注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

エマノン(競走馬)

注目ホース
写真一覧
現役 牝4 黒鹿毛 2013年3月9日生
調教師平田修(栗東)
馬主丸山 担
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績13戦[3-1-1-8]
総賞金3,186万円
収得賞金1,500万円
英字表記Emanon
血統 ハーツクライ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
ピラミマ
血統 ][ 産駒 ]
Unbridled's Song
Career Collection
兄弟 スワーヴリチャードナンヨーカノン
前走 2017/05/28 むらさき賞
次走予定

エマノンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/05/28 東京 9 むらさき賞 1600万下 芝1800 143426.496** 牝4 52.0 松山弘平平田修488(-6)1.46.9 0.333.4⑥⑦⑧サンマルティン
17/04/30 京都 9 糺の森特別 1000万下 芝1800 141145.7101** 牝4 55.0 松山弘平平田修494(0)1.46.4 -0.034.0ペプチドサプル
17/03/26 阪神 9 四国新聞杯 1000万下 芝2000 1471215.2712** 牝4 55.0 池添謙一平田修494(-4)2.02.0 1.136.8⑫⑩⑬⑭ローズウィスパー
17/01/14 京都 10 北大路特別 1000万下 芝1800 135636.389** 牝4 54.0 池添謙一平田修498(+4)1.49.0 1.535.3⑫⑫アドマイヤリード
16/12/24 阪神 12 3歳以上1000万下 芝1600 146108.248** 牝3 54.0 松山弘平平田修494(+2)1.35.9 0.835.0⑩⑪デルカイザー
16/11/20 京都 7 3歳以上500万下 芝1600 1761252.1131** 牝3 54.0 松山弘平平田修492(-4)1.34.4 -0.034.8⑥⑦ワントゥワン
16/07/24 中京 7 3歳以上500万下 芝2000 14119.2412** 牝3 52.0 武豊平田修496(+14)2.02.9 2.437.3⑩⑧⑤⑤ヴィブロス
16/04/24 東京 11 フローラS G2 芝2000 1871332.71013** 牝3 54.0 酒井学平田修482(-8)2.01.1 1.435.6⑪⑬⑭チェッキーノ
16/03/27 中京 4 3歳未勝利 芝2000 176113.121** 牝3 54.0 C.ルメー平田修490(+4)1.59.7 -0.034.8⑥⑥⑦⑤ジャジャウマガール
16/01/24 京都 5 3歳未勝利 芝1800 16244.124** 牝3 54.0 川田将雅平田修486(-4)1.48.7 0.236.0ステイキングダム
15/12/26 阪神 3 2歳未勝利 芝1600 18365.033** 牝2 54.0 浜中俊平田修490(+4)1.36.5 0.235.0⑯⑪ドゥーカ
15/12/05 阪神 4 2歳未勝利 芝1800 155916.162** 牝2 54.0 浜中俊平田修486(0)1.48.7 0.034.1⑭⑬リボンフラワー
15/11/15 京都 5 2歳新馬 芝1800 161220.876** 牝2 54.0 A.シュタ平田修486(--)1.50.4 0.936.2⑬⑬キャノンストーム

エマノンの関連ニュース

【フローラS】うまやの話

2016年04月24日() 05:05

〔1〕バレエダンサー・尾関知師「状態面に関してはある程度自信を持って臨める。ハナにはこだわらないが、リズムは大事にしたい」

〔2〕ゲッカコウ・高橋博師「だいぶ気性も成長してきた。好結果を出してオークスにつなげたい」

〔3〕ビッシュ・鹿戸雄師「この中間も緩めずに調整。広い東京の方がレースもしやすいと思う」

〔4〕アグレアーブル斎藤誠師「仕上がりは十分。前走は牡馬相手だったし、悲観する内容ではない。のびのび走れれば楽しみ」

〔5〕ショコラーチ相沢郁師「前走は直線で勝ち馬に終始内から張られた。距離延長がどうかだが、牝馬同士なら重賞でも通用する力はある」

〔6〕アウェイク斎藤誠師「けいこでしっかり動けている。良馬場なら切れる脚が使える」

〔7〕ファイアクリスタル・土明助手「調整は順調だし、東京も合う。何とかオークスの権利を取りたい」

〔8〕シャララ・上原博師「開幕週の馬場はプラスだし、牝馬同士なら重賞でもヒケを取らないと思う」

〔9〕フロンテアクイーン国枝栄師「仕上がりはいいし、距離延長も全く心配していない。本番が楽しみになるような結果を」

〔10〕ブルーオリエント・松田国師「今回はブリンカーを着用。集中力を高めて脚をためる形でどのぐらい通用するかだろう」

〔11〕パールコード・猿橋助手「直線の長い東京は合っていると思う。体も徐々に締まってきたし、いい状態で臨めると思う」

〔12〕トウカイシェーン・北出成師「仕上がりは上々。距離は合うので、先行策でしぶとさを引き出したい」

〔13〕エマノン平田修師「直線の長い東京の二千は合うと思う。まだまだ良くなる余地はあると思う」

〔14〕クィーンズベスト・大久保龍師「順調に乗り込めた。無理せず先行できるので、二千も合うと思う」

〔15〕シークザフューチャ・橋本助手「コンディションはいい。素質はここでもヒケを取らない」

〔16〕クロコスミア・西浦勝師「いい感じに仕上がった。もともと距離が延びていいタイプだと思っていたし、東京とも好相性」

〔17〕エルビッシュ・前川助手「落ち着きが出てきたし、距離延長に不安はない。何とか権利を取ってほしい」

〔18〕チェッキーノ・津曲助手「中間の調教を見る限り、この距離への対応も可能。体力も付いてきたし、デビューした頃とは馬が違う」

★サンスポ賞フローラSの枠順はこちら

【フローラS】夕刊フジ・調教チェッカーズ 2016年04月23日() 13:37

 シャララ、そしてエマノンと、サザンの名曲が名付けられた馬が2頭もエントリー。馬主になったら自分もつけたいので、少しは残しておいてください。なる予定ないけど。

 1番手はクィーンズベスト

 ひと息入れてかなりリフレッシュされたようで、今週は坂路を4F51秒8で駆け上がり、3歳500万下を5馬身突き放す猛アピール。前脚の回転が速くて、集中力も抜群だ。輸送慣れしており、オーバーワークの懸念もなさそう。

 フロンテアクイーンも休養前より鋭さがアップ。今週のWコースは馬なりの手応えで古馬1000万下をスッと抜き去り、クビ差先着した。バネを感じさせるフットワークで、いきなり動けそう。

 ファイアクリスタルは小島茂調教師を背に抑え切れない勢い。気合が乗りすぎの感もあるが、Wコース4F51秒6は優秀で、着実に上昇ムード。

(夕刊フジ

★サンスポ賞フローラSの枠順はこちら

[もっと見る]

【フローラS】厩舎の話2016年04月22日(金) 05:06

 ◆アウェイク斎藤誠師 「条件はいいのでパンパンの良馬場でやりたい」

 ◆アグレアーブル斎藤誠師 「昨秋より脚が伸びて成長。いい体つきになった。距離延長は大丈夫」

 ◆エマノン・平田師 「初の遠征がどう出るかだが、東京の2000メートルは合っていると思う」

 ◆エルビッシュ・岸本助手 「競馬にいっていいタイプ。距離も大丈夫でしょう」

 ◆クィーンズベスト・大久保師 「51秒台が出たけど、無理しているわけじゃない。単騎逃げに持ち込めれば」

 ◆クロコスミア・西浦師 「桜花賞除外も想定して調整。距離はもっと延びてもいける」

 ◆ゲッカコウ・高橋博師 「前走、内で我慢して結果が出たのは収穫。切れる脚がないが、長くいい脚が使える」

 ◆シャララ・上原師 「間隔が詰まっているので今週はサラッと。前に行ってどこまでやれるか」

 ◆ショコラーチ・相沢師 「具合はすごくいい。距離が鍵になるけど、うまく脚をためられればもつと思う」

 ◆シークザフューチャ・橋本助手 「攻めは反応が鈍いが実戦の方がいいタイプ。ひと息入れて仕上がりはいい」

 ◆トウカイシェーン・北出師 「掛かる感じがしないし、距離は大丈夫だろう」

 ◆バレエダンサー・尾関師 「しっかりと動けていた。使ったぶんの上積みはある」

 ◆パールコード・川田騎手 「先週、今週と乗りましたが、今週の方がいい走り。何の心配もなく向かえます」

 ◆ビッシュ・鹿戸師 「最終追いはサッと伸ばしていい動き。いい感じで出せると思います」

 ◆ファイアクリスタル・小島茂師 「今までで一番良かったときに比べるともうひと息。当日にはもっと良くなっているはず」

 ◆ブルーオリエント・松田師 「東京は合う。どのくらい通用するか」

 ◆フロンテアクイーン・蛯名騎手 「前走時より毛づやも体の張りも上。マイルより二千の方が競馬はしやすい」

★サンスポ賞フローラSの枠順はこちら

[もっと見る]

エマノンの関連コラム

閲覧 368ビュー コメント 0 ナイス 2

先週は、30(日)に京都競馬場でG1天皇賞(春)が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1天皇賞(春)キタサンブラックが1番人気で2.2倍、2番人気がサトノダイヤモンドで2.5倍、3番人気がシャケトラで9.9倍とここまでが10倍を切る形で人気を形成しました。

注目のスタートはキタサンブラックが好スタートを決めますが、外からヤマカツライデンがこれを制して先手を奪うとグングン突き放す形で1週目のホームストレッチに差し掛かります。先頭はヤマカツライデンでリードは8馬身、2番手にキタサンブラック、3番手にアドマイヤデウス、続いてワンアンドオンリーシャケトラシュヴァルグランファタモルガーナサトノダイヤモンドを先団を形成。中団からはアルバートタマモベストプレイラブラドライトトーセンバジルゴールドアクターディーマジェスティと追走。後方はスピリッツミノルプロレタリアトと続いて最後方にレインボーラインの態勢。先頭のヤマカツライデンの刻んだ前半1000m通貨は58秒3(参考)の厳しい流れ。縦長の隊列となりましたが、3コーナーを過ぎたあたりでキタサンブラックがペースを上げるとこれに反応した各馬も追い出しを開始!4コーナー手前でヤマカツライデンを早々と捉えたキタサンブラックが先頭で直線コースへ差し掛かります。

キタサンブラックが先頭でリードは2馬身、2番手にシュヴァルグラン、その内からアドマイヤデウス、外からはサトノダイヤモンド!後続は離れて早々と4頭のレースの様相!残り200mを通過、アドマイヤデウスシュヴァルグランサトノダイヤモンドの3頭が懸命に前を追いますが、力強い脚で粘るキタサンブラックとの差を詰められず、隊列変わらぬままゴール!キタサンブラックが圧巻の内容で大阪杯に続く、G1連勝を成し遂げました!勝ちタイムはディープインパクトの持つ3分13秒4(良)を大幅に更新する3分12秒5(良)のスーパーレコード!1馬身1/4差の2着にシュヴァルグラン、そこからクビ差の3着にサトノダイヤモンドが入っています。
 
公認プロ予想家ではおかべプロ他10名が的中しています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
勝負レースに選んだ30(日)京都10Rで『前回のダートは府中1600mでこの馬には少し長かった。中山芝1200mでOP勝ちがあり芝スタートのここは楽に好位で流れに乗れる。この枠順なら砂をかぶる心配もない。23日の南Wが好内容と仕上がりも上々。一発あるならこの馬。』と狙った◎マイネルバールマンの単勝27.3倍、複勝8.8倍を的中!12万5000円を払い戻しました!この他にも京都9Rエマノン(単勝45.7倍→1着)や東京8Rニシノクラッチ(38.3倍)など穴馬指名で高額払い戻しを連発!週末トータル回収率127%、収支プラス19万9000円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
30(日)東京11Rで『前走のニュージーランドTは、前に壁を作れず、タフな馬場を先行したために11着に凡退しました。しかし、前走で厳しい流れを経験したことが、今回でのスタミナ強化に繋がるはず。高速馬場の東京なら巻き返しが濃厚でしょう。』と狙った◎カリビアンゴールドと△ブラックスビーチの馬連79.2倍を1000円、複勝600円を5000円的中させ、10万9200円を払い戻しました!週末トータル回収率196%、収支プラス7万7200円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
30(日)京都9Rで単勝45.7倍の◎エマノンを本命に抜擢!単勝を3900円的中させ、17万8200円を払い戻しました!週末トータル回収率143%、収支プラス12万2960円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
30(日)京都11R天皇賞(春)で『素直に2強。絶好枠はゆーいち君、理想はキタサンマーク』と見解を示し、◎サトノダイヤモンドキタサンブラックシュヴァルグランの3連複1点勝負で的中!6万1000円を払い戻しました!週末トータル回収率144%、収支プラス5万3700円を払い戻しました!
 
この他にも霧プロ馬っしぐらプロが回収率100%超の活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら!


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2016年04月22日(金) 15:55 みんなの競馬コラム
【サンケイスポーツ賞フローラステークス】血統考察 byうまカレ
閲覧 1,053ビュー コメント 0 ナイス 3

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。先週の皐月賞血統考察では1番手に挙げたリオンディーズが5着。春の東京開催で、インコース・内目有利なダービーでは、ここ2戦先行させたということが活きてくるのではないかと思います。大飛びで間違いなく東京の方が合うタイプですから、巻き返しに期待したいです。

今週はG1の狭間となりますが、府中開催が開幕します。開幕週を飾るのはオークストライアル・フローラSです。
やはり開幕週ということで、内枠の先行馬が有利、差し馬でもやはり内を突いて来る馬の好走が目立っています。
また、競走馬としてまた序盤である「3歳春」という時期のため、緩さ晩成型の中距離馬は厳しく、ある程度の筋力が身に付いていることが求められます。昨年の1着馬の母父はノーザンテースト、2着馬ティアマイダーリンや、2012年の勝ち馬ミッドサマーフェアの母父Kingmamboといったパワー血脈はひとつポイントになるかと思います。

●好相性のディープインパクト×Acatenango
これらの要点に合っているかは微妙なのですが、1番手に取り上げたいのはディープインパクト産駒のビッシュディープインパクト×Acatenangoという組み合わせはかなりの好相性で、ワールドエースエックスマークという2頭のオープン馬、さらにアドマイヤシーマもダービーまでに2勝を挙げています。現3歳世代でこの配合馬はビッシュサトノキングダムしかおらず、この2頭とも2戦2勝。純生ドイツ血脈であるLiteratと、Hyperion、さらにAcatenangoの母AggraavateがTetratema5×3でThe Tetrarchを2本取り込めることが好相性の要因とみています。ビッシュは非常に後駆の関節の柔らかさが目立ちます。前走は中山で勝利を挙げましたが、大飛びで雄大なフットワークは東京コース向き。後述しますが、パールコードは3歳春にGIを狙うには少し動きが怠慢過ぎるので、オークスへ向けて最後の大物候補はビッシュだけでしょう。

●東京向き、距離延長も〇
クイーンC2着のフロンテアクイーンは、名馬トウショウボーイで有名なソシアルバターフライの牝系。メイショウサムソン×サンデーサイレンスという組み合わせで、パワー血脈である母母父ブレイヴェストローマンがこの3歳春での活躍に一役買っているかと思います。メイショウサムソンはやはり自身と同じく東京向きの馬を多く輩出しますし、ここも好走する可能性は高そうです。

●崩れることは無いだろが・・・
フラワーC2着のゲッカコウは、ロージズインメイ産駒で母がシンボリクリスエス×チューニー(=フジマサエンペラー)という血統で、Seattle Slew4×4、Hail to Reason4×4。少しパワーに寄った配合ですが、好枠を引きましたしここも大崩れは無いのでしょう。しかし東京2000のGIIで積極的に推したいかとなると微妙なところです。

●瞬発力勝負に対応できるかが鍵
パールコードヴィクトワールピサ産駒で叔母に阪神JF2着のシークレットコードがいる血統。前走は力が違ったというべきですが、同じ父の産駒のジュエラーとは異なり、動きが怠慢で、東京の瞬発力勝負に対応できるイメージが湧きません。古馬になってからマーメイドSコースでしょうか。一雨降った場合は良いでしょう。

●東京替わり、距離延長は微妙
アネモネSを制したチェッキーノは、機動力を伝えるハッピートレイルズ牝系らしく小刻みなピッチ走法で走るので前走の中山マイルはベストコース。距離も少し長いですから、東京替わりと距離延長で大外となると食指は伸びません。

●パワースピードで粘りたい
ワークフォース産駒のクィーンズベストは、日本でシュヴァルグランヴィルシーナフレールジャックらでお馴染の魅力の名門Ballade牝系で、母はHalo3×4.自身はSadler’s Wells≒Nureyev3×3でまさに「パワースピード」といったところ。ワークフォースの無尽蔵のスタミナを活かすための好配合といえます。距離延長や重い馬場は大歓迎、まともにハナを切って競馬をした時はサトノダイヤモンドと、ひょっとしたら大物の可能性もあるジークカイザーにしか負けていませんし、内回り向きなので勝ち切れるとは思いませんが牝馬限定の2000mなら好走する可能性は高そうです。

●緩さを伝える繁殖牝馬で……
アグレアーブルは母母がSecretariat≒Bold Bidder3×4、さらにサンデー系種牡馬との配合ではPromised Landのクロスも出来るので怠慢な馬になりやすく、ディープ産駒の兄アンタラジーも3歳春は勝ち切れない競馬が続いていました。新馬戦を見ると分かりますが、新馬戦から、押して押してやっと進んでいくような感じだと、筋力が付き切っていない3歳春に重賞を獲ることは厳しいでしょう。

●3歳春に好走しやすい血統
それならばファイアクリスタルの方が魅力的です。母は頑強さを伝えるNothern Dancer+Fair Trial血脈であるDanzig、Lyphard、Nureyevを併せ持ち、母父Danehill Dancerはスプリンター。3歳春の重賞であればこういう方が好走しやすいです。

●大飛びな馬を送り出す優秀な母
エマノンは、ハーツクライ産駒でバンドワゴンの妹。母ピラミマは、母母父Rivermanから3代続けてNasrullah+Princequillo+La Troiennneを継続交配されていて、一歩の大きいストライド走法の馬を送り出す優秀な繁殖牝馬です。昇級初戦で外枠と厳しい条件となりましたが、コース自体は合っています。

●東京で持ち味が活きそう
大穴ではシャララ。3代母が外回り向きの資質を伝えるNasrullah+Princequillo血脈で、母母父Seattle Slew→母父MiswakiとNasrullah+Princequilloに加えて、強靭なパワーを伝えるLa Troiennneという血も継続交配されています。母はこのパワーが前面に出たのが1000mでも勝利を挙げていますが、シャララ自身はメイショウサンムソン産駒ということもあり体質的な柔らかさも伝わっていて東京替わりはプラスとみています。


【まとめ】
最初に挙げたフローラSで好走する要因には当てはまっているとはいえないが、血統的にも期待を込めてビッシュを1番手に取り上げたい。人気を考えてもパールコードの評価は落として、フロンテアクイーンゲッカコウの2頭が有力。穴目では距離延長が良いクィーンズベスト、「3歳春」の重賞で好走しやすい血統のファイアクリスタル、舞台が合うエマノン。爆穴でシャララ


----------


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/

[もっと見る]

2016年04月20日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第348話フローラS(謎解き編)
閲覧 1,527ビュー コメント 0 ナイス 5

第348話 「フローラS」


11年 35.7-49.8-37.8 =2.03.3 ▼ 4△8△ 2 平坦戦 重
12年 36.7-51.2-34.1 =2.02.0 ▼ 7▼2△ 3 瞬発戦
13年 37.2-52.5-34.2 =2.03.9 ▼17▼4△ 2 瞬発戦 稍重
14年 36.4-48.1-35.5 =2.00.0 ▼ 3±0△10 平坦戦
15年 37.3-50.1-34.4 =2.01.8 ▼ 7▼3△ 5 瞬発戦

東京コースで行われるオークストライアルレースなので基本的には瞬発戦になりやすいはずなんですが近年では2回も平坦戦となっています。
瞬発戦になる可能性は高いと思いつつ、平坦戦もあるかもというイメージか。
但し、その瞬発戦でも大きな加速が生じたのは13年ぐらいで流石にG兇覆里如屬修海修海藁れる」展開です。
東京開幕週なので先行馬有利ではありますが差し馬も十分届くということです。
瞬発戦=上りが重要ではあるが先行力があればカバー出来る、そういうレース傾向だと言えます。
では過去5年の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
バウンシーチューン 【瞬1平1消0】△ 2▼ 1△ 7 ▼ 7▼2△ 3
ミッドサマーフェア 【瞬3平1消0】△ 2▼11△16 ▼ 3▼1± 0 ▼21▼ 4△3
デニムアンドルビー 【瞬2平1消0】▼ 3▼ 2△ 5 ▼ 7▼5△ 8
サングレアル    【瞬1平0消0】▼12▼ 5△ 7
シングウィズジョイ 【瞬4平0消0】▼10▼ 4△ 7 ▼10▼3△10
2着馬
マイネソルシエール 【瞬1平0消0】± 0± 0▼ 7
アイスフォーリス  【瞬4平0消0】▼ 7▼ 6△ 6 ▼10▼5△ 2 △ 2▼16±0
エバーブロッサム  【瞬1平1消0】▼ 3▼ 7△ 3 ▼ 2▼1△ 1
ブランネージュ   【瞬3平1消0】▼ 7▼ 7△ 9 ▼ 4▼7△ 2 ▼11▼ 9△9
ディアマイダーリン 【瞬2平0消0】▼ 6▼ 5△ 1 ▼16▼6△ 2

・瞬発戦実績
・連続加速実績
の2点はやはり必要でしょう。

・▼10以上の大きな加速実績
に関しては
勝ち馬は3/5頭、連対馬は6/10頭
・平坦戦実績
に関しては
勝ち馬は3/5頭、連対馬は5/10頭
とまずまずであった方がベターぐらいでしょうか。

このレースのポイントは枠順、上り、の2点です。

【枠順別成績】
1〜4枠 4-3-4-29 勝率10.0% 連対率17.5% 複勝率27.5%
5〜8枠 1-2-1-44 勝率 2.1% 連対率 6.3% 複勝率 8.3%

となっていて内枠の方が有利となっています。
特に7〜8枠は0-0-1-27という成績がかなり不利な傾向です。

【前走上り別成績】
2位以内 4-3-3-19 勝率13.8% 連対率24.1% 複勝率34.8%
3位以下 1-2-2-54 勝率 1.7% 連対率 5.1% 複勝率 8.5%

となっていて前走上り1〜2位だった馬が有利な傾向となっています。
近5年では前走未勝利or500万下クラス出走馬が5連勝中というのもあるでしょう。
つまり、前走下のクラスで上り上位で勝利してここに挑んで来た馬は十分勝ち負けになる、ということです。
今年の登録馬では
アグネスフェアリーエマノンシークザフューチャパールコードビッシュ
の5頭が該当します。
コルコバードファイアクリスタルは前走3着なので次点で。

前走OP以上のクラス出走馬では
先行力があってチューリップ賞4着と健闘したクィーンズベスト、同じくチューリップ賞7着で上り3位のクロコスミアは有力候補の1頭でしょう。
チェッキーノに関しては中山の平坦戦を連勝で中山>東京という馬だと思うのでここは不安。
クイーンC2着のフロンテアクイーンは瞬発力のある馬というイメージはなくハイペースで流れた方がベターなタイプだと思うのでこちらも不安。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ビッシュクィーンズベストシークザフューチャ
抽選と枠順次第。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

エマノンの口コミ


口コミ一覧
閲覧 17ビュー コメント 0 ナイス 1

日曜の京都11R天皇賞(春)は時系列出目が枠番4・3だったが、結果は4枠アルバートが5着で

3枠シュヴァルグランが2着。demedas枠★サトノダイヤモンド3着、馬*キタサンブラック1着。

他のレースでは8R鷲ヶ峰demedas枠*1レッドリーガル1着。9R糺の森demedas馬.┘泪離鵑

1着。時系列出目も枠番1馬番,妊丱奪船蝓10R端午Sはdemedas枠4ブルベアバブーン2着。

12R高瀬川Sはdemedas馬★イーデンホール1着。枠★6カネトシビバーチェ2着。友引の日で

枠連6−6のゾロ目で決まった。

 TERAMAGAZI 2016年04月24日() 09:39
【フローラS】ジュエラー、シンハライトに対抗出来る 
閲覧 260ビュー コメント 0 ナイス 14

【先週の回顧】
クラシック第1冠めの皐月賞。

共同通信杯から直行のディーマジェスティ(ディープインパクト×ブライアンズタイム)が優勝。

ゴールドシップ、イスラボニータ、ドゥラメンテに続いて、これで出場機会すべて4戦4勝!
新しい『黄金ローテーション』になりそうですね。

しかしまさかリオンディーズが、馬券圏を外すとは!!

『ミルコ』『シーザリオの仔』『エピファネイアの弟』『ノーザンF生産』『キャロットF』所属、『角居先生』
『朝日杯JF馬』『弥生賞僅差2着』…コレだけ条件が揃っていたのに…。

ずっと掛かっていて4コーナー先頭は早すぎたのは確かですが、兄エピファネイアなら、
そこから4馬身はぶっちぎっていたはず。
ダービーでの雪辱を期待します!!

馬券は『リオンが3着以内確実』と思い込みが激しく、リオン1頭軸の馬券しか買わなかったのは『甘さ』『驕り』でした。

馬に惚れ込むのとギャンブルはまた別の話。猛省してます。

それにしてもディープインパクト産駒が、どうしても勝てなかった皐月賞。
勝ってみたら、ワンツースリー・フィニッシュですから、もう感嘆の言葉しか出ません。

------------------------------

→(先週) ▲45,000円 
2016年トータルプラス56万3,070円  <2016年トータル回収率193%>

------------------------------

ニュースサイト【ブッチNEWS】で競馬予想連載コラム(毎週土曜更新)を書いています。

http://bucchinews.com/life/5709.html

(※外部サイトにつながります)

馬券、金額、払い戻し、プラスマイナス、2106年現時点のプラスマイナス円とトータル回収率が全てガラス張りです。

----------------------------------------------------

アドレスをクリックすると、
『ウマニティとは関係ない外部サイトへ飛びます…。情報の正当性、妥当性には責任は持ちません〜なんちゃら〜』という怖そうな(笑)注意書きが出ますが、

ご安心ください。

ごくごく普通のネットニュースサイトです。

もちろん内部課金など一切なしで、全ての記事と連載コラムが読めます。

アイドル、テレビ、芸能界、事件、スキャンダル、スポーツ、グッズ、漫画紹介、映画批評、サブカルチャーなどの記事や、杉作J太郎、ロマン優光、鈴木詩子、ドラァグクイーン・エスメラルダ、みうらじゅん、吉田豪(新連載)に加えて、
僕TERAMAGAZINEの競馬予想コラム(毎週土曜更新)を連載しています。

-------------------------------------------------------

【第51回G2フローラS】

出走が確定している馬は6頭だけで、抽選で17頭から11頭を選ぶ出走メンバーすらギリギリまで分からなかった
オークストライアル。

出走したら人気になるギモーヴは良いとして、
フローラSに相性の良い君子蘭賞(1着はダンスインザムードの娘、2着キンショーユキヒメは次走デイジー賞を楽勝)
4着馬で密かに狙っていたクリノラホールの抽選漏れは痛かった。

フローラSは先行馬も差し馬も内枠が断然有利なレースです。

過去10年、馬券になった8枠の馬は、
09年16番で1着ディアジーナ(クイーンC1着、フラワーC2着)、
10年15番(大外)1着サンテミリオン(次走で3冠牝馬アパパネと同着でオークス馬になる)、
14年17番3着マイネオーラムだけ。

枠連で、8枠が馬券になったのは2回だけ。

しかし、神の悪戯か?
社台の有力馬で重い印を付けようと思っていた馬が2頭も8枠に入ってしまいました。

エルビッシュはチューリップ賞は11着敗退でしたが、ノーザンF生産の評判馬で、吉田勝己社長が『サンデーR』など「大手一口クラブ」に出さず個人名義にした馬(姉エルノルテと同じ)。

母シーズオールエルティッシュの仔に相当期待してるのでしょう。
初めて父をディープからキンカメに替え、角居先生に預託したことからもいつかは必ず走る馬。
人気薄の今回がチャンスだと思っていたのですが、8枠17番は相当に不利です。

皐月賞3着、朝日杯JF2着のコディーノの全弟チェッキーノの母ハッピーパスも春クラシックに出走しましたが、
桜花賞4着、オークス7着と善戦止まり。

6兄姉全てが藤沢カズ厩舎で『サンデーR』所属の高額馬。
未勝利→アネモネSと連勝して権利があるのに桜花賞は余裕のスルー。

一昨年のサングレアル(ブエナビスタの妹)のように良血馬ならでの一発が怖いですが大外枠。
今、クリストフには『流れ』がないと思うので。うーん。難しい。

ステイゴールド産駒クロスコミアは、阪神JF8着、チューリップ賞7着(着順ほどタイム差はない)の
王道路線を歩んでおり、ジュエラー、シンハライト、メジャーエンブレムの超一流馬と対戦したキャリアが
身になっているはずなのに、外枠…。

狙っていた3頭とも8枠…。どうしましょうねえ。

一方で、絶対的に有利な内枠の1枠2番をフラワーカップ2着馬ゲッカコウが引きました。
フラワーC好走馬もよく馬券になっています。
しかもジョッキーは隠れたフローラS巧者の松岡正海。
何と直近の6回出走中、5回も馬券になっています!!

2枠3番ビッシュはデビュー戦を経験馬相手に上がり最速で5馬身差ぶっちぎり圧勝!!
2戦目も単勝1,4倍のヒプノティストとG2弥生賞にも出走したヴィガーエッジを差し切り、無敗の2戦2勝。

血統的にもディープインパクト産駒で、ND系リファール4×5のクロスがあり、
瞬発力とスピードの持続力が優れているため、東京2000mの適性は一番でしょう。

フロンテアクイーンは、クイーンCではメジャーエンブレムに5馬身千切られたとはいえ、
スタートで出遅れながらも4コーナー9番手から上がり3位の差し脚で、
ロッテンマイヤー(次走でオープン特別忘れな草賞を快勝)を半馬身、差し切って3着に好走。

ジュエラーの桜花賞優勝で、今が旬のヴィクトワールピサ産駒パールコードは、500万特別ミモザ賞を快勝。

エマノンは前走の5戦目でやっと未勝利勝ちですが、上がり最速で勝ちタイムも2分を切る1分59秒7という超速タイム。

クィーンズベストの7枠14番は不利ですが、1着、2着馬が桜花賞1、2着になった最高レベルのチューリップ賞4着の
実績は一番。

フローラSは、重賞実績のある馬と500万勝ち、未勝利戦を強い勝ち方をした馬の対戦がメインテーマ。

3着までにオークスの優先出走権が与えられ、ジュエラー、シンハライトに挑むワケです。

※こっそり狙ってるのは牝馬ながら共同通信杯5着のファイアクリスタル。
皐月賞馬(になる)ディーマジェスティと直接走った経験は、次走500万(3着)での最速上がりで萌芽し、
大きく成長しているような気がします。

※血統的なアナは、アグレアーブル(マンハッタンカフェ×プリティカリーナ/ミスプロ系シーキングザゴールド)
東スポ杯7着以来、5ヶ月の休み明けですが、

過去10年で『サンデー系×ミスプロ系』は、08年レッドアゲートと13年デニムアンドルビーが1着、
昨年もディアマイダーリンが2着など、フローラSにフィットしており、

さらにマンハッタンカフェ産駒は、08年レッドアゲート、15年シングウィズジョイと2勝しています。

プリティカリーナは近親に米G1・3勝馬バーナディーニがいる名門牝系で、
アグレアーブルは『シルクR』が2,500万円で募集した評判馬。

しかも、兄アンタラジー(父ディープインパクト)は、全7戦全てが1番人気。
【4・1・1・1】で現在3連勝中の上がり馬です。

斎藤誠調教師も「休み明けだが能力の高さでオークスの優先権は取ってくれると思う」とやたらと強気なコメント。
要チェックですね。


【前走データ】
-----------------------

G3組  【3・4・2】

500万組【4・5・4】

未勝利組【2・1・3】

------------------------

◎3ビッシュ
○2ゲッカコウ
▲11パールコード
注14クィーンズベスト
爆13エマノン
△9フロンテアクイーン
△16クロスミア
☆7ファイアクリスタル

[もっと見る]

 メガネとコデブ 2016年04月21日(木) 22:25
2016/04/24 幸運騎手
閲覧 94ビュー コメント 1 ナイス 1

※あくまでも個人的な占いによる見解ですので、ご参考までに。

東京:
内田博1〜7、9〜12R
松岡1〜3、5、8〜9、11R
柴山2〜7、9〜12R
勝浦1〜5、9〜12R
酒井学2〜4、7、9、11〜12R
西田1、4、7R
菅原3R

京都:
川島3、6、8R

福島:
菱田2〜3、5〜7、10〜12R
木幡巧1〜3、5〜9R
中村4R(障害)

※土曜日に比べて東京に幸運騎手が多い。メインのフローラステークスの狙いどころが難しいが、クロコスミア(勝浦)、ブルーオリエント(柴山)、エマノン(酒井学)、エルビッシュ(内田博)、ゲッカコウ(松岡)に注意。

[もっと見る]

エマノンの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

エマノンの写真

投稿写真はありません。

エマノンの厩舎情報 VIP

2017年5月28日むらさき賞6着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エマノンの取材メモ VIP

2017年4月30日 糺の森特別 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。