注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

アクションスター(競走馬)

注目ホース
アクションスター
写真一覧
現役 牡7 栗毛 2010年4月21日生
調教師音無秀孝(栗東)
馬主福井 明
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績35戦[3-3-1-28]
総賞金8,557万円
収得賞金1,925万円
英字表記Action Star
血統 アグネスタキオン
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アグネスフローラ
レディオブヴェニス
血統 ][ 産駒 ]
Loup Solitaire
Lacewings
兄弟 ヴェネトアッフィラート
前走 2017/02/12 京都記念 G2
次走予定

アクションスターの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/02/12 京都 11 京都記念 G2 芝2200 101196.779** 牡7 56.0 松若風馬音無秀孝480(-6)2.15.7 1.636.0⑥⑥⑤⑦サトノクラウン
17/01/17 京都 11 日経新春杯 G2 芝2400 144661.399** 牡7 53.0 松若風馬音無秀孝486(+14)2.27.3 1.636.8⑩⑩⑧⑧ミッキーロケット
16/10/10 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 1077178.5106** 牡6 56.0 北村友一音無秀孝472(-4)2.25.9 0.433.0⑨⑨⑩⑩キタサンブラック
16/09/25 中山 11 オールカマー G2 芝2200 1279191.5118** 牡6 56.0 大野拓弥音無秀孝476(+4)2.12.9 1.034.6⑫⑫⑫⑫ゴールドアクター
16/06/04 阪神 11 鳴尾記念 G3 芝2000 1445122.2119** 牡6 56.0 北村友一音無秀孝472(+2)1.58.1 0.535.0⑧⑧⑨⑨サトノノブレス
16/05/14 京都 11 都大路S OP 芝1800 111132.886** 牡6 56.0 松若風馬音無秀孝470(0)1.46.4 0.433.4⑦⑧ナムラアン
16/04/03 阪神 11 産経大阪杯 G2 芝2000 1155278.3108** 牡6 56.0 松若風馬音無秀孝470(0)2.00.4 1.133.8⑩⑩⑩⑨アンビシャス
16/03/26 中山 11 日経賞 G2 芝2500 955206.596** 牡6 56.0 大野拓弥音無秀孝470(-8)2.37.4 0.634.0⑤④⑦⑧ゴールドアクター
16/03/06 阪神 11 大阪城S OP 芝1800 1671338.7119** 牡6 53.0 北村友一音無秀孝478(+4)1.45.5 0.334.5⑩⑩テイエムイナズマ
15/12/12 阪神 11 チャレンジC G3 芝1800 183570.91311** 牡5 53.0 池添謙一音無秀孝474(-2)1.47.2 1.134.8⑯⑯フルーキー
15/11/21 京都 11 アンドロメダ OP 芝2000 115552.398** 牡5 54.0 北村友一音無秀孝476(+14)2.01.1 0.533.6⑪⑪⑪⑪トーセンレーヴ
15/03/08 阪神 11 大阪城S OP 芝1800 165923.398** 牡5 54.0 北村友一音無秀孝462(-2)1.49.9 1.836.8⑮⑯ヒストリカル
15/02/15 京都 11 京都記念 G2 芝2200 1111181.41010** 牡5 56.0 池添謙一音無秀孝464(+2)2.12.9 1.434.5⑪⑪⑪⑩ラブリーデイ
15/01/18 京都 11 日経新春杯 G2 芝2400 1861280.01316** 牡5 54.0 小牧太音無秀孝462(-2)2.25.9 1.134.0⑱⑱⑱⑰アドマイヤデウス
15/01/04 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 185944.91113** 牡5 54.0 松若風馬音無秀孝464(0)1.33.9 1.134.2⑨⑪ウインフルブルーム
14/12/06 阪神 11 逆瀬川S 1600万下 芝1800 12339.841** 牡4 57.0 北村友一音無秀孝464(-2)1.47.5 -0.134.4⑧⑦ダノンフェニックス
14/11/09 京都 9 八坂S 1600万下 芝1800 108108.143** 牡4 57.0 北村友一音無秀孝466(-6)1.48.3 0.034.2バッドボーイ
14/10/11 京都 11 大原S 1600万下 芝2000 14588.536** 牡4 57.0 北村友一音無秀孝472(+10)1.58.8 0.634.3⑩⑨⑪⑪デウスウルト
14/09/14 阪神 10 西宮S 1600万下 芝1800 8335.435** 牡4 57.0 北村友一音無秀孝462(-6)1.45.9 0.533.6⑥⑥レッドアリオン
14/06/08 阪神 11 垂水S 1600万下 芝1800 11797.752** 牡4 57.0 北村友一音無秀孝468(-2)1.46.3 0.133.5⑤⑥マコトブリジャール

⇒もっと見る


アクションスターの関連ニュース

 ★京都記念3着マカヒキ(栗・友道、牡4)は、ルメール騎手とのコンビで大阪杯(4月2日、阪神、GI、芝2000メートル)に向かう。4着ミッキーロケット(栗・音無、牡4)も、同レースに参戦。9着アクションスター(栗・音無、牡7)は、日経賞(3月25日、中山、GII、芝2500メートル)へ。

 ★アメリカジョッキークラブCを制したタンタアレグリア(美・国枝、牡5)は、日経賞に向かう。僚馬で東京新聞杯2着のプロディガルサン(牡4)は、金鯱賞(3月11日、中京、GII、芝2000メートル)へ。

 ★洛陽Sを勝ったダッシングブレイズ(栗・吉村、牡5)は、六甲S(3月26日、阪神、OP、芝1600メートル)からマイラーズC(4月23日、京都、GII、芝1600メートル)に向かう。2着グァンチャーレ(栗・北出、牡5)は、放牧を挟んでマイラーズCか、谷川岳S(4月30日、新潟、OP、芝1600メートル)へ。3着ケントオー(栗・西橋、牡5)は、大阪城S(3月5日、阪神、OP、芝1800メートル)か六甲Sへ。

 

【京都記念】レースを終えて…関係者談話2017年02月13日(月) 05:07

 ◆浜中騎手(アングライフェン5着) 「このメンバーでよく頑張ってくれました」

 ◆川田騎手(ガリバルディ6着) 「1600メートルをずっと使ってきましたから、向こう正面に入って加速しました。これがいい経験になってくれれば」

 ◆池添騎手(ヤマカツライデン7着) 「自分のレースはできたけど、今回は相手が強かった。またこれから力をつけていってくれれば」

 ◆フォーリー騎手(ウインインスパイア8着) 「距離が長いかな。きょうみたいな馬場か、もっと力の要る馬場の1800メートルで前々に行けば粘れる」

 ◆松若騎手(アクションスター9着) 「いつも通り流れにスムーズに乗れた。ただ、テンで出して行ったぶん、最後で甘くなった」

 ◆幸騎手(ショウナンバッハ10着) 「下(馬場)が緩いのはだめと聞いていました。実際、脚を取られていました」

★12日京都11R「京都記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【京都記念】厩舎の話2017年02月10日(金) 05:06

 ◆アクションスター・音無師 「追い切りの動きは今回の方がいいが、相手が強くなるからね」

 ◆アングライフェン・安田師 「動きは良かった。相手が強いので、胸を借りるつもりで」

 ◆ウインインスパイア・高橋祥師 「具合はいい。時計がかかる馬場になってほしい」

 ◆ガリバルディ・藤原英師 「気性を考えてマイルに使ってきたが、今は長い方がいい」

 ◆ショウナンバッハ・上原師 「京都の外回りはいい。末脚を生かせれば、それほど差はない」

 ◆スマートレイアー・大久保師 「体調はいい。折り合いは心配ないと思う」

 ◆マカヒキ・友道師 「イメージ通りの調教ができた。(休み明け)初戦にしてはいいと思う」

 ◆ミッキーロケット・和田騎手 「先週も良かったが、さらに上昇している」

 ◆ヤマカツライデン・池添兼師 「時計が出たのは、馬場の真ん中を通ったから。前回より状態は良さそう」

京都記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都記念】追って一言2017年02月09日(木) 05:04

 ◆アクションスター・音無師 「前走は太かったし、追い切りの動きも今回の方がいい。良くなっているけど、相手が強くなるからね」

 ◆ウインインスパイア・高橋祥師 「調教の動きや具合はいい。メンバーは強いけど、時計のかかる馬場になってほしい」

 ◆ショウナンバッハ・上原師 「前走を使ってガス抜きができた。今回もブリンカーを着ける。京都の外回りはいいし、末脚を生かせればそんなに差はない」

 ◆ヤマカツライデン・池添兼師 「体は締まって見えるし、前回より状態は良さそう」

京都記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都記念】レース展望 2017年02月06日(月) 17:58

 京都の日曜メインは110回目を迎える京都記念(12日、GII、芝2200メートル)。春の中長距離GIを見据える古馬の一線級が集う伝統の重賞で、登録11頭と少頭数ながら今年も豪華なメンバーが顔をそろえた。

 過去、前走で海外GIに出走した馬は【3・0・0・0】という好成績で、今年は3頭が出走。なかでも注目は昨年のダービー馬マカヒキ(栗東・友道康夫厩舎、牡4歳)だ。昨秋は日本競馬の悲願である凱旋門賞制覇に向けて渡仏。前哨戦のニエル賞を快勝したが、本番では直線で早々と手応えがなくなり、16頭中の14着に敗れた。(14)番枠から終始、外々を回らされたことなど、「敗因はたくさんあると思います」と友道康夫調教師は振り返るが、ハイレベルのメンバーを相手に厳しい競馬をしたことはいい経験にもなったはずだ。

 その後はじっくりと間隔をあけて、心身ともに成長。1週前追い切りでは栗東CWコースの3頭併せで僚馬を各3、6馬身置き去りにした。ラストは11秒5(7ハロン96秒4)と、自慢の末脚は鋭さを増し、海外遠征明けでも力を出せる仕上がりとみていい。ライアン・ムーア騎手との初コンビにも注目が集まる今回の始動戦。ダービーで叩き合いを演じてハナ差2着に退けたサトノダイヤモンドが、のちに菊花賞有馬記念を制したことからも、ハイレベル世代の頂点に立った存在として力を誇示したいところ。世界最高峰のレースでのリベンジに向けても、負けられない一戦となる。

 サトノクラウン(美浦・堀宣行厩舎、牡5歳)。昨年のこのレースを3馬身差で快勝後、GI・3戦では好結果を残すことができなかったが、12月の香港ヴァーズでは逃げて連覇が寸前だったハイランドリールをゴール直前で捕らえて待望のビッグタイトルをつかんだ。京都外回りの適性は証明済み。昨年は重馬場も味方につけた印象だが、今回も週末にかけて天気が崩れる可能性が高く、連覇の可能性は十分にある。

 スマートレイアー(栗東・大久保龍志厩舎、牝7歳)は香港ヴァーズで5着。強豪ぞろいのうえ、守備範囲とはいえない2400メートル戦だっただけに善戦といってよく、200メートルの距離短縮は好材料。上位争いが期待できる。

 今年初戦の日経新春杯で重賞初制覇を飾ったミッキーロケット(栗東・音無秀孝厩舎、牡4歳)も侮れない。昨秋の神戸新聞杯サトノダイヤモンドにクビ差2着の実績があり、ハイレベルな4歳世代の中でも上位の力を持つ。今回は200メートル短くなるが、同じ京都外回りが舞台だけに問題はない。音無厩舎も5日にきさらぎ賞東京新聞杯と東西重賞Vを飾って勢いに乗っている。今がまさに充実期といえ、GII連勝を飾って春GIに弾みをつけるか。

 展開の鍵を握るのがヤマカツライデン(栗東・池添兼雄厩舎、牡5歳)。キタサンブラックに終始、マークされた京都大賞典(8着)、ハイペースのうえ勝ち馬に早めに来られてしまった日経新春杯(6着)と、ここ2戦は厳しいレースを強いられたが、それぞれ0秒8、0秒7差で大きくは負けていない。2200メートルは2戦1勝、2着1回と実績のある距離。末脚を生かしたい馬に注目が集まりそうな今回はマークも薄くなりそうで、自分のリズムで運べれば上位に入っても不思議はない。

 ガリバルディ(栗東・藤原英昭厩舎、牡6歳)は着実に地力を蓄え、昨年の中京記念で重賞初制覇。秋のマイルチャンピオンシップでも0秒4差(7着)と力のあるところを見せた。前走の京都金杯(13着)は57キロのハンデや、外々を回らされたことも影響した形で、力を出し切ったわけではない。2200メートルは2014年の京都新聞杯で3着に好走。今回はそれ以来の2000メートル以上のレースで、距離延長への対応がポイントとなるが、先週土日の京都で6勝をマークした福永祐一騎手とのコンビは魅力だ。

 アングライフェン(栗東・安田隆行厩舎、牡5歳)は、京都コースでは全て内回りの2000メートルながら【1・1・1・0】と相性がいい。昨年の1600万下・アメジストSを重馬場で快勝しているように、道悪得意のステイゴールド産駒でもあり、悪天候で馬場が渋れば好走の可能性が高まる。

 そのほか、末脚勝負なら上位の力があるショウナンバッハ(美浦・上原博之厩舎、牡6歳)、先週のきさらぎ賞を制した松若風馬騎手が騎乗するアクションスター(栗東・音無秀孝厩舎、牡7歳)あたりもマークしたい存在だ。

京都記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都記念】特別登録馬2017年02月05日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

アクションスターの関連コラム

閲覧 501ビュー コメント 0 ナイス 2

本日はG気膨招襪垢訝輒椶離好謄奪廛譟璽垢東西で行われます。今回登場してもらうのは、血統をベースにした緻密な予想で高値安定の成績を記録し続けている、ウマニティ公認プロ予想家の霧さんです。狙いを定めたのは京都記念のほう。“予想界のファンタジスタ”の異名をとるヒットメーカーが導き出した結論にご注目ください。
 本命は「前走よりも調教の動きが素軽く、状態はさらに上向き」のミッキーロケット。「血統的に開催後半の馬場も合う」と力強く推奨してくれました。対抗は「久々でもしっかり乗り込まれて好仕上がり。素質上位も明らか」なマカヒキ。単穴は「格下ながら、距離が延びて良さそうな血統構成」のアングライフェン。以下、「前走は太目残りで、絞れてくれば一発あるアクションスター、「前年覇者」のサトノクラウンまで押さえ、馬券は3連単2頭軸マルチ→´Ν┐脳”蕕靴泙后
 本レース以外の霧プロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。 予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想
3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻


「競馬プロ予想MAX」には総勢25名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<


登録済みの方はこちらからログイン

2017年01月17日(火) 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第240回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜日経新春杯 G2
閲覧 443ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさんこんにちは!

まさかの火曜登板となりましたが(苦笑)、本日は1/15(日)に中止となった京都競馬の代替開催があるということで、京都11R「日経新春杯 G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、シャケトラから1.0ポイント差(約1馬身差)内のアクションスターモンドインテロまで3頭。
第2グループ(黄)は、ダコールから1.0ポイント差(約1馬身差)内のヤマカツライデンミッキーロケットレーヴミストラルまで4頭。
第3グループ(薄黄)は、アドマイヤフライトから同差(約1馬身差)内のレッドエルディストまでの2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、上位3頭が拮抗し、その下に少し開きが見られる配置となりました。その下は、約3.0ポイント差内に10位くらいまでの各馬が連なるメンバー構成となっています。

何と言っても2日スライドした影響が気になる、代替開催によって行われる今年の日経新春杯。可能な限り直前まで馬の状態(パドック、馬体重など)を見極めてから臨みたい一戦といえるでしょう。当コラムではそれもなかなか難しいところですので、あくまで“通常営業”スタイルでいきますが、いつも以上に不確定要素が多すぎる故、自ずと少点数勝負になってくるレースかな、というのが個人的な印象です。
そんな今回の私の◎は、初志貫徹でレーヴミストラルとしました。昨年は最後方からの直線一気での完勝。当時のようなスローペースや、上りの速い競馬は今回見込めないかもしれません(これも当日の馬場を見てみないと分かりませんが......)、京都2400mなら休み明け&58キロでも十分勝機があるとみています。リピーターレースでもあることから、今回の本命◎はこの馬に託したいと思います。
○はミッキーロケット。1週前、最終追い切りと気配の良さが伝わってくる好状態で好勝負を期待しています。4歳勢の中では、ハンデは最も見込まれたこの馬を最上位評価とします。
▲はシャケトラ。京都コースへの適性未知で3番手評価としましたが、それさえ除けば凄馬出馬表トップ評価が示すポテンシャル通りのレースも期待できるのではないでしょうか。
☆に冬場の京都なら鞍上次第で見せ場以上があっても驚けないアクションスター、△にレッドエルディストカフジプリンスと印を回し、今回の私の馬券は◎からの馬連勝負としたいと思います。


【馬連流し】
◎=○▲☆+7,9
14=3,5,6,7,9(5点)

[もっと見る]

2015年01月18日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第69回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜日経新春杯 GII
閲覧 107ビュー コメント 0 ナイス 4

みなさんこんにちは!

本日は京都11R「日経新春杯 GII」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。


U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、総合ポイントトップタイのサトノノブレスタマモベストプレイの2頭。
第2グループ(黄)は、3位ダコールから1.0ポイント差(約1馬身差)以内のアドマイヤフライトフーラブライドコウエイオトメの4頭。
第3グループ(薄黄)は7位タイ・コスモロビンビービートレイターから1.0ポイント差内のアクションスタームーンリットレイクメイショウカンパクを含む5頭となり、以下は第4G(灰)となっています。

さてこのように色分けされた分布を見ると、第1Gのサトノノブレスタマモベストプレイの2頭から第2Gにかけての1.8ポイントという開きがみられる点、以降は第4G内まで大きな開きが出現していないことが特徴として読み取れます。

今回の馬券構築は、やはり1.8ポイントの開きを重く見て◎サトノノブレス、○タマモベストプレイから入りたいと思います。
▲☆にはこのレースと相性良い牝馬▲フーラブライドコウエイオトメを第2Gから選びます。2頭ともに舞台適性は文句なしと思いますし、エリザベス女王杯でマークした指数から今回斤量減も味方に◎○に迫れるのではと見ています。
あとは手を広げだすとキリがなさそうな状況なのであえて絞り、順調度や京都2400m適性を鑑み△ダコールに加え第4Gから△ヴィクトリースター、△ホーカーテンペスト、△トウシンモンステラと印を打ち、◎○からの3連複と○が失速した時用の◎から▲☆への3連複で勝負したいと思います。

【3複2頭軸ながし】

◎○=▲☆+△馬
7,9=3,5,10,13,14,18(6点)

【3複フォーメーション】

◎=▲☆=▲☆+△馬
9=5,10=3,5,10,13,14,18(9点)

計15点

[もっと見る]

2014年01月15日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第266話京成杯(謎解き編)〜
閲覧 205ビュー コメント 0 ナイス 7

第266話 「京成杯」


09年 36.2-51.0-35.5 =2.02.7 ▼9▼ 1△6 瞬発戦
10年 37.2-51.2-35.2 =2.03.6 ▼2▼10±0 瞬発戦
11年 36.0-48.3-36.6 =2.00.9 ±0± 0△3 消耗戦
12年 35.1-50.3-35.2 =2.00.6 ▼5▼ 1±0 消耗戦
13年 36.2-50.6-35.5 =2.02.3 ▼8▼ 3△4 瞬発戦

中盤が速くなって上がりが掛かった11年のみ消耗戦でその他の年は瞬発戦となっています。
11年の消耗戦がどちらかといえばイレギュラーだったといえます。
スローの瞬発戦がスタンダードになっていて12年以外の年は▼8〜▼10という大きめな加速が生じています。
3〜4コーナーの区間で連続加速になりやすいので機動力や瞬時のギアチェンジが問われるレース傾向といえるでしょう。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
アーリーロブスト  【瞬1平3消0】± 0▼2△6 △1± 0▼3 △1▼10▼1
エイシンフラッシュ 【瞬2平0消0】▼ 8▼7△4 ▼5▼ 1▼2
フェイトフルウォー 【瞬1平0消0】▼13▼3±0
ベストディール   【瞬2平0消0】▼13▼4△7 ▼9▼ 5▼4
フェイムゲーム   【瞬0平1消0】▼ 3±0△2
2着馬
ナカヤマフェスタ  【瞬2平0消0】▼ 8▼2▼1 ▼6▼ 9△8
アドマイヤテンクウ 【瞬0平1消0】▼ 4▼1△6
デボネア      【瞬0平1消0】▼ 2▼2▼3
マイネルロブスト  【瞬2平1消0】△ 1▼3△2 ▼4▼14▼2 ▼5▼ 3▼3
アクションスター  【瞬2平0消0】▼10▼7△6 ▼2▼ 8±0

▼10以上の大きい加速実績と連続加速実績のある馬が多く連対しています。
昨年の勝ち馬フェイムゲームにはそのどちらもありませんでしたが前走の未勝利戦は同じ中山芝2000コースで37.0-49.8-35.9=2.02.7(▼3±0△2)の平坦戦を2馬身半差で圧勝していました。
中盤が50秒を切ったのはこの京成杯でも消耗戦だった11年だけなのでそれを考えると未勝利戦の圧勝が次走にも繋がったのだと思われます。
こういうケースの馬をどこまで分析して拾えるかが馬券的な勝負になるのかもしれません。

大きな加速実績と連続加速実績に
・前走の上がり2位以内 5-3-3-28(過去5年)
・前走1800〜2000m出走馬 5-4-4-42(過去5年)
という条件を加えて絞り込むと今年の登録馬では
ウインマーレライヴォルシェーブ
の2頭が有力候補となりました。
次点では
キングズオブザサン(最大加速実績が▼9まで)
ツクバアズマオー(前走1600m)
ディアデルレイ(最大加速実績が▼9まで)
ピオネロ(前走上がり4位)

私のイチオシはウインマーレライ
前走同コースで行われたホープフルSはスタートで出遅れて4コーナーで大外ぶん回すレース内容。
流石に最後は脚が止まって0.5秒差5着となりましたがスタートまともならもっとやれるはず。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ウインマーレライヴォルシェーブディアデルレイ

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2013年10月22日(火) 18:00 【ウマニティ】
先週の回顧〜きいいろプロが土日トータル106万プラスをマーク!
閲覧 70ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、20(日)に京都競馬場でG1菊花賞が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
G1菊花賞はレース直前に雨は上がったものの不良馬場でスタート。すぐにバンデが押して出ていき先頭。逃げ宣言のネコタイショウも並び掛けて1週目の3角を下ります。この2頭の競り合いが続く中、断然人気エピファネイアは3番手からの競馬。以下はナリタパイレーツラストインパクトタマモベストプレイサトノノブレスと続き、中団に掛けてヒラボクディープインパラトールケイアイチョウサンユールシンギングフルーキーアクションスターダービーフィズテイエムイナズマアドマイヤスピカヤマイチパートナーと続き、最後方から2番人気マジェスティハーツの隊列で1週目のスタンド前へ。
依然バンデネコタイショウの2頭でレースを引っ張る展開が続き、後続勢も隊列に変化がないまま向う正面を迎えます。ネコタイショウが苦しくなって下がり始めると、バンデを単独先頭に3角へ。エピファネイアが2番手に上がり、ラストインパクトサトノノブレスも差を詰めて最後の直線勝負へ。
楽な手応えのエピファネイアが早々とバンデに代わって単独先頭。エピファネイアが抜け出した後を通ってサトノノブレスが追い出され、外からはラストインパクトも伸びを見せます。その後ろの後方各馬は不良馬場の中伸びあぐねて苦しい展開に。
サトノノブレスが外のラストインパクトをまず競り下して、内のバンデに並び掛けますが、前を行くエピファネイアは完全にひとり旅。
残り100mを切っても脚色衰えぬままエピファネイアが独走を続けて5馬身差で完勝V。2、3着争いはサトノノブレスがクビ差制して2着。最後叩き合いに敗れたバンデが3着に入っています。
公認プロ予想家の中では、はははふほほほプロきいいろプロ河内一秀プロ岡村信将プロら計8名が的中しています。

その他では、きいいろプロ☆まんでがんプロ伊吹雅也プロ山崎エリカプロ蒼馬久一郎プロ霧プロ夢月プロ佐藤洋一郎プロdream1002プロ3連単プリンスプロが活躍を見せています。


☆☆☆注目プロ → きいいろプロ
19(土)の京都3Rで馬連3000円分的中。31万8300円払戻しのスマッシュヒットを飛ばすと、翌20(日)には東京3Rで◎○的中を披露し、単勝&馬連計64万2000円払戻しのホームランを記録!さらに京都8R(◎○的中、単勝&馬連計22万700円払戻し)、新潟10R(○◎的中、単勝&馬連計15万8900円払戻し)とスマッシュヒットを積み重ね、週末のトータル回収率247%・収支106万5200円と大幅プラスをマークしました!

☆☆☆注目プロ → ☆まんでがんプロ
20(日)の京都8Rで◎▲△的中!単勝・馬単・3連単のトリプル的中で計29万9920円のビッグヒットをマークしています!

☆☆☆注目プロ → 伊吹雅也プロ
19(土)の京都10Rで馬連1000円分的中。11万6600円の払戻しを記録しています!土日トータル回収率は252%をマーク!

☆☆☆注目プロ → 山崎エリカプロ
19(土)のG3富士Sで◎○馬連本線的中!9万8250円払戻しのスマッシュヒットをマーク。土日トータルでは、回収率198%を達成しました!

☆☆☆注目プロ → 蒼馬久一郎プロ
20(日)の新潟12Rで3連単&馬連を的中!計16万4350円払戻しのスマッシュヒットとなりました。2日間ともにプラス収支で終えた先週は、トータル回収率169%・収支17万4430円プラスの好成績をマークしています!

☆☆☆注目プロ → 霧プロ
19(土)の京都8Rで単勝・馬連・3連複を的中し、計11万3900円払戻し!2日間のトータルでは、回収率122%を記録しています。

☆☆☆注目プロ → 夢月プロ
19(土)の新潟8Rで単勝1万円分の的中。11万1000円のスマッシュヒットをマーク!20(日)の京都9Rでは、14万2000円の払戻しを記録しました。

☆☆☆注目プロ → 佐藤洋一郎プロ
19(土)の新潟6Rで3連単10万9590円馬券のスマッシュヒット!

☆☆☆注目プロ → dream1002プロ
19(土)の京都4Rで3連単200円分を的中!10万7400円払戻しのスマッシュヒットとなりました。

他には、河内一秀プロ(115%)、サラマッポプロ(111%)、ろいすプロ(110%)が土日回収率100%オーバーの活躍を見せています。


※全レースの結果速報はこちら


今週は天皇賞・秋!競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

「ユータ」

[もっと見る]

2013年09月23日(月) 22:00 km
≪km≫次走の狙い馬#240
閲覧 141ビュー コメント 0 ナイス 6

9/21 中山5R
デルマアッコチャン
芝:○
ダ:△
距離:1400-2200
コース:中山・阪神内回り
一言:フルアクセルの半妹。瞬発力特化型の兄(父アグネスタキオン)とは違い、持続力に長けている。

9/21 中山8R
アルファアリア
芝:○
ダ:△
距離:1800-2600
コース:福島・小倉
一言:距離さえ延びれば…。

9/22 阪神10R
エスカナール
芝:△
ダ:◎
距離:1600-2000
コース:京都
一言:ダートなら上のクラスでもやれそう。

9/22 阪神11R
アクションスター
芝:○
ダ:×
距離:2400-3200
コース:京都
一言:出走が叶えば菊花賞の穴はこの馬。

km(けーえむ)※小文字
ウマニティ公認プロ。ウマニティ主催の第2回プロテストで抜群の成績を収めて合格。現在プロ予想家として活動中。
2011年は1300レース超を予想し、回収率134%、収支+428万を達成。2012年もプラス収支を記録した。
情報収集を重視した独特の思考フィルターとU指数を加味したレース分析に定評がある。

[もっと見る]

⇒もっと見る

アクションスターの口コミ


口コミ一覧

次走報

 たま 2017年02月15日(水) 21:16

閲覧 30ビュー コメント 0 ナイス 4

★水仙賞(2月25日、中山、芝2200メートル)
サトノクロニクル 池江泰寿(栗東)
イブキ 奥村武(美浦)
アダマンティン(美・大竹)京成杯9着
スパークルメノウ(栗・角居)梅花賞4着


★アーリントンC(2月25日、阪神、GIII、芝1600メートル)
キョウヘイ(栗・宮本) シンザン記念優勝
レッドアンシェル(栗・庄野)朝日杯FS8着
ディバインコード
ペルシアンナイト デムーロ 池江泰寿(栗東)
ミラアイトーン 池江泰寿(栗東)



★総武S (2月25日、中山、ダート1800メートル)
ピオネロ (栗・松永幹)アルデバランS3着
トラキチシャチョウ(栗・目野)
ディアデルレイ


★すみれS(2月26日、阪神、OP、芝2200メートル)
キセキ(栗・角居)セントポーリア賞5着
タガノアシュラ (栗・五十嵐)きさらぎ賞7着
ダノンディスタンス (栗・佐々木)



★中山記念(2月26日・中山、芝1800メートル)
リアルスティール(栗・矢作)ジャパンC5着
アンビシャス ルメール(栗・音無)天皇賞・秋4着
ロゴタイプ(美・田中剛)香港マイル5着
ディサイファ(美・小島太)チャレンジC9着
ヌーヴォレコルト(美・斎藤誠)香港ヴァーズ4着
マルターズアポジー(美・堀井)有馬記念15着
ネオリアリズム
ヴィブロス





★阪急杯(2月26日・阪神、芝1400メートル)
シュウジ(栗・須貝)阪神C優勝
ロサギガンティア(美・藤沢和)阪神C5着
トーキングドラム

★エンプレス杯(3月1日・川崎、ダート2100メートル)
ヴィータアレグリア
タイニーダンサー
タマノブリュネット
ブランシェクール
ワンミリオンス



★マクトゥームチャレンジラウンド3(3月4日、メイダン、GI、ダ2000メートル)
ラニ ムーア(栗・松永幹)チャンピオンズC9着



★オーシャンS(3月4日・中山、芝1200メートル)
サクラゴスペル(美・尾関)阪神C12着
スノードラゴン(美・高木)阪神C14着



★G掘.船紂璽螢奪彎 (3月4日、芝1600メートル)
ソウルスターリング・牝 藤沢和雄(美浦) 阪神ジュベナイルフィリーズ優勝
リスグラシュー・牝 武豊 矢作芳人(栗東)
アロンザモナ(栗・西浦)紅梅S優勝
シグルーン
エントリーチケット・牝 宮徹(栗東)
ワールドフォーラブ 松若 音無(栗東)
アドマイヤローザ


★3歳500万下(3月5日)
プラチナムバレット 河内洋(栗東)福寿草特別3着


★G供〔鐇絃沺複碍遑菊、中山、芝2000メートル)
ブレスジャーニー 本間忍(美浦)G掘‥豕スポーツ杯2歳S、G掘.汽Ε献▲薀咼▲蹈ぅ筌襯ップ
コマノインパルス 菊川正達(美浦) 京成杯優勝
カデナ 福永 中竹和也(栗東)
グローブシアター 角居勝彦(栗東)
ベストアプローチ 藤原英昭(栗東)
ダイワキャグニー(美・菊沢)セントポーリア賞優勝
キングズラッシュ 蛯名(美・久保田)東スポ杯2歳S4着
ダンビュライト 音無秀孝(栗東)


★大阪城S(3月5日・阪神、芝1800メートル)
マキシマムドパリ(栗・松元茂)愛知杯優勝
レコンダイト
ガリバルディ

★ポラリスS(3月5日、阪神、OP、ダ1400メートル)
タールタン(栗・吉村)根岸S14着
ポイントブランク(栗・松下) 銀蹄S1着


★阪神大賞典(3月9日、阪神、GII、芝3000メートル)
◎サトノダイヤモンド(栗・池江)有馬記念優勝
タマモベストプレイ(栗・南井)万葉S優勝
トーセンバジル
タンタアレグリア(美・国枝)AJCC優勝


★アネモネS (3月11日、中山、芝1600メートル)
ライジングリーズン(美・奥村武)フェアリーS優勝





★金鯱賞(3月11日・中京、芝2000メートル)
ヤマカツエース(栗・池添兼)有馬記念4着
ルージュバック(美・大竹)ジャパンC9着
ステファノス 川田(栗・藤原英)香港C3着
スズカデヴィアス(栗・橋田)白富士S優勝
リアファル(栗・音無)AJCC13着


★東風S (3月12日)
ダイワリベラル



★フィリーズレビュー(3月12日、阪神、GII、芝1400メートル)
ジューヌエコール 北村友(栗・安田)
レーヌミノル・牝 本田優(栗東)



★中山牝馬S(3月12日、中山、GIII、芝1800メートル)
マジックタイム(美・中川)ターコイズS優勝
ビッシュ(美・鹿戸)ジャパンC16着
クインズミラーグロ(美・和田)愛知杯 3着
サンソヴール(美・和田)愛知杯 2着
ヒルノマテーラ
パールコード
ハピネスダンサー



★ダイオライト記念 (3月15日、川崎、芝2100メートル)
ワンミリオンス
クリソライト

★ファルコンS(3月18日、中京、GIII、芝1400メートル)
ボンセルヴィーソ(栗・池添学)朝日杯FS3着
ライズスクリュー(美・小野)春菜賞優勝
メイソンジュニア
コウソクストレート 戸崎 中舘英二(美浦) シンザン記念14着



★若葉S(3月18日、阪神、OP、芝2000メートル)
アダムバローズ 角田晃一(栗東) 若駒S



★スプリングS(3月19日、中山、GII、芝1800メートル)
サトノアレス 藤沢和雄(美浦) G 朝日杯
モンドキャンノ 大野 安田隆行(栗東) 朝日杯FS2着
アウトライアーズ 小島茂之(美浦)ひいらぎ賞優勝
トラスト  中村均(栗東)




★阪神大賞典(3月19日、阪神、GII、芝3000メートル
シュヴァルグラン(栗・友道)有馬記念6着
トーセンバジル(栗東・藤原英)ジャパンC11着
カレンミロティック(栗・平田)メルボルンC23着
ヤマカツライデン

★千葉S (3月19日
エイシンヴァラー


★フラワーC(3月20日、中山競馬場、GIII、芝1800メートル)
ホウオウパフューム (美・奥村武)寒竹賞優勝



★日経賞(3月25日、中山、GII、芝2500メートル)
ゴールドアクター(美・中川)有馬記念3着
ツクバオアズマオー(美浦・尾形充)中山金杯1着
シャケトラ(栗・角居)日経新春杯2着
タンタアレグリア (美・国枝)アメリカジョッキーC1着
アドマイヤデウス
アクションスター

★毎日杯(3月25日、阪神、GIII、芝1800メートル)
ガンサリュート 安田隆行(栗東)


★ミモザ賞 (3月25日)
ルヴォワール



★ドバイワールドC(3月25日、メイダン、GI、ダ2000メートル)
アポロケンタッキー ルメール(栗・山内)東京大賞典優勝
アウォーディー (栗・松永幹)東京大賞典2着


★ドバイ・ターフ(3月25日、メイダン、GI、芝1800メートル)
リアルスティール(栗・矢作)ジャパンC5着
ヴィブロス (栗東・友道)


★マーチS(3月26日、中山、GIII、ダ1800メートル)
トップディーヴォ(栗・昆)北山S優勝
マイネルクロップ
ショウナンアポロン





★高松宮記念(3月26日、中京、GI、芝1200メートル)
ビッグアーサー 藤岡康(栗・藤岡)香港スプリント10着
レッドファルクス(美・尾関)香港スプリント12着
ダンスディレクター 浜中(栗・笹田)シルクロードS優勝
フィエロ 内田(栗・藤原英)京都金杯3着
セイウンコウセイ
ソルヴェイグ(栗・鮫島)シルクロードS6着


★名古屋大賞典
モルトベーネ


★ダービー卿CT(4月1日・中山・芝1600メートル)
グランシルク(美・戸田)ニューイヤーS2着


★マーガレットS (4月2日、阪神、芝1400メートル)
ファンタジステラ 音無秀孝(栗東)




★大阪杯(4月2日、阪神、GI、芝2000メートル)
キタサンブラック 武豊(栗・清水久)有馬記念2着
サトノクラウン(栗・友道)京都記念優勝
マカヒキ ルメール(栗・友道)京都記念3着
ミッキーロケット(栗・音無) 京都記念4着


★阪神牝馬S (4月8日、阪神、GI、芝2000メートル)
ジュエラー
ミッキークイーン


★桜花賞(4月9日・阪神、芝1600m)
アドマイヤミヤビ ミルコ(栗・友道)クイーンC優勝
アエロリット(美・菊沢)クイーンC2着
ミスエルテ 川田 (栗・池江)


★アンタレスS(4月15日、阪神、GIII、ダ1800メートル)
グレンツェント(美・加藤)東海S優勝
カゼノコ


★皐月賞(4月16日・中山・芝2000メートル)
レイデオロ 藤沢和雄(美浦) ホープフルS優勝
アメリカズカップ 音無秀孝(栗東) きさらぎ賞優勝
スワーヴリチャード 庄野靖志(栗東) 共同通信杯優勝
サトノアーサー 池江泰寿(栗東) きさらぎ賞2着





★マイラーズC(4月23日・京都、芝1600メートル)
イスラボニータ(美浦・栗田博)阪神C2着
ブラックスピネル(栗・音無)東京新聞杯優勝
エアスピネル(栗・笹田)東京新聞杯3着
ヤングマンパワー
ダッシングブレイズ



★天皇賞・春(4月30日、京都、GI、芝3200メートル)
★宝塚記念(6月25日、阪神、GI、芝2200メートル)

 生化学研究所員 2017年02月14日(火) 22:28
“神の領域”に足を踏み入れた先人に学ぶ
閲覧 42ビュー コメント 0 ナイス 6

古い話になるが、往年のアクションスター、で今は亡きブルース・リーは言った。

「余分なものをそぎ落としていくことだ。必要なのは何かをつけることではなく、不要なものを極限まで“そぎ落とす”ことである。」

競馬と格闘は一緒ではないが(笑)今日、久々にトレーニングをしてみて、そしてこの週末、特に土曜に手痛く負けて、改めて私は思った…。

「大事なことは要らないものを省くことである。」

ここ数週間の実戦と、過去問演習を通じて分かったことは、私の予想は、調子が良ければ
80%くらい的中するのだが、調子が悪いと、やはり30%を切ることもある、ということである。
事前のシミュレーション550レースでは一度もなかったことなのでかなりショックだったが、
実際にあるのだから仕方ない。

こんなことでは、目指すところの“神”はおろか、「ただの凡人」にも劣るのである。(笑)

いくら調子が悪い日でも最低50%くらいは当てないと話にならない。

そこで、自分の予想を、「易しい」レースと「難解」のレースに区別することにした。

これは実は、今の私にとっては意外と簡単な作業である。

そしてここから週末まで、またシミュレーションしてみようと思うのだが、「易しい」と区別したレースだけ、投資金額をそれなりに増やし、それ以外は、一応選んだ軸馬の単勝または複勝だけを、100円だけ買うのである。

もちろんこれまで、実際にはこういう「難解な」レースも均等に買うことで結果が出るシミュレーションばかりだったし、中には「簡単」と位置付けて外れたレースもある。だが、この一本調子の買い方で、今回初めて痛い目にあった以上、同じことを続けるわけにはいかないのである。

今日から一週間、トレーニングはすべて、「易しい」レースと「難解」なレースとに分けて、予想を組み立て、投資配分をコントロールすることにする。

ちなみに、今日のシミュレーションでは2011年の2月19日の過去問で6戦3勝だった。
(スマホのバッテリーがなくなったため、8レースまでしか予想はしていないが…)

20000円からスタートの軍資金は26340円で勝ち抜け、という格好になっている。

的中率はやや下がるが、勝ち続けるには、やはりこれしかないかな…と思う。

消した馬は6レースで19頭。これはすべて着外に沈んだ。

今のところ、自信を持って言えるのは「消した馬はほぼ95%くらいの確率で来ない」ということくらいだ。(笑)

さて、来週の快進撃に向けて、明日もまたトレーニング…精進精進…である。

週末に向けて、自分のシミュレーションがどうなるか、乞う、ご期待!である…。

[もっと見る]

 Mr.A− 2017年02月12日() 14:57
京都記念
閲覧 15ビュー コメント 0 ナイス 1

京都記念
3連複BOX
8 166.9 1 22.2 31.6 113.1 アクションスター  松若風     音 無
4 △ 209.1 2 27.5 19.2 162.4 ヤマカツライデン  池 添     池添兼
2 ○ 231.2 3 26.3 204.9 マカヒキ      ムーア[替]   友道康
5 注 194.4 4 26.9 23.1 144.4 スマートレイアー  岩田康[替]   大久龍
10 105.8 5 28.8 9.1 67.9 ウインインスパイア フォー[替]   高橋祥
1 ◎ 235.3 6 49.4 15.8 170.1 サトノクラウン   Mデム[替]    堀 
7 171.4 7 24.7 24.2 122.5 ショウナンバッハ   幸 [替]   上 原
9 141.6 8 28.6 28.1 84.9 アングライフェン  浜 中[替]   安田隆
3 ▲ 229.9 9 26.3 31.6 172.0 ミッキーロケット  和 田     音 無
6 × 184.1 10 40 34.5 109.6 ガリバルディ    川 田[替]   藤原英

[もっと見る]

アクションスターの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

アクションスターの写真

アクションスター

アクションスターの厩舎情報 VIP

2017年2月12日京都記念 G29着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アクションスターの取材メモ VIP

2017年2月12日 京都記念 G2 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。