ダブルシャープ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ダブルシャープ
ダブルシャープ
写真一覧
抹消  鹿毛 2015年3月26日生
調教師米川昇(北海道)
馬主小林 克己
生産者村上 雅規
生産地新冠
戦績 3戦[1-0-1-1]
総賞金2,412万円
収得賞金980万円
英字表記Double Sharp
血統 ベーカバド
血統 ][ 産駒 ]
Cape Cross
Behkara
メジロルーシュバー
血統 ][ 産駒 ]
アグネスタキオン
レールデユタン
兄弟 リネンウッド
前走 2017/10/07 サウジアラビアRC G3
次走予定

ダブルシャープの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/10/07 東京 11 サウジRC G3 芝1600 18369.446** 牡2 55.0 石川倭米川昇478(+8)1.33.6 0.634.7④⑤ダノンプレミアム
17/09/02 札幌 11 札幌2歳S G3 芝1800 145717.873** 牡2 54.0 石川倭米川昇470(0)1.51.4 0.035.3⑭⑭⑭④ロックディスタウン
17/08/20 札幌 9 クローバー賞 OP 芝1500 114423.461** 牡2 54.0 石川倭米川昇470(-6)1.30.8 -0.135.8⑦④タワーオブロンドン

ダブルシャープの関連ニュース

<今日の出来事>

■第4回東京第1日(10月7日(土曜))

●競走中止
4R5番 スカイステージ号(草野 太郎騎手)
1周目6号障害飛越着地時に転倒したため競走を中止
馬:異状なし
騎手:異状なし
 4番 ロンギングダンサー号(江田 勇亮騎手)
1周目8号障害飛越着地時につまずいて騎手が落馬したため競走を中止
馬:異状なし
騎手:異状なし

●11Rにおける制裁
10位に入線した4番ボウルズ号(小牧 太騎手)は、向正面で外側に斜行したため、6番ダブルシャープ号(石川 倭騎手)、8番メルムサール号(江田 照男騎手)および10番バイオレントブロー号(内田 博幸騎手)がバランスを崩しました。
この件について、小牧 太騎手は、7月8日(土曜)に不注意騎乗による騎乗停止処分を受けたにもかかわらず、短期間に同様の不注意騎乗を繰り返し行ったことを考慮し、10月14日(土曜)から10月29日(日曜)まで16日間の騎乗停止となりました。

●五十嵐 雄祐騎手 障害通算1,000回騎乗達成!
4Rで、8番サトノギャラクシー号に騎乗した五十嵐 雄祐騎手(美浦:フリー)は、史上12人目・現役7人目のJRA障害通算1,000回騎乗を達成しました。
コメント
 1年目から障害競走に参加して16年目になりますが、数多くの騎乗機会をいただいた結果1,000回騎乗を達成できたので、応援してくださった関係者の皆様に感謝申し上げます。怪我もたくさんしましたが、これからまだまだ乗っていくつもりです。次は、林 満明騎手の騎乗数(JRA障害通算最多騎乗数を更新中)を超えられるように頑張っていきます。若手騎手も貪欲にチャンスを掴むという気持ちで障害競走に参加してほしいと思います。



<明日の取消・変更等>

■第4回東京第2日(10月8日(日曜))

取消・変更等はございません(17時30分現在)


<今日の出来事>

■第4回京都第1日(10月7日(土曜))

●競走除外
4R8番 ブランズハッチ号(高倉 稜騎手)
馬場入場後に左前肢跛行を発症したため
10R10番 サフランハート号(武 豊騎手)
発走地点で放馬した際、右膝蓋部挫創を発症したため


<明日の取消・変更等>

■第4回京都第2日(10月8日(日曜))

取消・変更等はございません(17時30分現在)


(JRA)

【サウジRC】追って一言2017年10月5日(木) 05:02

 ◆エングローサー・清水久師 「馬なりで動きは良かった。いい状態で臨める」

 ◆カーボナード栗田徹師 「動きは良かった。前走は最後に遊んでいるところがあった」

 ◆コスモインザハート・西園師 「しっかり動けていた。2回使って上積みがある」

 ◆シュバルツボンバー・野見山助手 「変わりなく順調。切れもあるし、スピードもある。折り合いに不安もない。完成度が高い」

 ◆スターリバー・萱野師 「前走は長距離輸送がこたえた感じ。疲れはとれて状態は上向き」

 ◆スワーヴエドワード・国枝師 「けいこだと張り切っていくが、競馬では落ち着いて走る。千六は合うと思う」

 ◆ソイルトゥザソウル・高市師 「いい状態を維持。折り合いに不安なく、もう少し下げた位置で競馬を」

 ◆ダノンプレミアム・猿橋助手 「動きは良かった。ジョッキーも“リラックスさせて仕掛けてから反応もしていた”と言ってくれている」

 ◆ダブルシャープ・米川昇師 「東京コースは向くと思いますので、適度に流れる展開なら、チャンスがあるとみています」

 ◆テンクウ奥村武師 「前走はもったいない競馬。動きがよくいい感じに仕上がっている」

 ◆ニシノベースマン・日高助手 「広いコースと輸送をクリアしてくれれば」

 ◆バイオレントブロー・佐々木師 「順調に仕上がっていますよ。相手なりに走れるタイプ」

 ◆ボウルズ・小崎師 「初めての長距離輸送だけど、うまく調整できた。長い直線は合いそう」

 ◆マイネルサイルーン・清水英師 「粗削りな面があり、もう少し大人になってほしい」

 ◆メイショウドウドウ・大林助手 「変わりなく順調。前走のようにはまってくれたら」

 ◆メルムサール田中剛師 「長くいい脚を使う馬で、根性もあり東京でも力は出せる」

 ◆ルッジェーロ・鹿戸師 「古馬と併せて余裕たっぷりで、動きは上々。涼しくなって体調アップ」

★サウジアラビアロイヤルCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【サウジRC】追って一言2017年10月5日(木) 05:02

 ◆エングローサー・清水久師 「馬なりで動きは良かった。いい状態で臨める」

 ◆カーボナード栗田徹師 「動きは良かった。前走は最後に遊んでいるところがあった」

 ◆コスモインザハート・西園師 「しっかり動けていた。2回使って上積みがある」

 ◆シュバルツボンバー・野見山助手 「変わりなく順調。切れもあるし、スピードもある。折り合いに不安もない。完成度が高い」

 ◆スターリバー・萱野師 「前走は長距離輸送がこたえた感じ。疲れはとれて状態は上向き」

 ◆スワーヴエドワード・国枝師 「けいこだと張り切っていくが、競馬では落ち着いて走る。千六は合うと思う」

 ◆ソイルトゥザソウル・高市師 「いい状態を維持。折り合いに不安なく、もう少し下げた位置で競馬を」

 ◆ダノンプレミアム・猿橋助手 「動きは良かった。ジョッキーも“リラックスさせて仕掛けてから反応もしていた”と言ってくれている」

 ◆ダブルシャープ・米川昇師 「東京コースは向くと思いますので、適度に流れる展開なら、チャンスがあるとみています」

 ◆テンクウ奥村武師 「前走はもったいない競馬。動きがよくいい感じに仕上がっている」

 ◆ニシノベースマン・日高助手 「広いコースと輸送をクリアしてくれれば」

 ◆バイオレントブロー・佐々木師 「順調に仕上がっていますよ。相手なりに走れるタイプ」

 ◆ボウルズ・小崎師 「初めての長距離輸送だけど、うまく調整できた。長い直線は合いそう」

 ◆マイネルサイルーン・清水英師 「粗削りな面があり、もう少し大人になってほしい」

 ◆メイショウドウドウ・大林助手 「変わりなく順調。前走のようにはまってくれたら」

 ◆メルムサール田中剛師 「長くいい脚を使う馬で、根性もあり東京でも力は出せる」

 ◆ルッジェーロ・鹿戸師 「古馬と併せて余裕たっぷりで、動きは上々。涼しくなって体調アップ」

[もっと見る]

【札幌2歳S】ロックV!オルフェ産駒重賞初陣飾った 2017年9月3日() 05:02

 第52回札幌2歳ステークス(2日、札幌11R、GIII、2歳オープン国際(特指)、馬齢、芝1800メートル、1着本賞金3100万円=出走14頭)クリストフ・ルメール騎乗で1番人気のロックディスタウンが中団の外めから進出し、ゴール手前で先頭に立ち押し切った。オルフェーヴルの初年度産駒は重賞初挑戦で初勝利。1分51秒4(良)。ルメール騎手は史上30人目のJRA重賞通算50勝を達成した。2着は4番人気のファストアプローチ。3着はホッカイドウ競馬所属で7番人気のダブルシャープだった。

 父譲りの末脚で牡馬を粉砕だ。ロックディスタウンが新種牡馬の父オルフェーヴルに初タイトルを贈るとともに、二ノ宮厩舎に13年連続の重賞Vをもたらした。JRA重賞、節目の50勝目で、この日5勝目となったルメール騎手は馬上で人差し指を立てて満面の笑みだ。

 「ちょうどいいポジションだった。直線は反応が鈍かったので、早くゴールしたかった。よく伸びた。走りますね」

 1コーナーで口向きの悪さを見せたが、中団で他馬の後ろにつけるとスッと折り合う。直線で先に抜け出したファストアプローチに並びかけると、鞍上の左ムチ2発に応え、グイッと伸びてクビ差で勝利を飾った。

 新潟の新馬勝ち後は福島・ノーザンファーム天栄に短期放牧へ出て、札幌に移動と長距離輸送が続いた。父譲りの激しい気性だが、レースでは集中し、馬主のサンデーレーシング・吉田俊介代表は「牧場でも競馬場でも、テンションが上がらないように適度に維持できていた」と振り返った。

 近日中に苫小牧・ノーザンファーム空港へ放牧に出る。次走は未定だが、吉田代表は「跳びが大きいので、広いコースの方がいい。それでも勝ったのは能力なんでしょう」と素質を高く評価。北の大地で輝きを放ったロックディスタウンが、来春のスター候補へ力強く名乗りを上げた。 (千葉智春)

★2日札幌11R「札幌2歳ステークス」の着順&払戻金はこちら レース後談話も掲載

ロックディスタウン 父オルフェーヴル、母ストレイキャット、母の父ストームキャット。栗毛の牝2歳。美浦・二ノ宮敬宇厩舎所属。北海道白老町・(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬。馬主は(有)サンデーレーシング。戦績2戦2勝。獲得賞金3849万7000円。重賞初勝利。札幌2歳Sは、二ノ宮敬宇調教師、クリストフ・ルメール騎手ともに初勝利。馬名は「曲名」。

[もっと見る]

【札幌2歳S】レースを終えて…関係者談話2017年9月3日() 05:01

 ◆蛯名騎手(ファストアプローチ2着) 「しっかり走れている。いい競馬をして負けたんだから仕方ない。これから良くなる」

 *東スポ杯2歳S(11月18日、東京、GIII、芝1800メートル)が視野に。

 ◆石川倭騎手(ダブルシャープ3着) 「直線もいい手応えでしたが、位置取りの差が出ました」

 ◆岩田騎手(シスターフラッグ4着) 「テンションが上がっていましたが、やはり走りますね」

 ◆北村友騎手(クリノクーニング6着) 「出が悪く、想定より後ろに。外から動かれたときに後手に回ったのが痛かった」

 ◆池添騎手(カレンシリエージョ10着) 「不利があったが、脚もなかった。立て直して頑張りたい」

★2日札幌11R「札幌2歳ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【札幌2歳S】オルフェ産駒のロックディスタウンがV 2017年9月2日() 15:33

 9月2日の札幌11Rで行われた第52回札幌2歳ステークス(2歳オープン、GIII、芝1800メートル、馬齢、14頭立て、1着賞金=3100万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気ロックディスタウン(牝、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)が8月の新潟の新馬勝ち(芝1800メートル)からの連勝で重賞Vを決めた。タイムは1分51秒4(良)。ロックディスタウンは中団追走から4コーナーで外めに出し、直線はパワーを要する洋芝を苦にすることもなく、力強く伸びて後続を振り切った。



 父オルフェーヴルは今年の新種牡馬で、産駒による重賞勝ちはこれが初めて。クリストフ・ルメール騎手はこの勝利が区切りのJRA重賞50勝目となった。

 クビ差の2着には好位から伸びたファストアプローチ(4番人気)、さらにアタマ差遅れた3着に最後方追走から大外を追い込んできたダブルシャープ(7番人気)。

 ロックディスタウンは、父オルフェーヴル、母ストレイキャット、母の父ストームキャットという血統。北海道白老町・社台コーポレーション白老ファームの生産馬で、馬主はサンデーレーシング。通算成績は2戦2勝。重賞初制覇。札幌2歳ステークスは、二ノ宮敬宇調教師、クリストフ・ルメール騎手ともに初優勝。

 ◆クリストフ・ルメール騎手(1着 ロックディスタウン)「ちょうどいいポジションだった。直線は反応が鈍かったので、早くゴールしたかった。よく伸びた。走りますね」



★2日札幌11R「札幌2歳ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダブルシャープの関連コラム

閲覧 355ビュー コメント 0 ナイス 4

 2歳最初のダートグレードとなる、エーデルワイス賞。ホッカイドウ競馬ではリリーカC、フローラルCに続く2歳牝馬三冠競走の最終戦として行われています。このレースは2013年には3連単1,227,740円が飛び出すなど、過去を遡っても高配当決着の連続。本命サイドの決着があたりまえとされる交流重賞の中で、もっとも非常識に荒れるレースです。

 対戦図式は、当然、地方勢VS JRA勢。ダートグレードではダントツでJRA勢の活躍が目立っていますが、このレースでは立場が逆転。過去10年で地方馬は5勝、2着は過去10年とも地方馬が独占しているほど。また、3着も地方馬が7回も入線していることから、地方馬が断然有利なレースと言えるでしょう。これは地方勢のほうがデビュー時期が早いことや番組が充実しているのが理由。キャリア数戦で挑まなければならないJRA勢はとても不利です。しかし、それでもJRAブランドに夢を託す傾向が強く、そのことも高配当続出の歴史に拍車を掛けているようです。

 その中でも最有力は、牡馬のトップクラスも集うホッカイドウ競馬の重賞ブリーダーズゴールドジュニアCの上位馬。ちなみにこのブリーダーズゴールドジュニアCは、いつも侮られがちですが、実はメンバー質の高いレース。現在、ホッカイドウ競馬で最上位のオヤコダカや今年のジャパンダートダービー馬ヒガシウィルウィン、先日のサウジアラビアRCに出走していたダブルシャープを生み出したレースであり、ここで上位入線すると、将来でそれなりの活躍が期待できるレースとなっています。

 よって、このレースで3着以内だった馬が、牝馬限定のエーデルワイス賞では有力。ブリーダーズゴールドジュニアCで3着以内だった馬のこのレースでの活躍は、過去10年で【3・2・0・1】。1着の該当馬は、2007年のマサノミネルバ、2008年のアンペア、2009年のオノユウ、2着の該当馬は、2010年のマツリバヤシ、2013年のシーキングブレーヴ。唯一の3着以下は、2008年のリロですが、この馬は前走のフローラルCで1.4秒差の大敗を喫して、下降線の状態でした。前走で大敗していなければ、エーデルワイス賞では十分狙いが立つでしょう。

 また、2009年以降は、エーデルワイス賞がダ1200m戦で行われることもあり、ダ1600m戦のブリーダーズゴールドジュニアC上位馬はやたらと人気を落とす傾向があります。しかし、それでも前走フローラC勝ちの2009年のオノユウはもちろん、2010年にマチリバヤシ(4番人気)や2011年にシーキングザブレーヴ(7番人気)がこのレースで2着入線しています。

 フローラルCの2着馬でもあるシーキングザブレーヴが、なぜ、このレースで7番人気だったのかわかりませんが、この年はJRA勢と前走JRAの500万下に出走して中途半端な着順に終わった地方馬が上位人気に支持されてました。前走芝のすずらん賞で10着に凡退していたシーキングザブレーヴは、ずいぶん地味に映ったのでしょう。それでもダート戦で強豪と互角に戦えたことにウソ、偽りはなく、だからこそ大舞台のここでも通用するのです。

 さらに、ブリーダーズゴールドジュニアCに次いで有力なのは、ホッカイドウ競馬の重賞・栄冠賞の連対馬。過去10年の栄冠賞で連対した馬のこのレースでの成績は、過去10年で【4・1・0・4】。勝ち馬は2007年のマサノミネルバ、2008年のアンペア、2009年のオノユウ、2015年のタイニーダンサー。マサノミネルバ、アンペアは、オノユウは、前記したブリーダーズゴールドジュニアCで3着以内だった馬。もう1頭のタイニーダンサーは、前走のフローラルCで2着馬を2.5秒差も突き放して大楽勝していました。

 つまり、ダ1200mの栄冠賞で短距離適性を証明し、ダ1600mのブリーダーズゴールドジュニアCやフロ―ラルCで能力の高さを見せた馬にとって、エーデルワイス賞で勝ち負けするのは、意外とちょろいこと。栄冠賞の勝ち馬でブリーダーズゴールドジュニアCで3着以内か、フロ―ラルCで大楽勝だった馬は、この舞台でかなり信頼ができます。過去の傾向からは、鉄板級の勝率。JRAの強豪に一発やられる可能性はあっても、対道営馬ならば、簡単に負けないでしょう。

 逆にJRA勢でどのよな馬が勝利しているのかというと、2011年・シェアースマイル、2013年・フクノドリーム、2014年・ウィッシュハピネスのように、ダートの新馬、未勝利戦で1.0秒差以上の圧勝の実績がある馬。もしくは逆に、今回が初めてのダート戦となるタイプで、2010年の勝ち馬リアライズノユメや昨年のリエノテソーロが初ダートでこのレースを勝利しています。この時期はJRAのダート番組が充実していないため、本質がダート馬でも芝のレースを使うことが多いためでしょう。

 リアライズノユメはこのレースが初ダートでしたが、この時期のJRA勢としては最多と言える5戦のキャリアを積み、このレースを制しました。リエノテソーロは芝の新馬戦、すずらん賞を連勝した馬。芝のレースでキャリアが豊富であるか、無敗でオープン勝ちレベルの馬ならば、積極的に本命にするのもありでしょう。ちなみにリアライズノユメは1勝目を挙げるのに、5戦を要したためにこのレースではJRA勢ながら7番人気という超人気薄でした。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・栄冠賞の勝ち馬かつブリーダーズゴールドジュニアCで3着以内、フローラルCで大楽勝だった馬。(フローラルC大楽勝の基準は2015年のタイニーダンサーで2着馬と2.5秒差)
 ・ブリーダーズゴールドジュニアCで3着以内だった馬。(前走1.4秒差以上負けていた馬を除く)

 ●穴馬候補
 ・今回が初ダートとなるキャリア5戦以上のJRA勢。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!


登録済みの方はこちらからログイン

2017年10月11日(水) 15:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(10/7〜10/9)山崎エリカプロが土曜京都10R◎○▲など、週間回収率152%でトップ!
閲覧 407ビュー コメント 0 ナイス 5



先週は、7(土)に東京競馬場でG3サウジアラビアロイヤルカップ、8(日)に東京競馬場でG2毎日王冠、9(祝月)に京都競馬場でG2京都大賞典がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3サウジアラビアロイヤルカップは、ハクサンフエロがハナに立ち2番手にダノンプレミアム、人気のステルヴィオは後方からとなって前半4Fを46.1秒(推定)で通過。依然先頭を行くハクサンフエロが2馬身ほどのリードを保ったまま3〜4コーナーを回って直線勝負へ。残り300mで2番手からダノンプレミアムがあっさりハクサンフエロを捉えると、後続からはカーボナードテンクウダブルシャープコスモインザハートボウルズらの伸び。1番人気ステルヴィオは後方から大外を回っての追撃となります。しかし、前を行くダノンプレミアムとの差はなかなか縮まらず。文字通り影を踏ませない快走を続けた2番人気ダノンプレミアムが圧勝V!2歳レコードのおまけ付きで無傷の連勝&重賞初制覇を決めています。2着には1番人気のステルヴィオがただ1頭33秒台の末脚でゴール前、内の各馬をまとめて交して1馬身3/4差で入り、そこから1馬身1/4差の3着には6番人気のカーボナードが入っています。
公認プロ予想家でははははふほほほプロ夢月プロ岡村信将プロ山崎エリカプロ河内一秀プロスガダイプロろいすプロほか計10名が的中しています。
 
G2毎日王冠は、スタート後数頭が雁行状態で出を窺うなか最内枠を利して1番人気ソウルスターリングが逃げの手に。2番手に収まったダイワキャグニーを従え、以下馬群は3分割される形で追走。2番人気マカヒキは先団グループの最後方、3番人気リアルスティールは中団馬群の先頭を進み、徐々に先頭からシンガリまで一団になりながらソウルスターリング先頭のまま直線へ。ダイワキャグニーヤングマンパワーらがソウルスターリングに並び掛け直線半ばを過ぎると、徐々にソウルスターリングは後退。代わってダイワキャグニーが先頭に立ち、外からはリアルスティールサトノアラジンヤングマンパワーあたりも追撃。残り100mを切ってリアルスティールが単独先頭に躍り出ると、後続を振り切ってそのままゴール。G1ドバイターフ以来の重賞3勝目を挙げています。クビ差の2着に5番人気サトノアラジン、そこから1馬身1/2差の3着にはゴール前で外を鋭く追い込んだ4番人気グレーターロンドンが入っています。
公認プロ予想家では加藤拓プロジョアプロ馬券生活プロほか計5名が的中しています。
 
G2京都大賞典は、ラストインパクトが逃げて前半1000m通過59.9秒(推定)の流れ。1番人気シュヴァルグランはこの流れを最後方追走から3コーナー手前から徐々に動き出す競馬、2番人気サウンズオブアース、3番人気ミッキーロケットは中団追走でコーナーを回って直線勝負へ。依然内ラチ沿いを粘るラストインパクトに、終始好位のイン追走から満を持して追い出されたトーセンバジルが迫り、内をスルスルと伸びてはスマートレイアー、外を通ってはシュヴァルグランといったところも脚色良く先団へ。残り100mを通過して、単独先頭に立ったトーセンバジルにこの2頭が一気の伸びで迫り、徐々にその差を詰めます。この争いをゴール直前で制したのは、3頭の真ん中を突いてラスト際立つ伸びを見せた4番人気スマートレイアーでした。粘り込みを図ったトーセンバジルを外から1/2馬身差し切って優勝。重賞4勝目を挙げています。1/2馬身差に6番人気トーセンバジル、そこからクビ差の3着にシュヴァルグランが入っています。
公認プロ予想家ではスガダイプロサラマッポプロ岡村信将プロほか計7名が的中しています。
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
7(土)京都10Rの◎○▲パーフェクト予想(馬券は◎の単勝と、◎○馬連的中)やG3サウジアラビアロイヤルカップの的中、8(日)京都10Rでの的中、9(祝月)京都10Rでの的中と、連日の好調予想を披露し、週末トータル回収率152%のトップ成績をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
9(祝月)の東京9Rで、馬連156倍+3連複321倍を的中し、47万8,700円払戻しのビッグヒットを披露!他にも8(日)東京8R,10Rなどの的中をマークした先週は、週末トータル回収率111%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
8(日)を京都1Rなどを仕留める活躍で的中率69%、回収率135%で終えると、9(祝月)は京都7Rでの11万9,000円払戻しのスマッシュヒットなどで大幅プラスを達成!週末3日間のトータルでは、回収率131%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
7(土)東京9Rで▲サクラルコール(単勝51.4倍)の単複をゲット。この日は他にも、G3サウジアラビアロイヤルカップ京都12Rの的中など、的中率68%、回収率154%の固め打ちを披露。9(祝月)もG2京都大賞典での◎▲○的中や東京7Rでの的中などの活躍を見せた先週は、トータル回収率116%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
7(土)の京都1Rの◎○馬連&ワイド的中で好スタートを切ると、東京9R(◎サクラルコールからワイト、単複的中)、8(日)京都9R、9(祝月)京都10Rなどで随所に好調◎を披露。3日間トータル回収率114%をマークしています。
 
 
 
この他にも、イータン育成プロ(127%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(119%)、馬っしぐらプロ(106%)、エース1号プロ(102%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年10月7日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第299回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜サウジアラビアロイヤルカップ G3
閲覧 645ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「サウジアラビアロイヤルカップ G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、テンクウから1.0ポイント差(約1馬身差)内のステルヴィオまで2頭。
第2グループ(黄)は、ソイルトゥザソウルから1.0ポイント差(約1馬身差)内のルッジェーロダブルシャープまで3頭。
第3グループ(薄黄)は、コスモインザハートから同差内のダノンプレミアムマイネルサイルーンまで3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、上位勢では第2→第3グループ間に2.2の溝が最大となっていて、それ以外にも1.0ポイント程度の開きがちらほら。しかし、いつも言うようにこの時期の2歳馬による争いで、これまでのキャリアや前走クラスなどによってバラつきが生じやすいことも事実。今回の伸びしろや、夜間のまとまった降雨による悪化が見込まれる土曜東京馬場への適性などによっては一気の跳ね上げも見込まれ、それら要素も重要なファクターと言えそうです。

そんなか、今回の私の本命は◎シュバルツボンバーとしました。重賞格上げ後の3回は、前走未勝利勝ち馬が3勝のサウジアラビアRC(初年度は“いちょうS”として施行)。新馬勝ち直後の馬たちのほうがアベレージは良いものの、勝ち切る馬は未勝利勝ちを経た馬たちという点は興味深いところです。今年もアタマという意味ではそんな未勝利を勝ち上がった直後の馬に期待しました。シュバルツボンバーの前走は、過去の好走馬たち同様に2番人気以内に推されての勝利。またこれも同様に、左回りマイルでの連対経験も兼ね備えている点にも好感。加えて、個人的には新馬戦で雨の降る稍重馬場でのレースを経験していることも強みになるのではないかとみています。大型馬の休み明けで強気にはなれませんが、入念に本数を乗り込まれ、古馬に先着する内容もみせているようなので期待。
○はカーボナード。◎同様に、前走人気で未勝利勝ち上がりかつ左回りマイル連対経験をもつ馬ですが、こちらは前走ゴール前余裕があったとはいえマークした指数がやや低い印象で2番手評価。
以下、▲ダノンプレミアム、☆ステルヴィオといったところを上位評価し、今回の私の馬券は◎○からの馬単で勝負としたいと思います。


【馬単フォーメーション】
◎○→印
3,13→2,3,5,9,10,13,14,16,17(16点)

[もっと見る]

2017年9月5日(火) 17:55 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』9/2,3の結果(札幌2歳S,新潟記念)
閲覧 255ビュー コメント 0 ナイス 1



9月2日(土)に行われました札幌11Rの「札幌2歳S G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【11位】△ロックディスタウン(3.0倍)
2着:総合ポイント【2位】△ファストアプローチ(8.9倍)
3着:総合ポイント【3位】△ダブルシャープ(17.8倍)

第4グループ・総合ポイント11位のロックディスタウンが1着、第2グループ・総合ポイント2位のファストアプローチが2着、第2グループ・総合ポイント3位のダブルシャープが3着という結果でした。

レース当日(後半)の札幌芝は外を回した差し馬が上位を独占。期待した◎ミスマンマミーアは直線脚を使ってくれましたが、枠順的にも内を通る形になってしまい、伸びきれませんでした。残念です(+_+) 


【馬連】
3→1,4,5,6,7,9,10,11,13,14

計10点 払い戻し0円


続いて9月3日(日)に行われました新潟11Rの「新潟記念 G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【4位】タツゴウゲキ(12.0倍)
2着:総合ポイント【3位】△アストラエンブレム(3.5倍)
3着:総合ポイント【2位】カフジプリンス(31.9倍)

第2グループ・総合ポイント4位のタツゴウゲキが1着、第2グループ・総合ポイント3位のアストラエンブレムが2着、第2グループ・総合ポイント2位のカフジプリンスが3着という結果でした。

かなりのスローペースとなり、前につけていた◎ソールインパクトには絶好の展開となりましたが、見せ場なく、、。
先行勢が掲示板を独占していただけに完敗です(・_・;) 


【ワイド流し】
10→2,6,8,11,14,16

【馬連流し】
10→2,6,8,11,14,16

計12点 払い戻し0円

[もっと見る]

2017年9月5日(火) 15:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(9/2〜9/3)今週は佐藤洋一郎プロ!土日収支108万プラスをマーク!
閲覧 517ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、2(土)に札幌競馬場でG3札幌2歳Sが、3(日)に小倉競馬場でG3小倉2歳S、新潟競馬場でG3新潟記念がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3札幌2歳Sは、外枠から押して出していきハナを奪ったサージュミノルに4コーナーでマツカゼが並び掛け、さらに外からファストアプローチも迫る展開で直線へ。抜け出したファストアプローチの直後からは、1番人気のロックディスタウンが伸びて2頭の叩き合いに。さらに後方からは石川倭騎手の右ムチに応えてダブルシャープも伸びを見せますが、2着争いまで。ゴール直前、ルメール騎手のゲキに応えてファストアプローチとの叩き合いを制したロックディスタウンがクビ差抜け出してレースを制しています。2着には4番人気ファストアプローチが入り、そこからアタマ差の3着には7番人気ダブルシャープが入っています。 
公認プロ予想家ではサウスプロスガダイプロサラマッポプロほか計9名が的中しています。
 
G3小倉2歳Sは、1番人気に推されたモズスーパーフレアを先頭に直線へ。内外に広がった中から、3番人気のアサクサゲンキが外を通って伸びて迫ると、直線半ばで単独先頭に躍り出ます。後方からはアイアンクローバーニングペスカペイシャルアスらも伸びてきてゴール前で2番手争いは横一線となりますが、先んじて抜け出していたアサクサゲンキのリードは依然十分。結局、1馬身1/4差をつけて悠々駆け抜けたアサクサゲンキが重賞Vを飾っています。2着には5番人気アイアンクローが入り、そこからクビ差の3着には7番人気バーニングペスカが入っています。
 公認プロ予想家では、山崎エリカプロほか計6名が的中しています。
 
G3新潟記念は、ウインガナドルが逃げて先頭で直線を迎えると、すぐさま2番手からタツゴウゲキが並び掛けそのまま先頭へ。馬場の真ん中を駆け抜けるタツゴウゲキに対し、内で粘りを見せるウインガナドル、さらには後続からはアストラエンブレムマイネルフロストロイカバードハッピーモーメントあたりも迫ります。なかなかタツゴウゲキと後続の差が詰まらないまま残り100mを切ると、ワンテンポ遅れてエンジン点火のカフジプリンスも上位争いに加わり最後の攻防となりますが、クビ差リードを保ったまま6番人気タツゴウゲキが振り切って優勝。連勝でサマー2000シリーズ王者に輝いています。2着には1番人気アストラエンブレムが入り、そこからハナ差の3着には12番人気カフジプリンスが入っています。
 公認プロ予想家では、スガダイプロきいいろプロくりーくプロ西野圭吾プロら計7名が的中しています。
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
2(土)新潟8Rで◎ウインミストレス(単勝35.3倍)からの3連複857倍的中し42万8750円の払戻しを記録!3(日)にも札幌10Rで19万350円のスマッシュヒットを披露すると、札幌12Rで◎ヴォカツィオーネ(単勝51.4倍)○キチロクステージ(単勝18.6倍)の本線からの3連単21万2180円馬券500円分の的中で106万900円払戻しをマーク!。週末トータル回収率267%、収支108万9250円プラスのトップ成績をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
2(土)を小倉6R小倉12Rなどのスマッシュヒットでプラス収支で終えると、3(日)は札幌2Rの20万オーバー払戻しなどで連日プラスを達成!土日トータル回収率109%をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →ジ ョ アプロ
2(土)は札幌12Rの◎ミスズダンディー(単勝53.4倍)などで好調予想を披露。3(日)は小倉10Rで3連単2,062倍を的中するなどの活躍を見せました!週末トータル回収率100%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
2(土)新潟9Rの◎サンシロウ(単勝28.6倍)、3(日)札幌12Rの◎ヴォカツィオーネ(単勝51.4倍)などで穴馬好走をズバリと仕留め、土日トータル回収率126%(両日プラス)をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
2(土)は札幌1R札幌2R新潟3Rと序盤で好調予想を連発すると、3(日)もG3 新潟記念での的中など安定した的中率をマークし土日プラスを記録。週末トータル回収率130%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
2(土)小倉7Rでの的中など高的中率で終えた先週は、週末トータル回収率128%を達成しています。
 
 
この他にも、西野圭吾プロ(108%)、セイリュウ1号プロ(105%)、河内一秀プロ(102%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年9月2日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第290回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜札幌2歳ステークス G3
閲覧 654ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!

本日は札幌11R「札幌2歳ステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、ミスマンマミーア1頭。
第2グループ(黄)は、ファストアプローチダブルシャープの2頭。
第3グループ(薄黄)は、コスモインザハートからディバインブリーズまでの4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと各グループ間に大きな溝が生まれています。ただし、キャリアの浅い2歳戦ですので額面通りには受け取れず、、非常に難解なレースと言えそうです。

さて、メンバーを見渡してもそれほどの差を感じないメンバー構成ですし、人気薄の馬から入りたいところ。私の本命は期待値込みで◎ミスマンマミーアにしたいと思います。1戦、2戦しか使っていない馬が多い中でこの馬は6戦出走、この豊富なキャリアはこの時期かなりのアドバンテージです。加えて、先週の札幌芝は差し・追い込み馬が大活躍!前走は唯一直線で目立つ脚を披露しての惜しい2着、末脚を生かすこの馬に馬場も味方してくれそうです。相手は波乱を期待して手広く流してみたいと思います。

【馬連】
3→1,4,5,6,7,9,10,11,13,14

計10点

[もっと見る]

ダブルシャープの口コミ


口コミ一覧

恥ずかしい馬予想2017.10.07

 DEEB 2017年10月7日() 07:41

閲覧 32ビュー コメント 0 ナイス 2

趣味が競馬です。へたくそです。当たりません…。
恥ずかしい予想を…記録用に書きます。
今日も競馬を楽しみましょう。

東京11R サウジアラビアロイヤルカップ(GIII) 2歳オープン(国際)(特指)
◎16 ステルヴィオ
○ 2 ダノンプレミアム
▲ 6 ダブルシャープ
△ 3 シュバルツボンバー
× 9 コスモインザハート

京都11R 平城京ステークス 3歳以上1600万下(混合)(特指)
◎ 9 ★エポック
○11 クリノリトミシュル
▲ 1 ストロングバローズ
△ 7 テンザワールド
×12 ヨシオ

今日の予定は、病院に行く予定だけです。
ですので、病院のあと、京都に行こうかな。

 ムーンホーセズネック 2017年10月2日(月) 21:27
競馬検討 サウジアラビアロイヤルカップ
閲覧 64ビュー コメント 0 ナイス 9

サウジアラビアロイヤル

イイコトズクメ さて?

エングローサー さて?

カーボナード 瞬発力は上位の可能性

コスモインザハート 瞬発力?

シュバルツボンバー さて?

スターリバー 逃げて?

ステルヴィス 瞬発力?

スワーヴエドワード 父エイシンフラッシュ

ソイルトゥザソウル 有力

タニノミステリー さて?

ダノンプレミアム 真価問われて

ダブルシャープ 瞬発力があれば

テンクウ 瞬発力折り紙付き

ニシノベースマン さて?

バイオレントブロー 瞬発力優秀

ハクサンフエロ 逃げて

ボウルズ 父エイシンフラッシュ

マイネルサイルーン さて?

メイショウドウドウ さて?

メルムサール 瞬発力?

ルッジェーロ 瞬発力折り紙付き

[もっと見る]

 DEEB 2017年9月2日() 10:39
恥ずかしい馬予想2017.09.02
閲覧 53ビュー コメント 0 ナイス 2

趣味が競馬です。へたくそです。当たりません…。
恥ずかしい予想を…記録用に書きます。
今日も競馬を楽しみましょう。

新潟 8R 3歳以上500万下牝[指定]
◎11 ピアノイッチョウ
○15 ☆チャームクォーク
▲ 4 クリノヴィクトリア
△ 9 マースチェル
× 6 ウインミストレス

新潟11R 長岡ステークス 3歳以上1600万下(混合)(特指)
◎12 ストーミーシー
○ 4 ハクサンルドルフ
× 2 ☆ペガサスボス

小倉 6R 3歳未勝利牝
◎18 ★レッドジュラーレ
○17 フィップル
▲ 3 アバルラータ
△10 プライムタイム
×13 ファーマシスト

小倉 8R 3歳以上500万下(混合)
◎13 ヴェンジェンス
○16 ☆スターペスユウコ
▲ 8 アスカノハヤテ
△ 1 キングズアフェアー
× 3 デイジーフローラ

小倉11R 北九州短距離ステークス 3歳以上1600万下(混合)
◎16 オーヴィレール
○ 1 ニシオボヌール
×11 ☆スマートカルロス

札幌 8R 3歳以上500万下(混合)(特指)
◎ 5 ★ドロウアカード
○ 9 ルナーランダー
▲16 グレンマクナス
△ 4 マイネルクラフト
× 8 ゴージャスガール

札幌10R 札幌スポニチ賞 3歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 3 ペイシャフェリシタ
○ 9 デスティニーソング
▲14 アットザシーサイド
△16 ☆イキオイ
×12 マイネルエスパス

札幌11R 札幌2歳ステークス(GIII) 2歳オープン(国際)(特指)
◎13 マツカゼ
○ 7 ダブルシャープ
▲10 クリノクーニング
△ 3 ミスマンマミーア
× 8 ディバインブリーズ

札幌12R 日高特別 3歳以上1000万下(混合)(特指)
◎ 3 ★トリコロールブルー
○ 7 ハナズレジェンド
▲ 1 フォワードカフェ
△ 8 アンドリエッテ
× 4 クラウンディバイダ
☆ 6 トーセンラーク

8月の馬券の結果は、絶不調で完敗で最低でした。
9月は、きっと、不調の波から脱出できるか、波を乗り切るか、波に飲み込まれるか、はてさてどうなる?

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダブルシャープの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ダブルシャープの写真

ダブルシャープ
ダブルシャープ

ダブルシャープの厩舎情報 VIP

2017年10月7日サウジアラビアRC G36着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ダブルシャープの取材メモ VIP

2017年10月7日 サウジアラビアRC G3 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。