注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

オジュウチョウサン(競走馬)

注目ホース
オジュウチョウサン
写真一覧
現役 牡6 鹿毛 2011年4月3日生
調教師和田正一郎(美浦)
馬主株式会社 チョウサン
生産者坂東牧場
生産地平取町
戦績18戦[8-2-1-7]
総賞金29,231万円
収得賞金0万円
英字表記Oju Chosan
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
シャドウシルエット
血統 ][ 産駒 ]
シンボリクリスエス
ユーワジョイナー
兄弟 ケイアイチョウサンコウキチョウサン
前走 2017/03/11 阪神スプリングJ G2
次走予定

オジュウチョウサンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/03/11 阪神 8 阪神スプリJ G2 芝3900 118111.311** 牡6 62.0 石神深一和田正一508(-4)4.28.1 -0.413.7アップトゥデイト
16/12/23 中山 10 中山大障害 G1 芝4100 12791.411** 牡5 63.0 石神深一和田正一512(+2)4.45.6 -1.513.9アップトゥデイト
16/10/16 東京 9 東京ハイJ G2 芝3110 10222.111** 牡5 62.0 石神深一和田正一510(-4)3.27.6 -0.213.4マキオボーラー
16/06/25 東京 8 東京ジャンプ G3 芝3110 147122.011** 牡5 62.0 石神深一和田正一514(+4)3.26.2 -0.213.3⑦⑦ウインヤード
16/04/16 中山 11 中山GJ G1 芝4250 10776.521** 牡5 63.0 石神深一和田正一510(-2)4.49.4 -0.613.6サナシオン
16/03/06 中山 4 障害4歳以上オープン 芝3200 14465.822** 牡5 62.0 石神深一和田正一512(+2)3.32.5 0.213.3⑦⑤ニホンピロバロン
15/12/26 中山 10 中山大障害 G1 芝4100 141121.366** 牡4 63.0 石神深一和田正一510(+8)4.42.2 4.313.8⑫⑫⑪⑪アップトゥデイト
15/12/05 中山 8 イルミネJS OP 芝3570 155812.744** 牡4 60.0 石神深一和田正一502(0)3.59.9 1.713.4⑪⑫⑧⑦サナシオン
15/07/25 福島 4 障害3歳以上オープン 芝3380 8553.521** 牡4 61.0 石神深一和田正一502(+2)3.44.0 -0.513.3⑥⑤カシマシンセイ
15/06/27 東京 8 東京ジャンプ G3 芝3110 146962.094** 牡4 60.0 石神深一和田正一500(-4)3.28.3 1.113.4⑫⑫⑪⑫オースミムーン
15/06/06 東京 4 障害3歳以上オープン 芝3100 14578.049** 牡4 61.0 山本康志和田正一504(+4)3.34.6 2.813.8④⑥⑧サナシオン
15/03/21 中京 5 障害4歳以上オープン 芝3300 14116.031** 牡4 59.0 山本康志和田正一500(-4)3.39.9 -0.213.3⑥⑥⑤アドマイヤサイモン
15/02/21 東京 4 障害4歳以上未勝利 芝3000 14576.341** 牡4 59.0 山本康志和田正一504(+2)3.25.0 -0.613.7⑤⑤イフウドウドウ
15/01/24 中京 4 障害4歳以上未勝利 芝3000 14695.823** 牡4 59.0 山本康志和田正一502(-2)3.24.3 0.513.6⑤⑤④カウウェラ
15/01/05 中山 4 障害4歳以上未勝利 芝2880 1256101.7112** 牡4 59.0 山本康志和田正一504(+6)3.15.0 0.113.5⑦⑦⑥⑥エースワン
14/11/15 福島 4 障害3歳以上未勝利 芝2800 1481499.11414** 牡3 58.0 大江原圭小笠倫弘498(+12)3.19.6 13.714.3⑭⑭⑭⑭シゲルヒタチ
13/11/16 東京 4 2歳未勝利 芝2000 13813219.1118** 牡2 55.0 三浦皇成小笠倫弘486(-4)2.02.9 1.835.1⑫⑫⑫ベルキャニオン
13/10/19 東京 5 2歳新馬 芝1800 152266.51211** 牡2 55.0 松岡正海小笠倫弘490(--)1.54.3 0.834.5⑮⑭⑪ロジテースト

オジュウチョウサンの関連ニュース

 第31回ファルコンステークス(18日、中京11R、GIII、3歳オープン国際(指)、別定、芝1400メートル、1着本賞金3800万円=出走16頭)戸崎圭太騎乗で3番人気のコウソクストレートが、中団から鋭く伸びて初の重賞タイトルを手に入れた。NHKマイルC(5月7日、東京、GI、芝1600メートル)への参戦は未定。関東馬は6週連続、関西圏での重賞勝利となった。タイム1分21秒1(良)。1番人気のナイトバナレットは11着に敗れた。

 鞍上のムチに応えて、コウソクストレートが息の長い末脚を発揮。前走14着から一変して重賞初制覇を飾った。

 「よくしのぎましたね。ちょっと掛かるところがあったけど、関係者が仕上げてくれて乗りやすかったです」

 戸崎騎手の頬が緩む。スタートしてすぐに後方に下げて、直線にかけた。上がり最速タイの末脚(3ハロン34秒4)で、ボンセルヴィーソをクビ差でかわしたところがゴールだった。

 「ここ2戦は出遅れたり、暴走したり。やっと普通の競馬をしてくれました」と中舘調教師は胸をなでおろした。

 数々の工夫を重ねてつかんだ勝利だった。調教では馬の後ろにつけ、入念なゲート練習を消化。ハミはトライアビットに替え、舌を縛り、メンコも着用した。「どれがよかったのかわからないですけどね」とトレーナーは苦笑いだが、確実に実を結んだ。

 次走については未定だが、NHKマイルC参戦も含め、夢がふくらむ勝利だった。 (山口大輝)

 ◆松山騎手(ボンセルヴィーソ2着) 「1400メートルをしっかり走り切ってくれた。こういう競馬ができたのは収穫」

 ◆菱田騎手(メイソンジュニア3着) 「勝ち馬とは決め手の差かな」

 ◆大野騎手(ダイイチターミナル4着) 「馬場のいいところを通って、いい脚を使ってくれた」

 ◆鮫島駿騎手(デスティニーソング5着) 「重賞でもスムーズに追走できた。力をつけている」

 ◆武豊騎手(ジョーストリクトリ6着) 「枠((4)番)もあって内を回ったけど、器用な馬じゃないからね」

 ◆中谷騎手(ナイトバナレット11着) 「馬場が合わなかったのかな」

★6週連続

 京都記念サトノクラウン)→小倉大賞典マルターズアポジー)→阪急杯トーキングドラム)→チューリップ賞ソウルスターリング)→阪神スプリングジャンプオジュウチョウサン)に続き、関東馬は関西圏で6週連続の重賞勝ち。これはグレード制導入後初の記録となった。

★18日中京11R「ファルコンステークス」の着順&払戻金はこちら

コウソクストレート

 父ヴィクトワールピサ、母メジロアリス、母の父アドマイヤコジーン。鹿毛の牡3歳。美浦・中舘英二厩舎所属。北海道洞爺湖町・レイクヴィラファームの生産馬。馬主は野崎昭夫氏。戦績5戦3勝。獲得賞金6148万4000円。重賞初勝利。ファルコンSは、中舘英二調教師、戸崎圭太騎手ともに初勝利。馬名は、「高速+一直線」。

【阪神SJ】オジュウチョウサン、障害重賞5連勝!2017年03月12日() 05:04

 第19回阪神スプリングジャンプ(11日、阪神8R、J・GII、障害4歳上オープン(混)、別定、3900メートル=直線芝、1着本賞金4100万円 =出走11頭)石神深一騎乗で圧倒的1番人気に推されたオジュウチョウサンが、アップトゥデイトをねじ伏せて2馬身1/2差でV。障害重賞5連勝を飾った。タイム4分28秒1(良)。次走は連覇がかかる中山グランドジャンプ(4月15日、中山、J・GI、芝4250メートル)を予定している。

 ◆石神騎手(オジュウチョウサン1着) 「本当に強いですね。精神面で成長して、余計なことはしないで競馬だけで力を出すようになっている」

 ◆林騎手(アップトゥデイト2着) 「もう少し引っ張ってくれる馬がいればよかったんだけどね。それでも、力は出してくれている。相手が強かったよ」

★11日阪神8R「阪神スプリングジャンプ」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【阪神SJ】オジュウチョウサンが貫禄のJ重賞5勝目 2017年03月11日() 14:10

 3月11日の阪神8Rで行われた第19回阪神スプリングジャンプ(障害4歳以上オープン、JGII、芝3900メートル、別定、11頭立て、1着賞金=4100万円)は、石神深一騎手騎乗の1番人気オジュウチョウサン(牡6歳、美浦・和田正一郎厩舎)が道中3番手追走から、直線半ばで先頭にたちアップトウデイト完勝。初コースとなった阪神でも余裕満点の勝ちっぷりで、2016年JRA最優秀障害馬の貫禄を見せつけた。タイムは4分28秒1(良)。

 2馬身半差の2着にはアップトウデイト(2番人気)が4コーナー先頭から粘り込み、さらに4馬身離れた3着に中団から脚を伸ばしたタイセイドリーム(3番人気)が入った。

 阪神スプリングジャンプを勝ったオジュウチョウサンは、父ステイゴールド、母シャドウシルエット、母の父シンボリクリスエスという血統。北海道平取町・坂東牧場の生産馬で、馬主は(株)チョウサン。戦績は18戦8勝(うち障害16戦8勝)。重賞は2016年中山グランドジャンプ・JGI、東京ジャンプステークス・JGIII、東京ハイジャンプ・JGII、中山大障害・JGIに次いで5勝目。阪神スプリングジャンプ和田正一郎調教師、石神深一騎手ともに初優勝。

 ◆石神深一騎手(1着 オジュウチョウサン)「マークは厳しかったですが、うまく折り合いをつけて運べましたし、強い内容でした。初めての競馬場でも平常心で臨めたように、精神的でも強くなっていますね。GIに向けて、いい勝ち方ができました」

★11日阪神8R「阪神スプリングジャンプ」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【中山牝馬S】サン然と輝けサンソヴール 2017年03月10日(金) 05:07

 今週は中山、阪神、中京で4重賞が行われるが、美浦の和田正一郎調教師(42)は、中山牝馬ステークスサンソヴール金鯱賞ルミナスウォリアー阪神スプリングジャンプオジュウチョウサンと3重賞に出走させる。どの馬もチャンス十分で配当的な妙味もたっぷりだ。

 昨年、開業8年目で年間22勝とキャリアハイの成績を残した和田正一郎調教師。重賞でもオジュウチョウサンでJ・GI2勝を含む4勝を挙げて躍進した。今年はここまで1勝とやや出遅れているが、3重賞に愛馬を送り出し巻き返す。

 「勝つと思うな、の精神で自然体ですよ」

 静かにほほ笑む和田郎調教師だが、3頭ともチャンスは十分だ。なかでも日曜の中山牝馬Sには愛知杯2着のサンソヴールが出走。前走はマキシマムドパリの決め手に屈したが2番手から粘り強い走りをみせ、最近の充実ぶりを示す内容だった。調教師も「前で競馬して最後もひと伸びしましたからね。あれなら中山の1800メートルも合いそうです。調教はやる気がある中で脚をためて、追ってからの反応がよかったし、今回も無理せず前めの位置を取れれば」と再度、好勝負を見込む。

 昨年の最優秀障害馬オジュウチョウサンは、「ひと追いごとに仕上がってきました。阪神はたすきコースですが、福島などで経験しているから問題ないでしょう。いい状態で向かえます」と、王者らしいレースを期待する。

 金鯱賞ルミナスウォリアー新潟記念5着、AJCC4着と近走は重賞でも健闘。左回りでは【3・5・1・2】と好成績を残している。「追い切りで前の馬を追いかけさせて気持ちを入れたし、馬がしっかりしてきました」と楽しみにしている。

 父・正道師は来年2月いっぱいで定年。父の背中を追って調教師の道を志した和田郎師が、飛躍の春を迎える。 (柴田章利)

中山牝馬ステークスの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【阪神スプリングジャンプ】特別登録馬2017年03月05日() 17:30

[もっと見る]

【中山大障害】オジュウ9馬身差圧勝「飛べば勝てる」 2016年12月24日() 05:02

 第139回中山大障害(23日、中山10R、J・GI、障害3歳上オープン国際、定量、4100メートル=直線芝、1着本賞金6600万円 =出走11頭)石神深一騎乗で断然人気に推されたオジュウチョウサンが最終コーナー手前で先頭に立ち、そのまま後続を突き放して圧勝。春の中山グランドジャンプに続き、史上2頭目の春秋J・GI制覇を果たした。4分45秒6(良)。9馬身差の2着は前年の覇者で2番人気のアップトゥデイトだった。

 強すぎて声も出ない−。春に中山グランドJを勝つなど、今年素質が一気に開花したオジュウチョウサンが、単勝1・4倍の断然人気に応えて、9馬身差で圧勝した。

 「何も言うことはないです。スタートしてちゃんと飛んでくれれば勝てると思っていました。僕はつかまっていただけ」

 石神騎手もあきれるほどの強さだった。スタートを決めて3番手。昨年の勝ち馬アップトゥデイトを見ながら、大竹柵もバンケットも難なくこなして直線入り口では早くも先頭。4100メートルもあるレースとは思えないほど、楽な手応えで突き放した。

 昨年6着に敗れ、和田郎調教師はスタッフと騎手を交え対策を考えた。結論はメンコを外すこと。気性を考えれば冒険だったが、調教もレースも前向きさが出て頂点を極めた。父の正道師が1995年にフジノスラッガーで勝っている和田郎師は「きょうは人馬一体でいい競馬をしてくれました」と笑顔を見せた。

 この後は休養して阪神SJ(3月11日、阪神、J・GII、芝3900メートル)から中山グランドJ(4月15日、中山、J・GI、芝4250メートル)連覇を目指すオジュウチョウサン。年が明けてもまだ6歳。ハードル界の独裁政権は当分続きそうだ。 (柴田章利)

★23日中山10R「中山大障害」の着順&払戻金はこちら

オジュウチョウサン

 父ステイゴールド、母シャドウシルエット、母の父シンボリクリスエス。鹿毛の牡5歳。美浦・和田正一郎厩舎所属。北海道平取町・坂東牧場の生産馬。馬主は(株)チョウサン。戦績17戦7勝(うち障害15戦7勝)。獲得賞金2億5092万4000円(すべて障害)。重賞は2016年J・GI中山グランドジャンプ、J・GIII東京ジャンプステークス、J・GII東京ハイジャンプに次いで4勝目。中山大障害和田正一郎調教師、石神深一騎手ともに初勝利。馬名は「家族名より+冠名」。

[もっと見る]

⇒もっと見る

オジュウチョウサンの関連コラム

閲覧 2,602ビュー コメント 0 ナイス 3

週末のメイン競走を、伊吹雅也プロがある一つのデータに注目して分析する人気コーナー。
<<さらにプラス1!>>データも交え今週末のあなたの予想をバックアップする、ウマニティ会員専用コラムを是非ご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2016年12月23日(金) 中山09R クリスマスローズステークス
【前走の単勝人気順別成績(2011年以降)】
●5番人気以内 [5-5-3-20](複勝率39.4%)
●6番人気以下 [0-0-2-34](複勝率5.6%)
→前走で人気薄だった馬、すなわち前々走以前の実績が心許ない馬は過信禁物。また、前走の着順が5着以下、競走中止だった馬も2011年以降[0-1-2-37](複勝率7.5%)と勝ち切れていません。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“消し”】
中山芝1200m外×ダイワメジャー×2歳
→複勝率9.1%、複勝回収率35%


▼2016年12月23日(金) 中山10R 中山大障害
【“同年4月以降、かつ中央場所の特別”における連対経験の有無別成績(2010年以降)】
●あり [5-3-6-13](複勝率51.9%)
●なし [1-3-0-49](複勝率7.5%)
中山グランドジャンプ以降の戦績を素直に評価したい一戦。特別登録を行った馬のうち、“2016年4月以降、かつ中央場所の特別”において連対経験があるのは、アップトゥデイトオジュウチョウサンクリノダイコクテンドリームセーリングマキオボーラールペールノエルの6頭です。


▼2016年12月24日(土) 中山11R 師走ステークス
【枠番別成績(2012〜2013年のフェアウェルステークス、2014〜2015年の師走ステークス)】
●1〜2枠 [0-1-0-13](複勝率7.1%)
●3〜6枠 [3-3-4-21](複勝率32.3%)
●7〜8枠 [1-0-0-15](複勝率6.3%)
→今回とほぼ同じ条件で施行された2012〜2013年のフェアウェルステークスと2014〜2015年の師走ステークスは、3〜6枠の馬が優勢。内外極端な枠に入った馬は評価を下げるべきでしょう。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2015年01月06日(火) 16:29 【ウマニティ】
先週の回顧〜佐藤プロが中山4Rで116万超えのビッグヒット!!
閲覧 118ビュー コメント 0 ナイス 2

先週は、4(日)に中山競馬場でG3中山金杯が、京都競馬場でG3京都金杯がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3中山金杯マイネルミラノメイショウナルトヒュウマとの先行争いを制してレースを引っ張ります。1000m通過が59秒4の緩まない流れを刻んで直線コースへ。逃げるマイネルミラノを好位からロゴタイプが捉えて200mを通過、後続からは中からラブリーデイ、内からはデウスウルトも脚を伸ばします。ゴール前、ラブリーデイが粘りこみを図るロゴタイプを交わしてV。勝ちタイムは1分57秒8のレコード。1馬身半差の2着にロゴタイプ、そこから3/4差の3着にデウスウルトが入っています。
 
公認プロ予想家ではジョアプロスガダイプロ河内一秀プロ伊吹雅也プロ蒼馬久一郎プロシムーンプロろいすプロが的中しています。
 
G3京都金杯ホウライアキコグランデッツァが押していきますが、それを制して内からウインフルブルームが先頭に立って直線コースへ。先頭を行くウインフルブルーム、2番手グランデッツァの2頭が抜け出しての叩き合い。直後、エキストラエンドマイネルメリエンダも懸命に脚を伸ばします。残り100mを通過、ここでグランデッツァは脚色一杯、変わって内を突いたエキストラエンドが追い込んでウインフルブルームとの激しい追い比べ。ゴール前、猛追するエキストラエンドを抑え込んだウインフルブルームが見事、京都金杯を制しました。クビ差の2着にエキストラエンド、そこから半馬身差の3着にマイネルメリエンダが入っています。
 
公認プロ予想家では山崎エリカプロサラマッポプロ蒼馬久一郎プロスガダイプロ導師嵐山プロろいすプロシムーンプロが的中しています。
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
5(月)中山4Rで5番人気◎セイウンコレットからの3連単、ワイドで勝負!2着に伏兵として警戒していた単勝101.7倍の×オジュウチョウサンが突っ込み、3連単11356倍、ワイド63.4倍を的中させ、116万7390円のビッグヒットとなりました!週末トータル回収率267%、収支プラス80万2520円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →億の馬券術事務局プロ
5(月)中山8Rで◎▲の印を打ち、馬単180.2倍を900円的中!16万2180円を払い戻しました!この他にも中山1Rで◎モンサンビアンカの単勝7.5倍を本線的中させ、5万2500円を払い戻しました!週末トータルでは回収率210%、的中率26%、収支プラス13万4210円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →ジョアプロ
4(日)中山4Rで◎クリノダイスーシーの単複を的中させ、6万7000円の払い戻し!この他にも勝負レースに指定した京都9Rバイガエシや5(月)京都2Rヒデノインペリアルなど的中を連発!週末トータル回収率199%、収支プラス14万1320円の好成績を収めました!
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
5(月)中山6Rで◎○の大本線!!単勝8倍を3000円、馬連105倍を4000円的中させ、44万4000円の高額払い戻しとなりました!中山9Rでも○▲の馬連32.3倍を3000円的中させるなど好調予想を幾度となく披露し、週末トータル回収率186%、収支プラス41万4600円を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
4(日)京都6Rで『この開催で活躍が目立つゼンノロブロイ産駒』と狙った◎ライトファンタジアが1着、○▲が2、3着とパーフェクト予想を披露!3連単359.6倍を500円的中させ、17万9800円を払い戻しました!5(月)京都10Rでも『岩田康誠騎乗で馬が変わった、仕上げ万全で勝負鞍』と評した◎リヴェレンテの単勝を仕留めました。週末トータル回収率128%、収支プラス13万6240円をマークしています。
   
 
この他にもシムーンプロ(151%)、馬っしぐらプロ(138%)、河内一秀プロ(134%)、夢月プロ(122%)、スガダイプロ(111%)、岡村信将プロ(108%)が回収率100%超えの活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら

今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

オジュウチョウサンの口コミ


口コミ一覧

明日の障害レース予想

 k82 2017年03月19日() 22:57

閲覧 32ビュー コメント 0 ナイス 4

1山本・・・前回のレースは隣に金子騎手騎乗の人気馬がいた。その馬と共に先行で飛ばしてしまい、−2.2秒差で負けてしまったと考えられる。今回のメンバーを見ると2〜6番は後ろから行くタイプに見えるので楽にいいポジションを取れるのでないか。3着以内はまず堅いとみた。弱点は山本騎手が今期障害レースで勝星がないこと。1勝が遠い・・・

2小野寺・・・騎手は絶好調、土曜日に今期初の3着以内に入ったが、それまでも好騎乗を見せていた。今回は馬が弱いとみた、消し

3浜野や・・・ウマニティ予想では1人気。3番枠も浜野や騎手はこなすとみている。弱点は1番と同じく、浜野や騎手は今期障害にて未勝利。土曜日も断然人気馬でゴール前に白浜騎手にうっちゃられた。。。。

4白浜・・・今期も絶好調。だが、この馬、前走11,1秒遅れ。。。こらぁ、あかんやろ。白浜騎手は騎乗手当15万?のために乗るのだろう

5上野・・・騎手が今期パッとしない。昨年のこの時期は輝いていたが・・・・
6簑島・・・馬が弱そう
7熊沢・・・とにかく熊沢さんは人気が先行してしまう。馬が初障害、消す
8佐久間・・・この騎手は堅実な騎手で昨年はしばし、購入した。だが、今年、この騎手は3着以内なし。もがいている

9草野・・・騎手はとにかく乗れている
10北沢・・・騎手は今期障害レース11回騎乗して7回3着以内。今回は馬がきつい。馬の前走9.2秒負けはいかん

11植野・・・前走3着だが、このレースはレベルが低かった印象がある。けど植野騎手なので・・・
12鈴木・・・馬が弱そう
13五十嵐・・・乗り替わりなので騎手は気楽。2走前0.8秒差、前走6.2秒差なんで人気は下がる。注目はこの馬、今回と同じ名古屋の13番枠で3着している実績があること。あやしい

14石神・・・この人が乗るというだけで人気が先行している感じがするが・・・今年の障害レース目下5勝で、なんと4勝、3勝の騎手がいないという、完全なる独走状態。オジュウチョウサンというドル箱の持ち馬がいるので、そんなにめちゃをする必要がないので100%は出してないと思うが、それがいいのかも。

2月の17日、京都にて山本騎手は今回と同じ14頭の1番枠で13番人気の馬を2着に持ってきた。同じ1番枠にて明日は今期初勝利をあげるとみた。

馬単1→3

 銀色のサムライ 2017年03月12日() 20:25
馬券メモ(2017/3/11・12)
閲覧 24ビュー コメント 2 ナイス 6

今週のレース回顧をしていきましょう。


【1回阪神5日】

■7R タガノモーサン 2人気2着

いつもより前めの位置から競馬ができたんですけどね…。
勝ち馬もスムーズなレースをしていたとはいえ、決定的な差をつけられてしまいました。

■8R オジュウチョウサン 1人気1着

阪神コースは初めてでしたが、全く問題なかったですね。
順調ならば中山グランドジャンプも当確でしょう。

■9R ポポカテペトル 3人気1着

前走・京成杯は直線で不利がありましたけど、
今回は2番手追走からスムーズな競馬で先行押し切り勝ち♪
他のライバルの走りが不甲斐なかったとはいえ、ここで勝ち切れたのは本当に大きいと思います。

■10R ジュールポレール 1人気1着

4ヶ月の休み明けでしたが、2週続けて調教で好時計を出していましたので、態勢が整っていると判断して本命に。
昇級後も乱ペースにならなければ、立ち回りの上手さで好勝負できると思います。

■11R コスモカナディアン 2人気2着

グレイトパールが人気し過ぎていたので、2番人気のこちらで勝負しました。
直線入り口でグレイトパールに一気に迫りましたけど、そこからもう一押しが利きませんでした。

■12R クリスタルタイソン 6人気2着

初の1800mでしたけど、マイペースで逃げられたのが良かったです。
逃げてしまえば気の悪い部分を出さないようですし、今後も中距離戦なら好勝負できそう。


【2回中山5日】

■7R アドマイヤシナイ 1人気5着

パドックでチャカついていましたが、馬体は良かったので何とかなるだろうと思っていました。
でも、直線で外から締められたとはいえ、見せ場すら作れない完敗。全くの想定外でした。

■8R ハヤブサレディゴー 1人気2着

控える競馬にメドを立てた、と捉えるべきなんでしょうけど、
直線で外を回りすぎて差し損ねた、というマイナスな印象の方が強いです。

■9R サトノキングダム 1人気2着

後方から直線で大外を回る競馬になる事は織り込み済みでした。
ロスの多い競馬でも勝てる器だと思っていましたが、甘くなかったですね。

■10R サトノエトワール 4人気2着

前走は東京で勝ち上がりましたが、中山での持久力勝負の方が合うと考えて◎にしました。
直線でジョルジュサンクを捕まえた時は「やった!」と思ったんですけど、勝ち馬が別格でしたね。

■11R ディアドラ 3人気2着

中団待機策から直線で上手く内を突いたんですけど、
ライジングリーズンが仕掛けた横綱競馬の前に屈してしまいました。相手が悪かったです。

■12R デグニティクローズ 5人気5着

縦長の展開で3番手からレースを進めましたが、
バイオンディップスに並びかけようとしたところで一気に突き放されてしまいました。


【2回中京1日】

■7R キラージョー 1人気12着

2走前のように控える競馬を試みましたが、直線入口手前で手応えが怪しくなり、大惨敗。
気分良く逃げる競馬をさせた方が良いのかもしれません。

■8R ヒルノデンハーグ 2人気1着

同型との兼ね合い次第、という馬なので、楽にハナを奪えた時点で勝負ありだったと思います。
昇級してもマイペースで逃げれれば上位争いできる馬です。

■9R サプルマインド 1人気2着

馬群の中で我慢させる競馬で、直線も良い末脚を使ったんですけどね…。
1200mだと速い流れに対応できないので、今後も1400mで狙っていきたいです。

■10R チリーシルバー 3人気3着

中団待機で末脚を溜める、という教科書通りのレース運びでした。
直線半ばでは突き抜けそうな脚色だったのですが、最後の最後に脚が上がってしまいました。

■11R(金鯱賞)ヌーヴォレコルト 6人気10着

シンガリから3・4番手という競馬になるとは思ってもいませんでした。
変に位置を取りに行く事よりも末脚を溜める形での一発を狙ったのでしょうが、
展開も向かなかったですし、能力自体もピークを過ぎていたのかもしれません。
これで引退でしょうかね…。

■12R プリンシアコメータ 4人気1着

好位のインで脚を溜めて、直線で前が空くのを待つだけ、という理想的な競馬でした。
53kgのハンデも良かったです。


【1回阪神6日】

■7R カジノスマイル 2人気12着

果敢にハナを奪いましたが、早々に手応えが無くなってしまいました。
逃げる競馬よりも好位から流れに乗る競馬の方が向くのでしょう。

■8R ステファンバローズ 1人気1着

スローペースでありながら、最後方追走から直線だけで他馬をごぼう抜き。
発走前に蹄鉄を打ち替えるアクシデントがありましたけど、関係なかったですね。

■9R ダノンアローダ 2人気1着

前走に引き続き、楽な単騎逃げができました。
54kgのハンデにも恵まれました。

■10R シャイニービーム 5人気5着

いつも通り先行する競馬ができましたけど、
直線に向いたところで勝ち馬に外から被されてしまったのが痛かったです。

■11R(フィリーズレビュー)レーヌミノル 1人気2着

無理に先行せず、控える競馬に打って出たのは良かったと思います。
でも、勝負どころでゴーサインを出すタイミングがあまりにも早すぎました。
後方待機の馬との脚比べをするのを避けたかったのでしょうかね…。

■12R スパイラルステップ 1人気4着

1200mだと折り合いの心配は要らないんですが、
ダッシュ力があまりないので、どうしても置かれてしまいますね。
好走パターンが多い外枠配置でも厳しかったです。


【2回中山6日】

■7R カキツバタチグサ 3人気6着

道中の位置取りは抜群だったんですけどね…。
津村騎手曰く、他馬を気にする面が出たとの事。馬具による矯正が必要かも。

■8R ポルトドレーヴ 3人気8着

スタート後に左右から挟まれて、ポジションが後方になってしまったのが痛かったです。
距離を伸ばした方がレースがしやすいのでは?と思っています。

■9R サフランハート 5人気8着

ハイペースの差し決着、と展開予想したんですけど、
スローペースの前残り、という真逆の展開になってしまいました。

■10R グレーターロンドン 1人気1着

オープン昇級初戦でしたが、全く問題なかったですね。
手薄なマイル路線であれば頂点を狙える馬なので、無事に行ってくれれば。

■11R(中山牝馬S)クインズミラーグロ 7人気3着

直線で馬群を割ってきた時は勝ったと思ったんですけどね…。
プラス10kgでもしっかり走ってくれましたし、いずれは重賞Vのチャンスがやってくると思います。

■12R タケルラグーン 1人気2着

ハイペース必至のメンバー構成だと考えていましたが…。
展開不向きの中でもよく2着まで追い込んでくれました。


【2回中京2日】

■7R ベルクリア 1人気1着

近2走は内枠で窮屈なレースを強いられましたから、
相手弱化でスムーズな競馬ができる外枠であれば、これぐらい走っても不思議ありません。

■8R ニシオボヌール 1人気2着

近走よりも前めの位置にいて、直線でもスムーズな競馬ができたんですけどね…。
調子が良いうちに勝っておきたいところだったので、悔しい結果になってしまいました。

■9R サトノメダリスト 3人気2着

注文通りの単騎逃げを打てました。
今回は勝ち馬が別格だったので、今後も得意の1900mならチャンスがありそう。

■10R シゲルベンガルトラ 1人気3着

いつもより前で競馬を進めましたが、
直線で外を回しすぎましたか。僅差の3着に敗れました。

■11R ビップライブリー 1人気2着

レコードタイで走っているので、これ以上を望むのは酷でしょう。
現級にもメドを立てましたから、次走以降も期待大。

■12R ピースマインド 3人気5着

スイスイと逃げられているように見えましたが、追い出してからの反応がイマイチ。
能力がある馬だと思うんですけど、迷走しちゃっていますね…。



金鯱賞はヤマカツエースが変則連覇を達成。

休み明け初戦でしたが、有馬記念であれだけ走った馬ですからね。
臨戦過程が悪くても甘く見てはいけませんでした。


フィリーズレビューは後方待機のカラクレナイがゴール板寸前でレーヌミノルを差し切りました。

レーヌミノルの斜行が酷く、
後味の悪すぎるレースになってしまったのが本当に残念です。


中山牝馬Sは超良血・トーセンビクトリーが重賞Vを決めました。

最近調子の悪かった武豊騎手が完璧にエスコートしましたし、
ラストランのマジックタイムも展開不向きの中、良い末脚を繰り出して意地を見せました。

[もっと見る]

 k82 2017年03月11日() 23:00
明日の障害レース中京4レースの方
閲覧 15ビュー コメント 0 ナイス 2

1五十嵐・・・競争中止2連発明けの今日のG2は無事レースを終えた。ただ、とはいえ、1枠1番を五十嵐騎手がこなすイメージがない。
2森・・・ゼ不調(私の意見)で臨んだ今日のG2は6人気6着。この騎手は気分や?分からん、が消したい
3難波・・・今日のG2はゴール前ギリギリで平沢さんにカワサレ4着、、、、、さぞかしショックであろう、消し

4植野・・・この騎手の勢いは何なのか?どこまでこの勢いが続くのか?
5西谷・・・この騎手はソロルだけいい騎乗をする・・・
6小野寺・・・馬が・・・
7山本・・・お初
8石神・・・落馬明けで挑んだ今日のG2。オジュウチョウサン、強すぎる。強すぎる。石神の運気回復。このレースもチョウサン。初障害でも勢いで

9大江原・・・騎手は乗れてるが馬が
10簑島・・・お初
11佐久間・・・注目、そして、迷う。。。。佐久間さんは今年障害レースで3着以内なし。特徴は落馬が少ない。14頭立てはイマイチな印象。ここは勝負、消し

12金子・・・23カ月ぶりのレースでは・・・
13高野・・・馬が弱そう
14草野・・・今年障害レース12戦。え?と驚くデータがある。人気ー着順を計算したら・・・なんと12戦全て+(1回だけ0ゼロ)、すなわち、このデータ通りなら、草野騎手が3人気以内に支持されたら必ず3着以内にくるということである。盲点は今年草野騎手は一度も3人気以内に支持されていないことである。プレッシャーに耐えられるか?耐えられる、今の絶好調なら

4と14を軸に

[もっと見る]

オジュウチョウサンの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

オジュウチョウサンの写真

オジュウチョウサン

オジュウチョウサンの厩舎情報 VIP

2017年3月11日阪神スプリングJ G21着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

オジュウチョウサンの取材メモ VIP

2017年3月11日 阪神スプリングJ G2 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。