サトノヴィクトリー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
サトノヴィクトリー
写真一覧
現役 牡4 鹿毛 2014年2月21日生
調教師堀宣行(美浦)
馬主里見 治紀
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 5戦[1-0-0-4]
総賞金575万円
収得賞金400万円
英字表記Satono Victory
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ジョコンダ2
血統 ][ 産駒 ]
Rossini
La Joconde
兄弟 サトノクラウンシャレードスマイル
前走 2017/08/20 3歳未勝利
次走予定

サトノヴィクトリーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/08/20 札幌 2 3歳未勝利 ダ2400 12675.721** 牡3 56.0 J.モレイ堀宣行454(+4)2.36.5 -0.037.2ジャイアンヴォーグ
17/07/29 札幌 3 3歳未勝利 ダ2400 1281213.864** 牡3 56.0 K.ティー堀宣行450(+2)2.36.8 1.339.2⑥⑦⑥⑦ハイクアウト
17/06/24 東京 4 3歳未勝利 芝2400 1881711.6514** 牡3 56.0 石橋脩堀宣行448(-6)2.28.3 1.735.3⑰⑯⑯⑱インペリアルフィズ
17/06/04 東京 4 3歳未勝利 芝2400 18478.2413** 牡3 56.0 J.モレイ堀宣行454(-2)2.29.2 1.034.7⑮⑭⑪⑪ホウオウドリーム
16/11/12 東京 5 2歳新馬 芝2000 118111.817** 牡2 55.0 R.ムーア堀宣行456(--)2.05.5 1.536.0ヴォルフトーン

サトノヴィクトリーの関連ニュース

 夏競馬最大のレース、札幌記念が17日に確定した。ただ一頭の木曜追いとなったマウントロブソンには、来日したばかりのジョアン・モレイラ騎手(33)=ブラジル出身、香港拠点=が騎乗。僚馬にあっさりと1馬身半先着した。この動きには“マジックマン”も合格点のジャッジ。復調気配の素質馬が、心強い相棒を得て飛躍を果たそうとしている。

 北の大地から、人馬ともに飛躍へ。9カ月ぶりで福島テレビOPを快勝したマウントロブソンが、モレイラ騎手を背に札幌のダートコースで力強い走りを披露した。香港の名手も、手綱から伝わる感触にご満悦だ。

 「すごくいいフィーリング。テンションが高くなったけど、困るほどではない。元気がいいという感じだね。併せてからの反応も良かった」

 朝5時半の馬場開場直後に登場。涼しげな風が吹き込む中、半マイルからサトノヴィクトリー(3歳未勝利)を2馬身追いかける。リズムのいい脚取りで、4コーナーで内へ。馬なりで僚馬を抜き去ると、4ハロン54秒8、3ハロン39秒6−12秒6で1馬身半先着した。

 11日の輸送まで、美浦トレセンで入念な乗り込み。「順調に仕上がっています。休養明けを使った後も反動はなく、前走より状態もいい」と小林厩務員も自信のデキだ。

 手綱を託されたモレイラ騎手は、3季連続のリーディングに輝いた香港のNO・1ジョッキー。日本でも【26・19・8・36】で勝率29・2%、連対率50・6%と破格の数字を残すなど、その技量は世界中に知られている剛腕だ。

 日本馬の海外挑戦でもGI4勝。サトノクラウン香港ヴァーズ)、ネオリアリズム(クイーンエリザベス2世C)をGI初制覇に導くなど、その“神騎乗”ぶりは日本のファンにも浸透している。「カミキジョウ? ナイスなニックネームだね。ありがたい」と名手は笑顔を見せつつ、切なる思いもある。「昨年はモーリスに乗って2着。悔しかった。札幌記念は勝ちたいレースになった。日本ではまだ重賞を勝っていないし、今回は取りたい」と雪辱&初タイトルへ意欲を燃やす。

 「しまいの脚がすごくいいし、非常にポテンシャルは高い。スムーズに流れに乗れれば、チャンスはある」。マウントロブソンの持ち味を生かし切り、札幌のファンを魅了する。 (千葉智春)

札幌記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

モレイラ・メモ ◆連勝 昨年の8月27日・札幌12Rから翌28日の札幌9Rまで、騎乗した7頭ですべて1着。JRAでは武豊騎手に次ぐ、史上2人目の騎乗機会7連勝を成し遂げた。今年3月5日には、香港・シャティンで一日8勝を記録している。 ◆毎年記録更新 現在の拠点である香港では、2014/15シーズンに145勝を挙げて従来の年間最多勝記録(114勝=ホワイト騎手)を大幅に更新。15/16シーズンは168勝、16/17シーズンは171勝を挙げ、自身の記録を次々と塗り替えている。 ◆雷神 “マジックマン”のニックネームがついているが、香港では漢字で「雷神」というあだ名も。すさまじい勝ちっぷりと、モレイラの漢字表記である「莫雷拉」が由来とされる。

ジョアン・モレイラ(Joao Moreira) 1983年9月26日生まれ、33歳。ブラジル出身。2000年に同国でデビューし、13年からは香港を拠点。“マジックマン”と呼ばれる鮮やかな手綱さばきで、香港で14/15シーズンから3年連続リーディング首位。日本馬ではモーリス(16年チャンピオンズマイル)、サトノクラウン(16年香港ヴァーズ)、ヴィブロス(17年ドバイターフ)、ネオリアリズム(17年クイーンエリザベス2世C)でGI4勝。15年にワールドオールスタージョッキーズ優勝。JRA89戦26勝。1メートル65、52キロ。

【札幌記念】“マジックマン”太鼓判!ロブソン軽快走 2017年8月17日(木) 11:03

 香港から来日した名手・モレイラ騎手を背に、マウントロブソンが軽快な動きを披露した。

 札幌の澄み渡る空のもと、ダートコースでサトノヴィクトリーを2馬身追いかけて加速。初タッグながらコンビネーションは申し分なく、直線は馬任せの手応えで、内から1馬身半抜け出した。

 休み明けの福島テレビOPを快勝した勢いそのままの素軽いアクションに、「テンションは若干高いけど、コントロールに困る面はなかった。併せてからの反応も良かったし何の問題もないよ」と、“マジックマン”モレイラは笑顔だ。

 今年3月のドバイターフヴィブロスで勝つなど、日本馬で海外GIも席巻する腕達者だが、JRA重賞は未勝利とあって気合は十分。

 「去年の札幌記念の2着(モーリス)はすごく悔しかったし、強い馬が出てくるレースだと分かっているけど、マウントロブソンも出遅れて7着に入ったダービーは感動するくらいのパフォーマンスだった。ポテンシャルをまだ出し切れていない感じもあるし、スムーズな競馬で少しの運さえあれば、いいレースになる」と、タイトル奪取へ集中力を高めていた。(夕刊フジ)

札幌記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

サトノヴィクトリーの関連コラム

閲覧 2,192ビュー コメント 0 ナイス 9

 8月28日に新潟2歳ステークス(2歳G掘新潟芝1600m外)、9月3日に札幌2歳ステークス(2歳G掘札幌芝1800m)、9月4日に小倉2歳ステークス(2歳G掘小倉芝1200m)と3開催日連続で2歳重賞が施行され、「ウマニティPOG 2016」の獲得賞金ランキングにも動きが出てきました。夏季競馬が終了したキリの良いタイミングですし、ここで各ワールドの戦況をまとめておきましょう。

 1頭あたりの仮想オーナー数が1枠しかないスペシャルワールドは、7月24日の函館2歳ステークス(2歳G掘θヾ杣1200m)を勝ったレヴァンテライオンを指名しているmizumizuさんがトップ。2位はヴゼットジョリーを指名しているたけぼう54さん、3位はレーヌミノルを指名しているサウスさん、4位はトラストを指名しているddb1c93afaさんと、重賞ウイナーを落札した4人がそのまま上位グループを形成しています。もっとも、複数の指名馬が重賞を勝ったプレイヤーはまだいないということでもあり、混線模様と言って良さそう。次週以降も目まぐるしく順位が入れ替わりそうです。

 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大11頭のGIワールドは、ソールさんが9660万円で1位、DSさんが9584万円で2位。それぞれ重賞ウイナーの4頭こそ指名していませんが、函館2歳ステークス2着のモンドキャンノをデビュー前に落札していました。スペシャルワールドと同じく、こちらも次週以降の結果次第で大きくランキングが動くかもしれません。

 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大16頭のGIIワールドでトップに立っているのは、俺の名を言ってみろぉさん。すべての指名馬をデビュー前に落札していますが、レーヌミノルをはじめ既に7頭が勝ち上がっています。これらの馬が順調に獲得ポイントを伸ばしてくるようだと、しばらくは首位争いをリードしていけそうですね。

 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大26頭のGIIIワールドは、キタノかちどきさん(1億1558万円)、サードインパクトさん(1億1430万円)と、1億円以上のポイントを獲得したプレイヤーが2名いらっしゃいました。キタノかちどきさんは8月6日のダリア賞(2歳オープン・新潟芝1400m内)を勝ったリンクスゼロ、9月4日のすずらん賞(2歳オープン・札幌芝1200m)を制したリエノテソーロらをデビュー前に獲得。サードインパクトさんもヴゼットジョリーリエノテソーロに加えて7月23日の中京2歳ステークス(2歳オープン・中京芝1400m)を勝ったディーパワンサらを揃えており、それぞれここまでの戦績はお見事というほかありません。これからデビューする予定の良血馬もラインナップにいますから、今後もお二方を中心とした争いになるでしょう。

 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大36頭のオープンワールドはシンガリルドルフさんがトップ。前出のリンクスゼロモンドキャンノ、そして九州産馬で既に本賞金が3520万円に達しているカシノマストらを指名されていました。

 もっとも、シーズン全体から見ると「ウマニティPOG 2016」はまだまだ序盤戦。入札や仮想オーナー募集枠の開放は今後も続いていきますから、これから参加するプレイヤーにも上位進出の目は残っています。
 実際、執筆時点(2016年09月05日17:00現在。以下同)の「注目POG馬ランキング」上位40頭を見ても、既にデビューを果たしているのは下記の8頭だけです(末尾は「注目POG馬ランキング」における順位)。

ヴァナヘイム(牡/父キングカメハメハ×母グルヴェイグ) ※3位
フローレスマジック(牝/父ディープインパクト×母マジックストーム) ※4位
ソウルスターリング(牝/父Frankel×母スタセリタ) ※15位
トリコロールブルー(牡/父ステイゴールド×母ペンカナプリンセス) ※20位
ダンビュライト(牡/父ルーラーシップ×母タンザナイト) ※26位
ワンフォーオール(牡/父ディープインパクト×母ラヴェリータ) ※35位
モンドキャンノ(牡/父キンシャサノキセキ×母レイズアンドコール) ※36位
インヴィクタ(牡/父ハービンジャー×母ラスティングソング) ※38位

 なお、上記の8頭を除いた32頭のうち下記の10頭は、JRA-VANを確認したところ執筆時点で在厩中となっていました。

サトノアーサー(牡/父ディープインパクト×母キングスローズ) ※6位
モクレレ(牡/父ディープインパクト×母アパパネ) ※9位
ムーヴザワールド(牡/父ディープインパクト×母リッスン) ※13位
ミスエルテ(牝/父Frankel×母ミスエーニョ) ※17位
ザウォルドルフ(牡/父ディープインパクト×母ウィーミスフランキー) ※19位
クリアザトラック(牡/父ディープインパクト×母クロウキャニオン) ※24位
アドミラブル(牡/父ディープインパクト×母スカーレット) ※30位
リナーテ(牝/父ステイゴールド×母マルペンサ) ※32位
ジュンテオドーラ(牝/父ディープインパクト×母アートプリンセス) ※33位
エアウィンザー(牡/父キングカメハメハ×母エアメサイア) ※39位

 今後の調整過程にもよりますが、近日中にデビューする可能性は比較的高いと見ていいんじゃないでしょうか。
 執筆時点で未出走、かつ入厩していない馬は下記の22頭ということになります。

トゥザクラウン(牡/父キングカメハメハ×母トゥザヴィクトリー) ※1位
アルアイン(牡/父ディープインパクト×母ドバイマジェスティ) ※2位
コロナシオン(牝/父キングカメハメハ×母ブエナビスタ) ※5位
ラボーナ(牡/父ルーラーシップ×母ハッピーパス) ※7位
ダブルバインド(牡/父ディープインパクト×母ラッシュラッシーズ) ※8位
ヘリファルテ(牡/父ディープインパクト×母シユーマ) ※10位
グローブシアター(牡/父キングカメハメハ×母シーザリオ) ※11位
ベルダム(牝/父ディープインパクト×母ドナブリーニ) ※12位
サトノヴィクトリー(牡/父ディープインパクト×母ジョコンダ2) ※14位
ミリッサ(牝/父ダイワメジャー×母シンハリーズ) ※16位
●カデナダムール(牝/父ディープインパクト×母ラヴズオンリーミー) ※18位
●オーロラエンブレム(牝/父ディープインパクト×母ブラックエンブレム) ※21位
ヴィニー(牝/父ディープインパクト×母コケレール) ※22位
オルファン(牝/父ステイゴールド×母オリエンタルアート) ※23位
ハリーレガシー(牡/父ヴィクトワールピサ×母バルドウィナ) ※25位
ヒシマサル(牡/父ルーラーシップ×母シェリール) ※27位
アドマイヤエスパー(牡/父ディープインパクト×母アゼリ) ※28位
ダノンディスタンス(牡/父ルーラーシップ×母アゲヒバリ) ※29位
レッドオルガ(牝/父ディープインパクト×母エリモピクシー) ※31位
バリングラ(牡/父Fastnet Rock×母Sweet Dreams Baby) ※34位
ディヴァインハイツ(牝/父ハーツクライ×母ドバウィハイツ) ※37位
アスティル(牝/父ステイゴールド×母ヒストリックスター) ※40位

 どの馬も現2歳世代を代表する良血馬ですし、デビューが近付いたら多少なりとも話題を集めそう。指名を考えているのであれば、仮想オーナー募集枠の開放に合わせ、早めに入札しておきましょう。


※次回のコラムは10/4(火)頃の予定になります。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『コース別 本当に儲かる血統大全』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

サトノヴィクトリーの口コミ


口コミ一覧

珍オッズ?

 世紀末覇者 券王 2017年8月21日(月) 16:57

閲覧 161ビュー コメント 5 ナイス 31

日曜日 札幌2レースで モレイラJの サトノヴィクトリー 1着
単勝 570 複勝550と言うことに お気づきの方も たくさん
いらっしゃると思いますが 私は 早くに 目を切り(複勝等 眼中に入れなかった) ルメールJのワンナイトパリは 鉄板と思いこんで
2連系の券種しか 頭にありませんでした
ワンナイトパリが 来ていたら こんなに複勝も つかないでしょうが 多数レースに参加してる弊害が 出たように思います
ワンナイトから おかべプロのように 1点 最悪2点勝負じゃ!と思いこみ 出走馬の複勝オッズをパスしてしまいました
大反省 しかし ワンナイトパリが飛んだにせよ こんなにつくもんですかね! 5.5は美味しすぎます
単5.7 複5.5って 全く見てませんでした

 昭島のよっちゃん 2017年6月1日(木) 06:02
★★セレクトセール上位10頭の昨年度の獲得賞金は?★★ 
閲覧 211ビュー コメント 5 ナイス 31

POG馬選定の資料として、昨年度のPOG対象馬の獲得賞金を調べました

2014年セレクトセール・当歳馬

落札金額 獲得賞金(5/28現在) 馬名(性別)父・生産者・馬主・調教師
25,000  960 アドマイヤアゼリ(牡)ディープインパクト・ノーザンファーム・近藤利一 ・須貝尚介
22,000   - アドマイヤキラメキの14(牡)ディープインパクト・ノーザンファーム
18,000   - ミュージカルウェイの14(牡)ディープインパクト・ノーザンファーム
15,50014,731 スワーヴリチャード (牡)ハーツクライ・ノーザンファーム・NICKS・庄野靖志
14,000   - ターフローズの14(牡)スティゴールド ・社台ファーム
14,000   70 ザウォルドルフ(牡)ディープインパクト・ノーザンファーム・大塚亮一 ・友道康夫
_9,600  200 ファヴォーラ(牝)フランケル ・三嶋牧場 ・寺田寿男 ・藤原英昭
_9,200   - シャムロッカーの14(牝)ディープインパクト・ノーザンファーム
_9,000   0 アグロドルチェ(牡)ステイゴールド ・社台ファーム ・山本英俊 ・藤沢和雄
_8,400  305 オメガドラクロワ(牡)スティゴールド ・社台ファーム ・原禮子 ・堀亘行
_8,400  700 オンリートゥモロー(牝)ディープインパクト・ノーザンファーム・池谷誠一・萩原清


2015年セレクトセール・1歳馬

落札金額-獲得賞金(5/28現在) 馬名(性別)父・生産者・馬主・調教師
23,500   0 サトノヴィクトリー(牡)ディープインパクト・ノーザンファーム・里見治・堀亘行
23,000   75 ダブルバインド(牡)ディープインパクト・ノーザンファーム・金子真人HD・藤原英
23,000  970 フォギーナイト(牡)タピット ・社台ファーム ・金子真人HD・堀亘行
19,500 4,529 サトノアーサー(牡)ディープインパクト・ノーザンファーム・里見治・池江泰寿
16,000  50 ジェニアル(牡)ディープインパクト・社台ファーム・キーファーズ・松永幹夫
13,500  575 ヴィニー(牝)ディープインパクト・ノーザンファーム・キーファーズ・池江泰寿
11,000  740 サトノルーラー(牡)ディープインパクト・社台ファーム ・里見治・国枝栄
10,500 3,654 ダイワキャグニー(牡)キングカメハメハ ・社台ファーム ・大城敬三・菊沢隆徳
_9,800  850 ダノンロマン(牡)ディープインパクト・社台ファーム ・ダノックス・藤原英昭
_9,400   - ヒルダズパッションの14(牡)ハーツクライ ・ノーザンファーム


あくまでも単年度のデータですが、セレクトセール上位10頭でも、POG期間中に賞金「0円」もありますし、出走していない馬もいますね

サトノダイヤモンドの様に価格が高く活躍する馬もいるので、POG馬選びは難しいですね!!

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2016年11月15日(火) 21:56
「ブエナビスタの仔」も惨敗 
閲覧 39ビュー コメント 0 ナイス 2

「サトノダイヤモンドより高い馬」も「ブエナビスタの仔」も惨敗......切ない風が吹いた11月中旬の2歳戦━Gambling Journal ギャンブルジャーナル/2016年11月14日 15時17分00秒


 13日の京都8R・黄菊賞。かつてあの名牝ウオッカも参戦した出世レースだが、今年は単勝1.4倍とダントツ人気で、ブエナビスタの仔コロナシオン(牝2 栗東・池添厩舎)が主役を務めた。

 ところが、結果は1着馬に7馬身近く離された4着(5頭立て)とまさかの惨敗。逃げたタガノアシュラ(牡2 栗東・五十嵐厩舎)の作り出したスローペースは見事だったが、追走にすら苦労していた様子。スローペースの最後方でついていくことすらままならない姿には、さすがに落胆させられてしまった。

 G1競走6勝のブエナビスタとトップクラスサイアーであるキングカメハメハの仔として、生まれた瞬間から大きな期待を背負っていたコロナシオンだが、今後に暗雲立ち込める内容となってしまった。次走での巻き返しがあるのか、今後も注視が必要だろう。

「ガッカリ」という点では、12日の東京5R新馬でデビューしたサトノヴィクトリー(牡2 美浦・堀厩舎)も同じくか。

 このサトノヴィクトリー、2015年セレクトセールで2億5380万円という超高額で落札されたことで有名。昨年の弥生賞や今年の京都記念を制したサトノクラウンの全弟でもあり、セール金額だけなら今年の菊花賞馬サトノダイヤモンド(2億4150万円)よりも高いのだ。

 そんなサトノヴィクトリー、1.8倍の1番人気で迎えたデビュー戦では、意気揚々と3番手の好位につけ、順調な滑り出しを見せたように思えた。

 しかし、4コーナーを迎えるころには鞍上のR.ムーア騎手はいっぱいに追いっぱなしの状況。すでにこの時点でファンは不安を抱いていたはずだ。

 直線を迎えても一向に目の覚めるような脚を見せることなく、ズルズルと着順を崩して結局7着。落札金額や血統を考えれば人気するのも当然といったところだが、結果を残すことはできなかった。

 超がつく良血であろうと、どんなに高い落札金額だろうと勝てる保証があるわけではない。何とも切ない2歳戦が続いた11月中旬だった。

[もっと見る]

⇒もっと見る

サトノヴィクトリーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  パトラッシュ   フォロワー:5人 2016年6月8日(水) 21:49:18
京都記念をぶっちぎったサトノクラウンの半弟、現状で我が国最強の種牡馬、ディープインパクトに変わって、どうなるか?
サトノダイヤモンドもそうですが、里見オーナーは、いまいちダービーに運のないように思えますが、この馬が、悲願のダービーを勝ち取るという妄想を、たくましくしていますw

サトノヴィクトリーの写真

サトノヴィクトリー

サトノヴィクトリーの厩舎情報 VIP

2017年6月24日3歳未勝利14着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サトノヴィクトリーの取材メモ VIP

2017年8月20日 3歳未勝利 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。