ノストラダムス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ノストラダムス
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2015年1月30日生
調教師鈴木孝志(栗東)
馬主岡 浩二
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 7戦[1-2-3-1]
総賞金1,940万円
収得賞金400万円
英字表記Nostradamus
血統 ハービンジャー
血統 ][ 産駒 ]
Dansili
Penang Pearl
ソムニア
血統 ][ 産駒 ]
スペシャルウィーク
ドリームスケイプ
兄弟
前走 2018/03/24 毎日杯 G3
次走 2018/04/28 テレビ東京杯青葉賞 G2

ノストラダムスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/03/24 阪神 11 毎日杯 G3 芝1800 102252.984** 牡3 56.0 和田竜二鈴木孝志492(-8)1.46.9 0.434.0⑦⑦ブラストワンピース
18/01/28 京都 5 3歳未勝利 芝2200 167142.421** 牡3 56.0 和田竜二鈴木孝志500(+2)2.16.2 -0.236.3⑭⑮マサハヤニース
18/01/06 京都 5 3歳未勝利 芝2200 13443.022** 牡3 56.0 池添謙一鈴木孝志498(+4)2.15.9 0.335.5⑨⑨ユーキャンスマイル
17/12/17 阪神 4 2歳未勝利 芝2000 13452.823** 牡2 55.0 和田竜二鈴木孝志494(-6)2.02.6 0.334.9⑬⑬⑪⑩シャフトオブライト
17/11/26 京都 3 2歳未勝利 芝2000 18243.923** 牡2 55.0 和田竜二鈴木孝志500(+12)2.03.4 0.434.8⑮⑮⑮⑫ドミナートゥス
17/08/12 札幌 2 2歳未勝利 芝1800 9773.023** 牡2 54.0 蛯名正義鈴木孝志488(-8)1.53.2 0.437.6サダムラピュタ
17/07/23 函館 5 2歳新馬 芝1800 9666.822** 牡2 54.0 池添謙一鈴木孝志496(--)1.51.2 0.135.7④④④シスターフラッグ

ノストラダムスの関連ニュース

【青葉賞】厩舎の話NEW!

2018年4月26日(木) 11:12

 エタリオウ・友道調教師「予定どおりの追い切り。うまく噛み合えば」

 オブセッション・藤沢和調教師「実戦では走る。東京で仕切り直し」

 カフジバンガード・古川騎手「いい動き。この距離もこなせそう」

 クレディブル・萩原調教師「動きはいいし、前回と変わりない状態」

 ゴーフォザサミット・蛯名騎手「いい手応え。ダービーの権利を」

 サトノソルタス・森助手「いい動き。競馬でも注文はつかない」

 シルヴァンシャー・池江調教師「脚取りは良かった。折り合えるはず」

 スズカテイオー・橋田調教師「動きは良化。体も締まってきている」

 スーパーフェザー・友道調教師「いい決め脚がある。初の左回りでも」

 ダノンマジェスティ・音無調教師「能力は高い。折り合いがつけば」

 ダブルフラット・辻野助手「スタミナはある。前々で運びたい」

 ディープインラヴ・安藤助手「追い切りでは遅れたが、状態面はいい」

 テトラルキア・大和田調教師「初戦(14着)以来の芝で適性を見たい」

 トラストケンシン・高橋文調教師「前走は距離不足。テンション次第」

 ノストラダムス・鈴木孝調教師「折り合いはついた。広いコースなら」

 ミッキーポジション・菊沢調教師「調整は順調。スタミナも大丈夫」

 モンテグロッソ・北村宏騎手「モタれるが、東京の2400メートルはいい」

 ユウセイフラッシュ・戸田調教師「状態はいい。落ち着きが増した」



(夕刊フジ)



★青葉賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【青葉賞】追って一言NEW!2018年4月26日(木) 05:03

 ◆エタリオウ・友道師 「予定通り。レースでいろいろなことがうまくかみ合えば」

 ◆オブセッション・藤沢和師 「調教では渋いけど、レースに行けば走ってくれる。東京向きだし、仕切り直し」

 ◆カフジバンガード・古川騎手 「ラストを少し強く乗ったが、いい動き。距離もこなせそう」



 ◆ゴーフォザサミット・蛯名騎手 「いい手応えで回ってこられた。ダービーの権利(2着以内)を取りたい」

 ◆シルヴァンシャー・池江師 「後半の馬場にしては脚取りが良かった。折り合いも問題はなさそう」

 ◆スズカテイオー・橋田師 「動きが良くなって、体も締まってきた」

 ◆ダノンマジェスティ・音無師 「調教では真っすぐに走っていた。能力は高いので、実戦でも折り合いがつけば」



 ◆ダブルフラット・辻野助手 「使ってきているのでサラッと前々で運びたい」

 ◆ディープインラヴ・安藤助手 「先行馬をつかまえられなかったが、状態面はいい」

 ◆ノストラダムス・鈴木孝師 「調教では折り合いがついた。広いコースで持ち味が生きれば」

 ◆モンテグロッソ・北村宏騎手 「コンディションは維持。東京芝2400メートルはこの馬にとって頑張れる条件だと思う」



★青葉賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【テレビ東京杯青葉賞】特別登録馬2018年4月22日() 17:30

[もっと見る]

【3歳次走報】アドマイヤアルバ、京都新聞杯へ 2018年4月13日(金) 05:01

 ★7日の阪神500万下(芝1600メートル)を勝ったアドマイヤアルバ(栗・須貝、牡)、山吹賞で2勝目を挙げたレイエスブランドル(栗・吉田、牡)は、ともに京都新聞杯(5月5日、京都、GII、芝2200メートル)へ向かう。

 ★毎日杯4着ノストラダムス(栗・鈴木孝、牡)は、青葉賞(28日、東京、GII、芝2400メートル)。アザレア賞1着のスーパーフェザー(栗・友道、牡)、僚馬でゆきやなぎ賞2着のエタリオウ(牡)も青葉賞を予定。

 ★忘れな草賞4着ソシアルクラブ(栗・池添学、牝)は、矢車賞(28日、京都、500万下、芝2200メートル)を視野。

 ★伏竜S3着コマビショウ(栗・南井、牡)は、兵庫CS(5月3日、園田、交流GII、ダ1870メートル)。

 ★3月25日に中山の500万下(芝1800メートル)を勝ったロードライト(美・手塚、牝)は、ラジオNIKKEI賞(7月1日、福島、GIII、芝1800メートル)へ。

 ★ひめさゆり賞2着トーセンクリーガー(美・小野、牡)は、プリンシパルS(5月5日、東京、OP、芝2000メートル)を視野。

 ★7日の阪神500万下(ダ1400メートル)を勝ったシヴァージ(栗・野中、牡)は、ユニコーンS(6月17日、東京、GIII、ダ1600メートル)。

 

[もっと見る]

【毎日杯】ブラスト無傷3連勝!ダービー直行 2018年3月25日() 04:03

 第65回毎日杯(24日、阪神11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝・外1800メートル、1着本賞金3800万円=出走10頭)池添謙一騎乗で1番人気の関東馬ブラストワンピースが、2番手追走から直線でインを伸びて快勝。無傷の3連勝で重賞初勝利を飾った。タイム1分46秒5(良)。この後はダービー(5月27日、東京、GI、芝2400メートル)に直行する。2馬身差の2着が2番人気のギベオンだった。

 底知れない強さで夢舞台への扉をこじ開けた。関東馬ブラストワンピースが、無傷のV3で重賞初制覇。素質にほれ込む池添騎手も興奮を抑えきれない口ぶりだ。

 「この距離(1800メートル)に替わって、テーマを持って臨んだレースでした。いいところで競馬ができたし、折り合いもしっかりついて、内容、結果ともに満点だったと思います」

 最内枠からスッと2番手をキープ。スムーズに折り合い、抜群の手応えで直線に向いた。内回りコースとの合流地点で内ラチに接触するアクシデントがあったが、ものともせずに伸びて2馬身差の快勝だ。大竹調教師も「狭くなって普通なら下がるところを、ラチまで吹っ飛ばすような勢いで飛び出てきた。力がありますね」と感心しきりだった。

 今後は予定通り皐月賞は見送り、ダービーに直行する。指揮官は「3戦目でテンションが高くなっていたし、次の舞台はさらにお客さんも多いので」と課題も口にするが「3戦とも馬群を割ってくる競馬で、レースの厳しさを教えたうえで勝ってくれている」と底知れぬ可能性を感じ取る。

 ダノンプレミアム一色ムードの牡馬クラシック戦線に現れた新星ブラストワンピース。一世一代の夢舞台で、無敗の戴冠を目指す。 (斉藤弘樹)

ブラストワンピース 父ハービンジャー、母ツルマルワンピース、母の父キングカメハメハ。鹿毛の牡3歳。美浦・大竹正博厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)シルクレーシング。戦績3戦3勝。獲得賞金5568万6000円。重賞初勝利。毎日杯大竹正博調教師、池添謙一騎手ともに初勝利。馬名は「突風+母名の一部」。

 ◆バルジュー騎手(ギベオン2着) 「中団で馬の後ろにつけるとリラックスして走れていた。いい脚を使っているが、まだこれからの馬。経験を積んでいけば」=次走は未定

 ◆岩田騎手(インディチャンプ3着) 「最初にむきになってしまった。馬の後ろに入れると折り合いはついて、いい脚で来ているんですけどね」

 ◆和田騎手(ノストラダムス4着) 「進境はあった。今後、距離が延びると折り合いが課題になる」

 ◆酒井騎手(ウォーターパルフェ5着) 「いいペースで運べた。直線もジリジリと頑張っていた」

 ◆武豊騎手(ユーキャンスマイル6着) 「道中はいい感じ。もたれる面もましだった。最後は現時点での決め手の差かな」

 ◆川田騎手(シャルドネゴールド7着) 「スムーズで、直線は抜け出すだけだと思ったんですが、周りを気にして伸びきれませんでした」

 ◆浜中騎手(アルムフォルツァ8着) 「重賞で相手も強かった。これからキャリアを積めば」



 

★24日阪神11R「毎日杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【毎日杯】ノストラダムスは4着 和田騎手「距離が延びると折り合いが課題に」2018年3月24日() 19:03

 3月24日の阪神11Rで行われた第65回毎日杯(3歳オープン、GIII、芝・外1800メートル、別定、10頭立て、1着賞金=3800万円)は、池添謙一騎手騎乗の1番人気ブラストワンピース(牡、美浦・大竹正博厩舎)が無傷の3連勝で重賞初制覇。タイムは1分46秒5(良)。



 和田竜二騎手騎乗の8番人気ノストラダムスは4着だった。



 和田竜二騎手「いい位置で運べました。今後、距離が延びると折り合いが課題になる」



★【毎日杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ノストラダムスの関連コラム

閲覧 543ビュー コメント 0 ナイス 1



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週の掲載は、天王山ステークス、青葉賞、端午ステークス、谷川岳ステークス、スイートピーステークス、天皇賞(春)の6レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2018年04月28日(土) 京都11R 天王山ステークス
【“前年か同年、かつJRA、かつ重賞かオープン特別のレース”における連対経験の有無別成績(2014年以降)】
●あり [4-4-2-21](複勝率32.3%)
●なし [0-0-2-28](複勝率6.7%)
→近走成績を素直に評価したい一戦。なお、前走の馬体重が490㎏未満だった馬は2014年以降[1-0-0-22](複勝率4.3%)と苦戦していました。


▼2018年04月28日(土) 東京11R テレビ東京杯青葉賞
【“JRA、かつ2200m以上のレース”における連対経験の有無別成績(2012年以降)】
●あり [4-5-6-25](複勝率37.5%)
●なし [2-1-0-53](複勝率5.4%)
→距離適性がポイント。特別登録を行った馬のうち“JRA、かつ2200m以上のレース”において連対経験があるのは、エタリオウスーパーフェザーダノンマジェスティダブルフラットディープインラヴトラストケンシンノストラダムスの7頭だけです。


▼2018年04月29日(日) 京都10R 端午ステークス
【“JRA、かつ1400m以上のレース”における優勝経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [5-5-5-34](複勝率30.6%)
●なし [0-0-0-30](複勝率0.0%)
→こちらも距離適性を重視したいところ。また、出走数が4戦以下だった馬は2013年以降[0-0-1-15](複勝率6.3%)と人気を裏切りがちなので注意しましょう。

<<さらにプラス1!>>

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2018年4月25日(水) 13:40 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018青葉賞編
閲覧 406ビュー コメント 0 ナイス 5



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


【収得賞金順】

サトノソルタス(B)
登録していたスプリングSを回避してここまで待っての出走となるが、間隔を空けた分さすがに1週前追い切りの時点で良い時計は出ている。ただ終いの伸びは少し物足りないので、最終追い切りまでにどれだけ変わってこれるかだろう。

オブセッション(B)
前走時は2頭併せの追い切りが中心だったが、レース中に悪い面を見せてしまったためこの中間は3頭併せの追い切りに戻して調整されている。まだ舌を出しながら走っているのでそのあたりは気になる部分だが、動き自体は悪くなくしっかりレースに集中してくれれば前走のようなことはないだろう。ルメール騎手も天皇賞(春)では関東馬に騎乗予定とあって、この馬の最終追い切りにも乗るかもしれないので、その点にも注目。

カフジバンガード(B)
使い詰めできているが、2週前、1週前と坂路で好時計で先着。ただ、もともと時計は出るほうなので、良くなったというよりは調子落ちなくきている感じという見方。

クレディブル(C)
この中間もしっかり乗り込まれていて、決して目立つ時計が出ている訳ではないがこの馬としては、良くも悪くも変わらずといったところか。

ゴーフォザサミット(A)
叩き3戦目で、1週前追い切りでは鞍上の手綱が動くことなく3頭併せの内2頭よりも手応え良く伸びていて好感。

スーパーフェザー(A)
馬体を見ると大きくは見せないもののコンパクトにまとまっている感じで、良く見せる馬。走りも重心が低く追われてからグングン伸びてくるので小回りコースよりは広いコースで良さが出るタイプだろう。東京の長い直線はかなり向いていそう。1週前追い切りについても、3頭併せで長めから好時計が出ていており申し分ない。引き続き良い状態で出走してくるだろう。

ダノンマジェスティ(C)
しっかり走れば強いと思う。ただ素質はあるが難しいところもそれ以上にあって、まずそのしっかり走らせることが最も大変という馬。調教では時計の出るほうなのだが、1週前追い切りでは舌を出して併走馬に大きく遅れていた。あまり良い感じには見えない。

マイネルサリューエ(F)
前走後速い時計を出しておらずで、出走する感じではない。

ミッキーポジション(E)
ダートで2連勝の大型馬で、調教でもレースでも首の高い走りをする馬。芝に戻っても好走まではどうか。


以下、【10頭中9頭が出走可能】

エタリオウ(C)
3戦連続2着が続いていて、前走から間隔もあるので乗り込み量は豊富。時計的には普段よりかかっている感じなので、最終追い切りの動きを見てから判断したい一頭。

シルヴァンシャー(C)
休み明けの前走から今回も間隔を空けての出走。レースでは走りに力強さがなく、2400mの長い距離をしっかり走れそうな感じがまだない。脚質的にも長くいい脚を使うというよりは一瞬の脚を活かすタイプの馬なので、東京の長い直線もどうか。

スズカテイオー(B)
前走のパドックを見てもまだ腹回りに余裕がある感じだったが、レースでは勝ち馬からほとんど差のないレースをしていて馬体がもっと締まってくればまだまだ良くなりそう。1週前にも長めから併せて先着しているので良化はしていると思うが、上積みがあるかどうかまでは最終追い切りの動きを見て判断したい。

ダブルフラット(C)
デビュー戦からほとんどのレースで◎にしているくらい調教の内容が良かった馬だが、この中間は物足りない内容。使い詰めできているので、そのあたりが影響しているか。

ディープインラヴ(B)
調教に関しては、坂路で追ったりCWで追ったりとまだこれといったパターンはないが、1週前追い切りでは天皇賞(春)に出走予定のチェスナットコートと併せて良い時計が出ていて悪くはない。前走を圧勝しているので、最終追い切りではどんな動きをするか注目している。

テトラルキア(D)
1週前には芝で追い切られて先着しているが、調教全般を見ても芝で好走するような時計は出ていないのでここでは厳しそう。

トラストケンシン(B)
東京芝2400mでの勝ち鞍があり、前走の弥生賞でも上がりはワグネリアンに次ぐ34.0秒をマークと能力は秘めている馬。ただパドックではうるさいところがあり、加えてこの中間も坂路で速い時計が2本のみと乗り込み量が少ない点は気になる。

ノストラダムス(B)
この中間は2週前、1週前とCWを長めから追い切られていて1週前追い切りでは和田騎手騎乗で好時計。時計的には前走並みかそれ以上なので最終追い切りにも注目したい。

モンテグロッソ(D)
前走が未勝利勝ちでこの中間は乗り込み量が少なく、特に目立つ時計なし。

ユウセイフラッシュ(B)
前走は1番人気の2着馬を終始マークするような位置取りで運び、ゴール前ではキッチリ差し切って勝利。パドックでも良く見えたし、今回の1週前追い切りでもジョッキー騎乗で併せて先着と、引き続き出来は良さそう。



◇今週2本目は青葉賞編でした。
毎年この週は土曜日が青葉賞で日曜日が天皇賞(春)と豪華2本立てで行われています。ただどうしても、週半ばは天皇賞(春)の話題の方が多くを占めてしまい青葉賞は陰に隠れてしまっている感じがします。勝ち馬こそ出ていませんがここをステップにしてダービーで馬券に絡む馬は何頭も出ていて重要なレースではあることは間違いありませんし、このレースをしっかり予想しておくことは1ヶ月後の混戦ダービーの馬券を獲るための予想する側の“ステップ”としても非常に重要と考えています。人間の記憶というのは古いものほど薄れていくモノで、そうしないためにも重要なレースはその時その時しっかり予想していかなければとこれまでの経験で何度も感じてきていますので。そして、それがその先のレースでの的中に繋がってくれれば、これ以上嬉しいことはありませんしね。

ふ〜、それにしても今回はシューナカコラムも含めて全部で36頭とさすがに多かったですね。。。


それでは次回、NHKマイルC&京都新聞杯編(予定)でお会いしましょう。


青葉賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。

※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2017年7月3日(月) 12:00 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2017) ~第4回 未出走の有力馬をピックアップ~
閲覧 3,314ビュー コメント 0 ナイス 8

 本題へ入る前に、前シーズン「ウマニティPOG 2016」で生まれたウマニティPOG史上初の快挙を紹介したいと思います。達成したのは現在スペシャルワールドに所属しているえ~ちゃん。さん。5月28日の日本ダービー(3歳GⅠ・東京芝2400m)を仮想オーナー馬のレイデオロが制したことにより、「全GⅠ制覇」のレイを獲得した最初のユーザーとなりました。え~ちゃん。さんの仮想オーナー馬はこれまでに阪神ジュベナイルフィリーズ朝日杯フューチュリティステークスホープフルステークス桜花賞NHKマイルカップオークス日本ダービーで各1勝、皐月賞で2勝をマーク。サービス開始からわずか4シーズンのスピード達成です。

 各プレイヤーがこれまでに勝ったJRAの重賞は「POGスタンプ」の欄で確認できますから、この機会にぜひ皆さんもチェックしてみてください。ちなみに、私が獲得した達成スタンプは現在のところGⅢ×5、GⅡ×1、GⅠ×2の計8個。「ウマニティPOG 2014」のスペシャルワールドで優勝、GⅠも計4勝(NHKマイルカップオークスを各2勝)と我ながら決して悪くない成績だと思うのですが、この「POGスタンプ」に関してはほとんど埋められていません。そもそも、この「POGスタンプ」を知った時点では「ずいぶんとまた気の長い表彰システムだなぁ」「10年目くらいまでには達成者が現れるんだろうか」みたいなことを思っていましたからね(笑)。空前にしておそらく絶後の記録達成、本当におめでとうございます。

 5シーズン目となる「ウマニティPOG 2017」は開幕から一か月が経過。既にJRAだけでも389頭の2歳馬がデビューを果たし、各ワールドのランキングにも少しずつ動きが出てきました。7月23日には函館2歳ステークス(2歳GⅢ・函館芝1200m)が行われ、世代最初のJRA重賞ウイナーが誕生する予定です。

 既に仮想オーナー枠を使い切り、あとは見守るだけという方もいるはずですが、参加しているプレイヤーの大半は今後の入札がポイントと考えているはず。実際、仮想オーナー募集枠の開放スケジュールに合わせて有力馬を指名することができれば、将来的に優勝争いへ食い込むことも十分可能だと思います。そこで今回は、デビュー間近と思われる馬、すなわち現時点で未出走、かつ東西のトレーニングセンターに入厩している馬の中から、有力と思しき馬をまとめてみました。

 本稿を制作するにあたり、私はまずJRA-VANのデータから「7月3日の時点で入厩している未出走の2歳馬」「東西のトレーニングセンターで坂路調教を行った未出走の2歳馬(競走馬として未登録の馬を含む。ただし7月3日時点で抹消済み、もしくは不在厩とされている馬を除く)」を抽出。今回はその中から注目すべきファクターごとに該当馬をご紹介しましょう。それぞれの一覧には重複もありますがご了承ください。

 まずは「注目POG馬ランキング(2017/07/03 00:00更新)」で100位以内に入っていた該当馬から。末尾に付記したのは「注目POG馬ランキング(2017/07/03 00:00更新)」の順位、並び順は父名順→母名順です。

イッツパーフェクト(牡/父Frankel×母パーフェクトトリビュート) ※75位
シグナライズ(牝/父Frankel×母ワイルドココ) ※72位
プリュス(牝/父ヴィクトワールピサ×母サラフィナ) ※47位
ローザフェリーチェ(牝/父エンパイアメーカー×母ローズバド) ※82位
レイエンダ(牡/父キングカメハメハ×母ラドラーダ) ※5位
ジェネラーレウーノ(牡/父スクリーンヒーロー×母シャンハイロック) ※36位
スヴァルナ(牡/父ステイゴールド×母ブルーミングアレー) ※79位
ゴールドフラッグ(牡/父ステイゴールド×母ポイントフラッグ) ※55位
グランデウィーク(牡/父スペシャルウィーク×母プロフェシーライツ) ※85位
ダノンポピー(牝/父ダイワメジャー×母マネーキャントバイミーラヴ) ※44位
ガールズバンド(牝/父ディープインパクト×母エレクトラレーン) ※76位
フォックスクリーク(牡/父ディープインパクト×母クロウキャニオン) ※69位
ヘンリーバローズ(牡/父ディープインパクト×母シルヴァースカヤ) ※11位
スターリーステージ(牝/父ディープインパクト×母スターアイル) ※1位
グレートウォリアー(牡/父ディープインパクト×母プラウドスペル) ※4位
ワグネリアン(牡/父ディープインパクト×母ミスアンコール) ※62位
アドマイヤデジタル(牡/父ノヴェリスト×母フサイチエアデール) ※63位
パスティス(牡/父ハーツクライ×母ハヤランダ) ※49位
グラマラスライフ(牝/父ハーツクライ×母プリティカリーナ) ※40位
フラットレー(牡/父ハーツクライ×母リッチダンサー) ※3位
カレンシリエージョ(牝/父ハービンジャー×母ベルアリュール2) ※86位
ヴァルディノート(牡/父ヨハネスブルグ×母シシリアンブリーズ) ※80位
イダエンペラー(牡/父ルーラーシップ×母アドマイヤセラヴィ) ※74位
トゥザフロンティア(牡/父ロードカナロア×母トゥザヴィクトリー) ※9位

 余談ながら、昨シーズンはほぼ同様のルールで作成したこの一覧にソウルスターリングダンビュライトがいました。夏の2歳ステークスを目指すような馬だけでなく、来春のクラシック戦線から逆算してこの時期を選んだ馬もたくさんいるのでしょう。
 今シーズンは「注目POG馬ランキング」1位のスターリーステージ(スターアイルの2015)が該当。まだ具体的な出走予定は発表されていないようですが、早ければ夏季競馬のうちにデビューを果たすかもしれませんね。グレートウォリアー(プラウドスペルの2015)、レイエンダ(ラドラーダの2015)といった“超”のつく良血馬も入厩済みです。

 ここから先は、当コラムの今シーズン第1回「POG的データ分析」を参考に、有力と思われる馬を紹介していきます。
 種牡馬別成績でダントツの存在だったディープインパクトの産駒は下記の通りでした。

イルーシヴグレイス(牝/父ディープインパクト×母イルーシヴウェーヴ)
マイスターシャーレ(牡/父ディープインパクト×母ウィステリアアーチ)
ガールズバンド(牝/父ディープインパクト×母エレクトラレーン) ※76位
ウォルビスベイ(牡/父ディープインパクト×母オヴァンボクイーン)
プラーナ(牝/父ディープインパクト×母オウケンサクラ
ロードマドリード(牡/父ディープインパクト×母キャサリンオブアラゴン)
フォックスクリーク(牡/父ディープインパクト×母クロウキャニオン) ※69位
ダークナイトムーン(牡/父ディープインパクト×母サマーナイトシティ)
アンチェイン(牡/父ディープインパクト×母サムワントゥラブ)
グラウベン(牡/父ディープインパクト×母サンドリオン)
ヘンリーバローズ(牡/父ディープインパクト×母シルヴァースカヤ) ※11位
スターリーステージ(牝/父ディープインパクト×母スターアイル) ※1位
カーボナード(牡/父ディープインパクト×母ディアマンティナ)
ノーブルカリナン(牝/父ディープインパクト×母ノーブルジュエリー
グレートウォリアー(牡/父ディープインパクト×母プラウドスペル) ※4位
ミッキーマインド(牡/父ディープインパクト×母マイグッドネス)
ワグネリアン(牡/父ディープインパクト×母ミスアンコール) ※62位
エストスペリオル(牡/父ディープインパクト×母メイキアシー)
グローリーヴェイズ(牡/父ディープインパクト×母メジロツボネ)
レッドランディーニ(牝/父ディープインパクト×母レッドメデューサ)
オールフォーラヴ(牝/父ディープインパクト×母レディアルバローザ

 前出のスターリーステージグレートウォリアーに加え、ヘンリーバローズ(シルヴァースカヤの2015)も人気を集めていた一頭。現在開催中の3回中京でデビュー予定との報道もあり、今後はますます注目度がアップするでしょう。しかしその一方、いわゆる“POG本”などでそれほど大きく取り上げられていないディープインパクト産駒も多数いるので、このあたりから後の活躍馬がポンと出てくるかもしれません。

 生産者別成績で突出ぶりが目立ったノーザンファームの生産馬は67頭います。こちらも人気の盲点になっている馬がいそうですから、主要な種牡馬の産駒を中心にチェックしてみてください。

プリズマティコ(牝/父Medaglia d'Oro×母テルアケリー)
ディアブライド(牝/父ヴィクトワールピサ×母アルウェン)
アーデルワイゼ(牝/父エイシンフラッシュ×母アーデルハイト)
ムーランナヴァン(牝/父エイシンフラッシュ×母シュペトレーゼ)
サミットプッシュ(牡/父エイシンフラッシュ×母ブロードピーク)
カラレイア(牝/父エンパイアメーカー×母ベッラレイア
ローザフェリーチェ(牝/父エンパイアメーカー×母ローズバド) ※82位
アドマイヤツルギ(牡/父オルフェーヴル×母リュシオル)
ネイビーアッシュ(牝/父キングカメハメハ×母ダイヤモンドディーバ)
レイエンダ(牡/父キングカメハメハ×母ラドラーダ) ※5位
タムロリバティ(牝/父キンシャサノキセキ×母タイキポーラ
スズカクイーン(牝/父クロフネ×母エカルラート)
ベストヴォヤージュ(牝/父クロフネ×母シーズンズベスト)
イダペガサス(牡/父ゴールドアリュール×母カロンセギュール)
グーテンターク(牡/父ゴールドアリュール×母ジンジャーミスト)
メリッサーニ(牝/父ゴールドアリュール×母ダイワオンディーヌ)
サンドクイーン(牝/父ゴールドアリュール×母フィエラメンテ)
タイセイビスタ(牡/父シンボリクリスエス×母マハービスタ)
ディロス(牡/父ステイゴールド×母ラトーナ)
エバージャスティス(牡/父スマートファルコン×母カリズマティックゴールド)
レディバード(牝/父スマートファルコン×母シーズインポッシブル)
ヘッドストリーム(牡/父ダイワメジャー×母アシュレイリバー)
ガゼボ(牡/父ダイワメジャー×母アマルフィターナ)
メジャーレート(牡/父ダイワメジャー×母スルーレート)
ダノンポピー(牝/父ダイワメジャー×母マネーキャントバイミーラヴ) ※44位
パストゥレイユ(牝/父ダノンシャンティ×母カドリーユ)
イルーシヴグレイス(牝/父ディープインパクト×母イルーシヴウェーヴ)
フォックスクリーク(牡/父ディープインパクト×母クロウキャニオン) ※69位
ヘンリーバローズ(牡/父ディープインパクト×母シルヴァースカヤ) ※11位
スターリーステージ(牝/父ディープインパクト×母スターアイル) ※1位
グレートウォリアー(牡/父ディープインパクト×母プラウドスペル) ※4位
ワグネリアン(牡/父ディープインパクト×母ミスアンコール) ※62位
レッドランディーニ(牝/父ディープインパクト×母レッドメデューサ)
ハイヒール(牝/父トーセンホマレボシ×母ドリームスケイプ)
アイスフェアリー(牝/父ノヴェリスト×母アイスドール
アドマイヤデジタル(牡/父ノヴェリスト×母フサイチエアデール) ※63位
ギルトエッジ(牡/父ノヴェリスト×母ランズエッジ)
ミッキーアトアニ(牡/父ハーツクライ×母アトアニ)
パスティス(牡/父ハーツクライ×母ハヤランダ) ※49位
ハーツイグニション(牝/父ハーツクライ×母ビリーヴミー)
グラマラスライフ(牝/父ハーツクライ×母プリティカリーナ) ※40位
ローブレガリア(牝/父ハーツクライ×母ベルベットローブ)
フラットレー(牡/父ハーツクライ×母リッチダンサー) ※3位
アドマイヤテンプウ(牝/父ハービンジャー×母アステリオン)
ヴェロニカグレース(牝/父ハービンジャー×母エンジェルフォール)
オークヒルロッジ(牡/父ハービンジャー×母オークヒルパーク)
ノームコア(牝/父ハービンジャー×母クロノロジスト)
トーセンアルタイル(牡/父ハービンジャー×母ケアレスウィスパー)
アングレーム(牝/父ハービンジャー×母シャラントレディ)
ノストラダムス(牡/父ハービンジャー×母ソムニア)
カレンシリエージョ(牝/父ハービンジャー×母ベルアリュール2) ※86位
スールマカロン(牝/父ハービンジャー×母マカロンドナンシー)
レンブランサ(牝/父ヘニーヒューズ×母パシオンルージュ)
ドロップゴール(牡/父ヨハネスブルグ×母グローリアスデイズ)
ヴァルディノート(牡/父ヨハネスブルグ×母シシリアンブリーズ) ※80位
イダエンペラー(牡/父ルーラーシップ×母アドマイヤセラヴィ) ※74位
パイオニアバイオ(牝/父ルーラーシップ×母アニメイトバイオ
ミッキーパパイア(牝/父ルーラーシップ×母スターシンフォニー)
ハッピーオーキッド(牝/父ルーラーシップ×母ハッピーラン)
テトラドラクマ(牝/父ルーラーシップ×母リビングプルーフ)
ジャンティエス(牝/父ローエングリン×母アウトオブザウィム)
アンフィトリテ(牝/父ロードカナロア×母アドマイヤフッキー)
ヴェルスパー(牝/父ロードカナロア×母ヴェルザンディ)
トゥザフロンティア(牡/父ロードカナロア×母トゥザヴィクトリー) ※9位
ミッキーワイルド(牡/父ロードカナロア×母ワイルドラズベリー)
ワークジュニア(牡/父ワークフォース×母グランプリソフィ)
エンペラーズベスト(牡/父ワークフォース×母チャイナドール)

 調教師別成績の上位組では下記の馬たちが既に入厩していました。

藤沢和雄調教師>
タワーオブロンドン(牡/父Raven's Pass×母スノーパイン)
レイエンダ(牡/父キングカメハメハ×母ラドラーダ) ※5位
フラットレー(牡/父ハーツクライ×母リッチダンサー) ※3位
レッドオールデン(牡/父ルーラーシップ×母リーチフォーザムーン)

池江泰寿調教師>
スヴァルナ(牡/父ステイゴールド×母ブルーミングアレー) ※79位
トゥザフロンティア(牡/父ロードカナロア×母トゥザヴィクトリー) ※9位

堀宣行調教師>
エストスペリオル(牡/父ディープインパクト×母メイキアシー)

友道康夫調教師>
ワグネリアン(牡/父ディープインパクト×母ミスアンコール) ※62位
アドマイヤデジタル(牡/父ノヴェリスト×母フサイチエアデール) ※63位
アップファーレン(牝/父ハードスパン×母アブソリューション)
クアトレフォイル(牡/父ルーラーシップ×母シャムローグ)

角居勝彦調教師>
ロードマドリード(牡/父ディープインパクト×母キャサリンオブアラゴン)
ヘンリーバローズ(牡/父ディープインパクト×母シルヴァースカヤ) ※11位

矢作芳人調教師>
該当馬なし

 個人的にもっとも面白いと考えているのはこのカテゴリーに属する馬たち。アップファーレン(アブソリューションの2015)など注目度の低い馬もいますが、トップ厩舎の貴重な馬房を確保しているわけですから、一定以上の素質を秘めている可能性が高いと考えていいはずです。

[もっと見る]

ノストラダムスの口コミ


口コミ一覧
閲覧 148ビュー コメント 0 ナイス 9

青葉賞

エタリオウ 有力

オブセッション 気性面課題

カフジバンガード 頭打ち

クレディブル 速い足が?

ゴーフォザサミット 圏内か

サトノソルタス 有力

シルヴァンシャー 安定はして

スズカテイオー 安定はして

スーパーフェザー 圏内か

ダノンマジェスティ 再度

ダフルフラット 逃げて

ディープインラヴ 逃げてか?

テトラルキア ダートから

トラストケンシン 再度

ノストラダムス 圏内か

マイネルサリューエ ムラあり

ミッキーポジション ダートから

モンテグロッソ さて?

ユウセイフラッシュ 厳しい感も

 さんばそう 2018年4月23日(月) 10:14
テレビ東京杯青葉賞 線香予想? 
閲覧 128ビュー コメント 0 ナイス 4

◎ ノストラダムス
〇 オブセッション
▲ サトノソルタス
△ ダブルフラット
× エタリオウ
☆ トラストケンシン
_ ディープインラヴ

[もっと見る]

 ☆コノホシカツ☆ 2018年3月27日(火) 17:56
大阪杯(G1)ダービー卿CT(G3)出目
閲覧 256ビュー コメント 0 ナイス 3

2018年4月1日(日)2回阪神4日
☆三碧大安『吉数』枠番1・3・6馬番1・3・6・9・11・13・16
11R(15:40)芝2000
第62回大阪杯(G1)
【時系列出目】
▼枠番
★1
☆6
▼馬番
★2
【demedas】
▼枠番
★1
☆2
*3
▼馬番
★1
☆2
*3


2018年3月31日(土)3回中山3日
☆二黒仏滅『吉数』枠番2・5・8馬番2・5・8・12・15・18
11R(15:45)芝1600
第50回ダービー卿CT(G3)ハンデ
【時系列出目】
▼枠番
★3
☆8
*7
▼馬番
★該当なし
【時系列出目】
▼枠番
★6
☆2
*7
*8
▼馬番
★8
☆2
*9


先週の重賞(出目)結果
高松宮記念
【時系列出目】
▼枠番・馬番該当なし
【demedas】
▼枠番
★1リエノテソーロ
☆6ダンスディレクター
*8キングハート
*4ナックビーナス◆3着
▼馬番
★1セイウンコウセイ
☆12ネロ
*18ラインスピリット
*8レッツゴードンキ◆2着


マーチS
【時系列出目】
▼枠番
★7ハイランドピーク(同枠クインズサターン◆2着)
【demedas】
▼枠番
★3サクラコール
☆8ロンドンタウン
*4センチュリオン◆1着
*6メイショウウタゲ
▼馬番
★3サンマルデューク
☆12アルタイル
*4ロワジャルダン◆3着
*7ディアデルレイ


日経賞
【時系列出目】
▼枠番
★5ゼーヴィント
▼馬番
★8キセキ
【demedas】
▼枠番
★6サクラアンプルール◆3着
☆5ゼーヴィント
*2ショウナンバッハ
*5サイモントルナーレ
▼馬番
★12ガンコ◆1着
☆10ピンポン
*3チェスナットコート◆2着
*5ナスノセイカン


毎日杯
【時系列出目】
▼枠番
該当なし
▼馬番
★6ウォーターパルフェ
【demedas】
▼枠番
★2ノストラダムス
☆4シャルドネゴールド
*6ウォーターパルフェ
*7ユーキャンスマイル
▼馬番
★4シャルドネゴールド
☆8テイエムディラン
*11---(10頭立て)
*13---
◆人気上位3頭で決着

[もっと見る]

⇒もっと見る

ノストラダムスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ノストラダムスの写真

ノストラダムス

ノストラダムスの厩舎情報 VIP

2018年3月24日毎日杯 G34着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ノストラダムスの取材メモ VIP

2018年3月24日 毎日杯 G3 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。