注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

デルカイザー(競走馬)

注目ホース
デルカイザー
写真一覧
現役 セ6 黒鹿毛 2011年2月7日生
調教師藤沢和雄(美浦)
馬主山本 英俊
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績24戦[4-4-4-12]
総賞金5,912万円
収得賞金1,550万円
英字表記Der Kaiser
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
シェリール
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ジェドゥーザムール
兄弟 ムスカテールエトランドル
前走 2017/03/05 武庫川ステークス
次走予定

デルカイザーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/03/05 阪神 9 武庫川S 1600万下 芝1600 12798.952** セ6 55.0 岩田康誠藤沢和雄466(-6)1.33.2 0.133.2⑦⑧タイセイサミット
16/12/24 阪神 12 3歳以上1000万下 芝1600 14336.331** セ5 57.0 V.シュミ藤沢和雄472(-10)1.35.1 -0.134.7④④サイモンラムセス
16/12/03 中山 12 3歳以上1000万下 芝1600 134528.382** セ5 57.0 R.ムーア藤沢和雄482(+4)1.34.1 0.034.9⑦⑤⑤グレーターロンドン
16/10/23 東京 12 3歳以上1000万下 芝1600 12797.448** セ5 57.0 柴山雄一藤沢和雄478(-4)1.36.1 1.333.8⑨⑧ロングシャドウ
16/10/01 中山 10 習志野特別 1000万下 芝2000 1371020.377** セ5 57.0 北村宏司藤沢和雄482(+22)2.02.1 0.535.6ミライヘノツバサ
16/05/29 東京 8 青嵐賞 1000万下 芝2400 1371011.6711** セ5 57.0 M.デムー藤沢和雄460(-2)2.26.5 1.435.0⑦⑦⑧⑦グランドサッシュ
16/05/08 東京 8 4歳以上1000万下 芝2000 9332.826** セ5 57.0 C.ルメー藤沢和雄462(0)2.00.4 0.434.9④⑤⑥プレストウィック
16/04/23 東京 8 4歳以上500万下 芝2000 12793.021** セ5 57.0 C.ルメー藤沢和雄462(+4)2.00.4 -0.034.1⑨⑩⑩マコトギンスバーグ
16/03/06 中山 8 4歳以上500万下 芝2000 16249.362** セ5 54▲ 菊沢一樹藤沢和雄458(+2)2.01.0 0.234.9⑤⑤④⑥ソールインパクト
16/02/21 東京 7 4歳以上500万下 芝1800 16119.652** セ5 57.0 柴田善臣藤沢和雄456(-10)1.50.0 0.335.5⑪⑨⑨デルフィーノ
16/01/23 中山 12 4歳以上500万下 芝2000 13442.715** セ5 57.0 柴田善臣藤沢和雄466(-2)2.02.2 0.735.2⑨⑨⑨⑩オウケンブラック
16/01/09 中山 12 4歳以上500万下 芝1600 16475.835** セ5 57.0 柴田善臣藤沢和雄468(+2)1.35.1 0.634.8⑪⑩⑩ミッキージョイ
15/12/13 中山 12 3歳以上500万下 芝1800 164820.583** セ4 57.0 柴田善臣藤沢和雄466(-6)1.49.4 0.135.6⑥⑤⑤ラブユアマン
15/03/15 中京 12 中京スポーツ 1000万下 芝1600 146107.0410** 牡4 57.0 D.バルジ藤沢和雄472(+2)1.36.5 0.936.1⑪⑧⑧カーバ
14/10/13 東京 10 レジェンドT 1000万下 芝2400 108108.938** 牡3 53.0 柴田善臣藤沢和雄470(-2)2.25.9 0.735.9フェデラルホール
14/09/21 新潟 11 セントライト G2 芝2200 18715161.91511** 牡3 56.0 柴田善臣藤沢和雄472(0)2.12.5 0.835.6⑦⑨⑫⑬イスラボニータ
14/08/09 新潟 12 3歳以上500万下 芝1800 11783.811** 牡3 54.0 北村宏司藤沢和雄472(+12)1.51.1 -0.132.8レインボーラヴラヴ
14/04/26 東京 9 新緑賞 500万下 芝2300 11119.043** 牡3 56.0 田中勝春藤沢和雄460(-16)2.20.6 0.535.6⑥⑥⑥⑤ハギノハイブリッド
14/04/05 阪神 9 アザレア賞 500万下 芝2400 9779.453** 牡3 56.0 四位洋文藤沢和雄476(-6)2.28.5 0.434.9⑤⑤④④ダンディーズムーン
14/02/10 東京 10 ゆりかもめ賞 500万下 芝2400 164735.3115** 牡3 56.0 G.ブノワ藤沢和雄482(+18)2.30.8 0.433.8⑩⑪⑫⑭ラングレー

⇒もっと見る


デルカイザーの関連ニュース

 皐月賞の追い切りが13日、美浦トレセンで行われ、藤沢和厩舎の2頭はWコースで調整。ぶっつけ本番となる3戦無敗のレイデオロは、やや不安を残す動きでサンケイスポーツ調教評価『B』だったが、2歳王者サトノアレスは、対照的に叩いた上積みを感じさせる動きで『A』評価となった。14日、ウインズ後楽園で午後2時から7時まで、金曜発売が行われる。

 無敗の皐月賞Vを狙う関東の雄に暗雲が立ちこめた。ホープフルS以来3カ月半ぶりの実戦となるレイデオロは、美浦Wコースの最終追いで併走馬に遅れ、仕上がりに不安を残す形となった。

 1馬身間隔の3頭縦列で、外デルカイザー(1600万下)、中サトノギャラント(オープン)を前に見てスタート。直線で最内に入り、先に抜け出したサトノに馬なりで馬体を併せにいくが、その差を詰め切れず1馬身遅れでゴールした。5ハロン70秒4、3ハロン39秒7−12秒8で、デルカイザーには1馬身先着したが、疑問符のつく内容だ。

 それでも、調整役を務めた五十嵐騎手は「息も中身もできています」と仕上がりを保証。藤沢和調教師も「ゴールしてからも1、2ハロンと流していった。予定通りです」と不安の色はない。ただ、3戦3勝全てで上がり最速をマークした瞬発力が、最終追いから感じられなかったのは確かだ。

 3戦いずれも2000メートルで、うち2戦が中山コース。舞台適性は申し分ない。前走後は疲れが出たが、じっくり立て直してきた。「2歳時は気が乗っていたけど、帰厩後はおっとり。もう少し調教した方がいいのかなと思うくらい精神面はいい。体も少したくましくなった」とトレーナーは成長を伝える。この成長ぶりと現時点の仕上がりが、どこまでかみ合うのか。追い切り段階では、半信半疑という印象だ。

 年明け初戦での戴冠は過去76回でも例がない。「皐月賞は時期もコースも難しい」と藤沢和調教師も認めるところ。それでも「いつも勝ちたいと思っています」というスタンスは揺るがない。〔3〕枠(5)番に「馬混みをさばくレースをしているので、気にしていません」と津曲助手。枠順への不安は消えた。レイデオロが、トレーナーの悲願となる牡馬クラシックVをかなえるには、このひと追いでどこまで上昇するかにかかっている。 (千葉智春)

皐月賞の枠順はこちら 調教タイムも掲載

【皐月賞】レイデオロ不安残る 美浦W5F71秒2 2017年04月13日(木) 12:50

 史上17頭目の無敗皐月賞Vを狙うレイデオロホープフルS以来、中111日での実戦となる。最終追いは美浦Wコース3頭併せで行われたが、レースへ不安を残す内容になってしまった。

 五十嵐騎手(実戦はルメール騎手)を背に向正面から馬場入りし、僚馬2頭を追いかけた。序盤は口を割ってエキサイトするシーンもあり、直線ではスッと並びかけるかと思われたが、先に抜け出したサトノギャラントとの差がなかなか詰まらない。最後は外デルカイザーに1馬身先着したものの、ギャラントには1馬身遅れてしまった。

 「ギャラントがシュッと動いてしまった。先週より息の感じは良くなっているし、中身もできています」と鞍上はフォローしたが、5F71秒2、ラスト1F13秒3は4カ月ぶりを思えばいかにも物足りない。

 そもそもホープフルS後の疲れがなかなか抜け切らず、トライアルを使えずにぶっつけ本番と順調さを欠いていた。「短い期間で2000メートルを3回も走ったからね。ここへきて気合が乗ってきたし、体も少したくましくなった」と藤沢和調教師は言うが、「休み明けでのクラシックは大変」がやはり本音か。過去、年明け初戦で皐月賞を制した馬はいない。ハードルを乗り越えるのは相当な試練といえそうだ。(夕刊フジ)

皐月賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【阪急杯】ロサギガンティア手応え十分12秒82017年02月23日(木) 05:07

 ロサギガンティアは美浦Wコースで3頭併せ。内から手応え十分に軽快なフットワークで4ハロン52秒6、3ハロン38秒8−12秒8をマークし、中デルカイザー、外レッドライジェル(ともに1600万下)と併入した。「前走後は厩舎に置いて調整し、順調にきている。年をとってズブくなっているけど、先週より動きはずいぶん素軽かった。前走(阪神C5着)はいいメンバーの中でよく頑張っていたし、ここでもいい競馬をしてほしい」と藤沢和調教師は久々の勝利を期待している。

阪急杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【阪急杯】ロサギガンティアきっちり併入 2017年02月22日(水) 11:28

 1400メートルでは大崩れしないロサギガンティアは美浦Wコースで、中デルカイザー、外レッドライジェルを相手に3頭併せ。インから軽い脚取りで、藤沢和厩舎らしくきれいに3頭が横一線でゴールインした。

 「在厩していたので調整が楽だった。年齢的に渋くなってきたが、先週より素軽くなっている」と、トレーナーは満足げだ。阪神Cで一昨年V、昨年5着の舞台だけに、いい答えを出したい。(夕刊フジ)

阪急杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【阪神JF】ソウルスターリング軽快な走り 2016年11月30日(水) 12:02

 12月11日の阪神JFでGIタイトルに挑む2戦2勝のフランケル産駒ソウルスターリングが美浦Wコースで併せ馬を行い、5F69秒7−54秒1−39秒5−12秒3で中ロサギガンティア(古馬OP)と併入、外デルカイザー(古馬1000万下)に半馬身遅れた。余力残しでの軽快な走りに「気のいいタイプだから調整も楽だよね。阪神の1600メートルも問題ないし、楽しみ」と藤沢和調教師もニッコリ。(夕刊フジ)

阪神ジュベナイルフィリーズの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【セントライト】厩舎の話2014年09月19日(金) 05:06

 ◆アルテ・北出師 「競馬は上手になっているが、相手が強い」

 ◆イスラボニータ・栗田博師 「全体的に実が入ったし、春よりも落ち着いている」

 ◆エアアンセム・松田騎手 「体に緩さが残っているが、素質は高い。これから良くなってくる」

 ◆オウケンブラック田中剛師 「背中と腰がしっかりしてきた」

 ◆クラリティシチー・上原師 「しっかりとリフレッシュできた。距離は克服してくれると思う」

 ◆サトノフェラーリ・藤沢和師 「相手は強くなるが、新潟で勝っているのは強み」

 ◆サングラス・谷師 「気性面が成長。距離に対応できる調教を積んできた」

 ◆ショウナンラグーン・大久保洋師 「ひと夏越して成長。本番に向けていいステップになれば」

 ◆ステファノス・三浦騎手 「久々を感じさせない仕上がり。リズムよく運びたい」

 ◆ダイワリベラル・菊沢師 「前に馬を置くと頑張って走る。体もしっかりしてきた」

 ◆タガノグランパ・菱田騎手 「2400メートルをこなしているので、折り合って運べれば」

 ◆デルカイザー・藤沢和師 「距離が延びるのはいい。力もついてきた」

 ◆トゥザワールド・池江師 「秋初戦に向けて、時計、動きとも言うことない」

 ◆マイネルフロスト・柴田大騎手 「春よりも体はがっちりした。久々でも仕上がりはいい」

 ◆メイクアップ・谷師 「使うたびに良化しており、どこまでやれるか」

 ◆ヨッヘイ・大野騎手 「以前に比べて、トモに力がついた」

 ◆ラングレー・広岡助手 「今週はビシッと追った。馬は大きく成長している」

 ◆ワールドインパクト・友道師 「ダービーは暑さがきつかった。この秋はしっかり仕上げることができた」

★セントライト記念の枠順はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

デルカイザーの関連コラム

閲覧 204ビュー コメント 0 ナイス 6

▼11月16日(土)東京11R 東京スポーツ杯2歳ステークス
【東京芝か京都芝のレースにおける優勝経験の有無別成績(2008年以降)】
●あり [3-4-5-20](複勝率37.5%)
●なし [2-1-0-42](複勝率6.7%)
→東京か京都で勝ち上がってきた馬に注目したいところ。特別登録を行った馬のうち、東京芝のレースにおいて優勝経験があるのは、イスラボニータデルカイザーラングレーリターンラルクの4頭だけ、京都芝のレースで優勝経験がある馬はいません。

▼11月17日(日)福島11R 福島記念
【前走との間隔別成績(2006年以降)】
●中5週以内 [6-6-6-55](複勝率24.7%)
●中6週以上 [1-1-1-36](複勝率7.7%)
→前走との間隔が詰まっている馬を重視したいレース。また、JRA、かつ2000m超のレースで優勝経験がある馬は2006年以降[1-2-3-40](複勝率13.0%)、前走が2000m超のレースだった馬は2006年以降[1-0-1-20](複勝率9.1%)とやや苦戦していました。

▼11月17日(日)京都11R マイルチャンピオンシップ
【JRA所属馬の、同年のJRA重賞における優勝経験の有無別成績(2006年以降)】
●あり [7-6-3-55](複勝率22.5%)
●なし [0-1-2-44](複勝率6.4%)
→同年にJRA重賞を勝っていない馬は割り引きが必要。また、芝2000m以下のJRAG気3着以内となった経験がないJRA所属馬も2006年以降[0-2-2-52](複勝率7.1%)と低調な成績に終わっています。特別登録を行った馬のうち、2013年に施行されたJRA重賞で優勝経験があり、なおかつ芝2000m以下のJRAG気3着以内となった経験があるのは、クラレントグランプリボスダノンシャークマイネイサベルの4頭だけです。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、コピーライター、競馬評論家。的確でわかりやすいデータ分析に定評があり、現在は『JRAホームページ』内「今週の注目レース」で“データ分析”のコーナーを担当しているほか、さまざまなメディアに活躍の場を広げている。競走馬への一口出資やペーパーオーナーゲーム(POG)などにも造詣が深く、近年はWIN5研究の第一人者としても知られるようになった。近著に『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。


登録済みの方はこちらからログイン

2013年06月20日(木) 19:00 ポグニティ
【POGレポート】スペシャルクラスはkmさんが2位に急浮上!!
閲覧 83ビュー コメント 0 ナイス 6

 みなさんこんにちはー!!  ポグニティです!
 オーナー数が増えたクラスは、入札ラッシュでかなり盛り上がってますね!
 取れなかった馬のリベンジに燃えてる方も多いのではないでしょうか。前回以上の激しい戦いとなりそうです!
 
 
 さて、スペシャルクラスのレポートですが、先週は8名のPOG馬(10頭)の出走がありました。それでは早速、ランキングをチェックしていきましょう!
 
 首位戦線ですが、先週単独トップに立った柿谷陽介さんの指名馬グランシェリーが新馬勝ちを飾り、リードを広げました!これで指名馬は4戦3勝2着1回と勢いは止まりません!続く2位にはリターンラルクマキャヴィティで2勝を挙げたkmさんが6位から2位へと順位を上げました!シャークベイエイシンソルティーで賞金加算した小林誠さんは先週に続き、3位をキープしています。

 その他では、メジャースタイルで賞金加算したスンイチローさんが先週の9位から7位へとランクアップ!オダチンさん(デリッツァリモーネ3着)、ムーンシュタイナーさん(デルカイザー3着)の2人が初のPOG馬出走となり、8位にランクインしました。
 10位には私、ポグニティドリームカイザー4着)が初めてランキングに入りました。やっぱり、自分の名前が載ると嬉しいですねー。

 ランキングから注目したのは、先週の6位から一気に2位へと順位を上げたkmさんです。マイネルフロストに続き、先週勝利を飾ったリターンラルクマキャヴィティダンスールクレールなど早期デビューの素質馬を上手くセレクトしていますね!
 
 この他にもワンカラットサンシャインの半弟、バルドウィナの2011やすでに入厩済のケセラストーンダイワスカーレットの2番仔、ダイワレジェンド、クラシックでも活躍したプリンセスジャックの全妹ジャックトマメノキ(母:ゴールデンジャック)など多彩なラインナップとなっています。

 今週は1位柿谷陽介さんのPOG馬が3頭、2位kmさんも1頭が出走予定となっており、首位戦線はさらにヒートアップしていきそうで、来週も目が離せないですねー!

 続いて、先週出走した注目馬ランキング上位馬にも目を向けたいと思います。先週はランキング27位のデルカイザー、70位のデリッツァリモーネが出走しました。
 デルカイザーは外から良い脚を見せたものの3着でした。調教からもまだ仕上がり途上な感じでしたし、次はもっと良くなりそうです!デリッツァリモーネは最後方から終いの競馬に徹して3着まで差を詰めてきました。緩めの仕上げに加えて、直線で前が詰まったり、他馬にぶつかったりとスムーズな競馬ではなかったですね。次戦に期待したいところです!
 
 それでは今週はこの辺で失礼します!
 また来週お会いしましょう!!

【ポグニティ】

[もっと見る]

デルカイザーの口コミ


口コミ一覧

馬券メモ(2017/3/4・5)

 銀色のサムライ 2017年03月05日() 20:28

閲覧 46ビュー コメント 0 ナイス 5

今日の早朝、ラニがドバイWCのステップレース・アルマクトゥームチャレンジラウンド3に出走。
結果は8頭立ての6着でした。

スタートで出遅れ、ムーア騎手が追い通しになっても前に進まない、
という、ある意味ラニらしいレースでした。

レースを使いつつ調子を上げていくタイプなんですけど、
年を重ねるにつれてズブさが増している感じがします。

ドバイWCに出走するのはかなり厳しくなりましたが、
いつか大仕事をやってのけてくれる、と信じて今後もラニの動向に注目し続けたいです。

それでは、土日の競馬の回顧をしていきます。


【1回阪神3日】

■7R ドンボラーレ 2人気4着

中団待機策でしたが、速めのペースになったので良い位置取りだと思っていました。
4角を回った時の手応えが抜群だった割には追ってからの伸びがイマイチで…。

■8R ワンダーアビルマン 2人気3着

スタート直後につまづいてしまい、位置取りが悪くなったのが痛かったです。
スムーズな競馬だったら勝ち負けまで持ち込めたはずだったのですが…。

■9R タツゴウゲキ 2人気1着

道中は3番手で追走し、折り合いもバッチリ。
展開の恩恵を受けての勝利ですけど、デムーロ騎手のロスの無い競馬も見事でした。

■10R サウススターマン 1人気1着

とにかく詰めの甘い馬なんですが、今回はあっさり勝っちゃいましたね。
ブラックジョーとのワイド1点勝負でしたので、馬券はハズレです。

■11R(チューリップ賞)エントリーチケット 6人気10着

あわよくばソウルスターリングに勝てるのでは?と思っていたものの、地力の違いを見せつけられました。
事前に予想したよりも速いペースになってしまいましたし、馬選びも展開予想も完敗でした。

■12R アガスティア 3人気6着

2000mだったらもっと前のポジションが取れると思っていたんですけどね…。
直線ではしっかり脚を使っているので、自分のレースができていたと思います。


【2回中山3日】


■7R イザ 2人気2着

前走10着でしたが、追い切り時計が良く、巻き返し可能と考えていました。
もっと人気が無いと思っていたんですけど、まさか2番人気に支持されるとは…。

■8R フィールザプリティ 2人気2着

直線もスムーズにさばけたので、普通なら勝ってるところなんですが、
メリーウィドウ&ウチパクさんの見事な捲りにやられてしまいました。

■9R サレンティーナ 2人気2着

流れが遅すぎて掛かるシーンもありましたけど、
直線半ばでゴールドハットを振り切ったか、と思ったところに外から牝馬・ハローユニコーンが…。

■10R ワンブレスアウェイ 2人気1着

スタートの出は良くなったんですが、外枠だった分、楽に好位置がとれました。
中山が初めてで右回りも久々、という状況ながらよく頑張ってくれました。

■11R(オーシャンS)ブレイブスマッシュ 2人気4着

直線での手応えは良かったんですけどね…。
1200mが合うという見立ては間違ってませんでしたが、
牝馬3頭にあっさり負けてしまったのは地力不足という事なんでしょうかね。

■12R オホーツク 5人気12着

1000万は既に勝っている馬なんですが、ブリンカー2戦目でも進歩が見られませんでした。
迷走しちゃっていますね…。


【1回小倉7日】


■7R エンヴァール 1人気1着

道中で不利を受けなければ1着安泰、だと思っていました。
2着馬が完璧なレース運びだった分、着差はわずかですが、順当勝ちといえるでしょう。

■8R ウインカートゥーン 6人気11着

中盤までの位置取りはまずまずだったんですけど、4角手前でもう一杯一杯でした。
差し馬向きの展開になってしまいましたし、1800mという距離も短かったのでしょう。

■9R サルドナ 1人気3着

中団やや前の位置でレースを進めるのは想定内でした。
でも、直線での伸びがイマイチ…。

■10R ジャストコーズ 1人気5着

4角先頭で押し切る競馬を試みましたが、直線でエンジンが掛かりきらなかったですね。
前走よりも決着時計がかなり早くなっていますので、ダート上がりのこの馬にとっては辛かったのかも。

■11R ナムラミラクル 1人気12着

小回りの1700mで大外枠からハナを奪える、と安易に考えてしまったのがダメでした。
でも、自分のレースができなかったとはいえ負けすぎですから、前走激走の反動もあったのでしょう。

■12R トーセンクリス 1人気1着

前走は直線で窮屈になる場面があったんですけど、
今回はスムーズな競馬ができました。完勝といっていいと思います。


【1回阪神4日】


■7R クライムメジャー 1人気1着

折り合いがつくのかどうかが最大のポイントでしたが、まずまず折り合っていましたね。
2着との着差は少しですけど、最後は流していたので、次にも期待できる走りだったと思います。

■8R アドマイヤカロ 4人気2着

スローペースの大逃げ、という最高のレース運びをしてくれました。
できる事なら勝ってほしかったですけど、型通りのレースができれば今後も期待できそうです。

■9R デルカイザー 5人気2着

事前に想定していたよりも位置取りが後方だったのですが、
後ろで構えていた分、直線でしっかりとした末脚を繰り出す事ができたのでしょう。

■10R スマートアヴァロン 2人気3着

人気よりも下の着順になってしまいましたけど、
先行馬が残る展開で3着に追い込んできたのは高く評価したいです。

■11R アストラエンブレム 1人気1着

京都金杯でも良い末脚を使っていましたし、
オープン特別なら楽に勝ち切っても不思議ない存在だと思っていました。
2着・トルークマクトのおかげで良い配当をゲットできました。

■12R アイファープリティ 2人気5着

初の1200mだった分、いつも通りの先行策がとれなかった模様。
1200mの流れに慣れてくれば、現級ならいつでも突破できるでしょう。


【2回中山4日】

■7R レアルイモン 9人気11着

追いまくって味の出るタイプですので、追える柴山騎手とのコンビは合うと思ったのですが…。
直線に入って早々にバテテいましたから、調子自体も悪かったのでしょう。

■8R シャリオヴァルト 4人気2着

逃げ馬が飛ばしてくれたおかげで差し馬向きの展開になったのが良かったです。
引き続き中山コースなら上位争いしてくれそう。

■9R サブライムカイザー 4人気3着

上位2頭の決め手に屈しましたけど、粘りに粘って3着を確保してくれました。
エニグマバリエートとの2頭軸だったので、予想はハズレ。

■10R スノーモンキー 7人気8着

好位からレースを運んでいましたが、イマイチでした。
7歳馬ですし、衰えが見え始めているのかもしれません。

■11R(弥生賞)ダイワキャグニー 2人気9着

掛かり気味に先行する事は想定していましたけど、
直線入り口であんな不格好なレースをするとは夢にも思っていませんでした。
右回りが初めてという状況ですので、今回のようなケースも想定しなきゃいけないんでしょうけど、
様々な課題も一気に乗り越えてくれると思っていましたから、今回の凡走は正直拍子抜けしてしまいました。

■12R リンクス 1人気2着

スタートでの出遅れが痛すぎました…。
かなり大味な競馬でも2着に入っているだけに、もったいないレースでした。


【1回小倉8日】


■7R フロレットアレー 4人気5着

終始馬場の外めを回った分の負けでしょうか。
小倉は得意なので、夏の小倉開催まで覚えておきたいです。

■8R スワニルダ 11人気11着

前走に引き続き◎を打ちましたが、前走よりも大きく着順を落としてしまいました。
今回は直線で外を回りすぎましたし、内枠を引いた時に今一度狙いたいです。

■9R フレグラントブレス 3人気3着

器用なレースができない分、後方からのレースになってしまうのは致し方ないところ。
展開不向きの中、よく3着まで追い込んでくれました。

■10R イヴノオモイデ 3人気11着

注文通りハナを奪えましたけど、
前半3ハロン32.8秒はさすがに速すぎます…。

■11R ワンスインアライフ 3人気11着

道中の位置取りもイマイチでしたし、勝負どころでの手応えも×。
休み明けでも大丈夫だと思っていたのですが…。

■12R シンゼンドリーム 1人気5着

こちらも道中の位置取りが後ろ過ぎました。
もっと積極的に運べる状況なら、中央場所でも戦えると思います。



チューリップ賞はソウルスターリングの強さがより際立ったレースでしたね。
ペースが速めで、折り合いがつきやすかったとはいえ、相当強い勝ちっぷりだったと思います。

桜花賞はアドマイヤミヤビとの一騎打ちになるのでしょうか。
リスグラシューにも巻き返してもらいたいんですけど、
ソウルスターリングとは決定的な差があるように感じてしまいます。

2着・ミスパンテールは新馬戦の勝ちっぷりがとても良く、
◎エントリーチケットの相手に入れていました。

四位騎手は牡馬でスワーヴリチャードがいますし、
牝馬でもミスパンテールという能力の高い相棒を得たのは大きいでしょうね。


オーシャンSはとにかくメラグラーナが強かったです。

今年の宮記念は有力馬の回避が相次いでいますから、
手薄なメンバーの中であれば、一気にG誼ゼ茲箸いΣ椎柔も十分あると思います。

石川騎手騎乗のナックビーナスは2着。

石川騎手も重賞の1つや2つは勝っていてもおかしくない存在なのですが、
あと一歩でしたね。


今日の弥生賞はカデナの独り舞台でした。

年明け初戦でしたし、京都2歳S組もそこまで強くないと思っていたのですが、
僕が想定した以上に強い馬だったようです。

2着・マイスタイルはシンザン記念で◎を打っているんですけどね。
ここで走られるとは…。


来週からは地元・中京競馬も開幕!

開催時期が変わった金鯱賞は、
大阪杯へのステップレースにふさわしい強力なメンバーが集まりました。

どの馬から勝負しようか目移りするメンバー構成ですし、
予想しがいのあるレースになりそうです。

 藤沢雄二 2017年02月18日() 06:48
そろそろ決めてよ、ルメール!〜POG第38節〜
閲覧 40ビュー コメント 0 ナイス 9

今週のPOG戦線はウマニティPOGと主戦場のPOGとでそれぞれ1頭ずつ、延べ2頭が出走。
奇しくもどちらもルメールが鞍上なのだが、あれだけ勝っているルメールがウチのPOG指名馬ではちっとも仕事をしてくれないのがなんとも…(´・ω・`)

【出走】
・2月18日 京都6R
△オールポッシブル(クリストフ・ルメール騎手)
スペシャルワールドで4位に浮上したウマニティPOGでは京都の牝馬限定の500万下に△オールポッシブルが出走します。

オールポッシブル
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16.11ベスト 栗CW稍 82.6 65.9 50.3 36.5 11.9[5]一杯追伸る
 助 手 ■ 栗CW不 87.4 69.8 53.0 37.9 12.1[5]馬なり余力
 助 手 ◇ 栗坂重 1 回 54.1 39.3 25.3 12.3 馬なり余力
  1.25 栗プール 2 周
  1.26 栗プール 1 周
  1.28 栗プール
  2. 1 栗プール 2 周
  2. 4 栗プール 1 周
★助 手 2. 8 栗CW不 82.2 66.5 51.2 37.5 12.0[6]馬なり余力
☆助 手 2.15 栗CW良 49.9 36.3 11.8[8]馬なり伸る
       トルシュローズ(古500万)馬なりの外を0.7秒追走クビ先着

前走後は日曜日のダート1200mの500万下と両睨みという話で、それが先週末にはそのダートの方に四位で出走という流れだったのに、蓋を開けてみれば芝に戻してルメールということに。
想定の段階ではダートの方は17頭の名前があったから、てっきり除外されたらルメールが余っていたから芝へ…ってことかと思っていたけど、頭数を見るとそうではないらしい。
まあその割には新聞の印は結構重いのがついているから、案外ここでは力上位の見立てなのかも。
成績からはパワータイプっぽいし、連続開催の最終週で京都の芝は今年はかなり雨や雪の影響を受けていたから、脚抜きのいいダートよりは力の要る芝の方がいいのかも。
ちなみに、芝→ダート→芝というローテーションは厩舎の先輩のベルルミエールが500万下を突破した時と同じなので、その辺には期待したいですね。
まあ相手関係云々よりは自身との戦いになるのかもしれません。


・2月19日 東京2R
★ラボーナ(クリストフ・ルメール騎手)
主戦場のPOGでは日曜日の東京の未勝利戦に★ラボーナが出走します。

ラボーナ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16.10ベスト美南W良 53.5 39.8 13.6[7]強目に追う
 五十雄 ◇美南坂良 1 回 56.3 41.0 26.5 13.1 馬なり余力
 助 手 1.31美南坂良 1 回 63.7 47.0 30.9 14.8 馬なり余力
 杉 原 2. 2美南W良 69.9 53.9 39.9 13.4[9]強目に追う
 助 手 2. 5美南坂良 1 回 57.6 41.0 26.2 12.8 馬なり余力
       デルカイザー(古1600万)馬なりを0.3秒先行同入
★助 手 2. 8美南W良 54.6 39.9 13.0[8]G前仕掛け
       ファーブルトン(新馬)馬なりの内を0.4秒追走0.2秒先着
 助 手 2.12美南坂良 1 回 57.2 41.5 26.2 12.5 馬なり余力
       キミノナハセンター(古1000万)馬なりを0.3秒先行同入
☆柴 山 2.15美南W良 69.2 53.1 40.0 12.5[7]馬なり余力
       レッドソレイユ(障未勝)馬なりの内を1.2秒追走同入

期待の高かった昨秋の2走がまるでダメで、立て直してのダート投入。
本当に立ち直っているのかは半信半疑ですけど、調教時計は昨秋に比べたらマズマズかな…という印象です。
正直、相手関係は見ていませんけど、ここはなんとかしてもらわないと。
ウマニティPOGの方は先行きにまだ希望がありますけど、主戦場のPOGの方は野戦病院化が激しいだけに、動ける戦力には結果を残してほしいところです。

【近況】
・在厩
☆ペルシアンナイト(2月25日のアーリントンCへ)
☆ファームフェイス(2月4日の未勝利戦は2着→3月5日の阪神ダート1400mの牝馬限定の未勝利戦へ)
☆ミンネザング(2月12日の未勝利戦は2着)
☆トワードポラリス(1月5日の中山の未勝利戦は7着→2回中山の1週目のダート1800mの未勝利戦へ)
△モーヴサファイア(2月13日のあすなろ賞を快勝)
△アルテーロ(2月4日の未勝利戦は3着→3月4日の小倉芝1800mの牝馬限定の未勝利戦へ)
△オーシャンティ(12月11日の未勝利戦は4着)
★ダンビュライト(3月5日の弥生賞へ)

・放牧
☆アドマイヤウイナー(1月21日の若駒Sは5着)
☆サリネロ(2月11日の500万下は11着)
☆オメガドラクロワ(12月3日の未勝利戦は4着)
☆ファヴール(12月10日の未勝利戦は14着)
△アエロリット(クイーンCは2着→4月9日の桜花賞へ)
△モアナ(2月4日の未勝利戦を快勝)
△ドロウアカード(白菊賞は3着)
△アーザムブルー(ゆりかもめ賞は5着)
△テンペスト(1月7日の未勝利戦は10着)
★アンティノウス(1月29日の未勝利戦は5着→3月11日の中京ダート1900mの未勝利戦をルメール騎手で)

・故障者リスト
☆ヴァナヘイム(左前脚第三手根骨骨折で全治6ヶ月以上の診断)
☆レッドラシーマ(喉鳴りで手術)
△ダンスウィズユー(骨折で全治3ヶ月)
★ルタンデュボヌール(種子骨骨折で全治9ヶ月)
★アンジュシャルマン(新潟2歳S後に右膝骨折で全治6ヶ月の診断)


【調教】
ペルシアンナイト
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16.12ベスト 栗CW稍 80.0 64.8 50.1 37.5 12.2[5]一杯に追う
 助 手 ■ 栗CW良 53.7 38.5 11.6[7]一杯に追う
 助 手 ◇ 栗CW良 54.4 39.5 12.2[7]馬なり余力
★助 手 2. 9 栗坂重 1 回 64.2 45.9 29.5 14.4 馬なり余力
 助 手 2.10 栗CW不 82.6 67.7 52.7 39.3 12.4[6]直強目追う
 助 手 2.12 栗坂稍 1 回 60.1 44.2 29.4 14.3 馬なり余力
☆西 谷 2.16 栗CW稍 81.8 65.5 51.2 37.5 12.0[7]一杯に追う
       プロフェット(古オープン)一杯の内を0.8秒追走0.1秒先着

ファームフェイス
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16. 7ベスト 栗坂稍 1 回 53.1 38.7 25.3 12.6 一杯に追う
 助 手 ■ 栗坂重 1 回 53.9 39.3 25.6 12.6 馬なり余力
★助 手 2.12 栗坂稍 1 回 56.0 40.9 27.0 13.8 馬なり余力
☆助 手 2.15 栗坂良 1 回 54.7 39.7 25.2 12.5 馬なり余力

トワードポラリス
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16. 6ベスト美南W稍 68.7 53.6 39.3 13.5[6]強目に追う
 助 手 ■美南W良 53.8 40.2 13.9[5]一杯に追う
 助 手 ◇美南W良 53.5 39.0 13.6[7]G前仕掛け
  2. 4 美プール
 助 手 2. 5美南W良 59.7 44.8 15.6[4]馬なり余力
★助 手 2. 8美南W良 89.0 72.9 57.4 41.6 15.6[6]一杯に追う
       ハートリッチ(三未勝)馬なりの内を0.4秒追走2.5秒遅れ
 助 手 2.12美南W良 57.8 43.4 15.6[7]馬なり余力
       スピニングスターズ(新馬)馬なりの外同入
☆助 手 2.15美南W良 86.0 70.6 55.6 41.6 14.9[7]一杯に追う
       サンチェサピーク(三未勝)馬なりの外を0.4秒先行1.5秒遅れ

アルテーロ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16.10ベスト 栗坂良 1 回 53.6 39.2 25.3 12.5 一杯に追う
 助 手 ◇ 栗坂重 1 回 54.5 39.7 25.7 12.5 末強目追う
☆助 手 2.15 栗坂良 1 回 56.8 42.9 28.3 13.9 馬なり余力

オーシャンティ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16. 9ベスト美南坂重 2 回 55.6 41.1 27.2 14.0 馬なり余力
 田中勝 ◇美南W良 73.1 57.0 41.6 14.2[6]馬なり余力
★助 手 2. 8美南坂良 2 回 57.1 41.9 27.8 13.9 馬なり余力
 助 手 2.12美南坂良 2 回 56.2 41.4 27.4 13.7 馬なり余力
☆助 手 2.15美南坂良 2 回 54.9 40.5 26.4 13.1 強目に追う

来週のアーリントンCのペルシアンナイトは本当に楽しみ。
後は未勝利勢が着実に勝ち上がってくれればいいのですけど、現状の入厩状況を見ると3月は手薄になりそう。
それだけに目先2週は特に一戦必勝でどの馬も頑張ってもらいたいところです。

[もっと見る]

 藤沢雄二 2017年02月11日() 01:38
目指せ“グランドスラム”!〜POG第37節〜
閲覧 47ビュー コメント 0 ナイス 7

今週のPOG戦線。我が軍からは精鋭牝馬の4騎が出走です。
狙うはもちろん4戦4勝に決まっているじゃないの!

【出走】
・2月11日 東京6R
☆サリネロ(クリストフ・ルメール騎手)
昨秋に京都の新馬戦を勝ったサリネロが、引き続きルメール騎手とのコンビで東京の平場戦に出走です。

サリネロ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16.11ベスト美南W良 70.1 54.1 40.1 13.6[6]馬なり余力
 宮崎北 ■美南W稍 53.3 39.3 13.2[5]馬なり余力
 助 手 1.29美南W良 68.3 53.3 39.4 12.9[5]馬なり余力
       オリンピアスカイ(古500万)強目の内を1.8秒追走同入
★助 手 2. 1美南W良 67.4 52.3 38.8 13.0[5]G前仕掛け
       ワンパーセント(古1000万)馬なりの内を1.8秒追走同入
 助 手 2. 5美南W良 69.5 54.4 40.4 13.7[7]馬なり余力
       ウエヲムイテアルコ(古500万)馬なりの内を2.1秒追走同入
☆菅原隆 2. 8美南W良 67.4 51.9 38.6 13.3[7]馬なり余力
       ウエヲムイテアルコ(古500万)強目の内を追走同入

正直なところ、京都の1200mから東京の1400mに替わるのは微妙だと思いますよ。
ただね『吉田和美さんの外国産馬が新馬戦を勝った直後に東京の1400の平場を使う』というのはアルビアーノと同じという点で期待せずにはいられません。
それに東京の芝は開幕週よりも2週目の方が内を通った馬に有利な印象だったので、4番枠からインの3番手にでも収まればスコーンと突き抜けるシーンはあると思います。
相手本線は逃げるファンタジステラに、インで脚を溜められそうなクリノヤマトオー。決め手あるニシノストーリーに、ボーダーオブザライフ辺りまででしょうか。
ハウメアに印が回らなかったのが完全にフラグっぽいですがw
とにかくサリネロが勝てばいいんです!

・2月11日 小倉10R あすなろ賞
△モーヴサファイア(北村友一騎手)
小倉のあすなろ賞には上記のサリネロと同じ勝負服の△モーヴサファイアが出走します。

モーヴサファイア
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16. 8ベスト 栗坂良 1 回 52.3 37.7 24.4 12.3 末強目追う
 大 下 ■ 栗CW良 85.8 69.2 54.0 39.5 11.8[7]馬なり伸る
 大 下 ◇ 栗CW良 86.0 69.7 54.4 39.6 12.0[8]馬なり余力
★北村友 2. 2 栗CW不 84.9 68.7 54.1 39.4 12.3[8]馬なり余力
       ズアー(三500万)直強目の外を1.7秒先行0.5秒先着
 助 手 2. 5 栗坂稍 1 回 57.3 42.0 27.0 13.3 馬なり余力
☆助 手 2. 8 栗坂重 1 回 52.6 38.9 25.6 12.6 馬なり余力

牝馬がコーナー4回の競馬で牡馬を相手にするのは骨ではありますけど、馬柱の横の比較だと「戦ってきた相手が違う」と胸を張れますね。
新潟2歳S、野路菊Sと1番人気に推されていたことを考えれば『500万下で1番人気にならない』というだけで十分美味しいですし、野路菊Sでは先週のきさらぎ賞を勝ったアメリカズカップと0.1秒差。前走の福寿草特別でこそ4着ですけど、そこで6着だったダノンキングダムがゆりかもめ賞を勝っているわけで、その比較でも500万下の特別なら大威張りできるんじゃないの?
それに先週の東京新聞杯では半兄のブラックスピネルが重賞初制覇と母系の勢いもあります。
さらに、小倉芝2000mのここ2年での種牡馬成績はハービンジャー産駒が最多の10勝を挙げているのも心強い材料。
これだけ材料が集まれば十分に頭から狙えるというものですw
ワンダープチュック、ロードアルバータ、ウインガナドル辺りが相手候補ですけどジャコマルに抜けてくれるとお財布に優しくなるかな。

・2月11日 東京11R クイーンC
△アエロリット(横山典弘騎手)
土曜日の重賞のクイーンCには△アエロリットが出走します。

アエロリット
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 1ベスト美南坂良 1 回 52.9 38.7 25.6 12.7 馬なり余力
 調教師 ■美南坂良 1 回 52.9 38.7 25.6 12.7 馬なり余力
 助 手 1.29美南坂良 1 回 59.3 42.9 28.1 14.0 馬なり余力
★横山典 2. 1美南坂良 1 回 55.3 40.2 26.1 12.6 馬なり余力
 調教師 2. 4美南坂良 1 回 51.7 38.2 25.4 12.6 馬なり余力
☆助 手 2. 8美南坂良 1 回 54.0 39.4 25.5 12.5 馬なり余力

引いた枠が6枠11番とちょっと外かな〜という気はするけど、そこまでテンにバカっ速い馬もいないので、この枠でもラチ沿いに入ることはできるかと。後は坂下ぐらいまで番手で我慢できればスルッと抜け出して歓喜のゴールへ一直線…というのが自分が描いているシナリオ。
サリネロのところでも触れたけど開幕週よりは2週目の方が内を通った馬に有利な印象があるので、よほど力量差がないと外からは届かないと思うのよね。
夜中の今の時点でアエロリットの単勝が11.7倍なんていいオッズだね♪w
ディープインパクト産駒など何するものぞ!
仕事人・横山典弘が魅せてくれるハズです。

・2月5日 東京1R
☆ミンネザング(クリストフ・ルメール騎手)
日曜日は東京の朝イチに☆ミンネザングが出走します。

ミンネザング
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 助 手 ◇美南坂良 1 回 54.2 39.5 25.7 12.7 馬なり余力
  11. 8 美プール
  11.10 美プール
 助 手12. 4美南W良* 58.6 42.2 13.0[9]馬なり余力
 助 手 1.28美南坂良* 1 回 54.2 40.1 26.1 12.9 馬なり余力
★助 手 2. 1美南W良 84.3 68.1 53.8 40.3 13.9[8]一杯に追う
       ブラスロック(古500万)一杯の内を0.8秒追走0.8秒先着
 助 手 2. 5美南W良 55.7 40.0 13.4[8]馬なり余力
       ヨシノザクラ(古500万)馬なりの内を0.5秒追走同入
☆助 手 2. 8美南W良 71.5 55.0 41.6 13.8[6]馬なり余力
       ヨシノザクラ(古500万)馬なりの内を0.6秒追走3F併同入

ディープインパクト産駒でダートを使うのはどうなのよ?ってところなんでしょうけど、未勝利戦ぐらいならダート適性よりも絶対能力の方が色濃く出ると思うんですよね。
土曜日の夜の時点で東京のダートは良馬場発表だけど、木曜日に天気が崩れているからそこまでパサパサのダートってことはないでしょう。比較的脚抜きのいい軽いダートなら問題はないのでは。
実際、先週の日曜日のダートの未勝利戦は初ダート組が頑張っていたしね。
もちろんダートを使うことの不安はありますよ。それでも“調教試験”ぐらいの感覚で突破してもらわないと困るかな。
余談ですけど、このレースで優先出走権持ちは7頭います。仮にこの7頭を好調馬と括ったとしても、黙っていても2頭は未勝利戦での次走の優先出走権を失うわけですよ。こういう時は優先出走権のない組の出番なんですよ。というわけで休み明けのミンネザング、十分にチャンスはありますよ。


【近況】
・在厩
☆ペルシアンナイト(2月25日のアーリントンCへ)
☆ファームフェイス(2月4日の未勝利戦は2着)
☆トワードポラリス(1月5日の中山の未勝利戦は7着→2回中山の1〜2週目のダート1800mの未勝利戦へ)
△オールポッシブル(2月18日の京都芝1400mの500万下or19日のダート1200m)
△モアナ(2月4日の未勝利戦を快勝)
△アルテーロ(2月4日の未勝利戦は3着→3月4日の小倉芝1800mの牝馬限定の未勝利戦へ)
△オーシャンティ(12月11日の未勝利戦は4着)
★ダンビュライト(3月5日の弥生賞へ)
★ラボーナ(2月19日の東京ダート2100mの未勝利戦をルメール騎手で予定)

・放牧
☆アドマイヤウイナー(1月21日の若駒Sは5着)
☆オメガドラクロワ(12月3日の未勝利戦は4着)
☆ファヴール(12月10日の未勝利戦は14着)
△ドロウアカード(白菊賞は3着)
△アーザムブルー(ゆりかもめ賞は5着)
△テンペスト(1月7日の未勝利戦は10着)
★アンティノウス(1月29日の未勝利戦は5着→2月26日の中山ダート1800mの未勝利戦へ)

・故障者リスト
☆ヴァナヘイム(左前脚第三手根骨骨折で全治6ヶ月以上の診断)
☆レッドラシーマ(喉鳴りで手術)
△ダンスウィズユー(骨折で全治3ヶ月)
★ルタンデュボヌール(種子骨骨折で全治9ヶ月)
★アンジュシャルマン(新潟2歳S後に右膝骨折で全治6ヶ月の診断)

【調教】
ペルシアンナイト
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16. 8ベスト 栗坂良 1 回 54.7 39.5 25.3 12.5 馬なり余力
 助 手 ■ 栗CW良 53.7 38.5 11.6[7]一杯に追う
 助 手 ◇ 栗CW良 54.4 39.5 12.2[7]馬なり余力
☆助 手 2. 9 栗坂重 1 回 64.2 45.9 29.5 14.4 馬なり余力

トワードポラリス
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16. 6ベスト美南W稍 68.7 53.6 39.3 13.5[6]強目に追う
 助 手 ■美南W良 53.8 40.2 13.9[5]一杯に追う
 助 手 ◇美南W良 53.5 39.0 13.6[7]G前仕掛け
★助 手 2. 5美南W良 59.7 44.8 15.6[4]馬なり余力
☆助 手 2. 8美南W良 89.0 72.9 57.4 41.6 15.6[6]一杯に追う
       ハートリッチ(三未勝)馬なりの内を0.4秒追走2.5秒遅れ

オールポッシブル
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16.11ベスト 栗CW稍 82.6 65.9 50.3 36.5 11.9[5]一杯追伸る
 助 手 ■ 栗CW不 87.4 69.8 53.0 37.9 12.1[5]馬なり余力
 助 手 ◇ 栗坂重 1 回 54.1 39.3 25.3 12.3 馬なり余力
  1.25 栗プール 2 周
  1.26 栗プール 1 周
  1.28 栗プール
★ 2. 1 栗プール 2 周
☆助 手 2. 8 栗CW不 82.2 66.5 51.2 37.5 12.0[6]馬なり余力

ラボーナ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16.10ベスト美南W良 53.5 39.8 13.6[7]強目に追う
 五十雄 ◇美南坂良 1 回 56.3 41.0 26.5 13.1 馬なり余力
 助 手 1.31美南坂良 1 回 63.7 47.0 30.9 14.8 馬なり余力
★杉 原 2. 2美南W良 69.9 53.9 39.9 13.4[9]強目に追う
 助 手 2. 5美南坂良 1 回 57.6 41.0 26.2 12.8 馬なり余力
       デルカイザー(古1600万)馬なりを0.3秒先行同入
☆助 手 2. 8美南W良 54.6 39.9 13.0[8]G前仕掛け
       ファーブルトン(新馬)馬なりの内を0.4秒追走0.2秒先着

オーシャンティ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16. 9ベスト美南坂重 2 回 55.6 41.1 27.2 14.0 馬なり余力
 田中勝 ◇美南W良 73.1 57.0 41.6 14.2[6]馬なり余力
☆助 手 2. 8美南坂良 2 回 57.1 41.9 27.8 13.9 馬なり余力


来週以降で馬券的に面白そうなのはオーシャンティかな。宗像厩舎はここ2週で3頭の3歳馬が初勝利を挙げているので流れもいいですね。それに島川さんは春菜賞でライズスクリューが大穴を開けたし。
あれを見ているとファヴールも諦めちゃいけませんねw

そしてアーリントンCのペルシアンナイトは今度こそ!
ただね個人的にはアーリントンCとの相性が今一つなのが…(^^;

3年前のミッキーアイルこそ1番人気に応えているものの…
2008年 ポルトフィーノ 8着(1番人気)
2012年 ダローネガ 9着(1番人気)
2013年 ラブリーデイ5着(3番人気)
2015年 ネオルミエール 9着(3番人気)

と5回も上位人気馬を送り込んでいながら3回も掲示板を外しているのが…(白目)

まあミルコならキッチリと仕事をしてくれると思いますけどね。

とにもかくにも月末に繋げるためには今週ですよ、今週。
4つ勝つよ!

[もっと見る]

デルカイザーの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
3:
  むっちぃ   フォロワー:2人 2013年10月20日() 12:43:33
やったー、1着!
この次もよろしく!
2:
  Ryu Kitahara   フォロワー:0人 2013年9月11日(水) 13:44:57
まずまず
1:
  Ryu Kitahara   フォロワー:0人 2013年7月5日(金) 19:06:24
血統は抜群。
馬体はトモが少し寂しくみえるな。
まずは1勝

デルカイザーの写真

デルカイザー

デルカイザーの厩舎情報 VIP

2017年3月5日武庫川ステークス2着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

デルカイザーの取材メモ VIP

2017年3月5日 武庫川ステークス 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。