注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます!

ポポカテペトル(競走馬)

注目ホース
ポポカテペトル
ポポカテペトル
写真一覧
現役 牡3 芦毛 2014年2月22日生
調教師友道康夫(栗東)
馬主金子真人ホールディングス 株式会社
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 5戦[2-0-0-3]
総賞金2,601万円
収得賞金900万円
英字表記Popocatepetl
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ミスパスカリ
血統 ][ 産駒 ]
Mr. Greeley
ブルーアヴェニュー
兄弟 マウントロブソンハワイアンソルト
前走 2017/04/29 テレビ東京杯青葉賞 G2
次走予定

ポポカテペトルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/04/29 東京 11 青葉賞 G2 芝2400 12449.134** 牡3 56.0 C.ルメー友道康夫474(-8)2.24.2 0.635.2⑥④アドミラブル
17/03/11 阪神 9 ゆきやなぎ賞 500万下 芝2400 8228.131** 牡3 56.0 和田竜二友道康夫482(+6)2.28.4 -0.334.4エーティーラッセン
17/01/15 中山 11 京成杯 G3 芝2000 15347.8410** 牡3 56.0 戸崎圭太友道康夫476(-2)2.03.3 0.836.8④④④コマノインパルス
16/12/25 阪神 6 2歳500万下 芝2000 8114.935** 牡2 55.0 A.シュタ友道康夫478(-6)2.05.2 0.235.5④④ダノンディスタンス
16/11/20 京都 5 2歳新馬 芝2000 10113.321** 牡2 55.0 R.ムーア友道康夫484(--)2.03.6 -0.034.8シャドウマリア

ポポカテペトルの関連ニュース

 ◆秋山騎手(アドマイヤウイナー3着) 「具合は良かったが、1、2着馬がスッと動いたときに少し置かれた。長い距離はいいと思う」

 ◆ルメール騎手(ポポカテペトル4着) 「距離はちょうどいいと思うが、まだ体が緩くてエンジンがかかるのに時間がかかった」

 ◆柴山騎手(サーレンブラント5着) 「真面目すぎる面があって、2コーナーぐらいまで行きたがっていた。最後までジリジリ伸びているので力はある」

 ◆内田騎手(ダノンキングダム6着) 「まだ全体的に緩いけど、実が入ってパンとすれば良くなるよ」

 ◆戸崎騎手(トリコロールブルー7着) 「使うたびにテンションが高くなっている。最後はガス欠みたいになって、踏ん張りが利かなかった」

 ◆田辺騎手(イブキ8着) 「行く馬を行かせて、理想通りの競馬はできた」

 ◆柴田大騎手(マイネルスフェーン9着) 「休み明けのぶん、テンションが高かった。でも、馬はずいぶん良くなっている」

 ◆北村宏騎手(タガノアシュラ10着) 「まだ後ろ(トモ)に緩い面もあり、最後は苦しくなった」

 ◆蛯名騎手(スズカロング11着) 「ペースが速くて、なし崩しに脚を使わされた」

 ◆川又騎手(アグネスウイン12着) 「相手が強かったです」

★29日東京11R「青葉賞」の着順&払戻金はこちら

【青葉賞】厩舎の話2017年04月28日(金) 05:01

 ◆アドマイヤウイナー・須貝師 「リラックスして走れれば、長くいい脚を使う」

 ◆アドミラブル・Mデムーロ騎手 「前走はめちゃくちゃ強かった。重賞でも楽しみ」

 ◆イブキ奥村武師 「今週もしっかり動けていた。田辺騎手も自分からハミを取って動けていたと言っていた」

 ◆サーレンブラント・戸田師 「前走は工夫して折り合えた。しまいを生かす競馬で」

 ◆スズカロング・橋田師 「芝の長い距離は向くと思う」

 ◆タガノアシュラ・五十嵐師 「自分のペースで行ければ」

 ◆ダノンキングダム・安田隆師 「左回りはいい。流れに乗った競馬ができれば」

 ◆トリコロールブルー・友道師 「左回りは相性がいい」

 ◆ベストアプローチ・岩田騎手 「いい状態。すごく乗りやすい」

 ◆ポポカテペトル・友道師 「直線の長い東京は合うと思う」

 ◆マイネルスフェーン・手塚師 「久々でも力を出せる仕上がり」

[もっと見る]

【青葉賞】追って一言2017年04月27日(木) 05:03

 ◆アドマイヤウイナー・須貝師 「今週はサッと。リラックスして走れれば長くいい脚を使う」

 ◆サーレンブラント・戸田師 「状態はいい。器用さはないが、調教でもしっかり動けるようになっている」

 ◆スズカロング・橋田師 「順調にきているし、芝の長い距離は向く」

 ◆ダイシンクイント・日高助手 「距離はちょっと長い感じ。相手もそろったし、どこまで」

 ◆タガノアシュラ・五十嵐師 「具合は良さそう。自分のペースで行ければいい」

 ◆ダノンキングダム・安田隆師 「動きも良く、たくましくなった。左回りはいい」

 ◆トリコロールブルー・友道師 「疲れが残らないようにサッと。前走は不完全燃焼。左回りは相性がいい」

 ◆ベストアプローチ・岩田騎手 「動きは良かった。いい状態で臨めそう。すごく乗りやすい」

 ◆ポポカテペトル・友道師 「坂路のけいこは走らない。直線の長い東京は合うと思う」

 ◆マイネルスフェーン・手塚師 「動きは悪くないね。力を出せる仕上がり。成長力もある」

青葉賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【青葉賞】トリコロールブルーに松館助手期待2017年04月26日(水) 05:02

 友道厩舎は2頭がスタンバイ。スプリングS5着のトリコロールブルーは「前走は流れが向かなかったし、外々を回らされる競馬になった。中間の動きは文句なく東京コースも結果が出ているので」と松館助手は期待する。ゆきやなぎ賞を楽勝したポポカテペトルは「前走はスムーズに走って勝ってくれた。切れないがレース上手で乗りやすい。デキは前走より良さそう」と大西助手は状態に太鼓判を押す。

青葉賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【青葉賞】レース展望 2017年04月24日(月) 17:11

 東京2週目のメインは土曜に行われるダービートライアルの青葉賞(GII、芝2400メートル)。本番と同じ舞台で争われる一戦で、上位2頭にダービーの優先出走権が与えられる。第1回(1994年)のエアダブリンをはじめ、2002年のシンボリクリスエス、03年のゼンノロブロイ、06年のアドマイヤメイン、11年のウインバリアシオン、12年のフェノーメノはここを勝って本番でも2着に好走しており、最高峰の舞台への切符をかけた一戦は見逃せない。

 最大の注目は、未勝利戦、500万下と圧倒的な強さで連勝中のアドミラブル(栗東・音無秀孝厩舎、牡)。デビュー戦こそのどの疾患が影響して9着に敗れたが、のどを手術して立て直してから圧巻のパフォーマンスを見せている。未勝利戦(阪神芝1800メートル)の走破タイム1分45秒8は同日の古馬オープン特別・大阪城Sの勝ちタイムより1秒3も速く、距離を2400メートルに延長した前走のアザレア賞は2番手から楽に抜け出し、余力を残して2着に3馬身差をつけた。今年59勝とリーディングを独走しているミルコ・デムーロ騎手と前走に続いてコンビを組む。ダービーを3勝し、皐月賞も一昨年、昨年と制覇したディープインパクト産駒。伯父に皐月賞ヴィクトリー、祖母のきょうだいにダービー馬フサイチコンコルド皐月賞アンライバルドなど、母系からは一流馬が多く出ており、血統背景も超一流だ。ダービーに出走しても注目を集めるであろう好素材で、レースぶりに期待が高まる。

 もちろん、他も素質馬ぞろいだ。昨年のダービーをマカヒキで制した栗東・友道康夫厩舎は2頭を送り出す。トリコロールブルー(牡)は重賞初挑戦となった前走のフジテレビ賞スプリングSで、メンバー最速タイの上がり3ハロン35秒5をマークして0秒3差の5着と健闘。左回りは2戦2勝で、東京で500万下・フリージア賞を勝っているだけに、コース替わりは歓迎だろう。半兄ワールドインパクト(父ディープインパクト)が14年にこのレースで2着と好走している点も強調材料。今回はフリージア賞と同じ戸崎圭太騎手とのコンビで臨む。

 ディープインパクト産駒のポポカテペトル(牡)は、芝2400メートルで前走のゆきやなぎ賞を圧勝。全兄に昨年のフジテレビ賞スプリングSを勝ったマウントロブソンがおり、伯父には芝とダートでGIを制したクロフネがいる。こちらも潜在能力はヒケを取らない。

 マイネルスフェーン(美浦・手塚貴久厩舎、牡)は重賞で2、3着と好走。特に2走前のホープフルSでは、ダービーでも有力視されるレイデオロに0秒2差と食い下がっており、安定してしぶとい脚を使える点が魅力だ。筋肉痛でひと息入れて3カ月ぶりとなるが、「牧場でも十分に乗り込み、1週前は長めからビシッと負荷をかけた」と手塚調教師が話すように、態勢はきっちりと整いつつある。

 前走の水仙賞を逃げ切ったイブキ(美浦・奥村武厩舎、牡)も新潟2歳Sで3着と好走実績がある。距離が延びて持ち味を発揮するタイプが多いルーラーシップ産駒で、陣営も「距離は延びた方がいい」と自信を示している。奥村武調教師&田辺裕信騎手のコンビは、23日のサンスポ賞フローラSで1番人気に支持されたホウオウパフュームが8着と悔しい思いをしただけに、力が入るところだろう。

 大寒桜賞の勝ち馬は2014年から3年連続で2着と好走している。今年の勝ち馬アドマイヤウイナー(栗東・須貝尚介厩舎、牡)は、伯母にマイルCSを制したブルーメンブラットがいる良血。父が英ダービーと凱旋門賞を制したワークフォース、母の父が菊花賞ダンスインザダークというスタミナに優れた配合で、距離延長は望むところだろう。デビュー2戦目の札幌2歳Sで3着の実績があるように、ここでも上位争いできるだけの力はある。

 他にも、今回と同じ東京芝2400メートルで500万下・ゆりかもめ賞を勝ったダノンキングダム(栗東・安田隆行厩舎、牡)、2歳時にデビュー戦、オープン特別・芙蓉Sと連勝したキングズラッシュ(美浦・久保田貴士厩舎、牡)、函館芝1800メートルの2歳コースレコードを保持するタガノアシュラ(栗東・五十嵐忠男厩舎、牡)、英ダービー馬ニューアプローチの産駒ベストアプローチ(栗東・藤原英昭厩舎、牡)などが、夢の大舞台を目指す。

青葉賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【テレビ東京杯青葉賞】特別登録馬2017年04月23日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

ポポカテペトルの関連コラム

閲覧 613ビュー コメント 0 ナイス 1

4月30日(日)に行われました京都11Rの「天皇賞(春) G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】◯キタサンブラック(2.2倍)
2着:総合ポイント【3位】▲シュヴァルグラン(12.0倍)
3着:総合ポイント【2位】◎サトノダイヤモンド(2.5倍)

第1グループ・総合ポイント1位のキタサンブラックが1着、第1グループ・総合ポイント3位のシュヴァルグランが2着、第1グループ・総合ポイント2位のサトノダイヤモンドが3着という結果でした。

当日は超がつく高速レース、軒並み内枠・先行馬が活躍していましたので、外すならこの結果かと覚悟はしていましたが、、やはりです。印もかなり絞ったので3連複が正解でしたね。しかし、キタサンブラックは本当に強い競馬。個人的にはサトノが内枠を引いても勝てなかったと思いました。今から凱旋門賞が非常に楽しみで仕方ありません!(^^)!

【3連単1着ながし】
15

1,3,6

計6点 払い戻し0円



続いて4月29日(土)に行われました東京11Rの「青葉賞G2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】○アドミラブル(1.5倍)
2着:総合ポイント【3位】▲ベストアプローチ(11.7倍)
3着:総合ポイント【8位】☆アドマイヤウイナー(20.2倍)

第1グループ・総合ポイント1位のアドミラブルが1着、第2グループ・総合ポイント3位のベストアプローチが2着、第3グループ・総合ポイント8位のアドマイヤウイナーが3着という結果でした。

ポポカテペトルが4着に沈み、終わってみれば○▲☆の順で決着......((+_+))。直線を向いた時に、○アドミラブルが◎よりも前にいた時点で馬券の負けは確定的だったので、早めに観戦モードに切り替えて見るレースとなってしまいました。それにしても○アドミラブル、そのレースぶりといい時計といい、ド派手でしたね。今年のダービーをさらに盛り上げてくれる存在の誕生に、今から5.28が楽しみです。

【馬単】
◎→○
4→10(1点)

【馬連流し】
◎=印
4=2,6,9,10,11,12(6点)

計7点 払い戻し0円


登録済みの方はこちらからログイン

2017年04月29日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第267回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜テレビ東京杯青葉賞 G2
閲覧 799ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「テレビ東京杯青葉賞 G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、アドミラブル1頭のみ。
第2グループ(黄)は、トリコロールブルーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のベストアプローチイブキダノンキングダムポポカテペトルまで5頭。
第3グループ(薄黄)はタガノアシュラから同差内のアドマイヤウイナーまで2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、アドミラブルが2位以下に3.1ポイント差をつけていて、以下は第3グループまで僅差で続く配置に。この時期の3歳馬ですので、戦歴の差などから指数的にバラつきが生じやすい故、1位→2位間を含めその差が絶対的なものかどうか慎重に見極める必要があるのではないでしょうか。

そんな中、今回の私の本命は◎ポポカテペトルとしました。手頃な頭数で、大方の馬はスロー寄りのペースで運ぶレースになるであろう今年の青葉賞。安定した先行力が武器のこの馬に向く展開になるとみて本命視。当日激変していなければおそらく先週同様の内・先行有利な状況が継続しているであろう今の東京競馬場の馬場も、追い風になるのではないでしょうか。もちろん、力量差が大きくないとみられる2番手以下僅差の構図や、それを埋めるには十分過ぎる頼もしい鞍上というのも本命視した大きな理由です。あとは、関東への輸送経験があるというのもこの時期の関西馬としてはアドバンテージになるとみています。
○はアドミラブル。前走は指数的にもハイレベルで、ここは通過点でその先のG1でもと思わせる優秀な内容だったと思います。ただ、今回は初輸送でもあり、おそらく断然人気で迎えるであろう初関東圏、というか初他場でのレース。人気になることが明白で、不確定要素を抱えている以上本命視はし辛いので対抗視。コラムコンセプトとはズレますが、馬券戦略を別にして考えるとこの馬のレースぶりは非常に楽しみではあるのですが......。
以下、▲ベストアプローチ、☆アドマイヤウイナーといったところを上位評価し、今回の私の馬券は◎→○の馬単と◎からの馬連で勝負とします。


【馬単】
◎→○
4→10(1点)

【馬連流し】
◎=印
4=2,6,9,10,11,12(6点)

計7点

[もっと見る]

2017年01月19日(木) 18:52 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(1/14〜1/17)佐藤洋一郎プロが回収率215%、収支+81万超!
閲覧 856ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は14(土)にG3愛知杯が、15(日)にG3京成杯、17(火)にG2日経新春杯がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3愛知杯プリメラアスールがレースを引っ張って直線コースへ。すぐさま逃げるプリメラアスールを馬なりで交わしてサンソヴールが先頭!内からはクインズミラーグロマラムデール、外からアンジェリックがこれを追います!残り200mを通過、態勢変わらず逃げ込みを図るサンソヴール、しかしここで大外からマキシマムドパリがエンジン点火、1頭違う脚で猛追してきます!残り50m、ここであっさりサンソヴール捉えると最後は流して余裕の1着!5歳で嬉しい初重賞制覇となりました!1馬身半差の2着にサンソヴール、そこから1馬身差の3着にマラムデールが入っています。
 
公認プロ予想家では山崎エリカプロ他9名が的中させています。
 
 
G3京成杯メリオラが先頭で直線コースへ。逃げるメリオラのリードは半馬身、2番手にベストリゾート、後続は固まってポポカテペトルバリングラアサギリジョーコマノインパルスが並んで追い出しにかかります。残り200mを通過、ここで外からまくるように進出したコマノインパルスが一気に前を捉えて先頭!さらには大外からガンサリュートが良い脚で追い込んで2頭が抜け出しての追い比べ!ゴール前は激しい叩き合いとなりましたが、わずかにコマノインパルスガンサリュートの追撃を振り切り、重賞初制覇となりました!クビ差の2着にガンサリュート、そこから半馬身差の3着にマイネルスフェーンが入っています。
 
公認プロ予想家では山崎エリカプロ他7名が的中しています。
 
 
G2日経新春杯ヤマカツライデンが先頭で直線コースへ。逃げるヤマカツライデンのリードは2馬身、2番手に抜群の手応えでミッキーロケット、これをマークするようにシャケトラ、やや間があいてモンドインテロの態勢。残り200mを通過、逃げるヤマカツライデンを捉えたミッキーロケットシャケトラの2頭が抜け出して激しい叩き合い!内ミッキーロケット、外シャケトラ!ゴール前まで続板壮絶なデットヒートは僅かに内ミッキーロケットがハナ差シャケトラを抑え込んで優勝しました!ハナ差の2着にシャケトラ、そこから2馬身差の3着にモンドインテロが入っています。
 
公認プロ予想家ではKOMプロ他7名が的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
14(土)中山7Rで『潜在能力は高い。B着怖がり馬がやっと引き当てた外枠。激変!』と狙った単勝137.4倍の大穴◎ダイワチャーチルからの3連複3970倍を200円的中させ、79万4040円を払い戻しました!この他にも17(火)京都9Rで3連単2468倍、16(月)中京12Rで◎マイネルツィールの単複、3連複349倍を400円的中させ、19万9780円を払い戻すなど冴えわたる予想を披露!週末トータル回収率215%、収支プラス81万9220円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →ゼット1号プロ
14(土)中山2Rで◎○▲の本線決着!単勝22.3倍、ワイド40.7倍、3連複75.3倍を仕留め、16万310円を払い戻しました!17(火)の京都4Rでも13万6750円を払い戻すなど的中を連発させ、週末トータル回収率196%、収支プラス59万9120円の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →dream1002プロ
14(土)京都8Rで『距離短縮に期待を寄せるスターリーウインド。ロスの多い競馬になった前走と一変して直線怒涛のキレを魅せる筈。』と狙い打ったスターリーウインドが見事1着!◎▲△の印で3連単408倍を300円的中させ、12万2580円を払い戻しました!同日の京都12Rでも◯◎△の印で3連単1418倍を的中させました!週末トータル回収率168%、収支プラス11万6380円をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →マカロニスタンダーズプロ
14(土)京都11Rで単勝22.8倍の伏兵◎トーキングドラムの単複を仕留め、4万4800円を払い戻し!この他にも勝負レースに指定した15(日)中山9Rで◎アールプロセスの単複を仕留め、4万1600円払い戻すなどコンスタントに的中を重ね、週末トータル回収率156%、収支プラス14万7020円をマークしています。
 
この他にも馬っしぐらプロ蒼馬久一郎プロ山崎エリカプロろいすプロシムーンプロきいいろプロサウスプロが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
  
※全レースの結果速報はこちら
    
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

ポポカテペトルの口コミ


口コミ一覧

馬券メモ(20174/29・30)

 銀色のサムライ 2017年05月01日(月) 19:53

閲覧 31ビュー コメント 2 ナイス 7

先週の予想コロシアムは36レース予想したんですけど、
的中したのは上位人気の複勝1点のみ…(ToT)

酷い予想ばかりでしたが、敗因を掴んでおかないと取り返しのつかない事になりますので、
ここでしっかりとレース回顧をしていきたいと思います。


【3回京都3日】

■7R レイリオン 2人気9着

京都芝1200mで新馬勝ちした馬なんですけど、直線に向いた時に手応えがもういっぱい。
敗因が不明確な負け方でした。

■8R コパノリスボン 1人気4着

上位馬は道中で内めを回っていましたから、
好位の外々を回っていたこの馬にとっては厳しい展開になってしまいました。

■9R ソーグリッタリング 3人気2着

好位から上手くレースを運んでいましたし、
直線の内ラチ沿いから突き抜けそうな感じがありましたが、もう一歩足りませんでした。

■10R ジャズファンク 8人気4着

脚を溜める事に専念したかのような競馬でした。
ハービンジャー産駒のこの馬にとっては決着時計も速すぎた印象です。

■11R ナンチンノン 5人気8着

好スタートからスムーズに先行できましたが、
コウエイエンブレムに格の違いを見せつけられてしまいましたね。
元々ムラのある馬なので、◎で勝負するべき馬ではありませんでした。

■12R ワンダーアビルマン 3人気12着

昇級初戦でも大丈夫だと思っていましたが…。
完敗でしたので、1000万下では厳しいですね。


【2回東京3日】

■7R ペルランヴェール 1人気2着

スタートで出遅れて、押せども押せども前に進まない、という最悪な展開でしたが、
馬の能力だけで2着に入ってきました。

■8R アオイサンシャイン 1人気3着

それなりの競馬は出来ているんですが、東京だと瞬発力に欠けますね。
過剰人気気味でしたし、もっと深く考えるべきでした。

■9R アヴニールマルシェ 1人気2着

直線で追い出すまでに時間が掛かってしまいました。
最後も良く伸びているんですけど、いつも他馬に足元をすくわれてしまいます。

■10R バイオンディップス 5人気8着

意識的に控える競馬を試した、という印象を持ちました。
クラス慣れするまでにはまだまだ時間がかかりそう。

■11R(青葉賞)ポポカテペトル 3人気4着

もっと積極的な競馬をしてほしかったのですが、テン乗りでは無理でしょうね。
でも、100点満点のレースをしてもアドミラブルにはちぎられていたのでしょうから、
現時点では重賞で勝ち負けするレベルまで来ていない、という事がハッキリしました。

■12R イダクァイマ 7人気8着

好位から粘り込む、という競馬を考えていたんでしょうけど、結果的には差し・追い込み決着に。
展開が噛み合えばもっとやれる馬だと思います。


【1回新潟1日】

■7R ウィズアットレース 5人気15着

好スタートからスムーズに先行していましたが、4角入口付近でもう一杯一杯でした。
ダートは全く合わないようです。

■8R リリーシューター 7人気5着

最内枠からコースロスの少ない競馬を試みての5着ですから、
今回は上位馬が強かった、という事なのだと思います。

■9R コパノマイケル 1人気1着

2番手の外め、という絶好位から楽に突き抜けました。
馬券は相手抜けで外しています。

■10R アースミステリー 6人気5着

好位で流れに乗る競馬だったんですけど、
差し馬向きの展開になってしまったようです。

■11R ライトフェアリー 1人気4着

初の直線競馬+昇級初戦という状況でしたが、よく頑張っていたと思います。
でも、この馬が1番人気になってしまうとは…。
もっとオッズの動きをよく見なければいけませんね。

■12R スクエアゴールド 3人気14着

新潟がダメなのか、左回りがダメなのか。
ここまでボロ負けするとは…。


【3回京都4日】

■7R ヴァーサトル 2人気3着

ロスのない競馬をしての3着。
現状の力を全て出し切ってこの結果ですから、仕方ないと思うしかありません。

■8R ウェーブヒーロー 5人気9着

今の京都で外枠を狙っているようじゃダメです。
こういう自滅のような外し方を無くしていかないといけません。

■9R ラルク 2人気10着

芝1800mの持ち時計を比較してみると、メンバー中最低。
高速馬場が不向きなディープ産駒である事に気付いたのはレース後になってから…(>

 DEEB 2017年04月30日() 07:21
恥ずかしい馬予想2017.04.29[結果]
閲覧 19ビュー コメント 0 ナイス 2

東京 8R 4歳以上500万下牝[指定]
◎ 8 アオイサンシャイン…3着
○13 フラマブル…5着
×11 ☆フローラルダンサー …1着
[結果:アタリ○ 複勝11 640円、ワイド8-11 1,290円]

東京10R 春光ステークス 4歳以上1600万下(混合)[指定]
◎13 クリノリトミシュル…7着
○ 4 ウインユニファイド…2着
× 7 ☆デビルズハーツ…1着
[結果:アタリ○ 複勝7 770円、ワイド4-7 2,800円]

東京11R テレビ東京杯青葉賞(GII) 3歳オープン(国際)(指定)
◎11 ★トリコロールブルー …7着
○10 アドミラブル…1着
▲ 7 ☆マイネルスフェーン…9着
△ 9 ベストアプローチ…2着
× 5 ☆ダノンキングダム…6着
× 4 ポポカテペトル…4着
[結果:アタリ△ 馬連9-10 780円]

京都 9R あやめ賞 3歳500万下(混合)(特指)
◎ 3 フィアーノロマーノ…8着
○10 ドリームソルジャー …4着
▲12 インウィスパーズ…11着
△ 5 ソーグリッタリング…2着
× 7 アンセム…6着
[結果:ハズレ×]

京都10R 烏丸ステークス 4歳以上1600万下(混合)[指定]
◎10 サラトガスピリット…1着
○ 5 ペンタトニック…8着
▲ 4 キンショーユキヒメ…7着
△ 9 ダノンアローダ…10着
× 2 ジャズファンク…4着
[結果:ハズレ×]

京都11R 天王山ステークス 4歳以上オープン(混合)[指定]
◎15 ナガラオリオン…4着
○ 5 スマートアヴァロン…2着
▲ 9 ブルドッグボス…5着
△10 コウエイエンブレム…1着
× 4 ニットウスバル…3着
[結果:ハズレ×]

新潟 4R 障害4歳以上オープン(混合)
◎11 サトノギャラント…2着
○ 5 ☆ダローネガ…中止
▲ 4 シベリアンタイガー …5着
△ 2 プリンスダム…11着
× 1 アムールスキー …3着
[結果:ハズレ×]

新潟7R 4歳以上500万下牝[指定]
◎ 9 ティアップブロンド…10着
○ 5 トップライセンス…1着
× 7 ☆ワタシダイナマイト…13着
[結果:ハズレ×]

新潟10R ゆきつばき賞 3歳500万下(混合)(特指)
◎10 ゲンパチケンシン…11着
○16 ブレイヴバローズ…3着
▲ 4 ポンポン…2着
× 7 ☆スズカアカデミー …6着
[結果:ハズレ×]

今日は休みで、予定はありません。
久しぶりに、京都にでも行こうかな。

[今日の結果:9戦2勝6敗1分]
京都では3敗でした。
ズバッと当てたいです。

[もっと見る]

 銀色のサムライ 2017年04月29日() 16:30
天皇賞・春 予想
閲覧 79ビュー コメント 0 ナイス 8

青葉賞はアドミラブルが大楽勝をおさめました。

今回のメンバーでは実力が全然違いましたね。
ダービーに向けては何とも言えない、という状況ですけど、
目いっぱい走っている感じはしなかったので、
今年の3歳牡馬勢であれば、青葉賞組初のダービータイトル獲得、なんてシーンがあるかもしれません。

POG馬のトリコロールブルーとポポカテペトルは完敗。

トリコロールブルーは馬体を減らしてイレ込む、という最悪な状態でした。
元々使い込めなかった馬ですから、1ヶ月間隔で3走する状況は厳しかったのでしょう。
ダービー出走を最低ラインと考えてPOGに指名した馬だったんですけどね…。

一方、ポポカテペトルはマイネルスフェーンの位置にいなければ勝負になりません。
でも、ルメール騎手は積極的な競馬をするタイプじゃないので、
中途半端なレース運びになるところまで考えなければいけませんでした。

これで今季のPOGは重賞未勝利になりそうです。
ウマニティPOG初年度の2013−2014シーズンから重賞勝ち馬を1頭ずつ出していたので、
今季も最低1頭は重賞勝ち馬を出したかったのですが、そう甘くはないですよね。

POGへのアプローチを変更する良いきっかけになった、
と前向きにとらえて、来季のPOG馬を選んでいきたいです。


【天皇賞・春】

◎サトノダイヤモンド

外枠でもサトノダイヤモンドが地力上位だと考えていますので、
ここはサトノダイヤモンドの単勝1本で勝負します。

キタサンブラックをはじめ、骨っぽい相手がそろっていますけど、
ここで負けているようじゃ凱旋門賞なんて言ってられませんからね。

今日の予想で18打数0安打の僕が◎を打っている事ぐらいしか弱点がありませんから、
不利な条件をはねのけて、日本最強の座を掴み取ってほしいです。

[もっと見る]

ポポカテペトルの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ポポカテペトルの写真

ポポカテペトル
ポポカテペトル

ポポカテペトルの厩舎情報 VIP

2017年4月29日テレビ東京杯青葉賞 G24着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ポポカテペトルの取材メモ VIP

2017年4月29日 テレビ東京杯青葉賞 G2 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。