フサイチコンコルド(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  鹿毛 1993年2月11日生
調教師小林稔(栗東)
馬主関口 房朗
生産者社台フアーム
生産地早来町
戦績 5戦[3-1-1-0]
総賞金23,415万円
収得賞金3,950万円
英字表記Fusaichi Concorde
血統 Caerleon
血統 ][ 産駒 ]
Nijinsky
Foreseer
バレークイーン
血統 ][ 産駒 ]
Sadler's Wells
Sun Princess
兄弟 アンライバルドボーンキング
前走 1996/11/03 菊花賞 G1
次走予定

フサイチコンコルドの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
96/11/03 京都 10 菊花賞 G1 芝3000 17245.023** 牡3 57.0 藤田伸二小林稔508(-4)3.05.2 0.134.4⑥⑧ダンスインザダーク
96/10/19 京都 10 カシオペアS OP 芝2000 118101.312** 牡3 57.0 藤田伸二小林稔512(+18)2.00.3 0.834.6⑦⑦⑤メジロスズマル
96/06/02 東京 9 東京優駿 G1 芝2400 1871327.671** 牡3 57.0 藤田伸二小林稔494(+4)2.26.1 -0.034.9⑦⑥⑤⑤ダンスインザダーク
96/03/09 阪神 9 すみれS OP 芝2200 138122.111** 牡3 55.0 藤田伸二小林稔490(-2)2.16.0 -0.134.5⑧⑦⑥セイントリファール
96/01/05 京都 7 3歳新馬 芝1800 147121.911** 牡3 55.0 藤田伸二小林稔492(--)1.49.9 -0.234.7ヒシビート

フサイチコンコルドの関連ニュース

 《小倉》土曜の芝1200メートル未勝利戦(牝馬)を勝ち上がったスギノブロッサム(栗・浅見、父フサイチコンコルド、母ブライアンズビット、母の父ブライアンズタイム)は4戦目だったが、タイムの1分8秒9(良)は優秀。夏の小倉開催で芝1200メートルの2歳戦は28鞍が行われたが、1分9秒を切って勝ったのは他に4頭しかいない。そのうちの3頭は1分9秒0で決着した小倉2歳Sを勝ったジュエルオブナイル、3着オレンジティアラ、4着同着サリエルなのだから、重賞級の力を秘めているということだ。フサイチコンコルド産駒らしい気の強さが短距離向きに出ているかもしれないが、血統背景はむしろ中距離型。成長次第では距離もこなしてくるだろう。(柴田章利)

【皐月賞】アンライバルド“1冠”父子制覇達成!2009年4月19日() 15:51

 19日、中山競馬場で「第69回皐月賞」(GI、芝2000メートル)が行われ、岩田康誠騎手騎乗で3番人気のアンライバルド(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)が直線、一瞬で抜け出し1分58秒7(良)で完勝した。

 2005年のディープインパクト以来、4年ぶりに無敗Vを目指した1番人気ロジユニヴァース(牡3歳、美浦・萩原清厩舎)、きさらぎ賞リーチザクラウン(牡3歳、栗東・橋口弘次郎厩舎)は直線でも追って伸びず、ともに掲示板にも載れなかった。

 アンライバルドは、父ネオユニヴァース、母バレークイーン、母の父サドラーズウェルズ。牡3歳で栗東・友道康夫厩舎所属。通算5戦4勝。重賞はGIIスプリングSに続いて2勝目。

 半兄には1996年に3戦無敗で日本ダービー(GI)を制したフサイチコンコルド京成杯(GIII)を勝ったボーンキング。半姉には府中牝馬S(GIII)2着のグレースアドマイヤ。近親に皐月賞(GI)を制したヴィクトリー阪神大賞典などGII3勝のリンカーン函館2歳S(GIII)を勝ったアンブロワーズなどがいる。バレークイーン産駒はフサイチコンコルドアンライバルドで「兄弟クラシック制覇」を達成した。

 2着は桜花賞キョウエイマーチの子トライアンフマーチ、3着は昨年の2歳王者セイウンワンダー

[もっと見る]

【スプリングS】アンライバルド父子制覇!2009年3月22日() 15:58

 22日、中山競馬場で皐月賞トライアル(3着まで皐月賞優先出走権)の「第58回スプリングS」(GII、芝1800メートル)が行われ、岩田康誠騎手騎乗で1番人気のアンライバルド(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)が逃げ切り、2分03秒5(稍重)で快勝。無敗で弥生賞を制したロジユニヴァース“1強”に待ったをかけた。

 アンライバルドは、父ネオユニヴァース、母バレークイーン、母の父サドラーズウェルズ。牡3歳で栗東・友道康夫厩舎所属。通算4戦3勝。重賞は初勝利。

 半兄には1996年に3戦無敗で日本ダービー(GI)を制したフサイチコンコルド京成杯(GIII)を勝ったボーンキング。半姉には府中牝馬S(GIII)2着のグレースアドマイヤ。近親に皐月賞(GI)を制したヴィクトリー阪神大賞典などGII3勝のリンカーン函館2歳S(GIII)を勝ったアンブロワーズなどがいる。バレークイーン産駒はフサイチコンコルドボーンキングアンライバルドで「3兄弟重賞制覇」を達成した。

 1着アンライバルド、2着レッドスパーダ(牡3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)、3着フィフスペトル(牡3歳、美浦・加藤征弘厩舎)は皐月賞の優先出走権を獲得した。

[もっと見る]

【スプリングS】10点満点アンライバルド2009年3月18日(水) 05:04

 過去10年でサンデーサイレンス直子が3勝で、その孫が2勝。SS系で現在もっとも勢いがある種牡馬はネオユニヴァースだ。初年度から無傷のV4で弥生賞を勝ったロジユニヴァースが出て、早くもクラシック父子制覇が現実味を帯びてきた。

 ロジの強力なライバルとして、同じ父を持つアンライバルドスプリングSに駒を進めてきた。母バレークイーンは96年のダービー馬フサイチコンコルドを筆頭に、その産駒が重賞で活躍し、中山芝1800メートルとの相性の良さも見逃せない。今回と同じ舞台で行われる中山記念は今年までの5年でバレークイーンの“孫”が4勝。バランスオブゲーム(05、06年)はフサイチコンコルド産駒で、カンパニー(08、09年)はミラクルアドマイヤ産駒。中山の芝9ハロン重賞とは抜群に相性のいい血統だ。

 キングカメハメハも初年度産駒が大活躍。世代初の重賞ウイナーとなったフィフスペトルは、父の08年2歳リーディングサイアー獲得の牽引役を務めた。母の半姉ブラッシングケイディーがケンタッキーオークスなど重賞4勝を挙げているように母系も優秀。初距離のここでもスタミナ切れの心配はなさそう。

 リクエストソングは、3歳秋に一気に本格化した父シンボリクリスエスの産駒らしく一戦ごとに力をつけてきた。母は芝とダートで6勝。近親にはモノポール(巴賞勝ち)など、中距離で活躍する馬が多い。

 この春はレッドディザイア(エルフィンS)、アントニオバローズシンザン記念)などマンハッタンカフェ産駒の活躍も目立つ。メイショウドンタクも前記2頭と同様に、万能型の母系が長距離指向の父とうまくミックスしている。

 京都2歳Sアンライバルドを負かしたイグゼキュティヴは、父がBCターフなど芝の中長距離GIを4勝。叔母に96年の桜花賞ファイトガリバーがいる。

 サイオンは05年の朝日杯FSを勝ったフサイチリシャールの半弟。初芝にも不安はない。(血統取材班)

[もっと見る]

フサイチコンコルドの関連コラム

関連コラムはありません。

フサイチコンコルドの口コミ


口コミ一覧

菊花賞の思い出

 河内一秀 2009年10月22日(木) 03:28

閲覧 30ビュー コメント 6 ナイス 0

かつて京都に住んでいたこともあって、淀のG1は好きなレースが多いのですが、その中でも一番好きなレースは菊花賞です。なぜなら、僕の原点は血統とパドックだから。そんなわけで、過去の菊花賞を振り返ってみました。

初めて現場で見たのは1995年。本命はシグナルライト。相手は、トウカイパレス、ホッカイルソー、イブキタモンヤグラ、ダンスパートナー、タヤスツヨシ。シグナルライトが、いきなり引っ掛かって終了。しかも、マヤノトップガンってだれ?マヤノトップガン&田原コンビとは最後まで相性が悪かった。

一番印象が強いのが、翌1996年。僕は、フサイチコンコルドの新馬戦を現場で見ています。忘れもしない、1996年1月5日京都7R。とにかく、抜け出すときの脚が凄かった。このレースを見終わった瞬間、この馬がダービーを勝つと確信していました。当時の競馬仲間にも散々言い触らしました。そして数ヵ月後…ロイヤルタッチを軸にした馬券を手に呆然自失。自分の目を信じきれなかった事に対する自己嫌悪。それからさらに数ヵ月後…フサイチコンコルドの単勝馬券を手に再び呆然自失。でも、ダンスインザダークの脚は凄かった。ただ、菊花賞というレースではあの脚が逆に足かせになると思って軽視していました。

フサイチコンコルドの一件で競馬仲間の信頼を得ていた僕は、1998年の菊花賞で本命を聞かれて、自身を持ってセイウンスカイと答えました。スペシャルウィークも強いが、ダービーを見れば明らかに瞬発力がありすぎる。菊花賞向きのタイプではない。ダンスインザダークの時と同じ理屈です。しかし、当日、手にしていた馬券は何故か馬連。当時、貧乏だった僕は単勝よりも僅かに高いオッズに目が眩んでしまいました。おかげで、セイウンスカイがゴールする場面が記憶にない…

最後に現場で見たのは1999年。この年は、どう転んでも三強で決まるだろうというところで保留して、最終判断はパドックに持ち越していました。当日、パドックで目に付いたのは、アドマイヤベガのテンションの高さでした。このテンションだと、ダービーで見せた瞬発力をこの舞台で発揮するのは難しいだろうと判断し、残る二強の馬連一点勝負。

今週末、10年ぶりに菊花賞を現場で観戦します。

フサイチコンコルドの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

フサイチコンコルドの写真

投稿写真はありません。

フサイチコンコルドの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

フサイチコンコルドの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。