注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ハナズゴール(競走馬)

注目ホース
ハナズゴール
写真一覧
抹消  栗毛 2009年4月24日生
調教師加藤和宏(美浦)
馬主M.タバート
生産者不二牧場
生産地浦河町
戦績29戦[6-1-1-21]
総賞金14,526万円
収得賞金3,820万円
英字表記Hana's Goal
血統 オレハマッテルゼ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
カーリーエンジェル
シャンハイジェル
血統 ][ 産駒 ]
シャンハイ
ロイヤルジェリー
兄弟 コスモバロンアッサリネ
前走 2015/05/17 ヴィクトリアマイル G1
次走予定

ハナズゴールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
15/05/17 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 18510136.0169** 牝6 55.0 丸田恭介加藤和宏432(+4)1.32.9 1.033.6⑨⑨ストレイトガール
15/04/11 阪神 11 阪神牝馬S G2 芝1400 171246.31211** 牝6 56.0 丸田恭介加藤和宏428(-2)1.22.0 0.935.2⑥⑧カフェブリリアント
15/03/29 阪神 11 六甲S OP 芝1600 178179.6610** 牝6 55.0 国分恭介加藤和宏430(0)1.36.0 1.335.0⑯⑭テイエムタイホー
15/02/22 京都 11 洛陽S OP 芝1600 166119.2512** 牝6 55.0 幸英明加藤和宏430(-4)1.34.4 0.833.7⑯⑯レッドアリオン
14/12/14 香港 7 香港マイル G1 芝1600 10--------8** 牝5 55.5 N.ローウ加藤和宏434(--)1.34.4 1.0----ABLE FRIEND
14/11/23 香港 8 ジョッキCM G2 芝1600 10--------9** 牝5 56.0 N.ローウ加藤和宏439(--)1.35.9 2.5----ABLE FRIEND
14/10/05 新潟 11 スプリンタS G1 芝1200 1861125.6817** 牝5 55.0 D.ペロヴ加藤和宏444(--)1.09.7 0.934.6⑭⑬スノードラゴン
14/04/26 オー 6 オールAS G1 芝1400 8--------1** 牝5 57.0 N.ローウ加藤和宏--1.24.6 ------WEARY
14/04/12 オー 8 ドンカスタM G1 芝1600 20--------6** 牝5 52.0 丸田恭介加藤和宏---- ------SACRED FALLS
14/03/22 オー 7 クールモアC G1 芝1500 16--------14** 牝5 56.0 C.ウィリ加藤和宏---- ------STEPS IN TIME
13/12/07 阪神 11 朝日CC G3 芝1800 1881812.463** 牝4 55.0 M.デムー加藤和宏426(0)1.46.7 0.233.2⑮⑯アルキメデス
13/11/10 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 183627.698** 牝4 56.0 武豊加藤和宏426(0)2.17.2 0.634.6⑩⑨⑦⑨メイショウマンボ
13/10/14 東京 11 府中牝馬S G2 芝1800 13455.339** 牝4 54.0 武豊加藤和宏426(+6)1.49.1 0.332.6⑤⑤⑤ホエールキャプチャ
13/09/22 中山 11 オールカマー G2 芝2200 162323.086** 牝4 54.0 丸田恭介加藤和宏420(-8)2.12.3 0.334.1⑫⑫⑪⑪ヴェルデグリーン
13/06/23 東京 11 パラダイスS OP 芝1400 12792.522** 牝4 54.0 吉原寛人加藤和宏428(0)1.20.3 0.233.1⑧⑦レッドスパーダ
13/05/12 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 18244.426** 牝4 55.0 浜中俊加藤和宏428(+10)1.32.7 0.333.7⑩⑩ヴィルシーナ
13/04/06 阪神 11 阪神牝馬S G2 芝1400 166122.014** 牝4 54.0 浜中俊加藤和宏418(-4)1.21.7 0.333.7⑪⑪サウンドオブハート
13/01/19 京都 11 京都牝馬S G3 芝1600 14341.711** 牝4 54.0 浜中俊加藤和宏422(+2)1.34.3 -0.434.1⑫⑪エーシンメンフィス
12/12/15 阪神 11 リゲルS OP 芝1600 13225.421** 牝3 53.0 浜中俊加藤和宏420(-2)1.33.8 -0.233.3⑨⑦マウントシャスタ
12/11/24 京都 11 京阪杯 G3 芝1200 1881813.075** 牝3 53.0 田辺裕信加藤和宏422(+16)1.08.7 0.233.7⑪⑭ハクサンムーン

⇒もっと見る


ハナズゴールの関連ニュース

 2014年の豪GI・オールエイジドSなどを制したハナズゴール(牝6歳、美浦・加藤和宏厩舎、父オレハマッテルゼ、母シャンハイジェル)が6月24日付でJRAの競走馬登録を抹消した。今後はカナイシスタッドで繁殖馬になる予定。

 ハナズゴールはクイーンS(8月2日、札幌)を目標に北海道浦河町のカナイシスタッドで調整していたが、左前脚の繋靱帯炎を発症。そのまま同スタッドで繁殖入りすることになった。通算成績は29戦6勝(うち海外5戦1勝)。獲得賞金は1億7051万4700円(付加賞含む)。重賞は2012年GIIIチューリップ賞、13年GIII京都牝馬S、14年GIオールエイジドSなど3勝。

ハナズゴールの競走成績はこちら

豪GI制覇ハナズゴールが引退し繁殖入りへ2015年06月24日(水) 05:01

 2014年の豪GI・オールエイジドSを制したハナズゴール(美・加藤和、牝6)が左前繋靱帯炎のため現役を引退し、繁殖入りすることが分かった。23日に加藤和調教師が明らかにした。

 ヴィクトリアマイルで9着に敗れたハナズゴールは、クイーンS(8月2日、札幌)を目標に北海道浦河町のカナイシスタッドで調整していたが、左前脚の繋靱帯炎を発症。そのまま同スタッドで繁殖入りすることになった。

 同馬は12年チューリップ賞で、のちの3冠牝馬ジェンティルドンナ、前年の2歳女王ジョワドヴィーヴルを破って重賞初制覇を飾り、13年は京都牝馬Sに優勝。昨年は豪州に遠征し、オールエイジドSで海外GI制覇を果たした。通算成績は29戦6勝。

ハナズゴールの競走成績はこちら

[もっと見る]

【古馬次走報】サクラゴスペル、安田記念へ2015年05月20日(水) 05:01

 ★ヴィクトリアマイル9着ハナズゴール(美・加藤和、牝6)は放牧を挟んでクイーンS(8月2日、札幌、GIII、芝1800メートル)が目標。12着スイートサルサ(美・菊川、牝5)は放牧を挟んで関屋記念(8月16日、新潟、GIII、芝1600メートル)へ。14着ベルルミエール(栗・高橋亮、牝4)はCBC賞(7月5日、中京、GIII、芝1200メートル)か北九州記念(8月23日、小倉、GIII、芝1200メートル)。15着アルマディヴァン(美・高橋文、牝5)は米子S(6月21日、阪神、OP、芝1600メートル)などが視野に。その後は関屋記念が有力。17着メイショウマンボ(栗・飯田祐、牝5)は安田記念(6月7日、東京、GI、芝1600メートル)に登録する。

 ★京王杯スプリングCを制したサクラゴスペル(美・尾関、牡7)は横山典騎手とのコンビで安田記念へ。8着ショウナンアチーヴ(美・国枝、牡4)はパラダイスS(6月28日、東京、OP、芝1400メートル)。

 ★マイラーズC3着フィエロ(栗・藤原英、牡6)は引き続き戸崎騎手とのコンビで安田記念へ。18着マイネルホウオウ(美・畠山吉、牡5)はエプソムC(6月14日、東京、GIII、芝1800メートル)へ。

 ★宝塚記念(6月28日、阪神、GI、芝2200メートル)に出走するワンアンドオンリー(栗・橋口弘、牡4)は鳥取・大山ヒルズから21日に栗東へ帰厩する。

 ★都大路S9着シャイニーガール(栗・湯窪、牝4)はマーメイドS(6月14日、阪神、GIII、芝2000メートル)に進む。

[もっと見る]

【ヴィクトリア】レースを終えて…関係者談話2015年05月18日(月) 05:04

 ◆福永騎手(カフェブリリアント5着) 「内枠で流れに乗って競馬できた。道中は勝ち馬のそばにいて、同じぐらいに伸びてくればと思っていた。GIで厳しい競馬になったが、まだこれからの馬だしね」

 ◆浜中騎手(ショウナンパンドラ8着) 「スタートは出たので、前に行きたかったが、行けなかった」

 ◆丸田騎手(ハナズゴール9着) 「楽に追走できていたが、なし崩しに脚を使わされた感じ」

 ◆武豊騎手(スマートレイアー10着) 「折り合っていたが、思ったほど伸びなかった。東京に来ると体重も減るので…」

 ◆Mデムーロ騎手(リトルゲルダ11着) 「ずっと楽に行けたが、2ハロンほど距離が長い」

 ◆田中勝騎手(スイートサルサ12着) 「道中はいい感じだったが、最後は伸び負けした」

 ◆北村宏騎手(バウンスシャッセ13着) 「前半はリズム重視で進んだが、思ったほど伸びなかった」

 ◆川島騎手(ベルルミエール14着) 「距離に壁がある」

 ◆勝浦騎手(アルマディヴァン15着) 「いいポジションは取れなかったが、最後は伸びている」

 ◆川田騎手(タガノエトワール16着) 「スムーズな競馬はできましたが、少し疲れがあったのかもしれません」

 ◆武幸騎手(メイショウマンボ17着) 「前に行くつもりだったが、行けなかった」

 ◆内田騎手(ウエスタンメルシー18着) 「窮屈になる場面があって馬がエキサイトし、脚をためられなかった」

[もっと見る]

【ヴィクトリア】うまやの話2015年05月16日() 05:03

〔1〕タガノエトワール・松田博師「この中間は落ち着きがあって、順調に調整できた」

〔2〕カフェブリリアント・橋本助手「前走後は厩舎で調整。動きもいいし、本当に馬が充実してきた感じ」

〔3〕スイートサルサ・菊川正師「前走は完調手前で勝ってくれた。状態面の上積みは大きい。実績ある東京マイルならGIでも楽しみ」

〔4〕レッドリヴェール・須貝尚師「最近では一番いい状態じゃないかな」

〔5〕ストレイトガール・藤原英師「前走後はこのレースを目標に順調に調整した。あとは内面的なものがどう影響するかだね」

〔6〕ディアデラマドレ・吉岡助手「府中牝馬Sの勝ちっぷりから東京はプラス。極端に流れが落ち着かない限り、決め手を生かせる」

〔7〕ケイアイエレガント・田中助手「動きは抜群。ハナへ行きたい馬がいれば、2番手からでも競馬はできる」

〔8〕バウンスシャッセ・藤沢和師「千六はやや短いが、東京はスタミナも必要。オークス3着の走りを思い出してくれれば」

〔9〕ベルルミエール・喜多助手「前走後もイライラするところがなく、馬体も減らなくなっている。使った上積みは大きいよ」

〔10〕ハナズゴール・加藤助手「ここ2戦は消化不良の競馬。体調がいいのは明らかだし、東京コースのマイルはベスト。良馬場なら」

〔11〕スマートレイアー・高野助手「いい状態をキープ。前走は渋った馬場に切れをそがれたので、ぜひパンパンの良馬場でやりたい」

〔12〕アルマディヴァン・高橋文師「順調。条件替わりはプラス」

〔13〕メイショウマンボ・飯田祐師「昨年も2着とこの条件は合っていると思う。体調はいいので、あとはレースに気持ちが向けば」

〔14〕ウエスタンメルシー奥村武師「動きは良かった。相性のいいコースなら、善戦が期待できるのでは」

〔15〕ヌーヴォレコルト斎藤誠師「追い切りは馬場が悪くフワッとしたけど、しまい12秒台なら申し分ない。休み明けでも力を出せる」

〔16〕リトルゲルダ・鮫島一師「動きは良かった。距離もこなせると思う」

〔17〕ショウナンパンドラ・高野友師「追い切りは馬場が荒れた時間帯で切れのある動きを見せてくれた。多少の道悪ならこなせそう」

〔18〕ミナレット大和田成師「前走はハナに立てなくても頑張ってくれた。マイルになるのは歓迎だし、状態も維持できている」

[もっと見る]

【ヴィクトリア】ブリリアント初GIでイッキ載冠だ 2015年05月15日(金) 05:09

 ヴィクトリアマイルの追い切りが14日、美浦トレセンで行われた。サンケイスポーツ杯阪神牝馬Sを制したカフェブリリアントは、Wコースの3頭併せでシャープな伸びを披露。3連勝中の勢いを感じさせた。豪GI勝ち馬ハナズゴールも追い切りのムードは上々だった。枠順は15日に確定、馬券は16日から発売される。

 勢いが脚取りからも伝わってくる。3連勝中のカフェブリリアントが、最終追い切りで絶好調をアピールした。

 マローブルー(1000万下)、レアリスタ(3歳未勝利)の2頭を追いかける。道中の気合乗りは抜群で、直線で内に入り4ハロン52秒3−12秒4をマーク。重心の低いフォームで2頭と併入した。

 「動きは良かった。折り合いに難があり、先週、今週と併せ馬で折り合いをつける調教をした。(折り合い面は)先週は今ひとつだったけど、徐々に良くなっている」と堀調教師は合格点を与えた。

 勢いなら一番だ。昨年の今頃は500万下クラスにいたが、一年もたたずにGIの大舞台に立つまでに急成長。12月の1000万下から連勝でオープン入りを決め、重賞初挑戦となった阪神牝馬Sも制した。

 前走はそれまでの後方待機策から一変。好スタートを決めて先行集団の中で折り合うと、先に抜け出したベルルミエールをゴール前できっちりと捕らえた。充実度がうかがえるレースだった。

 2走前の節分Sで1年半ぶりに騎乗し、2戦連続で手綱を取った福永騎手は「大きな成長を感じた。(前走は)こういう競馬ができたら一番いいなという形で勝てて、僕自身が驚いた」と青天井の上昇ぶりに舌を巻く。

 上がり3ハロン32秒1をマークしたこともある切れ味が武器で、「牝馬らしい鋭い決め手がある。東京は競馬がしやすい」と指揮官はコース替わりを歓迎。「いつも一生懸命に走る馬で、体調さえ整えてあげれば、しまいはしっかりと脚を使う」と初挑戦のGIでも期待感をあらわにする。

 少し前までははるか遠くにあった女王の座が、今は手の届くところに。若葉がもえる府中で新女王が誕生する。 (藤沢三毅)

★ヴィクトリアマイルの枠順はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ハナズゴールの関連コラム

閲覧 112ビュー コメント 0 ナイス 6

先週は、第10回G1ヴィクトリアマイルが17(日)に東京競馬場で行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
  
G1ヴィクトリアマイルヌーヴォレコルトが2.2倍の1番人気、続いて2番人気がディアデラマドレで5.5倍、3番人気レッドリヴェールが7.8倍でここまでが10倍を切る形で上位人気を形成しました。
 
注目のスタートは大外からミナレットが絶好のスタートを決めて先頭に立ちます。2番手にケイアイエレガント、続いてレッドリヴェールリトルゲルダストレイトガールヌーヴォレコルトと先行集団を形成。中団からはベルルミエールカフェブリリアントハナズゴールショウナンパンドラタガノエトワールウエスタンメルシースイートサルサが追走。そこから2馬身程間があいてアルマディヴァンディアデラマドレバウンスシャッセメイショウマンボと続いて最後方にスマートレイアーの態勢。飛ばして先頭を行くミナレットが刻んだペースは前半600mを34秒3(参考)。緩みにない流れで大逃げの様相となり、馬群は縦長の形で直線コースへ差し掛かります。
 
先頭はミナレットでリードは6馬身、離れた2番手に単独追走するケイアイエレガント、その後ろからはリトルゲルダでその後方は横一線の団子状態。残り400mを通過しても依然逃げるミナレットのリードは5馬身ほどで2番手もケイアイエレガントの形で2頭が完全に抜け出して場内からはどよめきが上がります。残り200mを通過しても逃げるミナレットの脚色はなかなか衰えず、差を詰めてきたケイアイエレガントと2頭での追い比べ。残り100mを通過、ここでようやくミナレットに並びかけたケイアイエレガントが先頭に変わると、エンジンかかったストレイトガールが鋭い差し脚で猛追。抜け出したケイアイエレガントをゴール寸前で捉えて悲願の初GI制覇を飾りました。アタマ差の2着にはケイアイエレガント、そこから1馬身3/4差の3着にミナレットが入っています。勝ちタイムは1分31秒9(良)。
 
公認プロ予想家の中ではスガダイプロサラマッポプロが的中を記録しています。
 
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
17(日)京都10Rで『折り合い面から1200で新味が出そう。』と評した単勝23倍の◎ジャストドゥイングをはじめ、東京12Rの『1走走ったことのあるダートでの敗戦は外々を回るロスの多い競馬。上手く立ち回れば可能性はある。』と狙った◎メイケイペガスターなど中穴での的中を連発!週末トータル的中率57%、回収率294%の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
17(日)東京11RヴィクトリアマイルGIで『昨年のこのレースでは、直線で上手く捌けず、ほとんどまともに追えない状況だったが0.1秒差の3着。条件さえ整えば香港スプリントでも上位を争えるほどの実力馬。』と評価した◎ストレイトガールの単勝、▲ケイアイエレガントとの馬連368.8倍、ワイド54.1倍を的中!17万2940円を払い戻しました!
 
☆☆☆注目プロ →ろいすプロ
17(日)東京11RヴィクトリアマイルGIで『前走は大敗していますが4角から直線入ってすぐの脚色は悪くなく、着差着順ほど状態が悪いとは思わない、調教の動きもなかなか良くこのオッズは妙味十分』と◎ストレイトガールを本命に抜擢し、×ケイアイエレガントとのワイド54.1倍を的中!京都8Rでは単勝52.1倍の大穴、◎ボールドジャパンからのワイド320.4倍、126.6倍を的中!週末トータル回収率122%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくん
17(日)京都9Rで◎○△の印で3連単258.2倍を2500円的中!64万5500円の高額払い戻しを達成しました!週末トータル回収率129%、収支プラス21万2300円をマークしています。
 
 
※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


「TCK007」


登録済みの方はこちらからログイン

2014年10月07日(火) 10:30 【ウマニティ】
先週の回顧〜馬っしぐらプロが◎スノードラゴンでスプリンターズS的中!!
閲覧 163ビュー コメント 0 ナイス 6

先週は、秋のG1シリーズ初戦、第48回G1スプリンターズステークスが5(日)に新潟競馬場で行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。G1スプリンターズステークスは小雨の中、良馬場でスタートを迎えました。ゲートが開くとハクサンムーンがダッシュを効かせて先頭に立ちますが、中からダッシャーゴーゴーが強気に押してハナを奪ってレースを引っ張ります。2番手にハクサンムーン、その直後にベルカントマジンプロスパーと先行集団を形成。中団にはグランプリボストーホウアマポーラローブティサージュ、その後ろに内からガルボストレイトガールレッドオーヴァルが並走。続いてセイコーライコウアースソニックアフォードスノードラゴンが追走し、その後ろに出遅れたコパノリチャードハナズゴール、少し離れてマヤノリュウジン、最後方にサンカルロといった態勢。レースは流れて各馬ほぼ同じ隊列のまま、ダッシャーゴーゴー先頭で直線コースへ。直線では各馬が内から外まで大きく広がる中、2番手に付けていたハクサンムーンダッシャーゴーゴーを交わして先頭に立つと、更には内からベルカントも脚を伸ばして先頭争いへ加わります。残り200mを切ると1人気のハクサンムーンは徐々に失速し、ベルカントが先頭に躍り出ますが、内から追い出されたストレイトガール、馬場の真ん中からグランプリボスレッドオーヴァル、外からスノードラゴンも追い込み、5頭が横並びで叩き合う激しい追い比べに。ゴール前、力強い末脚で内にいる4頭をまとめて差し切ったスノードラゴンストレイトガールに1/2差をつけて嬉しい初GI制覇を飾りました。勝ちタイムは1分8秒8。2着にストレイトガール、そこからアタマ差の3着にレッドオーヴァルが入っています。公認プロ予想家の中では佐藤洋一郎プロ馬っしぐらプロはははふほほほプロが的中しています。

☆☆☆注目プロ →馬っしぐらプロ
勝負レースに指定した5(日)のスプリンターズSでは「外枠でダートでも走れる馬に注目」と◎スノードラゴンを指名し、単複を的中させました!この他にも新潟8Rで単勝23.6倍の伏兵シゲルオオスミの単勝を4000円を的中させ、9万4400円を払い戻しました!土日トータルでも回収率103%、的中率29%をマークしています。

☆☆☆注目プロ →ジョアプロ
5(日)新潟2Rで4人気(13.1倍)◎ウップスアデイジイ新潟10Rの5人気(10.1倍)◎シャトルアップ阪神6Rの2人気(4.3倍)アサケゴマ阪神9Rの5人気(12.8倍)のユキノサムライと調教評価Sの勝負レースで単複の的中を連発!土日トータル回収率137%、的中率63%をマークしています!

☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
4(土)新潟3Rで◎○▲のパーフェクト予想を披露し、単勝、馬連、3連複を大本線的中!8万1780円を払い戻しました!新潟7Rでは単勝11倍の◎ディアデルレイシングンジョーカーと印を打ち、単複、馬連、ワイドを的中!新潟12Rでも単勝30.5倍◎ダイワヴェルデから馬連20倍、3連複110倍を的中!5(日)の新潟12Rでも◎キープインタッチから馬連13倍、3連複178倍などを的中!土日トータル回収率137%、的中率34%、収支プラス7万8070円をマークしました!

☆☆☆注目プロ →サウスプロ
5(日)新潟5Rで◎○の馬連37.5倍を5000円的中させ、18万7500円を払い戻すと阪神7Rでは穴馬として注意していたセウアズールヴァンセンヌの馬連330倍を1000円的中させ、33万300円を払い戻しました。土日トータルでも回収率132%、収支プラス15万3700円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
5(日)新潟11RスプリンターズSでは単勝46.5倍◎スノードラゴンの単勝を的中!阪神12Rでは◎ストロングサウザーから3連単を的中させ、34万5380円を払い戻しました!

☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
勝負レースに指定した4(土)新潟11Rを得意の丁半馬券で仕留めると5(日)阪神5Rで◎▲の印で馬連18.7倍、3連単1094倍を的中させ、25万6200円を払い戻しました。

この他にも3連複プリンセスプロ(144%)、馬単マスタープロ(106%)、kmプロ(101%)が回収率100%超えの活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら

今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

「TC-007」

[もっと見る]

2014年10月03日(金) 14:45
濃霧注意報〜スプリンターズS(2014年)展望〜
閲覧 183ビュー コメント 0 ナイス 11

新潟の過疎地の片隅に住む私にとって、G1というのはやはり"遠くまで観に行くモノ"。
これまでも東京競馬場を中心に何度も遠征してきました。
ですが、遠征となるとどうしても時間がかかりますし、交通費や宿泊代等、諸々の費用もかさみます。
ですので、私のホームである新潟競馬場でもG1があればいいのになぁ……と常々思っておりました。

そんな私が待ちに待っていたのが、今週のメイン・スプリンターズS。
中山競馬場が改修工事に入っているため、実に12年ぶりの新潟G1ということになります。
12年前は私はまだ学生で、新潟からも離れていたために観戦は叶いませんでしたが、今回は観戦可能な状況がばっちり揃いました。
念願のホームにおけるG1観戦……現地で満喫してこようと思っています。

それでテンションが上がっているから……というわけではありませんが、当コラムも春のG1スペシャルページ以来の更新となります。
毎度毎度不定期な更新に陥って申し訳ないのですが、G1くらいは触れていけたらなぁと思いますので、
また生温かい目でご愛読頂ければ幸いです。



昨年は絶対王者ロードカナロアがその存在感を見せ付けた当レース。
彼の引退後、どの馬がスプリント路線の主役となるのかが注目されましたが、
春の大一番・高松宮記念は荒天のためにドロッドロの不良馬場。
コパノリチャードの圧勝という結果にはなりましたが、力を出せなかった馬も非常に多く、
サマースプリントシリーズが終わっても"この馬で間違いない!"という存在は出て来ず。
結局勢力図が定まらないままここまで来てしまったという印象です。

加えて、前述の通り今年は新潟競馬場における開催。
過去のデータが役に立つのか怪しい上、10週連続開催で使い込まれた馬場の傾向も気になります。
先週までの結果を見る限り、今回の舞台である芝の内回りコースは先行&インが有利な印象。
12年前の当レースも内目を通った先行勢3頭で決まっていますし、余程天候が悪いか、
予想の斜め上の馬場整備が施されない限りは、先週に近い傾向が表れるのではないかと思います。

こうした馬場を最大限味方に付けてくるのはどの馬なのかと考えた時、真っ先に思い浮かぶのは昨年の2着馬・ハクサンムーン
前走のセントウルSは休み明けで余裕のある身体付きでしたし、テンの速い同型アンバルブライベンの存在もありました。
今回は叩かれての上積みがありますし、アンバルブライベンのような"逃げるしかないタイプ"が居ない分、前半は楽に運べそう。
内枠のコパノリチャードの出方が気になりますが、普通の馬場で普通のスタートを切れれば、本馬の方がペースを握る可能性は高いはず。
とてももたないと思われた昨年のペースでも失速しなかったように、自分のペースになれば非常に強い馬。
外目の枠も、他馬ならばともかく、本馬のようなタイプには揉まれる心配が少なくなる分プラスではないでしょうか。

実績的にはハクサンムーンと互角以上なのが春の王者・コパノリチャード
高松宮記念圧勝後に臨んだ京王杯SCでころっと敗れたように成績の浮き沈みの激しさは相変わらずですが、
こちらも自分のペースに持ち込んだ時の強さは相当なものがあります。
この中間はなかなか調教の動きが上向いて来ず、何とか間に合わせたといった印象の仕上がり。
レースの傾向としても休み明けの馬に良いデータは少ないですし、少し人気は落とすでしょう。
しかし、同型のハクサンムーンが高松宮記念のような大出遅れをするようならば、ペースを作るのは本馬。
スタートしてみないと何とも言えない部分が多々ありますが、最後の最後まで買い目に入れるか考慮はしておきたいところ。

春の有力どころでもう1頭注目したいのがストレイトガール
昨夏から今春にかけての走りは楽にG1級なのですが、高松宮記念は特殊な馬場に泣かされ、
ヴィクトリアマイルと函館SSは直線で前が詰まるなど、ここ3戦はいずれも不運と言える内容ばかり。
評価を落とす必要は全くないと考えますし、スムーズならここでも好勝負出来るはず。
フジキセキの軽快なスピードと瞬発力を生かせそうな舞台ですし、調教の動きも春と変わらず抜群。
溜まった鬱憤を晴らすような走りを見せても不思議ありません。

同じく牝馬のローブティサージュも警戒したい1頭。
能力そのものは前記3頭よりも一枚落ちる印象ですが、スプリント戦における伸びは確実。
今回の枠ならばロスなく脚を溜められそうですし、直線に向いてからも余力がありそう。
あまり位置取りが後ろ過ぎると苦しくなりそうですが、中団辺りで流れに乗ってくるようなら不気味です。
父ミスタープロスペクター系の硬質なスピードも、今の新潟には合っている印象がありますね。

このローブティサージュを函館SSでねじ伏せているのが古豪ガルボ
あまり実績のなかったスプリント戦で、58kgという一際重い斤量を背負って勝ったのは評価していいでしょう。
約3ヶ月ぶりのレースとなる今回はいつもよりも調教の動きが地味に映りますが、
急坂のない左回りというのは若い時からちょくちょく激走していた舞台。
戦績が示すように人気がない時こそ警戒すべき存在なので、ここも取捨は慎重に考えたいところ。

人気がない時こそ怖い……と言えば、安田記念でブービー人気を覆す走りを見せたグランプリボス
ハマった時の強さは誰もが認める一方で、説明の付かない惨敗も多々。
何度もG1好走経験がある馬で、これだけ読みづらい戦績を刻む馬は珍しいのではないでしょうか。
昨年の当レースは直線で進路を探しながらも最後は差を詰めて来ていましたし、
血統的にも父が当舞台と好相性のサクラバクシンオー。そして本馬も元々左回りが得意……と、
昨年よりも舞台設定は好転しているように映るだけに、非常に悩ましい存在です。
以前は調教の動きとレースにおける動きがリンクすることの多かった馬ですが、安田記念の時も今回も動きは地味。
最早調教すらも買い材料なのか消し材料なのか分からなくなっています。
「この動きなら今回は来ないだろう……来ない、よね?」などと怯えながら消して突っ込んで来られるくらいなら、
とりあえず抑えておくくらいの方が安心出来るかもしれませんね。

他馬にも何頭か触れてみましょう。
末脚自慢のマヤノリュウジンレッドオーヴァルスノードラゴンは展開と馬場傾向次第。
いずれも外寄りの枠を引いてしまっており、先週までのような馬場では少し苦しそう。
近走で重賞を勝っているトーホウアマポーラセイコーライコウは共に調教の雰囲気がぱっとせず。
安定した戦績を刻む馬達ではありますが、レースレベルは着順ほど高くないことが殆ど。
G1で勝ち負け出来る域にあるかと言うと、少々疑問が残ります。
オーストラリアでG1馬になって帰ってきたハナズゴールも、帰国して即通用となるかは疑問。
独特な調整過程がどう出るかですが、順調に使われているメンバー相手では甘くない気が。

それならば、斤量の軽い3歳牝馬ベルカントの方が穴としては面白そう。
ここ2走は古馬の壁に跳ね返されていますが、CBC賞は逃げ・先行馬に優しくない中京でハナを切り、
北九州記念では先行&イン圧倒的有利の展開と馬場の中で外枠から控える形になるなど、
戦法と舞台・展開が上手く噛み合わなかった印象が強いです。
今回も陣営は控える競馬を示唆していますが、インに潜り込んで好位が確保出来るならチャンスはあるかも。



こうして書き出してみると、今年はクセモノ揃いですよね。
ゲートをちゃんと出るかだとか、真面目に走る、ハマるだとか、スタートしてみないと分からない馬が多過ぎです。
人気は前半に挙げた馬達が集めそうですが、果たしてそんなに簡単に決まるのかどうか。
一応、現時点で買い目のイメージはぼんやりと浮かんでいるのですが、あくまで最終決定は土曜のレースや当日のレースを観てから。
今後暫くないであろうホームでのG1観戦で、秋のG1シーズンへ弾みを付けられれば言うことナシなんですけどね。
頑張ってきます!

[もっと見る]

2014年01月23日(木) 19:30
濃霧注意報〜京都牝馬S(2014年)展望〜
閲覧 151ビュー コメント 0 ナイス 7

先週辺りから、「なんか体がダルいな〜……」と思いつつ日々の生活を送っていたのですが、
今週に入ってからはその違和感がMAX状態に。
変なモノを食べたわけでもないのに気分は悪いわ、お腹は痛いわ、布団に包まっていても寒気がするわで、
今流行りのノロウイルスではないかとビクビクしていましたが、そこまで酷くなることはなく、結局は普通の風邪。
ここの所不規則な生活が続いていた上に、週末の予想もびっくりするくらい当たらないこともあって、
疲れとストレスが溜まっていたのでしょう。
前述のノロウイルス然り、これから猛威を振るうであろうインフルエンザ然り、
何かと体調を崩す要素が出てくる時期です。皆様も体調には十分お気を付け下さいね。

しかし……肉体的な疲れの方は睡眠や食事等、生活リズムを整えることで解消出来ますが、
精神的なストレスの方は何かきっかけが無いとなかなか解消出来ないもの。
普段は美味しいものをいっぱい食べたり、雑誌や小説などの本を読みまくるのが私のストレス対策なのですが、
風邪の影響でそのどちらもがダルい状態とあっては、他に取れる方法はただ一つ。
そう、競馬予想です(完全に諸刃の剣)。
先々週は祝日・月曜重賞のフェアリーS、先週は日曜重賞の日経新春杯について綴ってきましたが、
今週は早々に勢いに乗るためにも土曜重賞に注目。京都牝馬Sについて触れてみます。



昨年の勝ち馬ハナズゴールに代表されるように、末脚のしっかりした馬が強い印象のある当レース。
近5年のうち、実に4年が差し・追い込みと言える位置取りからの差し切り決着となっています。
唯一の例外と言える一昨年のドナウブルーも、ディープインパクト産駒らしい瞬発力を持った馬。
先行して粘り込むタイプの馬よりは、ある程度溜めて伸びて来られるタイプの方が狙い易そうです。

また、ダートのイメージの強いパワー型の血統を持つ馬もよく馬券に絡んでいます。
前述したハナズゴールの母父は地方競馬で多くの活躍馬を出したシャンハイ。
彼女の2着だったエーシンメンフィスも、父がメダグリアドーロ、母父がパインブラフというダート寄りの血統馬。
3着のベストクルーズもまた、父がクロフネという血統馬でした。
先週の日経新春杯展望内でもちょいちょい触れている通り、今の京都芝は春や秋よりもパワーを要す状態。
今年もまた、ダート血統の持つパワーがいいスパイスとなる可能性は高いと思います。

これらの点を踏まえつつ、有力馬に視点を移していくと、戦績で目立つのはやはりドナウブルー
一昨年の覇者であり、舞台適性は既に証明済みです。
昨年は未勝利に終わってしまいましたが、ヴィクトリアマイルとマイルCSの両G1レースで差のない5着。
牝馬同士だけでなく牡馬の骨っぽいところと当たっても大崩れはしておらず、ある程度の力は保っています。
本当に良かった頃に比べると終いの脚がジリっぽいのは気になるところですが、牝馬同士のG3なら上位評価は仕方なし。
クラブの規定でこのレースがラストランとなりますが、有終の美を飾ることが出来るでしょうか。

末脚の破壊力ならばゴールデンナンバーも互角以上。
1600〜2000mを主に使われている馬ですが、その中でも一番よく切れているのがマイル戦。
逆に、前走の愛知杯のようなタフな2000m戦では持ち味を生かせていません。
ダイワメジャー産駒の上級牝馬は、エピセアロームをはじめとして短距離寄りの適性を示す馬が多いだけに、
本馬の本質も中距離寄りではなく、短距離寄りのマイラーなのではというイメージを抱いています。
前走からの舞台変わりは大きなプラスに映りますし、本馬自身京都外回りコースでは2戦2勝。
あとはその極端な脚質がハマりさえすれば、突き抜けるだけの力は十分に持っているはずです。

血統だけ見て、いかにもダートっぽさを感じるのはスマーティジョーンズ産駒のノーブルジュエリー
条件馬時代が長く、重賞挑戦は3歳時のアーリントンC以来となりますが、
戦績を見ても分かる通り、本馬が走ってきたのは殆どが牡馬との混合戦。
特に1000万や準OPともなるとかなり強力なメンバーが集まってきますが、本馬はそこでも安定して走れています。
重賞実績は無くとも、こうした混合戦の経験は牝馬限定戦では大きな武器となりますし、伏兵としては非常に面白そうな馬。
折り合いさえすればマイルでも渋い走りを見せますし、鞍上がノリに乗っているルメール騎手だというのも不気味。

前走のターコイズSで久々に馬券に絡んだミッドサマーフェアも面白い1頭。
着順だけ見ると分かりにくいですが、昨秋の走りを見るに一時期のスランプは脱している印象があります。
タニノギムレット、母父キングマンボという血統はぱっと見完全に芝寄りに映りますが、
本馬の母母ストームソングはアメリカのダートG1勝ち馬。しっかりパワーは秘めています。
ハイレベルの走りを見せた3歳時の君子蘭賞の走りからも、パワーを要す芝、長い直線という条件は合っているでしょう。
似た条件だったエリザベス女王杯では11着に敗れましたが、勝ち馬との差は僅か0.6秒。
スタミナが問われる2200mから、スピードが生かせるマイルに舞台が変わればもっとやれていいはず。

近5年全てで当レースを制しているのは、若い世代である4歳馬。
今年はウリウリローブティサージュプリンセスジャックノボリディアーナの4頭が特に注目を集めそうです。
いずれも父か母父にダートっぽさを感じる血を持っており、血統的な適性は問題なさそうですが、
揃いも揃って近走のレースレベルが"あくまでそこそこ"に過ぎないのが悩ましいところ。
ローブティサージュプリンセスジャックノボリディアーナは上がりの時計が掛かった方が良さそうなタイプですし、
過去の好走馬に一番イメージが近いのはウリウリということになるでしょうか。調教の動きもこの馬が一番良く映りますね。



先週の結果を見ていると、流石の京都芝も少しずつ差しが届くようになってきたかな?という印象。
かと言って内の先行馬が壊滅するような感じでもなく……非常に見極めの難しい馬場状態と言えます。
冬季の土曜日ということでヒントとなる芝レースの数は非常に少ないですが、
何とかメインまでにはある程度の傾向を掴んでおきたいところですね。

そして、私自身の体調の方も土曜日までには何とか上向かせておきたいもの。
土日の結果が風邪完治に繋がる特効薬となってくれれば、尚良いのですが。

[もっと見る]

2013年12月03日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2013年12月03日号
閲覧 171ビュー コメント 0 ナイス 6

▼12月7日(土)阪神11R 朝日チャレンジカップ
【阪神芝外回り、かつ1000万下から上のクラスのレースにおける優勝経験の有無別成績(2012年)】
●あり [1-1-1-6](複勝率33.3%)
●なし [0-0-0-8](複勝率0.0%)
→施行コースが阪神芝1800m外回りに変更された昨年の上位馬は、いずれも阪神芝外回りに十分な実績のあった馬。特別登録を行った馬のうち、阪神芝外回り、かつ1000万下から上のクラスのレースで優勝経験があるのは、エアラフォンスマートギアダイシンプランハナズゴールヒストリカルブリッツェンマックスドリームの7頭です。なお、昨年の上位3頭は前走の4コーナーを6番手以下で通過した点も共通していました。

▼12月8日(日)中山11R カペラステークス
【JRA、かつダート1400m以上、かつ1000万下から上のクラスのレースにおける優勝経験の有無別成績(2008年以降)】
●あり [5-4-2-31](複勝率26.2%)
●なし [0-1-3-32](複勝率11.1%)
→ダート1200mのレースにしか実績のない馬は評価を下げたいところ。また、前走が地方のダートグレード競走だった馬は2008年以降[0-0-1-13](複勝率7.1%)と苦戦しています。

▼12月8日(日)阪神11R 阪神ジュベナイルフィリーズ
【前走の着順別成績(2006年以降)】
●4着以内 [7-7-7-75](複勝率21.9%)
●5着以下 [0-0-0-30](複勝率0.0%)
→前走で大敗を喫していた馬は好走例なし。また、前走の着順が4着以内でも、その前走で出走メンバー中2位以内の上がり3ハロンタイムをマークできなかった馬は2006年以降[0-1-2-28](複勝率9.7%)と信頼できません。特別登録を行った馬のうち、前走の着順が4着以内、かつその前走で出走メンバー中2位以内の上がり3ハロンタイムをマークしているのは、インヴォークヴィンテージローズハープスターフォーエバーモアホウライアキコマーブルカテドラルマジックタイムレーヴデトワールレッドリヴェールの9頭です。ちなみに、2006年以降は前走から中8週以上の馬も[0-0-2-15](複勝率11.8%)と低調な成績に終わっていました。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、コピーライター、競馬評論家。的確でわかりやすいデータ分析に定評があり、現在は『JRAホームページ』内「今週の注目レース」で“データ分析”のコーナーを担当しているほか、さまざまなメディアに活躍の場を広げている。競走馬への一口出資やペーパーオーナーゲーム(POG)などにも造詣が深く、近年はWIN5研究の第一人者としても知られるようになった。近著に『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。

[もっと見る]

2013年11月12日(火) 18:00 【ウマニティ】
先週の回顧〜☆まんでがんプロが日曜20万オーバー3本でトップ!
閲覧 55ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、10(日)に京都競馬場でG1エリザベス女王杯が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
午後になり、まとまった雨に見舞われた京都競馬場。重馬場で迎えたG1エリザベス女王杯のスタートは、各馬きれいに出揃ってほぼ横一線。エディンが押していってハナを奪うと、セキショウセレブリティモデルがこれに続き、ラキシススピードリッパートーセンアルニカも好位へ。馬群が途切れて2番人気メイショウマンボが続き、ぴたりとマークするように1番人気ヴィルシーナも直後の追走。ハナズゴールミッドサマーフェアレインボーダリアタガノイノセンスオールザットジャズディアデラマドレアロマティコマルセリーナと後方に掛けての集団を形成して、最後方に3番人気デニムアンドルビーの態勢となって向う正面へ。前半1000mの通過は62秒7。馬場状態を差し引いてもスローな流れでエディンを先頭に3コーナーへ。
徐々に後続勢が差を詰めて、先団と中団グループ以下で大きく2つ分かれていた馬群が密集し始めると、3〜4コーナー中間でメイショウマンボが手応え十分に進出を開始します。
4コーナーで2列目の外まで押し上げたメイショウマンボに、内1頭挟んでほぼ同じ位置取りにヴィルシーナの態勢で直線勝負へ。
エディンが依然粘りを見せるところへ、外からラキシスが迫り、内ラチ沿いを突いてはハナズゴールも鋭い伸びを見せ残り200m地点を通過。馬群に沈むヴィルシーナに対し、メイショウマンボラキシスの外を通って鋭い伸び。残り100mを切って完全に抜け出したメイショウマンボがその差を1馬身1/4差に広げてV。2着には好位追走から最後まで伸びたラキシス。クビ差の3着には、後方集団からメイショウマンボの後を通って上がり最速の脚で追い込んだアロマティコが入っています。
公認プロ予想家の中では、本命◎ラキシスの予想を披露したはははふほほほプロが的中しています。

その他では、☆まんでがんプロ夢月プロ導師嵐山プロが活躍を見せています。


☆☆☆注目プロ → ☆まんでがんプロ
10(日)の福島4Rで、馬単&3連単計22万3740円払戻しのスマッシュヒットを披露すると、さらに福島6Rの3連複的中で20万4900円、京都10Rの3連複的中で20万4380円とこの日だけで20万オーバー払戻し3本を記録しています。週末のトータル成績は、回収率135%・収支23万2020円プラスをマークしいずれもトップ!

☆☆☆注目プロ → 夢月プロ
9(土)の東京9Rで12万7000円払戻しのスマッシュヒットをマークすると、G2京王杯2歳ステークスではカラダレジェンドを本命◎に指名し、単勝を的中(15万7000円払戻し)!翌10(日)の福島2Rでも15万7000円払戻しを記録した先週は、トータル回収率121%をマークしています!

☆☆☆注目プロ → 導師嵐山プロ
9(土)の福島2Rで馬連&3連複計21万8360円払戻しをマーク!さらに、東京7Rでは、馬連356.4倍の的中含め計32万5440円払戻しのビッグヒットを記録しています!土日2日間では、トータル回収率106%をマーク。

他には、シムーンプロ(120%)、岡村信将プロ(116%)、河内一秀プロ(105%)、レイトバスタープロ(103%)が土日回収率100%オーバーの活躍を見せています。


※全レースの結果速報はこちら


今週はG1マイルCS!競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


「ユータ」

[もっと見る]

⇒もっと見る

ハナズゴールの口コミ


口コミ一覧

2016_2017期待馬

 landr 2016年12月31日() 20:10

閲覧 55ビュー コメント 0 ナイス 3

来年末に笑う用

2歳牡馬
レイデオロ 普通に強い。トライアルくらいまでは確実っぽい。
エアウィンザー とても強い。とりあえずトライアルはかなり賑わすはず。
ヴァナヘイム 今のところ評判倒れながらも大崩れはしていない。じわじわ伸びてきますよ
スワーヴリチャード 地味に強い馬。ただし地味だ。とても地味だ。
サトノアーサー アレスよりはこっちのサトノの方に魅力を感じていたのだが。
エリンソード 長距離戦で台頭してきそうな馬。持続マックス
モンドキャンノ マイルくらいまでなら最強クラス。
ズアー 新馬戦はやたら強かったが果たしてどう絡んでくるか?
バスカヴィル いや、強いと思うよ、この馬。(ダート)

2歳牝馬
ソウルスターリング 当たり前だが今の2歳では一番強いでしょう
リスグラシュー 目が覚めるような鬼脚。ただ、これが仇となりそうで。
ハナレイムーン 新馬だけ見たらバケモノ級。果たして次走は?
アドマイヤミヤビ 3ハロン瞬発女王。久々にアドマイヤから大物出てほしいね
リカビトス 新潟の上りはあまり信用できないが、それでもこの脚はすごい。
フローレスマジック 一番安定感あるのは実はこの馬。なんかトライアルホース臭もするが。
ミスエルテ まあ、これからの成長待ちでしょう。
ラビットラン 距離伸びてどうかだが、たぶん芝でも行ける快速馬。ファルコンSあたり?(ダート)

未勝利
ネコビッチ 後方から獲物に襲いかかる野生のネコ。
ヤクシャハソロッタ 徐々に良くなっていて追いかけてみようかと。

古馬OP
リアファル 無事なら重賞をいくつか勝てるはず。2017年にかなり期待したい一頭。
サトノダイヤモンド 鉄板。ビワハヤヒデの再来。来年はドバイ→宝塚→凱旋門かな?
キタサンブラック 鉄板。見るたびに強さが増していく。どこに引き際をもっていくだろう。
レインボーライン この馬、むちゃくちゃ強くなりそう。来年爆発する1頭。
ジュエラー 秋はいまいちだったが、巻き返してくる。来年のJCあたりでどうだ。
レッツゴードンキ 何を目指しているかわからない馬だが、出てきたら買うでしょう、きっと。
デニムアンドルビー 引退かと思っていたが、まだ走るなら買い続けます、たぶん
ストロングバローズ 復帰マダー??
アウォーディー なんだかんだ言って、来年も鉄板でしょう。少なくとも弟には負けまい。

古馬条件戦
16チュラカーギー そして、中山ダート1200の鬼となった。
16アップクォーク これは強い。出遅れなければ・・・だけど。
16グレーターロンドン 間違いなく重賞に来る器。ただ足元と相談。
16ハナズレジェンド ハナズゴール再び。さっそく新春競馬で骨っぽい相手と激突。
16ラヴィエベール なんだ、ただのバケモノか。
16メートルダール 2走前についに本格化したと思ったのだが。まあこれから。
16バンドワゴン オーストラリア遠征してトーセンスターダムにリベンジするのが夢。
10ビップライブリー まだ1000万にいること自体信じられないが。
10エイシンティンクル 偉大な兄に続く快速女王。まあ、京都で見直しですね
10パープルセイル 個人的にいつも買ってる馬。衰え見えないので来年は穴空けますよ
10ペイシャゴンジセ マクリアガリテイオー。被害者の会会長(自称)。来年も被害にあうよ!
10シゲルノマオイ ダート鬼脚。森ユウタロウとのコンビで上り詰めてほしい。
10ブロワ 神聖ブロワ帝国。ブロワの出るレースにハズレなし。
10エリシェヴァ 絶対エリシェヴァ王朝。現役最速のテンの持ち主・・・なのだが・・・
5ポルトフォイユ 怪我で出世遅れたが、やはり大器・・・だと思う。
5ダブルイーグル 阪神・重馬場・ハイラップなら確実にバテ差ししてくるおじいちゃん。
0マーキークラブ 現在、門別。早く中央に帰ってきてアルセナーレを蹴りに行けー!

ハナズゴールの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
4:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2012年3月4日() 22:24:52
3/3 チューリップ賞
1着 ハナズゴール(C・デムーロ騎手)
「水曜日に稽古に乗った時から反応も良かったし、手応えを感じていました。状態も良かったです。直線、とてもいい脚を使ってくれましたし、次はもっと良くなると思います」
3:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2012年2月13日(月) 09:15:56
2/11 3歳500万
1着 ハナズゴール(田辺騎手)
「凄い脚でした。直線を向いても手応えがありましたし、交わせるという感じがしました。距離は延びてもやれると思います」
2:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2012年2月7日(火) 14:36:10
11/13赤松賞
7着 ハナズゴール(丸田騎手)
「坂で脚が上がりました。一瞬の決め手はあり、平坦向きなのかもしれません」

⇒もっと見る

ハナズゴールの写真

ハナズゴール

ハナズゴールの厩舎情報 VIP

2015年5月17日ヴィクトリアマイル G19着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ハナズゴールの取材メモ VIP

2015年5月17日 ヴィクトリアマイル G1 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。