注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ディープジュエリー(競走馬)

注目ホース
ディープジュエリー
ディープジュエリー
写真一覧
現役 牝5 鹿毛 2012年5月16日生
調教師国枝栄(美浦)
馬主吉田 勝己
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績10戦[4-0-0-6]
総賞金4,606万円
収得賞金1,550万円
英字表記Deep Jewelry
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ジュエルオブザナイト
血統 ][ 産駒 ]
Giant's Causeway
Jeweled Lady
兄弟
前走 2017/04/22 4歳以上1000万下
次走予定

ディープジュエリーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/04/22 東京 12 4歳以上1000万下 芝1400 12682.611** 牝5 55.0 C.ルメー国枝栄500(0)1.22.1 -0.133.6⑫⑫スマートプラネット
17/01/22 中山 9 東雲賞 1000万下 芝1600 13685.947** 牝5 55.5 C.ルメー国枝栄500(+12)1.34.6 0.535.4④⑤ルグランパントル
16/04/23 福島 11 福島牝馬S G3 芝1800 161117.077** 牝4 54.0 三浦皇成国枝栄488(-6)1.48.0 0.534.8④④④⑤マコトブリジャール
16/02/20 京都 11 京都牝馬S G3 芝1400 184816.4811** 牝4 54.0 戸崎圭太国枝栄494(+4)1.23.9 1.036.3⑩⑦クイーンズリング
15/12/19 中山 11 ターコイズS G 芝1600 16367.126** 牝3 52.0 柴山雄一国枝栄490(-6)1.36.1 0.433.9⑮⑮⑩シングウィズジョイ
15/10/18 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 182334.31112** 牝3 55.0 柴山雄一国枝栄496(+10)1.57.8 0.935.2⑫⑩⑩⑪ミッキークイーン
15/09/20 阪神 11 ローズS G2 芝1800 1761211.367** 牝3 54.0 柴山雄一国枝栄486(-2)1.46.4 1.235.3⑪⑫タッチングスピーチ
15/05/03 東京 11 スイートピー OP 芝1800 15342.011** 牝3 54.0 柴田善臣国枝栄488(+4)1.47.4 -0.033.8⑪⑪⑪トーセンナチュラル
15/04/12 中山 9 デイジー賞 500万下 芝1800 9111.811** 牝3 54.0 柴山雄一国枝栄484(-10)1.50.4 -0.133.9⑨⑨⑨⑥クインズミラーグロ
15/02/08 東京 5 3歳新馬 芝1800 16112.511** 牝3 54.0 柴山雄一国枝栄494(--)1.52.0 -0.134.3⑩⑩⑦コンチャフラメンカ

ディープジュエリーの関連ニュース

 タンタアレグリアはWコースで直線一杯に追われ、1ハロン12秒6(5ハロン67秒7)でフィニッシュ。外のディープジュエリー(1000万下)に1/2馬身先着した。「けいこはしっかりとやっているし、前回(3日の調教)乗ったときより良くなっている」と蛯名騎手は好感触を口にした。ただ、天皇賞・春4着以来、約9カ月ぶりだけに、「休みが長かったし、けいこがどうこうより、レース勘が鍵。次につながる競馬ができれば」と語るにとどめた。

AJCCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【AJCC】動き活発!タンタアレグリア久々OK 2017年01月18日(水) 12:08

 関東屈指の長距離砲タンタアレグリアが、休み明けでも活発な動きを披露した。

 美浦Wコースで6Fからディープジュエリーを2馬身追走。直線で蛯名騎手がやんわり反応を促すとしっかり末脚を伸ばし、1馬身先着。これで長めからの時計が4本目で、9カ月ぶりを感じさせない好仕上がりだ。

 「追い切りで自分から動いていくタイプではないけど、いい感じだったね。牧場で体調が整わずに間隔が空いたが、今は問題ない。心身ともひと回りしっかりした」と、国枝調教師はニンマリ。

 昨春の天皇賞では4着に健闘し、「思ったより善戦して成長を感じた。今年も天皇賞に行きたいから、いい競馬をして次につなぎたい」。盾戦線に名乗りをあげるか。(夕刊フジ)

AJCCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【福島牝馬S】うまやの話2016年04月23日() 05:02

〔1〕ディープジュエリー国枝栄師「仕上がりはいいし、距離の融通が利く馬。小回りの対応が鍵」

〔2〕フレイムコード谷潔師「本来、スタートはいい馬。前々で運べれば」

〔3〕アースライズ・廣岡助手「前走は直線で窮屈になった。スムーズに運べれば」

〔4〕アルマディヴァン・高橋文師「ゲート次第だが、出た位置で脚をためたい。立ち回りひとつ」

〔5〕クインズミラーグロ・和田道師「前走は直線でスムーズさを欠いた。コース、距離は合うし、見直したい」

〔6〕オツウ・須貝尚師「前走も内容は悪くない。小回りで主導権を取って粘り込めれば」

〔7〕リーサルウェポン・佐藤助手「2走前は道悪で、前走は出遅れたうえにスローペース。展開の助けが欲しい」

〔8〕マコトブリジャール・鮫島一師「好位のインあたりで脚をためる形が理想。速い流れになってほしい」

〔9〕ハピネスダンサー・高野友師「順調。折り合いの不安も解消したので、スムーズなレースなら」

〔10〕キャットコイン・三浦助手「前走で復調気配を見せた。さらに前進を期待」

〔11〕ノットフォーマル・中野栄師「前走の着順は別として、控える形でも脚を使えた。展開次第では前進も」

〔12〕メイショウスザンナ・高橋忠師「上積みは見込めるし、同じジョッキーに乗ってもらえるのは心強い」

〔13〕ウインリバティ・飯田雄師「ひと叩きして行きっぷりも違うだろうし、積極的に運んで良さを出せれば」

〔14〕ミナレット大和田成師「放牧でリフレッシュ。自分の形に持ち込めれば」

〔15〕カレンケカリーナ・安田翔助手「暖かくなるまで待って帰厩。道中は脚をためてしまいを生かせれば」

〔16〕シャルール・松永幹師「カイ食いが安定して力を出せるようになった。今の充実ぶりなら重賞でも」

[もっと見る]

【福島牝馬S】厩舎の話2016年04月22日(金) 05:04

 ◆アルマディヴァン・高橋文師 「最終週の馬場も苦にしない」

 ◆アースライズ・安藤助手 「スムーズな競馬ができれば」

 ◆ウインリバティ・飯田雄師 「ハナにはこだわらない」

 ◆オツウ・須貝師 「積極的な競馬をさせたい」

 ◆カレンケカリーナ・安田師 「小回りなら1800メートルでも」

 ◆キャットコイン・二ノ宮師 「今週の併せ馬ではリラックスしていた」

 ◆クインズミラーグロ・和田道師 「乗り込みは十分。コース、距離も合う。見直したい」

 ◆シャルール・松永幹師 「体調も毛づやも良化」

 ◆ディープジュエリー・国枝師 「もうひとつのレースが続いているので…」

 ◆ノットフォーマル・中野師 「馬のリズムを重視したい」

 ◆ハピネスダンサー・高野師 「体調はさらに上向き」

 ◆フレイムコード・木埜山厩務員 「ゲートも練習しており、スムーズなら」

 ◆マコトブリジャール・鮫島師 「馬場の重い時間帯で、馬なりなら攻め時計も悪くない」

 ◆ミナレット・大和田師 「ハナにはこだわらないが前で競馬したい」

 ◆メイショウスザンナ・高橋忠師 「前走のようにためた方が切れる」

 ◆リーサルウェポン・佐藤助手 「腰がしっかりして馬は元気いっぱい」

★福島牝馬Sの枠順はこちら

[もっと見る]

【福島牝馬S】追って一言2016年04月21日(木) 04:03

 ◆アルマディヴァン・高橋文師 「この時計でも十分。最終週の馬場も苦にしない」

 ◆ウインリバティ・飯田雄師 「1回使ってどこまでよくなっているか」

 ◆オツウ・須貝師 「今回は積極的な競馬をさせてみたい」

 ◆カレンケカリーナ・安田師 「攻めの動きは上々。冬場はよくないタイプでこの時期から夏にかけてがいい」

 ◆キャットコイン・二ノ宮師 「カッとなるタイプだが、きょうの併せ馬ではリラックスしていた。状態はいい」

 ◆シャルール・松永幹師 「カイバ食いが安定して体調も毛づやも良化」

 ◆ディープジュエリー・国枝師 「動き自体は良かったと思う。雰囲気は悪くないが、競馬にいってもうひとつのレースが続いているので…」

 ◆ノットフォーマル・中野師 「休ませて良くなった。控える競馬でもいいので、馬のリズムを重視したい」

 ◆ハピネスダンサー・高野師 「タフな馬で、使ってきているのに体調はさらに上向き」

 ◆フレイムコード・木埜山厩務員 「前回は出遅れていなければ、という内容。ゲートも練習しており、スムーズなら」

 ◆マコトブリジャール・鮫島師 「馬場の重い時間帯で、馬なりなら攻め時計も悪くないと思う」

 ◆メイショウスザンナ・高橋忠師 「雰囲気はよく、福島と中山は相性がいい。前走のようにためた方が切れる馬だし、晴雨も問いません」

 ◆ミナレット・大和田師 「久しぶりに長く休ませてフレッシュな状態で太め感もない」

 ◆リーサルウェポン・佐藤助手 「冬あたりから腰がしっかりして馬は元気いっぱい」

★福島牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【福島牝馬S】レース展望 2016年04月18日(月) 17:54

 10日に藤田菜七子騎手がJRA初勝利を挙げたことでも注目を集めた春の福島開催も最終週を迎え、土曜メーンに福島牝馬ステークス(23日、GIII、芝1800メートル)が行われる。1着馬にヴィクトリアマイル(5月15日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権が与えられるレースで、2009年に優勝したブラボーデイジーが続く本番で11番人気ながら2着と好走し、一昨年の覇者ケイアイエレガントも翌年のヴィクトリアマイルで12番人気の低評価を覆して2着と好走。3連単の重賞最高配当となる2070万5810円の大波乱を演出したのは記憶に新しい。

 昨年の2〜6着馬が今年も登録してきた。メイショウスザンナ(栗東・高橋義忠厩舎、7歳)は昨年のこのレースで3着に入り、3走後のクイーンSで重賞初制覇を飾った。その後は3戦連続で2桁着順だったが、前走の中山牝馬Sで15番人気ながら0秒1差の3着と好走。コーナー4回の芝1800メートルは得意で、1200メートルとはいえ福島でもV実績がある。

 ミナレット(美浦・大和田成厩舎、6歳)は昨年、このレースで5着後にヴィクトリアマイルで最低18番人気ながら3着に逃げ粘った。近走は振るわないが、意外性があるタイプで、軽視はできない。

 昨年6着のアルマディヴァン(美浦・高橋文雅厩舎、6歳)は、前走の中山牝馬Sで4着。1800メートル以上は未勝利だが、昨年は牡馬相手の中京記念でクビ差2着に入っているように力はある。うまく脚をためて決め手を生かせれば、好勝負に持ち込んでも不思議はない。

 昨年2着のリラヴァティ(栗東・石坂正厩舎、5歳)、4着マイネグレヴィル(美浦・和田正道厩舎、5歳)は登録時点では除外対象。それぞれ繰り上がり順は5位、4位だが、出走できればチャンスはある。

 勢いなら、シャルール(栗東・松永幹夫厩舎、4歳)が最右翼だろう。もともと高く評価されていた素質が開花し、500万下から3連勝でオープン入り。前走の初音Sで7戦ぶりにコンビを組んだ横山典弘騎手が引き続き騎乗するのも頼もしい。

 前走の中山牝馬S5着ハピネスダンサー(栗東・高野友和厩舎、5歳)、同8着アースライズ(栗東・矢作芳人厩舎、4歳)、同12着リーサルウェポン(栗東・荒川義之厩舎、5歳)も重賞で好走実績があり、立ち回り次第で台頭する可能性がある。

 同じく中山牝馬S組では、14着のキャットコイン(美浦・二ノ宮敬宇厩舎、4歳)は昨年のクイーンC優勝馬。近況は振わないが、二ノ宮厩舎は17日の皐月賞をディーマジェスティで制して勢いがあるので侮れない。

 他では、芝1800メートルでは4戦してスイートピーSを含めて3勝のディープジュエリー(美浦・国枝栄厩舎、4歳)も不振続きだが、まだ見限れない存在だ。

★福島牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ディープジュエリーの関連コラム

閲覧 908ビュー コメント 0 ナイス 6

先週は、24(日)に京都競馬場でG2マイラーズカップが、東京競馬場でG2フローラステークスが、23(土)に福島競馬場でG3福島牝馬ステークスがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。


G2マイラーズカップは、サンライズメジャーが先頭で直線コースへ。先頭はサンライズメジャーでリードは1馬身、2番手に内からクラレント、その後ろはエキストラエンドケントオーダノンシャークが続いて横一線の状態。残り200mを通過、ここでサンライズメジャーは一杯、クラレントが先頭に変わると、最内からクルーガーダノンシャークも接近!抜け出した3頭の叩き合いはゴール前まで続きましたが、僅かにクルーガーダノンシャークを抑え込んで優勝しました。クビ差の2着にダノンシャーク、そこから半馬身差の3着にクラレントが入っています。
 
公認プロ予想家では夢月プロ他8名のプロが的中しています。
 
 
G2フローラステークスクィーンズベストが先頭で直線コースへ。先頭クイーンズベストのリードは2馬身、2番手に単独でブルーオリエント、そこから半馬身ほどあいてシャララクロコスミアフロンテアクイーンと前を追います。残り200mを通過、ここで馬場の真ん中からチェッキーノが強烈な伸び脚!
逃げるクィーンズベストをあっさり捉えると最後は後続に3馬身差をつける大楽勝!オークス制覇に名乗りを挙げました!2着にパールコード、そこから半馬身差の3着にアウェイクが入っています。
 
公認プロ予想家ではスガダイプロ他5名の方が的中しています。
 
 
G3福島牝馬ステークスオツウが先頭で直線コースへ。先頭オツウのリードは半馬身、2番手にマコトブリジャール、後続からはハピネスダンサーウインリバティ、クインズンズミラーグロ、ディープジュエリーあたりも懸命に追って先団は混戦!残り200mを通過、ここで逃げるオツウを捉えたマコトブリジャールが抜けだすと1番人気シャルールの追撃を振り切って優勝。6歳で嬉しい初重賞制覇を飾りました!1馬身1/4差の2着にシャルール、そこからクビ差の3着にオツウが入っています!

 
公認プロ予想家では山崎エリカプロ他7名が的中しています。
 
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
24(日)東京11RフローラステークスG2で『絶対絶命の位置から差し切った前々走が印象的。前に馬をおいて折り合って走れれば一発ある。』と大穴◎アウェイクを本命に抜擢!複勝12.8倍を4000円的中させ、5万1200円を払い戻しました!勝負レースに指定した23(土)京都10Rでも◎オデュッセウスの単勝、馬連、3連複を本線で仕留め、5万3560円の払い戻し!この他にも的中を量産し、週末ートータル的中率41%、回収率151%、収支プラス13万370円の好成績を収めました。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
23(土)福島11R福島牝馬ステークスG3で『今週からAコース→Bコースに替わり、これまでよりも馬場が高速化するはず。つまり、全体的に前が残りやすい傾向になるのではないでしょうか。』と前残り予想を展開!◎マコトブリジャールシャルールの印で馬連11.3倍を1500円、複勝8.2倍を5000円的中させ、20万7950円を払い戻しました!週末トータル回収率294%、収支プラス17万5150円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →エース1号プロ
23(土)福島11R福島牝馬ステークスG3で○△◎の印で馬連111.3倍、ワイド105倍、3連複846.5倍を的中させ、33万2890円の払い戻し!週末トータル回収率189%、収支プラス42万4740円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾育成プロ
24(日)東京10Rで『穴の匂いしかしないレース。前走は行きたがってしまったブライトライン。1800mでも勝ってるようにマイルOK前走の相手しっかりで3着ならここでは数段上の存在』と本命に抜擢した◎ブライトラインの単勝、▲キクノソルとの馬単、ワイドを本線的中!25万3500円を払い戻しました!週末トータル回収率171%、収支プラス11万6350円をマークしています。
 
※全レースの結果速報はこちら

競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2016年04月23日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第179回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜福島牝馬ステークス G3
閲覧 1,004ビュー コメント 0 ナイス 3

みなさんこんにちは!

本日は福島11R「福島牝馬ステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、オツウから1.0ポイント差(約1馬身差)内のシャルールまでの5頭。
第2グループ(黄)は 、リーサルウェポンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のアースライズまで4頭。
第3グループ(薄黄)は、メイショウスザンナキャットコインミナレットとなっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと、大きな溝がなく、総合ポイント1位のオツウから総合ポイント最下位のフォーマルまでが僅か6.4ポイント差という稀にみる大混戦レース。どこからでも狙えそうなので穴狙いが面白そうです。

私の本命は◎リーサルウェポンとします。展開を考えるとある程度、前めの競馬をしたい馬が揃っている印象です。前回不完全燃焼に終わったアースライズも早めに動いていきそうですし、追い込み馬にチャンスがあるとみました。

リーサルウェポンの前走は出遅れで流れに乗れず、直線でも仕掛けが遅れる最悪の展開。まったく競馬をしていないですし、中間に好調教を連発するあたり、馬は元気いっぱいで絶好調に見えます。上手くタメをきかせてくれそうな田辺騎手への乗り替わりも好材料ですし、3走前の走りを期待します。

以下、相手には順列を付けずにオツウマコトブリジャールハピネスダンサーアルマディヴァンシャルールアースライズディープジュエリーカレンケカリーナメイショウスザンナの9頭で勝負します。

【3連複1頭軸ながし】
7

1,3,4,6,8,9,12,15,16

計36点

波乱も十分とみていますので相手は手広くいきます(^^)/

[もっと見る]

2015年12月19日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第147回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜ターコイズステークス 重賞
閲覧 609ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は中山11R「ターコイズステークス 重賞」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。


U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、アイライン1頭。
第2グループ(黄)は、ゴールデンナンバーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のカフェブリリアントレッドリヴェールアルマディヴァンまで4頭。
第3グループ(薄黄)は、レッドセシリアから同差内のダンスアミーガオツウまでの3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

ハンデ戦ということもあり、基本的に少差配列傾向が見られますが、1位→2位間にはやや開きが見られる状況。そして、注意したいのが3歳馬の存在。古馬初対戦組などを筆頭に指数が出にくい戦歴から、ここで軽ハンデも利して一気に指数を跳ね上げるパターンなどには警戒が必要と言えそうです。その意味では字面以上に拮抗した構成で、下位勢にまで十分にチャンスのある難解なハンデ戦と見て間違いなさそうです。

そんな今回は週前半から注目していた2頭から。1頭目は、1週前追い切りの内容から注目していた◎アイライン。もう1頭は血統面から注目している○ゴールデンナンバー。結果的に凄馬出馬表でも1位、2位評価となりましたし素直にこの2頭から入ってみようと思います。
その◎アイラインは当週も含め競馬エイト調教評価でも2週連続好評価で目下の充実を表している印象。例によって、土曜重賞なのでオッズが読めませんが人気もそこそこにとどまってくれそうな気配で中心に据えてみようと思っています。
ゴールデンナンバーは、自身は中山は1戦して着外の成績ではあるもののダイワメジャー産駒得意の条件で激走を期待。特に、同産駒は牝馬限定戦で、更に関東馬というフィルターを掛けると近10年中山1600は(5-5-10-19)となっていますし、厩舎も中山1600牝馬限定戦は同(1-1-1-4)。穴でねらうには絶好のタイミングと見て勝負してみたいと思います。
この2頭がともに当日15倍以上つくようであれば、個人的には単複4点とワイド1点でもと考えていますが、そうはならなかった場合も想定して、当コラムでは◎○からの馬連フォーメーションと◎○の2頭軸からの3複で勝負としたいと思います。
以下印は、▲ペルフィカ、☆ディープジュエリー、△にたくさん(;´・ω・)としたいと思います。


【馬連フォーメーション】
◎○=印
1,8=1,2,4,5,6,7,8,10,11,12,13 (19点)

【3複2頭軸】
◎○=印
1,8=2,4,5,6,7,10,11,12,13 (9点)

計28点

[もっと見る]

2015年10月21日(水) 19:15 【ウマニティ】
先週の回顧〜(10/17〜10/18)シムーンプロが的中率38%回収率158%の高精度予想を披露!
閲覧 219ビュー コメント 0 ナイス 8

先週は第20回GI秋華賞が18(日)に京都競馬場で開催されました。最終オッズは、ミッキークイーンが3.0倍で1番人気。次いで3.8倍のタッチングスピーチが2番人気、3番人気はレッツゴードンキで5.1倍、4番人気がトーセンビクトリーで7.5とここまでが10倍を切るオッズとなってスタートのファンファーレを迎えました。
 
大きな出遅れもなく、各馬まずまずのスタート。内からシングウィズジョイホワイトエレガンステンダリーヴォイスと先行しますが、外から気合をつけてノットフォーマルが一気に先頭を奪って第1コーナーへ入ります。先頭はノットフォーマルでリードは3馬身、2番手にホワイトエレガンス、そこから2馬身ほど差が開いてテンダリーヴォイスレッツゴードンキシングウィズジョイマキシマムドパリと先行集団を形成。中団からはディアマイダーリンミッキークイーンココロノアイトーセンビクトリーアスカビレンディープジュエリーが追走。そこから2馬身ほど後方にクイーンズリングクインズミラーグロアースライズキャットコインアンドリエッテと続いて最後方にタッチングスピーチの態勢。
 
軽快に飛ばすノットフォーマルが刻んだペースは1000m通過57秒4のハイペース、馬群は先頭から最後方まで大きく広がった形となって直線コースへ差し掛かります。
 
先頭のノットフォーマルのリードは半馬身、直後につけていたホワイトエレガンスが並びかけると、直後3番手のマキシマムドパリもムチを奮って前を追う形、後続からは馬群の中からミッキークイーン、外からアスカビレンが追い込んできます。残り200mを通過、ノットフォーマルを交わして先頭に立ったホワイトエレガンスが抜け出しを図りますが、直後、マキシマムドパリミッキークイーンの2頭が一気にこれを捉えて抜け出します。残り100mを通過、マキシマムドパリを競り落としたミッキークイーンを目掛けて大外からクイーンズリングが力強い脚で追い込んで来ます!ゴール前は粘るミッキークイーン、追うクイーンズリングの叩き合いとなりましたが、ミッキークイーンがクビ差追撃を振り切って優勝!ミッキークイーンがオークスに続いてGI2勝目を飾りました。勝ちタイムは1分56秒9(良)。2着にクイーンズリング、そこから1馬身1/4差の3着にマキシマムドパリが入っています。
 
公認プロ予想家ではスゴロボZプロきいいろプロはははふほほほプロ馬っしぐらプロ河内一秀プロサラマッポプロが的中しています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
17(土)東京3Rで『初戦はスムーズさを欠いたが、直線の脚は目立った。東京替わりで頭数も落ち着いたので、一変も可能と見ている。』と伏兵◎クインズサンを狙い撃ち!単勝18.1倍、馬連30.8倍を的中させました!18(日)京都12Rでは『前走はレース中に骨折なら惨敗は仕方なし。久々も苦にしないタイプで末脚もある。ハマれば。』と評した単勝71.4倍の大穴◎デルマヌラリヒョンの単複を的中!さらにこの日は東京8Rで単勝20.9倍のラスヴェンチュラスの単複も仕留めるなど好調予想を幾度となく披露しました。この他にも的中を重ね、週末トータル的中率38%、回収率158%の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →セイリュウ1号プロ
18(日)東京12Rでレース勝率3位→2位→1位の本線決着!3連複612.4倍を700円、馬連214.9倍を300円的中させ、49万8240円の高額払い戻しを達成しました!さらに東京5Rでも16万1530円、17(土)京都12Rでは◎○×の印で27万7380円を払い戻すなど絶好調!週末トータル回収率217%、収支プラス69万630円の好成績を残しました。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
17(土)東京12Rで『距離短縮◎。2走前の勝ちっぷり良く、ここでも。』と狙った2番人気◎ニットウスバルの単勝を9000円的中させ、2万7900円を払い戻しました!18(日)京都9Rでは『走法、気性から距離短縮◎。内枠で脚をためられれば。』とコメントした◎メイショウスイヅキの単勝を的中させ、3万500円を払い戻しました!この他のレースもことごとく仕留め、週末トータル的中率77%、回収率210%の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
18(日)東京8Rで『前走では休養明け好走のダメージが懸念されましたが、指数を1ポイントしか下げなかったあたりに成長の跡を感じました。今回は休養明け3戦目。更なる上昇が見込める』と本命に推した単勝27.5倍の伏兵◎マイネルイルミナルからの馬連160.6倍を的中!16万600円を払い戻しました!週末トータル回収率200%の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →馬券生活プロ
18(日)東京5Rで◎ナンゴクロマンスからの馬連166.5倍を1000円的中させ、16万6500円の払い戻しを記録!この他にも東京10Rで◎カンデラからの馬連88.5倍の的中や17(土)新潟10R馬連187.4倍など的中を重ね、週末トータル的中率33%、回収率153%、収支プラス19万2450円をマークしています。
 
この他にも3連複プリンセスプロ凄馬勝子プロ河内一秀プロkmプロゼット1号プロエース1号プロ霧プロが週末トータル回収率100%を超える活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら

今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

「TCK007」

[もっと見る]

2015年10月14日(水) 12:00 みんなの競馬コラム
【秋華賞】エアレーションの効果と馬場バイアス byK-MCS
閲覧 3,178ビュー コメント 0 ナイス 10

エアレーションは2013年の夏開催から本格導入された。

この情報をJRAホームページでキッチリ公開するようになったのは、2014年の秋開催(冬開催?)から。

いつからエアレーションが実施されているのか、今になっては関係者以外はわからないのかも知れない。

ただ馬場の高速化による馬の脚への負担軽減策として、もしかしたら5年くらい前から実施されていたのかも知れない。

※エクイターフ本格導入が2009年の福島。そこから全場展開。もしかしてこの情報が伏線か?

仮に、エクイ導入で高速化してしまった馬場を柔らかくするためにエアレーションを取り入れたとする。

だとすれば、2012年頃からエアレーションは試験的に導入されていたのかも知れない。

そして今開催の東京と京都だが、東京にはエクイが導入されているが、京都にはエクイは導入されていない。

また、東京ではエアレーションは実施されていないが、京都では実施された。

ここからは憶測である。本当に推測でしかない。

☆エクイが導入されている東京はエアレーションを実施していない。

☆エクイ未導入の京都でエアレーション実施。

【妄想】…京都では上に書いたように2012年頃から試験的にエアレーションが導入されていた…?

さて。

では実際に検証してみよう。

まずは、2012年の京都大賞典から、決着タイムと上位3頭の血統を調べてみる。

2012年
2.23.4
1着メイショウカンパクグラスワンダー × ダンスインザダーク
2着オウケンブルースリジャングルポケット × シルバーデピュティ)
3着ギュスターヴクライハーツクライ × Fabulous Dancer(ND系))

2013年
2.22.9
1着ヒットザターゲットキングカメハメハ × タマモクロス
2着アンコイルド   (ジャイアンツコーズウェイ × アルザオ)
3着トーセンラー   (ディープインパクト × リシウス)

2014年
2.24.2
1着ラストインパクト (ディープインパクト × ティンバーカントリー)
2着タマモベストプレイフジキセキ × ノーザンテースト)
3着トーセンラー   (ディープインパクト × リシウス)

2015年
2.23.6
1着ラブリーデイ   (キングカメハメハ × ダンスインザダーク
2着サウンズオブアースネオユニヴァース × ディキシーランドバンド)
3着カレンミロティックハーツクライ × エーピーインディ)

パッと見、共通項は無いように見える。

タイム差もその時の展開やらでアゲ・サゲはあるだろう。

ひとつ、共通項があるとするならば、2011年以前は2.23台の決着は無かったということ。

で、だ。

ここで馬場バイアスの分析を入れてみる。

今年の馬場バイアスの傾向は「菊花賞に向くような血統」と考えた。

ダンスインザダークハーツクライサウンズオブアースは菊花賞2着馬…

…おっと?

タイム面や血統の字面が似た年がある。

2012年だ。

1着から3着まで菊花賞に向くような血統。

2着のオウケンブルースリなんか、菊花賞馬じゃないか。

これはもしや、2012年にもエアレーションが実施されたのかも知れない。

もう少し、掘ってみる。

2012年〜2014年の秋華賞と菊花賞の決着タイムと上位馬の血統を書いてみる。

秋華賞

2012年
2.00.4
1着ジェンティルドンナ(DI × Bertolini(ダンジグ系))
2着ヴィルシーナ   (DI × マキャヴェリアン)
3着アロマティコ   (キングカメハメハ × SS)

2013年
1.58.6
1着メイショウマンボスズカマンボ × グラスワンダー
2着スマートレイアー(DI × ホワイトマズル)
3着リラコサージュ (ブライアンズタイム × キングマンボ)

2014年
1.57.0
1着ショウナンパンドラ(DI × フレンチデピュティ)
2着ヌーヴォレコルト (ハーツクライ × スピニングワールド(ヌレイエフ系))
3着タガノエトワール (キングカメハメハ × SS)

京都大賞典のタイムを感覚で言うと、

普通→早い→遅い(→普通)

だったのが、秋華賞の場合、

遅い→普通→早い

となっている。

次は菊花賞。

2012年
3.02.9
1着ゴールドシップ  (ステイゴールド × メジロマックイーン
2着スカイディグニティ(ブライアンズタイム × ノーザンテースト)
3着ユウキソルジャー (トーセンダンス(ダンスインザダーク) × オースミタイクーン

2013年
3.05.2
1着エピファネイア  (シンボリクリスエス × SW)
2着サトノノブレス  (DI × トニービン)
3着バンデ      (オーソライズド × ND系)

2014年
3.01.0
1着トーホウジャッカル(SW × アンブライドルズソング(ミスプロ系))
2着サウンズオブアースネオユニヴァース × ディキシーランドバンド)
3着ゴールドアクター (スクリーンヒーロー × アリダー系)

菊花賞のタイムを感覚で言うと

普通→遅い→早い

って感じ。

京都大賞典の感覚タイムは
普通→早い→遅い(→普通)

秋華賞の感覚タイムは
遅い→普通→早い

うーん、共通項的なモノが一見しては分からんなぁ。。。

と血統表を見てみると、

2012年は秋華賞は王道血統(DI × キンカメ とか)で大賞典・菊花賞は、THE菊花賞向きの血統が好走している感じ。

2013年はLyphardが四代表に入っている馬が好走している感じ。

2014年はSS系に砂を走る母系や短距離系母系というマイナーな組み合わせが好走してる?

こんな感じか。

で、今年の大賞典はTHE菊花賞向き血統が好走した。

ならば、秋華賞は王道血統で攻めればいいのか。

というか、一旦題名に戻るが、エアレーションの効果と馬場バイアスだ。

今開催の京都はエアレーションされている。

仮に2012年も試験的に、もしくはふつうにエアレーションされた馬場だったとすれば、どうだ。

これで本当に秋華賞で王道血統が来れば、菊花賞もそういうことじゃないのか。


秋華賞の王道血統馬は、

DI産駒のミッキークイーンタッチングスピーチディープジュエリーテンダリーヴォイスアンドリエッテ
ハーツクライ × キングマンボ という組み合わせのディアマイダーリン
キンカメ × トゥザヴィクトリー のトーセンビクトリー
抽選通れば、キンカメ × SS のマキシマムドパリ

この辺りか。

2012年に倣うならば、DIにND系牝馬とミスプロ系(キンカメ)にSS系牝馬で上がりの速い馬。

今年のDI × ND系牝馬は、ミッキークイーンタッチングスピーチ

上がりの速いキンカメ × SS系牝馬は、マキシマムドパリ

トーセンビクトリーも、もうひと押しで上がりの速いキンカメ × SS系牝馬に昇格。

現状だと、

ミッキークイーン
タッチングスピーチ
マキシマムドパリ
トーセンビクトリー

という印となる。

また、この結果が見事ハマった場合、菊花賞の狙い目も自ずと見えてくる。

今週はそういう意味でも、個人的に大注目の週末となりそうだ。

執筆者:K-MCS(MYコロシアム>最新予想にリンク)

[もっと見る]

2015年09月16日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第325話ローズS(謎解き編)
閲覧 253ビュー コメント 0 ナイス 2

第326話 「ローズS」


10年 34.1-37.4-34.3 =1.45.8 ▼ 8▼ 6△ 7 瞬発戦
11年 36.7-37.3-34.1 =1.48.1 ▼11▼ 3△11 瞬発戦
12年 36.5-36.9-33.4 =1.46.8 ▼ 6▼10△12 瞬発戦
13年 34.6-35.5-37.6 =1.47.7 ± 0△ 6△ 7 消耗戦 重
14年 35.1-36.7-34.2 =1.46.0 ▼ 6▼ 3△ 6 瞬発戦

基本的には中盤で脚を溜めての瞬発力勝負というレースなのですが13年の様にハイペース消耗戦というケースもあります。
1頭だけの大逃げではなく集団で速く流れたレースだったのでかなりのレアケースと考えない方がいいかもしれません。
元々中盤で脚を溜めての瞬発力勝負で開幕2週目となると比較的前の馬の方が有利な傾向があります。
(実際、13年以外の年の勝ち馬は4コーナー7番手以内の位置取りとなっていました)
各ジョッキーの心理状況や相手関係次第では瞬発戦以外もあるレースということでしょう。
13年はデニムアンドルビーエバーブロッサムレッドオーヴァルメイショウマンボが上位人気で全て差し追い込みの脚質だったので下位人気馬の多くが「前で勝負」となってしまったのかもしれません。
とはいえ予想する上では確率的には圧倒的に高い瞬発戦で考えた方がベターでしょう。
阪神外回り1800mで瞬発コース、普通に考えて春の桜花賞&オークスで活躍した馬が得意な舞台のはずです。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
アニメイトバイオ  【瞬1平3消1】
ホエールキャプチャ 【瞬5平1消0】
ジェンティルドンナ 【瞬3平2消0】
デニムアンドルビー 【瞬3平1消0】
ヌーヴォレコルト  【瞬4平0消0】
2着馬
ワイルドラズベリー 【瞬2平2消0】
マイネイサベル   【瞬2平1消0】
ヴィルシーナ    【瞬4平1消0】
シャトーブランシュ 【瞬2平1消0】
タガノエトワール  【瞬0平1消0】

瞬発戦実績が重要なはずですが昨年の2着馬タガノエトワールは瞬発戦実績なしでした。
この辺りに春の実績馬以外の攻略があるのかもしれません。

前走オークス出走馬の成績が
5-2-1-16 勝率20.8% 連対率29.2% 複勝率33.3%
とやはり圧倒的で、そのオークスで4着以内だった馬の成績は
5-1-0-6 勝率41.7% 連対率50.0% 複勝率50.0%
でかなり信頼出来る数字で勝ち馬は全てこの条件をクリアしていました。
但し、逆のことを言えば半分は馬券にならず敗退してるということです。
12年のジェンティルドンナヴィルシーナがオークスの着順そのままにローズSでもワンツーを決めましたが過去5年ではそれ以外の年はオークスの着順そのままにはなっていません。
馬券的にはオークス上位から1頭、以外の馬を相手にという戦略がベターかもしれません。

ということでまずは軸候補。
オークスで4着以内、上り3位以内という条件をクリアしている馬は
ミッキークイーン
の1頭のみです。
1頭しかいないので次点のアンドリエッテ(オークス5着)も十分候補でしょう。
とりあえず軸候補はこの2頭か。

穴の候補はシンプルに前走1着馬です。
前走オークス出走馬以外の馬の成績は
0-3-4-40 勝率0.0% 連対率6.4% 複勝率14.9%
ですがこの中で前走1着馬に絞ると
0-3-2-17 勝率0.0% 連対率13.6% 複勝率22.7%
になります。
更にここから前走のレースが平坦戦だった馬は
0-3-2-6 勝率0.0% 連対率27.3% 複勝率45.5%
となります。
今年の登録馬では
サンクボヌールタッチングスピーチテルメディカラカラトーセンビクトリーメジャーガラメキレーヌドブリエ
の6頭が該当します。

今年の場合はこれらに2歳女王のショウナンアデラ、春のクラシックは不参加だった無敗馬ディープジュエリーの2頭の登録があってここは注目でしょう。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ミッキークイーンレーヌドブリエタッチングスピーチ
ドーベルの仔に期待してみます。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

ディープジュエリーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 68ビュー コメント 2 ナイス 20

今週のPOG戦線は延べで2頭の出走。
ウマニティPOGでも力は入りますけど、特に主戦場のPOGでは首位攻防戦になる青葉賞がとても楽しみです。

【出走】
・4月29日 東京7R
★アンティノウス(クリストフ・ルメール騎手)
東京のダートの500万下に、主戦場のPOGで指名している★アンティノウスが登場。

アンティノウス
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16. 5ベスト美南W良 68.2 51.6 37.9 12.7[4]G前仕掛け
 助 手 ■美南W稍 68.4 52.8 38.6 13.4[8]一杯に追う
  3.15 美プール
  3.16 美プール
  4.12 美プール *
 助 手 4.16美南W良 56.8 42.2 13.5[9]馬なり余力
★助 手 4.19美南W良 68.7 53.9 39.1 13.0[8]G前仕掛け
       ディープジュエリー(古1000万)馬なりの外を1.6秒先行同入
  4.20 美プール
 助 手 4.23美南W稍 72.8 56.5 41.9 12.9[8]馬なり余力
       ロジブリランテ(三未勝)馬なりの外を1.0秒先行同入
☆助 手 4.26美南W良 84.1 68.3 53.3 39.9 12.8[9]馬なり余力
       ロジブリランテ(三未勝)馬なりの外を1.5秒先行同入

こちらは昇級戦だし、曲がりなりにも1勝している馬同士の争いだから楽ではないとは思いますけど、強そうな馬は休み明けだからアンティノウスにもチャンスはありそうです。
芝スタートの東京のマイル戦で大外枠というのはいいですね♪
この馬が頑張っちゃうと、ウマニティPOGではスペシャルワールドの3位の人を“アシスト”する形になるんですが、それで逆転されるわけでもないのでどうぞ頑張ってください(^^)


・4月29日 東京11R 青葉賞
☆アドマイヤウイナー(秋山真一郎騎手)
ダービーの出走権を賭けて、アドマイヤウイナーが青葉賞に出走です。

アドマイヤウイナー
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 3ベスト 栗CW良 94.6 78.2 63.6 50.4 38.0 12.9[5]馬なり余力
 小林徹 ■ 栗CW不 82.5 66.4 51.4 37.6 11.9[6]馬なり伸る
 助 手 4. 5 栗CW良 68.6 52.8 39.1 13.6[6]馬なり余力
 助 手 4. 6 栗坂良 1 回 52.4 38.6 26.0 13.5 一杯に追う
       ロワアブソリュー(古1600万)馬なりを0.4秒先行クビ遅れ
 助 手 4.12 栗坂不 1 回 61.3 43.5 28.0 14.1 馬なり余力
 畑 端 4.13 栗CW重 81.5 66.0 51.5 37.9 13.0[5]馬なり余力
       アグリッパーバイオ(古1000万)一杯の外を0.5秒先行5F付0.1秒先着
 助 手 4.16 栗坂良 1 回 57.8 40.4 26.6 13.8 馬なり余力
★秋 山 4.19 栗坂重 1 回 53.5 39.2 25.7 13.1 一杯に追う
       シュテルングランツ(古1600万)一杯を0.5秒追走同入
 助 手 4.21 栗CW良 73.0 57.5 42.5 13.8[6]馬なり余力
       クリノダヴィンチ(三未勝)馬なりの内を0.1秒追走0.2秒先着
 助 手 4.23 栗坂良 1 回 59.3 43.0 28.3 14.2 馬なり余力
☆秋 山 4.26 栗CW良 82.4 65.6 51.2 37.9 12.4[8]馬なり余力
       ヴァントシルム(三未勝)叩一杯の外を1.1秒追走3F併クビ遅れ

最終追い切りは併せ馬で遅れたものの時計的には好内容のように思っています。東スポはちゃんとA評価になっているけど、この時計でB評価にしていた日刊スポーツはど一体どこを見ているのか?まあ日刊スポーツの追い切り評価は、追い切りそのものの評価ではなくて下馬評の高い馬ほど評価が高いだけなんだけどね。

大寒桜賞の勝ち馬がここ3年連続で青葉賞で2着になっているから、今年の大寒桜賞の勝ち馬であるアドマイヤウイナーも、と言いたいところですが、そこは勝負事なので簡単にはいかないと思います。
さらに遡って4年前のラストインパクトが青葉賞3着、5年前のトーセンホマレボシが京都新聞杯を勝っているとあって、中京の改修以降では目下5年連続で次走の重賞で大寒桜賞の勝ち馬が馬券対象になっているから、それはそれでプレッシャーに感じないこともないのですけど、仮に馬券対象にならなくても「それはワークフォース産駒だから」の一言で片付いちゃいそうな気がするので、むしろプレッシャーはないですねw
(ちなみに過去5年の大寒桜賞の勝ち馬はディープインパクト産駒とゼンノロブロイ産駒)
それよりも去年、一昨年と青葉賞の勝ち馬を出しているアザレア賞の勝ち馬の方が「負けられない」という思いが強すぎるなんてことはないんですか?(牽制)

土曜日朝の時点で8番人気なら、気合い入れて買ってもいいかも♪

【調教】
トワードポラリス
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16. 6ベスト美南W稍 68.7 53.6 39.3 13.5[6]強目に追う
 助 手 ■美南W良 53.6 38.8 13.5[9]強目に追う
  4.12 美プール
★助 手 4.23美南坂稍* 1 回 60.7 44.7 29.7 14.9 馬なり余力
☆助 手 4.26美南W良 53.7 39.1 13.6[9]馬なり余力
       サンチェサピーク(三500万)馬なりの外を0.4秒先行0.2秒遅れ

テンペスト
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 3ベスト 栗坂良 1 回 53.3 39.2 26.0 13.5 叩き一杯
 助 手 ◇ 栗CW不 83.4 67.6 52.9 39.1 12.9[5]稍一杯追う
☆助 手 4.26 栗坂良 1 回 54.8 40.5 27.4 14.4 一杯に追う

ラボーナ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 2ベスト美南W良 69.2 53.1 40.0 12.5[7]馬なり余力
 柴 山 ■美南W稍 54.0 39.9 12.7[8]馬なり余力
 助 手 4.16美南W良 54.9 40.4 13.0[7]馬なり余力
       ストロボスコープ(三未勝)馬なりの内を0.6秒追走同入
★助 手 4.19美南W良 56.0 40.4 13.4[9]馬なり余力
       ストロボスコープ(三未勝)馬なりの外同入
 助 手 4.23美南W稍 58.7 42.5 13.2[8]馬なり余力
       キングオブアームズ(古500万)馬なりの外を0.4秒先行同入
☆杉 原 4.26美南W良 55.1 40.7 13.2[7]馬なり余力
       ストロボスコープ(三未勝)馬なりの内を1.0秒追走同入

モアナ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16. 9ベスト美南坂重 2 回 54.3 38.8 25.1 12.6 馬なり余力
 助 手 ■美南坂良 2 回 54.3 39.2 25.4 12.5 馬なり余力
★助 手 4.21美南坂良 2 回 56.0 40.5 27.1 13.6 馬なり余力
       ヴァーノン(古1600万)馬なりを0.8秒追走0.2秒先着
 高野和 4.27美南坂稍 2 回 61.8 44.0 29.1 14.7 馬なり余力
☆高野和 4.27美南坂稍 53.6 39.1 25.8 12.5 末強目追う
       アーバンイェーガー(三未勝)強目を0.4秒追走同入

ドロウアカード
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16.11ベスト 栗坂稍 1 回 52.0 38.2 25.2 12.8 一杯に追う
 助 手 ■ 栗坂良 1 回 54.9 40.0 25.4 12.4 末強目追う
 助 手 ◇ 栗坂良 1 回 55.4 40.1 25.7 12.7 馬なり余力
  4.21 栗プール
★助 手 4.23 栗坂良 1 回 58.8 42.8 28.2 14.1 馬なり余力
☆助 手 4.27 栗坂重 1 回 56.0 41.1 26.8 13.1 馬なり余力
       マイボニー(三未勝)一杯を0.6秒先行0.1秒先着

【近況】
・在厩
☆ペルシアンナイト(皐月賞は2着→5月28日の東京優駿へ)
☆ファームフェイス(京都の500万下を快勝→5月14日の青竜Sへ)
☆トワードポラリス(4月9日の未勝利を勝利→5月6日の新潟のわらび賞へ)
☆サリネロ(2月11日の500万下は11着)
☆ミンネザング(4月22日の未勝利戦は2着)
☆ファヴール(4月22日の未勝利戦は9着)
△アエロリット(桜花賞は5着→5月7日のNHKマイルCへ)
△ドロウアカード(忘れな草賞は3着→5月7日の矢車賞を四位騎手で)
△モアナ(2月4日の未勝利戦を快勝)
△オーシャンティ(4月22日の未勝利戦は3着)
△テンペスト(4月16日の未勝利戦は9着)
★ラボーナ(5月7日の東京ダート1600mの未勝利戦へ)

・放牧
☆レッドラシーマ(4月8日の阪神の500万下は17着)
☆オメガドラクロワ(3月26日の未勝利戦は16着)
△モーヴサファイア(忘れな草賞を回避→オークスを視野)
△オールポッシブル(2月18日の500万下は3着)
△アーザムブルー(ゆりかもめ賞は5着→成長待ちから秋に備える)
△アルテーロ(5月21日の京都芝1600mの牝馬限定の未勝利戦を目標)
★ダンビュライト(皐月賞は3着→引き続き武豊騎手で5月28日の東京優駿へ)

・故障者リスト
☆ヴァナヘイム(左前脚第三手根骨骨折で全治6ヶ月以上の診断)
△ダンスウィズユー(骨折で全治3ヶ月)
★ルタンデュボヌール(種子骨骨折で全治9ヶ月)
★アンジュシャルマン(新潟2歳S後に右膝骨折で全治6ヶ月の診断)


在厩している馬の数から、スペシャルワールドの優勝争いの“弾数”は確保できている感じ。もちろん結果がついてくれるに越したことはないのですけど。
アドマイヤウイナーが青葉賞を勝つと暫定首位に立つことができるので、そうなってくれるといいんですけどね。

 DEEB 2017年04月22日() 17:49
淑やかな馬予想20170422[結果]
閲覧 19ビュー コメント 0 ナイス 1

東京11R オアシスステークス 4歳以上オープン(国際)[指定]
◎ 8 ディアデルレイ…13着
○13 アルタイル…1着
▲14 ストロングバローズ…16着
△ 6 ベストマッチョ…7着
× 4 スーサンジョイ…8着
[結果:ハズレ×]

東京12R 4歳以上1000万下牝[指定]
◎ 4 ★スマートプラネット…2着
○ 8 ディープジュエリー …1着
▲ 9 クリーンファンキー …5着
[結果:アタリ○ 複勝 510円、馬連4-8 2,730円、ワイド4-8 1,000円]

京都 6R 3歳500万下(混合)[指定]
◎ 4 マジカルスペル…9着
○ 9 クリノライメイ…6着
▲11 エスケークラウン…7着
△ 6 ☆マイネルブロッケン…3着
× 1 ウォーターマーズ…2着
[結果:アタリ△ 複勝6 240円]

京都10R 橘ステークス 3歳オープン(混合)(指定)
◎ 9 ディバインコード…1着
○ 1 エントリーチケット…3着
▲ 2 クインズサリナ…4着
△ 7 ショウナンマッシブ…8着
× 4 アーケロンバイオ…7着
[結果:ハズレ×]

京都12R 4歳以上1000万下(混合)[指定]
◎15 キングライオン…9着
○ 8 ミトノゴールド…11着
▲ 9 レッドヴェルサス…5着
×11 ☆ゴーイングベル…4着
[結果:ハズレ×]

福島11R 福島牝馬ステークス(GIII) 4歳以上オープン(国際)牝(指定)
◎ 6 ウキヨノカゼ…1着
○ 8 フロンテアクイーン…2着
▲ 9 ☆クインズミラーグロ…3着
△ 5 ウインファビラス…14着
× 1 ギモーヴ…6着
[結果:アタリ○ 複勝9 140円、馬連6-8 3,170円、ワイド6-8 1,160円]

今日は、休みです。
予定は、病院に行って散髪に行きます。
明日は、仕事です。
今日は、淑やかに競馬します。

[今日の結果:6戦2勝3敗1分]
今日は、プラスで終わることができました。
なぜだか、今月は調子がよろしいです。

[もっと見る]

 Mr.A− 2017年04月22日() 10:32
閲覧 27ビュー コメント 0 ナイス 0

SS馬ではないがいい感じ・・・かも
京都 1R ◎ ▲ ○ ○ 3 レッドラトナ
京都 2R ◎ ◎   注 10 パンサーバローズ
京都 4R ◎ ◎ ○ ◎ 3 カデナダムール
京都 5R ◎ ○ ◎ ◎ 11 レディギャング
京都 6R ◎ ◎ △ ▲ 4 マジカルスペル
東京 6R ◎ ◎ ○ ◎ 2 ディーグランデ
東京 7R ◎ ◎ ▲ ○ 10 レレマーマ
福島 9R ◎ ◎ ○ ◎ 11 シャリオヴァルト
京都 10R ◎ ◎ △ ◎ 9 ディバインコード
東京 12R ◎ ◎ ○ ◎ 8 ディープジュエリー

[もっと見る]

ディープジュエリーの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ディープジュエリーの写真

ディープジュエリー
ディープジュエリー

ディープジュエリーの厩舎情報 VIP

2017年4月22日4歳以上1000万下1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ディープジュエリーの取材メモ VIP

2017年4月22日 4歳以上1000万下 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。