ビッグウィーク(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  青鹿毛 2007年3月20日生
調教師長浜博之(栗東)
馬主谷水 雄三
生産者カントリー牧場
生産地新ひだか町
戦績26戦[5-5-1-15]
総賞金21,912万円
収得賞金3,550万円
英字表記Big Week
血統 バゴ
血統 ][ 産駒 ]
Nashwan
Moonlight's Box
タニノジャドール
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
タニノブーケ
兄弟 タイセイジーニアスムテキザセカンド
前走 2014/05/17 障害4歳以上オープン
次走予定

ビッグウィークの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
14/05/17 新潟 4 障害4歳以上オープン 芝2890 145710.4611** 牡7 60.0 小坂忠士長浜博之458(-8)3.10.1 2.713.2⑥⑦エイブルブラッド
13/10/06 京都 4 障害3歳以上オープン 芝3170 147122.415** 牡6 60.0 小坂忠士長浜博之466(+6)3.32.1 0.913.4オンワードデューク
13/09/14 阪神 8 阪神ジャンプ G3 芝3140 14469.149** 牡6 60.0 小坂忠士長浜博之460(+2)3.30.8 6.013.4⑥⑥⑦⑦オースミムーン
13/08/11 小倉 4 障害3歳以上オープン 芝2900 8552.922** 牡6 60.0 小坂忠士長浜博之458(-6)3.09.9 0.313.1エーシンイグアス
13/07/13 中京 4 障害3歳以上未勝利 芝3000 10663.011** 牡6 60.0 小坂忠士長浜博之464(+4)3.21.8 -0.613.5ファイヤー
13/06/01 阪神 11 鳴尾記念 G3 芝2000 1612142.21513** 牡6 57.0 秋山真一長浜博之460(-2)2.00.2 1.335.7⑤⑤トウケイヘイロー
13/05/11 京都 11 都大路S OP 芝1800 18715121.91414** 牡6 57.0 幸英明長浜博之462(-6)1.49.7 2.237.5⑤⑥リルダヴァル
13/04/07 阪神 10 大―ハンC OP 芝2400 1371162.21012** 牡6 57.0 四位洋文長浜博之468(+10)2.30.6 2.037.8⑤⑥レッドデイヴィス
12/06/24 福島 11 福島TVOP OP 芝1800 11338.467** 牡5 57.0 田中勝春長浜博之458(-18)1.49.2 0.836.0⑤⑥⑤⑤ミキノバンジョー
12/02/04 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 163525.8712** 牡5 57.5 中舘英二長浜博之476(0)1.46.9 0.635.7エーシンジーライン
12/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 1661262.71314** 牡5 58.0 福永祐一長浜博之476(+10)1.34.4 1.535.8⑨⑨マイネルラクリマ
11/12/03 中山 11 ステイヤーズ G2 芝3600 164810.5516** 牡4 58.0 C.ルメー長浜博之466(+10)4.08.4 17.653.4④④⑯⑯マイネルキッツ
11/10/30 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 1836131.51417** 牡4 58.0 川田将雅長浜博之456(+6)1.59.8 3.738.9トーセンジョーダン
11/10/09 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 1181143.71111** 牡4 59.0 川田将雅長浜博之450(-10)1.47.5 0.834.3ダークシャドウ
11/04/02 阪神 11 日経賞 G2 芝2400 104415.3410** 牡4 59.0 四位洋文長浜博之460(-8)2.30.0 4.638.8トゥザグローリー
11/02/13 京都 11 京都記念 G2 芝2200 123312.666** 牡4 58.0 川田将雅長浜博之468(+18)2.15.0 1.135.6⑤④トゥザグローリー
10/10/24 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 183623.271** 牡3 57.0 川田将雅長浜博之450(+6)3.06.1 -0.234.4ローズキングダム
10/09/26 阪神 10 神戸新聞杯 G2 芝2400 121112.753** 牡3 56.0 川田将雅長浜博之444(-2)2.26.4 0.534.1ローズキングダム
10/09/04 小倉 9 玄海特別 1000万下 芝2000 9892.111** 牡3 54.0 川田将雅長浜博之446(+2)1.58.3 -0.135.2マイネルゴルト
10/08/07 小倉 11 都井岬特別 500万下 芝1800 14112.511** 牡3 54.0 川田将雅長浜博之444(-2)1.47.6 -0.435.0エメラルドミスト

⇒もっと見る


ビッグウィークの関連ニュース

 2010年の菊花賞ビッグウィーク(栗東・長浜博之厩舎、牡7歳)が25日付で競走馬登録を抹消されることになった。通算成績は26戦5勝で、重賞は前記の菊花賞1勝。獲得賞金は2億1912万7000円(付加賞含む)。先週17日に新潟の障害オープン戦で7カ月ぶりに復帰(11着)したものの、左前脚の浅屈腱炎を発症していることが判明し、引退が決まった。今後は京都産業大学で乗馬となる予定。

 ビッグウィークは2歳秋の新馬戦で8着に敗れたものの、その後は4戦連続で2着。3歳7月に待望の初勝利を挙げると、そこから3連勝を飾り、神戸新聞杯で3着に食い込んで優先出走権を得た菊花賞で、7番人気の低評価ながら好位から抜け出して快勝した。その後は低迷が続き、障害馬に転身。昨年7月に障害デビュー戦を制すると、続く昇級戦でも2着に好走して、クラシックホースが新天地が活躍する姿が話題になっていた。

史上2頭目!!菊花賞馬ビッグウィークが障害戦V 2013年7月14日() 05:03

 2010年の菊花賞ビッグウィーク(栗・長浜博、牡6)が13日、中京4Rの障害未勝利(芝3000メートル)で、障害初出走で白星をあげた。

 2番手追走から2周目の3コーナー手前で先頭に立つと、最後は後続に3馬身半差をつけ、菊花賞以来3年ぶりに先頭でゴールを駆け抜けた。GI級レース勝ち馬が障害レースを制したのは史上6頭目。そのうち菊花賞馬による勝利は1968年のダイコーター以来、45年ぶり2頭目だ。

 小坂騎手は「スピードまかせの飛越で、平地力だけで勝った。先頭に立ったら(真剣に走るのを)やめるので、上のクラスにいって速い馬がいた方がレースがしやすい。まだ上達の余地は残している」と語った。

[もっと見る]

菊花賞馬ビッグウィーク障害初戦でV! 2013年7月13日() 11:46

 2010年の菊花賞ビッグウィーク(栗東・長浜博之厩舎、牡6歳)が13日、中京4Rの障害未勝利戦を快勝。障害入り初戦を見事に勝利で飾った。

 菊花賞を制した後、故障の影響もあって低迷してきたビッグウィークは、新天地を求めて障害練習を重ね、見事に試験に合格。小坂忠士騎手とのコンビでジャンプ入りした。序盤は同じく平地オープンから障害入りしたエーシンダックマンの2番手を追走したが、2周目3コーナーでは先頭に立ち、そのまま押し切って2着に3馬身1/2差をつける完勝。勝ちタイムは3分21秒8(良)だった。

 平地GI級レース勝ち馬による障害入りは史上6頭目。近年では、ウインクリューガー(03年NHKマイルC勝ち馬)、ブゼンキャンドル(99年秋華賞勝ち馬)が、平地GIを制した後に障害入りしている。また、クラシックホースの障害入りは、ソールレディ(1939年桜花賞馬=障害5勝)、ダイコーター(1965年菊花賞馬=障害1勝)に次ぐ3例目。

 小坂騎手は「思ったよりレース前のテンションの高さがマシで、課題の折り合いもスムーズでした。ただ、跳びは不安定だし、平地の時と一緒で4角ではやめるところがありました。今回は平地力で押し切れましたけど、課題は多いですね」と辛口だったが、課題を多く残しながらも経験馬相手の勝利を飾る平地の脚力を評価していた。

★中京4Rの着順・払戻金はこちら

[もっと見る]

【京都金杯】ビッグウィークびっしり12秒32012年1月4日(水) 05:05

 2年ぶりにマイル戦に出走する一昨年の菊花賞ビッグウィークは、CWコースで単走。4ハロンからスタートし、一杯に追われてラスト1ハロン12秒3(4ハロン50秒4)をマーク。直線では鞍上のゴーサインにこたえて、力強く駆け抜けた。

 長浜調教師は「まだ追い出すと、頭が高くなっている。最近は折り合いがつかないと、最後はピタッと止まっていた。かからない距離を使ってみようと思って、ここにした。何かきっかけをつかんでくれれば」と復活に期待を込めた。

[もっと見る]

【次走報】ビッグウィーク毎日王冠で復帰2011年9月16日(金) 05:00

 ★…日経賞10着以来、右第3中手骨骨折で戦列を離れていた昨年の菊花賞ビッグウィーク(栗・長浜、牡4)は毎日王冠(10月9日、東京、GII、芝1800メートル)で復帰し、天皇賞・秋(10月30日、東京、GI、芝2000メートル)へ。

 ★…朝日チャレンジC7着ガンダーラ(栗・岩元、牡5)、京成杯AH10着ドモナラズ(栗・音無、牡6)、セントウルS15着シゲルキョクチョウ(栗・湯窪、牡3)は、いずれもポートアイランドS(10月2日、阪神、OP、芝1600メートル)に向かう。

 ★…目黒記念16着後、休養していたオウケンサクラ(栗・音無、牝4)は、府中牝馬S(10月16日、東京、GII、芝1800メートル)で復帰の予定。

[もっと見る]

【次走報】ビッグウィーク、天皇賞・秋へ2011年9月2日(金) 05:02

 ★…日経賞10着後、骨折休養していた昨年の菊花賞ビッグウィーク(栗・長浜、牡4)が8月31日に放牧先の北海道新ひだか町・カントリー牧場から帰厩。天皇賞・秋(10月30日、東京、GI、芝2000メートル)に向けて乗り込む。

 ★…ペルーサ(美・藤沢和、牡4)は、今月下旬に帰厩。横山典騎手で天皇賞へ直行。僚馬でNHKマイルC15着ダンスファンタジア(牝3)は、富士S(10月22日、東京、GIII、芝1600メートル)。脚部不安で約2年半休養のサトノコクオー(牡7)は、エルムS(19日、札幌、GIII、ダ1700メートル)で戦列に復帰。浦佐特別を勝ったラヴェルソナタ(牡3)は、セントライト記念(18日、中山、GII、芝2200メートル)へ。

 ★…キーンランドC4着ケイアイアストン(美・和田道、牡6)は、スプリンターズS(10月2日、中山、GI、芝1200メートル)へ。11着ガルボ(美・清水英、牡4)の目標はマイルCS(11月20日、京都、GI、芝1600メートル)。

 ★…長岡Sを勝ったニシノステディー(美・尾形、牝3)は、信越S(10月23日、新潟、OP、芝1200メートル)。

 

[もっと見る]

⇒もっと見る

ビッグウィークの関連コラム

閲覧 91ビュー コメント 0 ナイス 2

AMラジオ1242ニッポン放送の看板番組「徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー」の番組内で、午前7時の時報を合図にスタートする人気コーナー「勝負一発、徳さんの夢プレゼント」では、徳光さんが毎週12,000円を元手に馬券を購入し、これまでに合計25万円以上をリスナーにプレゼントしています。

このコーナーには、元巨人軍の代打の切り札として活躍した大道典嘉さんが、昨秋から「ウマニティ」にゲスト予想家として参戦すると同時に「とくモリ!」にレギュラー出演。大穴の徳光さんとの夢の馬券対決を繰り広げています!

大道さんは、元旦早々から的中を飛ばしたほか、アメリカジョッキークラブカップもズバリ本線的中させており、今週の予想にも注目が集まります。

さて、そんな代打・大道さんの今週の勝負予想は、日曜京都競馬場のメインレース「京都記念(G2)」です。

大道さんの予想は・・・、

京都記念(G2)「代打・大道」の勝負予想!============

○コメント
京都記念は◎3番ビッグウィーク、○4番ダノンシャンティ、▲12番ヒルノダムールの3頭を抜擢しました。

先週の京都は前が残るケースが頻発しましたので、ここも前に行けるビッグウィークに期待します。
ダノンシャンティはNHKマイルを勝ったG1馬に敬意を表しての対抗○。
▲は悩みましたが有力馬の中では唯一前走と同斤量56キロで走れる点で恵まれた分、ヒルノを3番手評価としました。
この3頭はいずれもジョッキーが調教をつけている点で間違いなく勝負気配でしょう。

調教師の花道を飾る意味でも今回は人気を集めすぎの感もある有馬記念3着の2番トゥザグローリー、1枠に入ってしまった追い込み馬オウケンブルースリは力を認めつつも押さえ評価まで。
他では、先行できる6番ロードオブザリング、騎手が調教をつけている8番ホワイトピグリムと11番のプロヴィナージュに注意。
過去10年牝馬は大苦戦しているレースだけに5番メイショウベルーガは無印とします。



■「代打・大道」馬券戦略=====================
◎3番ビッグウィーク、○4番ダノンシャンティ、▲12番ヒルノダムールの3頭で勝負です。3頭の3連複を本線に、3着付けで5頭を加えた3連複フォーメーションで馬券を組み立てます。


■「代打・大道」買い目=====================

☆3連複
3−4−12
(1点×2000円=合計2000円)

☆3連複フォーメーション
1着 3、4、12
2着 3、4、12
3着 1、2
(6点×各1000円=合計6000円)

☆3連複フォーメーション
1着 3、4、12
2着 3、4、12
3着 6、8、11
(9点×各200円=合計1800円)

合計=9,800円

一方、大穴予想・徳光さんの買い目は、いつもの通り3連単6頭ボックス。

☆3連単6頭ボックス
2、3、4、6、10、12
(120点×各100円)

買い目合計=12,000円



さあ、競馬に競艇なんでもOKの大穴・徳光さんの特大の一発がくるのか、はたまた野球だけでなく競馬予想でも高打率を叩き出している代打・大道がきっちりヒットを飛ばすのか!? どうぞご期待ください!

注目の一番京都記念(G2)」は、明日・日曜日15時35分の発走です!


登録済みの方はこちらからログイン

2011年2月9日(水) 23:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第100話京都記念(謎解き編)〜
閲覧 171ビュー コメント 0 ナイス 3

第100話 「京都記念

100話突破の記念号です。
当てたいです!

06年 36.4-61.1-36.0 =2.13.5 ▼4△1△13 平坦戦
07年 38.6-63.0-35.6 =2.17.2 ▼4▼2△12 平坦戦 稍重
08年 36.7-61.6-35.3 =2.13.6 ▼4△6△2 平坦戦
09年 36.1-62.5-36.0 =2.14.6 ▼3▼5△13 瞬発戦
10年 36.5-63.5-34.4 =2.14.4 ▼2▼3▼1 平坦戦

09年以外は全て平坦戦となっているがその09年とて最大加速が▼5の瞬発戦であり基本的には「ラスト4Fのロングスパート平坦戦」
先週のコラムでは画像を貼って説明しましたが結果はそれをあざ笑うかの様な(前半が速い)安田記念っぽい展開でした・・・。
ということで今週も貼ります、リベンジじゃ。
京都記念と比較したのは同コースで行われるエリザベス女王杯と1月に京都2400mで行われる日経新春杯です。
画像からも分かる通りテン緩く上がりが速いのが京都記念の特徴です。
つまり基本的には前有利です。
過去5年を見ても

06年 3着/7番人気 マーブルチーフ 4角2番手
08年 3着/11番人気 シルクフェイマス 4角1番手
09年 3着/9番人気 ヴィクトリー 4角1番手

と人気薄が馬券になるのは前残りなのです。
逆に言えば馬券になった残りの12頭は全て人気馬でした。
上がりの競馬になりやすいがラスト4Fのロングスパートで広い京都外回りコース。
人気馬が実力を発揮しやすい舞台と言えるでしょう。
ではその人気馬の中で優劣をつけるとすればどこがポイントになるかというと年齢と枠順です。

【年齢別成績】


4歳  4-0-0- 8 勝率33.3% 連対率33.3% 複勝率33.3%
5歳  1-0-1-14 勝率 6.3% 連対率 6.3% 複勝率12.5%
6歳  0-5-3-10 勝率 0.0% 連対率27.8% 複勝率44.4%
7歳〜 0-0-1-18 勝率 0.0% 連対率 0.0% 複勝率 5.3%

【枠順別成績】

1〜4枠 1-1-1-25 勝率3.6% 連対率 7.1% 複勝率10.7%
5〜8枠 4-4-4-37 勝率8.2% 連対率16.3% 複勝率24.5%

4歳馬と外枠が有利となっています。

今年は登録13頭と少頭数ですがメンバーの質はなかなか濃いです。
京都コース1-3-0-0と連対率100%の菊花賞ビッグウィーク、2-1-0-1と菊花賞以外は全て連対しているヒルノダムールの4歳馬2頭も有力と思えますが最も注目なのはやっぱりトゥザグローリー
中日新聞杯勝利に有馬僅差の3着と異例とも思える上昇度にロングスパート適性&先行力を共に兼ね備えている馬でしょう。
母のトゥザヴィクトリーは同コースのエリ女勝ち馬。
その母に外回り得意の父キンカメ・・・あとは秋5戦したダメージ次第ではないかと思います。
ここがクリア出来れば今週はリスポリJの出番でしょう。
いや、今週の重賞3つ全て外国人Jの可能性は結構高いかも・・・。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
トゥザグローリービッグウィークロードオブザリング


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2010年10月25日(月) 00:23 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第74話菊花賞(解決編)〜
閲覧 173ビュー コメント 0 ナイス 1

13.2-11.5-11.8-12.5-12.0-12.5-13.2-13.0-13.1-12.7-13.0-12.0-11.8-11.9-11.9=3.06.1
(36.5-63.2-50.8-35.6) ▼2△1±0 平坦戦

レース前から小雨が降り始めた影響もあったかもしれませんが走破時計の3.06.1は近年で最も遅い。
分かりやすく3Fずつに区切ったラップと近年の平均ラップを比較してみます。

【10年菊花賞
36.5-37.0-39.3-37.7-35.6 =3.06.1

菊花賞平均】
36.0-36.0-38.9-37.7-35.7 =3.04.3

後半の6Fは例年並みの速さとなっています。
なので時計の遅さは前半が要因です。
とりわけ第2ブロックの1週目の4コーナー〜1コーナーまでの区間が遅いです。
それでいて見た目のレース展開は例年と変わらない大逃げテイストなので2番手以降の馬達はかなりのスローペースだったと言えます。
この世代は底力ラップで逃げ切れる強い逃げ馬が不在でダービーも神戸新聞杯も超スローペースが続きました。
成績上位の馬達がそういう展開に慣れてしまっていたというのが要因だと思います。
それともう1点(>こちらの方が重要かな)
番手追走のビッグウィーク@川田Jが溜めに専念したため蓋をする格好となってしまったのも大きかったでしょう。

例年よりも走破時計が遅いのでレースレベルが低いという単純なものではなく今年は「例年に比べてスタミナが問われず瞬発力と位置取りで着順が決まったレース」だったと思われます。
但し、これは馬場状態が例年と同等だった場合の話しで小雨の影響で良馬場とはいえ滑りやすい馬場だったとするならばスタミナが問われたレースだったかもしれません
その象徴となる数字が各馬の上がり。
最下位のカミダノミは1頭だけ36秒台、逃げたコスモラピュタが35秒台でこの2頭以外の馬全て34秒以下で走破しています。
上がり最速が34〜35秒というのが定番なのでレース質の違いが分かるでしょう。

勝ったビッグウィークは決して弱い馬だとは思いませんが今回のレースはハマッタ感あり。
個人的には馬の能力評価は次走に持ち越しと考えます。
それよりもレース後の川田JのスプリンターズSでの謝罪が印象的でした。
昔、広島カープの前田智徳選手がセンターライナーを突っ込んで捕球しようとしたのですが後逸してしまいランニングホームランを許してしまったことがありました。
このせいで北別府投手の勝ちを消してしまったのですが、その後自ら決勝ホームランを叩き込んで泣きながらベースを回った姿をふと思い出してしまいました。
自分のミスは自分で返す、『男』ですね。

2着に負けはしましたが内容的に最も強かったのはローズキングダム
全く悲観する内容ではないでしょう。
ちょっと気になったのはレース後の武豊Jのコメント。
「ちょっと4コーナーでモタついて、反応が悪くて内にモタれてしまったのが誤算でした」
とのことでこれを聞いてしまうと有馬では買いづらい。

不完全燃焼だったのは4着のレーヴドリアン
結局のところ内枠が仇となってしまいました。
動きたかった3コーナーでトウカイメロディが外に張り付いていたので動けなかったですね。
いつも出脚の遅い馬が今日は好スタートを切れたこともあって馬自体は前進してると思います。
エンジン掛かるのが遅い馬なので好走可能なレースの幅は狭そうですけど。

ここから古馬との対戦に突入する訳ですがこの世代はまず速いペースでの対応力というのがポイントになりそうな気がします。
JCならば特にそうなると思います。


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2010年10月24日() 16:44 【ウマニティ】
【馬券対決!】徳光和夫vs河内一秀、 菊花賞対決の結果発表!
閲覧 76ビュー コメント 0 ナイス 1

ニッポン放送「徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー」の番組内で行われている徳光和夫さんと河内一秀、プロの馬券対決!

対戦レース「菊花賞」の結果が出ました!

1着  6番 ビッグウィーク
2着 10番 ローズキングダム
3着  12番 ビートブラック



▼徳光さんの買い目
1、7、10、12、15、16の3連単6頭BOX
各100円×120点
合計12,000円


払戻 0円

1着の6番ビッグウィークが抜けて・・・惜しい!


▼河内プロの買い目

馬単10→1,3,15,2
各3,000円×4点
合計12,000円


払戻 0円

本命◎ローズキングダムが2着に敗れて、馬券も完敗!


今週は両者とも残念な結果に終わりましたが、来週はいよいよ天皇賞ウィーク!

果たして徳光さんは天皇賞を対決レースに指名するのか?!

来週もお楽しみに!


関東地方にお住まいの方は是非ニッポン放送1242またはradiko.jpでチェックしてください!(毎週土曜日朝7時頃)

[もっと見る]

2010年9月27日(月) 00:48 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第66話神戸新聞杯(解決編)〜
閲覧 153ビュー コメント 0 ナイス 2

13.0-11.5-13.2-12.9-12.5-12.2-12.7-12.1-12.0-11.6-10.6-11.6=2.25.9
(37.7-37.6-36.8-33.8) ▼4▼10△10 瞬発戦

「これダービー?」
というぐらい今年のダービーテイストたっぷりの神戸新聞杯でした。
簡単に言えば超スローの瞬発戦です。
「謎解き編」では鍵を握るのは第3ブロックの流れと書きましたが、いやはやとんでもない。
前半1200m(第1&第2ブロック)の時計が遅すぎて全く見当違いになってしまいました。

ハナを切ったのは大方の予想通りビッグウィーク
しかし、近走のレース振りとは一変。
距離延長、阪神外回りを意識してということでしょうか。
超スローペースでの逃げとなりました。
騎乗した川田Jですが重賞で逃げると比較的スローに落とす傾向にあります。
08年の皐月賞でスローペースをキャプテントゥーレで逃げ切ったのが影響してるかもしれませんね。
今年の京都記念ホクトスルタン)や毎日杯(シャイニーナイト)などもスロー逃げでした。
実際、人気よりも着順の方が上なので駄目な騎乗とは言えないでしょう。
今年の皐月賞ではゴールデンチケットに騎乗してハイペース逃げも存在するので必ずスローという訳ではありません。
それでも川田Jが逃げそうな時はスロー想定の比重を高くしてもいいかも。

レースは前半1000mを過ぎた辺りでこのスローペースに業を煮やしたかネオヴァンドームビッグウィークを交わしてハナに立ちます。
注目のダービー1、2着馬エイシンフラッシュローズキングダムは先頭から5〜6馬身離れて同じ様な位置を追走。
残り1000mとなりようやくジワリとペースが上がりますがそれでも12秒台のラップ。
おかげで4コーナー回った時点で前と後ろの差がほとんどない団子状態、「いざ瞬発力勝負へ」。

この展開になればダービーでヴィクトワールピサに1馬身3/4差を付けてワンツーとなった2頭が当たり前の様に突き抜けます。
違ったのはダービーの時とは着順が逆。
クビ差でダービー2着となったローズキングダムが今回はクビ差で勝利となりました。

ダービーでのレースの上がりが33.4秒、神戸新聞杯が33.8秒。
これがこのレース質そのものを示しています。
「溜めに溜めたらどれだけ弾けるの?」
というレースです。
なので1、2着馬の評価は春終了時点から全く変わらないことになります。
但し、ローズキングダムが今回馬体重が+22kgでの出走となりました。
春の出走時は2歳時よりも馬体重が減っていた状態でしたが秋になってこちらの方が成長したかもしれません。
エイシンフラッシュはダービー時と同じ馬体重での出走でした)

さて菊花賞ですが、東のトライアルであるセントライト記念と全く異なる流れの前哨戦となりました。
この2組が集う本番はどうなってしまうのでしょうか。
ヤマニンエルブがいるだけにスローペースになるとは思えません。
神戸新聞杯組は締まった展開になってどうかというのが課題でしょう。
「底力とスタミナ」のセントライト記念組 vs 「折り合いと瞬発力」の神戸新聞杯
という構図になるかと思われます。
それにトライアルを使わなかったトウカイメロディもこれに加えなければいけないでしょう。
そして、ペルーサは?やはり秋天なのかな。
とにかく本番が楽しみになってきました。


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

ビッグウィークの口コミ


口コミ一覧
閲覧 212ビュー コメント 0 ナイス 7

重賞未勝利馬がいきなり大舞台!菊花賞を勝利(^^)/

そんなドラマは!?

それが意外に多いみたいです〜

過去10年でも初重賞Vが菊花賞になった馬が実に4頭もいます☆4割!!40パーセント!!!

オウケンブルースリ・スリーロールス・ビッグウィーク・トーホウジャッカル(^^♪

その中でオウケンブルースリとビッグウィークとトーホウジャッカルは神戸新聞杯3着からの巻き返し☆☆

今年の菊花賞も超混戦模様☆(台風の影響もあって超超混戦模様かな〜〜)

今年の神戸新聞杯3着馬はサトノアーサー(^^♪

データー的には面白い存在になってくれそうです(*^-^*)

 ユウキ先生 2014年5月23日(金) 20:30
☆ビッグウィークおつかれさまでした(*^_^*)☆
閲覧 11ビュー コメント 0 ナイス 5

2010年の菊花賞馬・ビッグウィークが引退し、今後は京都産業大学で乗馬となる予定だそうです。

神戸新聞杯3着からの菊花賞制覇にはビックリさせられました☆

ホントおつかれさまでした

[もっと見る]

 Hideki.S 2010年10月24日() 22:47
菊花賞(2010)回顧。運命の4角での悲喜こもごも。
閲覧 8ビュー コメント 8 ナイス 10

菊花賞(2010) ビッグウィーク 3:06.1
13.2-11.5-11.8-12.5-12.0-12.5-13.2-13.0-13.1-12.7-13.0-12.0-11.8-11.9-11.9(JRA)

こう
きましたか…
う〜ん。

中段にあれだけ13秒台が並ぶと
実は逃げた馬はロングスパートの
率先した役目を強いられるので
逆に厳しくなる。

そうなると
後続集団の先頭に位置づけた
2番手3番手が有利にはなる。
その位置からヨーイドンだからだ。

だからといって
勝ったビッグウィークの菊花賞馬と
しての称号を展開の利だったとは
言えないのは4コーナー直線を向いて
ビートブラック以下を3馬身突き放した場面。

その「突き放し」のパフォーマンスで
押し切った内容は
現状のスピード、スタミナとしての
能力上位の証になるものだと思う。

ビートブラックは惜しかった。
直線を向いた時に外に寄れてしまった。

そしてローズキングダム。
武豊騎手は「直線内にもたれていた。」
という事態を明かす。
確かに終始追いづらそうな直線ではあったが。
これも運の無さなのか。

トウカイメロディ。
距離的な実績は他馬を上回っていたので
スタート直後は意外な位置取り。
何かもったいなかったような印象。

ヒルノダムールはスムーズに
外へ出すタイミングを逸した。
ヨーイドンだから左右の動きは
命取りになる。

長距離も難しいな…
いや〜まいった。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ビッグウィークの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
     フォロワー:0人 2010年7月14日(水) 20:24:23
7・10 良いメンバーの中好走続け、ようやく勝ち上がる。
次走500万でも。

ビッグウィークの写真

投稿写真はありません。

ビッグウィークの厩舎情報 VIP

2013年10月6日障害3歳以上オープン5着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ビッグウィークの取材メモ VIP

2013年10月6日 障害3歳以上オープン 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。