注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ショウナンアポロン(競走馬)

注目ホース
ショウナンアポロン
写真一覧
現役 牡7 鹿毛 2010年4月26日生
調教師古賀史生(美浦)
馬主国本 哲秀
生産者メジロ牧場
生産地洞爺湖町
戦績48戦[6-5-5-32]
総賞金16,327万円
収得賞金5,200万円
英字表記Shonan Apollon
血統 アドマイヤマックス
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ダイナシユート
メジロアルドラ
血統 ][ 産駒 ]
アフリート
メジロロベルタ
兄弟 キネオパピヨン
前走 2017/02/12 アルデバランS OP
次走予定

ショウナンアポロンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/02/12 京都 10 アルデバラン OP ダ1900 12118.547** 牡7 57.0 岩田康誠古賀史生526(+8)1.58.4 0.737.3モルトベーネ
17/01/22 中京 11 東海S G2 ダ1800 1647122.3134** 牡7 56.0 丸田恭介古賀史生518(-6)1.53.4 0.237.3グレンツェント
16/12/24 中山 11 師走S OP ダ1800 161223.0715** 牡6 57.0 松岡正海古賀史生524(+14)1.55.9 2.641.4グレンツェント
16/11/20 福島 11 福島民友C OP ダ1700 151137.7106** 牡6 59.0 松岡正海古賀史生510(+14)1.45.1 0.538.5トラキチシャチョウ
16/08/14 札幌 11 エルムS G3 ダ1700 1271011.7512** 牡6 57.0 松岡正海古賀史生496(-8)1.47.0 3.539.3⑦⑪リッカルド
16/07/10 函館 11 マリーンS OP ダ1700 128115.321** 牡6 56.0 松岡正海古賀史生504(+8)1.43.5 -0.337.3ヒラボクプリンス
16/05/21 京都 11 平安S G3 ダ1900 152341.9912** 牡6 57.0 松岡正海古賀史生496(-10)1.58.4 2.238.7⑩⑦⑦⑧アスカノロマン
16/04/16 阪神 11 アンタレスS G3 ダ1800 1681563.3116** 牡6 57.0 松岡正海古賀史生506(-4)1.50.9 1.038.4アウォーディー
16/03/27 中山 11 マーチS G3 ダ1800 162420.481** 牡6 54.0 松岡正海古賀史生510(-8)1.52.7 -0.137.3バスタータイプ
16/02/27 中山 11 総武S OP ダ1800 1581431.8116** 牡6 56.0 岩田康誠古賀史生518(+4)1.52.6 0.738.8バスタータイプ
16/02/06 京都 11 アルデバラン OP ダ1900 138129.364** 牡6 54.0 岩田康誠古賀史生514(-2)1.58.6 0.937.6ダブルスター
16/01/09 中山 11 ポルックスS OP ダ1800 162313.085** 牡6 56.0 横山典弘古賀史生516(-2)1.53.0 0.538.3サンマルデューク
15/12/26 中山 11 師走S OP ダ1800 1651019.279** 牡5 54.0 蛯名正義古賀史生518(+8)1.52.9 1.239.3④④サンマルデューク
15/10/31 東京 10 赤富士S 1600万下 ダ2100 16248.331** 牡5 57.0 横山典弘古賀史生510(+6)2.11.8 -0.735.2クライスマイル
15/10/04 中山 12 内房S 1600万下 ダ1800 1671428.896** 牡5 56.0 横山典弘古賀史生504(+8)1.52.9 1.239.4モンドクラッセ
15/06/21 阪神 10 灘ステークス 1600万下 ダ1800 16486.844** 牡5 56.0 幸英明古賀史生496(-2)1.50.6 0.237.5テイエムダイパワー
15/05/31 京都 9 東大路S 1600万下 ダ1800 165103.112** 牡5 57.0 藤田伸二古賀史生498(-2)1.52.5 0.037.5メイショウソラーレ
15/05/10 京都 10 桃山S 1600万下 ダ1900 118103.113** 牡5 57.0 藤田伸二古賀史生500(-2)1.59.0 0.537.5ナリタハリケーン
15/04/18 中山 10 下総S 1600万下 ダ1800 137106.943** 牡5 57.0 柴田善臣古賀史生502(-2)1.52.6 0.138.5バンズーム
15/03/21 中山 10 韓国馬事会杯 1600万下 ダ1800 16127.142** 牡5 57.0 戸崎圭太古賀史生504(+4)1.52.6 0.038.2ダノンバトゥーラ

⇒もっと見る


ショウナンアポロンの関連ニュース

 ◆丸田騎手(ショウナンアポロン4着) 「ハナにはこだわらなかったけど、結果的にマイペースで逃げることができました」

 ◆太宰騎手(カゼノコ5着) 「スローペースで、外を回った割には、よく伸びていた。もう少し流れてほしかったですね」

 ◆川須騎手(ピオネロ6着) 「流れが遅かったので積極的に行った。位置取りは良かったけど、最後は伸び切れなかった」

 ◆牧田師(ロンドンタウン7着) 「もう少しペースが流れていたら…」

 ◆石橋騎手(ラストインパクト9着) 「初ダートでしたが、3、4コーナーの感じは良かった。(ダートに)慣れれば走れそう」

 ◆中谷騎手(モズライジン11着) 「内枠でスローペースになり、あの(後方の)位置取り。切れない馬なので展開が厳しかった」

 ◆藤岡康騎手(インカンテーション12着) 「気持ちが乗りすぎて、スムーズに進めなかった」

 ◆加藤騎手(カラクプア13着) 「いい位置を取りに行こうとしましたが、外に回されてしまいました」

 ◆浜中騎手(ロワジャルダン14着) 「展開がスロー。流れが向かなかった」

 ◆酒井騎手(トウショウフリーク15着) 「うまく前でレースができましたが…」

★22日中京11R「東海ステークス」の着順&払戻金はこちら

【東海S】グレンツェントが差し切ってGI切符を獲得 2017年01月22日() 15:39

 1月22日の中京11Rで行われた第34回東海ステークス(4歳以上オープン、GII、ダート1800メートル、別定、16頭立て、1着賞金=5500万円)は、横山典弘騎手騎乗の1番人気(牡4歳、美浦・加藤征弘厩舎)が快勝。フェブラリーステークス(2月19日、東京、GI、ダート1600メートル)の優先出走券を獲得した。タイムは1分53秒2(良)。

 レースはショウナンアポロンが逃げ、2番手にピオネロ、3番手にモルトベーネ。中団にいたグレンツェントは徐々に進出して、4コーナーは外を回って直線でグングンと脚を伸ばし、一旦先頭に立っていたモルトベーネ(12番人気)を1/2馬身差で退けた。さらに1/2馬身差の3着にメイショウウタゲ(10番人気)が入り、3番人気ピオネロは6着、2番人気アスカノロマンは8着。

 グレンツェントは、父ネオユニヴァース、母ボシンシェ、母の父キングマンボという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)シルクレーシング。通算成績は10戦6勝。重賞は2016年レパードS・GIIIに次いで2勝目。東海Sは、加藤征弘調教師は初勝利。横山典弘騎手は1988年ソダカザン、90年ナリタハヤブサに次いで3勝目。

 ◆横山典弘騎手「余裕がありましたね。着差はわずかだったけど、よく頑張ってくれました。賢い馬で自由自在。若い馬なのでまだまだ良くなる。順調にいってほしいですね」

★22日中京11R「東海ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【東海S】厩舎の話2017年01月20日(金) 05:03

 ◆アスカノロマン・川村師 「先週まで負荷をかけていたので、今週は実質5ハロンから流した感じ。(連覇に向けて)今年も好位差しで」

 ◆インカンテーション・羽月師 「久々に順調な調整過程でレースに行くことができる。息の戻りもいい」

 ◆カゼノコ・野中師 「良化はスローだが、少しずつ変わってきている」

 ◆カラクプア・松田師 「(調教は)動かない馬で、動いている方だと思う」

 ◆グレンツェント・加藤征師 「前走を使ってここが目標。状態は文句なし」

 ◆ショウナンアポロン・古賀史師 「今回は絞れていると思う。気分良く走れれば」

 ◆トウショウフリーク・今野師 「休み明けを叩いて上積みはあると思う」

 ◆ピオネロ・松永幹師 「単走でビシッとやりました。動きは良かったし、左回りもいい」

 ◆マイネルクロップ・飯田雄師 「時計が出過ぎているぐらいだから、調子はいいんだろうね」

 ◆メイショウウタゲ・安達師 「動きは相変わらず、いつもと同じ感じ」

 ◆モルトベーネ・松永昌師 「動きは良かった。あとは当日の落ち着き次第」

 ◆ラストインパクト・前川助手 「ダートは未知数だが、長く脚を使う持ち味を出してくれれば」

 ◆リッカルド・黒岩師 「しっかりと動けていた。自分から動いていく競馬ができれば」

 ◆ロワジャルダン・戸田師 「前走と同様にダートで気分良く走らせた。反応は良かったしピリッとしている」

 ◆ロンドンタウン・牧田師 「(併せ馬で)目標を前に置いて、反応を確かめる感じ。リズム良く運べれば」

東海Sの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【東海S】追って一言2017年01月19日(木) 05:03

 ◆インカンテーション・羽月師 「息の戻りがすごく良くて(使った)上積みは大きい」

 ◆カゼノコ・野中師 「良化はスローだが、少しずつ変わってきている」

 ◆カラクプア・松田師 「(調教は)動かない馬で、動いている方だと思う」

 ◆ショウナンアポロン・古賀史師 「今回は絞れていると思う。状態はいいので気分良く走れれば」

 ◆トウショウフリーク・今野師 「年齢的な衰えは感じない。自分の力を出し切れば」

 ◆マイネルクロップ・飯田雄師 「時計が出過ぎているぐらいだから、調子はいいんだろうね」

 ◆メイショウウタゲ・安達師 「動きは相変わらず、いつもと同じ感じ」

 ◆ラストインパクト・前川助手 「ダートは未知数だが、長く脚を使う持ち味を出してくれれば」

 ◆リッカルド・黒岩師 「ここ2戦は不発だったが、自分から動いていく競馬ができれば」

 ◆ロワジャルダン・戸田師 「前走と同様にダートで気分良く走らせた。反応は良かったしピリッとしている」

 ◆ロンドンタウン・牧田師 「いい状態だし、競馬でもリズムよく運べれば」

東海Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【東海S】レース展望 2017年01月17日(火) 18:31

 今週の中京日曜メインは、第34回東海ステークス(22日、GII、ダート1800メートル)。1着馬にフェブラリーステークス(2月19日、東京、GI、ダート1600メートル)の出走権が与えられる重要ステップレース。今年はフルゲート16頭に20頭がエントリーした。前週の日曜の中京は降雪の影響で月曜に代替競馬として行われた。今週は晴天の下、無事予定通り行われることを期待したい。

 中心は連覇を狙うアスカノロマン(栗東・川村禎彦厩舎、牡6歳)だ。昨年はこのレースを制した直後に、レコード決着だったフェブラリーSで、勝ったモーニンから0秒2差の3着に好走。続くアンタレスSで2着、平安Sでは5馬身差Vと存在感を示した。

 その後の3戦は案外の結果だったが、暮れのチャンピオンズCでは、10番人気の低評価ながら、先行勢の多くが馬群に沈む中、持ち前のしぶとさを発揮して3着に踏ん張った。これで、中京ダート1800メートルは【2・0・1・0】の好成績。連覇で重賞3勝目を挙げ、堂々とフェブラリーSに乗り込む。

 レパードSを勝っているグレンツェント(美浦・加藤征弘厩舎、牡4歳)の充実ぶりも目が離せない。2走前のみやこSでは直後に交流GI東京大賞典を勝つアポロケンタッキーのクビ差2着。前走のオープン特別・師走Sは、着差こそ半馬身だったが、年長馬相手に危なげない勝ち方だった。まだまだ成長が見込める4歳馬が、再び年長馬を力でねじ伏せる構えだ。鞍上には横山典弘騎手が予定されている。

 一昨年のみやこSの勝ち馬で、昨年のこのレースでは3着だったロワジャルダン(美浦・戸田博文厩舎、牡6歳)も注目の一頭だ。2走前のみやこSが0秒1差の3着で、前走のチャンピオンズCは8着ながら、勝ったサウンドトゥルーとは0秒5差。ここでも好勝負を演じても不思議はない。

 インカンテーション(栗東・羽月友彦厩舎、牡7歳)も無視できない。一昨年のフェブラリーSの2着馬で、重賞は2013年レパードS、14年みやこS、15年平安Sの3勝。昨年の東海S11着後、骨折が判明して休養を余儀なくされたが、みやこSで復帰。2番手から積極的にレースを進め、直線で息がもたずに8着に終わったが、今回は息のもちが違ってくるだろう。休養期間が長く、まだ衰えはないはず。ここは試金石となる。

 リッカルド(美浦・黒岩陽一厩舎、セン6歳)は、昨年のエルムSの覇者。その後ひと息入れて出走した福島民友Cは7着、続く前走の師走Sは10着と振るわなかったが、叩き3戦目の今回は斤量も前走から1キロ減の56キロ。自ら動いて早めに仕掛ける競馬ができれば、巻き返しは可能だ。

 他にも、昨年のマーチSを勝っているショウナンアポロン(美浦・古賀史生厩舎、牡7歳)や、同レース2着のバスタータイプ(栗東・佐藤正雄厩舎、牡5歳)、昨秋のシリウスS2着馬ピオネロ(栗東・松永幹夫厩舎、牡6歳)、新天地のダートで復活を図るラストインパクト(栗東・角居勝彦厩舎、牡7歳)、堅実なメイショウウタゲ(栗東・安達昭夫厩舎、牡6歳)など、伏兵陣も役者ぞろい。GIの前哨戦にふさわしい一戦になることは間違いない。

 なお、登録のあるミツバ(栗東・加用正厩舎、牡5歳)は、選出されている交流GI川崎記念(2月1日、川崎、ダート2100メートル)に向かう公算が大きい。

東海Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【東海テレビ杯東海ステークス】特別登録馬2017年01月17日(火) 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

ショウナンアポロンの関連コラム

閲覧 958ビュー コメント 0 ナイス 8

先週は22(日)に中山競馬場でG2アメリカジョッキークラブカップが中京競馬場でG2東海ステークスがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。

G2アメリカジョッキークラブカップクリールカイザーが先頭で直線コースへ。直線に入るとすぐさまミライヘノツバサクリールカイザーを交わして先頭、後続はゼーヴィントルミナスウォリアーが外からまくり気味に進出、内からはタンタアレグリアも脚を伸ばしてきます。残り200mを通過、ここでルミナスウォリアーは置かれて内タンタアレグリア、中ミライヘノツバサ、外ゼーヴィントの3頭が後続を離しての叩き合い!坂を上ってミライヘノツバサが下がるとタンタアレグリアがグイッとひと伸び!外ゼーヴィントの追撃を凌いで初重賞制覇を飾りました!半馬身差の2着にゼーヴィント、そこから1馬身1/4差の3着にミライヘノツバサが入っています。

公認プロ予想家ではkmプロ馬っしぐらプロが的中しています。

G2東海ステークスショウナンアポロンが先頭で直線コースへ。逃げるショウナンアポロンのリードは1馬身、その後ろにピオネロモルトベーネリッカルド、1番人気のグレンツェントは中団外目から追い込み態勢。残り200mを通過、逃げるショウナンアポロンモルトベーネが競りかけて2頭の激しい叩き合い、これに外からグレンツェントが徐々に差を詰めて3頭がやや抜ける形。残り50m、ショウナンアポロンを競り負かしたモルトベーネが粘り込みを図るところをグレンツェントが強襲!ゴール前でしっかり捉えて重賞初制覇を飾りました!半馬身差の2着にモルトベーネ、そこから半馬身差の3着にメイショウウタゲが入っています。

公認プロ予想家ではシムーンプロ他3名が的中しています。

------------------------------------------------------------------------------

☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
21(土)京都4Rで◎ビップキャッツアイ×バンダイクブラウンメイショウツムギの3連単2151.5倍を500円的中させ、107万5750円のビッグヒット!さらには勝負レースに指定した中京11Rで◎○▲のパーフェクト予想を披露し、75万8800円を払い戻しました!週末トータル回収率319%、収支プラスは158万2850円をマーク!月間収支は驚愕の404万超プラスとなっています!

☆☆☆注目プロ →夢月プロ
22(日)中山1Rで▲アースミステリーセイウンチャームの馬連57倍を4900円的中させ、27万9300円の払い戻し!21(土)京都10Rでは最低人気の◎アダムバローズの単勝を1万円的中させ、10万1000円を払い戻しました!週末トータル回収率140%、収支プラス14万7530円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
勝負レースに指定した22(日)京都10Rで◎ニットウスバルゴルゴバローズゼンノサーベイヤーの3連複13.4倍を3600円的中させ、4万8240円を払い戻しました!この他にも京都9Rで◎×▲の印で3万9600円を払い戻し、21(土)京都11Rでも◎×○で3万7840円を払い戻しました!週末トータル回収率174%、収支プラス5万9360円をマークしています。

この他にもマカロニスタンダーズプロサウスプロ河内一秀プロ☆まんでがんプロサラマッポプロおかべプロが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら
    
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!


登録済みの方はこちらからログイン

2016年11月16日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2016年11月16日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(21)
閲覧 2,302ビュー コメント 0 ナイス 5

週末のメイン競走を、伊吹雅也プロがある一つのデータに注目して分析する人気コーナー。
<<さらにプラス1!>>データも交え今週末のあなたの予想をバックアップする、ウマニティ会員専用コラムを是非ご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2016年11月19日(土) 東京11R 東京スポーツ杯2歳ステークス
【前走の着順別成績(2009年以降)】
●1着 [6-6-6-44](複勝率29.0%)
●2着以下 [1-1-1-37](複勝率7.5%)
→前走を勝ち切った馬が中心。なお、前走の単勝人気順が4番人気以下だった馬は2009年以降[0-0-2-40](複勝率4.8%)、前走の4コーナー通過順が1番手だった馬は2009年以降[0-0-0-10](複勝率0.0%)、前走がJRAのレース、かつ前走の上がり3ハロンタイム順位が3位以下だった馬は2009年以降[0-0-1-32](複勝率3.0%)と、それぞれ苦戦していました。


▼2016年11月19日(土) 京都11R アンドロメダステークス
【“JRA、かつ2400m以上のレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2012年以降)】
●あり [3-3-4-11](複勝率47.6%)
●なし [1-1-0-27](複勝率6.9%)
→近年は長距離のレースに実績のある馬が優勢。中距離以下のレースを主戦場としてきた馬は評価を下げるべきでしょう。


▼2016年11月20日(日) 福島11R 福島民友カップ
【“前年か同年、かつJRA、かつダートの重賞”において4着以内となった経験の有無別成績(2015年)】
●あり [1-1-1-1](複勝率75.0%)
●なし [0-0-0-10](複勝率0.0%)
→福島ダ1700mで施行された昨年は、実績馬が上位を独占。特別登録を行った馬のうち、“2015年以降、かつJRA、かつダートの重賞”において4着以内となった経験があるのは、アジアエクスプレスキクノソルショウナンアポロンリッカルドの4頭だけです。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】

[もっと見る]

2016年08月16日(火) 18:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(8/13〜8/14)スガダイプロがG3関屋記念含め的中率45%、回収率118%、土日プラスをマーク!
閲覧 596ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、14(日)に新潟競馬場でG3関屋記念が、札幌競馬場でG3エルムステークスが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3関屋記念は、スタート直後先頭に立ったピークトラムを交わして2番人気ロサギガンティアがハナを叩きこのまま隊列が決まるかというところへ、スタートでやや後手を踏んだレッドアリオンがまとめて外から交して先頭に。1番人気マジックタイムは後方5番手、3番人気ヤングマンパワーは6番手あたりを追走して直線勝負へ。早々いっぱいになったレッドアリオンを交わしてロサギガンティアが先頭に躍り出るとその外からダノンリバティ、さらに外からはヤングマンパワーが脚を伸ばして迫ります。残り200mを過ぎて脚色が鈍ったロサギガンティアを、ダノンリバティヤングマンパワーが交わして一騎打ちの様相に。内からラングレー、中ほどからはダンスアミーガマジックタイムあたりも末脚を伸ばしますがこれらは3着争いまで。ゴール直前で内のダノンリバティを捉えたヤングマンパワーが重賞2勝目を挙げています。クビ差2着のダノンリバティから1馬身1/4差の3着にはマジックタイムが入っています。
 
公認プロ予想家ではスガダイプロ霧プロ導師嵐山プロら4名が的中しています。
 
G3エルムステークスは、1番人気モンドクラッセクリノスターオーの8枠両頭が隊列を従えて道中マイペースの流れを刻んでいきます。好位にヒラボクプリンスショウナンアポロンロワジャルダンといったところが続き、2番人気ジェベルムーサは中団のインを追走。リッカルドブライトラインも中団からとなって、後方にマルカフリートナムラビクターサイモントルナーレナリタスーパーワンの態勢で3コーナーへ突入。ブライトラインが押し上げ、その後ろからはリッカルド、ワンテンポ遅れて外に持ち出されたジェベルムーサも進出を開始。中でも抜群の手応えを見せたリッカルドモンドクラッセクリノスターオーを射程圏に入れて直線の叩き合いへ。逃げ切りを図るモンドクラッセを残り100mで競り落とした伏兵リッカルドが、最後再び盛り返しを見せクビ差まで迫った2着クリノスターオーの追撃も封じて堂々のV。嬉しい重賞初制覇を飾りました!1番人気モンドクラッセはそこからさらに1馬身1/2差の3着に敗れています。
 
公認プロ予想家ではジ ョ アプロらが的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------

☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
14(日)関屋記念を○ダノンリバティ−◎マジックタイムのワイドで仕留め、1万6900円払戻し。他にも先週は、13(土)新潟3R(馬連140.1倍等的中!)、小倉10R(○スズカビスタ複勝7.9倍等的中!)、札幌4R(3連複65.1倍、馬連22.4倍的中!)。14(日)札幌2R(◎アポロリベリオン単勝11.3倍等的中!)、新潟3R(◎ルールブリタニア単勝12.6倍等的中!)などなど、安定した広角打法で安打量産し、土日両日プラスを達成!週末トータル的中率45%、回収率118%の好成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →馬っしぐらプロ
13(土)札幌8Rで○◎▲的中を披露し計3万2770円を払戻し。同札幌11Rでは2万3280円払戻し、さらに続く新潟11Rでは6万1570円払戻しなど固め打ちを披露!14(日)にも新潟12Rでのウエスタンユーノーの単勝的中など好調予想を披露した先週は、トータル回収率133%のトップ成績をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
13(土)新潟3Rアームズレングスの単勝37.4、複勝17.3倍を的中し計27万3500円のスマッシュヒットをマーク!さらに、同日札幌11Rでは、◎ウインムートから馬連78.8倍、3連単337.1倍&970.1倍(3着同着につき2通り払戻し)計34万240円のビッグヒット!週末トータル回収率115%、収支11万3540円プラスの好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
13(土)新潟3Rで▲アームズレングス−◎エバーパッションの馬連的中し46万2330円払戻しを披露!続く新潟4Rでも枠連1点的中で20万8000円払戻しとビッグヒット連発をマーク!週末トータルでは回収率110%を達成しています。
  
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
13(土)の勝負レース札幌3Rをきっちりと仕留めると、同勝負レース指定の新潟11Rでは▲ウインガニオン−◎アルマエルナトで馬連368.7倍を400円分的中し14万7480円を払戻し!この他にも土日通じて安定した成績を披露した先週は、週末トータル回収率117%の好成績を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
14(日)の勝負レース新潟1Rで『かきこみ走法でダート適性高そう。初ダートの今回が狙い目。』と狙った◎シゲルコング−○ハルクンノテソーロの馬連、ワイド1点勝負的中を披露!4万8000円を払戻しています。土日トータルでは、回収率128%を記録しています。

 
この他にもくりーくプロ(119%)、シムーンプロ(104%)が週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。


今週もウマニティプロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2016年03月30日(水) 17:15 【ウマニティ】
先週の回顧〜(3/26〜3/27)伊吹雅也プロが2週連続爆発!回収率318%をマーク!
閲覧 642ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、27(日)に中京競馬場でG1高松宮記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1高松宮記念の1番人気はビッグアーサーミッキーアイルが並んで3.9倍、3番人気がアルビアーノで5.1倍、続いてウリウリ7.9倍、エイシンブルズアイ9.4倍とここまでが10倍を切る形で上位人気を形成しました。
 
注目のスタートは内から好スタートを切ったミッキーアイルが先手を奪いますが、これを制して外からローレルベローチェが先頭に立ちます。2番手外目にハクサンムーンミッキーアイルは控えて内の3番手、そこから2馬身ほど間が空いてビッグアーサー、直後にサクラゴスペルサトノルパンアクティブミノルと先行集団。中団からはブラヴィッシモアルビアーノスノードラゴンウリウリアースソニックヒルノデイバロー。後方からはレッツゴードンキエイシンブルズアイティーハーフと追走して離れた最後方にウキヨノカゼ。前半の600mを32秒6の早い流れ、ローレルベローチェハクサンムーンが併せ馬の形で直線コースへ差し掛かります。直線に入ると外目に進路を取ったローレルベローチェですが、脚色一杯、外からハクサンムーンが単独先頭に躍り出ます。その後ろからはミッキーアイルビッグアーサー、最内からはサトノルパンが差を詰め、後続はやや離れて横一線の状態。残り200mを通過、ここでハクサンムーンを交わしたミッキーアイルが先頭に立つと外からビッグアーサーも脚を伸ばします。残り100m、逃げ込みを図るミッキーアイルビッグアーサーが一完歩ごとに差を詰めるとゴール前で捉えて優勝!重賞初制覇をG1の舞台で達成しました!勝ちタイムは1分6秒7(良)。3/4差の2着にミッキーアイル、そこから1馬身3/4差の3着にアルビアーノが入っています。

公認プロ予想家では◎○▲のパーフェクト予想を披露した河内一秀プロほか15名が的中しています。


☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
27(日)阪神10Rで『4歳以上のレースに限ると、内寄りの枠に入った馬が優勢』と本命に抜擢した◎ウィットウォーター(単勝102.7)からの3連複を400円的中させ、14万6080円を払い戻しました!26(土)阪神11R毎日杯G3でも○◎△の本線!3連複6.6倍を4000円的中させ、2万6400円を払い戻しました!この他にも次々と的中を連発!週末トータル的中率は圧巻の75%、回収率318%、収支プラス17万4800円の好成績を収めています。

☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
27(日)中山5Rで単勝58.9倍のマイネルビクトリーの単勝を3000円的中させ、17万6700円を払い戻し!同日の中山2Rでも本命に単勝20.5倍の◎ビレッジエンパイアを指名し、5万9880円の払い戻しを記録!週末トータル回収率209%、収支プラス20万4160円をマークしています!

☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
26(土)中京3Rで▲◎○の印で馬連140.7倍、3連複246.7倍を大本線的中!翌日の中山11RマーチステークスG3では『キツイ流れや、外目で力んでいるのもあり、OPでは馬券に絡めていないがここは内枠から先手も可能なメンバー。楽に行ければ粘り込みも。』と狙った◎ショウナンアポロンの単複を的中させました。週末トータル回収率141%をマークしています。

☆☆☆注目プロ →河内一秀プロ
27(日)中京11R高松宮記念G1で◎ビッグアーサーミッキーアイルアルビアーノの印で単勝、3連複、3連単を大本線的中!4万710円を払い戻しました!中山8Rでも単勝2.1倍、3連複81.8倍、3連単322.6倍を的中させ、7万5690円の払い戻し!週末トータル回収率134%、収支プラス15万7370円をマークしています。


※全レースの結果速報はこちら


競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2016年03月22日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2016年03月22日号
閲覧 3,290ビュー コメント 0 ナイス 7

▼2016年03月27日(日) 中京11R 高松宮記念
【日本調教馬の、前走の着順別成績(2012年以降)】
●2着以内 [2-3-3-14](複勝率36.4%)
●3〜4着 [1-1-0-12](複勝率14.3%)
●5着以下 [0-0-1-33](複勝率2.9%)
→臨戦過程を素直に評価したい一戦。大敗からの一変は期待できませんし、前年10月以降、かつJRAの重賞において連対経験がない日本調教馬も2012年以降[0-0-0-35](複勝率0.0%)と苦戦していました。

▼2016年03月26日(土) 阪神11R 毎日杯
【JRAの重賞において4着以内となった経験の有無別成績(2011年以降)】
●あり [5-1-3-15](複勝率37.5%)
●なし [0-4-2-43](複勝率12.2%)
→重賞で好走した経験のある馬が中心。なお、JRAの重賞において4着以内となった経験がなかった馬のうち、同年、かつ中央場所のオープン特別か500万下において連対経験がなかった馬は2011年以降[0-0-0-30](複勝率0.0%)とすべて4着以下に敗れています。

▼2016年03月26日(土) 中山11R 日経賞
【前年か同年、かつJRA、かつ2400〜2500mのG機G兇砲いて6着以内となった経験の有無別成績(2011年以降)】
●あり [5-5-5-19](複勝率44.1%)
●なし [0-0-0-31](複勝率0.0%)
→近年の好走馬は、前年以降に2500m前後の重賞で善戦した経験があった馬ばかり。距離適性が最大のポイントと見ていいでしょう。

▼2016年03月27日(日) 阪神11R 六甲ステークス
【JRA、かつ3歳以上か4歳以上、かつ阪神以外の重賞かオープン特別における連対経験の有無別成績(2011年以降)】
●あり [0-0-2-34](複勝率5.6%)
●なし [5-5-3-34](複勝率27.7%)
→実績馬が人気を裏切りがちなレース。特に2〜3歳限定や阪神のレースを除く重賞ならびにオープン特別で連対経験がある馬は信頼できません。

▼2016年03月27日(日) 中山11R マーチステークス
【前年6月以降、かつ中央場所、かつ1600万下から上のクラス、かつダ1600〜2100mのレースにおける優勝経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [3-3-3-11](複勝率45.0%)
●なし [0-0-0-28](複勝率0.0%)
→前年6月以降のレースを勝ち切っている馬に注目したいところ。特別登録を行った馬のうち、2015年6月以降、かつ中央場所、かつ1600万下から上のクラス、かつダ1600〜2100mのレースにおいて優勝経験があるのは、キープインタッチサンマルデュークショウナンアポロンドコフクカゼバスタータイプマイネルバウンスモズライジンの7頭です。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『現在(いま)の勝負気配が分かる 騎手×調教師 黄金タッグ』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『本当に儲かる騎手データブック 馬券の勝ち組は騎手を野次らない(競馬王新書EX008)』(ガイドワークス)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。昨年12月4日には制作総指揮を務めている人気シリーズの最新刊『ウルトラ回収率 2016-2017』(ガイドワークス)が発売された。

[もっと見る]

ショウナンアポロンの口コミ


口コミ一覧

次走報

 たま 2017年02月15日(水) 21:16

閲覧 32ビュー コメント 0 ナイス 4

★エンプレス杯(3月1日・川崎、ダート2100メートル)
ヴィータアレグリア
タイニーダンサー
タマノブリュネット
ブランシェクール
ワンミリオンス



★マクトゥームチャレンジラウンド3(3月4日、メイダン、GI、ダ2000メートル)
ラニ ムーア(栗・松永幹)チャンピオンズC9着



★オーシャンS(3月4日・中山、芝1200メートル)
サクラゴスペル(美・尾関)阪神C12着
スノードラゴン(美・高木)阪神C14着



★G掘.船紂璽螢奪彎 (3月4日、芝1600メートル)
ソウルスターリング・牝 藤沢和雄(美浦) 阪神ジュベナイルフィリーズ優勝
リスグラシュー・牝 武豊 矢作芳人(栗東)
アロンザモナ(栗・西浦)紅梅S優勝
シグルーン
エントリーチケット・牝 宮徹(栗東)
ワールドフォーラブ 松若 音無(栗東)
アドマイヤローザ


★3歳500万下(3月5日)
プラチナムバレット 河内洋(栗東)福寿草特別3着


★G供〔鐇絃沺複碍遑菊、中山、芝2000メートル)
ブレスジャーニー 本間忍(美浦)G掘‥豕スポーツ杯2歳S、G掘.汽Ε献▲薀咼▲蹈ぅ筌襯ップ
コマノインパルス 菊川正達(美浦) 京成杯優勝
カデナ 福永 中竹和也(栗東)
グローブシアター 角居勝彦(栗東)
ベストアプローチ 藤原英昭(栗東)
ダイワキャグニー(美・菊沢)セントポーリア賞優勝
キングズラッシュ 蛯名(美・久保田)東スポ杯2歳S4着
ダンビュライト 音無秀孝(栗東)


★大阪城S(3月5日・阪神、芝1800メートル)
マキシマムドパリ(栗・松元茂)愛知杯優勝
レコンダイト
ガリバルディ

★ポラリスS(3月5日、阪神、OP、ダ1400メートル)
タールタン(栗・吉村)根岸S14着
ポイントブランク(栗・松下) 銀蹄S1着


★阪神大賞典(3月9日、阪神、GII、芝3000メートル)
◎サトノダイヤモンド(栗・池江)有馬記念優勝
タマモベストプレイ(栗・南井)万葉S優勝
トーセンバジル
タンタアレグリア(美・国枝)AJCC優勝


★アネモネS (3月11日、中山、芝1600メートル)
ライジングリーズン(美・奥村武)フェアリーS優勝





★金鯱賞(3月11日・中京、芝2000メートル)
ヤマカツエース(栗・池添兼)有馬記念4着
ルージュバック(美・大竹)ジャパンC9着
ステファノス 川田(栗・藤原英)香港C3着
スズカデヴィアス(栗・橋田)白富士S優勝
リアファル(栗・音無)AJCC13着


★東風S (3月12日)
ダイワリベラル



★フィリーズレビュー(3月12日、阪神、GII、芝1400メートル)
ジューヌエコール 北村友(栗・安田)
レーヌミノル・牝 本田優(栗東)



★中山牝馬S(3月12日、中山、GIII、芝1800メートル)
マジックタイム(美・中川)ターコイズS優勝
ビッシュ(美・鹿戸)ジャパンC16着
クインズミラーグロ(美・和田)愛知杯 3着
サンソヴール(美・和田)愛知杯 2着
ヒルノマテーラ
パールコード
ハピネスダンサー



★ダイオライト記念 (3月15日、川崎、芝2100メートル)
ワンミリオンス
クリソライト

★ファルコンS(3月18日、中京、GIII、芝1400メートル)
ボンセルヴィーソ(栗・池添学)朝日杯FS3着
ライズスクリュー(美・小野)春菜賞優勝
メイソンジュニア
コウソクストレート 戸崎 中舘英二(美浦) シンザン記念14着



★若葉S(3月18日、阪神、OP、芝2000メートル)
アダムバローズ 角田晃一(栗東) 若駒S



★スプリングS(3月19日、中山、GII、芝1800メートル)
サトノアレス 藤沢和雄(美浦) G 朝日杯
モンドキャンノ 大野 安田隆行(栗東) 朝日杯FS2着
アウトライアーズ 小島茂之(美浦)ひいらぎ賞優勝
トラスト  中村均(栗東)




★阪神大賞典(3月19日、阪神、GII、芝3000メートル
シュヴァルグラン(栗・友道)有馬記念6着
トーセンバジル(栗東・藤原英)ジャパンC11着
カレンミロティック(栗・平田)メルボルンC23着
ヤマカツライデン

★千葉S (3月19日
エイシンヴァラー


★フラワーC(3月20日、中山競馬場、GIII、芝1800メートル)
ホウオウパフューム (美・奥村武)寒竹賞優勝



★日経賞(3月25日、中山、GII、芝2500メートル)
ゴールドアクター(美・中川)有馬記念3着
ツクバオアズマオー(美浦・尾形充)中山金杯1着
シャケトラ(栗・角居)日経新春杯2着
タンタアレグリア (美・国枝)アメリカジョッキーC1着
アドマイヤデウス
アクションスター

★毎日杯(3月25日、阪神、GIII、芝1800メートル)
ガンサリュート 安田隆行(栗東)


★ミモザ賞 (3月25日)
ルヴォワール



★ドバイワールドC(3月25日、メイダン、GI、ダ2000メートル)
アポロケンタッキー ルメール(栗・山内)東京大賞典優勝
アウォーディー (栗・松永幹)東京大賞典2着


★ドバイ・ターフ(3月25日、メイダン、GI、芝1800メートル)
リアルスティール(栗・矢作)ジャパンC5着
ヴィブロス (栗東・友道)


★ゴドルフィンマイル(25日・メイダン、ダート1600m)
カフジテイク



★マーチS(3月26日、中山、GIII、ダ1800メートル)
トップディーヴォ(栗・昆)北山S優勝
マイネルクロップ
ショウナンアポロン





★高松宮記念(3月26日、中京、GI、芝1200メートル)
ビッグアーサー 藤岡康(栗・藤岡)香港スプリント10着
レッドファルクス(美・尾関)香港スプリント12着
ダンスディレクター 浜中(栗・笹田)シルクロードS優勝
フィエロ 内田(栗・藤原英)京都金杯3着
セイウンコウセイ
ソルヴェイグ(栗・鮫島)シルクロードS6着


★名古屋大賞典
モルトベーネ


★ダービー卿CT(4月1日・中山・芝1600メートル)
グランシルク(美・戸田)ニューイヤーS2着


★マーガレットS (4月2日、阪神、芝1400メートル)
ファンタジステラ 音無秀孝(栗東)




★大阪杯(4月2日、阪神、GI、芝2000メートル)
キタサンブラック 武豊(栗・清水久)有馬記念2着
サトノクラウン(栗・友道)京都記念優勝
マカヒキ ルメール(栗・友道)京都記念3着
ミッキーロケット(栗・音無) 京都記念4着


★阪神牝馬S (4月8日、阪神、GI、芝2000メートル)
ジュエラー
ミッキークイーン


★桜花賞(4月9日・阪神、芝1600m)
アドマイヤミヤビ ミルコ(栗・友道)クイーンC優勝
アエロリット(美・菊沢)クイーンC2着
ミスエルテ 川田 (栗・池江)


★アンタレスS(4月15日、阪神、GIII、ダ1800メートル)
グレンツェント(美・加藤)東海S優勝
カゼノコ


★皐月賞(4月16日・中山・芝2000メートル)
レイデオロ 藤沢和雄(美浦) ホープフルS優勝
アメリカズカップ 音無秀孝(栗東) きさらぎ賞優勝
スワーヴリチャード 庄野靖志(栗東) 共同通信杯優勝
サトノアーサー 池江泰寿(栗東) きさらぎ賞2着





★マイラーズC(4月23日・京都、芝1600メートル)
イスラボニータ(美浦・栗田博)阪神C2着
ブラックスピネル(栗・音無)東京新聞杯優勝
エアスピネル(栗・笹田)東京新聞杯3着
ヤングマンパワー
ダッシングブレイズ



★天皇賞・春(4月30日、京都、GI、芝3200メートル)


★かしわ記念(5月5日・船橋、ダート1600m)
ベストウォーリア



★宝塚記念(6月25日、阪神、GI、芝2200メートル)

★帝王賞(6月28日・大井、ダート2000m)
サウンドトゥルー

 グリーンセンスセラ 2017年02月02日(木) 17:05
グレンツェントフェブラリー回避 
閲覧 23ビュー コメント 0 ナイス 1

グレンツェントがフェブラリーS回避の謎ローテで陣営迷走?年末もあった「あえてのG1回避」戦略にファンから不満の声が噴出━ Gambling Journal ギャンブルジャーナル/2017年02月02日 14時00分00秒


 年に1回しかない中央競馬のダートG2・東海Sを優勝したグレンツェント(牡4 美浦・加藤征弘厩舎)。先手を奪ったショウナンアポロンをはじめ、モルトベーネ・ショウナンウタゲなど、ラチ沿いを通った馬が2~4着を占めるなか、直線で大外から豪快な末脚を使って勝ちきったレースぶりに、「ダート界の新星誕生」の予感を感じたファンも多いだろう。

 東海Sは2月に行われるフェブラリーSの前哨戦。昨年も上位に入線したアスカノロマン、モンドクラッセ、ロワジャルダンらが、そのままフェブラリーSで顔を合わせたように、毎年多くの馬が本番を見据えてここを使ってくる。当然ながらグレンツェントも、この後はフェブラリーSへ向かうだろうと思われていた。

 だが、先月27日に発表された報道は、そんなファンの期待をものの見事に裏切ることになる。

 デイリースポーツが報じたところによると、グレンツェントはフェブラリーSを回避し、この後は福島県のノーザンファーム天栄に放牧に出されることとなった。復帰戦には、6月28日に大井競馬場で開催される帝王賞が予定されているという。管理する加藤征弘調教師は「当初から東海Sを目標に置いてきたので、予定通りここでひと息入れます」コメントを出している。

 この加藤師の不可解とも言える発言に対し、SNSやネット掲示板上では不満の声が続出。「グレンツェント級の馬の目標がG2っておかしくないか?」「カフジテイクとの一騎打ちを楽しみにしてたのに」「ノーザンファームの使い分けにはうんざり」など、ローテーションを批判する意見が溢れた。

「グレンツェントは今のところ1800mをもっとも得意としていますが、フェブラリーSと同じ東京のダートマイルで行われた青竜Sを勝利しているほか、兄弟に短距離で走っている馬もおり、距離短縮がまったくダメとは思われません。それだけに、このローテ選択には疑問を感じざるを得ませんね。多くのファンが訝しんでいる通り、生産者側の思惑が働いた可能性も十分あるでしょう」(競馬記者)

 競馬界において大手生産者が、自牧場出身の馬にタイトルを取らせるため、ローテーションに指示を出すことは暗黙の了解となっており、珍しいことではない。もちろんこのような行為が推奨されることは決してないが、生産者も営利目的で活動する法人である以上、利益のための方法としては認められるべきだろう。


ただし、今回のグレンツェントの件は、あまりにもやり方が露骨すぎるという点は否定できない。すでにG2を勝利し、G1挑戦が当たり前と思われている馬が、ケガなどの特別な理由もなく出走を回避するのは明らかに不自然。ファンからすれば、G1では「強豪同士の迫力あるぶつかり合い」を観戦したいという気持ちがあるのは当然で、運営側にはその期待に応える必要があるのではないか。

 思えば、グレンツェントは昨年の冬にも同じような経歴をたどっている。みやこSを2着に好走したあと、普通ならチャンピオンズCに出走するはずが、なぜかオープン特別の師走Sへ出走。当時は賞金不足の問題もあったため、まだ納得できる点もなくはなかった。ただ、それでも蓋を開けてみれば、チャンピオンズCはフルゲートに足りない15頭で施行されており、仮にそちらに出走していれば、レースはもっと盛り上がったはずだ。

 競馬界の裏事情には合理的な側面もあるので、すべてを安直に非難することは意味がない。ただ、今回のグレンツェントをめぐる行為は、ファンの期待を裏切る部分もあるかもしれない。G1獲得の絶好機を逃すはめになったグレンツェントが少々不憫である。

[もっと見る]

 福福777 2017年01月22日() 14:14
本日の重賞買い目( ^∀^)
閲覧 44ビュー コメント 0 ナイス 9

中京 東海S G2
◉モズライジング
○ピオネロ
△グレンツェンド
△ショウナンアポロン
△アスカノロマン
の5頭( ^∀^)
中山 アメリカジョッキーズクラブカップG2
◉ゼーヴェント
○ルミナスウォーリアー
△リアファル
△ミライヘノツバサ
△クリールカイザー
の5頭( ^∀^)

[もっと見る]

ショウナンアポロンの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ショウナンアポロンの写真

ショウナンアポロン

ショウナンアポロンの厩舎情報 VIP

2017年2月12日アルデバランS7着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ショウナンアポロンの取材メモ VIP

2017年2月12日 アルデバランS 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。