注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

アルジャンテ(競走馬)

注目ホース
写真一覧
現役 牝4 芦毛 2013年4月30日生
調教師尾関知人(美浦)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績 6戦[3-0-0-3]
総賞金2,898万円
収得賞金1,500万円
英字表記Argente
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ナイキフェイバー
血統 ][ 産駒 ]
Favorite Trick
Sixy Chic
兄弟 テーオーレイチェルナイトバナレット
前走 2016/10/16 神奈川新聞杯
次走予定

アルジャンテの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
16/10/16 東京 12 神奈川新聞杯 1000万下 芝1400 157134.121** 牝3 52.0 横山典弘尾関知人454(-4)1.21.5 -0.134.6⑧⑨スターオブペルシャ
16/09/04 新潟 8 3歳以上500万下 芝1400 185103.911** 牝3 53.0 戸崎圭太尾関知人458(+14)1.20.9 -0.334.6⑨⑧ショウナンアンセム
16/03/13 中山 6 3歳500万下 芝1600 126712.456** 牝3 54.0 津村明秀尾関知人444(-6)1.35.4 0.534.9⑩⑪⑩キャプテンペリー
16/01/11 中山 11 フェアリーS G3 芝1600 167149.058** 牝3 54.0 戸崎圭太尾関知人450(-4)1.35.3 1.035.1⑧⑧⑧ビービーバーレル
15/11/21 東京 2 2歳未勝利 芝1400 188183.411** 牝2 54.0 戸崎圭太尾関知人454(-6)1.22.2 -0.334.7⑤⑤カトルラポール
15/10/25 東京 4 2歳新馬 芝1400 188162.914** 牝2 54.0 吉田豊尾関知人460(--)1.24.0 0.735.4⑧⑧メイプルキング

アルジャンテの関連ニュース

 ◆柴田善騎手(ダイワダッチェス3着) 「上手に走れているんだが、ずっと一生懸命なんだ。少し力を抜いて走れるようになればいい。体が柔らかくて素質はあるね」

 ◆田中勝騎手(コパノマリーン5着) 「能力はあるが、少し気負って走っていたし、直線は外に逃げていた」

 ◆武士沢騎手(ラブリーアモン6着) 「しまいはしっかりと伸びていたし、先につながる競馬はできた。伸びしろはあるし、まだこれから」

 ◆蛯名騎手(リセエンヌ7着) 「ゲート内で少しガタガタしていたが、自分の行けるところで折り合えた。(馬群が)団子状態だったので届くかなと思ったが…。枠順の内外の差もあったかな」

 ◆戸崎騎手(アルジャンテ8着) 「道中でぶつけられたり、いろいろあって伸びてこられなかった」

 ◆コントレラス騎手(レッドシルヴィ10着) 「最初の2コーナーで寄られてつまずいて、馬がムキになっていた」

 ◆池上和師(シーブリーズラブ15着) 「2コーナーと直線で2度不利があって競馬にならなかった」

 

★11日中山11R「フェアリーS」の着順&払戻金はこちら

【フェアリーS】うまやの話2016年01月11日(月) 05:04

〔1〕ボーアムルーズ栗田徹師「素質的にここでも通用するものがあると思う。仕上がりも順調。ただ、もう少しうまく体を使えるようになれば、と思う」

〔2〕ポロス・南田美師「状態はいいが、メンバーもそろっているし、どこまでやれるかだね」

〔3〕コパノマリーン斎藤誠師「素質が高いし、使って前向きさも出た。重賞のここでも楽しみ」

〔4〕ダイワドレッサー・鹿戸雄師「前走は直線で行き場をなくした。マイルにも対応できると思うし、持ち味の決め手を生かせれば」

〔5〕ダイワダッチェス・菊沢徳師「気性的に燃えやすいので、まだ安心はできないが、スムーズに運べれば、ここでも差はないと思う」

〔6〕ビービーバーレル・中舘英師「動きには今までにない迫力を感じる。ここでも差はないと思う」

〔7〕ラシーム栗田徹師「立ち回りはうまいし、ジリっぽい半面、最後までしっかり脚は使う馬。距離も問題ないので楽しみ」

〔8〕フジマサアクトレス・菊川正師「距離はぎりぎりこなせると思う。前に馬を置いて折り合いがつけば、通用していい」

〔9〕レッドシルヴィ・鹿戸雄師「前走くらいのデキにはある。立ち回りひとつで善戦も可能」

〔10〕ラブリーアモン・谷原助手「前走同様のいいデキで臨める。ほとんどが1勝馬で、ヒケは取らないはず」

〔11〕シーブリーズラブ・池上和師「センスが良く、むしろ中山は向いている感じもする」

〔12〕リセエンヌ・佐藤助手「パワーも要求される中山はどうかな。乗り込みは順調で、仕上がりはいい」

〔13〕クードラパン・池内助手「順調。今回はだいぶ相手が楽になるし、好レースを期待している」

〔14〕アルジャンテ・尾関知師「まだ良化の余地は残しているが、だいぶトモはしっかりした。前走の内容なら、マイルでも大丈夫」

〔15〕ルミナスティアラ奥村武師「体はひとまわり大きくなってパワーアップ。センスの良さを生かせれば、楽しみがある」

〔16〕ハマヒルガオ・橋本助手「至って順調。この距離で勝っている馬だし、脚質に幅が出てきたのも好材料。ここでも楽しみ」

[もっと見る]

【フェアリーS】血統診断2016年01月08日(金) 05:05

 距離が1600メートルに変更された2009年以降の連対馬14頭は、すべて父か母の父がサンデーサイレンス系。SSの血を持った仕上がりの早い馬が中心になる。

 最上位評価はクードラパン。父ダイワメジャーは昨年、2歳リーディングサイアーに輝き、2歳女王メジャーエンブレムを出した。このレースは12年に産駒のトーセンベニザクラが勝っている。クードラパンの半兄グランシルク(父ステイゴールド)は昨年、同じ中山マイルのニュージーランドTで2着。叔父に共同通信杯を勝ったブレイクランアウトがおり、3歳戦に強い。

 レッドシルヴィは母が仏2歳GIの優勝馬で、半兄にアルゼンチン共和国杯を勝ったルルーシュ(父ゼンノロブロイ)、同じ中山マイルでオープン特別のジュニアCを勝ったオメガホームラン(父ダイワメジャー)がいる。父ヴィクトワールピサ、その父ネオユニヴァースはともに皐月賞馬で、産駒は中山を得意としている。

 ディープインパクト産駒で、母の父が米2歳王者フェイバリットトリックのアルジャンテ、母の父SSで半兄に昨年のチャレンジCを勝ったフルーキー(父リダウツチョイス)がいるシーブリーズラブなども舞台適性は高い。 (血統取材班)

[もっと見る]

【フェアリーS】厩舎の話2016年01月08日(金) 05:05

 ◆アルジャンテ・尾関師 「ちょうどいいパートナーと併せ馬ができた。前走は思った以上に強く、時計も速かった」

 ◆ダイワダッチェス・菊沢師 「(気持ちが)燃えるタイプ。直前に強くやりたくなかったので、4日に追っています」

 ◆ダイワドレッサー・鹿戸師 「馬がしっかりしてきた。三浦騎手も好感触を得ているので楽しみ」

 ◆ビービーバーレル・中舘師 「調教はオーバーワークにならないように。カイバも食べていますし、体調はよくなっています」

 ◆フジマサアクトレス・菊川師 「落ち着きがあっていい雰囲気。短期放牧をはさんで、馬体もふっくらしている」

 ◆ポロス・南田師 「前走は若さを出したのか、走っていない。初芝ですが、どんな競馬でもできる自在性がある」

 ◆ボーアムルーズ栗田徹師 「先週の動きはもうひとつだったが、今週はよかった。先につながる競馬を」

 ◆ラシーム栗田徹師 「使っている馬だけど硬さはない。体調は安定しているし、前向きだけど力む感じもない」

 ◆ラブリーアモン・谷原師 「いい動きだったね。競馬に慣れて一戦ごとによくなっている」

 ◆リセエンヌ・荒川師 「放牧明けだが、順調に仕上がった。ディープ産駒らしい瞬発力がある」

 ◆ルミナスティアラ・内田騎手 「動きはよかったし、しっかり反応していた」

 ◆レッドシルヴィ・鹿戸師 「体調はよさそう。馬(馬群)の中で競馬ができれば」

[もっと見る]

【フェアリーS】軽快アルジャンテ併入2016年01月07日(木) 11:11

 東京7Fの前走を1分22秒2で勝ったアルジャンテが、美浦坂路で軽快な動きを見せた。内ハッピーダンサーを2馬身リードする流れから、詰め寄られた最後もしぶとく伸びて併入した。

 尾関調教師は、「相手は調教でかなり動くタイプ。放牧を挟んでも緩めてないし、いい状態だ。前走は思った以上に強い競馬。東京の7Fと中山マイルは関連性が深いと思うので、勝った時点でここを使いたいと思っていた」とニッコリ。(夕刊フジ

★フェアリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【2歳新馬】10番人気の伏兵メイプルキングがV 2015年10月25日() 11:37

 25日の東京4R2歳新馬(芝1400メートル)は、長岡禎仁騎手騎乗の10番人気メイプルキング(牡、美浦・高市圭二厩舎)が差し切り勝ち。タイムは1分23秒3(良)。

 内からトリメンダスが先手を取り、バトルキャンデークラウンアゲンと続く。人気のアルジャンテは中団からの競馬。直線に向くと3番手からクラウンアゲンが先頭をうかがうが、馬場の真ん中から一気にメイプルキングが末脚を伸ばし、そのまま勢い良く差し切って3馬身1/2差で快勝した。ゴール前は外からフェイスも伸びてきたが、この追撃をしのいで6番人気クラウンアゲンが2着を確保。クビ差の3着が2番人気のフェイスで、3連単は61万円台の波乱となった。

 メイプルキングは、父キングカメハメハ、母イズミバード、母の父サンデーサイレンスという血統。祖母ロジータは川崎記念、東京大賞典の勝ち馬。おじカネツフルーヴは交流GI帝王賞、川崎記念の勝ち馬。いとこレギュラーメンバーは交流GI・JBCクラシック、川崎記念、ダービーグランプリの勝ち馬。

 長岡騎手は「調教にも乗せてもらっていましたが、芝の走りがいいですね。後ろからの競馬になりましたが、4コーナーを回ったらすぐハミを取ってくれて、最後まで遊ばずにしっかり走ってくれました」と会心の差し切り勝ちをにこやかに振り返っていた。

★25日東京4R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

アルジャンテの関連コラム

閲覧 2,359ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさん、こんにちは。ウマニティ公認プロ予想家のkmです。
今週は、『有馬記念』を中心にお届けしていきます。

このコラムでは、決め撃ち穴馬ハンターのkmが、『過去5年で勝ち馬を出していないデータから今年破られそうな項目』を”データブレイカー”と称し、ウマニティ会員の方だけに独自の見解を交えてお伝えします。
データ競馬全盛期の今だからこそ、”逆張り”が効果的です。データ派の意表を突く、過去の傾向を覆す可能性の高いポイントにズバッと斬り込んでいきますので、ぜひご活用ください。
また、以前コラムとして連載し好評をいただいていた”次走の狙い馬”につきましては、後半部分でご紹介いたします。さらに、おまけコーナーとして”血統診断”も追加しましたので、合わせてお楽しみください。


G1データブレイカー
有馬記念

もういくつ寝るとお正月――今年も残りわずかになりました。
今週は、年末の風物詩『有馬記念』が行われます。
今年は、ジャパンカップキタサンブラックや、昨年の覇者ゴールドアクター、絶好調の里見治氏が送り出す菊花賞サトノダイヤモンドなど、多彩なメンバーが出走を予定しています。
さて、今年最後の栄冠は、どの馬の頭上に輝くのでしょうか?


・前走単勝2人気以下【0.5.4.54】

世界一馬券が売れるレースとしても有名な有馬記念だからこそ、ビギナー層がオッズを壊します。例えば、前走単勝1人気が勝つにも関わらず、勝ち馬は中位人気なこと(2015年ゴールドアクターは単勝8人気など)があります。
TARGETが普及して自称データ派が増殖した今だからこそ、ビギナーが大手を振って参加する有馬記念だからこそ、当コラムの本懐である”逆張り”が威力を発揮するのです。
なぜ前走単勝1人気以外が勝てないのかを考えるよりも、前走単勝1人気馬の弱みを考えてください。
キタサンブラックサトノダイヤモンドマリアライトアルバート…。なんとなく視えてきませんか?人気馬には厳しく、穴馬には緩く接すれば、浮上する馬がいます。
ジャパンカップ2着のサウンズオブアースは、前走5人気。昨年は、ジャパンカップ5人気5着で有馬記念2着でした。今年は、秋初戦からM.デムーロ騎手を確保して悲願のG1獲りに向けて準備万端です。
昨年の覇者ゴールドアクターは、ジャパンカップ4着からの参戦。得意の中山に戻り、巻き返しが期待できます。
いつも人気以上に走るシュヴァルグランは、骨折休養明けの福永祐一騎手が渾身の騎乗を魅せてくれるでしょう。
今年の前走単勝2人気以下の馬たちは、元気です。人気以上の走りを期待できます!

ゴールドアクター→前走単勝3人気(2015有馬記念1着)
サウンズオブアース→前走単勝5人気(ジャパンカップ2着)
サトノノブレス→前走単勝2人気(金鯱賞3着)
シュヴァルグラン→前走単勝6人気(ジャパンカップ3着)
デニムアンドルビー→前走単勝8人気(宝塚記念2着)
マルターズアポジー→前走単勝7人気(福島記念1着)
ミッキークイーン→前走単勝2人気(エリザベス女王杯3着)
ヤマカツエース→前走単勝4人気(金鯱賞1着)

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2016年01月10日() 09:30 みんなの競馬コラム
【フェアリーステークス】血統考察 byうまカレ
閲覧 2,249ビュー コメント 0 ナイス 3

コラムを開いていただいた皆さん、はじめまして!学生団体「うまカレ」で副代表をやっている金沢ユウダイと申します。「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
Twitter  https://twitter.com/derby6_1
ブログ http://derby6-1.hatenablog.com/


さて月曜日にはフェアリーステークスが行われます。3歳牝馬による争い、そしてトリッキーな中山マイルコースということで毎年のように荒れるこのレース。私は血統が大好きなので、簡単に全頭の血統配合をまとめてみます。「とにかく来る馬を教えろ!」という方は1番下の【まとめ】だけ読んでみてください(^^;)



ボーアムルーズ
ダイワチャームは芝1400m〜1800mで3勝を挙げた。Vice Regentらが入るからパワーが優っていて、新馬戦では加速力の違いで抜け出した。中山も合うだろうが能力が足りるかどうか。

ポロス
バトルプラン×マヤノトップガンの字面通りのダート馬の筋肉で、芝の重賞では手が出ない。

コパノマリーン
キタサンブラックコパノリッキーらと同じヤナガワ牧場の生産馬で、母ヴォークリンデはダ1200mで1勝を挙げた。父のHaloクロスを継続する形でHalo4・5×4、母母父もウォーニングだし、母系の奥にはMy Busherというパワー血脈もあり父のように中山向きの機動力があるタイプで舞台は抜群に合う。

ダイワドレッサー
母リバティープリントは芝1200mで新馬勝ち、続くダ1200mの呉竹賞も制した。母母エアリバティージャングルポケットと同じトニービン×Nureyevという配合で、Hyperionの血が濃い。父ネオユニヴァースの母ポインテッドパスもHyperionが濃い配合だから、血統表の半分がHyperionが凝縮されていることになる。Hyperionは持続力が武器だが、その持続力はダイワメジャークラレント、直近の例だとダイワリベラルがマイルに短縮して勝利したように短い距離で活かされることが多い。本馬は母父がフォーティナイナー系スウェプトオーヴァーボードなのでパワーが優って肩が立ったピッチ走法で走るからコーナリングも巧いはずだし、前走の葉牡丹賞は前が詰まってほとんど追えずの競馬で参考外。思えば昨年も距離短縮のノットフォーマルローデッドで決まり、今年の距離短縮馬(芝限定)はこの馬のみだ。

ダイワダッチェス
母ファルネーゼはダ1200m〜1400mで3勝を挙げた。母母ユーキャンドゥイットはMr.Prospector≒Native Royalty2×2(Raise a NativeとNasrullahが共通)という強いクロスを持ちアメリカのGIIIを2勝した。本質はダート短距離血統というべきだが、3代母→母母→母とNasrullahを継続して取り組んでいるから芝のスピード決着に対応できているのだろう。とはいえパワーが優りピッチ走法で走る馬だから中山替わりはプラスだ。

ビービーバーレル
父パイロは中央ではシゲルカガワディなど短距離馬もいるが、他にもエンキンドルブルーボサノヴァや地方で活躍しているパーティメーカーなどがおり、Pulpit×Wild Againらしく持続力のある中距離血統。本馬がパイロ×Silver Hawkの字面以上にスピードがあるのは4代母のFlaming Page≒Dinner Partner2×2(Menow、Bull Dog、Blue Larkspurが共通)というクロスの影響のように思える。このスピードをパイロ×Silver Hawkで持続させているというイメージだ。母父の代表産駒であるグラスワンダーを彷彿とさせるような掻き込み走法だから中山は合うはずで、ここを狙い澄ましたローテションにも好感が持てる。

ラシーム
母は最近アンビシャスを輩出したカーニバルソングの姉で、父がブラックタイドだからアンビシャスとは3/4同血(父ブラックタイドディープインパクト、母母カルニオラが共通)ということになる。母父がCaerleonだからか、筋肉量は豊富で同じ母父を持つダノンシャークのような外回り向きのマイラーのように思える。前走はドーヴァー→アーバンキットというハイレベルな1戦の6着は好内容といえ、人気以上に実力のある馬だとは思うが先述したように外回りが合うタイプだろう。

フジマサアクトレス
ステファニーチャンは1200m時代のフェアリーSで3着、報知杯4歳牝馬特別で2着、4歳の夏にOPのバーデンバーデンカップを制するなど活躍した。血統的にも魅力があり、Nothern Dancer3×3、Buckpasser4×3、Nasrullah5×5という父母相似配合をしている。新潟2歳S2着のツクバホクトオーが代表産駒だが、他にも地方6勝馬なども輩出しており優秀な繁殖牝馬といえる。前走の京王杯はスローペースを追い込んでの9着で内容的には評価できるが、父母ともに流れるフランス血統の影響か、どちらかというとストライドで走るので外回り向きで中山替わりはどうか。

レッドシルヴィ
母父Highest Honorはその父KenmareがNasrullah4×4、母がRiverman×Sir GaylordとNasrullah血脈を強く持っているのでレーヴドスカーの産駒に代表されるように斬れ味が魅力。本馬もヴィクトワールピサ産駒にしては体質が柔らかいが、前走のようにマイルだとやや置いて行かれて俊敏な反応が出来ないのがどうか。

ラブリーアモン
遡ればライスシャワーと同じユートピア牧場の牝系で、3代母クリヤングがNearctic≒Hell’s Fury2×3の3/4同血クロス、そこにバイアモンを配された母母クリアモンはNearctic5×4・6、更にメジロライアンを配された母ミスアモンはNothern Dancer=ノーザンネイティヴ4×3という興味深い配合をしている。父ソングオブウインドは血統好きなら誰もが唸る「あの」エルコンドルパサー産駒で、牝系は社台の名門ファンシミン、母父はメジロライアンという実に日本らしい血統だ。血統だけでなく、前走は2着ウムブルフがいなければ3着馬を6馬身離した圧勝で、現にウムブルフは次走未勝利戦を楽勝している。エルコンドルパサーらしいピッチ走法だから中山替わりは歓迎で、これといった先行馬がいなければ逃げても良い。ちなみに昨年もエルコンドルパサーの仔、ヴァーミリアン産駒のノットフォーマルが逃げ切っている。穴ならこれだろう。

シーブリーズラブ
フルーキーの半妹。母サンデースマイル兇Buckpasserの母として有名なBusandaで、父カジノドライヴはStriking=Busher=Mr. Busher7・7×5だから、Striking=Busher=Mr. Busher≒Busanda8・8・6×6とLa Troienne+War Admiral血脈を4本持つことになる。体質はサンデーサイレンスが入ることなどにより柔らかいが、やはり肩が立った強烈なピッチ走法で東京の未勝利を加速力の違いで勝ち上がってきた。中山替わりは歓迎だが、内枠で脚を貯めて一瞬の脚で抜け出したいタイプなのでこの枠はマイナスだろう。

リセエンヌ
母父Monsunを1/4異系に使っているが、母母がIn The Wingsなど重厚な血脈が続き、全兄サトノダイレンサほどではないが、やはりエンジンの掛かりが遅いタイプ。こういうタイプでもローデッドのように能力があれば来れるが果たしでどこまで。緩いストライドで走るから、このコースでも外枠は歓迎だろう。

クードラパン
グランシルクの3/4妹で、叔父にブレイクランアウトがいる血統。母母キューはNothern Dancer4×4、Bold Ruler4×4、Prince John5×5など相似配合になっていて切れを伝える繁殖といえる。本馬の場合は母父に重厚なDynaformerが入るため、体質は柔らかいが、追ってもストライドが伸びず、どこの競馬場でも器用に走れるタイプ。とはいえ外回りでディープ産駒と瞬発力勝負では厳しいから中山替わりはプラス。内枠が欲しかった。

アルジャンテ
ナイキフェイバーは芝1200mで2勝を挙げたスプリンター。産駒はPromised Landのクロスになるから筋肉量は多いものの、3/4兄ナイフリッジのように柔らかく外回りで斬れる馬になりやすい。距離延長は問題なく、柔らかく斬れるから外枠も歓迎で、騎手も含め昨年のローデッドのようなイメージだ。

ルミナスティアラ
ルミナスウォリアーの全妹だが、兄より脚が短くピッチ走法で走るから距離短縮は歓迎。ただこの枠だと手が出ない。

ハマヒルガオ
テンダリーヴォイスの半妹で、その姉は昨年のフェアリーSで3着。姉のようにディープインパクト×キングカメハメハだとAlzao≒ラストタイクーンというニアリークロスになるので、ダニムアンドルビーに代表されるように斬れが増幅される。本馬は母母ブロードアピールクロフネだから姉以上にパワー型。芝の重賞で勝ち負けとなるともう少し柔らかさがほしいところだ。


【まとめ】
陸上の短距離選手とマラソン選手を見れば分かるように、パワー型の方が瞬間的な加速力に優れます。トリッキーな中山コース、特に1600mとなればそんな瞬間的な脚を使えるタイプを選びたいですが、重賞レベルになってくると一定の持続力も問われます。その中で今回穴として推したいのはラブリーアモン。父父エルコンドルパサーらしいピッチ走法で器用さもあり、ユートピア牧場の牝系にメジロライアンと配され持続力もあるタイプです。フェアリーステークスはノットフォーマル(父ヴァーミリアン)、ニシノアカツキ(父オペラハウス)、ウキヨノカゼ(父オンファイア)のように地味目の血統が好走するレースでもあります。

ビービーバーレルは母父Silver Hawkの代表産駒グラスワンダーを彷彿とさせる掻き込み走法で走るため中山は間違いなく合うタイプ、ダイワダッチェスシーブリーズラブもピッチ走法で走るので中山は問題ありません。

今回のディープインパクト産駒2頭(リセエンヌアルジャンテ)は、緩いストライド(一歩が大きい)で走るので、教科書的な「内で脚を貯めて抜け出す」という競馬には向きません。エンジンの掛かりが遅いので、距離ロスがあったとしても、昨年のローデッドのように外から惰性を付けて上がっていく形がベストです。2頭の外枠はプラスでしょう。

最後に大穴でダイワドレッサーラシームを挙げておきます。

【参考】
日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html



執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

アルジャンテの口コミ


口コミ一覧

フェアリーS観戦

 レオ様 2016年01月14日(木) 09:14

閲覧 96ビュー コメント 0 ナイス 2

先週は中山競馬場へフェアリーSを見に行っています。
馬券は単勝14と6も買うつもりでしたが
最終的にアルジャンテ中心に買っていました。
写真はここで出した3連単ですが3点じゃなかなか当たらないですね^^;
結局は見立て通りビービーバーレルが逃げて完勝、
アルジャンテは不利もありましたが勝負所で動けなかったことや
距離も長かったのかもしれません。
競馬場は寒くて出資馬は負けて悔しい思いはしましたが、
応援に行って楽しかったです^^

 レオ様 2016年01月10日() 18:21
おまけ
閲覧 81ビュー コメント 0 ナイス 1

アルジャンテと併せたハッピーダンサーが
体を使ったいい走りに見えました。
同じ日の中山4レースに出走するみたいです。
ちょっと人気になりそうですが
こちらも単勝買って応援したいと思います。

[もっと見る]

 レオ様 2016年01月10日() 18:02
フェアリーSの買い目
閲覧 160ビュー コメント 0 ナイス 1

シンザン記念のショウナンアヴィドは大外から位置を取れずに惨敗でした。
京都の芝は内が有利ですが中山はやや3〜4分所が伸びていると見ています。
シンザン記念は前半のペースが早くなりましたが、
フェアリーSはゆったり流れそうな気がします。
フェアリーSの調教で注目していたのは6、ビービーバーレル。
枠もいいところですしそのまま先行して末脚もあるので
そのまま本命にしてみます。
そして出資者目線?ですが14、アルジャンテにも注目します。
前走も大外からやや出遅れも前半から位置を取りに行って
しかも直線も伸びて時計も出しています。
今回も抜けた馬がおらずスローに流れるなら
外から中団の前辺りに位置を取って
最後は伸びるところへ出せばチャンスはあるのではと思います。
他はルミナスティアラと今回は勝浦騎手で前でレースをしそうなラシームまで。
馬券は6→14→15 14→6→15 6→14→7
個人的に単勝14(応援馬券)

[もっと見る]

アルジャンテの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
1:
  ヨッシー   フォロワー:3人 2015年11月21日() 11:11:13
追いかける価値ウマ

アルジャンテの写真

投稿写真はありません。

アルジャンテの厩舎情報 VIP

2016年10月16日神奈川新聞杯1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アルジャンテの取材メモ VIP

2016年10月16日 神奈川新聞杯 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。