ダークシャドウ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ダークシャドウ
写真一覧
抹消  栗毛 2007年2月17日生
調教師堀宣行(美浦)
馬主飯塚 知一
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績27戦[5-6-1-15]
総賞金37,526万円
収得賞金11,625万円
英字表記Dark Shadow
血統 ダンスインザダーク
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ダンシングキイ
マチカネハツシマダ
血統 ][ 産駒 ]
Private Account
Yousefia
兄弟 アールプロセスユノナゲット
前走 2015/01/25 アメリカジョッキーC G2
次走予定

ダークシャドウの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
15/01/25 中山 11 AJCC G2 芝2200 171149.3910** 牡8 56.0 F.ベリー堀宣行516(+10)2.14.2 0.634.5⑧⑨⑧⑦クリールカイザー
14/12/06 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 1781724.486** 牡7 56.0 R.ムーア堀宣行506(-4)1.59.4 0.634.7⑯⑯⑮⑬ラストインパクト
14/11/02 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 183688.11210** 牡7 58.0 F.ベリー堀宣行510(+2)2.00.2 0.534.4⑥⑧⑨スピルバーグ
14/10/12 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 157128.2412** 牡7 56.0 F.ベリー堀宣行508(-6)1.45.8 0.633.9⑨⑦⑧エアソミュール
14/07/20 函館 11 函館記念 G3 芝2000 165913.782** 牡7 58.0 N.ローウ堀宣行514(-2)2.00.2 0.136.3⑪⑨⑦⑦ラブイズブーシェ
14/06/15 東京 11 エプソムC G3 芝1800 172417.783** 牡7 59.0 戸崎圭太堀宣行516(-4)1.46.4 0.233.7⑧⑩⑩ディサイファ
14/03/02 中山 11 中山記念 G2 芝1800 152355.81211** 牡7 56.0 内田博幸堀宣行520(+16)1.51.1 1.336.7⑭⑭⑮⑪ジャスタウェイ
13/11/17 京都 11 マイルCS G1 芝1600 1871519.7916** 牡6 57.0 R.ムーア堀宣行504(-10)1.34.0 1.635.0⑫⑭トーセンラー
13/10/06 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 11116.735** 牡6 56.0 戸崎圭太堀宣行514(+2)1.47.1 0.432.8⑤⑦⑦エイシンフラッシュ
13/06/02 東京 11 安田記念 G1 芝1600 186127.756** 牡6 58.0 戸崎圭太堀宣行512(+8)1.31.9 0.433.9⑤⑥ロードカナロア
13/03/31 阪神 11 産経大阪杯 G2 芝2000 143410.235** 牡6 56.0 戸崎圭太堀宣行504(-10)1.59.5 0.533.9オルフェーヴル
12/12/23 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 1651010.846** 牡5 57.0 R.ムーア堀宣行514(+2)2.32.5 0.635.9⑦⑦⑦⑤ゴールドシップ
12/11/25 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 1751018.664** 牡5 57.0 M.デムー堀宣行512(-4)2.23.5 0.432.8⑬⑭⑬⑫ジェンティルドンナ
12/10/28 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 187135.344** 牡5 58.0 福永祐一堀宣行516(+8)1.57.7 0.433.6⑨⑪⑪エイシンフラッシュ
12/08/19 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 14341.712** 牡5 57.0 福永祐一堀宣行508(--)1.58.8 0.135.3フミノイマージン
12/03/31 アラ 7 ドバイDF G1 芝1800 15--------9** 牡5 57.0 福永祐一堀宣行--0000 ------CITYSCAPE
12/02/12 京都 11 京都記念 G2 芝2200 9112.412** 牡5 57.0 福永祐一堀宣行516(+8)2.12.7 0.335.1④④⑤⑤トレイルブレイザー
11/10/30 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 18475.722** 牡4 58.0 F.ベリー堀宣行508(+2)1.56.2 0.134.7⑦⑧⑦トーセンジョーダン
11/10/09 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 11782.011** 牡4 57.0 福永祐一堀宣行506(-2)1.46.7 -0.032.7⑨⑨⑨リアルインパクト
11/06/12 東京 11 エプソムC G3 芝1800 18232.411** 牡4 56.0 福永祐一堀宣行508(+16)1.47.3 -0.435.0⑤⑤④エーブチェアマン

⇒もっと見る


ダークシャドウの関連ニュース

 2011年の天皇賞・秋2着など重賞で活躍したダークシャドウ(牡8歳、美浦・堀宣行厩舎、父ダンスインザダーク、母マチカネハツシマダ)が、4月29日付でJRAの競走馬登録を抹消した。今後は新潟競馬場で乗馬となる予定。

 ダークシャドウは27戦5勝(うち海外1戦0勝)。獲得賞金は3億7526万7000円(付加賞含む)。重賞勝ち鞍は2011年毎日王冠・GII、エプソムC・GIII。今年1月25日、アメリカJCC(GII、中山、芝2200メートル)10着が現役最後のレースとなった。

ダークシャドウの競走成績はこちら

【産経大阪杯】データ分析2015年3月31日(火) 05:01

  *過去10年が対象

 ◆芝重賞実績 連対20頭中14頭が芝の重賞ウイナーで、うち10頭はGIかGIIを勝っていた。重賞未勝利だった6頭中5頭には重賞2着の実績があり、のちにGIで活躍するダークシャドウでも、重賞で連対歴がなかった2011年は2着まで。

 ◆距離実績 連対17頭に芝2000メートルでV歴か重賞3着以内歴。重賞未勝利だった6頭は全てこれに該当しており、前述のダークシャドウは同距離でそれまで3戦全勝だった。

 ◆コース実績 勝ち馬9頭を含む連対13頭に阪神芝でV歴か重賞2着歴があった。

 ◆前走は芝重賞で5着以内 勝ち馬9頭を含む連対17頭の前走が芝1800メートル以上の重賞。前走着順は勝ち馬全10頭を含む連対18頭が5着以内。

 ◆年明け1戦以上かGI組 連対14頭が年明けに1戦以上を消化。残る6頭は全て前年秋のGIからの参戦だった。

 ◆4歳が活躍 4歳が【5・3・3・15】(連対率30・8%)と好成績。7歳以上は【1・1・0・29】とやや劣勢で、優勝した05年サンライズペガサスは02年にこのレースを勝っていた。

 ◆牝馬 5頭が出走して全て4番人気以内に支持されたが、連対したのは牡馬相手のGIで連対実績があったダイワスカーレット(08年1着)のみ。

◇結論◇

 トップ評価はキズナ。昨年の覇者で、ダービーなど重賞5勝と実績は申し分ない。エアソミュールは当該舞台の鳴尾記念を含め重賞2勝。逆転候補の筆頭になる。昨秋の天皇賞を制したスピルバーグや、皐月賞馬のイスラボニータロゴタイプも十分に争覇圏内だ。 (データ室)

★産経大阪杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【AJCC】ダークシャドウ、軽やか11秒7 2015年1月23日(金) 05:06

 ダークシャドウはPコースを単走。直線一杯に追われ、ラスト1ハロンを11秒7(4ハロン52秒3)で駆け抜けた。近3戦は掲示板に載っていないが、キビキビとした脚さばきを披露。橋本助手は「最後に気合をつける内容だったが、いい動きだったし、状態は良さそう。前走(金鯱賞6着)は最後方から極端な競馬になってしまったが、しまいの脚は使っていた。流れひとつでいい走りができるはず」と期待を込めた。

AJCCの出馬表はこちら

[もっと見る]

【天皇賞・秋】洋一郎、“爆穴”ダークで50万馬券だ! 2014年11月2日() 05:10

 “鬼才”の予想に乗って50万馬券ゲットだ−。伝統の一戦、天皇賞・秋(GI、芝2000メートル)が2日、東京競馬場で開催されるが、秋のGIはこれまで1番人気が3連敗中。波乱のムードが漂う。そこで、GI初戦・スプリンターズSを的中させた“鬼才”佐藤洋一郎記者の出番だ。本命は前売り16番人気の(6)ダークシャドウ。馬単で超万馬券ももたらせる伏兵が、競馬ファンのド肝を抜く。

 1985年の第92回天皇賞で、のちに7冠馬となる史上最強馬シンボリルドルフがまさかの敗北を喫した。「(英3冠など11連勝中だった)あのニジンスキーでも凱旋門賞でササフラなんて馬に負けたんですよ。競馬にはこういうことがあるんです」と語った野平祐二調教師のクールな表情が忘れられない。

 7年後、断然人気に支持された「人知を超えた皇帝」ルドルフの息子トウカイテイオーが、7着に敗れた。“魔の1コーナー”で他馬と接触し、怒り狂って暴走したためだった。その前年にも“魔角”で斜行したメジロマックイーンが、楽勝していたのに18着降着の憂き目を見た。

 こうした悲劇、史劇の染みついた舞台で今年はどんなストーリー、ドラマが用意されているのだろうか…と思いめぐらし、暗闇祭りのような混戦、混沌のなかから、碧眼(へきがん)の俳優ベリーが仕切る◎ダークシャドウが浮かび上がってきた。

[もっと見る]

【天皇賞・秋】ダークシャドウ12秒5 2014年10月31日(金) 05:05

 毎日王冠12着のダークシャドウは美浦Wコースで4ハロン54秒5−12秒5。しまい重点で余力たっぷりに駆け抜けた。「中2週だし、サラッと息を整える程度。状態に関しては平行線」と橋本助手は感触を伝えた。

 大敗した前走については「中間にだいぶ楽をさせたこともあるが、上位は内めの枠の馬ばかりだったし、外枠で外、外を回らされた影響もあった」と説明。「(東京芝2000メートルの)条件は一番向いている」と、3年前に2着に入った舞台で奮起を期待する。

★天皇賞・秋の枠順はこちら

[もっと見る]

【天皇賞・秋】ダークシャドウ上がり重点12秒6 2014年10月30日(木) 11:48

 毎日王冠12着から巻き返したいダークシャドウは、美浦Pコースで単走。かつては猛時計を叩き出すこともあったが、半マイルから上がり重点に4F54秒7、ラスト1F12秒6で引き上げた。

 フットワーク自体は軽快で、「ひと叩きして硬さが取れたし、心肺機能も良くなるはず。前走は手前を替えずにモタれてしまったから、スムーズな競馬で力を出し切ってほしい」と渡辺助手。3年前、1分56秒2という猛タイムで半馬身差2着に食い込んだ舞台で、古豪が歴戦の強みを発揮するか。(夕刊フジ)

★天皇賞・秋の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダークシャドウの関連コラム

閲覧 1,758ビュー コメント 0 ナイス 5

第345話 「大阪杯


11年 35.8-46.7-35.3 =1.57.8 ▼3△5△ 4 平坦戦
12年 39.1-51.1-35.3 =2.05.5 ▼4▼7△10 瞬発戦 稍重
13年 36.7-48.6-33.7 =1.59.0 ▼3▼4△ 6 平坦戦
14年 36.6-47.4-36.3 =2.00.3 ▼2△9± 0 平坦戦
15年 36.6-49.2-37.1 =2.02.9 ▼1▼1△ 7 平坦戦 不良

来年の大阪杯はG気望些覆垢襪もしれないとのこと。
G気砲垢襪里呂いい任垢単純にG侠G気諒儿垢呂匹Δ覆鵑任靴腓Α
宝塚記念は阪神芝2200mコース、大阪杯も阪神内回りで200mの距離差があるだけです。
どうせなら外回りの1800mコースか2400mコースに変更すれば他のG汽譟璽垢蛤絞眠十侏茲覽いします。
但し、2400mにすると春天に向けてのステップレースである阪神大賞典日経賞のメンバーがスカスカになってしまいそうなので1800mがベストな落しどころかなと思います。
大阪杯安田記念ヴィクトリアM)→宝塚記念のローテが組めるのではないでしょうか。
しかし大阪杯は現状G鞠呂覆匹叩きレースで使うケースが多いですが叩きレースがG気砲覆辰討靴泙Δ大阪杯のステップレースが必要になって来てレーシングプログラムをもっと整備しないといけない気がします。
個人的な意見として単純に春天と同じ日に京都芝1800mコースにG気鮨契澆垢譴倥採錣砲泙箸泙覽いしますがどうかな?
秋天よりもかなりのメンバーが集まると思います。
但し、春天のメンバーがショボくなるかも…。

さて本題に戻ります。
(稍重ではありますが)テンの3Fが39.1秒という古馬G鏡錣箸六廚┐覆い曚苗競好蹇爾世辰12年は瞬発戦でしたが以外の年は平坦戦となっています。
中盤があまり緩まないレース展開で流石にG鞠呂集うレベルの高い古馬G鏡錣箸い┐泙后
では過去5年のラップギアを見てみましょう。

1着馬
ヒルノダムール   【瞬3平4消0】
ショウナンマイティ 【瞬4平1消0】
オルフェーヴル   【瞬7平5消0】
キズナ       【瞬2平3消0】
ラキシス      【瞬7平0消0】
2着馬
ダークシャドウ   【瞬4平0消0】
フェデラリスト   【瞬2平2消1】
ショウナンマイティ 【瞬6平1消0】
トウカイパラダイス 【瞬8平3消0】
キズナ       【瞬2平4消0】

平坦戦適性が高く、平坦戦だっG気鮠〕したヒルノダムールオルフェーヴルキズナがこのレースも勝利しています。
一方、ショウナンマイティラキシスといった平坦戦実績のあまりなかった馬も勝利しています。
但し、この2頭は平坦戦だったレースそのものの出走回数があまりない馬だったのも要因の一つです。
基本的には平坦戦適性が高いG鞠呂詫力でしょう。
人気馬が好走しやすいレースですが6番人気以下の馬でも出番がない訳ではありません。
過去5年では4頭の馬が馬券になっています。
ショウナンマイティ(1着)近2走、2着→2着
エアソミュール(3着)近2走、3着→3着
ダークシャドウ(2着)近2走、2着→1着
14年2着だったトウカイパラダイス以外の3頭は近2戦連続で好走していた好調馬でした。

今年の登録馬で平坦戦適性の高いG鞠呂
イスラボニータラブリーデイ
の2頭です。
イスラボニータは平坦戦だった皐月賞を勝利、ラブリーデイは平坦戦だった秋天を勝利しています。
キタサンブラックショウナンパンドラヌーヴォレコルトのG鞠呂睚臣垣錣眤弍可能だとは思いますがどちらかといえば瞬発戦の方が実績を残している馬です。
そして近走好調馬は
アンビシャスキタサンブラックショウナンパンドラタッチングスピーチヌーヴォレコルト
の5頭です。
上記に挙げた7頭は人気馬ばかりか…。

ここはタッチングスピーチに期待します。
ラップギアは【瞬1平3消0】でスローの瞬発戦では分が悪いが上りの掛かる平坦戦では確実に差して来るでしょう。
週末雨なら更に前進。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
タッチングスピーチラブリーデイショウナンパンドラ

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2015年1月25日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第71回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜アメリカジョッキークラブカップ GII
閲覧 96ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさんこんにちは!

本日は中山11R「アメリカジョッキークラブカップ GII」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。


U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、総合ポイントTOPのゴールドシップ
第2グループ(黄)は、ダークシャドウミトラの2頭。
第3グループ(薄黄)はフェイムゲームフラガラッハエアソミュールクリールカイザーの4頭で、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見ていくと、まず気付くのが総合1位ゴールドシップ、総合ポイント2位のダークシャドウ間にある1.2の溝です。上位グループの中では最大の溝となっていますのでアメリカジョッキークラブカップを紐解くカギになりそうです。

第2グループ以下にも溝はありますが、総合ポイント2位のダークシャドウから総合ポイント6位のクリールカイザーまで3ポイント以内とかなり混戦模様です。

本命は素直に総合ポイントTOPの◎ゴールドシップにします。出馬表的には上位グループでも抜けていますので信頼したいと思います。対抗以下は混とんとしていますので優劣は馬券妙味も含めて○にはミトラ、▲フラガラッハ、△ダークシャドウ、△クリールカイザー、☆パッションダンスとしました。

【3連複フォーメーション】
8

1,4,5,12,14

1,4,5,9,10,12,14

計20点

相手に穴馬が来ることを願って勝負です!パッションダンスは第4グループですが、ポイント差はそれほどないので加えてみました。

[もっと見る]

2014年10月29日(水) 20:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第295話天皇賞・秋(謎解き編)
閲覧 307ビュー コメント 0 ナイス 5

第295話 「天皇賞・秋」


09年 35.6-47.9-33.7 =1.57.2 ▼9△5△ 3 瞬発戦
10年 35.3-48.0-34.9 =1.58.2 ▼5▼4△ 6 瞬発戦 稍重
11年 34.3-46.0-35.8 =1.56.1 ▼1△2▼ 3 平坦戦
12年 34.8-45.9-36.6 =1.57.3 △2△8▼10 瞬発戦
13年 35.0-47.2-35.3 =1.57.5 ▼3▼1△7 平坦戦

稍重だった10年こそ1分58秒台でしたが以外の年は56〜57秒台となっており高速中距離戦のレース。
過去5年では瞬発戦3回、平坦戦2回でレースの上りは33秒7〜36秒6とかなり差がある。
レースでの上り2位以内の馬の成績が
5-1-4-0 勝率50.0% 連対率60.0% 複勝率100.0%
となっていて上りが重要になるのは間違いありませんが中盤で脚を溜めての一気の爆発力なのか中盤で脚を溜めなくても持続可能な末脚なのかはその年によって異なるというのがポイントかと思われます。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
カンパニー     【瞬7平6消1】
ブエナビスタ    【瞬5平5消0】
トーセンジョーダン 【瞬6平4消0】
エイシンフラッシュ 【瞬6平1消0】
ジャスタウェイ   【瞬6平1消0】
2着馬
スクリーンヒーロー 【瞬4平6消0】
ペルーサ      【瞬2平2消0】
ダークシャドウ   【瞬6平1消0】
フェノーメノ    【瞬5平0消0】
ジェンティルドンナ 【瞬4平4消0】

瞬発戦>平坦戦というタイプか瞬発戦=平坦戦というタイプが多くなっています。
瞬発戦<平坦戦というタイプはスクリーンヒーローのみなので多少の割り引きは必要でしょう。
平坦戦になろうともやはりコース適性【瞬9平1消0】の舞台ということです。

今年のメンバーで流れを作りそうなのはカレンブラックヒルサトノノブレス辺りでしょうか。
それよりも鍵を握りそうなのが柴田大Jに乗り戻るマイネルラクリマ
先週の菊花賞でもそうでしたが実際逃げたのはサングラスでしたがペースを落とさないようにしたのは2番手追走の柴田大J騎乗のマイネルフロストだったと思われます。
柴田大Jもマイネルラクリマのことは熟知してるはずでラストの上り勝負ではこのメンバーでは厳しいはず。
ならば中盤であまりペースを落とさせないよう突っつくはずで今年も平坦戦になると予想します。

となれば昨年上手くいった戦法で行ってみるか。
狙い目は東京コースで平坦戦だった重賞連対経験馬。
今年の登録馬では
アスカクリチャンイスラボニータエピファネイアカレンブラックヒルジェンティルドンナダークシャドウトーセンジョーダンペルーサ
の8頭です。
6歳以上の馬の成績は過去5年で1-0-1-36で割り引きが必要でしょう。
上記の馬で5歳以下の馬は
イスラボニータエピファネイアカレンブラックヒルジェンティルドンナ
の4頭となっています。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
イスラボニータマーティンボロデニムアンドルビー
なんだかんだいって外国人Jの成績3-1-2-7(勝率23.1%、連対率30.8%、複勝率46.2%)は脅威。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2014年10月8日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第292話毎日王冠(謎解き編)
閲覧 240ビュー コメント 0 ナイス 4

第292話 「毎日王冠


09年 35.8-35.9-33.6 =1.45.3 ▼ 6△ 2△ 5 瞬発戦
10年 35.5-35.4-35.5 =1.46.4 ▼ 9△10△ 2 瞬発戦 稍重
11年 36.1-37.0-33.6 =1.46.7 ▼11▼ 8△ 5 瞬発戦
12年 34.5-35.1-35.4 =1.45.0 ▼ 3△ 2△ 5 平坦戦
13年 35.5-37.9-33.3 =1.46.7 ▼15▼ 2△14 瞬発戦

12年は多頭数出走でシルポートが逃げてグランプリボスが番手で追い掛け回す展開となったおかげで中盤が緩まず平坦戦となりました。
過去10年で見ても平坦戦だった毎日王冠はこの年だけでレアケースと考えてもいいでしょう。
基本的には瞬発戦になりやすいレースですが昨年の様に▼15という大きな加速が生じた年もあれば09年の様に早めに動き出しての▼6という年もあるのでペース的には一貫している訳ではありません。
瞬発力が問われやすいレースなのは間違いないので上がり3Fで上位をマーク出来そうな馬がやはり有力候補となるでしょう。
但し、開幕週開催なので先行馬の前残りも十分可能な舞台ではあります。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
カンパニー     【瞬6平6消1】
アリゼオ      【瞬3平0消0】
ダークシャドウ   【瞬5平1消0】
カレンブラックヒル 【瞬1平3消0】
エイシンフラッシュ 【瞬7平1消0】
2着馬
ウオッカ      【瞬11平2消0】
エイシンアポロン  【瞬2平3消0】
リアルインパクト  【瞬2平2消0】
ジャスタウェイ   【瞬3平0消0】
ジャスタウェイ   【瞬5平1消0】

平坦戦だった12年の勝ち馬は平坦タイプのカレンブラックヒルでしたが以外はやはり瞬発タイプの馬が多い。
中盤が緩みやすいレースなので急加速の瞬発戦に対応出来る馬を狙うべきでしょう。

毎日王冠はG競ラスなので格もある程度必要。
展開が中盤が緩んでの瞬発戦になった場合でも格が上の馬の方が上のギアを使える可能性が高い。
過去5年の連対馬では12年の2着馬ジャスタウェイ以外はG機銑競ラスのレースで連対経験がありました。
(ちなみにジャスタウェイは瞬発戦<平坦戦という馬で秋天からの国内重賞3連勝は全て平坦戦でした。12年の毎日王冠も平坦戦となって12番人気で2着に突っ込んで来たのは偶然ではなかったと思われます)

今年の登録メンバーを見ると先行馬が手薄な印象。
スローの瞬発戦の可能性が高いと思われます。
となるとポイントなのは
・重賞で▼10以上の瞬発戦実績
・G彊幣紊馬対経験
・脚質は前>後ろ
辺りでしょう。
G彊幣紊馬対経験のある馬は
イケドラゴングランデッツァサンレイレーザーダークシャドウダイワマッジョーレダノンヨーヨーペルーサロゴタイプロサギガンティアワールドエース
の10頭です。

有力候補なのは
グランデッツァ
次点では
サンレイレーザーダークシャドウロゴタイプ
かな。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
グランデッツァサンレイレーザーワールドエース
グランデッツァ函館記念に出走していなければ不動の◎なんですが前走が余分だなぁと思います(秋のG気妨けての賞金加算が目的だったとは思いますが…流れが悪い気がします)


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2014年7月22日(火) 15:00 【ウマニティ】
先週の回顧〜岡村信将プロが土日トータルで46万2010円の収支プラスをマーク!
閲覧 105ビュー コメント 0 ナイス 1

 先週は、20(日)に函館競馬場でG3函館記念が、19日(土)に函館競馬場でG3函館2歳ステークスがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
G3函館記念は好スタートを切ったゼロストウカイパラダイスが積極果敢に先手を奪い、淀みないペースで直線へ。逃げるトウカイパラダイスを直後2番手にに付けていたグランデッツァが並びかけると、一気に捲って好位へ進出したラブイズブーシェが2頭を交わして一気に先頭へ。ラスト100m、外からダークシャドウアドマイヤフライト、内からステラウインドが脚を伸ばしますが、捉えることはできず、ラブイズブーシェが初重賞制覇を飾りました。3/4差の2着にはダークシャドウ、そこから1馬身1/2差の3着にステラウインドが入っています。
 公認プロ予想家の中では◎▲○のパーフェクト的中を披露したレイトバスター事務局プロ伊吹雅也プロスガダイプロ馬っしぐらプロ計4名が的中しています。
一方のG3函館2歳ステークスは、絶好のスタートを切った2人気アクティブミノルが先手を奪って直線へ。逃げるアクティブミノル目掛けてアンブリカルマイネルエスパスクールホタルビトウショウピストが追い出しますが、差は詰まりません。ラスト100m、道中脚を溜めていたタケデンタイガーが内から一気に伸びてきますが、時すでに遅し。アクティブミノルが連闘もなんのその、圧巻の逃げ切りで世代初の重賞ウィナーとなりました。
 公認プロ予想家の中では10万超えの払い戻しをマークした“帰ってきた”凄馬勝子プロレイトバスター事務局プロ導師嵐山プロ山崎エリカプロ馬っしぐらプロジョアプロ計6名のプロが的中しています。

その他では岡村信将プロ3連複プリンセスプロ☆まんでがんプロ夢月プロ佐藤洋一郎プロkmプロ河内一秀プロサウスプロが活躍を見せています。

☆☆☆注目プロ → 岡村信将プロ
20(日)の函館8Rオリエンタルダガーの単勝41.3倍を的中!16万5510円を払い戻すと続く、福島8Rで単勝77.8倍のエバーダンシングを本命に抜擢!30万5170円の払い戻しをマーク!土日トータル46万2010円の収支プラスを達成しました!

☆☆☆注目プロ → ☆まんでがんプロ
19(土)の中京6Rで単勝11.2倍のグラブザフラッグを仕留めると、続く福島6Rでは単勝64倍の大穴、ナリネーヴェの単勝を1万円的中!同日の函館9Rでも3連複266倍を500円的中させ、土日トータル回収率153%、収支37万6990円プラスをマークしました!

☆☆☆注目プロ → レイトバスター事務局プロ
◎▲○のパーフェクト予想を披露した函館記念函館2歳ステークスをともに的中!さらに、20(日)の中京6Rでは馬連33.7倍、3連複76倍を本線的中!10万2890円を払い戻しました!土日ともに好調予想を幾度となく披露し、週末トータルでは回収率154%、21万5770円の収支プラスをマークしています。

☆☆☆注目プロ → 夢月プロ
20(日)の函館8Rオリエンタルダガー(41.3倍)の単勝、函館12Rラヴェルソナタ(10.7倍)の単勝をそれぞれ1万円1点勝負で的中。土日トータルでは、回収率129%・収支20万9000円プラスをマークしています!

☆☆☆注目プロ → kmプロ
20(日)中京4Rクロニクルスカイ(20.4倍)、函館8Rオリエンタルダガー(41.3倍)の単勝を見事的中!土日トータル回収率112%の好成績を収めています!

☆☆☆注目プロ → 河内一秀プロ
コンスタントに的中を重ね、的中率33%、回収率111%とカツラギの指数精度を示しました!

☆☆☆注目プロ → サウスプロ
20(日)函館9Rで◎○で馬連57倍を2000円的中!11万4000円のスマッシュヒットとなりました!

☆☆☆注目プロ → 佐藤洋一郎プロ
20(日)の函館12Rで◎に伏兵、サンブルエミューズを指名!3連単50万2840円のホームラン!!

この他にも3連複プリンセスプロ(169%)、スガダイプロ(107%)馬っしぐらプロ(102%)が土日トータル100%超えの活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら

今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

「TC-007」

[もっと見る]

2014年7月22日(火) 12:00 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』7月19日-7月20日の結果
閲覧 113ビュー コメント 0 ナイス 2

こんにちは!

東京は梅雨明けでもう夏モードです(^^)/
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

本日は先週の凄馬出馬表の結果をお伝えいたします!

まずは「第50回函館記念GIII」の結果です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。





1着:総合ポイント【10位】ラブイズブーシェ(7.1倍)
2着:総合ポイント【4位】ダークシャドウ(13.7倍)
3着:総合ポイント【11位】ステラウインド(12.9倍)

第3グループの総合ポイント第10位ラブイズブーシェが1着、2着には第1グループ、総合ポイント4位のダークシャドウ、3着には第3グループの総合ポイント第11位のステラウインドという結果でした。総合ポイントで馬券圏内としていた3頭の組み合わせでしたが、第1グループ、第2グループ間の溝に注目して馬券を構築したので的中とはなりませんでした。第2グループ以降のポイントは接戦でしたので荒れるハンデ戦ということでもう少し視野を広げて考えるべきでした(◞‸◟ㆀ)

【馬連ボックス】
7,9.12.13

【ワイドボックス】
7,9,12,13

計12点 払い戻し0円

続いて7/19(土)に行われました中京11R 「マレーシアカップ」の結果です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】クランモンタナ(2.5倍)
2着:総合ポイント【6位】ダノンフェニックス(7.9倍)
3着:総合ポイント【8位】ロンギングダンサー(8.2倍)

第1グループの総合ポイント1位のクランモンタナが1着、第2グループの総合ポイント6位ダノンフェニックスが2着、第3グループの総合ポイント8位ロンギングダンサーが3着という結果でした。馬券は第1グループのクランモンタナリヤンドファミユを1、2着においての3連単でしたので的中とはなりませんでした。第1グループ→1着、第2グループ→2着、第3グループ→3着と決まり、こちらも馬券上手の方ならきっと、、、、。(◞‸◟ㆀ)

【3連単フォーメーション】
9、10

9、10

1、2、3、4、7、8、11

合計14点 払い戻し0円

さて最後に明るい話題を!
土曜日のコラムで簡単にご紹介させていただいた函館2歳Sにも触れたいと思います。

※7月19日(土)コラムより抜粋
総合ポイント1位 マイネルエスパス 86.2P
    〃  2位 アクティブミノル   84.7P
    〃  3位 スルターナ      84.1P
    〃  4位 クールホタルビ   81.7P
    〃  5位 タケデンタイガー  81.3P

総合ポイント2位のアクティブミノル(8.5倍)が1着、総合ポイント5位のタケデンタイガー(57.3倍)が2着!!馬連は168倍の好配当でした(^^)/。凄馬出馬表の威力を発揮したレースでしたのでこのレースをちゃんと取り上げなかったのは後悔です(´・ω・`)

今週もめげずに土曜日と日曜日の各1レースをコラムに取り上げていきますので引き続き宜しくお願い致します!

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダークシャドウの口コミ


口コミ一覧

本日の見所(毎日王冠)

 山崎エリカ 2015年10月11日() 08:51

閲覧 99ビュー コメント 0 ナイス 7

2015年 毎日王冠
________

昨日、土曜日の東京は、想定どおりの高速馬場で、内々、前々有利のオンパレードでした。しかし、高速馬場でもG2の毎日王冠となると内々、前々を狙うというのは安易です。少なくとも東京芝1800mで行われるレースのなかでは一番の格が高いレースだからです。

レースを勝てば、新馬・未勝利→500万下→1000万下→1600万下→オープン特別→G3→G2→G1と格が上がって行きます。一般的にはクラスが上がればペースも上がります。しかし、近年は『スローペース症候群』と言われているように、前日や同日の500万下の決着タイムよりも毎日王冠の決着タイムが遅いこともあります。例えば、2011年の毎日王冠は、同日の最終12R・芝1800mの500万下よりも0.4秒も遅い決着タイムでした。

●東京11R・毎日王冠(勝ち馬ダークシャドウ)
12.8 - 11.5 - 11.8 - 12.6 - 12.4 - 12.0 - 10.9 - 11.1 - 11.64F通過48秒7-5F通過61秒1 最終走破タイム 1分46秒7
●東京12R・500万下(勝ち馬エチゴイチエ)
13.1 - 11.5 - 11.3 - 11.7 - 11.7 - 11.7 - 11.3 - 12.0 - 12.04F通過47秒6-5F通過59秒3 最終走破タイム 1分46秒3

しかし、毎日王冠ラスト4F目の12秒0からラスト3F目10秒9へと急加速しているのが、レースの格なのです。この急激なペースアップで能力上位馬とそうでもない馬が振るいにかけられ、弱い馬はここで置かれます。よくドスローだと能力どおりに決まらないと言われることもありますが、実はそうでもないです。ダークシャドウは次走の天皇賞(秋)の2着、このレースの2着馬は、今回も出走する列記としたG1馬のリアルインパクトです。

今回で伝えたいのは、スローペースだから指数どおりに決まらないとするのは正しくはないということ。確かにスローだと馬群が雁行状態となりロスが生じやすく、進路を失いやすいため、平均ペースやハイペースのほうがより能力どおりには決着します。でも、スローペースでも意外と能力どおりに決まっているのです。

また、毎日王冠は高速馬場特有のハイレベル戦で、前が前半で奪いきれなかったリードを奪おうと、後半で早仕掛けをしてくるので潰れることが多いです。ちなみに2011年の毎日王冠で12秒0から10秒9まで引き上げたのはシルポートですが、スローでありながらも8着に敗れました。前が残れるとしたら、もう少し前半から動いて、4コーナーの最内で脚を溜めることでしょうね。さて、エイシンヒカリと武豊騎手は、どういう逃げを打つのか?

・・・というのを書いて寝て起きたら、けっこうな雨が降っていました。道悪になってしまったようです。正直、武豊騎手は、急激なペースアップは悪だということをよく熟知し、とても嫌う騎手なので、エイシンヒカリは良馬場ならば4F通過46秒台前半、5F通過58秒台までペースを引き上げて、かつてのサイレンススズカのような能力ガチンコ勝負(コース取りに有利不利がないという意味での能力勝負)に持ち込むと見ていましたが、道悪か? これだと自ら主導権と取って、平均ペースに持ち込む必要性もないし、平均ペースで逃げたつもりがオーバーペースになる危険性もあります。今回のエイシンヒカリは、テンが速いリアルインパクトの2番手という姑息な戦法をとってくることも視野に入れなければならなくなりました。ただ、エイシンヒカリに武豊騎手が乗っている以上は、完全なスローペースということはないはずなので、ガチンコ勝負に近い形で予想を組み立てます。

 TERAMAGAZI 2013年10月23日(水) 20:55
【天皇賞(秋)】トニービンの血→爆ヴェルデグリーン 
閲覧 28ビュー コメント 0 ナイス 2

【第148回 天皇賞(秋)】G1完全攻略
第1回【血統的考察】

東京10ハロンは、スピードの持続力とタフな底力が要求されるハードなコース。
マイラー系の好走もあるが、基本的には、クラシックディスタンス(2400m)を勝てる馬が勝つレースと言えます。

過去10年の連対馬30頭中、13頭がスピードと底力のある父サンデーサイレンス系ですが、
勝ち馬に限って見ると、04年ゼンノロブロイ、05年ヘブンリーロマンス、06年ダイワメジャーとサンデーサイレンスの直仔ばかり。

サンデーサイレンスの仔の産駒は、07年2着アグネスアーク(アグネスタキオン)。08年2着ダイワスカーレット(アグネスタキオン)、同年3着ディープスカイ(アグネスタキオン)。10年2着ペルーサ(ゼンノロブロイ)。11年2着ダークシャドウ(ダンスインザダーク)、同年3着ペルーサ、同年4着ブエナビスタ(スペシャルウィーク)。12年フェノーメノ(ステイゴールド)、同年4着ダークシャドウ、同年5着カレンブラックヒル(ダイワメジャー)
2着馬は5頭もいるのに勝ち切れていません。
※勝ち馬は10年のブエナビスタ(スペシャルウィーク)ただ一頭だけ。
(ブエナはG1・6勝の歴史的名馬だから例外と見ていいでしょう)

東京コースG1を多く勝っているディープインパクト産駒もステイゴールド産駒もダイワメジャー産駒も天皇賞(秋)は、未勝利!!!

サンデー系以外で強い血はトニービン
凱旋門賞馬トニービンは、95年サクラチトセオー、97年エアグルーヴ、98年オフサイドトラップと3頭の勝ち馬を輩出しています。

トニービンの仔の産駒では、11年1着トーセンジョーダン(ジャングルポケット)、09年カンパニー(ミラクルアドマイヤ)と2頭の勝ち馬が出ています。
また10年3着アーネストリー、12年3着ルーラーシップの母父はトニービンです。

血統的考察からのイチ推しは「トニービンの血」を持つ馬。
ジャングルポケット(父トニービン)産駒ヴェルデグリーン

ヴェルデグリーンはジャングルポケット×スペシャルウィークで、父、母父ともにダービー馬。
クラシックディスタンス(2400m)にフィットする配合。

しかも母母ウメノファイバーはオークス馬。

ウメノファイバーの父は天皇賞(秋)馬サクラユタカオー。

さらに7代母トキツカゼは、牝馬ながら皐月賞馬でダービー2着。

ヴェルデグリーン。アタマから狙えます!!!!!!!

明日は、【前走(ステップレース)からの考察】を書きます。
ご覧下さい。


JRAから先週の10万馬券証明書が発行されたので掲載しときます。(今年、4枚目)

僕のJRAと地方競馬の全レースの予想と買い目を公開しています
↓↓↓↓
【サンスポ・競馬エイト】】ウマニティ】予想コロシアムにて「中央競馬・全レース」買い目公開中
http://umanity.jp/coliseum/profile.php

【サンスポ・競馬エイト】【ウマニティ】予想コロシアムにて「地方競馬・全レース」買い目公開中
http://nar.umanity.jp/coliseum/profile.php?user_id=35fe1fee66

Twitterやってます。
https://twitter.com/tera_chaaaaan

【TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想!】で競馬の予想をしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/teramagazine

[もっと見る]

 TERAMAGAZI 2013年6月2日() 19:05
やっぱり、アンカツ師匠はスゴイわ。
閲覧 39ビュー コメント 0 ナイス 0

やっぱり、アンカツ師匠はスゴイわ。



ロードカナロアはマイルでも絶対イケルって断言してたし、ショウナンマイティは東京マイルで1番キレるって言ってた。



ダークシャドウ。全然キレませんでした・il||li▄█▀█●il||li・



ツルマルボーイとイメージを重ねたのは間違いではなかったと思うけど、東スポで、爆笑問題の田中が同じ

コト言ってたし、競馬予想TVでは、松本ヒロシが本命ヽ(´Д`;)ノアゥ...。



昨年の有馬記念のナカヤマナイトを思い出しました。



マツリダゴッホが勝ったイメージにダブらせてたんだけど、やはり、ヒロシに本命にされて撃沈… ・

il||li▄█▀█●il||li・



なかなか上手く行かない。



ダークシャドウの50,000円馬券(しかも複勝なのがチキン!)を事前購入公開したのは、トンだお間抜

けさんでした。



それにしてもロードカナロアは強かった。



「父キングカメハメハ×母父storm cat」だから、血統では全然マイルOKなんだけど、陣営が、1200m

に拘った使い方して来たから一抹の不安はあった。



ドバイに行かなかったのは、ロードカナロアの力を信じ切れず、カタく国内スプリントで稼ごうというコス

イ意図が見えてたから。



現役最強馬オルフェーヴル。

宝塚記念を確実に勝って、凱旋門賞も勝たないと、年度代表馬をロードカナロアに持って行かれちゃうな。



カレンブラックヒルはダメだった。

前走のマイラーズC4着で復活か?と思わせたけど…。

やっぱり無謀な(ダートをナメた)フェブラリーS参戦で全てが狂っちゃったね。

繊細なサラブレッド。

エリート路線を歩んできた馬が大惨敗した傷は深い。

「ダート行けます!行きましょう」と(軽い気持ち?)で進言した秋山ジョッキーの罪は改めて重い。



サダムパテックも案外だった。

ダービー優勝でノってるユタカさんなら、2週連続G1優勝!もアリかと思ったけど、外枠過ぎたのが良く

なかったのか…。



ナカヤマナイトは、次走は宝塚記念だろうけど、史上最高メンバーになるからキビシイ。G2とかG3を地

道に拾って行くしか生きる道はないかも。



ヴィルシーナは、典型的な牝馬限定ホース。

ヴィクトリアマイルが、メイチの仕上げでオツリがなかったんだろうけど、牡馬と走ると能力を発揮出来な

い牝馬なんじゃないかな。

エリ女2連覇したアドマイヤグルーヴもそうだった。



フィフスペトルが事故死したから、繰り上がりで出走出来たダノンシャークが3着というのも感慨深い。

巡り合わせの妙なんだろうけど、運命の歯車はどう転ぶか分からない。



「WIN−5」は惜しかった。



ハズしたのは、デンファレがハナ差で勝った「由比ガ浜特別」だけ。

しかも2着ジョーオリオン、3着シルクドリーマー、4着キングオブローも買ってたから口惜しすぎる。



でも「WIN−5」はそういうモンな気もする。

1レースだけハズす人(しかもかなり惜しい感じで)はきっと多いんだろうな。



…勝っても負けても個人の収支に関係なく競馬は進んで行く。



既にJRAのHPには、安田記念の残滓はなく、来週のエプソムカップとマーメイドSしか載っていない。



それにしても一度大きく勝たないとマジでタネ銭が無くなる。

フェブラリーで100万勝って、中山記念→阪急杯と連勝したのが遥か昔に思える。



次に勝負賭けるのは宝塚記念かー。




【TERAMAGAZINEの爆勝!競馬予想!買い目も公開!】で競馬の予想をしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/teramagazine

【ブッチNEWS】というニュースサイトで、芸能コラムと競馬コラムを書いています。
http://bucchinews.com

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダークシャドウの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  勝馬   フォロワー:2人 2011年2月12日() 09:42:20
レースAA

ダークシャドウの写真

ダークシャドウ

ダークシャドウの厩舎情報 VIP

2015年1月25日アメリカジョッキーC G210着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ダークシャドウの取材メモ VIP

2015年1月25日 アメリカジョッキーC G2 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。