注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ダークシャドウ(競走馬)

注目ホース
ダークシャドウ
写真一覧
抹消  栗毛 2007年2月17日生
調教師堀宣行(美浦)
馬主飯塚 知一
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績27戦[5-6-1-15]
総賞金37,526万円
収得賞金11,625万円
英字表記Dark Shadow
血統 ダンスインザダーク
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ダンシングキイ
マチカネハツシマダ
血統 ][ 産駒 ]
Private Account
Yousefia
兄弟 アールプロセスユノナゲット
前走 2015/01/25 アメリカジョッキーC G2
次走予定

ダークシャドウの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
15/01/25 中山 11 AJCC G2 芝2200 171149.3910** 牡8 56.0 F.ベリー堀宣行516(+10)2.14.2 0.634.5⑧⑨⑧⑦クリールカイザー
14/12/06 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 1781724.486** 牡7 56.0 R.ムーア堀宣行506(-4)1.59.4 0.634.7⑯⑯⑮⑬ラストインパクト
14/11/02 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 183688.11210** 牡7 58.0 F.ベリー堀宣行510(+2)2.00.2 0.534.4⑥⑧⑨スピルバーグ
14/10/12 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 157128.2412** 牡7 56.0 F.ベリー堀宣行508(-6)1.45.8 0.633.9⑨⑦⑧エアソミュール
14/07/20 函館 11 函館記念 G3 芝2000 165913.782** 牡7 58.0 N.ローウ堀宣行514(-2)2.00.2 0.136.3⑪⑨⑦⑦ラブイズブーシェ
14/06/15 東京 11 エプソムC G3 芝1800 172417.783** 牡7 59.0 戸崎圭太堀宣行516(-4)1.46.4 0.233.7⑧⑩⑩ディサイファ
14/03/02 中山 11 中山記念 G2 芝1800 152355.81211** 牡7 56.0 内田博幸堀宣行520(+16)1.51.1 1.336.7⑭⑭⑮⑪ジャスタウェイ
13/11/17 京都 11 マイルCS G1 芝1600 1871519.7916** 牡6 57.0 R.ムーア堀宣行504(-10)1.34.0 1.635.0⑫⑭トーセンラー
13/10/06 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 11116.735** 牡6 56.0 戸崎圭太堀宣行514(+2)1.47.1 0.432.8⑤⑦⑦エイシンフラッシュ
13/06/02 東京 11 安田記念 G1 芝1600 186127.756** 牡6 58.0 戸崎圭太堀宣行512(+8)1.31.9 0.433.9⑤⑥ロードカナロア
13/03/31 阪神 11 産経大阪杯 G2 芝2000 143410.235** 牡6 56.0 戸崎圭太堀宣行504(-10)1.59.5 0.533.9オルフェーヴル
12/12/23 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 1651010.846** 牡5 57.0 R.ムーア堀宣行514(+2)2.32.5 0.635.9⑦⑦⑦⑤ゴールドシップ
12/11/25 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 1751018.664** 牡5 57.0 M.デムー堀宣行512(-4)2.23.5 0.432.8⑬⑭⑬⑫ジェンティルドンナ
12/10/28 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 187135.344** 牡5 58.0 福永祐一堀宣行516(+8)1.57.7 0.433.6⑨⑪⑪エイシンフラッシュ
12/08/19 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 14341.712** 牡5 57.0 福永祐一堀宣行508(--)1.58.8 0.135.3フミノイマージン
12/03/31 アラ 7 ドバイDF G1 芝1800 15--------9** 牡5 57.0 福永祐一堀宣行---- ------CITYSCAPE
12/02/12 京都 11 京都記念 G2 芝2200 9112.412** 牡5 57.0 福永祐一堀宣行516(+8)2.12.7 0.335.1④④⑤⑤トレイルブレイザー
11/10/30 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 18475.722** 牡4 58.0 F.ベリー堀宣行508(+2)1.56.2 0.134.7⑦⑧⑦トーセンジョーダン
11/10/09 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 11782.011** 牡4 57.0 福永祐一堀宣行506(-2)1.46.7 -0.032.7⑨⑨⑨リアルインパクト
11/06/12 東京 11 エプソムC G3 芝1800 18232.411** 牡4 56.0 福永祐一堀宣行508(+16)1.47.3 -0.435.0⑤⑤④エーブチェアマン

⇒もっと見る


ダークシャドウの関連ニュース

【今日のキラ星】フィネス

2016年11月13日() 05:01

 【東京6R】半姉に新馬勝ちしたアンブリカル(父マンハッタンカフェ)、近親に毎日王冠を勝ったダークシャドウがいる。最終追い切りはWコースで古馬と併入。重馬場にも関わらず、ラスト1ハロン12秒6でしっかりと末脚を伸ばした。「素質は秘めている。前向きさがいい方にでれば」と斎藤誠調教師。父ディープインパクト譲りの切れ味でデビュー勝ちを狙う。

【天皇賞・秋】ルージュ牡馬切りへ!豪快3馬身先着 2016年10月27日(木) 11:58

 10年ブエナビスタ以来の牝馬Vに向け、「第154回天皇賞・秋」(30日、東京、GI、芝2000メートル)に挑む重賞連勝中のルージュバックが27日朝、美浦トレーニングセンター(茨城県)のWコース3頭併せで力強く先着した。完勝した毎日王冠以上の究極のデキに、大竹調教師は「研ぎ澄まされたシルエット」と惚れ惚れ。夕刊フジ調教チェッカーズも迷いなくA評価だ。悲願の瞬間が近づいてきた。

 これが“天才少女”の完成形だ。ルージュバックが毎日王冠時を上回る俊敏なフットワークを披露して、悲願のGI獲りを強烈にアピールした。

 秋晴れの美浦で、盾のヒロインは午前7時すぎにWコースへ姿を見せた。向正面から僚馬2頭を追いかける流れ。4コーナーで射程圏に捕らえて直線を向くと、3週間前との違いがクッキリと表れた。

 鞍上にスッと促されただけで、規格外のエンジンがすぐさま点火。前脚を高く掲げて地面に叩きつける独特のフットワークを見せつけ、中ストリートオベロン、外パリファッションにそれぞれ3馬身先着した。

 前走時は反応するまでに時間がかかって、大竹調教師が「鈍かったですね」と首をかしげたほどだったが、けさは満点。デビュー以来最短の中2週で短期放牧(福島県・ノーザンファーム天栄)を挟んだ仕上げだが、上積みは極めて大きい。

 「間隔が今までになく短いので、追い切りはやりすぎずに。けさはそこ(反応)を確かめるだけだったが、合格点をあげられると思う。2、3歳時の激しさはなくとも力強さが感じ取れた」。普段は慎重な姿勢を崩さないトレーナーも自信をのぞかせた。

 単勝1・6倍の1番人気を裏切った昨年の桜花賞(9着)以降は、6連敗。しかし今年はエプソムC→毎日王冠と、東京で牡馬相手の重賞を連勝して輝きを取り戻した。

 「前走は休み明けらしい仕上がり。あれで勝ってくれたので本番が楽しみになった。正直細いかとも思うが、研ぎ澄まされたシルエットになっている」と、極限の仕上がりで大一番に挑む。

 6年ぶりの牝馬Vを飾る資格は十二分。これまでの重賞3勝(ほかに15年きさらぎ賞)はすべて牡馬が相手だった。

 「牡馬が遠慮してくれているのかもしれませんが、うまく自分のリズムで走れれば、いい結果につながると思う。あとは戸崎(圭太)騎手に任せます」と、GI初制覇を目指すトレーナーはキッパリ。先週まで154勝でリーディングトップをひた走るジョッキーも、「この馬でGIを」と闘志満々。エアグルーヴウオッカブエナビスタ…そして、新たなる“女傑”が誕生するか。(夕刊フジ)

★天皇賞・秋の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【エプソムC】レース展望 2016年06月06日(月) 17:44

 5週連続のGI開催が終わった東京競馬だが、初夏の府中を舞台に熱い戦いはまだまだ続く。メインは6月12日に行われる第33回エプソムカップ(GIII、芝1800メートル)だ。

 昨年の勝ち馬エイシンヒカリがこのレースをステップに大きな飛躍を遂げたように、宝塚記念を勝ったエイシンデピュティ、ワールドベストレースホースランキングで1位に輝いたジャスタウェイ、マイルCSを制したダノンシャーク、天皇賞・秋2着ダークシャドウなど、エプソムカップ連対馬はその後GIレースで大活躍している。今後のGI戦線を占う上でも、見逃せないレースだ。

 激闘の舞台となる芝1800メートルは昔から、“府中の千八展開いらず”といわれるフラットなコース設定。能力の絶対値の見極めが馬券的中への要諦となる。

 注目1番手は、ヴィクトリアマイル5着のルージュバック(美浦・大竹正博厩舎、牝4歳)だろう。牡牝を通じて世代ナンバーワンとの評価もあったほどで、潜在能力はGI級だ。前走はマイル戦とあってエンジンがかかる前にレースが終わってしまった印象だが、芝1800メートル戦ではデビュー戦Vのほか、きさらぎ賞勝ち&中山牝馬S2着と実績十分。1ハロンの延長は、この馬にとって大きなプラス材料となる。ここをきっかけに、再びGI戦線へ名乗りを上げたいところだ。

 フルーキー(栗東・角居勝彦厩舎、牡6歳)は昨年の4着馬で、上がり3ハロン34秒0はメンバー最速だった。東京コースに勝ち星はないが、すべて重賞で3戦して3、4、5着と適性は確か。芝1800メートルも3勝と最も得意にしている。掲示板を外したのは3歳秋の菊花賞6着のみという超堅実派だけに、58キロでも上位争いは必至だ。

 アルバートドック(栗東・須貝尚介厩舎、牡4歳)の近2走は、流れや馬場状態などがかみ合わずチグハグな競馬。まったくの不完全燃焼だけに心身ともにダメージはなさそうだ。この距離は、3走前にGIII小倉大賞典を制している。今回は転厩3戦目でデキも上昇。能力の絶対値が問われる舞台で見直しが必要だろう。

 ロジチャリス(美浦・国枝栄厩舎、牡4歳)は春興S(1600万下)−メイS(オープン)と2連勝中。もともと厩舎の期待は高く、3歳夏にはGIIIラジオNIKKEI賞4着と重賞での実績もある。精神的に成長し、落ち着いてレースに臨めるようになったことが目下の好成績につながってきた。今なら重賞にも手が届くはずだ。騎乗して3戦全勝という相性を誇る福永祐一騎手とのコンビも心強い。

 その他、この距離で3勝2着3回の古豪ヒストリカル(栗東・音無秀孝厩舎、牡7歳)、谷川岳S3着と復活の兆しが見えるGI馬マイネルホウオウ(美浦・畠山吉宏厩舎、牡6歳)、同型が少ない顔触れで積極策に勝機を見いだしたいマイネルミラノ(美浦・相沢郁厩舎、牡6歳)、ここにきて安定感が出てきたラングレー(栗東・矢作芳人厩舎、牡5歳)など、魅力十分の伏兵陣もチャンスをうかがう。

★エプソムCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【3歳新馬】ゴールデンBとSエンパイアが1着同着 2016年01月31日() 11:29

 31日の東京3R3歳新馬(ダート1600メートル)は、フランシス・ベリー騎手騎乗の2番人気ゴールデンブレイヴ(牡、美浦・木村哲也厩舎)と、ファブリス・ヴェロン騎手騎乗の4番人気サクラエンパイア(牡、美浦・堀宣行厩舎)が1着同着を分け合った。タイムは1分38秒8(稍重)。

 好スタートを決めた7枠2頭が前へ。1番人気のエビスリアンがハナを切り、サクラエンパイアが2番手につける。さらにサングラスポテトボーントゥレインゴールデンブレイヴなども好位に続いた。直線に向くと、粘るエビスリアンとかわしにかかるサクラエンパイアの2頭が抜け出すが、残り100メートルあたりで先頭に立ったサクラエンパイアが急に外にヨレるロス。それでも体勢を立て直して再び伸びたが、この間隙を突いて伸びてきたゴールデンブレイヴが真ん中から迫り、2頭が鼻面をそろえてのフィニッシュとなった。長い写真判定の末、2頭は互いに譲らず同着。2頭からクビ差3着には6番人気チェストケゴールドが入っている。

 ゴールデンブレイヴは、父クロフネ、母マチカネハナサソウ、母の父スペシャルウィークという血統。おじダークシャドウはGII毎日王冠など重賞2勝。

 サクラエンパイアは父エンパイアメーカー、母シロガネーゼカフェ、母の父Gulchという血統。おじState CityはGIドバイゴールデンシャヒーンの勝ち馬。

 ゴールデンブレイヴF.ベリー騎手は「行き脚はつかなかったが、前の馬が近づいてくると徐々に目覚めてくれた。(同着も)ラッキーでした」と笑顔を見せた。また、サクラエンパイアのヴェロン騎手は「まだ幼くて、直線でステッキを入れたらびっくりして外によれた。これもいい経験になったと思う」と思わぬアクシデントを乗り切ってのVを振り返っていた。

★31日東京3R「3歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【根岸S】東京でこそベリー!レーザーで狙い撃ち 2016年01月29日(金) 05:07

 東京でこそベリーを狙え。短期免許で騎乗中のフランシス・ベリー騎手(35)=アイルランド=は重賞4勝を挙げる中山での活躍が目をひくが、実は東京の方が勝率、連対率、複勝率すべてで上回っている。今週も日曜11R・根岸Sのレーザーバレットをはじめ、有力馬がそろっており、府中の開幕週を大いに盛り上げてくれそうだ。

 2010年に初来日し、今では年明けの中央競馬でおなじみとなったベリー騎手。柔和で表情豊かなアイルランド出身の35歳は今年も中山で7勝を挙げ、関東リーディングの上位につけるが、東京開幕に向けてさらなる意欲を示す。

 「東京は世界でもトップクラスの競馬場。騎乗をいつも楽しみにしている。中山では、先週、先々週と重賞で人気の馬に乗りながら、いい結果が出せなかった。それを踏まえて、東京ではもっと頑張らないと」

 昨年の1回東京では、蛯名騎手(11勝)に次ぐ9勝をマークと、年々勝ち鞍を増産。重賞Vが多い中山(4勝)のイメージが強いが、実は【35・32・27・214】の中山に対し、【35・32・31・198】の東京の方が勝率、連対率、複勝率すべて高い。東京の重賞も20戦して1勝2着4回と連対率25%。2011年の天皇賞・秋2着(ダークシャドウ)など、ビッグレースでも存在感を示してきた。

 レーザーバレットで挑む日曜11Rの根岸Sも、2年前にゴールスキーで勝った験のいいレースだ。今年のパートナーについては、「12月の園田(兵庫ゴールドトロフィー)で勝ってリズムがいいし、1400メートルという距離もピッタリなんじゃないかな。あとは運があるかどうか」と初コンビながらある程度の情報は把握済み。細かいところは、これからVTRなどでチェックしていく。

 他にも土曜11R・白富士Sのケツァルテナンゴ、日曜4R・未勝利戦のテオドール、同9R・セントポーリア賞のジュンヴァルカンなどV候補は多い。中山から府中に替わっても、Fベリー騎手は要チェックだ。

★根岸ステークスの出馬表はこちら

[もっと見る]

ダークシャドウが引退、新潟競馬場で乗馬に 2015年04月29日(水) 15:43

 2011年の天皇賞・秋2着など重賞で活躍したダークシャドウ(牡8歳、美浦・堀宣行厩舎、父ダンスインザダーク、母マチカネハツシマダ)が、4月29日付でJRAの競走馬登録を抹消した。今後は新潟競馬場で乗馬となる予定。

 ダークシャドウは27戦5勝(うち海外1戦0勝)。獲得賞金は3億7526万7000円(付加賞含む)。重賞勝ち鞍は2011年毎日王冠・GII、エプソムC・GIII。今年1月25日、アメリカJCC(GII、中山、芝2200メートル)10着が現役最後のレースとなった。

ダークシャドウの競走成績はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダークシャドウの関連コラム

閲覧 1,703ビュー コメント 0 ナイス 5

第345話 「大阪杯」


11年 35.8-46.7-35.3 =1.57.8 ▼3△5△ 4 平坦戦
12年 39.1-51.1-35.3 =2.05.5 ▼4▼7△10 瞬発戦 稍重
13年 36.7-48.6-33.7 =1.59.0 ▼3▼4△ 6 平坦戦
14年 36.6-47.4-36.3 =2.00.3 ▼2△9± 0 平坦戦
15年 36.6-49.2-37.1 =2.02.9 ▼1▼1△ 7 平坦戦 不良

来年の大阪杯はG気望些覆垢襪もしれないとのこと。
G気砲垢襪里呂いい任垢単純にG侠G気諒儿垢呂匹Δ覆鵑任靴腓Α
宝塚記念は阪神芝2200mコース、大阪杯も阪神内回りで200mの距離差があるだけです。
どうせなら外回りの1800mコースか2400mコースに変更すれば他のG汽譟璽垢蛤絞眠十侏茲覽いします。
但し、2400mにすると春天に向けてのステップレースである阪神大賞典や日経賞のメンバーがスカスカになってしまいそうなので1800mがベストな落しどころかなと思います。
大阪杯→安田記念(ヴィクトリアM)→宝塚記念のローテが組めるのではないでしょうか。
しかし大阪杯は現状G鞠呂覆匹叩きレースで使うケースが多いですが叩きレースがG気砲覆辰討靴泙Δ搬膾綰佞離好謄奪廛譟璽垢必要になって来てレーシングプログラムをもっと整備しないといけない気がします。
個人的な意見として単純に春天と同じ日に京都芝1800mコースにG気鮨契澆垢譴倥採錣砲泙箸泙覽いしますがどうかな?
秋天よりもかなりのメンバーが集まると思います。
但し、春天のメンバーがショボくなるかも…。

さて本題に戻ります。
(稍重ではありますが)テンの3Fが39.1秒という古馬G鏡錣箸六廚┐覆い曚苗競好蹇爾世辰12年は瞬発戦でしたが以外の年は平坦戦となっています。
中盤があまり緩まないレース展開で流石にG鞠呂集うレベルの高い古馬G鏡錣箸い┐泙后
では過去5年のラップギアを見てみましょう。

1着馬
ヒルノダムール   【瞬3平4消0】
ショウナンマイティ 【瞬4平1消0】
オルフェーヴル   【瞬7平5消0】
キズナ       【瞬2平3消0】
ラキシス      【瞬7平0消0】
2着馬
ダークシャドウ   【瞬4平0消0】
フェデラリスト   【瞬2平2消1】
ショウナンマイティ 【瞬6平1消0】
トウカイパラダイス 【瞬8平3消0】
キズナ       【瞬2平4消0】

平坦戦適性が高く、平坦戦だっG気鮠〕したヒルノダムールオルフェーヴルキズナがこのレースも勝利しています。
一方、ショウナンマイティラキシスといった平坦戦実績のあまりなかった馬も勝利しています。
但し、この2頭は平坦戦だったレースそのものの出走回数があまりない馬だったのも要因の一つです。
基本的には平坦戦適性が高いG鞠呂詫力でしょう。
人気馬が好走しやすいレースですが6番人気以下の馬でも出番がない訳ではありません。
過去5年では4頭の馬が馬券になっています。
ショウナンマイティ(1着)近2走、2着→2着
エアソミュール(3着)近2走、3着→3着
ダークシャドウ(2着)近2走、2着→1着
14年2着だったトウカイパラダイス以外の3頭は近2戦連続で好走していた好調馬でした。

今年の登録馬で平坦戦適性の高いG鞠呂
イスラボニータラブリーデイ
の2頭です。
イスラボニータは平坦戦だった皐月賞を勝利、ラブリーデイは平坦戦だった秋天を勝利しています。
キタサンブラックショウナンパンドラヌーヴォレコルトのG鞠呂睚臣垣錣眤弍可能だとは思いますがどちらかといえば瞬発戦の方が実績を残している馬です。
そして近走好調馬は
アンビシャスキタサンブラックショウナンパンドラ、タッチングスピーチ、ヌーヴォレコルト
の5頭です。
上記に挙げた7頭は人気馬ばかりか…。

ここはタッチングスピーチに期待します。
ラップギアは【瞬1平3消0】でスローの瞬発戦では分が悪いが上りの掛かる平坦戦では確実に差して来るでしょう。
週末雨なら更に前進。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
タッチングスピーチラブリーデイショウナンパンドラ

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2016年03月26日() 11:40 みんなの競馬コラム
【高松宮記念】血統考察 byうまカレ
閲覧 1,193ビュー コメント 0 ナイス 6

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。先週のスプリングステークスでは、軸として推奨したロードクエストが3着、相手として妙味有りとみたプランスシャルマンが9番人気4着。特にプランスシャルマンは内田騎手の積極的な騎乗で持ち味を出すことができたと思います(先週のコラムはこちらhttp://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7001)。今週もよろしくお願いします。

今週はいよいよG1高松宮記念
週中にエアロヴェロシティダンスディレクターの回避が発表され、難解さを増した1戦となりました。

中京改修後はタフな馬場、直線の長いコースということもあり、「1200mでも1400m型を狙え」などということも良く言われています。これは確かに間違っていないのですが、展開などにより一概的にはいえないと思います。

たとえば、昨年のスプリンターズステークスでは、ハクサンムーンが前半3F34秒1というスローペースの逃げをしたために1400mベストと思えるサクラゴスペルの脚が貯まり、馬群が凝縮したためウキヨノカゼの捲りが決まりました。

これと逆の現象が起こったのが昨年のヴィクトリアマイルです。これまでのヴィクトリアマイルはスローペースになり、マイル戦なのにも関わらず中距離馬の脚が貯まり、中距離馬の差し込みが決まっていました。しかし昨年のヴィクトリアマイルでは1400m型であるミナレットの逃げによりペースが締まり、1800m型というよりは1400m型のストレイトガールが勝利しました。

今年の高松宮記念は、ハクサンムーンが前哨戦のオーシャンステークスで前半3F32秒7の逃げで結果を残したことである程度締まった流れが予想されます。となると、1400m、マイル寄りに適性がある馬の脚が貯まらずに、生粋のスプリント適性が求められることになると考えます。

●スプリンターらしい逃げで
この前提で注目したいのはやはりハクサンムーン。スタートしてからのダッシュ力、あの天性のスピードはおそらく母母メガミゲランのTom Fool5×6から受け継いでいるものだと思いますが、このスピードこそが生粋のスプリンターの証であると思います。ロードカナロアの2着に好走した3年前のスプリンターズステークスでは前半3F32秒9、前走のオーシャンステークスは前半3F32秒7の逃げ。馬場差や風向きなどがあり一概には言えませんが、1200mらしいペースでこそ好走していることも、この馬がスプリンターであることを証明していると思います。このように最もスプリンターらしい馬がスプリンターらしい逃げをすれば結果を残しているわけで、今回も大外枠からであれば競馬はしやすいだろうし悲願のG1制覇に期待したいです。

●魅力的な配合で父の後継者に
前走から一転2枠4番の好枠を引き当てたビッグアーサーサクラバクシンオー産駒。サクラバクシンオー産駒父サクラユタカオー天皇賞(秋)などを制した中距離馬で、Nasrullah3×4、父父Princely Giftもスピードが持ち味ではありますが、パワーで突進するような硬派なスピードではなく、柔らかな、美しいスピードを伝えます。そのため、グランプリボスサンクスノートのような1200mよりも少し長めの距離を走る馬も輩出しますし、母からパワーを取り込めばベルカントカノヤザクラのようなパワースプリンターも輩出します。ビッグアーサーの場合は母がNureyev≒Sadler’s Wells3×2というワークフォースのような、エルコンドルパサーのような強力な近親配合からパワーを受け継いでいて、ムッチリとした馬体を見てもスプリンターです。前走は枠の差ですし、血統的な期待を込めても相手筆頭に挙げたいです。

●世界的な超良血馬
アルビアーノは直仔に種牡馬トワイニング、他にもForeign CournerからはGreen Desert→Cape Cross、ダークシャドウ、バラダからはワンアンドオンリーグレイトジャーニー、ノーザリーズン、Aquilegiaからはジェンティルドンナの母父として有名なBertoliniらを輩出している超名門Coutly Dee牝系で、本馬は日本ではヤマニンパラダイス→ヤマニンセラフィム母子が有名なAltheaの分岐。しかもそのAltheaにDanzig→Unbridledと超一流種牡馬が配されている良血馬で、パドックでの気品ある姿は良血ならではのものでしょう。前走のパフォーマンスは能力の高さを証明したものではありますが、あのハクサンムーンの作る流れについていけないあたりがスプリンターではないことを証明しているともいえ、1200mのG1を勝ち切るイメージが湧きません。しかし、超良血馬ですから3番手以下には落とせません(ちなみに筆者はNHKマイルカップでもマイルチャンピオンシップでも◎でした)。

●中京替わりはプラスか
前走のオーシャンステークスで重賞初制覇を決めたエイシンブルズアイは、Sir Gaylord≒Secretariat5・5×5・5、Secrettame≒Weekend Surprise4×4とも表記でき、この血統は柔らかさ≒緩さを伝えるので、徐々に筋力がついてきて距離適性が短いところにシフトしてきたのも納得といえます。直線の長いコースの方が良いタイプだと思うのでここは好走の可能性は高そうです。

●1200mでは頂点を極められない
ミッキーアイルハーツクライダイヤモンドビコーと同じMy Bupers牝系で、母はBusanda7×7などを持つパワー型。ディープインパクトにこのようなパワー型を配してもスプリンターにせずマイラーに出ることが多いですし、場合にによっては中距離をこなすタイプをも輩出してしまうのがスーアーサイアー、ディープインパクト。だからやはりミッキーアイルはスプリンターではないし、確かに気性面では1200mの方が走らせやすいのかもしれないけれど、この距離で頂点を極めることは厳しいでしょう。ここも好走止まりだと思います。同じディープインパキト産駒のウリウリも、1400mベスト型なので1200mならば脚が貯まるスローペースの方が好走しやすく、この枠だと流れ込んでの掲示板止まりかなという読みです。

●紐で抑えたい
スノードラゴンサッカーボーイステイゴールドショウナンパンドラ、タマモ○○〇プレイなどを輩出する名門ロイヤルサッシュ牝系で、スプリントG1覇者まで輩出したのは牝系の優秀さを思い知らされました。やはり直線の長い中京替わりでは侮れない1頭。ブラヴィッシモは最内枠で横山典弘騎手であれば面白そうです。

【まとめ】
出走馬の中でG1級のスプリンターは?と問われれば、ミッキーアイルアルビアーノスプリンターではないし、ローレルベローチェでは器不足だから、ハクサンムーンビッグアーサーということになる。スプリントGIでスプリントG1らしい流れが予想されるのであれば三連系の馬券を買うのであれば別だが、ここではハクサンムーンビッグアーサー、G1級のスプリンター2頭の1点予想としたい。


----------

【参考】
『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)


「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle


執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2015年10月07日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第327話毎日王冠(謎解き編)
閲覧 242ビュー コメント 0 ナイス 3

第328話 「毎日王冠」


10年 35.5-35.4-35.5 =1.46.4 ▼ 9△10△ 2 瞬発戦 稍重
11年 36.1-37.0-33.6 =1.46.7 ▼11▼ 8△ 5 瞬発戦
12年 34.5-35.1-35.4 =1.45.0 ▼ 3△ 2△ 5 平坦戦
13年 35.5-37.9-33.3 =1.46.7 ▼15▼ 2△14 瞬発戦
14年 35.4-35.5-34.3 =1.45.2 ▼ 6△ 1△ 5 瞬発戦

過去5年では中盤緩まなかった12年は平坦戦で以外の4回は瞬発戦でした。
但し、瞬発戦といってもその年によって様々で、中盤緩みまくって33秒の上り決着となった11年&13年、▼9と大きな加速が生じた瞬発戦にはなったがその後△10△2と上りがかなり掛かって馬場の影響が大きかった10年、昨年は前後半バランスの取れた瞬発戦となりました。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
アリゼオ      【瞬3平0消0】
ダークシャドウ   【瞬5平1消0】
カレンブラックヒル 【瞬1平3消0】
エイシンフラッシュ 【瞬7平1消0】
エアソミュール   【瞬5平4消0】
2着馬
エイシンアポロン  【瞬2平3消0】
リアルインパクト  【瞬2平2消0】
ジャスタウェイ   【瞬3平0消0】
ジャスタウェイ   【瞬5平1消0】
サンレイレーザー  【瞬6平0消0】

連対馬10頭中3頭に平坦戦実績はありませんでした。
ハイペース平坦戦の可能性は低いので瞬発戦実績重視でOKだと思います。

その年によって展開的にバラバラなので過去5年を一緒くたで考察してもNGの可能性があります。
今年は今年の出走メンバーで考えるべきでしょう。
で、今年のメンバーは分かりやすい。
エイシンヒカリがいるから。
ほぼこの馬が逃げるはずで前2走とも武豊Jが騎乗し1800m戦を逃げ切っています。
引っ掛かったりしなければまずそのレースイメージで騎乗するはず。
その2戦は
都大路S ▼5▼1△10 瞬発戦
エプソムC ▼4±0△10 瞬発戦
というもの。
中盤であまり脚を溜めず後続にも脚をある程度使わせておいて直線で▼4〜5で突き放し粘り込むというレース内容。
となればポイントになるのは平坦戦実績かG擬太咾世隼廚錣譴泙后

今年の出走馬でG杵対経験がある馬は
イスラボニータスピルバーグダノンシャークリアルインパクトヴァンセンヌステファノス(海外G機
の5頭(6頭)です。

G機銑供∧臣垣錙⊆1800m以上、という条件で連対経験がある馬は
イスラボニータ、グランデッツァ
の2頭です。
G靴乏覆鰺遒箸擦
アンビシャスエイシンヒカリディサイファトーセンスターダム
の4頭も加わります。

平坦戦の皐月賞を勝ったイスラボニータが断然ですがここはグランデッツァに期待します。
スローの瞬発戦だと不安がありますがエイシンヒカリが作る流れはこの馬に味方すると思っています。


「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
グランデッツァイスラボニータエイシンヒカリ

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2015年01月25日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第71回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜アメリカジョッキークラブカップ GII
閲覧 75ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさんこんにちは!

本日は中山11R「アメリカジョッキークラブカップ GII」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。


U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、総合ポイントTOPのゴールドシップ
第2グループ(黄)は、ダークシャドウミトラの2頭。
第3グループ(薄黄)はフェイムゲームフラガラッハエアソミュールクリールカイザーの4頭で、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見ていくと、まず気付くのが総合1位ゴールドシップ、総合ポイント2位のダークシャドウ間にある1.2の溝です。上位グループの中では最大の溝となっていますのでアメリカジョッキークラブカップを紐解くカギになりそうです。

第2グループ以下にも溝はありますが、総合ポイント2位のダークシャドウから総合ポイント6位のクリールカイザーまで3ポイント以内とかなり混戦模様です。

本命は素直に総合ポイントTOPの◎ゴールドシップにします。出馬表的には上位グループでも抜けていますので信頼したいと思います。対抗以下は混とんとしていますので優劣は馬券妙味も含めて○にはミトラ、▲フラガラッハ、△ダークシャドウ、△クリールカイザー、☆パッションダンスとしました。

【3連複フォーメーション】
8

1,4,5,12,14

1,4,5,9,10,12,14

計20点

相手に穴馬が来ることを願って勝負です!パッションダンスは第4グループですが、ポイント差はそれほどないので加えてみました。

[もっと見る]

2015年01月21日(水) 19:03 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第306話AJCC(謎解き編)
閲覧 226ビュー コメント 0 ナイス 6

第306話 「AJCC」


10年 36.3-61.2-35.1 =2.12.6 ▼3▼7△ 8 瞬発戦
11年 37.9-61.2-35.1 =2.14.2 △1▼2△10 平坦戦
12年 37.3-63.7-36.3 =2.17.3 ▼2▼1△ 2 平坦戦 不良
13年 36.0-60.8-36.3 =2.13.1 ▼4▼6△12 瞬発戦
14年 36.5-61.1-36.4 =2.14.0 △1▼5△ 2 瞬発戦

中山芝2200mコースは【瞬4平5消1】で平坦適性が問われやすい舞台。
1800m、2000m、2500mのコースとは異なり外回りコースで行われるのが特徴で他の中山コースと比べても若干特殊。
外回りコースは長い直線がほとんどないコースで坂のアップダウンもあるので脚を溜めにくくなっています。
瞬発戦になったとしてもそのほとんどはラスト2F目で▼5以上の加速が生じる展開で要は直線に入ってグイっと一伸びするレースという感じでしょう。
あとは11年12年の様にジリジリする平坦戦で11年の勝ち馬がトーセンジョーダン、12年の勝ち馬がルーラーシップで父か母父にゼダーン系(グレイソヴリン系)の血統が示す通りの持続力が問われるレースになるかどちらかでしょう。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
ネヴァブション   【瞬5平3消0】
トーセンジョーダン 【瞬5平3消0】
ルーラーシップ   【瞬5平2消0】
ダノンバラード   【瞬2平4消0】
ヴェルデグリーン  【瞬6平1消0】
2着馬
シャドウゲイト   【瞬4平6消0】
ミヤビランベリ   【瞬2平6消0】
ナカヤマナイト   【瞬6平1消0】
トランスワープ   【瞬7平2消1】
サクラアルディート 【瞬7平4消0】

トーセンジョーダンルーラーシップのG鞠楼奮阿禄造ぬ樵阿並ぶなという印象。
やはりそれだけ特殊コースで行われるレースということなのでしょう。
コース適性は【瞬4平5消1】ですが勝ち馬はどちらかといえば瞬発戦実績>平坦戦実績の馬が多くなっています。

このレースは7歳馬以上の高齢馬の成績が1-3-2-17(複勝率26.1%)となっていてなかなかの好走率です。
つまり適性重視のレースとなるのですが流石にG競譟璽垢箸いΔ海箸韮猫機G兇任亮太咾禄斗廚任后
過去5年の連対馬ではナカヤマナイトトランスワープサクラアルディートの3頭の2着馬以外の馬にはG機銑兇馬対実績がありました。
ちなみにナカヤマナイトトランスワープにはG靴両〕実績がありました。

今年の登録馬でG機銑兇馬対実績がある馬は
エアソミュールオーシャンブルー、クリールカイザー、コスモオオゾラゴールドシップショウナンラグーンセイクリッドバレーダークシャドウフェイムゲームマイネルメダリストユニバーサルバンク
の11頭です。

ちなみの上記の馬で中山芝2200mコースで勝利経験があるのは
クリールカイザー、セイクリッドバレー
の2頭です。

今年の登録馬でゴールドシップの名前があるのにちょっと驚きで圧倒的人気になりそう。
中山コースはG気里濬仭で2-0-2-0。
過去の実績では得意舞台といえそうです。
但し、この馬のラップギアは【瞬6平8消0】
今年はスローになりそうなメンバーなので直線入っての急加速を問われる様なレース展開になると思わぬ取りこぼしもあるかなと思われます。
14年の有馬記念がそんな感じのレース内容でしたがそれでも3着に入っているので格が違うともいえますが。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
クリールカイザーゴールドシップマイネルメダリスト
先行馬を軸にしたいイメージで。


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2014年11月04日(火) 15:11 【ウマニティ】
先週の回顧〜kmプロが京都8R◎コスモグラウベで33万超のビッグヒット!
閲覧 118ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、2(日)に東京競馬場でGI天皇賞(秋)が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
GI天皇賞(秋)は1番人気のイスラボニータが2.8倍、2番人気はジェンティルドンナ4.7倍、3番人気がフェノーメノ4.9倍、4番人気がエピファネイア8.0倍と4頭が10倍をきる混戦模様のレースとなりました。
 
 大観衆が見つめる中、ゲートインは無事完了。注目のスタートはペルーサがやや出遅れるも各馬まずまずといったところ。大方の予想通りカレンブラックヒルが先頭に立つと、大外からマイネルラクリマが出していって2番手、続いて内から追走するジェンティルドンナサトノノブレス、その外からダッシュをきかせてイスラボニータが追いかけて先行集団を形成。向こう上面に入ります。中団にはダークシャドウマーティンボロラブイズブーシェエピファネイアトーセンジョーダンが差なく追走し、その後ろにデニムアンドルビーディサイファフェノーメノの3頭が並走。そこから1馬身ほど後方にスピルバーグヒットザターゲットが追走し、さらに後方からアスカクリチャンフラガラッハが並んで最後方にペルーサといった隊列。
 
 カレンブラックヒルが作り出したペースは前半1000mを60秒7程の平均ペース。各馬動かず、じっくり脚を溜めて直線コースへ差し掛かります。逃げるカレンブラックヒルが2馬身ほどのリードを保って逃げ込みを図りますが、内からジェンティルドンナ、中から持ったままの手応えでイスラボニータが徐々に差を詰めます。残り200m、追い出されたイスラボニータが先頭に立って抜け出しを図るところ、内からようやくエンジンかかったジェンティルドンナが脚を伸ばし、大外からはスピルバーグが1頭目立つ脚で追い込んできます。ラスト100m、懸命に粘るイスラボニータジェンティルドンナが捉えて先頭に立ちますが、直後、スピルバーグが一気の脚で2頭をまとめて差しきって完勝!豪快な競馬でGI初制覇を飾りました!勝ちタイムは1分59秒7。3/4差の2着にジェンティルドンナ、そこからアタマ差の3着にイスラボニータが入っています。
 
 公認プロ予想家の中では導師嵐山プロろいすプロが的中しています。
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
1日(土)京都8Rで6人気◎コスモグラウベを1着固定にし、相手を5頭に絞り込んでの勝負!見事3連単664倍を500円的中させ、33万2400円払い戻しのビッグヒット!この他にも2(日)福島2Rショウナンライコウ(7.8倍)を8000円的中や東京2Rの◎スカーボロフェアの単勝を10000円的中させました!
 
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
1(土)福島2Rで▲◎の馬連14.2倍を2点で仕留めると東京7Rでも○◎で馬連1520円を5000円的中させ、7万6000円の払い戻し!2(日)京都6Rでは▲◎○のパーフェクト予想を披露、京都9Rでも◎シュテルングランツサトノバリアントの馬連30.5倍を的中させ、10万650円を払い戻しました!
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
2(日)東京6Rで『休み明け12kg増が堪えた。絞れてきたらあんなことはない。中間も順調。今回は粘りが増す。』と評した◎ノウレッジの単勝、3連単を仕留め、8万9700円を払い戻しました!東京12Rでは『勝鞍のある1400m戦になるのはプラス。29日に坂路でビッシリ追って好気配。勝ち負けできる。』と狙った伏兵◎ガンジーからの単複、馬連を的中!6万2560円を払い戻しました!
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
勝負レースに指定した2(日)京都10Rで『このクラスならいつでも勝てる』と評した◎シルクドリーマー、『攻め内容は大幅に良化』と対抗評価にしたベルルミエールがワンツー、馬連、複勝を本線的中させました!東京9Rでは単勝22.7倍の中穴タガノザイオンを本命に抜擢し、馬連76.7倍、ワイド34倍、3連複339倍を仕留め、6万970円を払い戻しました!
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
2(日)京都7Rで◎ヴィッセンヨヨギマックヤマカツポセイドンの予想を披露!単勝14.2倍、馬連37.8倍、3連複74倍を本線的中させ、5万5300円を払い戻しました!
  
※全レースの結果速報はこちら
  
今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダークシャドウの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

ダークシャドウの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
1:
  勝馬   フォロワー:2人 2011年2月12日() 09:42:20
レースAA

ダークシャドウの写真

ダークシャドウ

ダークシャドウの厩舎情報 VIP

2015年1月25日アメリカジョッキーC G210着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ダークシャドウの取材メモ VIP

2015年1月25日 アメリカジョッキーC G2 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。