注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

タガノエスプレッソ(競走馬)

注目ホース
タガノエスプレッソ
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2012年2月12日生
調教師五十嵐忠男(栗東)
馬主八木 良司
生産者有限会社新冠タガノファーム
生産地新冠町
戦績20戦[4-1-2-13]
総賞金9,907万円
収得賞金3,200万円
英字表記Tagano Espresso
血統 ブラックタイド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
タガノレヴェントン
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
フィバリッシュ
兄弟 タガノトネールタガノヴェローナ
前走 2017/06/24 大沼ステークス OP
次走予定

タガノエスプレッソの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/06/24 函館 11 大沼S OP ダ1700 14227.837** 牡5 57.0 北村友一五十嵐忠454(+2)1.44.4 1.637.9⑨⑨⑪⑧テイエムジンソク
17/05/20 京都 11 平安S G3 ダ1900 161218.786** 牡5 56.0 北村友一五十嵐忠452(-2)1.56.6 0.937.3⑬⑬⑪⑫グレイトパール
17/04/15 阪神 11 アンタレスS G3 ダ1800 1661240.2107** 牡5 56.0 北村友一五十嵐忠454(+2)1.50.4 0.535.9⑯⑯⑯⑮モルトベーネ
17/01/21 京都 11 すばるS OP ダ1400 16594.4314** 牡5 57.0 北村友一五十嵐忠452(+2)1.24.6 1.437.8⑥⑦スマートアヴァロン
16/12/25 阪神 12 ファイナルS OP ダ1400 1651043.5121** 牡4 56.0 北村友一五十嵐忠450(+6)1.22.6 -0.035.9⑧⑧エイシンバッケン
16/11/26 東京 11 キャピタルS OP 芝1600 151130.9910** 牡4 56.0 内田博幸五十嵐忠444(0)1.34.8 1.336.4ブラックムーン
16/07/24 中京 11 中京記念 G3 芝1600 168157.6315** 牡4 55.0 M.デムー五十嵐忠444(-2)1.35.1 1.535.3⑧⑧⑨ガリバルディ
16/07/02 中京 11 豊明S 1600万下 芝1600 9779.951** 牡4 57.0 M.デムー五十嵐忠446(-4)1.33.6 -0.133.6グァンチャーレ
16/02/13 京都 11 洛陽S OP 芝1600 105511.666** 牡4 56.0 菱田裕二五十嵐忠450(-4)1.35.1 0.733.5⑦⑧ラングレー
16/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 1781522.998** 牡4 54.0 菱田裕二五十嵐忠454(+12)1.33.6 0.634.1⑦⑦ウインプリメーラ
15/10/25 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 18816204.11813** 牡3 57.0 菱田裕二五十嵐忠442(-2)3.05.3 1.436.7⑤⑤キタサンブラック
15/09/27 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2400 1561089.2138** 牡3 56.0 菱田裕二五十嵐忠444(+6)2.28.0 1.334.8⑬⑬⑪⑩リアファル
15/05/31 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 18818276.41713** 牡3 57.0 菱田裕二五十嵐忠438(-4)2.25.5 2.336.6⑤⑤ドゥラメンテ
15/04/19 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 1546109.31213** 牡3 57.0 菱田裕二五十嵐忠442(+2)2.00.1 1.935.8⑨⑨⑪⑬ドゥラメンテ
15/03/08 中山 11 報知杯弥生賞 G2 芝2000 112251.8103** 牡3 56.0 菱田裕二五十嵐忠440(-6)2.02.4 0.636.1⑦⑦⑦⑧サトノクラウン
14/12/21 阪神 11 朝日杯FS G1 芝1600 1871518.776** 牡2 55.0 菱田裕二五十嵐忠446(+4)1.36.4 0.536.0⑪⑩ダノンプラチナ
14/11/15 京都 11 デイリー2S G2 芝1600 9887.951** 牡2 55.0 岩田康誠五十嵐忠442(-2)1.35.1 -0.133.8アッシュゴールド
14/10/11 京都 2 2歳未勝利 芝1800 13452.011** 牡2 55.0 岩田康誠五十嵐忠444(+4)1.47.9 -0.034.7アドマイヤロケット
14/09/21 阪神 1 2歳未勝利 芝1600 188183.822** 牡2 54.0 岩田康誠五十嵐忠440(-14)1.34.4 0.133.7⑪⑨ブラックバード
14/08/23 新潟 6 2歳新馬 芝1400 145817.053** 牡2 54.0 石橋脩五十嵐忠454(--)1.24.5 0.135.5⑪⑪ダノングラシアス

タガノエスプレッソの関連ニュース

 ★宝塚記念2着ゴールドアクター(美・中川、牡6)は近日中に放牧へ出る。今後は未定。3着ミッキークイーン(栗・池江、牝5)は右回りの中距離戦をステップにエリザベス女王杯(11月12日、京都、GI、芝2200メートル)へ。4着シャケトラ(栗・角居、牡4)、6着ミッキーロケット(栗・音無、牡4)、10着クラリティシチー(美・上原、牡6)は放牧へ。

 ★パラダイスSを逃げ切ったウインガニオン(栗・西園、牡5)は中京記念(7月23日、中京、GIII、芝1600メートル)を目指す。5着ロードクエスト(美・小島茂、牡4)は予定通り関屋記念(8月13日、新潟、GIII、芝1600メートル)へ。7着ショウナンアチーヴ(美・国枝、牡6)はバーデンバーデンC(7月16日、福島、OP、芝1200メートル)。

 ★稲城特別を逃げ切ったサンデームーティエ(美・谷原、牡3)はセントライト記念(9月18日、中山、GII、芝2200メートル)を目指す。

 ★ユニコーンS2着ハルクンノテソーロ(美・高木、牡3)、25日東京の500万下(ダ1600メートル)を圧勝したサンチェサピーク(美・加藤征、牡3)はともにレパードS(8月6日、新潟、GIII、ダ1800メートル)へ。

 ★函館スプリントS2着キングハート(美・星野、牡4)は北九州記念(8月20日、小倉、GIII、芝1200メートル)へ。

 ★大沼Sを圧勝したテイエムジンソク(栗・木原、牡5)、7着タガノエスプレッソ(栗・五十嵐、牡5)はマリーンS(7月9日、函館、OP、ダ1700メートル)へ。

 ★平安S12着ロンドンタウン(栗・牧田、牡4)はエルムS(8月13日、札幌、GIII、ダ1700メートル)へ。

 ★アハルテケS5着ラインシュナイダー(栗・沖、牡5)はサマーチャンピオン(8月16日、佐賀、交流GIII、ダ1400メートル)が視野に。

 ★花のみちSを勝ってオープン入りしたトウショウカウント(美・萱野、牡5)は流動的だが、NST賞(8月20日、新潟、OP、ダ1200メートル)に出走する可能性も。

 ★東京ジャンプS2着グッドスカイ(栗・松元、牝4)は新潟ジャンプS(8月26日、新潟、J・GIII、3250メートル)へ。

【大沼S】厩舎の話2017年06月23日(金) 05:03

 ◆ジェベルムーサ・岩田騎手 「仕上がりはいいですね」

 ◆ショウナンアポロン・勝浦騎手 「さすがオープン馬という動き」

 ◆スズカリバー・伊藤圭師 「まずまずいい感じ」

 ◆タガノエスプレッソ・北村友騎手 「前走より相手関係が楽」

 ◆ダノングッド・小崎騎手 「調整はうまくいった。あとは展開次第」

 ◆ディアドムス・松村厩務員 「このひと追いで体と息ができてくるでしょう」

 ◆テイエムジンソク・森貞助手 「初コースにも対応できそう」

 ◆トップディーヴォ・四位騎手 「間隔はあいているけど、仕上がりはいい」

 ◆ナリタハリケーン・藤岡康騎手 「年齢を感じさせない」

 ◆マイティティー・本田師 「ここで始動と決めて、十分に乗り込んでいる」

 ◆メイショウスミトモ・南井師 「函館でも勝っている」

 ◆モズライジン・宮内助手 「小回りコースへの対応が鍵」

 ◆ヨヨギマック・岡田師 「状態自体はいい」

 ◆リーゼントロック・松岡騎手 「まずまずのいい時計」

[もっと見る]

【大沼S】追って一言2017年06月22日(木) 05:04

 ◆ジェベルムーサ・大竹師 「時計は少し速くなりましたが、状態は良さそうですね。2年前(1着)と同じような競馬ができれば」

 ◆ショウナンアポロン・勝浦騎手 「先週、今週と乗って、さすがオープン馬だなという動き。時計もいいね」

 ◆スズカリバー・伊藤圭師 「反応が良くて素軽い動き。1回使った方が良くなる馬だが、まずまずいい感じに仕上がった」

 ◆タガノエスプレッソ・北村友騎手 「追い切りの動きは良かったですね。(重賞の)前走より相手関係が楽になるので期待」

 ◆ダノングッド・小崎騎手 「動きは良かったですね。調整はうまくいっています。あとは展開次第ですね」

 ◆ディアドムス・松村厩務員 「追い切りは動かない馬ですからね。このひと追いで体と息ができてくるでしょう」

 ◆テイエムジンソク・森貞助手 「もともとこれぐらい動く馬。前走の勝ちっぷりが良く、時計も速かったので好勝負になると思います」

 ◆トップディーヴォ・四位騎手 「びっしりやっておいてくれとの指示。追ってからの反応は良かったね。間隔はあいているけど、仕上がりはいい。現状の力でどこまでやれるか」

 ◆ナリタハリケーン・藤岡康騎手 「このひと追いでどう変わるか。馬は年齢を感じさせず、フレッシュです」

 ◆マイティティー・本田師 「ここから始動すると決めて、十分に乗り込んでいる。追い切りの動きは良かった」

 ◆メイショウスミトモ・南井師 「ここまで順調。函館でも勝っているし、自分の競馬ができれば好勝負になる」

 ◆モズライジン・宮内助手 「最近はスタートがあまり良くないので、小回りコースへの対応が鍵ですね」

 ◆ヨヨギマック・岡田師 「調教では動けているし、状態自体はいい。今回は実戦から離れているところがどうか」

★大沼Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【大沼S】タガノエスプレッソ、早めの函館入り2017年06月21日(水) 05:03

 昨年12月に初ダートのファイナルSを鮮やかに差し切ったタガノエスプレッソ。すばるSでは14着に大敗したが、近2走は重賞で、7、6着と盛り返してきた。「早めに函館に入っているので、ここまでの調整はしやすかったですね。(ダートの)重賞で差のない競馬をしていますし、恥ずかしい競馬にはならないと思います」と坂田助手は力を込めた。

★大沼Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【古馬次走報】クリソライト、帝王賞へ2017年05月24日(水) 05:00

 ★オークス2着モズカッチャン(栗・鮫島、牝3)は秋は秋華賞(10月15日、京都、GI、芝2000メートル)を目標にトライアルへ向かう。僚馬で8着マナローラ(牝3)、14着ハローユニコーン(牝3)も同様のローテーション。11着カリビアンゴールド(美・小島太、牝3)は秋は秋華賞を目指すが、次走はかもめ島特別(7月9日、函館、1000万下、芝1800メートル)が有力。

 ★鳳雛Sを勝ったローズプリンスダム(美・畠山、牡3)はジャパンダートダービー(7月12日、大井、交流GI、ダ2000メートル)が目標。間隔があくため体調が整えば、ユニコーンS(6月18日、東京、GIII、ダ1600メートル)も使う予定。4着サンライズノヴァ(栗・音無、牡3)はユニコーンSへ。

 ★平安S2着クリソライト(栗・音無、牡7)は帝王賞(6月28日、大井、交流GI、ダ2000メートル)。6着タガノエスプレッソ(栗・五十嵐、牡5)は大沼S(同24日、函館、OP、ダ1700メートル)へ。

 ★メイS4着ヒストリカル(栗・音無、牡8)、5着バーディーイーグル(美・国枝、牡7)はエプソムC(6月11日、東京、GIII、芝1800メートル)の予定。

 ★フリーウェイSを逃げ切ったノットフォーマル(美・中野、牝5)は函館スプリントS(6月18日、函館、GIII、芝1200メートル)へ。

 ★シドニーTを制したゴーインググレート(栗・岩元、牡7)は天保山S(6月17日、阪神、OP、ダ1400メートル)に進む。

[もっと見る]

【平安S】レースを終えて…関係者談話2017年05月21日() 05:03

 ◆武豊騎手(クリソライト2着) 「前に行く馬が多いので、あれしかない(後方からの)狙い撃ちの競馬。勝ったと思ったが、だいぶ前に馬がいたよ」

 ◆岩田騎手(マイネルバイカ3着) 「うまく立ち回り、力のあるところを見せてくれた」

 ◆石橋騎手(ピオネロ4着) 「3、4コーナーで自分から動く形になった。そのぶん、伸び切れなかった」

 ◆福永騎手(ケイティブレイブ5着) 「控えようと思ったが、途中から(ハナに)行った。勝ち馬がついてきていたのは誤算だったが、粘っているし、持ち味は出せた」

 ◆北村友騎手(タガノエスプレッソ6着) 「力の要るダートだったのにラストはよく伸びています」

 ◆和田騎手(アスカノロマン9着) 「状態は良かったが、走る気がなかった。ハミを全くかまなかった」

 ◆ルメール騎手(グレンツェント10着) 「ずっと忙しかった。4角では反応しなかった」

 

★20日京都11R「平安ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

タガノエスプレッソの関連コラム

閲覧 825ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!

本日は京都11R「平安ステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。

重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。

重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、グレイトパールから1.0ポイント差(約1馬身差)内のクリノスターオーまで2頭。
第2グループ(黄)は、ロワジャルダンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のアスカノロマンピオネロまで3頭。
第3グループ(薄黄)はラストインパクトから同差内のタガノエスプレッソグレンツェントロンドンタウンマイネルバイカクリソライトマイネルクロップまで7頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、上位勢では第2G→第3G間の0.9ポイント差が目立つくらいで、全般的に大きな差の生じない配置となっています。ただし、ダート重賞の場合、近走にU指数が算出されない交流重賞を使っている馬には注意が必要です。特に直近のパフォーマンスが交流重賞でその部分が“目隠し”となっているような馬は鵜呑みにすると危険かもしれません(これだけの混戦模様ですから余計に)。

そんななか今回の私の本命は◎リーゼントロックとしました。前走アンタレスSは瞬発力勝負だと苦しいこの馬にとっては不向きな上がりを求められる展開となりながら、最後まで2着争いを演じての4着。今回先行勢には厳しいハイペースとなりそうなメンバー構成ではありますが、上がりが掛かるならその点についてはプラスに働きそうです。むしろ、前は厳しいと映ることでなんとかまだ妙味を維持してくれそうな点は、個人的には追い風と捉えています。前回の健闘で前回ほど穴馬とはなってくれないだろうと当初軽視する方向で考えていましたが、思い直しての本命視。凄馬出馬表評価は下位ですが、もともと大きな差のないメンバー構成ですし、引き続き状態は良さそうなので前走以上を期待したいと思います(できれば、人気は前走以下でお願いしたいところですが果たして......)。
以下、前走は上がり36秒台のレースに対応してみせたが本来6〜8走前のようなタフなレースのほうが向きそうな○ロンドンタウン、ここまで間隔が空いたのは初めてでも休み明け好走実績がありこの条件なら相手で十分狙える▲クリノスターオー、勝ち切った6走前から持久戦になったほうが良さそうな☆ピオネロを上位評価。
そして今回の私の馬券は、恐らく◎の単複勝負になると思いますが、当コラムでは◎から○▲☆への3複勝負としたいと思います。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印

8=5,6,11=4,5,6,7,9,11,14,15,16(21点)


登録済みの方はこちらからログイン

2017年04月15日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第263回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜アンタレスステークス G3
閲覧 729ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「アンタレスステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、モンドクラッセから1.0ポイント差(約1馬身差)内のロワジャルダンアスカノロマンまで3頭。
第2グループ(黄)は、グレンツェントから1.0ポイント差(約1馬身差)内のタガノエスプレッソまで2頭。
第3グループ(薄黄)はロンドンタウンから同差内のメイショウスミトモミツバマイネルクロップピットボスマイネルバイカモルトベーネまで7頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、上位には開きがほとんど生じない団子状態。第3G→第4G間に1.4ポイント差がありますが、それすら他の重賞と比べると小さな溝の印象でどこからでも入れそうな状況となっています。

そんな中、今回の私の本命は◎アスカノロマンに期待しました。前走から斤量1キロ減と乗り慣れた鞍上に戻って真価が問われる一戦。コース・展開的にも不利になるとは考えにくいですし、凄馬出馬表評価上位勢ではもっとも信頼できる存在とみて本命視。
○はミツバ。舞台適性という意味ではこちらも上位の存在。昨秋のシリウスステークスはこの馬には時計が速過ぎた印象で、しかも前々決着となる中で中身のある4着という内容。当時よりも脚質自在キャラに生まれ変わって迎えるJRA重賞再挑戦の今回、さらなる前進を期待したいと思っています。
▲にメイショウスミトモ。いずれも中山1800ではあるものの前走、7走前あたりの内容を評価しました。想定通りの淀みない流れなら、こちらも好相性の舞台で一発を期待できそうです。
☆にグレンツェント。能力の高さは認めますが、前走東海ステークスVは55キロでスローからの瞬発戦。斤量増もさることながら、今回求められる質も変わってきそうなペース面からも一枚割引きました。ただ、2走前に締まったペースで上り掛かる展開でも実績があるのがニクイところ。斤量が嫌われれば妙味も出てきそうで、そういった意味では今回狙い目も。
そして今回の私の馬券は、◎○▲=◎○▲からの3複で勝負とします。


【3連複フォーメーション】
◎○▲=◎○▲=印
3,8,13=3,8,13=3,4,6,7,8,10,12,13,14(19点)

[もっと見る]

2016年12月28日(水) 18:20 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(12/24〜12/25)はははふほほほプロが回収率141%、収支プラス29万超!
閲覧 682ビュー コメント 0 ナイス 9

先週は25(日)に中山競馬場でG1有馬記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1有馬記念サトノダイヤモンドが2.6倍で1番人気、2番人気がキタサンブラックで2.7倍、3番人気ゴールドアクター7.9倍、4番人気サウンズオブアース8.7倍とここまでが10倍を切って上位人気を形成しました。
 
注目のスタートはムスカテールが出遅れますが、その他各馬はきれいな出だし。大方の予想通り中からマルターズアポジーが先頭に立ってホームストレッチに入ります。先頭はマルターズアポジーでリードは4馬身、2番手にキタサンブラック、そこから2馬身ほど間があいてゴールドアクターアドマイヤデウスサムソンズプライドマリアライトと続いて先行集団を形成。中団からはミッキークイーンヤマカツエースサトノダイヤモンドサウンズオブアースサトノノブレスシュヴァルグランアルバートと追走。後方からはデニムアンドルビームスカテールが並走してそこから3馬身ほど間があいて最後方にヒットザターゲットの態勢。
 
前半の1000m通過は1分1秒0(参考タイム)の平均的な流れ。向こう正面でサトノダイヤモンドがポジションを取りに行って3番手、キタサンブラックを見る形でレースを進めます。残り1000mを通過、ここでサトノノブレスが仕掛け気味に上がっていくとこれに反応したのがキタサンブラック、ここでペースが一気に上がって直線コースへ差し掛かります。マルターズアポジーを交わしたキタサンブラックが先頭、これに併せる形でゴールドアクター、その外にはサトノダイヤモンド、後続も差なく前の3頭を追います。
 
残り200mを通過、逃げるキタサンブラックゴールドアクターを突き放して逃げ込み態勢、直後のサトノダイヤモンドも追い込みますが、反応やや鈍くなかなか差を詰められません!
 
残り100m、坂を上がってゴールドアクターはやや一杯、キタサンブラックの粘り込み濃厚かと思われた直後、ここでサトノダイヤモンドがグングン加速!内キタサンブラック、外サトノダイヤモンド!1、2番人気馬による激しい叩き合いとなりましたが、僅かに外サトノダイヤモンドキタサンブラックをクビ差捉えて有馬記念を制しました!勝ちタイムは2分32秒6(良)。クビ差の2着にキタサンブラック、そこから半馬身差の3着にゴールドアクターが入っています。
 
公認プロ予想家ではおかべプロほか7名が的中しています。

------------------------------------------------------------------------------

☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
25(日)阪神12Rで『血統からは初ダートは望むところ。15日、21日と坂路で好調教連発。発馬を決めて逃げ〜先行。一発あるならこの馬。』と狙った◎タガノエスプレッソ(43.5倍)の単複を仕留め、15万6600円を払い戻し!阪神7Rでは単勝28.7倍のサブトゥエンティの単複を仕留め、11万8200円を払い戻しました!この他にも24(土)中山3Rアダマンティン(19.7倍)、中山9Rディオスコリダー(18.1倍)など鋭い予想を3日間に渡り披露!週末トータル回収率141%、収支プラス29万4900円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
23(金)阪神4Rで『初戦は外に張って走っていたようで競馬がチグハグだった。チーク着用で改善されれば変わっても。』と狙った大穴マスターコード(78.4倍)を本命に抜擢!馬連289.8倍、ワイド68.4倍、複勝23.9倍を仕留めました!24(土)中山6Rでは◎サウンディングベルの単勝43.1倍、複勝8.5倍を的中!この他にも25(日)中山1Rリオファンク(42.7倍)、中山9RホープフルステークスG2の◎マイネルスフェーン(47.3倍)など穴の激走馬を次々と推奨!週末トータル回収率122%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
25(日)中山7Rで◎ステイブラビッシモ×ステイパーシスト×ブライトバローズの印で3連複1点勝負!34万9000円を払い戻しました!さらに中山10R有馬記念G1では◎サトノダイヤモンドキタサンブラックの馬連を1点勝負で仕留め、4万4000円の払い戻し!週末トータル回収率189%、収支プラス23万4340円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
25(日)阪神1Rで『硬さがありパワータイプ。条件替わりで良さが出そう。』と本命に推した◎アッティーヴォスマートニンバスの馬単21倍を2000円仕留め、4万2000円を払い戻し!中山2Rでは◎○の馬連13.8倍を2000円的中させ、2万7600円を払い戻しました!週末トータル回収率172%をマークしています。
 
この他にもKOMプロ(140%)、山崎エリカプロ(126%)、伊吹雅也プロ(120%)、kmプロ(119%)、ろいすプロ(113%)、蒼馬久一郎プロ(108%)、加藤拓プロ(100%)が回収率100%超えの活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら
 
今年も1年間誠にありがとうございました!来年もウマニティ競馬プロ予想MAXをどうぞ宜しくお願い致します!

[もっと見る]

2016年07月24日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第198回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜トヨタ賞中京記念 G3
閲覧 573ビュー コメント 0 ナイス 3

みなさんこんにちは!

本日は中京11R「中京記念 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、ダッシングブレイズ1頭。
第2グループ(黄)は 、ピークトラムから1.0ポイント差(約1馬身差)内のワキノブレイブダノンリバティタガノエスプレッソダローネガケントオーまでの6頭。
第3グループ(薄黄)は、カオスモスから1.0ポイント差(約1馬身差)内のガリバルディアルマディヴァンスマートオリオンまでの4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

ダッシングブレイズが1頭抜け出た以外、2位以下は大混戦の配置。ハンデ戦なので往々にして起こる状況ですが、下位グループから指数を跳ね上げてくるような馬にも要警戒なメンバー構成ではないでしょうか。

今回はまず、その頭一つ抜け出した状態のダッシングブレイズについてから。
鞍上も、マイルも、中京も、中間の過程も減点材料には当たらず......。という訳で、久々の1位馬本命パターンにはなりますが素直に◎ダッシングブレイズでいこうと思います。ただ、あまり外を回すようなことになった場合、馬場の3〜5分どころあたりを通った馬たちに後塵を拝することになりそうなので2着まで想定しておきます。
○はアルマディヴァン。夏場+中京得意で、昨年と出来自体は変わりなく来れていそうなので“リピーター”の台頭に期待してみたいと思います。
あとは、中京記念自体もそうですが、このコースで活躍傾向の“そこそこ人気で適度に馬格のある馬”(具体的には「馬体重480kg〜520kg位かつ単勝15倍程度まで」)に該当してきそうなあたりから▲にダノンリバティ、☆にガリバルディを上位評価。
以下△にピークトラムスマートオリオンタガノエトワールと印を回します。
そして今回の私の馬券は、◎からの馬単を本線にお楽しみの3複を合わせた買い目で勝負としたいと思います。


【馬単流しマルチ】
◎⇔印
8⇔3,5,7,10,11 (10点)

【3複軸2頭流し】
◎○=印
8,10=3,5,7,11 (4点)

計14点


荒れるレースということで手広くいこうかとも考えましたが、先週と違って◎が(恐らく最終的にも)1番人気馬なので短く持って決め打ちでいってみましたが果たして......。

[もっと見る]

2016年07月23日() 09:10 みんなの競馬コラム
【中京記念】血統考察 byうまカレ
閲覧 1,263ビュー コメント 0 ナイス 7

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。

今週は中京記念。
このレースは重賞の中でもトップクラスに難しいなと毎年感じます。
所謂「リピーターレース」で、フラガラッハの連覇がよく語られますが、個人的にはミッキードリームの方が印象深いです(^^;)

ミッキードリームは2012年が7番人気4着、2013年が2着、2014年が3着でした。血統的に注目すべきことは「キングカメハメハ×トニービン持ちの母」という配合であるということ。
東京のGIを勝ちまくったトニービン直仔の斬れは、母父Hornbeam(Nasrullah×Hyperion)の、Nasrullahの広いコース向きの柔らかい体質と、Hyerionの持続力に起因します。トニービンはHyperion5×3・5でもあるので、母系に入ると粘着力を伝え、切れ味が削がれる馬もいます。
しかし、キングカメハメハの母母父Blakeneyの母父がHornbeamなので、トニービン持ちの牝馬と交配すると、Hornbeamのクロスができ、トニービン直仔らしい馬(長い直線で持続性ある末脚が武器な馬)が生まれやすいのです。
その最たる例が、ドゥラメンテルーラーシップであり、彼らの場合はHornbeamのクロスのほかに、エアグルーヴの牝祖パロクサイドもNasrullahとHyperionを持っているというのがポイントでした…というのが望田先生に教わった最初のこと。
話を戻しますが、ミッキードリームは、パロクサイド牝系でこそないものの、キングカメハメハ×サンデーサイレンス×トニービン×ノーザンテーストと、ドゥラメンテと15/16同血。トニービンを増幅した配合で、外差し馬場になり易い最終週の中京は持ってこいだったのですね。(「終わりそうで終わらないノーザンテースト」ともいえる)

とにかく難解なので内枠から気になる馬、有力馬について書いていきます。

●「中京マイル」という独特の舞台が合っているのではないか
カオスモスは、Buckpasser、母系に入るMy Chermer(Seattle Slewの母)Bug Hurry(Caerleonの5代母)、Never BendのLa Troienneパワー(特に母はBold Reason≒Never Bendのきょうだいクロス4×6)も豊富ですが、母母がナスキロ血脈のサンデーピクニック(サンデー×Caerleon×Shirley Heights)なので、ここが父のSecretariatと脈絡しますから、パワーと斬れ、どちらも兼備しているというイメージがあります。だからというべきなのか、東京で斬れまくるわけでもないので、ちょっとタフな外回りである中京は合っているのではないかと思うのです。実際に昨年は0.2秒差5着でした。完璧に乗っても勝ち切ることはないと思いますが、前走パラダイスSも0.3秒差6着と悪くない内容、昨年(18.0倍8番人気)から人気暴落の予感なので気に掛けておきたい1頭です。

●母母のパワーで
マイネルアウラートは昨年暮れの1000万→1600万連勝から、年明けの東京新聞杯3着、前走パラダイスSでオープン特別優勝と、まさにステイゴールド産駒(というよりノーザンテースト4×4)らしい成長をみせています。とはいえ、母母セーヌフロウはティンパーカントリー産駒(母プレイメイトがBusanda≒Striking2×3)で、母系にヒッティングアウェー(母Striking)を持つのでBusanda≒Striking5・6×4というパワーの塊。外回りのマイルで斬れるタイプではないのですが、こういうパワーが優ったタイプが怖いのが中京記念です。

●≒ミッキードリーム
タガノエトワールキングカメハメハ×サンデーサイレンス×トニービン×ノーザンテーストで、ミッキードリームともドゥラメンテとも15/16同血。牝馬だから一瞬の切れもありますが、本質的には外回り向きと踏んでいます。前走は途中で競馬をやめてしまっている感じでしたし、ここまでミッキードリームと酷似の血統ですから、血統派としては是が非でも抑えます(^^;)

●あり余るパワーと底力
トウショウドラフタアンライバルド×ジェイドロバリー、母母がサマンサトウショウですから、Sadler’s Wells≒Number3×3のパワー+Hyperionというイメージでいます。前向きな気性はSpecial(Sadler’s Wellsの母母、Numberの母)らしいものです。気性的に後ろからの競馬にならざるを得ないのが難点ですが、それでも抑え込めているのは名手(田辺騎手)の力でしょう。ここはファルコンSほどタフな馬場になりそうにない中、古馬相手にどこまでやれるか。ただやっぱりこの鞍上ですから、「えっそんな位置でも競馬出来るんだ」な〜んてことが起こりかねないので怖いです。この牝系なので成長力は◎です。

●母は名繁殖、気性が課題
ピークトラムは、母タッチザピークがマルゼンスキー≒Passing Mood3×3(Northern DancerとBuckpasserとBull Dog=Sir Gallahadなど)というニアリークロスを持っているので、名繁殖の道を駆け上がっています(兄タッチザターゲット2勝、弟セネッティ2勝)。チチカステナンゴ×スペシャルウィークでも、母系のパワーが強くストライドは伸びませんが、中京は合いそうです。難点は、望田先生が良く指摘されるチチカステナンゴのVaguely Nobleと、スペシャルウィークのセントクレスピンを通じるAureoleのクロスで馬群を嫌う気性があること。中山の500万も、前走の谷川岳Sも外目をスムーズに追走していました。小牧騎手がこの枠からどう乗りこなすかでしょう。僕は軽視します。

●舞台はベスト!
ダッシングブレイズは、母Blazing BlissがGonfalon≒Hopespringseternal3×3というナスキロ+War Admiral+La Troienneのニアリークロスで、ナスキロ+Tom FoolでみればLady Capuletとも脈絡します。サトノクラウンと同じような所謂「ナスキロ柔らかい」体質で外回りのマイルがベスト。ここは条件が揃いました。

●柔らか体質で外回り向き
カレンケカリーナの母父Unbridled’s Songは母Trolley SongがCaro×ナスキロなので柔らかい体質を伝えやすく、この血を持つ馬は外回り向きになりやすいです。直近の例では、トーホウジャッカル(母父)、東京で良く走るレッドルーファス(父))などがいます。カレンケカリーナの場合は3代母父がRound Table×Fleet Nasrullahで、ナスキロとCount Fleetと、Unbridled’s Songの血を増幅しているのがオッと思わせますし、ハーツクライ産駒でPromised Landのクロスを持つのはウインバリアシオンと同じで、これも外回り向きの斬れを引き出すクロスです。前走の福島牝馬(福島芝1800m)や、前々走のターコイズS(中山1600m)はこの馬にとって完全に不向きな条件。府中牝馬Sは0.4秒差ですし、ここは注目してみたいです。

●タフ馬場と夏がイイ
アルマディヴァンは父メジロベイリーの母父マルゼンスキーの母父Buckpasser、母母父Rivermanの父Never Bend、3代母父父Better SelfがLa Troienneを持っていて、特にBuckpasserの母BusandaとBetter SelfはWar AdmiralとLa Troienneを併せ持つのでニアリークロスとなります。こういうタイプは、器用に立ち回ることができるので内枠だったというのも昨年は良かったのでしょう。今年は巧く立ち回った中山牝馬Sで4着、これくらい走れていれば、真ん中くらいの枠なので再度警戒したいです。

●舞台は合いそうだが未知数な面も
ダノンリバティは名繁殖スカーレットレディにエリシオ→キングカメハメハと配されたのでNureyev≒Fairy King4×3、イメージ通りパワーがあります。だからもちろん芝であれば東京・京都<阪神・中京なのでしょうし、マイラーズカップの12着は伸びない外を回しての者だから参考外としても、全世代相手の芝のマイル重賞でやれるかどうかは疑問が残ります。人気先行ならちょっと怖い1頭ですね。

●マイラーズCの内容からここでも通用
ケントオーはLa Troienne→Baby Leagueの牝系で、母系のパワーが強く、ダンスインザダークも母系は米血パワーがすごいので道悪の前走が圧巻の内容(ダンスインザダークの8代母父High TimeはDomino3・3×2、ケントオーの5代母父母Beaming Beautyという馬はDomino3×4・4、こんなあたりも無関係ではないと思うんです)。重賞がどうかというところですが、高速馬場のマイラーズCで外目4番手を追走しながら0.5秒差8着なら上出来でしょう。当然中京なら大崩れはなさそうです。

●Hyperionらしくこれから成長
タガノエスプレッソの母タガノレヴェントンは、タガノトネールも産んでいる名繁殖。キングカメハメハ×トニービン(Hyperion5×3・5)×Nureyev(Hyperion4×4)でNureyev4×3、さらに3代母Likely ExchangeまでもがHyperion5・5×4・4というHyperion凝縮っぷり。だからタガノエスプレッソが2歳時にデイリー杯を勝ったことは少しぶっくりで、さすがにクラシックでは厳しい競馬が続いていたけれども、これから5歳、6歳とどんどん成長していく馬で、もう1つ2つ重賞は獲るはずです。今回は、さすがに前走は流れに恵まれた感があるし、本格化はまだ先だと思っているので厳しいとみます。
でもよく考えてみれば、中京記念を連覇したフラガラッハの母スキッフルはトニービン×Nureyevで、Hyperion凝縮型としては屈指の名繁殖。確かに血統だけみれば面白いっちゃ面白い。

●本来はしぶとい中距離馬
ダローネガは今年で7歳、まだ中山で行われていた朝日杯で3番人気だったのが懐かしいです。母カメリアローズはHyperionとDonatelloとFair Trialという主要血脈を豊富に含んでおり、これはスカーレットインク的(Alibhai的)、ノーザンテースト的(Lady Angela的)粘着力を増幅するので、ダローネガはマイルで差す競馬ばかりやっていますが、本当は1800−2000ベストのしぶとい中距離馬なのだと思います…。それでも能力があるから、タフ馬場の中京記念では3着まで走ります(でも水分を含む馬場は苦手)。デキは良さそうですし、鞍上も強気の騎乗をする藤岡康騎手、ここは買いでしょう。

【まとめ】
難解すぎて1頭に絞れないが、やっぱり最有力はダッシングブレイズとみる。
カオスモスは昨年の内容が悪くなく、当該舞台に相当な適性を感じる。
タガノエトワールミッキードリームと酷似の血統で、大箱のマイルコースはベストの可能性がある。
カレンケカリーナは柔らかい体質で大箱向き、近2走は小回りだったが府中牝馬では勝ち馬から0.4秒差だった。
アルマディヴァンは夏場が良いタイプで、今年もここまで人気薄なら拾っておきたい。
ダローネガは本来しぶとい中距離馬だが、マイルならここだろう。
うーん、タガノエトワールカレンケカリーナかなぁ。

トウショウドラフタ折り合い難から位置取りが後方になるので、古馬相手にまとめて面倒をみれるとは思わないが、ルメール騎手、横山典騎手のように気性難の馬を絶妙なタッチで操る田辺騎手が怖いので切れない。
ピークトラムは馬群を嫌がる気性があるので、真ん中の枠は割り引き。
ダノンリバティは、たしかに芝なら中京が良いだろうが、全世代相手の芝の重賞で勝負になるかはまだ未知数なので過剰人気しているならば切ってみたい。
タガノエスプレッソは母がHyperion豊富な名繁殖だから、これから重賞をもう1つ2つ撮るだろうが、前走はさすがにペースに恵まれ過ぎて、今回デムーロ騎手で過剰人気するならば切りたい。

----------


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/


執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2016年07月17日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2016年7月17日号】特選重賞データ分析編(4)〜2016中京記念〜
閲覧 2,735ビュー コメント 0 ナイス 8

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析!<ピックアップデータ>をはじめ、<追い風データ/向かい風データ>、<注目馬チェック>など貴重な情報満載のウマニティ会員専用コラムを是非あなたの予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3中京記念 2016年7月24日(日)中京競馬場/芝/1600m


<ピックアップデータ>

【“中山芝、中京芝、阪神芝の重賞かオープン特別”における優勝経験の有無別成績(2012年以降)】
○あり [4-3-2-17](複勝率34.6%)
×なし [0-1-2-35](複勝率7.9%)

 中京競馬場がリニューアルオープンし、サマーマイルシリーズ対象レースとなった2012年以降は、ゴール前の直線に急坂のあるコースを得意としている馬が優勢。連対を果たした馬の大半は、中山、中京、阪神でオープンクラスのレースを制した経験のある馬でした。なお「なし」に該当していた馬のうち、“前年か同年、かつ中京芝、かつ1000万下から上のクラスのレース”における優勝経験もなかった馬は2012年以降[0-0-1-33](複勝率2.9%)。好走例すらほとんどありません。

主な「○」該当馬→・・・

[もっと見る]

⇒もっと見る

タガノエスプレッソの口コミ


口コミ一覧

2日間の結果

 競馬が大好き(複勝男 2017年06月29日(木) 00:33

閲覧 19ビュー コメント 0 ナイス 5

反省会

京橋特別

サトノメサイア 7着 4.7倍 3番人気

休み明けは走らない馬
今回もそうだったようだ
次走に期待して忘れないように


垂水ステークス

ミエノサクシード 5着 5.4倍 3番人気

いつもは脚を溜めて直線勝負の馬
今回は思ったよりも前の競馬で手ごたえ良かったが
直線はいつもの伸びがなかったね

宝塚記念

レインボーライン 5着 23.8倍 7番人気

直線だけの競馬に期待したんだけど
岩田騎手だから勝負に行ってしまった
仕掛けも早かったね

キタサンブラックはいつもの競馬はせず大事に乗りすぎ
サトノクラウンが一気に来てかわされて
レースを止めた感じと思うんですが

リボン賞

クリノリトミシュル 5着 2.2倍 1番人気

いつもより伸びなかった
相手も弱くないけど
中1週かなぁ・・・

湯川特別

オリエントワークス 4着 7.1倍 4番人気

悪くはないんだけど
2〜5着まで同タイムなんでね〜

大沼ステークス

タガノエスプレッソ 7着 7.8倍 3番人気

ペースが速すぎたみたいだね
状態もなぁ・・・悪くなかったんだけど
躓いたし

長万部特別

フレンチイデアル 4着 4.3倍 3番人気

通ったコースが外過ぎた

奥尻特別

ナイトオブナイツ 4着 2.5倍 1番人気

展開向いてませんが
仕掛けてから外回りすぎ
もう少しロスなく乗ってほしかったね

UHB杯

ユメノマイホーム 7着 7.1倍 3番人気

思っているほど伸びず
連闘で巻き返す馬なんですが
先週の高速馬場が堪えたかも

津軽海峡特別

ハヤブサナンデダロ 4着 1.6倍 1番人気

逃げれず・・・
連闘で先週の疲れがあったかも
前走好時計過ぎたか

以上

 銀色のサムライ 2017年06月26日(月) 18:16
馬券メモ(2017/6/24・25)
閲覧 34ビュー コメント 2 ナイス 9

先週、馬券予想したレースの本命馬の回顧をしていきます。


【3回阪神7日】

■7R ローゼンタール 2人気8着

結果的には前残りの流れになりましたから、
スタートで半馬身ほど出遅れてしまったのが大きく響きました。

■8R ラレータ 4人気4着

後方待機から上手く内をすくってきたものの、4着に入るのが精一杯。
もっと前でレースを運べれば良かったんですが…。

■9R ケンホファヴァルト 1人気1着

マイペースの逃げ切り勝ちでした。
1600万下に昇級しても、同型の出方次第では面白いかもしれません。

■10R パーリオミノル 1人気4着

2番手から上手く運んでいたように見えましたが、直線で末脚不発。
降級なら1400mでも大丈夫、と考えたんですけど、サッパリでした。

■11R シルバーステート 1人気1着

マイペースで逃げられましたけど、
終始楽な手応えでレコードタイの時計をマークしたのはさすがです。
順調ならば、間違いなく重賞を勝てる器だと思います。

■12R セネッティ 1人気8着

道中の追走に手間取った事で脚が溜まりませんでした。
1000万下で好走していた馬が500万下で凡走してしまうとは…。


【3回東京7日】

■5R リーベグランツ 5人気11着

スタートでの出遅れが痛かったのですが、
それ以上に直線で全く脚を使っていませんから、勝負になる状態じゃなかったのでしょう。
勝ち上がるなら、前々でレースを運ぶしかなさそうです。

■7R ハヤブサプリプリ 7人気6着

普通に上位人気馬が強かったです。
時計も速かったですし、1600mへの距離短縮もマイナスでした。

■8R(東京ジャンプS)ハギノパトリオット 1人気7着

道中の位置取りは良かったんですけど、
最後の障害を飛越する前に息切れしてしまいました。
経験不足が露呈した形になってしまいました。

■9R ケンコンイッテキ 1人気3着

プラス12kgでも何とかなると思っていたんですけどね…。
体が重かった事が影響してか、いつもよりも道中の行きっぷりが悪かったです。

■10R ニシノジャーニー 7人気6着

降級馬なのに人気が無かったので、勝負をかけてみたんですが、
スタートで出遅れてしまってはどうしようもありません。

■11R シュナウザー 1人気3着

外枠だったら結果も違ったかもしれませんけど、
1600万下を即勝ち上がれるような馬ではなかったようで…。

■12R ショウナンアンセム 1人気1着

課題のスタートも無事に出て、直線で上手く内を突くという競馬。
戸崎騎手様々というレースでした。


【1回函館3日】

■5R アリア 4人気1着

直線でトップスピードに入るまでに時間を要しましたが、
2着・ダンツクレイオーも追い切りで良い動きを見せていた好素質馬でしたし、
着差以上に強い勝ちっぷりだったのかな?と思っています。

■6R モルトアレグロ 1人気1着

追い切りの動きが本当に凄かったので、圧倒的1番人気に支持されたのは当然だと思います。
控える競馬で結果を出せたのは良かったですし、
距離の融通が利くようであれば、楽しみな存在になると思います。

■10R ヤマニンリュウセイ 2人気7着

好位からレースを運びましたが、
休み明けが影響してか、直線でのノビを欠きました。

■11R タガノエスプレッソ 3人気7着

中距離はダメなんですかね…。
もっとやれる馬だと思っていたんですけど。

■12R フレンチイデアル 3人気4着

外々を回る形になるのを承知で◎にしましたが、イマイチでした。
芝だと善戦どまりなので、ダートに戻してみるのも良いかもしれません。


【3回阪神8日】

■5R イベリア 2人気7着

追い切り動画で見せた動きが凄く良かったので、
重賞級のディープインパクト産駒だと思っていたんですけど、実戦に行くとサッパリでした。
500kg超の大型馬ですから、レースを使いつつ良くなっていくタイプなのでしょうか。

■7R ナムラマル 1人気3着

得意の逃げる形に持ち込めなかったものの、この馬なりのレースはできていたと思います。
緩い馬場になった事も敗因の1つかもしれません。

■8R トレジャートローブ 2人気3着

後方待機から追い込んで僅差の3着ですから、よく頑張ったと思います。
でも、追い込みが決まらない状況で差し馬を本命にする、という狙い方はナンセンスでした。

■9R ダイアナヘイロー 1人気1着

苦手な急坂で道悪馬場、という厳しい状況でしたけど、
好位追走から上手い具合に差し切ってくれました。
1600万下に昇級する事になる次走以降は、直線平坦コースじゃないと難しいかもしれません。

■10R エイシンバランサー 1人気4着

序盤は好位の内で構えていましたが、少しずつポジションを下がってしまいました。
内枠が仇になってしまいました。

■11R(宝塚記念)キタサンブラック 1人気9着

馬場状態や天皇賞春の反動など、様々な敗因が考えられますけど、
ハナを奪うのではなく、中途半端な位置取りになった事が最大の敗因だと考えています。
立ち回りの上手さでコースロスを減らし、ロングスパートを仕掛ける、という競馬で勝ち上がってきたのですから、
好位の外で構える競馬になってしまった時点で凡退する事は目に見えていました。
百戦錬磨の武豊騎手であっても、今回ばかりは周囲のプレッシャーに押し潰されてしまったのでしょう。
レースは生き物である事を強く認識させられた結果になりました。

■12R レッドディオーサ 4人気3着

2着に粘ってくれたら、馬連が当たっていたんですが、
厳しい流れになってしまいましたし、最後の最後にオースミラナキラに差されたのは致し方ないですね。


【3回東京8日】

■5R マイネルイノメ 2人気11着

1番人気のスワーヴエドワードの追い切りが良くなかったので、
こちらを本命にしたんですが、完全に裏目でした。
全然真面目に走っていませんから、長い目で見守っていく必要がありそうです。

■6R ブロードアリュール 1人気1着

半年ぶりのレースでしたけど、馬体重もプラス2kgに留まっていましたし、
脚質的に東京コースは間違いなく合うタイプなので、
負けられない一戦をしっかり勝ち切った、という印象を持ちました。

■9R サンデームーティエ 2人気1着

楽にハナを奪えましたから、順当勝ちだと思います。
1000万下に昇級すると、さすがに今回のような楽な競馬はさせてもらえないと思います。

■10R バンケットスクエア 4人気10着

持ち時計が優秀だったので狙ってみましたが、道中で脚を溜める事ができませんでした。
今回は相手も悪かったと思います。

■11R ウインガニオン 3人気1着

強力な差し馬がそろっている状況でしたけど、
楽に逃げられれば、今回のメンバー相手でも通用すると思っていました。
展開が向いたのが最大の勝因ですが、展開さえ向けば、重賞でも勝ち負けできる器だと思います。

■12R アポロナイスジャブ 2人気5着

サンチェザピークの強さが際立ったレースでした。
着順こそ5着ですけど、2着とはタイム差なしの接戦でしたし、
近いうちに500万下を卒業できるはずです。


【1回函館4日】

■5R ビコーズオブユー 2人気8着

ガッチリした体型の馬ですから、本来はダート向きなんでしょうが、
追い切りの動きがとても良かったので、芝でも通用すると考えて、単勝で狙い撃ちしました。
結果、見事に玉砕…。

■6R カフジブレイブ 3人気1着

前走は脚を余したレースだったので、スムーズな競馬ができれば未勝利卒業も…と考えていました。
思惑通りのスムーズな競馬ができましたし、500万下でも即通用すると思います。

■10R マルターズゲイル 7人気9着

単騎で逃げてほしかったんですけどね…。
内枠に同型がいる状況で逃げる事を期待するのは酷だったようです。

■11R ライトフェアリー 2人気3着

外枠で多少の距離ロスがあっても大丈夫だろう、と思っていましたが、
外枠の不利をはね返すほどの実力はありませんでした。

■12R ハヤブサナンデダロ 1人気4着

スタートが良い時と悪い時とがハッキリしているタイプなのですが、
今回はスタートが悪い時にあたってしまいました。
ゲート先入れの奇数枠だと狙いづらいですね。


先週のハイライトは、キタサンブラックの凡走に尽きると思います。

今年の2戦の勝利は上手く行った面があるのは事実ですけど、
崩れても3着には入るだろう、と考えていたので、
大きく着順を落とす結果になったのは全くの想定外でした。

追い切り診断で酷評したサトノクラウンに勝たれましたし、
何もかもが裏目に出てしまいましたが、
ミッキークイーンとゴールドアクターの復調を追い切り診断で示せた事がせめてもの救いでしょうか。

「キタサンショック」の影響でテンションガタ落ちの日々を送っているんですけど、
週末までには気を取り直して、本格的な夏競馬を満喫できれば、と思っています。

[もっと見る]

 昭島のよっちゃん 2017年06月25日() 15:59
今週の予想結果とPOG馬の成績 
閲覧 58ビュー コメント 2 ナイス 17

写真は、今週の「競馬でビンゴ」の私の成績です

今週の予想結果・・買い目を馬連から馬単にしました
(私の買目は、◎単勝と◎○▲△の馬単・3連単のBOXです)


土曜メインレースの予想結果です     


函館11R 大沼ステークス オープン ダート1,700


 ◎ .献Д戰襯燹璽機    。甲紂複竿嵜裕ぁ
 ○ ┘謄ぅ┘爛献鵐愁    1着(1番人気)
 ▲ Ε瓮ぅ轡腑Ε好潺肇癲  。鈎紂複吉嵜裕ぁ
 △ ▲織ノエスプレッソ   7着(3番人気)
2着ダノングットを外し当たり無し

ビンゴ馬:┘謄ぅ┘爛献鵐愁  1着(1番人気)1着▲泪垢鯏匹蠅弔屬



阪神11R 垂水ステークス 1600万下 芝1,800


 ◎ Д轡襯弌璽好董璽函   。叡紂複曳嵜裕ぁ
 ○ ▲魯サンルドルフ    4着(2番人気)
 ▲ ミエノサクシード    5着(3番人気)
 △ エテルナミノル     2着(4番人気)
単勝(円)、馬単(1,660円)が当たり

ビンゴ馬:▲魯サンルドルフ  4着(2番人気)4着▲泪垢鯏匹蠅弔屬



東京11R 夏至テークス 1600万下 ダート1,600


 ◎ ぅ轡絅淵Ε供次     。鈎紂複曳嵜裕ぁ法
 ○ レッドゲルニカ     2着(2番人気)
 ▲ ┘ロフネビームス    7着(3番人気)
 △ プレスティージオ   11着(5番人気)
1着ルールソヴァールを外し当たり無し

ビンゴ馬:┘ロフネビームス  7着(3番人気)7着マスを塗りつぶし・・ビンゴ達成!!





日曜メインレースの予想結果です


函館11R UHB杯 1000万下 芝1,200


 ◎ ┘罐瓮離泪ぅ曄璽燹    。恵紂複拡嵜裕ぁ
 ○ ライトフェアリー     3着(2番人気)
 ▲ Ε妊好謄ニーソング    4着(1番人気)
 △ ▲▲疋泪ぅ筌ーガー   15着(14番人気)
1着ウエスタンユーノーを外し当たり無し

ビンゴ馬:ぅ戰襯皀鵐肇薀魯ぅ福 。乎紂複隠曳嵜裕ぁ謀匹蠅弔屬渓気


      
東京11R パラダイスステークス オープン 芝1,400


 ◎ ゥ哀薀鵐轡襯       2着(1番人気)
 ○ ロードクエスト      5着(2番人気)
 ▲ ┘瀬ぅ錺螢戰薀襦     。甲紂複吉嵜裕ぁ
 △ ▲Εぅ鵐ニオン      1着(3番人気)
馬単(2、300円)が当たり

ビンゴ馬:ロードクエスト    5着(2番人気)塗りつぶし無し

 

阪神11R 宝塚記念 G機ー2,200


 ◎ キタサンブラック     9着(1番人気)
 ○ ┘潺奪ークイーン     3着(4番人気)
 ▲ サトノクラウン      1着(3番人気)
 △ ゥ轡絅凜.襯哀薀鵝    。乎紂複業嵜裕ぁ
2着ゴールドアクターを外し当たり無し

ビンゴ馬:サトノクラウン    1着(3番人気)塗りつぶし無し




★メインレースの予想は、6レース中、単勝が1レース、馬単が2レースで当たる


★「競馬でビンゴ」は、今週にビンゴ達成!
 
 
★POG馬の成績

25(日)京都競馬場5R新馬(芝1,800)にシエラネバダ・牡・音無秀孝厩舎(栗東)筆頭オーナーが出走(ディープインパクト産駒)鞍上は、デムーロ騎手
直線他馬によられ伸びず→6着


25(日)京都競馬場5R新馬(芝1,800)にアドマイヤビクター・牡・友道康夫厩舎(栗東)が出走(ルーラーシップ産駒)鞍上は、ルメール騎手
3コーナーでトップにたつも、直線で伸びず→4着

 

※ビンゴ馬については、下記の日記を参照下さい

http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=6ece2b8ace&owner_id=2ec1608dab

[もっと見る]

タガノエスプレッソの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

タガノエスプレッソの写真

タガノエスプレッソ

タガノエスプレッソの厩舎情報 VIP

2017年6月24日大沼ステークス7着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

タガノエスプレッソの取材メモ VIP

2017年6月24日 大沼ステークス 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。