注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ブライトライン(競走馬)

注目ホース
ブライトライン
ブライトライン
写真一覧
現役 牡8 青毛 2009年5月6日生
調教師鮫島一歩(栗東)
馬主株式会社 ノースヒルズ
生産者ノースヒルズマネジメント
生産地新冠町
戦績36戦[7-1-5-23]
総賞金24,293万円
収得賞金6,225万円
英字表記Brightline
血統 フジキセキ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ミルレーサー
シェリーズスマイル
血統 ][ 産駒 ]
King of Kings
Thunder Maid
兄弟 ラフアウェイブルガリアンローズ
前走 2016/12/04 チャンピオンズカップ G1
次走予定

ブライトラインの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
16/12/04 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 1523255.51315** 牡7 57.0 田辺裕信鮫島一歩534(+6)1.53.1 3.040.6④④サウンドトゥルー
16/11/12 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 163699.31311** 牡7 56.0 石橋脩鮫島一歩528(+10)1.35.0 1.235.8⑨⑪タガノトネール
16/08/14 札幌 11 エルムS G3 ダ1700 127914.166** 牡7 56.0 福永祐一鮫島一歩518(-14)1.44.6 1.137.1⑦⑧リッカルド
16/07/10 中京 11 プロキオンS G3 ダ1400 153410.154** 牡7 56.0 石橋脩鮫島一歩532(0)1.22.5 0.436.8ノボバカラ
16/04/24 東京 10 オアシスS OP ダ1600 166117.951** 牡7 58.0 石橋脩鮫島一歩532(-4)1.37.0 -0.136.0⑦⑦キクノソル
16/04/02 阪神 11 コーラルS OP ダ1400 148136.443** 牡7 58.0 福永祐一鮫島一歩536(-4)1.23.0 0.336.1⑤④ノボバカラ
16/03/06 阪神 10 ポラリスS OP ダ1400 123313.853** 牡7 58.0 福永祐一鮫島一歩540(+4)1.23.5 0.336.3⑤⑥グレイスフルリープ
15/03/08 阪神 10 ポラリスS OP ダ1400 166117.645** 牡6 58.0 丸山元気鮫島一歩536(-2)1.22.0 0.535.2⑨⑨ニシケンモノノフ
15/02/07 京都 11 すばるS OP ダ1400 163610.464** 牡6 58.0 福永祐一鮫島一歩538(+8)1.23.8 0.835.9レッドアルヴィス
14/11/23 東京 11 霜月S OP ダ1400 167134.227** 牡5 58.0 丸山元気鮫島一歩530(-2)1.23.9 0.836.1⑤⑤ジョヴァンニ
14/11/09 京都 11 みやこS G3 ダ1800 161116.278** 牡5 57.0 福永祐一鮫島一歩532(+10)1.50.9 0.737.1⑥④インカンテーション
14/07/27 札幌 11 エルムS G3 ダ1700 13223.9210** 牡5 57.0 福永祐一鮫島一歩522(--)1.44.3 2.438.3⑤⑤⑤⑤ローマンレジェンド
14/03/29 アラ 2 ゴドルフィン G2 ダ1600 15--------5** 牡5 57.0 福永祐一鮫島一歩---- ------VARIETY CLUB
14/02/23 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 1661222.875** 牡5 57.0 福永祐一鮫島一歩528(+4)1.36.5 0.535.5⑦⑤コパノリッキー
14/02/02 東京 11 根岸S G3 ダ1400 167132.814** 牡5 57.0 戸崎圭太鮫島一歩524(-4)1.23.6 0.236.1ゴールスキー
13/12/01 阪神 11 JCダート G1 ダ1800 164723.174** 牡4 57.0 福永祐一鮫島一歩528(+6)1.51.0 0.636.8⑤⑥⑥⑥ベルシャザール
13/11/03 京都 11 みやこS G3 ダ1800 16234.221** 牡4 56.0 福永祐一鮫島一歩522(+4)1.49.2 -0.036.7インカンテーション
13/08/24 函館 11 エルムS G3 ダ1700 13221.613** 牡4 56.0 福永祐一鮫島一歩518(-4)1.42.3 0.336.3フリートストリート
13/07/07 函館 11 マリーンS OP ダ1700 128112.411** 牡4 56.0 丸山元気鮫島一歩522(+6)1.43.4 -0.737.1ナリタシルクロード
13/06/01 東京 11 麦秋S 1600万下 ダ1400 16233.021** 牡4 57.0 松岡正海鮫島一歩516(-10)1.23.7 -0.336.6ホクセツキョウワ

⇒もっと見る


ブライトラインの関連ニュース

 ◆津村騎手(カフジテイク4着) 「すごい脚を使ってくれた。勝ち馬と同じ位置だったけど、馬群をさばく器用さがなかったぶんの差かな。距離は大丈夫だった」

 ◆ムーア騎手(ノンコノユメ6着) 「中京はコーナーがきついので、広い東京の方がいい。距離も、もう少しあった方がいい」=東京大賞典に向かう予定

 ◆戸崎騎手(モーニン7着) 「ペースが速く、向こう正面で外からこられてひるんだところもあった。最後は盛り返しているが、リズムが乱れた」

 ◆横山典騎手(ロワジャルダン8着) 「よく頑張っているよ」

 ◆内田騎手(ラニ9着) 「最後に(前が)詰まったのが痛かったけど、行きっぷりは悪くなかった。左回りがいいのかな」

 ◆丸山騎手(モンドクラッセ10着) 「ペースが楽ではない中で頑張っています」

 ◆古川騎手(メイショウスミトモ11着) 「内々を回るイメージ通りの競馬で力は出せた」

 ◆幸騎手(ブライトアイディア14着) 「最後にもうひと脚使えればよかったが、メンバーも強いから」

 ◆田辺騎手(ブライトライン15着) 「『行ってくれ』という指示だったけど、ゲートがひと息。4コーナーで苦しくなった」

★4日中京11R「チャンピオンズカップ」の着順&払戻金はこちら

【チャンピオン】最新ナマ情報2016年12月03日() 05:05

◆調子に変動なし〔1〕カフジテイク

 プールで調整を行った。湯窪調教師は「よくやっているメニューで、変わりなくきている。調子の変動がないタイプで、体は前走と同じくらいだと思う。あとはジョッキーに任せるだけ。前の馬がやりあってくれればいいんだけどな」と語った。

◆松永幹師「順調に来ている」〔2〕アウォーディー

 ダート転向後6戦無敗、前走のJBCクラシックではGI初制覇と破竹の快進撃を見せる6歳牡馬は、滋賀・栗東トレセンのCWコースを落ち着いたキャンターで2周した。「集中して走れていたし順調に来ている。(木曜発表馬体重の)506キロは予定通りで、いつもとほとんど変わらない。これまでの着差が小さいように抜け出すと気を抜いてしまう面があるけど、そのあたりはジョッキー(武豊騎手)も分かっているから」と松永幹調教師は主戦に全幅の信頼を寄せる。

◆「乗り方ひとつ」〔3〕ブライトライン

 厩舎周りで運動を行った。鮫島調教師は「前走はごちゃついてしまったからね。うまく前々で折り合えれば。乗り方ひとつで1800メートルはこなせると思うよ」と語った。

◆前走よりピリッ〔4〕アスカノロマン

 CWコース半周からゲートの確認を行った。前走のみやこSが14着と案外だったが、釘田助手は「だいぶ気合が乗って競馬モードになってきた。前走よりピリッとしているし、力強さもある。体については前走のプラス分(10キロ)は減ってもいい。もうあと少しだけ素軽さが出てくれば言うことないね」と復調気配を感じている。

◆昨年よりいい枠〔5〕ロワジャルダン

 戸田調教師がまたがって角馬場→坂路1本の調整。体に張りがあり、一戦ごとに調子も上向いている。「去年の大外((16)番)とは違うので、枠はいいところだ。今年はここを目標にしてきたんだ。馬混みでうまく脚をためられれば、力は出してくれると思う」とトレーナーは力を込める。

◆今が充実一番!〔6〕モンドクラッセ

 金曜の午前4時に美浦を出発して、同11時過ぎに中京競馬場に到着した。「無事に到着したと連絡があった。追った後も背腰に疲れが残らず、馬自身も今が一番充実しているんだろうね」と清水英調教師は好調を伝える。土曜はスクーリング後に馬場入りする予定だ。

◆太め感なく元気〔7〕ラニ

 UAEダービーを優勝、さらに米3冠戦を皆勤した3歳の芦毛は、追い切り翌日も栗東Eコースを1周半するタフネスぶり。「追い切った後も元気。秋に入厩した際は少し体が減っていたと思うけど、それから20キロくらい増えた。いい筋肉が付いてきたからでしょう。550キロあっても、もともと骨格が大きな馬だし、太め感はないよ」と松永幹調教師は伝えた。

◆長い直線味方に〔8〕サウンドトゥルー

 昨年の東京大賞典の勝ち馬が、ここに来て調子を上げてきた。輸送前日の金曜は坂路2本と調整に抜かりがない。「追った後も変わりなく順調。今年もポツンと後ろからいくことになるかも。でも、中京の直線は長いし、しまいは切れるからね。自分の競馬をするだけです」と高木調教師は直線一気の末脚に期待を寄せる。

◆昨年2着の雪辱〔9〕ノンコノユメ

 木曜に追い切ったので、輸送前日は軽めの運動とプール調教で息を整えた。「前走(JBCクラシック)は当日輸送で15キロ減ったが、今回は到着して1泊するので440キロ台後半で出走できると思う。直線で外に出して脚を使えれば…」と加藤征調教師は昨年2着のリベンジに燃えている。

[もっと見る]

【チャンピオン】厩舎の話2016年12月02日(金) 05:06

 (1)カフジテイク・湯窪師 「できれば外が良かったけど…」

 (3)ブライトライン・野田助手 「経済コースを通れるのでいいと思う」

 (4)アスカノロマン・川村師 「(近2年2、1着の(4)番枠に)いいんじゃないですか。(状態は)良くなっているので、前回のようなことはないと思う」

 (5)ロワジャルダン・斎藤助手 「去年((16)番で4着)のことを考えれば、真ん中よりも内でいい枠だと思う。折り合いが鍵」

 (6)モンドクラッセ・清水英師 「後入れの偶数はいいんじゃないかな。他が行くなら2番手でもいいと思う」

 (8)サウンドトゥルー・高木師 「外を回したくないので後ろから2番目ぐらいから、最後は内を突いて来られれば」

 (9)ノンコノユメ・加藤征師 「欲を言うなら偶数が良かったけど、枠に関しては希望通りで言うことない。先行馬の並びもいいから、ペースもある程度流れてくれそうだしね」

 (10)メイショウスミトモ・南井師 「内めが良かったけど、決まったところでやるだけです」

 (12)ゴールドドリーム・堀部助手 「内の馬の動きを見ながら運べるのはいい。あとは大舞台に強いジョッキーに任せます」

 (13)ブライトアイディア・増井助手 「内の方が良かったけど、もまれないのはかえっていいかもしれない」

 (14)アポロケンタッキー・松若騎手 「内めでもまれるのが嫌だったので良かったです」

 (15)モーニン・古川助手 「前走の敗因がもまれたことだと思うから、外の方が良かった。大外枠でも内を見ながら行けるのはいい」

チャンピオンズカップの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【チャンピオン】追って一言2016年12月01日(木) 05:04

 ◆カフジテイク・湯窪師 「見た目は速くなかったけど、いい時計が出た。秋3走目でちょうどいい感じになった」

 ◆ブライトアイディア・宮師 「前走はオーバーペースできつかったが、疲れはない。メンバーが強いので、胸を借りるつもりで」

 ◆ブライトライン・伊藤助手 「デキはいいんじゃないですか。徐々に使いながら上がってきています」

 ◆モンドクラッセ・清水英師 「関西遠征のときは軽めの追い切りだったが、今回はしっかりとやっていい動きだった。上積みもある」

 ◆ロワジャルダン・横山典騎手 「特に問題点もなかったし、順調に来ているね。本来の姿に戻りつつあるし、出るからにはチャンスがある」

チャンピオンズカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【武蔵野S】追って一言2016年11月10日(木) 05:06

 ◆カフジテイク・湯窪師 「ビシッと乗ったが、いい感じで動いていた。課題は1ハロンの距離延長かな」

 ◆キングズガード・寺島師 「いつものように、ラストをサーッと。手前の替え方もよく、デキはいい」

 ◆ゴールドドリーム・平田師 「しまいを伸ばしたのは予定通り。久々でも仕上がりはいいし、舞台も合っている」

 ◆ジェベルムーサ・大竹師 「動きは少し重い感じがするが、格好をつけられるところまではきた。元気があるのはいい」

 ◆ソルティコメント・藤沢和師 「ここ一本に絞って調整してきて、馬はすごくいい感じ。東京のダート1600メートルは合っている」

 ◆タガノトネール・鮫島師 「少し掛かるくらいで、イキのいい走りだった。1ハロン延びるのがポイントですね」

 ◆チャーリーブレイヴ・尾関師 「霜月S(20日)が本線だが、今週も競馬できる格好にはある」

 ◆ドリームキラリ・矢作師 「この馬としては動いている。持ち味を生かすためには、徹底して先行したい」

 ◆ノボバカラ・天間師 「状態はいい。前走も悪くなかったが、馬場などが合わなかった。1600メートルで伸び悩んで短距離に替えて結果が出たので、そのへんがどうか」

 ◆ブライトライン・鮫島師 「追い切りは道中が速くなった。もう少し落ち着きがほしい。ただ、馬体は戻っている」

 ◆ブラゾンドゥリス・尾形和師 「動きは良く、馬がしっかりしてきた。追い切りは十分にやってきた。持ち味の先行力を生かしたい」

 ◆メイショウスミトモ・南井師 「追い切りはテンが速くなってしまった。輸送で馬体が減らなくなったのはいい」

 ◆ロンドンタウン・牧田師 「充実している。レースがうまくなって、こなせる距離の幅が広くなった」

 ◆ワイドバッハ・庄野師 「追い切りは、この馬としては動いている。いい頃のデキに少しずつ近づいてきた」

武蔵野Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【武蔵野S】レース展望 2016年11月07日(月) 19:17

 東京では土曜に第21回武蔵野S(12日、GIII、ダート1600メートル)が組まれている。チャンピオンズC(12月4日、中京、GI、ダート1800メートル)の前哨戦で、1着馬には優先出走権が与えられる。

 今回のポイントはモーニン(栗東・石坂正厩舎、牡4歳)の取捨に尽きるだろう。フェブラリーSがGIに昇格した1997年以降、勝ち馬が同年の武蔵野Sに出走した例は2009年のサクセスブロッケンだけ。このときは、マイルチャンピオンシップ南部杯で2着に好走した後にもかかわらず、10着に敗れた。レースは違うが、13年にフェブラリーSを制したグレープブランデーは、それ以来の南部杯4着の後にみやこSに出走してやはり10着。どちらも叩き2戦目で59キロの斤量を背負っていたのが共通点だ。

 モーニンフェブラリーSの後にかしわ記念に出走して8着。その後、休養して復帰戦となった前走の日本テレビ盃で2着に入った。フェブラリーS後のレースの数は1戦多いが、休み明けを叩かれて2戦目で59キロというのは前述の2頭と同じ。東京マイルで4戦3勝という舞台適性の高さはあるが、一抹の不安はぬぐえない。

 重賞初挑戦ながら東京ダートマイルの適性ならば、ソルティコメント(美浦・藤沢和雄厩舎、牡4歳)も負けていない。過去9戦して【5・3・1・0】という抜群の成績。全成績が【5・3・1・5】なので、東京ダートマイルでは確実に馬券に絡むが、それ以外の条件では馬券にならない馬、ということになる。層の厚いダート界だけに、舞台適性だけで通用するほど甘くはないだろうが、未知の魅力と並外れた適性があるのは確かだ。

 昨年、ノンコノユメのハナ差2着だったタガノトネール(栗東・鮫島一歩厩舎、セン6歳)は、その後の成績が案外。それでも、前走のサマーチャンピオンは2番手から粘って3着と復調気配を感じさせる。

 今年本格化して、かきつばた記念、プロキオンSと重賞を2勝したノボバカラ(美浦・天間昭一厩舎、牡4歳)は、前走の東京盃は9着に敗れたが、左回りの方が成績がいい。ベストより1ハロン長い距離でも東京なら見直せるだろう。何といっても、ライアン・ムーア騎手との新コンビは大きな魅力だ。

 過去10年で3歳馬は4勝と活躍。今年はユニコーンS優勝馬ゴールドドリーム(栗東・平田修厩舎、牡)が注目される。ユニコーンSで3着だったグレンツェントみやこSでクビ差2着に好走。この比較からも、チャンスは十分にある。ヒヤシンスSも勝っており、この舞台は2戦2勝と得意。ジャパンダートダービー3着以来4カ月ぶりの出走だが、乗り込みは順調だ。

 ブラゾンドゥリス(美浦・尾形和幸厩舎、牡4歳)は1000万下、1600万下と連勝中。特に5戦4勝でオープン入りしたベストマッチョに唯一、土をつけた2走前の三浦特別はこの東京マイルだった。3カ月の休み明けに加え、重賞初挑戦だが、今の勢いは侮れない。

 そのほか、グリーンチャンネルCを鮮やかに差し切ったカフジテイク(栗東・湯窪幸雄厩舎、牡4歳)、古豪ブライトライン(栗東・鮫島一歩厩舎、牡7歳)、一昨年の覇者ワイドバッハ(栗東・庄野靖志厩舎、牡7歳)など、マークしたい馬は数多い。

★武蔵野ステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ブライトラインの関連コラム

閲覧 499ビュー コメント 0 ナイス 2

先週は4(日)に中京競馬場でG1チャンピオンズカップが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1チャンピオンズカップは1番人気がアウォーディーで2.2倍、続いて2番人気がゴールドドリーム5.7倍、コパノリッキー6.3倍、ノンコノユメ7.5倍、モーニン8.3倍とここまでが10倍を切る形で上位人気を形成しました。
 
注目のスタートは2番人気ゴールドドリームが出遅れますが、その他各馬はほぼ揃ってまずまずの形。内からアスカノロマンが先行しますが、これを制してモンドクラッセが先頭に立って第1コーナーへ差し掛かります。レースを引っ張るのはモンドクラッセでリードは1馬身、2番手にアスカノロマン、続いてコパノリッキーブライトラインモーニンと先行集団を形成。中団からは1番人気のあアウォーディーゴールドドリームメイショウスミトモブライトアイディアが追走。そこから2馬身ほどあいだが空いてアポロケンタッキーラニノンコノユメロワジャルダンと追走。さらに2馬身ほど後方にサウンドトゥルーカフジテイクの態勢。
 
前半の1000m通過は1分0秒6(参考)の厳しい流れ、隊列変わらず直線コースへ差し掛かります。先頭はモンドクラッセでリードは2馬身、2番手にアスカノロマン、3番手以降は横一線となって内からメイショウスミトモコパノリッキーブライトラインゴールドドリーム、外からはアウォーディーが抜群の手応えで差を詰めてきます。
 
残り200m、依然粘るモンドクラッセアスカノロマンアウォーディーが接近し、3頭が抜け出す形で追い比べ!残り100m、ここでアウォーディーが叩き合いを制して抜け出しを図りますが、直後サウンドトゥルーが力強い脚でグングン差を詰めて猛追!ゴール前であっさりとアウォーディーを捉えると最後は流して余裕十分の快勝!直線ごぼう抜きの豪快な競馬でサウンドトゥルーチャンピオンズカップを制しました!勝ちタイムは1分50秒1(良)。クビ差の2着にアウォーディー、そこから半馬身差の3着にアスカノロマンが入っています。
 
公認プロ予想家ではおかべ育成プロほか9名が的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
勝負レースとした4(日)中京11RチャンピオンズカップG1で『東京大賞典勝ちや川崎記念連対、そして昨年の当レースはいずれも良馬場だったので、やはりパワーが生きる馬場の方がいい。全馬が少なからず勝ちに来て流れがタフになる中央G1ではこの個性(追い込み脚質)が武器になる可能性がある。』と狙った◎サウンドトゥルーの単勝、対抗○アウォーディーとの馬連を的中させ、5万1650円を払い戻しました!3(土)中京11R金鯱賞G2でも◎ヤマカツエースパドルウィールの本線的中で4万9750円を払い戻し!週末トータル回収率140%、収支プラス13万320円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
4(日)阪神10Rで◎ビッグリバティを頭固定した3連単で勝負!◎○△の印で261倍を2000円的中させ、52万2000円を払い戻しました!勝負レースに指定した中山11Rでは単勝118.4倍の大穴ゴールドリーガルに印を回し、3連単298.1倍を500円的中!14万9050円を払い戻しました!週末トータル回収率148%、収支プラス35万1200円の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →河内一秀プロ
4(日)中山6Rで○×◎の印で3連単334.4倍、3連複33.6倍を的中させ、6万7040円の払い戻し!この他にも勝負レースに指定した3(土)中山11Rステイヤーズステークスで◎アルバートファタモルガーナモンドインテロの大本線決着で仕留めるなど的中を連発!週末トータル回収率137%、収支プラス16万1530円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
3(土)中山1Rで『前々走厳しいペースから強烈な脚を使って追い込んできた内容に見所。前が激しくなりそうなメンバー構成でこの馬場ならかなり展開が向くだろう。』と狙った中穴◎トロピカルスパートの単勝を1万円的中!4(日)中京12Rでは◎○▲のパーフェクト予想を披露し、4万2500円を払い戻しました!週末トータル回収率134%、収支プラス9万6000円をマークしています。

この他にも岡村信将プロ(137%)、ろいすプロ(126%)、ジョアプロ(122%)、シムーンプロ(108%)、マカロニスタンダーズ(103%)が週末トータル100%超えの活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら

今週もウマニティ競馬プロ予想MAXにご期待ください!


登録済みの方はこちらからログイン

2016年12月04日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第230回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜チャンピオンズカップ G1
閲覧 759ビュー コメント 0 ナイス 3

みなさんこんにちは!

本日は中京11R「チャンピオンズカップ G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、ゴールドドリームから1.0ポイント差(約1馬身差)内のロワジャルダンまでの5頭。
第2グループ(黄)は、モンドクラッセから1.0ポイント差(約1馬身差)内のノンコノユメまでの3頭。
第3グループ(薄黄)は、アスカノロマンブライトラインサウンドトゥルーカフジテイクの4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧頂くと全体を通して大きな溝がなく、加えて第1グループが5頭とかなりの大混戦と言えそうです。

今回の凄馬出馬表の総合ポイント1位はゴールドドリームの【101.2】ですが、これは過去の同レースと比べるとかなり低く、レベル的にはG2に近いG1というイメージで考えています。

私の本命は◎コパノリッキーとします。前走は距離が長いうえに、目標にされ、息の入らない厳しいレース、負けはしましたが評価を下げる1戦ではありません。その前の3戦に関しては今が最盛期化と思わせる圧巻の内容、このメンバーなら普通に回ってくれば勝てると見ています。スタートの早くない馬ですが、この枠ならカバーできますし、死角が見当たりません。以下、対抗○ゴールドドリーム、▲ロワジャルダン、△アウォーディーアポロケンタッキーと印を打ちます。

【3連単フォーメーション】
11

2,5,12,14

2,4,5,6,7,9,12,14

11

2,4,5,6,7,9,12,14

2,5,12,14

56点

アウィーディー次第では配当は大きくはねそうですので思い切って3連単で広げてみます。

[もっと見る]

2016年12月02日(金) 13:00 夢月
【各馬の前走と妙味】〜2016チャンピオンズカップ〜
閲覧 1,194ビュー コメント 0 ナイス 2

中京ダート1800m左回りで行われるチャンピオンズカップ
簡単にレースの特徴を説明したうえで出走馬の前走を踏まえた妙味について書いていきたいと思います。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


■レースの特徴■

スタートから坂で、その部分はどの馬も速く抜けたいため、それなりに押して1コーナーを迎えます。
その勢いのまま2コーナーを過ぎたあたりで長い上り坂に突入するので、スタミナが問われるタフなコースと言えるでしょう。
ダートらしく内の馬はかなりのプレッシャーを受けることから、それを嫌った番手の馬たちが逃げている馬に被せようとして、ペースが緩みにくい傾向にあります。
いくら3、4コーナーが下りでもこれだけスタミナを使えば、直線の急坂をあっさり上れるような脚は余程のスタミナ馬でもない限り残っておらず、とにかく根性比べのレースとなります。
問われるスタミナが他のレースとは違うので、ラストで鈍る恐れのある軽い切れ味特化タイプの馬は基本的に不利。
逆に言えば、今まで決め手比べで屈していたが、決してバテたことがないようなタイプの馬に妙味がありそうです。


■前走の分析■

アウォーディー
●前走JBCクラシック Jpn1 1着 (経由5頭)
中団待機から早めに位置を上げ、4コーナーあたりで先頭に立つとそのまま押し切り完勝。
コーナーワークが上手なタイプで、中京だと良さが出にくいのが少し嫌なところ。
さらに問題なのは、前走もみせたソラを使う点。とにかくこれが酷い。
あれだけ集中力がなくて完勝なのだから強いとしか言いようがないが、手応え十分でも仕掛けのタイミングを熟慮しなければならないことを考えると、タフな競馬では大分堪えるのでは。
不安要素がそれなりにあるので地力は認めても妙味は全くなさそうだ。

[もっと見る]

2016年12月01日(木) 17:00 くりーく
【くりーくの前回→今回調教チェック!】〜2016チャンピオンズカップ〜
閲覧 1,414ビュー コメント 0 ナイス 2

こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われるG1を中心に出走予定馬の前走と今回のレースの調教を比較分析し、その結果をお伝えしていきます。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を、ぜひ皆さんの予想にお役立てください。
なお、シューナカコラムで取り上げている競走馬については同コラム内でコメントしていますので、そちらをご確認ください。


■最速プロ予想『シューナカ☆』〜プロ予想家陣がアノ注目馬の見解を語る!Vol.15・G1チャンピオンズカップ編〜はこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8110
■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


各馬に対する評価の見方は、上段が前走時評価(レースでの着順/調教評価は最終追い切りまで含めた調整過程総評/パドック評価とコメント/前走時短評)、下段が今回評価(1週前までの中間調整過程評価/今回短評)となっています。

前回のジャパンカップ編では、調教評価Aのキタサンブラックが1着。枠順や展開などすべての条件がうまく揃って人気に応えてくれました。他にも調教注目馬の1頭サトノジーガーが、ゴール前で差されはしましたが直線一旦は抜け出す好内容を見せ、5番人気でハナ差+ハナ差の3着と好走。今週も調教評価Aの馬たちにご注目下さい。


◇優先出走馬◇

アポロケンタッキー
<前走時>1着  調教A  パドックA(+2キロも毛艶ピカピカの好馬体)
超大型馬の休み明け3戦目。休み明けのシリウスS時も良かったが、今回はその時よりもさらによく動ける馬体になった感じ。
<今回>調教A
叩き4戦目でも、2週前、1週前、そして日曜日にも時計を出していて疲れはなさそう。中身も、1週前追い切りでは重心の低い走りで、馬なりというよりは行きたがるところを抑えるくらいの行きっぷりを示してのソフト調整だった。引き続き好調キープ。

[もっと見る]

2016年12月01日(木) 16:00 覆面ドクター・英
【覆面ドクター・英のG1プレ診断】〜2016チャンピオンズカップ編〜
閲覧 1,096ビュー コメント 0 ナイス 2

ジャパンカップダートの流れを汲むチャンピオンズカップ。昨年のデムーロ騎手(サンビスタ)による大波乱を含め荒れることが多いのは、大一番JBCクラシックの後という施行時期のせいか、はたまた阪神1800mや中京1800mというコース設定のせいか――いずれにしても、馬券的には面白いレースだと思っています。
ただ今年はメンバーをざっと見渡したところ、絶対王者出現で的中は難しくない(?)印象。相手と券種含めどう買うかが焦点になってきそうです。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


では、早速各馬診断へ。

アウォーディーは、やんちゃなダービー馬のジャングルポケット×天皇賞(秋)馬ヘヴンリーロマンス(余談ですが、現アウォーディーの調教師・松永幹夫騎手が馬上で敬礼をみせたシーンが印象深いですね)、という普通に考えると芝の本格派配合の血統。ですが、この馬は父母父のヌレイエフの血が色濃く出たのか、ダート路線に転じここまで負け知らずの6連勝と飛躍をみせています。前走JBCクラシックでは、強豪のホッコータルマエを軽く捩じ伏せて、大一番を制するなどその勢いは止まるところを知りません。一つ下の半妹アムールブリエは交流重賞の常連組、さらに半弟ラニはUAEダービーで大仕事、と母系の勢いには目を見張るものがあります。正直、今のこの馬を負かせる馬はいないのではと考えています。一本被りの1番人気だとは思いますが、ここは逆らわず本命の予定です。

ノンコノユメは去勢して今年はセン馬としての挑戦。トワイニング×アグネスタキオンという血統背景からもこの先種牡馬としての人気には?がつきますし、長く競走馬としての活躍見込んでの手術だったようです。ただ、大人しくなったのか鋭い末脚が影を潜めてしまった感もあり、前走の438kgという馬体重からも再度好調期に入るのはまだ先のよう(フェブラリーSにも間に合わないのでは、とみています)。軸が人気馬(予定)なだけに、現状では消しの想定。ただムーア騎手だけに末脚復活もあるのかも......。鞍上を考えると不気味な存在ではあります。

ゴールドドリームは、ゴールドアリュール×フレンチデピュティという、いかにもダート界のトップを目指す配合といえます。ユニコーンS勝ち馬でもあり、この世代のダート界を引っ張っていく存在だとは思うのですが、前走タガノトネールに逃げ切られているあたり、まだまだの印象。しかも今回は古馬と1kgしか斤量差がありません。期待と人気が先行していて、野球で例えるなら“甲子園で活躍して先々は活躍するが、すぐにプロでは結果が出ないキャラ”のイメージ。ヒモに買うか、人気だけに消すかということで当落線上です。

[もっと見る]

2016年12月01日(木) 15:00 【ウマニティ】
【U指数的分析】チャンピオンズカップ
閲覧 1,580ビュー コメント 0 ナイス 2

チャンピオンズカップ

過去5年間の傾向から、U指数的"買い"データをお届するU指数分析コラム。

今週の対象レースはチャンピオンズカップです。では早速参りましょう!と、はりきっていきたいところですが......(理由は後ほど)。


○U指数についてもっと詳しく知りたい!という方はこちらをどうぞ


【10年〜13年のJCダート時代を含む過去5年の傾向】

・U指数は優秀であるが、万能ではない。指数がハマる得意条件がある一方で、わずかながら指数がハマりづらい不得意条件も存在する。それを理解しないと、U指数を効果的に利用し、馬券で効率良く利益を出すことはままならない。U指数にとっての不得意条件(レース)は、キャリアの浅い馬と古馬が激突するレースや、JRAのレースに近走出走していない馬の多いレース。

・このチャンピオンズカップは、まさに先に書いた不得意条件の両方に当てはまるレースとなることが多い。地方交流重賞組や古馬との対戦経験の少ない3歳馬の出走が多く、U指数的には超難解な一戦。その事実を象徴するように、指数上位馬は大不振に終わっている。残念ながらU指数通りに買わないほうがいいレース。過去5年の1位は【0 0 1 4】で、過去10年まで範囲を広げても【0 1 3 6】と未勝利。2位以下全頭買いの過去5年の単勝回収率は136.8%。

・決着パターンに傾向らしい傾向のない、U指数にとっては鬼門とも言うべきレース。U指数に頼るスタンスを貫くのであれば、ケンをするのが適当。馬券を買うのであれば、別のファクターを参考にすることをオススメする。

・ただ、ここまではあくまで“予想”U指数という視点での考察であり、出走馬の“前走”U指数という他のファクターに目を向けると別の糸口が見えてくる。

・出走馬中トップの前走U指数をマークしていた馬は、13年を除き全て馬券になっていた(11年3着エスポワールシチー→前走106.7、12年1着ニホンピロアワーズ前走→101.6、14年3着ローマンレジェンド前走→105.9、15年2着ノンコノユメ→103.7)。唯一馬券対象にならなかった13年も4着(ブライトライン)にきていて堅実。いくら地方交流重賞組や古馬との対戦経験が少なく低指数に止まりがちな3歳馬の出走があって、U指数的に“紛れ”の多いレースとはいえ、前走JRAでメンバー中トップのU指数をマークしていた馬というのは素直に信頼してみてもいいかもしれない。


予想U指数は会員登録(無料)で、前走U指数はU指数新聞コラムチャンピオンズカップ出馬表ページ「U指数」メニュー(※)などからご確認頂けます!来週は阪神JFをお届けいたします!(^^)!

※出馬表ページ「U指数」メニューのご利用には、ウマニティVIPクラブ会員登録が必要です。

--------------------------------------------------------------------------------U指数に関する、『シミュレート結果』『予想U指数と結果U指数』『馬齢・クラス別考察』などの詳細情報はこちらのページでご紹介しています⇒『U指数について』ページ
--------------------------------------------------------------------------------

[もっと見る]

⇒もっと見る

ブライトラインの口コミ


口コミ一覧

次走報

 たま 2016年12月30日(金) 09:31

閲覧 76ビュー コメント 0 ナイス 2

★すばるS(1月21日、京都、OP、ダ1400メートル)
レッドゲルニカ(美・藤沢和)フェアウェルS優勝
タガノエスプレッソ
スマートアヴァロン
ラテンロック



★若駒S(1月21日、京都、OP、芝2000メートル)
ヴァナヘイム 角居勝彦(栗東)
インウィスパーズ 音無秀孝(栗東)
ダノンディスタンス 佐々木晶三(栗東)
アドマイヤウイナー 須貝尚介 (栗東)


★東海S(1月22日・中京、ダート1800メートル)
アスカノロマン(栗・川村)
ラストインパクト(栗・角居)ジャパンCで10着
モルトベーネ
モズライジン
ピオネロ
ロワジャルダン

★AJCC(1月22日・中山、芝2200メートル)
リアファル 松若(栗・音無)金鯱賞5着
ワンアンドオンリー(栗・橋口)ジャパンC8着
ゼーヴィント(美・木村)福島記念2着
ルミナスウォリアー(美・和田郎)ディセンバーS2着
デニムアンドルビー(栗・角居)有馬記念9着
シングウィズジョイ(栗・友道)エリザベス女王杯2着
ヤマニンボワラクテ(栗・)万葉S 4着


★TCK女王盃(1月25日、大井、交流GIII、ダ1800メートル)
ホワイトフーガ 蛯名(美・高木)JBCレディスクラシック優勝
タイニーダンサー 田辺(美・伊藤圭)クイーン賞2着
タマノブリュネット ルメール(美・高柳)
マイティティー 松山(栗・本田)
ワンミリオンス 福永(栗・小崎)






★白富士S(28日・東京、芝2000メートル)
クラリティスカイ(美浦・斎藤誠)中山金杯2着
カムフィー(美・池上和)中山金杯5着



★クロッカスS(1月28日、東京、OP、芝1400メートル)
マイネルバールマン(美・栗田博)クリスマスローズS優勝


★根岸S(1月29日、東京、ダ1400メートル)
ベストウォーリア(栗・石坂)JBCスプリント2着
ニシケンモノノフ(栗・庄野) 兵庫ゴールドトロフィ優勝
ノボバカラ(美・天間)兵庫ゴールドT3着

ベストマッチョ(手塚)神無月S
ブルミラコロ(栗・大久保)三河S優勝
ブライトライン
グレイスフルリープ
エイシンバッケン




★シルクロードS(29日、京都、GIII、芝1200メートル)
ソルヴェイグ(栗・鮫島)スプリンターズS3着
ダンスディレクター
ブランボヌール(栗・中竹)スプリンターズS11着
アースソニック(栗・中竹)ラピスラズリS13着



★セントポーリア賞(29日、東京、500万下、芝1800メートル)
コロナシオン 戸崎(栗・池添学)黄菊賞4着



★川崎記念(2月1日、川崎、交流GI、ダ2100メートル)
サウンドトゥルー 大野(美・高木)東京大賞典3着
ケイティブレイブ 武豊(栗・目野)
バスタータイプ(栗東・佐藤正雄)
マイネルクロップ(栗東・飯田)
ミツバ 横山典(栗東・加用正)


★きさらぎ賞(2月5日、京都、芝1800メートル)
サトノアーサー 浜中 池江泰寿(栗東) シクラメン賞
アドマイヤミヤビ・牝 友道康夫(栗東)
プラチナヴォイス 鮫島一歩(栗東)
アメリカズカップ 松若(栗・音無)朝日杯FS9着
ダンビュライト ルメール(栗・音無)朝日杯FS13着
ブラックスピネル(栗・音無)京都金杯2着
タガノアシュラ 岩田 五十嵐忠男(栗東)
スズカメジャー 福永(栗・橋田)

★東京新聞杯(2月5日、東京、GIII、芝1600メートル)
エアスピネル(栗・笹田)京都金杯優勝
ブラックスピネル(栗・音無)京都金杯2着
ダンツシリウス(栗・山内)京都金杯6着
ブラックムーン(栗・西浦)京都金杯9着
スマートレイアー(栗・大久保)香港ヴァーズ5着
マイネルアウラート(美・高橋裕)ニューイヤーS優勝



★佐賀記念(2月7日、佐賀、交流GIII、ダ2000メートル)
ストロングサウザー(美・久保田)名古屋グランプリ5着
リーゼントロック
タムロミラクル(栗・西園)ポルックスS3着


★クイーンC(2月11日、東京、GIII、芝1600メートル)
アドマイヤミヤビ(栗・友道)百日草特別優勝
アエロリット
ニシノストーリー
シンボリバーグ 藤沢和雄(美浦)


★あすなろ賞(2月11日、小倉、500万下、芝2000メートル)
モーヴサファイア(栗・池添学)福寿草特別4着


★こぶし賞 (2月12日)
ズアー

★京都記念(2月12日、京都)
マカヒキ ムーア(栗・友道)凱旋門賞14着



★共同通信杯(2月12日、東京、GIII、芝1800メートル)
スワーヴリチャード 庄野靖志(栗東)
アサギリジョー(美・相沢)京成杯5着




★京都牝馬S(2月18日、京都、GIII、芝1400メートル)
スナッチマインド(栗・岡田)六甲アイランドS優勝
エテルナミノル(栗・本田)ターコイズS7着
ウリウリ



★ヒヤシンスS (2月19日、東京、ダ1600メートル)
エピカリス 萩原清(美浦)
モンサンレガーメ 牧光二(美浦)
レヴァンテライオン 矢作芳人(栗東)
シゲルコング 松永康(美浦)
ブルベアバブーン 藤沢則雄(栗東)
ハングリーベン 武井亮(美浦)
アディラート 須貝尚介(栗東) はこべら賞


★小倉大賞典(2月19日、小倉、GIII、芝1800メートル)
ケイティープライド(栗・角田、牡6)チャレンジC3着
ロードヴァンドール(栗・昆、牡4)寿S優勝
ダノンメジャー


★フェブラリーS(2月19日、東京、GI、ダ1600メートル)
コパノリッキー 武豊(栗・村山)東京大賞典5着
ノンコノユメ(美・加藤征)東京大賞典4着
ゴールドドリーム デムーロ(栗東・平田)チャンピオンズC12着
デニムアンドルビー(栗・角居)有馬記念9着


★水仙賞(2月25日、中山、芝2200メートル)
サトノクロニクル 池江泰寿(栗東)
イブキ 奥村武(美浦)




★アーリントンC(2月25日、阪神、GIII、芝1600メートル
キョウヘイ(栗・宮本) シンザン記念優勝
レッドアンシェル(栗・庄野)朝日杯FS8着
ディバインコード
ペルシアンナイト デムーロ 池江泰寿(栗東)


★中山記念(2月26日・中山、芝1800メートル)
リアルスティール(栗・矢作)ジャパンC5着
アンビシャス ルメール(栗・音無)天皇賞・秋4着
ロゴタイプ(美・田中剛)香港マイル5着
ディサイファ(美・小島太)チャレンジC9着
ヌーヴォレコルト(美・斎藤誠)香港ヴァーズ4着
マルターズアポジー(美・堀井)有馬記念15着





★阪急杯(2月26日・阪神、芝1400メートル)
シュウジ(栗・須貝)阪神C優勝
ミッキーアイル(栗・音無)阪神C6着
ロサギガンティア(美・藤沢和)阪神C5着


★マクトゥームチャレンジラウンド3(3月4日、メイダン、GI、ダ2000メートル)
ラニ ムーア(栗・松永幹)チャンピオンズC9着



★オーシャンS(3月4日・中山、芝1200メートル)
サクラゴスペル(美・尾関)阪神C12着
スノードラゴン(美・高木)阪神C14着



★G掘.船紂璽螢奪彎 (3月4日、芝1600メートル)
リスグラシュー・牝 武豊 矢作芳人(栗東)
シグルーン
エントリーチケット・牝 宮徹(栗東)



★G供〔鐇絃沺複碍遑菊、中山、芝2000メートル)
サトノアレス 藤沢和雄(美浦) G 朝日杯優勝
カデナ 中竹和也(栗東)
グローブシアター 角居勝彦(栗東)


★大阪城S(3月5日・阪神、芝1800メートル)
マキシマムドパリ(栗・松元茂)愛知杯優勝




★阪神大賞典(3月9日、阪神、GII、芝3000メートル)
タマモベストプレイ(栗・南井)万葉S優勝
トーセンバジル



★アネモネS (3月11日、中山、芝1600メートル)
ライジングリーズン(美・奥村武)フェアリーS優勝



★金鯱賞(3月11日・中京、芝2000メートル)
ヤマカツエース(栗・池添兼)有馬記念4着


★フィリーズレビュー(3月12日、阪神、GII、芝1400メートル)
ジューヌエコール(栗・安田)阪神JF11着


★中山牝馬S(3月12日、中山、GIII、芝1800メートル)
マジックタイム(美・中川)ターコイズS優勝
ビッシュ(美・鹿戸)ジャパンC16着




★3/18(土)ファルコンS
メイソンジュニア


★スプリングS(3月19日、中山、GII、芝1800メートル)
モンドキャンノ 大野 安田隆行(栗東) 朝日杯FS2着
アウトライアーズ 小島茂之(美浦)ひいらぎ賞優勝



★阪神大賞典(3月19日、阪神、GII、芝3000メートル
シュヴァルグラン(栗・友道)有馬記念6着
トーセンバジル(栗東・藤原英)ジャパンC11着


★フラワーC(3月20日、中山競馬場、GIII、芝1800メートル)
ホウオウパフューム (美・奥村武)寒竹賞優勝



★日経賞(3月25日、中山、GII、芝2500メートル)
ゴールドアクター(美・中川)有馬記念3着
ツクバオアズマオー(美浦・尾形充)中山金杯1着


★毎日杯(3月25日、阪神、GIII、芝1800メートル)
ガンサリュート 安田隆行(栗東)



★ドバイワールドC(3月25日、メイダン、GI、ダ2000メートル)
アポロケンタッキー(栗・山内)東京大賞典1着
アウォーディー(栗・松永幹)東京大賞典2着


★高松宮記念(3月26日、中京、GI、芝1200メートル)
ビッグアーサー 藤岡康(栗・藤岡)香港スプリント10着
レッドファルクス(美・尾関)香港スプリント12着


★ダービー卿CT(4月1日・中山・芝1600メートル)
グランシルク(美・戸田)ニューイヤーS2着



★大阪杯(4月2日、阪神、GI、芝2000メートル)
キタサンブラック 武豊(栗・清水久)有馬記念2着



★阪神牝馬S (4月2日、阪神、GI、芝2000メートル)
ジュエラー




★マイラーズC(4月23日・京都、芝1600メートル)
イスラボニータ(美浦・栗田博)阪神C2着

★天皇賞・春(4月30日、京都、GI、芝3200メートル)
★宝塚記念(6月25日、阪神、GI、芝2200メートル)

 グラスアクター 2016年12月11日() 09:08
チャンピオンズカップ回顧
閲覧 34ビュー コメント 0 ナイス 2

遅ればせながら回顧記事を。と言ってもそんなに書くことないけどね。スロー気味で進めるが向こう正面でブライトラインが仕掛けていっての消耗戦。トップスピードや切れ味より底力が問われたレース。


1着サウンドトゥルーは、最後方から進めて直線も内。最後は綺麗に進路を取って快勝だった。うーん、アポロケンタッキー単穴はちょっと攻めすぎたかなぁ。やっぱりこういう展開だと強い馬で、文句なし。今回は大野のイン突き消極騎乗が完璧にはまった感じだね。


2着アウォーディーは道中はややいきっぷりが悪く、ブライトラインの仕掛けとほぼ同時に仕掛けていく。最後まで伸びたがサウンドトゥルーに差し込まれる。かなり厳しい競馬だったし、えれだけロスがあったら仕方ない。けど、文句なしに一番強いよ。ここでタイトルが欲しかっただろうけど、仕方ないね。道中は悪かったし、武豊はよく乗ってくれたと思う。本当に武豊のいいところは馬の脚を出しきってくれるんだよね。たぶん、この馬は並の騎手なら惨敗してたと思う。


3着アスカノロマンは先行集団から進めて勝ったと思ったところに外からの強襲。本当に、この馬を消したのが恥ずかしい。戸崎と和田なら和田だろうよ、と。かなり迷ったんだけどな、前走があまりにもダメだったので軽視してしまった。春のパフォーマンスは戻ってるね。


4着カフジテイクは、展開がはまったように見えるけどこの展開でアポロケンタッキーやノンコノユメを破ってるし、この路線で強いよこの馬。騎手がもう少しまともな騎手にかわってほしいかな。


5着アポロケンタッキーは中段から進めて直線でもなだれこんでくるが流石に鈍った感じ。まだ上位との差はあるかな、とも思うが、これくらいの距離がいいんだろうな。


6着ノンコノユメは、まぁムーアならあんなもんでしょう。レースの流れに乗っただけ。この馬に関してはルメールはきっちり乗ってたと思うんだけどな。やっぱりコーナーで動けない感じがあるなぁ。


7着モーニンは意味不明な騎乗してた。なんで先行してたのに最後は追い込み勢になってるのかな。勝つ気あんのかな。本当に意味がわからない騎乗だった。コーナーで置かれて仕掛けが遅れることは戸崎によくあること。でもG1でそれやるか?本当に下手。こいつがリーディングなのは本当に日本競馬の恥。二桁人気の穴馬ならともかく、今年のG1馬でそれやるかって話。勝ちが見えない騎乗だった。本当に買った自分を殴りたい。

[もっと見る]

 銀色のサムライ 2016年07月10日() 16:29
デムーロ騎手&戸崎騎手 2週連続重賞V
閲覧 139ビュー コメント 2 ナイス 12

【プロキオンS】

ガッチガチの堅い決着でしたね。
勝ったノボバカラを含む上位3頭が単純に強かった、という事でしょう。

本命にしたブライトラインは7歳馬。
若い馬にスピード負けして、4着でした。
精一杯のレースでしたけど、離れた4着ですから、完敗ですね。

【七夕賞】

好位からレースを運んだアルバートドックがダコールとの接戦を制し、重賞V。
位置取りが完璧すぎましたね。勝つべくして勝ったレースだと思います。

本命・バーディーイーグルは大外から追い上げる形になって7着でした。

オリオンザジャパンのようなレースをして欲しかったんですが、
後から文句を言うのは何の説得力もありませんからね。
文句はここら辺でおしまいにしましょう。


2週続けてデムーロ騎手と戸崎騎手が重賞勝利。

今年だけではなく、これから数年はデムーロ・ルメール・戸崎の3騎手が平地・特別戦だけではなく、重賞をバンバン勝っていく事になるのは騎乗馬の質を見ても明らかですよね。

他の騎手にも頑張ってほしい気持ちはあるんですけど、
馬券を当てたいのであれば、リーディングトップの3騎手と上手く付き合わなければいけません。

最近は馬券の調子も悪いですから、騎手との付き合い方を見つめ直してみて、
また上昇のきっかけをつかめたら、と思っています。

[もっと見る]

ブライトラインの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
9:
  サンデーさいざんす。   フォロワー:6人 2014年2月25日(火) 09:49:30
2/23 フェブラリーS 5着
福永騎手 「具合はよく自信を持って乗ったが、直線で追い出してから左にモタれた。その分だけ」
8:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2012年2月25日() 18:02:47
2/25 アーリントンC
7着 ブライトライン(安藤勝騎手)
「3コーナーで前に壁がなくなると行きたがりますし、追い出すとフワフワしています。距離的には2000mくらいまではこなせますが、これくらいの方が乗りやすいですね」
7:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2012年1月18日(水) 09:54:53
1/15京成杯
10着 ブライトライン(田辺騎手)
「後ろから迫られると、どうしてもハミを噛みます。前に壁をつくれず、折り合いを欠きました。交わされるとふわふわ。能力はあるのに、危うさも同居する現状です」

⇒もっと見る

ブライトラインの写真

ブライトライン
ブライトライン

ブライトラインの厩舎情報 VIP

2016年12月4日チャンピオンズカップ G115着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ブライトラインの取材メモ VIP

2016年12月4日 チャンピオンズカップ G1 15着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。