注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ロンドンタウン(競走馬)

注目ホース
ロンドンタウン
写真一覧
現役 牡4 鹿毛 2013年4月22日生
調教師牧田和弥(栗東)
馬主薪浦 亨
生産者松浦牧場
生産地新冠町
戦績17戦[5-3-0-9]
総賞金7,535万円
収得賞金4,250万円
英字表記London Town
血統 カネヒキリ
血統 ][ 産駒 ]
フジキセキ
ライフアウトゼア
フェアリーバニヤン
血統 ][ 産駒 ]
Honour and Glory
キャタラクト
兄弟 シャンパンサーベルカゼノサファイア
前走 2017/04/15 アンタレスステークス G3
次走予定

ロンドンタウンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/04/15 阪神 11 アンタレスS G3 ダ1800 162413.562** 牡4 57.0 川田将雅牧田和弥516(+2)1.50.2 0.336.4⑧⑦⑧⑧モルトベーネ
17/03/26 中山 11 マーチS G3 ダ1800 166125.834** 牡4 57.0 柴山雄一牧田和弥514(-2)1.52.3 0.338.7⑤⑤④⑤インカンテーション
17/02/07 佐賀 10 佐賀記念 G3 ダ2000 11--------1** 牡4 55.0 川田将雅牧田和弥516(--)2.06.7 -0.7----タムロミラクル
17/01/22 中京 11 東海S G2 ダ1800 1671337.887** 牡4 55.0 国分恭介牧田和弥516(+10)1.53.6 0.436.8⑩⑩⑪⑫グレンツェント
16/11/12 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 161267.9118** 牡3 55.0 松岡正海牧田和弥506(-6)1.34.8 1.035.9⑦⑤タガノトネール
16/10/02 中山 12 内房S 1600万下 ダ1800 16125.621** 牡3 53.0 川田将雅牧田和弥512(+2)1.51.8 -0.337.6⑧⑦⑨⑦センチュリオン
16/09/04 小倉 10 西日本スポ杯 1000万下 ダ1700 16591.811** 牡3 54.0 川田将雅牧田和弥510(-2)1.45.5 -0.837.6⑦⑦⑧④コスモピーコック
16/08/07 小倉 10 天草特別 1000万下 ダ1700 15586.932** 牡3 54.0 川田将雅牧田和弥512(+8)1.45.6 0.237.4⑩⑨⑧④ヒデノインペリアル
16/06/12 東京 9 小金井特別 1000万下 ダ1400 161217.356** 牡3 54.0 松岡正海牧田和弥504(+4)1.24.9 0.936.3⑩⑩エイシンバランサー
16/04/03 中山 10 伏竜S OP ダ1800 1581478.9128** 牡3 56.0 松岡正海牧田和弥500(-2)1.53.5 1.138.9⑧⑦⑦⑧ストロングバローズ
16/03/13 中京 10 昇竜S OP ダ1400 1561012.057** 牡3 56.0 勝浦正樹牧田和弥502(-2)1.25.0 0.637.2⑫⑫ダノンフェイス
16/02/06 東京 6 3歳500万下 ダ1400 162330.491** 牡3 56.0 松岡正海牧田和弥504(-4)1.25.6 -0.035.5⑬⑭ゼンノサーベイヤー
16/01/17 中京 10 はこべら賞 500万下 ダ1400 164814.975** 牡3 56.0 松若風馬牧田和弥508(-2)1.26.1 0.638.2ドライヴナイト
15/12/26 中山 6 2歳500万下 ダ1200 16362.825** 牡2 55.0 川須栄彦牧田和弥510(+4)1.13.4 1.038.1⑤⑤ビービーサレンダー
15/11/15 京都 2 2歳未勝利 ダ1200 15351.311** 牡2 55.0 C.ルメー牧田和弥506(-6)1.11.1 -0.535.7ゴールデンスランバ
15/10/24 京都 1 2歳未勝利 ダ1200 12676.432** 牡2 53△ 城戸義政牧田和弥512(0)1.12.7 0.136.8⑤⑤デピュティスカイ
15/10/11 東京 4 2歳新馬 ダ1600 1671347.1106** 牡2 55.0 柴田大知牧田和弥512(--)1.40.5 1.640.0サンヘレナ

ロンドンタウンの関連ニュース

 ★アンタレスS2着ロンドンタウン(栗・牧田、牡4)、同3着ロワジャルダン(美・戸田、牡6)、同9着グレンツェント(美・加藤征、牡4)、昨年9月のコリアカップ2着クリノスターオー(栗・高橋忠、牡7)は、平安S(5月20日、京都、GIII、ダ1900メートル)を視野。

 ★マイラーズCに登録していたブラヴィッシモ(栗・須貝、牡5)は、回避して京王杯スプリングC(5月13日、東京、GII、芝1400メートル)へ。

 ★香港マイル7着サトノアラジン(栗・池江、牡6)は、京王杯SCへ。僚馬で、日経賞14着トーセンレーヴ(牡9)は新潟大賞典(5月7日、新潟、GIII、芝2000メートル)、福島民報杯6着ステイインシアトル(牡6)は、目黒記念(同28日、東京、GII、芝2500メートル)の予定。

【アンタレスS】モルトベーネ、重賞初V!2017年04月16日() 05:01

 第22回アンタレスステークス(15日、阪神11R、GIII、4歳上オープン国際(指)、別定、ダ1800メートル、1着本賞金3600万円  =出走16頭)ミルコ・デムーロ騎乗で3番人気のモルトベーネが直線で抜け出し、重賞初V。ディープスカイ産駒としてもJRA重賞初勝利となった。タイム1分49秒9(良)。6番人気のロンドンタウンが2馬身差の2着で、1番人気グレンツェントは伸びを欠き9着に終わった。

 ◆M・デムーロ騎手(モルトベーネ1着) 「モルトベーネ!(イタリア語で「とてもいい」の意味)。スタートが良かったし、ずっといい位置で楽でした。直線もスムーズにスペースがありましたし、最後まですごく伸びてくれました」

 ◆川田騎手(ロンドンタウン2着) 「リズム良く運べて、ラストまでしっかりした伸び。時計も速いなか、よく2着まで来てくれました」

 ◆浜中騎手(ロワジャルダン3着) 「最近では一番の内容。フレッシュな状態も良かったと思います」

 ◆ルメール騎手(グレンツェント9着) 「間があいていたからかな。前の馬も伸びていたしね」

 ◆横山典騎手(ミツバ11着) 「気難しいところがある。状態は良かったけど…」

★15日阪神11R「アンタレスS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【アンタレスS】モルトベーネが混戦制して重賞初V 2017年04月15日() 15:39

 4月15日の阪神11Rで行われた第22回アンタレスステークス(4歳以上オープン、GIII、ダート1800メートル、別定、16頭立て、1着賞金=3600万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の3番人気モルトベーネ(牡5歳、栗東・松永昌博舎)が快勝し、重賞初制覇を達成した。タイムは1分49秒9(良)。

 レースはショウナンアポロンが逃げ、モンドクラッセリーゼントロックアスカノロマンモルトベーネとともに先行集団を形成。グレンツェントは中団を追走した。直線に向くと、横一線の接戦の中からまず内からモンドクラッセが抜け出したが、その隣からモルトベーネが脚を一気に伸ばしてかわすと、激しい2着争いを尻めに2馬身差をつけて勝った。中団から外を急追してきたロンドンタウン(6番人気)が2着で、さらにクビ差の3着にロワジャルダン(8番人気)。1番人気グレンツェントは9着、2番人気ミツバは11着だった。

 モルトベーネは、父ディープスカイ、母ノーブルエターナル、母の父アフリートという血統。北海道浦河町・櫛桁牧場の生産馬で、馬主は三宅正義氏。通算成績は25戦7勝(うち地方1戦0勝)。アンタレスSは、松永昌博調教師、ミルコ・デムーロ騎手ともに初勝利。

 ◆ミルコ・デムーロ騎手「本当にモルトベーネですね。イタリア語で(「とても良い」という意味で)…。スタートが良くて、ずっといいところにいました。直線でもスムーズにスペースがあいて、最後もよく伸びましたね。前走(名古屋大賞典4着)は馬場が重くて、距離も長かったので負けましたが、このレースに向けて調子は良くなっていました」

★15日阪神11R「アンタレスS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【アンタレスS】追って一言2017年04月13日(木) 05:01

 ◆アスカノロマン・川村師 「状態は変わりない。前走は58キロを背負っていたし、悪い内容ではなかった。今回も前回のような競馬なら」

 ◆ショウナンアポロン・古賀史師 「気が悪いからね。今回は前に行く馬が多いから難しい」

 ◆タガノエスプレッソ・五十嵐助手 「休み明けですが、仕上がりはいいですよ。リズム良く運べれば」

 ◆ナムラアラシ・目野師 「走ってみないと分からない面があるけど、馬は充実している。前崩れの展開なら」

 ◆ピットボス・清水久師 「気持ちが向かないと前走のように走らないので…。いかに気持ちがレースに向くか」

 ◆マイネルクロップ・飯田雄師 「調子はいい。前走は案外でしたがもう少しはやれる馬。いい位置で運べれば」

 ◆マイネルバイカ・山田助手 「休み明け後では一番のデキ。自分のリズムですんなりと運べる展開なら」

 ◆マイネルバサラ・松山師 「ハロー明けのウッドでいい動きでした。相手は強くなりますが、自分の競馬ができれば」

 ◆ミツバ・加用師 「感じは休む前と変わりない。阪神のような広いコースがいいので、自分の競馬ができれば」

 ◆メイショウスミトモ・南井助手 「しっかりと調教をやれている。相手が強いし、展開がはまれば」

 ◆モルトベーネ・松永昌師 「いい動き。今の馬場状態を考えれば優秀じゃないかな。馬場は問わないし、馬混みでも我慢できるから」

 ◆モンドクラッセ・清水英師 「日曜にびっしりやったので、気を抜かせない感じで。いい状態をキープできています」

 ◆ロワジャルダン・斎藤助手 「状態はいいです。前走は展開が向きませんでしたし、(レース中に)蹄鉄がずれるアクシデントもありました」

 ◆ロンドンタウン・牧田師 「CWでしっかりと。馬の様子は変わりない。適度にペースが流れる競馬が理想」

アンタレスSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【アンタレスS】レース展望 2017年04月10日(月) 19:47

 最終週の阪神では土曜メインにダートのGIIIアンタレスS(15日、1800メートル)が行われる。1番人気馬は過去5年で1、1、3、2、1着と、かなり信頼できるレースだ。

 今年のメンバーで1番人気が予想されるのはグレンツェント(美浦・加藤征弘厩舎、牡4歳)。芝のデビュー戦こそ5着だったが、その後はダート路線を進み、9戦して6勝、2着2回、3着1回と安定し、前走の東海SレパードSに次ぐ重賞2勝目を飾った。ダートで先着を許したのは伏竜SのストロングバローズユニコーンSゴールドドリーム(後にフェブラリーS勝ち)とストロングバローズ、そしてみやこSアポロケンタッキー(後に東京大賞典勝ち)の3頭(延べ4頭)だけで、2頭がGIウイナーになっているのだから、この馬の力も相当なものとみていい。

 東海Sでは先行馬が残る流れのなか、出遅れながらも、外を回って差し切り勝ち。今回も有力馬となる相手に完勝といえる内容だった。2カ月半ぶりのレースになるが、中間にじっくり乗り込んで仕上がりは良好。56キロまでしか背負ったことがないだけに、今回は58キロの斤量が鍵になるが、2013年に59キロのニホンピロアワーズが2着、昨年も58キロのアスカノロマンが2着と実績馬が力を示している。今回も崩れるシーンは考えにくい。

 その東海Sで12番人気ながら2着に食い込んだモルトベーネ(栗東・松永昌博厩舎、牡5歳)は、その後にオープン特別のアルデバランSを勝ち、交流GIII名古屋大賞典でも4着と好走。ここにきて完全に本格化した印象だ。阪神のダート1800メートルも準オープンの花のみちSを1分49秒8(稍重)の好時計で勝った実績があり、ここも前々でうまく流れに乗れば上位争いが望める。

 ロンドンタウン(栗東・牧田和弥厩舎、牡4歳)は2走前の交流GIII佐賀記念で重賞初制覇を飾り、続くマーチSでは初めて57キロを背負いながらも4着と善戦。稍重で前が有利な状況のなか、好位からしぶとく脚を伸ばし、アスカノロマンなどには先着した。充実ぶりが伝わるだけに、今回の相手でも好勝負に持ち込めそうだ。

 ミツバ(栗東・加用正厩舎、牡5歳)は、それまでの差す競馬から一転してブラジルCで大逃げを打ってV。さらにベテルギウスSは好位から楽に抜け出してVと、横山典弘騎手の変幻自在の騎乗ぶりで覚醒した。GI初挑戦だった川崎記念は2番手につける競馬。早めに後続に来られる厳しい展開で4着に敗れたが、十分評価できる内容だ。地方の小回りコースで後ろからのプレッシャーがきつくなるより、中央の広いコースの方が力を出せるタイプ。阪神では【4・3・1・3】の好成績を残しており、巻き返しは可能だろう。

 アスカノロマン(栗東・川村禎彦厩舎、牡6歳)は昨年、フェブラリーS、チャンピオンズCの両GIで3着と力をアピールし、このレースでは2着に入っている。ここ3走は東海S8着、フェブラリーS15着、マーチS5着と案外な成績だが、マーチSではハイペースの逃げ争いに加わった割に勝ち馬と0秒3差と大バテしなかった。そろそろ変わり頃か。

 展開の鍵を握る逃げ馬モンドクラッセ(美浦・清水英克厩舎、牡6歳)はマイペースの逃げが打てるかどうかがポイントになる。自分のリズムで行ければ、58キロを背負った前走の総武Sを逃げ切ったようにしぶといタイプ。今回は56キロでの出走だけに、単騎なら少々のハイペースでも粘りは増しそうだ。

 ナムラアラシ(栗東・目野哲也厩舎、牡4歳)は準オープンの伊丹Sを勝ったばかりで、今回は重賞初挑戦と楽ではないが、阪神は【3・0・0・1】と好相性。上位に入っても不思議はない。

 佐賀記念2着のタムロミラクル(栗東・西園正都厩舎、牡5歳)、一昨年の白山大賞典優勝馬マイネルバイカ(栗東・西村真幸厩舎、牡8歳)、一昨年のみやこSの覇者ロワジャルダン(美浦・戸田博文厩舎、牡6歳)あたりも争覇圏内。10日現在で抽選対象(1/2)ながら、1000万下、準オープンと連勝中のマイネルバサラ(美浦・松山将樹厩舎、牡4歳)も、出走できるようなら目が離せない。

アンタレスSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【アンタレスS】コンビで良績!川田&ロンドンタウン 2017年04月10日(月) 17:00

 春の阪神は今週でフィナーレ。締めくくる重賞は土曜(15日)に行われる「第22回アンタレスS」(GIII、ダ1800メートル)だ。改めてJRA重賞獲りに挑むロンドンタウンが中心となるか。

 5走前に準OPを卒業し、2走前に交流GIII佐賀記念でV。4角先頭から4馬身差の圧勝劇を演じた。連勝を狙った前走・マーチSは勝負どころでややもたついたが、ゴール前ではしぶとく末脚を伸ばし4着と掲示板を確保した。

 「中2週だけど馬体は引き締まっているし、好状態をキープ。佐賀記念が強い勝ちっぷり。どんな競馬にも対応できるところが一番の強みだね。川田騎手との相性はいいから、レースの組み立ては任せるつもり」と、牧田調教師はキッパリ。

 全権を託された川田騎手は、4回騎乗して(2)(1)(1)(1)着。勝てばダート界に新星&名コンビ誕生となる。(夕刊フジ)

アンタレスSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ロンドンタウンの関連コラム

閲覧 592ビュー コメント 0 ナイス 2

4月16日(日)に行われました中山11Rの「皐月賞G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【2位】△アルアイン(22.4倍)
2着:総合ポイント【4位】◯ペルシアンナイト(8.1倍)
3着:総合ポイント【5位】ダンビュライト(56.1倍)

第2グループ・総合ポイント2位のアルアインが1着、第2グループ・総合ポイント4位のペルシアンナイトが2着、第2グループ・総合ポイント5位のダンビュライトが3着という結果でした。

期待した◎ファンディーナは見せ場はありましたが、完敗の内容。対抗のペルシアンナイトアルアインが頑張ってくれたので悔しさもありますが、力量を見誤りました(+_+)
凄馬出馬表的には人気薄のアルアインが2位評価!2位→4位→5位の上位決着でかなりの高配当となりました!(^^)!

【3連単フォーメーション】
8

2,7,11

2,4,5,6,7,9,11

8

2,4,5,6,7,9,11

2,7,11

計36点 払い戻し0円


続いて4月15日(土)に行われました阪神11Rの「アンタレスステークスG3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【12位】△モルトベーネ(7.3倍)
2着:総合ポイント【6位】△ロンドンタウン(13.5倍)
3着:総合ポイント【2位】ロワジャルダン(29.4倍)

第3グループ・総合ポイント12位のモルトベーネが1着、第3グループ・総合ポイント6位のロンドンタウンが2着、第1グループ・総合ポイント2位のロワジャルダンが3着という結果でした。

こちらは、凄馬出馬表的にはロワジャルダンから入るのが正解でしたか......。もう少し流れて、この馬に向く展開にはならないと思って消してしまい完敗でした。逆に◎アスカノロマンにとっては、少し緩んで上りが速くなりすぎたことが敗因となってしまった印象。もう少し上りの掛かる展開、馬場で見直したいと思います。
馬券の方ほうは先週ちょっと調子が上がってくる兆しがあるかと思ったのも束の間、また今週は連敗(T_T)。連勝が短く、連敗が長くだと長いスパンで厳しくなること必至なので、なんとか早めに断ち切っていきたいところです。

【3連複フォーメーション】
◎○▲=◎○▲=印
3,8,13=3,8,13=3,4,6,7,8,10,12,13,14(19点)払い戻し0円


登録済みの方はこちらからログイン

2017年04月15日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第263回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜アンタレスステークス G3
閲覧 698ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「アンタレスステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、モンドクラッセから1.0ポイント差(約1馬身差)内のロワジャルダンアスカノロマンまで3頭。
第2グループ(黄)は、グレンツェントから1.0ポイント差(約1馬身差)内のタガノエスプレッソまで2頭。
第3グループ(薄黄)はロンドンタウンから同差内のメイショウスミトモミツバマイネルクロップピットボスマイネルバイカモルトベーネまで7頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、上位には開きがほとんど生じない団子状態。第3G→第4G間に1.4ポイント差がありますが、それすら他の重賞と比べると小さな溝の印象でどこからでも入れそうな状況となっています。

そんな中、今回の私の本命は◎アスカノロマンに期待しました。前走から斤量1キロ減と乗り慣れた鞍上に戻って真価が問われる一戦。コース・展開的にも不利になるとは考えにくいですし、凄馬出馬表評価上位勢ではもっとも信頼できる存在とみて本命視。
○はミツバ。舞台適性という意味ではこちらも上位の存在。昨秋のシリウスステークスはこの馬には時計が速過ぎた印象で、しかも前々決着となる中で中身のある4着という内容。当時よりも脚質自在キャラに生まれ変わって迎えるJRA重賞再挑戦の今回、さらなる前進を期待したいと思っています。
▲にメイショウスミトモ。いずれも中山1800ではあるものの前走、7走前あたりの内容を評価しました。想定通りの淀みない流れなら、こちらも好相性の舞台で一発を期待できそうです。
☆にグレンツェント。能力の高さは認めますが、前走東海ステークスVは55キロでスローからの瞬発戦。斤量増もさることながら、今回求められる質も変わってきそうなペース面からも一枚割引きました。ただ、2走前に締まったペースで上り掛かる展開でも実績があるのがニクイところ。斤量が嫌われれば妙味も出てきそうで、そういった意味では今回狙い目も。
そして今回の私の馬券は、◎○▲=◎○▲からの3複で勝負とします。


【3連複フォーメーション】
◎○▲=◎○▲=印
3,8,13=3,8,13=3,4,6,7,8,10,12,13,14(19点)

[もっと見る]

2017年03月29日(水) 14:16 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】〜名古屋大賞典2017〜
閲覧 446ビュー コメント 0 ナイス 3

 日本で一番直線が短い楕円コースの名古屋で行われる名古屋大賞典。先日行われた黒船賞が短距離路線の実績馬の始動戦ならば、こちらは中距離路線の実績馬の始動戦となることが多く、これまでにエスポワールシチーワンダーアキュートアウォーディーなどがここから始動しました。名古屋大賞典の前後にJRAではハンデ戦のマーチSが行われますが、実績馬はハンデを背負わされることを嫌って、ここへ出走してくることが多いです。

 よって、例年の対戦図式は、主に休養明けの実績馬vs佐賀記念の上位馬となります。この場合、休養明けの実績馬が優勢であっても不思議ないですが、このレースに関しては佐賀記念の上位馬が優勢。なぜなら佐賀記念の上位馬は、エスポワールシチーワンダーアキュートアウォーディーのような強豪が出走してくれば、対戦を避けるように、より出走手当てが高いダイオライト記念やマーチSに出走することが多いからです。

 つまり、佐賀記念の連対馬は、強豪が出走して来ない場合のみ、ここへ出走してくるということ。そのため前走の佐賀記念で連対していた馬のこのレースでの過去10年の成績は【3・3・1・0】と、けっこう優秀。複勝率100%を誇ります。今年は、佐賀記念の勝ち馬ロンドンタウンが川崎記念の勝ち馬オールブラッシュやG2の上位馬との対戦を避けて、マーチSへ出走しました。これは名古屋大賞典のメンバー質が高い証でしょう。

 確かにオールブラッシュのようにG1で連対すると、G3のこのレースでは人気にはなるでしょう。実際に過去1年以内にG1連対実績のある馬のこのレースでの過去10年の成績は【2・1・2・0】です。ただし、前年のG1で2勝のエスポワールシチー(2011年)が逃げて楽勝と活躍を見せる一方で、前年のG1を3勝したブルーコンコルド(2007年)が、単勝オッズ1.3倍の断然人気を裏切り、3着に凡退したこともあります。馬単や3連単の1着固定は向きませんが、3連複の軸ならば信頼できるでしょう。

 逆に人気以上に信頼できるのは、JRAから参戦する成長期の4歳馬です。前走連対の4歳馬の過去10年のこのレースでの成績は【3・1・0・1】。2010年にはJRA勢では4番人気ともっとも人気がない、前走エンプレス杯2着のラヴェリータが勝利しています。また、唯一、連対を外したのは、前走ダイオライト記念勝ちのキクノアロー(2007年)で、接戦の4着でした。前走で凡退していても、昨年の3着馬モズライジンのように、なかなかの活躍が見せられているので、4歳馬は要注意でしょう。

 さらにこのレースでは超小回りコースで行われるレースらしく、過去10年の連対馬20頭中18頭が逃げ、先行馬の押し切りです。差し馬で連対したのは、2008年メイショウトウコン(1着)、2014年のソリタリーキング(2着)のみ。メイショウトウコンは、それまでG2で1勝、G2で2勝の実績があり、同年のJBCクラシック3着、JCダート(現チャンピオンズC)2着と好戦したほどの馬。10番手スタートから4コーナーでは3番手まで位置を上げる、実質、捲りで勝利しました。また、ソリタリーキングは、前年のJBCクラシックの3着馬で、交流重賞でも連対常連の馬です。

 つまり、それくらいの実績馬でなければ、この舞台で差すのは容易ではないし、実績馬でさえも敗れることがあります。前記したブルーコンコルドが断然の1番人気に応えられなかったのは、自ら動けない差し馬だったというのも敗因のひとつとしてあります。この年はブルーコンコルドの不発によって、3連単37万4900円の大波乱となりましたが、波乱を演出した馬は、逃げ、先行馬のアルドラゴン、ムーンバレイです。基本的に差し馬は狙い下げるスタンスでいいでしょう。

 逆に逃げ、先行馬で、実績がありさえすれば、この舞台での活躍は期待できます。まず、逃げ、先行策でこのレースで連対した馬18頭中、15頭には直近1年以内にグレードレースで連対の実績がありました。例外は2011年の2着馬ワンダーアキュート、2012年の2着馬ダイシンオレンジ、2016年の2着馬バンズームです。しかし、ワンダーアキュートダイシンオレンジも前年度から順調さを欠いてトータル半年以上の休養をしていた馬。もともとはダートグレードで2勝をあげた実績馬です。

 過去1年以内にトータル半年も休養しているような馬は、さらに半年まで成績を遡るスタンスで狙ってもいいでしょう。特にダイシンオレンジは、このレースが休養明けの一戦で、直近の成績が悪かったために、JRA勢ではもっとも人気がない4番人気と人気薄。立て直しに成功する形で2着に善戦しています。昨年のバンズームは、アウォーディーとの対戦を避けるかのように、実績馬が他のレースに出走し、メンバーが手薄だったのもあるでしょう。アウォーディーに大差突き放されての接戦の2着でした。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・前走の佐賀記念で連対した馬。
 ・過去1年以内にG1連対実績のある馬。

 ●穴馬候補
 ・前走で連対の4歳馬。
 ・近走成績が悪く、今回が休養明け初戦となる実績馬。
 ・前走で逃げている馬、または、今回で逃げると思われる馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

2016年02月11日(木) 13:00 【ウマニティ】
先週の回顧〜(2/6〜2/7) 2週連続好調のdream1002プロら13名が週末プラス!
閲覧 499ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、7(日)に東京競馬場でGIII東京新聞杯が、京都競馬場でGIIIきさらぎ賞が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
GIII東京新聞杯は、人気の一角ダノンプラチナが出遅れる一方、ポンとスタートを決めたスマートレイアーが意表を突いてハナへ。テイエムタイホーマイネルアウラートダイワリベラルエキストラエンドら好位勢を従えて、紅一点芦毛の馬体がゆったりとしたラップで気持ち良く向う正面を駆け抜けていきます。1番人気ダッシングブレイズはちょうど馬群の中団から、そのさらに後方からダノンプラチナとなって4コーナーを通過。直線を向いても依然楽逃げ状態のスマートレイアーは余力十分にスパートを開始。2番手からマイネルアウラート、内に進路を取ってエキストラエンドも追撃態勢に入りますが差はなかなか詰まらず。ここで、こちらも最内を突いたダッシングブレイズが内ラチに激突するハプニングに見舞われ競走中止に。場内が一瞬騒然となる中、先頭を行くスマートレイアーは残り200mを過ぎてさらに後続を突き放す競馬を見せ、2馬身差を付けての完勝。鞍上の好判断も光った見事な逃げ切りで重賞2勝目挙げています。2着にも好位から粘り込んだエキストラエンドが入り、そこから1馬身1/4差の3着にはこちらも好位からの競馬で渋太さを見せたマイネルアウラートが入っています。
 
公認プロ予想家では蒼馬久一郎プロほか6名が的中しています。
 
“5億円対決”再戦への注目が集まったGIIIきさらぎ賞は、最終的にサトノダイヤモンドが単勝1.2倍に推される1強状態でスタートの時を迎えます。そのサトノダイヤモンドは、大外から好スタートを決めると内の各馬を先にやりながら自身は6番手辺りのポジションをキープ。オンザロックスを先頭に、2番手ロワアブソリューの隊列が前ではすんなり決まり、2番人気ロイカバードサトノダイヤモンドをマークする形で7、8番手をレプランシュと並んで追走。直線を向いて、前を行くオンザロックスロワアブソリューノガロを、ロイカバードより前の位置取りで捉えに掛かるサトノダイヤモンド。それを追うロイカバード。しかし、ここから桁違いの性能を見せ抜け出したのはやはり断然人気のサトノダイヤモンド。抜け出してからの左ムチ1発のみで最後は後続に3馬身半差を付けたサトノダイヤモンドが圧勝を見せています。2着にはゴール直前でロイカバードをアタマ差指し切ったレプランシュが入っています。
 
公認プロ予想家では栗山求プロはははふほほほプロら14名が的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →dream1002プロ
6(土)京都10Rで、◎ダイアナヘイローに本命を打ち、3連単294倍を500円分的中!14万7450円払戻しのスマッシュヒットなど、前週に引き続き活躍を見せた先週は、週末トータル回収率120%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
6(土)京都11Rで◎ダブルスター(単勝16.2倍)を「前のめりの走法で平坦京都合う。」と評し本命視。単複的中計5万9100円を払戻し、週末トータル回収率146%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
6(土)京都11Rで3連複的中、7(日)東京9Rで馬連的中などの好調予想を披露した先週は、週末トータル回収率134%を記録。
 
☆☆☆注目プロ →蒼馬久一郎プロ
6(土)東京6Rで◎ロンドンタウン(単勝30.4倍)からの3連単661.8倍含め単勝・馬連・3連複と合せ10万5130円払戻しのスマッシュヒットを記録。週末トータル回収率109%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
6(土)京都2Rで単勝&3連単計10万8080円払戻しのスマッシュヒットを見せると、直後の東京2R、7(日)東京10R京都12Rなどで3連単的中を量産した先週は、土日両日回収率100%超えの安定感を披露!トータル回収率104%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
7(日)東京10Rで3連単500円分的中し12万8700円払戻しのスマッシュヒット!他にも、この日は京都10Rなど随所に好調予想を披露し快勝。週末トータルでは回収率103%をマークしています。
 
この他にも栗山求プロ (161%)、馬単マスタープロ(151%)、エース1号プロ(118%)、3連単プリンスプロ(107%)、夢月プロ(106%)、ろいすプロ(103%)、ゼット1号プロ(100%)が週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。



ユータ

[もっと見る]

ロンドンタウンの口コミ


口コミ一覧

馬券メモ(2017/15・16)

 銀色のサムライ 2017年04月19日(水) 20:24

閲覧 38ビュー コメント 2 ナイス 8

先ほど終了した東京スプリントはキタサンサジンが優勝♪

重賞初参戦が大井のナイター競馬、という楽な状況じゃなかったんですが、
果敢に先行して、ブライトラインの追い上げをギリギリで凌ぎました。

来週の天皇賞春に出走する同馬主のキタサンブラックに勢いをつける重賞Vになりましたね。

僕はドリームバレンチノに期待したんですけど、
直線の進路取りが上手くいかず、着外に終わりました…(>

 やすの競馬総合病院 2017年04月16日() 22:12
皐月賞・アンタレスS・中山グランドジャンプの感想の
閲覧 37ビュー コメント 0 ナイス 0

☆皐月賞の感想☆
アルアイン、ペルシアンナイトという池江厩舎の1・2フィニッシュでしたけど、
今年の皐月賞は勝ち時計1.57.8でレースの上がり3Fが34.5なんで、
「高速馬場に対応できる軽快さ」
「中団より前めで競馬できる器用さ」
「マイルもこなせそうなスピード・瞬発力」
が重要で、中団より後ろから競馬する馬、スタミナや持久力が持ち味っていう馬だとちょっと辛かったのかな〜?
混戦で枠順変えてもう1回やったら上位着順がガラッと入れ替わってもおかしくないような雰囲気は感じました。

例年だったら皐月賞終わった時点で、ぼんやりとダービーで好走しそうな馬が見えてくるんですけど、今年は皐月賞を見終ってもまだダービーでどれが好走するのか全く見えず、ずっと濃い霧の中にいるような感じなので、皐月賞好走馬はもちろんダービー有力馬の1頭ですが、皐月賞で凡走した馬、もっというと青葉賞・NHKマイルCなど皐月賞以外の路線からくる馬達にもまだまだダービー馬になれるチャンスは十分あるような気がしました。

それじゃあ、コメントいきましょう!

1着アルアイン
好位でスムーズに流れに乗って上がり3F34.2で1着でしたけど、毎日杯が2番手追走から1.46.5(上がり3F34.2)で勝ってた馬だけあって、器用さ問われる中山・高速馬場・上がりの速い決着は条件的にぴったりだったのかもですね〜。
負けたのはかなり時計かかる馬場だったシンザン記念だけでまだまだ底見せてないから、ダービーも引き続き楽しみです。
松山もいい位置で競馬させててうまく乗ってたと思うし、この初GI制覇でさらに今後伸びるかもですね。

2着ペルシアンナイト
中山なのに上手い具合に内からポジション上げて惜しい2着まで詰めてましたが、この馬は器用さのいる中山よりも直線長い東京でさらに持ち味出せそうなんで距離さえ大丈夫ならダービーでも楽しみです。
デムーロは皐月賞でよく上位きますね。さすがです。

3着ダンビュライト
もちろん馬も頑張りましたけど、12番人気の1勝馬に乗っても3着に持ってくるなんて、今年の武豊のGI好走率の高さは本物ですね〜。

4着クリンチャー
相手がかなり強くなっても先行して4着なんで立派すぎですが、この馬の持ち味はスタミナと持久力だと思うんで、今日みたいな高速馬場は少し辛かったかな〜。
ダービーは強気に逃げて上がり3F35秒台の決着に持ち込めるような競馬すれば一発あったりするのかな〜?

5着レイデオロ
休み明けで+8kgも敗因の1つかもですが、あの位置取りが厳しかったかな〜。
直線はしっかり伸びて能力ある所は見せてくれたんで、ダービーでどこまでよくなるか楽しみです。

6着スワーヴリチャード
スタート良かったし、内枠だったんで、あのままスムーズに好位で競馬してればよかったのに〜。
ローテもそうやけど、今日の競馬見ると、皐月賞は軽視でダービーで全力って感じなのかな〜?

7着ファンディーナ
規格外の大物ではなかったかもですが、牡馬相手のGIで正攻法の競馬して見せ場も作ったし、十分に力あるところは見せてくれてたと思います。

8着ウインブライト
能力が足りなかったのか、高速馬場が合わなかったのかはわかりませんが・・・。
外枠だったんで、ずっと外を回らされることにはなったけど、位置取りもよかったし、いい競馬できてたんですけどね〜。

9着カデナ
結果的に内枠を引いちゃったのが痛かったのかな〜。
直線長いコースの方が持ち味出るタイプなんでダービーで改めて期待かな。

11着サトノアレス
後方からだと今日はさすがにきつかったけど、能力的にもダービーよりNHKマイルCの方がよさそう。

☆皐月賞 馬券結果☆
宣言通り、単勝 5・6・17(レイデオロ・アウトライアーズ・ウインブライト)を買いましたがハズレ・・・。

収支は−7000Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------

☆アンタレスSの感想☆
1着モルトベーネ
2着ロンドンタウン
3着ロワジャルダン

モルトベーネが2馬身差の快勝!!
好位集団の中にいて直線は狭いとこから抜けてきましたが、このレースは好位集団ぐらいにいる馬達に流れが向いたと思うんで、いい位置で競馬できてたと思います。
前走は名古屋ダ1900mで1.3差の4着で地方馬にも先着されてたから、どうかな〜と思ったけど、これでJRAの重賞勝てたんで、今後どこまで出世するか楽しみです。

2〜14着は0.5の範囲の大接戦だったんで、ちょっとしたことで着順入れ替わるメンバーだと思うけど、グレンツェントの9着は58kgとはいえ予想外でした。

本命馬のアスカノロマンは勝ったかな?って思ったところからのもう一伸びがなかったけど、衰えなのか状態面なのかわかりません。

☆アンタレスS 馬券結果☆
宣言通り、単勝 13(アスカノロマン) 馬連 6−13を買いましたがハズレ・・・。

収支は−4000Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------

☆中山グランドジャンプの感想☆
1着オジュウチョウサン

障害レースのことはわかりませんが、去年の中山グランドジャンプ、中山大障害を勝ってた馬だけあって強かったですね〜。
単勝1.3倍の支持に見事に応えて3馬身半差の完勝!
これで6連勝ですが、どこまで連勝伸びるか楽しみです。
馬券買ってなかったのに、レース見てるだけでも十分楽しめました。


--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(日曜日分)☆
皐月賞 レイデオロ・・・5着

もうちょっとうまく競馬できてればな〜ってとこもあるけど、キャリア浅い休み明けの馬を狙ったこっちにも責任あるし仕方ないのかな〜。

投資2800Pが0Pになっちゃいました。



--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会


どちらの企画も枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までの間、指名馬を受け付けております。


ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄でも投票所でもどこに書いてくださってもOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

※このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
今日は夏のように暑いんでアイスクリームがおいしいです。

[もっと見る]

 馬券のエース 2017年04月16日() 17:45
重賞の≪振り返り≫ 
閲覧 79ビュー コメント 2 ナイス 8

今週も皆さん。お疲れ様でしたm(_ _)m
会員ページの方に
☆今週の格上馬★結果
☆15日16日特別戦出走表★結果
を更新してますので、【見直し】【復習】で使って下さい(*^^*)/

会員ページ内の【格上馬】
14レースに格上馬が該当する馬が出走し12レースで馬券内(*^^*)
特別戦は指数表の方に移しましたので、該当馬全馬を掲載するようになったので
ハズレの馬も増えて当たり前ですが、それでも
土曜日【6‐3‐1‐9】
日曜日【3‐3‐1‐1】5レース全部で馬券絡み^^来まくりぃ〜♪

今まで長年続けていた無料日記の≪自信の6鞍≫今週から≪今週の格上馬≫と改めましたが
今週は優秀でしたね♪
【土曜の格上馬】
中山1R:ビッザーロ【1着】
中山4R:マイネルヴンシュ【1着】
阪神3R:オーサムバローズ【1着】
阪神8R:アルマレイモミ
福島4R:メイショウミハル【1着】

【日曜の格上馬】
中山4R:エスティーム
中山8R:ソールインパクト【3着】
中山9R:ダンディーレイ
阪神3R:スズカブルグ【1着】
阪神9R:グレイトチャーター【3着】
阪神11R:ミエノサクシード【2着】
福島6R:サンライズカラマ【1着】
福島8R:エクストラファイン【2着】
福島10R:トウショウジャイロ【1着】
福島12R:ブライトバローズ【1着】
考えて載せなくていいので、今後もこのスタイルでいきます(* ̄∀ ̄)ゞ

////////////

【今週の重賞】

≪アンタレスS≫
1着:モルトベーネ【馬指数1位】〔上げ幅1位〕≪好走ポジ●≫≪イケてる騎手≫
2着:ロンドンタウン
3着:ロワジャルダン

※◎アスカノロマンは5着、指数表から見ればモルト本命は素直なら買えましたが
≪攻略ポイント≫の凡走条件があったので(^o^;) ロンドンもロワも鞍上のコース別成績の良い
騎手が上位を占め、軸選びの時点でハズレ!

≪皐月賞≫G
1着:アルアイン〔テン3位〕≪G傾チポジ●≫【総タイム3位】
2着:ペルシアンナイト【馬指数2位】〔上り3位〕【総タイム2位】≪イケてる騎手≫≪LAP一致≫
3着:ダンビュライト≪G狭チポジ●≫

※私が会員さんに公開したのは◎ペルシアンナイトで、
桜花賞・皐月賞クラシック第一弾は今年もまず的中!
皐月賞の好走LAP計算式が今年も合っていたのが何より嬉しい♪
今年のスプリングSは「評価できない」という結論で、
昨年はLAPクリア馬が6頭いたのに今年は2走前の該当1頭だけで
その中でもっとも安定した瞬発力指数だったのがД撻襯轡▲鵐淵ぅ
馬連・複勝を持っていたものの5枠より外は絞込みで
ダンビュアルアインアダムの3頭しか残さなかったので
この3連複を当てれなかったのは悔しい。昨日掲示板で皆さんが
「高速馬場」と言ってたのにタイム指数2・3位の組み合わせを
なぜ選ばなかったのか(。>0<。)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2週連続でなんとかプラスで終れましたが、会心の当たりは1レースだけかな(笑)
これだけ格上馬が当たってるので、コロコロで活かせば良かった(。・ω・)
今週は特別戦の指数表が多過ぎて馬選びも頭が回らなかった( ̄□ ̄;)
来週は東京・京都にシフト!
平坦コースでタイム指数の出番です♪
G気呂△蠅泙擦鵑、来週もよろしくお願いしますm(^^)m

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

個人サイト:【馬券Aエースの≪超抜≫競馬】|馬指数・坂路調教・重賞攻略
http://relax-myodani.jp 馬券Aで〔検索〕も可

入会費のみで、何年でも毎週満載の情報を見て頂けます^^
データ・馬能力・LAPレベルの3方向から自分で【根拠】を探し出せる予想理論

[もっと見る]

ロンドンタウンの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ロンドンタウンの写真

ロンドンタウン

ロンドンタウンの厩舎情報 VIP

2017年4月15日アンタレスステークス G32着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ロンドンタウンの取材メモ VIP

2017年4月15日 アンタレスステークス G3 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。