トーセンジョーダン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
トーセンジョーダン
写真一覧
抹消  鹿毛 2006年2月4日生
調教師池江泰寿(栗東)
馬主島川 隆哉
生産者ノーザンファーム
生産地早来町
戦績30戦[9-4-2-15]
総賞金70,506万円
収得賞金26,950万円
英字表記Tosen Jordan
血統 ジャングルポケット
血統 ][ 産駒 ]
トニービン
ダンスチャーマー
エヴリウィスパー
血統 ][ 産駒 ]
ノーザンテースト
クラフテイワイフ
兄弟 ダークメッセージトーセンホマレボシ
前走 2014/11/30 ジャパンカップ G1
次走予定

トーセンジョーダンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
14/11/30 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 18611169.91614** 牡8 57.0 P.ブドー池江泰寿480(0)2.26.0 2.937.6⑤⑤⑤⑤エピファネイア
14/11/02 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 18816139.61717** 牡8 58.0 P.ブドー池江泰寿480(-10)2.00.7 1.035.1⑩⑧⑥スピルバーグ
14/06/29 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 126867.21110** 牡8 58.0 内田博幸池江泰寿490(-4)2.15.3 1.436.1⑩⑩⑨⑨ゴールドシップ
14/06/07 阪神 11 鳴尾記念 G3 芝2000 12118.348** 牡8 57.0 内田博幸池江泰寿494(+12)1.59.6 0.535.0⑦⑥⑥⑦エアソミュール
13/12/22 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 1681624.8514** 牡7 57.0 内田博幸池江泰寿482(+2)2.35.8 3.539.9⑥⑥オルフェーヴル
13/11/24 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 1735100.3113** 牡7 57.0 W.ビュイ池江泰寿480(+4)2.26.1 0.034.1ジェンティルドンナ
13/10/27 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 1751059.71011** 牡7 58.0 I.メンデ池江泰寿476(-18)1.59.8 2.337.0⑧⑥⑦ジャスタウェイ
13/08/18 函館 11 札幌記念 G2 芝2000 163510.2413** 牡7 57.0 戸崎圭太池江泰寿494(+10)2.11.7 5.242.9⑮⑬⑨⑩トウケイヘイロー
12/11/25 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 1781655.6106** 牡6 57.0 C.スミヨ池江泰寿484(+6)2.23.9 0.833.8ジェンティルドンナ
12/10/28 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 1871520.0713** 牡6 58.0 C.スミヨ池江泰寿478(0)1.58.7 1.434.5⑫⑫⑫エイシンフラッシュ
12/04/29 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 1881610.232** 牡6 58.0 岩田康誠池江泰寿478(-4)3.14.5 0.734.0⑦⑦⑦⑤ビートブラック
12/04/01 阪神 11 産経大阪杯 G2 芝2000 12224.523** 牡6 58.0 岩田康誠池江泰寿482(0)2.05.8 0.335.6ショウナンマイティ
11/12/25 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 146109.235** 牡5 57.0 C.ウィリ池江泰寿482(+4)2.36.3 0.333.9オルフェーヴル
11/11/27 東京 10 ジャパンC G1 芝2400 1681614.162** 牡5 57.0 C.ウィリ池江泰寿478(0)2.24.2 0.034.3ブエナビスタ
11/10/30 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 1861233.371** 牡5 58.0 N.ピンナ池江泰寿478(-8)1.56.1 -0.134.2⑪⑩⑪ダークシャドウ
11/08/21 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 138133.011** 牡5 57.0 福永祐一池江泰寿486(+4)2.00.4 -0.034.5アクシオン
11/06/26 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 1671345.999** 牡5 58.0 N.ピンナ池江泰寿482(-2)2.11.2 1.135.2⑬⑬⑭⑬アーネストリー
11/03/20 阪神 11 阪神大賞典 G2 芝3000 14711----** 牡5 58.0 内田博幸池江泰寿---- ------ナムラクレセント
11/01/23 中山 11 AJCC G2 芝2200 11661.911** 牡5 58.0 内田博幸池江泰寿484(-6)2.14.2 -0.134.7⑤⑤④ミヤビランベリ
10/12/26 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 162420.075** 牡4 57.0 三浦皇成池江泰寿490(+10)2.32.9 0.334.9ヴィクトワールピサ

⇒もっと見る


トーセンジョーダンの関連ニュース

関連ニュースはありません。

トーセンジョーダンの関連コラム

関連コラムはありません。

トーセンジョーダンの口コミ


口コミ一覧
閲覧 165ビュー コメント 0 ナイス 8

≪攻略ポイント≫【ジャパンカップ】国際G掬豕芝2400m

1番人気【4-3-3-2】例外は外国馬のデインドリームと一昨年のジェンティルドンナ
※国内牡馬が1番人気なら“100%馬券内”天皇賞秋と同じ条件
2番人気【1-3-2-6】馬券内50%
1−2番人気からの3連複で半分の年は当たってしまうだけに過度の穴狙いは避けるべき(。-_-。) 

≪好走条件≫
○過去12年3着以内に入った国内馬34頭中『25頭はG汽Εナー』他7頭もG機庁加綏亳海△
○東京コースでのG杵対歴
○前走がG吃蕕韻任癲■価前が大事☆34頭中31頭が4番人気以内4着以内
○前走・前々走ともに上がり3F3位以内の馬(31頭中18頭)
○外国人騎手、近11年必ず1人は馬券絡み
○単勝2.9倍未満【2-2-2-0】

≪凡走条件≫
・前走2ケタ着順【例外はトーセンジョーダンと昨年のラストインパクト】※リピーター&ムーア
・ 銑ゾ絨命裕い隆愿貲蓮0-0-0-7】ゼンノロブロイ以降全滅、狙うなら人気薄の関東馬
・前走ト嵜裕ぐ焚爾脳〕できなかった馬(2着以降)【0-1-2-58】
・人気以下【0-0-2-76】
・外国馬【1-0-1-46】※2007年以降は馬券内ナシ

≪年齢≫
3歳馬【2-3-2-24】3着以内22.6%
4歳馬【6-3-2-36】3着以内23.4%
5歳馬【2-3-4-36】3着以内20.0%
6歳馬【0-1-0-22】3着以内4.3%
7歳以上【0-0-2-20】3着以内9.1%

≪ジョッキー≫
・36頭中、日本騎手19頭、外人騎手17頭(確率的には外人騎手が圧倒的)
・36頭中、乗り替わり19頭(うち13頭が外人騎手)
・平成12年・昨年以外、前年のリーディングベスト3の騎手誰かが翌年のジャパンカップで3着以内
☆戸崎・福永・デムーロに注目

≪オカルト≫
・4枠が「死に番」【0-0-2-22】連対無く、結構人気馬でも2ケタ着順に沈没、

【傾向】
上にも書いたが、ジョッキーも外国人騎手が半分の3着以内を占め、
日本勢も前年のリーディング3位までの者が活躍するなど
過去12年の上位馬に跨るジョッキーも錚々たるメンバー。
鞍上の力量が左右するレースでもある。

『なぜ外国人騎手が強いのか!?』

「外国人騎手は競馬は前にいる馬が有利」という理念がある。日本の競馬場と違い、
海外では『直線一気』などという競馬はあまり存在しない。このジャンカップにおいても
トーセンジョーダン3番手、ポックロック5番手、ヴィクトワールピサ2番手など
日本人騎手がそれまで差しで乗ってきた馬を前で競馬をして馬券内に入ったものが多い。
ディープインパクトが7番手からの勝利のように、過去12年4角10番手以降からの差しで
勝利した馬は昨年のショウナンパンドラただ1頭☆////
日本人騎手が馬の力を信じて「いつものように乗る」では勝てないレース(^_^;)

≪条件面からの絞り込み≫
・前走ト嵜裕ぐ焚爾脳〕できなかった馬(2着以降)【0-1-2-58】の項目が効いて
マイナス材料の無い連対対象馬は
☆キタサンブラック≪G汽Εナー≫
☆ディーマジェスティ≪G汽Εナー≫
☆ルージュバック≪○東京G杵対≫
・トーセンバジル
プラス日本短期免許経験アリの外人騎手
・リアルスティール(外人→外人)≪○東京G杵対≫
・レインボーライン(日本人→外人)≪G杵対≫
・サウンズオブアース(継続)≪G杵対≫
・ナイトフラワー(継続)


※〔その2〕では能力面・ステップレースによる共通点の記事にします

////////////
サイト:【馬券Aエースの≪超抜≫競馬】|馬指数・坂路調教・重賞攻略
http://relax-myodani.jp 馬券Aで〔検索〕も可

※「永久会員」の登録はあと1ヶ月で締め切ります
人気馬を疑い、穴馬の「根拠」を見いだせる予想アイテム
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 グリーンセンスセラ 2016年11月20日() 17:55
ジャパンCは騎手世界戦 
閲覧 42ビュー コメント 0 ナイス 3

「日本の武豊VS世界のR.ムーア」今年のジャパンC(G1)は、馬よりも「騎手」による世界との戦いだ!━ Gambling Journal ギャンブルジャーナル/2016年11月20日 09時00分00秒

 27日に東京競馬場で行われるジャパンC(G1、芝2400m)には、今年最も充実した豪華メンバーが集結した。

 今や、年末の有馬記念以上の強豪が集うことも珍しくなくなったジャパンCだが、今年は特にタレントが揃った印象だ。ここ5年で牝馬が4勝するなど、まるで凱旋門賞のような傾向となっているジャパンCだが、今年は牡馬勢の巻き返しが見られるのだろうか。

 牝馬が強いレースだが、今年の中心は武豊騎手が主戦を務めるキタサンブラック(牡4歳、栗東・清水久詞厩舎)だろう。

 今春の天皇賞(G1)で、昨年の菊花賞(G1)に続く2つ目のG1制覇を飾ったキタサンブラック。続く宝塚記念(G1)は3着に敗れたものの、ハイペースを最後まで粘り通した走りは、この馬の評価をさらに高めることとなった。

 前走の京都大賞典(G2)は本馬にとって意外にもキャリア初の1番人気で迎えるレースとなったが、まったく問題にせずに完勝。単勝1.8倍に応えた。今回はG1で初の1番人気になる可能性も十分だ。

 昨年9月のセントライト記念(G2)以来、馬券圏内を外していないキタサンブラックだが、懸念があるとすれば、12戦のキャリアで唯一馬券圏内を外して14着に大敗した日本ダービー(G1)以来の東京2400mということか。勝てば年度代表馬も見えてくるだけに、ここは進化した姿を示したいところだ。

 父仔制覇の懸かるゴールドアクター(牡5歳、美浦・中川公成厩舎)は、昨年の有馬記念(G1)でキタサンブラックに完勝している存在だ。

 昨年のアルゼンチン共和国杯(G2)で父スクリーンヒーローとの父仔制覇を達成すると、父はジャパンCで連勝を飾ったが、息子は調整の都合で有馬記念に進んで制した。そういった意味では、今年は"忘れ物"を取りに来たということになる。

 昨年の有馬記念を勝った後は、今年4月の日経賞(G2)を完勝しながらも、天皇賞・春では1番人気に推されながらも12着大敗。巻き返しが期待されるこの秋はオールカマー(G2)から始動して、マリアライトとのグランプリホース対決を制した。

 最近は中山で良績が集中しているため東京を不安視する向きもあるが、昨秋は東京2400mのオクトーバーS(1600万下)とアルゼンチン共和国杯を連勝。直線の長いコースにも問題なく対応できるはずだ。

 天皇賞・秋(G1)で2着したリアルスティール(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)は、叩き2走目でさらに調子を上げてくるはずだ。

今年はドバイターフ(首G1)を勝ちG1初制覇を海外で飾ると、惜敗続きにも終止符を打った。しかし、その勢いで挑んだ安田記念(G1)では折り合いを欠いて11着に大敗。秋も調整が遅れて前哨戦の毎日王冠(G2)をパスするアクシデントがあったが、本番で勝ったモーリスに食らいついて、見事復調を果たした。

 こうなるとフレッシュな状態で戦える分、逆に毎日王冠を使えなかったことが活きてくる。

 さらに強烈な追い風になっているのが、世界No.1騎手と名高いR.ムーア騎手を確保できたことだろう。この騎手が如何に優れているのかは、天皇賞・秋で負かされたモーリスの鞍上だったことからも陣営が最もよく理解している。「昨日の敵は今日の友」ではないが、陣営にとってこれ以上、心強い"助っ人"もいないだろう。

「勢い」という点で最も警戒すべきなのが、アルゼンチン共和国杯を勝ってきたシュヴァルグラン(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)ではないだろうか。

 昨年のクラシックにこそ縁がなかったものの、ひと夏を越して急激に力を付けたシュヴァルグラン。条件戦を楽に勝ち上がり、今年は阪神大賞典(G2)を勝つなど充実したシーズンを送っている。

 春の天皇賞で3着とG1でも通用する力を示し、この秋は始動戦のアルゼンチン共和国杯を完勝。ここ10年でアドマイヤジュピタ、スクリーンヒーロー、トーセンジョーダン、ゴールドアクターという4頭のG1馬を送り出している出世レースで弾みをつけてきた格好だ。

今年はドバイターフ(首G1)を勝ちG1初制覇を海外で飾ると、惜敗続きにも終止符を打った。しかし、その勢いで挑んだ安田記念(G1)では折り合いを欠いて11着に大敗。秋も調整が遅れて前哨戦の毎日王冠(G2)をパスするアクシデントがあったが、本番で勝ったモーリスに食らいついて、見事復調を果たした。

 こうなるとフレッシュな状態で戦える分、逆に毎日王冠を使えなかったことが活きてくる。

 さらに強烈な追い風になっているのが、世界No.1騎手と名高いR.ムーア騎手を確保できたことだろう。この騎手が如何に優れているのかは、天皇賞・秋で負かされたモーリスの鞍上だったことからも陣営が最もよく理解している。「昨日の敵は今日の友」ではないが、陣営にとってこれ以上、心強い"助っ人"もいないだろう。

「勢い」という点で最も警戒すべきなのが、アルゼンチン共和国杯を勝ってきたシュヴァルグラン(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)ではないだろうか。

 昨年のクラシックにこそ縁がなかったものの、ひと夏を越して急激に力を付けたシュヴァルグラン。条件戦を楽に勝ち上がり、今年は阪神大賞典(G2)を勝つなど充実したシーズンを送っている。

 春の天皇賞で3着とG1でも通用する力を示し、この秋は始動戦のアルゼンチン共和国杯を完勝。ここ10年でアドマイヤジュピタ、スクリーンヒーロー、トーセンジョーダン、ゴールドアクターという4頭のG1馬を送り出している出世レースで弾みをつけてきた格好だ。

[もっと見る]

 やすの競馬総合病院 2016年10月25日(火) 20:53
天皇賞秋の過去5年の1着馬の傾向の巻
閲覧 79ビュー コメント 0 ナイス 4

☆天皇賞秋の過去5年の1着馬の傾向☆
過去5年の1着馬
2015年1着ラブリーデイ
2014年1着スピルバーグ
2013年1着ジャスタウェイ
2012年1着エイシンフラッシュ
2011年1着トーセンジョーダン
2000mだけでなく、2200m以上の重賞やGIでも好走できてる馬が多いですね。
同じ2000mをこなせる馬でも、1600m〜2000mが守備範囲でスピードある馬よりは、2000〜2500mで天皇賞・JC・有馬記念も守備範囲っていうスタミナある馬の方がよさそう。

過去5年の1着馬の前走と着順
2015年京都大賞典(1着)
2014年毎日王冠(3着)
2013年毎日王冠(2着)
2012年毎日王冠(9着)
2011年札幌記念(1着)
過去5年の1着馬は全て前走で夏か秋のGIIに出走してるんで、前走がGIII以下の馬は天皇賞秋を勝つには格的に少し足りないのかも?
GIIの中でも毎日王冠組が過去5年で3勝と成績優秀やし、前走が毎日王冠以外のGIIからだと1着馬しか勝ってないから、基本的には毎日王冠組が優先で、札幌記念・京都大賞典の1着馬も警戒しておくって感じでいいのかな。
あと、過去5年で3ヶ月以上の休み明けで出走してくる馬は勝ち切れてないんで休み明けの馬は少し評価下げておいていいぐらいかも。
過去5年で前走でGIに出走してた馬が勝ってないのは、前走がGIで格的には十分足りてるけど、前走が宝塚記念だと3ヶ月以上の休み明けになっちゃうからでしょうね。

過去5年の勝ち時計
2015年:1.58.4(良)
2014年:1.59.7(良)
2013年:1.57.5(良)
2012年:1.57.3(良)
2011年:1.56.1(良)
ここ2年は勝ち時計が2011〜2013年ほど速くないとはいえ、去年でも1分58秒4ですからね〜。
1分58台前半の決着に対応できるぐらいの軽快さがないと辛いのかも?

過去5年のレースの上がり3F
2015年:34.0(良)
2014年:34.6(良)
2013年:35.3(良)
2012年:36.6(良)
2011年:35.8(良)
瞬発力勝負も持久力勝負もあるんで、今年の展開がどうなるかわからないけど、ここ2年は瞬発力勝負になってるし、今年みたいに18頭に満たないケースだと例年以上に瞬発力勝負になりやすいかもしれませんね。
2012年なんかはレースの上がり3Fだけ見たら持久力勝負ですけど、逃げたシルポートが上がり3F37.9ってだけで、2番手追走のカレンブラックヒルは上がり3F34.5なんで実質的には瞬発力の方が要求されるレースにでした。

過去5年の1着馬の道中の位置取り
2015年:(4→4→4)(18頭立て・良)
2014年:(13→14→12)(18頭立て・良)
2013年:(11→10→9)(17頭立て・良)
2012年:(11→12→12)(18頭立て・良)
2011年:(11→10→11)(18頭立て・良)
直線長いコースというのもあってか、展開にあまり関係なく、去年以外は中団よりも後方の位置でじっくり競馬してる馬が勝ってますね。

過去5年の1着馬の上がり3F
2015年:33.7(良)
2014年:33.7(良)
2013年:34.6(良)
2012年:33.1(良)
2011年:34.2(良)
過去5年の1着馬5頭中3頭がメンバー中1位の上がり3F、1頭がメンバー中2位の上がり3Fで1着なんで、展開に関係なくメンバー中で上位の速い上がり3Fを出せる瞬発力の質が高い馬を優先的に狙っていく方がよさそう。
去年みたいにレースの上がり3Fが34.0ぐらいまで速くなっちゃうと、中団〜後方からメンバー中で1・2位の上がり3Fを出した馬でも差し届かなかったりしますが・・・。

過去5年の1着馬の血統
2015年:父キングカメハメハ(良)
2014年:父ディープインパクト(良)
2013年:父ハーツクライ(良)
2012年:父King's Best(良)
2011年:父ジャングルポケット(良)
GI馬をよく輩出してる種牡馬の産駒がよさそうな感じはするかな。
ここ2年なんか特にそんな感じですね。

過去5年の1着馬の年齢
2015年:5歳(良)
2014年:5歳(良)
2013年:4歳(良)
2012年:5歳(良)
2011年:5歳(良)
過去5年で5歳が4勝、4歳が1勝。
若い3歳馬だとまだ勝ち切るには力不足で、ピークを過ぎている6歳以上だと勝ち切るのは辛いというぐらい能力の高さが問われるGIってことなのかもしれません。

過去5年の1着馬の性別
牡馬:5頭
牝馬:0頭
過去5年だとジェンティルドンナの2年連続2着(2013年・2014年)が最高なんで、基本的には牡馬を優先した方がよさそう。
まあ、ジェンティルドンナの場合は宝塚記念の休み明けで天皇賞秋を使って大目標はJCっていうのがあったんで、天皇賞秋を目標に仕上げてきた牝馬なら話は別かもですが・・・。
過去10年以内で天皇賞秋を勝った牝馬というとブエナビスタ、ウオッカなんで牝馬が勝つというのは非常にハードルは高そうですね。

過去5年の1着馬の枠順
2015年:4枠(良)
2014年:2枠(良)
2013年:4枠(良)
2012年:6枠(良)
2011年:6枠(良)
外枠引いてしまうと不利なコースなんで7・8枠の勝ち馬いないのは納得ですけど、後方からの馬でも勝ち負けできるレースだけあってか、逃げ・先行馬じゃなければ6枠でも勝てるし、今年は頭数も18頭のフルゲートじゃないから枠順はあまり関係ないのかな?

過去5年の1着馬の単勝人気
2015年:1番人気(良)
2014年:5番人気(良)
2013年:5番人気(良)
2012年:5番人気(良)
2011年:7番人気(良)
過去5年で5番人気馬が3勝と強いのに、1番人気馬は1勝のみ。
2・3番人気馬なんて過去10年まで遡っても0勝ですからね〜。
上位人気馬は単勝的にはアテにならないです。

天皇賞秋の過去5年の1着馬の傾向のまとめ
前走:1着馬5頭中、毎日王冠組が3勝
展開:どちらかいうと瞬発力勝負になりやすい傾向。
脚質:1着馬5頭中、4コーナー9〜12番手の馬が4頭。
血統:GI馬をよく輩出してる種牡馬の産駒がよさそう。
枠順:1着馬5頭中、枠が頭、枠が頭。 (7・8枠の1着なし)
年齢:1着馬5頭中、5歳が4頭。 (3歳馬、6歳以上の1着なし)
性別:1着馬5頭中、牡馬が5頭。
人気:1着馬5頭中、5番人気馬が3勝。
こんなところかな。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
先週のブラジルCでミツバと横山典が大逃げから1着でしたね〜。

あのレースをもし、サッカー解説の松木さんが解説してたら、ミツバが1頭大逃げした時に、
「おい!16番のミツバに誰か1人行かなきゃだめだ!誰か1人行かないと!」と解説してたかもしれませんね。(笑)

[もっと見る]

⇒もっと見る

トーセンジョーダンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
7:
  ヨッシー   フォロワー:3人 2013年12月26日(木) 20:37:17
11月22日次走注意
6:
  ☆まんでがん   フォロワー:5人 2011年6月22日(水) 06:41:30
肌クラフティワイフの血筋。
活力は屈指
5:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2009年2月17日(火) 07:49:40
【共同通信杯(GIII)】(東京)〜ブレイクランアウト 人気に応えて完勝

レース後のコメント

2着 トーセンジョーダン(松岡騎手)
「前の馬がフラフラして直線で狭くなってしまったけど、よく2着まで盛り返してくれました。乗り味は相当いいし、地力があります」




ジョーダン不利克服して2着/共同通信杯
<共同通信杯>◇8日=東京◇G3◇芝1800メートル◇3歳◇出走15頭
 4連勝を狙ったトーセンジョーダン(牡3、栗東・池江泰寿)は、不利をはね返して2着に入った。直線半ばで逃げた馬が下がった時に、外からも寄られて窮屈になる場面があった。そこから再び脚を伸ばしての結果に「あれでも最後は盛り返してくるんだから力がある。乗り味もすごくいいよ」と、松岡騎手は勝負根性を絶賛した。
 皐月賞へ直行するか、もう1回使うかは様子を見て決められる。

⇒もっと見る

トーセンジョーダンの写真

トーセンジョーダン

トーセンジョーダンの厩舎情報 VIP

2014年11月30日ジャパンカップ G114着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

トーセンジョーダンの取材メモ VIP

2014年11月30日 ジャパンカップ G1 14着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。