タニノアーバンシー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝4 黒鹿毛 2013年4月23日生
調教師角居勝彦(栗東)
馬主谷水 雄三
生産者Yuzo Tanimizu
生産地
戦績13戦[4-5-2-2]
総賞金6,433万円
収得賞金1,350万円
英字表記Tanino Urban Sea
血統 Sea The Stars
血統 ][ 産駒 ]
Cape Cross
Urban Sea
Vodka
血統 ][ 産駒 ]
Tanino Gimlet
Tanino Sister
兄弟 タニノフランケルケースバイケース
前走 2017/08/20 西部スポニチ賞
次走予定

タニノアーバンシーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/08/20 小倉 10 西部スポニチ 1000万下 芝1800 118102.411** 牝4 55.0 M.デムー角居勝彦512(+4)1.47.5 -0.336.6イモータル
17/07/30 小倉 10 不知火特別 1000万下 芝1800 11222.822** 牝4 55.0 M.デムー角居勝彦508(+4)1.47.0 0.734.8コパノマリーン
17/07/16 中京 10 シンガポール 1000万下 芝2000 157132.715** 牝4 55.0 川田将雅角居勝彦504(-2)1.59.8 0.234.6キンショーユキヒメ
17/03/18 阪神 9 須磨特別 1000万下 芝1800 11333.611** 牝4 55.0 小牧太角居勝彦506(-6)1.46.9 -0.233.8ジークカイザー
17/02/26 阪神 8 4歳以上500万下 芝1800 10111.411** 牝4 54.0 川田将雅角居勝彦512(0)1.48.6 -0.534.8レイリオン
17/02/04 京都 7 4歳以上500万下 芝2400 9113.533** 牝4 54.0 C.ルメー角居勝彦512(+30)2.29.5 0.335.5メイケイレジェンド
16/06/19 阪神 8 3歳以上500万下 芝2000 9441.612** 牝3 52.0 M.デムー角居勝彦482(-4)2.03.7 0.637.6④④ヴォージュ
16/05/21 京都 5 3歳未勝利 芝2000 16471.911** 牝3 54.0 C.ルメー角居勝彦486(+6)2.00.6 -0.434.2マーティンクリベー
15/12/20 阪神 4 2歳未勝利 芝1800 188185.132** 牝2 54.0 和田竜二角居勝彦480(0)1.48.6 0.034.9④④ロードスター
15/11/29 京都 3 2歳未勝利 芝1800 11559.332** 牝2 54.0 和田竜二角居勝彦480(0)1.50.5 0.234.1ロイカバード
15/11/08 京都 4 2歳未勝利 芝1800 10777.944** 牝2 54.0 岩田康誠角居勝彦480(-8)1.50.3 0.736.4タイセイサミット
15/10/25 京都 3 2歳未勝利 芝1800 15354.023** 牝2 54.0 岩田康誠角居勝彦488(-2)1.48.2 0.535.4⑪⑫サラザン
15/08/02 新潟 5 2歳新馬 芝1600 166115.122** 牝2 54.0 岩田康誠角居勝彦490(--)1.36.3 0.433.7ルグランフリソン

タニノアーバンシーの関連ニュース

 “17冠ベイビー”が越後路でベールを脱ぐ。父フランケル×母ウオッカの超良血タニノフランケルが、土曜新潟の芝1800メートルにスタンバイ。名牝の4番子にはクラシック級の期待が高まっている。

 ◇

 ダービー、ジャパンCなどGI7勝をあげたウオッカの子供は、これまでに3頭(すべて父はシーザスターズ)がJRAでデビュー。ボラーレ、ケースバイケースは未勝利に終わったが、タニノアーバンシーは現3勝と堅実に活躍している。

 4番子の父に迎えたのはフランケル。現役時代は英2000ギニーなどGI10勝を含む14戦14勝、種牡馬としてもソウルスターリング(オークス、阪神JF)を送り出している“怪物”だ。父母合わせてGI17勝の期待馬は、「身のこなしが他のきょうだいより軽そう」(岸本助手)と上々の評価だ。

 1週前の2日にはCWコースでラスト1F11秒8をマークし、古馬2頭と併入。今週の3頭併せでは大きく遅れてしまったが、「予定したよりゆっくりでもいいんじゃないですか。やれば動く馬だし、日曜の坂路ではラスト1F11秒台を出している。この時季の2歳にしては落ち着きがあるし、すごくいい馬」と、岸本助手は意に介していない。デムーロ騎手を背に衝撃のデビューを飾るか。(夕刊フジ)

タニノアーバンシーの関連コラム

閲覧 1,145ビュー コメント 0 ナイス 2

 早いもので、今期も2歳新馬のスタートから1ヶ月が経過しました。プロディガルサン(ラヴズオンリーミーの2013)やポルトフォイユ(ポルトフィーノの2013)といった評判馬が勝ち上がったこともあり、既に優勝への青写真を思い描いている方や、その逆に絶望的な気持ちで戦況を見守っている方もいらっしゃるでしょう。もっとも、今シーズンはまだ始まったばかり。楽観するにも悲観するにも早過ぎる時期です。
 今回は6月29日(月)03:00時点の注目POG馬ランキングなどを参考に、夏季競馬や比較的早いタイミングでのデビューが期待できそうな未出走馬を紹介します。今後行われる入札の参考にしてみてください。

 注目POG馬ランキング4位のリオンディーズシーザリオの2013)は、JRA-VANだと6月28日(日)の時点でまだ未登録馬扱いですが、6月19日(金)から6月28日(日)にかけて坂路調教を行った記録があります。デビュー戦の時期はハッキリしていないものの、順調に進んでいると見ていいでしょう。

 注目POG馬ランキング9位のアストラエンブレムブラックエンブレムの2013)は6月28日(日)の東京05Rに出馬投票を行いましたが、残念ながら除外となってしまいました。今週末7月5日(日)の中京05Rに再び出馬投票を行うとのことで、“仕切り直し”の一戦に注目したいところです。

 注目POG馬ランキング12位のシルバーステート(シルヴァースカヤの2013)も今週から開幕する3回中京でのデビューを予定している模様。半兄にATCザメトロポリタン(豪G機砲鮴したSevilleがいる良血馬ということで、私個人としても注目しています。

 注目POG馬ランキング41位のチェッキーノハッピーパスの2013)はノーザンファーム早来で調整中。6月18日(木)に行われた第2回産地馬体検査を受検しており、今後は函館競馬場に入厩する予定とのことでした。このまま順調に進むようであれば、全兄コディーノや半姉カービングパスと同様に1回札幌あたりで初陣を迎えることになるんじゃないでしょうか。

 注目POG馬ランキング50位のマウントロブソンミスパスカリの2013)は6月24日(水)のゲート試験に合格。勢いに乗る金子真人ホールディングスの所有馬ということもあり、デビュー戦を心待ちにしている方は多いと思います。

 6月28日(日)時点で未出走、かつJRA-VANで「在厩」とされている馬のうち、母、もしくは兄姉がJRAの重賞かオープン特別(平地競走のみ)を勝っている馬は下記の通りです。

タニノアーバンシー(Vodkaの2013)
ヨシノザクラ(アジアンミーティアの2013/全兄ダコール
チェリークォーツアスクデピュティの2013/半兄ミュゼスルタン
スズカボルト(アルカイックレディの2013/半姉エイシンキンチェム)
ゼンノハーデース(ウインアンジェラスの2013/全姉クーファナイン
ウイングソルジャーウイングレットの2013)
エフティスパークルエフティマイアの2013)
キセキノケイフ(カーリーエンジェルの2013/半兄オレハマッテルゼ
シュウジ(カストリアの2013/半兄ツルマルレオン
キーウエスト(キーブギーの2013/半兄スマートロビン
フラヴィニーキッスパシオンの2013/半姉アドマイヤキッス
スピアザゴールド(キューティゴールドの2013/半姉ショウナンパンドラ
アンフィールド(キョウエイワンダーの2013/半兄カラダレジェンド
アンナトルテクーヴェルチュールの2013)
ハタノインサイト(クラスターの2013/半兄テイエムイナズマ
マーベリックコスモマーベラスの2013)
サクセスボーイサクセスストレインの2013)
エレガントビーナスサチノスイーティーの2013)
クリノシュノンソーサマニベッピンの2013/半姉レディインブラック
コウキチョウサン(シャドウシルエットの2013/全兄ケイアイチョウサン
アイアムパイオニア(ズーナクアの2013/半兄トウカイトリック
エスティタート(スキッフルの2013/半兄フラガラッハ
パープルスクエア(スクエアアウェイの2013/半兄アリゼオ
メンデンホール(ストロベリーフェアの2013/半姉ミッドサマーフェア
フィールドシャルム(タイキクラリティの2013/半兄クラリティスカイ
ゼンノタヂカラオダイヤモンドビコーの2013)
ダイワウィズミーダイワスカーレットの2013)
カイザーバルダンスインザムードの2013/半姉ダンスファンタジア
テイエムハートダン(テイエムクリスタルの2013/半セテイエムキュウコー)
フォーアライターデグラーティアの2013)
シュガーラッシュ(デルフィーネの2013/半兄ウインスプラッシュ
トーホウデサント(トーホウビーナスの2013/半兄トーホウチェイサー
ペイザージュ(ネガノの2013/半兄ダッシャーゴーゴー
サトノサンシャイン(ノーブルステラの2013/半姉ノーブルジュエリー
セイムヒアー(ハチノヨウニサスの2013/全兄アポロスターズ)
テゾーロミノル(ピエナアマゾンの2013/半兄アクティブミノル
ツヴィンガー(プアプーの2013/半兄オーシャンブルー
ペンドラゴン(フェアリーテールタイムの2013/半姉ダームドゥラック)
アストラエンブレムブラックエンブレムの2013/半兄ブライトエンブレム
ブラボーウォーム(ブラボーサンライズの2013/全姉ブラボーデイジー
クナウ(フラワーブリーズの2013/半姉カシマフラワー
ドリームマウンテンプリンセスリーベの2013/半兄ナリタセンチュリー
テイエムアムンゼン(フルフリングスの2013/半姉テイエムチュラサン
アドマイヤロマン(フローリッドコートの2013/全兄ミッキードリーム
ディライトクライ(ベルベットローブの2013/半兄アドマイヤサガス
エイコオレクレールホクトブルーバードの2013/半兄エスケーカントリー
マコトクラダリング(マコトキンランの2013/半姉マコトナワラタナ
ディクタム(マストビーラヴドの2013/半姉ラインクラフト
ロスカボス(マンハッタンセレブの2013/全姉セレブリティモデル)
コウザンハピネス(ミッキーコマンドの2013)
テイエムハヤブサ(メモリーズオブロニーの2013/半セツルマルジャパン)
ゴールドラッシュラティールの2013/全兄ヒットザターゲット
スターストリーム(リボンストライプの2013/半兄エアセレソン
ピンクアゲートレッドアゲートの2013)
ファータグリーン(レディーダービーの2013/半兄ヴェルデグリーン
エレーデローブデコルテの2013)
コパノリクエストローレンシアの2013/半兄エーシンビートロン
ワントゥワンワンカラットの2013)

 これらの馬は早めの時期にデビューする可能性が比較的高いはず。ポテンシャルの高い血統であることも証明済みですから、ひと通りチェックしておくに越したことはないでしょう。新たな指名候補を探している方はぜひ注目してみてください。

※次回のコラムは8/6(木)になります。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『ウルトラ回収率 2015-2016』(ガイドワークス)、『現在(いま)の勝負気配が分かる 騎手×調教師 黄金タッグ』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)。POG専門誌の制作にもさまざまな形で携わっており、現6歳世代のPOGでは参加したすべてのドラフト(いずれも参加者20名以上)でジェンティルドンナの単独1位指名に成功した。このウマニティPOGにおいても、ミッキーアイルクラリティスカイと2年連続でG汽Εぅ福爾鮖慳召靴討い襦


登録済みの方はこちらからログイン

タニノアーバンシーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 52ビュー コメント 0 ナイス 8

先週行われたレースの本命馬の回顧をしていきます。


【2回小倉7日】

■5R ジューンナイト 3人気3着

いかにもスピード馬という小柄な体型をしていますし、
調教の本数もまずまずだったので、初戦からでも走れる、と考えていました。
3着という結果ですから、よく頑張ったというべきなんですけど、
1着・2着との着差が大きすぎますので、未勝利戦でも苦戦するかもしれません。

■7R サンブリリアント 2人気2着

人気のキラーコンテンツが連闘でしたから、付け入るスキがある、
と考えていたんですけど、相手はかなり強かったです。

■8R ラインフィール 5人気4着

外枠だったので、好位で控える競馬になるのは想定内だったんですが、
前に行っていた馬を交わせなかったのは想定外でした。

■9R ミルトドリーム 2人気13着

スムーズに先行する競馬ができていたのに、直線に入ったらズルズル下がってしまいました。
前走3着はフロックだったようですね。

■10R ブラックカード 1人気4着

小倉で未勝利を卒業した馬なので、
勝ち上がったコースに替わっての上積みを期待しましたが、単純に力不足でしたね。

■11R ヴェゼール 8人気15着

ダートでの変わり身に期待したんですけどね…。
もっと積極的な競馬ができていれば、ここまで負ける事はなかったと思います。

■12R メイショウラバンド 1人気3着

差し馬向きの展開になる、と考えていましたが、
結果的には先行馬に残られたので、レース展開の読みが完全に外れてしまいました。


【2回新潟7日】

■5R ブリスフルデイズ 1人気7着

スタートが良かったので、もっと前に行って欲しかったんですけど、
道中で溜める競馬をした割には直線で全然伸びていないので、力負けと見るべきでしょう。

■6R マリノディアナ 2人気8着

直線でスムーズさを欠いてしまいましたし、
短距離の内回りで外枠を狙うのはナンセンスでした。

■7R モアナブルー 2人気4着

勝負どころで前が詰まってしまったのが致命的でした。
でも、1着と3着はノーマークだったので、この馬が連対しても、どっちみち馬券は外れていました。

■9R プライムセラー 4人気4着

こちらも直線でスムーズにさばけず、脚を余しての4着。
中途半端なレースをせず、後方で腹を括る形の競馬をしてほしかったです。

■10R タガノヴィッター 2人気6着

ダート短距離のレースで、スタート出遅れ、という絶対に来ないパターンにハマりました。
先行馬有利の新潟ダート1200mで差し馬を狙おうとした事自体間違っていたようです。

■11R グランアルマダ 3人気1着

出ムチを入れてハナを奪い、そのまま押し切りました。
内回りコースの短い直線もピッタリでしたし、展開も向きました。

■12R カキツバタチグサ 2人気3着

ケンコンイッテキよりも前にいないと話にならないので、
先手争いにあっさり負けてしまった時点で苦戦するのは目に見えていました。


【2回札幌1日】

■5R ミカリーニョ 1人気2着

ミスエリテの半妹で、JRA−VANのPOGで指名しています。
仕上がり途上なのは百も承知ですが、あそこまでいったら勝ってほしかったです。

■10R フローラデマリポサ 3人気5着

不利な外枠でも50kgなら何とかなる、と思っていました。
でも、現実は甘くなく、ずっと外を回らされる展開ではさすがに厳しかったです。

■11R ロードアルバータ 3人気8着

距離が長かったんでしょうか、馬場が合わなかったんでしょうか、単純に実力不足なんでしょうか。
思い浮かぶ敗因が多すぎて、逆に困ってしまいます。

■12R スターオブペルシャ 2人気1着

積極的な立ち回りで、直線入り口で先頭に立ち、そのまま押し切りました。
ロサギガンティアの弟なんですから、もっと上のクラスで走ってもらわなきゃいけません。


【2回小倉8日】

■5R コンファーメント 1人気3着

スムーズな形でハナを奪っていたんですけどね…。
大型馬の初戦なので、これ以上の結果を望むのは酷かもしれませんが、
直線でもっと粘ってほしかったな、というのが正直なところです。

■6R オーロスターキス 3人気1着

内の偶数枠という絶好の条件から好スタートを切り、
直線でもしっかりとした脚を使って、新馬勝ちを決めました。
1分11秒0という時計は平凡すぎますけど、まだまだ時計は詰められそう。

■7R チカノワール 1人気5着

位置取りが後ろになるのはいつもの事なんですけど、
4角で加速がつかなかったですし、直線での伸びもイマイチ。
不可解な負け方です。

■8R ボクノナオミ 2人気7着

2度目の1000m参戦で慣れが見込める、と判断したんですが、
前走と同じ時計でしか走れませんでした。
1000mだと忙しい競馬になってしまいますね。

■9R シンダーズ 1人気8着

道中の追走に手間取っていました。
前走で小倉1200mに対応していたんですけど、
本質的にはもっと時計のかかる馬場の方が合うのでしょうね。

■10R タニノアーバンシー 1人気1着

前走は勝った馬に上手く逃げ切られてしまいましたが、
今回は先行集団に取り付いていく積極的な競馬で、
4角先頭押し切り、という強い形で勝ち切りました。

■11R(北九州記念)アルティマブラッド 5人気6着

勝ち馬から0.3秒差ですから、頑張ってはいるんですけど、
重賞ではもうワンパンチ足りませんね。

■12R テルペリオン 5人気1着

2週連続坂路で上がり重点の好時計をマークしていましたから、
休み明けの影響はない、と考えていました。
松若騎手も積極的な競馬をしてくれましたし、予想以上に強い走りを見せてくれました。


【2回新潟8日】

■5R シエルクレール 5人気5着

追い切りの動きが良かった割には人気が無かったので、
思い切って狙ってみたんですけど、人気通りの着順になってしまいました。
上位2頭の瞬発力には屈しましたが、3着とは0.2秒差でしたし、
器用さが求められる中山コースなら着順を上げられると思います。

■7R コパノビジン 1人気1着

外枠から押し気味に先行していって、そのまま押し切りました。
使い詰めなので、そろそろ休みを挟んだ方が良さそうですけど、
菜七子騎手とは手が合っていますし、1000万下でも好勝負できると思います。

■8R イストワールファム 1人気1着

上がり3ハロン32.7秒の末脚で一気に差し切ってみせました。
今回のメンバーでは格上でしたけど、不発に終わる事もある馬ですから、
次走の取捨判断は冷静にしていきたいです。

■9R サトノキングダム 1人気2着

戸崎騎手は8Rの再現を狙っていたと思いますが、
馬場の5分どころから追い込んできたルネイションに抜け出しをくらいました。
今回で2着は4回目。能力は高いんですけど、詰めが甘いんですよね…。

■10R カレンラストショー 4人気2着

前残りの展開が向きましたし、
勝ち馬の方が3kg斤量が軽かった事を考えれば、上々の走りができていたと思います。

■11R ストロングトリトン 6人気11着

得意の新潟ダート1200mなら、格上挑戦でも何とかなると思っていたんですが…。
道中も忙しい感じでしたし、さすがにOPは甘くなかったですね。

■12R シンラバンショウ 10人気7着

混戦だったので、直線競馬が得意な西田騎手にかけてみました。
前走よりも時計を詰めていて、良化著しい状況ですから、
秋の新潟開催の直線競馬で穴をあける存在になるかも!?


【2回札幌2日】

■5R ルーカス 2人気1着

道中は後方からの競馬になりましたが、
3コーナー付近で一気に動いて先頭に立ち、そのまま押し切ってみせました。
発展途上ではありますけど、走っているフォームは雄大ですし、
このまま順調にレースを使える状況であれば、クラシック路線に乗っても不思議ない逸材だと思います。

■11R(札幌記念)アングライフェン 7人気9着

向正面でほぼ最後方という位置取りは全くの想定外でしたけど、
小回りでコーナー4つの競馬なんですから、シンプルに内めの枠を引いた馬から勝負すべきでした。
馬自体はそこそこ脚を伸ばしていたので、展開が上手くかみ合えば重賞でも上位争いできると思います。

■12R ゲンパチケンシン 2人気3着

叩き2戦目で着順をしっかり上げてきました。
今回は相手が悪かったので、平場であれば勝ち負けまで持ち込めそう。


日曜は予想に費やす時間を作る事ができなかったので、
ほとんどの予想の買い目が複勝でしたが、
久しぶりに1日単位で回収率100%に近付けましたから、
良くなるきっかけはつかめそうなのかな?という印象を持っています。

日曜札幌5Rはまずまずのメンバーがそろっていた中、
モーリスの全弟・ルーカスが新馬勝ちをおさめました。

現2歳のシルクレーシングはかなりのラインナップになっているんですけど、
その中でもルーカスは抜けた存在だ、と僕は思っていたので、
新馬戦からしっかりと結果を出してくれて、ホッとしています。

ルーカスはウマニティPOGだと落札できそうもなかったので、
JRA−VANのPOGで指名しました。

回顧のところにも書きましたが、
順調に行けば、クラシックを意識できる馬になるはずですから、
今後のルーカスの動向にも注目していきたいです。

 馬券のAエース 2017年8月19日() 22:51
【日曜の格上馬】+札幌・北九州記念♪ 
閲覧 228ビュー コメント 0 ナイス 7

////////////

【メモリアル】あと1勝で○○○勝♪
伊藤 工真≪騎手≫〔現在99勝〕
大橋 勇樹≪調教師≫〔現在199勝〕

※明日はどちらもチャンスありそうですね^^大橋厩舎は2頭出し
///////////////

【日曜の格上馬】
札幌1R…ラスエモーショネス
小倉1R…タイセイソニック
新潟1R…ダイメイジャスミン
札幌2R…ワンナイトインパリ
小倉7R…チカノワール
新潟8R…ヒドゥンパラメータ
新潟9R…サトノキングダム

【厩舎&騎手】高確率メソッド

札幌2R:ワンナイトインパリ ルメ&手塚〔複勝率〕51.9%
札幌5R:リシュブール 福永&藤原〔複勝率〕52.4%
札幌8R:ヨシノザクラ ルメ&萩原〔複勝率〕58.1%
札幌9R:タワーオブロンドン ルメ&藤沢〔複勝率〕56.9%
札幌11R:アングライフェン 福永&安田〔複勝率〕47.7%
新潟5R:ミヤビララ 岩田&笹田〔複勝率〕40.0%
新潟6R:ルーラーキング 戸崎&小笠〔複勝率〕45.9%
新潟9R:サトノキングダム 戸崎&国枝〔複勝率〕50.0%
新潟10R:シルクブルックリン 田辺&奥村〔複勝率〕42.6%
新潟11R:ブルミラコロ 秋山&大久保〔複勝率〕57.1%
小倉2R:シャブリ デム&大久保〔複勝率〕50.0%
小倉7R:ルエヴェルロール デム&大久保〔複勝率〕50.0%
小倉10R:タニノアーバンシー デム&角居〔複勝率〕52.4%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【北九州記念】小倉1200m
≪馬指数≫
1位:〔76〕┘侫.ぅ鵐法璽疋襦´キングハート
3位:〔75〕哀丱シンテイオー
4位:〔73〕.薀凜 璽坤櫂ぅ鵐函´▲▲ティブミノル ゥ┘ぅ轡鵐屮襯坤▲
≪タイム指数≫
1位:〔66.7〕キングハート
2位:〔66.8〕ツィンクルソード
3位:〔67.5〕ゥ┘ぅ轡鵐屮襯坤▲ぁ´┘侫.ぅ鵐法璽疋襦´ダイアナヘイロー
≪LAP一致度≫
トウカイセンス ダイアナヘイロー ツィンクルソード 吋屮譽ぅ坤┘拭璽淵

※≪攻略ポイント≫の日記は17日に更新しています
データ面のヒントを是非読み直してくださいね^^

指数1位から最下位までの差がわずか「11」
ヒモ抜けを防ぐのも難しいですね(^o^;)
私は土曜1200m戦4鞍のLAPから差し馬有利と判断しました。

////////////

【札幌記念】札幌2000m
≪馬指数≫
1位:〔87〕ヤマカツエース
2位:〔85〕エアスピネル
3位:〔83〕ぅ蹇璽疋凜.鵐鼻璽
≪タイム指数≫
1位:〔68.7〕エアスピネル
2位:〔69.5〕ディサイファ
3位:〔69.6〕ヤマカツエース
≪LAP一致度≫
エアスピネル アングライフェン ▲淵螢織魯螢院璽鵝´ヤマカツエース

※≪攻略ポイント≫の日記は17日に更新しています
データ面のヒントは是非読み直してくださいね^^

土曜の札幌芝はミスプロ系中心でしたが、キンカメ産駒ばかりで
決まるレースではない気が」しますが(^o^;)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

更新遅くなってすみませんm(^^)m
日記書いて更新せずに安心して寝ちゃいました(笑)

[もっと見る]

 ベスト タイムズ 2017年8月17日(木) 00:14
817 西部スポニチ賞
閲覧 22ビュー コメント 0 ナイス 2

2017年8月20日(日)2回小倉8日目

10R 西部スポニチ賞

芝・右 1800m サラ系3歳以上1000万下 (混合)(特指) 定量

タニノアーバンシー

ピッツバーグ

.

[もっと見る]

⇒もっと見る

タニノアーバンシーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  うまるパンツァーMk-   フォロワー:3人 2015年8月3日(月) 22:31:59
この馬が勝って(2着)、やはり血統が競馬で生きる馬として、大事と感じた。しかし、3戦くらいして勝ちそう。だから、今回は連に入れたが、軸にはしなかった。でも、騎手の腕もあるので、次走も様子を見ます。

タニノアーバンシーの写真

投稿写真はありません。

タニノアーバンシーの厩舎情報 VIP

2017年8月20日西部スポニチ賞1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

タニノアーバンシーの取材メモ VIP

2017年8月20日 西部スポニチ賞 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。