注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ジークカイザー(競走馬)

注目ホース
ジークカイザー
写真一覧
現役 牡4 鹿毛 2013年1月26日生
調教師池江泰寿(栗東)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 6戦[3-1-0-2]
総賞金3,968万円
収得賞金1,500万円
英字表記Sieg Kaiser
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ヒルダズパッション
血統 ][ 産駒 ]
Canadian Frontier
Executricker
兄弟
前走 2017/04/15 蓬莱峡特別
次走予定

ジークカイザーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/04/15 阪神 10 蓬莱峡特別 1000万下 芝1800 11333.021** 牡4 57.0 川田将雅池江泰寿476(-8)1.46.4 -0.133.7エルプシャフト
17/03/18 阪神 9 須磨特別 1000万下 芝1800 11797.352** 牡4 57.0 川田将雅池江泰寿484(+4)1.47.1 0.233.7タニノアーバンシー
16/12/11 阪神 9 境港特別 1000万下 芝2200 9447.136** 牡3 55.0 A.シュタ池江泰寿480(-4)2.15.3 1.636.8⑤⑤⑤⑤シャケトラ
16/11/12 京都 12 3歳以上1000万下 芝2200 9886.035** 牡3 55.0 A.シュタ池江泰寿484(+10)2.16.3 0.433.8⑤⑤⑥⑤サンマルティン
16/01/23 中山 9 若竹賞 500万下 芝1800 13115.341** 牡3 56.0 F.ベリー池江泰寿474(-2)1.49.5 -0.134.4④④クィーンズベスト
15/12/27 阪神 5 2歳新馬 芝1800 178165.331** 牡2 55.0 武幸四郎池江泰寿476(--)1.49.8 -0.035.6⑥⑥コスモスコルピウス

ジークカイザーの関連ニュース

 アーリントンCを制したペルシアンナイトが、栗東CWコースで切れ味鋭い動きを披露。6F83秒1−67秒5−53秒7−39秒6−11秒6と一杯に追われ、外ジークカイザー(古馬1000万下)に1馬身先着した。

 「動きは良かったですね。1週前としてはいい負荷がかけられたと思います。道中は抜群の手応えで、ハービンジャー産駒らしくなくて乗りやすい」と水口騎手。池江調教師は「血統的に距離ももつはず。GIに強いミルコが何かやらないか」と期待している。(夕刊フジ)

皐月賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【3歳次走報】ジークカイザー、皐月賞を断念2016年03月10日(木) 05:00

 ★新馬戦、若竹賞を連勝中のジークカイザー(栗・池江、牡)は皐月賞を断念。青葉賞(4月30日、東京、GII、芝2400メートル)、プリンシパルS(5月7日、東京、OP、芝2000メートル)、京都新聞杯(5月7日、京都、GII、芝2200メートル)のいずれかに向かう。

ジークカイザーの競走成績はこちら

[もっと見る]

【3歳次走報】ビービーバーレル、クイーンCへ2016年01月28日(木) 05:00

 ★新馬戦、若竹賞を連勝したジークカイザー(栗・池江、牡)は、フジテレビ賞スプリングS(3月20日、中山、GII、芝1800メートル)か、毎日杯(3月26日、阪神、GIII、芝1800メートル)の予定。

 ★白梅賞1着エルビッシュ(栗・角居、牝)は、チューリップ賞(3月5日、阪神、GIII、芝1600メートル)で重賞奪取に挑む。

 ★フェアリーSを制したビービーバーレル(美・中舘、牝)は、クイーンC(2月13日、東京、GIII、芝1600メートル)に出走。

 ★23日京都の500万下(ダ1200メートル)を快勝したウィズエモーション(美・栗田博、牝)は昇竜S(3月13日、中京、OP、ダ1400メートル)へ。

 ★23日中山の未勝利戦(芝2200メートル)を勝ったミライヘノツバサ(美・伊藤大、牡)は、山吹賞(4月2日、中山、500万下、芝2200メートル)か、山藤賞(同16日、中山、500万下、芝2000メートル)。

[もっと見る]

【3歳戦結果】ジークカイザー、若竹賞V2016年01月24日() 05:00

 【中山】9R若竹賞(500万下、芝・内1800メートル)=ジークカイザー(栗、池江、牡、父ディープインパクト

 ◆Fベリー騎手 「ゲート内ではうるさかったが、いいスタートが切れた。スムーズに運べ、最後も確実に切れた。これから楽しみ」

 *フジテレビ賞スプリングS(3月20日、中山、GII、芝1800メートル)か毎日杯(同26日、阪神、GIII、芝1800メートル)を視野に。

 4R新馬(牝馬、ダ1800メートル)=シフォンカール(美・奥平、父クロフネ

 ◆大野騎手 「終始ロスなくスムーズに運べた。勝負どころから手応えが良くなり、追ってからもしっかり反応してくれた」

 6R新馬(芝・外1600メートル)=ミエノドリーマー(美・国枝、牡、父アドマイヤムーン

 ◆柴山騎手 「落ち着いて走れていたし、最後に(ステッキで)ひと叩きするとグイッと伸びて、強い勝ち方だった」

 【京都】4R新馬(牝馬、ダ1400メートル)=エレメンツ(栗・西園、父パイロ)

 ◆酒井騎手 「力が違った。調教以上の伸びを見せてくれた。芝よりダートの方が無難だけど、距離は延びても大丈夫」

 6R500万下(牝馬、ダ1200メートル)=ウィズエモーション(美・栗田博、父クロフネ

 ◆Mデムーロ騎手 「先頭に立ってからは物見をしていたくらいだから、まだ余裕はあった。距離は1400メートルまで大丈夫だろう」

 【中京】10Rなずな賞(500万下、芝1400メートル)=ペイシャフェリシタ(美・高木、牝、父ハーツクライ

 ◆吉田隼騎手 「他馬が外へ回したので内へ行ったのですが、反応が良く、ギアが上がっていい脚を使ってくれました。メリハリが利くし、この感じならマイルでも対応できそうです」

[もっと見る]

【若竹賞】ジークカイザーが無傷の2連勝を飾る 2016年01月23日() 14:35

 23日の中山9R若竹賞(3歳500万下、芝1800メートル)は、フランシス・ベリー騎手騎乗の4番人気ジークカイザー(牡、栗東・池江泰寿厩舎)がゴール前で差し切って快勝。デビュー2連勝を飾った。タイムは1分49秒5(良)。

 クィーンズベストが先手を取り、ダンディーアローが外から2番手へ。さらにジークカイザーキャニオンロードと続き、人気のマイネルハニーは出遅れが響いて後方からの競馬となった。淡々とした流れになったが、3コーナーでゲッカコウが中団から一気にまくり上げ、4コーナー手前で先頭に並びかける。しかし、クィーンズベストも譲らず粘り腰を発揮して直線へ。内のクィーンズベストと外のゲッカコウ、牝馬2頭が叩き合うところに、その外からジークカイザーが急追する。最後は脚いろが上回っていたジークカイザーが差し切ってV。クラブでの募集価格1億2000万円という期待馬が、堂々とデビュー2連勝を決めた。1/2馬身差の2着は2番人気のクィーンズベスト。さらにクビ差の3着には9番人気のゲッカコウが入っている。

 ジークカイザーは、父ディープインパクト、母ヒルダズパッション、母の父Canadian Frontierという血統。通算成績は2戦2勝となった。

 F.ベリー騎手は「ゲートの中でテンションが上がってしまいましたね。でも、たまたまいいタイミングでスタートが切れたので、好位につけられました。まだ体が弱いぶん瞬時に切れませんが、確実にいい脚を使ってくれる馬。距離が延びても大丈夫そうだし、今後が楽しみな馬ですよ」とスタートの不安を乗り越えてのVをにこやかに振り返っていた。

★23日中山9R「若竹賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【2歳戦結果】マイティーゴールド、新馬戦V2015年12月28日(月) 05:00

 【中山】2R新馬(ダ1800メートル)=マイティーゴールド(美・尾関、牡、父ゴールドアリュール

 ◆戸崎騎手 「スッと先行できて、道中も何も問題なかった。パワーのあるタイプで、使ってさらによくなりそう」

 4R新馬(芝・外1600メートル)=サトノキングダム(美・国枝、牡、父ディープインパクト

 ◆戸崎騎手 「スタートは遅かったが、じっくりと行った。外を回って距離ロスもあったが、しまいはいい脚を使った」

 【阪神】9R千両賞(500万下、芝・外1600メートル)=レインボーライン(栗・浅見、牡、父ステイゴールド

 ◆幸騎手 「直線に向いたときの反応はよかったし、外から1頭来たらまた伸びてくれた。いい馬です」

 5R新馬(芝・外1800メートル)=ジークカイザー(栗・池江、牡、父ディープインパクト

 ◆武幸騎手 「かなり素質はあります。あとはイレ込みだけが心配」

[もっと見る]

⇒もっと見る

ジークカイザーの関連コラム

閲覧 3,302ビュー コメント 0 ナイス 3

 2016年の中央競馬の日程は、残すところあと3週となった。クライマックスの有馬記念はもちろん大注目だけど、その前に、こちらも12月の風物詩となっている2歳G1が2レース開催される。ここをしっかり当てて、年末の大一番に臨みたいよね。今年の2歳戦は、スタートしてから半年以上が経過し、力関係がそれなりに見えてきたこともあるので、今回は12月7日時点における(←ココ大事!)2歳牝馬と2歳牡馬のスガダイジャッジによる番付を発表しようと思う。今年の2歳世代の勢力図を把握しつつ、今週行われる阪神ジュベナイルフィリーズ、そして次週に行われる朝日杯フューチュリティステークスの予想に役立ててもらいたい。

 注意点は3つ。1つめは、これから行われる2歳G1を見据えた番付ではなく、2歳世代全体の番付なので、両レースに登録(出走予定)のない馬も含まれている点。2つめは、あくまで2歳G1ならびにクラシックに直結するホープフルS前の評価ゆえに、年末の時点では番付の様相が大きく変わる可能性がある点。最後の1つは、牡牝クラシック&NHKマイルCを意識した番付なので、生粋のスプリンタータイプの馬は評価の対象外としている点。これらを踏まえたうえで、番付をご覧いただこう。なお、今回は番付上位の馬にのみ短評を加えている。

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2016年04月22日(金) 15:55 みんなの競馬コラム
【サンケイスポーツ賞フローラステークス】血統考察 byうまカレ
閲覧 1,042ビュー コメント 0 ナイス 3

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。先週の皐月賞血統考察では1番手に挙げたリオンディーズが5着。春の東京開催で、インコース・内目有利なダービーでは、ここ2戦先行させたということが活きてくるのではないかと思います。大飛びで間違いなく東京の方が合うタイプですから、巻き返しに期待したいです。

今週はG1の狭間となりますが、府中開催が開幕します。開幕週を飾るのはオークストライアル・フローラSです。
やはり開幕週ということで、内枠の先行馬が有利、差し馬でもやはり内を突いて来る馬の好走が目立っています。
また、競走馬としてまた序盤である「3歳春」という時期のため、緩さ晩成型の中距離馬は厳しく、ある程度の筋力が身に付いていることが求められます。昨年の1着馬の母父はノーザンテースト、2着馬ティアマイダーリンや、2012年の勝ち馬ミッドサマーフェアの母父Kingmamboといったパワー血脈はひとつポイントになるかと思います。

●好相性のディープインパクト×Acatenango
これらの要点に合っているかは微妙なのですが、1番手に取り上げたいのはディープインパクト産駒のビッシュディープインパクト×Acatenangoという組み合わせはかなりの好相性で、ワールドエースエックスマークという2頭のオープン馬、さらにアドマイヤシーマもダービーまでに2勝を挙げています。現3歳世代でこの配合馬はビッシュサトノキングダムしかおらず、この2頭とも2戦2勝。純生ドイツ血脈であるLiteratと、Hyperion、さらにAcatenangoの母AggraavateがTetratema5×3でThe Tetrarchを2本取り込めることが好相性の要因とみています。ビッシュは非常に後駆の関節の柔らかさが目立ちます。前走は中山で勝利を挙げましたが、大飛びで雄大なフットワークは東京コース向き。後述しますが、パールコードは3歳春にGIを狙うには少し動きが怠慢過ぎるので、オークスへ向けて最後の大物候補はビッシュだけでしょう。

●東京向き、距離延長も〇
クイーンC2着のフロンテアクイーンは、名馬トウショウボーイで有名なソシアルバターフライの牝系。メイショウサムソン×サンデーサイレンスという組み合わせで、パワー血脈である母母父ブレイヴェストローマンがこの3歳春での活躍に一役買っているかと思います。メイショウサムソンはやはり自身と同じく東京向きの馬を多く輩出しますし、ここも好走する可能性は高そうです。

●崩れることは無いだろが・・・
フラワーC2着のゲッカコウは、ロージズインメイ産駒で母がシンボリクリスエス×チューニー(=フジマサエンペラー)という血統で、Seattle Slew4×4、Hail to Reason4×4。少しパワーに寄った配合ですが、好枠を引きましたしここも大崩れは無いのでしょう。しかし東京2000のGIIで積極的に推したいかとなると微妙なところです。

●瞬発力勝負に対応できるかが鍵
パールコードヴィクトワールピサ産駒で叔母に阪神JF2着のシークレットコードがいる血統。前走は力が違ったというべきですが、同じ父の産駒のジュエラーとは異なり、動きが怠慢で、東京の瞬発力勝負に対応できるイメージが湧きません。古馬になってからマーメイドSコースでしょうか。一雨降った場合は良いでしょう。

●東京替わり、距離延長は微妙
アネモネSを制したチェッキーノは、機動力を伝えるハッピートレイルズ牝系らしく小刻みなピッチ走法で走るので前走の中山マイルはベストコース。距離も少し長いですから、東京替わりと距離延長で大外となると食指は伸びません。

●パワースピードで粘りたい
ワークフォース産駒のクィーンズベストは、日本でシュヴァルグランヴィルシーナフレールジャックらでお馴染の魅力の名門Ballade牝系で、母はHalo3×4.自身はSadler’s Wells≒Nureyev3×3でまさに「パワースピード」といったところ。ワークフォースの無尽蔵のスタミナを活かすための好配合といえます。距離延長や重い馬場は大歓迎、まともにハナを切って競馬をした時はサトノダイヤモンドと、ひょっとしたら大物の可能性もあるジークカイザーにしか負けていませんし、内回り向きなので勝ち切れるとは思いませんが牝馬限定の2000mなら好走する可能性は高そうです。

●緩さを伝える繁殖牝馬で……
アグレアーブルは母母がSecretariat≒Bold Bidder3×4、さらにサンデー系種牡馬との配合ではPromised Landのクロスも出来るので怠慢な馬になりやすく、ディープ産駒の兄アンタラジーも3歳春は勝ち切れない競馬が続いていました。新馬戦を見ると分かりますが、新馬戦から、押して押してやっと進んでいくような感じだと、筋力が付き切っていない3歳春に重賞を獲ることは厳しいでしょう。

●3歳春に好走しやすい血統
それならばファイアクリスタルの方が魅力的です。母は頑強さを伝えるNothern Dancer+Fair Trial血脈であるDanzig、Lyphard、Nureyevを併せ持ち、母父Danehill Dancerはスプリンター。3歳春の重賞であればこういう方が好走しやすいです。

●大飛びな馬を送り出す優秀な母
エマノンは、ハーツクライ産駒でバンドワゴンの妹。母ピラミマは、母母父Rivermanから3代続けてNasrullah+Princequillo+La Troiennneを継続交配されていて、一歩の大きいストライド走法の馬を送り出す優秀な繁殖牝馬です。昇級初戦で外枠と厳しい条件となりましたが、コース自体は合っています。

●東京で持ち味が活きそう
大穴ではシャララ。3代母が外回り向きの資質を伝えるNasrullah+Princequillo血脈で、母母父Seattle Slew→母父MiswakiとNasrullah+Princequilloに加えて、強靭なパワーを伝えるLa Troiennneという血も継続交配されています。母はこのパワーが前面に出たのが1000mでも勝利を挙げていますが、シャララ自身はメイショウサンムソン産駒ということもあり体質的な柔らかさも伝わっていて東京替わりはプラスとみています。


【まとめ】
最初に挙げたフローラSで好走する要因には当てはまっているとはいえないが、血統的にも期待を込めてビッシュを1番手に取り上げたい。人気を考えてもパールコードの評価は落として、フロンテアクイーンゲッカコウの2頭が有力。穴目では距離延長が良いクィーンズベスト、「3歳春」の重賞で好走しやすい血統のファイアクリスタル、舞台が合うエマノン。爆穴でシャララ


----------


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/

[もっと見る]

ジークカイザーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 62ビュー コメント 8 ナイス 24

今週は特に週の前半が忙しかったこともあって、日記のネタをまとめる時間が取りにくくて、週末の出走馬が日曜日に固まったのをいいことにサボっておりました(^^;

さて今週の出走馬はウマニティPOGで2頭、主戦場のPOGでの1頭の延べ3頭です。

【出走】
・4月16日 中山11R 皐月賞
☆ペルシアンナイト(ミルコ・デムーロ騎手)
★ダンビュライト(武豊騎手)

なんといっても皐月賞。特に主戦場のPOGでは2頭出しになりますが、やはり期待が大きいのは☆ペルシアンナイトの方。

ペルシアンナイト
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16.12ベスト 栗CW稍 80.0 64.8 50.1 37.5 12.2[5]一杯に追う
 Mデム ■ 栗CW不 52.4 38.3 12.1[7]馬なり余力
 助 手 3.20 栗坂良 1 回 60.9 44.7 29.0 14.3 馬なり余力
 助 手 3.23 栗坂重 1 回 55.4 40.1 25.6 12.9 馬なり余力
 助 手 3.26 栗坂良 1 回 59.6 43.7 29.1 14.3 馬なり余力
 助 手 3.30 栗CW良 82.0 66.6 52.2 38.6 11.6[8]一杯追伸る
 助 手 4. 2 栗坂稍 1 回 57.2 41.2 26.1 12.8 馬なり余力
★水 口 4. 6 栗CW良 82.9 67.3 53.5 39.5 11.5[6]一杯追鋭く
       ジークカイザー(古1000万)一杯の内を0.6秒追走0.1秒先着
 助 手 4. 9 栗坂不 1 回 57.6 41.5 27.0 13.0 馬なり余力
☆Mデム 4.12 栗CW不 52.9 38.1 11.8[5]G前気合付
       シルバーポジー(古1000万)馬なりの内を0.4秒追走アタマ遅れ

中間は長短合わせて8本の時計を出しており、中6週の間隔以上の本数を消化できているのは好材料。

ペルシアンナイトに対する思いの丈は↓
http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=8556dce3d3&owner_id=c218baf74d
に綴ってあるのだが、本音を包み隠さずに言えば
『勝ち方を問われるレース』だと思っている。

前日締切で単勝10.5倍の分際で何を言う、って思うかもしれないけど、勝つんだってばw
みんな明日の15時45分過ぎにはため息をつきながらこう言っているハズですよ。
「やっぱりミルコだったか〜(>

 better loo 2017年04月14日(金) 22:05
明日の転がし候補。
閲覧 22ビュー コメント 0 ナイス 3

阪神10R 3 ジークカイザー複

中山10R 12 エネスク複

阪神12R 2 プライスガウ複

[もっと見る]

 馬券のエース 2017年04月14日(金) 19:37
【土曜の格上馬】+アンタレスS♪ 
閲覧 96ビュー コメント 0 ナイス 4

////////////
【メモリアル】あと1勝で○○○勝♪
武士沢 友治≪騎手≫〔現在299勝〕
横山 和生≪騎手≫〔現在99勝〕
伊藤 工真≪騎手≫〔現在99勝〕
和田 正一郎≪調教師≫〔現在99勝〕なんといってもG犠祿殴ジュウチョウサン

【土曜の格上馬】
中山1R:ビッザーロ
中山4R:マイネルヴンシュ
阪神3R:オーサムバローズ
阪神8R:アルマレイモミ
福島4R:メイショウミハル

※今まで坂路≪超抜≫や好走ポジから、配当妙味も考えてド本命馬は極力控え
的中率50%を守りながら配当妙味も考慮していましたが、人気薄の公開はサイト会員さんにも、
不利益になってしまうので、格上馬の中から◎に該当する馬を公開する形に変えます。
3頭くらいの時もあるし、8頭ほどいる時もあります。
宜しくお願いしますm(_ _)m
///////////////

【厩舎&騎手】高確率メソッド
福島5R:◆ヘルデンレーベン 丸山&須貝 〔複勝率〕 45.0%
中山7R:◆ヒカリトップメモリ 戸崎&池上 〔複勝率〕 51.7%
阪神2R:◆ペガサスシャーイン 川田&西村 〔複勝率〕 53.7% 
阪神4R:◆ジェニアル 武&松永 〔複勝率〕 41.7%
阪神4R:◆モンドバーグ ルメ&吉村 〔複勝率〕 44.0%
阪神5R:◆スカイフ 川田&高野 〔複勝率〕 47.6%
阪神5R:◆プロキシマ ルメ&池江 〔複勝率〕 52.5%
阪神6R:◆アンタガシャチョウ 福永&野中 〔複勝率〕 56.8%
阪神7R:◆モンストルコント 浜中&本田 〔複勝率〕 47.6%
阪神8R:◆トゥルーハート 岩田&庄野 〔複勝率〕 47.6%
阪神8R:◆レトロロック デム&角居 〔複勝率〕 50.0%
阪神9R:◆ロードアルバータ デム&角居 〔複勝率〕 50.0%
阪神10R:◆エルプシャフト デム&角居 〔複勝率〕 50.0%
阪神10R:◆ジークカイザー 川田&池江 〔複勝率〕 45.6%
阪神10R:◆ジュンスパーヒカル 福永&友道 〔複勝率〕 51.5%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【アンタレスS】阪神ダ1800m

≪馬指数≫
1位:〔87〕モルトベーネ
2位:〔84〕Ε哀譽鵐張Д鵐
3位:〔83〕Д皀鵐疋ラッセ
4位:〔82〕アスカノロマン

≪タイム指数≫
1位:〔72.3〕アスカノロマン
2位:〔72.4〕タガノエスプレッソ
3位:〔72.5〕Д皀鵐疋ラッセ

≪LAP一致度≫
ミツバ タガノエスプレッソ モルトベーネ

※4/12に≪データ攻略ポイント≫更新してます
阪神開催になってからは、かなりスピード色の強いレースになりましたね。
近2走以内で4角2番手までの先行力ある馬が、連対圏に来る率が高い。
タイム指数が活きるレースになると推測していますm(^^)m

//////////

土曜の好調が日曜に繋がらない…と反省を先週書いたら
いきなり、先週は土曜日曜と右肩上がりの快勝♪
今週も「皐月賞」G気鯏てたい!という願望はありますが、
レース格にとらわれず、自信のある馬で勝負!
今年は勝ったり負けたり…なので、“勝ち癖“昨年のように1・2ヶ月負けナシの週を
作る流れに持っていきたいです(= ̄ω ̄=)ノ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

個人サイト:【馬券Aエースの≪超抜≫競馬】|馬指数・坂路調教・重賞攻略
http://relax-myodani.jp 馬券Aで〔検索〕も可

データ・馬能力・LAPレベルの3方向から自分で【根拠】を探し出せる指数表

[もっと見る]

ジークカイザーの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
5:
  TERAMAGAZINE   フォロワー:27人 2016年4月26日(火) 05:05:41
ジークカイザー(ディープインパクト×ヒルダズパッション/ミスプロ系)

ディープインパクト産駒で、ND5×5のクロスがあり、
母方には、ミスプロとサドラーズウェルズの血が入っているので、
瞬発力とスピード持続力にサドラーのパワーも加味されて相当期待していたのですが…。

実際、2戦2勝ですし(1番人気なし)

POG(実は筆頭オーナー)には間に合わないですが、秋には新星として復活してください!


・ノーザンファーム生産
・馬主『キャロットF』
・池江泰寿調教師(栗東)
4:
  一粒万倍   フォロワー:8人 2016年1月23日() 14:36:30
連勝だ!! 先頭に立った馬が遅いペースで 窮屈なレースだったが あっさりと差し切りました!

時計は遅いが 内容は強いものだった! これは楽しみな素材だ! 
3:
  一粒万倍   フォロワー:8人 2016年1月22日(金) 08:46:25
若竹賞 出走! 少しホネっぽいメンバーですが ここらあたりなら あっさりと退けてもらいたい!

屋根も強化されて 不安なし!

ここ勝ってクラシック路線に名乗りを挙げましょう!

⇒もっと見る

ジークカイザーの写真

ジークカイザー

ジークカイザーの厩舎情報 VIP

2017年4月15日蓬莱峡特別1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ジークカイザーの取材メモ VIP

2017年4月15日 蓬莱峡特別 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。