ロンドンタウン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ロンドンタウン
ロンドンタウン
ロンドンタウン
写真一覧
現役 牡4 鹿毛 2013年4月22日生
調教師牧田和弥(栗東)
馬主薪浦 亨
生産者松浦牧場
生産地新冠町
戦績21戦[7-3-0-11]
総賞金11,185万円
収得賞金6,695万円
英字表記London Town
血統 カネヒキリ
血統 ][ 産駒 ]
フジキセキ
ライフアウトゼア
フェアリーバニヤン
血統 ][ 産駒 ]
Honour and Glory
キャタラクト
兄弟 シャンパンサーベルカゼノサファイア
前走 2017/12/03 チャンピオンズカップ G1
次走予定

ロンドンタウンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/12/03 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 164712.0715** 牡4 57.0 岩田康誠牧田和弥518(+3)1.51.9 1.837.8⑤④ゴールドドリーム
17/09/10 韓国 8 コリアカップ G1 ダ1800 11--------1** 牡4 57.0 岩田康誠牧田和弥515(--)1.50.7 -0.7----クリソライト
17/08/13 札幌 11 エルムS G3 ダ1700 142212.241** 牡4 57.0 岩田康誠牧田和弥510(-14)1.40.9 -0.135.6④④テイエムジンソク
17/05/20 京都 11 平安S G3 ダ1900 1661114.7512** 牡4 57.0 松山弘平牧田和弥524(+8)1.57.8 2.138.9⑥⑦⑦⑤グレイトパール
17/04/15 阪神 11 アンタレスS G3 ダ1800 162413.562** 牡4 57.0 川田将雅牧田和弥516(+2)1.50.2 0.336.4⑧⑦⑧⑧モルトベーネ
17/03/26 中山 11 マーチS G3 ダ1800 166125.834** 牡4 57.0 柴山雄一牧田和弥514(-2)1.52.3 0.338.7⑤⑤④⑤インカンテーション
17/02/07 佐賀 10 佐賀記念 G3 ダ2000 11--------1** 牡4 55.0 川田将雅牧田和弥516(--)2.06.7 -0.7----タムロミラクル
17/01/22 中京 11 東海S G2 ダ1800 1671337.887** 牡4 55.0 国分恭介牧田和弥516(+10)1.53.6 0.436.8⑩⑩⑪⑫グレンツェント
16/11/12 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 161267.9118** 牡3 55.0 松岡正海牧田和弥506(-6)1.34.8 1.035.9⑦⑤タガノトネール
16/10/02 中山 12 内房S 1600万下 ダ1800 16125.621** 牡3 53.0 川田将雅牧田和弥512(+2)1.51.8 -0.337.6⑧⑦⑨⑦センチュリオン
16/09/04 小倉 10 西日本スポ杯 1000万下 ダ1700 16591.811** 牡3 54.0 川田将雅牧田和弥510(-2)1.45.5 -0.837.6⑦⑦⑧④コスモピーコック
16/08/07 小倉 10 天草特別 1000万下 ダ1700 15586.932** 牡3 54.0 川田将雅牧田和弥512(+8)1.45.6 0.237.4⑩⑨⑧④ヒデノインペリアル
16/06/12 東京 9 小金井特別 1000万下 ダ1400 161217.356** 牡3 54.0 松岡正海牧田和弥504(+4)1.24.9 0.936.3⑩⑩エイシンバランサー
16/04/03 中山 10 伏竜S OP ダ1800 1581478.9128** 牡3 56.0 松岡正海牧田和弥500(-2)1.53.5 1.138.9⑧⑦⑦⑧ストロングバローズ
16/03/13 中京 10 昇竜S OP ダ1400 1561012.057** 牡3 56.0 勝浦正樹牧田和弥502(-2)1.25.0 0.637.2⑫⑫ダノンフェイス
16/02/06 東京 6 3歳500万下 ダ1400 162330.491** 牡3 56.0 松岡正海牧田和弥504(-4)1.25.6 -0.035.5⑬⑭ゼンノサーベイヤー
16/01/17 中京 10 はこべら賞 500万下 ダ1400 164814.975** 牡3 56.0 松若風馬牧田和弥508(-2)1.26.1 0.638.2ドライヴナイト
15/12/26 中山 6 2歳500万下 ダ1200 16362.825** 牡2 55.0 川須栄彦牧田和弥510(+4)1.13.4 1.038.1⑤⑤ビービーサレンダー
15/11/15 京都 2 2歳未勝利 ダ1200 15351.311** 牡2 55.0 C.ルメー牧田和弥506(-6)1.11.1 -0.535.7ゴールデンスランバ
15/10/24 京都 1 2歳未勝利 ダ1200 12676.432** 牡2 53△ 城戸義政牧田和弥512(0)1.12.7 0.136.8⑤⑤デピュティスカイ

⇒もっと見る


ロンドンタウンの関連ニュース

 12月29日(金)に大井競馬場で行われる東京大賞典のJRA所属の選定馬と補欠馬が11日、発表された。



 「第63回東京大賞典」(大井競馬場、国際GI、3歳以上オープン、定量、ダート・右2000メートル)



【JRA所属の選定馬】7頭アポロケンタッキー(牡5歳、栗東・山内研二厩舎、内田博幸騎手)インカンテーション(牡7歳、栗東・羽月友彦厩舎、三浦皇成騎手)ケイティブレイブ(牡4歳、栗東・目野哲也厩舎、福永祐一騎手)コパノリッキー(牡7歳、栗東・村山明厩舎、騎手未定)サウンドトゥルー(セン7歳、美浦・高木登厩舎、大野拓弥騎手)ミツバ(牡5歳、栗東・加用正厩舎、騎手未定)ロンドンタウン(牡4歳、栗東・牧田和弥厩舎、岩田康誠騎手)



【JRA所属の補欠馬】3頭(五十音順)1.アスカノロマン2.スリータイタン3.マイネルバサラ

【東京大賞典】JRA出走申込馬が発表2017年12月10日() 17:20

 12月29日(金)に大井競馬場で行われる東京大賞典のJRA所属の出走申込馬が10日、発表された。JRA所属の出走予定馬は12月11日(月)の特別区競馬組合主催の出走馬選定委員会にて発表される。

 「第63回東京大賞典」(大井競馬場、国際GI、3歳以上オープン、定量、ダート・右2000メートル)

【JRA所属の出走申込み馬】申込頭数10頭コパノリッキー(牡7歳、栗東・村山明厩舎、騎手未定)サウンドトゥルー(セン7歳、美浦・高木登厩舎、大野拓弥騎手)インカンテーション(牡7歳、栗東・羽月友彦厩舎、三浦皇成騎手)アポロケンタッキー(牡5歳、栗東・山内研二厩舎、内田博幸騎手)ケイティブレイブ(牡4歳、栗東・目野哲也厩舎、福永祐一騎手)ロンドンタウン(牡4歳、栗東・牧田和弥厩舎、岩田康誠騎手)ミツバ(牡5歳、栗東・加用正厩舎、騎手未定)マイネルバサラ(牡4歳、美浦・松山将樹厩舎、騎手未定)アスカノロマン(牡6歳、栗東・川村禎彦厩舎、騎手未定)スリータイタン(セン8歳、栗東・村山明厩舎、騎手未定)

[もっと見る]

【チャンピオン】テイエムジンソク1番人気も大混戦 2017年12月3日() 13:22

 3日の中京メインは、ダート路線の主役を決めるGI・チャンピオンズC(3日、GI、ダート1800メートル)。昨年の覇者・サウンドトゥルーや、GI実績豊富なケイティブレイブアウォーディーらを抑え、みやこSを制したテイエムジンソクが1番人気に支持されているも、単勝10倍以下に6頭がひしめく大混戦となっている。13:00時点の単勝オッズは以下の通り。



枠番−馬番 馬名       単勝オッズ1− 1 コパノリッキー    12.91− 2 ケイティブレイブ    6.72− 3 ミツバ        33.92− 4 ノンコノユメ      9.93− 5 メイショウスミトモ  94.53− 6 モルトベーネ     49.84− 7 ロンドンタウン    11.84− 8 グレンツェント    17.75− 9 ゴールドドリーム   11.55−10 キングズガード    23.16−11 アウォーディー     7.56−12 カフジテイク      9.47−13 テイエムジンソク    5.27−14 サウンドトゥルー    6.78−15 アポロケンタッキー  出走取消8−16 ローズプリンスダム  59.7



★チャンピオンズCの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【チャンピオン】最新ナマ情報2017年12月3日() 05:08

◆スピード戻った〔1〕コパノリッキー

 厩舎地区での運動を含めた軽めの調整で決戦に備えた。「前回、1200メートルを使ったことで調教時のスピードが戻っていますね。乗り方は田辺ジョッキーに任せます。スムーズなレースを」と村山調教師は期待を込めた。

◆目野師デキ自信〔2〕ケイティブレイブ

 坂路でしまいを伸ばす調整。4ハロン61秒4−13秒5のタイムで駆け抜けた。目野調教師は「最後の2ハロンを伸ばしてもいいと思っていた。順調だね。跳びが大きいから、もまれずにスムーズなレースを」と説明した。

◆理想は中団から〔3〕ミツバ

 CWコースでキャンター。リラックスしたムードだ。「いい感じでレースを迎えられそうです。ペースが流れてくれて、中団くらいから競馬をできれば」と千引助手は前崩れの展開をイメージする。

◆好枠から反撃だ〔4〕ノンコノユメ

 一昨年2着馬は午前11時3分に中京入り。「前走もそうだったけど、馬房内でうるさい面を見せているし、以前の活気が戻ってきた」と石井厩務員は“この馬らしさ”を歓迎する。「枠もいいところ。運も向いてきたのかな」と好ムードだ。

◆流れがはまれば〔5〕メイショウスミトモ

 DPコース1周の後、坂路で4ハロン65秒5と軽めの調整。南井助手は「変わりなくきています。力を出せる状態ですよ。展開次第ですね。流れがはまるようなら」と大駆けを期待する。

◆「秋一番の状態」〔6〕モルトベーネ

 坂路でラスト1ハロン15秒7。「この秋一番の状態。グングン良くなってきたよ。今回は枠順もいいし、ゲートをうまく出て、ロスなく運べるようならだね」と堀江厩務員は一変の走りを見込む。

◆力を込める陣営〔7〕ロンドンタウン

 CWでキャンター。普段と変わらない落ち着いた様子だ。古川厩務員は「変わらずにいい感じです。順調に調整をしてきました。相手は強いですが、先々が楽しみになる競馬を」と力を込めた。

◆ボウマンに託す〔8〕グレンツェント

 僚馬ノンコノユメとともに問題なく到着。「東海Sのときと同じく、他の馬と一緒で落ち着いている。力は出せると思う」と田邉厩務員は仕上がりに太鼓判を押す。「コースも距離もいい。あとは一流のジョッキーに任せるだけ」と期待を込めた。

◆「あとはゲート」〔9〕ゴールドドリーム

 坂路で4ハロン62秒7−15秒3をマーク。「当日輸送でどこまで体が減るかだけど、具合は本当にいいよ。あとはゲートだね。とにかく普通に出てくれれば」と木下厩務員は五分のスタートを願っている。

◆末脚勝負で一発〔10〕キングズガード

 坂路で15−15(ラスト1ハロン15秒8)。「道中は後方で“死んだふり”の競馬を。それでどれだけ前の馬をかわせるか。変わらずに状態はいいから」と内山助手は末脚勝負の構えを口にした。

◆松永幹師V意欲〔11〕アウォーディー

 CWでキャンター。軽めの調整で息を整えた。「今年は馬がフレッシュだし、枠順もいいからね。年齢(7歳)的にチャンスが少ないだろうから、今回は何とか勝ちたい」と松永幹調教師は意気込んだ。

◆決め手にかける〔12〕カフジテイク

 坂路で4ハロン62秒7−14秒5の最終調整。「追い切り後もここまでいい感じ。レースを使いながら良くなってきたね。この馬向きの流れになれば」と湯窪助手は自慢の決め手が生きる展開を望んでいた。

◆絶好の状態&枠〔13〕テイエムジンソク

 坂路でラスト1ハロン14秒4。ラストは軽く気合を乗せられた。「いい状態です。大丈夫。枠順も完璧ですし、この枠からなら、馬任せのレースでいいでしょうね」と武英技術調教師(木原厩舎で研修中)はうなずいた。

◆外からいざ戴冠〔15〕アポロケンタッキー

 坂路で軽めの調整(4ハロン73秒0)。大一番に向けて、気負いは見られない。「具合はいいよ。この枠((15)番)なら前走と違って包まれずに運べそう。リズムよく運べれば、結果はあとからついてくると思う」と富岡助手は期待に胸をふくらませた。

◆スタートが勝負〔16〕ローズプリンスダム

 唯一の3歳馬は午前10時46分に到着。午後に軽く引き運動をこなした。齊藤助手は「いつも通りの雰囲気。ただ、今回はあまりカイバを食べていなかったのがどうか」と懸念しつつも「中途半端な外枠よりは大外で良かった。スタートさえ無事に出れば」と期待する。





★チャンピオンズCの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【チャンピオン】最新ナマ情報2017年12月3日() 05:08

◆スピード戻った〔1〕コパノリッキー

 厩舎地区での運動を含めた軽めの調整で決戦に備えた。「前回、1200メートルを使ったことで調教時のスピードが戻っていますね。乗り方は田辺ジョッキーに任せます。スムーズなレースを」と村山調教師は期待を込めた。

◆目野師デキ自信〔2〕ケイティブレイブ

 坂路でしまいを伸ばす調整。4ハロン61秒4−13秒5のタイムで駆け抜けた。目野調教師は「最後の2ハロンを伸ばしてもいいと思っていた。順調だね。跳びが大きいから、もまれずにスムーズなレースを」と説明した。

◆理想は中団から〔3〕ミツバ

 CWコースでキャンター。リラックスしたムードだ。「いい感じでレースを迎えられそうです。ペースが流れてくれて、中団くらいから競馬をできれば」と千引助手は前崩れの展開をイメージする。

◆好枠から反撃だ〔4〕ノンコノユメ

 一昨年2着馬は午前11時3分に中京入り。「前走もそうだったけど、馬房内でうるさい面を見せているし、以前の活気が戻ってきた」と石井厩務員は“この馬らしさ”を歓迎する。「枠もいいところ。運も向いてきたのかな」と好ムードだ。

◆流れがはまれば〔5〕メイショウスミトモ

 DPコース1周の後、坂路で4ハロン65秒5と軽めの調整。南井助手は「変わりなくきています。力を出せる状態ですよ。展開次第ですね。流れがはまるようなら」と大駆けを期待する。

◆「秋一番の状態」〔6〕モルトベーネ

 坂路でラスト1ハロン15秒7。「この秋一番の状態。グングン良くなってきたよ。今回は枠順もいいし、ゲートをうまく出て、ロスなく運べるようならだね」と堀江厩務員は一変の走りを見込む。

◆力を込める陣営〔7〕ロンドンタウン

 CWでキャンター。普段と変わらない落ち着いた様子だ。古川厩務員は「変わらずにいい感じです。順調に調整をしてきました。相手は強いですが、先々が楽しみになる競馬を」と力を込めた。

◆ボウマンに託す〔8〕グレンツェント

 僚馬ノンコノユメとともに問題なく到着。「東海Sのときと同じく、他の馬と一緒で落ち着いている。力は出せると思う」と田邉厩務員は仕上がりに太鼓判を押す。「コースも距離もいい。あとは一流のジョッキーに任せるだけ」と期待を込めた。

◆「あとはゲート」〔9〕ゴールドドリーム

 坂路で4ハロン62秒7−15秒3をマーク。「当日輸送でどこまで体が減るかだけど、具合は本当にいいよ。あとはゲートだね。とにかく普通に出てくれれば」と木下厩務員は五分のスタートを願っている。

◆末脚勝負で一発〔10〕キングズガード

 坂路で15−15(ラスト1ハロン15秒8)。「道中は後方で“死んだふり”の競馬を。それでどれだけ前の馬をかわせるか。変わらずに状態はいいから」と内山助手は末脚勝負の構えを口にした。

◆松永幹師V意欲〔11〕アウォーディー

 CWでキャンター。軽めの調整で息を整えた。「今年は馬がフレッシュだし、枠順もいいからね。年齢(7歳)的にチャンスが少ないだろうから、今回は何とか勝ちたい」と松永幹調教師は意気込んだ。

◆決め手にかける〔12〕カフジテイク

 坂路で4ハロン62秒7−14秒5の最終調整。「追い切り後もここまでいい感じ。レースを使いながら良くなってきたね。この馬向きの流れになれば」と湯窪助手は自慢の決め手が生きる展開を望んでいた。

◆絶好の状態&枠〔13〕テイエムジンソク

 坂路でラスト1ハロン14秒4。ラストは軽く気合を乗せられた。「いい状態です。大丈夫。枠順も完璧ですし、この枠からなら、馬任せのレースでいいでしょうね」と武英技術調教師(木原厩舎で研修中)はうなずいた。

◆外からいざ戴冠〔15〕アポロケンタッキー

 坂路で軽めの調整(4ハロン73秒0)。大一番に向けて、気負いは見られない。「具合はいいよ。この枠((15)番)なら前走と違って包まれずに運べそう。リズムよく運べれば、結果はあとからついてくると思う」と富岡助手は期待に胸をふくらませた。

◆スタートが勝負〔16〕ローズプリンスダム

 唯一の3歳馬は午前10時46分に到着。午後に軽く引き運動をこなした。齊藤助手は「いつも通りの雰囲気。ただ、今回はあまりカイバを食べていなかったのがどうか」と懸念しつつも「中途半端な外枠よりは大外で良かった。スタートさえ無事に出れば」と期待する。

[もっと見る]

【チャンピオン】テイエムジンソクが1番人気/前日最終オッズ 2017年12月2日() 17:38

 日曜中京のメインレースは、群雄割拠のダート王決定戦・チャンピオンズC(3日、GI、ダート1800メートル)。昨年に続く連覇がかかるサウンドトゥルー、今年の帝王賞覇者・ケイティブレイブといったダートGIの常連が注目を集めるなか、前哨戦のみやこSを圧勝した勢いで初GI挑戦するテイエムジンソクがそれらを抑えて1番人気に支持されている。それでも、1番人気で単勝5倍台となっているように、かなりの混戦模様だ。



枠番−馬番 馬名       単勝オッズ

1− 1 コパノリッキー    12.9

1− 2 ケイティブレイブ    8.2

2− 3 ミツバ        32.2

2− 4 ノンコノユメ      9.5

3− 5 メイショウスミトモ  62.5

3− 6 モルトベーネ     42.8

4− 7 ロンドンタウン    11.2

4− 8 グレンツェント    18.9

5− 9 ゴールドドリーム    9.9

5−10 キングズガード    27.1

6−11 アウォーディー    10.0

6−12 カフジテイク      8.4

7−13 テイエムジンソク    5.3

7−14 サウンドトゥルー    7.2

8−15 アポロケンタッキー  25.0

8−16 ローズプリンスダム  62.1



★チャンピオンズCの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ロンドンタウンの関連コラム

閲覧 501ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、3(日)に中京競馬場でG1チャンピオンズカップが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1チャンピオンズカップは、アポロケンタッキーが当日に出走取り消しとなって15頭立てで発走時刻を迎えます。初G1挑戦のテイエムジンソクが単勝4.8倍で1番人気に推され、以下サウンドトゥルーケイティブレイブアウォーディーカフジテイクまでが単勝ひとケタ台。ノンコノユメロンドンタウンゴールドドリームコパノリッキーと、ここまでが単勝10倍台で続く混戦オッズを形成して全馬ゲートイン。
先手争いは最内枠を利してコパノリッキーが楽々制して1コーナーへ。2番手にはやや行きたがりながらテイエムジンソクが被せていき、ケイティブレイブモルトベーネがその直後。ロンドンタウンが掛かり気味に押し上げてこれに続き、グレンツェントアウォーディーローズプリンスダムメイショウスミトモカフジテイクゴールドドリームミツバサウンドトゥルーノンコノユメキングズガードとなって向こう正面に出ていきます。前半1000mを61.6秒(推定)の比較的ゆったりとしたペースで通過。依然マイペースで運ぶ先頭のコパノリッキーを目がけて、各馬が差を詰めにかかり徐々に馬群は凝縮していきます。
3〜4コーナーを通過して、内コパノリッキー、外テイエムジンソクの2頭横並びの態勢で、ケイティブレイブアウォーディーらも好位から徐々に進出を開始。2番人気サウンドトゥルーは最後方の馬群の中から進路を探す展開となって、直線の攻防を迎えます。
前を行く2頭の叩き合いはどちらも譲らず。食い下がるコパノリッキー、これを捉えんとテイエムジンソクの白熱のバトルが続きます。2番手グループのケイティブレイブアウォーディーあたりはこの2頭との差をなかなか詰められずのまま残り100mを通過していきます。ここで、鋭い伸び脚で迫ったのは8番人気に甘んじていたフェブラリーS覇者のゴールドドリームでした。鞍上R・ムーアの激しいアクションに応えるようにグイグイと伸びて、ゴール前で内の2頭をまとめて飲み込むとそのままクビ差差し切ってV!今年のJRAダートG1を連勝で飾っています。2着にはゴール直前でコパノリッキーを交わしたテイエムジンソクが入り、同じくクビ差の3着には9番人気のコパノリッキーが逃げ粘っています。
公認プロ予想家では、覆面ドクター・英プロ西野圭吾プロイータン育成プロ蒼馬久一郎プロほか、計8名が的中しています。
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
3(日)G1チャンピオンズカップを、◎サウンドトゥルーテイエムジンソクコパノリッキーの3連単1584.9倍含む的中で、計15万9780円の払戻しを記録。週末2日間トータルでは、回収率309%、収支19万460円プラスのトップ成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
2(土)阪神7Rの◎フリーフリッカー的中、3(日)中京1Rの◎クォーターバック的中、同阪神11Rでの◎サトノアリシア的中など、随所に◎高精度予想を披露。週末トータル回収率120%、収支10万590円プラスの大幅プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
3(日)阪神9Rでは◎ヒシコスマーからの3連単3265.6倍を含め、計35万9,460円払戻しのビッグヒットをマーク!週末トータルでは回収率114%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
2(土)の中京11Rで13万2,000円、3(日)中山2Rで12万6,200円、同阪神9Rで23万9,800円と3本のスマッシュヒットを披露!週末トータルでは回収率111%を達成しています。
 
 
 
この他にも、イータン育成プロ(116%)、河内一秀プロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年11月28日(火) 17:00 覆面ドクター・英
チャンピオンズC・2017
閲覧 2,269ビュー コメント 0 ナイス 13

JCは、調教軽かったキタサンの疲労と差し馬場を考慮して最終的に本命打ったシュヴァルグランの単勝を結構持っていて嬉しかったのですが、キタサンへの馬単もたっぷり持っていただけに、最後キタサンが3着に落ちてがっかり(レイデオロの通用はまだ先で有馬で買おうと消して大失敗)。WIN5も4レース目を1番人気コウエイエンブレム1点で通そうとして2番人気ニットウスバルに負けて2着と残念なWIN4止まり。あれで263万つくのなら2レース目のモズアスコットのところを1点にしての最初の欲かかないバージョンで直さないままで行けばよかったのですが(あまりにも人気だっただけに前詰まったりしないかと期待して欲かきすぎて)、なかなかうまくいかないものです。


さて今週はチャンピオンズカップ。前身がジャパンダートダービーのダートチャンピオン決定戦で、中京1800mでの4度目(その前の6回が阪神ダート1800m、更にその前が東京2100m)となります。この3つの競馬場の中で中京が最も差しにくいコースだとは思いますが、騎手もその意識からか前が激しくやり合い案外差しが決まったりという結果のここ2年でした。

それでは恒例の1週前全頭診断を。

アウォーディー:JBCクラシックはまだ1番人気になるんだなあと逆にちょっと意外(結果も4着)だった。昨年6連勝で迎えこのレース2着だった時とは勢いが違い、7歳秋。高齢までパワー優位のダートだとやれるものだが、スピード問われる条件だけに消しまでありか。

ノンコノユメ:去勢してから慌てて使い過ぎたのもあり不調が長かった。ようやく上向いてきた感があり本命を打った前走武蔵野Sでは、よく追い上げて4着だったがここは脚質的に向かず。(できれば使わないで)2月の東京2戦で期待。

カフジテイク:5歳秋で前走得意条件(2月のフェブラリーSで1番人気になったくらい)で5着とやや勢い無くなってきた感もあり。あとはあまりダート追い込み馬に合っていない福永騎手でなく、四位騎手あるいは小牧騎手あたりならヒモで期待できるが。

テイエムジンソククロフネ産駒の数少ないダート重賞勝ち馬(ダート勝ち数は多いが重賞勝ちほとんどない種牡馬)だが、強力な先行力ある上がり馬。G1だからと手の合う古川吉騎手を降ろさなければ好勝負必至。

キングズガード:乗り方ひとつで距離はもつタイプとみて1800mでも本命を打った前走のみやこSだったが勝負がついた頃に差してきて3着。C・デムーロ騎手あたりに乗り替わって、前で折り合わせられたら期待できるのだが馬主、厩舎的にもそれは無さそう。

コパノリッキー:JBCスプリントでも2着と予想通り短距離適性もあったが、この2年は1番人気7着、3番人気13着とここが期待できないために短距離を使ったのかもしれず惨敗もあるだろう。ただ、つかみどころのない馬で中間の調教が良さそうなら、香港馬がよく大レース前に短距離を使いやる気を引き出すように、更なるG1勝利上積みもあるか。

ゴールドドリーム:昨年のこのレースで2番人気12着と惨敗。2月のフェブラリーSは勝つも、以降さっぱりで、調教の動きは良いのだが、復活するとしてもここではないのでは。

ピオネロ:オープンに上がってからも強い相手にも2着や3着できるのだが弱い相手にも勝ち切れない馬で、6歳秋のここで激走するかといえば難しいのでは。

サンライズソア:3歳のサンライズ2騎の勝ち切れないが安定して上位に来るほうで、母がスペシャルウィーク×ビハインドザマスクの芝でも期待できそうな配合。頭はないまでもそれなりに好走期待できるのでは。

アスカノロマン:昨年のこのレースで3着と激走したが、以降一度も馬券圏内無く衰えてきたのだろう。

サウンドトゥルー:昨年の勝ち馬で、一昨年も3着と芝スタートでなければ左回りは歓迎で、JBCクラシックも勝って勢い保っておりセン馬だけに衰え少なく好走必至。

アポロケンタッキー:昨年はこのレースで5着した後に東京大賞典を巨漢馬得意な内田博騎手で勝ったが、薬物検出(ステロイド)があり、関節炎や喘鳴症などどこか問題あるのでは。もう薬物使用はできないだろうから、実力があるのはわかっているが安定した状態は作りにくいのでは。

ロンドンタウンエルムSではテイエムジンソクを退けたタイムが札幌1700mなのに1分40秒9(重馬場)というすごい時計で、勢いのままコリアCではクリソライトに勝って(韓国G1でも相手はG3レベルか)連勝中。じわじわ強くなるカネヒキリ産駒らしく、ここでもやれる力つけてきた。

グレンツェント:1月の東海S制覇までは破竹の勢いだったがそれ以降はネオユニヴァースらしい気難しさが前面に出てきたか、さっぱりのスランプに陥ってしまい、ここでいきなり復活するのは難しそう。

ケイティブレイブ:出遅れて差して帝王賞を勝ってしまったり、元々はハイペース逃げで好走したりの強引な競馬が合う馬で強引な騎手の方が合いそうだが・・。

ミツバ:かつては追い込み馬で、横山典騎手の大逃げでオープン勝ちしてからは再度差し競馬で7月には交流重賞マーキュリーCも勝った。2番人気だったシリウスSはひどく行きっぷりが悪く8着。期待されなかった前走JBCクラシックはやる気を見せて7番人気3着と、つかみどころ無い感じの馬だが基本後方からとなりやすいだけに初の中京はあまり向かなそう。

メイショウスミトモ:遅咲きの馬で6歳秋でシリウスSを11番人気で勝ってしまったが(ヒモで好走期待していたが5番人気の私の本命を差し切ってしまい、頭まで来ないでよ、という前走)、フロックでなく父ゴールドアリュールで母もダートのオープン馬ロングプライドを出している血統構成からも3着くらいにきてもおかしくない。

メイショウウタゲ:前々走のオープン特別のブラジルCは、プリサイスエンドという血統からか2100mだと人気にならず本命を打って6番人気(11.5倍)稼がせてもらったが、前走武蔵野S8着はそんなものかなあという結果で強敵相手に一発ある感じではない。

トップディーヴォ:8月の新潟(BSN賞)でオープン勝ちを果たしシリウスSでも4着と好走したが、▲打った前走シリウスSは、手綱が外れて放馬という、タイヤ外れるルパン三世なみのびっくり除外(笑)。力つけてきているのだがあまり買いたくない経過。

サンライズノヴァユニコーンSは4馬身突き抜けるも1番人気のJDDでは6着と期待を裏切り、秋の始動戦のグリーンCCは古馬相手にきっちり勝つも武蔵野Sは1番人気で12着とムラ馬な感じ。地力はあり後方からズドンと激走あるのかもしれないが、買わない。

モルトベーネ:2月にアルデバランS(オープン特別)、4月にアンタレスS(G3)勝ち。父ディープスカイに初重賞をもたらしたが、この2戦ダメで期待薄。

スリータイタン:8歳にして準オープン勝ちでオープン入りしたものの、ここはスピードも問われ厳しい。

ローズプリンスダム:11番人気でレパードS勝ちした3歳馬だが、秋の始動戦のみやこSで出遅れて7番人気7着とそれなりの結果で、あまり買い要素無し。


<まとめ>
有力:テイエムジンソクサウンドトゥルー

[もっと見る]

2017年8月16日(水) 15:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(8/12〜8/13)サウスプロがビッグHIT3発で収支58万プラスをマーク!
閲覧 439ビュー コメント 0 ナイス 6

先週は、13(日)に札幌競馬場でG3エルムSが、新潟競馬場でG3関屋記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3エルムSは、3連勝で重賞初挑戦となったテイエムジンソクが単勝1.5倍と断然の人気を集めてスタートの時を迎えます。先手争いは、そのテイエムジンソクの隣から好発を決めてドリームキラリが制しハナへ。2番手にテイエムジンソクを従えて、その他の人気どころではモンドクラッセロンドンタウンは好位、ピオネロは後方からとなって、1〜2コーナーを通過。降雨により高速化した馬場のなか、やはり平均的に速いラップを刻んだ馬群は隊列に大きな変化のないまま3コーナーへ。前を行くドリームキラリテイエムジンソクの2頭はそのままの態勢、好位勢からはロンドンタウンリッカルドが前の2頭との差を詰めに掛かります。迎えた直線、終始手応え万全に映ったテイエムジンソクは内ラチ沿いを逃げ粘るドリームキラリをなかなか捕まえられずよもやの苦戦状況。残り100mを切ってもその差は1馬身ほどで縮まらず、逆に後方からはロンドンタウンに詰め寄られる格好となります。結局、外からまとめて差し切った4番人気ロンドンタウンが1分40秒9という超高速決着を制し、JRA重賞初勝利を飾っています。1/2馬身差の際どい2着争いはハナ差制したテイエムジンソクが入り、3着に8番人気ドリームキラリが入っています。 
公認プロ予想家ではジ ョ アプロきいいろプロKOMプロ霧プロ山崎エリカプロマカロニスタンダーズプロスガダイプロ西野圭吾プロら8名が的中しています。
 
G3関屋記念は、ポンと出たマルターズアポジーが単独先頭に立ち、同じく好発を決めたダノンリバティが2番手を窺うと、外からウインガニオンが積極的に出していきこれを奪い単独2番手を確保。人気馬では1番人気メートルダール、3番人気ブラックムーンは後方、2番人気ロードクエストは中団からとなって、やや縦長の馬群は3コーナーを通過していきます。直線を向いても手応え十分のマルターズアポジーウインガニオンの2頭に対して、後方勢からは目立った伸びを見せる馬はみられず。好位グループからダノンリバティヤングマンパワー、中団からロードクエストダノンプラチナあたりが追撃を開始しますが、前との差を逆転するには至らずのまま直線半ばを通過。結局、7番人気マルターズアポジーが快逃Vで重賞3勝目を挙げ、そこから1馬身1/4差に4番人気ウインガニオンが2番手からの粘り込み2着となりレースは前々での決着となりました。さらにクビ差の3着には好位から内々を渋太く伸びた5番人気ダノンリバティが入っています。
公認プロ予想家では、dream1002プロくりーくプロの2名が的中しています。
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
12(土)札幌7Rで◎フィルムフランセ(単勝27.6倍)からの馬連2点勝負を敢行し、▲◎的中!払戻しは41万500円のビッグヒットとなりました。さらに同日小倉12Rでは○◎△3連複的中、20万7240円払戻しと絶好調。13(日)には小倉4Rで馬連○◎1点的中、32万7000円払戻しのダメ押しの一撃を披露し土日プラスを達成。週末トータル回収率181%、収支58万3590円プラスをマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →dream1002プロ
13(日)G3関屋記念で、3連単1317.1倍を△◎☆的中!土日トータルでは、回収率205%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
13(日)は小倉10Rの◎ノボリクリーン小倉11Rの◎マサハヤドリーム新潟12Rの◎プリティマックスなど、単勝1点予想で連続的中!土日トータル回収率は176%を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
12(土)は、新馬戦など的中率100%で安定感を見せると、迎えた勝負予想レース小倉9Rでは、『ダートのデビュー戦はスピードのある競馬でゴール前もうひと伸びする強い内容。調教内容は前走以上でさらに状態の上積みに期待できる。芝でもスピードと切れのある競馬を。』と評した◎ゴールドクイーン(単勝22.7倍)をズバリ!馬単254.3倍含め、単勝・複勝・ワイドを仕留めました。13(日)も関屋記念を◎ダノンリバティからしっかりゲットするなどの活躍を見せた先週は、週末トータル回収率150%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →ろいすプロ
12(土)札幌1Rで▲サージュミノルハヤブサレジェンドワンダーツーの3連複(113.9倍)的中、13(日)小倉2Rで◎△△3連複的中、札幌8Rで3連複&ワイド的中(◎カンバンムスメ)などを筆頭に、随所に好調予想を散りばめ土日ともにプラス収支を達成。トータル回収率136%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
12(土)は札幌1Rの馬連&3連複的中で好スタートを決めると、札幌8R新潟9Rなどの的中を披露し、この日回収率135%を達成。続く13(日)も、勝負予想のG3エルムSを含め、札幌8Rなどで的中をマークし回収率123%を記録。7/29(土)以来続いている開催日連続プラス収支を“6”に伸ばし、週末のトータル回収率128%を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
12(土)小倉9Rで◎ゴールドクイーンの単勝1点1万円勝負で的中し22万7000円を払戻し!13(日)の勝負予想レースG3エルムSでも◎○馬連1点的中&単勝的中を披露するなどの活躍を見せました。
 
 
この他にも、ジ ョ アプロエース1号プロエース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ山崎エリカプロ【U指数】馬単マスタープロおかべプロ霧プロらが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年5月20日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第273回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜平安ステークス G3
閲覧 956ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!

本日は京都11R「平安ステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。

重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。

重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、グレイトパールから1.0ポイント差(約1馬身差)内のクリノスターオーまで2頭。
第2グループ(黄)は、ロワジャルダンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のアスカノロマンピオネロまで3頭。
第3グループ(薄黄)はラストインパクトから同差内のタガノエスプレッソグレンツェントロンドンタウンマイネルバイカクリソライトマイネルクロップまで7頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、上位勢では第2G→第3G間の0.9ポイント差が目立つくらいで、全般的に大きな差の生じない配置となっています。ただし、ダート重賞の場合、近走にU指数が算出されない交流重賞を使っている馬には注意が必要です。特に直近のパフォーマンスが交流重賞でその部分が“目隠し”となっているような馬は鵜呑みにすると危険かもしれません(これだけの混戦模様ですから余計に)。

そんななか今回の私の本命は◎リーゼントロックとしました。前走アンタレスSは瞬発力勝負だと苦しいこの馬にとっては不向きな上がりを求められる展開となりながら、最後まで2着争いを演じての4着。今回先行勢には厳しいハイペースとなりそうなメンバー構成ではありますが、上がりが掛かるならその点についてはプラスに働きそうです。むしろ、前は厳しいと映ることでなんとかまだ妙味を維持してくれそうな点は、個人的には追い風と捉えています。前回の健闘で前回ほど穴馬とはなってくれないだろうと当初軽視する方向で考えていましたが、思い直しての本命視。凄馬出馬表評価は下位ですが、もともと大きな差のないメンバー構成ですし、引き続き状態は良さそうなので前走以上を期待したいと思います(できれば、人気は前走以下でお願いしたいところですが果たして......)。
以下、前走は上がり36秒台のレースに対応してみせたが本来6〜8走前のようなタフなレースのほうが向きそうな○ロンドンタウン、ここまで間隔が空いたのは初めてでも休み明け好走実績がありこの条件なら相手で十分狙える▲クリノスターオー、勝ち切った6走前から持久戦になったほうが良さそうな☆ピオネロを上位評価。
そして今回の私の馬券は、恐らく◎の単複勝負になると思いますが、当コラムでは◎から○▲☆への3複勝負としたいと思います。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印

8=5,6,11=4,5,6,7,9,11,14,15,16(21点)

[もっと見る]

2017年4月18日(火) 19:11 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』4/15〜4/16の結果(皐月賞・アンタレスステークス)
閲覧 877ビュー コメント 0 ナイス 2

4月16日(日)に行われました中山11Rの「皐月賞G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【2位】△アルアイン(22.4倍)
2着:総合ポイント【4位】◯ペルシアンナイト(8.1倍)
3着:総合ポイント【5位】ダンビュライト(56.1倍)

第2グループ・総合ポイント2位のアルアインが1着、第2グループ・総合ポイント4位のペルシアンナイトが2着、第2グループ・総合ポイント5位のダンビュライトが3着という結果でした。

期待した◎ファンディーナは見せ場はありましたが、完敗の内容。対抗のペルシアンナイトアルアインが頑張ってくれたので悔しさもありますが、力量を見誤りました(+_+)
凄馬出馬表的には人気薄のアルアインが2位評価!2位→4位→5位の上位決着でかなりの高配当となりました!(^^)!

【3連単フォーメーション】
8

2,7,11

2,4,5,6,7,9,11

8

2,4,5,6,7,9,11

2,7,11

計36点 払い戻し0円


続いて4月15日(土)に行われました阪神11Rの「アンタレスステークスG3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【12位】△モルトベーネ(7.3倍)
2着:総合ポイント【6位】△ロンドンタウン(13.5倍)
3着:総合ポイント【2位】ロワジャルダン(29.4倍)

第3グループ・総合ポイント12位のモルトベーネが1着、第3グループ・総合ポイント6位のロンドンタウンが2着、第1グループ・総合ポイント2位のロワジャルダンが3着という結果でした。

こちらは、凄馬出馬表的にはロワジャルダンから入るのが正解でしたか......。もう少し流れて、この馬に向く展開にはならないと思って消してしまい完敗でした。逆に◎アスカノロマンにとっては、少し緩んで上りが速くなりすぎたことが敗因となってしまった印象。もう少し上りの掛かる展開、馬場で見直したいと思います。
馬券の方ほうは先週ちょっと調子が上がってくる兆しがあるかと思ったのも束の間、また今週は連敗(T_T)。連勝が短く、連敗が長くだと長いスパンで厳しくなること必至なので、なんとか早めに断ち切っていきたいところです。

【3連複フォーメーション】
◎○▲=◎○▲=印
3,8,13=3,8,13=3,4,6,7,8,10,12,13,14(19点)払い戻し0円

[もっと見る]

2017年4月15日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第263回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜アンタレスステークス G3
閲覧 854ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「アンタレスステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、モンドクラッセから1.0ポイント差(約1馬身差)内のロワジャルダンアスカノロマンまで3頭。
第2グループ(黄)は、グレンツェントから1.0ポイント差(約1馬身差)内のタガノエスプレッソまで2頭。
第3グループ(薄黄)はロンドンタウンから同差内のメイショウスミトモミツバマイネルクロップピットボスマイネルバイカモルトベーネまで7頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、上位には開きがほとんど生じない団子状態。第3G→第4G間に1.4ポイント差がありますが、それすら他の重賞と比べると小さな溝の印象でどこからでも入れそうな状況となっています。

そんな中、今回の私の本命は◎アスカノロマンに期待しました。前走から斤量1キロ減と乗り慣れた鞍上に戻って真価が問われる一戦。コース・展開的にも不利になるとは考えにくいですし、凄馬出馬表評価上位勢ではもっとも信頼できる存在とみて本命視。
○はミツバ。舞台適性という意味ではこちらも上位の存在。昨秋のシリウスステークスはこの馬には時計が速過ぎた印象で、しかも前々決着となる中で中身のある4着という内容。当時よりも脚質自在キャラに生まれ変わって迎えるJRA重賞再挑戦の今回、さらなる前進を期待したいと思っています。
▲にメイショウスミトモ。いずれも中山1800ではあるものの前走、7走前あたりの内容を評価しました。想定通りの淀みない流れなら、こちらも好相性の舞台で一発を期待できそうです。
☆にグレンツェント。能力の高さは認めますが、前走東海ステークスVは55キロでスローからの瞬発戦。斤量増もさることながら、今回求められる質も変わってきそうなペース面からも一枚割引きました。ただ、2走前に締まったペースで上り掛かる展開でも実績があるのがニクイところ。斤量が嫌われれば妙味も出てきそうで、そういった意味では今回狙い目も。
そして今回の私の馬券は、◎○▲=◎○▲からの3複で勝負とします。


【3連複フォーメーション】
◎○▲=◎○▲=印
3,8,13=3,8,13=3,4,6,7,8,10,12,13,14(19点)

[もっと見る]

⇒もっと見る

ロンドンタウンの口コミ


口コミ一覧
閲覧 112ビュー コメント 0 ナイス 4

こじはる(小嶋陽菜) 競馬予想2017 3連単5頭ボックスまとめ/最新予想はチャンピオンズC─ 2017/12/03 16:00 http://keiba51.blog.fc2.com/blog-entry-511.html

競馬ファンの間ではすっかりお馴染みの元AKB48のこじはる(小嶋陽菜)による競馬予想。
毎週『うまズキッ!』の番組内で発表される3連単5頭ボックス予想を楽しみにしている人も多いでしょう。

ただ、その『うまズキッ!』が2016年いっぱいで打ち切り。
2017年1月8日から新しい競馬番組『馬好王国〜UmazuKingdom〜』がスタートしました。

こじはるは新番組に引き続きMCとして出演。
2017年は『馬好王国〜UmazuKingdom〜』の中で3連単5頭BOX予想が披露されています。

こじはるの3連単5頭ボックス予想、今年はここまでどんな成績なのでしょうか。

こじはるの3連単5頭ボックスの昨年2016年の最終成績は50戦11勝。
安田記念の15万馬券的中などもあり昨年も年間プラス収支で一年を終えました。

2016年の馬券成績は最終的に的中率が22%、収支が+41,410円でした。
※凱旋門賞の結果を含めた収支

※昨年2016年の3連単5頭BOX予想とその結果についてはこちらにまとめています。

今年は3年連続のプラス収支を狙うこじはる。
ここまでの3連単5頭ボックスの成績は以下のようになっています。

2017年の成績は『チャンピオンズC』を終えて48戦6勝。
※凱旋門賞を含む

ジャパンカップで今年の秋のGI初勝利をあげるも先週のチャンピオンズCはハズレ。
今年7勝目はなりませんでした。

今年の成績はここまで勝率12.5%、収支は-140,920円となっています。
気になる次回の3連単5頭ボックス予想は『阪神JF』の予定です。


◆こじはる(小嶋陽菜)、2017年競馬予想&結果!

≪チャンピオンズカップ(GI)≫ ハズレ( ̄x ̄)乂ブーッ! ×(゚ω゚ )夕"乂夕"
◇◎ 13.テイエムジンソク

◆3連単5頭ボックス
2.ケイティブレイブ
7.ロンドンタウン
10.キングズガード
12.カフジテイク
13.テイエムジンソク

◆レース結果
1着 9.ゴールドドリーム
2着 13.テイエムジンソク
3着 1.コパノリッキー

◆払戻金
3連単:9-13-1 158,490円 616番人気

 ちびざる 2017年12月3日() 15:25
【G機曠船礇鵐團ンズカップの予想
閲覧 65ビュー コメント 0 ナイス 0

◎:テイエムジンソク
〇:サウンドトゥルー
▲:アウォーディー
×:カフジテイク
×:ぅ離鵐灰離罐
×:Д蹈鵐疋鵐織Ε
×:.灰僖離螢奪ー

【買い目】
馬連フォーメーション
→きЛ


個人的にテイエムジンソクの走りに注目しています。
これまでの強さが本物なのかどうか確認したいですね。
このメンバーで勝てば、新ダート王が誕生といってもいいと思います。
楽しみにしてみたいですね。

[もっと見る]

 藤沢雄二 2017年12月3日() 13:58
12月3日のWIN5予想
閲覧 48ビュー コメント 0 ナイス 6

昨夜は諸事情により徹夜しましたw
別に全く大変なことはないのですけどとにかく眠い。
そんな眠気が吹き飛ぶような当たりが欲しいものです。

【中京10R 鳥羽特別】ゥョウワゼノビア .薀戰鵐澄璽凜.譽 クードラパン
【阪神10R 姫路特別】ウォーターマーズ ワイルドカード
【中山11R ラピスラズリS】エイシンブルズアイ ゥ淵奪ビーナス
【中京11R チャンピオンズC】サウンドトゥルー ▲吋ぅ謄ブレイブ Д蹈鵐疋鵐織Ε
【阪神11R 逆瀬川S】ポルトドートウィユ
3×2×2×3×1=36

先週の結果を見てみると1番人気は1勝のみ。
まあWIN5対象の5レースの中で全て3着以内にはなっているから、通常の馬券からは外しにくいわけですが、ことWIN5に関してはどれだけ1番人気をポチらないかがテーマになりそうです。

鳥羽特別の初手は連闘にして権利持ち+現級勝ちのゥョウワゼノビア。続いては藤原英厩舎の権利のない方の.薀戰鵐澄璽凜.譽ぁ△修靴童週蘊,舛里△覘クードラパンを。

姫路特別は、一応、人気のワイルドカードを押さえておくけど、2戦2勝でミルコという事でちょっと被りすぎな気も。
ここは500万下勝ち以来4走ぶりに酒井学に手綱が戻るウォーターマーズに期待。
大穴を狙うならランドハイパワーが8月の札幌での500万下勝ちがなかなかのメンツだったので面白そうだけど4kg貰いの53kgじゃ足りないかも。PATの残高が増えたら買うかもしれない。

ラピスラズリSも一見、ゥ淵奪ビーナスで堅そうだけど、唯一の58kgのエイシンブルズアイが重賞勝ちのある中山1200で一発があってもいいと思う。

チャンピオンズCはきっと激流になると見て初手はサウンドトゥルー。そしてスタミナ寄りの▲吋ぅ謄ブレイブにД蹈鵐疋鵐織Ε鵑髻

逆瀬川Sは、こここそポルトドートウィユで堅いだろう。でも1番人気のわりにはそこまで被っていないから、配当もソコソコ見込める。

この布陣なら1番人気が3勝しても(阪神10R・中山11R・阪神11R)中京で1番人気を買ってないからいいところじゃなかろうか。
楽しみにしてみます。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ロンドンタウンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ロンドンタウンの写真

ロンドンタウン
ロンドンタウン
ロンドンタウン

ロンドンタウンの厩舎情報 VIP

2017年12月3日チャンピオンズカップ G115着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ロンドンタウンの取材メモ VIP

2017年12月3日 チャンピオンズカップ G1 15着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。