グリュイエール(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
グリュイエール
グリュイエール
写真一覧
現役 牡6 芦毛 2012年4月1日生
調教師藤原英昭(栗東)
馬主金子真人ホールディングス 株式会社
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績14戦[5-1-2-6]
総賞金8,746万円
収得賞金2,100万円
英字表記Gruyeres
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ウィンターコスモス
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
ミスパスカリ
兄弟 バニーテールジャーマンアイリス
前走 2018/06/10 エプソムカップ G3
次走予定

グリュイエールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/06/10 東京 11 エプソムC G3 芝1800 16357.953** 牡6 56.0 福永祐一藤原英昭486(0)1.47.6 0.235.1⑩⑧⑧サトノアーサー
18/04/21 東京 10 府中S 1600万下 芝2000 12224.631** 牡6 57.0 福永祐一藤原英昭486(-2)1.58.8 -0.133.7ショウナンマルシェ
16/03/27 中京 10 名古屋城S 1600万下 芝2200 10782.411** 牡4 56.0 C.ルメー藤原英昭488(+10)2.09.9 -0.234.4④④④⑤ザトゥルーエアー
15/11/14 京都 10 比叡S 1600万下 芝2400 14583.923** 牡3 55.0 岩田康誠藤原英昭478(+6)2.28.0 0.635.4⑥⑦⑧⑥アルバート
15/10/18 京都 10 鳴滝特別 1000万下 芝2200 118103.721** 牡3 54.0 福永祐一藤原英昭472(+6)2.10.9 -0.133.5⑦⑥⑥⑥ヤマニンボワラクテ
15/09/21 中山 11 セントライト G2 芝2200 1581449.6129** 牡3 56.0 戸崎圭太藤原英昭466(-2)2.14.1 0.334.5⑨⑨⑩⑧キタサンブラック
15/07/05 福島 11 ラジNIK賞 G3 芝1800 1651013.069** 牡3 55.0 戸崎圭太藤原英昭468(+8)1.47.3 0.935.2⑩⑪⑩⑫アンビシャス
15/05/10 東京 6 3歳500万下 芝1600 10222.211** 牡3 56.0 戸崎圭太藤原英昭460(-8)1.35.6 -0.133.7④⑤レッドオルバース
15/03/28 阪神 11 毎日杯 G3 芝1800 152212.456** 牡3 56.0 A.シュタ藤原英昭468(-2)1.47.5 0.334.5⑤⑦ミュゼエイリアン
15/02/08 京都 11 きさらぎ賞 G3 芝1800 88819.164** 牡3 56.0 A.シュタ藤原英昭470(0)1.49.1 0.534.5⑧⑧ルージュバック
15/01/04 京都 9 福寿草特別 500万下 芝2000 8551.915** 牡3 56.0 岩田康誠藤原英昭470(+8)2.00.0 0.835.6バイガエシ
14/11/24 東京 11 東スポ2歳S G3 芝1800 13336.439** 牡2 55.0 岩田康誠藤原英昭462(-8)1.48.4 0.535.0サトノクラウン
14/10/25 京都 3 2歳未勝利 芝2000 128111.311** 牡2 55.0 岩田康誠藤原英昭470(+2)2.00.3 -0.234.3⑦⑦⑦④ウェスタールンド
14/10/14 京都 5 2歳新馬 芝2000 6441.812** 牡2 55.0 福永祐一藤原英昭468(--)2.06.0 0.033.2⑤⑤ベルーフ

グリュイエールの関連ニュース

 第35回エプソムカップ(10日、東京11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、別定、芝1800メートル、1着本賞金4100万円=出走16頭)中団から進んだ5番人気のグリュイエールは、直線で伸びて一旦は2着かと思われたが、最後に脚が鈍って3着まで。福永騎手は「もう少し前で競馬をするイメージでしたが、馬場が緩かったのがあったのかも。それに左にモタれる面もあるので。それでも、長期休養明け2戦目で力を見せてくれました」と今後につながる内容を評価していた。

★10日東京11R「エプソムC」の着順&払戻金はこちら

【エプソムC】グリュイエールは3着 福永「もう少し前で競馬するイメージだった…」 2018年6月10日() 20:24

 6月10日の東京11Rで行われた第35回エプソムカップ(3歳以上オープン、GIII、芝1800メートル、別定、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、戸崎圭太騎手騎乗の2番人気サトノアーサー(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)が差し切り勝ち。待望の重賞初制覇を果たした。タイムは1分47秒4(重)。



 2年1カ月ぶりの復帰戦の前走を快勝していた福永祐一騎手騎乗のグリュイエールは、道中は中団で脚を溜めて最後の直線でしっかり伸びたものの、上位2頭の直前で脚色が同じになり1/2馬身+3/4馬身差の3着に終わった。



 福永祐一騎手「もう少し前で競馬をするイメージでしたが、馬場が緩かったのがあったのかも。それに左へモタれる面もありますからね。それでも、長期休養明け2戦目で力を見せてくれました」



★【エプソムC】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【エプソムC】サトノアーサーが重馬場で差し切って重賞初V 2018年6月10日() 15:56

 6月10日の東京11Rで行われた第35回エプソムカップ(3歳以上オープン、GIII、芝1800メートル、別定、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、戸崎圭太騎手騎乗の2番人気サトノアーサー(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)が差し切り勝ち。待望の重賞初制覇を果たした。タイムは1分47秒4(重)。2着はハクサンルドルフ(4番人気)、3着はグリュイエール(5番人気)だった。

 激しい雨が降る中、スマートオーディンが逃げ、マイネルフロストブラックスピネルなどが続く展開。戸崎騎手が手綱を押さえて6番手につけていたサトノアーサーは、直線で馬場の中ほどから力強く抜け出し、後方から伸びてきたハクサンルドルフに1/2馬身差をつけてトップでゴールを駆け抜けた。道中は中団にいたグリュイエールが、さらに3/4馬身差の3着。3番人気サーブルオールは4着で、1番人気で中団を追走していたダイワキャグニーは14着に終わった。

 サトノアーサーは、父ディープインパクト、母キングスローズ、母の父リダウツチョイスという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(株)サトミホースカンパニー。通算成績は11戦4勝。重賞初勝利。エプソムCは、池江泰寿調教師は2012年トーセンレーヴに次いで2勝目。戸崎圭太騎手は16年ルージュバックに次いで2勝目。

 ◆戸崎圭太騎手「 「中団につけたいイメージでしたが、思ったよりスタートも良く、前で競馬ができました。終始手応えも良かったです」



★【エプソムC】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【エプソムカップ】入線速報(東京競馬場)2018年6月10日() 15:48

東京11R・エプソムカップ(3回東京4日目 東京競馬場  芝・左1800m サラ系3歳以上オープン)は、1番手16番サトノアーサー(単勝5.5倍/2番人気)、2番手6番ハクサンルドルフ(単勝7.5倍/4番人気)、3番手5番グリュイエール(単勝7.8倍/5番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連6-16(22.1倍) 馬単16-6(37.4倍) 3連複5-6-16(62.1倍) 3連単16-6-5(272.0倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2018061005030411
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【エプソムC】ダイワキャグニーが単勝3.2倍で1番人気/13:00時点 2018年6月10日() 13:19

 10日(日)の東京メインレースには、今後の飛躍を目指すオープン馬が顔を揃えたエプソムカップ(GIII、芝1800メートル)が組まれている。このレースの好走馬がその後のGI戦線で活躍する傾向にあるだけに、今年も見逃せない。



 8戦5勝と東京コースを得意としているダイワキャグニーが単勝3.2倍で前日最終オッズと変わらず1番人気、重賞で2着2回3着1回とタイトルは目前のサトノアーサーが単勝5.5倍で2番人気、1000万下→準オープンを連勝中のサーブルオールが単勝6.5倍で3番人気、2年1カ月ぶりの復帰戦となった前走をいきなり勝利で飾ったグリュイエールが単勝6.8倍で4番人気、5走前に同じ舞台の甲斐路Sを勝っているハクサンルドルフが単勝8.0倍で5番人気となっている。



 エプソムカップは、東京競馬場(11R)で午後3時45分にスタートが切られる。13時時点のオッズは以下のとおり。



(左から)枠番-馬番 馬名  単勝オッズ1-1 ブラックスピネル  40.11-2 ベルキャニオン   33.02-3 エアアンセム    17.42-4 トーセンマタコイヤ 37.73-5 グリュイエール    6.83-6 ハクサンルドルフ   8.04-7 マイネルフロスト  45.04-8 サーブルオール    6.55-9 スマートオーディン 13.05-10ダイワキャグニー   3.25-11シャイニープリンス207.36-12マイネルミラノ   52.87-13アデイインザライフ 18.77-14バーディーイーグル 50.18-15ゴールドサーベラス179.58-16サトノアーサー    5.5



エプソムカップの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【エプソムカップ】馬場の有利不利、教えます!2018年6月10日() 11:52

2回東京および3回東京第1週、土曜日の東京芝のレース結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。


この中間は水曜日に降雨があったものの、その後は好天に恵まれ、土曜日の芝コースは終日良馬場発表での競馬になった。ちなみに、火曜日に芝刈りを実施。散水作業も月~火曜日、金曜日と3日に渡り行われている。つまり、芝の生育状況が良好で、路盤の状態も悪くないということである。

しかし、土曜日の結果を振り返ると、枠順における内外の大きな有利不利は見られない一方で、一連の高速決着に伴う馬場の酷使が影響しているのか、内を通った馬の苦戦が目についた。走破時計もここ最近と比べて、速すぎず、遅すぎずの水準で、先週とはやや異なるコンディションであることは間違いない。

日曜日は雨予報。雨量次第ではあるが、これまでとは打って変わって、タフなコンディションに変貌する可能性もある。また、内めの禿げかけている芝の部分や、路盤にも悪影響を及ぼし、内と中~外の状態差が拡大する可能性も否定できない。となれば、良好な部分を先んじて選べる、中団より前めのポジションを取れる馬が有利。枠順については、真ん中の3~6枠あたりが幅を利かせやすい馬場に移行していくのではないだろうか。

血統面については、2回東京および3回東京で行われた芝1800mの結果を見直すと、ミスプロ系種牡馬やサンデーサイレンス系種牡馬を父もしくは母父に持つ馬の活躍が顕著。とりわけ、瞬発力よりも持続力に長けたタイプの奮闘が目立つ。ほか、やや時計のかかる決着ではパワー型のノーザンダンサー系種牡馬やナスルーラ系種牡馬、ロベルト系種牡馬を父もしくは母父に持つ馬の好走例が多い。

近年のエプソムカップを検証すると、ディープインパクト産駒を中心としたサンデーサイレンスの血脈を持つ馬の活躍が目立ち、外国産馬を除くと直近5年の3着以内馬でサンデーサイレンスを内包していなかった馬はゼロ。したがって、「サンデーサイレンス内包+直近のトレンド血脈」の条件を満たしている馬が、狙いどころと言えよう。

エプソムカップの出走馬で、血統面と先述した馬場傾向などの要点をおおむねクリアしているのは、⑤グリュイエール、⑦マイネルフロスト、⑩ダイワキャグニー、⑫マイネルミラノ。この4頭のうち、最低1頭は馬券に絡むという前提で、フォーメーションを構築するのもひとつの手だ。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

グリュイエールの関連コラム

閲覧 1,121ビュー コメント 0 ナイス 8



先週は、10(日)に阪神競馬場でG3マーメイドSが、東京競馬場でG3エプソムCが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3マーメイドSは、トーセンビクトリーがハイペースでの逃げで序盤縦長の展開。3コーナー手前で緩めると一気に馬群が凝縮し、先頭から最後方まで5~6馬身圏内に連なる形で3~4コーナーを回ります。エマノンアンドリエッテミリッサあたりが内を捌いて先頭争いを繰りひろげると、後続からはミエノサクシードワンブレスアウェイといったところも迫ります。一旦は先頭に立ったエマノンを、内からアンドリエッテ、外からミエノサクシードが襲い掛かり、エマノンミエノサクシードの間の狭いところを割ってはワンブレスアウェイの強襲。この中から、残り200mでアンドリエッテワンブレスアウェイが軽快な脚取りで抜け出すと、勝負の行方は2頭による叩き合いに持ち込まれます。結局、内の10番人気アンドリエッテが、最後もうひと伸びで迫ったワンブレスアウェイにクビ差競り勝ち優勝。重賞初勝利を飾っています。9番人気2着ワンブレスアウェイから2馬身差の3着には4番人気ミエノサクシードが入っています。
公認プロ予想家では、マカロニスタンダーズプロ他、計8名が的中しています。
 
G3エプソムCは、雨中の重馬場コンディションでスタート。数頭横並びの中から、掛かり気味にスマートオーディンが出ていき先頭に立ってそのまま3コーナーへ。1番人気のダイワキャグニーは後方集団のイン、2番人気サトノアーサーは6~7番手の外を通る形で、各馬横に広がりながら4コーナーを回って直線に突入していきます。スマートオーディンマイネルフロストベルキャニオンと好位勢が横並びで直線序盤の先頭争いを展開。残り300mを通過したあたりで、外からサトノアーサーが際立つ伸び脚で迫り、これらをまとめて交して一気に先頭へ。インを捌いてはサーブルオール、外からはグリュイエールあたりも浮上。さらには、ゴール直前でハクサンルドルフが上がり最速の脚で鋭く伸びてきますが、先んじて抜け出した2番人気サトノアーサーが振り切ってV。こちらも嬉しい初重賞制覇の達成となりました。1/2馬身差の2着に4番人気ハクサンルドルフ、さらにそこから3/4馬身差の3着に5番人気グリュイエールが入っています。
公認プロ予想家では、いっくんプロdream1002プロはははふほほほプロKOMプロ他、計10名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
9(土)の阪神3Rでの3連単的中で計56万7,400円払戻しのビッグヒットを披露!10(日)には、G3エプソムCでの◎○▲3連単パーフェクト的中(28万200円払戻し)で、連日のビッグヒットをマークしました。週末トータルでは、回収率179%、収支トップの38万3,590円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾プロ
9(土)の東京6R的中でこの日のプラスを決めると、翌10(日)も勝負レース東京12Rの◎○▲パーフェクト的中などで好調をアピール。連日のプラス収支を達成し、週末トータル回収率116%を記録。さらに3週連続週末プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →馬っしぐらプロ
9(土)は東京7R東京10Rなどの的中でプラス収支を記録。10(日)は東京3Rなどで好調予想を披露。週末2日間トータルで、回収率トップの218%をマーク!2週連続の週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
先週は、9(土)東京6Rでの11万720円払戻しを筆頭に、10(日)東京6Rなどで活躍を披露。連日のプラス収支を達成し、週末トータル回収率124%を記録しています。
 
 
 
この他にも、くりーくプロ(145%)、dream1002プロ(115%)、蒼馬久一郎プロ(114%←2週連続週末プラス)、河内一秀プロ(112%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(111%←5週連続週末プラス)、岡村信将プロ(108%)、山崎エリカプロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年6月10日() 11:45 ROBOTIPプロジェクトチーム
~重賞予想~かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(エプソムC G3)
閲覧 518ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!ROBOTIPプロジェクトチームです。当コラムはウマニティが開発した新サービス『ROBOTIP(予想ロボット)』の重賞予想&運用レポートをお届けしています!

※新予想ツール『ROBOTIP』とは?・・・誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットを作ることが出来るサービスです。「U指数」をベースにした6つの能力指数と5つの適性を自由に配合してあなただけの最強ロボットを完成させましょう!詳しくはコチラ

では早速ですが、本日は『エプソムC G3』のロボ予想をお届けしたいと思います。予想ロボットは競走馬重視・血統重視・騎手重視の3体です。まずは、各ロボのセッティングをご確認ください。





それでは1体目、競走馬ロボの印(勝率)、買い目を見てみましょう!

【競走馬ロボ】

<勝率&印>



<買い目>




本命は◎サトノアーサーで勝率13.5%。2位○ダイワキャグニーも勝率13.0%と横並びで買い目もこの2頭からの構成となっています。


続いて血統ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【血統ロボ】

<勝率&印>



<買い目>




こちらも本命は◎サトノアーサー。ただし。こちらは上位3頭がより拮抗した状態となっています。


最後に騎手ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【騎手ロボ】

<勝率&印>



<買い目>




こちらもトップは◎サトノアーサーとなっています。他、騎手評価でも人気どころが上位を占めている状況がみてとれます。


【まとめ】
今回はサトノアーサーが全ロボ共通の本命◎評価となりました。ダイワキャグニーグリュイエールといったところも人気で上位評価となっていて、現時点では堅い決着濃厚の見立てのようですが、何と言っても馬場状態が気になるところ。原稿執筆時点、雨はほとんど降っていないようで良のままですが、重以上にまでなるようなら個人的にはバーディーイーグルあたりにも期待したいと思っています(^^♪ いずれにしても、直前まで馬場状態には注意しつつ、検討していきたいレースとなりそうですね。


--『ROBOTIP』--
「ロボットの便利さ」と「自分で予想する楽しさ」を兼ね備えた、新聞とも従来の競馬ソフトとも異なる、まったく新しい競馬予想ツール。誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットが作成可能です!ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)するだけでご利用いただけます!

○ウマニティ会員登録はこちらからどうぞ

[もっと見る]

2018年6月3日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年06月03日号】特選重賞データ分析編(101)~2018年エプソムカップ~
閲覧 1,663ビュー コメント 0 ナイス 2



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 エプソムカップ 2018年06月10日(日) 東京芝1800m


<ピックアップデータ>

【“同年、かつJRA、かつ重賞かオープン特別のレース”における連対経験の有無別成績(2011年以降)】
○あり [7-4-3-27](複勝率34.1%)
×なし [0-3-4-68](複勝率9.3%)

 年明け以降の戦績を素直に評価したい一戦。連対を果たしていない馬はもちろん、条件クラスのレースでしか連対していない馬も信頼できません。なお“同年、かつJRA、かつ重賞かオープン特別のレース”において連対経験がなかった馬のうち、馬齢が5歳以上だった馬は2011年以降[0-1-3-62](複勝率6.1%)とさらに苦戦していました。今年は出走馬の大半がこの条件に引っ掛かりそうなので注意しましょう。

主な「○」該当馬→エアアンセムサトノアーサーダイワキャグニー
主な「×」該当馬→アデイインザライフグリュイエールトーセンマタコイヤ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「馬齢が4歳」だった馬は2011年以降[5-5-2-11](複勝率52.2%)
主な該当馬→サトノアーサーダイワキャグニー

[もっと見る]

2016年8月30日(火) 11:50 みんなの競馬コラム
【新潟2歳ステークス他】先週の結果などふり返り byうまカレ
閲覧 959ビュー コメント 0 ナイス 3

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。
先週の競馬を見て、考えたことをまとめます。

新潟2歳ステークスは、ローエングリン産駒のヴゼットジョリーが優勝。自信があったレースで個人的に馬券も獲らせていただきました。レース考察コラムの【まとめ】には以下のように書いていました。

・人気どころで推したいのは、キャスパリーグヴゼットジョリー
・人気ほど信頼が置けないのは、モーヴサファイアサンライズソア

勝ったヴゼットジョリーは、新馬から「ただものではない」と注目していた馬。このコラムでも取り上げたほどでした。

===(以下、展望コラムより引用)============================

中京新馬(芝1400m)を制したヴゼットジョリーは、スウェプトとの間でベルルミエールを産んだ名繁殖フレンチビキニの仔で、Halo≒Red God4×3・6、そして母系に入るBlushing Groomの影響か、なかなかしなやかな走りをしますし、ただ者でない気もします。母母フェンジーは非常にハイインロー(HyperionとSon-in-Law)が豊富ですから、アースライズ(激流だったオークス4着、秋華賞5着)のように、厳しいペースになればいつでも好走するようなタイプになりそうです。
=============================================


●持続力が武器
さらにポイントとなるのは、ローエングリンもフレンチビキニも仏血を多く含んでいるということではないかと思うのです。ローエングリンの母カーリングと、ヴゼットジョリーの母母フェンジーによって、薄くですがSicambre、Wild Risk、Djebelの仏血のクロスが出来ます(Court Martialも共通)。これによって、牝馬に良く見られる、仏オークスやヴェルメイユ賞を制したカーリングの「仏血独特の斬れ」を引き出すことにも成功しているのではないでしょうか。薄い相似配合ともいえるかもしれません。父の持つ仏血をクロスしている馬といえば、最近だとジュエラーが代表的です。こんなことを書いてからパドック映像を見ると、あの独特の柔らかさはジュエラーに似ているなぁと思ってしまいますね。
レースに関していえば、馬群からスッと抜け出すHaloらしさも一応はみせているし、「スピードの持続力」というコメントが福永騎手から出たのはフレンチビキニの仔らしいです。持続力が武器の中距離馬だと思っていますので、「アースライズ的激流オークス4着」イメージでいきます。

オーバースペックは、福島での加速が、一般的に「大箱向き」と言われている馬のそれには見えなかったので、まず新潟2歳なら好勝負。本来向かう予定であった札幌2歳でも好勝負だろうと思いますが。京成杯あたりでクルーガーソールインパクト的な好走はないですかね〜。
イブキは、ルーラーシップ産駒らしいストライドで走る馬だからマイルと内枠が嫌でしたが、変態田辺騎手の先行だけが怖いなと思っていたらそういう競馬。これは百日草特別馬筆頭でしょう。
逆にアピールバイオはキンカメにRobertoのラブリーデイ的ピッチ走法なのできんもくせい特別or葉牡丹賞候補筆頭。
キャスパリーグはパドックを見ても、やっぱり「しなやかさ」を感じられず、ディープ×嵐猫でもレジェンドキャットの仔はこれが限界なのかな〜と思いました。
左にかなりモタれながらも12番人気6着と好走したマイネルパラディは、スクリーンヒーロー×Green Desertでも、母ロワージがHabitat経由のSir Gaylord4×3で、らしいストライドで走っています。3/4Northern Dancer、1/4非Northern Dancerという配合系でもありますね。新潟外回りも合っていますし、最も合っているのは京都外回りでしょう。
サンライズソアは外回りで切れるタイプではありませんから、この過剰人気なら嫌いたかったし、これはひいらぎ賞や万両賞、千両賞あたりが狙い目かな〜と。
モーヴサファイアは、Shareef Dancer≒Chief's Crown4×4にデインヒル増幅、素質ならばNo.1、ただこの条件替わりで勝ち切ってしまったら、それこそ化け物だと思いましたが8着なら十分でしょう。牝馬だとやっぱり忘れな草賞に出ることになるのかなぁ。

●スプリンターズSでは?
スプリンターズSの前哨戦であるキーンランドカップは、3歳牝馬ディープインパクト産駒のブランボヌールが優勝。ディープインパクト産駒で、母系に入ると柔らかさを伝える母父サクラバクシンオー、母母アジアンミーティアはUnbridled’s Songの全妹で、これはMr.Prospectorの母Gold DiggerのNasrullahとCount Fleetを増幅した配合だからこちらも柔らかい(ディープ×Unbridled’s Songのダノンプラチナを見れば一目瞭然)。マイル〜中距離の大物を輩出しまくる、お化け種牡馬ディープインパクトが、スプリントGIでも人気馬を送り出している(ミッキーアイルウリウリ)というのもとんでもないことなのですが、ブランボヌールもやっぱりスプリントGIを勝つ力強さ、パワーはない1400型に思えてなりません。

それならばシュウジの方を狙いたいです。
シュウジは、キンシャサノキセキというより、母カストリアのNashua≒Nantallah4×7・5のパワーが強く(この母は父ハーツクライでもツルマルレオンを産んでいますし)、こういったタイプの方が急坂ありの中山1200GIでは狙いやすいですね。ただ、まだ緩さを感じるのでGI奪取は4歳な気がしますが…。

ヴァナヘイム完勝
今週はこの馬に触れないわけにいかないでしょう。新馬戦を持ったままで楽勝した超良血ヴァナヘイムについてです。
書くまでもありませんが、母グルヴェイグディープインパクト×エアグルーヴという日本競馬の至宝ともいえる超良血で、マーメイドSを制覇。その年のエリザベス女王杯を走ることなく引退しました。
キングカメハメハエアグルーヴの相性の良さは、ドゥラメンテルーラーシップが出ていることで証明されています。そして、その根拠は、Hornbeam≒パロクサイドのニアリークロスになるということ。中京記念の展望で、以下のように書いています。

===(以下、展望コラムより引用)============================


東京のGIを勝ちまくったトニービン直仔の斬れは、母父Hornbeam(Nasrullah×Hyperion)の、Nasrullahの広いコース向きの柔らかい体質と、Hyerionの持続力に起因します。トニービンはHyperion5×3・5でもあるので、母系に入ると粘着力を伝え、切れ味が削がれる馬もいます。
しかし、キングカメハメハの母母父Blakeneyの母父がHornbeamなので、トニービン持ちの牝馬と交配すると、Hornbeamのクロスができ、トニービン直仔らしい馬(長い直線で持続性ある末脚が武器な馬)が生まれやすいのです。
その最たる例が、ドゥラメンテルーラーシップであり、彼らの場合はHornbeamのクロスのほかに、エアグルーヴの牝祖パロクサイドもNasrullahとHyperionを持っているというのがポイントでした…というのが望田先生に教わった最初のこと。

=============================================


グルヴェイグは、キングカメハメハエアグルーヴとの間にディープインパクトが入ることで、ラストタイクーン≒Alzao3×4(Northern Dancer、ナスキロ、Tom Fool≒Atticaなどが共通)という、もう一つ斬れ味を引き出す仕掛けができます。ちなみに、「キングカメハメハ×ディープインパクト」の出走はヴァナヘイムで2頭目、しかし「ディープインパクト×キングカメハメハ」は、7頭中5頭が勝ち上がっており、その顔触れもデニムアンドルビーグリュイエールテンダリーヴォイスキロハナ、ヤマノフェアリーなどなかなかのもの。また、エアグルーヴはHornbeam≒パロクサイド3×3でもありますが、トニービン×ノーザンテーストとHyperionが濃いので、ラストタイクーン≒Alzaoという柔らかさを引き出す仕掛けのを下支えするパワーとしても活きてくるでしょう。エアグルーヴディープインパクトキングカメハメハの良いところばかりを引き出した好配合です。
まぁもう走りを見ても1頭だけ別格の美しさ、しなやかさを感じますよね。


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)


「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/

執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2015年2月4日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第308話きさらぎ賞(謎解き編)
閲覧 271ビュー コメント 0 ナイス 3

第308話 「きさらぎ賞


10年 35.3-37.5-35.8 =1.48.6 ▼4▼3△ 3 平坦戦
11年 35.3-36.9-35.4 =1.47.6 ▼7△5△ 5 瞬発戦
12年 36.5-36.8-33.7 =1.47.0 ▼3±0▼ 2 平坦戦
13年 36.6-37.8-34.5 =1.48.9 ▼5▼8△10 瞬発戦
14年 35.8-36.3-35.5 =1.47.6 ▼3▼3△ 4 平坦戦 稍重

近年は瞬発戦と平坦戦を繰り返す結果となっています。
中盤でそれなりの緩みが生じるが3コーナーの下り坂でペースが上がりやすくなるので古馬戦とはいかないまでもロングスパート戦テイストのレースになり長くいい脚が使えるタイプが有力でしょう。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
ネオヴァンドーム  【瞬4平0消0】▼ 3▼11▼1 ▼ 7▼7△12
トーセンラー    【瞬1平0消0】▼10▼ 6▼2
ワールドエース   【瞬1平1消0】▼ 8▼10△8 ▼10±0△ 3
タマモベストプレイ 【瞬1平1消0】▼ 2▼ 8△4 ▼ 3▼1△ 5
トーセンスターダム 【瞬2平0消0】▼ 8▼ 3△3 ▼10▼9▼ 3
2着馬
レーヴドリアン   【瞬2平0消0】▼ 3▼ 6△1 ▼10△3△ 3
リキサンマックス  【瞬1平0消0】▼ 5▼ 3△3
ヒストリカル    【瞬0平1消0】▼ 3▼ 3△4
マズルファイヤー  【瞬2平1消0】▼ 3△ 1△4 ▼ 4▼9△15
バンドワゴン    【瞬2平0消0】▼ 6▼ 4△3 ▼11▼5△ 3

平坦戦になりやすいレースですが過去の連対馬で平坦戦実績のあった馬は4頭。
あった方がベターですが必須という訳ではなさそうです。
それよりも長くいい脚を使えるということで連対馬全てに連続加速実績がありました。
ここはポイントでしょう。
今年の登録馬では
アッシュゴールドグリュイエールダノンリバティポルトドートウィユムーンクレスト、ルージュバックレガッタ
の6頭です。

データ的に大きな偏りがあるのは前走の着順。
前走4着以下だった馬の成績は0-1-0-21(勝率0.0%、連対率4.5%)となっています。
まだまだ厳冬期のレースで簡単に巻き返せる舞台ではないということでしょう。
唯一馬券になったのは12年の2着馬(4番人気)ヒストリカルのみでした。
ちなみにヒストリカルはディープ産駒。
ディープ産駒はこのレース相性良く3-1-1-4で近年3勝で複勝率も50%を超えています。
あとは前走2000mの距離短縮組も3-3-1-11と好走しています。

前走3着以内の馬は
ネオスターダムポルトドートウィユムーンクレストルージュバックレガッタ

ディープ産駒の馬は
グリュイエールポルトドートウィユレガッタ

距離短縮の馬は
エメラルヒマワリグリュイエールダノンリバティルージュバック

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ポルトドートウィユルージュバックルージュバック
ポルトドートウィユで文句なし。


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2014年12月2日(火) 11:49 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2014) ~2014最終回 U指数から見る要注目馬
閲覧 1,168ビュー コメント 0 ナイス 1

 今年もいよいよ残り1ヶ月。阪神ジュベナイルフィリーズ朝日杯フューチュリティステークスといった、POG戦線前半のクライマックスが間近に迫ってきました。年明け以降が勝負と考えている私のようなプレイヤーにとっても、上位進出を狙うならそろそろ指名馬にある程度の結果を出してほしい時期。応援や追加指名馬選びにも自然と力が入ります。
 2014-2015シーズンの最終更新となる今回は、これまでに施行された2歳のレースで各馬がマークしたU指数をベースに、今後のレースや入札で注目しておきたい有望株をピックアップしてみました。なお、集計期間は11月24日まで。ぜひ参考にしてみてください。

 集計期間内におけるもっとも高いU指数は、京王杯2歳ステークス(2歳GⅡ・東京芝1400m)で勝ち馬のセカンドテーブル(モカサンデーの2012)がマークした95.1。朝日杯フューチュリティステークス(2歳GⅠ・阪神芝1600m外)をはじめとする芝マイル以下の路線はもちろん、より長い距離を難なくこなすようなら来春のクラシック戦線でも楽しみな存在です。
 2番目に高いU指数は、福島2歳ステークス(2歳オープン・福島芝1200m)を勝ったときのペイシャオブロー(ダンスレッスンの2012)で、94.5。なお、3番目はこのレースで2着だったヴァリアントアロー(シーズアトムボイの2012)の93.5でした。ローカル場のレースということで世間的なインパクトは薄いかもしれませんが、この2頭もより長い距離のレースに対応できれば来春までに獲得賞金を上積みしてくるはず。引き続き注目しておくべきでしょう。

 U指数は基本的に上級条件のレースほど高くなるものですが、重賞以外のレースにおける最高記録は第6回でも紹介したノブワイルド(コウエイベストの2012)の93.3。未勝利クラスに限るとあまりにも突出した数字で、さすがにこれを超える馬はまだ出ていないものの、11月22日の東京02R(2歳未勝利・ダ1600m)ではゴールデンバローズ(Mother Russiaの2012)が93.0を記録しています。東京芝1600mのデビュー戦で2着に健闘していて、レース選択の幅も広そうなタイプです。なお、この馬は一般的なドラフトが行われた頃にさほど注目されていなかったこともあり、参加人数(60名)と仮想オーナー枠(1頭につきつきひとつずつ)の関係で指名可能馬が極端に不足しているスペシャルクラスでも、第26回入札まで指名がありませんでした。

 ちなみに、500万下のレースでもっとも高いU指数をマークしたのは秋明菊賞(2歳500万下・芝1400m内)を勝ったムーンエクスプレス(アモーレペガサスの2012)で、93.3。これは牝馬の最高記録でもあります。登録がある阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳GⅠ・阪神芝1600m外)でも要注目の一頭と言えるでしょう。
 500万下のレース、かつ牡馬に限ると11月09日の京都06R(2歳500万下・芝1200m内)を勝ったメイショウマサカゼ(デヒアバーズの2012)の92.1が最高です。ちなみに、この馬もスペシャルクラスでは第27回入札の時点で指名なし。掘り出し物かもしれませんね。

 最後に新馬の記録を整理しておくと、トップは11月08日の京都05R(2歳新馬・芝1400m内)を勝ったエイシンカラット(Ellie's Momentの2012)の87.4。牡馬に限ると同じ11月08日の東京06R(2歳新馬・東京ダ1600m)を制したレレマーマ(ウィキウィキの2012)の86.2が最高でした。
 来春のクラシック戦線へ繋がりそうな芝1800m以上の新馬に限ると、2014年11月02日の京都05R(2歳新馬・京都芝1800m外)で優勝したロカ(ランズエッジの2012)の82.0がトップ。芝2000m以上の新馬に限ると、2014年10月14日の京都05R(2歳新馬・芝2000m内)で連対を果たしたベルーフレクレドールの2012)、グリュイエール(ウィンターコスモスの2012)、そして2014年10月18日の東京04R(2歳新馬・東京芝2000m)を勝ったコアプライド(グローリーブラッドの2012)の80.2が最高記録となっています。次週以降の新馬から追加指名候補を探す際は、このあたりの数字を評価の目安としたいところです。

伊吹雅也さんのPOGマイページはこちら


次回(POG2015年)のコラムは6/3(水)にスタートします!!お楽しみに!!

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、コピーライター、競馬評論家。的確でわかりやすいデータ分析に定評があり、現在は『JRAホームページ』内「今週の注目レース」で“データ分析”のコーナーを担当しているほか、さまざまなメディアに活躍の場を広げている。競走馬への一口出資やペーパーオーナーゲーム(POG)にも造詣が深く、現4歳世代のPOGでは、参加したすべてのドラフト(いずれも参加者20名以上)においてジェンティルドンナの単独1位指名に成功。現3歳世代も“赤本”こと『POGの達人』(光文社)誌上においてカミノタサハラコディーノフラムドグロワールらを推奨し、推奨馬の獲得賞金ランキング皐月賞終了時点)で1位を獲得した。近著に『本当に儲かる騎手データブック 馬券の勝ち組は騎手を野次らない(競馬王新書EX008)』(ガイドワークス)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。

[もっと見る]

⇒もっと見る

グリュイエールの口コミ


口コミ一覧
閲覧 108ビュー コメント 1 ナイス 10

人気に推されたダイワキャグニーが雨の影響を受けて見せ場すらなく敗れたのが最も印象的だったが、これで同馬は重馬場不得手の弱点が暴露された。
逆に重馬場得意を見せつけたのが2着のハクサンルドルフで、際立った末脚で3着グリュイエールを交わし、サトノアーサーに迫った時は「これは勿体ない2着だ」と見えたほど。川田の仕掛けがほんの少し早ければ十分アタマも獲れただろう。
ちなみに、勝ったサトノアーサーが馬場に左右されない事はジリ脚ながらも常に堅実に伸びて来る事からも予測できたので、スムーズに走らせて後続を封じた戸崎の騎乗が一番の勝因と評価できるだろう。
いずれにしても近年のエプソムカップを見ると、過去の波乱傾向は薄れ、基本的に上位人気で決まり易いレースになったと判断できる。
今回は馬場の状況で1番人気が消えてしまったが、それでも結果は上位人気の馬・上位レベルの騎手で決まっているので、この傾向が今後の予想要因になるだろう。

 DEEB 2018年6月10日() 19:33
恥ずかしい馬予想2018.06.10[結果]
閲覧 85ビュー コメント 0 ナイス 3

東京 5R メイクデビュー東京 2歳新馬(混合)[指定]
◎12 ★ダディーズマインド…3着
○ 6 アガラス…1着
▲ 8 シークレットラン…2着
△ 7 ダノンシティ…9着
× 5 マイネルオリエンス…15着
[結果:アタリ○ 複勝12 210円、馬連6-8 540円]

東京11R エプソムカップ GⅢ 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎10 ダイワキャグニー …14着
○13 アデイインザライフ…15着
▲16 サトノアーサー …1着
△ 5 グリュイエール…3着
× 8 サーブルオール…4着
× 1 ☆ブラックスピネル…10着
[結果:ハズレ×]

阪神 7R 3歳以上500万下(特指)
◎15 サンオークランド…7着
○ 2 ラバピエス…2着
▲ 4 ☆ワンダーラジャ…10着
△ 7 スズカガルチ…3着
× 8 リッキー …6着
[結果:ハズレ×]

阪神10R 加古川特別 3歳以上1000万下(混合)(特指)
◎ 8 ヘヴントゥナイト…3着
○13 オメガパフューム…1着
▲ 4 エイシンナセル…9着
×14 ☆ビッグアイランド…2着
[結果:アタリ○ 複勝14 170円、ワイド13-14 320円・8-14 360円、3連複8-13-14 620円]

阪神11R マーメイドステークス GⅢ 3歳以上オープン(国際)牝(特指)
◎ 4 ミリッサ…5着
○ 6 キンショーユキヒメ…7着
▲ 5 レイホーロマンス…6着
△14 トーセンビクトリー …15着
×10 ヴァフラーム…4着
[結果:ハズレ×]

今日は、休みです。
今日は、仁川に行くつもりです。
今日のデビュー応援馬は、ダディーズマインドです。

[今日の結果:5戦2勝3敗0分]
なんとも言えない、微妙な結果です。
とりあえず、応援馬がデビュー戦で、3着に入ったのは、嬉しいです。

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2018年6月10日() 18:47
DAIGO『馬好王国~UmazuKingdom~』こじはる(小嶋陽菜) 競馬... 
閲覧 191ビュー コメント 0 ナイス 1

こじはる(小嶋陽菜) 競馬予想 3連単 2018/最新予想は『エプソムカップ』

2018/06/10 16:04 http://keiba51.blog.fc2.com/blog-entry-847.html

元AKB48の『こじはる』こと小嶋陽菜さんによる競馬予想をまとめたページです。

競馬ファンにはすっかりお馴染みのこじはる(小嶋陽菜)の3連単5頭ボックス予想。


今年は2年ぶりのプラス収支を目指しているこじはる(小嶋陽菜)。

2018年、ここまでの競馬予想成績はどうなっているのでしょうか。

・2018年成績:22戦6勝。
・収支:-8,650円。
・勝率:27.2%。
※『エプソムC』終了時点


【2018年的中レース】
・05/20 オークス(GI) 3連単 3,360円
・03/04 弥生賞(GII) 3連単 1,320円
・02/25 中山記念(GII) 3連単 41,500円
・02/18 フェブラリーS(GI) 3連単 41,560円
・01/21 AJCC(GII) 3連単 12,290円
・01/14 京成杯(GIII) 3連単 24,620円


『エプソムC』も的中ならず。

今年7勝目はなりませんでした。

気になる次回の3連単5頭ボックス予想は『ユニコーンS』の予定です。

◆こじはる(小嶋陽菜)、2018年競馬予想&結果!

≪エプソムカップ(GIII)≫ ハズレ( ̄x ̄)乂ブーッ!
◇◎ 5.グリュイエール

◆3連単5頭ボックス
2.ベルキャニオン
5.グリュイエール
10.ダイワキャグニー
12.マイネルミラノ
16.サトノアーサー

◆レース結果
1着 16.サトノアーサー
2着 6.ハクサンルドルフ
3着 5.グリュイエール

◆払戻金
3連単:16-6-5 28,020円 73番人気

[もっと見る]

⇒もっと見る

グリュイエールの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  ヨッシー   フォロワー:3人 2015年12月5日() 15:14:32
絶対に追いかける価値あり

グリュイエールの写真

グリュイエール
グリュイエール

グリュイエールの厩舎情報 VIP

2018年6月10日エプソムカップ G33着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

グリュイエールの取材メモ VIP

2018年6月10日 エプソムカップ G3 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。