注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます!

レッドローゼス(競走馬)

注目ホース
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2014年4月16日生
調教師国枝栄(美浦)
馬主株式会社 東京ホースレーシング
生産者坂東牧場
生産地平取町
戦績 6戦[2-1-2-1]
総賞金2,233万円
収得賞金900万円
英字表記Red Roses
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
リヴィアローズ
血統 ][ 産駒 ]
Galileo
Kiftsgate Rose
兄弟
前走 2017/04/15 山藤賞
次走予定 2017/05/06 プリンシパルS OP

レッドローゼスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/04/15 中山 9 山藤賞 500万下 芝1800 108101.611** 牡3 56.0 蛯名正義国枝栄470(-4)1.48.9 -0.133.3⑥⑥⑤ゴールドスミス
17/03/12 中山 6 3歳500万下 芝2000 127105.943** 牡3 56.0 蛯名正義国枝栄474(+4)2.02.1 0.135.6⑤⑤④④リカビトス
16/11/27 東京 7 ベゴニア賞 500万下 芝1600 13116.034** 牡2 55.0 蛯名正義国枝栄470(+2)1.36.0 0.434.0⑩⑩サトノアレス
16/10/10 東京 3 2歳未勝利 芝1800 13331.511** 牡2 55.0 蛯名正義国枝栄468(0)1.50.0 -0.334.0シーズララバイ
16/09/11 中山 2 2歳未勝利 芝1800 157123.422** 牡2 54.0 蛯名正義国枝栄468(+4)1.50.2 0.034.6⑥⑥⑥サトノアレス
16/08/06 新潟 5 2歳新馬 芝1600 18593.423** 牡2 54.0 蛯名正義国枝栄464(--)1.36.0 0.133.5サンライズソア

レッドローゼスの関連ニュース

 【中山】9R山藤賞(500万下、芝・内1800メートル)=レッドローゼス(美・国枝、牡、父ステイゴールド

 ◆蛯名騎手 「この馬に求めているものは大きいからね。距離は2000メートルくらいまで大丈夫そう」

 *プリンシパルS(5月6日、東京、OP、芝2000メートル)を視野に。

 【阪神】9Rはなみずき賞(500万下、芝・内2000メートル)=プラチナムバレット(栗・河内、牡、父マンハッタンカフェ

 ◆浜中騎手 「道中リラックスしてしっかり走ってくれて、直線もしぶとく最後まで伸びてくれた。器用で上手に走ってくれる」

 *次走は京都新聞杯(5月6日、京都、GII、芝2200メートル)が有力。

 【福島】10R雪うさぎ賞(500万下、芝1200メートル)=レジーナフォルテ(美・佐藤吉、牝、父アルデバランII)

 ◆杉原騎手 「スタートしてつまずいたことで、かえってムキにならず、リラックスして走れました。短距離戦では能力を持っている馬ですからね」

【山藤賞】荒れた中山芝でステイ産駒レッドローゼスが完勝 2017年04月15日() 14:39

 4月15日の中山9R・山藤賞(3歳500万下、芝・内1800メートル、(6)バルデスは出走取消)は、蛯名正義騎手騎乗の1番人気レッドローゼス(牡、美浦・国枝栄厩舎)が中団追走から直線半ばで先頭に立ち、後続を振り切って2勝目を挙げた。タイムは1分48秒9(良)。

 3/4馬身差の2着には2番手を進んだゴールドスミス(3番人気)が入り、さらに半馬身遅れた3着に逃げたマイネルラプティス(4番人気)が粘り込んだ。

 山藤賞を勝ったレッドローゼスは、父ステイゴールド、母リヴィアローズ、母の父ガリレオという血統。通算成績は6戦2勝。

 ◆蛯名正義騎手(1着 レッドローゼス)「メンバーに恵まれたし、前回より状態は上がっている。いいものを持っているので、この馬に求めているものは大きいからね。気持ちが入る面があるけど、きょうのレースでは問題なかった。距離は2000メートルくらいまで大丈夫そう」

★15日中山9R「山藤賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【朝日杯FS】藤沢和師2週連続2歳GI制覇チャンス 2016年12月13日(火) 05:04

 今週のメインは、2歳チャンピオン決定戦の朝日杯フューチュリティステークス。注目の牝馬も参戦して混戦ムードだが、ベゴニア賞を驚異の末脚で差し切ったサトノアレスも好勝負が見込まれる一頭だ。先週の阪神JFソウルスターリングで制した藤沢和雄調教師(65)にとっては、グレード制導入後初となる2週連続2歳GI制覇のチャンス。名伯楽が、快挙達成に向けて期待のほどを語った。(取材構成・柴田章利)

 −−初勝利までに3戦を要した

 「デビュー前から期待していた馬だけど、勝ちきれなくてね。2戦目も負けて、3戦目も使うことになってしまった。でも、勝ったときに2着だった(レッドローゼスの)蛯名騎手から、『先生、その馬強いね』って言ってもらえたぐらいだから」

 −−前走のベゴニア賞は強い競馬

 「(勝つまでに)3回続けて使ったのでひと息入れた。久々だったし、掛かるかなと思っていたけど、そんなこともなかったね。ラストの脚はけた違いで驚いたぐらいだよ。早めに先頭に立ってしまって心配したけど、そのまま押し切ったからね。強いな、と思ったよ」

 −−母(サトノアマゾネス)も管理していた

 「お母さんもいい馬だったね。未勝利戦を勝っただけで引退してしまったけど、その後にクールモア(アイルランドに拠点を置く世界最大の生産者グループ)から買い戻したい、って話がきたぐらいだからね」

 −−短距離で活躍した兄もいるが

 「この馬は違うよね。距離は長いところでももつ。ベゴニア賞はマイルだからどうしようかと思ったけど、東京なら…と思って使った。上手に競馬をしていたよね」

 −−今度は阪神への輸送競馬

 「牡馬だし、いままで札幌、中山、東京と走っている。それほど気にしていませんよ」

 −−勝てばJRA初の同年2歳GIダブル制覇

 「サトノアレスは、何よりも体質が強いのがいいね。それと競馬っぷりがいい。今の阪神外回りのマイルは、昔と違ってタフでいいコースになった。前走で騎乗したライアン(ムーア騎手)も、『いい馬』と言っていたし、ソウルスターリングとタイプは違うけど、今週も楽しみにしていますよ」

朝日杯FSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【2歳次走報】ディバインコード、京王杯2歳Sへ2016年10月19日(水) 05:01

 ★アスター賞勝ちのディバインコード(美・栗田博、牡)は、京王杯2歳S(11月5日、東京、GII、芝1400メートル)へ。

 ★8月28日の小倉新馬戦を快勝したヴァナヘイム(栗・角居、牡)は萩S(29日、京都、OP、芝1800メートル)で復帰。萩Sには8日の未勝利戦(芝1800メートル)をJRA2歳タイレコードで勝ったプラチナヴォイス(栗・鮫島、牡)も出走予定。

 ★10日の未勝利戦を勝ったレッドローゼス(美・国枝、牡)は、ベゴニア賞(11月27日、東京、500万下、芝1600メートル)。

 ★15日の未勝利戦を制したヴォーガ(美・高木、牡)は、オキザリス賞(11月12日、東京、500万下、ダ1400メートル)へ。

[もっと見る]

【2歳次走報】ディバインコード、京王杯2歳Sへ2016年10月14日(金) 05:02

 ★サウジアラビアロイヤルCを快勝したブレスジャーニー(美・本間、牡)は千葉県のエスティファーム小見川に放牧。次走は未定。

 ★りんどう賞を勝ったアズールムーン(美・斎藤誠、牝)は、放牧を挟んで兵庫ジュニアグランプリ(11月23日、園田、交流GII、ダ1400メートル)から全日本2歳優駿(12月14日、川崎、交流GI、ダ1600メートル)へ。

 ★札幌2歳S2着ブラックオニキス(美・加藤和、牝)は、引き続き城戸騎手でファンタジーS(11月5日、京都、GIII、芝1400メートル)へ。

 ★アスター賞で2勝目を挙げたディバインコード(美・栗田博、牡)は京王杯2歳S(11月5日、東京、GII、芝1400メートル)。

 ★10日の東京新馬戦(芝1600メートル)でデビュー勝ちしたイノバティブ(美・相沢、牡)は、きんもくせい特別(11月6日、福島、500万下、芝1800メートル)で連勝を狙う。

 ★10日の東京未勝利(芝1800メートル)を勝ったレッドローゼス(美・国枝、牡)はベゴニア賞(11月27日、東京、500万下、芝1600メートル)、ひいらぎ賞(12月17日、中山、500万下、芝1600メートル)を視野。

 

[もっと見る]

【2歳新馬】新潟5R サンライズソアが逃げ快勝 2016年08月06日() 12:44

 8月6日の新潟5R・2歳新馬(芝1600メートル)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の3番人気サンライズソア(牡、栗東・河内洋厩舎)が余裕たっぷりの手応えで逃げ切った。タイムは1分35秒9(良)。

 3/4馬身差の2着には中団から追い込んだアウトライアーズ(4番人気)、さらにクビ差遅れた3着に先行粘ったレッドローゼス(2番人気)が入線した。

 サンライズソアは、父シンボリクリスエス、母アメーリア、母の父スペシャルウィークという血統。

 ◆ミルコ・デムーロ騎手「強かったね。追い切りの動きも良かったし、一生懸命に走ってくれる馬です。まだ子どもっぽいけど、パワーがすごい」

★6日新潟5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

レッドローゼスの関連コラム

関連コラムはありません。

レッドローゼスの口コミ


口コミ一覧
閲覧 24ビュー コメント 0 ナイス 2

JRAは何故、G1開催週に「特殊な馬場」を作るのか? 中山の皐月賞(G1)敗因が「前走・中山でレースをしたこと」という皮肉な結果に......─Gambling Journal ギャンブルジャーナル / 2017年4月17日 8時46分 http://biz-journal.jp/gj/2017/04/post_3150.html

「速い馬場が初めてで......」
 16日に行われた第77回皐月賞(G1)のレース後、3番人気のカデナに騎乗していた福永祐一騎手がそう悔しがっていた。
 前哨戦の弥生賞を勝って主役の1頭に挙げられていたカデナだが、その弥生賞が良馬場では歴代最も遅い勝ち時計。時計面で大きな不安を抱えていたが、コースレコード・タイという高速決着で、福永騎手の不安が的中してしまった格好だ。
 それにしても、先週の中山競馬場の豹変ぶりには驚かされた。
 今開催の中山は、開幕時から総じて時計のかかる馬場だった。その上に前々週、前週と雨が降った中での開催だっただけに、2カ月開催の最終週となる皐月賞週の馬場コンディションは「相当タフになる」と考えられていたのだ。
 実際に事前の雨予報が重なったこともあって、各メディアは総じて「荒れた重い馬場」での記事や予想を展開、出走馬の各陣営からも口々に馬場を気にするような言葉が相次いだ。
 ところがいざフタを開けてみれば、これまでの中山開催が嘘のような高速馬場だった。
 土曜日から上がり3ハロン33秒台が連発し、山藤賞(500万下、1800m)では先月の中山の2000mで上がり3ハロン35.6秒で3着だったレッドローゼスが33.3秒の末脚で快勝。皐月賞当日に至っては32秒台の上がりも記録され、皐月賞は事前の想定とは完全に異なった舞台で行われることとなった。


次のページ 今開催の中山は「皐月賞週」と「それ以外」に分別できるほど、大きく異なった馬場状態

その結果、アルアインとペルシアンナイトという前走で「阪神」の重賞を快勝してきた馬がワンツーゴール。3着ダンビュライトこそ意地を見せたが、4着のクリンチャー、5着のレイデオロ、いずれも「今開催の中山を使っていない馬」が掲示板を占めた。
 しかし、それも仕方がないのかもしれない。今開催の中山は「皐月賞週」と「それ以外」に分別できるほど、大きく異なった馬場状態で競馬が行われており、弥生賞やスプリングSで上位を賑わせた馬たちは、いわば「それ以外」の中山で結果を残してきた馬である。
 6着スワーヴリチャードも今開催の中山を使っていないが、そこに続いたのが7着ファンディーナ、8着ウインブライト、9着カデナといずれも「今開催の中山重賞を勝利した馬」であることが、なんとも対照的な結果となってしまった。
 ちなみに先述した通り、今年の皐月賞は2015年の最優秀古馬ラブリーデイが、やはり2015年の中山金杯で記録したコースレコードと同タイムの「皐月賞レコード」だった。
 実はこの日に行われた「芝の特別戦(固有の名前がついたレース)」鹿野山特別(2000m)、春雷S(1200m)、春興S(1600m)は、いずれも現行のレースレコードを更新している。これだけを見ても、この日の中山がいかに特殊な高速馬場だったのかがわかる。
 つまり皐月賞を含め、この日に行われた芝の特別戦は「すべてレコードを更新した」ということだ。
 これもJRAの馬場造園課の技術の賜物といったところだろうか。しかし、以前同じようなことがあった昨年の高松宮記念の際は、メディアだけでなくファンも巻き込んで大きな波紋を呼んだことを覚えている人も多いだろう。


次のページ G1レースだからといって“特別なコンディション”で開催する必要があるのか

 G1という競馬における「看板商品」を絶好のコンディションで開催したいという主催者側の意図は理解できなくもない。だが、馬場を"人為的"に大きく変化させてしまうのはいかがなものだろうか。
 多くの馬券購入者にとって、馬場状態は予想の重要なファクターを占めていることは述べるまでもない。それが、実際にレースが行われる土曜日まで「まったく不透明」というのは結果的に、週末までの競馬への意識を低下させ、馬券の購買意欲を削いでしまうことにつながらないのだろうか。
 競馬は「ギャンブル」と「スポーツ」という大きく異なった二面性を持つ特殊な競技だ。だが、どちらにも共通して言えるのは、大きな決定権を握る主催者側が"主役"になった興行は得てしてロクなことがないということ。
 平成生まれで初のG1騎手となった松山弘平騎手とアルアインが勝った今回の皐月賞は、確かに迫力のある素晴らしいレースだった。
 だが、これだけ極端な馬場状態になってしまえば「特定の馬を勝たせるために馬場を操作したのでは?」と勘ぐる人が出てきても仕方がない。真偽はともかく、本来まったく出てくる必要のない"疑念"だ。
 何故、G1レースだからといって"特別なコンディション"で開催する必要があるのか。平常の手入れでは不足なのか。改めて考えさせられることとなった。我々ファンはただ、気持ちよく馬券を買いたいだけである。
(文=浅井宗次郎)

 トーホーアマ 2017年03月13日(月) 14:42
スプリングS〜サトノアレス〜 
閲覧 36ビュー コメント 0 ナイス 5

1度日記にあげたが1600mのレースと思いこみ勘違いしたので再掲載。

想定1番人気。鞍上 戸崎

阪神JF1600m
12.8 - 11.2 - 11.6 - 12.7 - 12.3 - 11.5 - 11.2 - 12.1
12.8 - 24.0 - 35.6 - 48.3 - 60.6 - 72.1 - 83.3 - 95.4 (35.6-34.8)

スローはスローなのだが時計はかなり掛かってた馬場。古馬500万の元町ステークスと同じタイムであったのでレースレベルとしてはどこまで評価すればいいかかなりむずかしい。全体的にペースあがりはじめたのも後半3ハロンで11,5−11,2と外を回して早めに抜け出し11,2で先頭に立ったとこを評価できるがそのあと12秒推移をみると甘く。モンドキャンノの猛追を抑えたことと出遅れて勝ったことは評価できるが。

ベゴニア賞1600m
ラップ 12.5 - 11.4 - 11.8 - 12.6 - 12.7 - 11.6 - 11.1 - 11.9
ペース 12.5 - 23.9 - 35.7 - 48.3 - 61.0 - 72.6 - 83.7 - 95.6 (35.7-34.6)

阪神JFと似たようなラップ推移で阪神JFみたあとこのラップみると限界はここら辺ではないのかなと思う。11,6−11,1−11,9と11,1のとこはエトルディ―二でサトノアレス通過はそのあと0,2秒くらいかなといったとこ。11,3−11,9とラスト1ハロンが甘く。東京時計掛かる馬場ではあった。

中山未勝利 1800m
ラップ 12.8 - 11.7 - 12.4 - 13.4 - 12.6 - 12.1 - 11.9 - 11.3 - 12.0
ペース 12.8 - 24.5 - 36.9 - 50.3 - 62.9 - 75.0 - 86.9 - 98.2 - 110.2 (36.9-35.2)

日曜日6R500万のレッドローゼス3着だった馬を捉えての1着。11.9−11,3−12と最後の最後にかわしたレース。スピードはある馬。


この2戦は結局戦った相手に恵まれた感じはかなりする。とは言っても実績ある馬はサトノアレスとモンドキャンノでアウトライアーズとトリコロブルーは実績判断より期待値込みなオッズになりそうなオッズになりそう。弥生賞も共同通信杯の結果みると期待値込みで人気になってた馬が総じて大敗してるのをみるとサトノのアレスはG1馬と実績馬、ここ数戦の時計の推移を見ても100に近いので本命にするか置いといてある程度評価したい。

ある程度は評価したいものの例年前半4ハロン48秒ペースで進むレースなので阪神JFもベゴニアも1600mで前半4ハロン48秒ペース。未勝利1800mも前半4ハロン50秒ペースだったので今回2秒ほどはやくなるペースになるとどうかなと思う。単純に力負けもあるし1着になるとなるでここに出てくる馬たちの評価もかなり下がるので複雑。勝った時は成長分と考えるか。。

成長度具合と時計の掛かる馬場歓迎だろう。勝つイメージは去年のマウントロブソンな感じ。

[もっと見る]

レッドローゼスの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

レッドローゼスの写真

投稿写真はありません。

レッドローゼスの厩舎情報 VIP

2017年4月15日山藤賞1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

レッドローゼスの取材メモ VIP

2017年4月15日 山藤賞 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。