注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ゴッドカリビアン(競走馬)

注目ホース
写真一覧
現役 牝4 鹿毛 2013年4月28日生
調教師角田晃一(栗東)
馬主中西 憲治
生産者森永 聡
生産地新冠町
戦績12戦[1-1-0-10]
総賞金1,153万円
収得賞金400万円
英字表記God Caribbean
血統 ベーカバド
血統 ][ 産駒 ]
Cape Cross
Behkara
オメガカリビアン
血統 ][ 産駒 ]
フレンチデピュティ
ゴッドインチーフ
兄弟 レディカリビアンオヤコダカ
前走 2017/02/18 4歳以上500万下
次走予定

ゴッドカリビアンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/02/18 小倉 6 4歳以上500万下 ダ1700 16365.9312** 牝4 54.0 幸英明角田晃一444(-4)1.48.4 1.438.3⑫⑪⑩⑧ノーブルスノー
17/01/28 中京 12 鞍ケ池特別 500万下 芝1600 136863.21010** 牝4 54.0 鮫島良太角田晃一448(-4)1.34.8 0.534.0⑬⑬⑫オンザロックス
16/11/26 京都 7 3歳以上500万下 芝1800 18714151.11514** 牝3 53.0 松若風馬角田晃一452(+18)1.49.2 1.234.7⑬⑪アナザープラネット
16/05/21 京都 9 メルボルンT 500万下 芝2200 1066117.31010** 牝3 54.0 松若風馬角田晃一434(+4)2.16.4 2.536.7⑨⑨⑤⑥ロードヴァンドール
16/04/10 阪神 9 忘れな草賞 OP 芝2000 1181146.699** 牝3 54.0 秋山真一角田晃一430(-6)2.04.5 1.234.5⑤⑤⑤⑦ロッテンマイヤー
16/03/21 中山 11 フラワーC G3 芝1800 1681542.31214** 牝3 54.0 鮫島良太角田晃一436(0)1.50.3 1.035.3⑮⑮⑭⑭エンジェルフェイス
16/01/16 中山 9 菜の花賞 500万下 芝1600 15346.335** 牝3 54.0 津村明秀角田晃一436(-2)1.35.0 0.534.8⑩⑩⑦エクラミレネール
15/12/13 中京 10 こうやまき賞 500万下 芝1600 12797.842** 牝2 54.0 鮫島良太角田晃一438(+10)1.35.5 0.035.7⑨⑨⑨マディディ
15/10/10 東京 11 サウジRC G 芝1600 125580.199** 牝2 54.0 秋山真一角田晃一428(0)1.35.1 0.933.3⑪⑪ブレイブスマッシュ
15/09/13 阪神 2 2歳未勝利 芝1600 117820.351** 牝2 54.0 秋山真一角田晃一428(-2)1.35.2 -0.134.6⑥⑦カープストリーマー
15/08/22 小倉 1 2歳未勝利 芝1800 121128.354** 牝2 54.0 藤岡佑介角田晃一430(-12)1.50.1 0.735.6⑪⑪⑨⑤クライシス
15/06/28 阪神 5 2歳新馬 芝1800 94428.085** 牝2 54.0 藤岡佑介角田晃一442(--)1.52.0 2.038.3⑧⑧ポルトフォイユ

ゴッドカリビアンの関連ニュース

 ◆秋山騎手(ウインクルサルーテ3着) 「最後はいい伸びを見せてくれたが、(2着以内で)賞金を加算したかっただけに残念。これぐらいは走れる馬だよ」

 ◆シュタルケ騎手(ギモーヴ4着) 「1800メートルの流れでは脚がたまるところがなかった。2000メートル以上の馬だね」

 ◆蛯名騎手(エテルナミノル5着) 「初芝でもスムーズに競馬できた。最後は(直線の)坂で止まったけど、キャリアも浅いし、これからよくなるよ」

 ◆池添騎手(アオイサンシャイン6着) 「逃げ馬の後ろでいい感じで進めた。これから力をつけてくれば…」

 ◆武士沢騎手(ラブリーアモン7着) 「内枠で遅い流れでは仕方ない。最後はよく詰めている」

 ◆岩田騎手(ルフォール8着) 「どんな競馬でもできると思って、型にはめずに競馬したのが裏目に出た」

 ◆武豊騎手(ラルク10着) 「スムーズなレースはできたが、能力を出し切れていない」

 ◆戸崎騎手(フェイズベロシティ11着) 「前残りの展開で、後ろからの競馬ではきつかった」

 ◆内田騎手(ヴィブロス12着) 「思った以上にペースが上がらなかった」

 ◆江田照騎手(フジマサアクトレス13着) 「折り合い重視でリラックスして走らせた。もう少し伸びてもよさそうだったが、距離なのかな」

 ◆鮫島良騎手(ゴッドカリビアン14着) 「馬場が思った以上に重くて、いつもの行きっぷりではなかった」

 ◆柴田大騎手(ペルソナリテ15着) 「4コーナーで外に張られた」

 ◆黛騎手(カジノクイーン16着) 「外枠で終始、外を回らされた」

★21日中山11R「フラワーカップ」の着順&払戻金はこちら

【フラワーC】うまやの話2016年03月21日(月) 05:03

〔1〕ラブリーアモン・谷原助手「距離延長はプラス。あとはもう少し流れに乗って競馬ができれば」

〔2〕フェイズベロシティ萩原清師「いい素質がある馬。好レースを期待」

〔3〕ゲッカコウ・高橋博師「前走は自分から動きやすい外枠でレースがしやすかった。同じように運べるかが鍵になりそう」

〔4〕アオイサンシャイン・土谷助手「上積みは大。中山も合うはず。重賞でも力は足りると思う」

〔5〕ギモーヴ池添学師「仕上がりは上々。輸送、環境の変化にも対応して力を発揮してほしい」

〔6〕ヴィブロス・友道康師「千八で勝っている馬だし、当日そう体が減っていなければ、勝負になると思う」

〔7〕ラルク・松永幹師「周りを気にする面があるようなので、ブリンカー着用」

〔8〕ルフォール・渡邉助手「デキは変らずいい。1ハロン延長もプラス」

〔9〕エンジェルフェイス・田代助手「素質はある。初の長距離輸送だが、今後のためにもクリアしてほしい」

〔10〕ウインクルサルーテ・喜多助手「距離短縮、牝馬限定戦でどこまで…」

〔11〕エテルナミノル・飯村助手「芝も大丈夫だと思う。心肺機能の高い馬。ここでもいい走りを期待」

〔12〕ペルソナリテ相沢郁師「状態はいいし、落ち着きもある。うまく脚をためれば、千八も問題ない」

〔13〕アオイプリンセス・大久保龍師「前走は気難しい面が出たのかな。動きはいいし、見直したい」

〔14〕カジノクイーン・中野栄師「決め手勝負になると分が悪い。緩い馬場で少しでも時計がかかってほしい」

〔15〕ゴッドカリビアン・角田晃師「距離延長はプラス。長くいい脚を使える持ち味を生かせる展開になれば」

〔16〕フジマサアクトレス・菊川正師「ペースが流れて折り合えれば通用していい」

★フラワーCの出馬表はこちら

[もっと見る]

【フラワーS】夕刊フジ・調教チェッカーズ 2016年03月20日() 11:40

 日曜日に新聞を出すのは超イレギュラー。ここはスタッフみんなで円陣を組んで…、あっ、声出し禁止でしたね。

 1番手はラブリーアモン

 攻め駆けするタイプとあって、今回も向正面からツル首にしてすごい気合乗り。それでも鞍上とのコンタクトに問題はなく、3頭併せの直線でも引っ張り切りの手応えでしっかり伸びてきた。動きの躍動感も目を引き、好調キープ。

 ゴッドカリビアンはひと息入れてパワーアップなったか、坂路4F51秒8を馬なりであっさりとマーク。走りに横ブレもなく、脚力はなかなかのもの。

 エンジェルフェイスは3歳新馬相手の併せ馬。1馬身先着は当然だが、走りのタッチが軽く、なるほど良血馬といった雰囲気。ややテンションが高めだけに、長距離輸送の克服がポイントになりそうだ。

(夕刊フジ

★フラワーCの出馬表はこちら

[もっと見る]

【フラワーC】厩舎の話2016年03月18日(金) 05:03

 ◆アオイサンシャイン・土谷助手 「重めだった前走でも勝ち、今回はさらにいい状態」

 ◆アオイプリンセス・大久保師 「力を出し切れれば」

 ◆ヴィブロス・友道師 「距離が延びるのはいい」

 ◆エンジェルフェイス・田代助手 「中2週でも元気。あとは長距離輸送の克服」

 ◆カジノクイーン・中野師 「具合はいいし、芝も問題ない」

 ◆ギモーヴ池添学師 「相手なりに走れる能力もあります」

 ◆ゲッカコウ・高橋博師 「中2週で速い時計はいらない。操縦性が高くコースは問題ない」

 ◆ゴッドカリビアン・白坂助手 「攻めは今までで一番ぐらいの好時計」

 ◆フジマサアクトレス・江田照騎手 「背中がよくて、いい走り」

 ◆ペルソナリテ・相沢師 「前走は相手も悪く、参考外。中山の千八も問題ない」

 ◆ラブリーアモン・谷原師 「ここ1本に絞ってやってきた。最近の2戦は不利が…」

 ◆ラルク・松永幹師 「ゆったりと運べる距離の方がよさそう」

 ◆ルフォール・渡邉助手 「休み明けを使って動きや反応は良くなっている」

[もっと見る]

【こうやまき賞】5番人気マディディがハナ差でV 2015年12月13日() 15:04

 13日の中京10Rこうやまき賞(2歳500万下、芝1600メートル)は、松若風馬騎手騎乗の5番人気マディディ(牡、栗東・友道康夫厩舎)がハナ差の競り合いを制してV。オープン入りを決めた。タイムは1分35秒5(良)。

 スタート直後は5頭が雁行状態で先行したが、ペイシャフェリシタクラシックリディアが互いに譲らず、この2頭が馬群を引っ張る形。3番手にリッジマンが控え、その後ろにクライシスブルーオリエントと続いた。やや縦長の展開になったが、直線は大きく横に広がっての決め手争い。内で粘るダンツプリウスに、外からマディディゴッドカリビアンの2頭が襲いかかって接戦となったが、最後は外の2頭が抜け出して鼻面をそろえてのゴール。きわどい写真判定に持ち込まれたが、わずかにハナ差、マディディが先着した。2着は4番人気のゴッドカリビアン。さらにクビ差の3着が2番人気のダンツプリウスだった。

 マディディは、父Sct Daddy、母Antepova、母の父Stravinskyという血統。通算成績は6戦2勝となった。

 松若騎手は「馬場が悪いなか、終始、馬場のいいところを通れましたからね。まだ子供っぽいところがあるので、これから成長していってくれれば」と精神面の成長を今後の課題に挙げていた。

★13日中京10R「こうやまき賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【サウジRC】うまやの話2015年10月10日() 05:02

〔1〕トウショウドラフタ・松下助手「帰厩して日が浅く、今週のひと追いでどこまでピリッとしてくれるかだろう」

〔2〕アポロジョージア・尾形和師「初戦はレースセンスの良さを見せた。相手は強くなるが、状態の良さを生かしたい」

〔3〕リセエンヌ・佐藤助手「いい決め手を持っている。重賞でどこまでやれるか楽しみにしている」

〔4〕マコトルーメン・水野貴師「距離はマイル以上あった方がいい馬。開幕週だけに道中の位置取りが鍵」

〔5〕ゴッドカリビアン・角田晃師「跳びがきれいなので、開幕週の馬場はプラス。直線の長い東京も合う」

〔6〕ブレイブスマッシュ・小笠倫師「東京のマイルはぴったりだと思う。鞍上も手の内に入れてくれているはず。期待したい」

〔7〕クラウンスカイ・小野次師「良くなるのは先だが、現状の力でどこまでやれるか試金石」

〔8〕コスモプロテア・高橋博師「一気に相手は強くなるが、上積みがあるし、センスがいいからコース替わりも大丈夫だと思う」

〔9〕ハレルヤボーイ・田村康師「前走は次元の違う脚を見せてくれた。折り合い重視だが、力は出せれば通用していい」

〔10〕シトロン・田中清師「良馬場なら前走ぐらいはやれていい馬。前々でしぶとさを生かせれば」

〔11〕アストラエンブレム・小島茂師「今週の動きは少しもたもたしていたが、これで変わるはず」

〔12〕イモータル・須貝尚師「ここを目標にきっちりと仕上がった。いい状態で競馬に臨めそう」

[もっと見る]

⇒もっと見る

ゴッドカリビアンの関連コラム

閲覧 720ビュー コメント 0 ナイス 4

みなさんこんにちは!

本日は中山11R「フラワーカップ G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、ペルソナリテから1.0ポイント差(約1馬身差)内のラルクゲッカコウウインクルサルーテまで4頭。
第2グループ(黄)は、ラブリーアモンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のルフォールエンジェルフェイスまで3頭。
第3グループ(薄黄)は、ゴッドカリビアンから同差内のヴィブロスフジマサアクトレスまでの3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

当初から1勝馬中心の混戦メンバーと言われていた通り、この凄馬出馬表にも上位にはほとんど大きな開きが見られない3歳牝馬同士による争い。13位までが約5ポイント差ということで、この時期の3歳馬であればこのあたりの差は十分にひっくり返せるものと思って、上昇余地に目を向けたほうが良さそうです。

今回の中心はその上昇余地に期待して◎アオイサンシャインとしたいと思います。今回唯一の「調教」「厩舎」評価W加点であること、前走+26キロでの楽勝といったあたりに上昇余地を見出したいと考えての本命です。
○は人気サイドですが、エンジェルフェイス。このレース自体「前走1着かつ当日単勝5倍未満」というシンプルな条件で絞るだけで、過去20年連続で好走していてトータルの複勝率も90%近いことからも期待。無難ですが軸としてどちらが向くかと言えばやはりこちらの方が上といった印象。
以下、▲ウインクルサルーテ、☆ラルク、△ギモーヴゲッカコウルフォールとします。
今回の私の馬券は◎の単複勝負の予定ですが、当コラム買い目としては◎の単勝と◎からの馬連&3連複としたいと思います。


【単勝】

4(1点)

【馬連流し】
◎=印
4=3,5,7,8,9,10(6点)

【3複流し】

◎=印=印
4=3,5,7,8,9,10=3,5,7,8,9,10(15点)


計22点


登録済みの方はこちらからログイン

2015年12月09日(水) 22:20 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第334話阪神JF(謎解き編)
閲覧 1,596ビュー コメント 0 ナイス 4

第334話 「阪神JF」


10年 35.8-25.4-34.5 =1.35.7 ▼10▼5△ 4 瞬発戦
11年 35.8-24.4-34.7 =1.34.9 ▼ 5▼7△10 瞬発戦
12年 34.1-23.7-36.4 =1.34.2 △ 3▼7△ 8 瞬発戦
13年 34.2-24.2-35.5 =1.33.9 ▼ 4▼1△ 6 平坦戦
14年 35.0-24.2-35.2 =1.34.4 ▼ 6△1△ 8 瞬発戦

瞬発戦になりやすいコースではありますが過去5年のラップを詳細に見てみると結構差があることが分かります。
前半スローの上り勝負だった10年11年、前半ハイペースだった12年13年、前後半バランスの取れた14年という感じでしょうか。
厳密に言えば12年と13年は若干違って12年はハイペースのため上りが36.4秒も掛かったタフな消耗戦テイストなレースで13年はハイペースにも関わらず上りを35.5秒でまとめるハイレベルなレース。
12年の勝ち馬ローブティサージュが古馬になってスプリント路線で活躍し13年の1&2着馬はそのまま3歳牝馬クラシックの主役を務めました。
どんな流れになろうとも「上り」が最重要ファクターということに変わりはなく
上り1位 3-1-0-2
上り2位 0-2-1-2
上り3位 2-0-1-2
となっていて最後の直線で速い脚を使える馬が馬券の半分以上を占めることになっています。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
レーヴディソール  【瞬2平0消0】▼ 5△1▼ 1 ▼ 7▼ 6▼1 
ジョワドヴィーヴル 【瞬1平0消0】▼ 6▼5▼ 6
ローブティサージュ 【瞬1平1消0】△ 6▼3△ 1 ▼ 4▼ 6▼4
レッドリヴェール  【瞬1平1消0】△ 2△3▼ 3 ▼12▼13△7
ショウナンアデラ  【瞬3平0消0】▼ 8▼5△ 6 ▼ 9▼ 4△3 ▼12▼10△13
2着馬
ホエールキャプチャ 【瞬2平1消0】▼ 4▼4△ 5 △ 1▼ 5△2 △ 7▼ 6△ 5
アイムユアーズ   【瞬1平2消0】± 0▼2△ 4 △ 7▼ 1△3 △ 5▼ 5△ 2
クロフネサプライズ 【瞬1平0消1】▼ 2▼7△ 5 △ 5△ 1△4
ハープスター    【瞬2平0消0】▼13▼6△15 ▼10△ 4△1
レッツゴードンキ  【瞬1平1消0】▼ 5▼5△ 5 ▼ 8▼ 3▼2

瞬発戦実績と連続加速実績は重要ファクターでしょう。
過去5年の連対馬ではアイムユアーズのみ連続加速実績がありませんでした。
阪神JFが外回りコースになってからファンタジーSの勝ち馬が連対したのはこのアイムユアーズだけで完成度と能力が一枚上だったということでしょう。
それでも1戦1勝のジョワドヴィーヴルに完敗だったのは適性の差だと思われます。

過去5年の連対馬10頭中8頭には「1600m以上のレースで上り2位以内で勝利」というレース実績がありました。
今年の登録馬では
アドマイヤリードウインファビラスウインミレーユクードラパンクロコスミアゴッドカリビアンシーブリーズラブジュエラーデンコウアンジュマシェリガールメジャーエンブレムレッドシルヴィ
の12頭が条件をクリアしています。
この12頭で
・前走の上り3位以内 5-4-3-39
・前走の着順3位以内 5-5-4-48
という条件で絞り込むと
アドマイヤリードウインミレーユクードラパンクロコスミアシーブリーズラブジュエラーデンコウアンジュ
の7頭となりました。
シーブリーズラブジュエラーの2頭は1勝馬なのでまずはゲートに入れるかどうかが最大の関門。

今年ははっきりいって低レベルというか小粒なメンバーという印象。
どの馬も一長一短。
ジュエラーが出走してくればここからと思っていましたが回避のようで…。
ここはアドマイヤリードに期待します。
小柄な馬体で中1週で重賞未勝利の菱田J騎乗と不安要素もありますが血統的にもレース振りにも勝ち負け可能ではないかと思います。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
アドマイヤリードクロコスミアデンコウアンジュ

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

ゴッドカリビアンの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

ゴッドカリビアンの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ゴッドカリビアンの写真

投稿写真はありません。

ゴッドカリビアンの厩舎情報 VIP

2017年1月28日鞍ケ池特別10着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ゴッドカリビアンの取材メモ VIP

2016年3月21日 フラワーカップ G3 14着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。