ストレンジクォーク(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡6 鹿毛 2012年5月2日生
調教師小島太(美浦)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績21戦[5-5-3-8]
総賞金10,855万円
収得賞金2,250万円
英字表記Strange Quark
血統 メイショウサムソン
血統 ][ 産駒 ]
オペラハウス
マイヴィヴィアン
フェルミオン
血統 ][ 産駒 ]
アグネスタキオン
パテントリークリア
兄弟 アップクォークチャームクォーク
前走 2018/01/06 日刊スポ賞中山金杯 G3
次走予定

ストレンジクォークの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/01/06 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 1761136.3103** 牡6 54.0 柴山雄一小島太504(+4)1.59.9 0.134.5⑪⑪⑪⑩セダブリランテス
17/11/18 京都 10 修学院S 1600万下 芝2000 112227.171** 牡5 56.0 浜中俊小島太500(+6)2.02.0 -0.034.7④④ヴァナヘイム
17/09/30 中山 11 秋風S 1600万下 芝1600 145810.5411** 牡5 57.0 田辺裕信小島太494(-4)1.35.4 0.633.6⑪⑪⑬ジュールポレール
17/05/28 東京 9 むらさき賞 1600万下 芝1800 148143.5110** 牡5 56.0 C.ルメー小島太498(0)1.47.3 0.733.4⑫⑫⑬サンマルティン
17/04/16 中山 12 春興S 1600万下 芝1600 16125.523** 牡5 56.0 C.ルメー小島太498(-8)1.32.7 0.233.8⑩⑤⑤ヒーズインラブ
17/02/19 東京 8 4歳以上1000万下 芝2000 10662.111** 牡5 57.0 C.ルメー小島太506(+6)2.00.2 -0.133.6⑨⑨⑨エニグマバリエート
17/01/08 京都 12 4歳以上1000万下 芝2200 11333.418** 牡5 57.0 C.ルメー小島太500(0)2.21.0 2.840.2ストンライティング
16/10/01 中山 10 習志野特別 1000万下 芝2000 13111.612** 牡4 57.0 戸崎圭太小島太500(+4)2.01.8 0.235.1⑤⑦⑥⑤ミライヘノツバサ
16/07/09 福島 10 松島特別 1000万下 芝2000 118101.312** 牡4 57.0 戸崎圭太小島太496(+4)2.01.0 0.135.7⑦⑦⑥⑤カウニスクッカ
16/05/29 東京 9 むらさき賞 1600万下 芝1800 18123.012** 牡4 56.0 C.ルメー小島太492(0)1.45.1 0.134.8⑥④⑥バーディーイーグル
16/03/27 中山 10 常総S 1600万下 芝2000 14113.522** 牡4 55.0 蛯名正義小島太492(-2)1.59.6 0.034.5⑩⑩⑨⑦アデイインザライフ
16/02/28 中山 9 富里特別 1000万下 芝1800 13691.611** 牡4 56.0 C.ルメー小島太494(+4)1.48.6 -0.133.7⑪⑪⑬⑫トーホウスペンサー
16/01/09 中山 9 初咲賞 1000万下 芝1800 14465.332** 牡4 55.0 柴山雄一小島太490(-2)1.47.3 0.033.5⑩⑩⑨⑩フェルメッツァ
15/11/01 東京 9 精進湖特別 1000万下 芝2000 177135.127** 牡3 55.0 岩田康誠小島太492(-2)2.00.4 0.634.0④⑥⑥ブリュネット
15/10/03 中山 10 習志野特別 1000万下 芝2000 156115.833** 牡3 55.0 柴山雄一小島太494(+4)1.59.6 0.135.1⑩⑩⑩⑧ダイワレジェンド
15/07/05 福島 11 ラジNIK賞 G3 芝1800 164823.697** 牡3 54.0 吉田豊小島太490(+2)1.47.2 0.834.7⑫⑭⑮⑫アンビシャス
15/05/02 東京 11 青葉賞 G2 芝2400 1881724.2910** 牡3 56.0 柴山雄一小島太488(0)2.27.8 0.935.0④④④レーヴミストラル
15/03/14 中山 7 3歳500万下 芝2000 12672.311** 牡3 56.0 柴山雄一小島太488(-4)2.01.7 -0.035.8④④⑤⑥スモークフリー
14/12/28 中山 3 2歳未勝利 芝2000 186118.731** 牡2 55.0 岩田康誠小島太492(0)2.02.0 -0.634.8⑫⑫⑫⑦ヒアカムズザサン
14/12/13 中山 4 2歳未勝利 芝2000 1861211.465** 牡2 55.0 G.ブノワ小島太492(+4)2.03.4 0.835.8ポトマックリバー

⇒もっと見る


ストレンジクォークの関連ニュース

 ★カーバンクルSを連覇したナックビーナス(美・杉浦、牝5)は出走可能なら高松宮記念(3月25日、中京、GI、芝1200メートル)直行も。2着ペイシャフェリシタ(美・高木、牝5)は三浦騎手で夕刊フジ賞オーシャンS(3月3日、中山、GIII、芝1200メートル)へ。3着ロードクエスト(美・小島茂、牡5)はシルクロードS(28日、京都、GIII、芝1200メートル)。

 ★中山金杯2着ウインブライト(美・畠山、牡4)と3着ストレンジクォーク(美・小島太、牡6)は小倉大賞典(2月18日、小倉、GIII、芝1800メートル)参戦が有力。4着ブラックバゴ(美・斎藤誠、牡6)と11着マイネルミラノ(美・相沢、牡8)はアメリカJCC(21日、中山、GII、芝2200メートル)へ。5着ダイワキャグニー(美・菊沢、牡4)は東京新聞杯(2月4日、東京、GIII、芝1600メートル)を予定。ここには京都金杯5着ストーミーシー(美・斎藤誠、牡5)も参戦濃厚。

 ★ポルックスS快勝のアルタイル(美・手塚、牡6)はマーチS(3月25日、中山、GIII、ダ1800メートル)へ。3着センチュリオン(美・田村、牡6)は佐賀記念(2月6日、佐賀、交流GIII、ダ2000)。同8着サンマルデューク(美・小島太、牡9)はアルデバランS(2月3日、京都、OP、ダ1900メートル)へ。

 ★菊花賞2着クリンチャー(栗・宮本、牡4)は、京都記念(2月11日、京都、GII、芝2200メートル)で始動する。僚馬で京都金杯7着キョウヘイ(牡4)は、洛陽S(2月10日、京都、OP、芝1600メートル)へ。

 ★京都金杯10着アメリカズカップ(栗・音無、牡4)も洛陽Sに向かう。同9着マサハヤドリーム(栗・今野、牡6)は、小倉大賞典へ。

 

【日刊中山金杯】セダ、キャリア5戦目“最速”日刊中山金杯V 2018年1月7日() 05:05

 第67回中山金杯(6日、中山11R、GIII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝・内2000メートル、1着本賞金4100万円=出走17頭)戸崎圭太騎乗で1番人気のセダブリランテスが直線力強く抜け出して重賞2勝目をマーク。明け4歳初戦を幸先良く飾った。タイム1分59秒8(良)。クビ差2着が2番人気ウインブライトで4歳馬のワンツー。さらにクビ差の3着が10番人気ストレンジクォークだった。

 最後の1完歩でグイッと前に出た。明け4歳のセダブリランテスが、同世代のウインブライトを接戦の末、クビ差かわしてゴールに飛び込んだ。

 「状態がすごく良かったので自信をもって乗った。3、4コーナーでふらつく面はあったけど、直線でしっかり伸びた。新年、最初の重賞を勝つのは気持ちいいですね」

 戸崎騎手が爽やかな笑みを浮かべた。道中は2、3番手の積極策。中盤でマイネルミラノがハナを奪って激流になり、セダブリランテスも手応えが怪しくなったが、そこからのしぶとさが真骨頂。ライバルを力ずくでねじ伏せ、グレード制導入の1984年以降、最少キャリアの5戦目で中山金杯を制した。

 手塚調教師は「2着馬よりハンデが1キロ軽かったのでもっとすっきり勝ちたかったけど、いつも僅差をものにする。辛勝でも、最後は勝つのだからすごい。まだまだ成長するよ」と勝負強さを絶賛。春は大阪杯(4月1日、阪神、GI、芝2000メートル)が目標のひとつになりそうだ。

 昨年、勝利数で2位に甘んじた戸崎騎手もこの日3勝をマーク。「例年1、2月の調子が良くないけど、馬が応えてくれました。もちろん今年の目標はリーディング」とタイトル奪回を狙う。

 セダブリランテス&戸崎。幸先のいいスタートを切った人馬が、2018年を盛り上げる。 (板津雄志)



★6日中山11R「中山金杯」の着順&払戻金はこちら



セダブリランテス 父ディープブリランテ、母シルクユニバーサル、母の父ブライアンズタイム。鹿毛の牡4歳。美浦・手塚貴久厩舎所属。北海道白老町・(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬。馬主は(有)シルクレーシング。戦績5戦4勝。獲得賞金1億1146万4000円。重賞は2017年GIIIラジオNIKKEI賞に次いで2勝目。中山金杯は手塚貴久調教師、戸崎圭太騎手ともに初勝利。馬名は「鮮やかに輝くシルク(スペイン語)」。

[もっと見る]

【日刊中山金杯】レースを終えて…関係者談話2018年1月7日() 05:04

 ◆松岡騎手(ウインブライト2着) 「勝ったと思ったんだけど…。具合は絶好調まではいかないが、こんな正攻法の競馬がしたかったので収穫はあった」

 ◆柴山騎手(ストレンジクォーク3着) 「走ったね。もっと早めに広いところに出せればよかったが、それでもよく来ている」

 ◆岩田騎手(ブラックバゴ4着) 「返し馬の感じが良かったし、直線もいい脚を使ってくれた」

 ◆菊沢師(ダイワキャグニー5着) 「テンションが高く、(道中も)苦しいポジションだったが、直線は脚を使ってくれた」

 ◆内田騎手(トーセンマタコイヤ6着) 「外からまくって来られたが、それでもよく頑張っている」

 ◆川田騎手(デニムアンドルビー7着) 「頑張って差を詰めてくれましたが、流れが向きませんでした」

 

★6日中山11R「中山金杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【日刊中山金杯】セダブリランテスが今年最初の重賞ウイナーに 2018年1月6日() 15:42

 1月6日の中山11Rで行われた2018年最初の重賞、第67回中山金杯(4歳以上オープン、GIII、芝・内2000メートル、ハンデ、17頭立て、1着賞金=4100万円)は、戸崎圭太騎手騎乗の1番人気セダブリランテス(牡4歳、美浦・手塚貴久厩舎)が4着までクビ差で続く激戦を制した。タイムは1分59秒8(良)。2着はウインブライト(2番人気)、3着はストレンジクォーク(10番人気)だった。



 レースはトーセンマタコイヤが逃げ、セダブリランテスウインブライトと続いた。向こう正面で中団からまくって一気にハナを奪ったマイネルミラノが、直線に向いても最内で粘りの走りを見せたが、ウインブライトがかわして一旦先頭へ。その外からさらに伸びてきたセダブリランテスが差し切り勝ちを決めた。中団から脚を伸ばしたストレンジクォークが3着に入り、4着はブラックバゴだった。



 セダブリランテスは、父ディープブリランテ、母シルクユニバーサル、母の父ブライアンズタイムという血統。北海道白老町・(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬で、馬主は(有)シルクレーシング。通算成績は5戦4勝。重賞は17年ラジオNIKKEI賞・GIIIに次いで2勝目。中山金杯は手塚貴久調教師、戸崎圭太騎手ともに初勝利。



 ◆戸崎圭太騎手「状態はすごくいいと感じていました。4コーナーで少しふらつきましたが、最後は差し切ってくれましたね。(自分自身は)例年、1月、2月は調子が良くないので、馬が(期待に)応えてくれてうれしい。ありがとうと感謝したいですね」



★6日中山11R「中山金杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【日刊スポーツ賞中山金杯】入線速報(中山競馬場)2018年1月6日() 15:36

中山11R・日刊スポーツ賞中山金杯(1回中山1日目 中山競馬場 芝・右2000m サラ系4歳以上オープン)は、1番手6番セダブリランテス(単勝2.5倍/1番人気)、2番手1番ウインブライト(単勝4.9倍/2番人気)、3番手11番ストレンジクォーク(単勝36.3倍/10番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連1-6(6.8倍) 馬単6-1(11.0倍) 3連複1-6-11(52.7倍) 3連単6-1-11(181.7倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2018010606010111
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【日刊中山金杯】セダブリランテスが1番人気/13:00時点 2018年1月6日() 13:05

 6日、中山で新年最初の重賞レース、ハンデGIIIの中山金杯(芝2000メートル)が行われる。15年にはラブリーデイがここで重賞初制覇を飾り、同年に宝塚記念、天皇賞・秋を含む重賞6勝と活躍。馬券的にも、古馬戦線を見据えるうえでも、一年の計を占う注目必至のレースだ。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。



枠番−馬番 馬名      単勝オッズ1- 1 ウインブライト    4.41- 2 レアリスタ     25.62- 3 トーセンマタコイヤ 30.02- 4 アウトライアーズ  20.43- 5 デニムアンドルビー 17.03- 6 セダブリランテス   2.94- 7 ブラックバゴ     8.44- 8 パリカラノテガミ 136.75- 9 ダイワキャグニー   5.55-10 タイセイサミット  56.66-11 ストレンジクォーク 28.16-12 フェルメッツァ   37.17-13 ジョルジュサンク 140.17-14 マイネルミラノ   43.08-15 ショウナンマルシェ104.48-16 ケントオー     82.78-17 カデナ       13.3



★中山金杯の枠順はこちら 調教タイム&レース前談話も掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ストレンジクォークの関連コラム

閲覧 297ビュー コメント 0 ナイス 3



1月6日(土)に行われました中山11Rの「中山金杯 G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【2位】○セダブリランテス(2.5倍)
2着:総合ポイント【6位】◎ウインブライト(4.9倍)
3着:総合ポイント【10位】ストレンジクォーク(36.3倍)

第1グループ・総合ポイント2位のセダブリランテスが1着、第2グループ・総合ポイント6位のウインブライトが2着、第3グループ・総合ポイント10位のストレンジクォークが3着という結果でした。


ウインブライトは内枠を生かした完璧な競馬。
負けてはしまいましたが○セダブリランテスとの叩き合いは手に汗握りました(^^)/
堅い決着でしたが、的中でスタートできて良かったとホッとしています。


【馬連流し】
1→4,5,6,7,9,14

【3連複流し】
1

6

4,5,7,9,14

計11点 払い戻し680円


続いて、1月7日(日)に行われました中山11Rの「フェアリーS G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【11位】プリモシーン(4.6倍)
2着:総合ポイント【3位】▲スカーレットカラー(11.5倍)
3着:総合ポイント【9位】△レッドベルローズ(13.5倍)

第4グループ・総合ポイント11位のプリモシーンが1着、第2グループ・総合ポイント3位のスカーレットカラーが2着、第4グループ・総合ポイント9位のレッドベルローズが3着という結果でした。


こちらは、◎グランドピルエットはこれまでよりも前付けしたことが裏目に出た格好で8着惨敗。結果的に、4コーナーで外を回した馬たちが掲示板を独占する見事な差し決着となってしまいました。2着▲スカーレットカラーはともかくとして、1・3着馬を軽視してしまっていたので完敗です。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆(7)△(16)=印
8=5,7,10,16=1,5,6,7,10,16(14点)

【馬連流し】
◎=印
8=1,5,6,7,10,16(6点)
○=印(5,7,8,16以外)
5=1,6,10(3点)
▲=印(5,7,8,16以外)
10=1,6(2点)

計25点 払い戻し0円


最後に、1月8日(祝月)に行われました京都11Rの「シンザン記念 G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【8位】アーモンドアイ(2.9倍)
2着:総合ポイント【10位】ツヅミモン(16.7倍)
3着:総合ポイント【1位】◎カシアス(7.5倍)

第4グループ・総合ポイント8位のアーモンドアイが1着、第4グループ・総合ポイント10位のツヅミモンが2着、第1グループ・総合ポイント1位のカシアスが3着という結果でした。


こちらは凄馬出馬表の乖離を狙った馬券、今回は上手くはまりませんでしたね。
しかし、勝ったアーモンドアイはかなりの器。桜花賞馬候補の筆頭かと思います。


【馬連】
2-11

【ワイド】
2-11

計2点 払い戻し0円


登録済みの方はこちらからログイン

2018年1月10日(水) 13:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(1/6〜1/8)回収率275%のサラマッポプロを筆頭に、霧プロ、スガダイプロ、シムーンプロ含む計12名が2018年プラス発進!
閲覧 446ビュー コメント 0 ナイス 7



先週は、6(土)に中山競馬場でG3中山金杯、京都競馬場でG3京都金杯が、7(日)に中山競馬場でG3フェアリーSが、8(祝月)に京都競馬場でG3シンザン記念がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3中山金杯は、トーセンマタコイヤが逃げてスローペースで流れる展開のなか、向こう正面でマイネルミラノが押し上げて先頭に代わって3〜4コーナーへ。逃げ込みを図るマイネルミラノでしたが、残り200mで苦しくなると、2番手から2番人気ウインブライトが抜け出して単独先頭に立ちます。後続からは、トーセンマタコイヤセダブリランテスが直後から追撃。外を通っては、ストレンジクォークブラックバゴダイワキャグニーも伸びを見せます。ゴール直前まで白熱の展開となった中山金杯は、最後に1番人気セダブリランテスがクビ差差し切って優勝。ゴール直前まで先頭を譲らずの競馬をみせたウインブライトは2着。そこからクビ差の3着にはセダブリランテスの外を鋭く伸びた10番人気ストレンジクォークが入っています。
公認プロ予想家では、夢月プロ☆まんでがんプロKOMプロイータン育成プロスガダイプロほか、計11名が的中しています。 
 
G3京都金杯は、外枠からウインガニオンが先頭に立ち、少頭数でも馬群はバラけながら3コーナーへ。ペースが落ち着くと一転馬群は凝縮の構えをみせ、一団となって4コーナーを回えい直線勝負を迎えます。2番手からアメリカズカップがすかさず先頭。後続からは、ダノンメジャーカラクレナイといったところが追い出され、1番人気に推されたレッドアンシェルはその1列後ろから。さらに外を通ってはブラックムーンも徐々に差を詰めにかかります。こちらもゴール前横一線の接戦に持ち込まれるなか、大外を伸びた4番人気ブラックムーンが3/4馬身抜け出しこの争いに終止符。重賞初制覇を挙げています。2着には、馬群をこじ開けて最後まで伸びた3番人気クルーガー。1番人気レッドアンシェルは交わされ、クビ差3着に敗れています。
公認プロ予想家では、KOMプロほか、計12名が的中しています。
 
G3フェアリーSは、外枠から押してハナを奪ったシスルを先頭に直線へ。スローの一団の競馬から2番手グランドピルエットが抜け出しを図りますが、外から後続勢もすぐさま襲い掛かる展開に。中でも、プリモシーンスカーレットカラーの外を回した2頭が目立つ伸びで迫り、一気に先頭はプリモシーン。一方、間を割った1番人気テトラドラクマの伸びはいま一つで3番手争いまで。結局、残り200mで先頭に立った2番人気プリモシーンがそのまま押し切りV。1馬身1/4馬身差の2着には6番人気スカーレットカラーが入り、そこからクビ差の3着にはこちらも大外を回して伸びた7番人気レッドベルローズが入っています。
公認プロ予想家では、霧プロKOMプロスガダイプロはははふほほほプロほか、計8名が的中しています。
 
G3シンザン記念は、降り続く雨のなか稍重でスタートを迎えます。好発を決めたカシアスが逃げて直線へ。2番手ツヅミモンも手応えよく続き、この2頭が横並びで残り200mを通過。先頭に代わったツヅミモンに、内で応戦するカシアスも再び盛り返しを見せて接戦を演じるなか、1番人気アーモンドアイは大外、2番人気ファストアプローチは最内を選択し2頭を追います。しかし、人気両馬の脚色の差は歴然。外アーモンドアイが強烈な末脚でアッサリと内の各馬を飲み込み一気に先頭へ。ゴール手前で、鞍上が追うのをやめる余裕ぶりで1馬身3/4差をつけての完勝。連勝で重賞初制覇を飾っています。2着には7番人気ツヅミモンが入り、クビ差の3着に4番人気カシアスが入っています。
公認プロ予想家では、導師嵐山プロイータン育成プロシムーンプロスガダイプロくりーくプロほか、計9名が的中しています。
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
7(日)の京都1Rで、○△◎3連単1156.2倍含む、馬連+3連複的中計17万3,450円のビッグヒットを記録。翌8(祝月)にも、3連単16万3,090円馬券的中の中山2Rなどで好調予想を披露しています。週末トータル回収率275%、収支23万4,880円プラスの回収率トップで、2018年のスタートを切っています!
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
6(土)京都9Rで、◎アイトーンからの3連単含む的中を披露し計36万4,620円の払戻しを記録。他にもこの日のG3中山金杯での◎○的中、京都7Rでの的中など、活躍を見せた先週は、週末3日間トータル回収率128%、収支20万2,430円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
7(日)京都7Rの◎スズカブルグカレンカカからの3連単的中で、先週の最高払戻しとなる65万4,250円の払戻しをマーク!週末トータル回収率では、2位の213%、収支はトップの36万2,250円プラスを記録しています。
 
 
 
この他にも、KOMプロ(175%)、くりーくプロ(172%)、おかべプロ(162%)、ジョアプロ(151%)、きいいろプロ(142%)、霧プロ(140%)、スガダイプロ(115%)、マカロニスタンダーズプロ(109%)、シムーンプロ(102%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2016年9月30日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2016年09月30日
閲覧 711ビュー コメント 0 ナイス 1

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2016年10月1日()の凄馬!>
超凄馬
中山12R 3歳以上500万以下
▲粥璽襯疋侫レスト(+3.9)

超凄馬
中山10R 習志野特別
ストレンジクォーク(+2.8)

超凄馬
中山8R 3歳以上500万以下
アミーキティア(+2.3)

超凄馬
阪神1R 2歳未勝利
タガノディグオ(+2.2)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日〜2016年10月2日、集計数:26,601レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

2016年7月8日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2016年07月08日
閲覧 999ビュー コメント 0 ナイス 3

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2016年7月9日()の凄馬!>
極凄馬
福島7R 3歳未勝利
プルメリアブーケ(+5.4)

極凄馬
函館1R 2歳未勝利
ドゥモワゼル(+4.8)

超凄馬
中京8R 3歳以上500万以下
サラトガスピリット(+3.7)

超凄馬
中京3R 3歳未勝利
ミッキーディナシー(+2.6)

超凄馬
福島10R 松島特別
ストレンジクォーク(+2.4)

超凄馬
中京1R 2歳未勝利
ミスミーチャン(+2.3)

超凄馬
函館7R 3歳以上500万以下
ノワールギャルソン(+2.1)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日〜2016年7月10日、集計数:25,906レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

2016年7月2日() 17:45 ター坊
【ラジオNIKKEI賞】血統考察 byうまカレ
閲覧 1,487ビュー コメント 0 ナイス 7

先週の宝塚記念は、マリアライトが史上3頭目の牝馬による宝塚記念制覇を達成。1番人気のドゥラメンテは強さをみせましたが、ゴール後に故障を発生し引退…。彼は左手前が得意な馬で、1度も「直線の長い右回り」での走りをみれずにターフを去ることになったのが心残りです。

今週から夏競馬が本格化。
福島の開幕を飾るのは、3歳・ハンデ戦・フルゲートの1戦となったラジオNIKKEI賞。非常に考察し甲斐があるレースです。

開幕週の小回り1800mですから、当然のように先行力や枠の恩恵といったものが大きく結果に影響します。そのあたりも含めて、有力馬を中心にみていきましょう。


●大外枠とハンデをどうみるか
白百合Sを制しトップハンデとなったブラックスピネルは、アロンダイトやクリソプレーズ(マリアライトリアファルらの母)を送り出す3代母キャサリーンパーの牝系。父タニノギムレット、母父アグネスデジタルだから、血統表を4分割したとき、父父、父母、母父、母母と全てにRibotの血を持つことが特徴(Ribot5・6×6・5)。パワーや底力に秀でているから、緩急ある流れになりやすい小回り1800mという条件は京都外回りよりは合っているはず。そんな中、京都新聞杯で4着、白百合Sを勝ち切っているのだからここでは力は頭半分くらい抜けているといえ、ハンデと大外枠をどう判断するか。外目3番手くらいなら許容範囲だが、差しに回ると厳しそうだ。

●父×牝系は好相性、この距離で位置を取れるか
プリンシパルS3着のゼーヴィントは、古馬OPのモンドインテロの全弟で、キズナラストインパクトらと同じディープインパクト×Pacific Princess牝系(ファレノプシスナリタブライアンらの牝祖)という組み合わせ。母母父DayjurはDanzigに母父がRound Table×Nasrullahというナスキロ血脈だからディープとの相性の良さには納得できる。本馬もディープ産駒らしい切れ味ももちろんあるが、母父がブライアンズタイムだから小回りでも大きく評価を落とそうと思わない走法をしている。前が開けば確実に脚は使ってくるだろうが、1800mではさほどポジションが取れなさそうな点が気がかりだ。

●急成長が期待できる配合ではあるが・・・
NHKマイルでは16着に終わったアーバンキッドだが、ハイペースの中、逃げたメジャーエンブレムを3番手から捕まえに行ったのだから仕方なく、着順ほど悲観する必要はないだろう。シュヴァルグランロジクライのようにHalo≒Red God3×5とNasrullah+Tom Fool的な血を増幅させていて、母父SwainがHyperion7・7・6×6・6、母母父NureyevがHyperion4×4で、3代母→母母父→母父とNasrullahも継続交配されているから、NasrullahとHyperionという父ハーツクライの母父トニービンの血を増幅した配合といえ、ジャスタウェイ的、シュヴァルグラン的、シュンドルボン的成長を遂げる可能性がある馬といえる。しかし母がRibot5×5を持つから体質がそこまで柔らかくうつらないのが気になる。内回り替わりはプラスで、先行力があるのも魅力だが、距離延長というローテーションは気掛かりだ。

●舞台替わりはプラス
メルボルンTを逃げ切ったロードヴァンドールは、叔父にタバスコキャットがいる底力に富んだ血統で、ナスキロ+Tom Fool的な血であるTerlingua(Storm Catの母)を取り込んだのもダイワメジャー産駒の王道。先述したように母母父Sauce Boadが底力に富んでおり、これまでみせた先行力は1800mでも十分に通用するように思える。今回に関しては距離短縮のローテーションもプラスに働きそうで、昨年のマルターズアポジー的な粘り込みが期待できそうだ。

●小回りは◎も1800mだとやや忙しいか
すみれSを逃げ切ったジョルジュサンクは、母系にMill Reelが入るから、Nasrullah+Count Fleetという父の持つMr.Prospectorの母Gold Diggerの血を増幅した走るヴィクトワールピサ産駒の配合(フローラS2着のパールコードもMill Reel持ち)。母母父ミルジョージの影響か、肩が立っていて掻き込んで走るから追っても味がなく、逆にいえば小回りで急激にパフォーマンスを上げるタイプでもある。ここは2枠4番という好枠、そして田辺騎手と強調材料が多いが、1800mはやや忙しそうにも思える。ここをどうみるかだろう。

●好配合だが、外回り向きのストライド
早苗賞を制したアップクォークは、3勝馬ストレンジクォークの半弟で、ベーカバド産駒。母系にMiswakiを持つので、Foreign Courier≒Hopespringseternal4×4という世界的に活躍馬を輩出しているナスキロ+Tom Fool+War Amiral+La Troienneのニアリークロスを持つからベーガバド産駒の出世頭となったのも当然といえる配合。
(今年の英愛仏各国2000ギニー馬も、英愛ダービー馬も同じニアリークロスを持っていました。ブログでまとめてあります。→http://derby6-1.hatenablog.com/entry/2016/06/14/163759)
2枠3番という好枠である程度先行も出来るだろうから、大崩れはなさそうだが、どちらかというと外回り向きにうつるため勝ち切るとなるとどうか。ハンデは恵まれたといえよう。

●4角まで下り、直線平坦な福島は〇
NZT2着、NHKマイルでは9着だったストーミーシーは、母父ゼンノエルシドを通じるRound Tableの影響か、母系のPrincely Giftの影響か、非常に前脚が伸びる走法。こういうタイプは下り坂を巧く下る(マイネルキッツキタサンブラック)ので4角に向けて下り、直線が平坦という意味では福島1800mはプラスではある(逆にきついコーナーはマイナス)。だからクラリティシチー的、クォークスター的好走まではありそうだが勝ち切るイメージは湧かない。

ジャングルポケットドゥラメンテと同質の斬れ
オークス8着のダイワドレッサーは、クイーンCでも4着に好走しているように母母がジャングルポケットと同じトニービン×Nureyevという配合だから、トニービン的な持続性ある斬れというべきだが、母父がエンドスウィープだから同じトニービン的な斬れを持った馬でも、ルーラーシップのように無駄にストライドは大きくなく俊敏に動くことができる。だから小回りでもさほど割り引く必要はなく、3枠6番という好枠からも今回は十分に狙いが立つ。

●小回り適性高い牝系
ピックミータッチはRiot≒Fair Trial5・5×6、Forliのスピード、機動力を伝えるハピートレイルズ(ハッピーパスシンコウラブリイなど)の牝系だから、今回の小回り替わりは歓迎。外枠がカギだが、人気次第ではヒモで入れておきたい1頭。


【まとめ】
人気どころでは、ブラックスピネルは大外枠で先行できなったときに不安があるし、ゼーヴィントアップクォークもどちらかというと外回り向きの差し馬にみえるから不安はある。
アーバンキッドは初めてのコーナー4つの競馬は問題ないだろうが、距離延長というローテは気掛かりだ。
それならばダイワメジャー産駒の好配合で、コース替わりがプラスに出そうなロードヴァンドールの先行力に期待してみたい。
他では同じく小回り適性が高そうなジョルジュサンクピックミータッチ、GI好走のダイワドレッサー


----------


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)


「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/

執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

ストレンジクォークの口コミ


口コミ一覧

1月6日(土)の結果

 エプ 2018年1月6日() 18:05

閲覧 27ビュー コメント 0 ナイス 1

ジュニアカップ・・・馬単購入全ハズレ−1500円

中山金杯・・・複勝3点購入1点的中−650

京都金杯・・・複勝2点単勝1点購入1点的中−550円

合計−2700円

うーんやっぱり重賞は難しい(>_

 『狙いゴロ』の穴単複 2018年1月6日() 17:17
1/6初競馬を振り返ります。
閲覧 32ビュー コメント 0 ナイス 1

こんにちは。

午前中は大国魂神社に初詣に行き、ソワソワしながらも中山9Rから今年のJRA初競馬&初予想コロシアムに参戦。

昨年ようやく形になってきた独自の予想メソッドを検証するべく、予想コロシアムに参戦したわけですが…

153パーセントプラス収支とまずまずの結果ですが、守りに入る悪いクセがでて、招福Sのヴァローアを買い目から外してしまうという失態…

前々走の観月橋Sでピックアップし、惨敗したイメージを払拭できなかったのか、パルトネルラーフとの天秤にかけた結果見送ってしまいました。

まさかの福永ジョッキーの先行策にはビックリでしたし、パルトネルラーフの凡走にも??マークがよぎりました。

まあ、それでも勝負レースの初夢S。
招福Sの反省を活かしての穴の複勝2点買いで、ストレンジクォークの3着を拾うことができました。

京都金杯は予想した末脚勝負のレースになったものの、ラビットランの凡走…
(アメリカズカップはやはり雨専用?)
予想コロシアムには入れませんでしたが、予想は完敗でした…

明日も『狙いゴロ』の馬はピックアップできているので、さらに精査していきます!

[もっと見る]

 ちびざる 2018年1月6日() 16:13
【G掘枌羯涯眷佞侶覯
閲覧 23ビュー コメント 0 ナイス 0


1着:Ε札瀬屮螢薀鵐謄
2着:.Εぅ鵐屮薀ぅ
3着:ストレンジクォーク


私の◎にしたΕ札瀬屮螢薀鵐謄垢1着でした。
2着の.Εぅ鵐屮薀ぅ箸蓮
3着のストレンジクォークは無印


なので、Ε札瀬屮螢薀鵐謄垢鮗瓦砲靴
3連複フォーメーションでしたので
馬券はハズレました。_| ̄|○


勝ったΕ札瀬屮螢薀鵐謄垢錬魁腺乾魁璽福縞佞蠅ら
手ごたえが怪しかったのですが、長く良い脚を使いました。
反応の鈍さからすると、距離はもう少しあった方が良いのかもしれません。
とにかくここを勝ったことに意味があると思います。

2着の.Εぅ鵐屮薀ぅ箸蓮▲廛薀10kgが気になりましたが、
内でじっとしていて直線で、しぶとい脚を使いました。
ここを使って、次走がもっと良くなると思います。


3着のストレンジクォークは、前走の1600万下を勝ったばかりだったので
このメンバーではどうかと思いましたが、良く頑張りました。
ここまでは手がまわりませんね。(^^;


的中された方、おめでとうございます。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ストレンジクォークの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ストレンジクォークの写真

投稿写真はありません。

ストレンジクォークの厩舎情報 VIP

2018年1月6日日刊スポ賞中山金杯 G33着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ストレンジクォークの取材メモ VIP

2018年1月6日 日刊スポ賞中山金杯 G3 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。