ナカヤマナイト(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ナカヤマナイト
写真一覧
抹消  栗毛 2008年3月24日生
調教師二ノ宮敬宇(美浦)
馬主和泉 信一
生産者沖田牧場
生産地日高町
戦績37戦[6-5-1-25]
総賞金30,784万円
収得賞金9,400万円
英字表記Nakayama Knight
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
フィジーガール
血統 ][ 産駒 ]
カコイーシーズ
ツバキヒメ
兄弟 ベストオーカンサウスパシフィック
前走 2016/07/10 七夕賞 G3
次走予定

ナカヤマナイトの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
16/07/10 福島 11 七夕賞 G3 芝2000 1681559.51516** 牡8 57.0 柴田善臣二ノ宮敬492(+4)2.01.9 3.538.9⑧⑧⑪⑭アルバートドック
16/06/12 東京 11 エプソムC G3 芝1800 18714187.11617** 牡8 59.0 柴田善臣二ノ宮敬488(0)1.47.6 1.434.8ルージュバック
15/05/10 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 162457.2132** 牡7 57.0 L.オール二ノ宮敬488(-4)1.59.8 0.233.3⑥⑤ダコール
15/03/01 中山 11 中山記念 G2 芝1800 117834.178** 牡7 56.0 柴田善臣二ノ宮敬492(-6)1.51.8 1.537.0⑨⑨⑤④ヌーヴォレコルト
15/01/04 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 172317.079** 牡7 57.0 柴田善臣二ノ宮敬498(+4)1.58.9 1.134.2⑭⑬⑭⑭ラブリーデイ
14/11/16 福島 11 福島記念 G3 芝2000 164810.575** 牡6 57.0 田中勝春二ノ宮敬494(-2)1.58.7 0.634.3⑬⑬⑯⑬ミトラ
14/09/28 新潟 11 オールカマー G2 芝2200 1881894.3168** 牡6 56.0 柴田善臣二ノ宮敬496(0)2.12.6 0.434.8⑦⑨⑦⑤マイネルラクリマ
14/08/24 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 1481460.189** 牡6 57.0 柴田善臣二ノ宮敬496(+16)2.00.9 1.837.5⑥⑦⑦⑨ハープスター
14/07/20 函館 11 函館記念 G3 芝2000 162428.7117** 牡6 57.5 柴田善臣二ノ宮敬480(-10)2.00.7 0.636.6⑦⑨⑪⑪ラブイズブーシェ
14/03/30 中山 11 マーチS G3 ダ1800 162412.8610** 牡6 58.0 柴田善臣二ノ宮敬490(+2)1.52.5 1.338.2⑭⑬⑬⑬ソロル
14/03/02 中山 11 中山記念 G2 芝1800 155815.0613** 牡6 57.0 柴田善臣二ノ宮敬488(-10)1.51.4 1.637.6⑪⑪⑪⑪ジャスタウェイ
13/12/22 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 1681547.51013** 牡5 57.0 柴田善臣二ノ宮敬498(+4)2.35.7 3.440.0オルフェーヴル
13/11/24 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 171254.4109** 牡5 57.0 柴田善臣二ノ宮敬494(+8)2.26.5 0.434.0⑥⑥⑥⑦ジェンティルドンナ
13/10/27 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 171285.8136** 牡5 58.0 柴田善臣二ノ宮敬486(0)1.59.1 1.636.0⑩⑩⑪ジャスタウェイ
13/06/23 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 117849.076** 牡5 58.0 柴田善臣二ノ宮敬486(-2)2.14.4 1.236.0⑦⑦⑦⑦ゴールドシップ
13/06/02 東京 11 安田記念 G1 芝1600 185929.61012** 牡5 58.0 柴田善臣二ノ宮敬488(+4)1.32.2 0.733.5⑮⑭ロードカナロア
13/05/05 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 16122.915** 牡5 58.0 柴田善臣二ノ宮敬484(-2)1.57.7 0.834.4⑪⑪パッションダンス
13/02/24 中山 11 中山記念 G2 芝1800 158154.521** 牡5 57.0 柴田善臣二ノ宮敬486(-4)1.47.3 -0.035.3⑦⑤④ダイワファルコン
12/12/23 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 1681513.957** 牡4 57.0 柴田善臣二ノ宮敬490(+6)2.33.0 1.136.2⑫⑫⑩⑨ゴールドシップ
12/10/28 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 181117.069** 牡4 58.0 柴田善臣二ノ宮敬484(+2)1.58.1 0.833.5⑫⑯⑰エイシンフラッシュ

⇒もっと見る


ナカヤマナイトの関連ニュース

 9月11日にフランス・シャンティー競馬場で、凱旋門の前哨戦、ニエル賞(GII、芝・右2400メートル、3歳、牡・牝、1着賞金7万4100ユーロ=約852万円)が5頭立てで行われ、クリストフ・ルメール騎手騎乗のマカヒキ(牡、栗東・友道康夫厩舎)が、道中3番手から直線の3頭によるゴール前の追い比べを制して本番の凱旋賞に向けて白星スタートを切った。タイムは2分35秒84(良)。日本調教馬によるニエル賞優勝は2013年のキズナに次いで2頭目。

 首差の2着にはハナを切り直線は最内で粘り込んだミッドターム、さらに短頭差遅れた3着に2番手から伸びたドーハドリームが入線した。

 ◆クリストフ・ルメール騎手「マカヒキはどんどん、どんどん良くなっている。これからも良くなる。ミッドタームが前にいたのでそれを目標にした。本番はもっと良くなると思う」

 ニエル賞の勝ち馬マカヒキは、父ディープインパクト、母ウィキウィキ、母の父フレンチデピュティという血統。通算成績は6戦5勝。重賞は2016年日本ダービー・GI、弥生賞・GIIに次いで3勝目。ニエル賞は友道康夫調教師は初優勝、クリストフ・ルメール騎手は2010年ベーカバドに次いで2勝目。

 マカヒキはこの後もシャンティーのラモルレイ地区にある小林智(こばやし さとし)厩舎に滞在して、10月2日の凱旋門賞(シャンティー競馬場、GI、芝・右2400メートル、3歳以上、牡・牝、1着賞金285万7000ユーロ=3億2855万円)に向かう予定。

マカヒキの競走成績はこちら

【ニエル賞】マカヒキ完璧仕上がり 2016年09月10日() 11:40

 10月2日にフランスのシャンティー競馬場で行われる世界最高峰GI凱旋門賞(芝2400メートル)に挑むダービー馬マカヒキが、いよいよ11日、同じ舞台の前哨戦、GIIニエル賞に挑む。その枠順が9日に決定。(4)番枠から世界制覇への第一歩を踏み出すことになった。

 5頭立てで、真のスーパーホースといえるのはマカヒキだけ。英国の名門、M・スタウト厩舎のミッドタームが続く存在だが、デビュー2戦目の英GIIIクラシックトライアルを制したあとダービー馬候補として名前をあげられたものの、5月のダンテSで5着に敗れたあと春は休養していた。ほか3頭のフランス馬は条件馬の域を出ないレベルだ。

 マカヒキは9日、ラモルレー調教場のダートコースで調整を行い、「ハッキング(軽めの調整)で水曜の追い切りの疲れを取りました。変わりなくいい状態をキープしています」と友道調教師。現地の雰囲気にすっかり慣れ、文句なしの仕上がりといえそうだ。

 ルメール騎手も8日の追い切りに跨り、「反応も良く、手前の替え方もスムーズ。追ったあとの息の入りも良く、リラックスできている」と絶好の手応えを感じ取っている。キズナに続くニエル賞Vを決め、3週後の決戦に臨みたい。

 ★13年はキズナが優勝

 凱旋門賞の3週前に同じ舞台、距離で行われるステップレースのうちのひとつ。3歳馬限定(セン馬は出走不可)で、最近は優勝馬から凱旋門賞馬は出ていないものの、エルコンドルパサーが挑戦した99年にはモンジューが、ディープインパクトが挑戦した06年にレイルリンクが、ニエル賞→凱旋門賞の連勝を果たしている。

 日本馬はこれまで3頭が挑み、10年ヴィクトワールピサは4着(7頭立て)=凱旋門賞7着、11年ナカヤマナイトは6着(6頭立て)=凱旋門賞不出走=に敗れたが、13年にキズナが英ダービー馬ルーラーオブザワールドをくだして優勝(10頭立て)した。凱旋門賞は4着だった。

 なお、ニエル賞と同日の11日に行われるほかのステップレースは、3歳以上牝馬限定のGIヴェルメイユ賞と、古馬のGIIフォワ賞。フォワ賞は99年にエルコンドルパサー、12、13年にオルフェーヴルが連覇している。

(夕刊フジ)

マカヒキの競走成績はこちら

[もっと見る]

【ニエル賞】5頭立てでマカヒキは馬番5番/4番ゲート2016年09月09日(金) 17:56

 凱旋門賞の前哨戦で、9月11日に行われるニエル賞(フランス・シャンティー競馬場、3R、GII、芝・右2400メートル、3歳、牡・牝、1着賞金7万4100ユーロ=約852万円、発走15時=日本時間22時)の枠順が確定した。シダーブルーが出馬登録後の取り消しをしたため出走馬は5頭になり、日本から遠征しているマカヒキ(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)は馬番5番、ゲート番4番に決まった。

 左から馬番、ゲート番、馬名、性齢、産地/所属国、負担重量、騎手、通算成績【1着・2着・3着・着外】。

(1)番〔1〕ゲート ミッドターム 牡3歳 英/英 58キロ T.ダーカン 【2・0・0・1】 主な実績…2016年クラシックトライアル・英GIII=1着(2)番〔3〕ゲート ダラバド 牡3歳 仏/仏 58キロ C.スミヨン 【1・1・2・2】(3)番〔2〕ゲート ドーハドリーム 牡3歳 仏/仏 58キロ G.ブノワ 【4・2・0・2】(4)番〔5〕ゲート カルゾフ 牡3歳 仏/仏 58キロ C.デムーロ 【1・0・2・2】(5)番〔4〕ゲート マカヒキ 牡3歳 日/日 58キロ C.ルメール 【4・1・0・0】 主な実績…2016年日本ダービー・GI=1着、皐月賞・GI=2着、弥生賞・GII=1着

 過去にニエル賞に出走した日本馬は3頭で、成績は以下の通り。

2010年 ヴィクトワールピサ 4着 (武豊騎手&角居勝彦厩舎)2011年 ナカヤマナイト 6着 (柴田善臣騎手&二ノ宮敬宇厩舎)2013年 キズナ 1着 (武豊騎手&佐々木晶三厩舎)

[もっと見る]

【沢田康文の欧州リポート】マカヒキ仏の環境に順応!!2016年09月07日(水) 05:02

 10月2日に行われる凱旋門賞を目指しフランス遠征中のマカヒキ(栗・友道、牡3)が、仏GIIニエル賞(11日、シャンティー競馬場、芝2400メートル)に出走する。今週末のシャンティーでは凱旋門賞と同距離、同コースで行われる3つの前哨戦が行われる。このうちニエル賞は牡・牝の3歳限定戦で、日本調教馬では2010年にヴィクトワールピサが7頭立ての4着、11年にナカヤマナイトが6頭立ての6着、13年にキズナが勝利を収めているレースだ。

 8月20日にフランス入りしたマカヒキは現地で青写真通りの調教メニューをこなしており、担当の大江助手は「こちらの環境にもすっかり慣れて、良く食べ、良く眠り、とても順調に過ごしています」と1週前追い切り後にJRAを通じてコメントしている。

 ニエル賞には27頭の登録があるが、現時点で出走メンバーは流動的だ。というのも今週末は愛チャンピオンSや英国のセントレジャーなども行われるため、ダブル登録している馬が多い。取り消し手続きが行われる7日まで予測が難しい状況にあるが、有力馬が分散するので、少頭数になる可能性も高い。結果よりも内容が求められる前哨戦だが、メンバー的にマカヒキの独壇場となってもおかしくない。

 今夏のパリは8月下旬になっても30度を超える日が続いていたが、9月になると朝晩は冷え込み、秋らしさが出てきた。水曜日にエーグル調教場の芝コースで最終追い切りが予定されており、マカヒキには再コンビを組むC・ルメール騎手、帯同馬のマイフリヴァには名牝トレヴの主戦だったティエリ・ジャルネ騎手が騎乗予定。その動きをしっかり見届けたい。 (在仏競馬記者)

★6日のマカヒキ

 マカヒキは最終追い切りを翌日に控えた6日、シャンティー調教場のリヨン坂路(ダート)をキャンターで1200メートルほど消化した。3週間ぶりに愛馬の姿を確認した友道調教師は「すごく落ち着いていて、雰囲気も体つきも栗東にいるときと変わったところは見受けられません。調教の動きには満足しています」と目を細めた。

★中継

 11日にシャンティー競馬場で行われる凱旋門賞の前哨戦、マカヒキが出走するニエル賞(午後10時半発走予定)をはじめ、フォワ賞、ヴェルメイユ賞の模様は、グリーンチャンネルで無料放送(一部ケーブル局などは除く)される。第1部が11日午後10時〜11時30分、第2部が12日午前0時〜1時。

[もっと見る]

ナカヤマナイトが引退、中山競馬場で乗馬に 2016年07月14日(木) 17:47

 2013年の中山記念・GIIなどを勝ったナカヤマナイト(牡8歳、美浦・二ノ宮敬宇厩舎、父ステイゴールド、母フィジーガール)は、7月14日付でJRAの競走馬登録を抹消した。今後は中山競馬場で乗馬となる予定。

 ナカヤマナイトは通算37戦6勝(うち海外2戦0勝)。重賞勝ちは中山記念のほかに共同通信杯・GIII(2011年)、産経賞オールカマー・GII(12年)。獲得賞金は3億784万8000円(付加賞含む)。7月10日の七夕賞・GIIIの16着が現役最後のレースとなった。3歳の秋にはニエル賞・GII(6着)、ドラール賞・GII(10着)などナカヤマフェスタの帯同馬としてフランス遠征も経験した。

ナカヤマナイトの競走成績はこちら

[もっと見る]

【七夕賞】追って一言2016年07月07日(木) 05:08

 ◆ウインリバティ・飯田雄師 「(福島までの)輸送もあるので、しまいだけサッと。動きはよかったよ。楽に前で運べるし、ハンデ52キロも恵まれた」

 ◆クリールカイザー・相沢師 「思っていたより時計は遅いが、体はできている。前走はゲート扉に脚をはさまれたが、今は問題ない。楽に行かせてくれれば」

 ◆ステラウインド・尾関師 「気分転換のため坂路で。状態はいい。去年はいい競馬(2着)だったし、あとは気持ちの問題。効果が見られるチークピーシズで折り合いに集中できれば」

 ◆ナカヤマナイト・二ノ宮師 「先週も(5ハロン)66秒台で乗っているし、体はできている。前走は約1年ぶりで気負って前に行ってしまった。状態は上向いている」

 ◆マイネルラクリマ・上原師 「外めを回って負荷をかけられた。年齢的に大きな上積みはないが、休み明け4戦目で走れる態勢は整っている。得意の福島だし、道悪になれば」

 ◆マジェスティハーツ・松永昌師 「動きはよかった。状態はいい。ハンデ56キロはこんなもの。あとは馬場。道悪はだめなので良馬場が前提となる」

 ◆マーティンボロ・鮫島駿騎手 「2週前のCWコースではモサッとしてましたが、きょうは反応もよかった。小回りにも対応できると思うし、道悪でもこなしそう」

 ◆メイショウカンパク・佐藤助手 「放牧に出ると緩むが、厩舎に置いて調整しているので状態は変わりない。ただ時計のかかる良馬場とか、いろいろ条件があるのでどうか」

 ◆メイショウナルト・古川助手 「状態は上がっている。レースにいっていかに自分のペースで運べるかですね。ハンデ56キロは妥当。すんなり行ければ」

 ◆ヤマニンボワラクテ・松永幹師 「動きは相変わらず抜群です。福島コースは本当に相性がいいし、今の状態でこのメンバーならチャンスはある」

[もっと見る]

⇒もっと見る

ナカヤマナイトの関連コラム

閲覧 535ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさんこんにちは!

本日は福島11R「七夕賞 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、シャイニープリンスから1.0ポイント差(約1馬身差)内のダコールバーディーイーグルまでの3頭。
第2グループ(黄)は 、メイショウカンパクから1.0ポイント差(約1馬身差)内の、マイネルラクリママジェスティハーツヤマニンボワラクテナカヤマナイトオリオンザジャパンマーティンボロまでの7頭。
第3グループ(薄黄)は、クリールカイザーから同差内のアルバートドックメイショウナルトステラウインドまで3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

ご覧の通り上位には大きな差がなく、特に4位以下の集団が団子状態の構図となっています。

今回は他に高齢馬が多い点も特徴的な状況から、年齢という点にも注目して予想を組み立てたいと思います。
◎はマーティンボロ。長期休養明け後初の2000m戦出走となる今回期待したいと思います。2000mはこの馬にとって最適距離でしょうし、長期休養もあって7歳でも高齢馬が多い今回のメンバー中キャリア25戦はむしろフレッシュな部類。先にも述べた年齢という点で、高齢が多い→若い馬に自然と人気が集まるという状況下で、キャリア25戦の7歳馬という点は面白いと思っています。それだけが理由というわけではないでしょうが、人気妙味も十分ですし。
○はクリールカイザー。こちらも、長期休養明け後叩いての上昇に期待。加えて同馬はこれまで距離短縮ローテで(5-1-3-5)と成績を残してきたタイプですので、今回内枠を利した一発があっても不思議ないのではと見ています。
▲にはルミナスウォリアー。スピード馬場ではさすがに厳しい印象もありましたので、土曜雨中での開催となって時計が少しでも掛かる方向になったことはこの馬にとって歓迎材料とみています。日曜良にはなるでしょうが、多少なりとも力のいる良馬場なら人気でも狙ってみたいと思っています。
そして☆に個人的に前日時点で思ったより人気していないと感じたシャイニープリンスとします。
以下は、△にメイショウカンパクダコールマジェスティハーツウインリバティステラウインドメイショウナルトオリオンザジャパンヤマニンボワラクテと印を回します。
今回の私の馬券は、おそらく◎の単複勝負になると思いますが、当コラムでは◎から印へのワイド勝負としたいと思います。


【ワイド流し】
◎=印
5=2,3,4,6,7,10,11,12,13,14,16(11点)

【馬連ボックス】
◎○▲☆
2,5,10,16(6点)

計17点


お楽しみとして、ハマった時用の馬連ボックスも押さえておきます(#^.^#)


登録済みの方はこちらからログイン

2016年06月15日(水) 16:25 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(6/11〜6/12)いっくんプロが阪神4Rで64万超払い戻し!
閲覧 678ビュー コメント 0 ナイス 6

先週は、12(日)に東京競馬場でG3エプソムカップが、阪神競馬場でG3マーメイドステークスが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3エプソムカップマイネルミラノがレースを引っ張って直線コースへ。先頭はマイネルミラノでリードは3馬身、2番手にナカヤマナイト、直後の外にアルマディヴァンエキストラエンドラングレーは内に進路を取って前を追います。1人気のルージュバックは大外のポジション取り。残り200mを通過、依然逃げ脚衰えないマイネルミラノのリードは3馬身、ここで伸びあぐねる先行各馬を交わして単独2番手に浮上したのがルージュバック!残り100mを通過、最内で逃げ込みを図るマイネルミラノ、大外ルージュバックの2頭が抜け出しての追い比べ!ゴール前、さらにギアを上げたルージュバックが一気にマイネルミラノを捉えるとゴール前は流す完勝劇!きさらぎ賞以来となる嬉しい重賞2勝目を飾りました。2馬身半差の2着にゴール前猛然と追い込んだフルーキー、そこからクビ差の3着にマイネルミラノが入っています。

公認プロ予想家ではスガダイプロ他8名が的中しています。
 
G3マーメイドステークスシャイニーガールが先手を奪いますが、3コーナー過ぎで一杯、リラヴァティが先頭に代わって直線コースへ差し掛かります。先頭はリラヴァティでリードは1馬身、これを目掛けて外目からシュンドルボンが馬体を併せると2頭が抜け出しての叩き合いとなって残り200mを通過!後続からは大外からヒルノマテーラが1頭目立つ伸び脚を見せて前へと接近してきます。残り100mを通過、ここでシュンドルボンが失速するとリラヴァティが再び先頭!ゴール前ヒルノマテーラに猛追されますが、これを抑えこんで優勝しました!クビ差の2着にヒルノマテーラ、そこからクビ差の3着にココロノアイが入っています。

公認プロ予想家では覆面ドクター・英プロ他4名が的中しています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
11(土)阪神4Rで◎○▲のパーフェクト予想を披露!○ロングバードは単勝67.9倍の伏兵で3連単641.2倍の高配当!これを1000円的中させ、64万1200円のスマッシュヒットとなりました!週末トータル回収率177%、収支プラス37万3850円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →河内一秀プロ
勝負レースに指定した12(日)阪神1Rで◎○▲の大本線で3連複9.2倍、3連単30.5倍を的中!3万5490円を払い戻しました!この他にも◎▲○で的中した11(土)阪神11Rを筆頭にコンスタントに的中を重ね、週末トータル的中率42%、回収率132%をマークしています。

☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
11(土)阪神8Rで『ゴール前の直線に急坂のあるコースを得意としている馬が堅実』と本命に抜擢した◎ジーブレイズからの3連複を1600円的中させ、6万640円を払い戻しました!12(日)東京10Rでも◎××の印で馬連21.7倍を1600円的中させ、3万4720円を払い戻しました!週末トータル回収率161%、収支プラス4万9560円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →西野圭吾育成プロ
11(土)阪神1Rで『勝負所詰まって位置取り悪くなったが、伸び脚上々だった』と狙った◎ レッドディオーサの単勝、馬単を的中させ、6万2100円を払い戻し!阪神10Rでは『1400mの2戦が底見せない内容』とコメントした◎ベステンダンクダノンシーザーの馬単を3000円的中させ4万6200円を払い戻し!週末トータル回収率190%をマークしています。


※全レースの結果速報はこちら

競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2016年06月08日(水) 10:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2016年06月07日号
閲覧 3,482ビュー コメント 0 ナイス 8

▼2016年06月11日(土) 東京11R アハルテケステークス
【前走の着順が4着以下だった馬の、前走の条件別成績(2012年以降)】
●JRAの重賞か地方のダートグレード競走 [2-1-2-5](複勝率50.0%)
●その他のレース [0-1-0-28](複勝率3.4%)
→大敗から巻き返した馬の大半は、前走が格の高いレースだった馬。今年のメンバー構成なら前走好走馬を素直に重視すべきでしょう。

▼2016年06月12日(日) 阪神11R マーメイドステークス
【前年か同年、かつ中山芝か阪神芝、かつ3歳以上か4歳以上のレースにおいて4着以内となった経験の有無別成績(2011年以降)】
●あり [5-5-5-32](複勝率31.9%)
●なし [0-0-0-24](複勝率0.0%)
→右回り、かつゴール前の直線に急坂があるコースを主戦場としてこなかった馬は過信禁物。また、前走の4コーナー通過順が2番手以内だった馬も2011年以降[0-1-0-11](複勝率8.3%)と信頼できません。

▼2016年06月12日(日) 東京11R エプソムカップ
【前走の着順が3着以下だった馬の、前走の条件別成績(2011年以降)】
●JRA、地方、海外のG気G [2-1-1-12](複勝率25.0%)
●その他のレース [0-1-1-41](複勝率4.7%)
→前走の着順が2着以内だった馬は2011年以降[3-3-3-12](複勝率42.9%)と堅実。一方、前走の着順が3着以下、かつその前走がG靴筌ープン特別のレースだった馬は苦戦しています。特別登録を行った馬のうち、前走の着順が2着以内なのはナカヤマナイトフルーキーロジチャリスの3頭だけ、前走の条件がG気G兇覆里アルバートドックエキストラエンドショウナンバッハルージュバックレコンダイトの5頭だけです。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。2016年4月13日に最新刊『コース別 本当に儲かる血統大全』(ガイドワークス)が発売された。

[もっと見る]

2016年02月10日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第338話共同通信杯(謎解き編)
閲覧 1,279ビュー コメント 0 ナイス 3

第338話 「共同通信杯」


11年 36.8-37.3-34.4 =1.48.5 ▼12▼2△9 瞬発戦
12年 37.3-37.4-33.6 =1.48.3 ▼12△1△7 瞬発戦
13年 36.0-36.0-34.0 =1.46.0 ▼ 5▼1△3 瞬発戦
14年 36.7-38.0-33.4 =1.48.1 ▼16±0△7 瞬発戦
15年 35.2-37.4-34.5 =1.47.1 ▼ 8▼8△7 瞬発戦

近年ではゴールドシップディープブリランテイスラボニータリアルスティールドゥラメンテが連対しているレースでトライアルレースではありませんが春のクラシックに向けてはかなり重要なレースといえるでしょう。
過去5年は全て瞬発戦で皐月賞というよりもダービーに向けて同じ府中でどれだけ斬れるのか?というテーマを持った馬が多く出走する(と思われる)のでいわゆる「スローの瞬発戦」というレース内容がほとんどです。
末脚が斬れる馬が勝ちやすいレースとなりますがスローペースになりやすいため先行有利の展開にもなりやすいです。
過去5年ではレースの上り1位の馬の成績は0-2-1-2となっていて複勝率60%と好走確率は高くはなっていますが勝ち馬は出ていません。
これら全馬は中団以降のポジションにいた馬でした。
つまり、上り最速と2着3着は差し馬達にくれてやるが1着だけは我ら先行勢が頂くぜ、とまぁそんな感じのレース傾向です。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

【1着馬】
ナカヤマナイト   【瞬5平0消0】▼ 9▼ 2△ 2 ▼10▼ 2△ 9
ゴールドシップ   【瞬3平1消0】▼ 5▼ 4△ 8 △ 1▼11△ 7
メイケイペガスター 【瞬1平0消0】▼10▼ 8△ 5
イスラボニータ   【瞬3平1消0】▼ 3▼ 4△ 4 ▼18▼ 9△ 5
リアルスティール  【瞬1平0消0】▼17▼ 5△10
【2着馬】
ユニバーサルバンク 【瞬4平0消0】▼ 9▼ 3△ 4 ▼12▼ 7± 0
ディープブリランテ 【瞬2平0消0】▼10▼ 7△ 7 ▼ 9▼ 4△14
ゴットフリート   【瞬2平0消0】△ 1▼ 5△ 4 ▼ 1▼ 7△ 1
ベルキャニオン   【瞬2平0消1】△ 1△ 1△ 3 ▼13▼ 4△ 3
ドゥラメンテ    【瞬1平1消0】▼ 1▼13△ 6 ▼ 4▼ 9△ 1

ゴットフリート以外の連対馬には
・▼10以上の大きな加速レースでの実績
・連続加速実績
の2つがありました。
ここはあった方がベターでしょう。
但し、新潟コースはこの手のレースラップになりやすいので新潟コースのみしか実績のない馬は割り引きが必要だと思われます。
今年の登録メンバーでは
イモータル、キングオブアームズスマートオーディンピックミータッチファイアクリスタルメートルダールリスペクトアース
の7頭が該当します。

近年では春のクラシックを意識した馬が多く出走してくる(=レースレベルが高い)ので前走OPクラス以上に出走した馬が多く好走しています。

【前走クラス別成績】
前走OP以上 4-4-3-20 勝率12.9% 連対率25.8% 複勝率35.5%
前走OP未満 1-1-2-23 勝率 3.7% 連対率 7.4% 複勝率14.8%

前走OPクラス未満で連対した馬は昨年の1&2着馬リアルスティールドゥラメンテリアルスティールは前走新馬戦を3馬身半差で圧勝、ドゥラメンテは前走500万下クラスを5馬身差で圧勝。
OPクラス未満の場合はそれぐらいのレースパフォーマンスが必要かもしれません。
上記の7頭の中で前走OPクラス以上だった馬は
スマートオーディンメートルダールリスペクトアース
の3頭です。

スマートオーディンは前走極上の斬れを発揮して重賞勝利。
但し、前々走の平坦戦ではブラックスピネルに負けているのでスロー専門の瞬発馬=マイラーという可能性も考えられます(父がダノンシャンティだからというのももちろんあります)
流れが少し速くなると不安があるかなと思います。
メートルダールはここ2走は追い込みで位置取りに不安あり。
リスペクトアースは全2走ともスローの瞬発戦を逃げて連対。
スケールはあまり感じませんが展開的には穴はこの馬かなと思います。

その他では前走朝日杯FS9着もここは見直したいイモータル。
元々ムーアJ騎乗予定だったが騎乗停止のため武幸Jへ急遽乗り替わりでレースでは引っ掛かって不発。
マンカフェ産駒でおそらくはマイルよりは中距離の今回の方がプラスでしょうし今回は乗り慣れた戸崎Jへの乗り戻りもプラスで前進必至でしょう。
(頭数的には今回は少頭数になりそうなので9着以下ってことは多分ないんですけど…)
そしておそらく2戦2勝で1番人気になりそうなハートレー
前走中山2000mのホープフルSで勝利してますが東京1800mはおそらく歓迎のクチ。
賞金は足りているだけにここは横山Jへの乗り替わりでどう騎乗するのかが見ものでしょう。
勝ち負けはもちろん可能ですが馬券的にはここから入りたいとは感じませんね。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
イモータルリスペクトアーススマートオーディン
ここは期待を込めて◎イモータル
まーここ2走とも◎を打ったという私の意地もあるかも(笑)

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2015年03月01日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第79回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜中山記念 GII
閲覧 120ビュー コメント 0 ナイス 4

みなさんこんにちは!

本日は中山11R「中山記念 GII」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。


U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、ロゴタイプ1頭。
第2グループ(黄)は、ナカヤマナイトから1.0ポイント差(約1馬身差)内のイスラボニータマイネルフロストの3頭。
第3グループ(薄黄)は、ヌーヴォレコルトから1.0ポイント差(約1馬身差)内の、タガノグランパステファノスヒラボクディープまでの4頭となり、以下は第4G(灰)となっています。

さてこのように色分けされた分布を見ると、ロゴタイプが次位に2.7ポイントの大きな差をつけていること、その下ナカヤマナイトイスラボニータ間にも0.9ポイントの比較的大きな開きがあること、以降は第3G内まで小差で続く配置となっていること等に気付きます。

今回の馬券構築は、◎ロゴタイプから素直に入りたいと思います。指数差もさることながら、今後どのくらいの雨量でレースを迎えるかが読みにくい現状では、この馬が最も軸向きと見ています。
○は、◎同様の距離延長ローテに魅力を感じるステファノス。▲に、近走の末脚に復調の兆しが見て取れ、少頭数が追い風になり馬場渋化があれば更に良さそうな総合2位ナカヤマナイトとして、☆にイスラボニータの印としたいと思います。
馬券は、◎=○▲からの3連複と◎☆から○▲への3連単で勝負です。


【3複フォーメーション】

◎=○▲=☆以外印馬
7=8,11=1,3,4,5,8,11(9点)

【3単2頭軸マルチ】
◎☆⇔○▲
7,10⇔8,11(12点)


計21点

[もっと見る]

2015年02月25日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第310話中山記念(謎解き編)
閲覧 254ビュー コメント 0 ナイス 3

第310話 「中山記念」


10年 36.6-36.9-38.2 =1.51.7 ±0△2± 0 消耗戦 不良
11年 36.3-35.2-34.5 =1.46.0 △3▼6△ 6 瞬発戦
12年 36.0-34.3-37.0 =1.47.3 △2△2△12 消耗戦 重
13年 36.2-33.8-37.3 =1.47.3 △6±0△13 消耗戦
14年 37.3-35.6-36.9 =1.49.8 △5▼2△ 4 消耗戦 稍重

過去5年で3度も消耗戦があるように近年はかなり厳しい流れのレースになりやすくなっています。
良馬場が2回しかないというのも要因の一つかもしれませんが中盤が最も速くなるというのはなかなかレアなレースだと思われます。
では過去5年の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
トーセンクラウン  【瞬6平5消0】
ヴィクトワールピサ 【瞬5平3消0】
フェデラリスト   【瞬2平2消0】
ナカヤマナイト   【瞬7平2消0】
ジャスタウェイ   【瞬7平2消0】
2着馬
テイエムアンコール 【瞬7平4消0】
キャプテントゥーレ 【瞬5平0消0】
シルポート     【瞬10平3消1】
ダイワファルコン  【瞬9平3消0】
アルキメデス    【瞬5平2消0】

瞬発平坦の両タイプの馬が多く連対しています。
平坦戦実績のなしのキャプテントゥーレが2着となっていますが中山芝2000コースの皐月賞を勝っているので適性は十分あったはずと思われます。

というように別定G競譟璽垢任垢郡靄榲には実績馬の強いレースです。
1〜3人気だった馬の成績が
4-1-2-8 勝率26.7% 連対率33.3% 複勝率46.7%
となっています。
厳しい流れになりやすいレースなので実績のある馬が好走しやすいということでしょう。

人気馬(実績馬)以外となると狙い目はズバリ内枠の馬。
厳しい流れのレースで有利となるのは内で脚を溜めれる馬。
断然内枠とは言えないまでもせめて中枠までの馬が中心だと思われます。

【枠順別成績】
1枠 0-1-0-5 勝率 0.0% 連対率16.7% 複勝率16.7% 複回収値 95
2枠 1-0-1-6 勝率12.5% 連対率12.5% 複勝率25.0% 複回収値130
3枠 2-2-1-3 勝率25.0% 連対率50.0% 複勝率62.5% 複回収値190
4枠 0-0-1-7 勝率 0.0% 連対率 0.0% 複勝率12.5% 複回収値 27
5枠 0-1-2-6 勝率 0.0% 連対率10.0% 複勝率10.0% 複回収値136
6枠 0-1-0-9 勝率 0.0% 連対率10.0% 複勝率10.0% 複回収値 21
7枠 1-0-0-9 勝率 0.0% 連対率10.0% 複勝率10.0% 複回収値 11
8枠 1-0-0-9 勝率 0.0% 連対率10.0% 複勝率10.0% 複回収値 19

※複回収値とは該当する項目で全頭の複勝率をベタ買いした時の回収値です
(100以上なら収支はプラス、以下ならマイナスということです)
6枠より外は複回収値が低い、つまり人気の馬ばかり馬券になっていないということです。
4枠より外の枠で6番人気以下で馬券になったのはハイペースで逃げまくった13年の3着馬シルポート(8番人気)のみとなっています。

それ以外となると
・前走の距離2000m以上 5-4-1-42
・4〜6歳馬 5-4-4-40
の2つのファクターが中心になると思われます。

今年は皐月賞馬イスラボニータの登録がありこの馬がやはり中心となるでしょう。
ヌーヴォレコルトも有力だとは思いますがデビュー3戦目の500万下クラス以来の牡馬混合レースで半信半疑といった感じ
メイショウマンボの様に古馬になり牡馬混合戦になるとさっぱりという牝馬も結構います)
もう1頭の皐月賞馬ロゴタイプは前走ダート1400mを使ったのがどう出るか。
ちなみにショウワモダンが前走根岸S(ダート1400)16着→中山記念3着というケースもあります。
とにかく内枠に入った馬を穴で狙っていきたいレースかなという印象。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
イスラボニータ→内枠くん→内枠くんor中枠くん
内枠くんの候補としては
タガノグランパマイネルフロストロゴタイプ
の3頭でいこうかなと。


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ナカヤマナイトの口コミ


口コミ一覧
閲覧 24ビュー コメント 0 ナイス 3

香港から2名が来日!D.ホワイト騎手、K.ティータン騎手が短期免許で参戦─競馬HEADLINE/ 2017年7月20日 20時39分 keiba-headline.com/2-jockeys-visits-japan-14796/

JRAは20日、ともに香港に所属するダグラス・ホワイト騎手、カリス・ティータン騎手の2名に短期騎手免許を交付することを発表しました。ホワイト騎手は7月22日〜8月27日、ティータン騎手は7月20日〜8月8日までの免許期間となっております。

ホワイト騎手は、2004年の函館2歳Sをアンブロワーズで優勝し、2010年の函館記念をマイネルスターリーで優勝するなどしており、来日するようになってかれこれ20年近く経つ騎手です。今年も今夏は5週間の騎乗予定となっており、夏競馬ではお馴染みの外国人騎手となりましたね。

香港競馬はおおむね9月から翌年7月中旬までを1つのシーズンとしておりますので、今年もバカンスは取らない模様。香港でリーティングを13回も獲得しているベテラン騎手ですし、去年はベルーフで小倉記念2着と重賞でも活躍。期待できる外国人騎手の1人です。

一方、ティータン騎手についてはまだ馴染みがないというファンも少なくないのではないでしょうか。それもそのはず、初来日したのは去年の夏で、函館と札幌で3週間のみの騎乗でした。重賞だと函館記念でネオリアリズムに騎乗しましたが6着に敗れ、いまいちインパクトに欠ける内容でした。

2015年の新潟大賞典では13番人気のナカヤマナイトを2着に持ってきた女性騎手のリサオールプレス騎手や、2014年の中日新聞杯で10番人気のマーティンボロを優勝に導いたD.バルジュー騎手など、短期ジョッキーの中には目を張る騎手も多くいます。

2度目の来日となるティータン騎手が今年はどんな競馬を見せてくれるのかにも期待したいところです。香港でのリーティングは去年が3位で今年は現在4位。まだ若い騎手ですから、国内の競馬にも慣れていけば今後活躍していく可能性は十分あります。今週末は函館の土曜から騎乗し、日曜は重賞の函館2歳Sでスズカマンサクに騎乗する予定となっておりますので、まずはここから注目したいと思います。

 銀色のサムライ 2017年05月24日(水) 20:04
【2011年日本ダービー】オルフェ盤石のレース運び
閲覧 32ビュー コメント 0 ナイス 5

2011年の日本ダービーは雨の影響を受け、不良馬場でレースが行われました。

ロジユニヴァースが勝った2009年のダービー時ほど酷い道悪じゃなかったんですが、
瞬発力勝負が得意な馬やパワー不足は不発に終わる、という馬場状態でした。

1番人気に支持されたのは、震災の影響で東京開催となった皐月賞を快勝したオルフェーヴル。
単勝オッズは3.0倍。

2番人気は皐月賞2着のサダムパテック、
3番人気はデットーリ騎手がスポット参戦し騎乗する事になったデボネアでした。

レースはタフな不良馬場をもろともしない走りを見せたオルフェーヴルの圧勝!

道悪馬場が苦手だったドリームジャーニーの弟だったんですけど、
後にクラシック三冠馬になり、凱旋門賞2年連続2着という実績を残す馬には厳しい馬場も関係ありませんでした。

2着に入ったのは10番人気のウインバリアシオン。
今思えばウインバリアシオンほどの実力馬が10番人気でダービーに出ていた事に「?」と思ってしまいますけど、
この時点での目立つ実績は青葉賞1着ぐらいしかなかったですから、
低評価になってしまったのも仕方ないのかな?と思います。

オルフェーヴルの強さが際立ったレースでしたけど、
ベルシャザールやナカヤマナイト、トーセンラー、コティリオンなど、
個性的なメンツがそろっていた事もあり、強く印象に残っています。


オルフェーヴルのダービーから6年が経過。
ダービーの翌週からは新種牡馬のオルフェーヴル産駒を含む2歳馬たちがデビューを迎えます。

netkeibaのデータベースで検索してみたところ、
現2歳のオルフェーヴル産駒は154頭いるそうです。

オルフェーヴル自身がムラ駆けタイプだったので、
産駒にも不安定な部分が受け継がれるかもしれませんけど、
ハマった時の爆発力はディープやキンカメ、ロードカナロアよりも凄いものがあるはずですから、
産駒初年度から大物を輩出してくれるのでは?と大いに期待しています。

[もっと見る]

 ウマ蔵 2017年05月03日(水) 00:17
2017年新潟大賞典予想
閲覧 84ビュー コメント 2 ナイス 12

新潟大賞典(新潟左外回り2000m)の予想を開始します。
過去を振り返ります。
福島2000m 古馬OPEN
平均タイム1.58.3
平均前3F35.7、平均後3F34.7
平均前5F59.6、平均後5F58.7

2016年 晴良 16頭
タイム1.57.8
前3F35.4、後3F34.8
前5F59.5、後5F58.3

1着5枠9番パッションダンス8歳57kg
10番人気.津村騎手.栗東.友道調教師
ノーザン生産.金子馬主
ディープ産駒.通過3-3
G3レベルでは通用.新潟巧者
前走.フェブラリーS(G1)16着 東京ダ1600m 57kg
前々走.川崎記念(G1)10着 川崎ダ2100m 57kg
2015年新潟大賞典(G3)7着56kg
2015年新潟記念(G3)1着56kg
2013年新潟大賞典(G3)1着55kg

2着2枠3番フルーキー6歳57.5kg
1番人気.藤岡佑騎手.栗東.角居調教師
ノーザン生産.金子馬主
Redoute's Choice産駒.通過8-9
G2掲示板レベル.G3もなかなか勝ちきれない
前走.中山記念(G2)4着 中山1800m 56kg
前々走.中山金杯(G3)1着 中山2000m 57.5kg

3着6枠12シャイニープリンス6歳56.5kg
8番人気.幸騎手.美浦.栗田調教師
キングヘイロー産駒.通過4-5
G3でもなかなかきついレベル
前走.福島民報杯(OP)1着 福島2000m 57kg
前々走.東風S(OP)4着 中山1600m 57kg

2015年 晴良 16頭
タイム1.59.6
前3F37.2、後3F33.9
前5F61.5、後5F58.1

1着3枠6番ダコール7歳57kg
5番人気.小牧騎手.栗東.中竹調教師
ディープ産駒.通過7-7
前走.福島民報杯(OP)2着 福島2000m 58kg
前々走.小倉大賞典(G3)3着 小倉1800m 57kg
2014年新潟記念(G3)12着 58kg
2013年新潟記念(G3)4着 56kg
2013年新潟大賞典(G3)3着 56kg

2着2枠4番ナカヤマナイト7歳57kg
13人気.オールプレス騎手.美浦.二宮
ステイゴールド産駒.通過6-5
前走.中山記念(G3)8着 中山1800m 56kg
前々走.中山金杯(G3)9着 中山2000m 57kg
2013年新潟記念(G3)5着 58kg

3着3枠5番アルフレード 6歳56kg
6番人気.津村騎手.美浦.手塚調教師
ノーザン生産.キャロット馬主
シンボリクリスエス産駒.通過14-12
前走.東京新聞杯(G3)2着 東京1600m 56kg
前々走.ニューイヤーS(OP)9着 中山1600m 57kg

2014年 晴良 16頭
タイム 1.59.2
前3F 36.4、後3F 34.1
前5F 61.1、後5F 58.1

1着5枠10番ユールシンギング4歳56kg
3番人気.吉田騎手.美浦.勢司調教師
社台生産.社台レースホース馬主
シンボリクリスエス産駒.通過13-11
前走.中日新聞杯(G3)4着 中京2000m 55kg
前々走.中山記念(G2)9着 中山1800m 57kg

2着3枠5番マジェスティハーツ4歳55kg
2番人気.森騎手.栗東.松永調教師
ハーツクライ産駒.通過7-7
前走.大阪ハンブルク(OP)2着 阪神2400m
前々走.リゲルS(OP)14着 阪神1600m

3着8枠16番レッドレイヴン4歳56.5kg
1番人気.柴山騎手.美浦.藤沢調教師
Smart Strike産駒.通過11-11
前走.福島民報杯(OP)1着 福島2000m 56kg
前々走.中日新聞杯(G3)6着 中京2000m 55kg

まとめ
・リピートレースだと思いました
・新潟巧者がよくきています
・内枠有利
・スタートからコーナーまで直線長いのでペース落ち着く
・後3F瞬発力勝負になる、速い上がりの差し馬
・前走福島民報杯、中山記念がよくきている
・ハンデ戦なので荒れる
・ディープ産駒、シンボリクリスエス産駒
・1番人気信頼性はない
・2年連続津村騎手馬券内
・年齢、斤量はあまり気にしないようにする

注目馬
・フルーキー 7歳57.5kg
リピートレース
金子馬主、ノーザン生産
和田騎手が怪しい
・シャイニープリンス 7歳56.5kg
リピートレース
前走福島民報杯
津村騎手
・サンデーウィザード 5歳55kg
前走福島民報杯
速い上がり使える
・ロンギングダンサー 8歳 54kg
福島巧者
シンボリクリスエス産駒
・×マイネルフロスト 6歳57kg
福島良績あり
さすがに厳しいか
・×トルークマクト
前走福島民報杯
さすがに厳しいか
・×トーセンレーヴ 9歳57kg
ディープ産駒
さすがに厳しいか

また枠が出たら検討したいと思います。

[もっと見る]

ナカヤマナイトの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  ヨッシー   フォロワー:3人 2013年12月26日(木) 20:35:37
12月22日次走注意
1:
  つぶ   フォロワー:1人 2012年1月4日(水) 08:11:31
12/17 中山11R ディセンバーS 2番人気1着 芝1800m→力の違いを見せ付ける圧巻の競馬。来年はG1戦線に間違いなく乗ってくる馬。次走はAJCCとのことだが当然勝ち負けだろう

ナカヤマナイトの写真

ナカヤマナイト

ナカヤマナイトの厩舎情報 VIP

2016年7月10日七夕賞 G316着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ナカヤマナイトの取材メモ VIP

2015年5月10日 新潟大賞典 G3 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。