オレハマッテルゼ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  栗毛 2000年1月16日生
調教師音無秀孝(栗東)
馬主小田切 有一
生産者ノーザンファーム
生産地早来町
戦績38戦[9-8-5-16]
総賞金38,457万円
収得賞金7,225万円
英字表記Orewa Matteruze
血統 サンデーサイレンス
血統 ][ 産駒 ]
Halo
Wishing Well
カーリーエンジェル
血統 ][ 産駒 ]
ジヤツジアンジエルーチ
ダイナカール
兄弟 エガオヲミセテエノク
前走 2007/10/20 富士ステークス G3
次走予定

オレハマッテルゼの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
07/10/20 東京 11 富士S G3 芝1600 182336.8149** 牡7 58.0 松岡正海音無秀孝476(-2)1.33.9 0.635.7マイネルシーガル
07/09/30 中山 11 スプリンタS G1 芝1200 162441.81214** 牡7 57.0 蛯名正義音無秀孝478(-2)1.11.7 2.338.3アストンマーチャン
07/09/09 阪神 11 セントウルS G2 芝1200 164811.5511** 牡7 58.0 武豊音無秀孝480(+6)1.08.5 1.434.3⑩⑪サンアディユ
07/06/03 東京 11 安田記念 G1 芝1600 184733.51318** 牡7 58.0 後藤浩輝音無秀孝474(+4)1.34.4 2.135.9⑮⑫ダイワメジャー
07/05/12 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 186117.133** 牡7 58.0 後藤浩輝音無秀孝470(-4)1.20.1 0.134.6エイシンドーバー
07/03/25 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 1881611.965** 牡7 57.0 後藤浩輝音無秀孝474(-2)1.09.5 0.635.5スズカフェニックス
07/02/18 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 1661139.31016** 牡7 57.0 後藤浩輝音無秀孝476(+2)1.36.8 2.037.6④⑤サンライズバッカス
06/12/17 阪神 11 阪神カップ G2 芝1400 188187.2314** 牡6 57.0 柴田善臣音無秀孝474(+6)1.21.5 0.936.2フサイチリシャール
06/10/28 京都 11 毎日スワンS G2 芝1400 18356.115** 牡6 59.0 柴田善臣音無秀孝468(+8)1.20.6 0.334.5プリサイスマシーン
06/10/01 中山 11 スプリンタS G1 芝1200 16477.459** 牡6 57.0 柴田善臣音無秀孝460(-12)1.08.7 0.635.2⑥⑥テイクオーバーター
06/06/04 東京 11 安田記念 G1 芝1600 188175.7110** 牡6 58.0 柴田善臣音無秀孝472(0)1.33.8 1.235.5ブリッシュラック
06/05/13 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 147125.331** 牡6 59.0 柴田善臣音無秀孝472(+2)1.21.8 -0.334.6インセンティブガイ
06/03/26 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 186119.341** 牡6 57.0 柴田善臣音無秀孝470(-4)1.08.0 -0.033.9⑤⑤ラインクラフト
06/02/26 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 156102.313** 牡6 56.0 柴田善臣音無秀孝474(0)1.22.7 0.236.1ブルーショットガン
06/01/28 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 168165.022** 牡6 56.0 柴田善臣音無秀孝474(-4)1.33.7 0.034.5フジサイレンス
06/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 168153.719** 牡6 57.0 福永祐一音無秀孝478(-2)1.34.7 0.735.2④⑥ビッグプラネット
05/11/27 東京 9 キャピタルS OP 芝1600 176124.921** 牡5 56.0 武豊音無秀孝480(+18)1.32.9 -0.034.2フォーカルポイント
05/06/05 東京 11 安田記念 G1 芝1600 182435.21311** 牡5 58.0 蛯名正義音無秀孝462(-6)1.33.0 0.735.4アサクサデンエン
05/05/15 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 1851016.852** 牡5 57.0 柴田善臣音無秀孝468(+2)1.20.7 0.434.9④④アサクサデンエン
05/05/01 東京 10 晩春S 1600万下 芝1600 14222.011** 牡5 57.0 柴田善臣音無秀孝466(-2)1.32.8 -0.135.1ジョリーダンス

⇒もっと見る


オレハマッテルゼの関連ニュース

 バーデンバーデンカップ(17日、福島11R、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝1200メートル、1着本賞金2300万円=出走13頭)柴田善臣騎乗で4番人気のオウノミチ(栗・佐々木、牡5、父オレハマッテルゼ)がインを強襲して快勝。格上挑戦でJRA通算3勝目(他に地方3勝、計22戦目)を挙げた。今後はサマースプリントシリーズに向かう。タイム1分8秒3(良)。3/4馬身差の2着は2番人気ジャストドゥイング。1番人気アットウィルは4着だった。

 これが勝利への王道だといわんばかりに、インをぴったり回ってのV。格上挑戦のオウノミチが鋭い決め手で快勝した。

 「道中は少し力んでいる感じもあったけど、うまくいい位置に入れたからね」

 まさに教科書どおりの騎乗で勝利に導いた柴田善騎手が汗をぬぐった。スタートを決めて逃げ馬を見る最内の4番手。そこで脚をためると、直線もインから差し切った。「最後はハンデ(52キロ)のぶんもあったかもしれないけど、この距離が良さそうな馬だね」とヨシトミはスプリンターとしての高い能力を評価した。

 父オレハマッテルゼは2006年の高松宮記念馬で、母ナゾも芝1200メートルで5勝を挙げた短距離馬。父母もまた、珍名馬で有名な小田切有一オーナーの所有馬だった。笠松で3勝を挙げて再転入してきたオウノミチだが、もともとはJRAの新馬戦で桜花賞ハープスターの2着になった素質馬。5歳夏を迎えて本格化ムードだ。

 「ここ数戦は落鉄しかけたり、チグハグな競馬になっていたけど、きょうは強かったね」

 佐々木調教師が笑顔を見せた。この後は北九州記念(8月21日、小倉、GIII、芝1200メートル)からセントウルS(9月11日、阪神、GII、芝1200メートル)へ向かう。「サマースプリントシリーズの“王の道”へいきます」と、夏の短距離王への挑戦を高らかに宣言。素質開花を感じさせるオウノミチが、この夏、短距離界の中心になりそうだ。 (柴田章利)

★17日福島11R「バーデンバーデンカップ」の着順&払戻金はこちら

【馬名決まりました】栗東(1月29日登録分)2015年2月3日(火) 20:17

ニシオボヌール(牡、父アッミラーレ、母ターフマジョリック、栗東・高橋亮

ウインドレイン(牝、父アドマイヤコジーン、母ウインドスイープ、栗東・鈴木孝志

ウインドマックス(牝、父アドマイヤマックス、母ダスティーミラー、栗東・高橋亮

テーオーディオネ(牝、父ヴァーミリアン、母ヴァリッドアンセム、栗東・梅田智之

デンコウマナ(牝、父ヴァーミリアン、母メイショウデンコー、栗東・荒川義之

エイシンマカロン(牝、父エンパイアメーカー、母サンデーブレーヴ、栗東・坂口正則

フィールドメーカー(牡、父エンパイアメーカー、母バズビナ、栗東・西園正都

ゴマスリオトコ(牡、父オレハマッテルゼ、母アッチッチ、栗東・音無秀孝

メイショウショウキ(牡、父オレハマッテルゼ、母メイショウマイマイ、栗東・飯田祐史

タガノフレンダ(牝、父カンパニー、母タガノレジェンダ、栗東・鈴木孝志

ブルミラコロ(牡、父キンシャサノキセキ、母キングスミール、栗東・大久保龍志

ゼクト(牝、父サウスヴィグラス、母スターオブジェンヌ、栗東・大根田裕之

ワイドバディーズ(牝、父ジャングルポケット、母リスキーディール、栗東・宮徹

オーサムレジェンド(牡、父ゼンノロブロイ、母パーソナルレジェンド、栗東・藤原英昭

キヨマサ(牡、父ソングオブウインド、母セレスシャイン、栗東・大根田裕之

ディープアントス(牝、父ディープインパクト、母ルンバブギー、栗東・矢作芳人

タイセイブレイド(牡、父ネオユニヴァース、母ストレイトフロムテキサス、栗東・矢作芳人

アルフヘイム(牝、父ハービンジャー、母ラフェクレール、栗東・笹田和秀

クリノサニーオー(牡、父マーベラスサンデー、母ウインクパール、栗東・大根田裕之

マツリダカーニバル(牝、父マツリダゴッホ、母マンボカーニバル、栗東・高橋義忠

イスパハン(牝、父マンハッタンカフェ、母レイオブライト、栗東・服部利之

メイショウエボウシ(牡、父メイショウサムソン、母メイショウカガリビ、栗東・石橋守

ゼットジョイ(牡、父メイショウサムソン、母メジロミシェル、栗東・宮徹

[もっと見る]

【馬名決まりました】美浦(12月19日登録分)2013年12月24日(火) 16:51

キングランベリ(牡、父アドマイヤムーン、母アステオン、美浦・高橋文雅

クインズジャーニー(牡、父アドマイヤムーン、母クィーンオブキネマ、美浦・田村康仁

ケイボルケーノ(牡、父アドマイヤムーン、母タイムトラベリング、美浦・奥平雅士

ミヤビソーダライト(牝、父アドマイヤムーン、母ミヤビハルカ、美浦・小島茂之

ハナズウェポン(牡、父オレハマッテルゼ、母プラセール、美浦・加藤和宏

マッチレスヒーロー(牡、父オレハマッテルゼ、母ブラックティー、美浦・金成貴史

ドナカンパニュラ(牝、父カンパニー、母ドナグレース、美浦・高木登

ソードラック(牡、父キングカメハメハ、母クロスバラード、美浦・斎藤誠

ウインレーヌ(牝、父キングカメハメハ、母ダンスエンドレス、美浦・手塚貴久

グランピアノ(牝、父キングヘイロー、母セレクトレディ、美浦・高柳瑞樹

パレントゥチェリ(牝、父キングヘイロー、母ボルジアII、美浦・松永康利

ザコンテンダー(牡、父グラスワンダー、母ゲイリーウェイ、美浦・大竹正博

ギンマクノヒロイン(牝、父グラスワンダー、母プライムステージ、美浦・小島茂之

ワッグルダンス(牝、父クロフネ、母フライングメリッサ、美浦・伊藤大士

ボンドマティーニ(牡、父クロフネ、母ラインクラージュ、美浦・相沢郁

フッコウダマシイ(牡、父クロフネ、母ワンオブサウザンド、美浦・清水英克

クインズストリーク(牝、父ゴールドアリュール、母ブラッシュウィズデスティニー、美浦・和田正一郎

ホープフルムーン(牝、父コンデュイット、母エイシンスイレン、美浦・手塚貴久

レッドボルゲーゼ(牡、父コンデュイット、母サンデーピクニック、美浦・鹿戸雄一

コスモアズライト(牡、父コンデュイット、母バズマイハート、美浦・奥平雅士

コンフォータブル(牝、父ザール、母ローズホーラー、美浦・尾形和幸

ナイスサンフラワー(牝、父サクラバクシンオー、母ディアンサス、美浦・古賀慎明

サンバカーニバル(牝、父ジャングルポケット、母キーブギー、美浦・田村康仁

シングンジョーカー(牡、父シングンオペラ、母ピロット、美浦・高市圭二

ヴィヴァルディ(牝、父シンボリクリスエス、母キャトルセゾン、美浦・奥平雅士

ベルモントビーナス(牝、父シンボリクリスエス、母ベルモントノーヴァ、美浦・和田正一郎

デルマノパパナノダ(牡、父スリリングサンデー、母アジアンビューティ、美浦・高柳瑞樹

[もっと見る]

06年高松宮記念Vのオレハマッテルゼ、腰萎症で死亡 2013年11月2日() 05:02

 2006年のGI高松宮記念を制したオレハマッテルゼ(牡13)が、10月30日にけい養先の北海道浦河町のイーストスタッドで重度の腰萎症(脊髄神経が圧迫されて起こる疾病)のため、死亡していたことが1日、わかった。

 同馬は父サンデーサイレンス、母カーリーエンジェルという血統で、祖母がオークスダイナカール、叔母が天皇賞・秋、オークスを制したエアグルーヴという良血。6歳時に高松宮記念を制してGIウイナーの仲間入りをした。2007年に引退して、種牡馬入り。産駒にハナズゴール(GIIIチューリップ賞、GIII京都牝馬S)がいる。

 JRA通算38戦9勝で重賞は前出の高松宮記念、06年のGII京王杯スプリングCの2勝。総獲得賞金は3億8457万4000円。

 ◆現役時代に同馬を管理し、高松宮記念で厩舎GI初勝利を飾った音無師 「今年に入って腰を悪くして、種付けを中止していたので、心配していました。まだ若くて、走る馬が出てきているからね。本当に残念です」

[もっと見る]

【馬名決まりました】栗東(9月26日登録分)2013年10月1日(火) 15:00

スプリングシラー(牝、父オペラハウス、母スプリングベルン、栗東・野村彰彦

スリーケーザル(牡、父オペラハウス、母スリーケープ、栗東・村山明

メイショウナギサ(牝、父オレハマッテルゼ、母シルヴァーキャップ、栗東・増本豊

チクタク(牝、父オレハマッテルゼ、母メロンパン、栗東・田中章博

ホットスル(牡、父オレハマッテルゼ、母ユメミツキ、栗東・田中章博

アサカフェリス(牝、父キョウワスプレンダ、母ブラックウィッチ、栗東・日吉正和

シホウ(牡、父キングカメハメハ、母ゴコウ、栗東・笹田和秀

カネトシガーネット(牝、父キングカメハメハ、母マルガリータ、栗東・五十嵐忠男

オルドリン(牡、父キングカメハメハ、母ムーンレディ、栗東・角居勝彦

ケンブリッジハーツ(牝、父キングヘイロー、母エリモファイナル、栗東・小崎憲

アグネスミニッツ(牡、父グラスワンダー、母アグネスマジカル、栗東・河内洋

アイアンリーダー(牝、父クロフネ、母アイアンゴールド、栗東・浜田多実雄

イゾラベッラ(牡、父クロフネ、母インユアアームス、栗東・村山明

レッドアルゴ(牡、父クロフネ、母ハリウッドドリーム、栗東・友道康夫

アカネイロ(牝、父クロフネ、母マチカネエンジイロ、栗東・清水久詞

ワンダーライツ(牝、父ケイムホーム、母ワンダーブランニュ、栗東・羽月友彦

ランガージュ(牡、父ゴールドアリュール、母エクリチュール、栗東・高橋亮

ラフィネシチー(牝、父ゴールドアリュール、母レディクラシック、栗東・岡田稲男

メモリービビッド(牡、父ザール、母メモリージュエル、栗東・柴田光陽

ヒナアラレ(牝、父サウスヴィグラス、母トーワマドンナ、栗東・藤沢則雄

アピロボーイ(牡、父シニスターミニスター、母エアソーニャ、栗東・松永昌博

キングズガード(牡、父シニスターミニスター、母キングスベリー、栗東・田中章博

リバージャイアント(牡、父ジャイアントレッカー、母ピサノノゾミ、栗東・作田誠二

ディアフレンド(牝、父ジャングルポケット、母ディアアドマイヤ、栗東・千田輝彦

アルピニスト(牡、父シンボリクリスエス、母ギーニョ、栗東・石坂正

ナリタメロディ(牝、父シンボリクリスエス、母ナリタシークレット、栗東・木原一良

[もっと見る]

【馬名決まりました】美浦(9月19日登録分)2013年9月24日(火) 15:34

デジタルアート(牝、父アグネスデジタル、母セリーナトロフィー、美浦・田島俊明

ファインコート(牝、父アドマイヤジャパン、母フレッシュブラッド、美浦・粕谷昌央

ダブルエー(牝、父アドマイヤムーン、母アンティーケリー、美浦・高柳瑞樹

シゲルミノ(牝、父ヴィクトリー、母ラブイズカヌマ、美浦・武市康男

ミラクルアイドル(牝、父オレハマッテルゼ、母エクスエトワール、美浦・菊川正達

ピンクドラゴン(牝、父オレハマッテルゼ、母メイショウユスラ、美浦・小島太

センショウフージン(牡、父カリズマティック、母ヘイアンリリー、美浦・高橋裕

マイネルラヴィベル(牡、父カンパニー、母コスモディスティニ、美浦・相沢郁

ピーエムカメロン(牡、父キングカメハメハ、母ミュゲドボヌール、美浦・和田正一郎

クリノミユキチャン(牝、父キンググローリアス、母ライデンガール、美浦・天間昭一

アサカラヴァーズ(牝、父キングヘイロー、母キョウワノコイビト、美浦・和田正道

アナザーバージョン(牡、父クロフネ、母アンナヴァン、美浦・久保田貴士

クロフネフリート(牡、父クロフネ、母フローレンスガール、美浦・戸田博文

マダムアグライア(牝、父ケイムホーム、母マリスカ、美浦・新開幸一

トウカイマインド(牝、父ゴールドアリュール、母トウカイデンヒル、美浦・的場均

ファンレーベン(牡、父ゴールドアリュール、母ヒシアイドル、美浦・黒岩陽一

チリトテチン(牝、父コマンズ、母シンティー、美浦・蛯名利弘

バリングバー(牝、父コマンズ、母バランバ、美浦・伊藤圭三

ワイルドジーク(牡、父サウスヴィグラス、母メジロカンナ、美浦・古賀慎明

イミラカチャ(牝、父サクラバクシンオー、母ノットユアビジネス、美浦・大和田成

グットノイズ(牡、父シニスターミニスター、母ファゼンデイロ、美浦・黒岩陽一

ポケットエース(牝、父ジャングルポケット、母ウインデンファーレ、美浦・小笠倫弘

ラフィナート(牝、父シンボリクリスエス、母レディカーニバル、美浦・菊川正達

ディアイッセイ(牡、父スウィフトカレント、母アーリースプリング、美浦・奥平雅士

ココアチャン(牝、父スウィフトカレント、母フレンチムード、美浦・大和田成

ウインアプローズ(牝、父スクリーンヒーロー、母ダイイチビビット、美浦・宗像義忠

ディアオーブ(牝、父スクリーンヒーロー、母ディレクトーラ、美浦・水野貴広

カツラオー(牡、父スクリーンヒーロー、母ヒヤマクインダム、美浦・菅原泰夫

ヤマニンブロケード(牡、父スクリーンヒーロー、母ヤマニントゥドロワ、美浦・星野忍

ダディーズギフト(牡、父ステイゴールド、母マックスロゼ、美浦・高柳瑞樹

ペイシャゴンジセ(牡、父ストーミングホーム、母ガデスオブマーシー、美浦・本間忍

テルライド(牝、父ストーミングホーム、母スノーフレークII、美浦・二ノ宮敬宇

ベストリーダー(牝、父ゼンノロブロイ、母ヴェストリーレディ、美浦・加藤征弘

ニシノオンリーユー(牡、父ゼンノロブロイ、母オンリーザロンリー、美浦・手塚貴久

モルフェティー(牡、父ソングオブウインド、母モルフェグラン、美浦・大江原哲

シャイニーピューマ(牡、父タニノギムレット、母ブライティアナイル、美浦・栗田博憲

ファーストフォリオ(牡、父タニノギムレット、母フローラルカーヴ、美浦・田島俊明

ノワールアンジュ(牝、父ダンスインザダーク、母レディトゥプリーズ、美浦・牧光二

テオドリーコ(牡、父チチカステナンゴ、母ウエストミンスター、美浦・木村哲也

アインクラング(牝、父チチカステナンゴ、母カデンツァ、美浦・加藤征弘

エクセレントビュー(牝、父チチカステナンゴ、母トップエクセレント、美浦・高柳瑞樹

ハートオブクラリス(牝、父ディープインパクト、母クライム、美浦・国枝栄

マイネルシャルフ(牡、父ディープインパクト、母ゴールドインザグラス、美浦・国枝栄

マローブルー(牝、父ディープインパクト、母リラックススマイル、美浦・堀宣行

ネオリアリズム(牡、父ネオユニヴァース、母トキオリアリティー、美浦・堀宣行

フィジックス(牡、父パイロ、母アーキオロジー、美浦・牧光二

アスリート(牝、父バゴ、母ヤワラブライト、美浦・谷原義明

マルケットリー(牡、父ヒシミラクル、母セクシーウルフ、美浦・的場均

クリノゲンキチャン(牝、父ファンタスティックライト、母キシュウティアラ、美浦・高橋義博

ベルモントパープル(牡、父ファンタスティックライト、母ベルモントデーンズ、美浦・和田正道

ディアルレイル(牝、父フォーティナイナーズサン、母サウダージ、美浦・菊川正達

リッカルド(牡、父フサイチリシャール、母キョウエイハツラツ、美浦・黒岩陽一

フジノゴトク(牡、父フジキセキ、母ウルトラスキー、美浦・小西一男

ダルムシュタット(牡、父ブラックタイド、母カレンナバンダム、美浦・高橋義博

ラブリードレス(牝、父ブラックタイド、母トップドレッシング、美浦・星野忍

ヤワタマーチ(牡、父ブラックホーク、母ヤワタシルバー、美浦・菊川正達

プリサイスタイム(牝、父プリサイスエンド、母ブライアンズビット、美浦・古賀史生

ジューヌノーブル(牡、父マーベラスサンデー、母ジュンプリンセス、美浦・池上昌弘

ドラドラゴン(牡、父マイネルセレクト、母キタサンオリュウ、美浦・古賀史生

コスモスティキン(牡、父マツリダゴッホ、母コスモランゲル、美浦・松永康利

ヤマタケデュック(牝、父マンハッタンカフェ、母アルシッペ、美浦・根本康広

カンタベリーシマイ(牝、父メイショウボーラー、母キャンディランラン、美浦・二本柳俊一

ショウナンララバイ(牝、父メイショウボーラー、母ショウナンバラード、美浦・古賀史生

レオパフューム(牝、父ヤマニンセラフィム、母プチアノ、美浦・小野次郎

タカラキャメロン(牝、父ヨハネスブルグ、母マルディグラ、美浦・伊藤正徳

タカラミッシェル(牝、父ヨハネスブルグ、母リブユアドリームス、美浦・藤原辰雄

タイセイバリオス(牡、父リンカーン、母アスカ、美浦・武藤善則

エヌワイゴールド(牡、父ローエングリン、母コナオーク、美浦・和田正道

リサプシュケ(牝、父ワイルドラッシュ、母バレーダンシング、美浦・中川公成

ラハイナルナ(牡、父Sea The Stars、母Starlight Dreams、美浦・国枝栄

タマユラ(牝、父Tamayuz、母Laureldean Express、美浦・戸田博文

[もっと見る]

⇒もっと見る

オレハマッテルゼの関連コラム

関連コラムはありません。

オレハマッテルゼの口コミ


口コミ一覧
閲覧 48ビュー コメント 0 ナイス 4

2006年の高松宮記念は実力伯仲の大混戦!

1番人気(3.3倍)に支持されたのは4歳牡馬・シンボリグラン。
前年12月に行われた同条件のCBC賞を勝った実績が高く評価されていました。

2番人気(4.7倍)は前年に3歳マイルG1・二冠を達成したラインクラフト。
年明け初戦でしたけど、G1実績がありますので、上位人気に支持されたのも納得です。


今回の主役・オレハマッテルゼは9.3倍の4番人気。
重賞未勝利でしたが、重賞で好走を続けていた事もあって穴人気していました。

高松宮記念が2度目のG1チャレンジとなったオレハマッテルゼ。
鞍上・柴田善臣騎手の進言もあり、生涯初の芝1200mに参戦する事になりました。


レースはオレハマッテルゼが2番人気・ラインクラフトの直後、という絶好の位置で競馬を進め、
直線で父・サンデーサイレンス譲りの瞬発力を発揮!

ラインクラフト以下を完封し、初の1200m参戦でG1タイトルを奪取しました。


11年前のレースですが、
直線で抜け出してくる時の脚の速さにはビックリしたのを今でも鮮明に覚えています。

今だと「オレハマッテルゼ」のような珍名馬は小田切有一オーナーの馬だ、と理解できますけど、
当時は馬名のインパクトが強すぎて、「こういう馬名もOKなの?」と思ってしまいました。


今年の高松宮記念は確たる軸馬がいない事もあって、
出走馬確定前から混戦ムードが漂っています。

混戦であればあるほど、2006年のオレハマッテルゼのように、
初めて1200mを走る馬だったり、重賞未勝利の馬がいきなりG1を勝ってしまうんじゃないかな?
と思っていますが、どんな結末が待っているのでしょうか。

 TERAMAGAZI 2013年1月17日(木) 02:23
オレハマッテルゼの子どもで、ワタシマッテルワは有名だけど...
閲覧 66ビュー コメント 0 ナイス 9

ハナズゴールの父はご存知オレハマッテルゼですが、





オレハマッテルゼの子どもで、ワタシマッテルワは有名だけど、他にもオレモマッテタゼ、オレハマテナイゼ、オレハヤッタルゼ、マタセタナ、モズマッテタワ、レーネマッティーナの「待ってる」シリーズ。





さらには、

ジンセイハオマツリ、ゾッコンガール、ダイダオレ、タッチシタイ、ハシレバゲンキニ、ワイワイガヤガヤ、トックリ、キママホウダイ、キレイナダケデスなどがいます。




オレハマッテルゼの馬主は、小田切 有一氏ですが

イヤダイヤダ、オジサノジサン、カミサンコワイ、サアドウゾ、エガオヲミセテ、ナゾヲトクカギなど珍名を付ける馬主で有名です。




ただ、ニバンテはJRAに却下されたようです。

「先頭はニバンテ!」とか「ニバンテは後ろのままか!」では実況が混乱しますね。




オレニホレルナヨのお母さんはマチカネホレルナヨです。

[もっと見る]

オレハマッテルゼの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

オレハマッテルゼの写真

投稿写真はありません。

オレハマッテルゼの厩舎情報 VIP

2007年10月20日富士ステークス G39着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

オレハマッテルゼの取材メモ VIP

2007年10月20日 富士ステークス G3 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。