注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

オウケンビリーヴ(競走馬)

注目ホース
写真一覧
現役 牝4 芦毛 2013年1月25日生
調教師安田隆行(栗東)
馬主福井 明
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績12戦[3-3-0-6]
総賞金3,192万円
収得賞金1,500万円
英字表記Oken Believe
血統 クロフネ
血統 ][ 産駒 ]
French Deputy
Blue Avenue
ビスクドール
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
フェアリードール
兄弟 アイスドールバトードール
前走 2017/03/12 4歳以上1000万下
次走予定

オウケンビリーヴの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/03/12 阪神 12 4歳以上1000万下 ダ1200 16484.821** 牝4 55.0 福永祐一安田隆行492(+18)1.11.0 -0.335.6⑦⑦タガノヴィッター
16/12/04 阪神 12 3歳以上1000万下 芝1200 161126.0106** 牝3 51▲ 坂井瑠星安田隆行474(-2)1.10.5 0.735.1⑩⑪サザンライツ
16/11/06 京都 9 醍醐特別 1000万下 芝1200 186117.5511** 牝3 54.0 川田将雅安田隆行476(-10)1.08.9 0.634.5⑨⑨ナリタスターワン
16/08/28 札幌 10 WASJ3 1000万下 芝1200 14335.836** 牝3 54.0 戸崎圭太安田隆行486(+4)1.09.8 0.334.9⑦⑥クリノハッチャン
16/08/06 札幌 8 3歳以上500万下 芝1200 166112.711** 牝3 52.0 福永祐一安田隆行482(+18)1.08.9 -0.034.9⑦⑤タマモブリリアン
16/05/15 東京 6 3歳500万下 芝1400 167146.845** 牝3 54.0 戸崎圭太安田隆行464(0)1.21.1 0.334.1⑤⑤スターオブペルシャ
16/04/17 阪神 6 3歳500万下 芝1400 18364.822** 牝3 53☆ 鮫島克駿安田隆行464(-2)1.22.3 0.036.1⑥④ツーエムレジェンド
16/03/12 中山 11 アネモネS OP 芝1600 1681551.3117** 牝3 54.0 大野拓弥安田隆行466(-4)1.35.9 0.435.9チェッキーノ
16/01/30 中京 5 3歳未勝利 芝1400 18593.821** 牝3 54.0 F.ヴェロ安田隆行470(0)1.25.1 -0.237.1ジュラーレ
16/01/16 中京 7 3歳未勝利 芝1600 162312.142** 牝3 54.0 F.ヴェロ安田隆行470(0)1.35.3 0.035.2マテラアリオン
15/11/08 京都 1 2歳未勝利 芝1600 11333.215** 牝2 54.0 岩田康誠安田隆行470(0)1.37.0 0.836.6クリノラホール
15/10/10 京都 5 2歳新馬 芝1600 157124.732** 牝2 54.0 岩田康誠安田隆行470(--)1.36.5 0.234.7⑥⑥シンハライト

オウケンビリーヴの関連ニュース

 UHB賞4着のオメガヴェンデッタは、前日に函館から札幌に移動し、芝コースでオウケンビリーヴ(1000万下)と併せ馬。馬なりで5ハロン69秒7、3ハロン38秒0−12秒4をマークして、併入した。全体のタイムは平凡ながらキビキビとしたフットワークで体調は良さそうだ。

 「函館からの輸送で体も減っていなかったし、きょうは3コーナーあたりで手前を替えてから真面目に走っていました。前走は調整で難しいところがあって(前走後の)反動が怖かったけど、上積みの方に出て安心しました」と、安田翔助手は笑顔を見せていた。

★キーンランドCの枠順はこちら 調教タイムも掲載

ワールドオールスタージョッキーズの騎乗馬が一部変更に2016年08月25日(木) 15:58

 8月27日(土)と28日(日)に札幌競馬場で行われる「2016ワールドオールスタージョッキーズ」の各参加騎手の騎乗馬が以下のように決定した。25日時点で第4戦に一部変更が出ている。

 左から騎乗馬、負担重量、ジョッキー。末尾のA〜Dは近走の成績等によりJRAがグループ分けしたもの。

 【第1戦】

(27日、9R、3歳以上500万下、芝2600メートル)

アグリッパーバイオ  58キロ 武豊 D

アドマイヤロワ  58キロ 永森大智 B

ウインブルースカイ  56キロ C・ウィリアムズ C

ウォーターミリオン  56キロ 川田将雅 C

エアワイバーン  56キロ 内田博幸 A

オペラハット  58キロ J・スペンサー B

セルバンテス  58キロ 蛯名正義 A

タケルラムセス  58キロ 岩田康誠 A

ディスピュート  56キロ 戸崎圭太 C

デルマサリーチャン  56キロ J・モレイラ D

トーセンナチュラル  56キロ E・ウィルソン D

フェンガリ  58キロ C・デムーロ D

ララエクラテール  58キロ C・ルメール B

ロードグリッター  58キロ M・デムーロ B

 【第2戦】

(27日、11R、3歳以上1600万下、芝2000メートル)

ウインオリアート  56キロ J・スペンサー D

ウインフェニックス  58キロ 武豊 B

サクラボールド  58キロ J・モレイラ B

サトノレオパード  58キロ C・ルメール D

ダイヤモンドダンス  58キロ E・ウィルソン B

トウカイオーロラ  58キロ 岩田康誠 C

パリカラノテガミ  58キロ 蛯名正義 C

フェスティヴイェル  58キロ M・デムーロ D

フェルメッツァ  58キロ C・ウィリアムズ A

ベルニーニ  58キロ 永森大智 D

ヤマイチパートナー  58キロ 戸崎圭太 A

レッドシャンクス  58キロ 内田博幸 C

レッドルーファス  58キロ C・デムーロ B

ワールドレーヴ  58キロ 川田将雅 A

 【第3戦】

(28日、10R、3歳以上1000万下、芝1200メートル)

アヴァール  56キロ 岩田康誠 D

アドマイヤスカイ  58キロ C・ルメール C

イキオイ  58キロ 永森大智 C

イッテツ  58キロ 武豊 A

オウケンビリーヴ  54キロ 戸崎圭太 B

クリノハッチャン  56キロ M・デムーロ C

グレイスミノル  56キロ E・ウィルソン A

クロムレック  58キロ C・ウィリアムズ B

ケッキセヨ  58キロ 蛯名正義 D

サザンライツ  58キロ C・デムーロ A

スズカプリオール  58キロ 内田博幸 D

マジックシャトル  58キロ J・モレイラ A

レヴァンタール  58キロ J・スペンサー C

レオパルディナ  56キロ 川田将雅 B

 【第4戦】

(28日、12R、3歳以上1000万下、芝1800メートル)

イレプレイスブル  58キロ 戸崎圭太 D

オウケンブラック  58キロ J・スペンサー A

クインズミラーグロ  56キロ C・ルメール A

ショウナンハルカス  58キロ C・デムーロ C

シングンジョーカー  58キロ 内田博幸 B

ディアコンチェルト  58キロ 蛯名正義 B

ハツガツオ  56キロ J・モレイラ C

ハッピーユニバンス  56キロ 岩田康誠 B

マイネルネーベル  58キロ 武豊 C

メイクアップ  58キロ 永森大智 A

メイショウテッサイ  58キロ 川田将雅 D

ランドオザリール  58キロ C・ウィリアムズ D

レトロクラシック《回避》→ルグランパントル《補欠繰り上がり》  56キロ→58キロ E・ウィルソン C→グループ分け評価は不明

ロッカフラベイビー  56キロ M・デムーロ A

[もっと見る]

【キーンランド】オメガヴェンデッタ上昇ムード 2016年08月25日(木) 11:29

 UHB賞(4着)を叩かれたオメガヴェンデッタが上昇ムードだ。

 秋の気配を漂わせる青空のもと、札幌競馬場の芝コースで5Fからオウケンビリーヴを2馬身先導。残り3Fで僚馬が内から馬体を合わせてきたが、絶好の手応えを残したまま、馬なりで併入した。水曜に函館から移動してきたばかりだけにタイムは控えめだったが、約2カ月ぶりだった前走時より脚さばきはシャープさを増している。

 「3角過ぎに手前を替えてから真面目に走ってくれた。輸送で馬体が減らなかったし、いい感じできています。前走は体が緩んでいたので反動を心配したが、上積みのほうが大きい」と、安田翔助手は好感触を伝えた。武豊騎手は、父の武邦彦元調教師が12日に亡くなってから初の重賞参戦。手向けのVを贈りたい。

(夕刊フジ)

★キーンランドCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【UHB賞】オメガヴェンデッタ、余力あり11秒92016年08月04日(木) 05:03

 函館スプリントS6着から巻き返しを狙うオメガヴェンデッタ(栗・安田、セン5)は、札幌芝コースで気合のこもった直線3頭併せを敢行した。5ハロン67秒8、3ハロン37秒3−11秒9で内タイユール(500万下)に2馬身先着、外オウケンビリーヴ(500万下)と併入。手応えにはまだ余力が残っていた。ルメール騎手は「グッドコンディション!! 直線は楽に走れていた。軟らかい芝でもスムーズに走れていたし、最後もきちんと手前を替えていたよ」と感触のよさを伝えた。

[もっと見る]

【Fレビュー】血統診断2016年03月09日(水) 04:07

 本番の桜花賞よりも1ハロン短い芝1400メートル戦で、スプリンター寄りのスピードと、仕上がりの早さが求められる。昨年の勝ち馬クイーンズリングなど過去の傾向から、米国のダート色が濃いパワー型血統を持つ馬の活躍も目立っている。父系、もしくは母の父のどちらかにこうした血脈がある馬が狙い目だ。

 まず注目したいのは、米国の大種牡馬ダンジグの3×2という強い近親配合のカトルラポールだ。ダンジグ自身の競走成績は米ダート短距離戦で3戦全勝。産駒は短距離中心ながら、幅広いカテゴリーで活躍。昨年の勝ち馬クイーンズリングの母の父アナバーもダンジグの直子。父グラスワンダーはヘイルトゥリーズン系で、この配合は成功例も多く好相性だ。

 クードラパンにも高い評価が必要。父ダイワメジャーはサンデーサイレンス系でも屈指のパワー型マイラー。さらに母の父ダイナフォーマー、祖母の父フレンチデピュティと、代々ダートに強い種牡馬が配合され、レース傾向に合致する。

 アットザシーサイドは万能型でダートにも強いキングカメハメハ産駒で、母の父がSS系アグネスタキオン。スピードとパワーのバランスが取れた好配合といえる。

 ディープインパクト産駒キャンディバローズも適性十分。母の父タイキシャトルはワールドクラスのチャンピオンマイラーで、ダートGIのフェブラリーSを勝ったメイショウボーラーや2011年の優勝馬フレンチカクタスを出している。

 抽選対象馬ではタガノヴィアーレが面白い。父はダイワメジャーで、母の父はパワーで押すイメージがぴったりのミスタープロスペクター系ミスターグリーリー。さらにクロフネ×SSという配合のエターナルユースオウケンビリーヴの2頭、逆にSS系×クロフネクリノラホールも出走できれば注意が必要になる。 (血統取材版)

[もっと見る]

【2歳新馬】良血シンハライトが人気に応えて快勝 2015年10月10日() 12:26

 10日の京都5R2歳新馬(芝1600メートル、牝馬限定)は、池添謙一騎手騎乗の1番人気シンハライト(栗東・石坂正厩舎)が3番手追走から直線で抜け出し、人気に応えた。タイムは1分36秒3(良)。

 ミヤビキラリが単騎逃げに持ち込んでゆったりとしたペースを刻む。外からグランドウイズダムが2番手につけ、3番手は内にラフェデビジュー、外に人気のシンハライトが追走して、その間にアリアカンタービレが続いた。勝負どころで後続も接近して、一団のまま直線へ。好位にいたシンハライトと、それをマークするような形で伸びてきたオウケンビリーヴが抜け出す。馬群の外からリボンフラワーも脚を伸ばしてきたが、これは3番手まで。前の2頭による争いとなったが、最後はシンハライトが突き放して快勝した。1馬身1/4差の2着が3番人気のオウケンビリーヴ。さらに1馬身3/4差の3着が2番人気のリボンフラワーだった。

 シンハライトは、父ディープインパクト、母シンハリーズ、母の父Singspielという血統。母は米GIデルマーオークスの勝ち馬。全兄アダムスピークはGIIIラジオNIKKEI杯2歳Sの勝ち馬。姉リラヴァティはGIII福島牝馬Sの2着馬。

 池添騎手は「センスが抜群。こんなに柔らかいフットワークをする馬は久しぶりですね。着差はそれほどでもありませんが、後ろから来たぶんだけ動けて余裕があった。楽しみですね」と良血馬の走りを絶賛していた。

★10日京都5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

オウケンビリーヴの関連コラム

閲覧 637ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は11(土)に中京競馬場でG2金鯱賞が、12(日)に中山競馬場でG3ローレル競馬場賞中山牝馬ステークスが、阪神競馬場でG2報知杯フィリーズレビューが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G2金鯱賞ロードヴァンドールが先頭で直線コースへ。逃げるロードヴァンドールのリードは1馬身、後続はずらっと横に広がって各馬追い出しにかかります。残り200m、依然粘るロードヴァンドールに内からルージュバックプロディガルサン、さらには馬場の真ん中からヤマカツエーススズカデヴィアスが良い脚で差を詰めてきます。残り100m、ここでヤマカツエースが1頭目立つ伸び脚、ロードヴァンドールを捉えると最後は流して優勝!金鯱賞連覇を達成しました!1馬身1/4差の2着にロードヴァンドール、そこからハナ差の3着にスズカデヴィアスが入っています。
 
公認プロ予想家ではスガダイプロ他3名が的中しています。
 
 
G2報知杯フィリーズレビューアズールムーンが先頭で直線コースへ。直線に入ると外からスパートしたレーヌミノルが先行各馬を一気に捉えて先頭!残り200m、3馬身ほどリードするレーヌミノルを目掛けて外からカラクレナイが単独2番手に浮上!内レーヌミノル、外カラクレナイ、2頭が後続を離しての激しい追い比べとなりましたが、カラクレナイがゴール前でレーヌミノルを捉えて優勝しました!半馬身差の2着にレーヌミノル、そこから1馬身1/4差の3着にゴールドケープが入っています。
 
公認プロ予想家ではいっくんプロ他7名が的中しています。
 
 
G3ローレル競馬場賞中山牝馬ステークスプリメラアスールが先頭で直線コースへ。直線に入るとプリメラアスールは一杯となってサンソヴールパールコードの2頭が併せ馬の形で先頭争い!残り100m、坂を上って競り合う2頭を内からクインズミラーグロトーセンビクトリー、大外からはマジックタイムが一気に交わし去り、3頭の叩き合い!激しい叩き合いは先に抜け出したトーセンビクトリーがクビ差マジックタイムの追撃を振り切ってV。重賞初制覇を飾りました!
 
公認プロ予想家では夢月プロ他7名が的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
11(土)中京11R金鯱賞G2で◎ロードヴァンドールの複勝、馬連を的中させ、3万8800円を払い戻し!翌日の阪神11Rフィリーズレビューでは▲◎△で馬連、3連複を的中させました!この他にも阪神7Rで◎サイタスリーレッドの単勝20.7倍、馬連38.4倍、3連複433.3倍を本線的中させ、6万5970円を払い戻しました!週末トータル回収率144%、収支プラス12万1210円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
11(土)阪神11Rで◎○▲の印で3連単・3000円的中!13万7700円を払い戻しました!同日の阪神4Rでも『発馬後手、3コーナー不利とスムーズな競馬ができなかった。小倉1200mも少し忙しかった。8日のCWでしっかり動いてひとたたきで良化。』と狙った◎ウインペイザージュの単勝を的中させ、11万2000円を払い戻し!週末トータル回収率136%、収支プラス26万5800円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
12(日)阪神12Rで『ダート向きの印象。初ダートの今回が狙い目。』と狙った◎オウケンビリーヴの単勝を1万円的中!4万8000円を払い戻しました!中山8Rでは同じく初ダートの◎アンプラグドの単勝10.4倍を的中させました!週末トータル回収率165%、収支プラス5万5770円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →加藤拓プロ
11(土)中山6Rで◎ブレークオンスルースズカグラーテの馬連11.7倍を2500円、馬単29.1倍を3100円的中!11万9460円を払い戻しました!週末トータル回収率188%、収支プラス8万9820円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →河内一秀プロ
12(日)中京10Rで▲◎○の印で3連複79.9倍、3連単685.8倍を大本線的中!12万4510円を払い戻しました!週末トータル回収率129%、収支プラス12万7700円をマークしています。
 
※全レースの結果速報はこちら
 
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!


登録済みの方はこちらからログイン

オウケンビリーヴの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

オウケンビリーヴの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

オウケンビリーヴの写真

投稿写真はありません。

オウケンビリーヴの厩舎情報 VIP

2017年3月12日4歳以上1000万下1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

オウケンビリーヴの取材メモ VIP

2017年3月12日 4歳以上1000万下 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。