ミッキーロケット(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録

ミッキーロケットの関連ニュース

 ◆M・デムーロ騎手(モズカッチャン4着) 「3角で外を回らされ、4角でもごちゃついた。直線で先頭に立ったけど疲れていたね。次は当然よくなる」

 ◆小牧騎手(ケントオー5着) 「力をつけているし、展開もうまくいった。時計はかかった方がいい」

 ◆福永騎手(ディアドラ6着) 「流れに乗れたけど、手応えが良くなかったし、伸びてくれなかった。太め感はなかったけどね」

 ◆松若騎手(ミッキーロケット7着) 「早めに来られて、しまいが甘くなってしまいました」

 ◆岩田騎手(クロコスミア8着) 「道中は力んで走っていた。リラックスできていれば…」

 ◆太宰騎手(アクションスター9着) 「脚は使ってくれているんですが…」

 ◆酒井騎手(プリメラアスール10着) 「絶好のスタートを切れたけど、あれ以上は行けない。体に余裕もあったのかな」

★11日京都11R「京都記念」の着順&払戻金はこちら

【京都記念】クリンチャー並み居るGI馬を倒して重賞初V 2018年2月11日() 15:45

 2月11日の京都11Rで行われた第111回京都記念(4歳以上オープン、GII、芝・外2200メートル、別定、10頭立て、1着賞金=6200万円)は、昨年の菊花賞2着馬で4番人気のクリンチャー(牡4歳、栗東・宮本博厩舎)が藤岡佑介騎手に導かれてGI馬を撃破し、重賞初制覇を達成した。タイムは2分16秒3(重)。2、3着は同世代の皐月賞アルアイン(3番人気)とダービー馬レイデオロ(1番人気)だった。



 レースはクロコスミアが引っ張り、プリメラアスールミッキーロケットが続く展開となった。直線で横一戦の激戦となる中、6番手から最内を突いた昨年のエリザベス女王杯勝ち馬モズカッチャン(2番人気)が先頭へ。しかし、4番手を追走していたクリンチャーが馬場の真ん中からグングンと伸びて、鮮やかな差し切り勝ちを収めた。5番手から伸びてきたアルアインが1馬身差の2着で、6番手から4コーナーで外の3番手につけていたレイデオロがさらにクビ差の3着。モズカッチャンは4着、昨年の秋華賞ディアドラは6着だった。



 クリンチャーは、父ディープスカイ、母ザフェイツ、母の父ブライアンズタイムという血統。北海道新冠町・平山牧場の生産馬で、馬主は前田幸治氏。通算成績は8戦3勝。重賞初勝利。京都記念宮本博調教師、藤岡佑介騎手ともに初勝利。



 ◆藤岡佑介騎手「思ったよりスタートが決まりました。レイデオロが外めにつけているのが分かったので、きょうインで我慢しました。馬に差し切ろうという意欲が見えていましたね。今後の自信となる勝利で、あとはGIタイトルだけ。なんとかこの馬で、と思っています」



★【京都記念】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【京都記念】レイデオロが1番人気/13:00時点 2018年2月11日() 13:08

 京都の日曜メインレースには、今年で111回目を迎える伝統の古馬重賞・京都記念(2月11日、GII、芝2200メートル)が組まれている。



 昨年の最優秀3歳牡馬に輝いたダービー馬のレイデオロ、牝馬GI覇者のモズカッチャンディアドラ皐月賞馬のアルアインと、グレード制導入後では初となる4頭のGIホースが揃った。さらには、菊花賞2着馬のクリンチャーも参戦しており、4歳馬に高い注目が集まっている。



 ダービー馬としては70年ぶりの制覇を目指すレイデオロが1.7倍で1番人気、それにM.デムーロ騎手が騎乗する昨年のエリザベス女王杯覇者・モズカッチャンが4.4倍で続き、皐月賞馬のアルアインが7.3倍で3番人気となっている。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。

(左から)枠番−馬番 馬名 単勝オッズ1− 1 プリメラアスール 135.52− 2 ケントオー    129.93− 3 ディアドラ     11.24− 4 クリンチャー    12.55− 5 モズカッチャン    4.46− 6 レイデオロ      1.77− 7 クロコスミア    11.47− 8 アクションスター 245.18− 9 ミッキーロケット  18.88−10 アルアイン      7.3



京都記念の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都記念】レイデオロが単勝1.4倍で1番人気 2018年2月10日() 17:58

 京都では日曜メインに京都記念(11日、GII、芝2200メートル)が行われる。過去の勝ち馬を見ても、2007年アドマイヤムーン、10年ブエナビスタ、15年ラブリーデイなど、その年の中距離路線の主役級がここを始動戦にチョイス。春のGIシーズンの飛躍へとつなげてきた。今年は出走馬が10頭と少ないが、GI馬が4頭参戦するなど、今年の活躍が期待される豪華メンバーが集結。今後の古馬戦線を占う上でも重要な一戦になることは間違いない。



 前日最終オッズは以下のとおり。昨年のダービー馬で2017年の最優秀3歳牡馬に選出されたレイデオロが単勝1.4倍で1番人気、このレース2連覇中のM.デムーロ騎手が騎乗するモズカッチャンは単勝4.9倍で2番人気、皐月賞馬のアルアインは単勝9.1倍で3番人気、昨年のエリザベス女王杯2着馬クロコスミアが単勝12.7倍で4番人気、菊花賞2着馬のクリンチャーは単勝13.5倍で5番人気となっている。



 京都記念は2月11日、京都競馬場(11R)で、午後3時35分にスタートが切られる。



(左から)枠番−馬番 馬名 単勝オッズ1− 1 プリメラアスール 135.72− 2 ケントオー    152.33− 3 ディアドラ     17.24− 4 クリンチャー    13.55− 5 モズカッチャン    4.96− 6 レイデオロ      1.47− 7 クロコスミア    12.77− 8 アクションスター 306.68− 9 ミッキーロケット  25.68−10 アルアイン      9.1



京都記念の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都記念】厩舎の話2018年2月9日(金) 05:05

 ◆アクションスター・音無師 「末脚にかけてどこまでやれるか」

 ◆アルアイン・池江師 「体が大きくなりすぎているが、次の大阪杯へつながるレースを」

 ◆クリンチャー・宮本師 「ここを目標に乗り込んできた。今までで一番の仕上がりと思っている」

 ◆クロコスミア・西浦師 「状態はいい。好レースをして、ドバイ国際競走に参戦したい」

 ◆ケントオー・西橋師 「ここ2走も着順ほど負けていないが、さすがに今回は相手が強い」

 ◆ディアドラ・橋田師 「いい仕上がりだと思います。今の京都の馬場もこなせますよ」

 ◆プリメラアスール・鈴木孝師 「十分に力は出せる仕上がり。ハナにこだわりたい」

 ◆ミッキーロケット・音無師 「前走は勝ち馬と3・5キロのハンデ差。長くいい脚を使える流れになってほしい」

 ◆モズカッチャン・野田助手 「好仕上がり。本来は叩き良化型だが、何とか好スタートを」

京都記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都記念】厩舎の話2018年2月8日(木) 11:19

 アクションスター・音無調教師「いつもどおりの動き。しまいを生かしてどこまでやれるか」

 アルアイン・池江調教師「フレッシュだが体は大きめ。荒れ馬場は気になるし、こなせなくはないけど距離もギリギリ」

 クリンチャー・宮本調教師「しっかり仕上げていい雰囲気。積極的な競馬で持ち味を出したい」

 クロコスミア・北添助手「府中牝馬Sよりデキはいいぐらい。エ女王杯は仕掛けが早かった」

 ケントオー・西橋調教師「近走はそんなに負けていない。ただ、今回は相手が強い」

 ディアドラ・橋田調教師「10キロくらい体は増えている。こんなに成長していく馬も珍しい」

 プリメラアスール・鈴木孝調教師「仕上がりはいい。ハナにこだわる」

 ミッキーロケット・松若騎手「3歳時に乗っていたころより成長している。相手は強いが、自分の競馬に徹したい」

 モズカッチャン・古川助手「昨秋の休み明けより好気配。力の要る馬場は合うし、根性に期待」

 レイデオロ・藤沢和調教師「今週の時計はそれほど速くなかったが、スッと反応できた。京都の外回りも大丈夫だろう」

(夕刊フジ)

京都記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都記念】追って一言2018年2月8日(木) 05:10

 ◆クロコスミア・西浦師 「小柄でも使うごとに体も増えて、状態はいい。力をつけて、距離も馬場も問わない。好レースをして、ドバイ国際競走に参戦したい」



 ◆ケントオー・西橋師 「いつも通りの攻め。ここ2走も着順ほど負けていないが、さすがに今回は相手が強い」



 ◆プリメラアスール・鈴木孝師 「3週連続してCWコース追い。十分に力を出せる仕上がりだし、距離も大丈夫。ハナにこだわりたい」



 ◆アクションスター・音無師 「攻めはいつも通りで、具合も悪くない。今回もしまいにかけてどこまでやれるか」



 ◆ミッキーロケット・音無師 「前走は瞬発力勝負になって、勝った馬とは3・5キロのハンデ差もあった。今回も攻めはよかったし、長くいい脚を使える流れになってほしい」

京都記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都記念】ミッキーロケット反撃態勢51秒0 2018年2月7日(水) 12:02

 連覇を狙った日経新春杯で4着に敗れたミッキーロケットが、巻き返しへ態勢を整えた。栗東坂路でアードラーをやや追いかけた。活気ある身のこなしからラストは一杯に追われ、ほぼ並んでのフィニッシュ。ラスト1Fは12秒9を要したが、4Fは51秒0の好時計。状態に不安はない。

 「一杯にやるようにと指示された。動きはいい。3歳時に比べて成長を感じるし、状態も良さそう。相手は強いが、この馬の競馬に徹するだけ」と、2年ぶりの騎乗となる松若騎手。前走は中間の傷腫れで調教過程が狂ったうえ、得意とはいえないスローの瞬発力勝負となってしまった。間隔は詰まっているが、この仕上がりなら能力全開となりそうだ。(夕刊フジ)



京都記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都記念】レイデオロに強力ライバル多数 2018年2月6日(火) 05:02

 昨年のダービー馬レイデオロが満を持して今年の初戦を迎える。主戦、ルメール騎手の騎乗停止は誤算だが、今年の日本競馬を背負う存在として期待される4歳馬。GI馬3頭が相手でも、負けられない一戦だ。同世代の皐月賞馬アルアインは菊花賞7着後、無理をせず休養して再始動。連下候補の筆頭となる。牝馬のモズカッチャン、ディアドラや、菊花賞2着のクリンチャーなど、4歳勢がいずれも好仕上がりだ。年長馬ではミッキーロケットやクロコスミアが上位をうかがう。

★京都記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都記念】昨年の日本ダービー馬レイデオロ信頼 2018年2月5日(月) 12:00

 ≪展望≫ 昨年の日本ダービー馬で、ジャパンCでも2着になったレイデオロが復帰戦を迎える。長距離輸送に不安はなく、コース形態も問わない。スムーズに立ち回れれば好結果が出せるだろう。



 昨年の皐月賞勝ち馬アルアインを対抗格にした。前走は馬場状態が悪く、距離が長かった。良馬場、2200メートル戦で巻き返す。▲ディアドラは牡馬相手でも瞬発力はひけを取らない。先行してしぶとい△△モズカッチャンに、△クリンチャー、△クロコスミア、△ミッキーロケットまで。

[もっと見る]

【京都記念】特別登録馬2018年2月4日() 17:30

2018年2月11日(日)に京都競馬場で行われる京都記念(GII)の登録馬は以下の通り。

アクションスター 牡8
アルアイン 牡4
クリンチャー 牡4
クロコスミア 牝5
ケントオー 牡6
ディアドラ 牝4
プリメラアスール 牝6
ミッキーロケット 牡5
モズカッチャン 牝4
レイデオロ 牡4

京都記念(GII)の重賞攻略はこちら

[もっと見る]

【京都記念】ミッキーロケット4馬身先着!音無師は「いい動き」 2018年2月1日(木) 12:02

 《栗東》日経新春杯4着のミッキーロケット(音無、牡5)は坂路で一杯に追われ、4ハロン51秒4−12秒5でミッキーマインド(3歳500万下)に4馬身先着。音無調教師は「いい動きだった。順調」と納得顔だった。

[もっと見る]

きさらぎ賞のダノンマジェスティ、松若騎手とコンビに 2018年1月29日(月) 05:00

 和田騎手の騎乗停止(2月3〜11日)に伴い、騎乗者が宙に浮いていたきさらぎ賞ダノンマジェスティは、松若風馬騎手(22)=栗・音無=とコンビを組む。また、僚馬で同じく和田騎手が騎乗予定だった京都記念(2月11日、京都、GII、芝2200メートル)のミッキーロケット(牡5)も、松若騎手が騎乗する。



ダノンマジェスティの競走成績はこちら

[もっと見る]

【古馬次走報】ミッキーロケット、京都記念へ 2018年1月17日(水) 05:00

 ★日経新春杯7着モンドインテロ(美・手塚、牡6)は検討されていたカタールGIエミールズT(2月24日、アルライヤン、芝2400メートル)は断念。今後は状態を見て決まる。同厩でジャニュアリーSを快勝したベストマッチョ(セン5)はバレンタインS(2月11日、東京、OP、ダ1400メートル)へ。

 ★日経新春杯4着ミッキーロケット(栗・音無、牡5)は京都記念(2月11日、京都、GII、芝2200メートル)へ。

 ★愛知杯2着レイホーロマンス(栗・橋田、牝5)は小倉大賞典(2月18日、小倉、GIII、芝1800メートル)。10着キンショーユキヒメ(栗・中村、牝5)は中山牝馬S(3月10日、中山、GIII、芝1800メートル)を予定。

 ★淀短距離Sを制したラインスピリット(栗・松永昌、牡7)は高松宮記念(3月25日、中京、GI、芝1200メートル)を目標にどこかで一戦する予定。

 ★カーバンクルSを連覇したナックビーナス(美・杉浦、牝5)は勝浦騎手とのコンビでシルクロードS(28日、京都、GIII、芝1200メートル)へ。

 ★雅Sで約3年ぶりの勝利を飾ってオープン入りを果たしたカフェリュウジン(美・和田雄、牡8)はアルデバランS(2月3日、京都、OP、ダ1900メートル)。

 ★阪神C17着トウショウピスト(栗・角田、牡6)は東京新聞杯(2月4日、東京、GIII、芝1600メートル)へ。

 ★ジャニュアリーS10着メイソンジュニア(栗・渡辺、牡4)は大和S(2月18日、京都、OP、ダ1200メートル)。

[もっと見る]

【日経新春杯】レースを終えて…関係者談話2018年1月15日(月) 05:05

 ◆和田騎手(ミッキーロケット4着) 「いいところで流れにも乗れたし、外に持ち出してから(アクセルを)踏んだんだけどね。スローで外を回したらハミも取り切れなかったですね」

 ◆四位騎手(サンタフェチーフ5着) 「少しエキサイトしていた。もっとうまく抑えられればよかったが…。でも、いい馬ですよ」

 ◆小牧騎手(ヒットザターゲット6着) 「内ラチ沿いをうまく運べたが、もう少し前がもつれるような展開にならないとつらい」



 ◆ルメール騎手(モンドインテロ7着) 「馬場が悪くて2、3回つまずいた。スローな流れで、後方から伸びきれなかった」

 ◆幸騎手(カラビナ8着) 「楽な感じで走れていましたが、4コーナーから直線では、突っ張るような感じになってしまいました」

 ◆太宰騎手(アクションスター9着) 「道中は上手に走れていました。ただ、最後は前と脚いろが一緒になりました」

 ◆福永騎手(ソールインパクト11着) 「内に潜り込みたかったが、潜り込めなかった。スローの瞬発力勝負で、外を回っては苦しかった」

 ◆荻野琢騎手(トルークマクト12着) 「道中でついていけませんでした」



★14日京都11R「日経新春杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

178件中 1-15件目を表示≪前の15件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ...12 次の15件≫

レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。