アイムユアーズ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
アイムユアーズ
写真一覧
抹消  栗毛 2009年1月15日生
調教師手塚貴久(美浦)
馬主ユアストーリー
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績15戦[5-2-2-6]
総賞金24,975万円
収得賞金5,800万円
英字表記I'm Yours
血統 ファルブラヴ
血統 ][ 産駒 ]
Fairy King
Gift of the Night
セシルブルース
血統 ][ 産駒 ]
エルコンドルパサー
セシルカット
兄弟 トーセンアルニカラベンダーカラー
前走 2013/08/18 札幌記念 G2
次走予定

アイムユアーズの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
13/08/18 函館 11 札幌記念 G2 芝2000 1681624.164** 牝4 55.0 池添謙一手塚貴久476(0)2.08.3 1.841.1トウケイヘイロー
13/07/28 函館 11 クイーンS G3 芝1800 8552.711** 牝4 55.0 戸崎圭太手塚貴久476(+6)1.49.4 -0.037.0スピードリッパー
13/05/12 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 185939.0118** 牝4 55.0 戸崎圭太手塚貴久470(+4)1.32.8 0.434.6ヴィルシーナ
13/04/06 阪神 11 阪神牝馬S G2 芝1400 16118.0310** 牝4 54.0 A.シュタ手塚貴久466(-2)1.22.3 0.934.7④④サウンドオブハート
12/11/18 京都 11 マイルCS G1 芝1600 1871524.61310** 牝3 54.0 四位洋文手塚貴久468(-2)1.33.6 0.734.3⑭⑭サダムパテック
12/10/14 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 1881711.836** 牝3 55.0 池添謙一手塚貴久470(+2)2.00.7 0.333.6⑦⑥⑥⑥ジェンティルドンナ
12/07/29 札幌 11 クイーンS G3 芝1800 14582.911** 牝3 52.0 池添謙一手塚貴久468(+24)1.47.2 -0.034.7⑤⑤⑤④ラブフール
12/05/20 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 18117.744** 牝3 55.0 C.ウィリ手塚貴久444(-6)2.24.5 0.935.9④④④④ジェンティルドンナ
12/04/08 阪神 11 桜花賞 G1 芝1600 186119.733** 牝3 55.0 N.ピンナ手塚貴久450(0)1.34.8 0.234.9⑦⑥ジェンティルドンナ
12/03/11 阪神 11 Fレビュー G2 芝1400 16243.511** 牝3 54.0 N.ピンナ手塚貴久450(-2)1.22.8 -0.236.5ビウイッチアス
11/12/11 阪神 11 阪神JF G1 芝1600 1861112.382** 牝2 54.0 I.メンデ手塚貴久452(-2)1.35.3 0.434.9④④ジョワドヴィーヴル
11/11/05 京都 11 ファンタジー G3 芝1400 1761219.481** 牝2 54.0 I.メンデ手塚貴久454(+4)1.21.3 -0.235.0⑨⑩アンチュラス
11/08/07 函館 11 函館2歳S G3 芝1200 1371117.052** 牝2 54.0 古川吉洋手塚貴久450(-2)1.11.0 0.236.2⑨⑥ファインチョイス
11/07/09 函館 1 2歳未勝利 芝1200 8771.511** 牝2 54.0 藤田伸二手塚貴久452(+4)1.10.5 -0.335.2マイネルアダマス
11/06/25 函館 5 2歳新馬 芝1200 10552.413** 牝2 54.0 丸山元気手塚貴久448(--)1.11.0 0.434.5⑥⑥ナイスヘイロー

アイムユアーズの関連ニュース

アイムユアーズが引退、繁殖入り

2014年3月28日(金) 17:37

 2012、13年のクイーンSを連覇するなど活躍したアイムユアーズ(美浦・手塚貴久厩舎、牝5歳)が、28日付で競走馬登録を抹消された。通算成績は15戦5勝。重賞は前記2勝のほかに、11年GIIIファンタジーS、12年GIIフィリーズレビューの計4勝。獲得賞金は2億4975万2000円(付加賞含む)。今後は、生まれ故郷の北海道安平町・ノーザンファームで繁殖牝馬となる予定。

【札幌記念】抜群!アイムユアーズ大差先着2013年8月14日(水) 12:01

 切れ味抜群の動きが目を引いたのがこの馬。池添騎手を背に函館Wコースでロックシンガーを6馬身追いかけたが、勢いの違いで4角で一気に抜き去ると、最後は1秒の大差先着。前走時同様、文句なしの気配だ。

 ◆池添騎手「本当に反応が良かった。去年は脚さばきに硬さがあったが、今は感じない。相手は強いけど、洋芝は合うから」

(夕刊フジ)

札幌記念の特別登録(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【クイーンS】史上2頭目!アイムユアーズ連覇!! 2013年7月29日(月) 05:07

 第61回北海道新聞杯クイーンステークス(28日、函館11R、GIII、3歳上牝馬オープン国際特指、別定、芝1800メートル、1着本賞金3500万円 =出走8頭)戸崎圭太騎乗のアイムユアーズが2番手から抜け出して快勝。1番人気に応え、史上2頭目の連覇を果たした。重賞4勝目。戸崎騎手の芝の重賞制覇は、今年3月にJRAに移籍して以降では初めてだ。タイム1分49秒4(良)。最後方から追い上げた8番人気スピードリッパーが2着に入り、3番人気オールザットジャズが3着だった。

 直線での攻防も余裕たっぷりだった。アイムユアーズは2番手から早め先頭。そのまま押し切って、2003年、04年のオースミハルカ以来、2頭目のクイーンS連覇を達成した。

 「昨年勝っている馬ですから、きょうは自信を持って乗りました」

 横綱相撲の勝利に戸崎圭太騎手が胸を張る。意外にもこれがJRA移籍後初の芝重賞V。「ずっといい馬に乗せていただいていたので反省しながら乗っていました。勝ててよかったです」と安堵の表情を見せた。

 スタートは良かったが、クィーンズバーンにハナを譲って2番手。抜群の手応えで直線に入って先頭に立つと、力強い脚取りでフィニッシュした。ゴール寸前にスピードリッパーがクビ差まで急襲してきたが、内容的には完勝。戸崎騎手は「先頭に立つのが早いかなとも思いましたが、外から来たらまた反応してくれました。精神面の成長が大きいです」とパートナーをたたえた。

 新潟で観戦していた手塚貴久調教師は「洋芝はいいですね。本当に強い競馬でした」と笑顔。次走は札幌記念(8月18日、函館、GII、芝2000メートル)が濃厚だ。

 この週末は地元出身の人気バンドGLAYのライブに沸いた函館=芸能面に関連。曲のタイトルでもある“アイムユアーズ”がクイーンSを勝ってファンは大喜び。洋芝の女王が今年の北海道の夏をまだまだ熱くしてくれそうだ。 (柴田章利)

アイムユアーズ 父ファルブラヴ、母セシルブルース、母の父エルコンドルパサー。栗毛の牝4歳。美浦・手塚貴久厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主はユアストーリー。戦績14戦5勝。獲得賞金は2億3995万2000円。2011年GIIIファンタジーS、12年GIIフィリーズレビュー、GIIIクイーンSに次ぐ重賞4勝目。クイーンS戸崎圭太騎手は初勝利。手塚貴久調教師は12年のアイムユアーズに次ぐ2勝目。

アイビスSDの着順・払戻金はこちら

[もっと見る]

【クイーンS】アイムユアーズ連覇達成! 2013年7月28日() 15:37

 28日の函館11Rで行われた第61回北海道新聞杯クイーンステークス(3歳上牝馬オープン、GIII、芝1800メートル、8頭立て、1着賞金=3500万円)は、戸崎圭太騎手騎乗の1番人気アイムユアーズ(4歳、美浦・手塚貴久厩舎)が4コーナー先頭の積極策から押し切って、同レース連覇を達成した。タイムは1分49秒4(良)。

 開催場が函館に替わっても、その強さに変わりはなかった。4歳になったアイムユアーズが今年もクイーンSを制覇。コンビ2戦目の戸崎圭太騎手は、中央入り後、初の芝重賞勝ちとなった。

 スタートでやや出遅れ気味だったクィーンズバーンが、二の脚でばん回してハナを切る。アイムユアーズが2番手につけて、やや離れた3番手にオールザットジャズマルセリーナは後方2番手からレースを進めた。淡々とした流れになったが、アイムユアーズは押え切れない手応えで早くも4コーナーで先頭へ。そのまま力強い伸び脚で押し切り、堂々の連覇を成し遂げた。好位からロスなく運んだオールザットジャズが懸命に食い下がったが、道中最後方に控えていた、しんがり人気のスピードリッパーが大外からクビ差まで強襲して2着に食い込んだ。1/2馬身差の3着が3番人気のオールザットジャズ

 アイムユアーズは、父ファルブラヴ、母セシルブルース、母の父エルコンドルパサーという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産で、ユアストーリーの所有馬。通算成績は14戦5勝。重賞はGIIIファンタジーS(2011年)、GIIフィリーズレビュー、GIIIクイーンS(12年)に次いで4勝目。手塚貴久調教師は12年アイムユアーズに次いでクイーンS2勝目、戸崎圭太騎手は初勝利。

 戸崎騎手は「スタートが良かったのでハナへ行けそうだったけど、主張してくる馬がいたから、それに譲って番手から。直線で早めに先頭に立ったけど、以前にけいこで耳を絞る面を見せたので、その点に気をつけて追い出しました。外からこられてからもしっかり反応してくれました。強い競馬でしたよ」とコンビ2戦目でのVに手応え十分の口ぶりだった。

クイーンSの着順・払戻金はこちら

[もっと見る]

【クイーンS】アイムユアーズ連覇確信! 2013年7月25日(木) 05:04

 クイーンS(28日、函館、GIII、芝1800メートル)の追い切りが24日、函館と美浦トレセンで行われた。昨年、札幌で開催されたこのレースを制しているアイムユアーズは、函館Wコースでの併せ馬で2馬身先着。サンケイスポーツ調教評価で最高の「S」を獲得し、連覇へ向けて好気配だ。オールザットジャズと僚馬のキャトルフィーユもそれぞれ函館で併せ馬を行い、状態の良さをアピールした。

 洋芝の女王が帰ってきた。

 午前6時、気温21度。海から肌寒ささえ感じさせる風が吹く中、アイムユアーズは津村騎手(レースは戸崎圭騎手)を背に函館Wコースに登場した。僚馬ロックシンガー(牡4、500万下)を3馬身ほど追走。直線で内に入ると、ジョッキーの手綱がピクリとも動かぬまま、あっさりと2馬身突き放した。5ハロン67秒3(3ハロン39秒4−12秒4)のタイムに、手塚調教師は「ちょうどだね」と笑みを浮かべる。

 「春より体調がいいし、追い切りの本数をこなしている。勝った昨年と変わらないデキになった」

 連覇を意識する言葉。昨年のクイーンS(札幌)を勝って以降、掲示板(5着以内)に載らない成績が続くが、トレーナーは「トモがパンとしてよくなった」と復調を確信している。

 8着に敗れた前走のヴィクトリアマイルに続いてコンビを組む戸崎騎手は「前走の追い切りでは気難しさを出していた」と話していたものの、手塚師は「滞在で気持ちが緩和されれば」とナイーブな牝馬に滞在効果は大きいとみる。

 「この追い切りの感じなら、いい競馬になる。ここまで戦ってきたメンバーが違うし、洋芝は合っているからね」

 新馬、未勝利、函館2歳S(いずれも函館)で(3)(1)(2)着。そしてクイーンS勝ちと、洋芝では一切崩れておらず、調教師の期待はふくらむ。結果次第では札幌記念(8月18日、函館、GII、芝2000メートル)も視野に入るアイムユアーズが、函館で君臨しそうだ。 (柴田章利)

[もっと見る]

【クイーンS】アイムユアーズ2馬身先着 2013年7月24日(水) 13:01

 アイムユアーズがシャープな動きで連覇へ一歩、前進した。

 津村騎手(レースは戸崎騎手)を背に、函館Wコースでロックシンガーを3馬身追いかける形。抜群の手応えで直線内に進路を取ると、あっという間にパートナーをパスして2馬身先着した。

 「動き的にも時計的にも予定どおり。この春はトモの感じがひと息だったけど、今は大丈夫だからね。調教本数をこなせたし、去年くらいのデキになった」と、復調を思わせる動きに手塚調教師が表情をほころばせる。

 昨年の札幌から、今年の舞台は函館へと替わるが、当地の芝も【1・1・1・0】と実績は十分。「滞在のおかげで気性面のキツさが緩和されている感じ。結果次第で、次は札幌記念(8月18日)に向かいたい」と、北の夏を席巻する構えだ。(夕刊フジ)

クイーンSの特別登録(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

アイムユアーズの関連コラム

閲覧 1,641ビュー コメント 0 ナイス 4

第334話 「阪神JF


10年 35.8-25.4-34.5 =1.35.7 ▼10▼5△ 4 瞬発戦
11年 35.8-24.4-34.7 =1.34.9 ▼ 5▼7△10 瞬発戦
12年 34.1-23.7-36.4 =1.34.2 △ 3▼7△ 8 瞬発戦
13年 34.2-24.2-35.5 =1.33.9 ▼ 4▼1△ 6 平坦戦
14年 35.0-24.2-35.2 =1.34.4 ▼ 6△1△ 8 瞬発戦

瞬発戦になりやすいコースではありますが過去5年のラップを詳細に見てみると結構差があることが分かります。
前半スローの上り勝負だった10年11年、前半ハイペースだった12年13年、前後半バランスの取れた14年という感じでしょうか。
厳密に言えば12年と13年は若干違って12年はハイペースのため上りが36.4秒も掛かったタフな消耗戦テイストなレースで13年はハイペースにも関わらず上りを35.5秒でまとめるハイレベルなレース。
12年の勝ち馬ローブティサージュが古馬になってスプリント路線で活躍し13年の1&2着馬はそのまま3歳牝馬クラシックの主役を務めました。
どんな流れになろうとも「上り」が最重要ファクターということに変わりはなく
上り1位 3-1-0-2
上り2位 0-2-1-2
上り3位 2-0-1-2
となっていて最後の直線で速い脚を使える馬が馬券の半分以上を占めることになっています。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
レーヴディソール  【瞬2平0消0】▼ 5△1▼ 1 ▼ 7▼ 6▼1 
ジョワドヴィーヴル 【瞬1平0消0】▼ 6▼5▼ 6
ローブティサージュ 【瞬1平1消0】△ 6▼3△ 1 ▼ 4▼ 6▼4
レッドリヴェール  【瞬1平1消0】△ 2△3▼ 3 ▼12▼13△7
ショウナンアデラ  【瞬3平0消0】▼ 8▼5△ 6 ▼ 9▼ 4△3 ▼12▼10△13
2着馬
ホエールキャプチャ 【瞬2平1消0】▼ 4▼4△ 5 △ 1▼ 5△2 △ 7▼ 6△ 5
アイムユアーズ   【瞬1平2消0】± 0▼2△ 4 △ 7▼ 1△3 △ 5▼ 5△ 2
クロフネサプライズ 【瞬1平0消1】▼ 2▼7△ 5 △ 5△ 1△4
ハープスター    【瞬2平0消0】▼13▼6△15 ▼10△ 4△1
レッツゴードンキ  【瞬1平1消0】▼ 5▼5△ 5 ▼ 8▼ 3▼2

瞬発戦実績と連続加速実績は重要ファクターでしょう。
過去5年の連対馬ではアイムユアーズのみ連続加速実績がありませんでした。
阪神JFが外回りコースになってからファンタジーSの勝ち馬が連対したのはこのアイムユアーズだけで完成度と能力が一枚上だったということでしょう。
それでも1戦1勝のジョワドヴィーヴルに完敗だったのは適性の差だと思われます。

過去5年の連対馬10頭中8頭には「1600m以上のレースで上り2位以内で勝利」というレース実績がありました。
今年の登録馬では
アドマイヤリードウインファビラスウインミレーユクードラパンクロコスミアゴッドカリビアンシーブリーズラブジュエラーデンコウアンジュマシェリガールメジャーエンブレムレッドシルヴィ
の12頭が条件をクリアしています。
この12頭で
・前走の上り3位以内 5-4-3-39
・前走の着順3位以内 5-5-4-48
という条件で絞り込むと
アドマイヤリードウインミレーユクードラパンクロコスミアシーブリーズラブジュエラーデンコウアンジュ
の7頭となりました。
シーブリーズラブジュエラーの2頭は1勝馬なのでまずはゲートに入れるかどうかが最大の関門。

今年ははっきりいって低レベルというか小粒なメンバーという印象。
どの馬も一長一短。
ジュエラーが出走してくればここからと思っていましたが回避のようで…。
ここはアドマイヤリードに期待します。
小柄な馬体で中1週で重賞未勝利の菱田J騎乗と不安要素もありますが血統的にもレース振りにも勝ち負け可能ではないかと思います。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
アドマイヤリードクロコスミアデンコウアンジュ

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2015年3月11日(水) 23:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第312話フィリーズR(謎解き編)
閲覧 348ビュー コメント 0 ナイス 2

第312話 「フィリーズR」


10年 35.0-12.1-35.7 =1.22.8 ▼3△2▼ 1 平坦戦
11年 34.1-11.8-36.4 =1.22.3 △2▼2△ 8 平坦戦
12年 34.3-11.8-36.7 =1.22.8 △1±0△10 消耗戦
13年 34.9-11.8-35.4 =1.22.1 ▼5△6△ 3 瞬発戦
14年 34.6-12.1-35.6 =1.22.3 ▼4▼3△11 平坦戦

13年に瞬発戦となっていますが最大加速は▼5と最小値なのでやはりそれほど瞬発力を必要としないレースでしょう。
幾度となく書いてますが阪神芝1400mコースは特殊なコースで古馬重賞ではサンカルロの様なリピーターが存在します。
逆に言えば春の3歳牝馬クラシックは瞬発コースで開催されるのでここで勝ち負けすると春のG気聾靴靴し覯未待っているかもしれません。
過去5年のこのレース出走組の桜花賞成績は0-0-1-31で唯一馬券になったのはアイムユアーズです。
但し、13年の勝ち馬メイショウマンボ桜花賞こそ10着と惨敗しましたがその後オークス秋華賞と2冠牝馬となっています。
軽視は禁物でしょう。
過去5年ではその13年のみ瞬発戦となっていますがそこがポイントだったかもしれません。
(最大加速は▼5なのでほんの僅かな差ではありますが…)
ある程度のスピードとパワーが問われるコース。
近4年はラスト1Fが12秒台のラップになっていてやはりラストの急坂の存在は大きいでしょう。
では過去5年の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
サウンドバリアー  【瞬1平1消1】
フレンチカクタス  【瞬2平1消0】
アイムユアーズ   【瞬2平2消0】
メイショウマンボ  【瞬2平1消0】
ベルカント     【瞬0平1消2】
2着馬
ラナンキュラス   【瞬0平0消2】
スピードリッパー  【瞬2平2消0】
ビウイッチアス   【瞬2平1消1】
ナンシーシャイン  【瞬1平1消0】
ニホンピロアンバー 【瞬0平1消2】
連対馬10頭中7頭には瞬発戦実績がありませんでした。
この辺りがこの桜花賞オークスでの好走が難しい要因になっていると思われます。
平坦戦実績は10頭中9頭なのでこちらの方が重要でしょう。

ある程度スピードは必要なのですがスプリンターではラストの急坂で脚が止まるケースが考えられます。
前走1600m戦出走馬の成績が5-3-2-25と好走率が高く逆に前走1200m戦出走馬の成績は0-0-14と過去5年では1頭も馬券にはなっていません。

このレースで適性のありそうな条件は
・1400m以上のレースで連対実績がある
・1400m以下でも実績がある
→1200mだけ、1600mだけの実績では信頼度は下がるということ
・ラスト12秒台のラップ(レースの上がりは35秒以上)で実績がある(1400m以上がベター)
・平坦戦実績がある
ぐらいか。

今年の登録馬では
コートシャルマンスマートプラネットタマモイヤリングムーンエクスプレスメイショウサワヤカラクアミラッフォルツァート
の7頭でしょう。

コートシャルマンは前走伸び切れなかった敗因が距離なら桜花賞よりもここが勝負か。
スマートプラネットは過去5年で1-1-0-2のファルブラヴ産駒で1400戦パーフェクト&1600戦掲示板が精一杯というのは適性がありそう。
ムーンエクスプレス阪神JFで先行馬では最も粘れた馬でここなら上位の扱いが出来るが400ちょっとしかない馬格はやや不安。
ラッフォルツァートは前走に引き続きシュタルケJ騎乗で桜花賞よりここが本番でしょう。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
スマートプラネットラッフォルツァートコートシャルマン


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2014年12月10日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第301話阪神JF(謎解き編)
閲覧 275ビュー コメント 0 ナイス 3

第301話 「阪神JF


09年 35.1-24.5-35.3 =1.34.9 ▼ 5▼7△13 瞬発戦
10年 35.8-25.4-34.5 =1.35.7 ▼10▼5△ 4 瞬発戦
11年 35.8-24.4-34.7 =1.34.9 ▼ 5▼7△10 瞬発戦
12年 34.1-23.7-36.4 =1.34.2 △ 3▼7△ 8 瞬発戦
13年 34.2-24.2-35.5 =1.33.9 ▼ 4▼1△ 6 平坦戦

昨年のみ平坦戦となりましたが基本的には瞬発戦になりやすいレース。
阪神外マイル戦でどの馬が瞬発力があるのか?というレースだと思われます。
10年&11年はテン緩い後傾ラップになっていますが基本的にはテンの方が速い前傾ラップになりやすいレース。
2歳牝馬レースで前走1500m以下の距離延長組の方が比較的出走頭数が多いというのが主な要因でしょう(距離短縮組は過去5年で5頭しか出走していません)
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
アパパネ      【瞬2平0消0】▼ 8▼7△12 ▼14▼ 4▼1
レーヴディソール  【瞬2平0消0】▼ 5△1▼ 1 ▼ 7▼ 6▼1 
ジョワドヴィーヴル 【瞬1平0消0】▼ 6▼5▼ 6
ローブティサージュ 【瞬1平1消0】△ 6▼3△ 1 ▼ 4▼ 6▼4
レッドリヴェール  【瞬1平1消0】△ 2△3▼ 3 ▼12▼13△7
2着馬
アニメイトバイオ  【瞬0平2消1】▼ 3▼4△11 ▼ 3▼ 4△5 ±0△1△2
ホエールキャプチャ 【瞬2平1消0】▼ 4▼4△ 5 △ 1▼ 5△2 △7▼6△5
アイムユアーズ   【瞬1平2消0】± 0▼2△ 4 △ 7▼ 1△3 △5▼5△2
クロフネサプライズ 【瞬1平0消1】▼ 2▼7△ 5 △ 5△ 1△4
ハープスター    【瞬2平0消0】▼13▼6△15 ▼10△ 4△1

(勝ち馬の名前からブエナビスタが消えたか、時が経つのは早いなと)
アニメイトバイオ以外の連対馬には瞬発戦実績がありました。
アイムユアーズ以外の連対馬には連続加速実績がありました。
どちらもほぼ必須条件かと思われます。
▼10以上の加速実績があった馬はあまり多くない印象で高いギアチェンジ能力はそれほど必要ではないということかと思われます。
あまりスローにならないのが要因かも?

このレースはとにかく上り重視、差し脚重視です。

【前走脚質別成績】
逃げ 0-1-0- 7 勝率 0.0% 連対率12.5% 複勝率12.5%
先行 1-0-2-22 勝率 4.0% 連対率 4.0% 複勝率12.0%
差し 4-1-3-31 勝率10.3% 連対率12.8% 複勝率20.5%
追込 0-3-0-15 勝率 0.0% 連対率16.7% 複勝率16.7%

【前走上り順位別成績】
上り2位以内 5-4-4-33 勝率10.9% 連対率19.6% 複勝率28.3%
上り3位以下 0-1-1-41 勝率 0.0% 連対率 2.3% 複勝率 4.7%

前走の上り順位はかなり偏りのある傾向です。
3位以下で馬券になったのは過去のこのレースで最も上がりの掛かった12年の2着馬クロフネサプライズと過去のこのレースで最も緩い流れだった10年の3着馬ライステラスの2頭だけとなっています。
脚質的には前走差しが圧倒的ですが追い込み馬は2着までというのが要注意。
分かりやすい例で言えば昨年のハープスターでしょうか。
圧倒的人気に支持されながらハナ差2着という結果でした。
差し馬有利だが後ろすぎても駄目ということでしょう。
(前走4角6〜9番手ぐらいがベスポジぐらいか)

今年の登録馬を見ると該当するような馬があまり見当たりません。
デイリー杯の開催時期が変更となった影響か?出走メンバーのレベルか?
上記の条件をクリアしたのは
レッツゴードンキロカ
の2頭のみとなっています。
次点ではコートシャルマンダノングラシアスの2頭。

この4頭で決まれば人気サイドの決着となるでしょうがロカ以外の3頭は今回乗り替わりとなっていてロカは1勝馬で出走出来るかどうか。
1番人気が予想されるレッツゴードンキが軸としては固そうですがなんとなく足りない印象(>個人的感想で本当になんとなくです。なんとなくの正体は非社台なのかも?)
コートシャルマンはハーツ産駒で上り掛かって持続力が問われる展開になった方がベターでしょう。
イチオシは抽選突破出来ればロカ
ハービンジャー産駒ですが他のハービンジャー産駒とはちょっと違う印象の馬。
ドスローではありましたが上り33.2秒で突き抜けて圧勝というのはハービンジャー産駒らしからぬレースでこれはディープの姪という血統が成せる技なのかも。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ロカコートシャルマンレッツゴードンキ
本音を言えばPOG馬コートシャルマンに勝ってほしい(笑)


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2013年12月4日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第262話阪神JF(謎解き編)〜
閲覧 277ビュー コメント 0 ナイス 12

第262話 「阪神JF


08年 35.2-24.4-35.6 =1.35.2 ▼ 4▼6△11 瞬発戦
09年 35.1-24.5-35.3 =1.34.9 ▼ 5▼7△13 瞬発戦
10年 35.8-25.4-34.5 =1.35.7 ▼10▼5△ 4 瞬発戦
11年 35.8-24.4-34.7 =1.34.9 ▼ 5▼7△10 瞬発戦
12年 34.1-23.7-36.4 =1.34.2 △ 3▼7△ 8 瞬発戦

過去5年は全て瞬発戦となっていますが昨年は他の4年とはちょっと異なる内容。
テンが34秒台上がりが36秒台で分かる通り前傾度合いが高いレースで瞬発力よりはスタミナとかパワーが問われたレース。
勝ち馬の上がりが35.9秒で他の4年よりも1秒以上も遅かったというのもそれを物語っています。
では、過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
ブエナビスタ    【瞬1平0消0】▼1±0▼ 6
アパパネ      【瞬2平0消0】▼8▼7△12 ▼14▼ 4▼1
レーヴディソール  【瞬2平0消0】▼5△1▼ 1 ▼ 7▼ 6▼1 
ジョワドヴィーヴル 【瞬1平0消0】▼6▼5▼ 6
ローブティサージュ 【瞬1平1消0】△6▼3△ 1 ▼ 4▼6▼4
2着馬
ダノンベルベール  【瞬2平0消1】▼9▼5△ 2 ▼ 5△4△ 1 △ 6△ 9△3
アニメイトバイオ  【瞬0平2消1】▼3▼4△11 ▼ 3▼4△ 5 ± 0△ 1△2
ホエールキャプチャ 【瞬2平1消0】▼4▼4△ 5 △ 1▼5△ 2 △ 7▼ 6△5
アイムユアーズ   【瞬1平2消0】±0▼2△ 4 △ 7▼1△ 3 △ 5▼ 5△2
クロフネサプライズ 【瞬1平0消1】▼2▼7△ 5 △ 5△1△4

過去5年の勝ち馬全てにラスト1Fで加速が生じたレースでの実績がありました。
そのほとんどは新馬戦か未勝利戦になるのですが下のクラスで勝利してもまだ余力がある馬伸びしろがある馬がこのレースでの勝ち馬に相応しいということ。
また、11年2着のアイムユアーズを除く全馬に連続加速実績がありました。
阪神マイルの外回りコースで行われる舞台なので加速し続けるレース実績というのは必要不可欠になるのでしょう。
その実績がなかったアイムユアーズには函館2歳S2着→ファンタジーS1着という重賞実績があり連続加速実績がない場合はこれぐらいの格が必要でしょう。

また、出走馬のほとんどが前走京都コースか東京コースとなっています。
直線の長いコースを経験してるのも重要ですが阪神に替わることでポイントになるのが最後の急坂。
ここで前の馬の脚が止まるケースが多いので圧倒的に差し馬有利となっています。
前走4角5番手以内の馬の成績が0-1-5-38(勝率0.0%、連対率2.3%)と不振傾向にあります。
但し、10年は上がり34.5秒でラスト1Fが11.6秒という後傾ラップでした。
これぐらいの上がりになってしまうと脚質の有利不利というよりは▼10▼5という加速が生じたことから分かるように爆発的な瞬発力が勝負の鍵となります。

ラストの直線勝負になりやすいので前走の上がりも重要です。
前走上がり2位以内だった馬の成績が5-4-4-37となっています。
前走の上がりが3位以下で馬券になったのは前傾ラップの12年で前で粘ったクロフネサプライズ
そして上記に書いたスローの上がり勝負になった10年3着だったクロフネサプライズの2頭だけです。

基本的には
・連続加速実績
・前走上がり2位以内
・差し馬有利
・勝ち馬にはラスト1Fでの加速実績
の4つがポイントになると思われます。

なんですが今年のメンバーで全て条件とクリアした馬はいませんでした。
3つクリアした馬は
インヴォークハープスターフォーエバーモアマーブルカテドラルマジックタイムレーヴデトワールレッドリヴェール
の7頭。
今年の新潟2歳S組はその後のレースで好成績を収めている馬ばかりでいわゆる出世レースとなっています。
その出世レースを3馬身差で圧勝したのがハープスター
断然有力候補なのは間違いありませんがマイナス材料もあります。
・前走10週以上の休養明けの馬は0-0-1-11
・前走4角10番手以下の追い込み馬は0-3-0-19
というもので「こんなデータ物の違いを見せつけますよ」となるかどうか。
勝つには若干足りない気がしますが信頼出来る軸にはマーブルカテドラル
新潟2歳Sでは前半行きたがって2番手先行してしまったのが敗因。
次走以降はしっかり溜めての瞬発戦で連勝となっています。
関西遠征がクリア出来れば問題ないでしょう。
その関東馬ですが最近は栗東留学の馬も増えたおかげで一昔前のように「阪神JFでは関東馬は消し」とはならなくなっています。
関東馬の成績は1-4-3-16(勝率4.2%、連対率20.8%)で勝ち馬は3冠馬アパパネのみですが2〜3着はむしろ関東馬の方が多くなっています。


「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ハープスターマーブルカテドラルマジックタイム
マーブルカテドラルより上の馬はハープスターぐらいしかいない気がします。
但し、馬券的な本命はマーブルカテドラルとします。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2013年8月21日(水) 10:45 【ウマニティ】
先週の回顧〜kmプロ土曜函館10Rで207万超の大ホームラン!
閲覧 101ビュー コメント 0 ナイス 7

先週は、18(日)に函館競馬場でG2札幌記念が、小倉競馬場ではG3北九州記念がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
函館競馬場での開催となったG2札幌記念は、雨が降ったりやんだりと目まぐるしく変わる状況の中小雨の状態でスタートを迎えました。好発を決めたトウケイヘイローが悠々と駆け抜けて先頭で直線へ。好位勢からはアイムユアーズアスカクリチャンロゴタイプアンコイルドといったところが追撃を開始しますが、先頭のトウケイヘイローは余裕の走りでむしろその差を広げながらゴール。パワーを要する馬場をもろともせず、6馬身差の完勝で重賞3連勝を飾りました。2着は4角で内を突いて伸びたアスカクリチャン。そこから4馬身差の3着は最後にアイムユアーズを外から交わしてアンコイルドが入っています。
公認プロ予想家の中では、きいいろプロ3連単プリンスプロ仲谷光太郎プロ3連複プリンセスプロはははふほほほプロ河内一秀プロ馬単マスタープロサラマッポプロら計8名が的中をマークしています。
一方のG3北九州記念は、アイラブリリが逃げて前半600mを32.2秒で通過する早い流れを刻み直線へ。ハンデ戦らしく先頭のアイラブリリに後続がどっと押し寄せて残り100mを通過。バーバラが馬場の中ほどから先頭に上がりますが、後方から外を通ってツルマルレオンニンジャが併せ馬の形で一気に襲い掛かります。最後は、外のツルマルレオンが差し切ってV。重賞初制覇を飾っています。3/4馬身差の2着はニンジャ。そこから1/2馬身差の3着にバーバラが入っています。
こちらは、スガダイプロシムーンプロサラマッポプロが的中をマークしています。

その他では、kmプロ夢月プロ佐藤洋一郎プロdream1002プロ岡村信将プロが活躍を見せています。


☆☆☆注目プロ → kmプロ
17(土)の函館10Rで▲◎△的中!3連複フォーメーション900円分で払戻し207万2880円の特大ホームランを記録しました!続く小倉10Rでも11万6000円を払戻し!さらに、18(日)の小倉9Rではユキノサムライ(単勝69.9倍)の単勝5000円分を的中!34万9500円払戻しのスマッシュヒットを記録と、土日ともに絶好調の先週は、トータル回収率586%・収支216万1060円プラスの大暴れ!

☆☆☆注目プロ → 夢月プロ
17(土)小倉3Rクリムトキッスの単勝を的中し、39万8000円のスマッシュヒット!18(日)小倉9Rでは、本命◎ユキノサムライ(単勝69.9倍)の単勝ゲットで69万9000円払戻しのホームラン!土日2本の高額払戻しを記録した先週は、回収率182%・収支59万3000円の大幅プラスを計上しました!

☆☆☆注目プロ → 佐藤洋一郎プロ
18(日)函館9Rで本命◎キワミからの3連単をゲット。複勝的中と合わせて計34万6110円払戻しのスマッシュヒットとなりました!さらに、小倉10Rでも3連単10万2730円馬券の的中をマーク!土日トータルでは、回収率124%・収支12万800円プラスを記録しています。

☆☆☆注目プロ → きいいろプロ
17(土)函館1Rで馬連&単勝計15万4000円払戻しのスマッシュヒットを披露。翌18(日)は、G2札幌記念を○◎的中!単勝&馬連的中で計17万9400円の払戻しをマークしました!

☆☆☆注目プロ → 岡村信将プロ
17(土)の新潟4Rアスペンサミットの単勝を4000円分的中。12万8800円を払戻しています!土日トータルでは、回収率157 %・収支9万3200円プラスを記録しました。

☆☆☆注目プロ → dream1002プロ
18(日)の小倉4Rで3連単300円分を的中。12万4860円の払戻しをマークしています!

☆☆☆注目プロ → 3連単プリンスプロ
17(土)の新潟2Rで3連単11万4940円馬券的中のスマッシュヒットを記録!

他には、山崎エリカプロ(173%)、シムーンプロ(101%)が土日回収率100%オーバーの活躍を見せています。


※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

「ユータ」

[もっと見る]

2013年7月30日(火) 18:00 【ウマニティ】
先週の回顧〜 伊吹雅也プロがクイーンS馬連◎○的中で12万オーバーの払戻し!
閲覧 141ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、28(日)に函館競馬場でG3クイーンステークスが、新潟競馬場でG3アイビスサマーダッシュがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
G3クイーンステークスは8頭立てと小頭数で幕開け。クィーンズバーンを先頭に、道中とほぼ隊列変わらずのまま4角へ。4角を出たところで内で一杯になるクィーンズバーンを持ったまま交わしてアイムユアーズが先頭。オールザットジャズが3番手から馬群をこじ開けて追撃を開始。そこに、後方からインを突くマルセリーナと、同じく後方から大外を回したスピードリッパーが加わり、2、3着は三つ巴の争いに。先に抜け出したアイムユアーズのリードが徐々になくなりますが、しのいで先頭でゴール。アイムユアーズがこのレース連覇達成で押し切っています。クビ差の2着に詰め寄ったのは単勝最低人気のスピードリッパー。そこから1/2馬身差の3着にはオールザットジャズが入っています。
公認プロ予想家の中では、伊吹雅也プロ導師嵐山プロ佐藤洋一郎プロMK.YOSHIプロ霧プロスガダイプロきいいろプロが的中をマークしています。
一方のG3アイビスサマーダッシュは、スタート直後からフォーエバーマークハクサンムーンの2頭が終始レースを引っ張る展開。序盤は内のフォーエバーマークが頭一つ出て先頭。これをピタリとマークする位置にハクサンムーンという態勢。この2頭が徐々にパドトロワプリンセスメモリーリトルゲルダらが構成する横一線の3番手グループを引き離して直線後半の攻防へ。残り200mを切ってからハクサンムーンフォーエバーマークに並び掛け、残り100mでフォーエバーマークを振り切って先頭へ。そのまま突き放す強い競馬を見せたハクサンムーンが先頭でゴール。1番人気に応え重賞2勝目を挙た。2着はフォーエバーマーク。そこから3馬身1/2離れた3着争いは、リトルゲルダが、最後外から迫るレオパステルを封じて入っています。
こちらは、伊吹雅也プロはははふほほほプロスガダイプロdream1002プロろいすプロ河内一秀プロサラマッポプロ他計9名が的中をマークしています。
その他では夢月プロkmプロが活躍を見せています。

☆☆☆注目プロ → 伊吹雅也プロ
28(日)のG3クイーンステークスで◎○のズバリ的中!馬連2000円分の購入で12万7400円のスマッシュヒットをマークしています。さらに、G3アイビスサマーダッシュも馬連的中と重賞Wゲットの先週は、土日トータルで回収率352%・収支15万1300円プラスを達成!

☆☆☆注目プロ → 導師嵐山プロ
27(土)函館4Rで人気薄の2、3着馬をきっちり抑え馬連&3連複を的中!計31万3580円のスマッシュヒットをマークしています。28(日)G3クイーンステークスでも馬連&3連複的中を記録(計6万2660円払戻し)しています。

☆☆☆注目プロ → dream1002プロ
27(土)新潟12Rで◎○△的中をマーク!3連単200円分の購入で、払戻しは18万2320円を記録しました。この日は他にも的中を重ね的中率50%と好調で、週末のトータル回収率は125%・収支11万3940円プラスを達成しています。

☆☆☆注目プロ → 夢月プロ
27(土)の小倉1Rで単勝的中、23万7000円払戻しのスマッシュヒットを記録。

☆☆☆注目プロ → kmプロ
28(日)の函館5Rオールステイの単勝1点勝負を敢行。14万円の払戻しをマークしています。土日トータルは、回収率148%を記録!

他には、シムーンプロ(196%)、蒼馬久一郎プロ(167%)、山崎エリカプロ(157%)、スガダイプロ(119%)が土日回収率100%オーバーの活躍を見せてくれました。


※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

「ユータ」

[もっと見る]

⇒もっと見る

アイムユアーズの口コミ


口コミ一覧

2015_クイーンS

 landr 2015年7月28日(火) 09:04

閲覧 23ビュー コメント 0 ナイス 3

◎メイショウスザンナ
○ディルガ
▲ブランネージュ
△レッドリヴェール、フーラブライト

OP馬が、レッドリヴェール、フーラブライト、メイショウスザンナ、フレイムコード、ノットフォーマルの5頭だけ。しかも、フレイムは準OP勝ち上がり直後、ノットは来年には2階級降級になることを考えたら、実質は3頭だけ。

何もレッツゴードンキとかヌーヴォレコルトに出てこいとまでは言わないが、これは何とかならなかったのか。ローズマンブリッジとかカゼノサファイアとかびっくりだよ!

そんなにメンバー集まらない重賞だったかなあ、と過去をひも解いてみると。

2014 キャトルフィーユ アロマティコ スマートレイアー
2013 アイムユアーズ スピードリッパー オールザットジャズ
2012 アイムユアーズ ラブフール ミッドサマーフェア

少なくとも、昨年は着外にディアデラマドレや準OP勝って挑戦してきたのぼり馬(フィロパトールやアンアヴェンジト)がいる。
一昨年も頭数こそ少ないものの、最低人気2着のスピードリッパーは実質はOP馬。
2012年も1000万下のラブフールが穴を空けているものの、面子はそろっている。

だったら、やっぱり「格下馬なめんな」に心情的に張りたくなります。

フーラブライト頑張れ、チョーがんばれ!
ですが、天皇賞春から直行のローテてどうなのだろう。どう考えても、札幌記念への叩きとしか思えない。長距離特化型になってきているので、休み明け含めて仕掛けどころで鈍くなっていそうな。

こうなったら、ヴィクトリアマイルから直行のレッドリヴェールが強いに決まっている。去年の札幌2歳Sの勝ち馬ですよ。
ただ、当時の札幌は極悪馬場。小柄な馬体でハープスターと張り合ったようにキレを生かすタイプに思うし、案外と洋芝では伸びないのではないか、と言う気がしないでもないです。

と言うわけで、すごく影が薄いオープン馬、メイショウスザンナ。戦績から短距離馬の印象かもしれませんが、デビュー時と比較してプラス30キロで身が入ってきて、パワーもあるかと。福島最終週で穴を空けたように重い芝も合うかもしれません。中団からじわじわ伸びてこい。

あとは、かもめ島特別勝ち切ったブランネージュはやっぱり必要。函館を2回使って「私はここを勝つために闘ってきた」とヒーローインタビューでおっしゃりそうなローテーション。

フレイムコードやレイヌドレージュはどうかと思うので、忘れな草賞を勝ち切っているディルガでどうか。前走1000万負けも、相手が洋芝の鬼ヤマイチパートナーや、ドゥラメンテがリタイアした今、菊花賞最大の惑星に浮上したサトノメサイア(大げさ)ならば仕方がない。逆にここに出ているメンバーで、洋芝の長距離でヤマイチパートナーを下せる馬がいるのか?てか、なんでまだ条件馬なんだ、ヤマイチパートナー。
馬体もパワーアップしており、これは期待できます。・・ただねえ、ハンデ戦じゃないのよ、ここは。

心情的には、書いてきた通り、フーラブライトを買いたいところ。定量の牝馬限定戦なら負ける気がしない。ただ、「調教代わりに回ってきておくか」くらいにしか感じないところがネック。
ディルガやブランネージュの一発も魅力なのですが、ここはOP馬の意地をメイショウスザンナに見せてほしいところです。

 TERAMAGAZI 2013年7月28日() 05:11
【アイビスSD】フォーエバーマーク。【クイーンS】スピー...
閲覧 14ビュー コメント 2 ナイス 3

新潟11R【第13回 アイビスサマーダッシュ】G3芝直1000m

キーワードは「外枠」「牝馬」「非サンデー系」「ミスプロ系」「ファルブラヴ」「サクラバクシンオー」

サンデーサイレンス系は過去10年で優勝馬はいません。

父ミスプロ系は、昨年の勝ち馬パドトロワ(スウェプトオーヴァーボード)、

11年2着エープダッチマン、3着アポロフェニックス10年は1着ケイティラブ、2着ジェイケイセラヴィ

母父ミスプロ系は、11年1着、12年3着のエーシンヴァーゴウ、08、09年連覇のカノヤザクラ。

父サクラバクシンオー産駒は、08、09年連覇のカノヤザクラ、10年3着マルブツイースタ

ー、12年2着エーシンダックマン

◎ハクサンムーンは父がミスプロ系スウェプトオーヴァーボードで母父がサクラバクシンオーとい

うアイビスSDを勝つためのような血統。

昨年は4着(3番人気)に負けてますが、昨年は1000万特別を勝ったばかりでの挑戦。

今年は、高松宮記念3着→CBC賞2着からの臨戦。3着は外さない。


【狙い目】新潟直線1000mのリーディングジョッキー村田一誠騎乗フォーエバーマーク

◎ハクサンムーン
○レオパステル
▲フォーエバーマーク
△リトルゲルダ
△ヤマニンパピオネ
△パドトロワ


【3連複】フォーメーション(19点)
4、13、17→4、13、17→4、13、17、1、7、8、11、14、16


【3連複】流し(28点)
13→1、4、7、8、11、14、16、17
(↑コッチのほうが確実)




函館11R【第61回 クイーンS】G3芝1800m

アイムユアーズ、マルセリーナ、オールザットジャズの実質3頭立てと見られているレースです

が、そう簡単には行かない。

まず前走のマーメイドSで2年2ヶ月ぶり復活Vの桜花賞馬マルセリーナ。

桜花賞馬の復活ということで人気だが、初の洋芝の対応出来るのか?

小回りコースに対応出来るのか?

マルセリーナは18戦して馬券になったのは4勝2着1回3着2回だけで、馬券圏外が11回もある。

馬券圏内は、阪神、京都、東京のみなので函館の小回りコースに対応出来るか疑問である。

しかも馬券になったのは、マイルが3勝3着1回で、2000mが1勝なのに対して、1800m

は3戦して全て着外。

ディープインパクト産駒の桜花賞馬でもあり根幹距離(マイル、2000、2400)は得意だ

が、非根幹距離(1800、2200)は苦手にしているのではないか。

この少頭数なので、3着以内に来る可能性はあるが、アタマはない。

オールザットジャズは、マルセリーナとは逆で、1800m→【5・3・1・2】に対してマイル

は3戦全て着外で2000mは3着が1回だけ。

福島牝馬Sを連覇しているように小回りコースにも適性がある。

牝馬限定G3→【2・1・2・1】と得意にしてるのだが、唯一馬券からハズレたのが昨年のクイ

ーンS(札幌)

洋芝の適性は疑問である。3着以内に来る可能性はあるが、アタマはない。

勝つのはアイムユアーズ。昨年の勝ち馬であり、洋芝→【2・1・1・0】と適性が高い。

爆穴はファルブラヴ産駒スピードリッパー。

洋芝→【1・2・0・0】と適性が高く、1800m→【1・2・0・3】

ジャパンカップ2着、有馬記念2着馬ポップロックの妹


◎5アイムユアーズ
○1オールザットジャズ
爆穴6スピードリッパー
△7マルセリーナ
△8キャトルフィーユ


【3連単】(20点)

1、5→1、5、6、→1、4、6、7、8


【サンスポ・競馬エイト】】ウマニティ】予想コロシアムにて「中央競馬・全レース」買い目公開中
http://umanity.jp/coliseum/profile.php

【サンスポ・競馬エイト】【ウマニティ】予想コロシアムにて「地方競馬・全レース」買い目公開中
http://nar.umanity.jp/coliseum/profile.php?user_id=35fe1fee66

Twitterやってます。
https://twitter.com/tera_chaaaaan

【TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想!】で競馬の予想をしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/teramagazine

[もっと見る]

 TERAMAGAZI 2013年4月6日() 09:14
エーシントップを蹴ってハナズゴールを選んだ浜中騎手の判断は?
閲覧 92ビュー コメント 0 ナイス 3

【阪神牝馬SとニュージーランドTにおける騎手とオーナーサイドの思惑】



阪神牝馬SのハナズゴールとニュージーランドTのエーシントップ。


昨年のリーディング浜中騎手はお手馬がかぶってしまった。






さて浜中ジョッキーの選択は?



新馬戦から騎乗し5戦4勝で重賞2勝のエーシントップ(今年の3歳クラシックで牡馬牝馬合わせても重賞

2勝馬はエーシントップとロゴタイプだけ)を蹴ってハナズゴールを選びました。




この選択にエーシントップの西園師&オーナーは怒っているという話。




浜中騎手とエージェントは、本番のNHKマイルCには乗りたい意向だったが、エーシントップ陣営は『ニ

ュージーランドTとNHKマイルCの両方で乗れる騎手に頼む』と内田博騎手に打診。




浜中騎手は、無念のクビ。




となれば浜中騎手は、ハナズゴールで阪神牝馬Sはもちろん、ヴィクトリアマイルでも結果を出さねばなら

ない。



まさに背水の陣。





ハナズ陣営も『トライアルの叩き台というつもりはない』と強気。



ハナズゴールド。絶対「買い」ですね。









蛯名騎手も阪神牝馬SのホエールキャプチャとニュージーランドTのマンボネフューがかぶっています。





しかし、浜中騎手と違って、マンボネフューは蛯名騎手が阪神に行けば三浦騎手ということが決まったいた

という話。






マンボネフューがNHKマイルCの優先出走権を獲得した場合は蛯名騎手の手に戻る。


つまり、三浦騎手は1回限りの完全な代打。



1回しか乗れない三浦皇成は次はないので、ココを勝ちに来るでしょうね。




マンボネフューも「買い」です。




ホエールキャプチャは昨年のヴィクトリアマイル優勝以降のレースがすべて2桁着順で精彩を欠く内容。



しかも何をトチ狂ったのか前走は地方交流jpn3のクイーン賞に出走し13着惨敗。ダートに活路を見出

そうとしたのでしょうが、ダートは不向きと判断し、芝路線へ再度シフトチャンジ。






追い切りに騎乗した蛯名騎手は「イケル」と判断し、ホエールキャプチャは阪神牝馬Sへ出走することにな

ったようです。





エーシントップは、NHKマイルでは自分の手に戻って来るので、心おきなく騎乗出来るでしょうし無理は

しないのでは。







戸崎騎手もJRAへの移籍が決まった段階でゴットフリートとアイムユアーズの依頼があったようですが、

両馬ともノーザンファームの生産ということで、揉めることなく続けて騎乗が可能なゴットフリートに決

定。






池添騎手のサウンドオブハートも注目です。




このレース後、深夜の飛行機でフランス遠征(凱旋門賞でオルフェーヴルに騎乗させてもらうためロンシャ

ン競馬場を経験)する予定の池添騎手。



フランス遠征直前にわざわざ騎乗するからには勝てる自信があるのではないでしょうか。





【阪神牝馬S】

近走重賞で着順の悪い実績馬より、前走オープンや1600万条件で調子の良い馬がけっこう来ます。

カラフルデイズ、イチオクノホシが狙い目。





◎12ハナズゴール
○16サウンドオブハート
▲8フミノイマージン
注1アイムユアーズ
△15イチオクノホシ
△13カラフルデイズ
△9シュプリームギフト




【3連単】フォメ
12→8、16→1、8、9、13、15、16(10点)

8、16→12→1、8、9、13、15、16(10点)

8、16→8、16→12(2点)







【ニュージーランドT】
◎15マンボネフュー
○13マイネルホウオウ
▲12エーシントップ
注1ゴットフリート
△4レッドアリオン
△5ガチバトル






【3連単】フォメ
15→1、12、13→1、4、5、12、13(12点)

1、12、13→15→1、4、5、12、13(12点)

1、12、13→1、2、13→15(6点)

[もっと見る]

アイムユアーズの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
5:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2012年1月17日(火) 20:55:40
12/11阪神JF
2着 アイムユアーズ I.メンディザバル騎手
「後ろからでは無理だと思い、前へ出していったのですが、自分からスピードに乗っていってくれました。その後は前にカベを作って走らせました。4コーナーで早めに動いたのですが、一番警戒していた馬に勝たれてしまいました。今日は勝った馬が強かったということでしょう」
4:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2011年11月5日() 18:58:30
11/5ファンタジーS
1着 アイムユアーズ(メンディザバル騎手)
「自分にとってとても重要な勝利です。ワールドスーパージョッキーズシリーズで勝利を挙げることが出来ず、今回の来日で初勝利を重賞レースで挙げられてとても嬉しいです。この馬には初騎乗でしたが、DVDで研究していました。とてもイージーに乗れました。それで勝てたのですから、強い馬だと思います」
3:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2011年11月5日() 11:41:48
8/7函館2歳S
古川吉騎手(アイムユアーズ2着)
「勝った馬は強かったし、仕方がないね。本当は勝ち馬のすぐ後ろに付けたかったが、外枠で内に入れることができなかった。それでも大外から勝負にいって2着にくるんだから立派。力がある馬だよ」

⇒もっと見る

アイムユアーズの写真

アイムユアーズ

アイムユアーズの厩舎情報 VIP

2013年8月18日札幌記念 G24着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アイムユアーズの取材メモ VIP

2013年8月18日 札幌記念 G2 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。