注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

オレハマッテルゼ(競走馬)

注目ホース
写真一覧
抹消  栗毛 2000年1月16日生
調教師音無秀孝(栗東)
馬主小田切 有一
生産者ノーザンファーム
生産地早来町
戦績38戦[9-8-5-16]
総賞金38,457万円
収得賞金7,225万円
英字表記Orewa Matteruze
血統 サンデーサイレンス
血統 ][ 産駒 ]
Halo
Wishing Well
カーリーエンジェル
血統 ][ 産駒 ]
ジヤツジアンジエルーチ
ダイナカール
兄弟 エガオヲミセテエノク
前走 2007/10/20 富士ステークス G3
次走予定

オレハマッテルゼの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
07/10/20 東京 11 富士S G3 芝1600 182336.8149** 牡7 58.0 松岡正海音無秀孝476(-2)1.33.9 0.635.7マイネルシーガル
07/09/30 中山 11 スプリンタS G1 芝1200 162441.81214** 牡7 57.0 蛯名正義音無秀孝478(-2)1.11.7 2.338.3アストンマーチャン
07/09/09 阪神 11 セントウルS G2 芝1200 164811.5511** 牡7 58.0 武豊音無秀孝480(+6)1.08.5 1.434.3⑩⑪サンアディユ
07/06/03 東京 11 安田記念 G1 芝1600 184733.51318** 牡7 58.0 後藤浩輝音無秀孝474(+4)1.34.4 2.135.9⑮⑫ダイワメジャー
07/05/12 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 186117.133** 牡7 58.0 後藤浩輝音無秀孝470(-4)1.20.1 0.134.6エイシンドーバー
07/03/25 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 1881611.965** 牡7 57.0 後藤浩輝音無秀孝474(-2)1.09.5 0.635.5スズカフェニックス
07/02/18 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 1661139.31016** 牡7 57.0 後藤浩輝音無秀孝476(+2)1.36.8 2.037.6④⑤サンライズバッカス
06/12/17 阪神 11 阪神カップ G2 芝1400 188187.2314** 牡6 57.0 柴田善臣音無秀孝474(+6)1.21.5 0.936.2フサイチリシャール
06/10/28 京都 11 毎日スワンS G2 芝1400 18356.115** 牡6 59.0 柴田善臣音無秀孝468(+8)1.20.6 0.334.5プリサイスマシーン
06/10/01 中山 11 スプリンタS G1 芝1200 16477.459** 牡6 57.0 柴田善臣音無秀孝460(-12)1.08.7 0.635.2⑥⑥テイクオーバーター
06/06/04 東京 11 安田記念 G1 芝1600 188175.7110** 牡6 58.0 柴田善臣音無秀孝472(0)1.33.8 1.235.5ブリッシュラック
06/05/13 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 147125.331** 牡6 59.0 柴田善臣音無秀孝472(+2)1.21.8 -0.334.6インセンティブガイ
06/03/26 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 186119.341** 牡6 57.0 柴田善臣音無秀孝470(-4)1.08.0 -0.033.9⑤⑤ラインクラフト
06/02/26 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 156102.313** 牡6 56.0 柴田善臣音無秀孝474(0)1.22.7 0.236.1ブルーショットガン
06/01/28 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 168165.022** 牡6 56.0 柴田善臣音無秀孝474(-4)1.33.7 0.034.5フジサイレンス
06/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 168153.719** 牡6 57.0 福永祐一音無秀孝478(-2)1.34.7 0.735.2④⑥ビッグプラネット
05/11/27 東京 9 キャピタルS OP 芝1600 176124.921** 牡5 56.0 武豊音無秀孝480(+18)1.32.9 -0.034.2フォーカルポイント
05/06/05 東京 11 安田記念 G1 芝1600 182435.21311** 牡5 58.0 蛯名正義音無秀孝462(-6)1.33.0 0.735.4アサクサデンエン
05/05/15 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 1851016.852** 牡5 57.0 柴田善臣音無秀孝468(+2)1.20.7 0.434.9④④アサクサデンエン
05/05/01 東京 10 晩春S 1600万下 芝1600 14222.011** 牡5 57.0 柴田善臣音無秀孝466(-2)1.32.8 -0.135.1ジョリーダンス

⇒もっと見る


オレハマッテルゼの関連ニュース

【今日のキラ星】ビミコウフク

2016年08月27日() 05:00

 【小倉5R】母は芝1200メートルでJRA5勝。半兄にはGIII北九州記念3着のオウノミチ(父オレハマッテルゼ)がいるなど、母系は良質なスピードを持つ。ここまで5本の併せ馬を消化してきた。今週の追い切りでは僚馬に遅れたが、水準以上の動きを披露。「小柄だけど、調教の動きはいい。スタートやダッシュも速い」と佐々木調教師はセンスの良さを感じ取っている。

【北九州記念】レース展望 2016年08月15日(月) 18:40

 7月30日に開幕した小倉競馬も今週から後半戦に突入。日曜のメインで第51回北九州記念(21日、GIII、芝1200メートル)が行われる。全6戦で争われるサマースプリントシリーズの第4戦だ。登録こそ13頭と少ないが、スピード自慢の好メンバーが集結。シリーズ優勝の行方を大きく左右する可能性がある重要な一戦でもあり、注目が集まる。

 主役を務めるのは、昨年の覇者でシリーズチャンピオンにもなったベルカント(栗東・角田晃一厩舎、牝5歳)。前走は前年と同様、1番人気に支持されたGIIIアイビスサマーダッシュを制した。着差はアタマ差だったが、13番枠で外ラチ沿いを気分良く走れた昨年とは違い、今年は4番枠で斤量も1キロ増の55キロを背負っての勝利。それでも前年と同じ54秒1で駆け抜け、見事に連覇を果たした。ハンデは前走&前年から1キロ増の56キロ(牡馬の58キロに相当)と決して楽ではないが、5歳の夏を迎えて一段とパワーアップしており、こなせるはず。現時点でシリーズトップの14ポイントを挙げており、ここで連覇を決めれば、サマースプリントシリーズも2年連続制覇へ大きく前進する。

 ラヴァーズポイント(栗東・高橋康之厩舎、牝6歳)は、前走のGIII・CBC賞でベルカントに先着(2着対3着)。50キロの軽ハンデを存分に生かす先行策で、勝ち馬のレッドファルクスとはタイム差なしの2着に好走した。5.5キロ差だったベルカントとの斤量差は5キロに縮まるが、ハンデ51キロは魅力たっぷり。小倉の芝1200メートルもメンバー中最多の3勝と得意にしている。この夏、GIIIマーメイドSをリラヴァティで勝ち、先週のGIII関屋記念ではダノンリバティを2着に好走させた若手の注目株・松若風馬騎手の思い切りのいい騎乗ぶりにも注目したい。

 オウノミチ(栗東・佐々木晶三厩舎、牡5歳)も楽しみな存在だ。オープン特別の前走・バーデンバーデンCを1600万下からの格上挑戦ながら快勝。ハンデ52キロの恩恵や、好位のインでロスなく立ち回れたことを考慮しても、重賞でも通用するスピードは十分に見せた。父オレハマッテルゼは2006年の高松宮記念の優勝馬で、母ナゾも全5勝を芝1200メートルでマークしているスプリント血統。この舞台も、今年2月の1000万下・周防灘特別を1分7秒7の好時計で勝利するなど、4戦2勝2着1回の好成績を残している。ハンデは前走から2キロ増の54キロとなったが、問題はないだろう。新馬戦ではあのハープスターの2着だった実績の持ち主。地方に転出してから再転入して、ここまで駒を進めてきた。ユニークな馬名で知られる小田切有一オーナーのおひざ元で、重賞初勝利を狙う。

 プリンセスムーン(栗東・安田隆行厩舎、牝6歳)は、前走のアイビスサマーダッシュで0秒2差の3着。ゴール前では1、2着馬に徐々に内に入られ、さらに内へと進路を取らざるを得ない厳しいレースとなった。それでも課題のスタートが決まったのは収穫。ハンデは54キロで、ベルカントとの斤量差はさらに1キロ広がる。不得手なコーナリングさえ克服できれば、逆転の可能性はあるだろう。

 前走のバーデンバーデンCで、オウノミチから0秒1差の2着だったジャストドゥイング(栗東・中竹和也厩舎、牡4歳)=54キロ、この舞台で5戦2勝2着2回のメイショウライナー(栗東・高橋義忠厩舎、牡6歳)=54キロ、前走のCBC賞では外々を回る競馬ながらも、勝ったレッドファルクスから0秒4差の5着だったベルルミエール(栗東・高橋亮厩舎、牝5歳)=53キロ=も上位を狙う。

★北九州記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【バーデンBC】福島からオウノミチ!イン差しV 2016年07月18日(月) 05:05

 バーデンバーデンカップ(17日、福島11R、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝1200メートル、1着本賞金2300万円=出走13頭)柴田善臣騎乗で4番人気のオウノミチ(栗・佐々木、牡5、父オレハマッテルゼ)がインを強襲して快勝。格上挑戦でJRA通算3勝目(他に地方3勝、計22戦目)を挙げた。今後はサマースプリントシリーズに向かう。タイム1分8秒3(良)。3/4馬身差の2着は2番人気ジャストドゥイング。1番人気アットウィルは4着だった。

 これが勝利への王道だといわんばかりに、インをぴったり回ってのV。格上挑戦のオウノミチが鋭い決め手で快勝した。

 「道中は少し力んでいる感じもあったけど、うまくいい位置に入れたからね」

 まさに教科書どおりの騎乗で勝利に導いた柴田善騎手が汗をぬぐった。スタートを決めて逃げ馬を見る最内の4番手。そこで脚をためると、直線もインから差し切った。「最後はハンデ(52キロ)のぶんもあったかもしれないけど、この距離が良さそうな馬だね」とヨシトミはスプリンターとしての高い能力を評価した。

 父オレハマッテルゼは2006年の高松宮記念馬で、母ナゾも芝1200メートルで5勝を挙げた短距離馬。父母もまた、珍名馬で有名な小田切有一オーナーの所有馬だった。笠松で3勝を挙げて再転入してきたオウノミチだが、もともとはJRAの新馬戦で桜花賞馬ハープスターの2着になった素質馬。5歳夏を迎えて本格化ムードだ。

 「ここ数戦は落鉄しかけたり、チグハグな競馬になっていたけど、きょうは強かったね」

 佐々木調教師が笑顔を見せた。この後は北九州記念(8月21日、小倉、GIII、芝1200メートル)からセントウルS(9月11日、阪神、GII、芝1200メートル)へ向かう。「サマースプリントシリーズの“王の道”へいきます」と、夏の短距離王への挑戦を高らかに宣言。素質開花を感じさせるオウノミチが、この夏、短距離界の中心になりそうだ。 (柴田章利)

★17日福島11R「バーデンバーデンカップ」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【3歳戦結果】アルカサル、水仙賞V2016年02月28日() 05:01

 【中山】9R水仙賞(500万下、芝・外2200メートル)=アルカサル(美・大竹、牡、父ドリームジャーニー

 ◆田辺騎手 「ペースが向いたこともあるが、新馬の頃より少ししっかりしていたぶん、きょうの方が乗っていていい感じでした」

 *放牧に出てダービー(5月29日、東京、GI、芝2400メートル)への路線を進む見込み。

 5R新馬(芝・内2000メートル)=シークザフューチャ(美・堀、牝、父ゼンノロブロイ

 ◆石橋騎手 「スタートをうまく出せて、いいところで我慢できたし、直線に向いたところでもシュッと反応してくれた」

 7R500万下(牝馬、芝・内1800メートル)=ゲッカコウ(美・高橋博、父ロージズインメイ)

 ◆松岡騎手 「行った方が勝算があると思ったので(3角手前から)動いた。粘り強い脚を使う」

 【阪神】4R新馬(ダ1400メートル)=ダンツペンダント(栗・本田、牝、父オレハマッテルゼ

 ◆Mデムーロ騎手 「真面目で乗りやすい。砂をかぶっても問題なかったよ」

 【小倉】3R未勝利(芝1200メートル)=エリシェヴァ(栗・角田、牝、父スマートストライク)

 ◆松若騎手 「ゲートが速く、前で運べました。抜けるのが早くてフラフラしたように、まだ集中力を欠くけど、力がありますね」

 *2002年スプリンターズS&03年高松宮記念優勝馬ビリーヴ(父サンデーサイレンス)が米国で出産

[もっと見る]

【3歳新馬】3番人気ダンツペンダントが快勝 2016年02月27日() 11:40

 27日の阪神4R3歳新馬(ダート1400メートル)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の3番人気ダンツペンダント(牝、栗東・本田優厩舎)が好位追走から直線で抜け出して快勝した。タイムは1分26秒5(良)。

 人気のサウンドウィケットが好スタート。外からゴールデンビューチメイショウホウゲツも並びかけ、3頭が先行態勢を取る。その後ろにカーラーグルが続き、さらにダンツペンダントも好位につけた。サウンドウィケットが振り切って先手を取り、メイショウホウゲツが外にピタリとマークした形で4コーナーを迎える。中団にいたイエスペガサスが勢い良く追い上げてサウンドウィケットをとらえ、直線に入って間もなく先頭に立ったが、その外からダンツペンダントが鋭い伸び。M.デムーロ騎手のアクションに応えて力強く差し切り、初陣を飾った。2馬身1/2差の2着は9番人気のイエスペガサス。さらに1馬身1/4差の3着には2番人気のシルヴァーバレットが入っている。

 ダンツペンダントは、父オレハマッテルゼ、母ノースプリンセス、母の父アジュディケーティングという血統。祖母シーズプリンセスはGIIIファンタジーSの勝ち馬で、GI阪神3歳牝馬Sの2着馬。

 M.デムーロ騎手は「坂路で52秒台で動いていたし、先生も自信を持っていたみたいです。とにかく真面目で、乗りやすい馬ですね。砂をかぶっても全然問題なかったです」と2馬身半差の快勝をにこやかに振り返っていた。

★27日阪神4R「3歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【3歳戦結果】マイネルハニー、フリージア賞V2016年02月21日() 05:00

 【東京】9Rフリージア賞(500万下、芝2000メートル)=マイネルハニー(美・栗田博、牡、父マツリダゴッホ

 ◆柴田大騎手 「ゲート練習の効果でポンと出たし、道悪もうまいのでスイスイと行けました。あとは抑える競馬を勉強させていけば」

 3R新馬(ダ1600メートル)=ダノンバウンド(美・大竹、牡、父ハービンジャー)

 ◆蛯名騎手 「(ゲートは思っていたよりも)出てくれた。直線に向いて前の馬に取りついてからは楽だった」

 6R500万下(芝1600メートル)=ハレルヤボーイ(美・田村、牡、父トーセンファントム)

 ◆吉田豊騎手 「直線は早めに抜け出したぶんフワッとしたけど、位置を取りにいって勝てたのは良かった」

 【京都】4R新馬(ダ1800メートル)=エイシンヒマワリ(栗・今野、牝、父アンクルモー)

 ◆和田騎手 「抑えるのに苦労したけど、3〜4角で息が入ったので、直線も反応してくれた。能力はあるけど、気難しい牝馬で、今後使っていってどうかだね」

 6R500万下(牝馬、芝・外1400メートル)=メイショウバーズ(栗・本田、父タニノギムレット

 ◆藤岡佑騎手 「上手に折り合えましたし、抜け出してからもしぶとく頑張ってくれました。今後へ向けても、選択肢が広がるレースだったと思います」

 【小倉】10Rかささぎ賞(500万下、芝1200メートル)=キングハート(美・星野、牡、父オレハマッテルゼ

 ◆中谷騎手 「逃げ馬を見ながら、楽に立ち回る理想の競馬ができました」

 5R新馬(芝2000メートル)=スノーマン(栗・高橋忠、牡、父スズカフェニックス

 ◆バルジュー騎手 「まだ幼いが、体も走りも力強い。コントロールの利かない面があるので、そのあたりが今後の課題でしょう」

 *母は2007年GIII小倉記念優勝馬サンレイジャスパー(父ミスズシャルダン

[もっと見る]

⇒もっと見る

オレハマッテルゼの関連コラム

閲覧 3,407ビュー コメント 0 ナイス 5

週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年01月07日(土) 中山11R ポルックスステークス
【前走の着順別成績(2014年以降)】
●5着以内 [2-3-2-10](複勝率41.2%)
●6〜8着 [1-0-1-10](複勝率16.7%)
●9着以下 [0-0-0-19](複勝率0.0%)
→前走の着順を素直に評価したい一戦。昨年のポルックスステークスを単勝オッズ36.6倍(12番人気)で制したサンマルデュークも前走の着順は1着でした。


▼2017年01月07日(土) 京都11R 淀短距離ステークス
【“前年10〜12月、かつJRA、かつ1200mの重賞かオープン特別”において連対経験がなかった馬の、馬番別成績(2011年以降)】
●1〜6番 [5-3-4-20](複勝率37.5%)
●7〜16番 [0-0-0-45](複勝率0.0%)
→“前年10〜12月、かつJRA、かつ1200mの重賞かオープン特別”において連対経験があった馬は2011年以降[1-3-2-5](複勝率54.5%)と堅実。一方、この条件をクリアしていなかったにもかかわらず3着以内となったのは、内寄りの枠を引いた馬だけです。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“消し”】
京都芝1200m内×オレハマッテルゼ×無条件
→複勝率11.1%、複勝回収率34%


▼2017年01月08日(日) 中山11R フェアリーステークス
【“JRA、かつ芝1500m以上のレース”における連対経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [4-4-4-30](複勝率28.6%)
●なし [0-0-0-22](複勝率0.0%)
→距離適性がポイント。ダートはもちろん、芝1400m以下のレースを主戦場としてきた馬も信頼できません。なお“中山のレース”において8着以内となった経験がある馬は2013年以降[0-0-2-25](複勝率7.4%)と期待を裏切りがちなので注意しましょう。

<<さらにプラス1!>>

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2016年12月14日(水) 16:40 ウマニティ×ダビマス
【ダビマスコラム】ウマニティ・プロ予想家:マカロニスタンダーズさんインタビュー〜前半
閲覧 2,352ビュー コメント 0 ナイス 6

元ノーザンファーム乗り役・プロ予想家のマカロニスタンダーズさんに「ダービースタリオン マスターズ」のことを聞いてみた


◆PROFILE
【話し手】マカロニスタンダーズプロ
ウマニティ公認プロ。「予想コロシアム」において16大会連続プラス収支の記録を打ち立てた。以前はノーザンファーム牧場に勤務、GI馬の乗り役も務めた。


――今回はウマニティ公認プロのマカロニスタンダーズさんにご登場いただきました。よろしくお願いいたします。

(マ)マカロニスタンダーズと申します。みなさまよろしくお願いいたします。

――月並みな質問で恐縮ですが、競馬に興味を持ったきっかけは何でしたか?

(マ)父親に競馬場へ連れて行かれたのがきっかけですね。実家の近くに京都競馬場がありまして、父親から「今日は動物園に連れて行ってやる」と連れていかれたのが競馬場だったんです。これが小学5年生の時だったと思います。

――当時どんな印象を持ったか覚えていらっしゃいますか?

(マ)単純に、競走馬を見て「かっこいいな」と思いました。小さな男の子はスポーツカーや新幹線のように速いものやかっこいいものに興味を持つものですけど、自分はその対象が競走馬だったという事です。

――そこから競馬にハマっていったんですね。

(マ)競馬場に行ってからは毎週競馬を見るようになりまして、馬はもちろん、騎手にも憧れを持つようになりました。特に影響を受けたのは武豊騎手です。中学生の頃は自転車を馬に見立てて、武豊騎手が見せるガッツポーズのモノマネなんかをよくやっていましたよ(笑)。お気に入りはスペシャルウィーク日本ダービーと、ダンスインザダーク菊花賞で見せたガッツポーズです。

――わかります。あれは真似をしたくなる(笑)。

(マ)その後、「自分も競馬に携わる仕事をしたいな」と思うようになり、高校卒業を機に地元の京都を離れ、北海道の育成・競走馬牧場のノーザンファームに勤めさせていただきました。落馬による怪我で退職せざるを得なくなったのですが、この時はオレハマッテルゼダイタクバートラムツルマルボーイといった後にG気鮠,弔茲Δ頁呂砲眈茲擦討い燭世、その体験は私にとって大変貴重なものとなっています。

――難しいお仕事ですよね。

(マ)『ダビスタ』ならば調教は必ずスムーズにいきますが、現実の調教は大変ですね。引っかかっていったり、時には止まってしまったりして、調教にならないこともありました。そうした馬が少しずつ成長し、後にG気燃萍してくれたこともありますが。

――ウマニティのプロ予想家として活動を始めた経緯を教えていただけますか?

(マ)競走馬の牧場を辞めてからはサラリーマンをやっていましたが、何気なくネット検索をしている時にウマニティを見つけたんです。会員登録を行ってしばらくの間は、自分が体験してきた事を糧に予想していたんですけど、そのうちウマニティの『スゴウマROBOT』などを通じて“期待値”という考え方に出会いました。そこから、いかに馬券で高回収率を出すか研究していくうちに、予想コロシアムでプラス収支を続けられるようになったのです。ちょうどこのタイミングでプロ予想家オーディションが開催されることを知り、今の自分ならばプロ予想家として活動できるのではないかと考え、オーディションに参加させていただきました。

――ご自身が考える予想家としてのセールスポイントは何ですか?

(マ)ある程度の的中率を確保しながら、その中でも“強い馬”ではなく“儲かる馬”を見つけ出す、という点がセールスポイントになります。競馬は人気の順に強い事がほとんどだと思いますけど、中には「6番人気なのに3番目くらいに強い馬」というのがいるものです。それを独自の計算によって導き出し、そこから過去の体験を元にアナログ補正をし、儲かる馬を見つけています。

――さて、ここから『ダービースタリオン マスターズ(ダビマス)』や過去の『ダビスタ』シリーズについてお尋ねしていきます。まず、『ダビマス』のリリースはどんな形で知りましたか?

(マ)これもネットでたまたま記事を見つけたんです。以前に『ダビスタ』シリーズをプレイしていた時のことを思い出し、懐かしく思いました。最近は娘にテレビを占領されてしまい、家庭用ゲーム機で遊ぶ事もできなくなってきましたから、スマホアプリなら手軽でいいなとも思いましたね。

▼マカロニスタンダーズさんの「マカロニ牧場」。


――ちなみに『ダビスタ』シリーズで初めてプレイしたのはどのタイトルですか?

(マ)『ダビスタ供戮任垢諭その後、『ダビスタ掘戞悒瀬咼好96』まではどっぷりハマっていました。『ダビスタ96』をプレイしていた時は、サテラビューで配信されるデータを入手すべく、実家にBSアンテナ取り付けてもらったんですよ。

――ありましたね、サテラビュー。私も憧れた記憶があります。

(マ)いま実家でBS放送が見れるのは『ダビスタ』のおかげなんです(笑)。その後はずっとやっていなくて、今回が久しぶりのプレイとなります。

――現在『ダビマス』はどのようなプレイスタイルで楽しんでいますか?

(マ)仕事の空き時間を見つけてちょこちょこやったり、寝る前に行動力がゼロになるまで進めている感じです。昔とは違って、まったりと牧場経営も楽しみつつ、強い馬ができればいいなぁと思いながらやっています。

――ゲーム内の年数はどれくらいまでいきましたか?

(マ)今は38年目ですね。つい最近、桜花賞を勝ってようやくG気離織ぅ肇襪鮗蠅砲靴泙靴拭K匸譴覇いていたときは、育成に携わった馬たちの活躍を感慨深く見ていましたけど、やはり『ダビスタ』で生産馬が活躍してくれるのも嬉しいものです。桜花賞を勝ったのは電車移動中で、思わず声が出そうになりましたが、ギリギリ抑えましたよ(笑)。

――家庭用ゲーム機の頃にはなかった苦労ですね(笑)。ひとつの壁を突破したところですが、G犠〕数はまだまだ伸ばせそうですか?

(マ)今はポップという名前の期待馬がいるんです。3歳時の京成杯で2着になったのですが、うちの馬達は3歳の重賞で上位争いをする事があまりないので、この時に「おっ!?」と思いました。こちらもG気房蠅届きそうなので、今後のレースをとても楽しみにしています。

▼現在の期待馬はディープブリランテ産駒。


――ディープブリランテの産駒なんですね。配合はどのように決めましたか?

(マ)配合する種牡馬を選択する時は、いつも配合理論順でソートをかけています。ポップの母に関しても、種付け時にソートしたところ『よくできた配合』が一番良い配合理論で、その中でも種付け権が複数あったディープブリランテをつけました。この機能は便利ですね。

――『ダビマス』で初めて生産したのはどんな馬か覚えていらっしゃいますか?

(マ)繁殖牝馬はウィリアムチョコで産駒はやっとオープン入りを果たしたくらいの戦績だったと思います。その馬は見習いジョッキーに騎乗してもらうことも多かったんですが、結果が出なかったのでトップジョッキーに乗り替わらせたところ、急に成績がよくなりました。

――マカロニスタンダーズさんは実際に乗り役のご経験もあるわけですが、騎手選びの重要さはゲームにも反映されていると感じたわけですね。

(マ)そうですね。これまでの『ダビスタ』シリーズと比べても、『ダビマス』は騎手によってレース結果が大きく変わる印象です。

――『ダビマス』で生産した馬のうち、現時点でもっとも印象深いのはどの馬ですか?

(マ)もちろん、現状唯一のG汽織ぅ肇襪任△桜花賞を勝ってくれたスイングという馬です。繁殖牝馬セールで購入したクレイジーバカンスにアポロキングダムを付けて誕生した馬なのですが、『よくできた配合』だったと思います。2歳のデビューから新馬、サフラン賞、ファンタジーステークスと3連勝して「これは今までの馬とは違うぞ」とすぐに思いました。

▼アポロキングダム産駒で桜花賞を勝利。


――育成牧場にお勤めの頃は、実際に乗っての感触から素質の高さを感じることもあったと思いますが、『ダビマス』で「これは!」という手応えを感じるのはどのタイミングですか?

(マ)もともと、全頭に馬体解析をするほどの余裕がないので、どの馬もなるべくデビューからの成績を気にかけて、素質がありそうな馬がいないかチェックしています。スイングも、最初は調教をおまかせしていたのですが、途中から自分で調教するようにしました。阪神ジュベナイルフィリーズの時は調子が悪かったのですが、桜花賞の時は調整が上手くいって、良い調子で出ることができたんです。

――実際にサラブレッドを扱う現場はさらに大変だと思いますけど、『ダビスタ』も目標のレースに合わせてコンディションを高めていくのは難しいですね。

(マ)それもあって、桜花賞を勝った時は格別でした。今後はこの牝系を牧場の主軸として代重ねをしていきたいと思っています。

――現時点における『ダビマス』内での目標は何ですか?

(マ)とりえずは全G祇覇でしょうか。自家生産で次々にG気鮠,討襪茲Δ頁呂できればいいなと思っています。まだまだ勉強不足なので、これから少しずつ知識を付けて、強い馬作りを目指したいです。


>> 後半「打倒サイキョウクラウド!? GI馬の乗り役も務めた異色のプロ予想家・マカロニスタンダーズさんが歴代ダビスタと最新作を語る」へ続く。



★ウマニティ・プロ予想家・マカロニスタンダーズ氏もリアルタイムで遊んでいる「ダービースタリオン マスターズ」をいますぐダウンロード →
iOS版 / Android版

[もっと見る]

2016年11月23日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2016年11月23日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(22)
閲覧 2,557ビュー コメント 0 ナイス 4

週末のメイン競走を、伊吹雅也プロがある一つのデータに注目して分析する人気コーナー。
<<さらにプラス1!>>データも交え今週末のあなたの予想をバックアップする、ウマニティ会員専用コラムを是非ご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2016年11月26日(土) 東京11R キャピタルステークス
【前走の馬体重別成績(2012年以降)】
●490毀に [0-1-2-37](複勝率7.5%)
●490坩幣 [4-3-2-21](複勝率30.0%)
→近年は馬格のない馬が不振。また、枠番が6〜8枠だった馬も2012年以降[0-1-2-27](複勝率10.0%)と人気を裏切りがちでした。


▼2016年11月26日(土) 京都11R ラジオNIKKEI杯 京都2歳ステークス
【前走の着順別成績(2014年以降)】
●1着 [2-2-2-8](複勝率42.9%)
●2着以下 [0-0-0-6](複勝率0.0%)
→オープン特別として施行されていた2013年以前もほぼ同様の傾向だったのですが、重賞に昇格した2014年以降の1〜3着馬は、いずれも前走の着順が1着。また、前走の4コーナー通過順が6番手以下だった馬は2014年以降[0-0-0-7](複勝率0.0%)、父がサンデーサイレンス系以外の種牡馬だった馬は2014年以降[1-0-0-8](複勝率11.1%)なので、それぞれ評価を下げるべきでしょう。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
京都芝2000m内×ハーツクライ×2歳
→複勝率66.7%、複勝回収率185%


▼2016年11月27日(日) 京都11R オータムリーフステークス
【“同年、かつ中京か京都か阪神、かつ1600万下から上のクラスのレース”における優勝経験の有無別成績(2012年の太秦ステークス、2013年の京都オータムリーフプレミアム、2014〜2015年のオータムリーフステークス)】
●あり [4-3-3-15](複勝率40.0%)
●なし [0-1-1-31](複勝率6.1%)
→2012年以降、かつこのレースとほぼ同じ時期に京都ダ1200〜1400mで施行された3歳以上のオープン特別は、同年、かつ関西圏のレースを勝ち切っていた馬が優勢。しばらく優勝から遠ざかっている馬、関東圏のレースを主戦場としてきた馬は信頼できません。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

2016年08月17日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2016年8月17日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(8)
閲覧 1,523ビュー コメント 0 ナイス 4

週末のメイン競走を、伊吹雅也プロがある一つのデータに注目して分析する人気コーナー。
<<さらにプラス1!>>データも交え今週末のあなたの予想をバックアップする、ウマニティ会員専用コラムを是非ご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2016年08月21日(日) 札幌09R クローバー賞
【性別成績(2008年以降)】
●牡およびセン [4-7-4-28](複勝率34.9%)
●牝 [3-1-2-33](複勝率15.4%)
→休止(2013年)や施行時期の移動もありましたが、牝馬が人気を裏切りがちである点は概ね共通していたので注意したいところ。なお、父にミスタープロスペクター系種牡馬を持つ馬は2008年以降[3-4-1-9](複勝率47.1%)、複勝回収率も369%と非常に優秀です。


▼2016年08月21日(日) 小倉11R 北九州記念

[もっと見る]

2015年07月01日(水) 14:00 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2015) 〜第4回 早めデビューの未出走馬〜
閲覧 941ビュー コメント 0 ナイス 2

 早いもので、今期も2歳新馬のスタートから1ヶ月が経過しました。プロディガルサン(ラヴズオンリーミーの2013)やポルトフォイユ(ポルトフィーノの2013)といった評判馬が勝ち上がったこともあり、既に優勝への青写真を思い描いている方や、その逆に絶望的な気持ちで戦況を見守っている方もいらっしゃるでしょう。もっとも、今シーズンはまだ始まったばかり。楽観するにも悲観するにも早過ぎる時期です。
 今回は6月29日(月)03:00時点の注目POG馬ランキングなどを参考に、夏季競馬や比較的早いタイミングでのデビューが期待できそうな未出走馬を紹介します。今後行われる入札の参考にしてみてください。

 注目POG馬ランキング4位のリオンディーズシーザリオの2013)は、JRA-VANだと6月28日(日)の時点でまだ未登録馬扱いですが、6月19日(金)から6月28日(日)にかけて坂路調教を行った記録があります。デビュー戦の時期はハッキリしていないものの、順調に進んでいると見ていいでしょう。

 注目POG馬ランキング9位のアストラエンブレムブラックエンブレムの2013)は6月28日(日)の東京05Rに出馬投票を行いましたが、残念ながら除外となってしまいました。今週末7月5日(日)の中京05Rに再び出馬投票を行うとのことで、“仕切り直し”の一戦に注目したいところです。

 注目POG馬ランキング12位のシルバーステート(シルヴァースカヤの2013)も今週から開幕する3回中京でのデビューを予定している模様。半兄にATCザメトロポリタン(豪G機砲鮴したSevilleがいる良血馬ということで、私個人としても注目しています。

 注目POG馬ランキング41位のチェッキーノハッピーパスの2013)はノーザンファーム早来で調整中。6月18日(木)に行われた第2回産地馬体検査を受検しており、今後は函館競馬場に入厩する予定とのことでした。このまま順調に進むようであれば、全兄コディーノや半姉カービングパスと同様に1回札幌あたりで初陣を迎えることになるんじゃないでしょうか。

 注目POG馬ランキング50位のマウントロブソンミスパスカリの2013)は6月24日(水)のゲート試験に合格。勢いに乗る金子真人ホールディングスの所有馬ということもあり、デビュー戦を心待ちにしている方は多いと思います。

 6月28日(日)時点で未出走、かつJRA-VANで「在厩」とされている馬のうち、母、もしくは兄姉がJRAの重賞かオープン特別(平地競走のみ)を勝っている馬は下記の通りです。

タニノアーバンシー(Vodkaの2013)
ヨシノザクラ(アジアンミーティアの2013/全兄ダコール
チェリークォーツアスクデピュティの2013/半兄ミュゼスルタン
スズカボルト(アルカイックレディの2013/半姉エイシンキンチェム)
ゼンノハーデース(ウインアンジェラスの2013/全姉クーファナイン
ウイングソルジャーウイングレットの2013)
エフティスパークルエフティマイアの2013)
キセキノケイフ(カーリーエンジェルの2013/半兄オレハマッテルゼ
シュウジ(カストリアの2013/半兄ツルマルレオン
キーウエスト(キーブギーの2013/半兄スマートロビン
フラヴィニーキッスパシオンの2013/半姉アドマイヤキッス
スピアザゴールド(キューティゴールドの2013/半姉ショウナンパンドラ
アンフィールド(キョウエイワンダーの2013/半兄カラダレジェンド
アンナトルテクーヴェルチュールの2013)
ハタノインサイト(クラスターの2013/半兄テイエムイナズマ
マーベリックコスモマーベラスの2013)
サクセスボーイサクセスストレインの2013)
エレガントビーナスサチノスイーティーの2013)
クリノシュノンソーサマニベッピンの2013/半姉レディインブラック
コウキチョウサン(シャドウシルエットの2013/全兄ケイアイチョウサン
アイアムパイオニア(ズーナクアの2013/半兄トウカイトリック
エスティタート(スキッフルの2013/半兄フラガラッハ
パープルスクエア(スクエアアウェイの2013/半兄アリゼオ
メンデンホール(ストロベリーフェアの2013/半姉ミッドサマーフェア
フィールドシャルム(タイキクラリティの2013/半兄クラリティスカイ
ゼンノタヂカラオダイヤモンドビコーの2013)
ダイワウィズミーダイワスカーレットの2013)
カイザーバルダンスインザムードの2013/半姉ダンスファンタジア
テイエムハートダン(テイエムクリスタルの2013/半セテイエムキュウコー)
フォーアライターデグラーティアの2013)
シュガーラッシュ(デルフィーネの2013/半兄ウインスプラッシュ
トーホウデサント(トーホウビーナスの2013/半兄トーホウチェイサー
ペイザージュ(ネガノの2013/半兄ダッシャーゴーゴー
サトノサンシャイン(ノーブルステラの2013/半姉ノーブルジュエリー
セイムヒアー(ハチノヨウニサスの2013/全兄アポロスターズ)
テゾーロミノル(ピエナアマゾンの2013/半兄アクティブミノル
ツヴィンガー(プアプーの2013/半兄オーシャンブルー
ペンドラゴン(フェアリーテールタイムの2013/半姉ダームドゥラック)
アストラエンブレムブラックエンブレムの2013/半兄ブライトエンブレム
ブラボーウォーム(ブラボーサンライズの2013/全姉ブラボーデイジー
クナウ(フラワーブリーズの2013/半姉カシマフラワー
ドリームマウンテンプリンセスリーベの2013/半兄ナリタセンチュリー
テイエムアムンゼン(フルフリングスの2013/半姉テイエムチュラサン
アドマイヤロマン(フローリッドコートの2013/全兄ミッキードリーム
ディライトクライ(ベルベットローブの2013/半兄アドマイヤサガス
エイコオレクレールホクトブルーバードの2013/半兄エスケーカントリー
マコトクラダリング(マコトキンランの2013/半姉マコトナワラタナ
ディクタム(マストビーラヴドの2013/半姉ラインクラフト
ロスカボス(マンハッタンセレブの2013/全姉セレブリティモデル)
コウザンハピネス(ミッキーコマンドの2013)
テイエムハヤブサ(メモリーズオブロニーの2013/半セツルマルジャパン)
ゴールドラッシュラティールの2013/全兄ヒットザターゲット
スターストリーム(リボンストライプの2013/半兄エアセレソン
ピンクアゲートレッドアゲートの2013)
ファータグリーン(レディーダービーの2013/半兄ヴェルデグリーン
エレーデローブデコルテの2013)
コパノリクエストローレンシアの2013/半兄エーシンビートロン
ワントゥワンワンカラットの2013)

 これらの馬は早めの時期にデビューする可能性が比較的高いはず。ポテンシャルの高い血統であることも証明済みですから、ひと通りチェックしておくに越したことはないでしょう。新たな指名候補を探している方はぜひ注目してみてください。

※次回のコラムは8/6(木)になります。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『ウルトラ回収率 2015-2016』(ガイドワークス)、『現在(いま)の勝負気配が分かる 騎手×調教師 黄金タッグ』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)。POG専門誌の制作にもさまざまな形で携わっており、現6歳世代のPOGでは参加したすべてのドラフト(いずれも参加者20名以上)でジェンティルドンナの単独1位指名に成功した。このウマニティPOGにおいても、ミッキーアイルクラリティスカイと2年連続でG汽Εぅ福爾鮖慳召靴討い襦

[もっと見る]

2012年03月19日(月) 14:00 河内一秀
河内一秀の「カツラギ的」高松宮記念2012前走分析
閲覧 103ビュー コメント 0 ナイス 21

以下は、過去10年の高松宮記念優勝馬と前走指数の一覧である。

■2011年 キンシャサノキセキ
56.1 オーシャンステークス(2着)

■2010年 キンシャサノキセキ
56.3 オーシャンステークス(1着)

■2009年 ローレルゲレイロ
58.1 阪急杯(2着)

■2008年 ファイングレイン
57.2 シルクロードステークス(1着)

■2007年 スズカフェニックス
56.2 阪急杯(3着)

■2006年 オレハマッテルゼ
56.2 阪急杯(3着)

■2005年 アドマイヤマックス
57.5 阪急杯(4着)

■2004年 サニングデール
57.3 阪急杯(1着)

■2003年 ビリーヴ
52.9 阪急杯9着(香港帰り)

■2002年 ショウナンカンプ
58.6 オーシャンステークス(1着)

前走が香港遠征帰りの一戦だったビリーヴを除くと、前哨戦(オーシャンステークス、阪急杯、シルクロードステークス)で4着以内に入線し、56.1以上の指数を記録した馬が優勝している。

以上の分析を踏まえて、前走で4着以内に入線し、56.1以上の指数を記録している馬を、今年の出走予定馬からピックアップしてみよう。

57.9 ワンカラット(オーシャンステークス1着)
57.5 マジンプロスパー(阪急杯1着)
57.3 グランプリエンゼル(オーシャンステークス2着)
57.3 ロードカナロア(シルクロードステークス1着)
56.7 ベイリングボーイ(オーシャンステークス3着)
56.7 カレンチャン(オーシャンステークス4着)

上記6頭の中から、今年の優勝馬が出る可能性が高いと結論付けたい。

なお、ここで述べた見解はあくまでも、カツラギ指数をベースにした前走に関する一考察であり、カツラギの最終結論では無いことをお断りしておきたい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

オレハマッテルゼの口コミ


口コミ一覧
閲覧 37ビュー コメント 0 ナイス 4

2006年の高松宮記念は実力伯仲の大混戦!

1番人気(3.3倍)に支持されたのは4歳牡馬・シンボリグラン。
前年12月に行われた同条件のCBC賞を勝った実績が高く評価されていました。

2番人気(4.7倍)は前年に3歳マイルG1・二冠を達成したラインクラフト。
年明け初戦でしたけど、G1実績がありますので、上位人気に支持されたのも納得です。


今回の主役・オレハマッテルゼは9.3倍の4番人気。
重賞未勝利でしたが、重賞で好走を続けていた事もあって穴人気していました。

高松宮記念が2度目のG1チャレンジとなったオレハマッテルゼ。
鞍上・柴田善臣騎手の進言もあり、生涯初の芝1200mに参戦する事になりました。


レースはオレハマッテルゼが2番人気・ラインクラフトの直後、という絶好の位置で競馬を進め、
直線で父・サンデーサイレンス譲りの瞬発力を発揮!

ラインクラフト以下を完封し、初の1200m参戦でG1タイトルを奪取しました。


11年前のレースですが、
直線で抜け出してくる時の脚の速さにはビックリしたのを今でも鮮明に覚えています。

今だと「オレハマッテルゼ」のような珍名馬は小田切有一オーナーの馬だ、と理解できますけど、
当時は馬名のインパクトが強すぎて、「こういう馬名もOKなの?」と思ってしまいました。


今年の高松宮記念は確たる軸馬がいない事もあって、
出走馬確定前から混戦ムードが漂っています。

混戦であればあるほど、2006年のオレハマッテルゼのように、
初めて1200mを走る馬だったり、重賞未勝利の馬がいきなりG1を勝ってしまうんじゃないかな?
と思っていますが、どんな結末が待っているのでしょうか。

 tntn 2017年02月24日(金) 01:26
☆ブルーショットガン☆ 
閲覧 278ビュー コメント 41 ナイス 369

この時期になると。。。思い出す〜♪馬と言うか。。。ド・ラ・マ。
 
覚えている方も居られると思います。ノ゚ο゚)ノヌオォォォー
 
2006年の阪急杯優勝ブルーショットガンと松永幹夫騎手!
 
********* 
 
この日で引退をする松永幹夫騎手。前日も2勝を上げるなど惜しまれる引退模様でした。。。( ノД`)
 
近走不振で人気を無くした11番人気。。。ブルーショットガン
 
馬場は渋りましたが、スタートから行き脚は良く先団につけます。
 
直線に向いて先頭から5馬身位置、逃げ馬ローエングリンが粘る中、
 
残り200mくらいから脚が効き始め、先行2頭を交わす。
 
伸びてきた3番人気コスモシンドラー1番人気オレハマッテルゼ を抑え、優勝しました。
 
ドラマ仕立てな結末でした。。。私もそれを期待してあまりにもつく単勝を買ってたのですが。^m^)
 
松永幹夫騎手は、この後の最終でも(1番人気で)勝利し1400勝も決めてしまいます! 
 
☆レース映像と勝利者インタビュー☆
 
https://www.youtube.com/watch?v=Fd_LlfPVJKw
 
********* 
 
レース日は2月26日。騎手人生20年の38歳! 
 
さすがに700勝は。。。かもしれませんが、幸四郎騎手の引退の舞台設定と合致します。(@_@!)
 
実はショットガンにも騎乗経験が有ったりします。。。w(゚o゚)w

ただ、それだけって事も有りますのけれど。。。f(^_^;

[もっと見る]

オレハマッテルゼの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

オレハマッテルゼの写真

投稿写真はありません。

オレハマッテルゼの厩舎情報 VIP

2007年10月20日富士ステークス G39着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

オレハマッテルゼの取材メモ VIP

2007年10月20日 富士ステークス G3 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。