会員登録はこちら
ダービー卿チャレンジ G3   2017年4月1日() 15:45 中山/芝1600m

ダービー卿チャレンジのニュース&コラム

【ダービーCT】直線ズバッと!チャリス重賞初V
 第49回ダービー卿チャレンジトロフィー(1日、中山11R、GIII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝・外1600メートル、1着本賞金3900万円 =出走16頭)ハンデ56キロを背負った5番人気のロジチャリスが、スローペースを味方に2番手から力強く抜け出し、重賞初制覇を飾った。タイム1分34秒7(稍重)。今後は安田記念(6月4日、東京、GI、芝1600メートル)に向かう公算が大きい。1/2馬身差の2着が1番人気キャンベルジュニア。さらにハナ差の3着には2番人気グランシルクが入った。 モーリスが去った後の戦国マイル界に巨漢の新星が現れた。560キロの馬体に大物感を漂わせるロジチャリスが、2番手から鮮やかに抜け出し、4度目の挑戦でついに重賞タイトルをゲットだ。 「大きな走りをするので、前に行けば最後まで止まらない。先行グループで競馬をしようと思っていたし、行く馬がいなければ、ハナでもいいという気持ちだった」 初コンビながらプラン通りのレース運びで持ち味を引き出した、内田騎手は誇らしげな表情だ。 内枠(3)番からトップスタートを決め、手綱を押して2番手をキープ。前半3ハロン36秒2の遅い流れでも、折り合いはぴたりとつき、余力十分で直線へ向いた。1番人気のキャンベルジュニアが外から並びかけてきても鞍上は自信満々。「並んでもらった方がやる気を出してくれるし、競り負けはしないと思った」と右ムチを振るうと、逆にグイッと引き離した。 国枝調教師は「うまく乗ってくれた。最後も追い負けなかったし、気迫なんじゃないの」と鞍上の手綱さばきを絶賛した。トレーナーにとってダービー卿チャレンジTは縁の深いレース。「(1998年)ブラックホークで初重賞だったんだよ」と、今では39勝まで積み重なったJRA重賞勝利の一歩目を思い出す。そのブラックホークが近親にあたるロジチャリスで勝てたのも、感慨ひとしおだ。 「マイルで勝てたし、次は安田記念になるんじゃないかな。まだ成長するし、これからだよ」 国枝厩舎の礎を築いたブラックホークは春の中山のGIII制覇を足掛かりにGI2勝を挙げるまで名を上げた。5歳を迎えたロジチャリスも、満を持してGIロードに向かう。 (板津雄志)★1日中山11R「ダービー卿チャレンジトロフィー」の着順&払戻金はこちらロジチャリス 父ダイワメジャー、母プラチナチャリス、母の父ロックオブジブラルタル。栗毛の牡5歳。美浦・国枝栄厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は久米田正明氏。戦績16戦6勝。獲得賞金1億4527万2000円。重賞初勝利。ダービー卿CTは国枝栄調教師が1998年ブラックホーク2008年サイレントプライドに次いで3勝目、内田博幸騎手は初勝利。馬名は「冠名+母名の一部」。
2017年4月2日() 05:03

 1,485

【ダービーCT】レースを終えて…関係者談話
 ◆柴田大騎手(マイネルアウラート4着) 「キャンベルジュニアに並んでいきたかったが、動いていける手応えがなく、余裕もなかった」 ◆北村宏騎手(ダイワリベラル5着) 「馬場のいいところを選んで回ってきたが、ペースが遅かったので差し込めなかった」 ◆丸山騎手(ダンツプリウス6着) 「外枠で控える競馬。うまくタメが利いたし、最近のなかでは一番内容がよかった」 ◆田中勝騎手(シベリアンスパーブ7着) 「ノメっていなかったし、馬場も合うと思っていたが、伸びそうで伸びなかった」 ◆池添騎手(ガリバルディ9着) 「きょうは展開が向きませんでした」 ◆松岡騎手(クラリティシチー11着) 「今回は休み明けだったしね。乗った感じはいいので、次はよくなりそう」 ◆柴山騎手(ショウナンバッハ12着) 「この馬場で動き切れなかったが、これぐらいの距離が合うかも。良馬場なら」 ◆柴田善騎手(サンライズメジャー13着) 「外枠で内にもぐり込めず、ペースも落ち着いた。内枠なら違っていたかも」 ◆丹内騎手(コスモソーンパーク14着) 「4コーナー手前でノメっていた」 ◆田辺騎手(シェルビー15着) 「みんな(前に)行きたがらず、ペースも落ち着いたからね」 ◆蛯名騎手(ショウナンアデラ16着) 「まだ走りが本当じゃない。ただ、順調に行ってくれれば変わってきそう」★1日中山11R「ダービー卿チャレンジトロフィー」の着順&払戻金はこちら
2017年4月2日() 05:02

 1,393

【ダービーCT】グランシルク3着…戸崎は展開悔やむ
 第49回ダービー卿チャレンジトロフィー(1日、中山11R、GIII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝・外1600メートル、1着本賞金3900万円 =出走16頭)2番人気グランシルクは中団の内で脚をため、直線はよく伸びたが、勝ち馬から1/2馬身+ハナ差の3着に惜敗。結果的に中団よりも後ろの馬には不向きな展開となった。「道中は上手に走れていましたが、ペースが落ち着いて、前残りの競馬になってしまったので…」と戸崎騎手。安定しているものの、ワンパンチ足りない結果に無念の口ぶりだった。★1日中山11R「ダービー卿チャレンジトロフィー」の着順&払戻金はこちら
2017年4月2日() 05:02

 1,396

【ダービーCT】キャンベル2着、正攻法で届かず
 第49回ダービー卿チャレンジトロフィー(1日、中山11R、GIII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝・外1600メートル、1着本賞金3900万円 =出走16頭)1番人気キャンベルジュニアは3番手でスムーズに流れに乗る正攻法の競馬。4コーナー手前でロジチャリスが動くとすかさず追撃を開始し、直線ではロジに馬体を並べたが、あとひと伸びが利かず、1/2馬身差の2着だった。「重賞でメンバーが強くなっていたが、よく走ってくれた。ポジション取りも良く、渋った馬場も問題なかった。ペースがもう少し流れてくれればよかったが」とシュタルケ騎手は遅い流れに敗因を求めた。★1日中山11R「ダービー卿チャレンジトロフィー」の着順&払戻金はこちら
2017年4月2日() 05:02

 1,264

ダービー卿チャレンジのニュースをもっと見る >

【ダービーCT】マイネルアウラート楽々1馬身先着
 東京新聞杯4着のマイネルアウラートが、美浦Wコースで活気ある動きを見せた。エスピエーグル(3歳未勝利)を相手に残り3ハロンで外から馬体を併せると、楽々と1馬身先着。タイムは馬なりで5ハロン69秒3、3ハロン39秒1−12秒6だった。「先週しっかりやっているので、サラッと。中山のマイルはいいので、重賞を取りたい」と高橋裕調教師は力強く語った。
2017年3月30日(木) 05:04

 1,324

【ダービーCT】グランシルク馬なり12秒6
 ニューイヤーS2着以来2カ月半ぶりのグランシルクは、美浦Wコースで単走。躍動感あるフットワークで、5ハロン66秒3、3ハロン37秒3−12秒6の好時計を馬なりでマークした。「牧場で結構乗り込んできましたし、先週びっしりとやったので、息を整える程度。中山のマイルは相性がいいし、ハンデも55キロ。ここで賞金を加算したいですね」と千島助手は力を込めた。
2017年3月30日(木) 05:04

 1,140

【ダービーCT】追って一言
 ◆ガリバルディ・藤原英師 「体質が強くなり、詰めてレースを使える。いい動きを見せたし、あとは輸送がどうか」 ◆クラリティシチー・上原師 「放牧でリフレッシュされ、仕上がりはいい。マイルは合うので楽しみ」 ◆クラレント・橋口師 「動かないタイプにしては、時計が出た。ただ、休み明けは走らないタイプで、本当に良くなるのは次走以降かも」 ◆コスモソーンパーク・池上弘師 「9歳でも衰えは感じない。斤量が軽くなるのはいい。ヨーイドンの競馬にならなければ」 ◆サンライズメジャー・浜田師 「今回は休み明け。年齢のせいか、良化がスローな感じがする」 ◆シェルビー・笹田師 「休み明け3走目で、使いつつ調教の動きは良くなっている」 ◆シベリアンスパーブ・手塚師 「ここ2戦の内容は悪くない。内で脚をためられれば出番も」 ◆ショウナンアデラ・蛯名騎手「心肺機能が高いので息はできている。でも、体にまだ余裕がある。脚元の問題があるので、使いながら順調にいってほしい」 ◆ショウナンバッハ・上原師 「調子はいい。前に行けるようになったので、久々のマイルがいい方向に出てほしい」 ◆ダイワリベラル・菊沢師 「坂路でいい動きでした。前回はうまい具合に逃げられましたが、今回は(ゲートを)出たなりの競馬を」 ◆ダンツプリウス・山内師 「大敗した後だが、動きは悪くない。ポイントは速い時計になったときの対応だね」 ◆ロイカバード・松永幹師 「目立つ時計が出ないタイプなので、追い切りはこれで十分。あとは初の中山がどうか」 ◆ロジチャリス・内田騎手 「反応は悪くなかったね。能力は高いので、リラックスして走れれば」
2017年3月30日(木) 05:03

 2,005

ダービー卿チャレンジの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

4月1日 15:44更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv109 
15,660円 15,660円
Lv107 
750円 3,750円
Lv107 
1,770円 53,100円
Lv105 
630円 20,790円
Lv105 
240円 24,000円

的中情報をもっと見る >

ダービー卿チャレンジ過去10年の結果

2016年4月3日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 マジックタイム A.シュタルケ 1:32.8 13.0倍 105.8
2着 ロゴタイプ 田辺裕信 クビ 10.7倍 105.8
3着 サトノアラジン C.ルメール 1 1/4 3.4倍 104.3
2015年4月5日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 モーリス 戸崎圭太 1:32.2 3.1倍 107.5
2着 クラリティシチー 三浦皇成 3 1/2 9.0倍 102.9
3着 インパルスヒーロー 田中勝春 クビ 24.4倍 102.2
2014年4月6日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:稍重

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

ダービー卿チャレンジの歴史と概要

ダービー卿チャレンジトロフィーは、1969年11月に東京競馬場と京都競馬場でイギリスの騎手3名を招いて計4競走行われた「英国騎手招待競走」の1競走として行われたのが始まり。当時のダービー卿チャレンジトロフィーは、11月末に東京競馬場芝1800mで4歳(現3歳)以上別定競走として、1980年までクモハタ記念の前哨戦および有馬記念へと繋がる競走として施行された。

1981年から現在の中山競馬場に変更、1984年からはグレード制施行によりGIIIに格付けられると同時に、施行距離を芝外回り1600mに変更した。

1990年からは施行時期を3月末・4月初頭へ変更したことに伴い、出走資格を5歳(現4歳)以上に変更、さらに施行距離を芝外回り1200mに変更。6月初頭に行われる安田記念へと繋がる競走へと変わり、京王杯スプリングカップの前哨戦として位置付けが変わった。

その後1996年からは安田記念へと繋がる競走の意味合いを高めるため、施行距離を再び芝外回り1600mに戻して行われ、2002年からは負担重量をハンデキャップに変更し現在に至る。

安田記念の前哨戦のひとつだが、ハンデキャップ競走であるため、有力馬は3週間後に京都競馬場で施行されるマイラーズカップや5月に東京競馬場で施行される京王杯スプリングカップで始動する傾向があり、2009年までは本競走から安田記念で優勝をした競走馬が1頭もいなかったが、2010年の本競走勝ち馬ショウワモダンが当年の安田記念でも優勝し初めて本競走の勝ち馬が同一年の安田記念を制することになった。

ショウワモダン以外にもスズパレードサクラバクシンオーブラックホークフサイチエアデールグラスワールドダイワメジャーなどがダービー卿チャレンジトロフィー制している。


ダービー卿チャレンジトロフィーの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2017年12月16日(
ターコイズステークス G3
2017年12月17日(
朝日フューチュリティ G1

競馬番組表

2017年12月16日(
5回中山5日目
4回中京5日目
5回阪神5日目
2017年12月17日(
5回中山6日目
4回中京6日目
5回阪神6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
157,348万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 シュヴァルグラン 牡5
73,372万円
5 イスラボニータ 牡6
68,375万円
6 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
7 サトノクラウン 牡5
48,604万円
8 スマートレイアー 牝7
47,984万円
9 レッドファルクス 牡6
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
49,882万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る