注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

マキシマムドパリ(競走馬)

注目ホース

マキシマムドパリの関連ニュース

 第22回マーメイドステークス(11日、阪神11R、GIII、3歳上牝馬オープン国際(特指)、ハンデ、芝・内2000メートル、1着本賞金3600万円=出走12頭)藤岡佑介騎乗で3番人気のマキシマムドパリが好位から抜け出し、3/4馬身差で快勝。愛知杯に次ぐ2度目の重賞Vを果たした。タイム1分59秒5(良)。大接戦となった2着争いは、2番人気クインズミラーグロがわずかに先着。ハナ差3着が6番人気のアースライズで、1番人気トーセンビクトリーは9着に終わった。

 今年は実績馬が“下克上”を許さなかった。毎年のように軽量馬が活躍する一戦を制したのは、2番目に重いハンデ55キロのマキシマムドパリ。藤岡佑騎手は2013年1月の根岸Sメイショウマシュウ)以来、4年5カ月ぶりのJRA重賞Vだ。

 「ずいぶん時間がかかりましたが、きょうはチャンスだと思っていたので、しっかり決められてうれしいです」

 横綱相撲でのVに笑みがこぼれる。近走の後方待機策を一新する会心の勝利だ。

 前走(大阪城S13着)のレース中に捻挫をしたため、約3カ月の休養を余儀なくされたマキシマムドパリだが、「かえって体が良くなったし、いい休みになった」と松元調教師。今後はクイーンS(7月30日、札幌、GIII、芝1800メートル)が目標で、その先にエリザベス女王杯(11月12日、京都、GI、芝2200メートル)を見据える。

 「ハンデ戦で斤量を背負って勝ったし、まだこれからどんどん良くなると思います」

 さらなる成長を見込む藤岡佑騎手とのコンビ再結成となったマキシマムドパリが、夏場に実績を積み重ねて秋のヒロイン候補に名乗りをあげる。 (斉藤弘樹)

★11日阪神11R「マーメイドステークス」の着順&払戻金はこちら

★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!

【マーメイドS】マキシマムドパリが激しい2着争いを尻めにV 2017年6月11日() 15:42

 6月11日の阪神11Rで行われた第22回マーメイドステークス(3歳以上オープン、牝馬、GIII、芝・内2000メートル、ハンデ、12頭立て、1着賞金=3600万円)は、藤岡佑介騎手騎乗の3番人気マキシマムドパリ(5歳、栗東・松元茂樹厩舎)が、混戦の2着争いを尻めに快勝した。タイムは1分59秒5(良)。3/4馬身差の2着はクインズミラーグロ(2番人気)で、さらにハナ差の3着にアースライズ(6番人気)が入った。

 レースはプリメラアスールが逃げ、ショウナンバーキントーセンビクトリーマキシマムドパリなどが先行集団を形成。クインズミラーグロビッシュアースライズなどが続いた。マキシマムドパリは4コーナー過ぎで先頭に立つと力強く脚を伸ばし、クインズミラーグロや内を突いたアースライズ、後方3番手から外を伸びてきたキンショ−ユキヒメの追撃を退けた。1番人気トーセンビクトリーは9着。

 マキシマムドパリは、父キングカメハメハ、母マドモアゼルドパリ、母の父サンデーサイレンスという血統。北海道千歳市・社台ファームの生産馬で、馬主は(株)グリーンファーム。通算成績は21戦6勝。重賞は2017年愛知杯・GIIIに次いで2勝目。マーメイドSは、松元茂樹調教師は01年タイキポーラに次いで2勝目。藤岡佑介騎手は初勝利。

 ◆藤岡佑介騎手「枠が出た時点で、すんなり先行できるなと思っていました。思った通りのレースができましたね。前回乗ったときよりも馬が良くなっていましたし、デキの良さと馬の力が勝因だと思います」

★11日阪神11R「マーメイドステークス」の着順&払戻金はこちら★マキシマムドパリの競走成績はこちら

[もっと見る]

【マーメイドS】マキシマムドパリ万全アピール2017年6月10日() 11:42

 愛知杯マキシマムドパリは前走・大阪城Sで球節を捻って3カ月ぶりとなる。体調が整っているかがカギだが、「直線で窮屈になったときに球節を捻って少し腫れたものの、放牧先ですぐに乗り出せた。帰厩後も順調。先週しっかり負荷をかけて、今週の動きも良かった」と、松元調教師は合格点を与えた。

 それもそのはず、先週の坂路が一杯に4F51秒9、ラスト1F12秒0。今週は馬なりで同54秒5、11秒8と申し分ない。跨った藤岡佑騎手も、「去年の函館では仕掛けて反応する感じだったが、ここ2週は前向きな反応。他馬に抜かれてムキになるようなところもないし、力をつけているのは間違いない」と万全をアピール。阪神は【2・2・1・2】と得意で、重賞2勝目だ。

 “究極の3連単”はマキシマムを1着に固定。重賞勝ちのあるトーセンビクトリービッシュを2着に据えた10点で勝負だ。(夕刊フジ)

マーメイドSの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マーメイドS&エプソムC】東西調教ウオッチャー2017年6月9日(金) 05:03

 今週の東西調教ウオッチャーは、マーメイドSエプソムCが対象レース。栗東トレセンから大阪サンスポの宇恵、鈴木両記者、美浦トレセンからは東京サンスポの片岡記者が参戦し、狙い馬をピックアップした。

 鈴木 今週は東西でGIII戦。まずは、マーメイドSから。

 宇恵 マキシマムドパリがいいッスよ。坂路でラスト1ハロン11秒8と反応が抜群。先週までにしっかりやっているので、仕上がりも良好です。アースライズは前走が急仕上げ気味。今回の方が体ができている感じですね。

 鈴木 トーセンビクトリーはCWコースでラスト1ハロン11秒8とシャープな伸び。軽快なフットワークで、前走6着から反撃ムードです。

 片岡 波乱傾向のレース。今年も荒れそうな気がするし、もっと狙っていいんじゃない。関東では、格上挑戦でもバンゴールの動きに切れがあった。ハンデも51キロ。穴ならコレだろう。

 鈴木 エプソムCダッシングブレイズが面白そう。CWコースで余裕たっぷりに先着。ストライドが大きく、叩き3走目で変わり身があっていいでしょう。タイセイサミットは坂路で4ハロン51秒4−12秒5の好時計。2連勝中の勢いそのままにキビキビとした脚さばきが目を引きました。

 片岡 美浦ではアストラエンブレムがよく見えた。余力がある感じで登坂していたよ。マイネルミラノはラスト1ハロンの伸び脚がよかった。パワフルに動いたナスノセイカンの一発にも警戒したいね。

エプソムCの枠順はこちら 調教タイムも掲載★マーメイドSの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マーメイドS】厩舎の話2017年6月9日(金) 05:03

 ◆アースライズ・吉田助手 「前回より状態はいい。馬場が極端に悪くならなければ」

 ◆キンショーユキヒメ・中村師 「51キロのハンデは見込まれた」

 ◆クインズミラーグロ・和田道師 「阪神は4走前に勝った。何とか重賞を勝たせたい」

 ◆ショウナンバーキン・中村師 「追い切りの動きも物足りない」

 ◆トーセンビクトリー武豊騎手 「状態はよさそう。内回りはいいと思うし、チャンス」

 ◆ハツガツオ・石栗師 「格上挑戦だが、ハンデは49キロなので」

 ◆バンゴール・尾関師 「体はふっくらしていて関西圏への輸送も経験済み。阪神はいい」

 ◆ビッシュ・鹿戸師 「古馬になって落ち着きが出てきた」

 ◆プリメラアスール・鈴木孝師 「状態はいい。スイッチさえ入れば」

 ◆マキシマムドパリ・松元師 「今週もいい動き。阪神の2000メートルはいい」

 ◆リーサルウェポン・武市師 「ハンデ49キロは魅力」

 ◆ローズウィスパー・北村友騎手 「阪神は合う。道悪も問題ない」

マーメイドSの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マーメイドS】厩舎の話2017年6月8日(木) 11:14

 アースライズ・安藤助手「動きはキレキレ。競馬が上手だし、牝馬重賞で好走した実績もある」

 キンショーユキヒメ・中村調教師「追い切りは少し軽くなった。ハンデ51キロは見込まれたか」

 クインズミラーグロ・和田道調教師「中間も自然体。できれば良馬場でやりたい」

 ショウナンバーキン・中村調教師「近走が不振だし、追い切りの動きが少し物足りない」

 トーセンビクトリー・角居調教師「体が古馬らしくなって、しっかり調整できるようになった。状態には変わりはない」

 ハツガツオ・石栗調教師「中間は順調にきている。距離延長はいい」

 バンゴール・尾関調教師「追い切りは動いた。小柄だがパワフル。京都より阪神のほうがいい」

 ビッシュ・鹿戸調教師「セーブしてこの時計。いい状態だし、そろそろ結果がほしい」

 プリメラアスール・酒井騎手「今週は最後までしっかりやった。動きもスムーズだった」

 マキシマムドパリ・藤岡佑騎手「反応がいいし、前向きさがうかがえる。力をつけてきた」

 リーサルウェポン・武市調教師「引き続き順調に調整できている。2走前くらい走れれば」

 ローズウィスパー・北村友騎手「追い切りはしまいまでいい動き。阪神とは相性がいい」

(夕刊フジ)

マーメイドSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マーメイドS】ビクトリー、重くとも軽〜く11秒8! 2017年6月8日(木) 05:06

 マーメイドSの追い切りが7日、東西トレセンで行われた。栗東ではサンスポ杯阪神牝馬S6着のトーセンビクトリーが、CWコースで軽快な動きを披露。サンケイスポーツ調教評価は最高の『S』で、巻き返しへムードは最高潮だ。坂路では今年の愛知杯の勝ち馬マキシマムドパリが、しまい重点でシャープな伸びを見せた。

 活気あふれる走りで、重賞2勝目への態勢を整えた。2走前のGIII中山牝馬Sに続くタイトル奪取を狙うトーセンビクトリーが、小雨がぱらつくCWコースをシャープな脚取りで駆け抜けた。

 「相変わらず攻め馬は動きますね。しっかりやりましたが、非常にいい動きでした。状態はよさそうですよ」

 騎乗した武豊騎手が、好感触に笑みをこぼす。道中はリズムのいい走りで、徐々にスピードに乗っていく。前方の3頭併せを避けるため、4コーナーでやや内めを回る形となったが、ゴール前は鞍上が軽く促しただけで豪快にはじけた。6ハロン81秒0、3ハロン37秒0−11秒8とタイムも上々だ。

 前走のサンスポ杯阪神牝馬Sは、中団から伸びず6着。「マイルで少し忙しかった。脚がたまらなかった感じですね」と岸本助手が敗因を分析する。全6勝が1800〜2000メートル。実績のある2000メートルとなる今回は、巻き返しが濃厚だ。

 武豊騎手は3歳時の秋華賞8着以来、1年5カ月ぶりに再コンビを組んだ中山牝馬Sから今回が3走目。「もともと折り合い面など難しいところがあったけれど、キャリアを重ねてよくなってきた」と成長を実感。岸本助手も「以前と雰囲気が違う。馬が大きくなってどっしりしてきたし、調教でもコントロールがしやすくなっている」と手応えを感じている。

 大きな課題はトップハンデの56キロ。「実績からすると、ちょっと背負わされたね」と名手は苦笑いを浮かべつつ「内回りはいいと思うし、牝馬限定戦のここはチャンス。『ハンデキャッパーが正しかった』となればいいね」と闘志を燃やす。

 母はエリザベス女王杯を勝ち、ドバイワールドC2着のトゥザヴィクトリー。5歳を迎え素質開花のトーセンビクトリーが、勝利を飾って秋の大舞台に弾みをつける。 (斉藤弘樹)

マーメイドSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マーメイドS】状態とハンデの狙い!2017年6月8日(木) 05:05

 調教評価『S』のトーセンビクトリーはトップハンデの56キロ。中山牝馬Sはハンデ53キロでVだけに背負わされた印象だ。中山牝馬Sで3着のクインズミラーグロは52キロ→54キロ。調教評価『B』で大きな上積みも望めないだけに勝つまでは…。

 買いたいのはマキシマムドパリバンゴール。前者は53キロでハンデ重賞を勝ち、今回は55キロ。55キロで秋華賞3着があり、【1・1・2・2】の実績からも問題ない。調教評価『A』から態勢は整っている。後者は格上挑戦でハンデは51キロ。調教評価『A』で状態はいい。昨年ワンツーを決めた前走・パールS組だけに怖い。

マーメイドSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マーメイドS】追って一言2017年6月8日(木) 05:04

 ◆アースライズ・吉田助手 「前回よりも状態はいいですね。動きもいいです。極端でなければ馬場は悪くなっても走れるタイプなので」

 ◆キンショーユキヒメ・中村師 「もう少ししっかりやりたかったが、思ったより軽めになってしまった。他馬と比較すると、ハンデ(51キロ)は見込まれた」

 ◆ショウナンバーキン・中村師 「近走の結果がひと息だし、追い切りの動きも物足りなかった。条件は悪くないので、どこまでやれるか」

 ◆ハツガツオ・石栗師 「体調面に大きな波はない。格上挑戦になるが49キロなので」

 ◆バンゴール・尾関師 「体はふっくらしているし、関西圏への輸送も経験済み。京都より阪神の方がいいし、馬場が良ければ」

 ◆プリメラアスール・酒井騎手 「併走馬につついてもらって、最後はしっかりやりました。追ってからもスムーズに反応していたし、動きはよかった」

 ◆マキシマムドパリ・松元師 「いい動きでしたね。体調は良さそうですし、動ける態勢。55キロのハンデは妥当」

 ◆リーサルウェポン・武市師 「しまいだけという感じで。中間は距離を乗れているし、少しずつ良くなっている。ハンデ49キロは魅力」

 ◆ローズウィスパー・北村友騎手 「しまいまでいい動きでした。阪神は合っているし、道悪になっても問題ない」

マーメイドSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マーメイドS】マキシマムドパリ終い11秒82017年6月7日(水) 11:52

 堅実派マキシマムドパリの大阪城S13着は意外だったが、「直線で窮屈になったときに球節をひねったようだ」と松元調教師。放牧でしっかりケアされて、ここ目標に立て直されてきた。

 栗東坂路で単走。ペースが上がったのは3F目から。ラスト1Fで仕掛けられると機敏な反応から切れのいい末脚を繰り出し、11秒8と伸びた。

 跨った藤岡佑騎手も、「昨夏の函館では仕掛けてやっと反応する感じだったが、ここ2週は前向きさがうかがえる。道中で他馬に抜かれてもムキになる面はないし、手ごろな頭数なのもいい」と好感触。愛知杯に続く重賞2勝目へ前進だ。(夕刊フジ)

マーメイドSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マーメイドS】マキシマムドパリ久々大丈夫2017年6月7日(水) 05:05

 マキシマムドパリは大阪城S13着以来、3カ月ぶり。松元調教師は「前走の直線で窮屈になったときに球節をひねって少し腫れたが、放牧先でもすぐに乗り出すことができた。先週の動き(坂路で4ハロン51秒9)もよかったし、馬場はしぶってもこなせる」と巻き返しに前向きだ。

マーメイドSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マーメイドS】レース展望 2017年6月5日(月) 19:02

 春のGIシリーズがひと区切り。番組的にも夏競馬シーズンへと移行していく。今週日曜の阪神メインは第22回マーメイドS(11日、牝馬、GIII、芝2000メートル)。例年、秋の飛躍を見据えた牝馬が集うが、ハンデ戦だけあり、重賞実績馬だけでなく格下馬の活躍も大いに目立つ。過去10年でも、1番人気は2勝、2着1回に対し、6番人気以下の伏兵が5勝、2着7回。1〜3番人気以内での決着が一度もないなど波乱傾向は強く、馬券的にも楽しみの多い重賞だ。

 トーセンビクトリー(栗東・角居勝彦厩舎、5歳)は、デビューの頃から気性面の難しさを抱えていたが、成長とともに落ち着きが出て、2走前の中山牝馬Sで重賞初制覇。母がエリザベス女王杯勝ち馬トゥザヴィクトリーという良血が、いよいよ素質を開花させてきた。前走の阪神牝馬Sは6着に敗れたが、重馬場が影響したのに加え、久々のマイルでリズム良く運べなかった印象。間隔をあけて立て直し、5月31日には栗東CWコースでラスト1ハロン11秒5の脚力で僚馬に1馬身半先着するなど、仕上がりは上々だ。トップハンデとなる初めての斤量56キロを克服すれば、2つ目のタイトルゲットも可能だ。

 マキシマムドパリ(栗東・松元茂樹厩舎、5歳)は堅実な末脚が持ち味で、2走前の愛知杯で上がり最速の35秒0を駆使して重賞初制覇を飾った。前走の大阪城Sは骨っぽい牡馬が相手だったうえ、直線で前が壁となる不利も響いた形。牝馬同士なら見直せる。昨年のエリザベス女王杯で56キロを背負って0秒8差(9着)なら、今回のハンデ55キロも問題ないだろう。

 ビッシュ(美浦・鹿戸雄一厩舎、4歳)=55キロ=は昨年のオークス3着馬で、秋には紫苑Sで初タイトルをつかんだ。その後は秋華賞(10着)、ジャパンC(16着)とGIの壁に阻まれ、前走の中山牝馬S(10着)も休み明けの影響か本来の伸びを見せられなかった。放牧で立て直され、5月31日には初コンビとなる福永祐一騎手を背に、美浦坂路でラスト1ハロン11秒9(4ハロン54秒0)と上々の伸びを見せ、好仕上がりで臨めそうだ。ディープインパクト産駒は過去【2・1・0・1】で5着以下なし。2013年優勝のマルセリーナのように、重賞勝ち馬の復活Vがあっても不思議はない。

 重賞で3戦続けて3着に好走しているクインズミラーグロ(美浦・和田正道厩舎、5歳)。プラス10キロ、プラス10キロ、マイナス12キロと、大きく馬体を増減させながら好走しているのは、地力の高さの証明だろう。阪神芝2000メートルは1600万下時に快勝している舞台。ハンデ54キロは前走と同じ斤量だけに、ここも好勝負は必至だ。

 アースライズ(栗東・矢作芳人厩舎、5歳)は1000万下を勝ち上がったばかりだが、フラワーC2着や愛知杯3着など、もともと重賞でも高い能力を示していた実績馬。10カ月半ぶりの休み明けをものともせず、降級の前走を楽に抜け出した。収得賞金的に1600万下の身ながら、ハンデ54キロは見込まれた印象だが、地力はここでも見劣らない。中谷雄太騎手にとっても、重賞初制覇のチャンスだろう。

 上記5頭に次ぐハンデが51キロ。その中でも、バンゴール(美浦・尾関知人厩舎、5歳)は末脚の安定感が魅力で、近6走続けて4着以内を確保している。ハンデ差を利して、実績上位馬を撃破するシーンもありそうだ。

 その他、単騎逃げに持ち込めそうなプリメラアスール(栗東・鈴木孝志厩舎、5歳)=51キロ、阪神コースで【0・2・1・1】と全て掲示板を確保しているキンショーユキヒメ(栗東・中村均厩舎、4歳)=51キロ、2走前に福島牝馬S5着のリーサルウェポン(美浦・武市康男厩舎、6歳)=49キロ=など、軽ハンデ組の台頭にも注意を払いたい。

マーメイドSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マーメイドステークス】特別登録馬2017年6月4日() 17:30

[もっと見る]

【マーメイドS】ビクトリー、併せ馬で1馬身半先着2017年6月1日(木) 05:03

 《栗東》阪神牝馬S6着トーセンビクトリー(角居、5)は、CWコースで6ハロン86秒0−11秒5をマークし、併せ馬で1馬身半先着。岸本助手は「動きも良かったし、これならという感じ。今はコントロールもしやすくなった」と好気配を伝えた。

 大阪城S13着マキシマムドパリ(松元、5)は、藤岡佑騎手を背に坂路で一杯に追われ、4ハロン51秒9−12秒0と抜群の動き。吉田助手は「ジョッキーの感触もよくて、順調にきています。来週も乗ってもらいサラッとやります」と話した。

 《美浦》福島牝馬S3着クインズミラーグロ(和田道、5)はWコースで5ハロン67秒1−12秒6。「阪神の2000メートルは4走前に勝っているので楽しみ」と和田道調教師。

 昨秋に紫苑Sを勝ったビッシュ(鹿戸、4)は坂路で4ハロン54秒0−11秒9。「福永騎手が乗っていい動きだった。順調に来ているし、あとはハンデがどれぐらいになるかだ」と鹿戸調教師。

[もっと見る]

【中山牝馬S】サン然と輝けサンソヴール 2017年3月10日(金) 05:07

 今週は中山、阪神、中京で4重賞が行われるが、美浦の和田正一郎調教師(42)は、中山牝馬ステークスサンソヴール金鯱賞ルミナスウォリアー阪神スプリングジャンプオジュウチョウサンと3重賞に出走させる。どの馬もチャンス十分で配当的な妙味もたっぷりだ。

 昨年、開業8年目で年間22勝とキャリアハイの成績を残した和田正一郎調教師。重賞でもオジュウチョウサンでJ・GI2勝を含む4勝を挙げて躍進した。今年はここまで1勝とやや出遅れているが、3重賞に愛馬を送り出し巻き返す。

 「勝つと思うな、の精神で自然体ですよ」

 静かにほほ笑む和田郎調教師だが、3頭ともチャンスは十分だ。なかでも日曜の中山牝馬Sには愛知杯2着のサンソヴールが出走。前走はマキシマムドパリの決め手に屈したが2番手から粘り強い走りをみせ、最近の充実ぶりを示す内容だった。調教師も「前で競馬して最後もひと伸びしましたからね。あれなら中山の1800メートルも合いそうです。調教はやる気がある中で脚をためて、追ってからの反応がよかったし、今回も無理せず前めの位置を取れれば」と再度、好勝負を見込む。

 昨年の最優秀障害馬オジュウチョウサンは、「ひと追いごとに仕上がってきました。阪神はたすきコースですが、福島などで経験しているから問題ないでしょう。いい状態で向かえます」と、王者らしいレースを期待する。

 金鯱賞ルミナスウォリアー新潟記念5着、AJCC4着と近走は重賞でも健闘。左回りでは【3・5・1・2】と好成績を残している。「追い切りで前の馬を追いかけさせて気持ちを入れたし、馬がしっかりしてきました」と楽しみにしている。

 父・正道師は来年2月いっぱいで定年。父の背中を追って調教師の道を志した和田郎師が、飛躍の春を迎える。 (柴田章利)

中山牝馬ステークスの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

76件中 1-15件目を表示≪前の15件 1 2 3 4 5 6 次の15件≫

レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。