注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

サングラス(競走馬)

注目ホース
写真一覧
現役 牡6 青鹿毛 2011年4月26日生
調教師谷潔(栗東)
馬主玉置 潔
生産者冨岡 博一
生産地浦河町
戦績33戦[5-3-1-24]
総賞金8,649万円
収得賞金2,250万円
英字表記Sun Grass
血統 スタチューオブリバティ
血統 ][ 産駒 ]
Storm Cat
Charming Lassie
ノッティングギャル
血統 ][ 産駒 ]
ダンスインザダーク
ウェディングダイヤ
兄弟 ノースランドボーイノッティングボーイ
前走 2017/03/05 上総ステークス
次走予定

サングラスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/03/05 中山 10 上総S 1600万下 ダ1800 1671312.841** 牡6 55.0 内田博幸谷潔500(-8)1.53.8 -0.037.6④④④メガオパールカフェ
17/02/12 小倉 11 門司S 1600万下 ダ1700 15235.637** 牡6 55.0 古川吉洋谷潔508(+2)1.44.7 0.636.5⑪⑪⑫⑩トミケンシャルゴー
17/01/28 東京 9 白嶺S 1600万下 ダ1600 142217.055** 牡6 57.0 内田博幸谷潔506(-10)1.37.8 0.436.2⑪⑪アルタイル
17/01/07 京都 10 羅生門S 1600万下 ダ1400 1661135.41010** 牡6 57.0 中谷雄太谷潔516(+6)1.24.1 1.036.2⑭⑭キタサンサジン
16/12/18 中京 11 三河S 1600万下 ダ1400 136932.097** 牡5 55.0 中谷雄太谷潔510(+2)1.24.7 0.536.0⑫⑪ブルミラコロ
16/11/26 東京 10 銀嶺S 1600万下 ダ1400 1681618.8711** 牡5 57.0 二本柳壮谷潔508(+16)1.23.9 1.335.7⑯⑯ワンミリオンス
16/10/29 東京 10 神無月S 1600万下 ダ1400 165916.469** 牡5 57.0 蛯名正義谷潔492(-10)1.24.3 0.735.9⑩⑧ベストマッチョ
16/06/11 阪神 11 安芸S 1600万下 ダ1400 16114.8310** 牡5 57.0 菱田裕二谷潔502(+6)1.23.6 0.736.3⑯⑫ダノングッド
16/05/15 東京 12 BSイレブン 1600万下 ダ1600 15466.333** 牡5 55.0 二本柳壮谷潔496(0)1.37.3 0.435.0⑬⑬ソルティコメント
16/04/23 東京 11 鎌倉S 1600万下 ダ1400 16486.332** 牡5 57.0 二本柳壮谷潔496(-8)1.24.0 0.735.6⑯⑮エイシンバッケン
16/04/03 阪神 9 鳴門S 1600万下 ダ1400 144533.392** 牡5 54.0 幸英明谷潔504(+4)1.23.4 0.235.1⑭⑭キングズガード
16/03/20 中山 9 幕張S 1600万下 芝1600 1671369.91211** 牡5 57.0 勝浦正樹谷潔500(-2)1.35.1 1.338.1ネオスターダム
16/02/28 小倉 11 関門橋S 1600万下 芝1800 134520.278** 牡5 57.0 幸英明谷潔502(+2)1.46.6 1.135.4⑥⑤⑤⑥キャンベルジュニア
15/11/08 福島 11 みちのくS 1600万下 芝1200 1681517.2714** 牡4 57.0 丸田恭介谷潔500(0)1.10.9 1.136.0⑨⑫ゴールドペガサス
15/10/18 東京 12 白秋S 1600万下 芝1400 184719.7715** 牡4 57.0 井上敏樹谷潔500(+6)1.21.9 1.536.1アイライン
15/08/01 札幌 11 TVh賞 1600万下 芝1800 12689.959** 牡4 55.0 古川吉洋谷潔494(+4)1.47.9 0.736.2ケイティープライド
15/07/11 福島 11 阿武隈S 1600万下 芝1800 15475.2215** 牡4 55.0 田中勝春谷潔490(-10)1.47.7 1.638.7バロンドゥフォール
15/06/13 東京 10 江の島特別 1000万下 芝1600 115511.151** 牡4 57.0 北村宏司谷潔500(+6)1.34.0 -0.034.5レッドオリヴィア
14/10/26 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 1823152.71618** 牡3 57.0 古川吉洋谷潔494(+6)3.08.1 7.141.5トーホウジャッカル
14/09/21 新潟 11 セントライト G2 芝2200 18611209.41714** 牡3 56.0 古川吉洋谷潔488(-4)2.12.8 1.137.1イスラボニータ

⇒もっと見る


サングラスの関連ニュース

【マーチステークス】特別登録馬

2017年03月20日(月) 17:30

【阿武隈S】1番人気バロンドゥフォール大外一気V 2015年07月12日() 05:03

 阿武隈ステークス(11日、福島11R、3歳上1600万下(混)、ハンデ、芝1800メートル、1着本賞金1820万円 =出走15頭)後方でじっくりと脚をためた1番人気バロンドゥフォール(美・久保田、牡5、父ディープインパクト)が、直線大外から豪快に差し切って通算5勝目(14戦)を挙げてオープン入りを果たした。タイム1分46秒1(良)。2着は2013年GIIIラジオNIKKEI賞を勝った6番人気ケイアイチョウサン

 ◆田辺騎手(バロンドゥフォール1着) 「前回(多摩川S3着)もいい感じで競馬できていたし、課題の右回りの千八も大丈夫だった。今は距離が延びたほうが競馬しやすい」

 ◆和田道師(ケイアイチョウサン2着) 「勝ち馬の末脚が上だったが、よく走っていますよ」

 ◆内田騎手(ケイティープライド3着) 「あれ以上(3番手)前には行けないしね。速いペースのなかでも、最後まで頑張っていた」

 ◆大野騎手(ミヤジタイガ4着) 「追走に苦労しなかった。最後はしぶとく伸びている」

 ◆田中勝騎手(サングラス15着) 「ハナに行ったが、(馬が)息を入れずに走っていた。そのぶん最後は止まった」

★11日福島11R「阿武隈S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【菊花賞】レースを終えて…関係者談話2014年10月27日(月) 05:03

 ◆浜中騎手(サトノアラジン6着) 「内に潜り込んでいいリズムで走れていたが、直線での不利がすべて」

 ◆柴田大騎手(マイネルフロスト7着) 「よく頑張っているが、ジリジリとした伸び。中距離が合う感じですね」

 ◆武豊騎手(トーセンスターダム8着) 「いい感じで外を回して早めにと思ったが…。デキは今までで一番だっただけに残念」

 ◆ブドー騎手(ワールドインパクト10着) 「内に入りたかったが、そのポジションを取れなかった。外、外を回るとつらい」

 ◆岩田騎手(ヴォルシェーブ11着) 「(多頭数の外枠で)内に潜り込めなかったからね」

 ◆福永騎手(ハギノハイブリッド12着) 「道中で狭くなるところがあって少し力んだ。直線も手応えはあったが…」

 ◆池添騎手(ミヤビジャスパー13着) 「まずは折り合いを重視したんですが、距離的なものもあったのかな」

 ◆武幸騎手(メイショウスミトモ14着) 「芝がどうというより、距離が長かったですね」

 ◆松山騎手(シャンパーニュ15着) 「切れるタイプではないので早めに動いたんですが、時計も速くて…」

 ◆藤岡康騎手(アドマイヤランディ17着) 「メンバーも強く、現状はダートの方がいい感じですね」

 ◆古川騎手(サングラス18着) 「ずっとつつかれる逃げでペースを落とせなかった」

★26日京都11R「菊花賞」の着順・払戻金はこちら

[もっと見る]

【菊花賞】ジャッカル完勝!菊史上デビュー最速V 2014年10月26日() 15:49

 26日の京都11Rで行われた第75回菊花賞(3歳オープン、GI、芝3000メートル、18頭立て、1着賞金=1億1200万円)は、酒井学騎手騎乗の3番人気トーホウジャッカル(牡、栗東・谷潔厩舎)が好位から抜け出してV。レコードを一気に1秒7も塗り替える3分1秒0(良)の驚異的な日本レコードで、GI初制覇を果たした。

 ダービー前日にようやくデビューした遅咲きの栗毛馬が、わずか5カ月弱の間にクラシックウイナーに輝いた。混戦の菊花賞を制したのは3番人気のトーホウジャッカル。夏の上がり馬が、一気に頂点へと上り詰めた。

 レースは予想通りサングラスが先行策。シャンパーニュが2番手につける。注目のワンアンドオンリーは中団の外につけたが、やや行きたがるしぐさ。流れは平均ペースだったが、中団で折り合いに苦労する馬も見受けられた。そんな中、トーホウジャッカルは好位のインを虎視眈々と追走。ゴールドアクターマイネルフロストらとともに仕掛けのタイミングをうかがった。3コーナー過ぎでシャンパーニュサングラスをかわして先頭に立ったが、4コーナーでは後続が一気に押し寄せる。なかでも、脚いろが目立ったのは、神戸新聞杯の2、3着馬。スムーズに外に出したトーホウジャッカルと、最内をロスなく立ち回ったサウンズオブアースが、直線に入ると前に出て、マッチレースを演じる。2頭の激しい叩き合いとなったが、最後はトーホウジャッカルがねじ伏せるように先着。3冠最終戦を制した。デビューから149日目での菊花賞制覇は、2歳戦が始まってからの最速記録。管理する谷潔調教師は、開業20年目でうれしいGI初制覇となった。

 1/2馬身差の2着は4番人気のサウンズオブアース。2着から3馬身1/2差の3着が7番人気のゴールドアクターだった。1番人気のワンアンドオンリーは伸びを欠き、9着に終わっている。

 トーホウジャッカルは、父スペシャルウィーク、母トーホウガイア、母の父Unbridled’s Songという血統。北海道日高町・竹島幸治氏の生産馬で、東豊物産(株)の所有馬。通算成績は7戦3勝。重賞初勝利。谷潔調教師、酒井学騎手ともに菊花賞初勝利。

 クラシック初勝利(GIは2勝目)となった酒井騎手は「とにかく本当にジャッカルを褒めてあげたいです。返し馬から気負わないように心がけましたが、馬も我慢してくれて、正面でうまく息を入れて折り合ってくれました。絶好枠を引いたので有利に利用しなければ…と思っていましたが、じっとしていたぶん、直線に向いてしっかり脚を使ってくれました。もともと頭の高い走りをする馬で、きょうも残り200メートルすぎで頭が上がったのですが、2着馬の気配を感じて、もうひと伸びしてくれました。本当に根性があります。神戸新聞杯は相手が前哨戦ということもありましたが、それでも負けず劣らずのきわどい競馬をしてくれたので、正々堂々と臨みました。(前哨戦の借りは本番でしか返せない、と公言していたことについて)しっかり返せたと思います。(菊花賞は初めての騎乗だったが)3000メートルのレースは他にもあって経験していたし、過去の菊花賞を参考に組み立てて、いい競馬ができたと思います。(この馬のいいところは)我慢したぶん、しっかりと伸びてくれるし、苦しくなってからもうひと踏ん張りしてくれて、いいとこ尽くしの馬です。金曜日には1番人気に支持される場面もあって、多くの支持を受けましたが、それに応える結果を出せてよかったです」と晴れやかな表情で喜びに浸っていた。

 ★26日京都11R「菊花賞」の着順・払戻金はこちら

[もっと見る]

【菊花賞】厩舎の話2014年10月24日(金) 05:06

 (3)サングラス・谷師 「じっくり行きたかったので、外の偶数が理想だったが…」

 (5)シャンパーニュ・加用師 「スタートしてすぐに最初のコーナーがあるので、真ん中より内の枠はよかった」

 (7)トーセンスターダム・川合助手 「真ん中でいいところじゃないですか。落ち着きも出ているし、大人になっている」

 (8)ワールドインパクト・大江助手 「いいところ。もともと好位からの競馬をしていて、どんな展開にも対応できる。馬群も割れるから」

 (9)ハギノハイブリッド・松田国師 「真ん中くらいでよかった。逃げる馬が内枠にいるので、スッと内ラチ沿いにつけられそう」

 (10)ゴールドアクター・野田助手 「枠は特に気にならないが、後入れの偶数枠に越したことはない。世代の一線級が相手なので胸を借りる気持ちで頑張りたい」

 (11)アドマイヤランディ・北村助手 「中1週で長距離だから馬なりでサッと。気配は上々です」

 (12)タガノグランパ・松田博師 「ちょうどいいところ。後入れの偶数枠もいいな」

 (13)ミヤビジャスパー・笹田師 「怖がりで先入れする馬だから、どこでも一緒。とにかくどこかで折り合ってくれれば」

 (16)サトノアラジン・川合助手 「折り合いをつけたいので、馬群の後ろにつけたい。ここならいいのでは」

 (18)メイショウスミトモ・南井師 「行けない馬だから内枠が欲しかった。内々を突きたいが」

★菊花賞の枠順はこちら

[もっと見る]

【菊花賞】追って一言2014年10月23日(木) 05:05

 ◆アドマイヤランディ・北村助手 「中1週で距離も長いので馬なりでサッとやった。追い切りの雰囲気はよくて、鞍上の手応えも悪くない」

 ◆サングラス・古川騎手 「先週、ビシッとやったんで今週はサラッと。動きはいい。距離適性は分からないけど、自分の競馬をしたい」

 ◆シャンパーニュ・松山騎手 「馬場状態を考えれば、時計は優秀でしっかり動けていた。距離は大丈夫だと思う。馬場は重い方がいい」

 ◆トーセンスターダム武豊騎手 「動きは先週よりさらによくなっている。状態に関しては文句ない。競馬で本気で走ってくれれば」

 ◆マイネルフロスト・柴田大騎手 「先週に目一杯やったので今週は馬なりで十分。調教では折り合えるけど、競馬にいってテンションが上がるのでそのあたりが鍵」

 ◆ミヤビジャスパー・笹田師 「3000メートルの距離を考えてCWコースで追った。馬場状態を考えれば及第点。今回は折り合いが鍵になる」

★菊花賞の枠順はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

サングラスの関連コラム

閲覧 256ビュー コメント 0 ナイス 5

第295話 「天皇賞・秋」


09年 35.6-47.9-33.7 =1.57.2 ▼9△5△ 3 瞬発戦
10年 35.3-48.0-34.9 =1.58.2 ▼5▼4△ 6 瞬発戦 稍重
11年 34.3-46.0-35.8 =1.56.1 ▼1△2▼ 3 平坦戦
12年 34.8-45.9-36.6 =1.57.3 △2△8▼10 瞬発戦
13年 35.0-47.2-35.3 =1.57.5 ▼3▼1△7 平坦戦

稍重だった10年こそ1分58秒台でしたが以外の年は56〜57秒台となっており高速中距離戦のレース。
過去5年では瞬発戦3回、平坦戦2回でレースの上りは33秒7〜36秒6とかなり差がある。
レースでの上り2位以内の馬の成績が
5-1-4-0 勝率50.0% 連対率60.0% 複勝率100.0%
となっていて上りが重要になるのは間違いありませんが中盤で脚を溜めての一気の爆発力なのか中盤で脚を溜めなくても持続可能な末脚なのかはその年によって異なるというのがポイントかと思われます。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
カンパニー     【瞬7平6消1】
ブエナビスタ    【瞬5平5消0】
トーセンジョーダン 【瞬6平4消0】
エイシンフラッシュ 【瞬6平1消0】
ジャスタウェイ   【瞬6平1消0】
2着馬
スクリーンヒーロー 【瞬4平6消0】
ペルーサ      【瞬2平2消0】
ダークシャドウ   【瞬6平1消0】
フェノーメノ    【瞬5平0消0】
ジェンティルドンナ 【瞬4平4消0】

瞬発戦>平坦戦というタイプか瞬発戦=平坦戦というタイプが多くなっています。
瞬発戦<平坦戦というタイプはスクリーンヒーローのみなので多少の割り引きは必要でしょう。
平坦戦になろうともやはりコース適性【瞬9平1消0】の舞台ということです。

今年のメンバーで流れを作りそうなのはカレンブラックヒルサトノノブレス辺りでしょうか。
それよりも鍵を握りそうなのが柴田大Jに乗り戻るマイネルラクリマ
先週の菊花賞でもそうでしたが実際逃げたのはサングラスでしたがペースを落とさないようにしたのは2番手追走の柴田大J騎乗のマイネルフロストだったと思われます。
柴田大Jもマイネルラクリマのことは熟知してるはずでラストの上り勝負ではこのメンバーでは厳しいはず。
ならば中盤であまりペースを落とさせないよう突っつくはずで今年も平坦戦になると予想します。

となれば昨年上手くいった戦法で行ってみるか。
狙い目は東京コースで平坦戦だった重賞連対経験馬。
今年の登録馬では
アスカクリチャンイスラボニータエピファネイアカレンブラックヒルジェンティルドンナダークシャドウトーセンジョーダンペルーサ
の8頭です。
6歳以上の馬の成績は過去5年で1-0-1-36で割り引きが必要でしょう。
上記の馬で5歳以下の馬は
イスラボニータエピファネイアカレンブラックヒルジェンティルドンナ
の4頭となっています。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
イスラボニータマーティンボロデニムアンドルビー
なんだかんだいって外国人Jの成績3-1-2-7(勝率23.1%、連対率30.8%、複勝率46.2%)は脅威。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2014年10月27日(月) 14:38 【ウマニティ】
先週の回顧〜夢月プロが1強と評した◎トーホウジャッカルでズバリ!
閲覧 144ビュー コメント 0 ナイス 1

先週は、26(日)に京都競馬場でGI菊花賞が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
GI菊花賞は快晴の良馬場という絶好条件で行われました。1番人気はワンアンドオンリーで2.4倍、続いてトゥザワールド5.3倍、トーホウジャッカル6.9倍、サウンズオブアースが8.6倍と上位人気を形成しました。全馬スムーズにゲートイン完了し、迎えたスタートでは大きな遅れもなく、その中からサングラスが内から先手を奪って1週目のホームストレッチへ。先頭はサングラス、直後にシャンパーニュマイネルフロストの2頭が並走。半馬身後方の内にトーホウジャッカルゴールドアクタートゥザワールドと続き、先行集団を形成。その直後の外にワンアンドオンリー、真ん中ハギノハイブリッド、内にサウンズオブアース。続いてワールドインパクトタガノグランパトーセンスターダムヴォルシェーブと中団馬群。そこから1馬身程、間があいた後方集団にはショウナンラグーンメイショウスミトモサトノアラジンミヤビジャスパーアドマイヤランディと追走。各馬折り合いに専念し、隊列変わらぬまま淡々とレースが流れて3コーナーへ差し掛かります。
 
 ここで先頭を行くサングラスを交わしてシャンパーニュが先頭に立つとペースを上げて一気にレースが動きます。リードを広げにかかるシャンパーニュですが、各馬も進出を開始し、馬群がギュッと凝縮して直線コースへ。
 シャンパーニュに代わって先頭に立ったマイネルフロストを馬場の真ん中から抜群の手応えでトーホウジャッカルが並びかけると一気に交わして抜け出します。粘りこみを図るトーホウジャッカルに内ラチ沿いからサウンズオブアースも脚を伸ばして猛追。ラスト200m、後方からは目立つ伸び脚の馬は来ず、前を行く内のサウンズオブアース、外トーホウジャッカルの激しい叩き合いに。ラスト100m、トーホウジャッカルが最後もうひと伸びを見せ、サウンズオブアースに半馬身の差を付けての完勝!デビューからわずか5か月間でのG1制覇となりました。勝ちタイムは従来のレコードを1秒7も塗り替えた3分1秒0。2着にサウンズオブアース、そこから3馬身半差の3着にゴールドアクターが入っています。
  
 
 公認プロ予想家ではkmプロ夢月プロ佐藤洋一郎プロはははふほほほプロ億の馬券術事務局プロシムーンプロが的中させています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
勝負レースに指定した26(日)京都11R菊花賞G1で『前走は不利のオンパレード。一強ムード濃厚!』と評価したトーホウジャッカルの単勝1万円を的中!
この他にも京都5Rで単勝41.5倍の大穴、タイセンアプローズの単勝1万円的中や福島11Rサカジロロイヤル(10.4倍)など的中を重ね、週末トータル回収率110%、収支プラス24万6000円の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
26(日)京都11R菊花賞G1を◎▲△の大本線予想を披露!3連単592倍を300円的中させ、17万7660円を払い戻しました!この他にも東京5Rオーゴンボルトの単勝を1万円的中させ、19万4000円を払い戻し!週末トータルでは回収率112%、収支プラス5万8960円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →億の馬券術事務局プロ
 
25(土)福島7Rでは単勝4.4倍レッドラヴィータの単勝7800円的中させ、3万4320円を払い戻し!福島10Rでも△◎△で3連複64.8倍を800円的中させ、5万1840円を払い戻すなど25(土)に挙げた4レースの予想をすべて的中!週圧トータル的中率35%、回収率197%、収支プラス7万7230円を達成しています!
 
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
26(日)福島5Rで◎デルマジュゲムゴールドペガサスの馬連50.2倍を1点勝負で仕留め、50万2000円のビッグヒット!京都3Rでも◎アッシュゴールドヴェルステルキングの馬連15.1倍を1万円的中!週末トータル回収率139%、収支プラス28万3070円を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →蒼馬久一郎プロ
26(日)東京7Rで◎○▲のパーフェクト予想を披露!単勝8.6倍、馬連38.9倍、3連単922.9倍を的中させ、10万8670円を払い戻しました!この他にも勝負レースとした京都12Rで○▲◎でしっかり仕留めるなどコンスタントに的中を重ね、週末トータル的中率55%、回収率127%、収支プラス7万4020円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →dream1002プロ
26(日)東京3Rを△◎△で3連単を的中させ、12万7170円を払い戻しました!京都7Rでも◎マスクゾロエノラブエナラウンドロビンの大本線で仕留め、3連単127倍を500円的中!!この他にも挙げたレースを次々と的中させ、週末トータル的中率45%、回収率119%、収支プラス7万9450円の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
25(土)福島12Rで『まともな競馬さえ出来れば楽勝まで可能』とコメントした◎オリエンタルサンの単勝10.1倍、○ヤマニンマルキーザとの馬連、ワイド、3連複を大本線的中させ、8万5090円の払い戻しを達成しました!この他にもコンスタントに的中を重ね、週末トータル的中率は43%、回収率105%、収支プラス4万5960円をマークしています。
 
 この他にもシムーンプロ(106%%)、3連単プリンスプロ(104%)が週末トータル100%超えの活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら
  
今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。
 

[もっと見る]

2014年09月23日(火) 18:00 【ウマニティ】
先週の回顧〜霧プロ 阪神4R馬連740倍、3連複982倍を本線的中!
閲覧 101ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、22(日)に新潟競馬場でG2セントライト記念が、阪神競馬場でG2ローズSがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。G2セントライト記念は、サングラスが先頭を切って落ち着いた流れのまま直線へ。直線に入ると好位に付けていたトゥザワールドが手応え抜群に先頭に立ち、それをマークするように直後に付けていたイスラボニータも追い出しにかかります。ラスト200m、一気にエンジンかかったイスラボニータトゥザワールドを並ぶ間もなく交わし去さるとゴールまで余裕の手ごたえで完勝!1馬身1/4差の2着には粘りこんだトゥザワールド、クビ差の3着にはゴール前で力強く差し込んできたタガノグランパが入っています。公認プロ予想家の中ではサウスプロ蒼馬久一郎プロ岡村信将プロ河内一秀プロ3連複プリンセスプロが的中しています。
G2ローズSは外枠から好スタートを決めたリラヴァティが先頭で直線コースへ。3馬身ほどのセーフティリードを取ったリラヴァティが粘りこみを図りますが、内で脚を溜めていた2人気のヌーヴォレコルトが追い出されると抜群の反応で差を詰めてきます。残り200付近で先頭に立つと他馬を寄せ付けない力強い末脚で突き抜けての快勝!秋華賞へ向け、最高のスタートを切りました。1馬身1/4差の2着には内から鋭く差し込んできたタガノエトワール。そこから1馬身1/4差の3着に粘りこんだリラヴァティが入っています。追撃公認プロ予想家の中でははははふほほほプロ馬っしぐらプロシムーンプロサラマッポプロが的中しています。

☆☆☆注目プロ →霧プロ
20(土)阪神4Rで◎ハッピーロード(単勝17.5倍)、特注穴馬に挙げたメイショウセイウン(単勝76.9倍)がワンツー!単勝17倍、馬連740倍、3連複982倍を的中させ、26万超えの払い戻しを達成しました!土日トータルでは的中率27%、回収率218%、収支プラス15万1460円をマークしています!

☆☆☆注目プロ →ろいすプロ
21(日)阪神4Rで単勝16.6倍の伏兵◎ナガラキコウシからワイド56倍、3連複840倍を本線的中させ、8万9640円を払い戻しました!さらに新潟5Rで6人気アルター、8人気チャビアールの2頭を注目馬に抜擢!馬連104倍、3連複381倍を的中!土日トータルでは回収率291%の好成績を収めました!

☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
土日合計で3本の1000倍超のビッグヒットをマーク!まずは20(土)新潟5Rで単勝19倍ファイアフライ1着固定の3連単2265倍を的中させると21(日)新潟2Rでは◎ロッソマドンナからの3連単1688倍をゲット!さらに新潟12Rで単勝61倍◎アルテミシアからの3連単1286倍を的中!土日トータルでは回収率142%、収支プラス19万3050円を記録しています。

☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
勝負レースに指定した20(土)新潟1Rで◎スミレタンポポからの単複勝負で9万4500円を払い戻すと阪神5R阪神10Rとスマッシュヒットを連発!21(日)新潟6Rにも◎○▲のパーフェクト予想を披露!土日トータル回収率112%、収支プラス5万7920円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →kmプロ
20(土)新潟1Rスミレタンポポの単勝を1万円的中させ、19万6000円を払い戻し!21(日)阪神10Rでも◎ニシノビークイックの単勝12.2倍を的中させました!土日トータル回収率109%、収支プラス3万7000円を記録しています。

☆☆☆注目プロ →億の馬券術事務局プロ
20(土)新潟9Rで単勝87倍の大穴エリモフェザーに注目。複勝17.3倍を7200円的中させ、12万4560円の払い戻しとなりました。土日トータルでも回収率107%をマークしています!

☆☆☆注目プロ →サウスプロ
21(日)新潟6Rビーチドラゴンツリーチャイムの馬連13倍を1点的中!新潟9Rでも◎ソーミラキュラスマルケサスの馬連を1点勝負で的中させ、26万5000円の高額払い戻しをマークしました!

※全レースの結果速報はこちら

今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

「TC-007」

[もっと見る]

2014年09月16日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2014年09月16日号
閲覧 228ビュー コメント 0 ナイス 5

▼2014年09月20日(土) 阪神09R 野路菊ステークス
【JRA、かつ芝1800mのレースにおける連対経験の有無別成績(2010年以降)】
●あり [3-4-3-8](複勝率55.6%)
●なし [1-0-1-10](複勝率16.7%)
→距離適性を重視したい一戦。特別登録を行った馬のうち、JRA、かつ芝1800mのレースにおいて連対経験があるのは、グランカマラードジャズファンクタガノレグルスダノンメジャーの4頭です。

▼2014年09月20日(土) 新潟11R ラジオ日本賞
【年齢別成績(2012年以降)】
●5歳以下 [2-1-2-3](複勝率62.5%)
●6歳以上 [0-1-0-15](複勝率6.3%)
→今年も高齢馬の取り扱いに注意したいところ。なお、2012年に6歳ながらも2着となったパワーストラグルは、2010年にダートグレード競走の白山大賞典を勝っていた馬です。

▼2014年09月21日(日) 阪神11R 関西テレビ放送賞 ローズステークス
【オークスにおける出走経験の有無別成績(2008年以降)】
●あり [6-4-2-25](複勝率32.4%)
●なし [0-2-4-47](複勝率11.3%)
→3歳牝馬クラシック戦線の王道を歩んできた馬が中心。特にオークスで出走メンバー中5位以内の上がり3ハロンタイムをマークした馬は2008年以降[6-3-1-9](複勝率52.6%)と安定しています。特別登録を行った馬のうち、オークスに出走していたのは、サングレアルディルガヌーヴォレコルトブランネージュの4頭だけ、オークスで出走メンバー中5位以内の上がり3ハロンタイムをマークしたのはヌーヴォレコルトだけです。

▼2014年09月21日(日) 新潟11R 朝日杯 セントライト記念
【JRA、かつ1800m未満のレースにおける優勝経験の有無別成績(2010年以降)】
●あり [0-0-2-19](複勝率9.5%)
●なし [4-4-2-35](複勝率22.2%)
→マイルくらいの距離を難なくこなせるようなタイプは人気を裏切りがち。菊花賞トライアルらしく、芝中長距離に特化したタイプを重視すべきでしょう。特別登録を行った馬のうち、JRA、かつ1800m未満のレースにおいて優勝経験があるのは、アルテイスラボニータエアアンセムオウケンブラッククラリティシチーサングラスステファノスタガノグランパの8頭です。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。的確でわかりやすいデータ分析に定評があり、『JRAホームページ』内「今週の注目レース」で“データ分析”のコーナーを担当しているほか、『グリーンチャンネル』などさまざまなメディアに活躍の場を広げている。競走馬への一口出資やペーパーオーナーゲーム(POG)などにも造詣が深く、近年はWIN5研究の第一人者としても知られるようになった。近著に『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『本当に儲かる騎手データブック 馬券の勝ち組は騎手を野次らない(競馬王新書EX008)』(ガイドワークス)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。9月12日に最新刊『現在(いま)の勝負気配が分かる 騎手×調教師 黄金タッグ』(ガイドワークス)を発売。

[もっと見る]

2013年10月28日(月) 22:00 km
≪km≫次走の狙い馬#245
閲覧 165ビュー コメント 0 ナイス 7

10/26 新潟11R
アルティスト
芝:○
ダ:○
距離:1800-2600
コース:福島・小倉
一言:持久力は素晴らしい。一段上のスピードがないので展開待ちも、早仕掛け合戦になりやすい小回りの長距離戦ならもっとやれていい。

10/26 新潟12R
ヒュウマ
芝:○
ダ:◎
距離:1200-1800
コース:京都・東京
一言:芝だとそろそろ頭打ちの雰囲気がある。ダートの方がいい。

10/27 新潟8R
エーシンルクソール
芝:×
ダ:○
距離:1000-1800
コース:阪神
一言:ダートなら距離を問わない。

10/27 新潟10R
サングラス
芝:△
ダ:○
距離:1400-2200
コース:阪神・中京
一言:ダート馬。

10/26 東京5R
ネオヴァロン
芝:○
ダ:○
距離:1800-2200
コース:中山
一言:半兄ミトラよりは距離が保ちそう。

10/26 東京10R
ハイパーチャージ
芝:○
ダ:◎
距離:1400-1800
コース:中山
一言:敗因は出遅れ。馬柱上は大差負けで、次走が得意の中山ならガッツリ買いたい。

10/26 東京7R
カノヤプレジデント
芝:○
ダ:△
距離:2000-2600
コース:阪神
一言:芝替わりと距離延長待ち。阪神>京都。

km(けーえむ)※小文字
ウマニティ公認プロ。ウマニティ主催の第2回プロテストで抜群の成績を収めて合格。現在プロ予想家として活動中。
2011年は1300レース超を予想し、回収率134%、収支+428万を達成。2012年もプラス収支を記録した。
情報収集を重視した独特の思考フィルターとU指数を加味したレース分析に定評がある。

[もっと見る]

2013年08月28日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第248話札幌2歳S(謎解き編)〜
閲覧 189ビュー コメント 0 ナイス 7

第248話 「札幌2歳S」


08年 36.0-36.3-36.8 =1.49.1 ±0△ 3△2 消耗戦
09年 36.2-38.1-35.4 =1.49.7 ▼5▼ 4▼1 瞬発戦
10年 36.1-37.2-36.5 =1.49.8 △2▼ 6△2 瞬発戦
11年 36.4-37.8-36.6 =1.50.8 △1▼11△7 瞬発戦
12年 36.3-37.3-34.9 =1.48.5 ▼6▼ 4▼3 瞬発戦

過去5年では08年のみ消耗戦で以外は瞬発戦という結果でした。
重賞と言えど2歳戦なのでハイペースで飛ばして、という展開は確率的には低く瞬発戦になりやすいとは思われます。
また、加速が生じている区間はコーナー区間になるのでやはり小回り向きの機動力はあった方がベターでしょう。
グランデッツァゴールドシップに勝ちコディーノラウンドワールドに勝つ舞台ということです。
(以降、皐月有馬に勝つゴールドシップですが個人的には小回り向きとは思っていないです)

では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
ロジユニヴァース  【瞬1平0消0】▼ 4▼5△5
サンディエゴシチー 【瞬1平1消0】▼ 1▼1▼1 △6▼7△ 3
オールアズワン   【瞬1平1消0】▼ 2▼1▼5 ▼2▼4△ 4
グランデッツァ   【瞬1平1消0】▼ 3▼3△8 ▼9▼5▼ 1
コディーノ     【瞬1平0消0】▼ 8▼6▼2
2着馬
イグゼキュティヴ  【瞬0平1消0】▼ 3▼3△9
モズ        【瞬0平1消0】△ 1▼2△4
アヴェンチュラ   【瞬1平0消0】▼12△1△1
ゴールドシップ   【瞬1平1消0】△ 2▼3△2 ▼6▼3△ 7
ラウンドワールド  【瞬2平0消0】▼ 6▼4△7 ▼9▼7△11

1着馬には
・瞬発戦実績
・連続加速実績
がありました。
あと、新馬戦が阪神コースだったロジユニヴァース以外には
・ラスト1Fでの加速ラップのレース実績
がありました。

以上の3点をクリアした馬は今年の登録馬にはいませんでした。
それもそのはず今年は札幌開催がないというのが大きなポイント。
札幌コースは直線区間はあまりありませんがコーナーのRは大きなコースで函館などに比べるとコーナーでのスピードは落ちにくいはず。
それでいて直線は266mと短いためラスト1Fでも減速しないケースが多いということだと思われます。
で、今年は札幌2歳Sも函館コースで開催されるので「ラスト1Fでの加速ラップのレース実績」は軽視することにします。
そうなると今年の登録メンバーで上記2点をクリアした馬は
サングラスダンツキャノントーセンシルエットバウンスシャッセピオネロマイネルフロストレッドリヴェールロードフォワード
の8頭。

なんですが今年函館開催で最もポイントになるのは馬場状態。
先週でさえ芝コースで上がり37〜39秒台を連発してたタフな馬場で週末もどうやら荒れそうな天気予報。
外回りコースを33秒台の斬れで勝ってきたピオネロレッドリヴェールは新馬戦とはシチュエーション
が違いすぎるので重い印は打ちにくい。
となれば単純にバウンスシャッセマイネルフロストロードフォワードに狙いが立つかなと思われます。
イチオシはロードフォワード
だってウマニティPOG馬だから…(爆)
新馬戦はスローの前残りという可能性も十分ありますが37.7秒で上がり2位(1位は37.5秒)
タフな馬場というシチュエーションは同じなので軽視禁物だと思います。


「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ロードフォワードマイネルフロストバウンスシャッセ


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

サングラスの口コミ


口コミ一覧
閲覧 27ビュー コメント 0 ナイス 1

【馬ニアな話】黄金の魅力─競馬HEADLINE/ 2017年5月3日 18時30分
http://keiba-headline.com/gold-allure-13144/

日本競馬界を根底から変えた大種牡馬、サンデーサイレンス。一期生達からダービー馬を誕生させたそのDNAは、ホースマン、そして我々をファンも熱狂させた。

サンデーサイレンスの子ならダービーも!天皇賞も!有馬記念も!と夢を見た。馬主さんと言われる親分達は、それまで夢の世界でしか考えられなかった眩い名誉を現実にすべく、サンデーサイレンスの子を求めた。

しかし、サンデーの子とて負ける時はあっさり負ける。勝てなかった者、一度も競走馬として競馬場に足を踏み入れられなかった者も数多くいるのだ。あくまでも、夢が叶う可能性が高いというだけで、必ずダービーや有馬記念を勝てる保証はされていない。

サンデーサイレンスに世界の大種牡馬として名を馳せていたヌレイフの肌を掛け合わせて生まれた仔馬がいた。遮光率の高いサングラスをかけても、眩しさすら感じるような超良血馬だ。まだこのトネがニキーヤの99と呼ばれていた頃、取り巻く人々はおそらくダービーを強く意識していたと思う。

金色に輝く栗毛の馬体、その毛色と同じく眩い魅力を生まれながらに持っていたトネっ仔は黄金の魅力という意味を持つゴールドアリュールという名を与えられた。

立派な名前を貰い、栗東の池江泰郎厩舎に入厩したゴールドアリュールは2001年11月の京都でデビュー。初陣の舞台は芝の1800mだった。クラシックを意識された出陣だ。結果は2着に敗れたが、中2週の間隔で再び同じ舞台に挑み初勝利をあげる。ここから黄金の道を…と思われたが2勝目は年が変わった2002年4月だった。舞台は阪神の平場条件戦で、ダートの1800m。この時期といえばクラシック候補の馬達は皐月賞の舞台に立っていなくてはならない時期だが、やや後れをとったゴールドアリュールは京都で行われるダートのオープン競走、端午Sを勝利し3勝目を挙げ、何とかダービーへ間に合ったかたちとなった。

バリバリの良血馬がダートで勝ちを積み重ねクラシックへ。王道を行く馬達と比べれば少し格が落ちる道のりだが、このダート実績は後に彼を待ち構えている輝かしい未来への鍵だった。

夢に見たダービーは、2勝目と3勝目をもたらしてくれた上村洋行を背に挑んだ。直線ではそれが現実になると思わせる瞬間があったが、大外から戦車の如く逞しい脚で伸びてきたタニノギムレットに及ばず5着に敗れた。勝てはしなかったが、99年に生を受けた9679頭のサラブレッドの中で5番目に強いと考えれば、立派な成績だと思う。

一つの目標を終えたゴールドアリュールとホースマン達は、目先を芝からダートへ変えた。2002年7月4日、ゴールドアリュールの姿は公営大井競馬場にあった。ここで開催される3歳ダート決定戦、ジャパンダートダービーに挑むことになる。鞍上が上村から武豊へと替わったこの一戦で、栗色のサンデー産駒は驚くようなパフォーマンスを披露することになるのだった。

レースはやや押して主導権を取りに行く競馬で進められた。外からは的場文男が手綱を握るノムラリューオーが競る素振りをチラつかせたが、1角までに振り切りハナに立った。ここからは悠々独り旅。4角を迎えても競りかける、或いは並びかける馬はいなかった。余裕たっぷりで武が追い出すと、グングンとリードを広げていった。付いて行こうとした藤田のエイシンセダンは潰され、後方から飛んできた石崎隆之のプリンシパルリバー、秋山のインタータイヨウは影も踏めなかった。

逃げて10馬身のV。前年、志半ばで錨を下ろしたクロフネを彷彿とさせる圧巻の走りであった。道は開けた。ここからゴールドアリュールは自身に用意されていた輝かしい未来へと爆走して行く。

夏を越し秋。同期生達が菊花賞、或いは天皇賞秋へと進路を悩む中、彼は岩手の盛岡にいた。挑むレースは当時交流GIだったダービーグランプリ。ダービーは生涯一度しか走れない貴重なレースだが、ゴールドアリュールは、東京優駿、JDD、ダービーGPと3度ダービーの舞台に立った。全く幸せな馬である。

馬体重は大井のレースから12kg減ったが、そんなものは関係なかった。ここでもスタートからハナに立ち、後に東京大賞典を制するスターキングマンをいとも容易く10馬身突き放して快勝。2つ目のダービータイトルを手に入れたのだ。私はこの時、勝手にドバイやアメリカで大差勝ちをするゴールドアリュールを想像した。

次ページへ

その後はダート界に現れた新星はまだ出来たてホヤホヤの世界戦、ジャパンカップダートに挑んだ。人気はアドマイヤドンに続く2番人気。自身と同じく良血馬の期待を背負わされ、ダートに矛先を変えて光を掴んだ先輩との対決だったが、奴が乗れば馬が変わると世界中の競馬界から神のように崇められているフランキー・デットーリ騎乗のイーグルカフェに2頭ともやられてしまった。アリュールは5着、ドンは3着だった。

この時のフランキーの騎乗は確かに神であった。こう言ってはイーグルカフェファンにシバかれるかも知れないが、まさかこの馬がここで勝つとは、夢にも思わなかった。

人間の世界も馬の世界もなかなか理想通り行かないということだ。ダートで初めての敗戦を喫したゴールドアリュールだったが、休むことなく再び大井に向かった。12月29日、東京大賞典だ。中央で散財した競馬ファン達が最後の望みをかけるこのレースは、ともすると有馬記念より熱いのではなかろうか?

寝ても覚めても、馬の尻を追いかけるしがないファン達は、ゴールドアリュールを1.5倍の単勝支持率で迎えた。暮れも押し迫る大井の馬場を逃走し、3つ目のダートG1タイトルを獲得し、ファンに餅代を渡し、2002年を締めくくったのだった。

明けて2003年。JRA最優秀ダート馬、NARグランプリ特別表彰馬という勲章を携え古馬になったゴールドアリュールは、ステップレースを使わずいきなり大一番のフェブラリーSへ挑んだ。まだ、府中が改装工事中だったので、前年のJCDと同じく、中山での開催だった。

ぶっつけ本番で、唯一敗れた中山のダート。この不安要素が買われ、3.1倍というオッズを作り上げたのだと思う。まぁ馬は我々のようにオッズ板を見てアレやこれやと騒がないし、自分が本命馬か穴馬かなんて、そんなものは知ったこっちゃない(笑)数字がコンマ1上下するだけで、騒つく我々を、馬達は嘲笑いの気持ちで見ているのかもしれない。

そんなわけで始まったフェブラリーS。ハナを叩いたのは、アリュールではなくカネツフルーヴと中舘。川崎競馬が生んだ怪物、ロジータの息子は逃げの名手に導かれアリュールの出鼻を挫いた。いつものポジションを取れなかったゴールドアリュールだったが、鞍上の武豊は騒がず冷静にイン3番手位に付けさせた。それをピタリとマークしたのはビワシンセイキと横山典弘。昨年の夏に急成長を遂げると、一気の5連勝で東京大賞典まで登り詰め2着。敗れはしたが、逃げを打てば必ず大差勝ちだったゴールドアリュールに1馬身半まで詰め寄った。 動画 Yotube https://www.youtube.com/watch?v=MyC095c9COg

淡々と流れる真冬のダート王決戦in下総。レースが動いたのは3〜4角。内から栗毛の馬体が音もなくスルスルと浮上を開始。ついに来たかと鞍下の相棒にサインを送る中舘。マークしていたビワは少し押し気味。後ろから北村のマイネルブライアン、更にはJCDで自身を負かしたイーグルカフェが、イタリアの名手ミルコ・デムーロと共に追い上げてきた。

ゴールまで残り308m。気分良く逃げていたカネツフルーヴをあっという間に捕らえて、ゴールドアリュールは先頭に立った。1馬身、2馬身と抜け出しを図ろうとした時、ノリがステッキを抜いた。手応えが悪そうに見えたビワシンセイキが鞍上のアクションに応え力強く伸びる。差が開かずジワリジワリと詰め寄るビワとノリ。懸命の粘り込みを図るアリュールと武。身も凍るような真冬の競馬場が、熱く燃え上がっていた。

坂を上る。勢いは完全にビワシンセイキが優勢だった。1馬身、半馬身。さあ!あと一歩!というところがウイニングポストだった。着差はクビ。軍配はダート王、ゴールドアリュールに上がった。G1を勝ってもクールな武豊が、いつぞやの菊花賞と同じくらいのガッツポーズをして喜びを爆発させた。

次ページへ

もう不安は何もない。自信と希望を持って世界へ飛び出す時がやってきた。向かう場所はUAEだ。世界最高額の賞金を誇るドバイワールドカップへの参戦が決まった。ところがその道は人々の争いによって閉ざされた。イラク戦争の余波を受け、ドバイ遠征は白紙となったのだ。海の向こうに広がる新しい景色を眺めることはこの後も叶うことはなかった。

春。不本意な形で国内に留まったゴールドアリュールは京都のアンタレスSに出走する。距離はダートの1800m。ダービーへのチケットを獲った思い出のコースで、彼は逞しく成長した姿を池に浮かぶ白鳥たちに見せ付けた。

ここも無理にハナへ拘らなかった。知る人ぞ知る渋い名コンビだった人馬、スマートボーイと伊藤直人に主導権を譲り、番手から進んだ。京都のダート9Fの逃げ切り方を熟知しているコンビも、アリュールの目には映らなかった。3角過ぎからジワジワと差を詰め、4角出口で並びかける。ここからが圧巻だ。コーナーを回った瞬間に、ポンと2馬身突き離すと、例の大差ブッチギリ態勢に入る。後方からイーグルカフェ、ディーエスサンダー、若かりし頃のタイムパラドックスが脚を伸ばして来たが、グングン飛ばす黄金のダート王の影は踏めなかった。

8馬身差の圧勝劇。久しぶりにらしさを見せ、萎んだ夢に再び活力が戻った。ダートの競馬はドバイだけではない。アメリカもある。新たな目標へ向かうため、彼は大井の帝王賞へ進んだのであった・・・。

この場所も彼にとってはもう庭のようなものだ。普通に走れば結果はついてくる。しかし、ゴールドアリュールの体は異変を来し始めていた。この時調教に騎乗した武は、いつものゴールドアリュールではないという違和感を感じていたという。

そんな名手の予感は最悪の形で的中する。番手を進み、3角過ぎで前を捕らえる。道中はいつも通りのゴールドアリュールだった。しかし、4角。武が懸命に押しても、全く進まない。逃げたネームヴァリューは、その間にリードを広げた。追いつけない悔しさ。屈辱を味わったゴールドアリュールは、11着に敗戦したのだ。生涯を通じて最低の着順だった。

一体何がゴールドアリュールの身に起こったのか?彼を襲った病、それは喉鳴りだった。咽頭の軟骨が十分に開かず呼吸運動に異常をもたらすこの病は、安静にしていれば症状は治まる。しかし、激しい運動を行うと呼吸困難に陥る病気だ。競走馬にとって屈腱炎と並び致命的な病である。

ゴールドアリュールの症状はかなり重い部類だった。完治させるには手術と長期休養を要する。この診断を下されたホースマン達は、アリュールの引退を決めた。通算16戦8勝。もし、あのフェブラリーSの後、ドバイへ行けていたなら。空想でしかそれを描けないのが、本当に残念である。

サンデーサイレンス王国にダートのカテゴリーを創設したゴールドアリュールは、父としてもダートの活躍馬たちを競馬場へ送り込んだ。JCD、フェブラリーSを制したエスポワールシチー、自信を彷彿とさせる圧勝劇を繰り広げたスマートファルコン。追込み馬フリークの私としては、シルクフォーチュンの存在も忘れられない。

次はどんな砂王を?と期待していた、2017年2月18日。ゴールドアリュール急逝の一報が届いた。

翌日、行われたフェブラリーS。恐らく、天国へ昇る途中で、アリュールも見ていたであろうこの一戦を制したのは、息子のゴールドドリームだった。フェブラリーを制した息子は、父が直前で断念させられたドバイへ挑戦した。世界最強の評価を受けるアメリカのアロゲートに人気が集まっていたが、私は迷うことなくゴールドドリームの単勝を購入。結果は、アロゲートが圧倒的な走りを見せV。ゴールドドリームは14着に敗れた。父が果たせなかったドバイでは勝利をあげることはできなかったが、黄金の魅力溢れる夢をまだ見られると思えば、馬券が外れたことは取るに足らないことだ。

ドバイがダメでもアメリカがある。あの日、アリュールに見た夢は、息子に託された。

 ベスト タイムズ 2017年03月22日(水) 21:09
322 マーチステークス G3
閲覧 26ビュー コメント 0 ナイス 4

2017年3月26日(日)3回中山2日目

11R 第24回 マーチステークス G3

ダート・右 1800m サラ系4歳以上オープン (国際)(指定) ハンデ

コスモカナディアン
サングラス
センチュリオン
バスタータイプ
ピットボス
リーゼントロック

.

[もっと見る]

 ムーンホーセズネック 2017年03月21日(火) 22:47
競馬検討 マーチステークス
閲覧 30ビュー コメント 0 ナイス 5

マーチステークス

アスカノロマン ムラを克服せねば

アルタイル さて?

インカンテーション 往年の力?

キクノソル 陰りが

コクスイセン ムラあり

コスモカナディアン 力付け

サングラス さて?

ショウナンアポロン 使い詰めで

シルクドリーマー 芝からダート

ストロングサウザー 力付け

センチュリオン 安定して

ディアデルレイ 安定して

ディアドムス ムラあり

トップディーヴォ ムラあり

バスタータイプ 壁に当たり

ハッピースプリント ここならば

ピットボス 再度

マイネルクロップ ムラあり

メイショウコロンボ 故障明け2走目

メイショウスミトモ 差し脚確実も

リーゼントロック 壁に当たり

ロンドンタウン 中央に戻って

アスカノロマン、コスモカナディアン(゜∀゜)

[もっと見る]

サングラスの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

サングラスの写真

投稿写真はありません。

サングラスの厩舎情報 VIP

2017年3月5日上総ステークス1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サングラスの取材メモ VIP

2017年3月5日 上総ステークス 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。