プレストウィック(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
プレストウィック
写真一覧
現役 牡6 芦毛 2011年4月24日生
調教師武藤善則(美浦)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績34戦[6-4-5-19]
総賞金14,406万円
収得賞金3,650万円
英字表記Prestwick
血統 ダイワメジャー
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
スカーレットブーケ
フーラクサ
血統 ][ 産駒 ]
Linamix
Housatonic
兄弟 タガノレジェンドフーラビューティー
前走 2017/12/02 ステイヤーズS G2
次走予定

プレストウィックの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/12/02 中山 11 ステイヤーズ G2 芝3600 107711.333** 牡6 56.0 V.シュミ武藤善則530(+2)3.43.7 0.735.3⑧⑧⑧⑦アルバート
17/11/05 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 163615.969** 牡6 55.0 V.シュミ武藤善則528(+2)2.31.0 1.035.5⑭⑬⑭⑭スワーヴリチャード
17/09/03 札幌 11 丹頂S OP 芝2600 147115.221** 牡6 54.0 C.ルメー武藤善則526(-2)2.44.2 -0.037.3⑤⑥⑦④アングライフェン
17/08/05 札幌 11 札幌日経OP OP 芝2600 10117.136** 牡6 56.0 K.ティー武藤善則528(+4)2.41.2 0.635.7⑥⑥⑥⑤モンドインテロ
17/05/06 東京 10 メトロポリタ OP 芝2400 1371112.553** 牡6 56.0 戸崎圭太武藤善則524(-18)2.24.4 0.334.8⑪⑪⑪⑪ヴォルシェーブ
17/02/18 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 1561116.855** 牡6 54.0 戸崎圭太武藤善則542(+14)3.35.9 0.734.3⑫⑫⑫⑧アルバート
16/12/03 中山 11 ステイヤーズ G2 芝3600 134530.374** 牡5 56.0 戸崎圭太武藤善則528(-6)3.48.1 0.735.6⑦⑧⑧⑤アルバート
16/11/06 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 1561060.21110** 牡5 54.0 石川裕紀武藤善則534(+6)2.34.2 0.834.4⑨⑧⑧⑧シュヴァルグラン
16/09/04 札幌 11 丹頂S OP 芝2600 13686.124** 牡5 54.0 C.ルメー武藤善則528(+4)2.41.8 0.736.0⑥⑥⑥④ヤマカツライデン
16/06/25 阪神 11 グリーンS 1600万下 芝2400 15117.951** 牡5 55.0 C.ルメー武藤善則524(0)2.28.2 -0.137.0⑩⑩⑧⑥トルークマクト
16/05/08 東京 8 4歳以上1000万下 芝2000 9445.331** 牡5 57.0 H.ボウマ武藤善則524(-4)2.00.0 -0.034.3⑥⑦⑦エニグマバリエート
16/04/17 福島 11 奥の細道特別 1000万下 芝2600 15343.513** 牡5 57.0 津村明秀武藤善則528(+2)2.43.9 0.037.6⑩⑩⑤④ウインインスパイア
16/02/28 小倉 7 4歳以上500万下 芝2600 13683.111** 牡5 57.0 津村明秀武藤善則526(-8)2.39.9 -0.135.5⑩⑩⑩⑨タガノグリズリー
16/02/14 小倉 6 4歳以上500万下 芝2600 168168.144** 牡5 57.0 津村明秀武藤善則534(+20)2.39.2 0.237.0④⑤ブライトバローズ
15/11/14 福島 7 3歳以上500万下 芝2600 16124.823** 牡4 57.0 津村明秀武藤善則514(0)2.46.5 0.238.2ゼットスマイル
15/10/24 新潟 10 萬代橋特別 500万下 芝2400 13453.423** 牡4 57.0 津村明秀武藤善則514(-20)2.31.0 0.834.6⑦⑧⑧⑥ウインスペクトル
15/09/26 中山 7 3歳以上500万下 芝2000 17473.615** 牡4 57.0 津村明秀武藤善則534(+8)2.01.8 0.234.5⑤⑤⑤⑤キズナエンドレス
15/07/12 函館 10 八雲特別 500万下 芝2000 8771.412** 牡4 57.0 岩田康誠武藤善則526(0)2.01.2 0.235.7⑥⑥④オールステイ
15/06/21 函館 8 3歳以上500万下 芝2000 158143.512** 牡4 57.0 三浦皇成武藤善則526(-2)2.00.7 0.035.6⑨⑧⑦④ヤマニンアルゴシー
15/05/31 東京 8 青嵐賞 1000万下 芝2400 186127.149** 牡4 57.0 C.ルメー武藤善則528(+8)2.25.8 0.434.8⑦⑤⑧⑦グランドサッシュ

⇒もっと見る


プレストウィックの関連ニュース

 ★チャンピオンズC2着テイエムジンソク(栗・木原、牡5)は、フェブラリーS(2月18日、東京、GI、ダ1600メートル)を目標に調整される。同3着コパノリッキー(栗・村山、牡7)、同4着ケイティブレイブ(栗・目野、牡4)、同11着サウンドトゥルー(美・高木、セン7)は東京大賞典(29日、大井、交流GI、ダ2000メートル)へ。同13着モルトベーネ(栗・松永昌、牡5)は、東海S(1月21日、中京、GII、ダ1800メートル)に向かう。同14着メイショウスミトモ(栗・南井、牡6)は、登録のある名古屋グランプリ(14日、名古屋、交流GII、ダ2500メートル)へ。

 ★チャレンジC3着ブレスジャーニー(栗・佐々木、牡3)は、有馬記念(24日、中山、GI、芝2500メートル)が視野に入っている。

 ★ステイヤーズS3着プレストウィック(美・武藤、牡6)はダイヤモンドS(2月17日、東京、GIII、芝3400メートル)へ。同7着シルクドリーマー(美・黒岩、牡8)はダイヤモンドSか万葉S(1月7日、京都、OP、芝3000メートル)。

 ★ラピスラズリS2着ナックビーナス(美・杉浦、牝4)、同7着ショウナンアチーヴ(美・国枝、牡6)はカーバンクルS(1月8日、中山、OP、芝1200メートル)。同6着コスモドーム(美・金成、牡6)、同8着オウノミチ(栗・佐々木、牡6)はタンザナイトS(16日、阪神、OP、芝1200メートル)の予定。

 ★キャピタルS5着マイネルアウラート(美・高橋裕、牡6)は京都金杯(1月6日、京都、GIII、芝1600メートル)。同6着マイネルハニー(美・栗田博、牡4)、同7着トウショウドラフタ(美・萱野、牡4)はディセンバーS(17日、中山、OP、芝1800メートル)に向かう。

 ★御影Sを勝ってオープン入りを果たしたプレスティージオ(栗・大根田、牡4)は、ギャラクシーS(24日、阪神、OP、ダ1400メートル)か、すばるS(1月20日、京都、OP、ダ1400メートル)のどちらかに進む。

【ステイヤーズ】ムーアでアルバート3連覇 2017年12月3日() 05:06

 第51回ステイヤーズステークス(2日、中山11R、GII、3歳上オープン国際(特指)、別定、芝・内3600メートル、1着本賞金6200万円=出走10頭)ライアン・ムーア騎乗で1番人気のアルバートが中団から伸びて完勝。3連覇を成し遂げた。サラブレッドの同一平地重賞3連覇は、中央競馬史上6例目。タイム3分43秒0(良)。2馬身半差の2着が2番人気フェイムゲーム。3着にも3番人気プレストウィックが入り、人気サイドの決着となった。

 全く危なげのない立ち回りで2度目の“防衛”に成功だ。中団から勝負どころで進出した1番人気アルバートが、人気を分け合ったフェイムゲームを直線半ばでかわし、2馬身半差の圧勝。ゴールドシップ阪神大賞典(2013〜15年)以来、サラブレッドの平地では史上6頭目となる同一重賞3連覇を達成した。

 「年齢を重ねているにもかかわらず、堀調教師がこの3年間、同じ状態で準備してくれた。感謝している」

 3年連続でコンビを組んだムーア騎手がクールな笑みを浮かべた。この3年で最も速い3分43秒0で走破。鞍上は「ペースが一定で流れてくれたから、タイムも速くなったのだろう」というが、上がり3ハロン34秒9も過去2年より速く、6歳暮れでも進化を感じさせる。

 有馬記念(24日、中山、GI、芝2500メートル)への参戦は未定だが、林正道オーナーは「天皇賞(春)を取りたい気持ちが強い」と目標を掲げ、来年も現役続行を明言。さらには、今秋に回避した豪GIメルボルンC挑戦の可能性があることも明かした。

 「もっと大きなレースを勝たなければいけないレベルの馬」とムーア騎手も長距離馬としての資質を高く評価するアルバート。7歳となる来年は国内外のマラソンGIをターゲットに据え、さらなる高み目指していく。 (板津雄志)



★2日中山11R「ステイヤーズS」の着順&払戻金はこちら



アルバート 父アドマイヤドン、母フォルクローレ、母の父ダンスインザダーク。栗毛の牡6歳。美浦・堀宣行厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は林正道氏。戦績27戦9勝。獲得賞金3億4901万4000円。重賞は2015・16年GIIステイヤーズS、17年GIIIダイヤモンドSに次いで4勝目。ステイヤーズSは堀宣行調教師、ライアン・ムーア騎手ともに15・16年アルバートに次いで3勝目。馬名は「人名より」。

[もっと見る]

【ステイヤーズ】レースを終えて…関係者談話2017年12月3日() 05:05

 ◆ボウマン騎手(フェイムゲーム2着) 「道中はところどころ掛かって(体力を)消耗したが、レース自体はうまく運べたと思う。ただ、勝った馬は強かった」=有馬記念(24日、中山、GI、芝2500メートル)に登録する可能性も。

 ◆シュミノー騎手(プレストウィック3着) 「前走とは馬の雰囲気が違って、すんなりと流れに乗れた。直線で内にささっていたが、上位2頭が強かった」=ダイヤモンドS(2月17日、東京、GIII、芝3400メートル)を視野に。

 ◆杉原騎手(プロレタリアト4着) 「間隔はあいていたが、よく仕上がっていた。中山コースもこの距離も合っている」

 ◆吉田隼騎手(シホウ5着) 「道中はところどころでハミを抜いて走れていたけど、だんだん口が重たくなってきた。この距離は長いかも…」

 ◆藤田騎手(サイモントルナーレ10着) 「厳しい戦いでした」



★2日中山11R「ステイヤーズS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【ステイヤーズ】ムーア騎手&アルバートが3連覇 2017年12月2日() 15:35

 12月2日の中山11Rで行われた第51回ステイヤーズステークス(3歳以上オープン、GII、芝・内3600メートル、別定、10頭立て、1着賞金=6200万円)は、ライアン・ムーア騎手騎乗の1番人気アルバート(牡6歳、美浦・堀宣行厩舎)が7番手追走から直線半ばで前をとらえて3連覇を達成した。タイムは3分43秒0(良)。

 2馬身半差の2着には4、5番手追走から直線早めに先頭に立ったフェイムゲーム(2番人気)、さらに2馬身差遅れた3着に後方追走から外めを伸びたプレストウィック(3番人気)。R.ムーア騎手→H.ボウマン騎手→V.シュミノー騎手という短期免許の外国人騎手のワンツースリーで決着した。

 ステイヤーズSを勝ったアルバートは、父アドマイヤドン、母フォルクローレ、母の父ダンスインザダークという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は林正道氏。戦績は27戦9勝。重賞は2015&16年ステイヤーズS・GII、2017年GIIIダイヤモンドSに次いで4勝目。ステイヤーズSは堀宣行調教師、ライアン・ムーア騎手ともに2015&16年アルバートに次いで3勝目。

 ◆ライアン・ムーア騎手(1着 アルバート)「年齢を重ねているにもかかわらず、堀調教師がこの3年間、同じ状態で準備してくれた。感謝している。もっと大きなレースを勝たなければいけないレベルの馬だと思う」



★2日中山11R「ステイヤーズS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス】入線速報(中山競馬場)2017年12月2日() 15:30

中山11R・スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス(5回中山1日目 中山競馬場 芝・右内2周3600m サラ系3歳以上オープン)は、1番手9番アルバート(単勝1.3倍/1番人気)、2番手2番フェイムゲーム(単勝4.6倍/2番人気)、3番手7番プレストウィック(単勝11.3倍/3番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連2-9(2.1倍) 馬単9-2(2.9倍) 3連複2-7-9(4.5倍) 3連単9-2-7(8.3倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2017120206050111
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【ステイヤーズ】アルバートが断然人気/13:00時点 2017年12月2日() 13:08

 2日の中山メインは、平地最長距離となる暮れの中山名物重賞・ステイヤーズS(GII、芝3600メートル)。同一重賞3連覇がかかるアルバートに断然の注目が集まっており、そのあとに重賞5勝の実績を誇るフェイムゲームが続く様相となっている。13:00時点の単勝オッズは以下の通り。



枠番−馬番 馬名       単勝オッズ1− 1 デルマサリーチャン  43.52− 2 フェイムゲーム     4.53− 3 グランアルマダ    25.94− 4 シルクドリーマー   14.15− 5 プロレタリアト    77.26− 6 シホウ        14.97− 7 プレストウィック   11.97− 8 サイモントルナーレ  56.88− 9 アルバート       1.48−10 カムフィー      94.6

[もっと見る]

⇒もっと見る

プレストウィックの関連コラム

閲覧 183ビュー コメント 0 ナイス 1

12月3日(日)に行われました中京11Rの「チャンピオンズカップ G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【2位】ゴールドドリーム(13.0倍)
2着:総合ポイント【5位】△テイエムジンソク(4.8倍)
3着:総合ポイント【6位】☆コパノリッキー(13.2倍)

第1グループ・総合ポイント2位のゴールドドリームが1着、第3グループ・総合ポイント5位のテイエムジンソクが2着、第3グループ・総合ポイント6位のコパノリッキーが3着という結果でした。


展開から読み違えて完敗の結果。◎ノンコ○カフジあたりは、少なくとも中盤からはもうちょっと流れてくれないと厳しかったでしょうか。そうなるとみた“予想の入り”の時点からチグハグでした。シーンとしては、ここ数年焼き付いているゴール前強襲が今年も繰り返されたわけですが、狙った差し馬がセンスなかったですね(+_+)


【馬単流しマルチ】
◎⇔印
4⇔1,2,11,12,13,14

計12点 払い戻し0円


続いて、12月2日(土)に行われました中山11Rの「ステイヤーズステークス G2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】○アルバート(1.3倍)
2着:総合ポイント【2位】▲フェイムゲーム(4.6倍)
3着:総合ポイント【3位】△プレストウィック(11.3倍)

第1グループ・総合ポイント1位のアルバートが1着、第1グループ・総合ポイント2位のフェイムゲームが2着、第2グループ・総合ポイント3位のプレストウィックが3着という結果でした。


プロレタリアトの3着があるか!?と思って少し期待してしまいましたがね......。よく頑張ってはくれたんですが、あとひと押しがきかなかったですね〜。残念です。


【馬連流し】
◎=○▲
5=2,9

【3複フォーメーション】
◎=○▲=印
5=2,9=2,4,7,9

計7点 払い戻し0円


登録済みの方はこちらからログイン

2017年12月2日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第317回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜ステイヤーズステークス G2
閲覧 628ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は中山11R「スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、アルバートから1.0ポイント差(約1馬身差)内のフェイムゲームまで2頭。
第2グループ(黄)は、プレストウィックから1.0ポイント差(約1馬身差)内のプロレタリアトシルクドリーマーまで3頭。
第3グループ(薄黄)は、シホウから1.0ポイント差(約1馬身差)内のサイモントルナーレカムフィーまで3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、やはりと言うべきか第1グループ2頭が後続を大きく引き離している配置に。以下は各グループ間に1.0〜2.0ポイント程度の差があるものの、上位2頭との差と比較すると小さなものとなっています。

そんななか今回の私の本命は◎プロレタリアトとしました。過去に冬の中山芝で見せた末脚を信頼。長距離でも不安の少ないハーツクライ産駒ですし、鞍上もこの馬とは長いことコンビを組んでいる仲。恐らく、○アルバートフェイムゲームが後半からスタミナ勝負に持ち込んでくる展開と思われ、中途半端な位置取り、スタミナの馬たちは苦しくなってきそう。知り尽くしたこのコンビのじっくり構えての直線勝負に期待して本命視(中間「逃げても」との談話も出てきているようですが、あまりアテにしていません。逃げたら逃げたで、人気薄の少頭数でのノーマーク逃げとしてそれはそれでまあ良しと捉えていますが)。意欲的に本数を乗られて仕上げに関しては抜かりなさそうですし、一発に期待します。
今回の私の馬券は◎からの馬連と◎から○▲への3複で勝負とします。

【馬連流し】
◎=○▲
5=2,9(2点)

【3複フォーメーション】
◎=○▲=印
5=2,9=2,4,7,9(5点)

計7点

[もっと見る]

2017年11月5日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第310回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜アルゼンチン共和国杯 G2
閲覧 790ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「アルゼンチン共和国杯 G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、カレンミロティックから1.0ポイント差(約1馬身差)内のアルバートレコンダイトまで3頭。
第2グループ(黄)は、デニムアンドルビーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のヒットザターゲットまで2頭。
第3グループ(薄黄)は、トウシンモンステラから同差内のサラトガスピリットマイネルサージュスワーヴリチャードまで4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、ハンデ戦らしく最大でも0.9ポイント差となっていて、最上位から最下位までが5.4ポイント差内にひしめく全馬拮抗の状況です。

そんな中、今回の私の本命は◎デニムアンドルビーとしました。牝馬は馬券どころか、出走自体も近年では見られないレースではあるのですが、この馬自体はコース替わりと田辺騎手への乗り替わりが魅力的。過去10年で馬券圏外に敗れた牝馬たちは、みな2ケタ人気の人気薄でしたし、単勝11倍程度(原稿執筆時点)のこの人気で牝馬が出走してくること自体傾向には当てはまっていないので狙ってみる価値はありそうです。乗り替わりの好走馬が多いレースですし、先週700勝達成の田辺騎手も短期免許の外人J二人よりはよっぽど信頼できるとみています。土曜の東京芝中長距離戦はスローばかりでアテにならないかもしれませんが、外を伸びて差してくるシーンもありましたので、持ち前の末脚さえ発揮できればアタマまで十分狙えるのではないでしょうか。陣営も「条件好転」を強調している今回、府中長距離でのスローからのキレ味勝負での牡馬一蹴を期待します。

以下、東京長距離得意な鞍上と近走で条件戦勝ち上がり組の活躍が目立つレース傾向から○セダブリランテス、この距離ではペースによっては過信禁物な印象でムーア騎手ではない今回1枚割り引いた▲アルバート、5か月ぶりで一本被りの☆スワーヴリチャード、それぞれ違う理由で◎が来るようなレースへの適性という意味で割り引いた△プレストウィック、△ソールインパクトまで印を回し、今回の私の馬券は◎の単勝と馬連で勝負とします。


【単勝】
3

【馬連流し】
◎=印
3=1,4,6,7,11(5点)

計6点

[もっと見る]

2017年11月5日() 11:30 ROBOTIPプロジェクトチーム
〜重賞予想〜かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(アルゼンチン共和国杯 G2)
閲覧 549ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!ROBOTIPプロジェクトチームです。当コラムはウマニティが開発した新サービス『ROBOTIP(予想ロボット)』の重賞予想&運用レポートをお届けしています!

※新予想ツール『ROBOTIP』とは?・・・誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットを作ることが出来るサービスです。「U指数」をベースにした6つの能力指数と5つの適性を自由に配合してあなただけの最強ロボットを完成させましょう!詳しくはコチラ

では早速ですが、本日は『アルゼンチン共和国杯 G2』のロボ予想をお届けしたいと思います。予想ロボットは競走馬重視・血統重視・騎手重視の3体です。まずは、各ロボのセッティングをご確認ください。





それでは1体目、競走馬ロボの印(勝率)、買い目を見てみましょう!

【競走馬ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



本命は◎レコンダイトで、勝率は11.8%。先週の天皇賞(秋)同様に、1位の勝率が低く、2番手以下にも目立った勝率の開きが見られない状況です。1〜3番人気全てに印が回っておらず、当コラム始まって以来の妙味タップリの上位勢となっていて期待が膨らむ配置ではありますね。まあ、人気馬のうち2頭は3歳馬で低評価やむなしの存在ですから、非常に怖いところなのですが(^^;


続いて血統ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【血統ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



こちらは本命◎トウシンモンステラ。……これはもう、このコラムの1年分の勝ちを決めてもらうしかないですね。競走馬ロボ以上に大振りしています(◎_◎;)


最後に騎手ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【騎手ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



こちらは再び本命◎レコンダイトで、勝率は11%台とこれまでのロボ2体と似たような勝率。○スワ−ヴリチャードが浮上してきて、今回初めて上位人気馬が買い目に組み込まれた状況。あとは、競走馬ロボ、血統ロボとは異なり、4位→5位の部分に少し勝率の開きが生じていますね。


【まとめ】
今回の中心は2体のロボが本命に推し、血統ロボでも買い目に組み込まれているレコンダイト。ただ、その本命に推した2体のロボも差のない勝率分布での1位指名で、揺るぎない存在は不在の印象です。だからこそ、血統ロボ(◎トウシンモンステラ)が火を噴いたりして......。単勝200倍(執筆時点)と聞くとちょっと尻込みしてしまいそうですが、よくよく振り返れば、プレストウィック(今年のダイヤモンドSでは、当時1キロ差でトウシンモンステラが先着)が10倍台(〃)の穴人気ということを考えると、ここまで舐められなくてもいいのにとも思えてこなくもないですが。
いずれにしても買い目のオッズ表示にそそられるレースのスタートを、今から楽しみにしています(^^♪


--『ROBOTIP』--
「ロボットの便利さ」と「自分で予想する楽しさ」を兼ね備えた、新聞とも従来の競馬ソフトとも異なる、まったく新しい競馬予想ツール。誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットが作成可能です!ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)するだけでご利用いただけます!

○ウマニティ会員登録はこちらからどうぞ

[もっと見る]

2017年10月29日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年10月29日号】特選重賞データ分析編(70)〜2017年アルゼンチン共和国杯〜
閲覧 2,181ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 アルゼンチン共和国杯 2017年11月05日(日) 東京芝2500m


<ピックアップデータ>

【前走の条件が“JRAのG1”ではなかった馬の、前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2010年以降)】
○4位以内 [6-4-5-27](複勝率35.7%)
×5位以下 [0-2-1-65](複勝率4.4%)

 先行力の高さを活かしたいタイプが信頼できない一戦。前走の4コーナー通過順が2番手以内だった馬は2010年以降[1-1-0-23](複勝率8.0%)ですし、前走が“JRAのG1”だった馬を除くと、前走で出走メンバー中上位の上がり3ハロンタイムをマークできなかった馬も苦戦しています。前走の内容が良かった差し馬を重視しましょう。

主な「○」該当馬→セダブリランテスデニムアンドルビープレストウィック
主な「×」該当馬→アルバートカレンミロティックハッピーモーメント


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「出走数が14戦以内」だった馬は2010年以降[4-1-4-6](複勝率60.0%)
主な該当馬→スワーヴリチャードセダブリランテス

[もっと見る]

2017年8月2日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年08月02日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(58)
閲覧 2,744ビュー コメント 0 ナイス 6



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年08月05日(土) 新潟09R ダリア賞
【“JRAのレース”において上がり3ハロンタイム順位が2位以内だった経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [4-3-4-13](複勝率45.8%)
●なし [0-1-0-21](複勝率4.5%)
→出走メンバー中上位の上がり3ハロンタイムをマークした経験のある馬が優勢。なお“JRA、かつ福島以外のレース”において上がり3ハロンタイム順位が2位以内だった経験のある馬は2013年以降[4-2-3-6](複勝率60.0%)とより堅実でした。


▼2017年08月05日(土) 札幌11R 札幌日経オープン
【“JRAのG1かG2”において5着以内となった経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [4-3-2-10](複勝率47.4%)
●なし [0-1-2-25](複勝率10.7%)
→格の高いレースで善戦したことがある馬は堅実。特別登録を行った馬のうち、“JRAのG1かG2”において5着以内となった経験があるのは、トゥインクルヒラボクディーププレストウィックモンドインテロの4頭だけです。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
札幌芝2600m×ステイゴールド×無条件
→複勝率36.8%


▼2017年08月06日(日) 札幌11R UHB賞
【前走が“JRA、かつ1600万下から上のクラスのレース”だった馬の、前走の着順別成績(2012年以降)】
●2着以内 [5-2-2-1](複勝率90.0%)
●3着以下 [0-3-3-41](複勝率12.8%)
→前走が1000万下のレースだった馬を除くと、前走で連対を果たしていた馬は非常に堅実。今年のメンバー構成なら、前走の着順が3着前後だった馬もそれなりに高く評価すべきでしょう。


▼2017年08月06日(日) 小倉11R 農林水産省賞典 小倉記念

[もっと見る]

⇒もっと見る

プレストウィックの口コミ


口コミ一覧
閲覧 35ビュー コメント 0 ナイス 1

☆チャンピオンズCの結果☆
1着ゴールドドリーム
2着テイエムジンソク
3着コパノリッキー

収支は−6000Pでした。
宣言通り、単勝 11(アウォーディー) 、ワイド 11−14、ワイド 11・14・15 BOXを買う予定が、
アポロケンタッキーの取り消しや、アウォーディー関連のオッズが安くなってたなどの事情で買い目を急遽変更して、
単勝 11(アウォーディー) 、馬連 11−14を買ったんですがハズレ・・・。
思ってた展開とは正反対のレースになったんで完敗でした。

2017年の勝ち時計 1.50.1
12.8-10.9-12.5-12.7-12.7-12.3-12.0-11.8-12.4
1000m通過 1.01.6 (レースの上がり3F36.2)
ここ2年とは違って、逃げ・先行馬に有利な流れになったのに、勝ち時計は去年のレコードと同じタイムでの決着で驚きましたが、今年の方が去年より速い時計が出る馬場だったんでしょうね〜。
コパノリッキーの上がり3F36.3
テイエムジンソクの上がり3F36.1
と前で競馬してた馬達が36秒台前半の速い上がり3Fを出してるのに、後方から上がり3F35.2で差し切ったゴールドドリームの末脚というか、ムーアのド迫力の力強い追いっぷりに驚きました。

出走馬達へのコメント
1着ゴールドドリーム
フェブラリーS1着後の3戦が14着・1.8差7着・0.9差5着と、着順・着差ともに全然ダメでしたが、
ムーアの力強い追い方で眠ってたエンジンが目覚めたのか直線ですごい脚で伸びてきましたね〜。
フェブラリーS、チャンピオンズCとJRAのダートGIを1年で全制覇した若い4歳馬ということで来年以降も楽しみですが、欲を言えば来年は1年間通して安定した成績でダート界を引っ張っていくような存在になってくれたらうれしいです。

2着テイエムジンソク
前残りの流れを2番手で我慢させて、上がり3F36.1でコパノリッキーに競り勝ったかなと思ったところをゴールドドリームに差されて2着。
この馬は楽な流れよりもタフな流れに持ち込んだ方が持ち味出そうな気がするから、もう少し早めに仕掛けて上がりのかかる競馬に持ち込んでたらどうなったのかな〜?
と思うところもありますが、負けたとはいえ僅差の2着なんで、今日の温存する乗り方で正解だったのかもしれないし、わかりません。

3着コパノリッキー
過去3度のチャンピオンズCは12着、7着、13着と全然ダメだったのに、7歳にして3着と自己ベストを大幅に更新するし、
JBCスプリントからチャンピオンズCというローテで3着とか変態かよ〜と思いましたが、気分良く逃がしたら最後までしっかり頑張るところにGI馬の意地を見ました。

4着ケイティブレイブ
いい位置にいたし、最後まで頑張って好走はしてるけど、スピードと持久力が持ち味なんで瞬発力が要求される展開だと少し辛いとこあったかも。
個人的には1度1400mでも見てみたい馬です。

5着アウォーディー
直線でゴールドドリームと横並びになった時に、併せ馬状態で一緒に伸びてきてほしかったんですが・・・。
まあ、それでもそれなりには走ってるんで、展開が向かなかったのか、衰えなのか、まだよくわからないです。



--------------------------------------------------------------------------------

☆ステイヤーズSの結果☆
1着アルバート
2着フェイムゲーム
3着プレストウィック

収支は+3300Pでした。
宣言通り、馬連 2−9を買ったら2.1倍が的中。
2倍台前半の馬券なんか買う意味あるんかな〜?と思いつつ、
3連複2頭軸で3点を均等買いするよりは、馬連1点の方が利益出せそうやから安くても馬連1点でいいか〜〜ってことで買ったら当たってホッとしました。

勝ち時計 3.43.0
13.3-11.3-13.0-12.4-12.2-12.6-12.7-12.9-12.6-12.5-13.1-12.7-12.3-12.0-11.9-12.0-11.7-11.8
1000m通過 62.2 (レースの上がり3F35.5)
10頭立てでしたけど、そこまで楽な流れにはならなかったのもあってか、長距離馬が上位にくる順当な決着になりました。

出走馬達へのコメント
1着アルバート
フェイムゲームを前に見ながらマイペースで競馬してて、直線で抜け出したフェイムゲームを最後はきっちり捕まえて2馬身半差の快勝で3連覇達成!
危なげなく当たり前のように勝ってて、さすがステイヤーズSを連覇してるだけあるな〜と感心しました。

2着フェイムゲーム
アルバートより前で競馬してたのも驚いたし、この馬が直線向いてすぐ抜け出して先頭を走ってるなんて・・・。
こんな競馬もできるんですね〜。
負けたけど、やれることは全部やって負けたって感じがしたし、中山3600mの王者アルバートに負けたのなら納得です。


--------------------------------------------------------------------------------

☆チャレンジCの結果☆
1着サトノクロニクル
2着デニムアンドルビー
3着ブレスジャーニー

収支は−3000Pでした。
宣言通り、単勝 9(マイネルミラノ) を買いましたがハズレ・・・。

勝ち時計 1.58.6
12.7-11.4-12.4-12.0-11.4-11.9-11.6-11.4-11.7-12.1
1000m通過 59.9 (レースの上がり3F35.2)
阪神内回りらしい一貫した流れからの持久力勝負になったし、開幕週だけあって勝ち時計も速かったですね。

出走馬達へのコメント
1着サトノクロニクル
前走は極悪馬場の菊花賞でしたが、今回は「距離短縮+開幕週の良馬場+GIから重賞で相手弱化」と条件かなりよくなったのもあってか巻き返してきましたね〜。
欲を言えば、このメンバー相手にもっと強い勝ち方できてたら・・・ってとこはありますが、サトノラーゼンの半弟やし、まだ3歳で若いから来年以降も頑張ってほしいです。

2着デニムアンドルビー
7歳牝馬やし、直線長いコース向きの馬なのに、開幕週の阪神内回りでクビ差の2着に詰めてきてすごく頑張りましたね〜。
あの頑張り見たら勝たせてあげたい気持ちになりましたが、あと一歩届きませんでした。

3着ブレスジャーニー
この馬も前走の菊花賞から条件良くなって好走したけど、阪神内回りよりも直線長いコース向きっぽいかな〜。
距離ももう少し短くてもいいかも。



--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(日曜日分)☆
チャンピオンズC アウォーディー・・・5着

こんなオッズで買えるなんておいしいと思ったんですが、馬券圏内には届きませんでした。

投資1900Pが0Pになっちゃいました。




--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会
・2歳新馬戦予想対決


どの企画も、
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までの間、指名馬を受け付けております。

ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄でも投票所でもどこに書いてくださってもOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

※このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
来週と再来週は2歳GIですね〜。

今年は新馬戦企画をやってきたおかげで、全ての新馬戦をチェックしてきたので、その成果を2歳GI2連戦で発揮できたらいいな〜と思っています。

 ファストタテヤマ 2017年12月3日() 17:01
今週の3重賞簡単回顧
閲覧 45ビュー コメント 2 ナイス 7



【ステイヤーズS】

人気通りの順当な結果だったが、
フェイムゲームは条件が向いていたとは思えないし
プレストウィックも能力としては一枚落ちてしまう馬。

相手に助けられてのアルバート3連覇だったようには映る。



【チャレンジカップ】

酒井騎手がよく分からないペース配分での逃げ。

サトノクロニクルは
よく分からないペースに乗っかっての勝利なので
着差以上の評価はして良さそうな走り。

久々復活のデニムアンドルビーは
先団のペースとは無縁の位置から運んで展開がハマる形。

ブレスジャーニーもデニムほどではないが
展開有利の運びではあるので評価が難しい所。

3頭とも金杯に出てきそうでまた厄介。



【チャンピオンズカップ】

テイエムジンソクが後続を抑えてくれたので
コパノリッキーの楽逃げ。

ゴールドドリームは南部杯でも出遅れから
加速の良さを見せて追い上げていたし、
結局は我慢さえ利けば良い脚を使えるらしい。






昨年もこの週はやる気が出なくてスルーした気がするけど、
今年も買わなくて正解のレースばかり。

来年はたぶん完全スルーで終わると思う。

[もっと見る]

 DEEB 2017年12月2日() 17:20
恥ずかしい馬予想2017.12.02[結果]
閲覧 29ビュー コメント 0 ナイス 2

中山11R スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス(G) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 2 フェイムゲーム…2着
○ 9 アルバート…1着
▲ 5 プロレタリアト…4着
△ 7 プレストウィック…3着
× 4 シルクドリーマー …7着
[結果:アタリ△ 馬連2-9 210円]

阪神 8R 3歳以上1000万下(混合)[指定]
☆ 1 ダイシンロイ…7着
[結果:ハズレ×]

阪神11R チャレンジカップ(G) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 8 ★デニムアンドルビー…2着
○ 5 モンドインテロ…4着
▲ 6 ブレスジャーニー …3着
△11 ジョルジュサンク…11着
× 3 サトノクロニクル…1着
[結果:アタリ○ 複勝8 220円、馬連3-8 1,540円]

中京 2R 3歳以上500万下牝[指定]
◎14 オールスマイル…7着
○13 ペルルクロシュ…2着
▲ 6 ストロベリームーン…9着
△10 ☆スターペスユウコ…12着
× 4 ヴィーナスフローラ…1着
[結果:ハズレ×]

中京 8R 3歳以上500万下若手騎手
◎ 4 アテンフェスタ…10着
○ 1 クレマンダルザス…1着
▲ 9 ☆エスポワールパレス…4着
△ 2 ショウナンサリュー …2着
× 8 ダンツエンペラー …3着
[結果:ハズレ×]

中京10R 寒椿賞 2歳500万下(混合)(特指)
◎ 9 ミスターメロディ…2着
○ 4 タマスカイブルー …4着
▲ 2 メイショウオーパス…1着
△ 5 デルマシャンパン…5着
× 3 ☆タガノタイト…3着
[結果:アタリ△ 複勝3 180円、馬連2-9 260円]

中京11R浜松ステークス 3歳以上1600万下(混合)[指定]
◎14 ★ニシオボヌール…14着
○10 エントリーチケット…8着
▲ 8 ペイシャフェリシタ…1着
△17 ☆スマートカルロス…6着
× 3 ☆ダイメイプリンセス…2着
[結果:アタリ△ 複勝3 490円]

今日は休みです。
何の予定もありません。
ゆっくり競馬します。

[今日の結果:7戦1勝3敗3分]
デニムアンドルビーさんのおかげで、楽しめました。

[もっと見る]

⇒もっと見る

プレストウィックの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

プレストウィックの写真

プレストウィック

プレストウィックの厩舎情報 VIP

2017年12月2日ステイヤーズS G23着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

プレストウィックの取材メモ VIP

2017年12月2日 ステイヤーズS G2 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。