マイネルバイカ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  鹿毛 2009年2月18日生
調教師西村真幸(栗東)
馬主株式会社 サラブレッドクラブ・ラフィアン
生産者乾 皆雄
生産地新ひだか町
戦績43戦[8-1-8-26]
総賞金16,595万円
収得賞金5,550万円
英字表記Meiner Baika
血統 ロージズインメイ
血統 ][ 産駒 ]
Devil His Due
Tell a Secret
スギノセンヒメ
血統 ][ 産駒 ]
フォーティナイナー
ハイエストソサエティー
兄弟 ケイアイテンジンウエスタンパレード
前走 2017/07/16 名鉄杯 OP
次走予定

マイネルバイカの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/07/16 中京 11 名鉄杯 OP ダ1800 163518.276** 牡8 59.0 和田竜二西村真幸492(-4)1.52.6 0.738.7⑦⑦⑦⑧オウケンワールド
17/05/20 京都 11 平安S G3 ダ1900 1611156.7153** 牡8 56.0 岩田康誠西村真幸496(-6)1.56.5 0.837.8⑥⑤⑥⑤グレイトパール
17/05/07 東京 10 ブリリアント OP ダ2100 1671460.8105** 牡8 56.0 松岡正海西村真幸502(+6)2.11.3 1.037.1④④④ミツバ
17/04/15 阪神 11 アンタレスS G3 ダ1800 1611206.51513** 牡8 56.0 松山弘平西村真幸496(0)1.50.6 0.736.9④⑤モルトベーネ
17/03/15 船橋 11 ダイオライト G2 ダ2400 14--------6** 牡8 56.0 柴田大知西村真幸496(--)2.41.1 3.3----クリソライト
17/02/12 京都 10 アルデバラン OP ダ1900 1281228.7108** 牡8 57.0 S.フォー西村真幸496(+21)1.58.4 0.737.5モルトベーネ
16/07/18 盛岡 9 マーキュリC G3 ダ2000 14--------3** 牡7 55.0 柴田大知西村真幸475(--)2.02.7 0.3----ストロングサウザー
16/03/09 船橋 11 ダイオライト G2 ダ2400 12--------5** 牡7 56.0 柴田大知西村真幸495(--)2.38.6 2.2----クリソライト
16/02/11 佐賀 10 佐賀記念 G3 ダ2000 11--------4** 牡7 57.0 柴田大知西村真幸489(--)2.08.8 0.7----ストロングサウザー
16/01/27 川崎 11 川崎記念 G1 ダ2100 13--------4** 牡7 57.0 柴田大知西村真幸483(--)2.14.9 0.8----ホッコータルマエ
15/12/20 阪神 10 ベテルギウス OP ダ2000 111112.851** 牡6 58.0 A.アッゼ西村真幸484(+6)2.03.7 -0.336.7アスカノロマン
15/10/06 金沢 10 白山大賞典 G3 ダ2100 12--------1** 牡6 54.0 柴田大知西村真幸478(--)2.14.9 -0.3----エーシンモアオバー
15/08/16 札幌 11 エルムS G3 ダ1700 136979.9108** 牡6 56.0 丹内祐次西村真幸488(+12)1.44.1 1.137.0⑩⑩⑫⑫ジェベルムーサ
15/07/12 函館 11 マリーンS OP ダ1700 1381218.7710** 牡6 56.0 丹内祐次西村真幸476(-16)1.45.5 1.237.7⑦⑩ソロル
15/03/14 阪神 11 仁川S OP ダ2000 10446.433** 牡6 57.0 和田竜二西村真幸492(-8)2.04.0 0.336.2マルカプレジオ
15/02/14 京都 11 アルデバラン OP ダ1900 152210.074** 牡6 56.0 小牧太白井寿昭500(0)1.57.2 0.437.7④④アスカノロマン
15/01/25 中京 11 東海S G2 ダ1800 14711117.3104** 牡6 56.0 松山弘平白井寿昭500(-4)1.51.7 0.838.1コパノリッキー
14/12/21 阪神 10 ベテルギウス OP ダ2000 1381234.4810** 牡5 57.0 柴田大知白井寿昭504(+6)2.03.4 1.637.4④⑤④⑥マルカプレジオ
14/11/09 京都 11 みやこS G3 ダ1800 162366.61213** 牡5 56.0 松山弘平白井寿昭498(+14)1.51.5 1.336.8⑬⑬⑮⑭インカンテーション
14/10/26 東京 11 ブラジルC OP ダ2100 123334.391** 牡5 55.0 北村宏司白井寿昭484(-2)2.12.0 -0.235.5ランウェイワルツ

⇒もっと見る


マイネルバイカの関連ニュース

 2015年の交流GIII白山大賞典を勝ったマイネルバイカ(栗・西村、牡8)が20日付で登録抹消された。通算43戦8勝(うち地方6戦1勝)。総獲得賞金1億9892万円(うち地方3297万円)。今後は愛知県刈谷市の豊原ライディングホースで乗馬になる予定。16日の名鉄杯6着が最後のレースとなった。

マイネルバイカの競走成績はこちら

【名鉄杯】追って一言2017年07月13日(木) 05:03

 ◆アメリカンウィナー・戸田師 「続けて使えないし、いいころに戻すのは難しい馬。それでも、前走よりはいい」

 ◆エルマンボ・森助手 「先週は動きが重かったですが、きょうの動きは良かったですね」

 ◆オウケンワールド・余田助手 「休養前に近い状態。ジョッキー(M・デムーロ騎手)とも手が合うので」

 ◆カゼノコ・根岸助手 「いい動き。力を出せる状態です。展開が向くようなら」

 ◆キクノソル・高島助手 「火曜追いでサラッと。ここを目標にしっかりと調整できています」

 ◆サウンドスカイ・佐藤正師 「距離を延ばしてみる。順調だし、上積みはあると思う」

 ◆ストロングサウザー・小林助手 「併せ馬だったが、(ラストで)手綱を持ち替えるとグッと来る手応えだった」

 ◆センチュリオン・町田助手 「先週、内田騎手が乗ってビシッとやったし、今週も思った以上にいい時計が出た」

 ◆デビルズハーツ・戸田師 「距離はもう少し長い方がいい。状態の良さでどこまで」

 ◆トラキチシャチョウ・目野師 「攻めはビッシリやっている。変わりなく順調だよ」

 ◆マイネルクロップ・菅田助手 「単走だったが、前2週もしっかりやっているからね。今回はブリンカーを着ける」

 ◆マイネルバイカ・余田助手 「中間は順調だし、いい感じで出走できます」

 ◆マスクゾロ・内山助手 「追い切りをするたびに良化。柔らかみが戻って、いい体になっている」

 ◆メイショウヒコボシ・安達師 「中間は障害調教も取り入れながら調整」

★名鉄杯の特別登録馬はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【平安S】レースを終えて…関係者談話2017年05月21日() 05:03

 ◆武豊騎手(クリソライト2着) 「前に行く馬が多いので、あれしかない(後方からの)狙い撃ちの競馬。勝ったと思ったが、だいぶ前に馬がいたよ」

 ◆岩田騎手(マイネルバイカ3着) 「うまく立ち回り、力のあるところを見せてくれた」

 ◆石橋騎手(ピオネロ4着) 「3、4コーナーで自分から動く形になった。そのぶん、伸び切れなかった」

 ◆福永騎手(ケイティブレイブ5着) 「控えようと思ったが、途中から(ハナに)行った。勝ち馬がついてきていたのは誤算だったが、粘っているし、持ち味は出せた」

 ◆北村友騎手(タガノエスプレッソ6着) 「力の要るダートだったのにラストはよく伸びています」

 ◆和田騎手(アスカノロマン9着) 「状態は良かったが、走る気がなかった。ハミを全くかまなかった」

 ◆ルメール騎手(グレンツェント10着) 「ずっと忙しかった。4角では反応しなかった」

 

★20日京都11R「平安ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【平安S】グレイトパールが5連勝で重賞初制覇 2017年05月20日() 15:43

 5月20日の京都11Rで行われた第24回平安ステークス(4歳以上オープン、GIII、ダート1900メートル、別定、16頭立て、1着賞金=3600万円)は、川田将雅騎手騎乗の1番人気グレイトパール(牡4歳、栗東・中内田充厩舎)が5連勝で重賞初制覇。タイムは1分55秒7(良)。

 道中、中団につけたグレイトパールは向こう正面から早めに進出。直線入り口で、コパノチャーリーを競りつぶして先頭に立ったケイティブレイブを外からかわすとあとは独走。グレイトパールは芝で新馬戦を勝ってその後は7着、13着と勝ち星をあげられなかったが、3歳の10月にダートに転向して以降は500万→1000万→1600万→オープン特別→GIIIと絵に描いたような出世街道に乗った。

 ◆川田将雅騎手(1着 グレイトパール)「トップスピードは高くないのですが、スピードが持続します。素晴らしい持続力でしたね。次が楽しみになりました」

 4馬身差の2着には大外から追い込んだクリソライト(6番人気)、さらに半馬身遅れた3着に好位で粘り込んだマイネルバイカ(15番人気)。

 平安Sを勝ったグレイトパールは、父キングカメハメハ、母フォーチュンワード、母の父デヒアという血統。北海道新ひだか町・千代田牧場の生産馬。馬主のH.H.シェイク・ファハド氏はJRA重賞レース初勝利。通算成績は8戦6勝。重賞初制覇。平安Sは中内田充調教師は初優勝、川田将雅騎手は2011年ダイシンオレンジに次いで2勝目。

★20日京都11R「平安ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【平安S】厩舎の話2017年05月19日(金) 05:02

 ◆アスカノロマン・川村師 「自分の形で競馬ができれば」

 ◆クリソライト・東田助手 「斤量58キロで中央のダートがどうか」

 ◆クリノスターオー・高橋忠師 「乗り込んで体調は戻ってきた」

 ◆グレイトパール・中内田師 「攻め量は豊富で体つきもいい」

 ◆グレンツェント・加藤征師 「ルメール騎手は“いつもより良かった”と言っていた」

 ◆ケイティブレイブ・目野師 「ハナに行かないと駄目。行き切る」

 ◆コパノチャーリー・村山師 「逃げた方がいいタイプ。他馬との兼ね合いが鍵」

 ◆タガノエスプレッソ・北村友騎手 「いい反応。前回からの上積みがある」

 ◆ドリームキラリ・矢作師 「ハナに行き切る。強引に行かせる」

 ◆ピオネロ・松永幹師 「体が絞れていい雰囲気。堅実に走ってくれる」

 ◆マイネルクロップ・飯田雄師 「元気いっぱい。時計がかかる決着なら」

 ◆マイネルバイカ・西村師 「ようやく状態が戻ってきた」

 ◆ラストインパクト・辻野助手 「素軽さが出てきている」

 ◆リーゼントロック・矢作師 「力をつけて、前回も差のない競馬をしている」

 ◆ロワジャルダン・戸田師 「1回使っていい状態だ」

 ◆ロンドンタウン・牧田師 「中央にめどが立った」

[もっと見る]

【平安S】追って一言2017年05月18日(木) 05:02

 ◆アスカノロマン・川村師 「いい動きでしたし、いい状態。自分の形で競馬ができれば」

 ◆クリソライト・東田助手「けいこの感じからも状態は良い」

 ◆クリノスターオー・高橋忠師 「脚部不安でここまで復帰が延びた。1回使ってからかな」

 ◆グレイトパール・中内田師 「このひと追いでピリッとしてくると思います。いい競馬を」

 ◆グレンツェント・加藤征師 「この馬にしてはいい反応。京都への輸送なら我慢が利く」

 ◆ケイティブレイブ・目野師 「好調キープ。ハナに行かないとダメだから、行き切る形で」

 ◆タガノエスプレッソ・北村友騎手 「いい反応。上積みがありそう」

 ◆ドリームキラリ・矢作師 「状態は変わりない。強引にでも行かせる」

 ◆ピオネロ・松永幹師 「体が絞れていい雰囲気。ここで賞金加算を」

 ◆マイネルクロップ・飯田雄師 「元気いっぱい。動きもこの馬なりのもので、何も問題ない」

 ◆マイネルバイカ・西村師 「元気いっぱい。状態が戻ってきた」

 ◆ラストインパクト・辻野助手 「追うごとに素軽さが出てきた。落ち着いているのはいい」

 ◆リーゼントロック・矢作師 「いい頃の状態になってきた。力をつけている」

 ◆ロワジャルダン・戸田師 「1回使っていい状態。京都は相性がいい。賞金を加算したい」

平安Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイネルバイカの関連コラム

閲覧 668ビュー コメント 0 ナイス 3

 ほぼ毎年、海の日に開催される岩手競馬の夏の風物詩マーキュリーC。この時期は実績馬が秋の大一番に備えて休養することが多いため、上半期で結果を出すことが出来なかった馬が賞金加算を狙って出走してくるレースです。また、JRAのオープン馬が新規参戦してくるケースもけっこう目立っています。

 とにかく様々な路線からの参戦が目立つレースですが、意外と前走・帝王賞上位馬の取りこぼしが見られます。2010年にこのレースを制したカネヒキリのように、帝王賞で連対した馬ならば当然、高い信頼度がありますが、そのような実績馬がこのレースに出走してくることは、滅多にありません。

 2014年にこのレースで単勝オッズ1.0倍台の大本命に支持されたソリタリーキングや昨年のユーロビートのように、帝王賞の3〜4着馬がこのレースで上位人気に支持されて、4着という中途半端な着順で終わることがしばしば。2012年に帝王賞の4着馬シビルウォーがこのレースで1番人気に支持されて勝利したこともありますが、帝王賞の上位馬は人気ほど信頼できないことは覚えておいたほうがいいでしょう。

 では、最有力はどのようなタイプかと言うと、前走でJRAの平安Sに出走していた馬。前走で平安Sに出走していた馬の、このレースでの成績は、平安Sが5月に行われるようになった2013年度以降【3・1・0・0】。1着の該当馬は、2013年のソリタリーキング、2014年のナイスミーチュー、2016年のストロングサウザー。2着の該当馬は、2015年のソリタリーキング

 前走で平安Sに出走していた馬は2015年の2着馬ソリタリーキングのように2桁着順大敗からでも巻き返しているのがポイント。ただし、どの馬にも過去1年以内にダートグレードで連対実績がありました。過去1年以内にダートグレードで連対実績があることが前提ならばかなり信頼が出来るでしょう。

 次いで有力なのは、同年のJRAオープンのブリリアントSの上位馬です。同年のブリリアントSで4着以内だった馬のこのレースでの成績は、過去10年で【2・3・0・1】。1着の該当馬は、2007年のシャーベットトーン、2009年のマコトスパルビエロ、2着馬の該当馬は2012年のグランドシチー、2015年のソリタリーキング、2016年のクリソライト

 唯一の4着以下は、2010年のマチカネニホンバレですが、この年は珍しくG1馬カネヒキリが出走していた年。先行するカネヒキリを追い駆ける形となって8着と大失速しました。ブリリアントSの上位馬は、G1馬が出走していないという前提ならば、信頼が出来るでしょう。

 逆によく穴を開けるパターンは、上半期に結果を出した馬が不在という状況もあり、休養明けの実績馬が多いようです。2008年サカラート、2011年メイショウタメトモ、2012年グランドシチー、2013年シビルウォーは、3ヵ月以上の休養明けで連対した馬。

 特に3着馬は休養明けの実績馬が多く、5番人気以下では2009年サカラートや、2015年トウショウフリーク、2016年のマイネルバイカが活躍を見せました。過去にG1や2で連対している馬やG3勝ちの実績がある馬は、配当妙味があれば馬券に加えたほうがいいでしょう。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・前走で平安Sに出していた馬。
 (過去1年以内にダートグレードで連対実績があることが条件)
 ・同年のブリリアントSで4着以内だった馬。
 (G1馬不在、平安S組不在のレベルの低い年限定条件)
 
 ●穴馬候補
 ・休養明けの実績馬。
 (過去にG2で連対かG3勝ちの実績があることが条件)

マーキュリーカップ特集はこちら

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!


登録済みの方はこちらからログイン

2017年05月23日(火) 16:10 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』5/20〜5/21の結果(オークス・平安S)
閲覧 345ビュー コメント 0 ナイス 1

5月21日(日)に行われました東京11Rの「オークス G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】○ソウルスターリング(2.4倍)
2着:総合ポイント【9位】モズカッチャン(15.0倍)
3着:総合ポイント【4位】▲アドマイヤミヤビ(4.8倍)

第3グループ・総合ポイント1位のソウルスターリングが1着、第4グループ・総合ポイント9位のモズカッチャンが2着、第3グループ・総合ポイント4位のアドマイヤミヤビが3着という結果でした。

ソウルスターリング強かったですね。序盤思った通りのスローでもスムーズに運べていたので、これはヤバいと思いましたが......。いずれにせよ、このレースはモズカッチャンを重視できるかどうかが馬券的にはポイントでしたから完敗です。当日の馬場の恩恵もありましたがこの馬も強い競馬だったと思います。勝ち馬と比べると人気も落ち着きそうなタイプですし、今後も注目していきたいと思います。


【馬単流しマルチ】
◎⇔印
8⇔2,5,14,16(8点)

【3複流し】
◎=印
8=2,5,14,16(6点)

【ワイド】
◎=△(5)
8=5(1点)


計15点 払い戻し0円



続いて5月20日(土)に行われました京都11Rの「平安S G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】△グレイトパール(2.5倍)
2着:総合ポイント【11位】△クリソライト(16.7倍)
3着:総合ポイント【8位】マイネルバイカ(156.7倍)

第1グループ・総合ポイント1位のグレイトパールが1着、第3グループ・総合ポイント11位のクリソライトが2着、第3グループ・総合ポイント8位のマイネルバイカが3着という結果でした。

こちらも軽視した△グレイトパールに圧勝され完敗。前に行った組がほとんど脚が上がる展開の中、途中から動いて4角2番手であの競馬ですからこのメンバー・舞台では一枚上だったということでしょうか。正直、未経験のこういった厳しい展開では沈む可能性が高いとみていたので完全に見誤りました。期待した◎リーゼントロックは速くなる流れを想定してでしょうか、いつも以上にスタートから出していかず結果位置取りが中団になってしまいました。こういう流れで前に付ければ結構粘れると思うんですけどね......残念です。

【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印

8=5,6,11=4,5,6,7,9,11,14,15,16

計21点 払い戻し0円

[もっと見る]

2017年05月20日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第273回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜平安ステークス G3
閲覧 882ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!

本日は京都11R「平安ステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。

重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。

重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、グレイトパールから1.0ポイント差(約1馬身差)内のクリノスターオーまで2頭。
第2グループ(黄)は、ロワジャルダンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のアスカノロマンピオネロまで3頭。
第3グループ(薄黄)はラストインパクトから同差内のタガノエスプレッソグレンツェントロンドンタウンマイネルバイカクリソライトマイネルクロップまで7頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、上位勢では第2G→第3G間の0.9ポイント差が目立つくらいで、全般的に大きな差の生じない配置となっています。ただし、ダート重賞の場合、近走にU指数が算出されない交流重賞を使っている馬には注意が必要です。特に直近のパフォーマンスが交流重賞でその部分が“目隠し”となっているような馬は鵜呑みにすると危険かもしれません(これだけの混戦模様ですから余計に)。

そんななか今回の私の本命は◎リーゼントロックとしました。前走アンタレスSは瞬発力勝負だと苦しいこの馬にとっては不向きな上がりを求められる展開となりながら、最後まで2着争いを演じての4着。今回先行勢には厳しいハイペースとなりそうなメンバー構成ではありますが、上がりが掛かるならその点についてはプラスに働きそうです。むしろ、前は厳しいと映ることでなんとかまだ妙味を維持してくれそうな点は、個人的には追い風と捉えています。前回の健闘で前回ほど穴馬とはなってくれないだろうと当初軽視する方向で考えていましたが、思い直しての本命視。凄馬出馬表評価は下位ですが、もともと大きな差のないメンバー構成ですし、引き続き状態は良さそうなので前走以上を期待したいと思います(できれば、人気は前走以下でお願いしたいところですが果たして......)。
以下、前走は上がり36秒台のレースに対応してみせたが本来6〜8走前のようなタフなレースのほうが向きそうな○ロンドンタウン、ここまで間隔が空いたのは初めてでも休み明け好走実績がありこの条件なら相手で十分狙える▲クリノスターオー、勝ち切った6走前から持久戦になったほうが良さそうな☆ピオネロを上位評価。
そして今回の私の馬券は、恐らく◎の単複勝負になると思いますが、当コラムでは◎から○▲☆への3複勝負としたいと思います。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印

8=5,6,11=4,5,6,7,9,11,14,15,16(21点)

[もっと見る]

2017年04月15日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第263回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜アンタレスステークス G3
閲覧 786ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「アンタレスステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、モンドクラッセから1.0ポイント差(約1馬身差)内のロワジャルダンアスカノロマンまで3頭。
第2グループ(黄)は、グレンツェントから1.0ポイント差(約1馬身差)内のタガノエスプレッソまで2頭。
第3グループ(薄黄)はロンドンタウンから同差内のメイショウスミトモミツバマイネルクロップピットボスマイネルバイカモルトベーネまで7頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、上位には開きがほとんど生じない団子状態。第3G→第4G間に1.4ポイント差がありますが、それすら他の重賞と比べると小さな溝の印象でどこからでも入れそうな状況となっています。

そんな中、今回の私の本命は◎アスカノロマンに期待しました。前走から斤量1キロ減と乗り慣れた鞍上に戻って真価が問われる一戦。コース・展開的にも不利になるとは考えにくいですし、凄馬出馬表評価上位勢ではもっとも信頼できる存在とみて本命視。
○はミツバ。舞台適性という意味ではこちらも上位の存在。昨秋のシリウスステークスはこの馬には時計が速過ぎた印象で、しかも前々決着となる中で中身のある4着という内容。当時よりも脚質自在キャラに生まれ変わって迎えるJRA重賞再挑戦の今回、さらなる前進を期待したいと思っています。
▲にメイショウスミトモ。いずれも中山1800ではあるものの前走、7走前あたりの内容を評価しました。想定通りの淀みない流れなら、こちらも好相性の舞台で一発を期待できそうです。
☆にグレンツェント。能力の高さは認めますが、前走東海ステークスVは55キロでスローからの瞬発戦。斤量増もさることながら、今回求められる質も変わってきそうなペース面からも一枚割引きました。ただ、2走前に締まったペースで上り掛かる展開でも実績があるのがニクイところ。斤量が嫌われれば妙味も出てきそうで、そういった意味では今回狙い目も。
そして今回の私の馬券は、◎○▲=◎○▲からの3複で勝負とします。


【3連複フォーメーション】
◎○▲=◎○▲=印
3,8,13=3,8,13=3,4,6,7,8,10,12,13,14(19点)

[もっと見る]

2017年02月06日(月) 14:25 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】〜佐賀記念2017〜
閲覧 752ビュー コメント 0 ナイス 6

 佐賀記念は、短距離のサマーチャンピオンと並ぶ佐賀二大レースのひとつ。中距離路線のG3は、前年11月のみやこSからここまでレースがないために、佐賀記念はなかなかの強豪が集います。過去には、スマートファルコンやホッコータルマエが出走して、圧勝したこともあったほど。ホッコータルマエのように、フェブラリーSの前哨戦、東海Sで取りこぼしてここに出走してくる馬がとても多いのです。

 つまり、意外とレベルが高いレース。これでは地元の馬を中心とする地方馬の出番はなかなかありません。もともと地方はメンバー層が薄いところがありますが、経費削減などで中距離のレース番組が少なく、中距離経験が不足してしまうことでより中央との格差が広がり、中距離路線で地方馬が勝つのはより難しくなってきています。

 例えば、2012年のこのレースで園田のオオエライジンが1番人気に支持されたことがありました。オオエライジンは、デビューから地元で10連勝を飾り、初めての交流重賞挑戦となった前走・兵庫ゴールドTで3着に好戦し、“兵庫最強”とまで言われたほどの馬。しかし、このレースでは2番手追走から5着に凡退。確かに相手を考えれば過剰人気でしたが、敗因のひとつとしてこのレースが初距離だったこともあるはず。

 逆に2008年のこのレースを園田のチャンストウライが勝利したことがありましたが、この馬は中距離番組を求めて名古屋や南関東へと遠征し、前年の帝王賞4着、前走の名古屋GPで3着と結果を出していた馬。各地を転戦していたために、オオエライジンほどの成績の美しさはなく、名古屋大賞典のトライアルを取りこぼしたこともありました。そのためこのレースではそこまで人気になりませんでしたが、中距離路線を主体に使い続けた信念が、ここで実る形となりました。

 現状、地方のトップクラスが中距離路線を使い続けようとすると、各地を転戦しなければなりません。また、そこである程度の実績を残して来たチャンストウライのような馬ならば、このレースで狙うことができますが、それ以外の地方馬は積極的に狙えません。字面の成績が美しいだけの人気馬ならば、消してこそ馬券妙味があります。

 では、中央馬が優勢のこのレースで、どのような馬が有力かというと、一番は2009年のスマートファルコンや2013年のホッコータルマエのように、前年の古馬相手のG1で3着以内の実績がある馬です。前年のJBCクラシックで3着のソリタリーキングも一昨年のこのレースで2着に善戦しています。しかし、そこまでの実績馬がこのレースに出走してくることが少ないのも確か。

 もう少しハードルを下げて見て行くと、過去1年以内のダ1800〜2000mの古馬混合のダートグレードで勝利していた馬の活躍が目立ちました。過去1年以内のダ1800〜2000mの重賞で勝利していた馬の過去10年の成績は【2・2・2・2】。着外に敗れたのは、スマートファルコンが出走していた2009年のサカラ―トとチャンストウライです。それそれ4着、5着に凡退しました。

 2009年はレースのレベルが高くなり過ぎたのもありますが、チャンストウライは前走でダ2500mの名古屋GPを使われていたというのも敗因のひとつとして挙げられるでしょう。昨年に1番人気に支持されたマイネルバイカや2014年に2番人気に支持されたエーシンモアオバーは、ともに前年の白山大賞典勝ちの実績がありましたが、前走でダ2100m以上を使われて、このレースでは4着、5着に凡退しています。

 また、2012年に6番人気で勝利したピイラニハイウェイ、2008年に5番人気で2着したクーリンガーともに前走1800mの平安S(現在は、東海S)で2桁着順からの巻き返しています。このことからも前走2100m以上を使われているよりも、前走で1800〜2000mを使われている馬のほうが有力と言えそうです。

 つまり、一番の穴馬は東海S組であるということ。もともと実績のある馬ならば前走・東海S組を狙って妙味ですが、昨年の2着馬マイネルグロップのように前走ベテルギウスS(ダ2000m)から巻き返す場合もあります。ダートグレードで好走したことがある馬や中央のオープン勝ちの実績馬のこのパターンには、要注意しましょう!


●まとめ

・本命候補
前年のG1で3着以内の実績がある馬。
過去1年以内のダ1800〜2000mの重賞で勝利していた馬。
(前走1800〜2000mに出走していると理想)

・穴馬
前走でダ1800〜2000mを使われている馬。
(ダートグレードで好走した馬や中央のオープンや準オープンを勝ったことのある馬の凡退からの巻き返しが目立つ)

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

2016年03月08日(火) 11:30 みんなの競馬コラム
【ダイオライト記念】地方競馬考察 by葵
閲覧 316ビュー コメント 0 ナイス 6

菜七子フィーバー、すごいことになっていますね。

次は高知遠征のプランもあるということで別府騎手とのレディス対戦を期待しましょう。

さて、今回考察するレースは船橋で行われるダイオライト記念です。

このレースの過去5年の結果を見てみますと、以下の点がポイントのように思います。

・優勝馬は最終コーナーを3番手以内に通過している。

・馬券圏内を確保している馬の最終コーナー通過順は6番手以内。

・過去5年で馬券圏内を確保している馬には毎年1頭はミスプロ系血統の背景を持つ馬が来ている。

・地方馬では、ある程度の実力があれば、馬券に絡める。

・中央馬では、京都ダート実績がある馬が相性が良い。

・前走、川崎記念上位組には注目。また地方の2000m以上で良い成績を残している馬にも注意。

以上のポイントを押さえつつ、各馬の考察をしていきたいと思います。


まずはお決まりの地方馬の力量チェックから。

先のポイントにもありましたが、ある程度の実力馬であれば地方馬でも食い込めるダイオライト記念。

この点に注意しながら、力量確認をしていきます。(内枠から順番に)

クラージュドールは地方転厩2戦目。前走の報知グランプリCでは重め残り+馬場に泣かされた印象です。

2年前のものになりますが、京都の1900mでも実績があり、力量的にもバッサリ切るのは怖い印象があります。

また血統背景も父キングカメハメハにSS肌のレクレドールと良血。ミスプロ系の血統背景も持ち合わせています。

・サミットストーンですが、2年前の当競走の3着馬でありますし、今年の川崎記念ではハナを叩くなどまだまだ元気いっぱい。

血統背景としてはミスプロ系が無いという点で割引が必要と見ますが、実績面では地方馬の上位の一角です。

ユーロビートは昨年のマーキュリーCを軽量を活かしての完勝。その後も地方長距離戦線では酷量を背負って頑張っています。

先行出来る脚質も魅力がありますし、血統背景を見ても父スズカマンボに牝系はエリシオとトニービンが入るスタミナ血統。

ハナを叩くようならば、中央馬との接戦を演じられる器の持ち主と判断しました。個人的には地方馬の最上位はこの馬です。

以上の3頭が地方馬では買いたい馬となります。


次に中央馬の力量チェックです。

・連覇を狙うクリソライトは激戦だったJBCからの休養明けでの参戦。

休み明けでのポカは年を重ねるにつれなくなってきていますので、普段通りの先行策で安定した走りが出来そうと思います。

走力的にハナは叩けますが、勝ちパターンは番手追走。ポイントのセオリー通りならば、馬券圏内は確保でしょうか。

ストロングサウザーは佐賀記念優勝からの参戦です。体調的にはこの馬が一番良い状態に思えます。

ただ血統面で見劣りする印象や勝ったレースを見ると力の要る馬場での勝ち鞍が多い印象で、船橋の馬場はどうか、というのが懸念事項。

最終コーナーでの位置取り次第では、掲示板を逃す場面があっても驚けない、というのが小生の見解です。

マイネルバイカは佐賀記念を敗れての参戦ですが、そのひとつ前は川崎記念でホッコータルマエとコンマ8秒差。

3着のアムールブリエとはアタマ差であり、上位の2強を抜きに考えれば悪くない結果と思います。

ポイントの京都実績もある点や元々は先行脚質である点を考えると、今回は前回以上を見込めると思います。

クリノスターオーも佐賀記念を敗れての参戦。前走は重め残りの印象がありました。

それでも馬券圏内確保となれば、叩き2走目の今回はさらに上積みが見込めると考えられます。

ポイントである京都実績についてはこの馬が抜群であり、さらに先行脚質とくれば、狙い目十分に思います。

外目の枠に入りましたが、船橋2400mはスタートから第一コーナーまで約400mと位置取りを探るには十分な距離があります。


展開を予想しますと、ハナ争いはマイネルバイカユーロビートでしょうか。

ただ不毛なハナ争いは避けたいだろう心理と玉砕覚悟の心理とで、ハナはユーロビートと見ます。

そこから番手につけたいクリソライトクリノスターオーとの心理戦があり。。。という見立て。

1周目の直線では、ユーロビートマイネルバイカクリノスターオークリソライトという隊列になると予想します。

※もしかすると玉砕覚悟のもう一角、サミットストーンが大逃げを打つかも、という可能性も考えておきます。


まとめ

道中の隊列と仕掛け所、最終コーナーの位置取り予想から、このような予想になりました。

◎本命は先行力があり、上がりも上々の クリソライト
○対抗は叩いて本領発揮を見込んで クリノスターオー
▲単穴には先行力を見込んで ユーロビート
以下、マイネルバイカ・サミットストーン・クラージュドールとしておきます。

今回は相当な混戦模様と見ています。

人気がバラければ、三連単で万馬券もあるかも知れません。

エンプレス杯で「4角1〜3番手の馬を買え!」とコラムに書き、まさかの戸崎騎手が番手で撃沈したので、今回はズバっと気持ちよく当てたいものです。



執筆者:(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイネルバイカの口コミ


口コミ一覧
閲覧 129ビュー コメント 0 ナイス 6

会員ページの方に
☆今週の格上馬★結果
☆20日21日特別戦出走表★結果
を更新してますので、【見直し】【復習】で使って下さい(*^^*)/

////////////

【格上馬】
平場の20レース中13レースで該当馬が3着以内
土曜日は18頭が出走で【5−5−1−7】
該当馬が2頭のレースでどっちも馬券内(2頭軸)ってレースも4つありました(*^^*)

今週はあまり人気の無い馬も混ざってましたね♪
マースチェル…5人気【1着】
ブリージーメイ…6人気【2着】
ジュガンティーヤ…7人気【1着】
ワイルドダンサー…14人気【3着】
ショウナンライズ…6人気【3着】
スズカルパン…8人気【2着】

【先週の重賞】

≪平安S≫
1着:グレイトパール【馬指数5位】〔上がり1位〕【総タイム1位】≪好走ポジ●≫
2着:クリソライト〔上げ幅1位〕 ※半年以上中央がないのでタイム指数ナシ
3着:マイネルバイカ

※傾向になっている4角で4番手以内の馬が2頭馬券内に来る、というデータ。
今年は逃げた2頭が撃沈で、マクって4角2番手のグレイトパールが来ました(^o^)
これは読める訳がない(笑)逃げ予定ののケイティブレイブは他の先行馬が
沈む展開で頑張った方ですね。クリソライトの追込みは完全な想定外。
4番手辺りを想定したマイネルバイカ−グレイトのワイドは当ったが、
マグレに近い引っ掛かり方ヾ( ̄o ̄;)

≪オークス≫
1着:ソウルスターリング【馬指数2位】〔テン3位〕【総タイム2位】≪LAP一致≫
2着:モズカッチャン
3着:アドマイヤミヤビ

※LAP一致度のモズカッチャン・ハローユニコーンのどちらかは馬券内に!
と血統一致度で両方に該当した「ハローユニコーン」かなり期待したが、ご存じの通り
当日、鞍上田辺さんが落馬交替(。>0<。) 田辺が乗ってから溜めて伸びる競馬、
上がり最速を連発してきた馬だけに、近5年シンハ・ミッキークイーン・ハープスター
デニム・ジェンティルを導き出した方式で浮かび上がった馬でも厳しかった。
結局残った方のモズカッチャンが2着、レースの上がり最速馬も3着にきて
私の提唱したオークス3つの傾向
☆瞬発力指数1位
☆LAP一致度馬
☆当レースの上がり最速馬は必ず絡む
今年もすべて当て嵌まって継続(*^^*)

日記内では書いた今年の【独占条件】は
◆3着以内率100%の馬(稍重・重を除くを加える)◆
・ミヤビ・ソウル・フローレス・モズカッチャン・リスグラの5頭
この項目が該当しましたね!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

来週はいよいよ、日本ダービー(*^▽^*)/
連対条件には6頭くらいが該当して、今年もだいたいの形は絞られそうな
データが出ていますが、オークスと同じ舞台なので瞬発力指数を出してみると・・・
ソウルスターリングが【2.8】の1位に比べ、ダービーメンバーでの1位は【0.9】
ちなみに昨年のマカヒキ・サトノ・ディーマジェは全て【2.0】以上
これは直線一気の上がり最速馬が来るような展開にならない気がする。

1分57秒台の皐月賞・2分23秒台レコードの青葉賞など高速決着の目安となる馬に
人気が集まりそうだが、こういう年は道中がタフな流れになってスロー→瞬発力の
競馬にならない可能性も。
近年なら2.23秒台なのに前で決まった2012年ディープブリランテ−フェノーメノの年☆
キレはあっても4角2ケタ番手以降の馬には厳しそうな展開と今の時点では想定。

≪攻略ポイント≫は水曜・木曜で日本ダービー(その1)(その2)更新しますね♪
皆さんの【結果報告】もブログ内で明日更新しますので、ご協力お願いしますm(_ _)m

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

個人サイト:【馬券Aエースの≪超抜≫競馬】|馬指数・坂路調教・重賞攻略
http://relax-myodani.jp 馬券Aで〔検索〕も可

「なんとなく」から「自信」を持って買い目を選べるレベルへ!
データ・馬能力・LAPレベルの3方向から自分で【根拠】を見つける予想理論

 浪花のクマ 2017年05月21日() 21:55
今週の重賞予想結果
閲覧 59ビュー コメント 0 ナイス 5



平安S・・馬連的中!


前走の負け方が・・距離の二四が・・今日の
ソウルスターリングの走りには、そんな杞憂
を蹴散らすような、完璧な勝利でした!
参りました!

第78回 優駿牝馬(GI)

1 ▲ ソウルスターリング (1番人気)
2 ー モズカッチャン (6番人気)
3 △ アドマイヤミヤビ (2番人気)
5 ○ リスグラシュー (3番人気)
15 ◎ レッドコルディス (15番人気)

第24回 平安ステークス(GIII) 

1 △ グレイトパール (1番人気)
2 ○ クリソライト (6番人気)
3 ー マイネルバイカ (15番人気)
14 ◎ クリノスターオー (10番人気)
馬連 2,480円 的中!

[もっと見る]

 ちびざる 2017年05月20日() 17:09
平安Sの結果
閲覧 21ビュー コメント 0 ナイス 0

1着:グレイトパール
2着:ぅリソライト
3着:.泪ぅ優襯丱ぅ


私の◎にしたグレンツェントは10着でした。
1着のグレイトパールは無印
2着のぅリソライトは▲
3着の.泪ぅ優襯丱ぅは無印

でしたので、馬券はハズレました。_| ̄|○


勝ったグレイトパールの圧勝でしたね。
強かったと思います。素直に脱帽です。

3着の.泪ぅ優襯丱ぅの激走には驚きました。

毎週、毎週、よく穴馬が出てきますね。(笑)
難しいですね。

本命にしたグレンツェントは斤量58kgが堪えたかもしれませんね。
前走も58kgで惨敗しましたので、58kgは重すぎるのかもしれません。


的中された方、おめでとうございます。

[もっと見る]

マイネルバイカの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2012年2月6日(月) 09:43:35
11/5未勝利
3着 マイネルバイカ(松岡騎手)
「馬も良くなっていたし、こういう競馬も合っています。体に身が入ってくればもっと良くなるでしょう」

マイネルバイカの写真

投稿写真はありません。

マイネルバイカの厩舎情報 VIP

2017年7月16日名鉄杯6着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

マイネルバイカの取材メモ VIP

2017年7月16日 名鉄杯 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。