ノットフォーマル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ノットフォーマル
写真一覧
現役 牝5 黒鹿毛 2012年3月17日生
調教師中野栄治(美浦)
馬主芳賀 克也
生産者千代田牧場
生産地新ひだか町
戦績27戦[3-1-1-22]
総賞金8,247万円
収得賞金1,950万円
英字表記Not Formal
血統 ヴァーミリアン
血統 ][ 産駒 ]
エルコンドルパサー
スカーレットレディ
リミッターブレイク
血統 ][ 産駒 ]
マンハッタンカフェ
トロフィーポイント
兄弟 ステラトーキョウシトラス
前走 2017/08/27 朱鷺ステークス OP
次走予定

ノットフォーマルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/08/27 新潟 10 朱鷺S OP 芝1400 106620.0710** 牝5 54.0 江田照男中野栄治472(+2)1.21.4 0.735.8ワンスインナムーン
17/07/30 札幌 11 クイーンS G3 芝1800 13711116.51112** 牝5 55.0 江田照男中野栄治470(0)1.48.2 2.536.5⑫⑧⑥⑩アエロリット
17/06/25 東京 11 パラダイスS OP 芝1400 91110.546** 牝5 54.0 江田照男中野栄治470(-2)1.21.9 1.034.4ウインガニオン
17/05/21 東京 10 フリーウェイ 1600万下 芝1400 1861232.9111** 牝5 53.0 江田照男中野栄治472(-2)1.20.6 -0.034.0ロイヤルストリート
17/04/30 東京 10 晩春S 1600万下 芝1400 117972.7116** 牝5 55.0 江田照男中野栄治474(+4)1.20.3 0.234.8ビップライブリー
17/04/16 中山 12 春興S 1600万下 芝1600 16816167.71516** 牝5 53.0 江田照男中野栄治470(+14)1.35.2 2.735.6⑥⑬⑯ヒーズインラブ
16/08/11 門別 11 ブリーダーズ G3 ダ2000 10--------9** 牝4 56.0 勝浦正樹中野栄治456(--)2.13.7 5.0----アムールブリエ
16/07/31 札幌 11 クイーンS G3 芝1800 136987.41213** 牝4 55.0 柴山雄一中野栄治450(-8)1.49.6 1.935.5⑦⑥⑦⑨マコトブリジャール
16/07/09 福島 11 阿武隈S 1600万下 芝1800 126730.4911** 牝4 54.0 杉原誠人中野栄治458(-2)1.49.6 1.536.9⑦⑧ウインインスパイア
16/06/12 東京 10 多摩川S 1600万下 芝1600 153577.81312** 牝4 54.0 江田照男中野栄治460(-8)1.33.9 1.135.7ヤングマンパワー
16/04/23 福島 11 福島牝馬S G3 芝1800 1661176.91616** 牝4 54.0 黛弘人中野栄治468(0)1.49.5 2.036.0⑪⑩⑥⑩マコトブリジャール
15/12/19 中山 11 ターコイズS G 芝1600 162419.9914** 牝3 52.0 柴田大知中野栄治468(+2)1.36.3 0.633.8⑮⑯⑯シングウィズジョイ
15/11/15 福島 11 福島記念 G3 芝2000 165924.61216** 牝3 51.0 黛弘人中野栄治466(+2)2.05.3 2.839.9⑨⑩⑨⑧ヤマカツエース
15/10/18 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 18816195.51715** 牝3 55.0 黛弘人中野栄治464(+6)1.58.2 1.336.6ミッキークイーン
15/09/12 中山 11 紫苑S OP 芝2000 18118.6415** 牝3 54.0 黛弘人中野栄治458(+8)2.02.1 1.936.9クインズミラーグロ
15/08/02 札幌 11 クイーンS G3 芝1800 104412.064** 牝3 52.0 黛弘人中野栄治450(-6)1.47.3 0.235.3メイショウスザンナ
15/05/24 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 18816198.31513** 牝3 55.0 黛弘人中野栄治456(+4)2.26.7 1.736.5ミッキークイーン
15/04/12 阪神 11 桜花賞 G1 芝1600 1823255.6165** 牝3 55.0 黛弘人中野栄治452(-8)1.36.9 0.934.3レッツゴードンキ
15/03/21 中山 11 フラワーC G3 芝1800 162312.0512** 牝3 55.0 黛弘人中野栄治460(+2)1.50.6 1.236.2⑤⑤⑤⑤アルビアーノ
15/01/12 中山 11 フェアリーS G3 芝1600 162434.9111** 牝3 54.0 黛弘人中野栄治458(-8)1.35.2 -0.135.2ローデッド

⇒もっと見る


ノットフォーマルの関連ニュース

 10月5日(木)に大井競馬場で行われるレディスプレリュードのJRA所属の出走予定馬および補欠馬が9月18日、発表された。



 「第14回レディスプレリュード」(大井競馬場、交流GII、3歳以上オープン、牝馬、別定、ダート・右1800メートル)



【JRA所属の出走予定馬】5頭アンジュデジール(3歳、栗東・昆貢厩舎、騎手未定)クイーンマンボ(3歳、栗東・角居勝彦厩舎、クリストフ・ルメール騎手)ホワイトフーガ(5歳、美浦・高木登厩舎、騎手未定)マイティティー(5歳、栗東・本田優厩舎、騎手未定)ワンミリオンス(4歳、栗東・小崎憲厩舎、騎手未定)



【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.サルサディオーネ2.ノットフォーマル3.タイニーダンサー4.ヴォカツィオーネ5.ヴァローア

【京成杯オータムハンデキャップ】特別登録馬2017年9月3日() 17:30

[もっと見る]

【古馬次走報】フィドゥーシア、産経賞セントウルSへ2017年8月2日(水) 05:00

 ★アイビスサマーダッシュを制覇したラインミーティア(美・水野、牡7)、3着レジーナフォルテ(美・佐藤吉、牝3)はともに放牧に出る。2着フィドゥーシア(栗・松元、牝5)は産経賞セントウルS(9月10日、阪神、GII、芝1200メートル)へ。6着ラインスピリット(栗・松永昌、牡6)は北九州記念(20日、小倉、GIII、芝1200メートル)の予定。

 ★クイーンS3着クインズミラーグロ(美・和田道、牝5)は放牧に出る。府中牝馬S(10月14日、東京、GII、芝1800メートル)で戦列復帰へ。7着マキシマムドパリ(栗・松元、牝5)は京都大賞典(10月9日、京都、GII、芝2400メートル)からエリザベス女王杯(11月12日、京都、GI、芝2200メートル)。12着ノットフォーマル(美・中野、牝5)は朱鷺S(27日、新潟、OP、芝1400メートル)に向かう。

 ★皐月賞17着後、休養しているアダムバローズ(栗・角田、牡3)は脚元と相談しながらになるが、神戸新聞杯(9月24日、阪神、GII、芝2400メートル)から菊花賞(10月22日、京都、GI、芝3000メートル)に向かう。

 ★佐渡Sを快勝したロッカフラベイビー(美・鹿戸、牝5)は新潟記念(9月3日、新潟、GIII、芝2000メートル)へ。ここには七夕賞2着マイネルフロスト(美・高木、牡6)も出走予定。

 ★CBC賞14着タイムトリップ(美・菊川、牡3)は内田騎手と新コンビを組んでキーンランドC(27日、札幌、GIII、芝1200メートル)へ向かう。

 ★昨秋のポートアイランドS5着後、戦列を離れているマイネルホウオウ(美・畠山、牡7)は間に合えば朱鷺Sへ。

 ★岩室温泉特別を勝ったストロングトリトン(美・鹿戸、セン5)はNST賞(20日、新潟、OP、ダ1200メートル)が視野に。

[もっと見る]

【クイーンS】レースを終えて…関係者談話2017年7月31日(月) 05:04

 ◆藤岡康騎手(クインズミラーグロ3着) 「ゲートのタイミングが合わず後ろからになった。開幕週の馬場を考えると、後ろからよく伸びてくれています」

 ◆勝浦騎手(クロコスミア4着) 「以前より粘りが増していた。前走のレコード勝ちが伊達ではなかったし、今後も楽しみ」

 ◆蛯名騎手(エテルナミノル5着) 「外々を回らされる形になってしまったけど、よく伸びている」

 ◆藤岡佑騎手(マキシマムドパリ7着) 「自分から動いていく競馬をしたかったけど、周りの馬も速く、後手後手になってしまった」

 ◆古川騎手(ハツガツオ8着) 「内々でしぶとく伸びてきたし、よく頑張っている。次が楽しみ」

 ◆池添騎手(ヤマカツグレース9着) 「4コーナーもいい形で回ってきたけど直線で伸び切れなかった」

 ◆川田騎手(パールコード10着) 「返し馬もゲート裏も雰囲気はすごくいいのですが、競馬にいくとどうしても走れなくなっています」

 ◆江田照騎手(ノットフォーマル12着) 「スタートで寄られてしまった。きょうは自分のリズムで運べなかった」

 ◆四位騎手(シャルール13着) 「なし崩しに脚を使っている感じで、最後は踏ん張りが利かなかった」

★30日札幌11R「クイーンステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【クイーンS】クロコが目立つ!逃走Vもう一丁 2017年7月28日(金) 05:05

 札幌のクイーンSは、逃げ・先行馬で勝負! 開幕週で絶好の良馬場が見込まれ、人気を集めるGI馬2頭が差し・追い込みタイプ。そこで浮上するのがクロコスミアだ。前走は同じく開幕週だった函館で逃げてレコードV。今回も馬場と展開を味方にあっと言わせる。

 開幕週はお任せだ。函館開催がスタートした週に北斗特別をレコードタイムで逃げ切ったクロコスミアが、今度は札幌で重賞取りを狙っている。

 「無理して走ったわけではないし、レコードの反動はないですね。いったん放牧に出して8日に札幌に入りましたが、2歳の夏以来のカイバ食いのよさ。前走以上の状態ですよ」

 担当の北添助手が好調を伝えた。今週の札幌は好天に恵まれ絶好の馬場状態。“開幕週は先行有利”の定説どおりになるのは明らかで、同型のノットフォーマルはいるものの、スピードは負けておらず、少なくとも2番手で競馬をするのは確実だ。

 コンビを組むのは一昨年夏のデビュー戦から3歳春まで手綱を取った勝浦騎手。コンビで札幌2歳SアルテミスSで3着がある。約1年3カ月ぶりの騎乗を「すごく楽しみです」と話す。「デビュー前の調教から、感じるものがあった馬。とにかく頑張り屋で、最後まであきらめない。久々に乗って変化を感じられると思う。GI馬もいて相手はそろうけど、頂いたチャンスですから」と、臆するところはない。

 過去10年で2007年アサヒライジング、08年ヤマニンメルベイユ、10年アプリコットフィズと3頭が4コーナー先頭でV。今年はクロコスミアの逃走劇が札幌の開幕を熱くしそうだ。 (柴田章利)

★前走函館で28年11カ月ぶりレコード更新

 クロコスミアは前走・北斗特別(函館芝1800メートル)を2ハロン目から11秒台半ばのラップを刻み、ラスト1ハロン12秒0で2着に2馬身半差をつけて逃げ切った。勝ちタイムの1分45秒7は、1988年の青函トンネル開通記念でボールドノースマンがマークした1分46秒0を28年11カ月ぶりに破るレコードタイムだった。

クイーンSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【クイーンS】厩舎の話2017年7月28日(金) 05:04

 ◆アエロリット・菊沢師 「完成ではないが成長している。いろいろな意味で試金石の一戦」

 ◆アドマイヤリード・須貝師 「体の張りが良く、毛づやもいい。精神的にもリラックスしている」

 ◆エテルナミノル・蛯名騎手 「相手が強い。時計がかかる馬場になってくれるといい」

 ◆クインズミラーグロ・峰尾助手 「前回の追い切りからチークピーシズ着用で、集中できている」

 ◆クロコスミア・北添助手 「今は本当に体調がいいし、滞在のいい効果が出ている」

 ◆シャルール・額田助手 「調教では口向きは気にならないが、レースでかむところがあり、リングバミを装着」

 ◆トーセンビクトリー・辻野助手 「だいぶ動きが素軽くなってきた。今週の追い切りでさらに良くなると思う」

 ◆ノットフォーマル・黛騎手 「いいときの状態に戻っていますね」

 ◆ハツガツオ・岩下厩務員 「元気だし、洋芝も合っているので」

 ◆パールコード・片山助手 「今年一番元気だな、と(中内田)先生も言っていた」

 ◆マキシマムドパリ・藤岡佑騎手 「キビキビとしていたし、息の入りもよかった」

 ◆ヤマカツグレース・池添騎手 「状態はすごく良さそう。51キロの斤量を生かしたい」

 ◆ラインハート・鵜木助手 「先週に重い馬場でしまいビッシリ。オーバーワークにならないように軽めの調整」

クイーンSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ノットフォーマルの関連コラム

閲覧 1,867ビュー コメント 0 ナイス 2

週末のメイン競走を、伊吹雅也プロがある一つのデータに注目して分析する人気コーナー。
<<さらにプラス1!>>データも交え今週末のあなたの予想をバックアップする、ウマニティ会員専用コラムを是非ご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2016年07月31日(日) 札幌11R 北海道新聞杯 クイーンステークス
【“JRAのG機匹砲いて5着以内となった経験の有無別成績(2010年以降)】
●あり [6-4-3-21](複勝率38.2%)
●なし [0-2-3-35](複勝率12.5%)
→波乱の決着となった年を含め、連対馬の大半はG気覗雲錣靴燭海箸里△詛蓮F段姪佻燭鮃圓辰診呂里Δ繊◆JRAのG機匹砲いて5着以内となった経験があるのは、チェッキーノノットフォーマルメイショウスザンナレッドリヴェールの4頭だけです。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2016年6月21日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2016年06月21日号
閲覧 4,168ビュー コメント 0 ナイス 6

▼2016年06月26日(日) 阪神11R 宝塚記念
【“JRA、かつ4コーナーを3番手以内で通過した重賞”における優勝経験の有無別成績(2010年以降)】
●あり [6-5-4-29](複勝率34.1%)
●なし [0-1-2-41](複勝率6.8%)
→4コーナー4番手以下のポジションからしか重賞を勝っていない馬は過信禁物。ちなみに、1986年以降、かつ馬場状態が稍重、重、不良だった年(1988年、1995年、2006年、2007年、2008年、2010年)の宝塚記念も、“JRA、かつ4コーナーを3番手以内で通過した重賞”において優勝経験のない馬は[0-2-2-40](複勝率9.1%)と苦戦していました。

▼2016年06月25日(土) 函館11R 大沼ステークス
【馬齢別成績(2009年以降)】
●6歳以下 [7-7-6-48](複勝率29.4%)
●7歳以上 [0-0-1-18](複勝率5.3%)
→高齢馬は評価を下げた方が良さそう。また、枠番が1〜3枠だった馬も2009年以降[0-0-2-19](複勝率9.5%)と安定感を欠いています。

▼2016年06月26日(日) 東京11R パラダイスステークス
【中央場所の重賞かオープン特別における優勝経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [3-1-3-14](複勝率33.3%)
●なし [0-2-0-17](複勝率10.5%)
→実績馬を素直に重視したい一戦。特別登録を行った馬のうち、中央場所の重賞かオープン特別において優勝経験があるのは、シャイニーガールショウナンアチーヴタガノブルグノットフォーマルホウライアキコミッキーラブソングの6頭だけです。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。2016年4月13日に最新刊『コース別 本当に儲かる血統大全』(ガイドワークス)が発売された。

[もっと見る]

2016年1月10日() 09:30 みんなの競馬コラム
【フェアリーステークス】血統考察 byうまカレ
閲覧 2,578ビュー コメント 0 ナイス 3

コラムを開いていただいた皆さん、はじめまして!学生団体「うまカレ」で副代表をやっている金沢ユウダイと申します。「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
Twitter  https://twitter.com/derby6_1
ブログ http://derby6-1.hatenablog.com/


さて月曜日にはフェアリーステークスが行われます。3歳牝馬による争い、そしてトリッキーな中山マイルコースということで毎年のように荒れるこのレース。私は血統が大好きなので、簡単に全頭の血統配合をまとめてみます。「とにかく来る馬を教えろ!」という方は1番下の【まとめ】だけ読んでみてください(^^;)



ボーアムルーズ
ダイワチャームは芝1400m〜1800mで3勝を挙げた。Vice Regentらが入るからパワーが優っていて、新馬戦では加速力の違いで抜け出した。中山も合うだろうが能力が足りるかどうか。

ポロス
バトルプラン×マヤノトップガンの字面通りのダート馬の筋肉で、芝の重賞では手が出ない。

コパノマリーン
キタサンブラックコパノリッキーらと同じヤナガワ牧場の生産馬で、母ヴォークリンデはダ1200mで1勝を挙げた。父のHaloクロスを継続する形でHalo4・5×4、母母父もウォーニングだし、母系の奥にはMy Busherというパワー血脈もあり父のように中山向きの機動力があるタイプで舞台は抜群に合う。

ダイワドレッサー
母リバティープリントは芝1200mで新馬勝ち、続くダ1200mの呉竹賞も制した。母母エアリバティージャングルポケットと同じトニービン×Nureyevという配合で、Hyperionの血が濃い。父ネオユニヴァースの母ポインテッドパスもHyperionが濃い配合だから、血統表の半分がHyperionが凝縮されていることになる。Hyperionは持続力が武器だが、その持続力はダイワメジャークラレント、直近の例だとダイワリベラルがマイルに短縮して勝利したように短い距離で活かされることが多い。本馬は母父がフォーティナイナー系スウェプトオーヴァーボードなのでパワーが優って肩が立ったピッチ走法で走るからコーナリングも巧いはずだし、前走の葉牡丹賞は前が詰まってほとんど追えずの競馬で参考外。思えば昨年も距離短縮のノットフォーマルローデッドで決まり、今年の距離短縮馬(芝限定)はこの馬のみだ。

ダイワダッチェス
母ファルネーゼはダ1200m〜1400mで3勝を挙げた。母母ユーキャンドゥイットはMr.Prospector≒Native Royalty2×2(Raise a NativeとNasrullahが共通)という強いクロスを持ちアメリカのGIIIを2勝した。本質はダート短距離血統というべきだが、3代母→母母→母とNasrullahを継続して取り組んでいるから芝のスピード決着に対応できているのだろう。とはいえパワーが優りピッチ走法で走る馬だから中山替わりはプラスだ。

ビービーバーレル
父パイロは中央ではシゲルカガワディなど短距離馬もいるが、他にもエンキンドルブルーボサノヴァや地方で活躍しているパーティメーカーなどがおり、Pulpit×Wild Againらしく持続力のある中距離血統。本馬がパイロ×Silver Hawkの字面以上にスピードがあるのは4代母のFlaming Page≒Dinner Partner2×2(Menow、Bull Dog、Blue Larkspurが共通)というクロスの影響のように思える。このスピードをパイロ×Silver Hawkで持続させているというイメージだ。母父の代表産駒であるグラスワンダーを彷彿とさせるような掻き込み走法だから中山は合うはずで、ここを狙い澄ましたローテションにも好感が持てる。

ラシーム
母は最近アンビシャスを輩出したカーニバルソングの姉で、父がブラックタイドだからアンビシャスとは3/4同血(父ブラックタイドディープインパクト、母母カルニオラが共通)ということになる。母父がCaerleonだからか、筋肉量は豊富で同じ母父を持つダノンシャークのような外回り向きのマイラーのように思える。前走はドーヴァー→アーバンキットというハイレベルな1戦の6着は好内容といえ、人気以上に実力のある馬だとは思うが先述したように外回りが合うタイプだろう。

フジマサアクトレス
ステファニーチャンは1200m時代のフェアリーSで3着、報知杯4歳牝馬特別で2着、4歳の夏にOPのバーデンバーデンカップを制するなど活躍した。血統的にも魅力があり、Nothern Dancer3×3、Buckpasser4×3、Nasrullah5×5という父母相似配合をしている。新潟2歳S2着のツクバホクトオーが代表産駒だが、他にも地方6勝馬なども輩出しており優秀な繁殖牝馬といえる。前走の京王杯はスローペースを追い込んでの9着で内容的には評価できるが、父母ともに流れるフランス血統の影響か、どちらかというとストライドで走るので外回り向きで中山替わりはどうか。

レッドシルヴィ
母父Highest Honorはその父KenmareがNasrullah4×4、母がRiverman×Sir GaylordとNasrullah血脈を強く持っているのでレーヴドスカーの産駒に代表されるように斬れ味が魅力。本馬もヴィクトワールピサ産駒にしては体質が柔らかいが、前走のようにマイルだとやや置いて行かれて俊敏な反応が出来ないのがどうか。

ラブリーアモン
遡ればライスシャワーと同じユートピア牧場の牝系で、3代母クリヤングがNearctic≒Hell’s Fury2×3の3/4同血クロス、そこにバイアモンを配された母母クリアモンはNearctic5×4・6、更にメジロライアンを配された母ミスアモンはNothern Dancer=ノーザンネイティヴ4×3という興味深い配合をしている。父ソングオブウインドは血統好きなら誰もが唸る「あの」エルコンドルパサー産駒で、牝系は社台の名門ファンシミン、母父はメジロライアンという実に日本らしい血統だ。血統だけでなく、前走は2着ウムブルフがいなければ3着馬を6馬身離した圧勝で、現にウムブルフは次走未勝利戦を楽勝している。エルコンドルパサーらしいピッチ走法だから中山替わりは歓迎で、これといった先行馬がいなければ逃げても良い。ちなみに昨年もエルコンドルパサーの仔、ヴァーミリアン産駒のノットフォーマルが逃げ切っている。穴ならこれだろう。

シーブリーズラブ
フルーキーの半妹。母サンデースマイル兇Buckpasserの母として有名なBusandaで、父カジノドライヴはStriking=Busher=Mr. Busher7・7×5だから、Striking=Busher=Mr. Busher≒Busanda8・8・6×6とLa Troienne+War Admiral血脈を4本持つことになる。体質はサンデーサイレンスが入ることなどにより柔らかいが、やはり肩が立った強烈なピッチ走法で東京の未勝利を加速力の違いで勝ち上がってきた。中山替わりは歓迎だが、内枠で脚を貯めて一瞬の脚で抜け出したいタイプなのでこの枠はマイナスだろう。

リセエンヌ
母父Monsunを1/4異系に使っているが、母母がIn The Wingsなど重厚な血脈が続き、全兄サトノダイレンサほどではないが、やはりエンジンの掛かりが遅いタイプ。こういうタイプでもローデッドのように能力があれば来れるが果たしでどこまで。緩いストライドで走るから、このコースでも外枠は歓迎だろう。

クードラパン
グランシルクの3/4妹で、叔父にブレイクランアウトがいる血統。母母キューはNothern Dancer4×4、Bold Ruler4×4、Prince John5×5など相似配合になっていて切れを伝える繁殖といえる。本馬の場合は母父に重厚なDynaformerが入るため、体質は柔らかいが、追ってもストライドが伸びず、どこの競馬場でも器用に走れるタイプ。とはいえ外回りでディープ産駒と瞬発力勝負では厳しいから中山替わりはプラス。内枠が欲しかった。

アルジャンテ
ナイキフェイバーは芝1200mで2勝を挙げたスプリンター。産駒はPromised Landのクロスになるから筋肉量は多いものの、3/4兄ナイフリッジのように柔らかく外回りで斬れる馬になりやすい。距離延長は問題なく、柔らかく斬れるから外枠も歓迎で、騎手も含め昨年のローデッドのようなイメージだ。

ルミナスティアラ
ルミナスウォリアーの全妹だが、兄より脚が短くピッチ走法で走るから距離短縮は歓迎。ただこの枠だと手が出ない。

ハマヒルガオ
テンダリーヴォイスの半妹で、その姉は昨年のフェアリーSで3着。姉のようにディープインパクト×キングカメハメハだとAlzao≒ラストタイクーンというニアリークロスになるので、ダニムアンドルビーに代表されるように斬れが増幅される。本馬は母母ブロードアピールクロフネだから姉以上にパワー型。芝の重賞で勝ち負けとなるともう少し柔らかさがほしいところだ。


【まとめ】
陸上の短距離選手とマラソン選手を見れば分かるように、パワー型の方が瞬間的な加速力に優れます。トリッキーな中山コース、特に1600mとなればそんな瞬間的な脚を使えるタイプを選びたいですが、重賞レベルになってくると一定の持続力も問われます。その中で今回穴として推したいのはラブリーアモン。父父エルコンドルパサーらしいピッチ走法で器用さもあり、ユートピア牧場の牝系にメジロライアンと配され持続力もあるタイプです。フェアリーステークスノットフォーマル(父ヴァーミリアン)、ニシノアカツキ(父オペラハウス)、ウキヨノカゼ(父オンファイア)のように地味目の血統が好走するレースでもあります。

ビービーバーレルは母父Silver Hawkの代表産駒グラスワンダーを彷彿とさせる掻き込み走法で走るため中山は間違いなく合うタイプ、ダイワダッチェスシーブリーズラブもピッチ走法で走るので中山は問題ありません。

今回のディープインパクト産駒2頭(リセエンヌアルジャンテ)は、緩いストライド(一歩が大きい)で走るので、教科書的な「内で脚を貯めて抜け出す」という競馬には向きません。エンジンの掛かりが遅いので、距離ロスがあったとしても、昨年のローデッドのように外から惰性を付けて上がっていく形がベストです。2頭の外枠はプラスでしょう。

最後に大穴でダイワドレッサーラシームを挙げておきます。

【参考】
日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html



執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2016年1月9日() 09:18 みんなの競馬コラム
【フェアリーステークス】攻略ポイント by馬券のエース
閲覧 1,021ビュー コメント 0 ナイス 4

リニューアルして8年目!毎年人気薄が台頭して大荒れ模様

1番人気【3-0-1-3】だが、過去7年で3連単10万以上5回(50万超え2回)

≪好走材料≫
阪神JFで3番人気以内の馬【3-0-1-1】 ※該当馬ナシ
ダイワメジャー産駒(3着以内率50%) ○クードラパン
・1着馬は1ケタ馬番 過去7年´き┃┃Л

≪凡走材料≫
・勝ち鞍が1600m未満【連対馬14頭中13頭が該当、3着以内21頭中18頭】
 昨年もこれで阪神JF人気のコートシャルマン、当レース/裕いカービングパス
飛びました★///
・前走でタイム差0.0で新馬・未勝利を勝ってきた馬【0-0-0-14】

≪オカルト≫
・田中勝騎手本人・または同じ枠入った馬は【1-4-1-1】昨年はノットフォーマルが優勝!
ここまでくると≪オカルト≫ではなく≪好走条件≫かも(笑)
まずはカッチーに出てきて頂きたい(o^a^o)

【総括】
昨年は1600m以上の勝ち鞍があった馬だけを絞っただけで7頭になって、
カッチーと同枠のノットフォーマルを足しただけで簡単に3連複獲れましたが、
今年は1600m以上の勝ち鞍のある馬がたくさんいますね(^o^;)
そこで重要視するのは
○勝ち鞍を1馬身以上離して勝った馬
◎右回りで経験した馬
昨年の該当はノットフォーマルだけで、これは絞るのに使える材料☆
クードラパン(新潟)
コパノマリーン(中山)
コルコバード(東京)
シーブリーズラブ(東京)
ビービーバーレル(新潟)
ラブリーアモン(東京)
ルミナスティアラ(中山)
右回りはまだ1勝の・コパノマリーンルミナスティアラだけ。共に/裕い脳,曽紊ったので
いきなりの重賞でも食い込みは有り得る。特にコーナー4つの1800mをクリアしてきた馬が
穴メーカー。ルミナスティアラに妙味☆///
あとは・ダイワメジャー産駒のクードラパンに注目☆///

【騎手決定後】田中勝騎手コパノマリーンに決定しました(^o^)/

執筆者:馬券のエース(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2015年10月21日(水) 19:15 【ウマニティ】
先週の回顧〜(10/17〜10/18)シムーンプロが的中率38%回収率158%の高精度予想を披露!
閲覧 265ビュー コメント 0 ナイス 8

先週は第20回GI秋華賞が18(日)に京都競馬場で開催されました。最終オッズは、ミッキークイーンが3.0倍で1番人気。次いで3.8倍のタッチングスピーチが2番人気、3番人気はレッツゴードンキで5.1倍、4番人気がトーセンビクトリーで7.5とここまでが10倍を切るオッズとなってスタートのファンファーレを迎えました。
 
大きな出遅れもなく、各馬まずまずのスタート。内からシングウィズジョイホワイトエレガンステンダリーヴォイスと先行しますが、外から気合をつけてノットフォーマルが一気に先頭を奪って第1コーナーへ入ります。先頭はノットフォーマルでリードは3馬身、2番手にホワイトエレガンス、そこから2馬身ほど差が開いてテンダリーヴォイスレッツゴードンキシングウィズジョイマキシマムドパリと先行集団を形成。中団からはディアマイダーリンミッキークイーンココロノアイトーセンビクトリーアスカビレンディープジュエリーが追走。そこから2馬身ほど後方にクイーンズリングクインズミラーグロアースライズキャットコインアンドリエッテと続いて最後方にタッチングスピーチの態勢。
 
軽快に飛ばすノットフォーマルが刻んだペースは1000m通過57秒4のハイペース、馬群は先頭から最後方まで大きく広がった形となって直線コースへ差し掛かります。
 
先頭のノットフォーマルのリードは半馬身、直後につけていたホワイトエレガンスが並びかけると、直後3番手のマキシマムドパリもムチを奮って前を追う形、後続からは馬群の中からミッキークイーン、外からアスカビレンが追い込んできます。残り200mを通過、ノットフォーマルを交わして先頭に立ったホワイトエレガンスが抜け出しを図りますが、直後、マキシマムドパリミッキークイーンの2頭が一気にこれを捉えて抜け出します。残り100mを通過、マキシマムドパリを競り落としたミッキークイーンを目掛けて大外からクイーンズリングが力強い脚で追い込んで来ます!ゴール前は粘るミッキークイーン、追うクイーンズリングの叩き合いとなりましたが、ミッキークイーンがクビ差追撃を振り切って優勝!ミッキークイーンオークスに続いてGI2勝目を飾りました。勝ちタイムは1分56秒9(良)。2着にクイーンズリング、そこから1馬身1/4差の3着にマキシマムドパリが入っています。
 
公認プロ予想家ではスゴロボZプロきいいろプロはははふほほほプロ馬っしぐらプロ河内一秀プロサラマッポプロが的中しています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
17(土)東京3Rで『初戦はスムーズさを欠いたが、直線の脚は目立った。東京替わりで頭数も落ち着いたので、一変も可能と見ている。』と伏兵◎クインズサンを狙い撃ち!単勝18.1倍、馬連30.8倍を的中させました!18(日)京都12Rでは『前走はレース中に骨折なら惨敗は仕方なし。久々も苦にしないタイプで末脚もある。ハマれば。』と評した単勝71.4倍の大穴◎デルマヌラリヒョンの単複を的中!さらにこの日は東京8Rで単勝20.9倍のラスヴェンチュラスの単複も仕留めるなど好調予想を幾度となく披露しました。この他にも的中を重ね、週末トータル的中率38%、回収率158%の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →セイリュウ1号プロ
18(日)東京12Rでレース勝率3位→2位→1位の本線決着!3連複612.4倍を700円、馬連214.9倍を300円的中させ、49万8240円の高額払い戻しを達成しました!さらに東京5Rでも16万1530円、17(土)京都12Rでは◎○×の印で27万7380円を払い戻すなど絶好調!週末トータル回収率217%、収支プラス69万630円の好成績を残しました。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
17(土)東京12Rで『距離短縮◎。2走前の勝ちっぷり良く、ここでも。』と狙った2番人気◎ニットウスバルの単勝を9000円的中させ、2万7900円を払い戻しました!18(日)京都9Rでは『走法、気性から距離短縮◎。内枠で脚をためられれば。』とコメントした◎メイショウスイヅキの単勝を的中させ、3万500円を払い戻しました!この他のレースもことごとく仕留め、週末トータル的中率77%、回収率210%の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
18(日)東京8Rで『前走では休養明け好走のダメージが懸念されましたが、指数を1ポイントしか下げなかったあたりに成長の跡を感じました。今回は休養明け3戦目。更なる上昇が見込める』と本命に推した単勝27.5倍の伏兵◎マイネルイルミナルからの馬連160.6倍を的中!16万600円を払い戻しました!週末トータル回収率200%の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →馬券生活プロ
18(日)東京5Rで◎ナンゴクロマンスからの馬連166.5倍を1000円的中させ、16万6500円の払い戻しを記録!この他にも東京10Rで◎カンデラからの馬連88.5倍の的中や17(土)新潟10R馬連187.4倍など的中を重ね、週末トータル的中率33%、回収率153%、収支プラス19万2450円をマークしています。
 
この他にも3連複プリンセスプロ凄馬勝子プロ河内一秀プロkmプロゼット1号プロエース1号プロ霧プロが週末トータル回収率100%を超える活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら

今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

「TCK007」

[もっと見る]

2015年8月4日(火) 15:08 【ウマニティ】
先週の回顧〜(8/1〜8/2)いっくんプロが新潟7Rで110万超の特大ホームラン!
閲覧 233ビュー コメント 0 ナイス 3

先週は、2(日)に新潟競馬場でG3アイビスサマーダッシュが、札幌競馬場でG3クイーンステークスが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。

G3アイビスサマーダッシュは好スタートを決めたベルカントが外ラチにポジションを取ってレースを引っ張ります。後続からはエーシントップヘニーハウンドサカジロロイヤルリトルゲルダが追走。残り400m、先頭はベルカントでリードは1馬身、2番手に中ヘニーハウンド、3番手にシンボリディスコの態勢で各馬追い出しにかかります。残り200mを通過、ここでベルカントがリードを広げて完全に抜け出すと2番手には懸命に粘るシンボリディスコ、さらには中からアースソニック、外からはセイコーライコウが追い込んできます。残り100mを通過、1頭完全に抜け出したベルカントの脚色衰えず、最後は流して優勝。初の1000mで秘めるスピードを存分に見せつけた完勝でした。2馬身差の2着にシンボリディスコ、そこからハナ差の3着にアースソニックが入っています。

公認プロ予想家では馬っしぐらプロ馬券生活プロはははふほほほプロサラマッポプロスガダイプロ河内一秀プロ蒼馬久一郎プロが的中しています。

G3クイーンステークスノットフォーマルフレイムコードの2頭がレースを引っ張って直線コースへ。先頭はノットフォーマルでリードは半馬身、直後2番手にフレイムコード、その後ろからは1人気のレッドリヴェールが追ってきます。残り200mを通過、ここでフレイムコードはやや後退し、先頭を行くノットフォーマルレッドリヴェールの2頭の叩き合い。残り100mを通過、ここでレッドリヴェールノットフォーマルを捉えて先頭に立つと外から脚を伸ばしてきたメイショウスザンナもこれに並びかけて2頭の追い比べ。ゴール前、もうひと伸びを見せたメイショウスザンナレッドリヴェールをクビ差捉えて優勝。6歳での嬉しい初重賞制覇となりました。2着にレッドリヴェール、そこから1馬身1/4差の3着にイリュミナンスが入っています。

公認プロ予想家では伊吹雅也プロ栗山求プロ馬券生活プロ山崎エリカプロ導師嵐山プロろいすプロが的中しています。


☆☆☆注目プロ →いっくん
2(日)新潟7Rで◎タイセイプレシャスの1着固定の3連単1000円流しで勝負!2着に単勝62.4倍の大穴△マタンギが入り、110万7900円を払い戻しました!この他にも小倉10Rで◎△×の印で3連単472.2倍を的中!勝負レースに指定した1(土)小倉12Rでも12万8150円を払い戻すなど好調予想を披露し、週末トータル回収率265%、収支プラス118万8850円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
1(土)小倉10Rで単勝21.7倍の伏兵サンライズタイセイから◎△△の印で3連単を的中させ、23万3600円を払い戻し!2(日)札幌6Rでは『美浦坂で好時計。輸送で馬体調整した。』と◎エネスクからの3連単246.1倍を500円的中させ、12万3050円を払い戻し!週末トータル回収率123%、収支プラス16万6740円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →馬券生活プロ
2(日)新潟7Rで◎タイセイプレシャスからの馬連113.3倍を1400円的中!15万8620円を払い戻しました!札幌10Rでは◎セウアズールからの馬連を1000円的中させ、5万9900円の払い戻し!週末トータル回収率127%、収支プラス11万2440円を記録しています。

☆☆☆注目プロ →kmプロ
1(土)新潟11Rで単勝23.2倍の◎ロンギングダンサーを本命に抜擢!◎△△の印で3連単820.9倍を500円的中させ、41万450円を払い戻しました!

※全レースの結果速報はこちら

今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

「TCK007」

[もっと見る]

⇒もっと見る

ノットフォーマルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 58ビュー コメント 0 ナイス 9

京王杯オータムハンデ

アスカビレン 圏内も

アドマイヤゴッド 圏内も

ウインブルブルーム 久々で

ウキヨノカゼ ハマれば

オールザゴー さて?

ガルバルディ ハマれば

グランシルク 有力

ストーミーシー 圏内も

ダイワリベラル さて?

ダノンプラチナ 流れ向けば

ダノンリバティ 脚質優位

トーセンデューク さて?

ノットフォーマル 逃げて?

ブラックスピネル 脚質優位

ボンセルヴィーソ 逃げて?

マイネルアウラート 穴

マスターズアポジー 逃げて?

ミッキージョイ さて?

ロサギガンティア ?

ロードクエスト 流れ向けば


逃げ馬多数、グランシルク、ダノンリバティ、ブラックスピネルか?

 銀色のサムライ 2017年8月28日(月) 18:58
馬券メモ(2017/8/26・27)
閲覧 55ビュー コメント 0 ナイス 7

先週行われたレースの本命馬回顧をしていきます。


【2回小倉9日】

■5R メイショウトラマツ 2人気3着

短距離馬らしい軽快な先行力を見せてくれました。
今の小倉芝コースは外差し傾向が強くなっていますので、
先行したこの馬にとっては厳しい馬場設定でもありました。

■7R アオイスカーレット 1人気2着

好位の内から上手くレースを運んでいたんですけどね…。
直線で前が壁になってしまい、追い出すタイミングが遅れた事が響きました。

■8R インティ 1人気1着

2ヶ月半の休み明け初戦でしたが、楽にハナを奪ってそのまま押し切る、という強い競馬を見せました。
次走は休み明けを使った上積みも見込めますので、昇級初戦であっても侮れないと思います。

■9R レグルドール 1人気1着

一般馬相手に好走を続けてきていましたから、
九州産限定戦なら地力上位なのは明白ですよね。

■10R ヴァフラーム 1人気1着

序盤の位置取りが後ろすぎましたけど、
少頭数の割には先行馬にキツい展開になった事と、外差し傾向が強くなっていた事が味方しました。

■11R メイプルブラザー 1人気7着

差し馬が来る、という展開は読み通りだったんですけどね…。
ナムラアラシが差し切る展開なら、この馬が馬券圏内に入ってもおかしくなかったんですが…。

■12R ブレイヴバローズ 1人気16着

楽にハナを奪っているように見えたんですが、直線入り口で脚が止まってしまいました。
馬の状態云々よりも、精神的な問題が大きいと思います。


【2回新潟9日】

■5R シグナライズ 1人気3着

追い切り動画を見て、相当な瞬発力の持ち主だ、と思っていました。
道中の追走がフワフワした分、末脚を溜めきれず、後方にいた馬にあっさり差されてしまいました。
上を目指せる馬だと思うので、次走でしっかりと勝ち切ってほしいです。

■7R ゴールデンブレイヴ 2人気2着

1年4ヶ月ぶり、という長期休養明け初戦でしたけど、
追い切りの本数が多く、走れる態勢にある、と考えて本命にしました。
道中で手応えが悪くなる場面がありながらも、2着に踏ん張ったのは地力が高い証拠だと思います。

■8R ホーカーテンペスト 1人気4着

障害レースのテン乗りに期待するのはさすがに酷でしたか…。
道中の位置取りが後ろすぎました。

■9R バイタルフォース 1人気2着

先行勢が競り合う展開を予想していましたが、
最内枠のスペルマロンが楽逃げを打つ展開になってしまうと、
差し馬のバイタルフォースが勝ち切るのは難しいですね。

■10R コパノチャンス 5人気13着

1000m直線競馬の流れに全く対応できませんでした。
洋芝専用の馬なんでしょうかね。

■11R スズカリバー 5人気5着

スローペースの単騎逃げだったんですけど、残り200mあたりから急失速…。
理想的な展開で5着に残るのが精一杯、というのは想定外でした。

■12R マイネルアムニス 2人気6着

楽な感じで好位の外めを追走していましたが、
前半600m通過33.3秒という流れでは厳しいですかね。


【2回札幌3日】

■5R コンダクトレス 3人気1着

アビームに逃げ切られそうな展開でしたが、
デムーロ騎手の過怠金覚悟のムチ連発でギリギリ交わし切りました。
決着時計が遅すぎるので、上のクラスでどうこうというレベルではないかもしれません。

■10R クラウンアイリス 3人気7着

中野省吾騎手のマイネルパラディと、どちらを本命にしようか悩んだ結果、
モレイラ騎手のクラウンアイリスを本命にしましたが、直線で詰まってしまうとは…。

■11R クロコスミア 1人気1着

先手を奪った時点で勝負あり、でした。
牝馬限定の重賞で好走している馬ですから、1600万下では格が違いました。

■12R リヴァイアサン 1人気1着

500万下で4着→3着→2着→1着という順調な過程を歩み、1000万下に昇級します。
相手なりに走れるタイプなので、クラス慣れすれば、1000万下でも好勝負できると思います。


【2回小倉10日】

■5R バブリーバローズ 1人気1着

追い切り動画は見れなかったんですけど、
調教の本数や時計がまずまずでしたし、池江厩舎という事もあって◎をうちました。
まだフワフワした面こそありますが、軌道に乗ったら重賞でも勝負できそうです。

■7R スピリットソウル 5人気9着

1週前に坂路で良い時計を出していたので、思い切って狙ってみたのですが…。
500万下で好勝負するにはまだまだ時間がかかりそうです。

■8R クールゼファー 1人気2着

早め先頭から押し切ろうとしましたが、オアシスクイーンにあっさり差されてしまいました。
プラス16kgで太め残りだったんでしょうし、次走で体重を絞ってくれば、好勝負必至だと思います。

■9R ザクイーン 1人気6着

直線でスムーズさを欠いてしまい、脚を伸ばせないまま入線する形に。
小回りコース2000mというベスト条件で結果が出せないとは…。

■10R オフクヒメ 1人気9着

こちらも直線で馬群を上手くさばけず、後方で入線しました。
外めから差す形に持っていって欲しかったんですけどね…。

■11R ケントオー 4人気2着

いつもよりかなり前めの位置を取り、ダノンメジャーを意識した競馬をしました。
ダノンメジャー相手には敵いませんでしたけど、サトノラーゼンには先着していますし、
昨年の中京記念で好走した時の状態に近付いているのは確かだと思います。

■12R フィアマロッサ 3人気15着

追い切りの本数は多かったのに、プラス24kgの馬体重で出てくるのは想定外でした。
単騎逃げの形に持ち込めれば一変すると思いますが、
500万下で楽に逃げられるほどの実力があるのかどうかは微妙なところです。


【2回新潟10日】

■5R タガノヒバナ 2人気2着

前日の小倉・新馬戦を勝ったブラウハーツと最終追い切りで併せ馬を敢行し、
互角の動きを見せていたので、本命にしました。
勝った馬が3kg減だったとはいえ、楽な形で逃げていたのですから、もっと踏ん張ってほしかったです。

■7R ラブリーアモン 2人気2着

前走で復調した事を証明していましたし、引き続き好勝負必至と考えていました。
残り200mあたりでは差し切りそうな雰囲気でしたけど、
内で脚を溜めていたフェイズベロシティに出し抜けをくらってしまいました。

■8R ワシントンレガシー 2人気2着

5Rと同じく、1着に3kg減の武藤騎手、2着に岩田騎手、という並びになりました。
ダートの短距離なら堅実に走ってきますから、次走以降も期待したいです。

■9R ナンヨーアミーコ 3人気5着

上がり3ハロン32.3秒の末脚で追い込んできたんですけどね…。
今回はスローペースに泣きましたけど、流れが速くなる1400mの方が合うかもしれません。

■10R ワンスインナムーン 1人気1着

ノットフォーマルに絡まれてしまった分、最後は甘くなってしまいましたが、
オープン特別の割には低調なメンバーでしたし、直線が短いコースの1400mはベストだと思います。

■11R(新潟2歳S)シンデレラメイク 7人気9着

先行馬向きの流れになってしまいましたし、上がりが速い展開も不向きでした。
上がりが掛かる馬場であれば、ここまで負けるはずがないので、今後も条件次第だと思います。

■12R ウインアンビション 8人気14着

これといった馬がいなかったので、
岩田騎手と相性の良いウインアンビションを狙ったのですが、全然ダメでした。
馬自体も本調子じゃなかったようですし、狙い方がズレていました。


【2回札幌4日】

■5R ベルーガ 1人気1着

スタートは悪かったんですけど、直線の末脚は破壊力抜群でした。
1週前の追い切り動画の動きがかなり良かったので、自身を持って◎をうちました。

■10R ディープオーパス 1人気2着

番手からの競馬でも2着をキープしたのはさすがです。
メイショウバッハと枠の並びが逆だったら、勝っていたのはこちらかもしれません。

■11R(キーンランドC)モンドキャンノ 1人気6着

新聞の陣営コメントに「お釣りを残した仕上げ」と書かれていました。
追い切り動画をチェックしていたのに、緩い仕上げである事を見抜けず…。

■12R エニグマバリエート 2人気11着

戸崎騎手がWAJを優勝しそうな状況だったので、
上位争いできそうなエニグマバリエートを本命にして、戸崎騎手の優勝を祝うつもりでしたが、
道中の位置取りが悪く、途中で不利も受けていて、かなり不運なレースになってしまいました。


いつ以来か思い出せないくらい、久方ぶりに土日両日のプラス収支を達成しました。

土日とも、力を入れている新馬戦で的中できたのが大きかったですし、
土曜札幌と日曜小倉のメインも当たっているので、上々の結果だったのかな?と思っています。

相変わらず重賞は的外れな予想になっていますけど、
今週こそは重賞を的中させて、良い形で夏競馬のフィナーレを迎えたいです。

[もっと見る]

 TERAMAGAZI 2017年7月29日() 17:10
クイーンSが難しいのは非根幹距離の1800m】かつ【洋芝】で... 
閲覧 135ビュー コメント 1 ナイス 11

クイーンSが難しいのは【洋芝で非根幹距離の1800m】で開催されるからである。


-----------------------------------------------------------

【根幹距離】
マイルを基準とした距離。
1600、2000、2400、3200
(欧米日ドバイ香港の主流G1)


【非根幹距離】
マイル、1ハロンを基準としない距離。
1200、1400、1800、2200、3000


------------------------------------------------------------------------


G1馬、実力馬、実績馬よりも【洋芝で非婚間距離の1800m】の適性にフィットした馬が馬券になる。


2013年、前走G3マーメイドSを勝って絶好調の桜花賞馬マルセリーナ(マイルを基本とする根幹距離ホース)は8頭立てなのに3着も外した。

この時勝ったアイムユアーズは前年から連覇している。



◎シャルールは、1800【3・3・0・3】札幌【1・3・0・0】
しかも昨年の2着馬。
キャロットFが必勝を期して送り込んで来たのだだろう。


〇クインズミラーグロも1800mのG3を連続2着、
前走2000mのマーメイドでも2着しているように地力が強化している。
得意の1800mなら3着は外さないだろう。


△ノットフォーマルは、一昨年、逃げて4着に粘っている。
江田テルに期待したい!!!!



▲トーセンビクトリーは名牝トゥザヴィクトリーの仔(父キンカメ)
1800mのG3中山牝馬Sで実力馬マジックタイムを破っている。

全6勝中4勝が1800mというスぺシャリスト。


母トゥザヴィクトリーもクイーンSを勝っており、
さらに2200m(非婚間距離)のG1エリザベス女王杯も優勝している。

トーセンビクトリーはアクシデントがなければ今秋のエリザベス女王杯を優勝し、
母娘制覇となるではないか。




---------------------

◎3シャルール
〇4クインズミラーグロ
▲1ト−センビクトリー
注2アドマイヤリード
△6マキシマムドパリ
△11ノットフォーマル
△8クロコスミア

(△2アエロリット)←オサエ

[もっと見る]

⇒もっと見る

ノットフォーマルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ノットフォーマルの写真

ノットフォーマル

ノットフォーマルの厩舎情報 VIP

2017年8月27日朱鷺ステークス10着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ノットフォーマルの取材メモ VIP

2017年6月25日 パラダイスステークス 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。