テイクオーバーターゲット(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  鹿毛 1999年9月27日生
調教師J.ジャニアック(オーストラリア)
馬主J.ジャニアック
生産者
生産地
戦績 2戦[1-1-0-0]
総賞金12,285万円
収得賞金0万円
英字表記Takeover Target
血統 (No Data) (No Data)
(No Data)
(No Data) (No Data)
(No Data)
兄弟
前走 2006/10/01 スプリンターズS G1
次走予定

テイクオーバーターゲットの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
06/10/01 中山 11 スプリンタS G1 芝1200 167134.211** セ7 57.0 J.フォーJ.ジャニ518(+6)1.08.1 -0.435.3メイショウボーラー
06/09/10 中京 11 セントウルS G2 芝1200 186115.322** セ7 59.0 J.フォーJ.ジャニ512(--)1.09.1 0.535.6シーイズトウショウ

テイクオーバーターゲットの関連ニュース

 2006年のGIスプリンターズSを1番人気で制した快速馬テイクオーバーターゲット(セン、父セルティックスウィング、母シェイディストリーム)が20日早朝、放牧中の事故で死亡したことが分かった。複数のオーストラリア競馬メディアが報じている。16歳だった。

 オーストラリア生まれのテイクオーバーターゲットは、故障を抱えて買い手が付かず、日本円にしてわずか11万円程度の価格で取引された。馬主となったのは調教師でもあるジョセフ・ジャニアック氏で、辛抱強く故障回復を待ってから調教を積まれ、5歳4月にデビューするといきなり7連勝の快進撃でGI制覇を果たした。その後は一時、低迷したものの、6歳暮れから再び軌道に乗り、GI・3勝の実績を積み重ねた7歳初夏はイギリスに遠征。ロイヤルアスコット開催のGIIキングズスタンドSを制した。同年の秋は日本に照準を定め、セントウルSでは2着に敗れたものの、1番人気の支持を受けたスプリンターズSでは果敢にハナを奪って堂々と押し切り、2着メイショウボーラーに2馬身1/2差で完勝した。

 その後も地元やシンガポールでGIを勝ち、通算成績は41戦21勝(うちGI・7勝)。2012年にはオーストラリア競馬の名誉の殿堂入りも果たした。

【スプリンターズS】侮れない外国馬3頭参戦 2012年9月26日(水) 05:04

 1994年に国際レースとなったスプリンターズSは外国馬の活躍が目立つ。優勝したサイレントウィットネステイクオーバーターゲットウルトラファンタジーに続けと、今年も英GIウイナーのリトルブリッジをはじめ、ラッキーナイン(ともに香港)、キャプテンオブヴィアス(シンガポール)がエントリー。2年ぶり4度目のVはあるのか、外国馬3頭を分析する。

 過去10年で3頭が優勝と、日本スプリント界の脅威となっている外国勢。今年も中山の電撃戦制圧を狙う刺客3頭が、海を渡ってやってきた。

 大将格と見られるのが、もっか3連勝中のリトルブリッジだ。4着だった昨年のGI香港スプリントではカレンチャン(5着)に先着し、実力を示していたが、今年の春を迎えると才能が一気に開花。香港の重賞を連勝して臨んだ前走の英キングズスタンドSは、初の外国遠征ながら、好位抜け出しの堂々たる競馬で国際GI初制覇を達成。その名を世界に知らしめた。国際レーティングの120ポンドは出走馬中トップだ。

 2006年に同レース(当時GII)を勝ったテイクオーバーターゲットが、同年のスプリンターズSを制したことからも、日本馬にとっては最大のライバルとなるのは間違いない。

 前走後、スプリンターズSに照準を定めた陣営は、他の外国馬よりひと足早く11日に来日し、17日に中山競馬場に移動。25日はダートコースをキャンターで2周し、調教をつけているシャム調教師は「日ごとに良化している。単独(1頭)での運動にも慣れてきたし、日本の生活にも適応している」と体調の良さをアピールする。中山の高速ターフに対しても「硬い馬場は得意」と自信を見せている。

 2年連続の挑戦となるラッキーナインは3度目の来日だけに、日本での調整は慣れたもの。前走の安田記念は11着に敗れたが、3月のGIドバイゴールデンシャヒーン(AW1200メートル)で3着に入るなど1200〜1400メートルでは安定した成績を残している。昨年は直線で寄られる不利があって5着。スムーズに運べれば、戴冠は可能だ。

 キャプテンオブヴィアスは、マレーシアのローカルGIを2勝しているが、国際重賞は未勝利。前述2頭に比べて格落ちは否めない。厳しい戦いが強いられそうだ。

[もっと見る]

【スプリンターズS】夢描くブラストの豪脚2009年9月29日(火) 05:04

 スプリンターズSは4カ国(地域)8レースで構成されるグローバルスプリントチャレンジの6戦目でもあり、シリーズチャンピオン確定を目指してオーストラリアからシーニックブラストが挑戦する。23日に前走地の英国から来日後、モートン調教師が付きっ切りで調整。巨額のボーナスを狙って、本気度MAXの参戦だ。

 たった1頭しかいない外国馬だが、その実力は本物だ。現在、スプリント戦では世界No.1といえるオーストラリアからシーニックブラストが満を持してスプリンターズSに参戦する。

 プレレーティングでは、122ポンドという数値が示された。05年の覇者サイレントウィットネスが120ポンド、06年の覇者テイクオーバーターゲットが119ポンドだったことを考えるだけでも、この馬の実績、強さが分かるだろう。

 世界4カ国(地域)を舞台に行われるグローバルスプリントチャレンジ(全8戦)では、第1戦ライトニングS(豪)、第2戦のキングズスタンドS(英)を連勝。優勝の条件である『3カ国以上で出走』を満たすための来日でもあるが、『3カ国以上でGI勝ち』を達成すれば、100万米ドル(約9000万円)のボーナスが交付される以上、“本気度”では他馬の比較にならない。

 「来日以降、カイバもきちんと食べており、現時点では上々のコンディションです」

 来日以来、自ら付きっ切りで調教をつけているモートン調教師の口からも、状態への自信がうかがえる。やはりオーストラリアから参戦して愛馬に帯同し続け、栄冠を勝ち取ったテイクオーバーターゲットの“元タクシードライバー”ジャニアック調教師を思わせる意欲は侮れない。

 デビュー以来19戦、左回りと直線競馬しか経験がなく、今回は初めての右回り。しかし、左回りの競馬場しかなく、調教もほぼ左回りで行われる北米と違い、オーストラリアでは右回りの競馬場も多いので、調教も左右を問わず行われる。競馬学校でも右回りの調教を続けており、コーナリングに苦労することはないはずだ。05、06年の覇者たちと同じくタフなオーストラリア産馬。「結果は神のみぞ知る、という心境です」と勝算についてモートン師は控えめだが、これまで来日した外国馬陣営は“強気”が当たり前だっただけに、むしろ不気味だ。世界の頂点を狙うシーニックブラストが、この日本でも持ち前の強烈な差し脚を見せつける。

[もっと見る]

テイクオーバーターゲットの関連コラム

関連コラムはありません。

テイクオーバーターゲットの口コミ


口コミ一覧
閲覧 106ビュー コメント 0 ナイス 7

『テイクオーバーターゲット』

2006年にオーストラリアから日本に遠征し、セントウルSでは2着☆スプリンターズSでは1着になった名スプリンターです(*^-^*)

41戦21勝、うちG1は06年スプリンターズSなど7勝を挙げた馬で、引退後故郷オーストラリアで余生を送っていましたが20日、放牧中の事故で死んだそうです・・・。

勝利したスプリンターズSではメイショウボーラーに2馬身以上の差をつけ快勝!!

メイショウボーラーは10番人気、3着には16番人気のタガノバスティーユが入り3連単配当ではなんと263万馬券になり大波乱な結果になりました!!!

1着に1番人気が入りながらも263万馬券!!!

競馬ファンに夢を持たせてくれる馬として個人的にも好きでした☆☆

本業がタクシー運転手だったJ・ジャニアック師が、3歳時にガレッジセールで約11万円で購入した馬だそうで、その馬が世界のG1を7勝も(*^-^*)

良血で高額な馬だけが全てではない!!

まさにそんな馬でした!!

ありがとうテイクオーバーターゲット★☆

テイクオーバーターゲットの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

テイクオーバーターゲットの写真

投稿写真はありません。

テイクオーバーターゲットの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

テイクオーバーターゲットの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。