注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

カレンラストショー(競走馬)

注目ホース
写真一覧
現役 牡5 栗毛 2012年4月8日生
調教師橋口慎介(栗東)
馬主鈴木 隆司
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績22戦[2-4-1-15]
総賞金4,080万円
収得賞金700万円
英字表記Curren Last Show
血統 タニノギムレット
血統 ][ 産駒 ]
ブライアンズタイム
タニノクリスタル
ヴィヴィッドカラー
血統 ][ 産駒 ]
ダンスインザダーク
アドマイヤライト
兄弟 サムソンズシエルエミットライト
前走 2017/03/20 小牧特別
次走予定

カレンラストショーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/03/20 中京 10 小牧特別 1000万下 芝2000 172412.152** 牡5 54.0 荻野極橋口慎介444(0)2.02.0 0.235.1④④④キンショーユキヒメ
17/01/28 中京 8 4歳以上500万下 芝2000 15594.821** 牡5 54▲ 荻野極橋口慎介444(+4)2.02.5 -0.334.0ダノンサンシャイン
16/11/13 京都 7 3歳以上500万下 芝2400 1571227.888** 牡4 57.0 岩田康誠橋口慎介440(+4)2.26.1 0.435.0④④ショパン
16/10/22 新潟 10 萬代橋特別 500万下 芝2400 12554.634** 牡4 57.0 菱田裕二橋口慎介436(+6)2.32.1 0.134.5メイショウガーデン
16/09/18 阪神 7 3歳以上500万下 芝2200 188186.337** 牡4 57.0 M.デムー橋口慎介430(0)2.15.6 0.837.7④④アグリッパーバイオ
16/08/20 新潟 9 出雲崎特別 500万下 芝2400 11552.812** 牡4 57.0 M.デムー橋口慎介430(0)2.26.7 0.234.3ステイパーシスト
16/06/11 阪神 9 生田特別 500万下 芝2400 111113.955** 牡4 57.0 菱田裕二橋口慎介430(+2)2.25.5 1.134.8⑤⑧⑧⑦エトランドル
16/05/22 新潟 7 4歳以上500万下 芝2400 1661118.0102** 牡4 57.0 菱田裕二橋口慎介428(-2)2.25.2 0.136.0⑧⑧⑦⑥スリーヴェローチェ
16/05/01 新潟 10 荒川峡特別 500万下 芝2400 137106.145** 牡4 57.0 小牧太橋口慎介430(-6)2.26.8 0.636.4トウカイトレジャー
16/02/13 小倉 8 4歳以上500万下 芝2000 188175.437** 牡4 56.0 松山弘平橋口弘次436(-4)2.00.5 1.237.1⑥⑥④④コートオブアームズ
16/01/24 中京 8 4歳以上500万下 芝2200 167146.534** 牡4 56.0 松若風馬橋口弘次440(-2)2.16.6 0.435.9④④⑤④ララエクラテール
15/12/27 阪神 7 3歳以上500万下 芝2200 1871514.444** 牡3 54☆ 小崎綾也橋口弘次442(0)2.17.0 0.236.1⑤⑤⑥⑥エイシンハドソン
15/12/05 中京 8 3歳以上500万下 芝2200 18249.864** 牡3 55.0 田辺裕信橋口弘次442(+10)2.14.3 0.535.9④④⑤⑤エバーシャルマン
15/09/12 阪神 8 3歳以上500万下 芝2000 14578.0413** 牡3 53☆ 松若風馬橋口弘次432(-2)2.02.3 1.336.7⑤⑧ジャズファンク
15/08/23 小倉 9 英彦山特別 500万下 芝2000 134413.352** 牡3 54.0 松若風馬橋口弘次434(+2)2.00.6 0.235.6ジュンスパーヒカル
15/08/02 小倉 9 国東特別 500万下 芝2000 125515.376** 牡3 54.0 小牧太橋口弘次432(+6)1.59.8 0.236.5⑤⑥④④ゼンノブレーメン
15/05/23 京都 9 メルボルンT 500万下 芝2200 115515.568** 牡3 56.0 小牧太橋口弘次426(0)2.13.2 1.136.5グランアルマダ
15/04/26 京都 9 あずさ賞 500万下 芝2400 97712.653** 牡3 56.0 小牧太橋口弘次426(+12)2.25.1 1.033.9④④⑤サンライズセンス
15/02/14 小倉 10 あすなろ賞 500万下 芝2000 107814.857** 牡3 56.0 北村友一橋口弘次414(-22)2.01.0 0.636.1ジュヒョウ
15/01/17 京都 5 3歳未勝利 芝2000 163619.061** 牡3 56.0 小牧太橋口弘次436(+6)2.01.8 -0.235.3ウェスタールンド

⇒もっと見る


カレンラストショーの関連ニュース

 '14ダービー馬ワンアンドオンリーは、栗東CWコースで馬なりのままカレンラストショーと併入。昨年のドバイシーマクラシック5着以来の騎乗となる武豊騎手を背にスムーズに動いた。

 「先週はゴールを過ぎて追ったけど、けさは馬なり。息の入りは良かった。距離? ダービー馬ですよ。近走で結果は出ていないけど底力に期待です」とジョッキー。

 橋口調教師も「相手は攻め駆けする馬。先週乗ってもらってから内へモタれなくなり、走りが軽くなった。京都より力の要る阪神はいい」と、復活へ手応えありだ。(夕刊フジ)

阪神大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【京成杯AH】ピークトラム好ムード2016年09月07日(水) 11:42

 ピークトラムは栗東CWコースで好ムード。小牧騎手を背に3頭併せの最後方から。外カレンラストショーには離されたが、余力を残し、内ワンアンドオンリーと並ぶようにフィニッシュした。中京記念2着から関屋記念11着。サマーマイル王者になるには勝つしかない。

 ■橋口調教師「夏3戦目だし、やりすぎないように。前走は時計が速すぎた。枠順次第だが、行く馬がいなければ行ってもいい。包まれず、自分の競馬ができれば」

(夕刊フジ)

★京成杯オータムハンデキャップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【メルボルンT】しんがり人気アルマダVで大波乱 2015年05月23日() 14:36

 23日の京都9Rメルボルントロフィー(3歳500万下、芝2200メートル)は、酒井学騎手騎乗の11番人気グランアルマダ(牡、栗東・西園正都厩舎)が好位追走からゴール前で抜け出してV。波乱を呼んだ。タイムは2分12秒1(良)。

 スタート直後は先行争いの形となったが、これを制してシゲルヤブサメが先手を取る。2番手は内カレンラストショー、外グランアルマダで併走。少し離れた位置にヴァーサトル、そして人気のレゲンデが追走した。道中は縦長の展開になったが、4コーナーでは後続も一気に差を詰めて直線に向かう。中団のインからそつなく立ち回ったサラトガスピリットと、好位から抜け出したグランアルマダの7枠2頭が抜け出し、さらにチャパラもこの争いに加わるが、人気馬は総崩れ。最後はグランアルマダがひと伸びしてサラトガスピリットをかわし、しんがり人気馬が金星を挙げた。1/2馬身差の2着が4番人気のサラトガスピリット。さらに1馬身1/4差の3着が5番人気のチャパラだった。

 グランアルマダは、父ダイワメジャー、母レディスキッパー、母の父クロフネという血統。通算成績は7戦2勝となった。

 酒井騎手は「思いがけなくいい位置が取れて、外から早めに踏んでいきました。直線でじりじりペースを上げて、ギリギリしのぎ切ったように見えますが、もっと距離があっても負けはしなかったと思います。このクラスでも走れると思っていましたし、いいときに乗せてもらいました」と低評価を覆してのVにも納得の口ぶりだった。

★23日京都9R「メルボルントロフィー」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【あずさ賞】2番人気サンライズセンスが快勝 2015年04月26日() 14:38

 26日の京都9Rあずさ賞(3歳500万下、芝2400メートル)は、川田将雅騎手騎乗の2番人気サンライズセンス(牡、栗東・河内洋厩舎)が2番手追走から抜け出して完勝した。タイムは2分24秒1(良)。

 シゲルヤブサメが外枠からじわっと先頭に立つと、そのままペースを緩めず大逃げを打つ。離れた2番手にサンライズセンスがつけて、さらに1番人気のショウボートカレンラストショーが続いた。シゲルヤブサメは大きなリードを保ったまま勝負どころを迎える。ドリームチェイサーが4コーナー手前で外から押し上げて好位に進出するが、2番手のサンライズセンスは手応え十分。前との差をうかがいながら直線に入る。粘るシゲルヤブサメを、サンライズセンスがかわして先頭へ。そこからは力の差を見せるように余裕ある脚どり。危なげない内容で押し切って、2勝目を手に入れた。7番人気のシゲルヤブサメがそのまま粘り切って3馬身差の2着。終始インを回ってロスなく立ち回った5番人気のカレンラストショーが2着から3馬身差の3着に入っている。

 サンライズセンスは、父グラスワンダー、母レミニセンス、母の父サンデーサイレンスという血統。通算成績は6戦2勝となった。

 川田騎手は「前走でどれぐらい脚が使えるのかわかっていましたし、前との距離を測りながら運びました。直線は楽にかわせましたし、いい勝ち方ができました。これからが楽しみです」と3馬身差の完勝をタカ評価していた。

★26日京都9R「あずさ賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【あすなろ賞】ステイ産駒ジュヒョウが快勝! 2015年02月14日() 15:01

 14日の小倉10Rあすなろ賞(3歳500万下、芝2000メートル)は、ダリオ・バルジュー騎手騎乗の3番人気ジュヒョウ(牡、栗東・高野友和厩舎)が差し切ってV。オープン入りを決めた。タイムは2分0秒4(良)。

 ジャストフォーユーが果敢に先手を取り、レインボーソングが2番手。その後ろはインにドラゴンヴァース、外にカレンラストショーと続き、断然人気のクラージュシチーは後方2番手からレースを進めた。ジャストフォーユーはよどみないペースを刻み、直線でも粘りをみせる。しかし、残り1ハロンあたりで外からジュヒョウが先頭に並びかけ、さらに加速。力強い末脚で差し切り、初勝利を挙げた小倉で2勝目もマークした。1馬身1/4差の2着はゴール前で猛然と追い込んだクラージュシチー。2着とクビ差の3着には7番人気のジャストフォーユーが逃げ粘っている。

 ジュヒョウは、父ステイゴールド、母アスピリンスノー、母の父エルコンドルパサーという血統。通算成績は6戦2勝となった。

 バルジュー騎手は「反応が良かったし、スピードも十分にありますね。きょうは楽に勝たせてもらうことができました」と会心のVに笑みを浮かべていた。

★14日小倉10R「あすなろ賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【3歳次走報】ダノンメジャー、共同通信杯へ2015年01月23日(金) 05:00

 ★ホープフルS9着ダノンメジャー(栗・橋口、牡)は、横山典騎手との新コンビで、共同通信杯(2月15日、東京、GIII、芝1800メートル)に向かう。僚馬でシンザン記念3着ナヴィオン(牡)は、岩田騎手でアーリントンC(2月28日、阪神、GIII、芝1600メートル)へ。

 ★18日京都の500万下(ダ1800メートル)で2勝目を挙げたリアファル(栗・音無、牡)は、若葉S(3月21日、阪神、OP、芝2000メートル)を予定。僚馬でデビューから2連勝中のアンビシャス(牡)は、C・デムーロ騎手で共同通信杯に向かう。

 ★10日京都の500万下(ダ1200メートル)を勝ったフィールドスラッピ(栗・坂口、牝)は、エルフィンS(2月7日、京都、OP、芝1600メートル)へ。

 ★朝日杯FS18着ペプチドウォヘッド(栗・吉村、牡)は、ヒヤシンスS(2月22日、東京、OP、ダ1600メートル)を予定。

 ★17日京都の未勝利戦(芝2000メートル)を勝ったカレンラストショー(栗・橋口、牡)は、あすなろ賞(2月14日、小倉、500万下、芝2000メートル)へ。

 ★18日中京の新馬戦(芝2000メートル)を制したカレンスフィーダ(栗・安田、牡)は、梅花賞(31日、京都、500万下、芝2400メートル)に向かう。

[もっと見る]

⇒もっと見る

カレンラストショーの関連コラム

関連コラムはありません。

カレンラストショーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 16ビュー コメント 0 ナイス 1

武豊が不遇ワンアンドオンリーを再生!? 阪神大賞典(G2)参戦に、陣営も不敵な「自信」─Gambling Journal ギャンブルジャーナル/2017年3月15日 15時0分 http://biz-journal.jp/gj/2017/03/post_2851.html


 2014年の日本ダービー馬で、近年はなかなか上位に浮上できないでいるワンアンドオンリー(牡6/栗東・橋口慎介厩舎)が、武豊騎手を鞍上に迎え阪神大賞典(G2)に挑戦することになった。
 ワンアンドオンリーは安定した末脚を発揮し、2014年のクラシックに出走。ホースマン最大の栄誉であるダービー制覇を成し遂げている。だが、その年の秋の菊花賞で一番人気に押されるも9着と惨敗してからは成績が低迷。15年のドバイシーマC(G1)で3着、16年には5着に入ったものの、国内では菊花賞後は13戦に出走して掲示板(5着以内)に入ったのは1度だけという状況だ。一度はダービーを制したという実績があるためか、ネット上では近年の惨状を嘆く声も聞こえている。
 そんなワンアンドオンリーは今年も"得意"のドバイ挑戦を明言し、ゴールドカップ(メイダン芝3200m)、シーマクラシック(同、芝2410m)へ登録。だが、レースへの招待状が陣営に届くことはなかった。そのため、海外挑戦から一転しての国内専念というローテーションに変更している。
 橋口調教師はスポーツ報知の取材に対し、「阪神大賞典から天皇賞・春(4月30日、京都)を目指すことに決まりました」と話し、さらに「ドバイを目指していたくらいで仕上がりはいいですし、スタミナタイプだと思うので、距離延長で競馬はしやすくなるはず」と前向きなコメントを出している。
 同馬が出走する今年の阪神大賞典は、昨年の最優秀3歳牡馬のサトノダイヤモンドと2連覇を目指すシュヴァルグランの一騎打ちといわれている。さらに、万葉S(OP)を勝ったタマモベストプレイ、昨年の日経新春杯でシュヴァルグランを破ったレーヴミストラルなども顔を揃えている。ここにワンアンドオンリーが割って入るのは至難の業だと思えるのだが......。

次のページ 好調の天才騎手がダービー馬を復活させる?

「ワンアンドオンリーは長らく低迷していましたが、今年1月のアメリカジョッキーC(G2)で全盛期を彷彿とさせる末脚を見せ、5着に入り久々に掲示板に載りました。今年に入ってから以前よりも調子を取り戻してきているようにも思えます。また鞍上はあの武豊騎手です。スランプに陥っていた16年のワンアンドオンリーをドバイシーマCで5着にした実績もありますし、先週はトーセンビクトリーで中山牝馬S(G3)を制するなど、調子は上向き。このコンビならば、サトノダイヤモンドとシュヴァルグランの2強に肉薄する可能性もないとは断言できないかも」(競馬誌ライター)
 武豊騎手は15日にワンアンドオンリーに騎乗し、栗東CWコースで馬なりのままカレンラストショーと併入。調教後は「サンケイスポーツ」の取材に対し、「ダービー馬ですよ。近走で結果は出ていないけど底力に期待です」と自信を覗かせている。
 ダービー馬・ワンアンドオンリーは天才騎手とのコンビで復活を果たすことはできるのか。今週の好走を期待したい。

 ベスト タイムズ 2017年03月15日(水) 14:36
315 小牧特別
閲覧 14ビュー コメント 0 ナイス 3

2017年3月20日(祝)2回中京4日目

10R 小牧特別

芝・左 2000m サラ系4歳以上1000万下 (混合)[指定] ハンデ

ウインテンダネス
カレンラストショー
トレジャートローヴ
ヒルノドンカルロ
マイネルツィール
ヴェルジョワーズ

.

[もっと見る]

 銀色のサムライ 2017年01月30日(月) 19:31
馬券メモ(2017/1/28〜29)
閲覧 47ビュー コメント 0 ナイス 7

高松宮記念を目指すものと思われていたミッキーアイルの現役引退が発表されました。

3歳時から重賞戦線で活躍していましたし、
G1・2勝という実績以上に頑張っていた、というイメージを強く持っています。

息の長い活躍を見せてくれた馬ですから、
種牡馬になっても長期間活躍できる仔を輩出してもらいたです。

お疲れ様でした。


それでは、先週の本命馬の回顧をお届けします。


【2回京都1日】

■7R アースシンフォニー 4着

前残りの展開確実でも地力の違いで差し切れると思っていたんですけどね…。
勝負どころでエンジンが掛からずに流れ込んだだけ、というレースになってしまいました。

■8R ドリームハヤテ 5着

楽な単騎逃げに持ち込む、という理想的な展開だったんですが、掲示板確保がやっとでした。
昨秋の悪い頃よりは良くなっている印象があるので、相手次第ではオープンでも通用すると思います。

■9R アウステルリッツ 2着

前々から粘り込む競馬で2着を確保。
キレる脚が無い、というハービンジャー産駒の特徴をそのまま受け継いでいるような馬なので、
今後も長めの距離で上がりが掛かる馬場状態になれば好勝負してくると思います。

■10R ガルデルスリール 9着

好スタートだったのに何故か控えてしまいました。
前付けできていれば3着はあったかもしれない展開だったので、とても残念です。

■11R サウススターマン 2着\(^o^)/

コウエイエンブレムとの真っ向勝負に出ましたが、完敗でしたね。
相手もスムーズな競馬をしていましたし、最後は瞬発力の差が出てしまいました。

■12R ショウナンカイドウ 5着

好位の外めで脚を溜める競馬をしましたが、速い決着時計に対応できませんでした。
もっと時計の掛かる馬場、あるいは阪神コースであれば一変可能だと思います。


【1回東京1日】

■7R ハイランドピーク 3着

東京ダート1600mは内枠不利、という常識を無視した結果、ダメでした。
未勝利の勝ちっぷりが良かっただけに期待したのですが…。

■8R フィラーレ 12着

上がり3ハロン最速をマークして5着に入った前走を評価しましたが、
最も得意とする東京1400mでも全然でした。

■9R イーグルフェザー 2着

前走よりも相手が弱くなっている印象があったので、楽に勝ち切れるだろうと考えていました。
直線でスムーズさを欠いたとはいえ、ここで負けてしまったのはいただけません。

■10R トリリオネア 6着

勝ち馬と枠が逆だったらこちらが好走したのかもしれませんけど、
未勝利勝ちしかない馬がオープン勝ちの馬を差し置いて1番人気になっているのは明らかに過剰人気ですよね…。

■11R マイネルラフレシア 10着

道中は2番手の位置で折り合っているように見えましたが、直線で伸びを欠いてしまいました。
オッズほどの実力も無かったのかな?と思っています。

■12R シャララ 4着

単騎逃げが叶いそうだったのですが、折り合いを欠いたムーンクエイクに外から来られ、
マイペースで逃げられなかったのが痛かったです。
次走は叩き2戦目になりますし、次こそが狙い目かもしれません。


【1回中京5日】

■7R ベラポーサ 5着

2走前の勝ちっぷりが良かったので◎にしましたが、直線で外に出す事ができず凡退。
相手に選んだ馬は全て来ているんですけどね…。

■8R カレンラストショー 1着\(^o^)/

距離短縮だったので、ポジション取りに苦労する可能性も考えていたのですが、全く問題なかったです。
今回は相手に恵まれましたし、3kg減量も大きかったです。

■9R サトノメダリスト 5着

今回のメンバー構成でハナを奪えないとは…。
ワンペースな馬だけに、自分のレースが出来ないと崩れてしまいます。

■10R メイショウミズカゼ 4着

この馬なりのレースは出来ていたと思います。
ハイペースを見込んでの予想でしたので、展開を読み違えた時点でダメでした。

■11R アグネスユーリヤ 6着

プラス12kgという馬体重が分かったところで◎を変えなきゃいけませんね。

■12R オメガハートソング 5着

伸びにくい内めの馬場を通りながら僅差の5着ですから、調子を取り戻しているのは間違いなさそう。
今後も1400mで狙いたいです。


【2回京都2日】

■7R オウケンワールド 1着

中団やや前めの外で折り合いをつける、という今までとは違う競馬でしっかり勝ち切りました。
相手なりに走れる馬なので、昇級しても上位争いに食い込んでくる可能性もありそうです。

■8R ウォーターピオニー 2着\(^o^)/

悔しいクビ差2着でしたが、控える競馬で新味を見せてくれました。
ワイドは外していたので、押さえで複勝を買い目に入れておいて良かったです。

■9R マインシャッツ 1着\(^o^)/

中団の外めの位置でスムーズな競馬ができましたし、着差以上に強い内容だったと思います。
オープンまではいける馬だと思っていますので、昇級戦でも期待したいです。

■10R エイシンハドソン 7着

スタートで大きく出遅れ、道中も集中して走っていませんでした。
気難しいタイプである事を承知した上で本命にしたんですけど、ここまで気性難が酷いとは…。

■11R(シルクロードS)ソルヴェイグ 6着

好位で控える競馬をして欲しかったんですが、スタートが良すぎてハナに。
息が入らない逃げになるとさすがにキツいですよね…。

■12R キャプテンシップ 1着

好スタートからハナを奪い、そのまま押し切りました。
速すぎず遅すぎずという絶妙なペースで逃げた武豊騎手のファインプレーも光りました。


【1回東京2日】

■7R サンヘレナ 6着

出遅れてポジションが後ろになってしまったのが痛かったです。
牝馬限定戦なら上位争い必至と考えていましたが…。

■8R リキサンダイオー 中止

直線半ばで歩様がおかしくなり競走中止。
右後ろ脚のハ行だったようで、大事に至らなくて良かったです。

■9R ジュンヴァリアス 3着

前残りの展開の中、よく3着に追い込んできたと思います。
良血馬につられ、2着馬を買い目に入れていなかったのが悔やまれます…。

■10R グレーターロンドン 1着

いつも通り後方からの競馬になりましたが、上がり3ハロン32.3秒の脚を使い、差し切りました。
今回のメンバーでは実力が抜きん出ていましたし、オープンでも楽しみな存在だと思います。

■11R(根岸S)カフジテイク 1着

コーリンベリーが出遅れた事で想定したよりも遅い流れになりましたけど、
大外からの後方一気で他馬を差し切ってみせました。
順当勝ちでしたが、2着が抜けてしまい馬券はハズレ…。

■12R スモークフリー 1着\(^o^)/

馬単1着固定だったので、ギリギリでも勝ってくれて本当に良かったです。
東京コースがベストの馬ですから、昇級しても東京であれば好勝負必至だと思います。


【1回中京6日】

■7R デュパルクカズマ 1着\(^o^)/

スムーズな競馬さえできれば勝ち切れると考えていました。
直線で馬群の外に出した時点で勝負ありでした。

■8R ダンツエンペラー 9着

逃げる形になったのは良かったんですけど、
他馬に外から被されてからズルズル下がってしまいました。

■9R スパイチャクラ 1着

近2走が勝ちに等しい内容でしたから、今回のメンバーでは順当勝ちといっていいでしょう。
痛恨の相手抜けで馬券は外しています。

■10R ララエクラテール 1着\(^o^)/

想定していたよりも後方の位置取りでしたけど、
直線での末脚もしっかりしていましたし、北村友騎手が完璧にエスコートしてくれました。

■11R アルティマブラッド 4着

前走で馬体が減っていたので、ある程度は増えてくると考えていましたが、
プラス18kgで出走してくるとは…。

■12R ラインシュナイダー 1着\(^o^)/

2着馬がけっこうしぶとかったので、交わすのに苦労しましたけど、着差以上に強い走りだったと思います。
休み明けの方が走るタイプですから、今回が絶好の狙い目でした。



土曜の回収率が37%だったのに対し、日曜の回収率が159%。

2日間の本命馬の着順を今一度振り返ってみると…

土曜 ⇒【1−3−1−13】
日曜 ⇒【10−1−1−6】

となっていて、土日で好不調の波が大きすぎる事が分かりますよね。

悪い成績の時でも回収率70〜80%あたりには持っていかなきゃいけません。
来週こそは土日で成績のムラが出ないようにしていきたいです。

[もっと見る]

カレンラストショーの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

カレンラストショーの写真

投稿写真はありません。

カレンラストショーの厩舎情報 VIP

2017年3月20日小牧特別2着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

カレンラストショーの取材メモ VIP

2017年3月20日 小牧特別 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。