注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

カルヴァリオ(競走馬)

注目ホース
カルヴァリオ
写真一覧
現役 セ4 鹿毛 2013年3月30日生
調教師大竹正博(美浦)
馬主株式会社 ノルマンディーサラブレッドレーシング
生産者岡田スタツド
生産地新ひだか町
戦績 7戦[3-2-0-2]
総賞金3,764万円
収得賞金1,500万円
英字表記Carvalho
血統 マツリダゴッホ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ペイパーレイン
オークルーム
血統 ][ 産駒 ]
ペンタイア
クアドリフォリオ
兄弟 イオラニオークブラフ
前走 2016/09/18 レインボーステークス
次走予定

カルヴァリオの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
16/09/18 中山 10 レインボーS 1600万下 芝2000 14452.829** セ3 54.0 黛弘人大竹正博462(+4)2.01.1 0.736.6シャドウパーティー
16/07/24 函館 10 松前特別 1000万下 芝2000 13687.531** セ3 54.0 黛弘人大竹正博458(-2)1.59.7 -0.235.5④④⑤ミッキーロケット
16/06/26 函館 10 奥尻特別 500万下 芝1800 11113.011** セ3 54.0 黛弘人大竹正博460(-4)1.47.8 -0.135.1④④④④エアピザレー
16/05/21 新潟 10 早苗賞 500万下 芝1800 10785.832** セ3 56.0 吉田隼人大竹正博464(-6)1.47.8 0.133.4⑦⑦アップクォーク
16/04/10 福島 7 3歳未勝利 芝1800 167132.011** セ3 56.0 吉田隼人大竹正博470(+4)1.48.3 -0.335.9オールドクラシック
16/02/21 東京 4 3歳未勝利 芝1600 165105.425** セ3 56.0 大野拓弥大竹正博466(+2)1.39.6 0.636.8アオイサンシャイン
16/02/07 東京 5 3歳新馬 芝1800 16126.942** セ3 56.0 大野拓弥大竹正博464(--)1.50.8 0.134.3ラヴィエベール

カルヴァリオの関連ニュース

【セントライト】レース展望

2016年09月12日(月) 18:28

 秋の中山2週目の日曜メインは、第70回セントライト記念(18日、GII、芝2200メートル)。クラシック最終戦、菊花賞(10月23日、京都、GI、芝3000メートル)のトライアルレースで、3着までに本番への優先出走権が与えられる。

 人気の中心は、皐月賞馬でダービー3着のディーマジェスティ(美浦・二ノ宮敬宇厩舎、牡)だ。放牧先から函館経由で帰厩。8月半ばから時計を出し始め、追い切りは長短7本をこなしてきた。1週前追い切りは蛯名正義騎手を背に6ハロン81秒1−65秒6、ラスト1ハロン12秒6を馬なりでマーク。併走馬に1馬身先着とシャープな反応を見せており、態勢はほぼ整ったと判断していい。休養中に蹄を痛めるアクシデントがあったが、復帰までに時間は十分あったこともあり、二ノ宮調教師は「ノープロブレム」と不安を一蹴。春2冠で激闘を繰り広げたマカヒキが凱旋門賞の前哨戦・ニエル賞(GII)を勝っているだけに、国内で負けるわけにはいかない。前哨戦とはいえ、ハイレベル世代の中心として存在感を示しておきたいところだ。

 マウントロブソン(美浦・堀宣行厩舎、牡)は、GIIフジテレビ賞スプリングSの勝ち馬で、皐月賞6着、ダービー7着。ディーマジェスティには3戦3敗と苦戦しているが、皐月賞は超ハイペースのなかで先行、逆にダービーではスタートで後手に回った上にスローペースで末脚不発と、どちらも流れがこの馬に味方しなかった。本来なら逆転候補の筆頭に挙げられるところだが、こちらも中間に挫跖のアクシデントがあったため、仕上がり途上の感は否めない。最終追い切りの動きが鍵を握りそうだ。

 1歳上の全兄にGIドバイターフの勝ち馬リアルスティールがいるプロディガルサン(美浦・国枝栄厩舎、牡)も素質は前記2頭にヒケを取らない。春はなかなか体調が整わず、青葉賞4着を叩いてダービーは10着という結果だったが、今回は8月14日の初時計から、すでに9本の追い切りを消化しているように、順調そのもの。夏を越して馬体もひと回り大きくなった印象がある。力を出し切れなかった春2戦は度外視して、潜在能力を見直す手もあるだろう。

 GIIIラジオNIKKEI賞の勝ち馬ゼーヴィント(美浦・木村哲也厩舎、牡)も、中間7本の時計を出しており、着々と出走態勢を整えている。中山は2戦2勝の得意舞台。鞍上はサマージョッキーズシリーズの覇者で、目下JRA重賞で9連続連対中と絶好調の戸崎圭太騎手なのは何より心強い。ディープインパクト×ブライアンズタイム牝馬の配合は、ディーマジェスティと同じ。主役の座をクラシック組から奪っても不思議はない。

 注目の上がり馬がカルヴァリオ(美浦・大竹正博厩舎、セン)だ。奥尻特別(500万下)→松前特別(1000万下)を連勝中。先行する脚もあるだけに、流れが落ち着きやすい中山の外回り2200メートルはぴったりだろう。初コースとはいえ、父マツリダゴッホは有馬記念など重賞6勝をすべて中山でマークした“中山の鬼”。先週のGIII京成杯オータムHを快勝したロードクエスト同様、この馬にもコース適性は受け継がれているはずだ。クラシック出走権がないセン馬だけに、ここが勝負という見方もできる。同厩のアルカサル(牡)もマークしたい存在。まだキャリア4戦だが、春に中山芝2200メートルの水仙賞(500万下)を楽勝した実績は重視できる。ただ、カルヴァリオともども自己条件との両にらみ。動向を注視したい。

 中山でGIII京成杯を勝っているプロフェット(栗東・池江泰寿厩舎、牡)、2月のGIII共同通信杯(3着)でディーマジェスティと小差の競馬をしているメートルダール(美浦・戸田博文厩舎、牡)なども虎視眈々と勝機をうかがう。未勝利→500万下を連勝中の2頭、キークラッカー(美浦・土田稔厩舎、牡)とネイチャーレット(美浦・根本康広厩舎、牡)の勢いも侮れない。特にネイチャーレットは躍進著しい野中悠太郎騎手の騎乗が注目される。休み明けの出雲崎特別(500万下)を快勝したステイパーシスト(美浦・尾関知人厩舎、牡)も面白い。距離が延びて真価を発揮するステイゴールド産駒で、祖母は桜花賞馬オグリローマンという血統。小柄でもしっかりした脚を使えるのは父譲りで、ここでも楽しみはありそうだ。

★セントライト記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【朝日杯セントライト記念】特別登録馬2016年09月11日() 17:30

2016年9月18日(日)に中山競馬場で行われる朝日杯セントライト記念(GII)の登録馬は以下の通り。

アルカサル 牡3
カルヴァリオ セ3
キークラッカー 牡3
ケンホファヴァルト 牡3
ステイパーシスト 牡3
ゼーヴィント 牡3
ディーマジェスティ 牡3
ネイチャーレット 牡3
ノーブルマーズ 牡3
ピースマインド 牡3
プロディガルサン 牡3
プロフェット 牡3
マウントロブソン 牡3
メートルダール 牡3

◆朝日杯セントライト記念(GII)の重賞攻略はこちら

[もっと見る]

【3歳新馬】良血ラヴィエベールが差し切り勝ち 2016年02月07日() 12:43

 7日の東京5R3歳新馬(芝1800メートル)は、杉原誠人騎手騎乗の3番人気ラヴィエベール(牡、美浦・藤沢和雄厩舎)がゴール前で鮮やかに差し切ってV。タイムは1分50秒7(良)。

 カルヴァリオが内から先手を取り、キセキノケイフが2番手につける。さらにペッシュカネルラフォンテロッソが続き、人気のレッドアルソードは中団からレースを進めた。カルヴァリオはスローペースに落として逃げ、直線に向いても手応え十分。追いかけるキセキノケイフはやや若さを見せて、前との差を詰めきれない。そこに外から伸びてきたのがラヴィエベール。坂を上がってからもグイグイと力強く末脚を伸ばして、粘るカルヴァリオを差し切った。1/2馬身差の2着が4番人気のカルヴァリオ。さらに3馬身差の3着には5番人気のキセキノケイフが入っている。

 ラヴィエベールは、父ディープインパクト、母コケレール、母の父Zamindarという血統。母は仏GIサンタラリ賞の勝ち馬。

 杉原騎手は「はじめのうちは他馬を気にする面もありましたが、その後はリラックスして走れていました。まだ遊び遊びですが、しっかり調教で追われていたぶん、直線ではいい脚で伸びてくれました。まだまだ良くなる馬。フットワークが大きくて広いコースが合っています」と自厩舎での新馬勝ちをうれしそうに振り返っていた。

★7日東京5R「3歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

カルヴァリオの関連コラム

閲覧 2,011ビュー コメント 0 ナイス 3

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析!<ピックアップデータ>をはじめ、<追い風データ/向かい風データ>、<注目馬チェック>など貴重な情報満載のウマニティ会員専用コラムを是非あなたの予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2朝日杯セントライト記念 2016年9月18日(日)中山競馬場/芝外回り/2200m


<ピックアップデータ>

【“JRAのレース”において“4コーナー通過順が8番手以下、かつ着順が3着以内”となった経験の有無別成績(2011年以降)】
○あり [5-3-4-29](複勝率29.3%)
×なし [0-2-1-38](複勝率7.3%)

 新潟芝2200m内で施行された2014年を含め、近年は差し馬が優勢。4コーナー通過順が7番手以内だったレースでしか好走経験のない馬は苦戦しています。もっと単純に、前走が“日本ダービー以外のレース”、かつ前走の4コーナー通過順が3番手以内だった馬も2011年以降[0-0-0-25](複勝率0.0%)。直近のレースで先行した馬は基本的に過信禁物です。

主な「○」該当馬→・・・

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

カルヴァリオの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

カルヴァリオの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

カルヴァリオの写真

カルヴァリオ

カルヴァリオの厩舎情報 VIP

2016年9月18日レインボーステークス9着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

カルヴァリオの取材メモ VIP

2016年9月18日 レインボーステークス 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。