モルトアレグロ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝3 青鹿毛 2015年2月1日生
調教師武井亮(美浦)
馬主吉田 千津
生産者Town And Country Horse Farms, LLC & Frank & Kim Taylor
生産地
戦績 5戦[3-1-0-1]
総賞金4,941万円
収得賞金1,900万円
英字表記Molto Allegro
血統 Speightstown
血統 ][ 産駒 ]
Gone West
Silken Cat
Mo Chuisle
血統 ][ 産駒 ]
Free House
Visible Gold
兄弟
前走 2018/01/14 紅梅ステークス OP
次走予定

モルトアレグロの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/01/14 京都 10 紅梅S OP 芝1400 9884.121** 牝3 54.0 M.デムー武井亮476(+4)1.22.7 -0.234.7ラブカンプー
17/12/10 阪神 11 阪神JF G1 芝1600 1881665.2105** 牝2 54.0 吉田隼人武井亮472(+2)1.35.0 0.734.1⑩⑩ラッキーライラック
17/10/22 東京 9 くるみ賞 500万下 芝1400 8331.811** 牝2 54.0 吉田隼人武井亮470(0)1.29.3 -0.038.9ココロノイコロ
17/09/03 札幌 10 すずらん賞 OP 芝1200 15476.342** 牝2 54.0 吉田隼人武井亮470(+2)1.11.1 0.335.9⑨⑨リュウノユキナ
17/07/23 函館 11 函館2歳S G3 芝1200 16714----** 牝2 54.0 吉田隼人武井亮--0000 ------カシアス
17/06/24 函館 6 2歳新馬 ダ1000 8881.411** 牝2 54.0 吉田隼人武井亮468(--)1.01.6 -0.237.0キタノナシラ

モルトアレグロの関連ニュース

 【中山】3R新馬(ダ1800メートル)=ミズカゼ(美・田村、牡、父スマートファルコン)

 ◆木幡初騎手 「勝負どころからハミを取り出して、直線も2着馬が来たら一生懸命走ってくれました」

 6R500万下(芝・外1200メートル)=ビリーバー(美・石毛、牝、父モンテロッソ)

 ◆杉原騎手 「脚をためて我慢させることを覚えさせ、これまでと違って最後にひと脚使ってくれました」

 *クロッカスS(27日、東京、OP、芝1400メートル)を視野に。

 【京都】10R紅梅S(牝馬OP、芝・外1400メートル)=モルトアレグロ(美・武井、父スパイツタウン)

 ◆M・デムーロ騎手 「3番手で折り合いもついてずっと楽な手応え。一生懸命走るし、距離もマイルぐらいまでなら大丈夫でしょう」

 *スティルインラブ(牝馬3冠)、シンハライト(オークス)などが勝っている出世レース。今後はフィリーズレビュー(3月11日、阪神、GII、芝1400メートル)から桜花賞(4月8日、阪神、GI、芝1600メートル)の青写真が描かれている。

 4R新馬(ダ1800メートル)=オメガパフューム(栗・安田隆、牡、父スウェプトオーヴァーボード)

 ◆M・デムーロ騎手 「いい脚を使ってくれました。スタートが良くなくて前半引っ掛かったけど、次は大丈夫だと思う。距離もこれぐらいがいい」

 5R新馬(芝・内1600メートル)=ニホンピロタイド(栗・大橋、牡、父ブラックタイド)

 ◆幸騎手 「センスが良く、追ってからもしっかり伸びてくれました」

 6R500万下(ダ1800メートル)=スマハマ(栗・高橋亮、牡、父ネオユニヴァース)

 ◆藤岡佑騎手 「使うたびに良くなっている。可能性を感じさせる馬です」

 【中京】10Rごぎょう賞(500万下、ダ1200メートル)=マニクール(栗・大久保、牝、父ヘニーヒューズ)

 ◆北村友騎手 「スピードがあるし、一生懸命に走る馬。いいときに乗せてもらいました」

 5R新馬(芝2000メートル)=ハナソメイ(栗・橋口、牝、父タートルボウル)

 ◆藤岡康騎手 「スタートも決まり、コントロールしやすかったです。まだまだ伸びしろがあります」

【紅梅S】阪神JF5着の関東馬モルトアレグロが快勝 2018年1月14日() 15:26

 1月14日の京都10R・紅梅ステークス(3歳オープン、牝馬、芝・外1400メートル、別定)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の2番人気モルトアレグロ(美浦・武井亮厩舎)が3番手追走から直線は内めを伸びて快勝。タイムは1分22秒7(良)。

 1馬身半差の2着には逃げ粘ったラブカンプー(4番人気)、さらに1馬身1/4差遅れた3着に大外一気に追い込んだグリエルマ(5番人気)。1番人気のシグナライズは好位から流れ込んでの4着。

 紅梅Sを勝ったモルトアレグロは、父スパイツタウン、母モクシュラ、母の父フリーハウスという血統。通算成績は5戦3勝。

 ◆ミルコ・デムーロ騎手(1着 モルトアレグロ)「3番手で折り合いもついてずっと楽な手応え。一生懸命走るし、距離もマイルぐらいまでなら大丈夫でしょう」

 今後はひと息入れて、桜花賞トライアル・フィリーズレビュー(3月11日、阪神、GII、芝1400メートル)から桜花賞(4月8日、阪神、GI、芝1600メートル)の青写真が描かれている。

★14日京都10R「紅梅S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【2歳次走報】モルトアレグロ、M・デムーロと紅梅Sへ 2017年12月21日(木) 05:01

 ★朝日杯FSを制したダノンプレミアム(栗・中内田、牡)は、近日中に北海道新ひだか町・ケイアイファームへ放牧に出される。同13着ムスコローソ(美・手塚、牡)は、クロッカスS(1月27日、東京、OP、芝1400メートル)。

 ★阪神JF2着リリーノーブル(栗・藤岡、牝)は、チューリップ賞(3月3日、阪神、GII、芝1600メートル)から桜花賞(4月8日、阪神、GI、芝1600メートル)を目指す。僚馬で9日中山の新馬戦(芝1600メートル)を勝ったツヅミモン(牝)は、シンザン記念(1月8日、京都、GIII、芝1600メートル)に向かう。

 ★阪神JF5着モルトアレグロ(美・武井、牝)は、M・デムーロ騎手で紅梅S(1月14日、京都、OP、芝1400メートル)へ。

 ★つわぶき賞1着アンコールプリュ(栗・友道、牝)は、チューリップ賞か、フィリーズレビュー(3月11日、阪神、GII、芝1400メートル)を使って、桜花賞に挑む。僚馬で10日阪神の未勝利戦(芝1800メートル)を勝ったノーブルカリナン(牝)は、エルフィンS(2月3日、京都、OP、芝1600メートル)へ。

 ★17日中山の新馬戦(芝1600メートル)快勝のアングレーム(美・矢野、牝)、ひいらぎ賞3着グランドピルエット(美・田村、牝)は、ともにフェアリーS(1月7日、中山、GIII、芝1600メートル)か、菜の花賞(同13日、中山、500万下、芝1600メートル)。

 ★17日中山の未勝利戦(芝2000メートル)を制したライトカラカゼ(美・相沢、牡)は、京成杯(1月14日、中山、GIII、芝2000メートル)へ。同レースには黄菊賞12着のギャンブラー(美・斎藤誠、牡)も出走予定。

 ★17日阪神の新馬戦(芝1400メートル)を勝ったエアシンフォニー(栗・角居、牝)は、セントポーリア賞(1月28日、東京、500万下、芝1800メートル)にアタックする。

[もっと見る]

【2歳次走報】マウレア、クイーンCへ 2017年12月14日(木) 05:01

 ★阪神JF3着マウレア(美・手塚、牝)は、短期放牧を挟んでクイーンC(2月12日、東京、GIII、芝1600メートル)へ。4着トーセンブレス(美・加藤征、牝)は放牧へ。5着モルトアレグロ(美・武井、牝)は、桜花賞トライアルの前に出走するプラン。9着ロックディスタウン(美・二ノ宮、牝)は13日にノーザンファーム天栄に移動。10着マドモアゼル(美・斎藤誠、牝)は、クロッカスS(1月27日、東京、OP、芝1400メートル)。12着トーセンアンバー(美・菊沢、牝)は、近日中に千葉・香取市にあるSTファームに移動、短期放牧。

 ★10月の東京で未勝利を勝ったアーモンドアイ(美・国枝、牝)は、シンザン記念(1月8日、京都、GIII、芝1600メートル)で戦列復帰。同僚コズミックフォース(牡)は、京成杯(1月14日、中山、GIII、芝2000メートル)。

 ★阪神JF2着リリーノーブル(栗・藤岡、牝)、僚馬で福島2歳Sを勝ったアンヴァル(牝)は、ともにトライアルをひと叩きしてから桜花賞(4月8日、阪神、GI、芝1600メートル)に挑む。

 

[もっと見る]

【阪神JF】レースを終えて…関係者談話2017年12月11日(月) 05:04

 ◆柴田善騎手(トーセンブレス4着) 「馬混みで我慢ができて、ギアチェンジもできた。もう少し流れてくれていたら」

 ◆吉田隼騎手(モルトアレグロ5着) 「イメージ通りの競馬でセンスがあるところを見せてくれました」

 ◆北村友騎手(ラテュロス6着) 「理想的な位置を取れて、ジリジリと伸びているんですけどね」



 ◆小牧騎手(グリエルマ7着) 「どんな競馬もできますね。よく伸びていて、これからです」

 ◆松田騎手(マドモアゼル10着) 「いい感じで運べて、最後もしっかり伸びているんですけどね」

 ◆鮫島良騎手(ノーブルアース11着) 「思った以上に折り合いがつき過ぎましたね。しまいはしっかり脚を使っています」

 ◆横山和騎手(トーセンアンバー12着) 「乗った中では一番折り合いがついて成長は感じました」



 ◆和田騎手(コーディエライト13着) 「ジワッと行ったけど、番手だと(ハミを)かんでしまう。休ませてどうなってくれるかだね」

 ◆松岡騎手(サヤカチャン14着) 「ゲートの中で元気がなかった。久しぶりのぶんかな。太さは感じなかったけどね」

 ◆高倉騎手(レグルドール15着) 「ためる競馬をしたけど、残り100メートルで余力がなくなった」

 ◆藤岡佑騎手(ハイヒール16着) 「もまれて嫌がるそぶりを見せていた」

 ◆幸騎手(ラスエモーショネス17着) 「スッと先手を取れて4コーナーでも反応してくれたけど、最後は脚いろが鈍ってしまいました」

 ◆四位騎手(ナディア18着) 「馬とケンカしてしまったね。うまく乗れなかった」



★10日阪神11R「阪神ジュベナイルF」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【阪神JF】ロックディスタウン1番人気/前日最終 2017年12月9日() 17:39

 日曜阪神のメインレースは、2歳牝馬のチャンピオンを決める芝のマイルGI・阪神ジュベナイルフィリーズ(10日、GI、芝1600メートル)。



 札幌2歳S覇者・ロックディスタウンアルテミスSを制したラッキーライラック、新馬→500万特別と連勝中のリリーノーブルマウレアとデビュー2連勝中の4頭に、1戦1勝ながら抽選を突破して出走を果たしたソシアルクラブを加えた5頭が人気を集めている。



 その中でも、牡馬の一線級を相手に結果を出しており、阪神JF3連覇がかかっているルメール騎手が騎乗することでも注目を集めているロックディスタウンが頭ひとつ抜けた存在になっているようだ。



枠番−馬番 馬名       単勝オッズ1− 1 サヤカチャン     17.01− 2 ラテュロス      27.52− 3 グリエルマ      84.82− 4 マウレア        8.93− 5 ラスエモーショネス 236.63− 6 マドモアゼル     50.44− 7 リリーノーブル     6.04− 8 トーセンブレス    19.85− 9 レグルドール    232.55−10 ハイヒール     236.06−11 ラッキーライラック   4.66−12 ソシアルクラブ     7.67−13 トーセンアンバー  121.57−14 ノーブルアース   185.37−15 ナディア       93.88−16 モルトアレグロ    52.08−17 コーディエライト   24.18−18 ロックディスタウン   3.5



阪神ジュベナイルFの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

モルトアレグロの関連コラム

閲覧 489ビュー コメント 0 ナイス 9



先週は、10(日)に阪神競馬場でG1阪神ジュベナイルフィリーズが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1阪神ジュベナイルフィリーズは、単勝3.1倍の1番人気にロックディスタウンが支持され、以下ラッキーライラックリリーノーブルマウレアソシアルクラブとここまでが単勝ひとケタ台で続き上位人気を形成。
ややバラついたスタートでの幕開けとなる中、先手を主張したラスエモーショネスが隊列を率いる形で全18頭が3コーナーを目指します。2番手にコーディエライトが押し上げて続き、ラテュロスロックディスタウンサヤカチャンマドモアゼルリリーノーブルとここまでが先団グループ。マウレアラッキーライラックハイヒールモルトアレグログリエルマと中団にかけて続き、ソシアルクラブトーセンブレスナディアトーセンアンバーノーブルアースレグルドールは後方から。3〜4コーナー中間にかけて徐々に馬群が凝縮していき一団になりながら直線へ。
先頭で粘るラスエモーショネスに、外からロックディスタウン、内からラテュロスが差を詰め、さらに外からはリリーノーブルマウレアラッキーライラックあたりも並び掛けて横並びに。残り200m手前でこの争いから、リリーノーブルが力強く抜け出し、これを外からラッキーライラックが追う展開。3番手には、この2頭からはやや後れをとりながらもマウレアが浮上してきます。
前2頭による攻防は、外のラッキーライラックが完全に脚色優勢。結局、上り最速の脚で外から差し切った2番人気ラッキーライラックが、最後は2着リリーノーブルに3/4馬身差をつけて優勝。全て2番人気での無傷の3連勝で、G1制覇を飾っています。3番人気2着リリーノーブルから1/2馬身差の3着には、4番人気マウレアが入っています。
公認プロ予想家では、はははふほほほプロおかべプロ覆面ドクター・英プロマカロニスタンダーズプロろいすプロ河内一秀プロイータン育成プロほか、計15名が的中しています。
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →ジ ョ アプロ
9(土)中京3Rで、◎オールドベイリー的中で計10万3,000円の払い戻しをマーク!他にも先週は、9(土)中京10R、10(日)中京2Rなど、好調予想を披露し、週末2日間トータル回収率193%(←トップ)、収支15万1,560円プラスの好成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
9(土)中京1Rで◎グローリーグローリ的中、中山10Rの◎ベック的中、10(日)中京8Rでの◎メイショウモウコ的中などのスマッシュヒットを披露。週末トータル回収率156%、収支29万4,540円プラス(←トップ)の大幅プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
9(土)中京8R、10(日)中山1R阪神2Rなどの的中で、2日連続のプラス収支を決めた先週はトータル回収率149%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →河内一秀プロ
9(土)を中山3R中京5Rなどの的中で回収率143%をマークして折り返すと、10(日)も中山1R中山4R阪神10Rなどで好調予想を連発!2日間ともに回収率140%台を記録し、週末トータル回収率142%、収支16万2,100円プラスの大幅プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
9(土)阪神7Rで、◎キーネットワークからの3連複2,582倍を200円的中し51万6,500円払戻しのホームラン!勝負予想の中山12Rでも21万7,000円のビッグヒットを披露するなどの活躍を見せた先週は、週末2日間トータル回収率131%、収支22万8,720円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
10(日)に中山7R中山10Rと2本のスマッシュヒットをマーク!週末トータルでは、回収率115%、収支10万6,800円プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →導師嵐山プロ
9(土)阪神4Rでの54万6,680円、10(日)中京3Rでの10万9,220円などの的中を披露。週末トータル回収率121%、収支15万1,660円を記録しています。
 
 
 
この他にも、【U指数】3連単プリンスプロ(135%)、マカロニスタンダーズプロ(129%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(129%)、シムーンプロ(127%)、エース1号プロ(121%)、セイリュウ1号プロ(108%)、dream1002プロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年12月10日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第320回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜阪神ジュベナイルフィリーズ G1
閲覧 782ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「阪神ジュベナイルフィリーズ G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、コーディエライトから1.0ポイント差(約1馬身差)内のモルトアレグロまで2頭。
第2グループ(黄)は、ラッキーライラックのみ1頭。
第3グループ(薄黄)は、リリーノーブルか1.0ポイント差(約1馬身差)内のナディアまで2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、上位評価3頭以下に比較的大きな開きが生じている構図。しかしながら、いつも言うようにこの時期の2歳G1です。1戦1戦で大きく指数が変動することも少なくない若駒のレースですので、例えば前走新馬組と重賞組を比較する場合などには注意が必要です。また、適性や臨戦過程、伸びしろなども重要になってくるでしょう。

と言いつつ、今回◎は素直にトップ評価となったコーディエライトとしました。これまで牝馬に先着を許したのは、前走で後塵を拝したベルーガのみという戦歴で、近2走マークした指数も上々の馬。牝馬相手のここでは大崩れなく走ってくれるとみて期待しました。正直、勝ち切るシーンは湧きづらいタイプですが、ダイワメジャー産駒成績から阪神替わりはプラス。生産牧場、乗り替わりなし、前走からの間隔、等々......好走条件は十分に揃っている印象で、それでいて思っていたよりも複勝ベースでも人気していないようなので狙います。恐らく逃げられないとは思いますが、スローの逃げ馬しか見当たらずで前走1200m組も不在のメンバーなら、ペースは落ち着くと想定。今の時計の出る馬場も相まって、この馬の形となりつつあるマイペース逃げの展開ではなくても粘り込めるとみました。

相手は、過去の好走馬たちを見ても、やはり新馬戦でメンバー上位の指数をマークしていた馬には注意が必要な印象(と言っても、指数が高く出やすい1200mデビューの馬もいれば1800mデビューの馬もいたりで単純比較では厳しいのですが、1600m以上戦であれば70台後半以上、1400m以下戦であれば80台前半以上くらいがひとつの目安かなとみています)ですので、それらの馬たちの中から以下の5頭を上位評価しました。
ロックディスタウン。“本物”の可能性も十分ですが、休み明けで初の長距離輸送で鞍上も相まって1番人気......気性面でも気掛かりなところがあって2番手評価に。▲ラッキーライラック。こちらも人気で、実力もあるとは思うのですが、鞍上を考えると少し売れ過ぎな印象。○同様に、まだオルフェーヴル産駒にも半信半疑な部分もありますので1枚割引き。以下、東京マイルのみの連勝で試金石の一戦でも鞍上は魅力な☆マウレア。やはり中1週ローテが気掛かりで評価を下げた△リリーノーブル。一発不気味なディープ産駒でも乗り替わり微妙な△ラテュロス
ここまでの馬たちを相手に組んだ馬連を本線に、お楽しみの3複も含めた馬券で勝負としたいと思います。


【馬連流し】
◎=○▲☆△△
17=2,4,7,11,18(5点)

【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=○▲☆△△
17=4,11,18=1,2,4,7,8,11,12,18(21点)

計26点

[もっと見る]

2017年12月7日(木) 11:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2017阪神JF
閲覧 817ビュー コメント 0 ナイス 5



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われるG1出走予定馬の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回からはシンプルに前走からの中間の調整内容(評価はA〜F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。
尚、シューナカコラムで取り上げている競走馬については同コラム内でコメントしていますのでそちらでご確認ください


◇賞金順◇


ラッキーライラック(新馬戦の印◯)A
新馬戦の頃は調教もパドックも緩さが残る感じだったが一度使われた前走はグンと良くなっていた。引き続きこの中間も前走時かそれ以上の調教内容なので、さらに上積みが期待できるかも。

コーディエライト(新馬戦の印○)B
追い切りの内容がイマイチだった前走は直線も伸びきれなかった。今回の1週前追い切りは一杯に追われ好時計が出ていて状態は良さそう。ここ2戦パドックでうるさい面が出てきているので直前は馬なりで流す程度でOK。

アマルフィコースト(新馬戦の印×)回避予定
1週前の追い切りではCデムーロ騎手騎乗で追い切られるも最後走るのを止めてしまうようなところあり。使ってきても良い状態では出走できそうもない。

レグルドール(新馬戦の印◎)E
坂路で好時計が出る馬で前走も良い時計が出ていたが出遅れて直線も伸びきれず。この中間は物足りない調教内容で終いの伸びもイマイチ。距離的にも短い方が良さそうなので距離延長はマイナスになりそう。

サヤカチャン(新馬戦の印△)D
使い詰めできているので前走以上を望むのは厳しそうだが、道悪は得意そうなので天気が悪くなった時には出番があるかも。

マウレア(新馬戦の印△)C
調教内容は新馬戦の時よりも前走時の方が断然良く、レース内容も着差以上に強い競馬だった。ただ今回は中2週で阪神への輸送も控えているのでさすがに軽めの調整。最終追い切りも控えめな内容になってくると思うので、あとは動きを見て判断したいところ。

マドモアゼル(新馬戦の印◯)C
ゆったりしたローテーションでレースに臨めることは良いし乗り込み量も入念。併せ馬では先着することの多い馬なので、直前も馬なりで遅れることがなければ良い状態でレースに臨めそう。あとは初のマイル戦が良い方に向けば好勝負も。

モルトアレグロ(新馬戦の印◎)D
夏の北海道での追い切りでは追い出すと重心が低くなり、いかにも短い距離で走りそうな馬という印象があったが、美浦に戻っての調教内容を見ると思ったほど時計が出ていない印象が強い。乗り込み量は豊富なので調子が悪いという訳ではないと思うが、時計のかかる馬場で短い距離の方が適性はありそう。


<以下抽選対象馬>

グリエルマ(新馬戦の印▲)D
新馬戦の時は直前の追い切りが少し良かったくらいの馬で、前走→今回と使われて調教時計も良くなっている印象あり。ただ1週前追い切りの動きを見ると併走馬にモタれるような走りをしていて、真っすぐ走るようになってからでないと勝ち負けまではどうかといったところ。

サウンドキアラ(新馬戦の印▲)D
どちらかというと小柄な馬でキッチリ仕上げてのデビュー戦だったので、この中間は前走と比べると軽めの内容で状態的には前走以上は厳しいのではないか。

スカーレットカラー(新馬戦の印◎)B
休み明けのアルテミスSの時には動きも重く明らかに仕上り途上の印象だったが、前走は直前強く追われていて上積みがあった感じ。それでもまだ春の調教内容と比べると物足りない印象があり、今回中1週の厳しいローテーションにではあるもののビシッと追ってくるようなら面白いかも。ちなみに、デビュー前から調教ではレースでも騎乗している太宰騎手が騎乗しているので、直前もジョッキー騎乗で追われると思われ、どんな追い切り内容で仕上げてくるか気になるところ。

ソシアルクラブ(新馬戦の印×)B
新馬戦の時は調教時計も馬の動きもそれほど目立って良いということはなかったが、レースでは直線一気の競馬で強い勝ち方。ローテーションに余裕があり、この中間もジックリ乗られている印象で調教内容は前走以上。あとは抽選突破が最大の難関となりそうで突破すれば好勝負可能だろう。

トーセンアンバー(新馬戦の印◯)F
春から使い詰めできていてここ2戦は調教内容に勢いもなく今回も良くなっているというところもない。

トーセンブレス(新馬戦の印△)D
新馬戦では直線一気の印象に残る勝ち方をした馬で、前走も人気になったが伸びきれず。大きく変わった感じはなく、スタートしてダッシュがつかない馬で展開の助けも必要だろうし、関西への輸送もあり厳しい戦いになりそう。

ナディア(新馬戦の印△)C
かなり小柄な馬で中3週、中2週での競馬になるが普通に調教を消化。ただ1週前の動きを見ると力強さはなく上積みはどうかといった感じ。

ノーブルアース(新馬戦の印△)E
約1ヶ月の間に新潟、東京へ遠征して今回のレースとなり、勝ちにきているローテーションではない。

ハイヒール(新馬戦の印◎)D
前走は悪くない時計が出ていた割に良いところなし。間隔も詰っているのでここ2戦の内容からも良い材料はなさそう。

モズスーパーフレア(新馬戦の印◎)C
新馬戦の前から坂路では速い時計の出る馬だったが能力があるというよりはスピードの勝ったタイプで、馬体、調教内容から短い距離で良さが出る馬という印象。

ラスエモーショネス(新馬戦の印△)B
デビューから月1のローテーションで使われていて疲れもありそうだが、適度な間隔を空けて無理使いしている訳ではなく、実際この2戦も調教内容が良かったので◎にしていた馬。前走−10kgでもしっかりした馬体で、1週前も坂路で強めに追われていて想像以上にタフな馬かもしれない。

ラテュロス(新馬戦の印−)C
今回登録している馬の中で唯一新馬戦無印にした馬。その時は乗り込み量がかなり少なかったことが評価できなかった理由だったが、その後のレースからは普通に乗れられている。特に抜けて良い時計が出る訳ではないものの、水準の時計はマーク出来ている。小柄な馬で気の勝ったタイプの馬なので、パドックでの落ち着きが気になるところ。



今週から阪神JF、全日本2歳優駿、朝日杯FS、ホープフルSと2歳戦の大きなレースが続いていきます。私のように新馬戦の予想を中心に予想しているものとしては新馬戦ではどんな印を打っていたんだろうかということがとても気になります。今年はJRAの新馬戦は関東、関西、ローカルとすべて予想してきている(的中率は約70%)ので、今年JRAでデビューした馬のデビュー前の調教タイムにはすべて一度は目を通してきたことになります。そんなことを思い返しながら、今回の登録馬の名前を見渡すとやはり印象に残っている馬の方が多いことは確かです。新馬勝ち=能力が高いと言う訳ではありませんが、厩舎が違えば調教内容も違いますし馬が違えば個性もそれぞれで、そんなところも実に面白い世界です。新馬戦の予想は難しくて予想しないという方も多いようですが、どんな世界でも突き詰めていくと見えてくるものが必ずあります。何より新馬戦は、予想していてワクワクするところがありますし、思い通りになることも多いので今後も突き詰めて行こうと思っています。そして、それを他の予想にどう活かしていくかが今後の課題になってくると考えています。

それでは次回朝日杯FS編でお会いしましょう。


※阪神JF出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。

※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2017年12月6日(水) 13:30 覆面ドクター・英
阪神JF・2017
閲覧 946ビュー コメント 0 ナイス 9

ようやくチャンピオンズCで帯封達成で(2週連続WIN4止まりなのは、まあいいとします)、娘にAibo(犬ロボット)を買ってやろうと思っています(私がアレルギーであることから、リアルな犬はプレゼントしてあげられていない)。とにかくせこそうでも数字を残さないとプロとして生き残れないので、12月は「プロ評価指数」を上げて生き残ろうと思っています。

阪神マイルは外回りコースができてからは、瞬発力比べの典型的な上がり3Fの速い馬たちの活躍の場となっていましたが、昨年は前に行って止まらずというレースで、シャタリングやエアレーション効果によるものかもしれない結果に。馬場が昔ほど軽くないのもあり、今年も馬場が渋ったり、ペース次第で必ずしも軽い末脚瞬発力比べにはならないのかもしれません。

それでは恒例の全頭診断を。

ロックディスタウン:新馬、札幌2歳Sと2戦2勝。オルフェーヴルが初年度からこの馬とラッキーライラックと2頭も大物を送り出してきた。馬体も良く、スローからの極端な瞬発力勝負にならなければ末脚確実で好勝負必至。距離はもっとあった方が良さそうで距離短縮が微妙だし、西への輸送も課題でルメール騎手騎乗で人気確実だがさほど他とは差が無いのでは。

ラッキーライラック:こちらもオルフェーヴル産駒で、新馬、アルテミスSと2戦2勝で馬格もあり新潟・東京で速い上りも出せており、これまた有力アルテミスSは道中かなりかかっての勝利で、馬の力はNo.1かもしれないが阪神実績の乏しい(騎乗数自体も極端に少ない)石橋脩騎手で行くのだとしたら不安(共同通信杯ドゥラメンテを負けさせた再現もあるか)。

ベルーガ:新馬、ファンタジーSと2戦2勝。しかも前哨戦は強烈な差し切り勝ちを見せた。ファンタジーS組は、逃げ粘りタイプだと阪神マイルへの対応が難しかったりするが、あの差しだと本番も通用しそう。いかにも早い時期に強い配合(父はキンシャサノキセキ、母系にはヒシアマゾンが居る)。Cデムーロ騎手が連続騎乗できるようなら、馬+騎手の総合力だと最有力か。

コーディエライト:新潟2歳SとファンタジーSで連続で逃げて2着だが、逃げてしか好走しておらず同型との兼ね合いが問題か。馬場が渋ったり無ければ厳しいのでは。

ソシアルクラブブエナビスタの仔で初戦でも豪脚みせたが(かなりの下手乗りで直線内をつこうとしてから外に切り返しての絶望的な位置から差し切った実力は本物)、血統的にどうしても人気になるだろう。ただ、500万下でウロウロしている全姉コロナシオンと違いこちらは本物。瞬発力比べなら、オルフェーヴル産駒を負かせるかも。

マウレアディープインパクト×ストームキャットの活躍馬多数の配合(全姉に桜花賞馬のアユサン)で、出世レースとなりやすい赤松賞勝ち馬だが姉よりも小さく、西への輸送も課題か。

リリーノーブル:父がルーラーシップで母はクロフネ×バプティスタという社台軍団の歴史を詰め込んだような血統構成で、2戦2勝でしかも楽勝(前を行く馬がなぜか最後の直線で内を開けてくれるアシストあったが)だったように、ここでもやれる力ある。

サヤカチャンアルテミスSで逃げ粘って13番人気2着と激走したが、同型も居てあまり信頼できないタイプ

トーセンブレス:初戦で豪脚を見せたディープインパクト産駒で、アルテミスSでは1番人気に推されるも6着と期待裏切った。流れが向かなかったにしろ、それほど強くないのかも。

サウンドキアラ:新馬勝ちのみの1戦1勝馬。軽いスピードタイプのようで距離も前走の1400mの方が良さそう。

ラテュロス:アルテミスSの3着馬だが、勝ったラッキーライラックには完敗という印象。

モルトアレグロ:芝なのに上り38.9秒という道悪での根性競馬で勝ってきたように道悪要員か。

アマルフィコースト:新馬、中京2歳Sと連勝しての前哨戦・ファンタジーSで1番人気3着だったが、母父がサドラー系で距離延びて当然良さそう。人気は無さそうだが見限るのは早計では。

マドモアゼル:未勝利勝ちの後に関東馬だが京都にもってきてりんどう賞を勝ち2連勝。ただここは相手強い印象。

トーセンアンバー:すでに6戦目になるが、あまり成長が感じられずでここではきつい。

ナディア:秋明菊賞で2着だった。勝ち馬は強かったが他の馬はちょっと差がある印象。

スカーレットカラー:相手強い前走でも2着に食らいついていったように、それなりにやれるかもしれないが買わない。

モズスーパーフレア:小倉で新馬勝ちするも以降さっぱりで早熟マル外か。ダートだと走るかもしれないが。

ノーブルアース:新馬勝ちの後の赤松賞で6着といまひとつ。ハーツクライ産駒らしく上昇はもっと後か。

ラスエモーショネス:逃げないと持ち味がでないので何が何でも行くタイプで、(出られれば)ペースの鍵を握る存在。

グリエルマロードカナロア×アズマサンダースという配合で楽しみではあるが、前走未勝利勝ちがそれほどインパクト無く、ここではまだでは。

ハイヒール:新馬勝ちの後、足踏みしている状況で特に強調できるところなし。

レグルドール:夏の小倉で1着、2着、1着と活躍したがひまわり賞はオープンとはいえ九州産馬のレースだけにかなりレベル落ちる(実質500万下以下のレベル)ので前走ファンタジーS9着というのは実力通りでは。


<まとめ>
わりと人気サイドでの決着となりそうだが上位馬の力が拮抗しているのと、香港G1で不在の騎手(武豊騎手、岩田騎手、Rムーア騎手、Mデムーロ騎手など)の乗り替わりも鍵か。

有力:ベルーガラッキーライラックソシアルクラブロックディスタウンリリーノーブル

穴で:アマルフィコースト

[もっと見る]

2017年12月3日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年12月03日号】特選重賞データ分析編(75)〜2017年阪神ジュベナイルフィリーズ〜
閲覧 1,950ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 農林水産省賞典 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017年12月10日(日) 阪神芝1600m外


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつ1400m以上の重賞”において3着以内となった経験の有無別成績(2008年以降)】
○あり [4-7-4-28](複勝率34.9%)
×なし [5-2-5-107](複勝率10.1%)

 1400m以上の重賞で好走したことがある馬は高く評価して良さそう。一方“JRA、かつ1400m以上の重賞”において3着以内となった経験がなかった馬のうち、前走の着順が2着以下だった馬は2008年以降[0-0-1-53](複勝率1.9%)、前走の着順が1着、かつ2位入線馬とのタイム差が0.0秒だった馬は2008年以降[0-0-1-19](複勝率5.0%)と、それぞれ苦戦していました。実績上位馬、もしくは前走が完勝だった馬を重視すべきレースと言えます。

主な「○」該当馬→アマルフィコーストラッキーライラックロックディスタウン
主な「×」該当馬→マウレアモルトアレグロレグルドール


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“JRAのレース”において4着以下となった経験がない」馬は2008年以降[9-6-8-47](複勝率32.9%)
主な該当馬→ラッキーライラックロックディスタウン

[もっと見る]

モルトアレグロの口コミ


口コミ一覧
閲覧 63ビュー コメント 0 ナイス 2

☆日経新春杯の結果☆
収支は−3000Pでした。
宣言通り、枠連 6−6を買いましたがハズレ・・・。
パフォーマプロミスは勝ってくれたんですけど、ミッキーロケットが3着から4馬身も離された4着・・・。
2着ロードヴァンドール、3着ガンコのどっちも軽視しちゃってたし、ぼくの予想力では手も足も出なかったです。

出走馬達へのコメント
1着パフォーマプロミス
6歳なのに重賞初挑戦という遅咲きの馬ですけど勝ててよかったですね〜。
ただ、54kgでこのメンバー相手に辛勝だと、GIやGIIで一線級の相手になったら辛いかもしれません。


--------------------------------------------------------------------------------

☆京成杯の結果☆
収支は−1000Pでした。
宣言通り、単勝 7(エイムアンドエンド) を買いましたがハズレ・・・。
どれが強いかよくわからなかったんで、おいしそうな馬を狙ってみたんですが10着で全然ダメでしたね〜。
投資を1000Pだけにしておいたのが唯一のファインプレーでした。

出走馬達へのコメント
1着ジェネラーレウーノ
大外枠を引いたけど、スタート後のダッシュがよくて2番手でコースロスの少ない競馬できてたし、終盤苦しい流れを最後まで踏ん張り切ってたんで、なかなかいい勝ちっぷりだったと思います。


--------------------------------------------------------------------------------

☆愛知杯の結果☆
収支は−3000Pでした。
宣言通り、ワイド 17−3・8・12を買いましたがハズレ・・・。
本命馬のアンドリエッテは9着でしたが、思ってたほど展開も向かなかったですね〜。

出走馬達へのコメント
1着エテルナミノル
好位から競馬して、直線向いて前も上手い具合にスペース開いて、すごくスムーズな競馬で勝ってました。
苦労してたけど、ようやく初重賞制覇ができて良かったですね。


--------------------------------------------------------------------------------

☆紅梅Sの結果☆
収支は−2000Pでした。
宣言通り、単勝 7(ピエナミント)を買いましたがハズレ・・・。
4コーナー付近の手応えはよく見えたんですけど、直線で全然伸びませんでしたね〜。

出走馬達へのコメント
1着モルトアレグロ
う〜〜ん・・・。まだ伸びしろいっぱいの3歳馬なんで今後どこまで強くなるかは楽しみですけど、現時点では小粒な感じはするかな〜。


--------------------------------------------------------------------------------

☆ニューイヤーSの結果☆
収支は−1000Pでした。
宣言通り、単勝 4(ボーダーオブライフ)を買いましたがハズレ・・・。
いい手応えだったんでかなり期待してたんですけど、10頭立てのレースなのに行き場を失ってスパートできないまま負けちゃった大野の騎乗を見て・・・。
OH・・・・・NO!!!!!と言いたくなりました。
ここ、テストに出るから、もう1度言いますよ〜。
大野だけに、OH・・・・・NO!!!!!と言いたくなりました。

出走馬達へのコメント
1着ダノンプラチナ
直線長いコース向きの馬なんで中山でどうかな〜と疑ったんですが、この程度の相手ならコース関係なく勝ちましたね〜。
この1着をきっかけに、もう1回大きく羽ばたいてほしい馬です。


--------------------------------------------------------------------------------

☆ジャニュアリーSの結果☆
収支は−1000Pでした。
宣言通り、単勝 11(ヒカリブランデー)を買いましたがハズレ・・・。
展開的にも最後方からだと厳しかったです。

出走馬達へのコメント
1着ベストマッチョ
距離的には、1400mがベストっぽいけど、OP特別とはいえ1200mで勝てたのは今後の選択肢が広がりそうでいいですね。


--------------------------------------------------------------------------------

☆淀短距離Sの結果☆
収支は−3000Pでした。
宣言通り、単勝 3(グレイトチャーター)を買いましたがハズレ・・・。
この馬も伸びてるんですけど、逃げ馬が楽な流れで逃げてたんで、なかなか差を詰められないまま終わっちゃいました。

出走馬達へのコメント
1着ラインスピリット
アクティブミノルを前に見ながら競馬して、最後はきっちり捕まえて1着でゴール!
1番重い斤量58kgを背負ってたのも含めてよく頑張りました。



--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
超おいしい馬券大会
・1日1レース限定
・投資額、馬券の種類、買い目の点数ともに自由で無制限
・余裕があれば買い目に加えて合計ポイントの記載もお願いします
・1年間で回収率の1番高い人が優勝



ころがし馬券大会

・最初は1000Pスタート
・毎回全額使いきる

・馬券の種類、買い目の点数、レース数ともに自由で無制限
・1年間で1番高いポイントまでころがせた人が優勝

どの企画も、
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までコメント欄にて受け付けております。

ルールの詳細や買い目の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
買い目は、コメント欄に書いてくださればOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
昔、週刊少年ジャンプで連載されていた桂正和の「電影少女」という漫画が深夜でドラマ化されたそうですね〜。

「電影少女」という漫画は話の内容次第ではおっぱいが描かれるエロ含有率の高い作品だったので、
小学生だった僕達にとってはエロ成分を摂取することができる貴重な漫画。

なので、発売日にジャンプを買ったら、「ドラゴンボール」を読むよりも前に、今週の「電影少女」がエロいかどうかを1番最初にチェックしてました(笑)

 正義の魂 2018年1月14日() 16:45
今週プラスだったが惜しかった
閲覧 44ビュー コメント 0 ナイス 3

今週の私の馬券収支は、ジェネラーレウーノの
単勝1点大口買いが功を奏し、逆転のプラスに
なったわけであるが、非常に惜しかったことが1つある。

WIN5で、京都10Rのシグナライズが勝っていれば、
2度目のWIN5的中になっていたことである。

私は、シグナライズが、このメンバーでは
負けるわけがないと思っていたのであるが、
前を捕えられず後ろから差され、という
将来への暗雲が感じられる負けであった。

この紅梅ステークスの勝ち馬モルトアレグロが、
1,600mだとちょっと距離が長いというイメージを
考えると、今年の桜花賞勝ち馬は、アーモンドアイ・
ラッキーライラック・そして立ち直り期待の
ロックディスタウンの3頭に絞られた感がある。

あと、馬券は外れたが、京都最終レースでは、
アドマイヤエイカンに、一度なくなった闘争心を
見事に再度引き出させた、須貝調教師は、
賞賛に値するものがある。

同じアドマイヤの、アドマイヤコジーンも
そうだったように、アドマイヤの馬には、
複数回、競走馬としての自覚が
芽生える馬が多いのであろうか。

[もっと見る]

 藤沢雄二 2018年1月14日() 14:55
1月14日のWIN5予想
閲覧 63ビュー コメント 0 ナイス 7

もう時間がないので、メモ代わりに今日の買い目を。

【中山10R ニューイヤーS】アデイインザライフ
【京都10R 紅梅S】ぅ哀螢┘襯 .轡哀淵薀ぅ ┘皀襯肇▲譽哀
【中京11R 知立特別】ヒルノマゼラン Ε妊螢好皀
【中山11R 京成杯】┘瀬屮襯轡磧璽 ゥ灰坤潺奪フォース
【京都11R 日経新春杯】┘潺奪ーロケット モンドインテロ .汽鵐織侫Д繊璽
1×3×2×2×3=36

[もっと見る]

⇒もっと見る

モルトアレグロの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

モルトアレグロの写真

投稿写真はありません。

モルトアレグロの厩舎情報 VIP

2018年1月14日紅梅ステークス1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

モルトアレグロの取材メモ VIP

2018年1月14日 紅梅ステークス 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。