヤングマンパワー(父スニッツェル)の半妹。7月の福島芝1200メートルを見据えています。「この2週で新馬に3頭出してみんな2着だけど、その馬たちと遜色ない動き。お兄ちゃんよりもまじめだし初戦から」と指揮官は楽しみにしています。

 芳賀 イタリアンホワイトも福島デビューに向けて調整中。オークス3着アイスフォーリスの全妹です。「ステイゴールド産駒の割には気性もおとなしい」と姉も担当していた三野輪助手。馬体重は500キロ前後とスケールの大きな牝馬です。

[もっと見る]

イタリアンホワイトの関連コラム

関連コラムはありません。

イタリアンホワイトの口コミ


口コミ一覧
閲覧 25ビュー コメント 0 ナイス 3

先週行われたレースの本命馬回顧をしていきます。


【4回中京5日】

■7R エレクトロポップ 2人気2着

中団外めの位置からスムーズな形でレースを運びましたが、
モズアトラクションの鬼脚に屈し、2着まで。

■8R リライアブルエース 1人気2着

スローペースでなんとか折り合いをつけていましたけど、
楽逃げしていたティーエスクライにそのまま押し切られてしまいました。
安定はしているけれど、詰めの甘さを見せる、というもどかしいレースが続いています。

■9R レッドオーガー 3人気1着

スタート後の出足はイマイチでしたが、
中途半端なレースをせず、果敢に先行した事が功を奏しました。

■10R モデレイト 7人気2着

好位の内で脚を溜める競馬で2着を確保。
前走に引き続いて好結果を残していますので、500万下を勝ち上がるのは時間の問題だと思います。

■11R ラヴィングアンサー 2人気9着

可もなく不可もなく、というレースでした。
直線で馬群の外に出せれば着順を上げられたかもしれませんけど、
まだまだクラス慣れが必要ですね。

■12R マテンロウゴースト 2人気1着

ライブの映像ではキャリアベストに差されたように見えましたが、残っていましたね。
長期休養明け2戦目でも反動はなかったようですし、先々も楽しみです。


【5回阪神5日】

■7R ジオラマ 1人気4着

内枠でしたから、馬群に閉じ込められる事を事前に想定しておかなきゃいけません。
予想の基本を怠っているようじゃ話になりませんね。

■8R スズカフリオーソ 2人気3着

まずまずのレースをしていますけど、
上位2頭は上手な立ち回りをしていましたから、
位置取りやレース運びの差がそのまま着順になった、という印象を持っています。

■9R バーニングペスカ 2人気2着

アンフィトリテの実力が未知数という状況でしたので、
キャリア豊富なバーニングペスカの方を上位評価したんですけど、
直線で強烈な末脚を使ったアンフィトリテにあっさり交わされてしまいました。

■10R ランドハイパワー 9人気12着

出ムチを入れて先行する形。
直線入り口までは見せ場を作りましたが、終いはバタバタでした。

■11R アットザシーサイド 2人気5着

もう1列前のポジションにいてほしかったんですけどね…。
直線でも馬群をさばけませんでしたし、消化不良なレースでした。

■12R レプランシュ 4人気3着

スタートがまともだったら…という内容ですけど、
ボウマン騎手は精一杯のレースをしてくれました。


【5回中山5日】

■7R リアリスト 1人気6着

スタート後の出足が鈍り、中途半端な位置取りになった事がすべてです。
過剰人気馬に手を出してしまいました。

■8R アスタースウィング 2人気13着

前に取り付く時に脚を使わされ、終いはバタバタ。
古馬相手の1000万下だと3着が精一杯の馬でしたし、
馬券の軸にすべき存在ではなかったです。

■9R マイネルキャドー 6人気1着

平均ペースに持ち込んでの逃げ切り勝ち。
先行力がものを言う中山芝コースがベストですね。

■10R カフェブリッツ 1人気11着

良かったのはスタートだけで、スローペースだったのに行き脚がつかない、という厳しい競馬でした。
追い切りで好時計を出していても、休み明け初戦だったのですから、
もっと慎重な扱いをすべきでした。

■11R(ターコイズS)ラビットラン 1人気4着

中山コースは合う、と考えていましたが、
馬群の大外を回る形になり、急坂を登り切ったところで脚をなくしてしまいました。
大外一気の競馬で勝てるほどの器じゃない、というところを見抜く必要がありました。

■12R イタリアンホワイト 1人気14着

中団位置でじっと構えていましたけど、
3〜4角で前にいた馬が下がってきたところでポジションを一気に落とし、
直線に向いた時には絶望的な位置取り、というどうにもならないレース運び。
不運な面があったのは否定しませんが、瞬発力がある馬じゃないので、もっと早く仕掛けるべきだったと思います。


【4回中京6日】

■7R カウントオンイット 3人気3着

現級の最高着順が3着でしたから、この馬なりの走りを見せた、と考えるべきでしょう。
もっと上がりの掛かる馬場がベストかもしれません。

■8R スズカフューラー 1人気2着

スタート後に手綱を押していましたけど、今回も位置取りが悪くなってしまいました。
2戦連続2着で現級にメドを立てているだけに、今後も道中の位置取りがポイントになりそうです。

■9R ライトオブピース 5人気4着

後方待機から良い脚で追い込んだんですけどね…。
3着馬とハナ差の4着、という悔やんでも悔やみきれない結果になりました。

■10R モンテヴェルデ 1人気6着

直線で上手く馬群をさばく事ができず、脚を余す形になってしまいました。
スムーズな形になっていれば、馬券圏内には入れたと思います。

■11R ライドオンウインド 8人気10着

差し決着になる、という読みは当たったんですけど、買う馬を間違えました。
道中で折り合いがつかず、直線での末脚も不発に終わりました。

■12R チェスナットコート 3人気2着

レース間隔が空いた中で、僅差の2着を確保したのは立派だと思います。
次走以降も広いコースの中距離戦なら勝ち負け必至です。


【5回阪神6日】

■7R ヤマニンレジスタ 2人気6着

前走の走りが良かっただけに、今回の凡退はショックですね。
直線で全く伸びていないので、道中で脚を溜められなかった、という事でしょう。

■8R ダノンメモリー 2人気6着

勝ち鞍のあるダートに戻っての一戦でしたが、見せ場があったのは直線入り口まで。
直線では追いづらそうにしていましたし、難しい面を出す形になってしまいました。

■9R テラノヴァ 1人気2着

勝ち馬とはスタートで出遅れてしまった分の差でしょう。
現級の安定勢力ではありますけど、勝ち切れないんですよね…。

■10R クリアザトラック 1人気5着

1年前の朝日杯FSで本命を打ち、1年越しのリベンジを狙いましたが、ダメでした。
道中で行きたがる面が見せた分、直線での伸びを欠きました。

■11R(朝日杯FS)ケイアイノーテック 5人気4着

タワーオブロンドンがいた位置を取りたかったんですけどね…。
勝ち馬は別格でしたし、良いポジションを取れたとしても、勝ち切るのは難しかったと思います。

■12R ヴェンジェンス 2人気9着

道中の行きっぷりがイマイチでしたし、直線で前が壁になる大きな不利もありました。
休み明け初戦から頑張ってくれると思っていましたが…。


【5回中山6日】

■7R ミックベンハー 5人気7着

中団やや前めの内にいたんですけど、ペースアップしてからの反応がイマイチ。
前走で先着したマイネルユキツバキが3着に入っているのですから、
この馬ももっと上の着順に来てもらわきゃ困ります。

■8R デピュティプライム 1人気2着

いつも凄い脚を使ってくれるんですけどね…。
テンが速くなる中山ダート1200mがベストですから、
陣営としては、冬場の中山開催期間中に勝ち上がりたいところでしょう。

■9R スズカロング 4人気2着

直線入り口に差し掛かったところで「勝てる!」と思ったのですが…。
自分のレースを貫いて負けてしまったのですから、仕方ないですね。

■10R アレスバローズ 1人気1着

いつもより位置取りが後ろだったので、冷や冷やしながら見ていましたけど、
ハイペースになりましたから、結果的には位置取りが後方になったのが功を奏しました。

■11R ストロングタイタン 2人気7着

中山コースで着外続きだった事をすっかり忘れていました。
冬場の成績もあまり良くないので、春以降の巻き返しに期待したいです。

■12R エクラミレネール 2人気5着

勝負どころで追い出しが遅れた分、掲示板に入るのがやっと、という状況に。
次走こそはもっと積極的なレースをしてほしいです。


土曜の本命馬はまずまずの結果でしたけど、
日曜の本命馬は人気を裏切るケースが多くなってしまい、
プラス収支に持っていく事ができませんでした…(>

 馬券のAエース 2017年12月15日(金) 20:01
【土曜の格上馬】+ターコイズS 
閲覧 235ビュー コメント 0 ナイス 2

////////////

【メモリアル】あと1勝で○○○勝♪
川島 信二≪騎手≫〔現在299勝〕
伊藤 工真≪騎手≫〔現在99勝〕
栗田 徹≪調教師≫〔現在99勝〕

///////////////

【土曜の格上馬】
阪神3R…オメガラヴィサン
阪神4R…ピュアコンチェルト
中山4R…トーセンヴィータ
阪神8R…アドラメレク
中京12R…マイネルヴァウザア

【厩舎&騎手】高確率メソッド

中山3R:◆サラドリーム 戸崎&手塚〔複勝率〕47.5%
中山7R:◆リアリスト 戸崎&相沢〔複勝率〕42.4%
中山8R:◆レレマーマ 戸崎&国枝〔複勝率〕49.0%
中山10R:◆カフェブリッツ 川田&池江〔複勝率〕47.0%
中山12R:◆イタリアンホワイト 戸崎&相沢〔複勝率〕42.4%
中山12R:◆エッジースタイル 川田&高橋〔複勝率〕52.2%
中京6R:◆プリュス 武&松永〔複勝率〕40.0%
中京8R:◆ダノンロマン 北村&藤原〔複勝率〕61.9%
中京10R:◆サウンドキアラ 武&安達〔複勝率〕52.8%
阪神1R:◆マコトキッショウ ルメ&松田〔複勝率〕57.1%
阪神3R:◆ネプチュナイト 福永&友道〔複勝率〕53.3%
阪神4R:◆リシュブール デム&藤原〔複勝率〕55.9%
阪神5R:◆カンタービレ デム&角居〔複勝率〕56.5%
阪神5R:◆プリヒストリー 福永&藤原〔複勝率〕52.0%
阪神7R:◆ジオラマ デム&西園〔複勝率〕52.8%
阪神7R:◆メンターモード ルメ&藤岡〔複勝率〕69.6%
阪神8R:◆タイユール 福永&安田〔複勝率〕48.6%
阪神10R:◆ダノンロッソ デム&松田〔複勝率〕62.2%
阪神12R:◆トレクァルティスタ ルメ&藤沢〔複勝率〕60.9%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【ターコイズS】中山1600m

≪馬指数≫
1位:〔82〕エテルナミノル
2位:〔81〕Д侫蹈鵐謄▲イーン デンコウアンジュ
4位:〔79〕ラビットラン

≪タイム指数≫
1位:〔68.5〕ディープジュエリー
2位:〔68.7〕ラビットラン 
3位:〔69.0〕ぅ◆璽襯屮螢絅奪

≪条件一致度≫
Д侫蹈鵐謄▲イーン ┘潺好僖鵐董璽襦´エテルナミノル 哀▲好ビレン

※≪攻略ポイント≫12/13に更新しています
重賞に格上げしてまだ3年目。過去10年スパンで見ると3着以内馬30頭中の半分が
前走2ケタ着順馬ヽ( ̄д ̄;)ノハンデ戦だからなのか?冬に強い馬が急に走るのか?
読みようのないレース、ですが、重賞になってからは人気薄と言えど
ノーザンF・社台Fの馬が絡むようになってきました。
馬連は10〜20倍4回、100倍以上が5回と両極端、今年はどっち??

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

今週は美浦の坂路が急に速いLAPが出るようになりましたね^^;
どうしてだろ?
知ってる人、誰か教えてくださーい(((^ω^*)(笑)

[もっと見る]

 銀色のサムライ 2017年11月13日(月) 20:06
馬券メモ(2017/11/11・12)
閲覧 72ビュー コメント 0 ナイス 12

先週予想したレースの本命馬回顧をしていきます。

【5回京都3日】

■7R ショパン 2人気2着

アドマイヤロブソンとの一騎打ちムードでしたが、地力の違いで押し切られてしまいました。
でも、1000万下なら実力上位なのは明らかですから、近いうちに現級を突破する日が来ると思います。

■8R(京都ジャンプS)スズカプレスト 3人気3着

タマモプラネットが大逃げを打った中、冷静にレースを進めていたと思います。
まずまずのレースができましたけど、もっと距離が伸びた方が良いかもしれません。

■9R インフェルノ 1人気1着

スタートが少し悪かったんですけど、
二の脚の速さで楽に2番手の位置を取り、直線入り口先頭からそのまま押し切りました。
休み休みレースを使っている馬ですが、能力は高いので、1600万下に昇級しても即通用すると思います。

■10R ノーブルマーズ 4人気2着

楽な形で3番手の位置を確保。
直線入り口で一気に先頭に立ちましたが、内からクィーンチャームに出し抜けを食らってしまいました。

■11R(デイリー杯2歳S)カツジ 4人気2着

スムーズな形で先行して、道中の折り合いもまずまず。
直線に向いた時に良い手応えで、そこから一気に突き抜けるか…と思ったところ、
内からジャンダルムの強襲に遭ってしまい2着。相手が一枚上手でしたね。

■12R クールゼファー 競走除外


【5回東京3日】

■7R クインズサン 6人気4着

中団の内で脚を溜める競馬から差し切りを狙いましたが、4着まで。
もうちょっとレースが流れていたら、馬券圏内に入れたかもしれません。

■8R ホウオウパフューム 4人気4着

中団待機から直線での末脚勝負に懸ける競馬に。
展開が向かなかった中でも3着には入って欲しかったんですけどね…。

■9R アントーニオ 1人気7着

全く良いところがなかったですね…。
新馬戦のレベルが低かった、と解釈するしかなさそうです。

■10R バリス 2人気2着

1番人気・モズアスコットよりも後ろの位置になってしまったのが痛かったです。
でも、6歳の年齢を感じさせない走りを見せていますので、いずれ勝ち上がるチャンスがやってくると思います。

■11R(武蔵野S)モーニン 4人気9着

前残りの展開になる、という予想はバッチリだったんですが、スタートでまさかの出遅れ…。
道中で引っ掛かり気味に上がってしまいましたし、何もかもが裏目に出たレースでした。
復活を期待するのはもう難しいのかもしれませんね。

■12R ジュンザワールド 5人気10着

終始馬群の外を回る、というロスの多い競馬になったとはいえ、直線での伸びがサッパリ。
1000万下で即通用するほどの器ではなかったですね。


【3回福島3日】

■7R ジャポニカーラ 3人気1着

道中の位置取りがポイントでしたが、好スタートから楽な形で絶好位を確保できたのが良かったです。
直線入り口で先頭に立ってからもしぶとい脚を使っていましたし、順当勝ちだと思います。

■8R メイショウラバンド 2人気6着

中団の内から差し切りを狙いましたけど、馬群を上手くさばけず圏外に敗れました。
もう1列前にいけると思っていたので、道中の位置取りの悪さが最大の敗因だと思います。

■9R タイセイマルス 3人気2着

好位の外から上手く立ち回ったんですけどね…。
勝ったブレイヴバローズが強すぎました。

■10R ジャーミネイト 2人気1着

中団やや前めのインで脚を溜める競馬に。
勝負どころで迷わず馬群の外に出し、直線でもしっかりと末脚を披露しました。
文句ない勝ちっぷりでした。

■11R タマモアタック 2人気10着

レース序盤までは良い位置にいたんですけど、
ディグニファイドが一気の捲っていき、ペースアップしたところで置かれてしまいました。
定量の57kgになると、1000万下では厳しいのかもしれません。

■12R ルイ 4人気15着

トーセンアルバータとの激しいハナ争いに巻き込まれ、シンガリ負け。
ルイの楽な単騎逃げを予想していましたが、全然違うレース展開になってしまいました。


【5回京都4日】

■7R ユラノト 2人気2着

好位追走から直線で馬群の外に出し、
先に抜け出したザイディックメアを追いかけましたけど、もう一押しがききませんでした。

■8R デリスモア 3人気3着

52kgなら勝ち切れる、と考えていたんですけどね…。
ハンデが見込まれたトゥザクラウンに負けちゃいましたから、僕の見立てが甘かった、という事でしょう。

■9R マイスターシャーレ 1人気8着

ブラゾンダムールが押し上げていった時に対応できず、
直線で伸びそうな雰囲気もありましたが、最後はバタバタになってしまいました。

■10R クリノリトミシュル 2人気2着

ハイペースになり、差し脚堅実なクリノリトミシュルが台頭する、という見立て通りの結果だったんですけど、
1着のラインルーフは拾えなかったです…。

■11R(エリザベス女王杯)モズカッチャン 5人気1着

好位の内で脚を溜め、直線で逃げるクロコスミアめがけて一気に追い上げ、最後の最後で差し切りました。
枠や展開に恵まれたとはいえ、クロコスミアが押し切る展開を差し切るのですから、大したものです。

■12R ジョーアラビカ 5人気7着

好位の外で行きたがる面を我慢させていたんですが、直線の末脚は不発。
もっと上がりが掛かる展開にならないと厳しいかもしれません。


【5回東京4日】

■7R オールデン 1人気8着

道中で折り合いがついていなかったように見えたので、
直線半ばで脚がパッタリと止まってしまいました。

■8R ノーフィアー 2人気10着

差し馬が上位に来ていますから、結果的には展開が向かなかった、という事になるんでしょう。
1400mも長いかもしれません。

■9R ヒストリア 4人気1着

後方待機から馬群の外に持ち出して、一気の差し切り勝ち。
低調なメンバーだったとはいえ、昇級初戦でいきなり勝ち切るのは能力が高い証拠だと思います。

■10R スターオブペルシャ 1人気2着

中団の位置で折り合いに専念し、直線で上手く馬群の外に持ち出せたんですけど、
ストーミーシーの末脚の方が一枚上手でしたね。

■11R トウショウピスト 5人気1着

果敢にハナを奪い、マイペースの逃げを打ち、そのまま粘り切りました。
同型不在のレースだったにしても、強い勝ち方でした。
快速馬・シーイズトウショウを母に持つ良血馬が、ようやく軌道に乗ってきたようです。

■12R シルバーポジー 1人気2着

前走6着から着順を上げた形になりましたけど、
ナムラミラクル相手に完敗し、3着馬にも詰め寄られる、という微妙なレースになってしまいました。


【3回福島4日】

■7R イタリアンホワイト 1人気1着

中団待機から楽な手応えのまま先頭集団に並びかけ、直線入り口で先頭に立ち、そのまま押し切りました。
馬群の内でどん詰まり、という結果に終わった前走から一気の変わり身を見せてくれました。

■8R マッタナシ 4人気6着

スタートで出遅れて、急いで前に取り付いたものの、折り合いを欠く、という形に。
最悪なパターンになりながら、勝ち馬と0.3秒差ですから、500万下では地力上位の存在だと思います。

■9R メイショウオルソ 1人気1着

スムーズに先行し、直線でも持ったままの手応えで勝ち切ってみせました。
今回の内容なら、1000万下に昇級しても即通用すると思います。

■10R アンヴァル 1人気1着

9Rに引き続いて、こちらも北村友騎手が持ったままの手応えで圧勝。
中1週プラス長距離輸送、という難しい条件でしたが、能力が違いすぎました。
アルーリングボイスの子供ですから、今後も短距離路線で頑張ってくれる事でしょう。

■11R(福島記念)スズカデヴィアス 3人気2着

折り合いを欠くサンマルティンを見ながらのレース。
勝ち馬のウインブライトが3〜4角でスムーズに進出したのに対し、
スズカデヴィアスは3〜4角でポジションを下げてしまったのが痛恨でした。
でも、前走からの変わり身を見せる好内容でしたから、次走以降もチャンスだと思います。

■12R ショウナンサスケ 3人気2着

縦長の展開になったおかげで、外枠特有のコースロスを極力減らす事ができました。
直線でも良い脚を使っているんですけど、終始楽な手応えだったオブリゲーションには及びませんでした。


日曜は、秋華賞のモズカッチャン1着、福島記念のスズカデヴィアス2着、と重賞の本命馬が頑張ってくれたんですが、馬券はハズレ…(>

[もっと見る]

⇒もっと見る

イタリアンホワイトの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

イタリアンホワイトの写真

投稿写真はありません。

イタリアンホワイトの厩舎情報 VIP

2017年12月16日3歳以上1000万下14着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

イタリアンホワイトの取材メモ VIP

2017年11月12日 3歳以上500万下 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。