レイデオロ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録

レイデオロの口コミ


口コミ一覧

大阪杯 これまじっすかぁ〜

 HAZARD 2018年2月23日(金) 19:14

閲覧 65ビュー コメント 0 ナイス 3

大阪杯出走予定の
サトノダイヤモンド戸崎圭太騎乗予定との噂が・・・・・

何故戸崎?

主戦のCルメール騎手はこの週はドバイワールドカップデーと今年は被ってしまったため、昨年までは高松宮記念の週に行われていたが何故か今年は大阪杯の週に被ってしまった。

ちなみに
ドバイシーマクラシックでレイデオロに騎乗予定の為大阪杯には騎乗出来ない形となってしまう。
勝手な臆測だけどドバイターフはヴィブロス?

まあ
ルメールにとっては苦渋の選択になってしまうことになる。
オオサカハイデサトノダイヤモンドニノリタイ、デモフジサワキュウシャノレイデオロガドバイニエンセイオレドウスレバイイデスカ・・・・・
サトミオーナーニモカンシャデイッパイ
レイデオロデダービーカタセテモラッタ
オレアタマイタイ
トサキノバカニマカセラレナイオレガサトノダイヤモンドノラナイトゼッタイカテナイ、オレガヤラネバキタサンブラックニモウシワケナイ
レイデオロモオナジドバイデヘタクソバルジューニナンテマカセラレナイフジサワサンガペリエサンニマカセルナラハナシベツデスガ・・・・・・ソンナハナシアルワケナイヨネ
ササキオーナーハワタシニヴィブロスヲノラセヨウトカンガエテイルダロウシ
オオサカハイハシュヴァルグランニコウセイダシ
ドウカンガテモオレハドバイニイクシカナイイヤイケッテイワレテルヨウナモンダ
オレガノラナケレバイケエグンダンハオワルカモチガッタカタチデイケエグンダンヲハヤクモツブシニキテルヨネ

池江軍団に暗雲が漂ってきた
今年の大阪杯は前走の内容、展開面を想定するよりも他の厩舎や馬主、エージェントの動きで馬券の勝ち負けを左右するかも知れません。

へたしたら競馬新聞も必要ないくらいになるかも知れません印も関係ありませんね。

もはや変に穴狙うとか堅く行くとか勝負レースとか考えない方を賢明、へたに金失うなら始めから見送る勇気も必要だと思います。

ようは昨年のようにキタサンブラック一強のレースではないってことです、強い馬ではあるが騎手が下手くそだから互いに100%の力を出しきれないレース内容だと思ってます。

おそらく
この男もルメール同様に頭を悩ましていることだろう。
Mデムーロ
ダンビュライト(AJC杯を勝利そのまま大阪杯目標。)
スワーヴリチャード(金鯱賞出走登録。)
ペルシアンナイト(中山記念出走予定。)


どっちを選択するかは本人次第、馬優先主義ですからね。

ひょっとするとミルコもモズカッチャンでドバイに取られるかもね。

 穴派単キチ 2018年2月22日(木) 22:20
団体戦
閲覧 27ビュー コメント 0 ナイス 3

平昌オリンピックのスピードスケート女子パシュート、見事な走りでしたね。スピードスケートに限らず、団体戦の競技は個人戦にはないチームワークで勝つというところがいいですよね(^^)

競馬でもこういう団体戦があったら面白いなぁと思います。ただリレーなんてやったもんなら事故必至でレース所ではないですよね。
ちょっと昔の漫画ですが、みどりのマキバオーでやっていた、競馬のワールドカップなんてあれば凄く盛り上がるんじゃないかと勝手に思っています。
(まぁ競馬の世界でそんなことは不可能でしょうが)

そこで勝手に競馬ワールドカップを妄想し、日本代表を選出してみました。
種目は芝の1200m、1600m、2000m、2400m、3200m、ダートの1600m、2000m、障害の4100mで考えました。また、出走登録できるのは登録抹消されていない馬で、一頭の馬で複数種目は出場不可とします。年齢は4歳以上、負担重量は牡馬58kg、牝馬56kgとしましょう。レースごとの着順でポイント加算、1着10p,2着9p,〜10着1pです。総合点が高い国が優勝です。開催時期は今年の4月にでもしましょう。(開催国とか色々深く考えると面倒なので設定はこのぐらいで)

それでは個人的な日本代表は以下の通りです。
芝1200m レットファルクス
芝1600m ペルシアンナイト
芝2000m サトノクラウン
芝2400m レイデオロ
芝3200m サトノダイヤモンド
ダ1600m ノンコノユメ
ダ2000m ゴールドドリーム
障4100m オジュウチョウサン

考えてみるととても難しい。このメンバーで果たして勝てるのだろうかw
芝2000のサトノクラウンとかどうなんだろうwリアルスティールやウィヴロスというのも考えたけど、ここはクラウンに頑張ってもらおう。
芝3200mも難しい。シュヴァルグランもいいけど年齢を考えてダイヤモンドにしました。隠し球でフェイムゲームも有りかw

ダートはすんなり2頭選出、あとはどっちを1600に置くか。ゴールドドリームの2000mはどうなんだろうか。ノンコノユメの2000mより信頼できそうな気がするが。

短距離は順当に実績重視。安定感を求めるなら1600はエアスピネルですが故障しちゃってますからねぇ。
障害は選択の余地ナシ。

あー、いい暇つぶしになったw

[もっと見る]

 ユウキ先生 2018年2月22日(木) 18:22
☆2018年 重賞 ユウキ先生の◎○パート7(*^-^*)☆
閲覧 43ビュー コメント 0 ナイス 8

先週の重賞はダイヤモンドS&京都牝馬S&小倉大賞典&フェブラリーS!!

個人的に◎○の成績を記載していきたいと思います☆

中山金杯=◎ダイワキャグニー=5着 ○ブラックバゴ=4着

京都金杯=◎ブラックムーン=1着 ○ストーミーシー=5着

フェアリーS=◎レッドベルローズ=3着 ○プリモシーン=1着

シンザン記念=◎アーモンドアイ=1着 ○カフジバンガード=5着

愛知杯=◎クインズミラーグロ=16着 ○キンショーユキヒメ=10着

京成杯=◎コズミックフォース=2着 ○エイムアンドエンド=10着

日経新春杯=◎ミッキーロケット=4着 ○カラビナ=8着

東海S=◎テイエムジンソク=1着 ○ドラゴンバローズ=13着

アメリカJCC=◎ゴールドアクター=11着 ○トーセンビクトリー=5着

根岸S=◎アキトクレッセント=12着 ○カフジテイク=3着

シルクロードS=◎アットザシーサイド=14着 ○ダイアナヘイロー=16着

東京新聞杯=◎グレーターロンドン=9着 ○ダノンプラチナ=11着

きさらぎ賞=◎ダノンマジェスティ=9着 ○カツジ=5着

共同通信杯=◎グレイル=7着 ○カフジバンガード=5着

京都記念=◎レイデオロ=3着 ○クロコスミア=8着

クイーンC=◎フィニフティ=2着 ○ナラトゥリス=15着

ダイヤモンドS=◎リッチーリッチー=4着 ○ソールインパクト=3着

京都牝馬S=◎ソルヴェイグ=11着 ○ヴゼットジョリー=6着

小倉大賞典=◎ダッシングブレイズ=4着 ○ハッピーユニバンス=7着

フェブラリーS=◎テイエムジンソク=12着 ○インカンテーション=3着

次の印は[1着・2着・3着・4着・5着・掲示板以外]で表示します(^^)/

◎[3・2・2・3・1・9]

○[1・0・3・1・5・10]

合わせて〜〜〜(^◇^)

◎○[4・2・5・4・6・19](´・ω・`)

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2018年2月20日(火) 14:32
> クリンチャー「海外遠征」も 
閲覧 29ビュー コメント 0 ナイス 2

JRA春の主役(?)クリンチャー陣営「海外遠征」に色気? しかし「鞍上」は確実にチェンジか......
─Gambling Journal ギャンブルジャーナル / 2018年2月20日 7時30分 http://biz-journal.jp/gj/2018/02/post_5873.html

 先日の京都記念(G2)を、レイデオロやモズカッチャン、アルアインらG1ホースを相手に勝利したクリンチャー。もともと中長距離で期待をされた同馬だが、今後の目標は天皇賞・春ということでさらなる飛躍を見据えている。

 同世代のトップ強豪相手に勝利した事実は大きく、宮本博厩舎としても自信を深めたに違いない。レース前から「目標は天皇賞」と語っていたようだが、言葉通りG1制覇に「王手」をかけた。

 すでに次走が3月の阪神大賞典(G2)に決まっているクリンチャー。菊花賞以来の3000mを今一度経験してから本番へ、ということか。もしここで勝つようなら天皇賞では人気の一角となるに違いない。

 そして、すでに陣営は"その先"をも見据えているようで......。

「京都記念の勝利によって『海外遠征』も陣営は意識しはじめた、という情報があります。長距離適性や重い馬場でこそ力を発揮する点は、確かに欧州のパワーのいる馬場が向いているかもしれません。有力馬が少ないディープスカイ産駒の星として海外に打って出る、というのはロマンがあります」(現場記者)

 一気にこの春の主役応保に躍り出たクリンチャー。陣営が国内を飛び越えた活躍を願うのも当然といえるか。

 ただ、やはり気になるのは、もし仮に海外遠征した際の「鞍上」である。

🏇次のページ オルフェーヴルでさえ、欧州遠征の際には池添謙一騎手からC.スミヨンに2年連続で乗り替わり

「もし春に結果が出て海外遠征が実現した場合、現在の主戦である藤岡佑介騎手は乗り替わりになるのが濃厚だそうです。藤岡騎手は京都記念の前にも前田幸治オーナーの電話を折り返さなかった、ということで乗り替わりの可能性が指摘されました。京都記念は見事に勝利したので春の天皇賞までは安泰かもしれませんが、仮に結果が出ても秋は......ということになるかもしれません」(同)

 あのオルフェーヴルでさえ、欧州遠征の際には池添謙一騎手からC.スミヨンに2年連続で乗り替わりとなった。海外経験が乏しい藤岡騎手なら......。

 まずは春、どのような結果になるのか注目である3002

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2018年2月20日(火) 14:28
> 川田将雅の敵情視察 
閲覧 138ビュー コメント 0 ナイス 6

JRA川田将雅騎手の「悲しい」敵情視察!? 阪急杯(G3)大本命レッドファルクスとのコンビも素直に喜べない「複雑な事情」 ─Gambling Journal ギャンブルジャーナル / 2018年2月20日 7時30分 http://biz-journal.jp/gj/2018/02/post_5872.html

 25日に阪神競馬場で行われる阪急杯(G3)に出走予定のレッドファルクス(牡7歳、美浦・尾関知人厩舎)は、川田将雅騎手とのコンビで出走する。

 主戦のM.デムーロ騎手が同日の中山記念(G2)に出走するペルシアンナイトに騎乗する関係で、一昨年の4月以来、約2年ぶりのコンビ結成となったレッドファルクスと川田騎手。昨年の最優秀短距離馬でさえ、乗り替わりを余儀なくされるデムーロ騎手の人気ぶりには舌を巻くばかりだが、代役・川田騎手もこれまた目を見張る好調ぶりだ。

 東京でフェブラリーS(G1)が開催された先週末の18日は、裏開催の小倉で騎乗した川田騎手。7鞍騎乗で1番人気が6度、2番人気が1度と圧倒的な馬質ということもあったが、連対を外したのはわずか1度だけ。自身4勝目と得意にしている小倉大賞典(G3)勝ちを含めた2勝、2着4回と、さすがの安定感だった。

 それだけでなく、レイデオロなど屈指の好メンバーが集った11日の京都記念(G2)では、皐月賞馬のアルアインに騎乗して2着を確保。翌日のクイーンC(G3)でも良血馬のフィニフティで2着するなど、ここにきて上り調子。難しい乗り替わり騎乗でも、しっかりと結果を残している。

「川田騎手は関西でも屈指の馬質を誇る騎手の1人ですが、デムーロ騎手やルメール騎手の代役としての騎乗が目立ちます。その分、どうしても外国人2人からの"お下がり"が多くなりますが、逆に言えばデムルメ両方の騎乗馬に乗れるのは『美味しいポジション』といえるのかも。

特に今年はすでに15勝と好調ですし、2着の数は松山弘平騎手と並んで全体トップ、3着以内率もリーディング上位ではデムルメに次ぐ3位と、安定感が光ります。昨年はケガに泣いた川田騎手ですが、今年は期待できそうです」(競馬ライター)

 そんな川田騎手だが、今週コンビを組むレッドファルクスは、ある意味「敵情視察」と囁かれている。

👤次のページ このままではずっとデムーロ騎手に次ぐ“セカンドジョッキー”という評価

 というのも、川田騎手は1月末のシルクロードS(G3)をファインニードルとのコンビで勝利。陣営からは、本番の高松宮記念(G1)でのコンビ継続も発表されている。そういった意味で、現役スプリント王のレッドファルクスは川田騎手にとって「今日の友であり」「明日の敵」というわけだ。

「ファインニードルに関してもそうですが、デムーロ騎手と川田騎手はエージェントが同じということもあって、代打騎乗がとにかく多い。

今週、中山記念にペルシアンナイトが出走する関係で、レッドファルクスに騎乗できないデムーロ騎手。ですが、すでにレッドファルクスとのコンビでの高松宮記念参戦が決まっており、『優秀な代役』である川田騎手なら一安心といったところではないでしょうか。同じエージェント内で馬を回す、いわゆる『囲い込み』の状態で、本番ではすんなりとデムーロ騎手に戻る可能性が高そうです。

エージェントが主体となる時代ということもあって、まるでデムーロ騎手の"下請け企業"のような扱われ様。川田騎手ほど実績のある一流騎手なら普通、嫌気が差してもおかしくないですが、彼は非常に真面目にその仕事をこなす分、人望も厚い。

ただ、このままではずっとデムーロ騎手に次ぐ"セカンドジョッキー"という評価は変わりません。川田騎手自身も今のポジションに甘んじるつもりはないんでしょうが......」(同)

 以前、『netkeiba.com』で行われた藤岡佑介騎手との対談では「本来なら、1番を獲れると思っていた」と語っていた川田騎手。だが、デムーロ騎手とルメール騎手がJRA騎手として通年騎乗するようになったことで、状況は大きく変化。

「でも、現実的にはそうじゃない」と悔しさを滲ませていた。

👤次のページ 本番では本来持っているはずの“隠された牙”をむき出しにするような騎乗を期待

 そんな川田騎手だが、今週のレッドファルクスも「優秀な代役」として、やはり真面目に全力を尽くして騎乗することだろう。美浦の南ウッドで行われた1週前追い切りでは5ハロン68.1秒、ラスト12.7秒で併せ馬に2馬身先着するなど、馬の方も動きは上々だ。

 ただ、その先に待っている高松宮記念では、ファインニードルとコンビを組むことが決まっている川田騎手。複雑な思いがあるのは当然だが、本番では本来持っているはずの"隠された牙"をむき出しにするような騎乗を期待したい。

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2018年2月20日(火) 14:25
> JRA松山弘平騎手「絶好調」 
閲覧 44ビュー コメント 0 ナイス 6


JRA松山弘平騎手「絶好調」でミルコ劇場崩壊!? 因縁の「中指立て疑惑」に"反撃"のリーディング5位浮上も「今だけ」の理由 ─Gambling Journal ギャンブルジャーナル / 2018年2月20日 7時30分 http://biz-journal.jp/gj/2018/02/post_5871.html

 先週末18日の京都競馬では、松山弘平騎手が大爆発。フェブラリーS(G1)に騎乗馬がいないM.デムーロ騎手が回ってきたため、戦前は「ミルコ劇場」が予想されたが、関西のホープが4勝2着4回の大活躍でそのお株を奪った格好だ。

 G1の裏開催で"荒稼ぎ"を期待したデムーロ騎手にとっては、まさに松山騎手の「お尻」ばかりを見た1日だったかもしれない。

 前半に2レースと5レースを勝ち、幸先のいいスタートを切ったデムーロ騎手。だが、6レースで15着に大敗。その時に勝ったのが松山騎手だった。象徴的だったのが、そこからの3連戦だ。デムーロ騎手は7、9、10レースといずれも1番人気馬に騎乗したが、すべて2着。

 そして、それらレースで3連勝したのが松山騎手だった。

 結局、デムーロ騎手は3着に敗れた最終レースでも、2着の松山騎手のお尻を見る羽目に......。あくまで結果論だが、松山騎手さえいなければ1日5勝の"ミルコ劇場"だっただけに、フラストレーションの溜まる1日だったのではないだろうか。

 対する松山騎手は先週6勝の固め打ち。ここまで16勝を上げ、C.ルメール騎手を交わしてリーディング5位まで浮上しているから驚きだ。また、2着21回は川田将雅騎手と並んで全体トップ。勝ち切れない面はあるものの、2018年は充実したスタートを切っている。

「昨年、デムーロ騎手は皐月賞後に優勝した松山騎手に対して、中指を立てたウワサが広まりました。結局、JRAからは"お咎めなし"でしたが『因縁の間柄』だっただけに興味深い1日でしたね。

 一方の松山騎手はルメール騎手が年始から騎乗停止だったこともあっての結果ですが、それでもリーディング5位浮上は立派。

 ここまで最も優れた3着以内率は、キャリアハイの74勝を上げた2012年の0.232で、現在は0.378。これだけを見ても好調ぶりが窺えますし、現在は年間100勝ペース。順調に行けば、キャリアハイを更新する可能性も十分ありそうです」(競馬ライターA)

◆次のページ 称賛も聞こえる一方で、松山騎手の好調が「今だけ」という声も……

 ただ、そういった称賛も聞こえる一方で、松山騎手の好調が「今だけ」という声も......前出とは別のライターが言う。

「松山騎手の騎乗仲介者を務めているのは、『優馬』の櫻井眞人氏。昨年は、和田竜二騎手をキャリアハイの96勝に導くなど、やり手のエージェントです。松山騎手の現在の好調も、この『櫻井氏に支えられてのもの』と述べても過言ではありません。

 ただ、本来1番手の和田騎手は今、2月一杯での引退が迫った師匠の岩元市三調教師の通算500勝達成に躍起になっているとか......。目先の勝ち星よりも岩元厩舎の出走馬を優先させているようで、昨年末も『100勝超えは楽勝』といったムードから急ブレーキでした。今年もここまで4勝に留まっています。

 そんな和田騎手に替わって櫻井氏の"全力援護"を受けて浮上しているのが、本来2番手の松山騎手。ただ、岩元先生が引退した後の3月からは、また和田騎手中心のシフトに戻るでしょうし、松山騎手としては今のうちに稼いでおきたいでしょうね」(競馬ライターB)

 また、松山騎手といえば昨年、アルアインで皐月賞(G1)を勝ち、人馬共に初G1を飾りながら、日本ダービー(G1)の敗戦で乗り替わりを告げられた"悲劇の主人公"でもあった。

 そのアルアインは今年になって、京都記念(G2)で川田将雅騎手との新コンビで出走。主戦のルメール騎手がレイデオロを優先させたため、ファンの間では松山騎手とのコンビ復活が期待されているが、それも難しいのかもしれない。

次のページ 松山騎手は社台グループからの信頼を得られていない!?

「昨年、あっさり降ろされてしまった松山騎手ですが、まだ社台グループからの信頼を得られていないようです。今年になって、ここまで好調ですが、アルアインを所有するサンデーレーシングからの依頼は年始に1鞍あっただけという寂しい状況......。

 社台レースホースやシルクといった他の社台グループのクラブ馬主からの依頼も決して多くなく、騎乗依頼の大半は非社台で形成されているのが現状です。昨年のアルアインとのコンビは、かつての和田騎手とテイエムオペラオーのように新鮮な話題を生みましたが、コンビ再結成は難しいかもしれません」(同)

 すでに大阪杯(G1)への出走が予定されているアルアイン。鞍上の正式な発表はまだないが、少しでもアピールするために松山騎手は今の好調を保っておきたいところだ。

[もっと見る]

 生化学研究所員 2018年2月18日() 18:17
〜神への道・新章 第一幕〜
閲覧 42ビュー コメント 0 ナイス 9

 ダメである。

徹底してダメである。馬券を買い間違える、軸を正解から不正解に変える、不正解の馬券を買い足す…。

この上ないダメップリである…。

 なんなんだかなぁ…(ーー;)

どうしたら勝てるんだろう…。

どうしたら神になれるんだろう…。

人は絶対に飛べないのと同じで、人は絶対に競馬で稼ぐことはできないのか?

…ん〜…

 もう悩み始めてからかれこれ4〜5年にはなるが、全く前に進んでいる気がしない。

まぐれでも、根拠などなくても、事実馬券が当たっていて、事実プラスになっていればいいわけで…。

でも、結局は全然勝てていないわけで…。

 負けた後に色々と反省をすると、課題や方向性は見えてくるのだが、その反省や、立てた対策は全く生かされていないし、結果としての収支も当然、全然ついてきていない。

ヤッパリ単勝と複勝なんだよなぁ…基本は。1頭の馬が来るか来ないかだけ気にすればいい、ということと、
複勝一点であれば、究極的には「オッズに関係なく」「当てれば良い」だけなので、これしかないと思うのだが…。

ダメだダメだ…全然ダメだ。予想もなっていなければ買い方もなっていないし、とにかく全然ダメだ。

来週こそ!!!

来週こそきっと、開眼してみせる。そしてもう悩まずにスタイルをキッチリ固めなければ…。

【これまでの“資金運用”指名馬のレース結果】

1. 0210京都Rピリカクル 競争除外
2.0210小倉Rデルマカシャーサ 1着
3.0210京都Rビッグデータ 2着
4.0210小倉Rレイエスプランドル 1着
5.0211京都ぅ哀譟璽肇織ぅ 1着
6.0211京都レイデオロ 3着
7.0212東京マウレア 5着
8.0213小倉.Εンネプチューン1着
9.0213小倉ニシノプログレス 7着
10.0213小倉ぅ汽鵐謄ーニ 6着
11. 0217東京┘札ールモチンモク3着
12.0217東京マイネルファンロン2着
13. 0217東京ペルソナリテ   7着
14. 0218東京テイエムジンソク 12着


複勝的中率 61.5%

[もっと見る]

 生化学研究所員 2018年2月17日() 19:40
〜神への道・新章第一幕(フェブラリーステークス)〜
閲覧 123ビュー コメント 0 ナイス 4

 久々のG1ということで気持ちも高まるが、ここは冷静に狙いたい。他のレースで「絶対」という馬がいればそちらから行っても良いのだが、やはり競馬。「オッズ」と「確率」を天秤にかけると、「来るだろう」という自信がソコソコあるならば、オッズが割れるG1の方が稼げるというのは、私が競馬を始めるきっかけとなったレース、1987年春の天皇賞以来変わっていないようである。(笑)

今から30年前の『その』思い出の天皇賞。私が買ったのはアサヒエンペラーという“繰り上がり”で2着をさらった馬の単勝。もちろん繰り上がろうが何をしようが、「2着は2着」なので私の馬券は今と変わらない「しょっぱい負け」で終わったのだが、この時に同じく“繰り上がり”で3着を拾った馬がいる。スダホークという馬だ。

当時私は馬も見ず、成績も見ず、名前だけで決めたのだが、当時から競馬に詳しかった友人の言葉を鮮明に覚えている。

「クラシックを含めてG1というのは、票が割れるから、当たり前に来そうな馬を買うだけでも結構配当はつくんだよね…。俺はスダホークの複勝を買うよ…」

スダホークという馬はどんな馬か尋ねた私に友人はこう答えた。

「…そうだな…たとえようがないが、強いていうなら「最強の脇役」ってところかな。1着は多分ないけど、ゴール前は必ずハラハラさせてくれるよ。それと、毛色は芦毛。もう少し経つと綺麗な白い毛になると思うけど、今はね…まるで“道脇の雪”みたいな色しているよ。」

その“道脇の雪”が誰の目にも4着と分かるレースをしつつも、G1史上初めて「2着入線失格」となったニシノライデンのお蔭で3着に繰り上がってからもう30年。2014年にこの世を去ったミホシンザンを最後に、当時の上位入線馬はアサヒエンペラーも、ニシノライデンも、スダホークも、この世にはいない。

そして、明日、また「人気が意外と割れる」G1が訪れる。
30年の時を超えて、「道脇の雪」が再び走る。

結構自信はある。フェブラリーステークスを買う、という人は、是非今日2月17日の東京競馬場のダートのレース、特にゴール前を見て欲しいのだが、「後ろから差してくる」馬など一頭もいない。

「先行勢が内に揃ったから流れが激しくなるのではないか?」
「なんだかんだ言っても結局差し馬が最後は捕まえるんじゃないか?」

色々と言われていますが、私はこのレース、テイエムジンソクの馬券圏内はほぼ堅いと思っている。

スピード、ポジション、レース展開、格、どれをとってもメンバーの中では確実に上位に位置する。
更に「先行できる脚質」は自分でレースを作れる強みがある。
思い出して欲しいのだが、過去、ダートのG1レースで「調子を上げてきた先行馬」というのは、コースを問わず、手が付けられないほど強いレースをするものだ。
(たとえば、2010エスポワールシチー、2011トランセンド、2014、2015コパノリッキーなど)
今回のテイエムジンソクがなぜ1番人気にならないのか不思議なのだが、個人的には馬券を買う馬なので、どうぞ人気はゴールドドリームに流れてくださいませませ…という感じである。

相手は中央ダートの重賞実績のある馬を中心に買いたい。ノンコノユメ、サウンドトゥルー、ケイティブレイブ、サンライズノヴァ辺りはもちろんだが、キングズガード、ロンドンタウンまで流したい。
ゴールドドリーム?実力的に強いとは思うのだが、チャンピオンズカップは勝ったと言っても┸裕ぁその前も中央ではないが、ドバイ、大井、盛岡で14,7,5着…。そもそもかなりのムラ駆けタイプなので、正直分からない。人気薄なら間違いなく「買い」だが、ガチガチの/裕い納蠅鮟个垢戮馬でないことは確か。



今週こそ。

走れ!ジンソク。走れ!道脇の雪。

今週こそ、私に札束を届けておくれ。

^^;

【これまでの“資金運用”指名馬のレース結果】

0210京都Rピリカクル 競争除外
0210小倉Rデルマカシャーサ 1着
0210京都Rビッグデータ 2着
0210小倉Rレイエスプランドル 1着
0211京都ぅ哀譟璽肇織ぅ 1着
0211京都レイデオロ 3着
0212東京マウレア 5着
0213小倉.Εンネプチューン1着
0213小倉ニシノプログレス 7着
0213小倉ぅ汽鵐謄ーニ 6着
0217東京┘札ールモチンモク3着
0217東京マイネルファンロン2着
0217東京ペルソナリテ 7着
0218東京テイエムジンソク→?着

複勝的中率 66,7%

[もっと見る]

 生化学研究所員 2018年2月17日() 15:12
〜神への道・新章0217振り返り〜
閲覧 26ビュー コメント 0 ナイス 5


久々にやってしまった…(-_-;)

PATは3200円スタートのつもりだったのだが、開けてみたら残金が3400円。ラッキー♪などと思いながら、もう一度馬柱を見て、レース検討。

考えに考えて、多分大丈夫な上に、配当もかなり美味しいオッズが見込めたので、購入に踏み切った東京┘譟璽好札ールモチンモク。

キッチリ3着に来てくれて、単勝100円、複勝1300円の投資だったので、複勝2.4倍だけの的中だったが、PAT資金は5000円に。









なるはずだったのだが…(-_-;)

レース後、ワクワクしながら見てみたら、なぜかPAT残額は2000円なのだ。

?…確定前か?(・・;)と思い、もう一度確認してみたが、ヤッパリ残額は2000円。

なんでだ!?と思ってPATの購入履歴を見てみたら、…(-_-;)

なんと!買っていたのは単勝と複勝─
PATで、複勝を見た時に、一つ下の人気の馬の複勝をプッシュしてしまったようで、そのまま購入予約からPATに飛んでしまったので、誤って複勝┐鯒磴辰討靴泙辰燭里澄(-_-;)

年間に2〜3回あるのだが、痛恨の買い間違い。間違えて買って外れたことはあるが、間違えて買って、当たった、ということはこれまでに一度もない。今回も漏れなくハズレてしまい、PAT残額は、本来あるはずの金額を大きく下回った。

かなり頭に来てしまい(爆)、ギャンブラーとして、絶対にやってはいけない『取り戻し勝負』をかけてしまった。それがレースのマイネルファンロンである。

まぁ、フツーに予想しても『3着ならば』という位置付けにはなる馬なのだが、『勝負』に入れるレベルではない。それなのに、┘譟璽垢ちゃんと買えていなかったことに対する、自分への憤りが爆発してしまい、完全に暴走してしまった…。

まぁ、当たったから結果オーライで、結果が全てなのでまぁ、良しとしておくが、次はないなぁ…(-_-;)

結局、マイネルファンロンは2着に来ましたが、複勝1800円だけ的中だったので、PAT残額は2800円。

明日に繋ぎます。

【これまでの“資金運用”指名馬のレース結果】

0210京都Rピリカクル 競争除外
0210小倉Rデルマカシャーサ 1着
0210京都Rビッグデータ 2着
0210小倉Rレイエスプランドル 1着
0211京都ぅ哀譟璽肇織ぅ 1着
0211京都レイデオロ 3着
0212東京マウレア 5着
0213小倉.Εンネプチューン1着
0213小倉ニシノプログレス 7着
0213小倉ぅ汽鵐謄ーニ 6着
0217東京┘札ールモチンモク3着
0217東京マイネルファンロン2着

複勝的中率 72.7%

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2018年2月17日() 08:02
> 桃井はるこが推す馬は? 
閲覧 92ビュー コメント 0 ナイス 1


JRA三浦皇成中央G1初制覇を予言!? 競馬女王桃井はるこが年明け一発目G1を占う─ Gambling Journal ギャンブルジャーナル / 2018年2月16日 17時1分 http://biz-journal.jp/gj/2018/02/post_5847.html


 ダート王決定戦・フェブラリーS(G1)が2月18日に開催される。今年は、昨年の最優秀ダートホース・ゴールドドリームとチャンピオンズC(G1)で同馬と接戦を演じたテイエムジンソクの一騎打ちと見ている者がほとんどだろう。だが、今回登場していただく競馬アイドル・桃井はるこさんは、どうやらその2強対決では終わらないと見ているようだ。大のダート好きとして知られる桃井さんは、どの馬が新ダート王として君臨すると考えているのだろうか? お考えをうかがった!

――昨年末は桃井さんの2大推し馬であるキタサンブラックとコパノリッキーが惜しまれつつ引退しましたね。

桃井はるこ:そうなんですよ〜。引退レースとなった有馬記念と東京大賞典(ともにG1)は現地で観戦しました。

 有馬記念後のキタサンブラックの引退セレモニーも観賞しましたよ。私はあまり競馬歴が長くないのですが、これまで観戦したことのある中では、どの馬の引退セレモニーよりもすごく人が集まっていましたね。中山競馬場のターフビジョンで、北島三郎さんの新曲「ありがとうキタサンブラック」のPVも見ましたよ。感動してボロボロ泣いてしまいました。帰りがけ、スマホで音楽サイトを見たら既に配信されていたので、曲を購入して聴きながら家路につきましたよ!

 そして東京大賞典。観戦した私の周囲ではケイティブレイブを応援している人が多かったですね。でも、私はコパノリッキー一筋! 引退レースなので絶対に勝ってほしかった(笑)。有終の美を飾ったあと、Dr.コパさんがファンに缶バッチを用意してくれたのでもらって帰りました。記念にしたいと思います。

 昨年は私の競馬キャリアの中ではじめて、思い入れのある馬が引退したんです。ファンになった馬のキャリアを最後まで見守るという経験をし、今年は『推し馬がいない』という競馬ファンとして新しいフェーズに入っています!!

――新たな局面に突入したわけですね。その"フェーズ2.0"となった桃井さんにさっそく真価を発揮してもらいたい大舞台、フェブラリーSが開幕されます。

JRA三浦皇成中央G1初制覇を予言!? 競馬女王桃井はるこが年明け一発目G1を占うの画像2

桃井はるこ:そうなんですよ。フェーズ2.0になった最初のG1競走なので応援する馬に勝ってもらい幸先のいいスタートを切りたいです。今年は昨年のチャンピオンズCでコパノリッキーを倒したテイエムジンソク、ゴールドドリームが主役になると目されているようですね。

 まず、テイエムジンソク。みやこS(G3)、チャンピオンズC(G1)、東海S(G2)を見る限り、かなり強いですよね。実力はコパノリッキークラスではないでしょうか。ダート馬は年を重ねても強い馬は強いと思うので、6歳なら問題ないでしょう! 陣営さんも各種報道に対して「今が一番強い」と答えるなど自信満々です。ただ、主戦の古川吉洋騎手、同馬ともに東京競馬場ダート1600mでの勝利経験はない点が気になりますね......。

 その対抗が、R.ムーア騎手が騎乗するゴールドドリームといわれています。負けるときはあっさりと負ける馬なんですが、それは地方競馬場限定。中央では確実に結果を残しています。一昨年前には同じコースの武蔵野S(G3)で2着と実績もありますし、前走のチャンピオンズC(G1)も勝利しているため、今回は人気を集めるでしょう。しかし、若干スタートに不安を抱えているんですよね......。

――やはりこの2頭の名前が上がりましたね。桃井さんのイチオシはどちらでしょうか?

🐴次のページ 桃井はるこさんの推し馬はテイエムジンソク、ゴールドドリームではなく…

桃井はるこ:このどちらかにしようと、一度は考えたんです!! でも、私の推し馬はその2頭ではなくインカンテーションです!! 同馬は、私が強いダート馬を聞かれたら真っ先に名前をあげる馬です。16年こそ低迷しましたが、昨年は復調してフェブラリーSと同じ舞台で開催された武蔵野Sでも勝利を収めるなど重賞を3勝しています。前走の東京大賞典競走で7着だったため人気を落としているようですが、このレースはキャリア初のナイターでした。環境の違いに戸惑い、不覚を取ったと考えれば度外視してもいいのでは。

 これまでインカンテーションは、15年のフェブラリーS、昨年のかしわ記念(G1)のそれぞれでコパノリッキーの前に敗れて2着と、大舞台で同馬の影に隠れることが多かったんです。だからこそ、コパノリッキーがいなくなった今、インカンテーションが輝くはずです。その勇姿をぜひ、見たいんです!!

――意外な名前が出ました。では、インカンテーションに続くと考えている馬は?

桃井はるこ:ノンコノユメですね。セン馬となって以降低迷していた同馬ですが、今年の根岸S(G3)で復活V。上がり最速34.2秒を記録するなど、しばらく鳴りを潜めていた驚異的な末脚も復調の兆しを見せています。

 さらに前走では新パートナーである内田博幸騎手とタッグがバッチリはまったように見えました。内田騎手は地方出身なので、ちょっとズブくなった馬を動かすことに長けているのかもしれませんね。徐々に加速させていくので、長い直線のレースには強いと考えています。2年半ぶりのG1制覇の可能性も低くないでしょう。

 そしてそれらに続くのは川崎記念(G1)を勝利したケイティブレイブです。地方競馬を熱心に見ている人ではないとあまり強さを実感できないのかもしれませんが、ダートの強豪とされる馬たちと比肩する実力を秘めていると思います。これまでアウォーディーやアポロケンタッキー、クリソライトなどダート強豪馬と戦って勝ち、さらにゴールドドリームに勝利した経験もありますからね。

 川崎記念からフェブラリーSを連勝したことがある馬がいないのが気になるところではありますが、管理する目野哲也調教師が今月末に引退されることもあり、恩返しの意味も込めての好走を期待したいですね。

――次々に思いもよらなかった馬の名前が飛び出しますね。もしかして、次も?

JRA三浦皇成中央G1初制覇を予言!? 競馬女王桃井はるこが年明け一発目G1を占うの画像4

桃井はるこ:ふっふっふ。C.ルメール騎手が騎乗するベストウォーリアです。今回、ベストウォーリアは前々走の武蔵野Sで7着、前走の根岸Sは故障で出走取消になるなど、調子が悪いと見られているのかあまり注目を集めていません。

 でも、昨年はフェブラリーSで2着になるなど実績がありますし、なんと言っても騎乗するのはあのルメール騎手。昨年末の有馬記念だって、ルメール騎手が騎乗したクイーンズリングを軽視して痛い目にあった人が多かったのでは? やはり、大舞台では安定と信頼の"ルメールブランド"が真価を発揮すると考えています。

 そしてぜひ推したいのは地方の牝馬・ララベルですね。私が子どもの頃に放送されていたアニメ『魔法少女ララベル』から名前がとられているだろう同馬は、父がゴールドアリュールで、父母はティンバーカントリー。血統構成はコパノリッキーに似ているので、フェブラリーSに申し分ないですよ。

 昨年はJBCレディスクラシック(G1)を勝つなど活躍しましたが、年齢的に考えてもおそらくここがラストランです。あまり期待はされていないようですが、意外に中央の馬場にあっていて南関東所属の真島大輔騎手を背に、「ベララルラー」と魔法の呪文を唱えたかのようにスルスル〜っと好走してくれたらなぁ〜、なんて妄想をしています(笑)。

――主役級を外していますが、今回は荒れると予想されているんですね。

 桃井はるこ:あえてです! フェブラリーSは2014年には16番人気のコパノリッキーが先行してからの粘り勝ちを見せ、さらにその前年にも9番人気のエスポワールシチーが2位に入線するなど、荒れたこともあります。競馬は時に人知の及ばない決着を見せることがありますし、今年も荒れないと誰が断言できるでしょうか? 私は今年も夢を追い続けていきたいんです!!

🐴次のページ キタサンブラック引退後の競馬界で新たに覇権を握る馬は?

■キタサンブラック引退後の競馬界で新たに覇権を握る馬は?

JRA三浦皇成中央G1初制覇を予言!? 競馬女王桃井はるこが年明け一発目G1を占うの画像5

――先程まではフェブラリーS、つまりはコパノリッキーが引退後のダート界の覇権争いの一部について話をうかがいました。ですが、昨年はキタサンブラックも引退しました。芝のほうはどの馬が今年の中心になると考えていますか?

桃井はるこ:今年の3歳牡馬はダノンプレミアムとワグネリアンの2大巨頭の争いといわれていますね。一方の古馬はレイデオロ、シュヴァルグランらが覇権を争うのではないかと大多数の方が考えているはず。しかし、私は違います。ズバリ、リアルスティールに注目しているんです。

JRA三浦皇成中央G1初制覇を予言!? 競馬女王桃井はるこが年明け一発目G1を占うの画像6

 リアルスティールはこれまでライバルのキタサンブラックを筆頭に一線級の馬とばかり勝負してきました。しかし、G1の大舞台ではあと一歩で勝利を逃しているんです。3歳時は皐月賞(G1)でドゥラメンテ、そして菊花賞(G1)はキタサンブラックにそれぞれ敗れて2着。翌年にはドバイターフ(G1)を制して、一線級の実力を秘めていることを証明したものの天皇賞・秋(G1)でモーリスに敗れて2着と涙を飲んでいます。そして昨年は毎日王冠(G2)を勝ち、次走の天皇賞・秋で悲願の初制覇なるかと思われましたが、4着に終わりました。

 普通だったら、どこかのレースでG1をとってもおかしくはない戦歴を持っているんです。ただ国内G1を勝ちきれなかったのはチャンスが訪れた際に歴史に名を残す"バケモノ級"がレースに出走していたから。これにほかならないと思います。

 リアルスティールも6歳とキャリアは晩年です。しかし、キタサンブラックをはじめとした同馬のG1初制覇を阻んだ馬たちはすでに引退しているからこそ、悲願を達成してくれるはず! 今年はリアルスティール復権の年になってほしいです!!

――フェブラリーSに次いでこちらも"大穴"狙いですね。まずはリアルスティールの今年の初戦を楽しみにしたいと思います!! 今日はありがとうございました。

桃井はるこ:今年の私は一味違いますよ! ありがとうございました。
(取材・構成=編集部)

■告知

JRA三浦皇成中央G1初制覇を予言!? 競馬女王桃井はるこが年明け一発目G1を占うの画像7

モモーイ×Nazo2 Unit アルバム『松・鈴・桃 ―初号盤―』018年2月14日(水)発売!

 元祖アキバの女王・桃井はるこ、そしてレトロゲーム時代のサウンドメイカー・Nazo2Unit(なぞなぞ鈴木&松武秀樹)が最強タッグ!! 現在でも根強い人気を誇るレトロゲームのBGMの数々を、Nazo2 Unitによる斬新なプロデュースでモモーイが歌う、往年のゲームマニア、アキバマニア熱狂必至の企画アルバムが実現!!

●2018年2月17日(土)17:55〜
文化放送「ダッシュまさいち中6日」にゲスト出演!
<http://www.joqr.co.jp/dash/6days/>
radiko.jpプレミアムなら全国から聴けます。


●2018年3月10日(土)
「戯画1st LIVE〜Sky ticket〜」 出演!
・昼公演 開場13:30 開演14:00
・夜公演 開場17:15 開演17:45
 会場:ディファ有明

最新情報やチケット情報は<公式サイト>でご確認ください。


●2018年3月24日(土)
ファンタシースターシリーズ 30周年記念ライブ『ライブシンパシー2018』 出演!
会場 ディファ有明です。チケット発売中!

  最新情報やチケット情報は<公式サイト>でご確認ください。

●その他、最新情報は桃井はるこ公式サイト、事務所ツイッターにてご確認を。
<http://rg-music.com/momoi/>

桃井はるこ Twitter @momoiktkr
事務所 Twitter @rightgauge

(⌒∇⌒)(⌒∇⌒)(⌒∇⌒)(⌒∇⌒)(⌒∇⌒)🏇🏇🏇

[もっと見る]

 Haya 2018年2月16日(金) 07:00
【〜術はある〜】(2018.02.16.) 
閲覧 105ビュー コメント 0 ナイス 1

おはようございます!(=^・^=)
まだまだ寒さが厳しいですが、
このところ日が長くなったように思えませんか?
春の訪れも待ち遠しいですね!?

我が懐には、いまだに大寒波が停滞中?(@_@;)
 
【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数活用術予想篇)
水曜日 : 週末の重賞(TARGET frontier JV活用術予想篇)
木曜日 : 週末の重賞(インパクトデータ活用術予想篇)
金曜日 : 先週末重賞に関する回顧等
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

ブログタイトル「〜術はある〜」へ変更しました。
だからといって、ブログの内容は今迄と変わりません。

※「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス  http://89923493.at.webry.info/


【活用術予想 途中経過】
第02期(01月27日〜02月18日)08日間(根岸S〜小倉大賞典:全11戦)

長年にわたり競馬の予想していると、
人気とか前走(過去)の良いイメージとかに流されたりする事が、度々ある。

先週、日曜メイン(京都記念・共同通信杯)が、まさにその悪い例となってしまった。
まず、G2京都記念に出走した圧倒的1番人気馬レイデオロ(単勝1.6倍)は、
前走(ジャパンC 2着)の良いイメージもあり、
例年のレース傾向(1人気馬13年以降連対ナシ)も当然、当てはまらないと思い込み軸馬推奨。(結果3着)

そして、G3共同通信杯に出走した圧倒的1番人気馬グレイル(単勝1.8倍)も、
前走・京都2歳S(2着馬タイムフライヤーが次走のホープフルSで上がり最速をマークしてG1制覇)を右手前のまま差し切っただけに、
左回りの東京ならさらに切れ味を発揮できそうと思い込み軸馬推奨。(結果7着)

最後に、G3クイーンカップに出走した1番人気馬マウレア(単勝2.4)は、
前走・阪神JFで上がり3位をマークして0秒2差3着。
上がりの速い東京コースなら期待できると思い込み軸馬推奨。(結果5着)

本当に情けない結果。一方、ブログのなかで推奨した結果が

共同通信杯=.汽肇離愁襯織后2着)、アメリカンワールド(9着)
京都記念=ゥ皀坤ッチャン(4着)、Ε譽ぅ妊ロ(3着)
クイーンカップ=▲侫ニフティ(2着)、アルーシャ(3着)、レッドベルローズ(10着)

*出走していない馬は、削除しました。

気が付かれた方もいると思うが、必ず1頭以上は馬券絡んでいる。
今後、何とかリアル馬券に活かすことが出来ないのか?模索している。


今週末の重賞レースの注目馬
フェブラリーS=ケイティープライド、ゴールドドリーム、サンライズノヴァ、アウォーディー
ダイヤモンドS=プレストウィック、フェイムゲーム
京都牝馬S=デアレガーロ、エスティタート
小倉大賞典=ケイティープライド

過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
フェブラリーS=77%(A)
ダイヤモンドS=99%(S)
京都牝馬S=68%(D)
小倉大賞典=75%(B)

【雑談でいっぷく!】
血統トレジャー水上学氏が
「この時期に3日間開催を組むリスクを思い知らされた結果。来年の課題としてもらいたい。」
と1回小倉2日目が積雪の為、開催を中止・代替競馬に対するコメントである。

確かに、この時期の変則3日間開催は、季節的なリスクを伴う。
たまたま、今回はローカル競馬(小倉)が影響を受けたのだが、
来年度も改正されずに現在の日程のままだと、同じ事を繰り返し兼ねない!?

仮に重賞が開催される東西メイン開場だった場合、売り上げにも影響が出るはず!?
中央競馬(JRA)にとって、良いことは何もないはずである。
早急に対策を、打ち出して欲しい!?

[もっと見る]

 ミラクルワイド 2018年2月15日(木) 00:45
フェブラリーステークス 有力馬
閲覧 358ビュー コメント 0 ナイス 9

今年最初のG1 フェブラリーステークスは
頂上決戦に相応しい好メンバーが顔をそろえました

東京実績がいいG1連覇がかかるゴールドドリーム

根岸Sでレコード勝ちを演じ、末脚復活したノンコノユメ

そのノンコノユメに首差2着に迫った東京巧者のサンライズノヴァ

この3頭を有力視しこの中から週末までに軸馬を絞り込みたい

7連対中のテイエムジンソクは、同型のケイティブレイブとの絡みと
上りのかかる東京ダートではどうか、戦ってきたメンバーと今回を比較すると
ややマイナスイメージがついて回るので現状では厳しそうと判断しました

*日記の中で私が消しと判断した有力馬はここ3戦残念ながら連に絡んでおります

ジャパンカップ レイデオロ 2着
有馬記念    シュヴァルグラン 3着
京都記念    アルアイン 2着
フェブラリーSのジンソクの走りにも注目したい

フェブラリーで馬券下手を返上したいですね

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2018年2月14日(水) 14:51
> 藤岡佑介「乗り替わり」ある? 
閲覧 70ビュー コメント 0 ナイス 0

JRA藤岡佑介「クリンチャー乗り替わり」も? オーナーへの「非礼」と見事騎乗どちらが重い?─ Gambling Journal ギャンブルジャーナル/ 2018年2月14日 9時10分 http://biz-journal.jp/gj/2018/02/post_5822.html

G1ホース4頭が集結した先週11日の京都記念(G1)を制覇したのは、昨年の菊花賞2着馬クリンチャー(牡4 栗東・宮本博厩舎)だった。

 3歳時はアルアイン、レイデオロと今回下した2着3着馬にクラシック2戦で敗退したクリンチャー。最後の直線で大外から伸びてきたアルアイン、道中の折り合いに苦労したレイデオロに対し、インの4番手で脚を溜め、直線では真ん中を通ってライバルたちとの叩き合いを制した。もともと渋った馬場が得意だったことに加え、ベストな位置取りからレースを運べたのが勝因か。

 宮本調教師はレース前から「目標は天皇賞」「(目標のためには)相手が強いとかいってられない」とかなり強気だったがその通り、春の盾をしっかりと見据える結果を残した。

 3歳時から「隠れた素質馬」として期待され、皐月賞4着、菊花賞2着と世代トップクラスの実績を残してきたクリンチャー。「強い4歳世代」の一角として、春の主役に躍り出る準備は整ったといっていい。

 また、同馬の強さは、鞍上である藤岡佑介騎手との相性の良さもあるだろう。

「デビュー戦以外の7戦に騎乗している藤岡騎手ですが、ここ2戦を見る限りでは同馬の特性を掴んでいる印象ですね。菊花賞の際も3コーナーから仕掛ける積極的な騎乗で2着を確保。昨年は惨敗もありましたが、糧に変えてきたという印象です」(現場記者)

「名コンビ」としての土壌をじっくり築いてきた藤岡騎手。本番の天皇賞でも抜群のコンビネーションに期待したいところだが......。

 ここへきて、まさかの「乗り替わり」の可能性がわずかにあるという。しかも、最近よくある「外国人優先」というものでもないらしく......。

🐎次のページ 陣営が『次に藤岡が乗れるかわからない』という主旨の発言をした理由

「レース前ですが、陣営が『次に藤岡が乗れるかわからない』という主旨の発言をしたらしいです。オーナーの前田幸治氏が、追い切りの感触を知りたくて藤岡に連絡したが、電話にも出ず、折り返しもしなかった、ということがあったそう。しかもどうやら今回だけではないようです。

前田氏率いるノースヒルズ軍団は決して外国人偏重ということでもなく、引退した佐藤哲三氏や最近では武豊騎手など日本人ジョッキーを重宝し、同じ馬には長期的に騎乗させる傾向が。ただ、調教師が心配するくらいですので、オーナーもそれなりにこのことを気にしているということでしょうか。結果的に京都記念は見事な騎乗での勝利でしたので、それで藤岡騎手の評価が上がっていれば今後も騎乗できると思うのですが......」(同)

 もし本番の天皇賞で乗り替わっていたならば、それは藤岡騎手の「非礼」のせいということか。できれば同じコンビで見たいものだが、果たして......。

[もっと見る]

 ユウキ先生 2018年2月13日(火) 21:12
☆2018年 重賞 ユウキ先生の◎○パート6(*^-^*)☆
閲覧 50ビュー コメント 0 ナイス 6

先週の重賞は共同通信杯&京都記念&クイーンC☆

個人的に◎○の成績を記載していきたいと思います☆

中山金杯=◎ダイワキャグニー=5着 ○ブラックバゴ=4着

京都金杯=◎ブラックムーン=1着 ○ストーミーシー=5着

フェアリーS=◎レッドベルローズ=3着 ○プリモシーン=1着

シンザン記念=◎アーモンドアイ=1着 ○カフジバンガード=5着

愛知杯=◎クインズミラーグロ=16着 ○キンショーユキヒメ=10着

京成杯=◎コズミックフォース=2着 ○エイムアンドエンド=10着

日経新春杯=◎ミッキーロケット=4着 ○カラビナ=8着

東海S=◎テイエムジンソク=1着 ○ドラゴンバローズ=13着

アメリカJCC=◎ゴールドアクター=11着 ○トーセンビクトリー=5着

根岸S=◎アキトクレッセント=12着 ○カフジテイク=3着

シルクロードS=◎アットザシーサイド=14着 ○ダイアナヘイロー=16着

東京新聞杯=◎グレーターロンドン=9着 ○ダノンプラチナ=11着

きさらぎ賞=◎ダノンマジェスティ=9着 ○カツジ=5着

共同通信杯=◎グレイル=7着 ○カフジバンガード=5着

京都記念=◎レイデオロ=3着 ○クロコスミア=8着

クイーンC=◎フィニフティ=2着 ○ナラトゥリス=15着

次の印は[1着・2着・3着・4着・5着・掲示板以外]で表示します(^^)/

◎[3・2・2・1・1・7]

○[1・0・1・1・5・8]

合わせて〜〜〜(^◇^)

◎○[4・2・3・2・6・15](´・ω・`)

[もっと見る]

 昭島のよっちゃん 2018年2月13日(火) 17:29
★・・今日の予想結果とmyPOG馬の競馬の結果及びPOG馬... 
閲覧 38ビュー コメント 0 ナイス 10

写真は、今月の「競馬でビンゴ」の私の成績です



今週の予想結果
(私の予想コロシアムの登録は、◎単勝と◎○▲△の馬単・3連単のBOXです)


土曜メインレースの予想結果です     


小倉11R 帆柱山特別 1000万下 芝1,200

 ◎ ロジベスト      競争中止(2番人気)
 ○ .咼奪肇譟璽函     。隠加紂複拡嵜裕ぁ
 ▲ ジョーマイク       8着(1番人気)
 △ ぅリノスイートピー   10着(14番人気)
1着・ネオフレグランスを外し当ります

ビンゴ馬:ロジベスト    競争中止(2番人気)塗りつぶし無し



京都11R 洛陽ステークス オープン 芝(外)1,600

 ◎ ムーンクエイク      5着(3番人気)
 ○ サトノアーサー      1着(1番人気)
 ▲ ┘ワキタエンカ     10着(2番人気)
 △ Εョウヘイ        6着(5番人気)
2着・グァンチャーレを外し当り無し


ビンゴ馬:ムーンクエイク    5着(3番人気)5着.泪垢鯏匹蠅弔屬


  

日曜メインレースの予想結果です


京都11R 京都記念 G供ー如奮亜2,200

 ◎ Ε譽ぅ妊ロ        3着(1番人気)
 ○ アルアイン        2着(2番人気)
 ▲ ぅリンチャー       1着(4番人気)
 △ ディアドラ        6着(6番人気)
馬連(6、760円)、3連単(16,450円)が当たり

ビンゴ馬:Ε譽ぅ妊ロ      3着(1番人気)3着.泪垢鯏匹蠅弔屬掘ΑΕ蝓璽繊



東京11R 共同通信杯 G掘ー1,800

 ◎ ステイフーリッシュ   10着(2番人気)
 ○ グレイル         7着(1番人気)
 ▲ ゴーフォザサミット    4着(4番人気)
 △ ▲フジバンガード     5着(7番人気)
1着・オウケンムーンを外し当り無し

ビンゴ馬:トッカータ      11着(12番人気)塗りつぶし無し




月曜メインレースの予想結果です


東京11R デイリー杯クイーンカップ G掘ー1,600

 ◎ ゥ愁轡▲襯ラブ      7着(9番人気)
 ○ マウレア         4着(1番人気)
 ▲ ▲侫ニフティ       2着(5番人気)
 △ アルーシャ        3着(7番人気)
1着・テトラドラクマを外し当り無し

ビンゴ馬:ゥ愁轡▲襯ラブ    7着(9番人気)7着マスを塗りつぶし




火曜メインレースの予想結果です


小倉11R 門司ステークス 1600万下 ダート1,700

 ◎ Ε謄襯撻螢ン       3着(1番人気)
 ○ ショートストーリー   11着(3番人気)
 ▲ キーグラウンド      1着(4番人気)
 △ ┘汽鵐薀ぅ坤Εズ    14着(7番人気)
2着・アスターゴールドを外し当り無し

ビンゴ馬:Ε謄襯撻螢ン     3着(1番人気)3着▲泪垢鯏匹蠅弔屬掘ΑΕ蝓璽繊




★メインレースの予想は、6レースで、馬単1レース、3連単1レースが当たる


★「競馬でビンゴ」は、5マスを塗りつぶせ、ダブルリーチ!!


★POG馬の出走結果

日曜日
京都競馬場5R未勝利(芝1,600)にルナステラ・メス・石坂正厩舎(栗東)が出走→11着


月曜日
東京競馬場11Rクイーンカップ(芝1,600)にソシアルクラブ・メス・池添学厩舎(栗東)が出走→7着




★POG馬の特別登録

2/17(土)
東京競馬場9Rフリージア賞に特別登録(特別登録数20頭)
・フラットレー(牡)


小倉競馬場10Rかささぎ賞に特別登録(特別登録数22頭)
・アントルシャ(メス)

両方とも抽選になるので、抽選を突破して貰いたい!!


※ビンゴ馬については、下記の日記を参照下さい

http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=66c7e4d2bb&owner_id=2ec1608dab

[もっと見る]

522件中 1-15件目を表示≪前の15件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ...35 次の15件≫

レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。