インヴィクタ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
インヴィクタ
写真一覧
現役 牡4 黒鹿毛 2014年2月18日生
調教師友道康夫(栗東)
馬主佐々木 主浩
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 7戦[2-0-1-4]
総賞金2,353万円
収得賞金900万円
英字表記Invicta
血統 ハービンジャー
血統 ][ 産駒 ]
Dansili
Penang Pearl
ラスティングソング
血統 ][ 産駒 ]
フジキセキ
ハルーワソング
兄弟 クィーンズベストエレガントソング
前走 2018/05/13 白川特別
次走予定

インヴィクタの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/05/13 京都 9 白川特別 1000万下 芝2400 10773.429** 牡4 57.0 酒井学友道康夫480(0)2.39.0 2.138.9グローブシアター
18/04/14 阪神 9 蓬莱峡特別 1000万下 芝1800 103310.555** 牡4 57.0 岩田康誠友道康夫480(+8)1.46.6 0.434.0⑤④マテンロウゴースト
17/05/06 京都 11 京都新聞杯 G2 芝2200 12444.337** 牡3 56.0 C.ルメー友道康夫472(-2)2.15.6 0.433.9⑪⑪⑩⑨プラチナムバレット
17/03/18 阪神 11 若葉S OP 芝2000 11672.813** 牡3 56.0 C.ルメー友道康夫474(-2)2.00.6 0.335.2⑩⑩⑩⑥アダムバローズ
17/01/28 京都 9 梅花賞 500万下 芝2400 9778.241** 牡3 56.0 S.フォー友道康夫476(+10)2.27.4 -0.335.1④⑤⑤⑤アウステルリッツ
16/09/03 札幌 11 札幌2歳S G3 芝1800 13337.437** 牡2 54.0 C.ルメー友道康夫466(+2)1.50.6 0.735.4⑫⑪⑫⑩トラスト
16/08/07 札幌 5 2歳新馬 芝1800 10332.011** 牡2 54.0 C.ルメー友道康夫464(--)1.53.6 -0.035.1⑧⑥⑥ロードコランダム

インヴィクタの関連ニュース

 シュヴァルグランは坂路での併せ馬で力強い走りを披露。三浦騎手に促されて最後まで踏ん張り、4ハロン53秒0-12秒4でインヴィクタ(1000万下)に1馬身先着した。2週連続で手綱を取った鞍上は「思っていた以上に動きがよかった。またがったときから先週より気合が乗っていて、動きもひとつ上がった感じ。自信を持って乗りたい」と力を込めた。

★大阪杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【京都新聞杯】レースを終えて…関係者談話2017年5月7日() 05:01

 ◆川田騎手(サトノクロニクル2着) 「3コーナーから動かざるを得ない状況になったのが…。最後は盛り返してくれたんですけどね。申し訳ないです」

 ◆和田騎手(ダノンディスタンス3着) 「現時点でやれることはやれた。この感じでやれたら先々が楽しみ」

 ◆池添騎手(サトノリュウガ4着) 「(3角過ぎの)下りでペースアップしたときにもたつきました。休み明けの影響なのかな」

 ◆菊沢騎手(ミッキースワロー5着) 「いい位置で運べました。ただ動くのが早かったので、そのぶん、止まりました」

 ◆武豊騎手(ゴールドハット6着) 「勝てると思ったが、脚いろが同じに。少し距離が長いかも」

 ◆ルメール騎手(インヴィクタ7着) 「出遅れて、いいポジションを取れなかった。勝った馬より(直線の)反応も遅かった」

★6日京都11R「京都新聞杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【京都新聞杯】プラチナムバレットが東上最終便でV 2017年5月6日() 15:41

 5月6日の京都11Rで行われた第65回京都新聞杯(3歳オープン、GII、芝・外2200メートル、馬齢、12頭立て、1着賞金=5400万円)は、浜中俊騎手騎乗の2番人気プラチナムバレット(牡、栗東・河内洋厩舎)が快勝し、重賞初制覇を達成するとともに、ダービーへの“東上最終切符”を獲得した。タイムは2分15秒2(良)。

 レースはウインベラシアスが大逃げを打ち、ダノンディスタンスカケルテソーロサトノクロニクルサトノリュウガなどが先行集団を形成。プラチナムバレットは8番手あたりを進み、インヴィクタは後方2~3番手に控えた。3~4コーナーにかけて、逃げていたウインベラシアスと2番手以下の距離が縮み、直線でいったんダノンディスタンスが先頭へ。すぐに内からサトノクロニクル(1番人気)が抜け出してきたが、ゴール寸前に、外から一気に脚を伸ばしてきたプラチナムバレットがアタマ差で差し切った。さらにクビ差の3着にダノンディスタンス(6番人気)が入り、サトノリュウガ(5番人気)が4着。インヴィクタ(3人気)は7着だった。

 プラチナムバレットは、父マンハッタンカフェ、母スノースタイル、母の父ホワイトマズルという血統。北海道新ひだか町・岡田スタッドの生産馬で、馬主は(株)ノルマンディーサラブレッドレーシング。通算成績は6戦3勝。京都新聞杯は、河内洋調教師、浜中俊騎手ともに初勝利。なお、河内調教師は騎手時代に1978年(メジロイーグル)、2000年(アグネスフライト)と2度優勝している。

 ◆浜中俊騎手「前で競馬をしたかったんですが、後手に回る形になりました。でも、(直線で)外に進路を取ってから伸びてくれましたね。勢いがあったので、ゴールではかわしたかなと思いました。注文のつかない馬で、一戦一戦強くなっています。自在性があるのが長所で、ダービー(に出走した場合)でも一生懸命走ってくれると思いますよ」

★6日京都11R「京都新聞杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【京都新聞杯】厩舎の話2017年5月5日(金) 05:03

 ◆インヴィクタ・友道師 「動きは良かった。距離延長で外回りなら」

 ◆ウインベラシアス・西園師 「使うごとに良くなっているが、展開利がないと…」

 ◆カケルテソーロ・吉村師 「芝は大丈夫だと思うが、時計が速くなるのはどうか」

 ◆ゴールドハット・辻野助手 「2週続けて単走で。距離はこなせると思う」

 ◆サトノクロニクル・池江師 「徐々に良化。京都替わりはプラス」

 ◆サトノリュウガ・池添騎手 「動きは良かった。素質は高い」

 ◆ダノンディスタンス・佐々木師 「前走は心房細動みたい。改めて」

 ◆ハギノアレス・鮫島師 「徐々に良くなっている。前走の勝ち時計も悪くなかった」

 ◆プラチナムバレット・河内師 「動きはいい。距離延長はプラス」

 ◆ミッキースワロー・菊沢師 「輸送もあるのでこれでいい。前走もいい脚を使った」

 ◆メルヴィンカズマ・西浦師 「調教は走らない。スムーズなら」

 ◆ユキノタイガ・富田騎手 「抜け出してからの反応は良かった」

京都新聞杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都新聞杯】インヴィクタ、馬なり12秒92017年5月4日(木) 05:03

 インヴィクタは坂路で併せ馬。ヴォルシェーブ(OP)に半馬身遅れたものの、馬なりで4ハロン53秒9-12秒9の上々の時計をマーク。動きは軽快だった。友道調教師は「動きはよかったね」と笑顔で状態に太鼓判を押した。前走の若葉Sは1番人気で3着だったが、「内回りで距離も短かった。距離が延びて外回りなら」と反撃に手応え。ルメール騎手も「(2走前に勝っている)京都はプラス」と力を込めた。

京都新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都新聞杯】インヴィクタ近3走上がり最速2017年5月3日(水) 05:04

 若葉S3着のインヴィクタは、近3走すべて上がり3ハロン最速をマークしている。友道調教師は「前走は内回りで距離も短かった。外回りになるのはいいし、在厩して調教は緩めることなくしっかりやってきた。東京の2400メートル(ダービー)を走らせたいね」とVをにらむ。

京都新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

インヴィクタの関連コラム

閲覧 835ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!

本日は京都11R「京都新聞杯 G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、インヴィクタから1.0ポイント差(約1馬身差)内のプラチナムバレットまで2頭。
第2グループ(黄)は、サトノクロニクルから1.0ポイント差(約1馬身差)内のミッキースワローまで2頭。
第3グループ(薄黄)はダノンディスタンスから同差内のメルヴィンカズマまで2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、2位→3位間に3.1ポイントの開き、そして4位以下にも1ポイント前後の開きが各所にあり、メリハリの効いた配置になっている状況が窺えます。しかし、今回もここまでキャリア3~10戦と戦歴の差が幅広い組み合わせとなった3歳重賞戦ですから、その指数差については慎重に見極める必要があるのではないでしょうか。土曜は雨予報も出ていますので、ことさら注意が必要です。また最終的に12頭立てと、近年では最も少ない頭数での京都新聞杯となった点もこれら指数評価を上下動させる要因の一つである“展開利(不利)”を考える上ではひとつのポイントとなりそうです。

そんな中、今回の私の本命は◎ダノンディスタンスとしました。逃げ・先行馬不在と言うわけではありませんが、手ごろな頭数でペースはさほど上がらないとみました。その展開であれば、この馬の2~3走前あたりの競馬がしっくり来そうというのが最大の理由です。京都新聞杯は差し勢の好走が目立つレースですが、コース傾向的には外回りながら逃げ・先行馬の単勝回収率が非常に優秀な条件。先にも述べた少頭数の状況や渋った場合を想定すると前に行く馬を中心に据えたいことからもこの馬を本命視(直近で唯一雨模様で行われた2008年・稍重は逃げ・先行決着となっていました。)。前走は直線で心房細動発症だったようで度外視可能。中間はその一頓挫があったことを考えれば十分な調整過程できていますので、一発を期待します。
○以下も同様に前につけるであろう組の中から、流れて上りが掛かってくれたほうが向きそうでその意味で雨があればさらに期待が高まるとみている○サトノリュウガ、◎○よりも瞬発力寄りにシフトしたタイプに映ることから一枚割引いた▲プラチナムバレットを評価、☆にインヴィクタ、△サトノクロニクル、△ウインベラシアスと印を回し、今回の私の馬券は◎○からの馬連で勝負とします。


【馬連フォーメーション】
◎○=印
2,5=2,3,4,5,11,12(9点)

計9点


登録済みの方はこちらからログイン

2016年9月6日(火) 11:22 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2016) ~第6回各ワールド上位者まとめ&注目馬ランキング上位馬の近況
閲覧 2,443ビュー コメント 0 ナイス 9

 8月28日に新潟2歳ステークス(2歳GⅢ・新潟芝1600m外)、9月3日に札幌2歳ステークス(2歳GⅢ・札幌芝1800m)、9月4日に小倉2歳ステークス(2歳GⅢ・小倉芝1200m)と3開催日連続で2歳重賞が施行され、「ウマニティPOG 2016」の獲得賞金ランキングにも動きが出てきました。夏季競馬が終了したキリの良いタイミングですし、ここで各ワールドの戦況をまとめておきましょう。

 1頭あたりの仮想オーナー数が1枠しかないスペシャルワールドは、7月24日の函館2歳ステークス(2歳GⅢ・函館芝1200m)を勝ったレヴァンテライオンを指名しているmizumizuさんがトップ。2位はヴゼットジョリーを指名しているたけぼう54さん、3位はレーヌミノルを指名しているサウスさん、4位はトラストを指名しているddb1c93afaさんと、重賞ウイナーを落札した4人がそのまま上位グループを形成しています。もっとも、複数の指名馬が重賞を勝ったプレイヤーはまだいないということでもあり、混線模様と言って良さそう。次週以降も目まぐるしく順位が入れ替わりそうです。

 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大11頭のGIワールドは、ソールさんが9660万円で1位、DSさんが9584万円で2位。それぞれ重賞ウイナーの4頭こそ指名していませんが、函館2歳ステークス2着のモンドキャンノをデビュー前に落札していました。スペシャルワールドと同じく、こちらも次週以降の結果次第で大きくランキングが動くかもしれません。

 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大16頭のGIIワールドでトップに立っているのは、俺の名を言ってみろぉさん。すべての指名馬をデビュー前に落札していますが、レーヌミノルをはじめ既に7頭が勝ち上がっています。これらの馬が順調に獲得ポイントを伸ばしてくるようだと、しばらくは首位争いをリードしていけそうですね。

 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大26頭のGIIIワールドは、キタノかちどきさん(1億1558万円)、サードインパクトさん(1億1430万円)と、1億円以上のポイントを獲得したプレイヤーが2名いらっしゃいました。キタノかちどきさんは8月6日のダリア賞(2歳オープン・新潟芝1400m内)を勝ったリンクスゼロ、9月4日のすずらん賞(2歳オープン・札幌芝1200m)を制したリエノテソーロらをデビュー前に獲得。サードインパクトさんもヴゼットジョリーリエノテソーロに加えて7月23日の中京2歳ステークス(2歳オープン・中京芝1400m)を勝ったディーパワンサらを揃えており、それぞれここまでの戦績はお見事というほかありません。これからデビューする予定の良血馬もラインナップにいますから、今後もお二方を中心とした争いになるでしょう。

 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大36頭のオープンワールドはシンガリルドルフさんがトップ。前出のリンクスゼロモンドキャンノ、そして九州産馬で既に本賞金が3520万円に達しているカシノマストらを指名されていました。

 もっとも、シーズン全体から見ると「ウマニティPOG 2016」はまだまだ序盤戦。入札や仮想オーナー募集枠の開放は今後も続いていきますから、これから参加するプレイヤーにも上位進出の目は残っています。
 実際、執筆時点(2016年09月05日17:00現在。以下同)の「注目POG馬ランキング」上位40頭を見ても、既にデビューを果たしているのは下記の8頭だけです(末尾は「注目POG馬ランキング」における順位)。

ヴァナヘイム(牡/父キングカメハメハ×母グルヴェイグ) ※3位
フローレスマジック(牝/父ディープインパクト×母マジックストーム) ※4位
ソウルスターリング(牝/父Frankel×母スタセリタ) ※15位
トリコロールブルー(牡/父ステイゴールド×母ペンカナプリンセス) ※20位
ダンビュライト(牡/父ルーラーシップ×母タンザナイト) ※26位
ワンフォーオール(牡/父ディープインパクト×母ラヴェリータ) ※35位
モンドキャンノ(牡/父キンシャサノキセキ×母レイズアンドコール) ※36位
インヴィクタ(牡/父ハービンジャー×母ラスティングソング) ※38位

 なお、上記の8頭を除いた32頭のうち下記の10頭は、JRA-VANを確認したところ執筆時点で在厩中となっていました。

サトノアーサー(牡/父ディープインパクト×母キングスローズ) ※6位
モクレレ(牡/父ディープインパクト×母アパパネ) ※9位
ムーヴザワールド(牡/父ディープインパクト×母リッスン) ※13位
ミスエルテ(牝/父Frankel×母ミスエーニョ) ※17位
ザウォルドルフ(牡/父ディープインパクト×母ウィーミスフランキー) ※19位
クリアザトラック(牡/父ディープインパクト×母クロウキャニオン) ※24位
アドミラブル(牡/父ディープインパクト×母スカーレット) ※30位
リナーテ(牝/父ステイゴールド×母マルペンサ) ※32位
ジュンテオドーラ(牝/父ディープインパクト×母アートプリンセス) ※33位
エアウィンザー(牡/父キングカメハメハ×母エアメサイア) ※39位

 今後の調整過程にもよりますが、近日中にデビューする可能性は比較的高いと見ていいんじゃないでしょうか。
 執筆時点で未出走、かつ入厩していない馬は下記の22頭ということになります。

トゥザクラウン(牡/父キングカメハメハ×母トゥザヴィクトリー) ※1位
アルアイン(牡/父ディープインパクト×母ドバイマジェスティ) ※2位
コロナシオン(牝/父キングカメハメハ×母ブエナビスタ) ※5位
ラボーナ(牡/父ルーラーシップ×母ハッピーパス) ※7位
ダブルバインド(牡/父ディープインパクト×母ラッシュラッシーズ) ※8位
ヘリファルテ(牡/父ディープインパクト×母シユーマ) ※10位
グローブシアター(牡/父キングカメハメハ×母シーザリオ) ※11位
ベルダム(牝/父ディープインパクト×母ドナブリーニ) ※12位
サトノヴィクトリー(牡/父ディープインパクト×母ジョコンダ2) ※14位
ミリッサ(牝/父ダイワメジャー×母シンハリーズ) ※16位
●カデナダムール(牝/父ディープインパクト×母ラヴズオンリーミー) ※18位
●オーロラエンブレム(牝/父ディープインパクト×母ブラックエンブレム) ※21位
ヴィニー(牝/父ディープインパクト×母コケレール) ※22位
オルファン(牝/父ステイゴールド×母オリエンタルアート) ※23位
ハリーレガシー(牡/父ヴィクトワールピサ×母バルドウィナ) ※25位
ヒシマサル(牡/父ルーラーシップ×母シェリール) ※27位
アドマイヤエスパー(牡/父ディープインパクト×母アゼリ) ※28位
ダノンディスタンス(牡/父ルーラーシップ×母アゲヒバリ) ※29位
レッドオルガ(牝/父ディープインパクト×母エリモピクシー) ※31位
バリングラ(牡/父Fastnet Rock×母Sweet Dreams Baby) ※34位
ディヴァインハイツ(牝/父ハーツクライ×母ドバウィハイツ) ※37位
アスティル(牝/父ステイゴールド×母ヒストリックスター) ※40位

 どの馬も現2歳世代を代表する良血馬ですし、デビューが近付いたら多少なりとも話題を集めそう。指名を考えているのであれば、仮想オーナー募集枠の開放に合わせ、早めに入札しておきましょう。


※次回のコラムは10/4(火)頃の予定になります。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『コース別 本当に儲かる血統大全』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

2016年9月3日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第204回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~札幌2歳ステークス G3
閲覧 581ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は札幌11R「札幌2歳ステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、トラストから1.0ポイント差(約1馬身差)内のタガノアシュラディープウォーリアまで3頭。
第2グループ(黄)は 、アンノートルから1.0ポイント差(約1馬身差)内のトリオンフまでの2頭。
第3グループ(薄黄)は、エトルディーニュから同差内のブラックオニキスまでの2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

2位以下には適度に開きがあり、第2G→第3Gには2ポイント以上の開きが見られます。しかし、この時期の2歳重賞なので当たり前と言えば当たり前ですがキャリア1~2戦の馬同士のぶつかり合いとなる訳で、これまでの指数=その馬の能力という視点よりも今回どれだけ跳ね上げるかという視点がより重要になってくるのではないかと見ています(いつも言っていることですが^^;)。

そんな中今回の◎は総合5位評価のトリオンフとしました。初戦のレベルとしては微妙もこの馬自体の内容は悪くなかったと思いますし、1週前→最終追切りの内容も良く上昇が窺えるこの馬に期待。大型馬の2戦目という意味でも上積みは小さくないと見ています。ただ、このレース(過去10年)馬体重500kg以上の馬は(0-1-0-12)で、好走した1頭もゴールドシップで当時500kgちょうどだったのでその点は懸念材料ではありますが、状態の良さを買って本命視したいと思います。
○はタガノアシュラ。前走はレコード勝ちで新馬戦としては高い指数をマーク。人気してしまいそうな上に、初戦で覗かせたテンションの高さが気掛かりで評価を下げましたがこちらもチャンスは十分と見ています。
▲にディープウォーリア。前走は人気していませんでしたが、○同様デビュー戦としては上々の指数をマークしての勝利。さらに、2歳戦のこの条件ではディープ産駒が6割以上の複勝率を誇っていますのでそのあたりにも期待したいと思っています。
以下☆にコリエドール、△にアドマイヤウイナーインヴィクタアンノートルトラストと印を回します。
今回の私の馬券は、おそらく◎の単複勝負になると思いますが、当コラムでは◎からの馬単で勝負としたいと思います。


【馬単流しマルチ】
◎⇔印
4⇔3,5,7,8,9,10,12 (14点)

[もっと見る]

2014年4月1日(火) 15:30 ウマニティ編集長
【ウマニティWIN5】シリーズリーダーがラストも当てて第12回大会を制す!
閲覧 167ビュー コメント 0 ナイス 4

先週のWIN5は3→4→2→3→3番人気で決着。1番人気は未勝利だったものの、それ以外は上位人気サイドだったので、リアルの配当はちょい波乱レベルの126万6020円になりました。各場ともに道悪競馬で、戦前は荒れムードが漂っていましたが、意外にも平穏に収まったという印象ですね。一獲千金に期待して人気薄を狙い撃ちした方は、拍子抜けに終わったかもしれません。

さて、年明けから3カ月間にわたって開催されてきたウマニティWIN5の第12回大会が終了しました。先週参戦したのは522人。このうちパーフェクトを達成したのは14人でした。確定配当の666,963ポイント獲得おめでとうございます! そして、この14人のなかに大会ランキングの1位と2位のユーザーさんがいらっしゃいました。ということは……。そうです、先週の時点で首位に立っていたインヴィクタさんが、その地位を守り抜いて優勝を決めたのであります。

今大会は途中までイチロー←gaichiさんの圧勝ムードでしたが、ラスト3週連続してWIN5を決めたインヴィクタさんが大逆転。まさに、劇的なフィナーレというやつでしたね。イチロー←gaichiさんは最終週も的中しているので、本当に惜しかった。次回大会以降で、再び優勝のタイトルを目指してほしいと思います。そして、改めまして、インヴィクタさん、第12回大会優勝おめでとうございます! 終盤の追い上げは本当にお見事でした!!

※詳しくは大会ランキングのページをご覧ください。

なお、『ウマニティWIN5』に参加するにはウマニティの会員登録(無料)が必要です。まだ会員でない方は、コチラから会員登録(無料)してください。

[もっと見る]

2014年3月25日(火) 12:00 ウマニティ編集長
【ウマニティWIN5】2週連続1人的中を決めた強者が首位を奪取!
閲覧 206ビュー コメント 0 ナイス 6

先週の中央競馬は金土日の変則3日間開催で、WIN5は金曜日と日曜日の2日間にわたって発売されました。まずは金曜日のほうから見ていきましょう。結果から先に言うと、こちらはなんとマックス2億円の配当が飛び出す大波乱に。リアルの的中票数は1票で、約1億円がキャリーオーバーされる格好になりました。なんだか、ここ最近のWIN5は荒れまくっていますよね。

ただし、対象レースで勝った馬の人気を見ていくと、2→8→6→3→3となっており、大きく荒れた印象は受けません。1番人気は全敗ながら、ふたケタ人気の大激走はなし。これで2億円になるんですから、ちょっと驚きですね。組み合わせの盲点のようなところで決着したのでしょうか? なんとも不思議な感じです。

そして、ウマニティWIN5のほうには377人が参戦し、リアルの的中が1票だったこの決着をズバリ予想していた方が1人だけいらっしゃいます。その名はインヴィクタさんです。あれ? このお名前はどこかでお見かけした気が……。そう、実は1週前にも1人的中を決めているんです。まさにミラクルとでも言うべき2週連続の1人パーフェクト! これにより、確定配当の4,713,120ポイントをまたも独り占め。インヴィクタさん、本当にスゴすぎます!!

続く日曜日は、1→2→2→1→3番人気が勝利し、一転して平穏に収まりました。リアルの配当は7万4650円。対するウマニティWIN5は、参加者588人に対し、的中者は83人。確定配当は86,385ポイントと、こちらも穏やかな結果に落ち着いています。先週行われた2回のWIN5は、見事に両極端な結末を見ましたね。

さぁ、気になる第12回大会のランキングを見ると……。やはり、2週続けて快挙を成し遂げたインヴィクタさんがトップに立つことになりました。長らくその座を守ってきたイチロー←gaichiさんを、大会終盤で大逆転。「競馬はなにが起こるかわからない」を、まざまざと見せつけてくれましたね。今大会の争いは今週の1回を残すのみです。優勝争いを演じている大会上位ランカーの戦いぶりに注目したいと思います。

※詳しくは大会ランキングのページをご覧ください。

なお、『ウマニティWIN5』に参加するにはウマニティの会員登録(無料)が必要です。まだ会員でない方は、コチラから会員登録(無料)してください。

[もっと見る]

2014年3月18日(火) 20:00 ウマニティ編集長
【ウマニティWIN5】ついに出た、1人的中!第12回大会はますます混戦に!!
閲覧 150ビュー コメント 0 ナイス 3

ひと言、先週のWIN5は難しかったですね。人気の割れたレースが非常に多く、買い目を絞るレースを作りづらい状況。低予算で楽しんでいるファンには、なかなかハードルの高い週だったと思います。結果は、2→3→13→2→1番人気で決まり、リアルの配当は1012万8010円。人気サイドはそれなりに頑張りましたが、決め撃ちが難しかったうえに13番人気の激走があったので、お手上げ状態という方も多かったことでしょう。WIN5を的中させるのは並大抵のことではないと、改めて実感させられた気がします。

現在開催されているウマニティWIN5の第12回大会。先週は539人の参戦がありましたが、この難解なWIN5を見事に攻略できた方は……。おお、1人だけいらっしゃるではありませんか! 3レース目で13番人気のフレデフォートをカバーし、残りの2レースもキッチリ仕留めてパーフェクトを達成したのはインヴィクタさんです。これにて、確定配当の9,276,672ポイントを独り占めということになりました。一撃での大量ポイント獲得、本当におめでとうございます!

注目の大会ランキングをチェックしましょう。今回1人的中を決めたインヴィクタさんは、470位から2位に大きくジャンプアップ。現在トップのイチロー←gaichiさんとの差を一気に詰めることに成功しました。今週は金曜日と日曜日にWIN5が発売されますので、結果によってはランキング上位の勢力図が変わってくるかもしれません。大会期間は2週を残すのみとなりましたので、今週がまさに正念場と言えるでしょう。優勝圏内につけている方は、頂点を目指して渾身の予想を披露してください。

※詳しくは大会ランキングのページをご覧ください。

なお、『ウマニティWIN5』に参加するにはウマニティの会員登録(無料)が必要です。まだ会員でない方は、コチラから会員登録(無料)してください。

[もっと見る]

インヴィクタの口コミ


口コミ一覧

今日の調教S馬

 フォーカスアンタレス 2018年4月14日() 02:59

閲覧 91ビュー コメント 0 ナイス 8

今日の調教S馬です!
対象レースはいつも通り3場の特別レース。

阪神9R
3.インヴィクタ
阪神10R
2.スマートレイチェル
12.オウケンビリーヴ
阪神11R
1.パクスアメリカーナ

です!
今週も好成績が残せますように!

 清瀬のよっちゃん 2018年1月25日(木) 06:01
★土曜日の京都、500万下・梅花賞の勝馬について★ 
閲覧 74ビュー コメント 4 ナイス 25

POGの参考になればと、3歳戦を注目しています!



過去5回の3歳戦、梅花賞の(芝:2,400)の勝馬と人気、前走を調べました



2013/1/26 レッドリーラー:2番人気 1/5京都福寿草特別500万(芝2,000)4着
次走:3/16若葉S:1着

2014/2/1 ヤマノウィザード:2番人気 12/8中京新馬(芝2,000)1着
次走:3/2すみれS:7着

2015/1/31 スピリッツミノル:4番人気 12/20中京未勝利(芝2,000)1着
次走:4/19皐月賞:9着

2016/1/30 アドマイヤダイオウ:1番人気 12/6京都未勝利(芝2,000)1着
次走:3/19若葉S:1着

2017/1/28 インヴィクタ:4番人気 9/3札幌札幌2歳SGⅢ(芝1,800)7着 
次走:3/18若葉S:3着


5回中3回は、前走を勝っている馬が勝っていますね





おまけ

梅の花言葉は、「高潔」「忠実」「忍耐」です

[もっと見る]

 銀色のサムライ 2017年5月9日(火) 19:48
馬券メモ(2017/5/6・7)&羽田盃予想
閲覧 213ビュー コメント 2 ナイス 7

【羽田盃】

南関競馬3歳牡馬クラシックがついに開幕!
第1弾の羽田盃は上位人気馬の実力が拮抗した中でのレースになりそうです。

本命は船橋所属のキングガンズラング。
一気の相手強化となりますが、3連勝中の勢いに注目しています。

netkeibaに追い切り動画が載っているので、各馬の動きをチェックしたのですが、
キングガンズラングの動きが一番良く見えました。

フットワークが大きく、いかにも大井コース向き、という馬で、
初の大井コースだった前走(つくし特別)も2着に3馬身半差をつけて圧勝しました。

前走の走りを見て、トップスピードに入るまでやや時間が掛かる馬なのかな?という印象を持ちましたけど、
今季好調の繁田健一騎手とのコンビが復活しますし、今回のメンバーでも互角以上の走りができると思います。

他で注目したいのは中央から転厩してきたキャプテンキングです。
中央で500万下を勝っている逸材ですし、追い切りの動きもキングガンズラングに次いで良かったので、
初のナイター競馬や課題のゲートを上手くクリアするようなら、楽に突き抜けても不思議ないと思います。

全日本2歳優駿4着の実績が光るヒガシウィルウィン、
キャリア15戦で大井コース連対率100%のクラキングス、
京浜盃はスタートの出遅れが響いたミサイルマン、
上記3頭も相手に加えた馬券で勝負したいです。

それでは、先週の中央競馬本命馬の振り返りをしていきましょう。


【3回京都5日】

■7R ステラルージュ 2人気2着

馬体重がいっこうに増えないのですが、現級の1400mなら地力上位ですね。
古馬との対戦になっても面白い存在になると思います。

■8R ウォーターレスター 1人気13着

プラス12kgの馬体重が敗因かもしれませんけど、
道中の行きっぷりもイマイチでしたし、精神面での弱さを見せてしまったようです。

■9R ラディウス 2人気4着

最後の最後にサイモンラムセスに差されて、3連複的中を逃しました。
結果論ですけど、道中で動き出すのが早かったですね。

■10R ワントゥワン 3人気5着

1600万下でも牝馬限定戦なら大丈夫、と思っていたのですが…。
1800mだと折り合いに専念する必要があるので、どうしても位置取りが後ろになってしまいます。

■11R(京都新聞杯)インヴィクタ 3人気7着

スタートで出遅れましたけど、
直線入り口の時点で同じ位置にいたプラチナムバレットが勝ってるわけですから、
現時点での実力不足を露呈した結果となりました。

■12R フランドル 1人気11着

休み明け初戦を激走した反動なんでしょうかね…。
道中外々を回ったとはいえ、解せない凡退です。


【2回東京5日】

■7R タマモシルクハット 8人気5着

道中で折り合いを欠く場面こそありましたが、
東京コースでも通用する事を示せたのは収穫になりました。
ローカルの短距離戦なら更に期待できそうです。

■8R ヒルノマゼラン 1人気1着

キレ味勝負になるとどうか…と思っていましたけど、
早め先頭に立つ競馬でなんとか凌ぎ切りました。

■9R シャドウチェイサー 3人気2着

2番手からの競馬で押し切りを狙いましたが、ゴールデンバローズが強すぎましたね。
でも、展開が向いたとはいえ、現級上位のイーグルフェザーに先着しているのですから、
1600万下突破は時間の問題だと思います。

■10R マイネルサージュ 3人気7着

日経賞に続き、ここでも着外に終わってしまいました。
オープンの壁にあたっている感じがします。

■11R スズカメジャー 3人気10着

折り合いが全然ついていなかったですし、直線で大きく外に逸走。
気難しいタイプである事は承知していましたけど、ここまで酷いとは…。

■12R シルバーポジー 3人気1着

好位の内で脚を溜め、直線で前が開けば突き抜ける、という抜群の手応えでレースを進めて勝ち切りました。
戸崎騎手のエスコートも完璧でした。


【1回新潟3日】

■7R ヴィクトリアマンボ 1人気14着

レース前半のダッシュ力はなかなかのものがありましたが、見せ場は前半で終了。
休み明けでも仕上がっていると思っていたんですけどね…。

■8R サンライズウィズ 3人気2着

ハナを切る競馬でしたが、後ろで菜七子騎手のコパノアラジンにガッチリマークされてしまい、
馬体を併せたところでもういっぱいっぱいでした。

■9R ピンクブーケ 1人気1着

年明け初戦でしたけど、新潟コースは走りますからね。
順当勝ちだったと思います。

■10R ロッキーバローズ 1人気8着

先行勢をマークする形でレースを進めるところまでは良かったんですが、
展開が完全に差し馬向きになってしまいました。

■11R イオラニ 2人気2着

マイペースで先行する自分の競馬をして負けてしまったのですから、仕方ありません。
やはり直線競馬は走ります。

■12R アドマイヤロマン 1人気10着

緩い馬場でも大丈夫と思っていましたが、重馬場になると厳しかったようです。
もっと良い馬場ならここまで負ける馬じゃないと思います。


【3回京都6日】

■7R デルマチャチャ 2人気9着

先行馬有利の流れになると考えていたんですけど、
真逆の展開になってしまってはどうしようもありません。

■8R アグネスリバティ 1人気4着

差す形になるのは想定していましたが、
前残りの馬場である事を踏まえた乗り方をしてほしかったです。

■9R ディアドラ 1人気1着

ペースもそこそこ流れましたし、
相手も楽だったので、勝ち切るのは当然だと思います。

■10R ヒデノインペリアル 4人気6着

半分ぐらいの確率で出遅れる馬ですからね。
運が悪かった、と割り切るしかありません。

■11R セカンドテーブル 1人気11着

前々からの競馬になりましたが、休み明けで息が持たなかったですね。
1番人気でしたし、積極的な競馬で勝ちに行くのは致し方ないように思います。

■12R レオナルド 1人気3着

4角での不利が悔やまれますね…。
楽な相手関係でしたから、ここで勝っておきたかったです。


【2回東京6日】

■7R コパノビジン 1人気2着

後方からの競馬になるのはいつもの事なので、
差し損ねる展開になっても不思議なかったのですが、今回のメンバーなら楽に勝ってほしかったです。

■8R カレンラストショー 4人気3着

好位の内から上手くレースを運びましたが、
外から差してきた馬のキレ味に屈しました。

■9R デルカイザー 2人気4着

前残りの展開になりましたけど、ペルソナリテすら交わせないとは…。
レース全体の上がりもこの馬にとっては速すぎたのかもしれません。

■10R ラニ 2人気4着

前崩れの展開になるところまでは想定通りでしたが、位置取りが後ろすぎました。
ドバイから帰ってきて中5週、という状況は冷静に考えたら厳しいですよね。
ラニのブランドに頼ってしまった自分のミスです。

■11R(NHKマイルカップ)ボンセルヴィーソ 6人気3着

果敢にハナを奪う競馬を試み、失速しそうになりながらも3着は確保しました。
古馬相手になっても、短距離戦で展開が向けば上位争いしてくると思います。

■12R ミカエルシチー 3人気13着

砂を被りたくなかったようで、こちらも果敢にハナを奪いました。
直線半ばまでは夢を見ましたが、距離が長かったようです。


【1回新潟3日】

■7R バリキ 2人気8着

中央場所で上位争いをしていたとはいえ、
約半年ぶりの1200mの速い流れについていくのは難しかったようです。

■8R ディープオーパス 2人気1着

出ムチを入れてハナを奪う果敢な競馬でそのまま押し切りました。
自分の形に持ち込めた時点で勝負ありでした。

■9R ウォーターラボ 2人気8着

差し決着になると考えていたんですけど、
しっかりとメンバー構成を見てみたら、徹底先行型がいない状況ですから、
ペースが速くなる確率は低かったんですよね。展開考察が甘かったです。

■10R エアワイバーン 2人気3着

道中の位置取りが後ろすぎました。
でも、好位置から競馬をしていてもフォイヤーヴェルクの末脚には敵わなかったでしょうね。
小回りの2600mがベストですから、ベスト条件に出てきた時にもう一度狙います。

■11R(新潟大賞典)サンデーウィザード 3人気1着

スタートを決めて、中団やや前めのポジションを奪えた事が勝因だと思います。
かつてのPOG馬・マイネルフロストが抜けて、馬連を外してしまった事が悔やまれます。

■12R ディアドナテロ 2人気4着

好位から上手くレースを運んでいたと思います。
ローカルの1000万下にしてはメンバーがそろっていたので、
次走以降も相手関係次第では勝ち負けまで持ち込めそう。



京都新聞杯は論外でしたけど、
NHKマイルカップと新潟大賞典は◎が3着以内に入っていますから、
予想の調子も徐々に上向いてきたのかな?という前向きな気持ちでいます。

新潟大賞典は展開面を考えれば、先行型のマイネルフロストが来る可能性を考えるべきなのですが、
近走成績が悪すぎましたし、追い切りの動きもダメダメでしたので、買い目に入れる事ができませんでした。

マイネルフロストはウマニティPOG落札馬の中で最初の重賞勝ち馬でしたし、
ダービーでも3着に激走した、というとても思い入れの強い馬だっただけに、なんとか的中させたかったです。

[もっと見る]

⇒もっと見る

インヴィクタの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

インヴィクタの写真

インヴィクタ

インヴィクタの厩舎情報 VIP

2018年5月13日白川特別9着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

インヴィクタの取材メモ VIP

2018年5月13日 白川特別 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。