デルマキセキ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
デルマキセキ
写真一覧
現役 牝2 鹿毛 2015年3月2日生
調教師友道康夫(栗東)
馬主浅沼 廣幸
生産者Freddie Bloodstock
生産地
戦績 4戦[1-0-1-2]
総賞金1,573万円
収得賞金400万円
英字表記Derma Kiseki
血統 Scat Daddy
血統 ][ 産駒 ]
Johannesburg
Love Style
Tashawak
血統 ][ 産駒 ]
Night Shift
Dedicated Lady
兄弟
前走 2017/11/19 秋明菊賞
次走予定

デルマキセキの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/11/19 京都 9 秋明菊賞 500万下 芝1400 104418.9610** 牝2 54.0 藤岡康太友道康夫460(+4)1.25.6 2.036.4⑤⑥シグナライズ
17/08/20 札幌 9 クローバー賞 OP 芝1500 118117.943** 牝2 54.0 藤岡康太友道康夫456(-4)1.31.5 0.736.4④④ダブルシャープ
17/07/23 函館 11 函館2歳S G3 芝1200 162320.584** 牝2 54.0 藤岡康太友道康夫460(-4)1.10.2 0.235.3カシアス
17/06/25 函館 5 2歳新馬 芝1200 9772.711** 牝2 54.0 藤岡康太友道康夫464(--)1.10.4 -0.035.4タイセイアベニール

デルマキセキの関連ニュース

 8月20日の札幌9R・クロ−バー賞(2歳オープン、芝1500メートル、別定)は、石川倭(いしかわ やまと)騎手騎乗の6番人気ダブルシャープ(牡、北海道・米川昇厩舎)が初芝もなんの、JRA勢を一蹴した。タイムは1分30秒8(良)。ダブルシャープは道中は中団を追走、直線で一旦は先頭に立ったタワーオブロンドンの内に馬体を併せて、ゴール前でグイッと伸びてJRAのオープン勝ち。

 3/4馬身差の2着に大外からまくって早めに先頭に立ったタワーオブロンドン(1番人気)、さらに3馬身半差の3着は中団から脚を伸ばしたデルマキセキ(4番人気)。

 クローバー賞を勝ったダブルシャープは、父ベーカバド、母メジロルーシュバー、母の父アグネスタキオンという血統。おじのメジロブライトは1998年天皇賞・春・GIの勝ち馬。これまでの戦績はダートで3戦1勝(いずれも門別競馬場)。

 ◆JRA初勝利の石川倭騎手「気の入りやすい馬なので、落ち着かせることを意識しました。外にいた馬と並んで走っていましたので、必死に追いました。勝つことができてうれしかったです。これからも頑張っていきますので、応援よろしくお願いします」

★20日札幌9R「クローバー賞」の着順&払戻金はこちら

【函館2歳S】根性抜群!デルマキセキさらに上積み 2017年7月20日(木) 11:36

 デルマキセキは4頭横一線の追い比べを制した“ド根性娘”。けさは函館Wコースでさらなる上積みを示した。

 藤岡康騎手を背に5Fからハイドロフォイルを2馬身追走する流れ。直線では内から馬体を併せ、スッと半馬身先着した。1週前に時計を出していない影響が懸念されたが、この動きならまったく問題なさそう。ひと叩きされて、馬体の張りはさらに良くなった印象だ。

 「反応はデビュー時より良くなった。思ったよりテンションが上がっていない。今年は抜けた馬もいないようだし、接戦を勝ち切ったこの馬の根性が生きてくるのでは」と、鞍上はセールスポイントをあげてニヤリ。友道調教師も「動きは良かった。パワータイプなので週末の雨予報もいい」と好ムードだった。(夕刊フジ)

函館2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【函館2歳S】デルマキセキ、使って締まる2017年7月19日(水) 05:03

 デルマキセキはデビュー戦でハナ差の辛勝ながら、勝負強さが光った。松館助手は「量は乗っていたけれど、まだ体に余裕もあったので、よく勝ち切ってくれた。カイバの食いが落ちたことがないし、頼もしいですね。負けん気が強い馬で、どんな競馬にも対応できそう。使って体も締まってきています」と上積みを見込んでいる。

函館2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【2歳次走報】デルマキセキ、函館2歳Sへ2017年6月30日(金) 05:00

 ★25日函館の新馬戦(芝1200メートル)を勝ったデルマキセキ(栗・友道、牝)は、函館2歳S(7月23日、函館、GIII、芝1200メートル)に進む。

[もっと見る]

【2歳新馬】函館5R デルマキセキが人気に応え激戦制す  2017年6月25日() 12:25

 6月25日の函館5R・2歳新馬(芝1200メートル)は、藤岡康太騎手騎乗の1番人気デルマキセキ(牝、栗東・友道康夫厩舎)が、5番手から徐々に進出して直線でさらに脚を伸ばし、4着までいずれもハナ差という激戦を制した。タイムは1分10秒4(良)。逃げて内で粘ったタイセイアベニール(6番人気)が2着で、3着に4〜5番手から追い上げたティーカラット(5番人気)。2番人気ビコーズオブユーは8着だった。

 デルマキセキは、父スキャットダディ、母タシャワク、母の父ナイトシフトという血統。父はフロリダダービー、シャンペンSと米GIを2勝。母は英GIIファルマスSの勝ち馬。

 ◆藤岡康太騎手「発馬はひと息でしたが、二の脚がついて、いいポジションを取れました。道中の手応えはよいとはいえませんでしたが、直線では追ったぶんだけ伸びて、最後もグイッと伸びてくれました。次走が楽しみですね」

★25日函館5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【新馬戦スター発見伝】デルマキセキ2017年6月23日(金) 05:01

 父はフロリダダービー、シャンペンSを制した米ダートGI馬で、母も英GIIファルマスSを勝った活躍馬だ。最終追い切りは函館芝コースで5ハロン71秒0、3ハロン39秒4−12秒6。3頭併せの内を進んで併入した。「芝は初めてということもあって、探り探りで気にしながら走っていましたが、反応させてからはいい動きでした。いいテンションで臨めれば楽しみ」と藤岡康騎手の期待は高い。

[もっと見る]

デルマキセキの関連コラム

閲覧 1,301ビュー コメント 0 ナイス 12

今年の6月3日から7月30日までに施行されたJRA、かつ2歳限定のレースは98鞍。既に763頭が“デビュー”を果たし、そのうち96頭が勝ち上がりました。7月22日の中京2歳ステークス(2歳オープン・中京芝1600m)ではアマルフィコーストが、7月23日の函館2歳ステークス(2歳G掘θヾ杣1200m)ではカシアスが2勝目をマークしています。既に重賞ウイナーの仮想オーナーとなったプレイヤーがいる一方、私のようにまだ“デビュー”した馬すらいないというプレイヤーもいるわけで、ある意味コントラストがはっきりしている時期ですね。

 もっとも、本当に明暗が分かれるのはまだまだ先。既に仮想オーナー枠を使い切っている私も「脚をためる作戦なので全馬未出走なのは予定通り!」「ダービーデイまでにゴボウ抜きしてやるぜ!」などと強がっていられますし(笑)、G1、G2、G3、オープンの各ワールドはこれからも仮想オーナー募集枠が解放されていきますので、評判馬や良血馬、そして既に結果を残している馬などを追加指名することができます。ウマニティPOGの特性を考えると、スペシャル以外のワールドは、むしろ今月以降の時期が指名馬選びの本番とすら言えるでしょう。

 今回は、これからラインナップを充実させていこうと考えている皆さんの参考としていただくべく、ウマニティ独自のスピード指数「U指数(結果U指数)」をベースに、既出走馬のパフォーマンスをランキング化してみました。

 まずは単純な「U指数」のトップ10をご覧ください(7月23日終了時点。以下同)。

●07月23日 函館11R 函館2歳S 芝1200m カシアス 87.7
●07月23日 函館11R 函館2歳S 芝1200m ウインジェルベーラ 87.7
●07月22日 中京09R 中京2歳S 芝1600m アマルフィコースト 86.9
●07月22日 中京09R 中京2歳S 芝1600m アドマイヤアルバ 86.9
●07月23日 函館11R 函館2歳S 芝1200m アリア 86.7
●07月23日 函館11R 函館2歳S 芝1200m デルマキセキ 85.7
●07月22日 中京01R ダ1200m ドンフォルティス 85.4
●07月23日 函館11R 函館2歳S 芝1200m パッセ 84.7
●07月23日 中京01R 芝1600m スカーレットカラー 84.4
●07月01日 函館01R 芝1200m カシアス 84.4

 大前提として、「U指数」は格の高いレースほど高い数値が出やすい指標。上記のベスト10が中京2歳ステークスや函館2歳ステークスの上位馬ばかりなのは当然です。また、新馬よりも未勝利の方が、早い時期のレースよりも遅い時期のレースの方が、それぞれ高い数値になりがちな印象。こうした傾向を踏まえたうえで分析するのがセオリーと言えます。

 各馬の特性を加味するべく、カテゴリー別に作成したランキングもご覧いただきましょう。新馬、かつ芝のレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通りでした。

●06月04日 東京05R 芝1600m ステルヴィオ 81.2
●06月25日 阪神05R 芝1800m ダノンプレミアム 81.0
●06月04日 阪神05R 芝1400m ヴァイザー 80.3
●06月10日 阪神05R 芝1400m アマルフィコースト 79.9
●07月16日 福島05R 芝1800m ノームコア 79.8
●06月04日 阪神05R 芝1400m タガノスカイハイ 79.4
●06月04日 阪神05R 芝1400m タニノミステリー 79.4
●07月15日 福島05R 芝1200m オジョーノキセキ 79.3
●06月18日 阪神05R 芝1600m コスモインザハート 79.3
●07月02日 福島06R 芝1200m パッセ 79.2

 昨年もこの時期に同様のランキングを作成しましたが、新馬、かつ芝のレースに限定した「U指数」で2位に食い込んでいたのがアエロリット(アステリックスの2014)。その後の活躍ぶりは皆さんもご存じの通りです。当時のコラムで私がアエロリットを「血統的にも将来性が高そう」と評していたように、「U指数」以外の面でも強調材料がある馬は要注目だと思います。今年はステルヴィオ(ラルケットの2015)、ノームコア(クロノロジストの2015)あたりが面白そう。ぜひ注目してみてください。

 未勝利、かつ芝のレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通り。

●07月23日 中京01R 芝1600m スカーレットカラー 84.4
●07月01日 函館01R 芝1200m カシアス 84.4
●07月09日 中京01R 芝1600m シュバルツボンバー 84.3
●07月02日 中京01R 芝1400m コーディエライト 84.1
●07月09日 福島02R 芝1200m ビリーバー 83.9
●07月09日 福島02R 芝1200m リープフラウミルヒ 82.9
●07月08日 中京01R 芝1200m ナムラバンザイ 81.9
●07月23日 函館01R 芝1200m キョウエイルフィー 81.6
●07月23日 中京01R 芝1600m シャルルマーニュ 81.4
●07月23日 中京01R 芝1600m タニノミステリー 81.4

 スカーレットカラー(ヴェントスの2015)が勝ち上がった7月23日の中京01R(2歳未勝利・芝1600m)では、2着のシャルルマーニュ(エイブルアローの2015)や3着のタニノミステリー(ブライダルベールの2015)も高い「U指数」をマーク。レベルが高い一戦だったのかもしれませんね。

 新馬、かつダートのレースに限定した「U指数」のトップ10はこちら。

●07月08日 中京06R ダ1400m マイネルオスカル 81.5
●06月17日 阪神05R ダ1200m ゴールドクイーン 81.3
●07月08日 中京06R ダ1400m レディバード 80.9
●06月17日 阪神05R ダ1200m ヴィグラスファイア 78.0
●06月17日 阪神05R ダ1200m マッスルマサムネ 78.0
●07月08日 中京06R ダ1400m ドンフォルティス 77.6
●07月08日 中京06R ダ1400m アサクサゲンキ 77.6
●06月17日 東京05R ダ1400m マイネルユキツバキ 77.3
●07月15日 福島06R ダ1150m ココロノイコロ 76.8
●07月15日 福島06R ダ1150m ハルキストン 75.5

 未勝利、かつダートのレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通りとなっています。

●07月22日 中京01R ダ1200m ドンフォルティス 85.4
●07月22日 中京01R ダ1200m マッスルマサムネ 82.1
●07月09日 福島01R ダ1150m コスモジョーカー 81.9
●07月15日 函館01R ダ1000m シンデレラマキ 80.0
●07月22日 中京01R ダ1200m バイラ 79.5
●07月09日 福島01R ダ1150m ヴォルフスブルク 79.1
●07月09日 福島01R ダ1150m ドリュウ 78.4
●07月22日 中京01R ダ1200m メイショウオーパス 74.2
●07月09日 福島01R ダ1150m コントラスト 72.9
●07月09日 福島01R ダ1150m パリモンマルトル 72.9

 それぞれ芝を主戦場としてきた馬よりは落札しやすいと思いますし、芝のビッグレースで活躍するだけのポテンシャルがある馬も混ざっていそう。こちらもしっかりとチェックしておきましょう。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2016秋〜2017』(ガイドワークス)など。2016年12月02日には監修を務める人気シリーズの最新刊『ウルトラ回収率 2017-2018』(ガイドワークス)を、2017年04月12日には最新刊『コース別 本当に儲かる血統大全 2017-2018』(ガイドワークス)をリリース。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年7月26日(水) 18:20 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(7/22〜7/23)ろいすプロが函館2歳S的中!回収率151%でトップ!
閲覧 531ビュー コメント 0 ナイス 3

先週は、23(日)に函館競馬場でG3函館2歳ステークスが中京競馬場でG3中京記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3函館2歳ステークスウインジェルベーラが先頭で直線コースへ。逃げるウインジェルベーラのリードは1馬身、後続からは内にパッセデルマキセキ、中からはダンツクレイオーカシアスが前を追います。残り100mを通過、逃げ込みを図るウインジェルベーラ、2番手から猛追するカシアス!2頭の激しい叩き合いとなりましたが、僅かにカシアスウインジェルベーラを差し切ってV。重賞初制覇を飾りました!アタマ差の2着にウインジェルベーラ、そこから3/4差の3着にアリアが入っています。
 
プロ予想家ではろいすプロ他6名が的中しています。
 
 
G3中京記念トウショウピストが大逃げして直線へ。直線に入るとトウショウピストは脚色一杯、変わって先頭に立ったのはウインガニオン!力強い脚で後続をグングン突き放します。残り200mを通過、脚色まったく衰えないウインガニオンのリードは5馬身、後続からグランシルクなど追い込んできますが、完全にセーフティーリード!そのまま影を踏ませることなく圧勝しました!2馬身半差の2着にグランシルク、そこからアタマ差の3着にブラックムーンが入っています。
 
プロ予想家では導師嵐山プロ他5名が的中しています。
 
  
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  
☆☆☆注目プロ →ろいすプロ
23(日)函館11R函館2歳ステークスで◎カシアスアリアの2頭軸流しの3連複275.1倍を的中!続く函館12Rでは『時計がかかった方がパフォーマンスを上げており、今の力のいる馬場状態は向いている可能性が高い』と本命に推した◎コパノチャンスラホーヤビーチからの3連複262.5倍を的中させました!週末トータル回収率151%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
22(土)函館5Rで◎ペイシャゲランの単勝を8000円的中!10万6660円を払い戻しました!福島11Rでもテンテマリ(9.5倍)の単勝を7900円的中させ、7万5370円を払い戻し!週末トータル回収率138%、収支プラス12万9640円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
23(日)函館10Rで『キャリア4戦ながらここでは能力値2位、前に行きたい馬が揃った一戦で差す競馬をするのではないか』と本命に打った◎バルデスクラウンディバイダの馬連26倍を3000円的中!7万8000円を払い戻しました!週末トータル回収率123%をマークしています。
 
この他にも馬っしぐらプロイータン育成プロ霧プロが回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果速報はこちら
 
 
今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

デルマキセキの口コミ


口コミ一覧
閲覧 78ビュー コメント 0 ナイス 6

先週の本命馬回顧をしていきます。


【5回京都5日】

■7R ドライバーズハイ 2人気1着

4角まで絶望的な位置にいましたけど、
道中でしっかりと脚を溜めた事が直線での伸びに繋がったんだと思います。
次走からは1000万下に再昇級しますが、展開さえ向けば、上のクラスでも勝ち負けできるはずです。

■8R トリオンフ 2人気1着

中途半端に控えるのではなく、
積極的に前のポジションを取りに行ったC・デムーロ騎手のファインプレーも光りました。
渋った馬場もこの馬に味方したようです。

■9R ライジングドラゴン 1人気7着

結果的には過剰な1番人気に手を出した、という事になります。
混戦ムードだったので、最初から波乱含みの予想をすべきでした。

■10R ジャズファンク 5人気5着

54kg+タフな馬場なら、何とかなると思っていたんですけどね…。
もっと速い展開にならないと厳しいのでしょう。

■11R ゲッカコウ 7人気6着

スタートでの致命的な出遅れをしていながら、まずまずの走りを見せていますので、
スタートがまともだったら、もっと上位にこれたかもしれません。

■12R ビットレート 2人気5着

超スローペースの2番手、という絶好のポジションにいたんですけどね…。
他馬の決め手の方が上でした。


【5回東京5日】

■7R クレバーバード 5人気11着

前に行ってどこまで粘れるか、というタイプですから、
後方からの競馬になった時点でノーチャンスでした。

■8R グッドスカイ 1人気2着

道中3番手からスムーズな競馬ができていたんですけど、
平地での脚比べでシンキングダンサーに見劣ってしまいました。

■9R メトロポリス 2人気13着

直線手前で早々に手ごたえがなくなりました。
キャリア2戦で初の東京、という厳しい状況で◎をつけるのはナンセンスですよね…。

■10R ウインファビラス 8人気10着

7ヶ月の休み明けだったとはいえ、降級の牝馬限定戦でからっきし、という内容。
次に変わり身を見せてくれないと、先々が厳しくなりますから、次走が勝負どころになります。

■11R(東スポ杯2歳S)ワグネリアン 1人気1着

見た目通りの完勝でしたね。
奥の深さではルーカスの方が上ですけど、現時点での完成度はワグネリアンの方が圧倒的に上ですから、
今後もこのままの調子でクラシック路線を歩んでもらいたいです。

■12R ハウメア 1人気1着

逃げの手に出て、ドーヴァーとの一騎打ちを制しました。
最内枠が良かったですし、1400mの距離も合っていたと思います。


【3回福島5日】

■7R ユトリチャン 6人気13着

ペース自体は問題なかったんですけどね…。
菜七子騎手のタニマサガールとのハナ争いに敗れ、控える競馬になったのが裏目に出ました。

■8R ミネット 1人気2着

大外枠だったので、道中の位置取りがいつもより後方になってしまいましたが、
直線でもしっかりとした脚を使っていますし、現級力上位である事を改めて証明してくれました。

■9R ハルク 1人気5着

道中3番手で折り合っていたんですけど、直線で末脚不発。
これといった敗因が見当たらないので、成績にムラのあるタイプ、と解釈するしかなさそうです。

■10R ディアシューター 1人気8着

位置取りが後ろになるのは想定内だったんですが、
直線入り口で4・5番手に追い上げたところで見せ場が終わってしまいました。
小回りが全く合わないのか、前走好走の反動があったのか…。

■11R ヒメタチバナ 4人気2着

上手く立ち回ったんですけどね…。
でも、2600mに対応できたのは収穫ですから、今後も長距離戦で上位争いしてくれる事でしょう。

■12R ウォーブル 7人気3着

好スタートを決めて、好位の内から上手く立ち回りました。
道中で捲る競馬をするケースが多いのですが、
今回のようなレースができれば、500万下突破も近いと思います。



【5回京都6日】

■7R メイショウタチマチ 3人気13着

前走で暴走気味の逃げをうって凡退していますから、今回は控える競馬をするだろう…
と思っていたんですけど、出ムチ入れての大逃げ、という極端すぎる競馬をしてしまいました。
ペースメーカーになっただけでしたね。

■8R リアルプロジェクト 3人気7着

3番手で控えていましたが、直線入り口付近で手応えが怪しくなり、直線半ばで息切れ。
中途半端な競馬をするとダメな事がハッキリしましたから、次こそは積極的なレースをしてほしいです。

■9R デルマキセキ 6人気10着

サッパリな内容だったので、本調子じゃなかったんでしょうけど、
道中の位置取りが悪すぎましたし、距離も長かったのかな?と思っています。
来年の北海道開催まで様子見する事にします。

■10R エイシンティンクル 2人気9着

いつも通り、速いペースで逃げましたが、最後はバタバタでした。
良化途上だった前走を使って調子が上がっていると思っていたんですけどね…。

■11R(マイルCS)レッドファルクス 3人気8着

道中が押しながらの追走だったので、嫌な予感がしていましたが、人気を裏切る結果になってしまいました。
主戦のM・デムーロ騎手がペルシアンナイトに乗っているのですから、
ペルシアンナイトの方にチャンスがあった、と考えるべきでした。

■12R オウケンビリーヴ 2人気2着

直線で前が壁になりそうなところを上手く抜け出しましたけど、
スムーズなレースをしていた勝ち馬に出し抜けをくらい、2着まで。
レース展開次第、という馬ですが、いつも安定して走ってくれるので、今後も追いかけたいです。


【5回東京6日】

■7R バスカヴィル 1人気3着

終始チグハグなレースでした。
最後は地力の高さで3着を確保しましたけど、最低でも連対してくれないと…。

■8R スマートダンディー 2人気2着

好位の外から上手くレースを進めましたが2着まで。
外めをスムーズに回る形なら力を出し切りますから、今後も外枠配置なら要注意です。

■9R ミュージアムヒル 3人気2着

馬場の内めを通った戸崎騎手・マウレアの方が一枚上手でした。
でも、直線がもっとスムーズだったら差し切っていたのかな?という走りでしたし、次にはつながったと思います。

■10R ヒデノインペリアル 8人気2着

五分のスタートから果敢にハナを奪い、2着に粘り込みました。
8Rのダート戦で川須騎手が逃げ切り勝ちを決めていたので、もう1つ勝ってくれたら最高だったんですけど、
最善を尽くした中での2着なので、本当に立派だと思います。

■11R ダノンフェイス 2人気1着

中団やや前の位置取りでしたけど、
浜中騎手が上手く馬群の外へと持ち出し、サウススターマンとの叩き合いを制しました。
まだまだこれからの馬ですが、今の充実っぷりなら重賞でも通用すると思います。

■12R ウインテンダネス 3人気9着

冷静に考えてみたら、超スローペースしかない、というメンバー構成でしたから、
この状況で追い込み一辺倒の馬を狙うのはナンセンスでした。


【3回福島6日】

■7R マイネルクラフト 6人気6着

2着馬とほぼ同じ位置にいましたから、上位争いしても不思議ないんですけどね…。
直線に入ってから全く伸びませんでした。

■8R サイモンゼーレ 1人気3着

菜七子騎手が騎乗停止になった馬でしたので、リベンジを期待しましたが、ダメでした。
前半の行きっぷりがイマイチでしたから、1150mは若干忙しいのかもしれません。

■9R アイムウィッシング 5人気5着

スタートは良かったんですけど、二の脚がつかず、中団からのレースに。
最後の直線でそこそこ伸びていただけに、序盤の位置取りが悪かったところが致命的でした。

■10R カウントオンイット 2人気9着

先手を奪いましたが、レッドミラベルに捲られたところでリズムが崩れてしまいました。
忙しい競馬になりやすいローカルの小回りコースが合わなかったのでしょうか。

■11R ブライトアイディア 6人気2着

シンガリから2番手の位置にいましたけど、直線で鋭い脚を使って2着を確保。
ローカルの1700mがベストですから、今後もベスト条件なら好勝負してくれると思います。

■12R スナークスカイ 5人気1着

好位の内という絶好位置から一気の差し切り勝ち。
枠順に恵まれたとはいえ、とても鮮やかな勝ちっぷりだったと思います。


マイルCSは「今週もミルコ!」というようなレースになりましたね。

エアスピネルが先に抜け出したところをペルシアンナイトが差す、
という形はリオンディーズが朝日杯FSを勝った場面のリプレイを見ているかのような感じがしました。

今週のジャパンカップもM・デムーロ騎手に注目が集まる事でしょう。

今回はサトノクラウンとのコンビで参戦。
キタサンブラックへのリベンジを狙う事になりますが、どんなレースを見せてくれるのでしょうか。

 テラーダ 2017年9月16日() 17:32
【2歳戦評価 】1回2回函館まとめ
閲覧 20ビュー コメント 0 ナイス 0

【2歳戦評価 】1回2回函館まとめ
6/17〜7/16

函館2歳S
カシアス 109 2歳OP・1000万クラス

カシアス 110 500万クラス

クリノクーニング 112 500万2着クラス
ディロス 112 500万2着クラス
シスターフラッグ 113 500万2着クラス
カレンシリエージョ 113 500万2着クラス
アリア 113 500万2着クラス

ベイビーキャズ  114 未勝利クラス
ナンヨープランタン 114 未勝利クラス
ダンツクレイオー 114 未勝利クラス
キョウエイルフィー 115 未勝利クラス
リンガラポップス 116 未勝利クラス
ヤマノグラップル 117 未勝利クラス
デルマキセキ 117 未勝利クラス
スズカマンサク 118 未勝利クラス
キタノユウキ 119 未勝利クラス
ウインジェルベーラ 119 未勝利クラス
サンダベンポート 123 未勝利クラス

去年の同開催の指数
レヴァンテライオン 109
モンドキャンノ 109
タガノアシュラ 111

過去の日記の指数を大幅な改良があり変更しております。
9月上旬から中旬で見直しをしました。
ここからは大幅には変わらない予定です。

[もっと見る]

 DEEB 2017年8月20日() 17:01
恥ずかしい馬予想2017.08.20[結果]
閲覧 35ビュー コメント 0 ナイス 2

新潟 4R 障害3歳以上未勝利(混合)
◎ 5 エルゼロ…3着
○10 レジェンドパワー …5着
▲ 2 ☆デルマヌラリヒョン…9着
△ 3 ウエスタンレベッカ…1着
× 1 ワークショップ…6着
[結果:ハズレ×]

新潟11R NST賞 3歳以上オープン(混合)(特指)
◎14 ブルミラコロ…2着
○12 ニットウスバル…3着
× 8 ☆キョウエイアシュラ…6着
[結果:ハズレ×]

小倉 8R 3歳以上500万下[指定]
◎ 8 シルバードリーム…3着
○ 6 ハッピーマテリアル…12着
× 9 ☆ロングベスト…2着
[結果:アタリ○ 複勝9 300円、ワイド8-9 480円]

小倉 9R 戸畑特別 3歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 3 トシストロング…10着
○12 ニシノラディアント…7着
▲ 7 シンダーズ…8着
△ 4 ☆グレイトチャーター …2着
× 9 スマートグレイス…1着
☆ 1 ハイマウンテン…9着
[結果:アタリ△ 複勝4 180円]

小倉11R テレビ西日本賞北九州記念(GIII) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 8 ★ファインニードル…5着
○17 プレイズエターナル…9着
▲13 キングハート…4着
△ 7 アルティマブラッド…6着
× 4 ☆オウノミチ…11着
[結果:ハズレ×]

小倉12R 3歳以上500万下(混合)[指定]
◎ 2 ミキノトランペット…3着
○ 3 ☆マイネルブロッケン…8着
▲15 ラレータ…4着
△ 6 テルペリオン…1着
[結果:アタリ△ ワイド52-6 570円]

札幌 2R 3歳未勝利[指定]
◎ 8 ワンナイトインパリ…8着
○ 3 ジャカンドジョー …4着
× 1 ☆アーダルベルト…6着
[結果:ハズレ×]

札幌 9R クローバー賞 2歳オープン(混合)(特指)
◎ 2 ヴーディーズピアス…6着
○ 4 ダブルシャープ…1着
▲11 デルマキセキ…3着
△ 3 リープフラウミルヒ…5着
×10 タワーオブロンドン…2着
[結果:ハズレ×]

札幌10R おおぞら特別 3歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 5 テイエムチェロキー …1着
○ 3 コマノレジェンド…5着
▲ 7 トルシュローズ…3着
△ 6 タマモコーラス…2着
× 1 ☆アメリカントップ…8着
[結果:アタリ△ 馬連5-6 710円]

札幌11R 札幌記念(GII) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎13 エアスピネル…5着
○ 3 ヤマカツエース…3着
▲11 アングライフェン…9着
△ 5 マウントロブソン…8着
× 8 ツクバアズマオー …11着
[結果:ハズレ×]

今日は、何も予定なく、ヒマです。
外出せずに、競馬しようかな。

[今日の結果:10戦1勝6敗3分]
結果は、ご覧のとおりのダメダメ。
このまま、小野塚アナの甲子園実況を聴きながら、家飲みしよう。

[もっと見る]

⇒もっと見る

デルマキセキの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  ネクタル   フォロワー:0人 2017年6月25日() 12:32:46
ギリギリでしたが無事に勝ち上がりましたね。これで函館2歳ステークスの切符を手に入れました。

デルマキセキの写真

デルマキセキ

デルマキセキの厩舎情報 VIP

2017年11月19日秋明菊賞10着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

デルマキセキの取材メモ VIP

2017年8月20日 クローバー賞 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。