ニシノトランザム(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ニシノトランザム
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2015年3月24日生
調教師森秀行(栗東)
馬主西山 茂行
生産者Teneri Farm Inc. & Bernardo Alvarez Calderon
生産地
戦績10戦[1-1-2-6]
総賞金1,110万円
収得賞金400万円
英字表記Nishino Trans Am
血統 Orb
血統 ][ 産駒 ]
Malibu Moon
Lady Liberty
Glorious Success
血統 ][ 産駒 ]
Successful Appeal
Ring of Music
兄弟
前走 2018/03/18 3歳500万下
次走予定

ニシノトランザムの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/03/18 阪神 6 3歳500万下 ダ1800 1471219.469** 牡3 56.0 武豊森秀行470(-10)1.54.6 2.139.1⑧⑥④④テーオーエナジー
18/02/18 東京 9 ヒヤシンスS OP ダ1600 16714119.91311** 牡3 56.0 F.ミナリ森秀行480(0)1.40.2 1.737.4⑮⑬スマハマ
18/01/27 京都 4 3歳500万下 ダ1800 98912.643** 牡3 56.0 武豊森秀行480(0)1.55.5 0.538.9アスクハードスパン
18/01/13 京都 3 3歳未勝利 ダ1400 16124.231** 牡3 56.0 武豊森秀行480(0)1.27.8 -0.238.5⑤⑤メイショウバイタル
17/12/28 阪神 2 2歳未勝利 ダ1400 161114.353** 牡2 55.0 松山弘平森秀行480(-6)1.26.1 0.037.0⑩⑨ブルベアブロッコリ
17/12/10 中山 4 2歳未勝利 ダ1800 14456.332** 牡2 55.0 V.シュミ森秀行486(+8)1.58.6 0.239.3④⑤レンジストライク
17/10/01 阪神 1 2歳未勝利 ダ1800 13567.035** 牡2 54.0 菱田裕二森秀行478(+2)1.56.6 1.439.5⑬⑫⑪⑦オノリス
17/09/17 中山 2 2歳未勝利 芝1600 165103.616** 牡2 54.0 戸崎圭太森秀行476(+6)1.36.9 0.335.5⑪⑩⑪メルムサール
17/08/26 新潟 1 2歳未勝利 芝1800 1271018.065** 牡2 54.0 三浦皇成森秀行470(+2)1.49.8 0.835.4⑨⑩スターフィールド
17/07/08 中京 5 2歳新馬 芝1600 8449.647** 牡2 51▲ 川又賢治森秀行468(--)1.38.8 1.235.1⑤⑦⑦ミッキーマインド

ニシノトランザムの関連ニュース

【報知杯弥生賞】特別登録馬

2018年2月25日() 17:30

【ドバイワールドカップデー諸競走】レイデオロなど登録馬89頭一覧 2018年2月1日(木) 12:02

 JRAは1月31日、3月31日にUAE・ドバイのメイダン競馬場で行われるドバイ国際諸競走(8競走)に登録した日本馬89頭を発表した。



 Mはゴドルフィンマイル(GII、ダ1600メートル)=23頭、Gはドバイゴールドカップ(GII、芝3200メートル)=4頭、UはUAEダービー(3歳GII、ダ1900メートル)=25頭、Aはアルクオーツスプリント(GI、芝1200メートル)=14頭、Sはドバイゴールデンシャヒーン(GI、ダ1200メートル)=22頭、Tはドバイターフ(GI、芝1800メートル)=16頭、Cはドバイシーマクラシック(GI、芝2410メートル)=14頭、Wはドバイワールドカップ(GI、ダ2000メートル)=10頭。

 重複登録の(1)は第1希望、(2)は第2希望、(3)は第3希望。数字がない馬は希望順なし。

 アウォーディー(W)、アキトクレッセント(M)、アディラート((1)S(2)M)、アドマイヤリード(T)、アポロケンタッキー((1)W(2)M)、アングライフェン((1)W(2)M)、イダペガサス(U)、ヴィブロス(T)、エクレアハンター(U)、エピックアン(U)、エポワス(A)、オールブラッシュ(MW)、カデナ(T)、カフジテイク((1)M(2)W)、カミノコ((1)U(2)S)、カレンガリアード(U)、キセキ((1)C(2)T)、キタサンサジン(S)、キャプテンシップ((1)M(2)S)、グレイトチャーター(A)、クレヴァーパッチ((1)U(2)S)、グレートタイム(U)、クロコスミア((1)T(2)C)、ゴールドドリーム(W)、コパノキッキング(U)、サクラアリュール(U)、サトノクラウン((1)C(2)T)、サトノプライド(U)、シャケトラ(C)、ジャスパーウィン((1)U(2)S(3)A)、ジャスパープリンス((1)A(2)S(3)U)、シュヴァルグラン(C)、シュウジ(A)、ジューヌエコール(S)、ジュンパッション(U)、ステファノス(T)、セセリ((1)M(2)G)、セダブリランテス(T)、ダークリパルサー(U)、タイキフェルヴール(U)、ダイシンクワトロ((1)U(2)S)、タイセイエクレール((1)M(2)S)、タイセイスターリー(AS)、ダイメイフジ(A)、ダイメイプリンセス(A)、タスクフォース(W)、ディアドラ((1)T(2)C)、ディオスコリダー(S)、トウシンモンステラ(G)、トーセンバジル(C)、ドリームキラリ(M)、ドンフォルティス(U)、ニシケンモノノフ(S)、ニシノトランザム((1)U(2)S)、ネオリアリズム(T)、ネロ((1)S(2)A)、ノンコノユメ((1)W(2)M)、バーンフライ(U)、ハナズレジェンド(MT)、ビップライブリー(A)、ヒデノインペリアル(M)、フィールシュパース(U)、フェイムゲーム(GC)、ブラックオニキス((1)C(2)T)、ベルガド(A)、ホウオウドリーム(GC)、マテラスカイ((1)S(2)M)、ミスターメロディ((1)U(2)S)、メイショウイサナ(U)、メイショウオーパス(U)、メイプルブラザー((1)M(2)W)、メープル(S)、モズアスコット(MT)、モズカッチャン(TC)、モズノーブルギフト(U)、モンドインテロ(C)、ヨシオ((1)M(2)S)、ラバニーユ((1)M(2)S)、ラブカンプー(A)、リアルスティール(T)、リーゼントロック(M)、リスグラシュー(TC)、ルッジェーロ(U)、レイデオロ(C)、レヴァンテライオン(AS)、レッツゴードンキ((1)A(2)M(3)S)、ローズプリンスダム(M)、ロンドンタウン((1)M(2)W)、ワンミリオンス(M)

[もっと見る]

ニシノトランザムの関連コラム

閲覧 1,456ビュー コメント 0 ナイス 11



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


チューリップ賞】

ウインラナキラ(D)
調教内容はDP、芝が中心と、栗東の馬で坂路、CWでやらないからには何か訳がありそう。この中間も特に乗り込み量が多い訳ではなく、これと言って強調する材料はない。

カレンシリエージョ(A)
前走が休み明けのレースで、乗り込んではいたもののCWでの併せ馬が中心で、レース感覚を戻すことと太めにならないようにすることが目的のような調教内容。この中間は坂路中心で乗り込み量も多く、時計も優秀だった。1週前には坂路で一杯に追われて好時計と、変わり身が十分ありそうな感じ。

クリノフラッシュ(D)
11月から月1走ペースで使われてきて、前走が未勝利勝ち。調教時計は良くなってきていたが、小柄な馬で使い詰めになるので今回はあまり強く追えないと思われる。そうなると上積みまではどうか。

サヤカチャン(E)
休みなく使われている馬で、前走時から調教がBコースに変更されている。1週前には長めから一杯に追われているが特に目立つ感じではない。

サラキア(C)
前走がデビュー勝ち。最終追い切りではCWを長めから併せて好時計で先着と好内容だった。この中間は2週前に坂路、1週前はCWで馬なりと軽めの調整内容。走りを見るとまだ非力な感じがあるため、素質はありそうだが本格化は筋肉がついて力強い走りができるようになってからか。

シグナライズ(B)
休み明けの前走時もしっかり乗り込まれていたが、この中間は距離がマイルになることを意識してかCWでの追い切りが多い。時計も悪くなく引き続き調子は良さそう。

スカーレットカラー(C)
CWを中心に乗られている馬。前走時から同じCWでも長めから乗られるようになり、本番に向けて調子を上げていくような内容。今回から岩田騎手に乗り替わるようだが、調整過程は変わらずこの中間も2週前、1週前と長めから併せ馬で追わている。賞金的に本番にも出走できそうで、まだ時計は物足りないが、ここを叩いて桜花賞でピークに持っていくというシナリオか。

ダンサール(D)
2000mの新馬勝ちから中1週となり、今回出走してくるとしても上積みまで持っていくには厳しそう。

マウレア(B)
ここ2戦はレース結果とは関係なく、調教内容で良いとは思わなかったが、前走を使われての1週前追い切りは良い内容だった。上積みが期待出来そう。

ラッキーライラック(C)
2週前、1週前と強めに追われて好時計は出ている。ただ、1週前追い切りの動きを見ると、まだ力強さがなく仕上がり途上といった印象。

リリーノーブル(A)
間隔が詰まっていた前走時と比べても今回は余裕があり、乗り込み量も入念で、先週の坂路での動きも文句なし。

レッドランディーニ(E)
坂路を中心に乗られている馬で、前走時からは1週前にCWで長めから追われている。ただ特に大きく良くなったという感じはなく、上積みはどうか。


報知杯弥生賞

アサクサスポット(D)
前走は入念に乗り込まれてのデビュー勝ち。この中間は2週前、1週前追い切りともに特に良くなっている印象を受けずで、前走以上まではどうか。

アラウン(E)
連闘になるが、この厩舎にしたら時計も平凡で良くなる感じはない。

オブセッション(B)
休み明けだが、坂路、南Wと週2本は速い時計を出していて順調な乗り込み。1週前追い切りの動きを見ても、併せ馬で抜かれることはなさそうな手応えで好仕上り。

サンリヴァル(A)
休み明けも坂路で入念な乗り込み。1週前にはジョッキー騎乗で一杯に追われていて、動きも良く好状態で出走できそう。

ジャンダルム(C)
この中間もCWを長めから乗り込まれてきて、1週前追い切りでは3頭併せの中に併せてサトノダイヤモンドサトノノブレスに先着。ただ走りは硬く力強さもなく、まだ物足りない動きに見えた。

ダノンプレミアム(A)
休み明けでこの後に目標のレースが控えているため、一杯に追われることなく馬なりでの調整。1週前追い切りでは押さえきれないくらい良い手応えで、馬の走りは抜群に良く、状態も良さそう。

トラストケンシン(D)
前走が4戦目での未勝利勝ち。使い詰めできており、この中間は強く追われることなく状態を維持する感じの内容で、一気に相手が強くなる今回は厳しそう。

ニシノトランザム(F)
前走後時計を出しておらず、出走しても好走はない。

ヘヴィータンク(F)
未出走馬。乗り込まれてはいるが目立つ時計も出ていない。出走しても好走する要因が見つからない。

リビーリング(C)
今回が3戦目で、適度に間隔も空いていてローテーション的には良さそう。ただ調教の時計はまだ物足りず、1週前追い切りでもやや行きたがる感じもあり、状態的には平行線といったところか。

ワグネリアン(A)
ゆったりとした間隔で使われている馬で、今回も2月初めからここを目標に乗り込まれて2週前、1週前と併せ馬で一杯に追われている。3ヵ月空いていることと、相手が一気に強くなることもあるだろうが、これだけしっかり乗り込まれていることはこの先の大目標に向けて戦い抜いていく(勝っていく)ためには重要で好感。休み明けから良い仕上がりで出走できそう。



今回はチューリップ賞&報知杯弥生賞編でした。
今年はG1レース以外にもコラムを書く予定でいましたが、いきなりこれだけのメンバーが2つのレースに出走してきてくれて、まるでG1レースの調教チェックをしているようでした。特に弥生賞は過去最高と言っても良いくらいの出走馬のレベルの高さなので、どの馬がどんなレースをするのか、非常に注目しています。今回の結果が皐月賞、ダービーに確実に繋がっていくと思うので、まずはどの馬も無事にここを使って本番に臨んでもらいたいものです。
最後に、改めて昨年の12月31日に笠松競馬場で開催した第2回ウマニティ杯くりーく賞では、プロ・アマ関係なくたくさんの皆さまに予想を通じてご参加頂きありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。(前回のコラムにレース後の記念写真を公開しました。写真に写っているサイン入り記念ゼッケンは、何かの企画の際にでもウマニティユーザーにプレゼントする予定です。お楽しみに!)

それでは、また次回阪神大賞典スプリングS編(予定)でお会いしましょう。


チューリップ賞、報知杯弥生賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。

※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

ニシノトランザムの口コミ


口コミ一覧
閲覧 60ビュー コメント 0 ナイス 0

JRAイチの「策士」調教師、弥生賞(G2)に「初出走馬」ら3頭投入! そのしたたかな狙い─ Gambling Journal ギャンブルジャーナル 分 / 2018年3月1日 9時24分 http://biz-journal.jp/gj/2018/03/post_5916.html

 4日に中山競馬場で開催される弥生賞(G2)。2歳王者ダノンプレミアムを筆頭に、ワグネリアン、オブセッション、ジャンダルムと3歳牡馬クラシックをリードするであろう実力派が顔を揃え、鎬を削る。

 だが、強豪たちが集まりすぎたためだろう。直接対決を避けたいと考えた陣営が弥生賞を回避すると見られ、少頭数での開催が予想されていた。

 ところが、である。

 いざふたをあけてみると、26日時点で11頭が特別登録。このままいけば昨年の弥生賞とほぼ同頭数でレースが行われることになる。

 少数頭でのレースから一転して出走馬が出揃った影には、ひとりの名調教師が関係しているという。

「『準三冠馬』とも呼ばれていたエアシャカールを管理していた森秀行調教師ですよ。今回の弥生賞にアラウン、ニシノトランザム、ヘヴィータンクの3頭出しを予定しています。ですが、アラウンは地方交流戦を1勝、ニシノトランザムもダートで未勝利戦を勝利したのみです。さらにヘヴィータンクに至ってはこのレースが初出走です。強力なライバルたちに、太刀打ちできるとはとても思えませんね......」(競馬誌ライター)

 いくら勝負は時の運とはいえ、実績を鑑みると森調教師が送り出す3頭たちは無謀な挑戦を強いられているようにも見える。だが、そこには森調教師なりのしたたかな考えがあるという。

「出走奨励金狙いなのではないかと見られています。重賞競走は6着馬から10着馬までに配布されますからね。今回は11頭が出走を予定していますから、3頭が下位を独占したとしても2頭の出走奨励金はふところに入るという計算が立ちます。500万下や未勝利戦に出走させるよりも、弥生賞に出走したほうが金になると考えたのではないでしょうか?」(記者)

 森調教師は競馬雑誌『優駿』に「中央競馬の枠組みの中で戦っている限り、それは定められた総賞金という"一つの山"を何百人かの調教師で奪い合っている」と以前語っていた。その枠組みの中での戦い方は、何も強い馬でクラシックに挑戦するといった"正道"だけではないということなのかもしれない。

 近年の森厩舎は全盛期に比べれば成績は下降している。しかし、弱者の戦い方を貫く森調教師は所有馬に1円でも多く稼いでもらいたい中小の馬主にとって本当に力強い存在なのだろう。森調教師はこれからもこの戦い方で競馬界を生き抜いていくのかもしれない。

 ムーンホーセズネック 2018年2月28日(水) 06:27
競馬検討 弥生賞
閲覧 79ビュー コメント 0 ナイス 9

弥生賞

アサクサスポット さて?

アラウン ダートから

オブセッション レーコドだけでは

サンリヴァル 圏内も

ジャンダルム 圏内

ダノンプレミアム ナリタブライアン級の軌跡を歩み

トラストケンシン 安定はして

ニシノトランザム ダートから

ヘヴィータンク さて?

リビーリング さて?


ワグネリアン 東京スポーツ2歳ステークスは破格の内容


ダノンプレミアム、ワグネリアン、オブセッション、ジャンダルムの順か(´-`).。oO

[もっと見る]

 山勘のマサ 2018年2月27日(火) 23:01
3月4日(日) 中山競馬11R 報知杯弥生賞GⅡ 
閲覧 534ビュー コメント 2 ナイス 20

ウマフレ・会員の皆さま、コンバンワ^^

3月4日(日) 中山競馬場11R 報知杯弥生賞GⅡ

(皐月賞トライアル)オープン (国)(指) 馬齢 芝2000m

での開催と成ります。春のG1前哨戦となるレース。

このレースは重賞勝ち組と

オープン勝ち組、初出走の競走馬も居り

かなりの強剛馬が揃い踏みになっています。

データやここ5走で判断すると 

少し抜けているのがダノンプレミアムでしょう。

しかしながら好走した競走馬も多く判断の出来る段階では有りません。

◎ ダノンプレミアム
○ オブセッション
▲ ワグネリアン
☆ トラストケンシン
△ ニシノトランザム
△ リビーリング

強いて上げるならこの6頭の中から

1,2着勝ち負けが出来ると思っています。

枠順や調教など仕上がりで変わってくるとは思いますが(^▽^;)

判断が難しいレースに成りそうです。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ニシノトランザムの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ニシノトランザムの写真

ニシノトランザム

ニシノトランザムの厩舎情報 VIP

2018年3月18日3歳500万下9着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ニシノトランザムの取材メモ VIP

2018年3月18日 3歳500万下 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。